TOP

【ミリマス】ミリP「今日は音無さん達居ないのか」琴葉「…………」

1: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:19:09.52 ID:hPJj6qBz0


ミリP(以下、P) カタカタ

P 「……ふぅ、一段落かな」

P 「それにしても、今日は音無さんも青羽さんもいないなんて……」

P 「……一人だと、やっぱり流石に寂しいな」

P 「……いつもこういう思いばっかりしてるなら、たまには気を使ってあげないといけないかもなー」カタカタ




2: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:19:34.58 ID:hPJj6qBz0

――――― 

田中琴葉(以下、琴葉) 「…………」ジーッ

所恵美(以下、恵美) 「……何やってんの琴葉?」

琴葉 「ひゃぁあああ!?」ビクッ

恵美 「わっ、そんなに驚いた?」

琴葉 「も、もう恵美!驚かさないで!」ヒソヒソ

恵美 「もー悪かったってー……」

恵美 「んで、何やってたの?事務所に用があるなら、そのまま入っちゃえばいいじゃん」

琴葉 「そ、それは……その」モジモジ

恵美 「?ま、いいけどさ」スタスタ



3: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:20:16.97 ID:hPJj6qBz0

――――― 

恵美 「おっはよー、プロデューサー!」

P 「お、恵美!おはよう!」

恵美 「……あれ?今日小鳥いないんだ」

P 「ああ、青羽さんと一緒に研修に出かけちゃってな」

恵美 「そっかー……そういう事なら、ちょっと失敗しちゃったかなー」

P 「何か、音無さんに用事でもあったのか?」

恵美 「うーん……この前小鳥に借りた本、返そうかなーって思ったんだけど」

P 「音無さんから……何借りたんだ?不健全な本じゃないよな?」

恵美 「もー、心配性だねプロデューサーは!ただの恋愛小説だって!」



4: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:20:47.77 ID:hPJj6qBz0


P 「……本当に、ただの恋愛小説なんだな?」ジッ

恵美 「ホントホント!」アハハ

恵美 (……略奪愛がテーマだったのは黙っておこ)

P 「それなら良いんだ……安心した、また変な物渡してないとも限らないしな」

恵美 ギクッ

P 「ま、違うならそれでいいや」

P 「そうだ、恵美!折角だし俺の話し相手してくれないか?二人ともいないから寂しくってさ」

恵美 「アタシは今からエレナとレッスンだからダーメ!」



5: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:21:44.49 ID:hPJj6qBz0


P 「ぐぅ……恵美と話してると楽しいのに、残念だな」

恵美 「……もー!そんなおだてたって何にも出ないよ?」カァ

P 「おだててないよ、事実だしな!」

恵美 「……ホント、ずるいんだから」ボソリ

P 「ん?」

恵美 「なんでもない!それじゃ、レッスン行ってくるね!」

P 「おう、ケガしない程度に頑張れよ!」

恵美 「はーい!」



6: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:22:12.08 ID:hPJj6qBz0

――――― 

恵美 「……もう、プロデューサーってば」カァアア

琴葉 「…………」ジーッ

恵美 「うわっ!琴葉、まだ張り付いてたの!?」

琴葉 「だ、だって……」

恵美 「……ほーん?」ニヤ

恵美 「……今ならプロデューサー、一人占め出来ちゃうよ?」コソッ

琴葉 「!」ビクッ



7: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:22:46.07 ID:hPJj6qBz0


恵美 「にゃはは、やっぱり図星なんだ!」アハハ

琴葉 「恵美!からかわないでってば!」

恵美 「ゴメンゴメンって!」アハハ

琴葉 「もう……」

恵美 「でも、ホントに今なら一人占め出来るよ?折角なんだし、話に行けばいいと思うけど?」

琴葉 「そ、それはそうなんだけど……その」

恵美 「もー、琴葉はホント乙女だねぇ……」

恵美 「……そうだ!折角小鳥がいないんだし」ガシッ

琴葉 「えっ、恵美?」

恵美 「ここは、やっぱり最初のツカミが肝心でしょ!さ、行くよ琴葉!」ズルズル



8: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:23:14.00 ID:hPJj6qBz0

――――― 

P 「……やっぱり、味気ないなぁ。皆仕事だし」カタカタ

P 「こんな事なら営業に行きたいけど、誰も事務所にいないのはマズイしなぁ……」カタカタ

ガチャリ

P 「誰か来たか!?おはよ――」バッ

琴葉 (事務員ファッション)

P 「……どうしたんだ、琴葉」

琴葉 「あ、あの……やっぱり着替えてきます!」

P 「待て、せめて理由を説明してくれ!」



9: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:23:45.88 ID:hPJj6qBz0


琴葉 「り、理由ですか……?」

P 「うん、話してくれるか?」

琴葉 「今日、小鳥さんがいないみたいだから……プロデューサー、寂しいんじゃないかなって思って」

P 「だから、音無さんの恰好なのか?別にそのまま琴葉が来ればいい話なんじゃ」

琴葉 「だ、だって恵美がこっちの方がいいって!」

P 「……面白がってただけじゃないか?」

琴葉 「……恵美、許さないから」ボソッ

P 「まったく……琴葉が事務所に来てくれるだけで嬉しいんだから、無駄に気負わなくたっていいって」

琴葉 「そ、そうですか?」テレッ

P 「そうそう……ホント、誰も来ない事務所の寂しさと言ったら」ドヨーン

琴葉 「もう、プロデューサーったら……」



10: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:25:01.38 ID:hPJj6qBz0


琴葉 「そうだ!折角の小鳥さんの恰好だし、お仕事手伝います!何か、私にやれる事ありませんか?」

P 「そんな……別にいいよ、琴葉はゆっくり休んでてくれ」

琴葉 「でも、小鳥さん達いないし仕事多いんじゃ……?」

P 「ま、まぁそれはそうなんだけどさ……でも、琴葉に書類任せるわけにもいかないしな」グルン

P 「ふぅ……っと」コキ

琴葉 「肩こってるんですか?」

P 「まぁ、こういう仕事だしな。大丈夫、いつもの事だから」

琴葉 「そういう訳にもいきません!書類がダメなら、せめて肩揉むくらいはしますから!」

P 「でも、アイドルに肩揉ませるなんて事出来ないって……」



11: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:25:27.18 ID:hPJj6qBz0


琴葉 「プロデューサー?今の私は事務員ですよ?」ドヤッ

P 「だから、そういう問題じゃ……はぁ、分かったよ」

琴葉 「良いんですか!?」

P 「ダメって言っても食い下がりそうだしな。それじゃ、宜しくお願いするよ」

琴葉 「はい、任せてください!」タッタッ

琴葉 「そ、それじゃ失礼します……」スッ

P (なんか奇妙にドキドキする気が……)ドキドキ

琴葉 「んしょ……んしょ……どうですか、プロデューサー?」

P 「ああ、良い感じだ。日々の疲れが消えていくな……」

琴葉 「かなりこってるじゃないですか……プロデューサー、ちゃんと運動もしなきゃダメですよ?」



12: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:26:10.73 ID:hPJj6qBz0


P 「そう言われても時間がないんだよ……仕方ないだろ?」

琴葉 「時間があってもやらないだけですよね」

P 「うぐっ」グサリ

琴葉 「まったく……ラジオ体操で良いのできっちりとやってください」

P 「ラジオ体操で良いのか?」

琴葉 「はい。アレ、身体の色々な部位を使うからいい運動になるんですよ?」

P 「それは良いことを聞いたな……」

P 「そうだ!どうせなら、765プロ総出でやるか!運動苦手でも出来るしな」

琴葉 「その時は私も誘ってくださいね?」

P 「ああ、期待してるぞ?体操のお姉さん!」

琴葉 「もう……具合はどうですか?」

P 「良い感じ!」

琴葉 「それなら良かったです……もう少しだけ、続けますね」モミモミ



13: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:26:38.35 ID:hPJj6qBz0


P 「あー……うん、親父がマッサージしてもらいたがってた理由が分かる気がするな」

琴葉 「お父さんですか?」

P 「そう、いっつも俺に肩揉めってうるさくってな……」

P 「俺もいつか琴葉みたいな孝行してくれる娘が欲しいよ」ハハハ

琴葉 「娘、ですか……」

P 「ん?どうかしたのか、琴葉」

琴葉 「……プロデューサーから見た私は、子供ですか?」

P 「まぁ、まだ高校生だしな……?」

琴葉 「…………」ムー



14: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:27:19.15 ID:hPJj6qBz0


P 「琴葉?」

琴葉 「私だって……」ズイッ

P 「あ、あの琴葉さん?さっきより距離が近づいてる気がするんですけど……」

琴葉 「私だって、もう18歳なんですからね……?」ズイ

P バクバク

琴葉 (ど、どうしよう!こんなに顔が近いの初めてかも!?)

琴葉 (で、でも女は度胸……だよね!)

琴葉 「…………」グイッ

P 「あ、あの琴葉さん?」

琴葉 「…………」スッ



15: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:27:45.09 ID:hPJj6qBz0


P ドキドキ

琴葉 ドキドキ

バターン

双海真美(以下、真美) 「WAWAWA忘れ物ってね……」トコトコ

P 「へ?」

真美 「ほ?」キョトン

琴葉 「……えっ?」

真美 「…………」パチクリ

P 「……えっと、真美さんや?」

真美 「……ゴメンね、兄ちゃん。ごゆっくり→!」タッタッタ

P 「なんか勘違いしてないか!?待て、真美!」

琴葉 「い、行っちゃいましたね」

P 「明日の噂が怖いな……」

琴葉 「…………」モミモミ

P (それでも、マッサージは続けてくれるんだな……)



16: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:28:39.44 ID:hPJj6qBz0

――――― 

琴葉 「ふぅ……どうでしたか、プロデューサー?」

P 「身体が軽くなった……ありがとう、琴葉」

琴葉 「いえ、喜んで貰えたなら良かったです!」パァア

P 「さ、琴葉にマッサージもしてもらったし仕事するぞ!ある書類全部片づけるペースでやってやるぜ!」グッ

琴葉 「あっ……」

P 「どうかしたのか、琴葉?」

琴葉 「い、いえ……大した事じゃないです」

P 「そうか?それなら良いんだけどさ」

琴葉 「…………」シュン



17: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:29:32.88 ID:hPJj6qBz0


P カタカタ

琴葉 「…………」

P 「……琴葉、どうかしたのか?もしかして、疲れさせちゃったか」

琴葉 「い、いえ!そういう事じゃ、ないんですけど……」

P 「?」

琴葉 「プロデューサーのお手伝いするつもりだったのに、ここでじっとしてるのも悪いなって思って」

P 「そんな事気にしなくて良いんだぞ?さっき俺の肩揉んでくれたじゃないか」

琴葉 「で、でも……」

P 「うーん……本当に気にしなくて良いんだけどなあ」

P 「そうだ!そういう事なら、最近の琴葉の話を聞かせてくれないか?」

琴葉 「私の話、ですか?」



18: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:30:04.11 ID:hPJj6qBz0


P 「そうそう。例えば……そのカチューシャ新しいのだろ?音無さんの予備じゃないし」

琴葉 「!?わ、分かってたんですか?」

P 「まぁ、プロデューサーだからな!」

琴葉 「……似合ってますか?」

P 「勿論!琴葉の髪の毛によく映えるカチューシャだと思うよ」

琴葉 「そうですか……良かった」ホッ

琴葉 「実は、これ恵美が選んでくれたんです!」

P 「へぇ、恵美がか?道理で似合ってるわけだ……」



19: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:31:39.09 ID:hPJj6qBz0


琴葉 「恵美の事、信頼してるんですね?」

P 「琴葉の可愛い所、アイツは沢山知ってるからな!引き立て方も良く分かってるだろうし」

琴葉 「そ、そんな可愛い所なんて」カァ

P 「照れなくたっていいのに……」ニヤニヤ

琴葉 「もう、プロデューサー!ニヤニヤしないでください!」

P 「悪かったって!それじゃ、続き聞かせてくれるか?」

琴葉 「はい……それで、その時エレナが――」



20: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:32:05.06 ID:hPJj6qBz0

――――― 

琴葉 「それで恵美が――」ニコニコ

P 「うんうん」

琴葉 「……私ばかり話してて、すみません」ペコリ

P 「良いじゃないか、こういうのも必要な事だからな」

琴葉 「必要、ですか?」

P 「おう!アイドルの色々な一面を聞くことも、アイドルプロデュースには大事だからな」

琴葉 「そ、そうなんですか?」

P 「そ!だから、琴葉は俺の事をしっかり助けてくれてると思うぞ?」



21: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:32:34.29 ID:hPJj6qBz0


琴葉 「…………」

P 「琴葉?」

琴葉 「やっぱり、私ダメですね……小鳥さんみたいに、上手くプロデューサーの手伝いが出来ないです」シュン

P 「まぁ、音無さんは本気出せば仕事出来る人だからなぁ……サボるけど」

P 「でも、別に琴葉が同じように振舞う必要はないんだぞ?人にはそれぞれ得手不得手があるんだしな」

琴葉 「でも、私プロデューサーと話してるだけで」オロオロ

P 「話してるだけだって良いじゃないか。俺は、琴葉と話せてとっても楽しかったしな!」

琴葉 「そうなんですか?でも、人と話してたら大抵楽しくなると思うんですけど……」

P 「そうでもないぞ?話しててストレスばっかり溜まるようなおっさんとかもいるしなー」

琴葉 「……黒井社長とかですか?」

P 「あの人は一周回って面白いかな……」

琴葉 「そ、そうなんですか……?」



22: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:33:04.86 ID:hPJj6qBz0


P 「……ともかくだな。琴葉は、琴葉のやり方で俺を助けてくれただろ?それで良いんだよ、それ以上に求める事なんて何もないんだからさ」

琴葉 「……ふふっ、もう」クスリ

琴葉 「プロデューサーは、やさしいです……ね……」ユラリ

琴葉 スー

P 「喋らせすぎちゃったかな……」トコトコ

P 「おやすみ、琴葉」パサリ

琴葉 「えへへ……」ムニャムニャ




23: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:33:34.96 ID:hPJj6qBz0

――――― 

琴葉 「……あれ?」

P 「お、起きたか」

琴葉 「わ、私寝ちゃってましたか!?」

P 「ああ、やっぱりちょっと無理させちゃってたみたいだな……ごめん」

琴葉 「そんな!プロデューサーが謝る必要なんてないです!」

P 「そういってもらえるとありがたい……っと、そろそろ終業か。いいタイミングで起きたな、琴葉」

P 「そうだ!折角だし一緒にご飯でも行くか?俺が奢るよ」

琴葉 「そ、そんな!プロデューサーに悪いです!」

P 「気にするなって、ここまで付き合わせちゃったのは俺なんだしさ」

琴葉 「……それなら、良いのかな?」

P 「良いの良いの!遠慮するな!」



24: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:35:35.54 ID:hPJj6qBz0


琴葉 「それじゃ、お言葉に甘えて……」

P 「そう来なくっちゃな!さて、何処に行こうか……」

琴葉 「あの、プロデューサー。一つだけ、お願いしても良いですか?」

P 「ん、どうした?流石に身分に合わない高級レストランとか指定されると困るけど……」

琴葉 「そ、そういうのじゃないです!」

琴葉 「あの……今度は、プロデューサーの話を聞かせてもらえませんか?」

P 「俺の?でも、俺の話なんてつまらないと思うぞ?」

琴葉 「プロデューサーだって私の話聞いたじゃないですか。私が楽しみにしてるならおあいこですよ、おあいこ!」

P 「……ははっ、一本取られたな!それじゃ、昔の武勇伝でも語るとするか!」

琴葉 「……はいっ!それじゃ、行きましょうプロデューサー!」




25: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:36:02.29 ID:hPJj6qBz0

――――― 

音無小鳥(以下、小鳥) 「ふんふんっふふーん♪」ルンルン

小鳥 「昨日は休んじゃったし、今日はきちんと定時で出社しないとね!」

小鳥 「寂しがってるであろうプロデューサーさんのハートをキャッチですよ、キャッチ!」

小鳥 「そしてあわよくば……ふふふ」ニタリ

小鳥 「よしっ!音無小鳥、準備完了!おはようございます!」ガチャリ

琴葉 「プロデューサー、予定書いてきました!」

P 「朝から悪いな、琴葉……」

琴葉 「そんな……私も、お手伝いできてうれしいですから」

P 「そう言って貰えるとありがたいな」



26: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:36:33.90 ID:hPJj6qBz0


P 「……ところで、なんでまたスーツなの?」

琴葉 「……に、似合ってませんか?」

P 「いやメッチャ似合ってる、どっからどう見ても仕事の出来るオフィスレディだな!」

琴葉 「あ、ありがとうございます!」カァア

P 「その衣装気に入ったか?」

琴葉 「ど、どうでしょう……皆褒めてくれるけど、実感がなくて」

P 「それはなんか勿体ないな……よし!今度スーツのCM取ってくる!」

琴葉 「ええっ!?そ、そんな悪いですよ!」

P 「良いんだよ、アイドルの長所を売り込むのがプロデューサーの仕事なんだからな!」

P 「それに、それなら琴葉も自覚できるだろ?」

琴葉 「もう……それじゃ、楽しみにしてますね」

P 「おう、任せろ!」

小鳥 「…………」



27: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:37:01.57 ID:hPJj6qBz0


琴葉 「あっ、プロデューサー?ネクタイ、曲がってますよ」

P 「えっ、本当か?すまん、ちょっと見落としてたかも」

琴葉 「ちょっと待っててくださいね……」キュッ

琴葉 「はい、これで大丈夫です!」

P 「悪いな、琴葉……ありがとう」

小鳥 「……美咲ちゃん」

青羽美咲(以下、美咲) 「は、はい……なんですか、音無先輩」ビクビク

小鳥 「どういう事!?私の、私の定位置が……!」ブンブン

美咲 「あわわ、落ち着いてくださいいい」グラグラ

小鳥 「やっぱり若さなの!?フレッシャーズが勝ち組なの!?」ブンブン

美咲 「ゆ、揺らさないでくださいよおおおお!」グラグラ


琴葉 「それじゃ、今日もお仕事頑張りましょうね!プロデューサー!」

おしまい



28: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:38:18.81 ID:hPJj6qBz0

ということで琴葉誕ssでした、ここまで読んでくださった方に感謝を



元スレ
【ミリマス】ミリP「今日は音無さん達居ないのか」琴葉「…………」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507198749/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月05日 20:21
          • WAWAWA忘れ物〜
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月05日 20:23
          • 田中琴葉という文字だけでもうすでに面白い
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月05日 21:26
          • ミリマスの2大重そうなアイドルは琴葉と志保だと思う
            紬はちょろい系アイドル1位だと思う
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月05日 22:26
          • 「認めてもらいたい。必要とされたい。隣にいるのは、琴葉がいいって、言ってもらいたい…。」
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月06日 00:57
          • 愛が重いのは精神の琴葉と物理の美奈子だよ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月06日 11:57
          • なんとぉさんって劇場行く前に事務所に出社するのかな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月06日 12:47
          • WAWAWAわさんぼーん

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ラブライブサンシャイン】曜「千歌ちゃんたちに好きって言ってみるよーそろー!」
        • 【モバマス】荒木比奈「今日までの記憶が全て」
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 彡(゚)(゚)「えっ、ワイがスティールボールランレースに参加!?」
        • 【モバマス】輝子「LoveとLikeの境界線」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ