TOP

【東方Project】チルノ「ぜったいさいきょーの天才になってやる!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:38:20.264 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「あたいチルノ!さいきょーの天才を目指してる妖精よ!」

チルノ「そこらの妖精には負け無しなんだけど・・・」

チルノ「あたい、最近自分の力に限界を感じてきてるんだ・・・」

チルノ「そこで魔理沙に弾幕ごっこの相手ついでにあたいの足りないところを聞いてみたら」

チルノ「一言『バカ』って言われたんだ。正直何度も言われてるけどね!」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:38:47.964 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「そこであたいは他の妖精を誘って、人里で寺子屋をしてる慧音の所で一緒に勉強を教えてもらうことにしたんだ」

チルノ「それであたいは今慧音のいる寺子屋に向かってるところってわけ!」

サニー「・・・誰と話してるの?」

チルノ「ひとりごと!」

サニー「まったく、急がないと遅刻しちゃうよ!」

チルノ「そうだね、急ごう!」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:39:00.079 ID:raWFXzSd0.net

~寺子屋~
チルノ・サニー「こんばんわー!」

チルノ 「あれ~?おかしいね、誰もいないね」

サニー「変だね~。でもまあ先生も来てないし・・・」

チルノ・サニー「いっか♪」

サニー「とりあえず座らない?」

チルノ「うん」



6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:39:26.742 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「あ~疲れた~」

サニー「一時間目何かなぁ?」

チルノ「一時間目今日は・・・今日月曜日だから・・・歴史だね」

サニー「あぁ歴史かぁ」

チルノ「どんな話が聞けるか楽しみ~」

サニー「何やるんだろうね」



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:39:52.194 ID:raWFXzSd0.net

サニー「あぁお腹空いちゃったよ~もう」

チルノ「今日お弁当なんだろう?」

サニー「梅干しのおむすびに唐揚げとかじゃなかった?」

チルノ「唐揚げだったっけ?」

サニー「うん」

チルノ「先生の作ったお弁当大好きだから」

サニー「だし巻き卵はいってるかな今日」

チルノ「卵ぉ!?」

サニー「残してあげるよ」

チルノ「ほんとに?」



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:40:13.747 ID:raWFXzSd0.net

慧音「はい、こんばんわ。よし、じゃあ授業始めるぞ」

チルノ「先生!」

慧音「チルノ、どうした?」

チルノ「何で今日あたい達だけなの?」

慧音「そうだな、みんな神社の宴会にでも行ってるんだろう、お前たち以外は休みなのかもな」



10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:40:24.868 ID:raWFXzSd0.net

慧音「授業の進度に差が出るから中止にしようかなとも思ったんだけど、休んでる連中からは何も聞いてないし、
   えー今日も通常通り、授業をするぞ!えーじゃあ今日は最初に小テストをするからな」

サニー「えぇー?聞いてないよ」

慧音「言ってないからな。抜き打ちテストだ」

チルノ「うぅっ・・・」

サニー「チルノちゃん?」



11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:40:54.238 ID:raWFXzSd0.net

慧音「はい、じゃあ、始め!」

サニー「どうしたの?・・・どうしたの?」

チルノ「も、漏れそうなの」

サニー「大丈夫?・・・大丈夫?」

チルノ「せん、先生!」

慧音「テスト中だぞ、チルノ。どうした?」

チルノ「あぁっ・・・出る・・・出ちゃうよぉ・・・」チョロロロ



12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:41:07.562 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「ああっ・・・出ちゃった・・・」ハァハァ

慧音「こらチルノ!テスト中に何お漏らししてるんだ!」

チルノ「ごめん・・なさい・・・」

慧音「いけない子だな、そんないけない子は先生がお仕置きしなきゃいけないな」

チルノ「ひっ・・・」

慧音「ほら、机に手を付け!尻をこっちに向けるんだ!」

チルノ「先生・・・なにするの?」



13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:41:22.968 ID:raWFXzSd0.net

慧音「お前も連帯責任だぞ」

サニー「えぇー?」

慧音「体調管理は基本だろう。ましてやお漏らしなど言語道断だ」

チルノ「うぅ・・・」



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:41:35.520 ID:raWFXzSd0.net

慧音「早く尻をこっちに向けるんだ!はい机に手をつけ!」

サニー「私は関係ないでしょ!?」

慧音「はい早く!そう!尻出せ!もっと突き出せ。早く!目をつぶって歯を食いしばれよ」

チルノ「はい・・・」

サニー「えぇ・・・」

慧音「よしお仕置きだ、いくぞ!」

チルノ・サニー「・・・っ!」



15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:41:46.806 ID:raWFXzSd0.net

ゴツッ

サニー「痛っ!」

サニー(頭突きか・・・)

慧音「次はお前だぞチルノ。謝るんだ!お漏らししてごめんなさいって、謝れ!」

チルノ「お、おもらししてごめんなさい」

慧音「よし、よく謝れたな」

ゴツッ

チルノ「いてて・・・頭突きだけなのに、おしりを突き出す必要はあったの?」

慧音「・・・こんなので済むと思っているのか?」

チルノ「え?」

サニー(なんか今日の先生、いつもと様子が違うような・・・)



18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:42:08.587 ID:raWFXzSd0.net

慧音「チルノ、お前は今夜居残りな」

チルノ「えぇー?」

サニー「・・・がんばってね、チルノちゃん」

慧音「夜が明けるまでみっちり補修するからな。覚悟しておけよ」

チルノ「そんなー・・・」



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:42:27.730 ID:raWFXzSd0.net

―翌日―

チルノ「みんなおはよー・・・」

スター「なんかチルノちゃん元気ないね」

ルナ「昨日変なものでも拾って食べたんでしょ」

サニー「あぁ、チルノちゃんは昨日寺子屋で居残り補修受けてたんだよ」

スター「あぁ、なるほど」

ルナ「バカだもんね。そりゃそうか」

チルノ「バカっていうな!」

スター「なんだ元気じゃない」



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:42:42.073 ID:raWFXzSd0.net

サニー「ところで、昨日は私に黙ってどこに行ってたの?」

スター「それは・・・」

ルナ「ほら、最近私たちサボらずに頑張ってたじゃない?だから息抜きに宴会に・・・」

サニー「まったく、先生にはしっかり事情を話しなさいよ?」

スター・ルナ「はーい」



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:42:55.624 ID:raWFXzSd0.net

サニー「そういえば、今日は寺子屋が休みで昼過ぎから特別に授業してくれるそうよ」

チルノ「ちょっと休みたいよ・・・」

サニー「無断で休んだら、今度は頭突きだけじゃすまないかもねぇ」

チルノ「ひっ!」

サニー「じゃあ、昼過ぎにまた寺子屋でね」

サニー(利尿効果のあるキノコのエキス、水に溶かすだけであんなに効果があったんだなぁ)



24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:43:15.183 ID:raWFXzSd0.net





チルノ「あぁ、昨日はきつかったなぁ」

チルノ「昨日の夕方に遊んでる時ちょっと水分取り過ぎちゃったあたいも悪いけど、何もあそこまで怒らなくてもいいのに」

チルノ「ちょっと寝ようかな・・・」



26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:43:26.501 ID:raWFXzSd0.net

―数刻後―

チルノ「うーん、よく寝た・・・ん?何か忘れてるような」

チルノ「あぁー!遅刻しちゃう!」

チルノ「急がなきゃ」アセアセ



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:43:37.006 ID:raWFXzSd0.net

~寺子屋~

サニー「遅いね、チルノちゃん」

ルナ「のんきに昼寝でもしてるんじゃない」

スター「こりゃ今回も居残りかもね」ニヤニヤ

サニー「無断欠席したあんたたちが言えたことじゃないでしょ」

ガラッ

チルノ「間に合った―!」



29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:44:00.607 ID:raWFXzSd0.net

サニー「危なかったわね」

チルノ「いやぁ、寝過ごしちゃって」

ガラッ

慧音「みんな集まってるな。事前に話していたように、今日は特別授業だ」

ルナ「先生!」

慧音「お前、昨日はいなかったな。何していた?」

ルナ「それは・・・」

スター「宴会です・・・」

慧音「まったく、無断欠席など言語道断だ。昨日の分はすべて宿題にするから、
   明日までに仕上げてこいよ」

スター・ルナ「はーい・・・」



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:44:14.186 ID:raWFXzSd0.net

慧音「それとチルノ」

チルノ「へ?」

慧音「お前は今日も居残りで勉強してもらうぞ」

チルノ「どうしてー!?」



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:44:31.083 ID:raWFXzSd0.net

―数日後―

チルノ(あー・・・もう頭が爆発しそうだよ・・・この数日間、毎日毎日補習だなんて)

チルノ(あたいに恨みでもあるのかなぁ・・・)

チルノ(でも今日は久しぶりに授業がないから思いっきり遊ぶぞー!)



33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:44:41.586 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「みんなおはよー」

サニー「お、来たね」

ルナ「あなた、ずっと居残り食らってるけど大丈夫なの?」

スター「余程先生に恨み買われるようなことしたんじゃないでしょうね」

チルノ「し、してるわけないじゃん!」



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:45:01.170 ID:raWFXzSd0.net

ルナ「サニーから聞いたわよ。数日前にテスト中に盛大に漏らしたそうじゃない」

チルノ「あ、あれは・・・」

スター「それが原因なんじゃない?」

チルノ「確かに、あの日から居残りが続いてるけど・・・っていうかあんたたちもその日はサボってただろ!」

ルナ「でも私たちは宿題出されたっきりで何もないわよ」

スター「まぁ、私たちはそこそこ真面目にやってたからねー」

ルナ「あんたが''バカ''なのがよっぽど気にかかってるんじゃない?」

チルノ「・・・」

サニー「まぁまぁ、今日は久々の休みなんだから仲良くやろうよ、ね?」



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:45:30.226 ID:raWFXzSd0.net

―数刻後―

サニー「いやぁ、今日は久々にたくさん遊んだね」

ルナ「そうね」

スター「でもチルノが終始元気がなくてちょっと興ざめ」

チルノ「ごめん・・・」

サニー「連日の補習で疲れてるからしょうがないと思うよ」

ルナ「まったく、こいつがこんなに元気ないと調子狂うわよ」

スター「少しは補習受けない程度にはしっかりやっときなさいよ」

チルノ「・・・」



37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:45:42.631 ID:raWFXzSd0.net

スター「そろそろお腹が空いたわね」

ルナ「そうね。この後の肝試しは一回家でご飯食べてからまた集まってからにしましょうか」

スター「チルノちゃんも来る?」

チルノ「今日は遠慮しとく・・・」

スター「釣れないわねぇ。みんな、行こう?」

ルナ「じゃあね。この後の肝試し、逃げるんじゃないわよ」

サニー「あ、私はチルノちゃんとちょっと話があるから先いってて」



38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:45:51.410 ID:raWFXzSd0.net

サニー「チルノちゃん・・・」

チルノ「何?」

サニー「あのさぁ・・・私・・・」

チルノ「なによ」

サニー「・・・ごめん!今まで黙ってて!」

チルノ「だからなにがよ」

サニー「あの日の前、チルノちゃんの飲み物に変なもの混ぜたの私なの!
    ちょっとしたイタズラのつもりでつい・・・ほんとにごめん!」

チルノ「・・・もういいよ。過ぎたことだし。」

サニー「チルノちゃん・・・」



39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:46:06.720 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「それにスターやルナの言うとおり、あたいの日頃のことも少し非があるかな・・・なんて」

サニー「チルノちゃんはそこまで悪くないよ!それに最近、先生の様子が変わった気がするし」

チルノ「いや、あたいが不甲斐ないからだよ。元々教えてもらうって言い出したのもあたいなのにね・・・」

サニー「最近、チルノちゃんは変わったと思うよ。苦手だった計算だって今ではそこそこできてるし」

チルノ「それでもみんなに比べたらまだまだだよ」

サニー「・・・とにかく、チルノちゃんも後で墓場に絶対来てね!無理にとは言わないけどさ」

チルノ「うん」

サニー「待ってるからね!」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:47:28.918 ID:raWFXzSd0.net





チルノ「・・・思いっきり遊ぶつもりだったのに、結局楽しみ切れなかったな」

チルノ「どうしても最近の先生のことが気にかかっちゃって・・・」

チルノ「はぁ・・・」



41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:47:43.447 ID:raWFXzSd0.net

~人里のはずれの墓場~

サニー「みんな集まった?」

ルナ「チルノは?」

スター「いないね。やっぱり逃げたんじゃ」

ザッ

チルノ「誰が逃げたって?」

サニー「あ、チルノちゃん」

ルナ「ふん、逃げなかったのは褒めてあげるわ」

スター「この先ビビッてまたお漏らししないでしょうね?」

チルノ「あたいを馬鹿にするな!」



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:48:03.657 ID:raWFXzSd0.net

サニー「さて、ここからはひとりずつ行ってもらうわよ」

スター「確か、墓場の奥にあらかじめ置いておいたお札を取ってくればいいのよね?」

ルナ「なんだか風が強くなってきた気が・・・」

スター「へ、変なこと言わないでよ!」

サニー「じゃあ、スター、ルナ、私、チルノちゃんの順に行ってもらうわね」

スター「よし、早速行ってくるわ」

ルナ「いってらっしゃい」



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:48:16.997 ID:raWFXzSd0.net

サニー「寒気がしてきたような・・・」

ルナ「何か不吉な予感・・・」

チルノ「こんなんでビビッてるなんてまだまだね!あたいは全然平気だよ!」

ルナ「あんたは能天気過ぎんのよ」

スター「キャアアアアアア!」

ルナ「ひっ!」ビクッ

サニー「この声は・・・スター?」



44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:49:29.379 ID:raWFXzSd0.net

スター「はぁはぁ・・・で、出たのよ・・・」

ルナ「ちょっと、やめてよ・・・」

チルノ「なーんだ、あんだけ威張っておいて大したことないじゃない!」

サニー「どんなのだった?」

スター「なんか角生えてた・・・」

ルナ「ひえっ・・・」



45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:49:44.620 ID:raWFXzSd0.net

サニー「そういえば今日は満月ね」

スター「満月の日にしか出ない妖怪とか・・・?」

ルナ「だめ・・・私パス」

チルノ「情けないわね!よーし、あたいが行ってやっつけてくる!」

スター「どうなっても知らないわよ」

チルノ「大丈夫!あたいはさいきょーだから!」



46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:49:54.828 ID:raWFXzSd0.net

ザッザッ…

チルノ「うーん、何もいないなぁ・・・ん?」

ザッ

???「誰だ?」

チルノ「!!」

???「誰かいるのか?」

チルノ「あんたこそ誰よ!あたいの前に来て姿を現せ!」

???「その声、チルノか?」

チルノ「へ?」

慧音「私だよ。チルノ」



48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:50:21.947 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「先生・・・なの?なんか頭に角生えてるけど」

慧音「私も妖怪なんだよ。正確に言えば半妖だが。今日みたいな満月の夜には、妖怪としての姿に変わるんだ」

チルノ「そうなのかぁ。で、なんでこの時間に墓にいるの?」

慧音「いつもは一夜通して歴史の編纂作業をするんだが、今日は特別でな・・・」

チルノ「さっきからそのお墓見てるけど、知ってる人のなの?」

慧音「ああ。この墓にはな、寺子屋での私の教え子が眠っているんだ」



49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:50:32.246 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「ってことは、まだ若かったの?」

慧音「いや、だいぶ歳をとっていたよ。何しろ私が何十年にも前に教えてた子だったからな」

チルノ「先生って、長生きなんだね」

慧音「妖怪の血が流れてるからかもな」

チルノ「でも、わざわざこんな時間に来るってことは、特別な人だったの?」

慧音「そうだ。何しろ私にとって初めて手がかかる教え子だったからな」



50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:50:45.007 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「・・・あたいみたいに?」

慧音「そうだ。初めて会った時にはこいつは相当手のかかる教え子だと思ったもんだ」

チルノ「ごめん・・・」

慧音「なんでお前が謝るんだ」

チルノ「あたいが手のかかる問題児で・・・先生に迷惑かけてるかな、って思って・・・」

慧音「・・・少し私とその教え子の昔話を聞いてくれないか?」

チルノ「へ・・・?」



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:50:57.585 ID:raWFXzSd0.net

慧音「・・・あいつはすごくイタズラ好きで、勉強も苦手だったんだ」

慧音「だけどな、元気と向上心だけは他の誰にも負けない奴だった」

チルノ「・・・」

慧音「ある時、授業が終わった後、あいつが珍しく勉強を教えてくれと私のところに来たんだ」

慧音「珍しいこともあるもんだと思って、私はその日から授業が終わった後に個別で勉強を教えてやっていた」

慧音「その甲斐があったかは知らんが、次第に成績もよくなった」



52:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:51:17.614 ID:raWFXzSd0.net

慧音「ついには里でも有名な商人になって、美人な嫁さんももらって、元気に幸せに暮らすようになった」

慧音「そいつが亡くなって、今日でちょうど一年ってわけだ」

チルノ「すごいね。あたいとは大違いだよ・・・」

慧音「だがな、今になってみれば、私はあいつに少し冷たくに接しすぎてたかもしれないな・・・」



53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:51:28.262 ID:raWFXzSd0.net

慧音「ある日、あいつが授業中にいきなり漏らしたことがあったんだ」

チルノ「・・・!」

慧音「私はその時、いつものように叱った。あいつの事情も知らずにな・・・」

慧音「どうやら、あいつは体調が悪かったらしい。私がきつく叱り過ぎたせいもあってか、翌日からはどことなく元気がなかった」

慧音「それでも私は、ただ授業が終われば補修をしてやるくらいしか接してなかった。あの時少しでも気にかけてやれば・・・」



54:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:51:38.101 ID:raWFXzSd0.net

慧音「ごめんなチルノ。この間お前を叱り過ぎたのは悪かった。何十年も教えてきて、何ひとつ進歩していなかった・・・」

チルノ「先生・・・」

慧音「お前が望んでもいないのに、授業後に補修させていたのも謝るよ。今を思えば、私がお前に期待をかけすぎていた」

チルノ「そんな・・・」

慧音「お前が勉強を教えてくれと頼んできたあの日から、教えていくうちにあの教え子の影をお前に重ねてしまっていたんだろう・・・
   それくらい、あいつとお前はよく似ていた・・・」

慧音「結局は、思い出に囚われていた私の自己満足の行動に過ぎなかった・・・拙くて不器用な私を許してくれ」

チルノ「もう謝らないでよ、先生」



55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:51:57.328 ID:raWFXzSd0.net

チルノ「あたい、先生の気持ちがわかって安心したよ」

チルノ「それにね、先生との補修、辛かったけどすごくためになったよ」

チルノ「あたいも、まだまだ勉強できないけど、いつか周りを見返せるくらい賢くなるよ!」

慧音「チルノ・・・」

チルノ「だから、これからもあたいに勉強教えて!」

慧音「・・・わかった」



56:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:52:08.209 ID:raWFXzSd0.net

慧音「じゃあ私はそろそろ戻るとするかな」

チルノ「じゃあ、また明日だね」

慧音「ああ。それと、今日のことは他の連中には内緒だぞ」

チルノ「わかったよ。あ、ところであの日になんでサニーにも頭突きしたの?サニーが私に何かしたの知ってたの?」

慧音「それは長年の勘かもな」

チルノ「ふーん。じゃあもう一つ聞いていい?」

慧音「なんだ?」

チルノ「どうして机に手をつかせておしりを突き出させたの?」

慧音「そ、それはだな、さすがに尻を叩くのは私らしくないというか・・・」

チルノ「今思えばはじめはちょっとノリノリだったけどね」

慧音「・・・」



57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:52:29.548 ID:raWFXzSd0.net

・・・

サニー「遅いなぁチルノちゃん」

ルナ「今頃あの妖怪にやられて・・・」ブルブル

スター「洒落にならないこと言わないでよ・・・」

チルノ「おーい!」

サニー「あ、帰ってきた」

スター「妖怪はどうだった?」

チルノ「あ、ああそれならあたいが追い払ったよ」

ルナ「ほんと?」

チルノ「もちろん!」ドヤッ



58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:52:56.827 ID:raWFXzSd0.net

サニー「なんかいつものチルノちゃんに戻った気がする」

ルナ「今日は私たちの負けね・・・」

スター「まったく、度胸があるんだか何も考えてないだか」

サニー「じゃあ、明日も昼から授業があるし、今日はこの辺でお開きにしますか」

ルナ「そうね」

スター「じゃあまた明日」

チルノ「おやすみー」

チルノ(あたいも明日からさいきょーの天才に近づくために改めて頑張るぞ!)


おわり



元スレ
チルノ「ぜったいさいきょーの天才になってやる!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1505831900/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月20日 10:08
          • 淫夢要素いらない・・・いらなくない?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月20日 10:24
          • 慧音先生の寺子屋の先生になってるのは基本的な二次創作ではチルノたちのような小さな妖怪、妖精たちだけど、二次創作によっては、妖夢まで寺子屋の生徒になってることもあるんだよな。主に幽々子様の半ば強引な勧めだけど。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月20日 11:53
          • なぜ淫夢を混ぜた…
            まあそれ以外は普通のSSでした。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月20日 13:55
          • ニコ動の悪い部分をまとめた感じ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月20日 13:59
          • 淫夢知らんから普通に読めたよ
            いい話だった
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月20日 14:25
          • チルノとお空って、どっちが⑨なんだろうね。あとどうでもいいけど、天子ちゃんは慧音先生の頭突きを自分から受けに行きそう。
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月20日 15:43
          • このサイトで東方がまとめられたらまず何か別の要素が入っているという認識でOK?OK牧場?(激寒)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月20日 18:52
          • 米7
            ちょっと前に混ざりっけなしの普通の東方SSもあったよ…基本その認識でいいと思うけど

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ガルパン】ねこにゃー「見つけたにゃ!ボクの戦車道!」
        • 【ガルパン】ねこにゃー「見つけたにゃ!ボクの戦車道!」
        • 【ガルパン】ねこにゃー「見つけたにゃ!ボクの戦車道!」
        • 【アマガミ】純一「」バシィッ  梨穂子「!?......じゅんいち?.......い...痛いよ....」
        • 【モバマス】李衣菜「あれ? 智絵里ちゃん、先に帰ってたはずじゃ……」
        • 【モバマス】李衣菜「あれ? 智絵里ちゃん、先に帰ってたはずじゃ……」
        • 【モバマス】李衣菜「あれ? 智絵里ちゃん、先に帰ってたはずじゃ……」
        • 【モバマス】李衣菜「あれ? 智絵里ちゃん、先に帰ってたはずじゃ……」
        • 【モバマス】李衣菜「あれ? 智絵里ちゃん、先に帰ってたはずじゃ……」
        • 膝くらべ【ミリマスSS 】
        • 膝くらべ【ミリマスSS 】
        • 膝くらべ【ミリマスSS 】
        • 膝くらべ【ミリマスSS 】
        • 膝くらべ【ミリマスSS 】
        • 膝くらべ【ミリマスSS 】
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ