TOP

【月刊少女野崎くん】野崎「エロマンガ先生に会いに行く」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/28(月) 23:39:28.78 ID:I6X4SJ/C0

~野崎の家~

千代「え、エ口マンガ先生?一体どういう事?」

野崎「ああ、実は剣さんから相談を受けてな・・・」

野崎「何でも知り合いの編集者が担当している小説家さんのイラストを描いている人がスランプ気味なんだそうだ」

千代「小説のイラスト?」

野崎「その人がエ口マンガ先生だ」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/28(月) 23:48:50.06 ID:I6X4SJ/C0

千代(凄い名前・・・一体どんな人なんだろう・・・)

野崎「何でもこれまでにない可愛い女の子がご所望だそうで・・・」

野崎「で、その小説家さんが担当さんに相談し、その人が剣さんに相談し、俺に回ってきたという訳だ」

千代「巡り巡ってきたね・・・」

野崎「剣さんは言った「夢野先生なら、色んな女の子の知り合いとかいますよね?」と」

野崎「俺はそれに応えなければならない・・・」

千代「野崎くん・・・」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 00:00:12.33 ID:44aM4YEX0

野崎「だから佐倉、俺と一緒に来てくれないか?」

千代「え、私!?」

野崎「ああ、これはお前にしか頼めない事なんだ・・・」

千代(野崎君、そんなに私の事を・・・)ドキドキ

野崎「本当は御子柴を連れて行こうと思ったんだが・・・その日は用事があると断られてしまってな」

千代「」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 05:35:25.84 ID:44aM4YEX0

~そして当日~

千代(でもこれって野崎君と2りでお出かけってことじゃない!)ドキドキ

千代(みこりんの代わりってのがアレだけど・・・)

野崎「どうした?」

千代「な、何でもないよ!」

野崎「お、着いたぞ、ここがエ口マンガ先生の自宅兼仕事場だ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 19:12:07.59 ID:44aM4YEX0

千代「ここが・・・意外と普通の家なんだね」

野崎「ああ、じゃあ早速・・・」ポチ

ピンポーン

野崎「ん?あれは・・・」

ガチャ

マサムネ「どちら様ですか?」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 20:08:08.63 ID:44aM4YEX0

千代(この人がエ口マンガ先生?けっこう普通の人だなぁ・・・)

千代「あ、あの私達宮前さんの紹介で・・・」

マサムネ「宮前さん?ああ、神楽坂さんの知り合いの・・・という事は、あなたが夢野咲子先生ですか」

千代「あ、いえ私じゃなくてこっち・・・」

シーン・・・

千代「って野崎君いなくなってるし!」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 20:18:42.99 ID:44aM4YEX0

~そのころの野崎君~

野崎「この隣の洋館・・・背景に使えそうだな、後で堀先輩に写真見せよう」パシャ



エルフ(何か目つきの悪い男が家の前に・・・まさか兄貴の差し金!?)ビクビク



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 20:34:56.64 ID:44aM4YEX0

マサムネ「さぁ、どうそお入り下さい夢野先生」

千代「いや、だから私は・・・」

マサムネ「まさか本当にこんな可愛い女の子だったとは・・・エ口マンガ先生も大喜びだな」

千代「え?あなたがエ口マンガ先生じゃないんですか?」

マサムネ「ええ、エ口マンガ先生は俺の・・・家族です」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 20:52:19.63 ID:44aM4YEX0

千代「そうだったんですか・・・」

マサムネ「ええ、今日夢野先生が来るという話をしたら『あの「恋しよっ!」の夢野先生!?あんな可愛い絵が描けるならきっと可愛い女の子なんだろうな~ぐへへへへへへ♪』って言ってましたよ」

千代「・・・・・」

マサムネ「じゃあちょっと呼んできますんで待っててください」

千代「はぁ・・・」







千代「何か会うのがすごく怖いんだけど・・・野崎君どこ行っちゃったの・・・」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 21:05:59.07 ID:44aM4YEX0

~エ口マンガ先生の部屋前~

コンコン

マサムネ「紗霧~夢野先生が来てくれたぞ~」

ガチャ

紗霧「本当?」チラ



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 21:33:37.93 ID:44aM4YEX0

マサムネ「ああ」

紗霧「どんな人?」

マサムネ「ああ、可愛い女の子だったぞ、高校生にしては小さいが、大きなリボンをつけていたな」

紗霧「ほうほう・・・」

マサムネ「どうだ?」

紗霧「すぐに連れてきて」

マサムネ「お、おう・・・」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 22:07:10.09 ID:44aM4YEX0

~リビング~

マサムネ「お待たせしました」

千代「いえいえ、エ口マンガ先生は?」

マサムネ「部屋まですぐ来て欲しいと・・・」

千代「ここじゃ駄目なんですか?」

マサムネ「まぁ・・・色々事情がありまして・・・」

ドンドンドン

マサムネ「早く連れてこい?あの・・・お手数ですがお願いします」

千代「はぁ・・・」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 22:33:23.04 ID:44aM4YEX0

千代「わかりました、行きます!」

マサムネ「ありがとうございます!」

千代(もしここでエ口マンガ先生の機嫌を損ねたら野崎君に迷惑がかかっちゃうからね!)

マサムネ「部屋は2階正面です」

千代「わかりました」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 23:21:45.32 ID:44aM4YEX0

~開かずの間前~

千代「ここかな・・・」

コンコン

千代「すみませーん、エ口マンガ先生いますかー?」


エ口マンガ先生『・・・入って」

千代「あ、はい、じゃあ失礼しまーす」ガチャ



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 23:49:55.43 ID:44aM4YEX0

千代「わぁ・・・結構女の子っぽい部屋・・・ん?」

エ口マンガ先生「・・・・・」

千代(何かお面被った変な人がいる!)






エ口マンガ先生「うへへへへ・・・待ってたよ、夢野センセー♪」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 23:56:14.36 ID:44aM4YEX0


千代「あ、あの・・・実は私・・・」

エ口マンガ先生「まぁまぁ、固い挨拶は抜きにして・・・」

エ口マンガ先生「俺様こそ知る人ぞ知るイラストレーター!エ口マンガ先生だ!よろしくな!」

千代「よ、よろしくお願いします・・・」

エ口マンガ先生「じゃあ早速だけど・・・パンツ見せてもらおうか!」

千代「」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 05:32:52.87 ID:U6XIrunq0

千代「ななな・・・なんでそんな事を・・・」

エ口マンガ先生「え?俺様にパンツを見せる為に来たんじゃないの?」

千代「そんなの聞いてないよ!」

エ口マンガ先生「俺の絵のモデルになる=パンツを見せるって事なんだよ」

千代「何その法則・・・」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 19:16:35.77 ID:U6XIrunq0

エ口マンガ先生「いいから観念しろー!!!」ガバッ

千代「きゃっ!」バタッ

エ口マンガ先生「うへへへ・・・」

千代「ちょ・・・スカートの中に顔突っ込まないでええええええ!!!」

エ口マンガ先生「ほほう・・・リボンと同じ柄のパンツか・・・」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 19:50:59.83 ID:U6XIrunq0

キャーヤメテー ドタドタ オトナシクシロー ドタドタ

マサムネ「盛り上がってんなー・・・」

ピンポーン

マサムネ「あれ、またお客さんか?」






野崎「しまった・・・洋館に見とれてて時間が・・・」

野崎「しかしこれで肝試しで廃墟に行くマミコと鈴木の話が作れそうだな」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 20:02:04.42 ID:U6XIrunq0

ガチャ

マサムネ「どちら様ですか?」

野崎「あ、自分宮前さんの紹介で来た夢野咲子ですが・・・」

マサムネ「え・・・あなたが夢野先生!?」

野崎「はい」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 20:17:20.45 ID:U6XIrunq0

マサムネ(まさかこんないかつい男だったとは・・・)

マサムネ「じゃあさっきの女の子は・・・」

野崎「佐倉ですか?彼女は俺のアシスタントですよ」

マサムネ「え、じゃあ・・・」

マサムネ「紗霧いいいいいいい!!!!!」ダダダ

野崎「?」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 20:33:20.08 ID:U6XIrunq0

~エ口マンガ先生の部屋~

バァン!

マサムネ「紗霧っ!」

エ口マンガ先生「~♪」カキカキ

千代(半裸・ノーパン)「・・・///」

マサムネ「」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 20:35:23.18 ID:i5gZmP2po

なんてノーパンだって判るんですかねぇ…?



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 20:47:03.46 ID:U6XIrunq0

マサムネ「紗霧、これは・・・」

エ口マンガ先生「あ・・・」ポロ

紗霧「に、兄さん・・・」

野崎「・・・佐倉?」チラ

千代「の、野崎くん///」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:02:37.50 ID:U6XIrunq0

野崎「・・・・・」ジー

千代(の、野崎君が見てる///)

野崎「・・・和泉先生、エ口マンガ先生は仕事中だから、外へ出ましょう」

マサムネ「え?」

野崎「それじゃ、頑張れよ佐倉」

バタン

千代「の、野崎君!?」

紗霧「・・・・・」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:18:17.62 ID:U6XIrunq0

~ドアの外~

マサムネ「いいんですか?」

野崎「ええ、エ口マンガ先生のあの目、あれは趣味を心から楽しんでいる目です」

野崎「邪魔はできませんよ、同じ絵描きとして」

マサムネ「夢野先生・・・ってかさっき俺の事・・・」

野崎「聞いてますよ、神楽坂さんから」

野崎「兄妹で1つの作品を作る・・・素晴らしいじゃないですか」

マサムネ「あ、ありがとうございます・・・」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:31:41.04 ID:U6XIrunq0

~エ口マンガ先生の部屋~

紗霧「・・・・・」

千代「・・・・・」

紗霧「え、えっと・・・ゴメンね、つい興奮しちゃって・・・」

千代「あ、うん・・・もう大丈夫だよ」

紗霧「そっか・・・良かった」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:35:52.87 ID:U6XIrunq0

紗霧「お詫びにいい物見せてあげる」スッ

千代「わぁ・・・可愛い女の子のイラストが沢山・・・」

紗霧「わかる?」

千代「うん、私美術部だから・・・この色合いとかいいね」

紗霧(美術部・・・学校・・・か)

千代(でもほとんどの女の子パンツ見えてるなぁ・・・)



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:38:26.88 ID:U6XIrunq0

~リビング~

野崎「そうですか・・・ご家族が・・・大変ですね」

マサムネ「いえいえ、夢野先生こそ個性的なアシスタントさんばかりで・・・」

ドンドンドン

マサムネ「お、すぐ来てくれか、行きましょう」

野崎「はい」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:41:04.38 ID:U6XIrunq0

~エ口マンガ先生の部屋~

ガチャ

マサムネ「終わったのか?」

紗霧「うん」

千代「あ、野崎君!紗霧ちゃん中学生なのに絵凄く上手いんだよ!」

野崎「すっかり仲良くなったな」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:45:07.00 ID:U6XIrunq0

紗霧「じゃあ改めて・・・」カポ

エ口マンガ先生「初めましてだな夢野先生!俺こそが和泉マサムネ先生の相棒のイラストレーター!エ口マンガ先生だ!」

野崎「あ、初めまして、夢野咲子です」

千代「ま、また変わってる・・・」

マサムネ「そこはきにしないでやってくれ」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:48:52.59 ID:U6XIrunq0

エ口マンガ先生「今日は可愛い子をつれてきてくれてありがとう!おかげでまたビビっときて新しいキャラが描けそうだぜ!」

野崎「それは何よりです、佐倉がお役に立てて・・・」

千代「えへへ・・・」

エ口マンガ先生「もう千代ちゃんってばよかったよ!背はちっちゃいけどおっぱいは中々・・・」

千代「ちょ、ちょっと!」

マサムネ「どこまで見せたんだ・・・」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:52:36.15 ID:U6XIrunq0

エ口マンガ先生「夢野先生!」

野崎「エ口マンガ先生!」

ガシッ

エ口マンガ先生「これからもお互い、精進していこうな!」

野崎「はい!」

マサムネ(紗霧とあんなに打ち解けて・・・)

千代(野崎君と握手を・・・)

マサムネ&千代(羨ましいなぁ・・・)



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:56:31.45 ID:U6XIrunq0

野崎「しかし、佐倉でここまでならあいつを見たらもっとすごいんでしょうな」

エ口マンガ先生「あいつ?」

千代「ああ、みこりんね・・・」

エ口マンガ先生「みこりんちゃん?」

マサムネ「どんな子なんですか?」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 21:59:29.31 ID:U6XIrunq0

野崎「なんというか・・・可愛いです」

千代「うん、かわいいね」

エ口マンガ先生「ほう・・・」ニヤ

野崎「誰が見てもヒロイン、そんな奴です」

千代「うん、悔しいけどね・・・」

エ口マンガ先生「こ、今度是非連れてきて!」

野崎「考えておきましょう」

エ口マンガ先生「やった!」



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:08:42.57 ID:U6XIrunq0


~そして帰宅~

のざちよ「さようなら~」フリフリ

エ口マンガ先生「じゃあお願いね~」フリフリ

マサムネ「またな~」フリフリ

バタン

カポッ


紗霧「ふぅ・・・」

マサムネ「珍しいじゃないか、お前があそこまで打ち解けるなんて」

紗霧「うん・・・やっぱり同じ絵描きさんだから・・・かな?」

マサムネ「そんなもんか」

紗霧「うへへ・・・みこりんちゃんどんなパンツはいてるのかな~♪」

マサムネ「あれ、お前が手に持ってるのって・・・」



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:10:50.53 ID:U6XIrunq0

~帰り道~

野崎「今度は御子柴も連れてこような」

千代「うん、できれば結月や鹿島くんも・・・ってあーっ!!!」

野崎「どうした?」








千代「紗霧ちゃんからパンツ返して貰うの忘れた・・・」

~おわり~



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:12:54.42 ID:U6XIrunq0

~おまけ、そのころのみこりん~

御子柴「ハァ・・・ハァ・・・」

御子柴「たかさご書店・・・これで十件目・・・」

御子柴「ここでなかったら泣くぞ・・・いざ!」

ガララ

智恵「いらっしゃいませー」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:15:36.83 ID:U6XIrunq0

御子柴(店員は若い女・・・だがここまできたら恥ずかしいなんて言っていられない!)

御子柴「あ、あの!」

智恵「はい?」

御子柴「山田エルフ先生の最新作の初回限定版BOXってありますか!?」

智恵「お、お客さん通だねぇ」



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:18:31.73 ID:U6XIrunq0

智恵「丁度最後の一冊がありますよ~」

御子柴「おお!じゃあ・・・」

智恵「勿論山田先生描きおろし微エ口イラスト10枚とドラマCD、ヒロインのフィギュアも付属してますよ~」

御子柴「いよっしゃああああああああああ!!!!!」

智恵「うふふ」



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:21:20.93 ID:U6XIrunq0

御子柴「これの為に本屋10件回った甲斐があったぜ」

智恵「それはそれは」

御子柴「正直内容とか全くわかんねーけどポスターでこのフィギュア見てビビっときたんだよな~」

智恵「あ?」ピキ



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:25:22.64 ID:U6XIrunq0

智恵「おいそこのイケメン、もう一度言ってみろ」

御子柴「え?」

智恵「ラノベを読まずにおまけ目的で買うだとぉ?いい度胸だなぁ!!!」

御子柴「ひっ・・・」

智恵「こうなったらラノベのすばらしさを1から教えてやらあああああああああ!!!!!」

御子柴「ひいいいいいいいいいいい!!!!!」


その後爆炎のダークエルフ全巻買わされました

~本当におしまい~



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/30(水) 22:26:09.29 ID:U6XIrunq0

これで終わりです
エ口マンガ先生はみこりんでも可愛い子・・・描けるかな?



元スレ
野崎「エロマンガ先生に会いに行く」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503931168/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月30日 23:55
          • 両方の設定上の話だけど、アニメ化作品でもないラノベごときと巻頭カラーや表紙をよく飾ってる連載マンガとじゃすごい差あるよね
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月31日 23:16
          • あの兄妹の書いてる奴原作だとアニメ化まで行ってるんだけどね
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月01日 23:12
          • やはりクロスオーバーで実現するコラボには夢がありますねぇ(;´Д`)ハァハァ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月10日 09:19
          • みこりんなら気に入られる…はず…

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【咲-saki-】久「おさげの」雫「メガネの」穏乃「しず部長」
        • ヒロインの最期
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ