TOP

【まどマギ】マミ『暇ねぇ・・・』 ほむら『そうね・・・』

1: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 21:52:25.52 ID:JvI1n7kc0

マミさんとほむらが不毛な会話をするだけのSSです。


――――――

マミ宅


マミ「何か面白いことはないかしら・・・」

ほむら「あなたが誘ったんだからあなたが考えなさいよ・・・」

マミ「そんなこと言われてもなぁ・・・昨日雑貨屋さんで買ったそれ見せたかっただけだし・・・」

ほむら「私の立場にもなってちょうだい。巴さんが切羽詰った感じですぐに家に来て欲しいなんて言われてきてみたらそんなもの見せたかっただけだなんて・・・」

マミ「えぇー・・・結構良い買い物したと思うんだけどなぁ・・・良くない?このコーンスタンド?って言うのかしら?アイスクリーム立てるやつ。私すごい気に入ってるんだけどな・・・」

ほむら「・・・・」ホムン

マミ「ほら見て。上の大きいほうの輪っかにソウルジェム逆さまに刺して・・・下の輪っかにはグリーフシード差し込んで・・・。ほら!これで家にいる間はソウルジェムが濁っても自動的に浄化してくれるわ♪」マミマミ

ほむら「それもう4回くらい聞いたわ・・・」



参考画像

no title



2: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 21:53:50.37 ID:JvI1n7kc0

マミ「家の中だったら100m離れる事もないしリビングに置いておけば安心して生活できるのよ。」

ほむら「だからそれも聞いたわ・・・だったら普通に卵の空きパックか何かにに隣り合わせで置いておけば良いじゃない・・・」

マミ「ダメよ暁美さん!それじゃ魔法少女じゃない友達が家に来たときお洒落じゃないじゃない!」

ほむら「コーンスタンドに刺しとくのもお洒落とはいえないと思うんだけど・・・」

マミ「それにね。こうしてリビングに置いておけばお皿洗ってたりお風呂入ってる時に間違って排水溝に流しちゃうこともないでしょ?」

ほむら「そんな間の抜けた失敗することあるのかしら・・・?」

マミ「油断しちゃダメよ暁美さん!私もう3回くらいやってその度に業者さん呼んでるんだから!」

ほむら「もう半年・・・いえ、繰り返してた期間含めたら実質[ピーーーッ]年魔法少女やってるけどそんなことなったこともないし、危なかったって肝を冷やしたこともないわ・・・」ファサ

マミ「そういうのが一番危ないのよ。人事だと思って聞いてるとそのうち自分に降りかかるんだから。」



3: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 21:54:44.91 ID:JvI1n7kc0

ほむら「・・・・」フゥ

マミ「暇ねぇ・・・」

QB「退屈そうにしてるね?ほむら」

ほむら「何しにきたのかしら?」ホム

QB「何しにきたってほどでもないけどね。どうだい?この服。マミが作ってくれたんだ。僕にはお洒落とかわからないけど多分こういったデニムのベストって言うのは君たちの価値観ではナウいって言うんじゃないかな?」

マミ「QB、とっても似合ってるわよ」ニコ

QB「僕には感情がないから良くわからないけどね。どう思う?ほむら。ワイルドだろ?」

ほむら「えぇ、似合ってるわ・・・今日だけで6回も見せに来て・・・よほど嬉しいのかしら・・・」

QB「何度も言ってるように僕には感情がないからね。その嬉しいって言うのがわからないよ。」キュップップイ

マミ「QB、あっちの部屋にご飯置いてあるわよ。今日はQBの好きな生のいわしよ」

QB「ホントかい!?マミ!」スタタタタ

ほむら「尻尾ブルンブルン振り回してたわね・・・ホントに感情ないのかしら・・・?」

マミ「さぁねぇ?でも最近ご飯のメニューによってテンションがすごく上下してるわあの子」

ほむら「・・・・・」ハァ



4: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 22:04:13.07 ID:JvI1n7kc0

マミ「・・・・・この服も可愛いなぁ・・・」ペラペラ

ほむら「・・・・ふぁぁ・・・」ホムーン

マミ「はい、暁美さん。ありがとう。いつもSevent○enしか読まないからnon-n○読まなかったけどこっちの方が私好みね。来月からn○n-noも買おうかしら」

ほむら「どういたしまして。別に買わなくてもすぐじゃなくて良ければ私が持ってくるわよ?」スッ

マミ「じゃあお願いしちゃおうかな。それにしてもその盾便利ね。武器だけじゃなくってそうやって雑誌とかの日用品も入るのね」



5: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 22:16:22.74 ID:JvI1n7kc0

ほむら「ワルプルギスの夜を越えたおかげで時間を止める事もできなくなったし時間遡行する必要もないから何かをしまう以外の使い道がないのよ・・・」

マミ「鉄砲とかも入ってるの?ちょっと見てみたいなぁなんて・・・」マミマミワクワク

ほむら「いつも見てるでしょう・・・これで良いかしら。米軍のM9」ヌッ ゴトッ

マミ「いつもはじっくり見ることなんてないもの。あなたから頼まれて弾を作るのに弾だけはしょっちゅう見てるけど・・・」マジマジ

ほむら「時間を止められない以上弾も調達できないから・・・あなたの魔法で作ってもらうしか方法がないのよ・・・私は物の生成とかできないし・・・」

マミ「暁美さんも練習すれば出来るようになるわよ。私は昔からマスケット銃作ったり紅茶作ったりしてるからその応用で作ってるだけよ。慣れよ慣れ」

ほむら「巴さんには感謝してるわ。あなたが弾を作ってくれなかったら私はもう戦う術がないのだから。それに魔法で生成した弾は銃が汚れないから手入れの手間が省けてありがたいわ」



6: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 22:16:58.41 ID:JvI1n7kc0

マミ「あなたからそうやって素直に感謝されるとなんだかムズムズしちゃうわ。それにしても手入れって何するの?」

ほむら「銃は撃ったらいろいろなもので汚れるから・・・本来はカーボン除去剤で発射ガスを落としたりカッパーリムーバーで銃身内に固着した銅を落したり作動部に潤滑油を挿したり。あと外観も錆びない様に軽く防錆油を染み込ませたウェスで拭いたり・・・銃身内も手入れ後は防錆油を塗布したりするんだけど魔女との戦闘前には防錆油を落してドライの状態にしたり・・・結構面倒くさいのよ」

マミ「口で説明される分にはそんな面倒くさそうな感じはしないんだけどな」

ほむら「しかも私の場合その拳銃だけじゃなくて自動小銃や機関銃、狙撃銃さらにそれらを数丁ずついろんな種類のを運用してるから手入れだけで土日が潰れる時もあったわ」

マミ「華の女子中学生が油にまみれて土日を潰すなんてねぇ・・・」

ほむら「でも巴さんの弾なら発射ガスで汚れることはないから作動部や外観の手入れだけで良くなって助かってるわ」



20: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 23:56:12.08 ID:JvI1n7kc0



マミ「どういたしまして。それにしても拳銃って意外と重いのねぇ。他にもいろいろ持ち歩いてるの?」

ほむら「機関銃とかもあるわよ。これとか私が良く使ってる奴ね。自衛隊のミニミ」ヌッ ガシャッ

マミ「その盾そんな大きなものも出入りできるのよねぇ・・・」

ほむら「何をいまさら。この中からもっと大きい迫撃砲や無反動砲も出して見せたじゃない」

マミ「ねっ!暁美さん!その盾よく見せて!」マミマミマミマミ

ほむら「そんな面白いものではないと思うけれど・・・」スッ

マミ「うーん・・・裏から見た感じ普通の鉄板なんだけどなぁ・・・手を入れてみて良い??」



8: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 22:29:28.76 ID:JvI1n7kc0

ほむら「ええ。余計なもの出さないように気をつけてね」

マミ「えへへへ・・・・裏はなんだかぶよぶよ?柔らかいのね・・・」

―――――ムチャヌチヌチッ・・・クチュッ

マミ「きゃっ・・・何これ・・・手を入れると・・・なんだろう・・・生暖かい・・・うぅーん??ヘドロ?みたいな感触がする・・・」

ほむら「あまり持ち主の前で失礼なことを言わないでほしいわ・・・」ホムーン・・・

マミ「ご、ごめんなさい・・・んっと?あっ、手首くらいまで入ったらその先は空洞というか何もないのね。ん??これなんだろ?」 ヌジュルッポン!

ほむら「・・・綾○ね」

マミ「○鷹ね・・・しかも飲みかけ・・・なんか色濃くない??マリモ??って中カビだらけじゃない!!」



9: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 22:37:56.29 ID:JvI1n7kc0

ほむら「は、はやくしまって!!」

マミ「もーう・・・とりあえずこれは捨てといてあげるわ・・・」

ほむら「も、もう良いでしょ!盾返して!!」バッ

マミ「あらら残念。暁美さんにもそういうだらしない部分があるってわかってなんだか可愛く見えてきちゃったなぁ♪」

ほむら「からかわないで・・・もう終わり!次の暇つぶしを見つけましょ!」



10: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 22:58:11.07 ID:JvI1n7kc0

マミ「暁美さん・・・あのね・・・」ウズウズマミマミ

ほむら「なにかしら・・・?」

マミ「ちょーっとその中を覗いてみたいなぁ・・・なんて」ジリジリマミマミ

ほむら「や、やめなさい!こないで!」

マミ「ちょっとだけ!!ちょっとだけだから!!」ガバッ!!

ほむら「やめて巴さん!いやっ!ちょっと待って!!」

マミ「ホントにちょっとだけ!!ちょっとで満足するから!!」ヌチヌチクチュッ

ほむら「いやっ!!巴さん落ち着いて!!無理に入れようとしないで!!」

マミ「おとなしくしてて!!すぐ終わるから!!」クチュッヌジュルジュルル

ほむら「巴さんっ!!やっ!!入ってる!?入ってるぅ!」ヌチュヌチュヌチュ

マミ「・・・・・・・・・・・」クチュッ・・・

ほむら「・・・・・・・・・///」クチュル・・・



11: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 22:58:44.84 ID:JvI1n7kc0

マミ「くっさ!!!なに!これ!!くさっ!!目・・・目が痛いわ!!!くっさ!!」

ほむら「何よ臭いって!!!」ホムガーーン!!

マミ「くっさ!!・・・・うぅっぷ・・・・うぅぅぅぅ・・・・」

ほむら「・・・・(顔突っ込む)」ヌチュチュピチュ

マミ「・・・・・うぅぅぅ・・・気持ち悪い・・・・」

ほむら「ぬぅぅぅぅぅぅ!!!・・・・うぅぅっぷ・・・うぅぅ!!」オロロロロロ

マミ「ちょっと暁美さん!!カーペットの上で吐かないで!!!」

ほむら「・・・・・うぅっぷ・・・」ゲホゲホゲホ



12: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 22:59:47.06 ID:JvI1n7kc0

マミ「あぁー!!カーペットがぁ!!」

ほむら「なんなのこの臭い!?何が起きてるのよ!?」

マミ「そんなの私が聞きたいわよ!!人生ではじめてよ!!臭いだけで吐きそうになったのなんて!!」

ほむら「と、とりあえずガスマスクをだしてもう一度覗いてみましょう・・・」ヌチュルッポン カブリカブリ

マミ「あっ!!ダメっ!!暁美さん!!」

ほむら「・・・???う!!がっっ!!ぶぇはっ!!うぷっ・・・・」オロロロロ

マミ「当たり前じゃない!そんな悪臭が漂ってるところに保管されてたガスマスクなんだから!!」

ほむら「・・・・・もうダメ・・・・巴さん・・・・まどかのこと守ってあげて・・・」ホムーン・・・

マミ「バカなこと言ってないで!!ほら!マスク外して!!あぁっ!!たれてくるたれてくる!!」



13: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 23:21:00.66 ID:JvI1n7kc0

――――――――


マミ「結局・・・過去[ピーーーーーッ]年分の生ゴミやら食べかけのご飯やら・・・QBの死体やらをその中にずっと放置してたのね・・・」

ほむら「むしろそんなものを入れた事すら忘れていたわ」ファサ

マミ「とりあえずゴミ袋3重にして入れなおして・・・盾の中もファブ○ーズ新品使い切る勢いで撒いたけど・・・」

ほむら「巴さん。この消○力もらって中に入れておいても良いかしら・・・?」

マミ「○臭力で良ければどうぞ・・・あとそのゴミちゃんと持って帰ってね。あ、そこのカーペットもしっかり清掃しておくこと!」

ほむら「本当にごめんなさい・・・」ホムーン



14: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 23:21:55.09 ID:JvI1n7kc0

マミ「まぁ武器庫と書庫だけ隔離してたおかげで汚染されてなかったのは不幸中の幸いね。これに懲りたら以後ちゃんとゴミは回収日にしっかり出すこと!食べかけのご飯を盾にしまわないこと!」

ほむら「気をつけるわ・・・」

マミ「さて・・・もう夕方だけどどうする?ご飯食べてく?私は食欲ないけど・・・というか失せちゃったんだけど・・・」

ほむら「私もさっきのでしばらく食欲は出そうにないわ・・・お肉も当分は無理かも・・・(まさかQBの腐乱死体があんなに溜まってたなんて・・・)」ホムン



15: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 23:28:32.19 ID:JvI1n7kc0

マミ「じゃあ今日はもう帰っちゃう?泊まってくならお風呂やお布団の準備してくるけど」

ほむら「その必要はないわ。今日はまどかが旅行から帰ってくるから・・・夜にお土産持ってきてくれるって言ってたから家で待つつもりよ」

マミ「あら、だったら鹿目さんうちにも持ってくるって言ってたからここにいれば会えるわよ?それにその方が鹿目さんも1件で済むから楽なんじゃないかしら?」

ほむら「・・・それなら泊めてもらおうかしら・・・」

マミ「はいはい♪じゃあお風呂とお布団と・・・あ!あとパジャマの準備しておくわね♪」

ほむら「パジャマは不要よ巴さん(イラッとくるから・・・特に胸らへんが・・・)」



16: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 23:29:03.02 ID:JvI1n7kc0

――――――

マミ「暁美さん。お風呂準備できたわ。先入ってきなさい」

ほむら「さすがに家主より先に入るのは申し訳ないのだけれど・・・」

マミ「気にしなくて良いの。その間に私は食事作っておくから。冷麦なら食欲なくても少しは食べられるわよね?」

ほむら「たぶん・・・冷麦ならいけると思うわ。それじゃお言葉に甘えて先にお風呂いただくわ。」


マミ「あ!暁美さん。そこのコーンスタンド、使って良いからね♪あれ?もういない」



17: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 23:29:56.63 ID:JvI1n7kc0

―――――――

―――シャワワワァァァァーーー
ほむら「はぁ・・・大変だったけど今日は楽しかったな・・・なんだかんだで巴さんと一緒にいるのが割と落ち着くのが不思議ね・・・」

―――ピュッピュッピュ  ワシャワシャワシャ
ほむら「・・・髪もこれだけ長いと洗うのも大変ね・・・ワルプルギスの夜も撃退できたことだし・・・心機一転さやかみたいに短くしてみようかな・・・」

―――シャワワワァァァァ ワシャワシャワシャワシャ
ほむら「いきなりさやかみたいに短くするのも怖いし最初は仁美かまどかくらいで様子見してみましょうかしら」

―――シャワワワァァァァ カチャン・・・キンッキンッ
ほむら「ん??なんの音??・・・・・指輪??・・・・・!?ってまさか!?あぁぁぁぁ!!ちょっと待って!!待って!!」

―――シャワワワワァァァァ ゴゴゴ・・・ポッチョン・・・
ほむら「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!巴さん!!一大事よ!一大・・・」バタホムーーン

―――シャワワワワァァァァ・・・       アケミサーン??ヨンダカシラーー??



終われ



18: ◆320fzHe6DI 2017/08/17(木) 23:30:48.25 ID:JvI1n7kc0

すいません。

マミさんとほむらのいちゃいちゃが見たくて書いただけです。



元スレ
マミ『暇ねぇ・・・』 ほむら『そうね・・・』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502974345/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (14)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月18日 14:00
          • キュウベエ殺しては盾の中にしまってる姿想像してワロタ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月18日 14:37
          • 代わりが来て食べるのに盾の中に仕舞うのか‥
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月18日 15:06
          • 100m離れるの早いww
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月18日 17:19
          • これ好き…おもしろかった
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月18日 17:21
          • 感情むき出しのQB好き
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月18日 19:28
          • >マミ「ほら見て。上の大きいほうの輪っかにソウルジェム逆さまに刺して・・・下の輪っかにはグリーフシード差し込ん
            >で・・・。ほら!これで家にいる間はソウルジェムが濁っても自動的に浄化してくれるわ♪」マミマミ

            便利wwwwwww
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月18日 19:58
          • 風呂入る時は外しとけよ
            いや、外したら外したで洗濯物の中に紛れたりするのかな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月19日 01:40
          • スマホや携帯、財布なんかですら手元から離して置いとくのが心許ないんだもん、自分の命そのもののソウルジェムなんて例え家の中でも手放して置いとくなんて怖くて出来んわな。
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月19日 02:01
          • 5 ほむほむかわいい
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月19日 10:43
          • マミさんちでっかいマンションだから排水溝に勢いよく流れると一気に下まで落ちるんかな…
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月20日 01:56
          • このSSの雰囲気懐かしい、昔はこんな感じのが多かった気が。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月21日 00:05
          • マミが弾作るって発想は目から鱗だった
            それ以外はゴミだった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月21日 19:11
          • 5 懐かしい感じでよかった
            QB途中から忘れられてたがw
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月25日 04:53
          • 三滝原アンチマテリアルズの作者の罪は大きい


            こういう素敵な風景系の作品代表になったくせに投げやがって

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 【モバマス】城ヶ崎美嘉「いつまでも」
        • 【バンドリ×けいおん】唯「バンドリ?」香澄「けいおん?」【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ