TOP

【デレマス】加蓮「罰ゲームは…プロデューサーと新婚生活(仮)!?」

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:36:34.23 ID:mkQsACVu0

前作はこちらです。

奈緒「さて、罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」

凛「私がプロデューサーに全力で甘える日?」

前作は奈緒にイチャイチャしてもらったので、今回は加蓮にイチャイチャしてもらいます。誕生日を迎えた凛がイチャイチャするSSもありますのでよろしければこちらもどうぞ。

では書き始めます。



2: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:38:26.30 ID:mkQsACVu0

(事務所。夕方。ババ抜き中)

ヒョイ…ぽいっ
ヒョイ…ぽいっ

凛「あがりだね」

加蓮「あちゃー」

奈緒「まった加蓮と一騎打ちかよ…」

加蓮「しかも、どうせ私が勝つんだよねぇ」

奈緒「いや。今回は勝ちを譲るつもりはないぞっ!」

加蓮「え? わざと負けて『罰ゲーム』でプロデューサーとイチャイチャしたいんじゃないの?」

奈緒「な、な、なわけ…ないだろっ!」

凛「動揺しすぎだよ…」

注: トランプで負けると『罰ゲーム箱』の中から1枚紙を取り出して実行するルールになっています。
罰ゲームはアイドルたちが『1人1枚』の制限で書いています。
このルールを利用して『プロデューサーとあんなことやこんなことをする』系の罰ゲームを書き込み、わざと負けようとするアイドルが後を絶ちません。

詳しくは以下の過去作品より。
奈緒「さて、罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」



3: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:39:24.39 ID:mkQsACVu0

奈緒「勝つ! 加蓮に恥をかかせてやるんだっ!」

加蓮「あそ。はい」

ヒョイ…

加蓮「そろった♪」

ぽいっ

奈緒「なっ!」

加蓮「後2枚…ふふふ。もう勝ちだね」

奈緒「まだわからないだろっ! うぉりゃ!」

ヒョイ…ぽいっ

奈緒「あたしもそろったぞっ! これで加蓮は1枚…あたしは2枚(片方ジョーカー)だっ!」

加蓮「くっ」

加蓮「…」

ヒョイ…

加蓮「なっ…ジョーカー引いちゃった…!」

奈緒「ふふふ。これで決めてやるっ! うぉりゃ!」

ヒョイ…

ぽいっ

奈緒「っしゃ!」

奈緒Win!

加蓮「あー…負けちゃった」

凛「お疲れ様。これで奈緒の1勝30敗だね」

加蓮「私は初の黒星だー」

奈緒「あたし…そんなに負けてたのか…」

加蓮「毎回、不自然に私のジョーカーを抜いていたからねぇ」

凛「なんでだろうね? 毎回ニマニマしながら罰ゲーム箱を引いてたけどなんでだろうね?」

加蓮「なんでだろう? プロデューサーに文句言いながら罰ゲームを実行してたのはなんでだろう?」

奈緒「…し、知らないっ…///」

凛「ふーん」

加蓮「へーぇ」

奈緒「に、ニマニマするんじゃねぇよぉ…///」



4: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:40:36.14 ID:5FCSOfzeO

加蓮「ま、とりあえず罰ゲーム引くよ」

凛「嬉しい?」

加蓮「複雑かな」

凛「何それ」

加蓮「公然とプロデューサーとイチャつけるのは悪くない。けど、奈緒が悲しんじゃいそうだからねー」

奈緒「か、悲しむわけないだろっ!」

加蓮「そ♪ じゃあ引くよ♪」

凛「普通の罰ゲームもかなり混ざってるからね」

凛「私としては『動物の真似』みたいにマイルドな罰ゲームでもいいかな」

奈緒「あー。それいいかも」

加蓮「それ逆に嫌ー」

ヒョイ…

加蓮「さて…罰ゲームは…と」

『プロデューサーと3日間。新婚生活(仮)を過ごす(By 留美)』

加蓮「…」

奈緒「…」

凛「じゃ。実行よろしく」

加蓮「タンマ」



5: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:41:20.59 ID:5FCSOfzeO

凛「?」

加蓮「凛。すっとぼけた顔をするのはやめて。これはありえないでしょ」

奈緒「な、な、無いなっ!!」

凛「加蓮。紙に細かくルールが書いてあるから読んでみてよ」

加蓮「ルール?」

奈緒「ホントだ…すごく細かく注意書きがある…ええと…読み上げていくぞ…」

【ルール】
・実行者はプロデューサーの自宅で3日間寝泊りをする。
・実行者はプロデューサーと自分の分のお弁当を用意する。手作り以外は認めない。
・実行者は必ずプロデューサーと同じベッドで寝る。
・実行者は新婚生活らしくふるまわなければならない。1日5回以上。裁量は実行者にゆだねる(行ってきますのキス等?)



6: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:42:19.28 ID:5FCSOfzeO

加蓮「『行ってきますのキス等?』じゃないよ!」

スパーン!

加蓮「留美さん。どういう気持ちでこれ書いたの!?」

凛「加蓮。紙を床に叩きつけちゃ駄目だよ」

加蓮「ないないない! ルールを読んだからって何? って話だよ!」

奈緒「…この罰ゲーム羨ましい」(ぼそっ)

凛「え?」

奈緒「な、何でもねぇよ!」

加蓮「引き直すね。ほら」

凛「…加蓮。引き直し禁止のルールを作ったのは誰だったっけ?」

加蓮「…」

奈緒「あ。そういや…」



7: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:43:17.58 ID:5FCSOfzeO

~1週間前~

加蓮『もー。奈緒。罰ゲームのたびにこれは嫌だーって言いすぎー』

加蓮『テンポ悪くなっちゃうし、これから罰ゲームの引き直しは禁止ねー』

加蓮『もちろん。奈緒だけじゃなくて全員ね♪』

~現在~

加蓮「…禁止と言ったのは私です」

凛「人にやらせて自分はやらない。なんてこと…まさかないよね?」(にこっ)

加蓮「た、たち悪っ」

奈緒「加蓮。やっと凛の怖さがわかったか」

加蓮「奈緒の気持ちがわかったよ。あの子。悪魔だ」

凛「悪魔なんてひどいな」

凛「私は2人が赤面して悶えてるところを見たいだけなんだよね」

奈緒・加蓮「「最悪だよっ!!」」



8: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:43:47.68 ID:5FCSOfzeO

加蓮「て、ていうかさ。プロデューサーが困っちゃうよね。うん」

凛「そうかな?」

奈緒「そ、そうだろっ。プロデューサーが駄目って言ったら…どうしようもないなっ! うん!」

凛「なるほど。じゃあ私が聞いてみるよ」

加蓮「凛が?」

凛「うん。電話してみる」


パピプペポ…トゥルルル…ピッ

『もしもし。プロデューサー? いま時間ある? そう。ありがと』

『実はね。加蓮が3日間。プロデューサーのためにお弁当を作りたいらしいんだけど、いいかな?』

加蓮「はぁ!?」

『よかった。それとさ加蓮がプロデューサーの家に3日だけ泊まりたいらしいんだ…泊まりたい理由? ごめん。理由はわからないな』

奈緒「(そうだ。そうだ。理由がなきゃ泊められないだろ)」

『でも。加蓮。すごく辛そうな顔してたんだ…だから理由は聞かないであげてくれる?』

奈緒「おいっ!?」

加蓮「待って!?」

『うん…わかった。ありがと。今日の夜から頼むよ。それじゃ』

ピッ

凛「交渉成功」

奈緒「ただの詐欺じゃねーかっ!」

加蓮「なんでドヤ顔なのよ!」

凛「プロデューサー。待ってるってさ」

奈緒「いいのかよっ!?」

加蓮「ちょ、ちょ、こんなのありえないよー!」



9: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:44:15.35 ID:5FCSOfzeO

(しばらくして夜)

加蓮「…」

ずっしり

加蓮「3日分の荷物…流石に多いな…」

加蓮「プロデューサーのマンション…初めて来たけど…本当に入っていいのかな?」

加蓮「…うぅ…インターホン押すのも…緊張する…」

ウィーン…

P「おお。加蓮。ドアの前で立ってどうした? インターホン鳴らせばいいのに」

加蓮「わっ。プロデューサー?」

P「夏とはいえ身体が冷えるぞ。お入り」

加蓮「…うん」

P「荷物持つよ。重いだろ」

ヒョイ

加蓮「ありがと」

P「気にするな。3日間。自宅だと思ってくつろいでいきなされ」

加蓮「プロデューサー。本当に泊まっていいの?」

P「ああ、問題ない。何か困ったら何でも言え」

ぽんぽん…

加蓮「子供じゃないんだから。頭ぽんぽんしないでよ…」

P「嫌だったか?」

加蓮「嫌では…ないけどさ」

P「んじゃ、エレベーター乗るぞ。部屋最上階だから」

加蓮「意外とセレブなんだね」

P「んなこたーない。普通だよ。普通」

ウィーン…パタン…

加蓮「(プロデューサー…泊まりに来た理由とか全然聞かないんだね…)」

加蓮「(あー…そうだ。凛のせいで私は『訳あり』みたいに思われてるのか…)」

加蓮「(…何にせよ。嘘つかなくていいのは楽だな)」

加蓮「…」(じっ)

P「どした?」

加蓮「別に?」

加蓮「(…優しいんだなぁ)」



10: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:44:54.87 ID:5FCSOfzeO

ギィッ…パタン

P「ただいま」

加蓮「お帰りなさい」

P「返事があるといいなぁ。後ろからだけど」

加蓮「ふふ。プロデューサー。誰もいないのに毎日『ただいま』って言ってるわけ?」

P「何も言わないのも寂しいじゃないか」

加蓮「そういうものなんだ?」

P「うん。だから言うことにしてるわけよ」

加蓮「ひとりごと。危ない人だ」

P「なにおう。失礼なやつめ」

加蓮「あはは、冗談だよ」

加蓮「…仕方ないから私が泊まってる間は『おかえり』って言ってあげるね」

P「それ嬉しいな。最高」

加蓮「大袈裟すぎだってば♪」

加蓮「(そういえば。病気がちだったころは…あんまり『ただいま』とか『行ってきます』とか言わなかったな…)」

加蓮「(家も病院も…どっちも『自分の居場所』って感じがなかったから…言いたくなかったのかも…)」

加蓮「(自分のことだけどよくわかんないや…)」



11: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:45:35.28 ID:5FCSOfzeO

P「荷物。リビングに置いておくな」

加蓮「うん。ありがと」

P「泊まってる間は、奥にある俺の部屋使っていいよ」

加蓮「プロデューサーは?」

P「リビングに布団敷く。荷物もスーツくらいしか必要ないし」

加蓮「…なるほど」

加蓮「…」

加蓮「プロデューサー。私。布団派だから布団で寝ていい?」

P「そうなのか?」

加蓮「う、うん。ベッド苦手だから私がリビングで寝泊まりするよ」

P「…わかった。じゃあそうするか」

加蓮「ありがとう」

加蓮「(こうしなきゃ…後々、私の方が困っちゃうんだよね…///)」



12: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:46:05.16 ID:5FCSOfzeO

P「風呂沸かしてあるけど、先入る? 後で入る?」

加蓮「先」

P「はいよ」

加蓮「覗かないでよね」

P「信用ないな…俺…」

加蓮「仮に覗いていいよって言ったらどうするの?」

P「無論、覗く」

加蓮「絶対覗かないでよね」

P「はい」



13: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:46:31.50 ID:5FCSOfzeO

シャァァァ…キュッ…キュッ…
ちゃぽ…ざぱーん…

加蓮「…♪」

加蓮「極楽…♪」

加蓮「…」

加蓮「(…やっぱプロデューサーに悪いことしてるよね)」

加蓮「(『罰ゲームで泊まりにきた』…なんて知ったらよく思うわけないよ…)」

加蓮「(…このまま嘘ついたままは嫌だな)」

加蓮「(タイミングをはかってきちんと謝ろう…)」

ぶくぶくぶくぶく…

加蓮「…」

加蓮「…そういえばこの後、お風呂プロデューサー入るんだよね…?」

加蓮「…なんかすごく恥ずかしいことしてる気がしてきた///」

加蓮「…」

ざぱっ…

加蓮「…ごめん。プロデューサー」

きゅぽっ…ざぁぁ…



14: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:47:03.29 ID:5FCSOfzeO

P「俺が入った時には湯栓が抜かれていたんだけどどういうことだい? 加蓮?」

加蓮「ごめん。うっかり」

P「俺は悲しいよ。とても悲しい」

加蓮「だって私が入った後に入られるの恥ずいじゃん」(ぼそっ)

P「うん?」

加蓮「何でもない。ごめん。代わりにマッサージするから許して」

P「素晴らしい。許す」

加蓮「軽っ」

P「背中。強めに押してください」

加蓮「はいはい。ネイルアートのオプションも付けられるけど、いかが? 花柄とかオススメだよ♪」

P「花柄ネイルをした俺と一緒に仕事に行きたいのかい?」

加蓮「ぷっ…可愛い…」(ぷるぷる)

P「吹き出しそうになっているじゃないか!」

加蓮「あはは♪」

P「吹き出しているじゃないか!」

加蓮「くっ…ご、ごめん…ふふ…」

P「(ま…笑ってくれて何よりだ)」



15: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:47:34.24 ID:5FCSOfzeO

(しばらくして)

P「マッサージありがとな。俺は朝早いからもうそろそろ寝るよ」

加蓮「…何時起き?」

P「5時」

加蓮「そっか。でも1日中事務所にいるよね?」

P「まあな」

加蓮「じゃあ。あとでお弁当作って持ってくよ。お昼ご飯。コンビニとかで買わないでね」

P「…いいのか?」

加蓮「それくらいさせてよ」

P「わかった。楽しみにしてる」

加蓮「うん。腕によりをかけるよ」

P「ありがとう。おやすみ」

加蓮「はーい。おやすみなさい」

スッ…カチャ…パタン…

加蓮「ふぅ…さて、とまずはお弁当の仕込み…それから明日の準備…最後に…」

加蓮「(…プロデューサーのベッドに潜り込まなきゃいけない…んだよね///)」

加蓮「(ルールだから仕方ないけど…うぅ…恥ずい…恥ずすぎ…///)」



16: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 23:48:43.98 ID:5FCSOfzeO

カチャカチャ…
カチャカチャ…

加蓮「さて、準備は全部終わり。あとは寝るだけなんだけど…」

加蓮「…プロデューサーもう寝てるかな?」

スッ…カチャリ…

P「…」

加蓮「…」

P「…どした?」

加蓮「あ。起きてたんだ…」

P「…まあな」

加蓮「…」

スタスタスタ…

P「…うん?」

加蓮「…ご、ごめん…一緒に…寝ていいかな…」

P「…」

P「いいよ。ほれ、お入り」

スッ…

加蓮「…理由とか聞かないの?」

P「うん。話したいなら聞くけど」

加蓮「…いい。ありがと。失礼シマス…///」

スッ…もそもそ…

P「…」

加蓮「…あ、暑くない?」

P「加蓮こそ」

加蓮「わ、私はへーきだし…」

P「そうかい」

加蓮「…」

P「…」

加蓮「(やばい…なんかすごくドキドキする)」

加蓮「(ていうか…プロデューサーさん…わ、私に手を出したりしない…よね?)」

加蓮「(い、いきなり抱き寄せられて…そのままなんてっ…///)」

加蓮「(そ、そんなことになったら…私…プロデューサーの顔…恥ずかしすぎて一生まともに見れなくなっちゃう…かも…///)」

P「Zzz…」

加蓮「…え?」

P「Zzz…」

加蓮「えぇ…爆睡って…」

(初夜・終わり)



22: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/11(金) 08:00:33.38 ID:ygCpBRMz0

(2日目)

凛「おはよう。加蓮。昨日はどうだった?」

加蓮「別に?」(プイッ)

奈緒「おはよー。加蓮。昨日はどうだった?」

加蓮「別に?」(プイッ)

凛「ぷりぷりしてるね」

奈緒「怒ってるな」

加蓮「怒ってませんー」

凛「ムスッとしてるでしょ。あからさまに」

奈緒「機嫌直せよ…そうだ。朝買ったチョコエッグひとつ分けてやるから」

加蓮「いらない」

奈緒「『ミニオンズ』のやつなのに…」

凛「殻はチョコバナナ味?」

奈緒「いや。普通のホワイトチョコ」

凛「なんだ」(がっかり)

奈緒「ホワイトチョコって好き嫌いに個人差出るよなぁ」

加蓮「いや2人とも。なんでチョコエッグの話で盛り上がろうとしてるわけ」



23: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/11(金) 08:01:08.83 ID:ygCpBRMz0

凛「ごめん。ところで加蓮。昨日はどうだったの?」

加蓮「リピートするんだ」

奈緒「だって気になるし」

加蓮「何もなかったよ。普通」

凛「ふーん」

奈緒「ほほう」

加蓮「な、何よ」

凛「プロデューサーと寝たの?」

加蓮「誤解を招くような言い方はやめなさい」

奈緒「で、どうなんだよ?」

加蓮「…同じベッドでは寝たけど」

凛「…」(にまにま)

奈緒「…」(ニマニマ)

加蓮「その『慈愛に満ちたような微笑み』は腹立つ」

凛「よかったね」

奈緒「…ちょっとずるいけどな」(ボソッ)

加蓮「ん?」

奈緒「なんでもない」



24: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/11(金) 08:01:45.25 ID:ygCpBRMz0

凛「で、お弁当は?」

加蓮「作ってきたよ。ほら」

奈緒「おお。ホントに作ってきたんだな。というか、作れるんだな?」

加蓮「無難にまとめただけだよ」

奈緒「中。見てみてもいいか?」

凛「私も見たい」

加蓮「…崩さないでよね」

凛・奈緒「「はーい」」

加蓮「ん。どうぞ」

スッ

凛「2段の弁当箱なんだね」

奈緒「しかも、ごはんが保温できるやつだ」

凛「中身は…と」

奈緒「加蓮が弁当を作ってるところなんて見たことないからなー。案外酷い出来だったり…ん?」

ピカーッ



25: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/11(金) 08:02:23.04 ID:ygCpBRMz0

【加蓮弁当・上段】
・豚バラのチーズ巻
・ピーマン詰めハンバーグ
・プチトマト
・パプリカと玉ねぎのマリネ
・海苔入り卵焼き
・ミニハッシュドポテト

凛「…」

奈緒「…」

加蓮「だ、黙ってないでなんとか言いなさいよ」

凛「次行こう」

奈緒「ああ。下段だ」

加蓮「聞いてる?」

パカッ…

【加蓮弁当・下段】
・鶏そぼろごはん(肉部分はハートマーク)
・ほうれん草のごま和え

凛「…」

奈緒「…」



26: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/11(金) 08:03:54.78 ID:ygCpBRMz0

加蓮「あと。こっちの別容器にはインスタントだけどお味噌汁が…」

奈緒「完璧な仕上がりかよ」

加蓮「?」

凛「もう結婚していいよ」

加蓮「はぁ!? 何でそうなるわけ!?」

凛「だって何これ。ぐぅの音も出ないじゃん。ハートマークで愛情表現までしてるし」

凛「というか、私もこれ食べたい」

奈緒「な、なんで、ちゃんと弁当が作れるんだよぉ…」

加蓮「ネットでちょっと調べて…適当にアレンジしただけだけど…」

凛「奈緒。手先が器用な人に器用な理由を聞いても駄目だよ」

奈緒「ちくしょう。あたしにも作ってくれ!」

加蓮「えー…めんどくさい…」

凛「私のはハートマーク要らないから大丈夫だよ」

加蓮「なんで『作ること』が前提になってるわけ?」



27: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/11(金) 08:05:19.48 ID:ygCpBRMz0

カチャ

P「みんなおはよう。揃ってるな」

3人「「「おはようございます」」」

加蓮「…」

凛「ほら。加蓮。渡しなよ」(ぐいっ)

奈緒「GO。GO」(ぐいっ)

加蓮「お、押さないでよ。わかってるから」

加蓮「…はいこれ。プロデューサー。お弁当」

P「うん。ありがとうな」

加蓮「食べ終わったら容器の中のプラスチックゴミを捨てといてくれる? 洗わなくてもいいからさ」

P「了解」

加蓮「あと。残さないでよ」

P「もちろん全部食べる」

加蓮「ならよし♪」

加蓮「…ところで。ネクタイ曲がってるんだけど?」

P「ん? そうか?」

加蓮「じっとしてて。直してあげるから」

スッ…スッ…キュッ

加蓮「これでよし…と」

P「悪いな」

加蓮「いえいえ。どういたしまして」

P「じゃ…今日のスケジュールは、と」

凛「イチャつきすぎ」(小声)

奈緒「あたしもネクタイ直したい」(小声)

加蓮「2人とも。ぶつぶつ隣で言うのやめてくれる?」(小声)

P「3人とも話を聞きなさい」



41: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 09:17:24.81 ID:266Bg0Oh0

(夕方)

加蓮「はぁ…レッスン疲れた」

奈緒「明日はオフだし。問題ないだろ」

凛「だね。せっかくの休みだし3人で遊びに出かけない?」

奈緒「いいなー。久しぶりだ」

加蓮「賛成♪」

凛「プロデューサーの家に」

加蓮「待ちなさい」

奈緒「プロデューサーの家か…いいかもな…///」

加蓮「待ちなさい」

凛「ごめん」

加蓮「わかればいいよ」

凛「元々、加蓮の家だもんね。『3人』じゃなくて私と奈緒の2人で遊びに行くよ。お迎えよろしく」

加蓮「何もわかってないね。凛。少しからかいすぎなのわかってるよね。確信犯だよね」

むにっ…みよーん…

凛「ふぁふぁってなふいよ(わかってないよ)」

加蓮「反省ターイム」

うにうにうに

凛「やうぇふぇよー(やめてよー)」

奈緒「凛がほっぺをうにょーんって引っ張られてる姿。なんか新鮮だな」

加蓮「ほれほれ。反省しなさい」

凛「うにー」(びょーん)



42: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 09:18:35.23 ID:266Bg0Oh0

凛「私たちがプロデューサーの家に行くことに何か問題があるわけ?」

加蓮「…別にないけど」

奈緒「じゃあいいだろ」

加蓮「来ることに問題はないけど、さして来る理由もないでしょ」

凛「友達の家に行くのに理由がいるの?」

奈緒「なんか名言っぽいな…」

加蓮「いや。プロデューサーは『友達』ではないでしょ。プロデューサーは『プロデューサー』でしょ」

凛「プロデューサーの家は加蓮の家でもあるから。友達の家と言って差し支えないはずだよ」

凛「…そして2人の愛の巣でもある」(ぼそり)

加蓮「凛。次の罰ゲームでは覚悟しておきなさいよ」

奈緒「加蓮。微笑みが怖い」



43: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 09:19:12.95 ID:266Bg0Oh0

(しばらくして)

加蓮「てなわけでさ。明日、2人が来ることになっちゃったんだけど。大丈夫?」

P「俺は仕事でいないけど。それでよければ」

加蓮「ありがと。汚さないようにするよ」

P「テレビ台の下にゲームとかあるからやっていいぞ。マリオとかロックマンとか」

加蓮「はーい」

加蓮「…それでさ。もう私帰るけど…鍵貸してくれる?」

P「はいよ」

ぽいっ

加蓮「わっ…と。危ないなー」

P「ナイスキャッチ」

加蓮「まったくもう…今日。ご飯作っておくから帰りに食べてこないでよ?」

P「うん。何作ってくれるんだ?」

加蓮「生姜焼き」

P「おー。いいねいいね」

加蓮「ふふふ♪ 腕によりをかけて作るからね♪」

P「ほー。楽しみ」

P「やっぱ家に誰か待っててくれると嬉しいな」

加蓮「そう?」

P「1人よりはなぁ」

加蓮「もういっそのこと。このまま住んじゃおうか♪」

P「ははっ。それもいいな」

加蓮「はいはい。冗談はここまでにして。帰るね」

P「気をつけておかえり。俺もなるべく早めに帰るから」

加蓮「うん。待ってる。一緒に晩御飯食べよう」

P「もちろん」

パタン…テクテク…

加蓮「…このまま住んじゃおうか…か」

加蓮「…」

加蓮「…軽口でも…嬉しいな…♪」



44: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 09:20:02.82 ID:266Bg0Oh0

(しばらくして)

P「…仕事終わりだー」

P「帰って生姜焼きだー。やっほーい」

プルルルル…

P「?」

P「はい。俺です…え? 機材のトラブル?」

P「…」

P「わかりました。ええ、すぐ行きます」

ピッ

P「…最悪だよ」

P「…加蓮に電話しとこ」

プルルルル…
プルルルル…

P「…繋がらないな。仕方ない」

スチャ…

P「超速攻で終わらせて家に帰るぜ!」



45: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 09:20:56.20 ID:266Bg0Oh0

午前12時

P「…ただいま」

パタン…

P「加蓮…もう寝ちゃってるだろうな…」

(おかえり)

P「また帰ってきても返事のない生活か…」

P「って…うん? 返事が聞こえたような…」

スッ

加蓮「遅かったね。おかえりなさい」

P「加蓮。まだ起きてたのか…」

加蓮「うん。心配してた」

P「ごめん。夕御飯一緒に食べようって約束したのにな…」

ぐぅぅ…

P「…急な仕事が入って」

加蓮「…」

P「いや、こんなの言い訳だよな」

加蓮「…」

スタスタスタ…

加蓮「チョップ」

ぽすっ

P「おぅ」

加蓮「気にしてないよ。お仕事、お疲れ様」

P「…加蓮」

加蓮「もう謝らないでね。ご飯は食べてきたの?」

P「食べてない。腹減った」

加蓮「生姜焼き。温め直すよ。ほら、荷物貸して。座ってて」

P「…」(ほろり)



46: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 09:21:27.46 ID:266Bg0Oh0

むしゃむしゃ…
むしゃパクっ…

加蓮「どう?」

P「うまい。死ぬほどうまい」

加蓮「作りたてだったらなぁ…」

P「うまい。うまい」

むしゃむしゃ

加蓮「…気に入ってくれた?」

P「最高」

むしゃむしゃ

加蓮「…そ♪」

加蓮「ふぁぁっ…」

P「…寝てていいよ?」

加蓮「…プロデューサーが食べ終わるまで…」

加蓮「ていうか、1人で寝るの寂しいし…」

P「…うん?」

加蓮「や、な、なんでもない…」

P「…」

P「…今晩も一緒に寝るか?」

加蓮「…いいの?」

P「おいで」

加蓮「…ありがと」

(2日目・終わり)



52: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:04:26.89 ID:rcGFQxpLO

(3日目・朝)

ピピピピ…
ガバッ…

加蓮「…」(ぼーっ)

P「Zzz…」

加蓮「(プロデューサーが家を出る前にお弁当作らなきゃ…)」

加蓮「(朝ごはんも用意して、スーツも用意して…と。それくらいでいいかな)」

P「Zzz…」

加蓮「…」

加蓮「その前に…ちょっとだけ」

もそもそ…ぎゅぅ…

加蓮「…抱きつくくらい、いいよね…♪」

ぎゅーっ

加蓮「(…奈緒の気持ちもちょっとわかるかな…安心する…)」

加蓮「(もうちょいしてたいし…プロデューサーからもして欲しいけど…時間ないや…)」

スッ

加蓮「さて。頑張ろ…っ♪」



53: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:05:01.28 ID:rcGFQxpLO

(しばらくして)

加蓮「はいこれ。お弁当」

P「ありがとう。行ってくるよ」

加蓮「ん。行ってらっしゃい」

加蓮「…」

【実行者は新婚生活らしくふるまわなければならない。1日5回以上。裁量は実行者にゆだねる(行ってきますのキス等♪)】

P「どした?」

加蓮「…」

ちょいちょい

P「どうした手招きなんかして…っと」

だきっ…ぎゅー…

加蓮「…」

P「おぅ…いきなり抱きついてきてどうした?」

加蓮「や…何となく…駄目だった?」

P「いや。いいけど…」

ぎゅっ…よしよし

加蓮「…♪」

加蓮「キスとか無理だけど…これくらいなら…いいよね…///」(小声)

P「ん?」

加蓮「何でもない。もうちょい強めに」

P「はいな」

ぎゅーっ…

P「じゃ。そろそろ」

加蓮「はーい」

パタン

加蓮「凛たちがすぐ来ちゃうな。片付けなきゃ」

加蓮「…ん?」

加蓮「わっ! プロデューサー。書類忘れてるしっ!」

加蓮「急げば…駅までに追いつくかな」

タッタッタ…



54: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:06:35.04 ID:rcGFQxpLO

テクテク…

P「…」

トットットッ…

加蓮「プロデューサーっ! ちょい待ち! 忘れ物!」

P「…うん?」

加蓮「…こほっ。ぜい…ぜい…はいっ! これっれ! 結構大切なものなんじゃないの?」

P「おー…」

P「…」

P「ごめん。これ今日使わないやつ」

加蓮「え、嘘っ。今日の日付書いてあるじゃん?」

P「予定が変わったんだよね」

加蓮「えぇ…嘘ぉ…」

はぁ…はぁ…

P「ほら。こんなとこでへたりこむなよ。服が汚れるぞ」

だきっ…

加蓮「…わっ…と。はぁ…はぁ…っ…急に走って疲れた…」

P「わざわざありがとうな」

加蓮「骨折り損だったけどね…ふぅ…」

P「どんだけ走ってきたのよ」

加蓮「急がなくちゃって…思ってさ…こほっ」

P「嬉しいよ。ありがとう」

ぎゅむー

加蓮「ちょい…まだ時間あるなら…寄りかからせて…けほっ」

P「身体熱いな」

加蓮「…仕方ないっしょ」

加蓮「…い、嫌?」

P「気にならない」

加蓮「…よかった♪」



55: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:07:13.26 ID:rcGFQxpLO

ぎゅむー

凛「…」(じっ)

奈緒「…///」(じっ)

P「…」

加蓮「…いつから見てたの?」

凛「加蓮が必死に走ってくるところから」

加蓮「最初からじゃない」

奈緒「…ごめん。タイミング悪かったな」

凛「私たち。お邪魔みたいだね。ごゆっくり」

奈緒「だな…ごゆっくり…///」

テクテクテク…

加蓮「ちょっ!? まっ!」

加蓮「凛! あんたはわざと勘違いしてるよねっ! ねぇっ!?」

タッタッタ…

加蓮「プロデューサーごめんっ! 行ってらっしゃい!」

P「おーう」

P「…楽しそうだな」



56: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:07:50.44 ID:rcGFQxpLO

(しばらくして)

奈緒「おー、ここがプロデューサーのマンションか」

凛「結構大きいね。まあ、2人で住んでるんだから当然だけど」

加蓮「いや。プロデューサーが部屋を決めた時、私はいなかったし。『2人で住むために大きい部屋を選んだ』わけじゃないからね?」

奈緒「いいから。早く入ろうぜ」

凛「そうだね。私。喉乾いた」

加蓮「ジュース買ってあるから適当に飲んでいいよ」

凛「ありがとう。奥さん」

加蓮「はい。チョーップ」

ポスッ

凛「あぅっ」

加蓮「りーん。いい加減にしよーねー」

がしっ

凛「後ろから首元掴まないで。怖い怖い」

奈緒「加蓮がいじりまわされるのを見るのは楽しいなー」

加蓮「トランプで負かして、次は凛をいじってやる」

凛「絶対負けないから。絶対」



57: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:08:16.63 ID:rcGFQxpLO

カチャ…

凛「お邪魔します」

奈緒「お邪魔しまーす」

加蓮「どうぞー」

凛「結構綺麗にしてるんだね」

奈緒「あたしも汚い部屋のイメージだったなー」

加蓮「基本的に物が少ないんだよね。ここ」

凛「ふーん」(キョロキョロ)

奈緒「へー」(キョロキョロ)

加蓮「…何探してるわけ?」

凛「別に?」(キョロキョロ)

奈緒「うん。何も?」(キョロキョロ)

加蓮「『犯人を捜す警察犬』みたいな動きになってるからね。キミたち」

加蓮「何を嗅ぎまわってるのよ。まったく」

凛「材料」

加蓮「何の材料かは聞かなくてもわかった。からかいネタでしょ。こら」

奈緒「…///」

加蓮「奈緒は違うね。プロデューサーの部屋で落ち着かないだけだね」

奈緒「か、勝手に決めんなっ!」

凛「…あ。こっちが寝室なんだ」

奈緒「おー、見たいな」

凛「GO」

加蓮「ちょっ」



58: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:08:58.97 ID:rcGFQxpLO

カチャ…

凛「布団が乱れたままだね…」(じっ)

奈緒「…枕が2つ…ねぇ?」(じっ)

加蓮「な、なんなのよ。その目は」

凛「ひとつ屋根の下だと。色々ありそうだなって」

奈緒「夜。何もしてないのか?」

加蓮「す、ストレートに聞いてくんなー」

凛「だって」

奈緒「気になるし…」

加蓮「…一緒に寝てるだけだっつの///」

奈緒「冷静に考えたら『一緒に寝てる』ことが結構ヤバいけどな」

凛「ホテルに入って。『何もありませんでした』って言うのと同じだよね」

加蓮「ほ、ホントに何も無いってのっ!」

加蓮「…ハグくらいだし」

凛「ふーん」(にやにや)

奈緒「ほーう」(にやにや)

加蓮「な、奈緒までニヤニヤして…もうっ…///」

奈緒「顔赤っ」

凛「奈緒。これがからかう側の楽しさだよ」

奈緒「うん。これ楽しいな。加蓮がたまらなく可愛く見えてきた」

凛「でしょ」

加蓮「…っ/// 腹立つ///」

カァァァァ…



59: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:09:25.72 ID:rcGFQxpLO

(その後)

ピコピコ…ピコピコ…

奈緒「おりゃっ。スターだ! そのまま体当たりを食らえ!」

凛「あっ! ひどっ」

凛「あぁ…そのままコースアウトって最悪だよ…」

加蓮「お先にー」

凛「…ごぼう抜き…7位まで落ちたよ…」

奈緒「へへっ、あたし。1位独走だー♪」

奈緒「油断しないのがマリオカートの鉄則だぞ…うわっ!」

加蓮「ふふふ…トゲゾー発射!」

奈緒「うわぁぁっ! ジャンプ台手前はやめっ…!」

凛「グッバイ奈緒」

どーん

奈緒「」



60: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 12:11:29.33 ID:rcGFQxpLO

奈緒「じゃーあたしたちは帰るよ」

凛「じゃあまた明日」

加蓮「気をつけて帰ってね。2人とも」

凛「泊まるのは今日で最後?」

加蓮「だね」

奈緒「あっという間だったなぁー」

加蓮「それ奈緒が言う?」

凛「ま、最後の夜は楽しんでね」

加蓮「含みのある言い方だね…」

奈緒「む、無責任なことはするなよっ」

加蓮「奈緒は何を考えてるのさ。このすけべ」

奈緒「はぁっ!? べっ、別に変なことなんか考えてねーよっ!」

加蓮「はいはい。またね」

バイバーイ

加蓮「…ふぅ。最後の夜、か」

加蓮「…」(ドキドキ)



65: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 17:29:42.36 ID:e4sfDz7k0

カチャ…

P「ただいま」

加蓮「お帰りなさい」

P「初めて家から『おかえり』って言ってもらえたな…」(じーん)

加蓮「はいはい。感動に浸ってないでシャツ脱いで。洗濯するから」

P「洗濯くらい俺がやるよ。家事分業」

加蓮「それじゃあ頼んじゃおうかな」

P「任せろ」

P「…って、普段は俺がやってるんだよな」

加蓮「私がいる時くらい甘えていいのに」

P「家事を押し付けるのは気が引けるんだ」

加蓮「そっか。じゃ、私ご飯作ってるから」

P「はいよ」



66: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 17:30:18.86 ID:e4sfDz7k0

(夜)

P「ふぅ。さっぱりした」

ほかほか…

加蓮「んー」

P「アイス食べてるのか」

加蓮「うん、昼間。買っといたんだ。プロデューサーの分もあるよ」

P「本当か」

加蓮「かき氷。あずきと抹茶と柚とレモンがあるから」

カチャ…

P「おー。これは嬉しい。風呂上がりに最高だ」

スタスタスタ…

P「隣座っていいか?」

加蓮「どうぞ」

ストン…

加蓮「レモン味かー。ひとくちちょうだい」

P「いいよ。加蓮はいちご?」

加蓮「練乳いちごだね。実は普通のかき氷よりちょっぴり高いやつ」

P「1人だけずるいな」

加蓮「へへ♪ 買い出し人の特権だよ」

P「俺もひと口食べたい」

加蓮「どーぞ」

スッ

シャクシャク…

P「練乳のマイルド感いいなぁ…」

加蓮「レモンひとくち」

P「ほれ」

スッ…シャクシャク…

加蓮「あー…これ好き」

P「レモンこそが最強なんだよ」

加蓮「いや練乳いちごには負けるね」

P「なにおう」

加蓮「何よー」

わちゃわちゃ…



67: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 17:30:58.36 ID:e4sfDz7k0

PM.11:30

シャカシャカシャカシャカ…
ガラガラ…ぺっ…

P「ふぅ。そろそろ寝ようか」

加蓮「そだね。じゃ、寝室以外の電気消すよ」

P「ん」

パチッ…

スタスタスタ…
ポスンッ…

モソモソ…

加蓮「…なんか今日、肌寒いね」

P「だなぁ」

加蓮「…」

もそもそ…ぎゅっ

P「…」

加蓮「…ち、ちょい。抱きついたんだから…何か言ってよ…」

P「ハグしようか?」

加蓮「そ、そうじゃなくてさー…もう…っ///」

加蓮「…ハグはしてほしい…けど」

P「…」

もそもそ…ぎゅむー

加蓮「…」

P「まだ寒い?」

加蓮「ううん。あったかい」

P「そらよかった」

加蓮「…幸せ」(ぼそっ)

P「ん?」

加蓮「ううん。何でもないよ」



68: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 17:31:51.27 ID:e4sfDz7k0

P「…明日の荷物はもうまとめたのか?」

加蓮「うん。3日間ありがとね」

P「いや。料理やら洗濯やらこっちも助かったよ」

加蓮「お弁当は明日も作るから。楽しみにしててね」

P「嬉しいなぁ」

加蓮「ふふ♪ そう言ってくれると私も作りがいがあるよ」

P「そっか」

加蓮「…」

加蓮「…プロデューサー…言わなきゃいけないことがあるんだ」

P「…何?」

加蓮「私がここに泊まりに来た理由。気を悪くしちゃうだろうけど…」

P「話すなら聞くよ」

加蓮「…」

加蓮「…実はね。凛と奈緒とトランプして、負けて、その罰ゲームで3日間ここに泊まることになったんだ…」

P「…」

加蓮「…ホントにごめん。『罰』って言ってもぜんぜん嫌じゃなかったし。むしろ嬉しかったんだけど…」

加蓮「…プロデューサーからしたら勝手だよね。私…ひどいことしてた…ホントに…最低だよね…」



69: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 17:32:25.16 ID:e4sfDz7k0

P「…」

ぎゅっ

加蓮「…」

P「…加蓮がどう思ってるかはわかった」

P「でも、俺は加蓮が泊まりに来てくれて嬉しかったよ」

加蓮「…」

P「家事の手伝いしてくれて助かったし、料理は美味かった」

P「『おかえり』と『いってらっしゃい』を言ってもらえるだけで1人の時より寂しさが和らいだ」

P「それに3日間楽しかったよ。ありがとうな。加蓮が謝ることなんて何もないよ」

加蓮「…プロデューサー」

ポロポロ…ぐずっ…

P「泣くなよ」

ぎゅっ…

加蓮「…私も楽しかったよ…っ…うぇぇ…ん…ごめんなさい…」

P「もう気にしなくて大丈夫だから。よしよし」

ぎゅっ…なでなで…



70: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 17:33:05.11 ID:e4sfDz7k0

加蓮「っ…ぅ…ずっとここいたい…」

ぎゅっ…

P「…うん?」

加蓮「…ここ安心するし…プロデューサーもいるんだもん…明日も帰ってきたいよ…」

P「…」

加蓮「…えへへ、冗談…♪」

加蓮「…嘘だからね、ほら。そんな困った顔しないでよ」

加蓮「…もう寝よ?♪」

P「ああ」

ぎゅっ…

加蓮「プロデューサー強く抱きしめすぎ…」

P「…」

加蓮「苦しいなぁ…もー…♪」



71: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/12(土) 17:34:54.03 ID:e4sfDz7k0

(4日目・朝)

加蓮「はい。お弁当」

P「ありがとう」

加蓮「荷物も持ったし…これでお別れかー」

P「またいつでも泊まりにおいで」

加蓮「うん。寂しくなったらくるよ」

P「おお」

加蓮「はぁ。これで新婚生活も終わりかー。結構、気に入ってたのに…」

P「…新婚生活?」

加蓮「昨日言ったでしょ。罰ゲームで仮の新婚生活を送らなきゃいけなくなったって」

加蓮「だからちょっと奥さん気分を楽しんでたんだけど…って、あれ?」

P「…」

加蓮「わ、わ、私…話して…なかったっけ…?」

P「…3日間泊まるとしか」

加蓮「…っ」

カァァァァ…

加蓮「わ…///」

P「わ?」

加蓮「忘れてっ!! いまのぜ、全部忘れてーっ!!」

ウワァァァ!!!///
バターン…タッタッタ…

P「…荷物置いて走って行っちゃったよ」

P「ま、どうせ仕事で顔を合わせるからいっか」

終わり



元スレ
【デレマス】加蓮「罰ゲームは…プロデューサーと新婚生活(仮)!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502375793/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 19:20
          • Pが家に帰ってるわけないだろ
            会社で寝泊り365日だよ
            それにどうせ既に家は燃えてるw
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 19:32
          • よかった自分の家に泊まるのが罰ゲーム扱いで泣いてるPはいないんだね

            罰ゲームの対象者がすごく辛そうな顔してたなんて聞かされたらもう立ち直れないよ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 19:34
          • 加蓮はこの新婚生活(仮)が終わってしまうので、怒れんばかりに日めくりカレンダーを破った… フフッ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 19:39
          • 新妻:加蓮
            幼妻:奈緒
            団地妻:凛
            ってブラジル出身のアイドルが言ってた。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 19:57
          • Pの家はとりあえず燃えるからな…
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 19:57
          • ええな、2828がとまらん

            リアルなら文春砲がやばいけど
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 20:01
          • 普通家着いたら即ハメるよね?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 20:21
          • あれ?
            家は謎の蛍光緑おばさんによって焼失したからモバプロの一室で寝泊まりしてるはずやのに
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 21:02
          • なんで765といい315といいシンデレラといい、ドイツもこいつもプロデューサーの家は燃えてるんだ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 21:03
          • この思い出もいずれは燃え去る儚いもの
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 21:25
          • >凛「絶対負けないから。絶対」
            これは凛が罰ゲームを受ける前フリとみてよろしいですね?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 22:00
          • いちいちボソボソしゃべんじゃねーよ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 22:55
          • フヒヒ…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 23:06
          • このPは完全に娘感覚で接してるな
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 23:15
          • この凛、罰ゲームでも十全に楽しみそう
            Pは精神鉄ですねこれは
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月12日 23:18
          • 最近Pの家燃えてないな
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 00:07
          • Pの家には無数の盗聴器が仕掛けられてるからナニかあればバレるんだよなぁ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 01:24
          • 5 すこ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 01:30
          • *5 話が進まなくなったらとりあえずどちらかの家を燃やせって同人作家が言ってたyo!
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 07:10
          • 午前12時だとお昼なんですが
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 08:23
          • 家とは燃えるもの
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 08:39
          • ※20
            そんなの人それぞれだぞ、正しい暦法は別にして。

            この手のPが真っ当で健全なSSは大好物です。孫村と爺Pも好きだった。
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 09:08
          • このPやけに冷静じゃない?
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 09:51
          • Pの反応薄いからか新婚というより妹とか娘っぽい感じだな
            どっちにしても加蓮はひたすらかわいかったけど
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 13:38
          • たまんねえな
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 14:13
          • 孕め!Pの子を!
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 15:50
          • ※12
            え、なんだって?
            顔赤いぞ、風邪か?
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 18:30
          • 何なのこのPのメンタル
            オリハルコンか何かか?
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月13日 20:07
          • Pの家はとりあえず燃えるしウサミン星はよく(ガス)爆発するし
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月14日 09:50
          • 俺もそうだからわかるけど
            EDだと女の子と寝ようがハグされようがどうする気にもならないんだよね…
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月17日 21:33
          • ここの奈緒がクソ可愛いと思いました。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月18日 02:32
          • ※20
            12:00から12:59を12時と考えてそれの午前ならば夜中だな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • アズールレーンSS 「愛のその先」 エンタープライズ編
        • ミリP「しほすき」
        • ミリP「しほすき」
        • ミリP「しほすき」
        • ミリP「しほすき」
        • 【ガルパン】みほ「新生徒会のお悩み相談…?」
        • 【グリム童話×るろうに剣心】ヘンゼルとグレーテル「おかしい家だ!」宇水「何が可笑しい!!!」
        • 【ラブライブサンシャイン】曜「千歌ちゃんたちに好きって言ってみるよーそろー!」
        • 【モバマス】荒木比奈「今日までの記憶が全て」
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ