TOP

【モバマス×蟲師】楓「継ぎ行く酒」

1: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:40:43.57 ID:IT80954h0


ソーシャルゲーム、『アイドルマスター シンデレラガールズ』と、漆原友紀の記す妖世譚『蟲師』のコラボSSです。
地の文あり、プロデューサーは出てきません。
需要のある気がしませんが、お付き合いいただければ幸いです。

簡単に舞台設定を

・ギンコとアイドルたちは同じ時代には生きていません。

・が、同じ世界ではあります。江戸と明治の間にもう一つ時代がある感じ、と
 漆原先生が世界観を言い表していますが、それが引き継がれて現代にいたり、
 シンデレラガールズの世界になっています。

以上を踏まえたうえで読んでいただけると助かります。




2: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:41:24.29 ID:IT80954h0


地方公演の後の高垣楓の楽しみと言えば、地元の酒蔵巡りだ。

注文すれば大抵の地酒は手に入る世だが、酒は飲むものではなく、呑むもの。

酒を育てたその土地の風土と一緒に味わうのが、通な一杯というものだ。



3: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:42:18.63 ID:IT80954h0


そんな訳で、楓は帰京前に、ライブ開催地の近くにある地方の町へ来ていた。

聞きつけたところによれば、山間にあるこの町には、戦前から続く酒蔵があるとのこと。

搾りたてのお酒の試飲も出来る見学コースもあるそうで、当然とばかりに楓は参加申し込みをしていた。

アイドルなんだからせめて顔くらいは隠してくださいよ!? と言われていたが、

地酒の試飲に浮かれていた楓の耳に、届いていたかはあやしいものだ。



4: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:43:04.34 ID:IT80954h0


結局のところ、楓は酒造会社の受付に、変装もせずに現れていた。

楓「あの、すいません、試飲……酒蔵の見学の受け付けは、こちらでしょうか?」

気付いていないのか、あるいは気付いていても気付かないふりをしてくれているのか。

店員は、他の客と同じように、愛想よく迎えてくれた。

店員「はい、ご予約の高垣様ですね。お待ちしておりました。本日は他にも何組か見学の方がいらっしゃいますので、始まるまで少々お待ち下さい」

楓「はい♪」




5: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:44:33.42 ID:IT80954h0


店員「当店の酒蔵は、江戸から続く由緒正しき蔵でして、代々の杜氏が昔ながらの手法で蔵の味を守り続けております。蔵そのものも、町の文化遺産とされていまして――」

店員の解説を聞きながら、ぞろぞろと――とはいっても五、六人だが――並び建つ酒蔵の間を歩いていく。

楓「……?」

と、楓はふと、目の端を何か光るものがよぎったような気がした。



6: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:45:33.20 ID:IT80954h0


蛍か何かだろうか。それにしても、こんな昼間から?

立ち止まりあたりを見渡してみるが、それらしきものは見当たらなかったのだが――

楓は、奥にある、一際古びた蔵に目を奪われた。

見る限りは、築年数以外は特に変哲のない、他と同じ蔵のようにも見えるのだが、何故か無性に気になるのだ。



7: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:46:15.69 ID:IT80954h0


見学コースからは外れているのだろう。楓が立ち止まっているのにも気がつかず、先導された人たちはどんどん先へと進んでいく。

楓(試飲……)

少し悩んだが、ふわりと、なにかに引っ張られるように、そろりそろりと、楓はその蔵へと歩きだした。




8: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:47:01.58 ID:IT80954h0



楓「ごめんくらさーい……フフッ」


小さい声でダジャレをささやきながら、蔵の重い引き戸を開ける。

そこもやはり、周囲の蔵と同じく酒蔵で、大きな木製の樽がいくつも並んでいる。

ただ、他の蔵よりも少しばかり古く、薄暗いように思えた。




9: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:48:09.88 ID:IT80954h0


ゆっくりとあたりを見渡してみると、また、あの光がよぎったような気がした。

黄金色か、あるいは碧がかった光。

光を追うように頭を振ると、一際古い酒樽が楓の気を引いた。

その樽の口で、その光が舞い踊っているような気がしたのだ。

ここに来る前に別の蔵で見た、ステンレス製のタンクではなく、木の板を鏨で止めた、楓の身長の倍はあろうかという大きな樽だ。

ふらふらと、あるいはとことこと歩み寄って、その側面に手を触れてみる。

しっとりとした木肌の感触が手に心地よい。



10: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:48:56.92 ID:IT80954h0


「――あんた、ここでなにしてる」

上から、壮年の男性らしき声がかけられた。

仰いでみれば、樽の周りには、木の板が渡され、足場が組まれており、その上から、しかめつらの男性がこちらを見下ろしている。

楓「あ……その、すいません。見学コースから外れてしまって……」

「ああ、見学の人か、まったく……」




11: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:49:49.96 ID:IT80954h0


男は手に持っていた竿を置くと、足場から降りてくる。

男からふわりと漂う香りに、楓はふと尋ねてみた。

楓「あの、もしかして、この蔵の杜氏さんですか?」

「ん? ああ、そうだよ。ほら、コースに戻るなら案内してやっから――」




12: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:50:31.35 ID:IT80954h0


楓「この樽のお酒って、何か特別なんですか?」

その問いに、杜氏はぴくりと足を止める。

杜氏「……なんでまた、そう思うんだい」

楓「いえ、なんとなく……その、ふわーって光る何かが、この樽にまとわりついているように見えたので……」




13: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:51:22.23 ID:IT80954h0


杜氏は目をぱちくりさせ、楓を見返した。

杜氏「光った? 樽が?」

楓「ええと……樽というか、光るものがまとわりついてたというか……」

まじまじと見返してくる杜氏に、楓は慌てて手を横に振る。

楓「その、よく見ても何もないですし、気のせいだと思うんですけど……でも、なんとなくそんな気がしたので……」




14: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:51:59.95 ID:IT80954h0


杜氏は樽を見上げ、そして楓を見返した。

杜氏「……あんた、呑んでないだろうね?」

楓「試飲できなくて、しいんとしてます」

杜氏「……、……変な人だな、あんた」



15: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:52:44.36 ID:IT80954h0


ふと、その表情を緩め、杜氏は一つ頷いて。

杜氏「それなら、この樽の酒を試飲してみるかい。この樽はまだ上槽前の醪だが、少しばかり搾ってあげよう」

楓「いいんですか!?」

ぱぁぁ、と輝く楓の顔に、杜氏はあきれて苦笑していた。




16: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:53:50.41 ID:IT80954h0


転がされてきた酒樽にちょこんと腰かけて待っていると、杜氏は大きな枡とぐい呑み二つを手に戻ってきた。

ぐい飲みは年代物なのか、だいぶ古いように見受けられる。

杜氏「本当なら、滓引きってえ工程が必要なんだが、あんたは待ってられねぇだろうからな」

槽口から絞り出された酒を枡に受け、その上澄みをぐい呑みで掬い、楓へ差しだす。

杜氏「色々雑味も混じってるだろうが、正真正銘、搾りたての生酒ってやつだ、ほれ」




17: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:54:56.44 ID:IT80954h0


楓は、受け取ったぐい呑みをそっと覗きこんだ。

ぐい呑みに酌まれたその酒は、薄暗い蔵の中だというのに、黄金色に輝いて見える。

楓「まあ……」

思わず感嘆の息を漏らし、今度は口元に近付けて香りを扇ぐ。

ふわっと広がる、お米の香り。

楓「素敵な香り……くらくらしちゃいますね、蔵だけに」

にこにことしながら口に含もうとして、ふとその手が止まる。




18: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:55:58.15 ID:IT80954h0


楓「あの、そういえば……このお酒って、なんて言う銘柄なんですか?」

杜氏「ん? ああ、例の特別な酒かって話か」

面白いとは限らないが、と、杜氏は自分もぐい呑みを手にしたまま、口を開いた。




19: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:57:39.39 ID:IT80954h0


うちの蔵には、ちっとばかり奇妙な言い伝えがある。

禄助ってぇ四代前の杜氏――これが、うちの曾爺さんなんだが、その人が一度、黄金色に光り輝く美酒をつくったことがあった。

何でも、それまで誰も味わったことのない、極上の酒だったそうだ。



20: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:58:40.98 ID:IT80954h0


――極上の酒……呑んでみたいですね。

まあな。ところがその酒、売り物にならなかったのよ。

――……どうして、ですか?

そいつを飲むと、妙な酔い方をしたそうだ。

到底生き物には思えない、赤黒い毛のようなものに、緑色に光る不思議なもの。

そんなもんが、酔うと見えるようになっちまうんだと。

いくら味が良くても、幻覚が見える酒なんて言ったら、蔵にとっちゃあ良い評判にはならないからな。

その光る酒は結局、蔵の奥にしまいこまれちまったのさ。




21: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 18:59:23.82 ID:IT80954h0


楓「そうなんですか……もったいない……」

遠くを見つめる楓が、何か気がついたように杜氏に向き直る。

楓「それじゃあ、まだそのお酒って残ってるんですか?」

杜氏「いんや、蔵にしまいこみはしたが、その酒の噂を聞きつけて買い付けに来る連中がいたらしくてな。もともと一つの樽でしか出来なかった酒だ、全て売れちまって、残ってないのさ」




22: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:00:01.54 ID:IT80954h0


楓「なるほど、幻を魅せるほどの美味なお酒ともなれば……」

こぞって酒好きが群がったのだろう。楓もそれを知っていたら間違いなく買い付けに駆けつける口だ。

杜氏「あー、違う違う。そういう理由で売れた訳じゃない」

楓「え?」




23: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:01:36.63 ID:IT80954h0


杜氏「その連中が必要としていたのは、酒を飲むことで見えるものだったそうだ」

楓「……光って、変な形をしてるっていう? それ、幻なんですよね?」

杜氏「いいや。それらは幻覚ではなく、『蟲』というんだそうだ」

楓「虫……甲虫とか、ですか?」

杜氏「違うらしい。いや、俺も詳しい訳じゃないんだが――うちの曾爺さんの話だと、世を構成しているものの一部、だそうだ」

それ以上でも、それ以下でもないんだと、と、やはりよくわかっていない顔で杜氏は続ける。



24: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:02:33.00 ID:IT80954h0


杜氏「その蟲ってのが原因でおこる厄介な事象を解決するのに、蟲が見えるようになるその酒が、有用なんだそうだ」

楓「へえ……無視できないんですね、蟲だけに」

杜氏「……いや……」

楓「むしだけに」

杜氏「……、……うん、そうだな……」




25: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:03:21.52 ID:IT80954h0


楓「ええと……それで、その話と、このお酒と、どんな関係が?」

楓がぐい呑みを掲げると、杜氏は、ああと一つ頷いた。

杜氏「その蟲ってやつは、普通は目に見えない。だが、そいつらはうまい酒が好物なんだそうだ」

杜氏「禄助というその杜氏も、父親が造った酒を蟲に絡まれて、いつの間にか酒が減っていたなんて事もあったとか」

楓「……じゃあ、私が見た光は……」

杜氏「多分、な。なにしろ、普通は見えるもんじゃないらしいし」




26: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:04:11.49 ID:IT80954h0


ぐいっと、ぐい呑みを傾けて。

杜氏「うん、美味い」

杜氏「その光る酒じゃあないが……蟲が来るってのは、先祖代々、うまい酒を造ってきたことの証なのさ、俺たちに取っちゃあな」

それが何より誇らしいと、杜氏は笑う。




27: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:05:29.51 ID:IT80954h0


杜氏「だからこれは、祝い酒ってわけよ。蟲が連れてきたあんたにも、おすそわけだ」

楓は、手元のぐい呑みに目を落とす。

ゆらゆらと揺れる黄金色の水面。まるで、命あるように揺らめき、踊る。


楓「蟲さんって、お酒が好きなんですね」


くいっと、一口、黄金色の酒を口の中に転がせば。

酒の風味が鼻を抜け、舌の上でまろやかな後味が広がる。


楓「……美味しいです、とても」


にこりと微笑んで、目の高さで少しぐい呑みを傾ける。

ぐい呑みの縁で、ふわりと、きらりと、なにかが泳いでいるような気がした。

そんな、目に見えない相手に、杯を掲げて。




28: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:06:14.58 ID:IT80954h0


楓「ふふ、御相伴にあずかり、光栄です」

杜氏「……あんた、信じるのかい? こんな与太話……聞いた奴は大体、気味悪がるだけなんだがね」

楓「うーん……同類だから、ですかね?」

杜氏「同類?」

楓は、ぐい呑みを両手で大事に包み、にっこりと微笑む。




29: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:06:53.79 ID:IT80954h0



楓「私もお酒、大好きですから」


杜氏は一瞬あっけにとられ、そしてカカカと笑いだす。

杜氏「いや、こりゃまいった! あんた、ほんとどうしようもない人だな!」

楓「それほどでも……」

杜氏「はっはっは、ま、ほれ、もう一杯」

楓「はい、いただきます♪」




30: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:07:47.79 ID:IT80954h0


二杯目の酒を呑みほして、楓はふと、思い立つ。

楓「あの、せっかくの祝いの宴ですし、一曲歌ってもいいですか?」

蟲が連れて来てくれた、この素敵な宴に感謝をこめて。

杜氏「ん? ああ、まあ、かまわんが」

楓「ふふっ、では――」




31: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:08:27.65 ID:IT80954h0



軽やかに、穏やかに、涼やかに

楓の歌声が、蔵に流れる

その旋律に、歌声に

目に見えぬ、碧に光るものたちが舞い踊る




32: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:09:38.80 ID:IT80954h0




蔵の暗がりで、継いで注がれる酒と杯

蟲も人も、集い愛でるは宴にて





――継ぎ行く酒




33: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:11:18.49 ID:IT80954h0


おわり。

野末の宴は蟲師の話の中でも一番好きな話なのですが、クロスは難しいよなぁと思ってたら楓さんがいるのを忘れていた。

お酒好きで目が片方碧で不思議な人――うん、これしかないね。

楓さんのオッドアイは、子供の頃とかに光酒がらみで何かあったのだと妄想。

なのでちらちらと蟲が見える事があるという……細かいことは考えてない。

蟲師の時代の話が出てこないのはそういう構成なのでご勘弁を。

お楽しみいただけましたら幸いです。



HTML化依頼出してきます。



34: ◆gub37fWhE5Dd 2017/08/10(木) 19:12:25.05 ID:IT80954h0


あと、読んでなくても問題ないですが、同じ世界観で前に書いた作品

【モバマス×蟲師】肇「宿る土」

よろしければご覧ください。


また、今度の8/13(日)、コミケ3日目、東6ホール、ナ13-aで、こんな感じのモバマス×蟲師のクロスオーバー本出すのでよろしければそちらもどうぞ。
こちらは、ほたるちゃんと文香さんが出ます。




元スレ
【モバマス×蟲師】楓「継ぎ行く酒」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502358043/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月10日 20:21
          • 最後の宣伝レスだけまとめればよかったのに……
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月10日 20:34
          • 5 蟲師
            大好きだったわ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月10日 23:20
          • 目玉絡みだと眼福眼禍のエピソードが今でも印象に残ってるわ……
            当時結膜炎の治療中だったというのもあってなんか思い入れがある
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月10日 23:21
          • 猩々の髭か、連中を騙せる酒なんてそう造れるものじゃないからな、あの酒蔵の話だとピンと来たのさ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月10日 23:59
          • 高垣さんの元ネタから酒関連だしな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月11日 00:25
          • up主(れふてい)の母でございます。 このたびは、息子がこのようなssを書いてしまい、皆様には大変ご迷惑をおかけしております。深くお詫び申し上げます。息子は幼い頃にデレステに課金して貯金を亡くし、そのショックでミリマス勢になってしまいました。そのせいか、小・中学校ではいじめにあっていたのです。この年になるまで、恋人はおろか友達さえもいないようで、大変心配いておりましたが、このエレファント速報というサイトを知って以来、息子も
            少し明るくなったようです。「今日僕の自演がバレててさぁ…」と、とても楽しそうに夕食の時に話してくれるのです。どうぞ皆様、息子を暖かく迎えてやってくださいまし。本当は良い子なんです。よろしくお願い申し上げます。up主(れふてい)の母より
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月11日 01:57
          • これは蟲の仕業ですな、しかしこの※6のように母親の真似まで始めたとなると少々厄介だ、これは頭の医者ではなく我々蟲師に見せていただかねばどうにもなりませんぜ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月11日 09:12
          • ※7
            ※6が蟲の仕業なら、春眠の回の影蛇みたいに罹患したら取り返しのつかないタイプの気がする
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月11日 19:15
          • 他の※欄にもマッマ来てたけどここみたいな返しは無かったなww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【 ゼノブレイド2】ニア「ねぇ…レックス。聞きたいことがあるんだけどさ」
        • 彼女「ちょっと!この髪の毛誰のよ!」
        • 【ゴ魔乙】スフレ「カトレアお姉ちゃん!!  何書いてるのー!?」
        • 【ガヴドロSS】天使と悪魔とスマホゲー『きららファンタジア編』
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ