TOP

【ミリマスSS】田中琴葉「新しい幕開け」

1: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:33:19.51 ID:oOCecuP20


夏休みのある日、照りつける日差しは暑さを超えて少し痛いくらいです。

私はシアターの前で、扉の中の風景を思います。きっとみんなそれぞれレッスンをしたり、お仕事のスケジュールを確認したりしていると思います。まさか、野球はしてないですよね。

私は今からその賑やかで楽しい世界に戻ります。普通なら、きっと笑顔で元気に『ただいま』って言うんだと思います。

でも、私にはそれはできそうにありません。




2: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:34:08.95 ID:oOCecuP20


私のせいで、たくさん迷惑をかけました。

私のせいで、たくさん心配をかけました。

私はそれを、どうやって償えばいいのでしょうか?

どうやって謝れば、赦してもらえるのでしょうか?

何度も何度も頭の中でリハーサルをして、一番いい答えを探します。

 



3: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:34:56.76 ID:oOCecuP20


でもやっぱり答えはわからなくて、なんだか泣きたくなってきた時、後ろから両脇をガッと抱えられました。

琴葉「きゃっ!?なんですか!?」

急なことに慌てていると、背中から聞き慣れた親友の声がしました。

エレナ「コトハー!!久しぶりダネー!!待ってたヨー!おかえり!!!」

ウキウキと弾む声は本当に私を待っててくれた証のようで、とても嬉しいです。

うん。でもなんだかがっちりと抱え込まれちゃって動けないかな。

 



4: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:35:59.63 ID:oOCecuP20


なんて、少々過激な親友のお出迎えにあたふたしていると、その親友は悪い声で誰かに告げました。

エレナ「ふっふっふっ、コトハはガッチリ捕まえたヨ!!みんな!いまだヨ!!!」

その言葉を合図に、後ろから4つの影が私の目の前に回り込んできました。その4人は、大切な大切なユニットメンバーでした。

恵美「にゃははは、琴葉おかえり」

環「ことは!待ってたぞ!!いっぱいあそぼーね!!」

海美「無事に戻ってきてくれてよかったよー」

美也「みんなも喜ぶって思いますよ〜」

それぞれに暖かい言葉をくれます。さっきまでの不安が、ゆっくりゆっくり消えていくようです。

でも、何でしょう?嫌な予感がします。エレナは後ろから私を抱えたままだし、なんだか4人の視線が生暖かいような・・・。

 



5: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:37:48.82 ID:oOCecuP20


恵美「んじゃまぁ、立ち話もなんだしさ、みんな準備はいい?」

恵美はそう言って残りの3人に目配せをしました。すると3人はそれぞれ私の足と腕をガッチリと掴みました。

環「右足つかまえたぞ!」

美也「左足もらいました〜」

海美「右腕オッケー!」

恵美「んじゃ、アタシは左腕だね」

琴葉「ちょっと!?みんな私の腕と足掴んで...ってきゃぁ!」

私がみんなの行動の意味を聞こうとした時、ふわっと体が宙に浮いた感じがしました。

どうやら私はみんなに担ぎ上げられてるみたいです。なんで、私、こんなことに?

琴葉「みんな、これどういうつもりなの?」

恵美「だって、ずっと後ろから見てたけどさ、30分も玄関の前で行ったり来たりしてたじゃん?」

海美「中に入るのに戸惑ってるなら、私たちが連れて行けばいいんじゃないかなって」

エレナ「コトハは頭がいいのにおバカさんネ!みんな待ってるのに、待ちくたびれちゃうヨ!」

環「よーし、出発しんこー!」

美也「お〜!!」

 



6: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:38:57.32 ID:oOCecuP20


わっせわっせという合言葉とともに、私の身体はどんどんシアター内に向かっていきます。

久しぶりの出勤がこんな形になってしまって、すっごく恥ずかしいです...。

あれ?恥ずかしいっていえば、何か忘れているような...?



琴葉「スカート!!!」

海美「わっせ!わっせ!え?琴葉今なんか言った?」

琴葉「私、今日スカートなの!これ、全部見えちゃう!」

恵美「あー、大丈夫だって。今はプロデューサーも社長も出かけてるから」

美也「女の園ですよ〜」

琴葉「もぅ!そういう問題じゃないでしょ!!」

環「うわうわ、暴れちゃダメだよことは!」

エレナ「これだけ元気なら、もう心配いらないネ!」


 



7: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:41:49.30 ID:oOCecuP20


そんなこんなでジタバタ抵抗したんですけど、すんなりシアター内に連れていかれちゃいました。

みんなに担がれながら見上げた天井は、あまり馴染みがありません。そっか、リニューアルオープンのために改装したんでしたよね。

私のいない間にシアターにもきちんと時間が流れていた。そんな当たり前の現実を知ってちょっぴりだけ感傷的になってたところに、奇声が聞こえました。

亜利沙「んほー!!!!!これはこれは琴葉ちゃんのセクシーショットですよ!!!!!亜利沙イケないことだってわかってますけど、溢れるパッションを抑えきれないですー!!!!!」

この声は亜利沙!!ということは嫌な姿を撮られちゃう!頭が警報を鳴らし始めた時、不意に亜利沙の声が止まりました。

のり子「琴葉おかえり!!さて、そんなおめでたい日に悪さを働く子は許さないよー」

桃子「琴葉さんおかえり。はぁ...亜利沙さん何やってるの?信じらんない...」

亜利沙「あぁー!これは違うんですよ!亜利沙は琴葉ちゃんのセクシーショットなんて撮る気は一ミリもなくてですね、これは単なるアメリカンジョークですよアメリカンジョーク!あぁ、でも蔑むようなのり子ちゃんと桃子ちゃん先輩の視線たまりませんね!こっちは写真に収めても問題ないですよねフヒヒでは、ハイチー」

朋花「静かに」

亜利沙「ひっ!」

朋花「琴葉さんおかえりなさい。それと、ダメですよ〜亜利沙さん、これはお仕置きが必要ですね〜」

亜利沙「ちっ、違うんですよ亜利沙ちょっと琴葉ちゃんが帰ってきてくれたことが嬉しすぎて調子に乗っただけで、いや、やめて、あれー」

どうやら亜利沙は朋花ちゃんに連れて行かれたみたいです。ふぅ、どうやら私のスカートの中は守られたみたいで安心しました。

って、私はいつまで担がれているのでしょう?

琴葉「ありがとう、でも、もうそろそろ降ろしてくれるともっとありがたいかな」

恵美「あー、そういやそだね。よーし、みんな!降ろしちゃおう!」

そーっと、優しく私を降ろしてくれるみんな。ようやく私は、自分の足で劇場に立てました。

 



8: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:42:52.36 ID:oOCecuP20


広くなった劇場の玄関を眺めていると、ちょんちょんと腰のあたりを突かれました。

振り向くと莉緒さんと、えっとあっ、このみさんがいました。

莉緒「やっほー!琴葉ちゃん!おかえり!」

このみ「ちょっと、今なんか私に対する反応が遅れなかった?」

このみさんに図星を突かれて、少し戸惑ってしまいます。違うんです、振り向いたら莉緒さんと誰かの頭のてっぺんしか見えなかったとかそんなんじゃなくて・・・。

慌てて弁明の言葉を探していると、このみさんが続けました。

このみ「まぁいいわ、とにかく琴葉ちゃん、おかえり!」

このみさんも莉緒さんもニコニコ笑顔で迎えてくれました。2人とも大人で、だからこそ私は2人に言わないといけない言葉があります。

 



9: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:44:08.91 ID:oOCecuP20


琴葉「2人とも、ごめんなさい!」

きっと私が遅れたことで、大人の2人にはたくさんのしわ寄せが行ったと思います。だから、『ただいま』より先に謝罪をしなければと思いました。

下げた頭に、二つ暖かい手がポンと置かれます。そして、髪の毛をくしゃくしゃっと思いっきり撫でられました。

このみ「あー、もうこの子は相変わらず可愛いわね!」

え?それは謝罪への返答にはあまりにもかけ離れた言葉で、驚いてしまいます。

莉緒「琴葉ちゃん。私たち、だーれも迷惑なんて思ったことないわよ」

このみ「そうそう、だから自分を責めないであげてね。あなたは頑張ったわ。それで、きちんと戻ってきてくれた。立派よ」

そう言って頭を撫でてくれる2つの手は、なんだかいつもよりも大きく思えました。

手のひらから伝わる温もりが、なんだかこころまであったかくしてくれる気がしました。

 



10: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:45:48.28 ID:oOCecuP20


恵美「琴葉、そういや美咲さんとこに行かなくていいの?」

あっ、さっきまでのドタバタで復帰の事務手続きをしないといけないことを忘れてしまってました。

琴葉「ありがとう、えーっと事務室はどこかな?」

エレナ「コトハ、ワタシが案内してあげるヨ!」

環「環も案内するぞ!」

海美「環はゴニョゴニョ」

環「なんだうみみ耳がくすぐったい・・・あっ、そうか!琴葉、ごめんね環案内しないぞ!」

美也「ちょっと私たちはおいとましますね〜、ごゆっくり♪」

恵美「んじゃまたあとでねー」

そう言って、エレナ以外のみんなはそそくさとどこかに行ってしまいました。

忙しかったのでしょうか?なんだか悪いことをしたかななんて、またちょっぴり不安が顔を覗かせようとしたとき、エレナが私の腕を引っ張って言いました。

エレナ「ぼーっと考えゴトしてないで、早く行こうヨ!」

 



11: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:47:32.95 ID:oOCecuP20


美咲「琴葉ちゃんはじめまして、青葉美咲ですっ!」

琴葉「はじめまして、田中琴葉です。あの、よろしくお願いします」

シアターに新しい事務員さんが来たことはみんなから聞いていましたが、お会いするのは今日が初めてです。

年は私とあまり変わらないみたいですけど、事務員さんができるってすごいなぁ、なんて考えていると美咲さんはあたふたし始めました。

美咲「あれ?書類どこに置いちゃいましたっけ?おまんじゅうの箱の下にはないですし、机の引き出しでしたっけ?あれ?あれあれ??書類さ〜ん♪出て来てね〜♪」

エレナ「ミサキ、この前リツコに机をセイトンしなさいって怒られてたネ」

美咲「その時はやろうって思うんだけどねー、ご飯食べたら忘れちゃうよね♪」

エレナ「ミサキはおバカさんネ!」

美咲「えへへ〜」

あぁ、なんだかここが事務室なんて思えないくらいぽやっとしちゃってます・・・。美咲さん、その、頑張ってくださいね。

 



12: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:48:54.36 ID:oOCecuP20


美咲「ちょっと書類を探してるので、その間ソファーで待っててくださいね」

そう言われて、お隣のスペースにあるソファーに行くと先客が2人ほど座っていました。

そのうち1人の方が、すっと立ち上がって会釈をしてくれました。その一つ一つの動作はとても綺麗で、思わず見惚れてしまいます。

歌織「はじめまして、あなたが琴葉さんですか?プロデューサーさんからお話は聞いています。あなたに会えるのを楽しみにしていました」

歌織「私、桜守歌織といいます。これからよろしくお願いしますね」

そう言ってふっと微笑んだ表情はとても優しくて、素敵な大人の女性だなって憧れちゃいます。

 



13: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:49:50.39 ID:oOCecuP20


続いてもう1人の方も立ち上がって挨拶をしてくれました。こちらの人も立ち振る舞いに気品が感じられて、すごいなって思っちゃいます。

紬「白石紬です。私もプロデューサーから話は聞いています。これからよろしくお願い致します」

まっすぐ私を見つめる紬さん。しっかりとした強い人なんだってわかります。うん、きっと、多分。


 



14: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:52:04.12 ID:oOCecuP20


私もお2人に挨拶を返します。うぅ、なんだか2人の後だと緊張しちゃいます。

琴葉「田中琴葉です。私もお2人の話は聞いていました。プロデューサーが凄いアイドルが入ったってはしゃいでいたので、早くお会いしたいなってずっと思ってました。私も頑張りますので、よろしくお願いします!」

挨拶を終えると、歌織さんが私に尋ねました。

歌織「あの、さっそくひとつお伺いしてもいいですか?」

琴葉「はい、お願いします」

歌織「廊下やミーティングルームに貼ってある注意書きを書いたの琴葉さんって本当ですか?」

琴葉「はい、私が書きました。でも、書いたのは改装前なので今はもうないんじゃ?」

紬「いえ、今も貼られていますよ。えっとその、あまり守られているとは言えないですけど」

あぁ、みんな私の注意書き残しておいてくれたんだ...。口うるさい注意書きだから、きちんと改装後も貼ってくれてるなんて思ってませんでした。

大げさですけど、みんなが私をずっと思ってくれていたことの証みたいで嬉しくなっちゃいます。

歌織「あの注意書きを見てて思ったんです。琴葉さんって、きっとみんなに気を配れる素敵な人なんだって」

琴葉「そんな...口うるさいだけですよ...」

紬「いえ、そんなことはありません。呆れるくらいみなさんは腕白ですから、怒る方も相当のエネルギーだと思います。素晴らしいです」

エレナ「そうだよ、コトハ!シホも言ってたヨ、シアターのチツジョを守れるのはコトハだけだって」

あはははは、なんだか褒められてばっかりで照れちゃいます///。なんてこそばゆさにモゾモゾしていると、扉の外からバーンと大きな音がしました。

紬「ひっ!?な・・・なんやいね!?」

あれ?今、紬さんの言葉?なんて少し頭に引っかかりますが、とりあえず現状を確認しないといけません。うん、この音には聞き覚えがあります。はぁ、復帰早々大変です。


 



15: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:53:10.35 ID:oOCecuP20


昴「うぁーマジかよ...ホームランかよ...」

まつり「ほ?姫は重くて箒持てないのでフラフラしてただけなのですよ」

奈緒「いや、めっちゃフルスイングしてたで...」

可奈「すごーい!!ナイス♪ナイス♪バッティング〜♪」

扉の外では頭の痛くなる会話が行われてるみたいです。多分、また掃除をサボって野球をしてるんだと思います・・・。

私はひとつ息を吸って、扉を開けました。

琴葉「こらー!シアターで野球しちゃダメって言ってるでしょ!!」

昴「げぇっ!!琴葉!!!」

奈緒「琴葉来てたん!?いやーこれはちゃうねん、ちゃうねん」

まつり「ほ?姫はつい数十秒前の記憶がないのです」

可奈「わーい♪琴葉ちゃんだ〜♪おかえりなさい〜♪」

驚いたり、弁明したり、知らないふりしたり、怒られてるのに喜んだり、はぁ反応が四者四様すぎて困っちゃいます...。

 



16: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:54:16.64 ID:oOCecuP20


奈緒「琴葉おかえりなさい、なんや復帰早々大変やなぁ...」

琴葉「奈緒ちゃん、自分が加害者だからね...」

昴「琴葉おかえり。いやあれじゃん、箒持ったら野球したくなるよな。琴葉も傘持ったらフェンシングやりたくなるだろ?」

琴葉「ならないわよ!!」

まつり「琴葉ちゃんおかえりなのです。ねぇねぇ、『やきう』ってなんなのです?姫わからないのです?」

琴葉「もぅ...勢いでごまかしてもダメなんだからね!」

可奈「琴葉ちゃ〜ん!待ってたよ!」(ダキッ

琴葉「きゃっ、もう可奈ちゃんったらすぐに抱きつくんだから...」

 



17: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:55:12.85 ID:oOCecuP20


すっかり怒ればいいのか喜べばいいのかわからなくなってきたところ、昴が笑顔で私に言いました。

昴「いやーでもあれだな、なんか嬉しいな」

怒られてるのに嬉しいってよくわからないので、聞いてみることにします。

琴葉「嬉しいって何が?」

昴はニコニコしたまま、答えを返します。

昴「琴葉に怒られないと、シアターにいる気がしないんだよ」

普通なら怒るとこですけど、今日はなんだか怒る気にはなれません。でも、明日からの自分が大変になりそうなので一言釘はさそうと思います。

琴葉「ありがとう。でも、ダメなものはダメなんだからね」

 



18: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:56:32.35 ID:oOCecuP20


それから事務手続きを終えて、少し休憩をすることにしました。

瑞希「それでは瑞希のテーブルマジック100連発行きます...よいしょ」

琴葉「瑞希ちゃん!ホントに100個やらなくていいからね!大変だから!」

瑞希「さすが琴葉さん慎み深いです。でも、遠慮しなくていいんですよ」

歩「なぁ、ホントに100個もマジック出来るのか?アメリカでもマジシャンで食べていけるよすごいな!」

瑞希「アメリカですか、いいですね...Hello」

ソファーに座ってると、みんなが顔を見に来てくれて賑やかです。一人一人、おかえりって言ってくれます。

 



19: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:57:07.47 ID:oOCecuP20


そうしてゆったりしていると、スマホに一通のメッセージが届きました。

未来からのメッセージみたいです。内容は『レッスンルームに来て』というものでした。

今日、私がやらないといけないことは事務手続きだけでレッスンはないはずです。不思議ですが、さっきエレナに教えてもらったレッスンルームに向かうことにします。

 



20: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 17:59:21.07 ID:oOCecuP20


うーん、私がレッスンルームに行く理由、思い当たらないといえば嘘ではありません。

とにかく私は少し遅れてしまった分を取り戻さないといけません。きっと時間がかかると思うので、早速今日から始めた方がいいってことでしょうか。

でも、いきなりレッスンして身体は大丈夫でしょうか?なんて頭の中をぐるぐるさせながら扉を開きました。



中の風景は、私の予想とは全く違っていました。

レッスンルームは賑やかに飾り付けられていて、たくさんの料理とたくさんの飲み物と、そしてミリオンスターズ全員が私を出迎えてくれました。




ミリオンスターズ「琴葉!!!おかえりなさい!!!」



パーンと一斉にクラッカーの音が鳴り響きます。いきなり響く大きな音に、思わず身体が仰け反ってしまいます。

あまりのことに理解がおいつかずにぼーっとしてしまいます。これってサプライズパーティー?

 



21: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 18:00:09.65 ID:oOCecuP20


未来「琴葉ちゃん!!みんなずっと待ってたんだよ!!おかえりなさい!!」

翼「おかえりなさい!みんなで準備したんですよ。楽しんじゃってください」

静香「私たち、みんな琴葉さんのこと待ってました。本当に、本当に帰ってきてくださって嬉しいです」

後ろのミリオンスターズのみんなも一様に笑顔です。みんな同じ気持ちだよって、言葉にしなくても伝わって来ます。

 



22: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 18:02:08.81 ID:oOCecuP20


私が伝えるべき言葉を伝えようとした時、ポーンと未来のスマホの着信音が鳴りました。

未来は着信先をスマホで確認して、通話を始めます。

未来「お疲れ様です!はいっ、こっちは準備ができたので始めちゃおうって思うんですけど、はい、あと20分くらいですか?えっ?メッセージだけでも?わかりました、じゃあスピーカーにするのでちょっと待っててくださいね〜」

未来は電話先の人にそう告げると、一旦耳からスマホを離して画面とにらめっこを始めました。



数秒の沈黙の後、未来きょろきょろし始めました。どうやら、ヘルプの合図を出してるみたいです。

それに気がついた静香ちゃんが、未来のところに駆け寄ります。

静香「もぅ?どうしたのよ未来?えぇ?スピーカーの変更の仕方がわからない?あぁわかったわ、ちょっと貸して」

静香ちゃんが未来から奪い取ったスマホに何回かタッチします。すると、未来のスマホから賑やかしい声が響き渡りました。

その声は久しぶりに聞く、でも聞き覚えのある声でした。

 



23: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 18:04:26.20 ID:oOCecuP20


春香「琴葉ちゃーん!?聞こえるー!?おかえりなさい!あのね、今765プロオールスターズのみんなの仕事が終わって、シアターに向かってますー!ちょっと待っててねー」

春香ちゃんがそう言い終えると、その後ろからワイワイと声が聞こえます。

亜美「わ→琴葉お姉ちゃん!!待ってたYo!!」

真美「おかえりだYo→、シアターついたら一番に真美が抱きつくかんね→」

美希「琴葉、おかえりなさいなの」

響「ハム蔵もイヌ美も、もちろん自分もみんな心配してたんだからね、ホントに良かったぞ!」

貴音「まこと、これほど嬉しい知らせはありません」

あずさ「お姉さんがいいお店に連れてってあげる!快気祝いよ〜」

律子「琴葉!無理はしなくていいから、具合悪くなったらいつでも言いなさい!」

伊織「はぁ、ホントに待ってたわ。琴葉がいないと本当にシアターはひっちゃかめっちゃかなんだから」

やよい「うっうー!シアターついたら、お帰りなさいのハイタッチしましょーねー」

雪歩「ぐすっ...本当に、本当に良かったです...おかえりなさい...」

真「みんな琴葉のこと、ずっと待ってたんだよ!おかえり!」

千早「琴葉さん、また一緒にお仕事できること、本当に本当に嬉しいです、おかえりなさい!」

 



24: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 18:05:24.63 ID:oOCecuP20


1人1人のメッセージが心に響きます。本当に、ようやく、私はここに帰って来たんだ。帰って来ていいんだって、自信を持って喜べる気がします。

目の前のミリオンスターズのみんなに、電話の先の765プロオールスターズのみんなに届くよう、しっかりと声に出して届けます。

それは私が伝えるべき言葉、伝えたい言葉。





琴葉「みんな!ただいま!!」







E N D

 



25: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/08/06(日) 18:07:00.33 ID:oOCecuP20


終わりだよ~(○・▽・○)

琴葉がもう少しで帰ってこられるかもしれないこと、とっても嬉しいです。ゆっくりでもいいので、万全の状態で戻ってきてくださることを祈っています。

 



26: ◆NdBxVzEDf6 2017/08/06(日) 20:42:18.91 ID:t+OeWa3W0

まだ早いけど、おかえり!乙です
>>1
田中琴葉(18) Vo/Pr
no titleno title

>>3
島原エレナ(17) Da/An

no titleno title

>>4
所恵美(16) Vi/Fa

no titleno title

大神環(12) Da/An

no titleno title

高坂海美(16) Da/Pr

no titleno title

宮尾美也(17) Vi/An

no titleno title

>>7
松田亜利沙(16) Vo/Pr

no titleno title

福田のり子(18) Da/Pr
no titleno title

周防桃子(11) Vi/Fa
no titleno title

天空橋朋花(15) Vo/Fa

no titleno title

>>8
百瀬莉緒(23) Da/Fa

no titleno title

馬場このみ(24) Da/An

no titleno title

>>11
青羽美咲(20) Ex

no title

>>12
桜守歌織(23) An

no titleno title

>>13
白石紬(17) Fa

no titleno title

>>15
永吉昴(15) Da/Fa

no titleno title

徳川まつり(19) Vi/Pr
no titleno title

横山奈緒(17) Da/Pr

no titleno title

矢吹可奈(14) Vo/Pr

no titleno title

>>18
真壁瑞希(17) Da/Fa

no titleno title

舞浜歩(19) Da/Fa

no titleno title





27: ◆NdBxVzEDf6 2017/08/06(日) 20:43:15.82 ID:t+OeWa3W0

>>21
春日未来(14) Vo/Pr

no titleno title

最上静香(14) Vo/Fa

no titleno title

伊吹翼(14) Vi/An

no titleno title

>>23
天海春香(14) Vo/Pr

no titleno title

双海亜美(13) Vi/An

no titleno title

双海真美(13) Vi/An

no titleno title

星井美希(15) Vi/An

no titleno title

我那覇響(16) Da/Pr

no titleno title

四条貴音(18) Vo/Fa

no titleno title

三浦あずさ(21) Vo/Pr

no titleno title

秋月律子(19) Vi/Fa

no titleno title

水瀬伊織(15) Vo/Fa

no titleno title

高槻やよい(14) Da/An

no titleno title

萩原雪歩(17) Vi/Pr

no titleno title

菊地真(17) Da/Pr

no titleno title

如月千早(16) Vo/Fa

no titleno title




元スレ
【ミリマスSS】田中琴葉「新しい幕開け」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502008399/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月07日 02:48
          • リリース前:若くて有能そうな新事務員、青葉美咲さん
            リリース直前:ぽんこつ美咲ちゃ
            リリース後:なんとぉ!えへへ~
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月07日 11:23
          • 新しい幕開け 遠回りしたけれど
            やっと巡り逢えたんだ
            燻ってた気持ちに 魔法を掛けてくれた
            重い扉を開けよう
            いざ行こう 冒険の始まり
            ほら飛び出そう 仲間達が待ってる

            アイマスとポケモン曲のシンクロ率は異常
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月07日 12:31

          • 一条様だ!
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月07日 12:38
          • 病み上がりだから時間かけて収録していってくれればいいよ
            歌なんて負荷大きいだろうしライブなんてまだまだやっちゃいかん

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • ヒロインの最期
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」
        • 【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ