TOP

【境界のRINNE】『腐った幽霊』

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:50:27.20 ID:m1qpACcC0

〇公園(夕方)

 【それは ある日の放課後――】

 【ミホちゃんリカちゃんと 学校の近くの公園に 寄り道していた時のことでした。】

 女「ハァ~……」

 【その女の霊は ベンチにひとり佇んで やたらとため息をついていました。】

 リカ「今日は誰もいないから静かだね。」

 女「ハァ……」

 ミホ「この公園、いつもは運動部の人たちが騒がしいもんね。」

 女「ハァ……」

 桜(うるさい。)



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:51:17.05 ID:m1qpACcC0

〇三界高校・教室(朝)

 桜「おはよう六道くん。」

 りんね「真宮桜。」

 【次の日 六道くんに相談することにしました。】

 りんね「なに。公園のベンチに女の霊?」

 桜「うん。やたらとため息をついてる霊がいたよ。」

 りんね「わかった。放課後にさっそく浄霊に向かおう。」

 桜「ありがとう六道くん。」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:52:13.29 ID:m1qpACcC0

〇公園(夕方)

 りんね「……なるほど。この女が問題の霊か、真宮桜。」

 桜「うん。」

 六文「いったい何が未練で成仏できないんですかね。」

 十文字「ああ。まずはそれを聞かねばならんな。」

 りんね「なぜおまえもここにいるんだ、十文字。」

 十文字「話は聞いた。絶対におまえと真宮さんを二人きりにはさせん!」

 六文「ぼくもいますけど。」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:53:12.25 ID:m1qpACcC0

 女「……あの日、私はこのベンチに座っていました……」
no title



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:53:56.86 ID:m1qpACcC0

 女「この公園はすぐ近くに高校があるから、運動部の男子たちがちょくちょく走りに来ます。」

 女「だから私は、よくこのベンチに座って彼らを眺めていました。」

 桜「ふうん。」

 六文「ああ。その男子たちの中に気になる男子がいたんですね。」

 女「いいえ。」

 六文「えっ、違うんですか?」

 りんね「じゃあ一体なぜそんなことを?」

 女「……実は……」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:54:46.93 ID:m1qpACcC0

 女「実は私、BLが好きなんです。」

 りんね「……ん?」

 桜「あ、あの……今なんて言いました?」

 女「だから、実は私、BLが好きなんです。」

no title

 りんね(……何だこいつ!? 唐突に何をカミングアウトしてるんだ!?)



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:56:05.62 ID:m1qpACcC0

 女「男子たちが集団で走っているのを見ると興奮するんです。」

 桜「興奮……?」

 十文字「それは、もしかすると……。」

 女「ええ。なんというか、妄想がはかどるっていうか……。」

 りんね「ああ……。」

 六文「腐った人だったんですね。」

no title



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:56:53.30 ID:m1qpACcC0

 女「来る日も来る日も、私は男子たちをベンチに座って観察した。」

 女「汗だくになりながら仲間と濃密な時間を共有する男子たち! いつしか彼らの間に友情以上のものが芽生える!」

 女「ここに座って観察し続けていれば、そんな決定的なシーンがいつかは見られると思ったの。」

 一同「……」

 女「そして真夏のある日、私は熱中症でぶっ倒れて死んだ。」

 六文「何というか……。」

 りんね「いろいろとお気の毒です。」

 桜「本当にお気の毒だよ。」

 女「ハァ……」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:57:40.07 ID:m1qpACcC0

 女「わあっ。」パァッ

 六文「あ、いきなり笑顔になった。」

 りんね「何だ!? いったい何が起こったと言うんだ!?(後ろを振り向く)」

 野球部員たち「えっほ、えっほ……」

 桜「あれは……」

 りんね「ランニング中の野球部員たち。」

 六文「なるほど、あれを見たから笑顔になったんですか。」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:58:18.32 ID:m1qpACcC0

 女「ああ! あの先頭から四番目と五番目の男子! そそるわ!」

 女「間違いないわ。あの子は受けの顔つきね。ふふふ……。」

 十文字「……」

 六文「りんね様。こいつ、思っていた以上にやばい奴ですよ。」

 りんね「ああ。やばい奴だな。」

 十文字「真宮さん、今回はもう関わらずに帰ったほうがいい。ここにいて汚染されたら大変だ。」

 桜「うん、そうする。ごめんね六道くん、私もう帰るね。」

 りんね「ああ……なんか変なのに巻き込んでしまってすまない、真宮桜。」

 桜「ううん。いつもの事だから。」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 17:59:09.98 ID:m1qpACcC0

 りんね「……それで? 結局、何が未練なんです?」

 女「一度でいいから、この目でホモセ○クスを見てみたい!」

 りんね「……」

 十文字「……」

 六文「……」

 りんね「よし、強制浄霊だな。(死神の鎌を構える)」

 六文「そうですね。」

 女「きゃああ~っ!!」

 ちゃりーん(鎌を避けた際に硬貨を落とす)



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:00:31.33 ID:m1qpACcC0

 六文「あ~っ!? 五百円玉!?」

 女「あっ、このあいだ男子ウォッチングしていたときに拾ったお金が……。」

 りんね「ひ、拾った!? 五百円玉もの大金をか!?」

 女「あ。もし願いを叶えてくれるのなら、あげてもいいですよ。」

 りんね「なにっ!? ほ、本当か!?」

 女「ええ。今までにここで拾ったお金を全て。」

 りんね「な……なんだと!? 今までに拾ったお金を全て!?」

 六文「ということは、さっきの五百円玉のほかにもお金を拾ったことがあるんですね!?」

 女「ええ。」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:01:18.62 ID:m1qpACcC0

no title



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:02:52.32 ID:m1qpACcC0

 りんね「うーむ……。」

 十文字「どうした六道? 何を黙り込んでいるんだ?」

 十文字「ええい、きさまがやらんのならおれがやる! くらえ! 聖灰……」

 りんね「待て。(十文字を鎌で殴る)」

 みし……

 十文字「おっ、おい! 何のつもりだ六道!?」

 りんね「なあ十文字。おれたちで願いを叶えてやろうじゃないか。」

 十文字「な、なに……!?」

 十文字「それはつまり、おれときさまのホモセ○クスをこの霊に見せるということか……!?」

 りんね「ああ。そうだ。」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:03:45.10 ID:m1qpACcC0

 十文字「じょ、冗談ではない! なぜ、おれがきさまなどと……」

 りんね「他に相手がいないんだから仕方あるまい。」

 六文「でも、本気なんですかりんね様?」

 りんね「本気なはずがないだろう。誰が十文字などに掘らせたりするものか。」

 十文字「なんで当然のようにおれが掘る側なんだ。」

 六文「じゃあ、りんね様が十文字を掘るつもりなんですか?」

 りんね「六文。誰が本当にホモセ○クスすると言った。」

 十文字「……何?」

 六文「しないんですか?」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:05:04.46 ID:m1qpACcC0

 りんね「十文字、六文。いいか、よく聞け。」ぼそぼそ

 りんね「この黄泉の羽織を着れば、おれは十文字の身体をすり抜けることが可能だ。つまり……。」

 十文字「ああ、なるほど……。」

 六文「さすがりんね様! 着衣プレイしてるように見せかけて、お金をまんまと頂く作戦ですね!」

no title
 りんね「やるふりだけで500円以上もの大金がもらえるんだ。やらない手はないだろう。」

 十文字「ううむ……。そんなはした金など別に欲しくはないが、それであの女が満足して成仏できるというのなら、協力してやってもいいか……。」

 六文「決まりですね!」

 りんね「よし。おれに付いてこい、BL霊! おれとこいつのホモセ○クスを見せてやる!」

 女「ああ、ついに本物のホモセ○クスが見られるのね!」どきどき



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:06:22.71 ID:m1qpACcC0

〇廃屋となった高校クラブ棟・りんねの家(夕方)

 りんね「どうだ十文字!?」腰フリフリ

 十文字「ああーっ! いいーっ! いいぞぉ六道ーっ!(演技)」

 女「ああ……これが夢にまで見た本物のホモセ○クスなのね……!」

 六文「もうそろそろ成仏できそうですか?」

 女「んー。もうちょいかなー。」

 りんね(くっ……これは想像以上にキツイ!)

no title
 りんね(だがおれは負けん! 耐えてみせるぞ!)



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:08:09.80 ID:m1qpACcC0

   ※ ※ ※

 桜「六道くん、いるかな?」

 桜「六道くーん、うちのママ(39)がしょうが焼きを作りすぎちゃったから、お裾分けに……」がちゃっ

 りんね「うおおーっ! どうだ十文字!?」腰フリフリ

 桜「えっ……」

 十文字「ああーっ! いいーっ! いいぞぉ六道ーっ!(演技)」

 れんげ「うっさいわね! さっきから一体何の騒ぎよ!?」がちゃっ

 十文字「おっほー! これはやばいぞ! 昇天しそうだーっ!」

 れんげ「えっ……!?」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:09:02.98 ID:m1qpACcC0

 十文字「あっはー! いくいくいっくー!」

 桜「……」

 れんげ「……」

 六文「あ、桜さまとれんげ、いつの間に……。」

 十文字「な、何!?」

 りんね「ぬおっ!? ま、真宮桜!? れんげ!? いつからそこに!?」

 ばたん

 りんね「ああっ!? ま、まてっ、真宮桜!! これは誤解だーっ!!」

 十文字「真宮さん!? 違うんだよーっ!!」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:10:58.49 ID:m1qpACcC0

 女「隠れて愛を育んでいた二人の関係は、こうして広く人の知るところに……。」

 女「なんてすばらしい展開なの! ああ、もう思い残すことはないわ……!」

 女「いいものを見せてもらいました、ありがとう……。」スッ……

 六文「あ、成仏するみたいですよ。」

 ちゃりんちゃりーん

 六文「わーい! 見てくださいりんね様! は、801円も落ちてきましたよ!」

 りんね「なぜだ……。おれは何も失っていないはずなのに、何か大きなものを失った気がする……。」

 十文字「真宮さん……おれたちのことを誤解していなければいいが……。」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:12:28.53 ID:m1qpACcC0

〇路地(夕方)

 桜(はあ……。)

 桜(六道くんと翼くん……うっかりあの霊に汚染されちゃったんだ。)

 桜(腐った霊に汚染されないうちに帰るよう私に勧めておきながら、自分たちが……。)

 桜(猿も木から落ちるってやつなのかな。)

 桜(何も見なかったことにしてあげよう。)

no title



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 18:14:01.14 ID:m1qpACcC0

〇三界高校・教室(翌朝)

 りんね「な、なあ、真宮桜。昨日のことだが……。」

 桜「心配しなくていいよ。あのことなら誰にも言わないから。」

 桜「私よりもれんげの口止めしたほうがいいと思うよ。」

 十文字「だからぁ! 違うんだよ真宮さーん!」

 りんね「真宮桜! 頼むから話を聞いてくれーっ!」

 れんげ「そこのBL野郎二人! うっさいわね!」

 ミホ・リカ「BL野郎二人!?」

 クラスメートたち「ひそひそ」

     完

 https://youtu.be/_Xm6UA-TwfU




元スレ
【境界のRINNE】『腐った幽霊』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501836626/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月04日 19:19
          • りんねSSなんて珍しい
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月04日 19:58
          • 原作っぽくて好き
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月04日 20:06
          • >りんね「よし。おれに付いてこい、BL霊! おれとこいつのホモセ○クスを見せてやる!」

            この一行から溢れるパワー
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月04日 20:33
          • りんねSSとか俺得
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月04日 21:17
          • 5 801円(意味深)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月04日 22:16
          • 原作にも沫悟というサイコホモ野郎がいるんだが…
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月04日 23:50
          • 米6
            最近だまし神の子と進展してたから
            ホモセックスにならないんじゃ?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月04日 23:54
          • 死神一高の杏珠だな、だまし神ではない
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月05日 01:40
          • 面白かった
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月05日 03:51
          • 黄泉の羽織の活用方法
            その発想は無かったわwww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【マギレコ】いろは「やってしまった」
        • 【マギレコ】いろは「やってしまった」
        • 【ミリマス】P、茜、亜美、このみ「昴ちゃんの野球を見に行こう!」【ミリシタ】
        • 【ミリマス】P、茜、亜美、このみ「昴ちゃんの野球を見に行こう!」【ミリシタ】
        • 【ミリマス】P、茜、亜美、このみ「昴ちゃんの野球を見に行こう!」【ミリシタ】
        • 【ミリマス】P、茜、亜美、このみ「昴ちゃんの野球を見に行こう!」【ミリシタ】
        • 【ミリマス】P、茜、亜美、このみ「昴ちゃんの野球を見に行こう!」【ミリシタ】
        • 【モバマス】志希「出来たよ!時限爆弾!」飛鳥「!?」
        • 【ゴールデンカムイ】石川啄木「この川、深いッッ!!」
        • 【ミリマス】七尾百合子「文学少女は純情って事になりませんかね?!」
        • 【ミリマス】七尾百合子「文学少女は純情って事になりませんかね?!」
        • 【ミリマス】歌織「分かってます。音無さんにはナイショですね?」
        • 【ミリマス】歌織「分かってます。音無さんにはナイショですね?」
        • 【ミリマス】P「美奈子が料理を作れなくなった」
        • 【ミリマス】P「美奈子が料理を作れなくなった」
        • 【ミリマス】P「美奈子が料理を作れなくなった」
        • 【ミリマス】P「美奈子が料理を作れなくなった」
        • 【ミリマス】P「美奈子が料理を作れなくなった」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ