TOP

【モバマス】橘ありす「地獄少女?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/24(月) 23:39:08.43 ID:wgZebB2i0

ここは世界のどこでもない、夕暮れの丘

ここに1人の女が迷い込んできた

女「ここは・・・」

あい「・・・来たよ」

彼女の前に黒いセーラー服を着た少女が現れる



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/24(月) 23:42:30.64 ID:wgZebB2i0

あい「私は閻魔あい・・・」

女「地獄少女・・・本当にいたのね」

あい「・・・恨んでいるのね」

女「ええ、私は、あの男が憎い!私を捨てて別の女に・・・!!!」

??「ありがちなラブストーリーですね」

あいの傍らにいる小柄で手に小型の端末を持った少女が口を開く



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/24(月) 23:46:53.48 ID:wgZebB2i0

女「何よ・・・あなたに何がわかるっていうの!」

??「何もわかりませんね、興味もありませんし」

あい「タチバナ、口を謹んで」

タチバナ「はいはい、わかりましたよお嬢さん」

あいに注意され、タチバナと呼ばれた少女は後ろへ下がった



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 05:32:56.17 ID:31NnGy5/0

あい「それじゃ改めて・・・タチバナ」

タチバナ「はい、お嬢さん」ポチッ

タチバナは端末の画面をスクロールさせ藁人形のアイコンをタッチした

パキパキパキ・・・パリン!

タチバナ(藁人形)「・・・・・」

彼女は氷に包まれて砕け、中から赤と青の入り混じった色をした藁人形が出てきた



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 19:17:37.63 ID:31NnGy5/0

あい「受け取りなさい」スッ

女「・・・・・」

あい「あなたが本当に恨みを晴らしたいと思うのなら、その赤い糸を解けばいい、糸を解けば、私と正式に契約を交わしたことになる、恨みの相手は即座に地獄に流されるわ」

女「・・・・・」グッ

あい「ただし、契約を交わしたら、貴方にも代償を支払ってもらう」

女「!」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 19:24:04.98 ID:31NnGy5/0

あい「人を呪わば穴二つ・・・契約を交わしたら、あなたの魂も地獄に落ちる」

女「私も地獄に・・・」

あい「死んだ後の話だけど」

タチバナ(全く、毎度毎度一言一句よく間違わずに言えますね』




あい「後は、あなたが決める事よ」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 20:03:48.18 ID:31NnGy5/0

~その後~

女「地獄・・・」

女「それでもやっぱり・・・許せない!」シュルッ





タチバナ「恨み、聞き届けたり・・・」

タチバナ(受け取ってから3日・・・まぁ長い方でしょう)

タチバナ(全く、こんなパターンもう何十回も見ましたよ)



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 20:39:44.10 ID:31NnGy5/0

そして、地獄の仕打ちが始まる

女の氷人形「うふふふふふふふふ・・・」パキパキ

男「うわああああああああ!!!寒いいいいいいいい!!!」

タチバナ「どうです?冷たいでしょう?あなたの恋愛観のように」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 21:04:03.39 ID:31NnGy5/0

男「や、やめてくれえええええええ!!!!!」

タチバナ「ああ、もっとシビれる恋愛がお好みですか」ススッ・・・ポチ

タチバナは端末の中の「お仕置き」フォルダから稲妻のアイコンをタッチした

バリバリバリバリバリバリ!!!!!

男「ぎゃあああああああああああああ!!!!!」

男は電撃を浴びせられた



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 21:32:33.98 ID:31NnGy5/0

男「も、もうやめて・・・」

タチバナ「ん?燃えるような熱い恋がいいんですか?」ポチ

今度は炎のアイコンをタッチした

ボオオオオオオオオオ・・・・・

男「あちいいいいいいい!!!!!」

男は炎に包まれた



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 21:47:48.92 ID:31NnGy5/0

男「ハァハァ・・・俺が何をしたって言うんだ・・・」

タチバナ「女心を散々弄んだじゃないですか」

男「それのどこが悪いって言うんだ!」

男「大体人間のルールがおかしいんだ!何で男は1人の女しか愛しちゃいけないんだ!」

タチバナ「・・・・・ハァ」

タチバナ「ですって、お嬢さん」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 22:03:21.11 ID:31NnGy5/0

あい「・・・・・」ストッ

男「え・・・」

あい「闇に惑いし哀れな影よ」

あい「人を傷つけ貶めて」

あい「罪に溺れし業の魂」







あい「いっぺん、死んでみる?」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 22:30:28.64 ID:31NnGy5/0

場面は変わり、ここは地獄の船の上

男「うう・・・」

あい「・・・・・」

男「何でだよ・・・野生の動物なら1匹のオスが沢山のメス侍らせてるなんてよくあるじゃねぇか・・・」

タチバナ「そう考えてる時点で、あなたは人間の倫理から逸脱していますよ」

タチバナ(まぁ、私も人の事は言えませんが)





あい「この恨み・・・地獄に流します・・・」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 23:18:57.22 ID:31NnGy5/0

タチバナは一足先にあいの住処へ帰った

骨女「お、タチバナお疲れ」

輪入道「お疲れさん」

一目連「よっ、お疲れ」

山童「お疲れさまでした」




タチバナ「皆さん、只今戻りました」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 23:46:49.12 ID:31NnGy5/0

きくり「おー!帰ったかありす~」グイグイ

タチバナ「わ、私はタチバナです!スカートひっぱらないで下さい!」

きくり「うるせー!お前はありすだろ!」

山童「ちょ、ちょっと姫!」

タチバナ「だから違いますって!」














タチバナ「私はもう、「橘ありす」じゃないんですよ・・・」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 05:34:08.72 ID:kpiXj40P0

あい「・・・ただいま」

骨女「あ、お嬢お帰り」

一目連「お疲れ、お嬢」

あい「早速だけど、次の仕事よ」

輪入道「もうか?早いな」

タチバナ「それだけ人の恨みは深いって事ですよ」



タチバナ(本当に・・・いつまでたっても世の中は変わりませんね・・・)



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 19:14:04.43 ID:kpiXj40P0

タチバナ「もうデータは入力済みです、依頼人は20代の女子大生、読書好きで古書店でバイトしてるそうです」

一目連「早いな・・・」

タチバナ「同機はその古書店が悪徳業者に騙され取り壊しの危機にあるからだそうです」

骨女「ま、よくあるパターンだね」

タチバナ「今回の藁人形はローテーションで輪入道さん、お願いします」

輪入道「わかった」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 19:50:02.51 ID:kpiXj40P0

タチバナ「骨女さんは取材と称して業者に聞き込みを・・・」

骨女「ああ」

タチバナ「一目連さんは依頼人の監視なんですが・・・」

一目連「何だよ・・・」

タチバナ「相手は女性ですので、着替えやお風呂の時は控えてくださいね」

一目連「そ、そこまでしねーよ・・・」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 20:03:50.74 ID:kpiXj40P0

タチバナ「私は依頼人が定期的に開いている子供たちへの本の読み聞かせ会に参加して情報を集めます」

きくり「こらー!新顔のくせにしきるんじゃなーい!」

タチバナ「・・・山童、いつものようにきくりさんをお願いします」

山童「わ、わかりました・・・」

山童(何で僕だけ呼び捨てなんでしょうか・・・)



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 20:23:29.42 ID:kpiXj40P0

タチバナ「それじゃ早速」

あい「・・・私は?」

タチバナ「さっき地獄流ししたばかりなんですから休んでてください」

あい「・・・・・」

タチバナ「それでは、私は先に行きます」

フッ



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 20:38:56.74 ID:kpiXj40P0

骨女「フゥ・・・テキパキまとめてくれるのはありがたいんだけどねぇ・・・」

一目連「ちょっと真面目すぎるっつーか・・・」

輪入道「ま、お嬢の邪魔してなきゃいいじゃねーか」

きくり「えー、あんなのナマイキなだけだよー!」

山童「ひ、姫・・・」

あい「・・・・・」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 21:06:02.87 ID:kpiXj40P0

そして、舞台は現世へと移る

タチバナ「・・・ふぅ」

彼女が来るまで時間があったため、タチバナは喫茶店で時間を潰すことにした

店員「ご注文は?」

タチバナ「パスタとイチゴパフェを」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 21:16:58.32 ID:kpiXj40P0

タチバナ「・・・・・」モグモグ

タチバナはただ夢中にイチゴとパスタを貪り食う

タチバナ「・・・ふぅ」ゲプ

タチバナ(何故でしょう、もう食事なんて必要ない体になってしまったのに・・・)

タチバナ(この2つだけは無意識に体が欲している・・・)



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 21:25:05.93 ID:kpiXj40P0

タチバナ「・・・あ」

ふと外を見ると、チラチラと雪が降り始めていた

タチバナ「・・・・・」

あい「思い出しているの?あの日のことを」

タチバナ「!?」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 21:37:18.63 ID:kpiXj40P0

タチバナ「お嬢さん!?どうしてここに・・・」

あい「休み中に私が何をしていようと自由でしょ」

タチバナ「それはそうなんですけど・・・」

あい「それで、思い出していたの」

タチバナ「べ、別にそういうわけでは・・・」







タチバナ「・・・・・」

タチバナ(あれから3年・・・か)



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 21:48:32.37 ID:kpiXj40P0

そう・・・

あれはまだ私がアイドル「橘ありす」だった時のこと・・・



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 21:58:21.85 ID:kpiXj40P0

小梅「それで最後に言うんだよ・・・」

小梅「いっぺん、死んでみる?って」





幸子「ひゃあああああああ!!!」

輝子「ヒャッハアアアアアアアア!!!」

蘭子「いやああああああああ!!!」

杏「ZZZ・・・」

卯月「あ、あわわ・・・」

未央「へ、へぇ・・・」

凛「ふーん・・・」

まゆ「あらあら」

ありす「・・・・・」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:36:17.41 ID:kpiXj40P0

小梅「えへへ・・・今日はかなりレベル落としてみたんだけど・・・どうかな?」

幸子「十分怖かったですよ!」

輝子「ヒャッハー!ゴートゥヘエエエエエエエエル!!!」





ありす(はぁ・・・やっと終わりましたか)

その日はたまたま事務所に大勢あつまっていたので、いつの間にか小梅さんによる怪談大会が開催されていた



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:49:17.80 ID:kpiXj40P0

薫「こ、怖かったね~」

桃華「そ、そうですわね・・・」

雪美「・・・・・」コクリ

仁奈「こんどはじごくしょーじょのきもちになるのですよ!」

みりあ「ありすちゃんも怖かった?」

ありす「ええ・・・まぁ」

幸子さんの方からかすかにアンモニアの臭いがした気がしますが、スルーしておきましょう



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 23:12:10.48 ID:kpiXj40P0

地獄少女

私も興味があって以前調べたことがある

午前0時にのみアクセスできるサイト「地獄通信」に恨んでいる相手の名前を書き込むと地獄少女が現れ、恨みを晴らしてくれるという

でも所詮は都市伝説、そんなものがあるはずない

小梅さんも「皆の周りにもいるんじゃない?突然行方不明になった人とか」

そんな人いるわけないじゃないですか、そんな簡単に人は消えない

そう、最近智絵里さんが事務所に来ないのも、まゆさんが最近露出度の低い服を着ているのも

この間凛さんがホテルに入っていくプロデューサーさんと智絵里さんを見たというのを聞いた気がしますが、地獄少女とは関係ないでしょう



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/26(水) 23:39:27.32 ID:kpiXj40P0

未央「ま、まぁそれはさておき、今度の温泉旅行楽しみだね~♪」

楓「ウフフ、そうね」

凛「プロデューサーもちひろさんも太っ腹だよね、この間のライブの成功を祝して慰安旅行なんて」

卯月「はい!」

ありす「旅行・・・」

まぁ、正直楽しみじゃないといえば嘘になりますね

この人達と一緒なら私も自然と笑顔になれる、そう思っていました

思って・・・いたのですが



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 00:26:11.62 ID:pVXPkEWl0

その悲劇は、突然起きました

私達アイドルを乗せたバスが、崖下に転落、バスは大破しました

私は外に投げ出されました

寒い・・・雪の降る夜でした





ありす「うう・・・」



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 00:43:02.08 ID:pVXPkEWl0

体中が痛い

手足の感覚が無い

血がどんどん流れ出ていく

そして・・・寒い

寒い寒い寒いさむいサムイサムイサムイ・・・

ああ、私はもう・・・死ぬのか



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 06:26:39.40 ID:pVXPkEWl0

運転手「あ、ああ・・・」

ん?運転手さん生きてたんですね

運転手「お、俺は悪くない・・・会社が俺にオーバーワークを・・・」

何を言ってるんですかこの人は

私から笑顔を奪っておいて

私に笑顔をくれた人たちを奪っておいて



許せない・・・・



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 19:13:21.41 ID:pVXPkEWl0

許せない

ゆるせない

ユルセナイ

ユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイ
ユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイ
ユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイユルセナイ

そして、私の目の前は真っ暗になった



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 19:22:48.57 ID:pVXPkEWl0

ビュオオオオオオオオ・・・・・

その時、吹雪が私を包み込む感じがした



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 19:54:08.22 ID:pVXPkEWl0

ありす?「・・・ん?」パチ

ほどなくして、私は目を覚ました

ありす?「あれ・・・わたし・・・生きて・・・」

そう思ったが、体から体温を感じない、骨の髄から冷たく感じる・・・

ああ、そうですか・・・

私はもう、人ならざるモノになってしまったのだと思った



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 20:07:18.92 ID:pVXPkEWl0

ありす?「ふふ、ふふふ・・・」

何故でしょう、こんな体になったというのに自然と笑いがこみ上げてくる

ありす?「あはははははははははははははははは!!!!!」

ありす?「さて・・・」スッ

私は愛用のタブレットを拾い上げる

ありす?「壊れてない・・・いえ、私と共に蘇ったということでしょう」

ありす?「まずはあの男を・・・うふふ♪」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 20:44:19.46 ID:pVXPkEWl0

ザッ・・・ザッ・・・

運転手「くそっ・・・麓はまだか・・・」

ユラァ

ありす?「どこへ行こうというのですか?」

運転手「!?」



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 21:03:41.30 ID:pVXPkEWl0

運転手「な、何だお前は・・・」

ありす?「答える必要はありません、何故なら」パキキ・・・

ザクッ!

運転手「ぐあああああああああああ!!!!!」

私は氷の槍を精製し、男の腹に突き刺した

ありす?「これから私に殺られるんですからね」



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 21:36:09.99 ID:pVXPkEWl0

運転手「痛いいいいいいいいい!!!!!」

パキパキパキ・・・

男の体は傷口からみるみるうちに凍り付いていく

運転手「うわああああああああ!!!」

そして、顔以外は氷漬けとなった

運転手「」

ありす?「ウフフ・・・いい眺めです」



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 22:08:19.89 ID:pVXPkEWl0

ありす?「さて、まだ殺しませんよ」ススッ

プスッ

私がタブレット操作するとコードが伸び、男の頭に突き刺さった

運転手「ぎゃあああああ!!!!!」

すると、画面の男の記憶やら何やらが表示された

ありす?「ふむふむ、これがこいつなんか派遣したバス会社・・・おや?酒に酔っていたんですか?これはオーバーワーク以前の問題ですね」



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 22:49:06.92 ID:pVXPkEWl0

運転手「な、何でもしますから許してください・・・」

ありす?「何でも?わかりました」

運転手「よ、よかった・・・」

パキン!

男は全身氷漬けになった、そして・・・

ありす?「それなら死んでください」

グシャッ

踏み砕かれた



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 23:22:46.48 ID:pVXPkEWl0

ありす?「あはは・・・人間ってこうも脆いんですね」

ありす?「この力があれば・・・」

ありす?「さて、次の獲物を狩りにいきますか」

ありす?「あはははははははははははははははは!!!!!」












??「あ、ありすちゃん・・・」

閻魔あい「・・・・・」



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 23:46:11.66 ID:pVXPkEWl0

~とあるバス会社~

ドカアアアアアアアアアアン!!!

社員達「うわああああああああ!!!」

ありす「あはははは・・・誰一人逃がしませんよ」

私はタブレットから電撃や火炎を放って人間どもを襲撃していた



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 05:34:34.92 ID://B2yJfB0

社長「あ、ああ・・・」ガタガタ

ありす?「さて、後は貴方だけですよ?」ニッコリ

私は氷の刃を手に社長に迫る

社長「ひっ・・・」

フッ

ありす?「!?」

すると突然、社長は消えてしまった

ありす?「どうなってるんですか?」








あい「・・・彼は地獄に流されたわ」

ありす?「あなたは・・・」





59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 19:08:14.16 ID://B2yJfB0

あい「私は閻魔あい・・・」

ありす?「閻魔・・・あい・・・まさかあなたが・・・」

あい「・・・・・」

ありす?「地獄少女・・・」

あい「・・・・・」コクリ



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 19:20:00.54 ID://B2yJfB0

ありす?「流したって・・・誰が頼んだんですか・・・」

あい「それは言えないわ」

ありす?「あいつらは私が裁くはずだったのに!」

あい「そう、それは悪いことをしたわね」

あい「でも、私も仕事だから」



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 19:28:10.54 ID://B2yJfB0

ありす?「私のこの怒りはどうすればいいんですか・・・」ゴゴゴ・・・

あい「・・・・・」

ありす?「私の大切な人達・・・こんな不愛想な私を笑顔にしてくれた人達・・・」

ありす?「その人たちを殺したこいつらを殺りそこねた私の怒りは!」

あい「・・・・・」

ありす?「責任・・・とってもらいますよ」ピキキ・・・

私は両手に氷の刃を持った



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 19:51:08.85 ID://B2yJfB0

ありす?「ハァッ!!!」ダッ

あい「・・・・・」スッ

ドカァン!

ありす?「グハッ!」ドサッ

彼女は手をかざしただけで、飛びかかる私を軽々ふっ飛ばした



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:06:58.74 ID://B2yJfB0

ありす?「ぐっ・・・ゴホゴホ・・・ガハッ!」

あい「・・・・・」ゴゴゴゴゴ・・・

ありす?「あ、ああ・・・」ガタガタ

私は本能で感じた

コイツは・・・人外としての格が違いすぎる・・・



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:25:14.22 ID://B2yJfB0

あい「あなたは人の理を外れ蘇り、罪を犯した・・・」ザッ

ありす?「私も・・・裁くんですか・・・」

ザッ・・・ザッ・・・

ありす?「どうぞお好きに、覚悟はできてます・・・」

あい「・・・・・」スッ









あい「一緒に来る?」

ありす?「え?」



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:35:03.50 ID://B2yJfB0

あい「どうせいずれ地獄に行く運命・・・だったらそれまで私の仕事を手伝ってみない?」

ありす?「どうして・・・そんな事言うんですか?」

あい「私もそうだったから・・・人を恨んで蘇り、その罰で地獄少女に・・・」

ありす?「そうだったんですか・・・」

あい「永遠の地獄少女との相乗り・・・どうする?」

ありす?「そうですねぇ・・・馬鹿馬鹿しいですが・・・」










ありす?「面白そうじゃないですか?」



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:41:59.81 ID://B2yJfB0

あい「そう、じゃあこれからよろしく・・・」

ありす?「はい、よろしくお願いします」

ギュッ

私は彼女の手を取った



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:45:24.13 ID://B2yJfB0

あい「ところで、あなたの事は何と呼べばいいのかしら?」

ありす?「え?」

あい「ありす・・・いや妖怪的には雪ん子・・・」ブツブツ

ありす?「どっちでも呼ばないでください」









タチバナ「私の事は、タチバナと呼んでください」



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:49:08.54 ID://B2yJfB0

そして現在に至る・・・

あい「そういえばまだ聞いてなかったわね」

タチバナ「何をですか?」

あい「あなたが私についてきた理由」

タチバナ「ああ、それはですね・・・っとそろそろ時間です、私はもう行きますね」

あい「私もついてく」

タチバナ「勝手にしてください」



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:52:48.41 ID://B2yJfB0

そして2人は、依頼人の女子大生の読み聞かせ会を聞いていた

女子大生「めでたしめでたし・・・」

パチパチパチパチ

あい「・・・・・・」パチパチ

タチバナ(お嬢さん・・・結構聞き入ってましたね」パチパチ

女子大生「今日はこれまで、皆また来週ね」



70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 20:59:03.14 ID://B2yJfB0

そして子供たちは帰り、2人だけが残った

女子大生「あら、あなた達は帰らないの?」

タチバナ「あ、私達は今日初めて聞いたので・・・」

あい「・・・・・」

タチバナ「ちょっとお話しませんか?」

女子大生「ええ、いいけど・・・」



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:01:58.41 ID://B2yJfB0

タチバナ「あなたは本が好きで、こんな事をしているんですか?」

女子大生「ええ、子供達に本のすばらしさを伝えたくて・・・」

タチバナ「でも、いずれこの店は・・・」

女子大生「ええ、わかってるわ」

タチバナ「どうしても・・・守りたいんですね、どんな手を使っても」

女子大生「・・・・・」



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:08:28.50 ID://B2yJfB0

そして、彼女達は帰路についた

タチバナ「引きますかね、糸」

あい「それは彼女が決める事よ」

タチバナ「・・・・・」

あい「・・・ねぇ」

タチバナ「はい?」

あい「銭湯寄ってかない?」



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:12:30.61 ID://B2yJfB0

カポーン

タチバナ「何でこんな事を・・・」

あい「たまには骨休めも必要よ」

タチバナ「そういう台詞は骨女さんに行ってあげてください」

あい「・・・///」



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:16:44.76 ID://B2yJfB0

タチバナ「だれもいませんね、貸し切りです」

あい「それで、喫茶店での話の続き・・・」

タチバナ「ああ、あなたについてきた理由・・・ですか」

あい「ええ」

タチバナ「死という物を、知りたかったからですよ」



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:20:28.31 ID://B2yJfB0

あい「死?」

タチバナ「人、いえすべての生命には死が訪れます」

タチバナ「寿命、事故、病気・・・形はそれぞれですがね」

タチバナ「中には理不尽に死を迎える者達もいます、直前まで笑顔でいたのに・・・」

あい「・・・・・」



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:25:44.72 ID://B2yJfB0

タチバナ「そんな死に、意味はあるのか」

タチバナ「それが知りたいんです、地獄流し何て理不尽な死の代表みたいなもんじゃないですか」

あい「そう、でもあなたの求める答えは永遠に出ないかもしれないわね」

タチバナ「?」

あい「死ぬってことほど、生きるって事を実感できることはないもの」



77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:30:37.78 ID://B2yJfB0

タチバナ「どういう事です?」

あい「死ぬって事は生きてたって事、その者の存在してた証は永遠に残るわ」

あい「ある意味、存在がなくなってもその者は生きてるって事になるんじゃないかしら」

あい「記憶って形でね」

タチバナ「・・・よくわかりません」

あい「いずれわかるわ・・・もう上がりましょう、のぼせてきたわ」



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:33:06.75 ID://B2yJfB0

風呂から上がり、私はいちご牛乳を、お嬢さんは牛乳をガブ飲みしていた」

タチバナ「・・・ふぅ」

あい「・・・・・」ゴクゴク

タチバナ「そんなに飲んでも、私達は胸大きくなりませんよ」

あい「・・・・・わかってるわ」



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:35:57.47 ID://B2yJfB0

一目連「お嬢」ギョロ

突然脱衣所の壁に巨大な目が出現した、一目連さんだ

あい「どうしたの?」

一目連「ああ実は・・・ってどうしたタチバナ?」

タチバナ「あ、ああ・・・」

一目連「?」

タチバナ「この変態いいいいいいいい!!!!!」

グサツ

一目連「ぎゃあああああああああああああ!!!!!」



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:39:28.99 ID://B2yJfB0

一目連「イテテ・・・悪かったよ」

タチバナ「もう・・・」

あい「それで、どうしたの?」

一目連「ああ、実はな・・・」







一目連さんの話だと、女子大生さんは結局糸を引かなかったらしい



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:41:47.33 ID://B2yJfB0

数日後、すっかり更地になった古書店跡地に私は行った

タチバナ「・・・・・」

女子大生「・・・・・」

タチバナ「なくなっちゃいましたね」

女子大生「うん・・・」



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:47:09.61 ID://B2yJfB0

タチバナ「結局、何も手を打たなかったんですね」

女子大生「やろうと思ったけど・・・気づいたの」

女子大生「たとえこの状況を乗り切っても・・・いずれこの店はなくなっていた・・・ってね」

タチバナ「そうですか・・・」

女子大生「それに、ここがなくなっても本がなくなるわけじゃない」



83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:50:29.26 ID://B2yJfB0

女子大生「一度読まれた本は記憶に残り、後世に受け継がれる・・・」

女子大生「だから、寂しくはないよ」

タチバナ「そうですか・・・」

女子大生「それに、選別に残った本ももらえたしね」ドッサリ

タチバナ「・・・・・」



84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 21:54:40.55 ID://B2yJfB0

私は彼女と別れ、街を彷徨っていた

タチバナ「・・・・・」

タチバナ(記憶に残ってる限り死なない・・・か)

タチバナ(なら、人ならざるモノとなった私の事なんて覚えてる人なんていない・・・)

タチバナ(私は結局死んでるんですね・・・)










??「ありす・・・ちゃん?」

タチバナ「え?」



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:01:38.62 ID://B2yJfB0

1人の少女が、私に声をかけた、そんなことありえないのに

いや、それができそうな人物を私は知っている

それに、前髪で隠れた右目、余りまくって手の見えない袖、まさか・・・

タチバナ「小梅・・・さん?」

小梅「やっぱり・・・ありすちゃんだ」



86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:07:53.38 ID://B2yJfB0

タチバナ「嘘・・・あの時事故でみんなと・・・」

小梅「私も・・・奇跡的に・・・ね」

タチバナ「そうですか・・・」

お互いまともじゃない道に進んでしまったようですね・・・お互い容姿は変わってませんし

タチバナ「小梅さんは今何してるんですか?」

小梅「心霊スポットで人を脅かしてる・・・かな」

タチバナ「・・・・・」



87:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:14:57.72 ID://B2yJfB0

小梅「それで、ありすちゃんは?」

タチバナ「私は・・・」

小梅「言えないような事・・・?」

小梅「まさか、地獄少女の従者・・・とか?」

タチバナ「・・・・・」



88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:19:38.35 ID://B2yJfB0

小梅「やっぱり、そうなんだね・・・」

タチバナ「私は一度死んだ身です、何をしようと勝手でしょう」

小梅「後悔は・・・してないんだね」

タチバナ「・・・ええ」

小梅「そっか・・・」



89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:26:21.75 ID://B2yJfB0

タチバナ「それじゃ、もう会う事もないでしょう」

小梅「うん、ありすちゃんも元気でね」

タチバナ「この状態を元気だと言えるのでしたらね」

そう言って、私達は別れた

私の事を覚えてる人がいた、いや、もしかしたら他の方たちも・・・

そう思うだけで、私はまだ生きてるんだなと感じました



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:32:22.13 ID://B2yJfB0

タチバナ「あ・・・」

一目連「よぉ」

輪入道「へっ・・・」

骨女「フッ」

山童「お帰りなさい」

きくり「ケッ」





あい「・・・帰るよ」

タチバナ「はい」



91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:36:26.11 ID://B2yJfB0

あい「久しぶりに皆でご飯にしましょうか」

タチバナ「じゃあ腕によりをかけてイチゴパスタ作りますよ」

あい「それは駄目」








タチバナ「あなたの恨み・・・晴らしま・・・」

あい「それは私が言うわ」

~おわり~



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:37:35.77 ID://B2yJfB0

これで終わりです
今週の地獄少女までになんとか終わった・・・
今期はどんな結末を迎えるのか…



元スレ
橘ありす「地獄少女?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500907148/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月29日 01:02
          • 今週の地獄少女は胸糞でしたね…
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月29日 02:00
          • これ文香の喋り方が違う!とか言い出す奴いそう
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月29日 02:29
          • 今週の地獄少女は…
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月29日 07:28
          • フミカなんて出てません


            あくまでも別人です
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月29日 18:59
          • 文香の喋り方が違う!!!!!!!!!!!!!!!!!^_(^^)^_^(╹◡╹)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月29日 19:22
          • あい「私は東郷あい・・・」

            じゃなかった
            ついでに雪ん子だったら杏ダルォ……
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月02日 01:21
          • それは道産子だろぉ!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 男「金髪ヒロインのみのギャルゲーを作りたい」
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ