TOP

【ミリマス】やよい「プロデューサーが構ってくれませんー」

1: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:18:23.18 ID:OyLgHLNc0


高槻やよい(以下、やよい) ジーッ

水瀬伊織(以下、伊織) 「プロデューサー、居るかしら?」

ミリP(以下、P) 「おう、いるぞ。どうした伊織?」

伊織 「ちょっとダンスレッスンに付き合ってくれない?久々だから、動きを確認しておきたいの」

P 「珍しいな。どういう風の吹き回しなんだ?」

伊織 「べっ、別になんだっていいでしょ!それとも、私のレッスンなんて見たって仕方ないってワケ!?」

P 「いや、そういう訳じゃないが……」



2: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:18:58.64 ID:OyLgHLNc0


P 「分かった、見に行くよ。音無さん、後の仕事は任せても構いませんか?」

音無小鳥(以下、小鳥) 「はい、大丈夫ですよ」

P 「ありがとうございます……じゃ、伊織。行くか!」

伊織 「伊織ちゃんが凄いってところ、もう一度見せてあげるから覚悟しなさいよね!にひひっ♪」

小鳥 「伊織ちゃん、頑張ってね」ボソッ

伊織 「小鳥に心配される事なんて何もないわよ!」カァア

伊織 「ほら、何ぼさっとしてんのよプロデューサー!さっさとしなさい!」

P 「はいはい……じゃ、行ってきます」トコトコ



3: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:19:24.34 ID:OyLgHLNc0


小鳥 「はいはい、いってらっしゃーい……あれ?」

小鳥 「やよいちゃん、どうかしたの?」

やよい 「はわっ!え、ええっと……何でもないです!」

小鳥 「そう?でも、さっきプロデューサーさん見てなかった?何か用事なら私から……」

やよい 「本当になんでもないですから!それじゃ、失礼しまーす!」ガルーン

小鳥 「ちょ、ちょっとやよいちゃん!?」



4: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:20:02.03 ID:OyLgHLNc0

―――――

やよい 「うぅ……」シュン

双海亜美(以下、亜美) 「あれ?どうしたの、やよいっち」

やよい 「あっ、亜美……なんでもないよ」

亜美 「いやいや→、いつものやよいっちならもっと元気いっぱいっしょ→?」

やよい 「な、何でもないもん!」プイッ

亜美 「ありゃりゃ……」

やよい 「ゴメンね亜美、今ちょっと……」

亜美 「んん→……?」



5: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:20:30.34 ID:OyLgHLNc0


亜美 「あっ、もしかして→兄ちゃんに構って欲しいとか!?」ティン

やよい 「そ、そんな事ないもん……」ショボーン

亜美 「ニボシっしょ?」

やよい 「……うん」コクリ

亜美 「やっぱり→亜美にもそういうケイケン、あるかんねえ」ニヤッ

やよい 「べ、別になんだっていいでしょ!」

亜美 「う→ん……でもね、やよいっち。亜美のそのケイケン的には、アタックしかないと思いますな→?」

やよい 「アタック?」キョトン



6: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:20:57.43 ID:OyLgHLNc0


亜美 「いや→、最近兄ちゃんは亜美たちの事をカルーくみてるっしょ?」

亜美 「だから、やっぱり兄ちゃんに直接言いに行くしかないと思うワケなのだYO!」バーン

やよい 「い、言いに行くって……プロデューサーのメイワクになっちゃうもん」

亜美 「そ、それはそうかもしれないけど……」アセアセ

やよい 「いいよ、自分で何とかするから!」スタスタ

亜美 「あっ、やよいっち→!?」




7: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:22:01.54 ID:OyLgHLNc0

―――――

やよい 「あう、どうしよう……」トボトボ

小鳥 「あら、やよいちゃん?どうかしたの?」

やよい 「小鳥さん!あ、いえそのぉ……」

小鳥 「何かあったなら話してみて?」ニコッ

やよい 「あうう……じ、実は」

小鳥 「うんうん」

やよい 「プロデューサーに構って欲しいんです!」

小鳥 「……っぷ、アハハ!」

やよい 「わ、笑わないでくださいー!」



8: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:22:28.37 ID:OyLgHLNc0


小鳥 「ご、ごめんなさいね……やよいちゃんみたいに素直にそう言える子、久々に見たなぁって思っちゃって」

やよい 「そうですかー?」キョトン

小鳥 「そうよ?みんな中々素直になれないのよねー……」

やよい 「小鳥さんは……いっつも、プロデューサーと一緒にお話してるんですよね」

やよい 「羨ましいですー……」シュン

小鳥 「もう……でも私だって寂しいのよ?」

やよい 「えっ、なんでですか?」キョトン




9: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:23:33.33 ID:OyLgHLNc0


小鳥 「だって、アイドルの子達って可愛いじゃない?」

小鳥 「プロデューサーさん、いっつも鼻の下伸ばしてるのよ?私と一緒にいる時はそんな事ないのに」

小鳥 「私だって女の子なんだから、ちょっとは鼻の下伸ばしてほしいのよ」プクー

やよい 「小鳥さん、すっごく可愛いと思いますよ?きっとプロデューサーだってそう思ってます!」ニコッ

小鳥 「やよいちゃん……ッ!ありがとう、やよいちゃんだけは私の味方だわぁ!」ワシャワシャ

やよい 「あ、頭をガシガシしないでくださいぃー」




10: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:24:12.84 ID:OyLgHLNc0


小鳥 「ごめんなさいね、つい」ウフフ

やよい 「うう……」

やよい 「あれっ?そういえば、なんで小鳥さん出てきたんですか?お仕事は……」

小鳥 「きょ、今日はサボリじゃないのよ!?ただ、ねぇ……」チラッ

やよい 「?」



11: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:24:50.92 ID:OyLgHLNc0

―――――

最上静香(以下、静香) 「…………」

北沢志保(以下、志保) 「…………」

P 「……あのさ。二人とも、なんでずっと居るの?」

静香 「いちゃいけないんですか?」

P 「い、いや……そんな事はないけどさ」

志保 「プロデューサーさん、何か私にできる事ありませんか?」

志保 「私に出来る事ならなんでもやりますから」ズイッ



12: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:25:20.11 ID:OyLgHLNc0


P 「いや、特にそういうのはないかな……?」

志保 「そ、そうですか……」

静香 (なんで志保がここに居るのよ!?)

志保 (静香……どうあっても邪魔するのね)

P 「……どうしようかね、これ」ハァ



13: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:27:20.74 ID:OyLgHLNc0

―――――

やよい 「静香ちゃんに、志保ちゃん……どうかしたんですか?」

小鳥 「見てて分からない?あれ、二人とも構って欲しいのよ」

やよい 「ええっ、そうなんですかー?なんか怒ってるように見えるんですけど……」

小鳥 「お互いがいるから恥ずかしいだけよ」

小鳥 「プロデューサーさんは気づいてると思うんだけど……」チラッ

やよい 「プロデューサー、どうして何もしないんですか?」

小鳥 「どうすればいいのか分からないのよ、多分……まったく、いつものたらしスキルはこういう所で使うものだってのに」ギリッ



14: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:28:41.19 ID:OyLgHLNc0


小鳥 「というわけで、やよいちゃん!早速プロデューサーさんのところに行ってきてくれない?」

やよい 「でも、どうすればいいか分かりませんー……」ショボン

小鳥 「……やよいちゃん、最近ダンスの振付覚えきれてないでしょ」キラン

やよい 「そ、そんな事ないです!」ブンブン

小鳥 「大丈夫よ、隠さなくても。素直にプロデューサーさんにお願いしちゃいなさい!」

やよい 「でも、プロデューサーのメイワクになっちゃいませんか?」

小鳥 「今困ってるのを何とかしに行くのよ?つまり、やよいちゃんはプロデューサーさんを助けに行くってこと!迷惑になんてならないわ!」

やよい 「小鳥さん……!分かりました、行ってきまーっす!」タッタッタ

小鳥 「……影で暗躍するのも辛いもんだぜ」ピヨ



15: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:29:11.64 ID:OyLgHLNc0

―――――

やよい 「あの、プロデューサー!」

P 「おっ、やよいか。おはよう、今日はどうした?」

やよい 「そ、その……」モジモジ

P 「?」

やよい 「プロデューサー、私のダンス見てもらえませんか!お願いします!」

P 「やよいのか?ふぅむ……」チラッ

静香 バチバチ

志保 ギリギリ

P 「おう、いいぞ」




16: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:30:04.80 ID:OyLgHLNc0


やよい 「良いんですか!?」

P 「ああ、久々にやよいのダンス見ておきたいしな」

やよい 「うっうー!ありがとうございますー!」ガルーン

P 「遠慮は要らないって」チラリ

P 「静香と志保はどうする?一緒に来るか?」

静香 「ええっ?で、でも邪魔になっちゃうんじゃ」アセアセ




17: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:30:36.30 ID:OyLgHLNc0


P 「……だ、そうだが。やよい、邪魔か?」

やよい 「そんな事ないです!皆でレッスンした方が楽しいですから!」

志保 「それじゃ、お言葉に甘えて……よろしくね、やよい」

やよい 「はい!志保ちゃんも静香ちゃんも、一緒に頑張りましょー!」

P 「……悪いなやよい、助かったよ」コソコソ

やよい 「え、えへへ……それなら良かったです!」




18: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:31:04.93 ID:OyLgHLNc0

―――――

P 「お疲れ、この辺にしておこうか」

静香 「どうでしたか、プロデューサー?」

P 「ダンス自体は前より動きが小さいが……それで歌えるか?」

静香 「はい、問題ないと思います」

P 「ならいいよ。きっちり声が出るようになってから、少しずつ動きを大きくしていこう」

静香 「はい!」

志保 「あ、あのプロデューサーさん。私には、何かありませんか?」

P 「志保か?志保は、そうだな……」



19: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:31:39.18 ID:OyLgHLNc0


P 「最近遅くまでやってる自主レッスンの成果が出てる感じかな、この前よりもキレが出てる」

志保 「み、見てたんですか!?」

P 「そりゃ見てるとも、俺はプロデューサーだからな」

P 「折角だから志保、自主レッスンする時は俺に声かけてくれ。手が空いてたら見に行くからさ」

P 「一人でやって怪我でもされたらそっちの方が怖いからな」

志保 「でも、忙しいんじゃ……」

P 「俺の仕事はアイドルを見る事だからな、大抵の事よりは優先するよ」

志保 「じゃあ……約束ですよ?」

P 「ああ、約束だ」グッ

志保 「……はい!」ニコッ

静香 モンモン




20: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:32:29.23 ID:OyLgHLNc0


P 「やよいもお疲れ様!」

やよい 「お疲れ様でしたー!あの、私どうでしたか?」

P 「良かったぞ、俺が教えた部分はしっかりと出来るようになってたからな!」

やよい 「プロデューサーがちゃんと教えてくれたからですよ!ありがとうございましたっ!」ガルーン

P 「俺のやったのなんて些細な事だって。頑張ったのはやよいだろ?」

P 「よく頑張ったな、やよい!」ワシャワシャ

やよい 「そうですかー?えへへ、良かったです!」




21: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:33:28.47 ID:OyLgHLNc0



P 「……ホント助かったよ。静香も志保も、なかなか言い出してくれないからさ」コソッ

P 「これからも助けてくれるか?」

やよい 「!はい、頑張っちゃいます!」

やよい (プロデューサー、構ってくれた!)

やよい (……プロデューサーをお手伝いすれば、もっと構ってもらえるのかな?)

やよい (それなら、もっともーっと頑張らなくっちゃ!)




22: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:34:12.93 ID:OyLgHLNc0

―――――

周防桃子(以下、桃子) 「お兄ちゃん?今大丈夫?」

P 「ああ、平気だけど……どうかしたか?」

桃子 「んとね、このインタビューの質問なんだけど……」

P 「どれどれ……『最近楽しいと思っていることは?』」

P 「なるほど、シンプルだけど難しいな」

桃子 「お兄ちゃんはどう答えればいいと思う?」

P 「ふむ……桃子は自分が楽しいと思ってることって思いついたのか?」



23: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:34:54.00 ID:OyLgHLNc0


桃子 「それが分かってたら苦労しないよ……ホント、お兄ちゃんは鈍感なんだから」ハァ

P 「うぐぅ……」グサリ

P 「それじゃあさ、最近どういう時に笑った?心の底から笑ったのっていつだ?」

桃子 「急にどうしたの?」

P 「良いから、考えてみろって」

桃子 「笑った時……あ!」

P 「あったか?」

桃子 「……でも、これ別に話すような事じゃ」

P 「それでも良いよ、話してみてくれ」



24: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:35:31.97 ID:OyLgHLNc0


桃子 「……あのね?この前、春香さんが一緒にレッスンしてた私たちの為にクッキー作ってきてくれたんだけど」

桃子 「その時、奈緒さんが欲張って一杯食べちゃってハムスターみたいに……」プルプル

桃子 「それで、亜利沙さんがシャッターチャンス!って言ってカメラで取り出しちゃったの」

P 「ほう?」

桃子 「それで、奈緒さん……亜利沙さんの写真に面白おかしく映ろうとしてハムスターっぽいポーズしてて……」プルプル

P 「……そうか」ニッコリ

桃子 「ふぅ……でも、それがどうしたの?別に関係ないと思うんだけど」

P 「関係あるさ。桃子が一番楽しいって感じたのがその時だったんだろ?」




25: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:36:19.02 ID:OyLgHLNc0


P 「ならさ。皆と過ごす時間を一番楽しいって思ってるって事じゃないか?」

桃子 「……そんなのでいいの?」キョトン

P 「そんなもんで良いんだよ。俺だって、インタビューされたら仕事終わりのビールとか答えそうだし」

桃子 「何それ。お兄ちゃん、もっと真面目な事考えなよ」クスリ

P 「良いじゃないか、そんなもんだよ」

桃子 「……そっか」

P 「少しは力になれたか?」

桃子 「まぁ、参考程度にはね!」

P 「そうか、それは良かった」




26: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:36:53.06 ID:OyLgHLNc0


桃子 「……お兄ちゃん、ありがとう」ボソッ

P 「えっ、なんだって?」

桃子 「何でもない!」

桃子 「……あーもう!考えてたら喉乾いちゃった」

桃子 「お兄ちゃん、ジュース買ってきて」

P 「ったく、仕方ないな――」

やよい 「はい、どうぞ!」スッ

P 「あれ、やよい?」

桃子 「やよいさん、どうして……?」

やよい 「サキヨミ?って奴です!」

やよい 「プロデューサー、忙しいのに買いに行くの大変かなーって思って……」



27: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:37:32.29 ID:OyLgHLNc0


P 「いや、有難いよ。助かった」ナデナデ

やよい 「えへへ……」

桃子 「やよいさん、これ何ジュースなの?」

やよい 「伊織ちゃんが好きな果汁100%のオレンジジュースだよ!きっと桃子も好きだと思うから!」

桃子 「あ、ありがと……」コトコト

桃子 「くぴ……おいしい!」パァアア

やよい 「良かったぁ……」ホッ

やよい (こういう風にプロデューサーの役に立てれば褒めてもらえる……!)

やよい 「よーっし!もっともーっとガンバちゃいますよー!」グッ

P 「お、おう……?」




28: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:37:58.82 ID:OyLgHLNc0

―――――

P 「というわけで、やよいが敏腕メイド状態なんですがどうしましょう」

小鳥 「やよいちゃんのメイド姿なんて……ああ、お姉さんの所に来てくれないかしら!」ウルウル

P 「真面目に聞いてくださいよ!」

小鳥 「だって、真面目に返したら……」スッ

小鳥 「『貴方という人は、アイドルをメイドとして扱ってるんですか?プロデューサーとしての自覚はないんですか!』」クワッ

小鳥 「……ってなりますよ?」

P 「今の、律子の真似ですか?」

小鳥 「似てました?」ニヘヘ



29: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:38:25.53 ID:OyLgHLNc0


P 「似てましたよー律子もそう思うよな?」

秋月律子(以下、律子) 「ええ、私ならそう言いますね。間違いなく」

小鳥 「……えっ?」ダラダラ

P ナムナム

小鳥 「ちょっと、お祈りしないでくださいよ!?」

律子 「確かに私も言いたい事ですしね、怒りませんって」

律子 「ま、私のマネしてふざけてたら怒りますけどね?」ニッコリ

小鳥 「よ、容赦ないピヨ……」

P 「……どう思う、律子?」

律子 「どう思うって、やよいの事ですか?そんなの、考えなくても分かるじゃないですか」




30: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:39:18.25 ID:OyLgHLNc0


律子 「ぎゃ・く・に!どうして貴方は分からないんですか!」

P 「律子は分かるのか?」キョトン

律子 「……なんでプロデューサー殿はプロデューサーやってられるんです?頭が痛くなってきたわ」

P 「律子、たまにひどい事言うよな!?いくら俺でも傷つくぞ!」

タッタッタ

やよい 「プロデューサー、窓掃除終わりましたー!」

P 「やよいお疲れ様!じゃあ、ご褒美にこのクッキーをだな……」

やよい 「く、クッキーじゃなくて……その」モジモジ




31: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:39:45.30 ID:OyLgHLNc0


P 「?」

やよい 「な、なんでもないです……ありがとうございます、プロデューサー」シュン

P (やよいが落ち込んでしまった……クッキー、もしかして嫌いだったのかな)

律子 「……貴方って人は」ハァ

やよい 「い、良いんですよ律子さん!私、ヒマだからやってるだけなんです!」

律子 「……もう、分かったわよ。どっちにせよ、これはプロデューサー殿が気付かないと解決しなさそうだし」

律子 「私、茜たちのレッスン見てきますね」スタスタ




32: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:40:22.32 ID:OyLgHLNc0


P 「ああ、頼んだ」

やよい (律子さんみたいに、みんなのレッスン見るなんて出来ないかも……)

やよい 「うう、どうしよー……」

P 「どうしたんだ、やよい。俺に何か手助けできるなら……」

やよい 「な、なんでもないです!」ブンブン




33: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:41:13.16 ID:OyLgHLNc0

―――――

春日未来(以下、未来) 「うう……」グヌヌ

P 「未来、どうした?さっきからずっと紙睨みつけてるけど……」

未来 「プロデューサーさーん……」ウルウル

P 「どうした?何か相談があるなら――」

未来 「宿題、手伝ってください!」ペコリ

P 「自分でやれ」キッパリ

未来 「そんなぁ!」ガーン

P 「未来、この前も手伝ったろ?次はきっちりと自分の力で頑張れよって言っておいたじゃないか」

未来 「あう……そ、それはそうなんですけど」



34: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:41:40.18 ID:OyLgHLNc0


小鳥 「プロデューサーさん、折角ですし手伝ってあげたらどうですか?」

P 「ダメですよ。いつまでも人に頼ってたら、未来の為になりません」

未来 「……ごめんなさい、自分で頑張ってみますね」シュン

P 「…………」

未来 ショボーン

P 「……あー、もう!」ガシガシ

未来 「えっ、プロデューサーさん?」

P 「……次からは、一人でやれるように頑張るんだぞ」

未来 「!はい!」キラキラ




35: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:42:06.74 ID:OyLgHLNc0


P 「さ、どこが分からないんだ?」

未来 「えーっと……こことか」

P 「ふむ、ここは……」

やよい ジーッ

P 「……やよい、今度はどうしたんだ?」

やよい 「あ、あのプロデューサー!私が手伝います、から……」チラリ

未来 「やよいちゃん、どうしたの?」

やよい 「あ、あうう……分かりませんー」グルグル




36: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:42:58.37 ID:OyLgHLNc0


P 「まぁ、そういう事もあるさ……やよいはしばらく休んでてくれよ」

やよい 「で、でもでもっ!」

P 「そう言われてもな……あっ、そうだ」

P 「じゃあやよいも一緒に解説聞いて勉強しよう。これなら大丈夫だろ?」

やよい 「で、でもプロデューサー!それじゃ、メイワクになっちゃいます」

P 「迷惑になんてならないよ。人が考えるのを見てるのも、意外といい勉強になるんだぞ?」

P 「勿論、未来が気にしなければなんだが」チラリ

未来 「勿論、大丈夫です!一緒に勉強しようよ、やよいちゃん!」

やよい 「そ、それじゃ……お願いしまーっす!」ガルーン



37: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:43:25.14 ID:OyLgHLNc0


P 「ほいよ!じゃ、早速……」

伊吹翼(以下、翼) 「プロデューサーさ~ん」トコトコ

P 「……もう嫌な予感がしているんだが、どうした?」

翼 「宿題、手伝ってくださ~い!」エヘ

P 「お前もか!?この前教えただろ?」

翼 「もー良いじゃないですかー」

翼 「もう一回デートしてあげますから……だめぇ?」ウルウル

未来 「えーっ!?デートってどういう事ですかプロデューサーさん!」




38: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:43:54.10 ID:OyLgHLNc0


小鳥 「宿題を教える代わりにアイドルをデートに誘う鬼畜プロデューサーがいる、っと……」カタカタ

P 「それどこにも送信しないでくださいね!?」

小鳥 「それは気分次第ピヨねぇ……」ニヤリ

P 「……この前ゲームしてた奴、社長に証拠見せに行こっかなー」ボソ

小鳥 「消去っと」タターン

P 「はぁ……分かったよ、翼もこっちで勉強しよう」

翼 「やった~♪お邪魔しま~す!」




39: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:44:26.40 ID:OyLgHLNc0


P 「……あと、そこで逃げようとしてる杏奈」

望月杏奈(以下、杏奈) ギクッ

P 「杏奈、宿題残ったりとかしてないよな?」

杏奈 「ん……大丈夫、だよ」ニッコリ

P 「それなら良かった」ニッコリ

杏奈 「……じゃ、杏奈……自主レッスン、行ってくるから……」クルッ

P 「あ、それとこれは独り言なんだけど……」

杏奈 「?」

P 「後で宿題持ってきても、俺教えないからなー」




40: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:45:19.94 ID:OyLgHLNc0


杏奈 「……プロデューサーさん」

P 「どうした?」

杏奈 「……英語、教えて」

P 「やっぱり残ってるのか……!分かった、早めに片づけよう」

P 「さ、杏奈もこっち来い!皆でやれば怖くないぞ!」

やよい 「……プロデューサー、やっぱり邪魔じゃないですか?」

P 「そんな事ないぞ、おかげさまでこんなに釣れたしな」ナデナデ

やよい 「あっ……えへへ」テレテレ

未来 「あーっ、やよいちゃんだけずるーい!私もやってくださいよー!」

P 「はいはい、宿題終わった後でな!」




41: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:46:12.10 ID:OyLgHLNc0

―――――

P 「ふぅ……」コキコキ

小鳥 「プロデューサーさん、なんだかお疲れですね?」

P 「まさかあんな人数の宿題教える事になるとは思いませんでしたから……」

小鳥 「でも、アイドルの子達はそれで助かったんでしょう?良かったじゃないですか」

P 「そういうわけにもいきませんって。いつかは自立しなきゃいけないんですから」

P 「俺が居なくても出来るようになってほしいんですけどね……」

やよい 「プロデューサー、疲れてるんですか?」トコトコ

P 「ああ、心配させちゃったか?大丈夫、いつもの事だからさ」

やよい 「あうう……でも、プロデューサー辛そうです」シュン



42: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:46:38.35 ID:OyLgHLNc0


P 「そうは言われても仕事だからなぁ……」

やよい 「……そうだ!それなら」トコトコ

やよい 「どうですか、プロデューサー?」トントン

P 「おお、肩たたき……良い感じだな」

やよい 「本当ですか!?じゃ、もっと頑張りますーっ!」トントントン

小鳥 「プロデューサーさんは恵まれてますねえ……」ジトー

P 「恵まれてること自体は否定しませんけど、そのジト目はどういう事なんですかね?」

小鳥 「別に、なんでもないですよーだ」ベー

P 「まったく……」



43: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:47:35.96 ID:OyLgHLNc0


P 「……なぁ、やよい」

やよい 「はい、なんですか?」

P 「律子とかに言われて考えたんだけどさ……」

P 「やよい、もしかして俺に構って欲しいから俺の手伝いしてるのか?」

やよい 「えっ?」ギクッ

P 「……図星か」

やよい 「あうう……バレちゃいましたー」シュン

P 「気づくのが遅くなって悪かったな」

やよい 「そ、そんな事ないです!悪いのは私ですから!」

P 「悪いなんてそんなわけないだろ?どうしたんだ、一体」




44: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:48:14.96 ID:OyLgHLNc0


やよい 「だって……プロデューサー、最近忙しそうだから」

やよい 「私に時間取られてたら、迷惑かなーって……」シュン

P 「……ゴメンな」クルッ

やよい 「プロデューサー?」

P 「やよいにそんな心配させちゃ、プロデューサー失格だな……」ナデナデ

やよい 「えへへ……」ニコニコ

P 「けどな、やよいはそんな心配しなくて良いんだぞ?」

やよい 「で、でも」アセアセ

P 「やよいはドンドンワガママ言って良いんだよ、俺の仕事はアイドルのワガママを叶えてやる事なんだからな」




45: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:49:11.42 ID:OyLgHLNc0


やよい 「……ワガママ、言っても良いんですか?」

P 「ああ、勿論だ!」

やよい 「それじゃ、これからはちゃんと言う事にします!」

小鳥 「私はワガママ言っちゃダメなのかしら……」チラッ

小鳥 「あっ、やよいちゃん!もうすぐタイムセールの時間よ?」

やよい 「えっ?」チラッ

やよい 「あーっ、ホントだ!ありがとうございます小鳥さん!」ペコリ

小鳥 「これくらい大丈夫よー……プロデューサーさん、仕事は終わってますよ」コソッ

P 「それは良かった……ありがとうございます!」

小鳥 「二人で頑張ったからですよ、気にしないでください」ニコ



46: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:49:44.46 ID:OyLgHLNc0


やよい 「?」キョトン

P 「やよい……タイムセールって事は、今日はもやし祭りか?」

やよい 「はい!」

P 「……俺、お邪魔しても大丈夫か?」

やよい 「そんな、悪いですよ!」ブンブン

P 「俺が行ってみたいんだ、ダメかな」

やよい 「ダメじゃないです!長介もかすみもすっごく喜ぶと思いますし!」

P 「……そうか」ニコッ

P 「じゃ、今日は俺も奮発するかな!さ、やよい行くぞ!肉も買って盛大にやろう!」




47: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:50:13.82 ID:OyLgHLNc0


やよい 「プロデューサー、良いんですか?」

P 「良いに決まってるだろ?俺が食いたいんだ!」

やよい 「それなら……ご馳走になっちゃいますね!」

P 「おう、任せとけ!それじゃ小鳥さん、失礼します!」ダッ

やよい 「失礼しまーっす!」タッタッ

小鳥 「……いつか飲みに誘ってもらいたいわねえ」



48: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:50:56.92 ID:OyLgHLNc0

―――――

小鳥 「昨日は結局どうだったんですか?」

P 「ええ、楽しかったですよ。長介君もかすみちゃんも喜んで迎えてくれたので」

P 「やよいは良くても他の子が良いとは限りませんからね」

小鳥 「随分と懐かれてるんですね?」

P 「まぁ、いつもはやよいが一番上ですからね……年上の兄ちゃんは珍しいんじゃないですか?」

小鳥 「なるほど……」

P 「持っていった肉も皆美味しそうに食べてくれたんで良かったです」

小鳥 「今度、皆でも行きましょうか!」



49: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:51:25.68 ID:OyLgHLNc0


P 「良いですね、雪歩とか誘って……うん、楽しみ」

小鳥 「その時は、私も誘ってくださいね?」

P 「ええ、勿論ですよ」

ガチャリ

やよい 「プロデューサー、小鳥さん!おっはよーございまーっす!」ガルーン

P 「やよい、おはよう」

小鳥 「おはよう、やよいちゃん……今日は元気ね?」

やよい 「はい!なんたって、今日はプロデューサーと一緒にオーディションですから!」グッ

P 「今日はいけそうか?」




50: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:51:52.56 ID:OyLgHLNc0


やよい 「モッチロンです!頑張っちゃいますよーっ!」

P 「そうか……よし!じゃ、今日合格出来たら何か美味しい物でも食べに行くか!」

やよい 「ホントですか!?約束ですよ、プロデューサー!」

P 「おう、約束だ!じゃ、今日も頑張っていこう!」

やよい 「はい!あ、その……」モジモジ

P 「どうした?」

やよい 「久々に、アレやってもいいですか?」

P 「アレか?勿論構わないとも」

やよい 「ありがとうございます!じゃ、早速……!」


やよい 「約束の、ハイ、ターッチ!いぇい!」パチーン

 おしまい



51: ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:57:09.43 ID:OyLgHLNc0

というわけでちょっぴり変則的なかまちょでした

紬が書きたい(切実)



元スレ
【ミリマス】やよい「プロデューサーが構ってくれませんー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500297502/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月17日 23:51
          • そう・・・じゃあ高槻さん、私の家に来ない?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月17日 23:52
          • 来ません
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月18日 00:14
          • じゃあ春香でいいわ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月18日 00:21
          • じゃあってなんだよカンナで削るぞまな板
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月18日 00:29
          • ミリオンライブに765も加わってるが、
            そこは765プロとしてミリPでなく
            最初から単なるPでいいだろうに
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月18日 00:36
          • 今日も高槻さんがかわいいわ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月18日 01:22
          • ※4
            72をそんなに怒ってんだよ〜
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月18日 05:57
          • 天使がいる
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月18日 17:03
          • 琴葉から始まったミリオン世界のSSシリーズなんだからミリPでないといけないと思うんだが…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月19日 06:13
          • 志保や静香は年上だし設定でも間違ってないのに、やよいを呼び捨てにしてるの見ると
            ζ*'ヮ')ζ< やよい「さん」だろ?
            って気分になる
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月20日 01:23
          • 同い年だよ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月21日 09:44
          • うっかり忘れがちだけど信号機もやよいも今回だと杏奈も14歳なんだよなあ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」
        • 【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」
        • 【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ