TOP

【リレーSS】モバP「海からアイドルが採れるようになってからそろそろ5年ですよ」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 14:38:28.55 ID:mWud7UqN0

リレー形式SSです。
好きに展開させてください。
酉はあってもいいけどなくてもいいです。
>>○○からの続きとレスにつければパラレルになっても問題にならないと思います。
では始めましょう。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 14:42:36.29 ID:1B2ewa1V0

P「懐かしいですねえ」

ちひろ「ええ、本当に」

P「そろそろ、あいつらの命日ですかね」

ちひろ「そうですね……あと、あの子たちの命日が明後日に差し掛かってます」

P「初代と7代目と19代目の命日が一緒、と言うのは皮肉なのかなんなのか……」

P「こう言う日が続いてしまうと、どうも人間の死とか、尊厳とかわからなくなってきますよ」

ちひろ「……」

P「どうして我々が今生きているのか……」

P「なぜ生まれてきたのか……」

P「決して慣れることのない死を、何度も何度も間近に見てしまうと、どうしても考えてしまう」

ちひろ「昔の戦時中も、そうだったんでしょうか」

P「わかりませんね」

P「でも、一つだけ言えます」

P「こんな時代、狂ってる」

ちひろ「……」

ちひろ「そんな時代で、こんなことやってる私たちも、すでに狂ってるんですよ」

P「……違いありませんね」


続く



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 14:50:32.64 ID:JKXryH11o

P(ヘイケガニというカニがいる)

P(壇ノ浦の合戦で命を落とした平家の者の亡霊が乗り移ったとされるカニで、
 甲羅には亡霊達の無念や怒りで歪んだ顔が浮かんでいると言われている)

P(あいつらもこの世に遺した想いが強いのだろう)

P(あの事故から5年が過ぎても、彼女達ははまだこの世に留まっている)


続く



4: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/06/18(日) 14:53:51.40 ID:9PTWHCep0

>>2からの続き
数レスに跨る

海産アイドルとは何かを説明せねばなるまい。順を追って説明しよう。
日本国の職業には「アイドル」と呼ばれるものがある。あるときは人間の憧れになり,
あるときにはモテないオタクのオカズなど性欲の対象になったり、嫉妬や尊敬の的となる。そういう職業がアイドルだった。
一般人がアイドルになる方法は幾種種かがあるが、その中でもとりわけ多かったのがオーディションとスカウトの2つだったろう。
どちらの方法も、数多ある有象無象の中で特別に光るものを持ってなければ通り抜けることのできない関門であった。



5: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/06/18(日) 14:56:10.57 ID:9PTWHCep0

>>4からの続き

なる側、否、この場合はなろうとする側の人間か。そんな人間たちにとって、これら関門はまさに狭き門であった。
スカウトなんて奇跡そのものだ。オーディションを勝ち抜くのも易しくはない。
そういう数多もの篩にかけられ、アイドルというものは選ばれたのだ。

苦しく、そして険しいのは選ばれる側ではない。
選ぶ側もまた、押し寄せる美少女たちから光るものを見極め、多きを捨て、寡なきを拾い上げていくのだ。

1日に何人も、というものではない。
その時の時代の流れや、需要がある。
求められる美の像、憧憬の像がその時代のものに合致しなければ、
いくら美貌に秀でていても、歌唱力に優れても、踊りの能力が抜きん出ていても、採用されることはないのだ。



6: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/06/18(日) 14:58:14.04 ID:9PTWHCep0

>>5からの続き

そんな日本のアイドル界隈に光明と同時に暗雲が垂れ込めたのは2012年の夏のことであった。
震災から1年、まだまだ復興と再生が始まったばかりの東日本は昨年度落ち込んだ娯楽消費の巻き直しに四苦八苦していた。

そんな時に現れたのが「海産アイドル」だった。
海産のアイドル。読んで字の如く、日本近海から採れるアイドルを総称してこう呼ぶ。
英語圏で採れるものは「Seirenes」と呼ばれ、日本以外の漢字圏では「美人魚」と呼ばれる。



7: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/06/18(日) 15:01:00.67 ID:9PTWHCep0

>>6からの続き

なんのことかわからないだろうか。アイドルグループの解散ならともかく、
海産のアイドルなんて耳馴染みがないと。
私がこの5年間を家に引きこもって過ごしていたならそう言うだろう。尤もだ。

海産のアイドルは当時の日本国そのものにとっては正に恵みであったのだ。
かつて日本列島の多く人間を悲しみの淵に追いやった海が、
まるで自らその仕打ちを償うかのように、とれたてピチピチの美少女美女たちを海岸に次々と産み落としていったのだ。

年齢はそれこそ生まれたての胎児のようなものから、妙齢の熟女まで幅広かった。
そして、そのどれもが、当時を生きた、どんな人類の目をも惹くであろう美幼女美少女美女美熟女ばかりであったのだ。



8: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/06/18(日) 15:08:10.22 ID:9PTWHCep0

>>7からの続き

海産のアイドルがまだ海産アイドルと呼称される前、
被災地やそれ以外の海岸に大量に打ち上げられた見目麗しい女性の裸体群は、それはそれはセンセーショナルに報道された。
最初の海産アイドルが発見されて数週間は裸体が一面を独占したし、
2012年の流行語は「打ち上げられた裸体」「漂着裸体」「海の贈り物」「マッパ海岸」などだったし、
2012年の『今年の漢字』は『裸』だったのも我々の記憶に新しい。

海産アイドル法が制定される前に、打ち上げられた裸体に非倫理的なイタズラをし、
その様子を動画サイトにアップロードしたとある動画に対して、
某男性アイドルが「ヤっちゃうよあれはもうしょうがないよ」と発言し、干されたこともあった。

「回収が遅れた津波の犠牲者」だとも「誰かの悪質ないたずら」だとも、
当時はあらゆる憶測が飛んだものだった。しかして、そのどれでもなかった。
彼女らは文字通り海からやってきた、生きた人間であった。

であったからこそ、海産アイドルと人類の最初の邂逅は戸惑いとともに訪れた。
打ち上げられたばかりでなく、2日以上は放置された裸体もあり、そのほとんどはすでに命がなかった。
生命反応があると見られる海産物は救助隊の手によって全て保護、回収された。

その様子は1年前の津波遭難者を救助する様子と重なるようだった。
怪訝そうな、そして悲痛な面持ちの救助隊員の顔を除いては。



9: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/06/18(日) 15:13:14.43 ID:9PTWHCep0

>>8からの続き

「助けて」「寒い」「お母さん」「怖い」「痛い」「やめて」「帰して」

これらは海産アイドルの、我々人類に向けて発せられた最初の言葉である、とされている。
海産アイドルは、秀でた見た目を除けば、所作や話す言葉も全く人間のそれそのものであった。
全裸で外に打ち上げられたことに気づくと羞らい、救助隊に礼を言い、空腹を訴え、食べ物を求めた。
それだけではなく、瀕死の海産アイドルの救命に用いた薬品類や、
その際に採血した血液からわかった血液型や免疫系統その他諸々が普通の平均的な人間とそう違ったものが見られなかったため、彼女らは「人類である」とみなされた。

回収され保護された彼女らは、次は日本政府に行方不明者の何物かと一致するかどうかの確認を求められた。
遺族によって確認されたり、故人の関係者らに面会をさせることによってそれを試みたが、
多くの場合は「これはあの人と違う」という一言で潰えた。

遺族の中にはショックで故人と誤認したり、下心から虚偽の申し出を行なった者もいたが、
しばらくして『未だ嘗て過去に戸籍を有していない者たちである』と自治体や政府の宣言が出ると、その誰もが引き下がっていった。



10: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/06/18(日) 15:19:54.17 ID:9PTWHCep0

>>9からの続き
こうして海産アイドルは「過去と未来に接点を持たない人類」となった。
そうなると困るのは彼女らのこれからの居場所と、生きていくために必要な最低限のこと。
彼女らには家がなく、そして戸籍がなく、当然職業もなく所得もない。
最初は税金で賄おうとしたそれら保護も、ただでさえ逼迫していた財政を痛めつけ、
二進も三進も行かない状況をさらに悲惨にさせていた。

困った政府は彼女らの保護を民間に丸投げした。そして真っ先に手を挙げたのが、
当時アイドル部門において最大手となったばかりの346プロダクションであった。
346が手を挙げると、それに続かんばかりの勢いで各社プロダクションが手を挙げ、
結局彼女らはそれらアイドル関連企業に余すところなく収められていった。

彼らの思惑は彼女らの「美貌」にあると言えば説明も不要だろう。
そしてこれが娯楽巻き直しのきっかけになると踏んだアイドル界隈は、
この千載一遇のチャンスを逃すまいと、当時のリソースをこれら海産アイドルにつぎ込んだ。
突如降って湧いた厄介者が早々に捌けることがわかって安堵する当時の首相のなんとも言えない表情は印象的だった。
当然、当時の政権はこれが理由で不信任決議に至り、解散となり、政権交代のきっかけとなったのは言うまでもない。

政権が交代して間も無くの政府はこの海産アイドルたちを「海来人種保護に関係する法案」を制定、
発効させ、これによって各社アイドル企業が彼女らを保護ならびに自立させることを義務付けた。

同時にアイドル企業は国の半分"お抱え"のようなものになり、政府要人の天下り先が増えたではないかと叩かれる原因にもなった。
尤も、叩いているその野党こそ前政権時代にアイドル企業を国営にしようと企てていた為、とんだ猿芝居ではないかと笑い草になったものだった。

そして実は2017年現在、この346の今の専務の下についてるお偉いがたは天下り連中だということだ。閑話休題。


こうして「海産アイドル」がめでたく生まれたと言うわけだ。




続く



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 15:36:11.88 ID:iViQ5Ze+o

>>10の続き
では今日、どうして大量のアイドルが発生するのか
その答えを知るべく、我々は東京湾に向かった

「やめてください!離してください!私は…!私はアイドルになりたいんです!」

「気持ちはわかるんだけどネェ…おじちゃん見ちゃったから…おじちゃんに見られちゃったのが運の尽きだと思って諦めて?ね?」

先程からこの少女と中年男性が同じようなやり取りを繰り返している
少女はアイドル志望のようたが、言ってしまえばなんの取り柄もないどこにでも居るような子だ

「離して…!このっ!離せっ!」

「うおっ!」

と、ついに少女は中年男性の拘束を振り払って海に向かって走り出す
普段から運動不足の中年男性には到底追い付けない

「私は…私はアイドルなるっ!」

そんな言葉を発してついに彼女は…海に飛び込んだ

かれこれ五分は経つがなかなか上がってこない
…すでに一時間が経過していることが一向に上がってくる様子はない
二時間たっても上がってこないので、調査隊は定点カメラを設置して先程の男性にインタビューを行った
なんとこの男性二時間もここで待っていたのだ

「…えぇ、彼女が身投げをしようとしていたので…止めようとしたんですが…あのような結果に…非常に残念です…」

彼はそう述べると足早に退散した

カメラが彼女の沈んでいった場所を撮影し続けて早一週間
このままなにも起きないのかと誰もが思い始めたその時
奇跡は起こった

なんと海から美少女が現れたではないか!
我々は再び東京湾に向かい彼女との接触を図った

少女が身投げをした場所が人のよりつかないところだったためか、幸いなことに彼女はまだ回収されていなかった
彼女に記憶はないようだったが、黒子の位置や雰囲気が少女と似ていたため、この美少女はかつての少女だと推測される

ではいったいなぜ、このような事が起きたのか
海の水質に詳しい専門家に話を伺った

「はい、実はかつての大規模化災害を期に世界各地の海の水質が変化したのです」

「ですが、高度経済成長期の日本のように有毒物質が流されたわけではなく、我々には無害です」

「それどころか海産アイドルという我々にとって有益足る事象が発生するようになりました」

あと1レス続く



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 15:57:11.13 ID:iViQ5Ze+o

>>11
専門家は以下のように説明した

・水質に変化があったが、我々や生物にとっては有害ではない
・水質の変化により人間の女性の水死体に特異的に働きかけるようになった
・結果として多くの海産アイドルが産み出されるようになった

つまりあの少女は一度死に、もとの面影を若干残したままアイドルへと変化したのである

また、別の専門家はこう言う

「この現象がネットの掲示板などで評判になってから、自殺者数が増加傾向にあります」

「ですが、海産アイドルとして登録される数は自殺者数と一致していない…」

「すべての水死体が海産アイドルになれるわけではないのです」

また別の専門家はこのように述べる

「自殺した女性の面影を残して海産アイドルとなるケースが多いのですが、時としては全く違う容姿で海産アイドルになるケースがあるのです」

「かつてシンデレラガールと呼ばれたアイドル、またはそれに準ずる人気を誇ったアイドルは彼女が死ぬ度、もしくは引退の際に彼女とほとんど同じ海産アイドルが発見されるのです」

事実、シンデレラガールを勝ち取ったアイドルが第19代として現役活動中である

自殺による海産アイドル化はアイドルへの最短の近道であり、近年大流行している
例えそれが生き返ることのない大博打だとしても身投げをする人は後が絶えない
政府は近い将来、この流行を規制するための法律を作るという見解を示している
簡単に命が捨てられるようになったこの時代に、正しい道徳観が必要とされている
次の人に続く



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 16:01:40.48 ID:kkoh+5suo

>>10の続き


「ミミミン(……本当に、行くんですか)」

「ミミミン(はい、それが私の役目です)」

「ミミミン(幸運を祈ります)」

 地球時間の西暦1999年、宇宙規模の災厄が発生していたことを地球人は知らない。

 災厄により発生した次元断層により、本来なら互いに知ることすら無かったはずの二つの世界が繋がった。

 繋がりは一方的なものであり、一つの世界の人材が、地球へと大量に流出する事故が発生した。

 その世界の名は「ウサミン星」

 ウサミン星で断層に巻き込まれた人々は、地球に流れ着いた。

 記憶を失った彼女らは、前述の理由で地球のアイドルとなっていく。

 そして、地球時間にして2017年、この関係に転機が訪れる。
 ようやく原因を突き止めたウサミン星上層部がエージェントを秘密裏に派遣したのだ。

 彼女には地球名が与えられていた。

 安部菜々、と。


 続く



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 16:21:35.24 ID:hl5/o7p70

>>13 の続き

最初に海に打ち上げられた海産アイドルたちと、後から入水して生まれ変わるように誕生したアイドルたち……
その決定的な違いは、素体となる存在の有無といえるだろう。

元々この世界の住人だったゆえに、発見された後は
それまでの名前、年齢、所属する学校や会社……といった情報が、いわば「刷り込まれて」いく。
命を落とすかもしれない賭けに勝った彼女たちは、
代償として失った記憶を貪るように吸収していき、
表向きは違和感のない程度に活動することが可能になっていた。

>>14 の続き

一方、地球における最初の海産アイドルたち――すなわち、「ウサミン星」に由来する人々は、
地球上では完全に未知の存在であったために、その生活規範の策定や売り出し方について
プロダクション側で相当に難儀した経緯がある。
仮初の名前を与えられ、どこそこの学校に通っている……などの情報を後付で設定された彼女たちは
この世界で生きていくためにそれを素直に、あるいは渋々受け入れていくのであった。

記憶を失わずに次元移動を行う手法を確立した、一人のエージェントを除いて。

続く



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 16:44:08.46 ID:md0lEsnwo

最近のリレーssって気に入らないレスを無視して進行するのか
どんだけゆとり仕様なんだよ



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 16:56:14.90 ID:gsiCRoJZ0

上の設定全部拾うのはキツいなぁ
もう既に無理がありすぎる



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 18:25:06.70 ID:CXtMR/FA0

既出設定が踏襲困難なら
その1つ2つ前まで遡ればいいじゃない



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 19:51:02.85 ID:XAccEzUXo

というか3が完全にスルーされてるし、そこでいいんじゃね?



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:55:12.00 ID:ySC7tMc/0


長き時が過ぎ、モバPは少し老いた。
だが、モバPは立ち上がった。
必ず、かの海産アイドルたちの不幸を、不遇の時代を除かなければならぬと決意した。
モバPには政治がわからぬ。文字が読めぬ。
モバPは346プロダクションのプロデューサーであり、ただの課金兵である。金を稼ぎ、金を溶かして暮らして来た。
けれどもちひろに対しては、人一倍に辛辣であった。彼女を天使と呼ぶ傍ら、鬼、悪魔と罵るほどに。

P「あいつらはもっと幸せになってよかったはずだ…」

既に失われた、彼女らであって、彼女らでない、黎明期の海産アイドルたちを想う。

P「まずは池袋Ⅲと…一応一ノ瀬Ⅶに相談だな」

きょう未明モバPは家を出発し、野を越え山越え、十里離れた此このトーキョーの街にやって来た。
モバPには金も、学も無い。髪も無い。アラサーの、守銭奴ちひろと二人暮しだ。
このちひろは、346プロダクションのとある毛無げなプロデューサーを、近々、花婿として迎える事になっていた。
結婚式も間近なのである。
モバPは、だがしかし、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買いに行かず、はるばるこの街にやって来たのだ。
モバPは決意した。




22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:56:25.19 ID:ySC7tMc/0


◇ ◇ ◇


晶葉Ⅲ「それでいったい何の用だ?私も暇じゃないのでな。手短に頼む」

P「あぁ…不可能を…可能にしてほしいと言ったらどうする?」

俺は池袋晶葉の研究所に来た。彼女に、お願いをするために。




23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:57:23.64 ID:ySC7tMc/0


晶葉Ⅲ「気が触れたとしか思わんな。不可能であると分かり切っている事象に望みを抱くなど」

一ノ瀬Ⅶ「どしたの?なんか辛いことでもあった?あたしがぜ~んぶ何もかも忘れさせてあげよっか♪にゃはは~」

P「遠慮しておくよ。お前のソレは洒落にならない」

一ノ瀬Ⅶ「じゃあいったいどうしろってのさー。あたしたちのこと便利な道具だと思ってんのー?」




24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:58:27.38 ID:ySC7tMc/0




晶葉Ⅲ「初代の池袋晶葉と一ノ瀬志希は確かに君が担当していた」

晶葉Ⅲ「だが既に私は3代目。志希に至っては7代目となり、担当しているプロデューサーは別にいる」

晶葉Ⅲ「経歴を継承しているとはいえ、君に受けた恩義を覚えているとは言い難い」

晶葉Ⅲ「だが、初代が君に助けられたのも事実」

晶葉Ⅲ「だからこそ、私達がこうしてわざわざ時間を作っているということを忘れないでくれたまえ」





25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:59:22.71 ID:ySC7tMc/0


彼女の言葉が俺に刺さる。そう、もう俺の知っている彼女たちではないのだ。

P「そうだな。すまない。君たちに俺は…あの頃の晶葉と志希を重ねてしまっている」

P「失礼なことをした。だが、それでも、どうしても聞いてほしい願い事がある」




26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:00:15.65 ID:ySC7tMc/0



P「俺を…俺を過去に戻してくれ」

P「冗談を言っているつもりはない。気が触れたわけでもない」

P「真剣に、俺は君たちにお願いしたい」


そう言って俺は静かに膝を折った。





27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:01:17.06 ID:ySC7tMc/0


志希Ⅶ「んふふ、土下座なんてする人初めて見ちゃった」

晶葉Ⅲ「動機はなんだ?」

P「世界を変えるため」

ーーーーーーーー『私…私、消えたくないよプロデューサーさん……!!』

脳裏に初めて担当し、そして”次”へと代替わりをしたアイドルの最期が浮かぶ。

P「そして、海産アイドルたちを守るため」

絶対に、変えて見せる。

P「だから…!だから頼む!俺は、戻らなくちゃならないんだ…!」

彼女の、彼女たちの最期が、あんな顔で終わっていいわけがない!




28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:02:25.53 ID:ySC7tMc/0


志希Ⅶ「すっごぉい。こんな笑っちゃうようなこと言ってるのに嘘ついてる匂いがしないんだよね~♪」

晶葉Ⅲ「本気…というわけか。だが計画はあるのか?一人の人間に出来ることなんて限られているぞ」

P「まずは”原初”の海産アイドルたちの保護だ」

海産アイドルには「原初」といわれる者たちがいる。
初期に浜に打ち上げられていた者であり、真に過去と未来に接点を持たない183名の人類。
その美貌は筆舌に尽くしがたく、歴代のシンデレラガールは全て彼女たちの美貌を持つ者である。
それ故に乱暴を働かれたこともあった。

P「そして、誤った情報の流布を止める。「生まれ変われる」なんていうデマをな」

モバPは知っている。生まれ変わった自殺者など、存在しないということを。
誤った情報に踊らされた馬鹿どものせいで、消えた命があったことを。




29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:04:08.92 ID:ySC7tMc/0




自殺者が身投げをした場所から生まれた海産アイドルたちは皆一様に記憶がない。
だが、例外は存在した。原初と同じ美貌を持つ海産アイドルたちだ。
彼女らは記憶がおぼろげに存在する。それは先代、先々代の原初の経歴と酷似していた。
一部の学者たちはこの差分に疑問を持ち研究し、とある意見を出した。


記憶を持たない者たちは、複製に失敗した劣化品なのではないか?
自殺者が生まれ変わるのではない。自殺者を糧に、「原初」が生まれ変わろうとしているのでは?、と。


仮説の域を出ないが、これは大きく支持された。
何故ならば、原初は泡となり消えるからだ。酷似した海産アイドルが見つかる直前に。
保護された後は、欠けた記憶を埋め合わせるよう、情報を刷り込まれていく。
そして完成するのは以前と全く変わらない、新たな海産アイドル。
画面越しに彼女らを見る者たちからすれば、何も変わらない今までと同じ可愛いアイドル。
同じ顔を持ち、同じ記憶を持つ。ならばこれは同じ人間である。
政府はそう判断した。

だが、モバPは彼女らをプロデュースした故に知っている。
彼女らは決して同じではない。

P(同じだというなら……何故、彼女たちは消えることに恐怖する!涙を流す!)

モバPは忘れない。初めて消える瞬間に遭遇した時のことを。
流れた涙を。交わした言葉を。最後の笑顔を。

P(俺は助けて見せる)

自殺者を減らせば、およそ一年に一回ある代替わりの頻度も長くなるはず。
モバPは額が地面に着くまで頭を下げた。





30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:04:55.84 ID:ySC7tMc/0


晶葉Ⅲ「世界を変える、海産アイドルを守る……か。正直私は今の待遇に不満など持っていないんだがな」

それはそうだろう、とモバPは思う。黎明期と違い、今は人権が認められている。

志希Ⅶ「あたしは~協力してもいいかな~」

P「ホントかっ!」

思わず大声を出してしまった。

志希Ⅶ「でもこれほとんど晶葉ちゃんの領分だからね。結局は晶葉ちゃん次第」

晶葉Ⅲ「ここで私に振るか…」




31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:06:36.09 ID:ySC7tMc/0


志希Ⅶ「まぁまぁ♪初代が残した設計図、今でもいじってるんでしょー?意地張ったって意味ないよん」

晶葉Ⅲ「んなっ!何故知っている!」

志希Ⅶ「んふふー、で、どうするの?」

晶葉Ⅲ「くっ…一つ聞きたい。君は池袋晶葉をどう思っていた?」




33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:07:17.10 ID:ySC7tMc/0


突然のクエスチョンに俺は戸惑いながらも答える。

P「そうだな…大切な相棒であり、ちょっと変わった可愛い女の子であり…俺の大切なアイドル、かな」

晶葉Ⅲ「………………そうか…初代は…きっと……」

P「晶葉?」

少しうつむいてぶつぶつ何かを言っているようだが俺の耳には届かない。




34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:09:39.77 ID:ySC7tMc/0


晶葉Ⅲ「ふっふっふ…幸運だな、君は」

P「ん?」

晶葉Ⅲ「偶然にも過去へとタイムリープする機械は既に開発中だ」

P「何っ!」

晶葉Ⅲ「これからテストプレイをするんだが、もちろん手伝ってくれるだろう? 優秀な助手が必要だからな! 」

P「もちろんだ!」

志希Ⅶ「よーしあたしも気合い入れてハスハスしちゃう~!」

P「いやそれ関係ないだろ」

俺はよく分からないが協力を取り付けることに成功した。




37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:14:00.26 ID:ySC7tMc/0


◇ ◇ ◇


P「これで完成…なのか?」

晶葉Ⅲ「あぁ、一応理論上は意識が過去に戻るはずだ」

志希Ⅶ「晶葉ちゃんすごーい」パチパチ

晶葉Ⅲ「くれぐれも悪用するんじゃないぞ」

P「よし、それじゃあ…行ってくる」カチッ

晶葉Ⅲ「気を付けるんだぞ。タイムリープに成功したという例は未だ一度もない」ギュォォォォォォォ

志希Ⅶ「戻れたとして、何か異常が起きちゃうかも♪」ギュィンギュィンギュィン

P「それでもいいさ」ガタガタガタガタ

P「このままここで後悔し続けるよりは」シュッ




40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:17:27.02 ID:ySC7tMc/0


ーーーーーーーーーーーー


『くっ、頭が痛い』『俺は今どうなっている』『不思議な感じだ』『体の感覚が…』『あー礼を言うの忘れた』
『失敗したらどうなるんだろう』『おえっ吐きそ』『あーきもちわりー』『くそっまだかよ』『ちくわ大明神』
『もし戻れたらまずは…』『やべっちひろさん放置したまんまじゃん』『まぁいいか』『あーお金ほしー』『おえっ』
『どこまで戻るんだろう』『まずはあいつらを…』『出来るだろうか俺に』『ええぃ弱気になってどうする』
『気付かなかったけど真っ暗だ』『あれ?俺死んだ?』『いやいやまさか』『あ!有償ジュエル使い切ってねぇ!』


ーーーーーーーーーーーー




41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:18:33.56 ID:ySC7tMc/0





P「うがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」






42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:20:06.41 ID:ySC7tMc/0



◆ ◆ ◆


P「うぅっ、ここは……?」

気が付くと俺は見覚えのある部屋で寝ていた。

P「ここは…まさか……」

ベッドから飛び降り、机の引き出しを開ける。クローゼットを開ける。キッチンで踊る。
部屋中くまなく探索し、確信を得た。

P「俺の部屋だ……!」

そう。紛れもなく、過去に、確かに暮らしていた住処であった。

P「今日の日付は……」

まだ、世間が騒ぎだす前だ。

P「それなら俺のすることは……」

大丈夫、保護された場所なら俺は覚えている。

P「うっし!やるぞ!俺!」

さぁ、俺の戦いはここからだ ーーーーーーーー





44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:21:12.70 ID:ySC7tMc/0



◆ ◆ ◆





ザザァー ザザァー

「うぅ…」

「もし、大丈夫ですかお嬢さん」

「うっ……あれ…ここ…どこ…?あなた…だれゲホッゴホッ」

「うぅ…寒い…お母さん…助けて……」

「ふぅ」ファサ

「お嬢さん、アイドルに、興味はありませんか?」






45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/19(月) 23:25:32.66 ID:ySC7tMc/0

以上。まぁこの後は183人のアイドルを捕獲しに行くなりモバPの過去編なり他のサイドストーリーなりどうぞ
あ、あと自分はジサツさんじゃないよ。ジサツさんなら酉つけるんじゃないかな



48: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:10:11.19 ID:5tqbajtl0


ここまでのあらすじ? 

同一筆者内で矛盾しているっぽいところ自己解釈したからちょっと違うかも




49: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:10:59.58 ID:5tqbajtl0



日本、大災害で多くの人が亡くなった


同時期、はるか遠いウサミン星で次元の断裂が起き、多くの住人が地球へと消えた

事態の収拾に安部菜々が地球へと送られた





50: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:11:43.11 ID:5tqbajtl0



しばらくして、ある時から海より多くの女性たちが流れ着いた

彼女たちは被災者の中に似た特徴を持つ人がいたりしたものの、記憶もなく異なった人間であるようで

その容姿は非常に魅力的であった





51: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:12:37.60 ID:5tqbajtl0



保護をはじめ、扱いに困った政府は民間に任せることにし、346を筆頭に各芸能プロダクションが名乗り上げ

生き残った海から来た女性の全てがアイドルとなった





52: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:13:18.55 ID:5tqbajtl0



海産アイドルには2種類いる

1つめは普通の人間と全く同じアイドル

おそらく記憶をなくしたウサミン星人





54: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:15:07.83 ID:5tqbajtl0




2つめは死ねば、あるいはアイドルを引退すれば泡となって消えてしまい、

その後、若干の記憶を引き継いだ類似する存在として蘇るアイドル183人





55: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:15:59.96 ID:5tqbajtl0



海で死ねばアイドルになれるほどに美しく生まれ変われる、という噂が流れ、

複数の自殺者が出るようになったりもした

2つめの海産アイドル183人がその命を糧に蘇りを繰り返していると考えられている





56: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:16:39.21 ID:5tqbajtl0



世間からは同一と見られているが生まれ変わり続ける彼女たちは決して同じ人間ではなく、

消える時を迎えるたびに悲しみの涙を流す





57: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:17:37.78 ID:5tqbajtl0



しかし、それでもなお蘇りは続く

生前の想いが乗り移ったとさせる生物があるように、


それぞれにこの世に遺した強い想いがあるために





58: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/21(水) 02:18:31.04 ID:5tqbajtl0



物語はここから始まる

プロデューサーは過去へと戻り、アイドルの悲劇を救うべく動き出す



以上





59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/21(水) 02:22:49.64 ID:persai3rO

もちなおせるか



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/21(水) 19:50:03.02 ID:0++Kfl1XO

凄いねぇここまで簡潔にまとめられるようになりたい
後半の長いの書いた>>45だけど海産アイドルの解釈で一部意見を申してもよいだろうか

>>54の「2つめは~消えてしまい」だけど、そうそう死んだり引退しないと思うから「約1年生きれば必ず消えて次の者が蘇る」という強制代替りも条件に入れてはどうでしょう
自分の脳内ではそう考えてました
イメージ的には総選挙が終わった時に毎回生まれ変わる感じ

蛇足だったら流してくらはい
後は静かにしてますんで



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/22(木) 07:41:15.31 ID:Ra2a8m8oO


1年周期で強制代替わりが起こる

自殺者の減少で周期が延びるという憶測は全くの無根拠でただの希望となる

池袋晶葉が三代目であることからPが過去に飛んだのは海産アイドル登場より長くても2年以上3年未満

タイトルより海産アイドル登場から5年時点では未だ海産アイドルが現れている

呼称が変わっていないため事業展開も行われている

すなわちPのタイムリープによる変化は歴史改変といかない程度

タイムリープ後、5年間再びのタイムリープしていない

その間にもアイドルと最低5人死別している

また5年時点で19代目までいたことよりこの世界では総選挙に類推する催しが年に4回は行われている



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/23(金) 14:32:21.56 ID:TpJKcXXiO

うっわ、これは酷い



63: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 10:39:35.01 ID:UjqomgCpO

ではこのバトンは私が引き継いでもよろしいでしょうか?



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 11:23:11.00 ID:OpImYJ0G0

もういっそゴールまで



66: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 21:58:38.97 ID:umpyDN+g0




P(過去を、アイドル達を救うと決意して、あれから5年―)


P(結論から言えば、俺は成功をつかめたとは言えない・・・)



・・・





67: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:02:32.51 ID:umpyDN+g0



P(海産アイドルの発見が世間に騒がれる前に、彼女達の回収には成功した)


P(蘇る183人のアイドルにはそれぞれ元になる被災者がいる)


P(その中には大財閥の令嬢や、なかなか歴史のある名家の生まれも複数いた)





68: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:03:31.47 ID:umpyDN+g0



P(我ながら荒唐無稽な説得だったように思う)


P(それでも、生き写しとも言える彼女達のため、境遇を同じくする子たちのため、惜しみない支援をしていただいた)


P(発見が遅れることなく確実に守りきれると、そう断言してもいい)





69: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:08:28.28 ID:umpyDN+g0



P(とはいえ、それでも金はいる。自立させる必要もある。いつまでも甘えてなどもいけない)


P(だが結局のところ、俺に出来ることはプロデュースだけ)


P(生まれを秘密にし、彼女達は歴史通りアイドルとなった)


P(当然、アイドルに生まれ変われるなどという噂は立たず、アイドルの卵達が功を焦って自らの命を絶つなどということが社会現象になることはなかった)





70: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:15:15.72 ID:umpyDN+g0



P(Nursery Rhymes Princess of Mermaid Project)


P(絶大なバックアップの元、プロダクションの枠すら超えた多くの海産アイドル―否)


P(マーメイド達のアイドル活動を支援する、事情を知るプロデューサー達からなるプロジェクト、その始動)


P(全体を纏めながら、俺もアイドルをプロデュースした)


P(すべて、ここまでは順調だった)





71: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:17:20.71 ID:umpyDN+g0



浅利七海「本当に、おとぎ話の人魚姫みたいれすね~」


P「怖く、ないのか・・・? 自分が、消えるかもしれないということが・・・」





72: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:21:45.60 ID:umpyDN+g0



P「・・・もう、起こらないと思っていた」


P「・・・楽観的だったんだ。命の供給がなくなれば、蘇りは繰り返されないと」


P「いつまでも・・・! 生きていてくれるだろうと・・・!」


P「でも、関係なかったんだ! たった1年で! 君達は消える! なにも起こらなくても!」


P「俺は・・・! それを止めるために・・・! それを止めたくて・・・!」


七海「プロデューサー」ギュッ…


P「七海・・・!」


七海「よしよし、大丈夫れすよー」ナデナデ





73: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:22:26.95 ID:umpyDN+g0



P(消えたくない、そう自分のプロデューサーと抱き合う子もいた)


P(マーメイド達は自分の死期を悟る)


P(浅利七海はとても冷静だった)





74: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:28:44.04 ID:umpyDN+g0



七海「きっと、全部奇跡だったんだと思うんれす」ナデナデ


七海「人が海から生まれるなんてあり得ないれすから♪」ケラケラ


七海「・・・七海ね、最初、ほとんどのこと覚えていないかったんれすけど、すごくアイドルになりたかったなぁってことは覚えてるんれす」


七海「でも、七海がどんな女の子だったか、七海を知ってる人のお話を聞いてたらそんなことはなくって」


七海「どこにでもいるただのおさかな好きだって」エヘッ


P「・・・どこにでもなんていないよ、こんな磯臭い子」フフッ…


七海「ええ、そんな~」エヘヘ





75: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:31:41.74 ID:umpyDN+g0



七海「・・・それでね、こう思うんれす」


七海「アイドルになりたかったけどなれなかった七海が、この七海の姿で生まれ変わったのが、今の七海なんじゃないかなぁって」


P「生まれ、変わり・・・」


七海「はいれす」


P(結局、そうなのか・・・)


P(そんなことはないのだと、俺が思い込みたかっただけなのか・・・)





76: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:34:42.96 ID:umpyDN+g0



P(尾びれを捨て、足を得て人になり、その奇跡の対価に声を渡した人魚姫)


P(かつての自分を捨て、魅力的な存在を得てアイドルとなり、その奇跡には1年の期限)



P(恋が叶わず最後には泡と消えた人魚姫)


P(だから引退すれば、アイドルでなくなってもまた、泡と消えるアイドル・・・)





77: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:36:12.78 ID:umpyDN+g0



P(海産アイドル―)


P(それは、かつて夢破れ、アイドルとなれなかった彼女達に起こった泡沫の奇跡)





78: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:39:01.10 ID:umpyDN+g0



P「・・・もし本当にそうだとしたら、やっぱりそんなことは狂っているよ」


P「こういうアイドルでなきゃダメなんだ、なんてことはないんだ」


P「みんな違うんだ。そこに魅力があるんだ」


P「それを、認めないみたいじゃないか・・・」ギュッ…


七海「そうれすね~・・・でも、やっぱりだめだったんれす」ナデナデ


P「七海はクールだな・・・」





79: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:46:22.43 ID:umpyDN+g0



七海「さて、七海の番はそろそろ終わりみたいれす」スゥ・・・


P「! 七海! 体が!」


七海「アイドル、すごく楽しかったれす。だから、次の子にもさせてあげないと―」スゥ・・・


P「いやだ! 行かないでくれ!」


七海「次の七海もきっとアイドルになりたいはずれすから、よろしくお願いします、れす・・・」


P「何かあるはずなんだ! 人魚姫が、その手で王子を殺めていれば助かったように、何か活路が!」


七海「う~ん・・・それはちょっと~」









七海「まあ、でも―」



七海「もうちょっと七海も、プロデューサーといたかったれすね~」グスッ


スゥゥ・・・・・・


P「七海・・・!」







P「七海・・・」





80: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:46:55.88 ID:umpyDN+g0



P(二人目の七海はすぐに見つかった)





81: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:47:49.43 ID:umpyDN+g0



七海「ん~? あれ、プロデューサー?」グシグシ


P「! お、俺が、分かるのか・・・? 七海・・・!」


七海「ここどこれすか? ・・・あれ? 七海って七海のことれす? うん?」





82: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:49:41.79 ID:umpyDN+g0



P(二人目の七海は、わずかな記憶の中で俺のことを覚えていた)



P(見た目はそのまま。だが、同じ人間でないのならば、なぜ一部でも記憶が引き継がれるのか)



P(きっと、最初の七海がこの子の新たな門出に送ったのだろう)



P(アイドルにしてもらえ、と)



P(俺なら信用できるから、と―)





P(俺に再びのタイムリープは、七海たちの生き様をなかったことには、出来なかった)





83: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:50:44.20 ID:umpyDN+g0



・・・・


P(5年経ち、俺はまた七海と出逢う。俺を覚えている、彼女と)


P(たとえ泡沫の夢だったとしても、間違っていても、俺はこの子たちの願いを叶えてあげたい)


P(他のプロデューサー達は、どうなのだろう。俺は―)





84: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:51:30.29 ID:umpyDN+g0



七海「・・・あっ、プロデューサー!」テテテ


七海「はぁ、ようやく知ってる人に会えたれす~」


七海「あの~・・・驚かないで聞いてほしいんれすけど、七海どうやら記憶喪失になってしまったみたいで・・・」


七海「プロデューサーって、なんのプロデューサーなんれしたっけ?」





85: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:52:29.24 ID:umpyDN+g0



P「・・・俺は、アイドルのプロデュースをしている」


P「浅利七海の、いや、キミのプロデューサーだよ」





86: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:53:07.58 ID:umpyDN+g0




P(―これからも、彼女たちをアイドルにする)






87: ◆h8PchLJM6BH7 2017/06/24(土) 22:54:12.84 ID:umpyDN+g0


続かなければおわり



失礼いたしました

ありがとうございました





元スレ
【リレーSS】モバP「海からアイドルが採れるようになってからそろそろ5年ですよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497764308/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (17)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月29日 23:47
          • 読むだけ時間の無駄だぞ☆
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 00:00
          • さっきまでPの髪だったものが辺り一面に転がるSSの方が有意義だよな、読むのも書くのも
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 01:05
          • よくまとめられたなこれ
            すごいよな
            リレーSSなのに後なんて知らねぇ、この設定、導入であと全部続き書けって言ってるようなものだろ
            前半の作者は懲りてないらしいし1年うんぬん設定足したやつはそれでどうなるか考えなしだったのか
            みかねて助けてくれる人がいてよかったな

            前にシンデレラプロジェクトのメンバーがリレー小説書くSSがあったけどよっぽど酷い
            比べ物にならない
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 01:09
          • ページが出来てしばらくコメントがされないのも納得のグダグダなんだよなあ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 01:30
          • 海からあがったばかりの前川さんを綺麗に洗って枕がわりに抱きしめて寝るとりーなちゃんの気持ちが味わえるよ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 03:09
          • 最初の世界観がリレーに向いて無さ過ぎだろ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 06:08
          • 最後の軌道修正だけはすごいと思った
            それでもウサミンのくだりには触れられていなかったけどそれすらしかたがない
            我ながらよく最後まで読めた
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 13:54
          • リレーSSってゆるふわキャッチボールかと思ったら
            1球目から火の玉ストレート過ぎる
            バットでキャッチボールやってるぐらい無茶苦茶
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 14:26
          • まぁ・・・ここから何か展開させるとしたら
            >―――タイムリープを繰り替えしてる存在(P)に気が付いた『安倍奈々』が接触してきて
            >この海からアイドルが再生される現象を解析、異変を修正して状況を変える上で
            >異変の改善の為にアイドル達のモデルになってる被災犠牲者を回収する必要が発生。
            >ウサミン星の技術込みで更に災害発生直後まで戻れる様になって
            >遺体を発見するたびにバタフライエフェクトで未来からアイドルが消えウサミン星人が回収される仕組みに。
            >尚、晶葉のを回収すると未来から消える⇒タイムリープ装置消える⇒遺体回収不可⇒晶葉復活するので
            >それはウサミン技術で装置を開発出来る事でカバーできる。
            >―――ところが、そのウサミン星タイムリープ装置が全ての事の発端だった・・・
            さ、ここからどうしよう?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月30日 18:53
          • ※9
            もしかして続き書きたかった人?
            書けよう
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月01日 00:12
          • プロットを書くのが精いっぱいだよ。
            >この星での技術とウサミン星の科学の違いがタイムリープ装置の摸倣の際に生んだ幾つか無駄な回路
            >その中のどれかが災害が起きた地域で頻繁に使用されていた為にこのような事態が発生する様に。
            >一方で、アイドル達に異変が起き始める。情緒が不安定になり中には意識を失う者も出る。
            >ついに、同様に異変にさらされている晶葉がタイムリープを止める様に言いだす。
            >だが、その原因が災害犠牲者回収に有るとの考えを挙げて説得し災害直後へ。
            >安倍菜々の提案から犠牲者回収・捜索を止め、敢えて一年待ち、アイドルの泡沫化に立ち会う。
            >結果、安倍菜々はその時にだけアイドルの人格の裏にあったモデルになった犠牲者の意識を感じ取る。
            >アイドル達は全く無意識に、存在できる一年ほどの間に『何か』が出来ないまま消える事を恐れていた。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月01日 01:02
          • 都合の良い設定を捻じ込みまくってやる・・・
            >ウサミン星人とは、『概念』に強い影響を受ける特性がある不定形な存在である。
            >安倍菜々の様に意図して形態をとる者と、概念に影響されて変化する状態の者、
            >この星のこの海域の異常に引き寄せられアイドルになり続けていたのはその後者だった。
            >結果、アイドル達の中には何かが卓越したモノが居り、中には超能力レベルの能力を持っていた。
            >晶葉の科学力の様に、探しモノに長けた少女アイドルが居た事も災害犠牲者捜索の力になった。
            >だが、ウサミン星人達が取り込んだ概念が彼らの解放によって何らかの負担を受けている。
            >Pはアイドル達を救うために奮闘しているのに、その方法が逆に苦しめていると分かり苦悩する。
            ここのコメントって、広いわりに何行も書けないんだねorz
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月01日 01:25
          • >何より、アイドル達の繰り返される泡沫化を救えず、この状況を生んだのもPのタイムリープだった…
            >「最早この悲劇のパーツだ」と悲観し始めるPにアイドルの何人かが異を唱える。
            >P一人が5年間の間をぐるぐるし続けるのが前提な歪な状態が正史であるわけが無い。
            >なれば、この状況を唯一理解しているPは、この状況を正史に戻す為のパーツなのだと。
            >更にソファに転がった一人が言う。「行き詰るって事は、何かが根本から違うんじゃない?」
            >安倍菜々の「貴方は何故彼らを救おうと思い頑張ってるんですか?」の問いにPは答えが見つからない。
            >ちひろとの会話で思い出す。Pは消えゆくアイドル達を見送るのが辛くて逃げたかったからだった。
            >情報が集まって来たここに来て、Pは表面のアイドルの裏の概念に接触する事を始める
            管理人さん、あと二回で終わらせますんで多分
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月01日 01:46
          • >アイドル達とのパーフェクトコミュニケーションの向こう側に見えるウサミン星人が抱いた概念。
            >一人から聞き出すのにタイムリミット一年の殆どを費やす事も有ったがPはタイムリープを繰り返す。
            >或る周回の5年目、遂に全アイドルから『やりたい事』を聞き出したPは企画書を製作!
            >6年目に入る前に全国の映画館を抑えた上での一斉全国放送ライブを行った。
            >日本各地で歓声が上がる中、気が付いて突然泣き出す災害被害者遺族たち。
            >ライブの合間合間にそれぞれにやりたい事をしているアイドル達が彼らにだけ家族に見えたから…
            >フィナーレ。ファンとの大合唱の後に「本当に長い間、有難う御座いました!」⇒笑顔で一斉に全員泡沫化。
            >安倍菜々「ウサミン星人は全員解放されたみたいです。Pさん、貴方ともお別れですね」
            >―――翌日、海から採れていたアイドルの事を覚えている人間は一人も居なかった。
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月01日 02:08
          • >謎の大舞台、謎の収益。なのに何所からも346プロに苦情も無く、
            >タイムリープ装置は自販機に挿げ代わり、企画書は謎の白紙の束になっていた…
            >変化が二つ。被災者遺族たちが前に進みだした事。歌詞も元ネタも分からない曲を日本中知ってた事
            >―――――――それから40年後―――――――――
            >「アンタがプロデューサー?ふーん…ま、悪くないかな。」ヒヨッコのモバPが初めてスカウトして帰社。
            >帰って来た所を豪快に笑いながら労う副社長。そこに事務員が面接予定の人が来たと報告
            >「安倍菜々、永遠の17才です!」更にその後からまだ動かないロボを持つ晶葉と七海Withサバオリ。
            >これからまだまだ賑やかになりますよね?長い付き合いになると思いますけど宜しくお願いします!‐FIN‐
            ――――よし、ハッピーエンドにしたった!満足した!閉廷!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月01日 05:38
          • ◆t6XRmXGL7/QM ってやつか?
            プロットだけじゃなくてSSにして書いてよ
            ここのコメントが狭いなら元のスレでさ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月01日 09:31
          • ※16
            いや、自分はスレの誰でもない完全にこのサイトの通りすがりだ。
            文才無い・超遅筆・創作意欲の著しい低さetcから作品化は正直ムリっす・・・一通り読み返すと、
            最後名前モバPダブってる竹内Pにしとけば良かったとか、まぁ説明が雑だとかetc夜中のテンション怖いw
            被災犠牲者の遺体回収は止めて成仏に全フリした。タイムリープしてたPだけは部分的に記憶が残ってる。
            エピローグ以降に登場するアイドル候補達は菜々さんだけはウサミン星人で当時の当人で他は輪廻転生?
            っていう設定だと思われ(他人事) ぼくがかんがえるしゅうしゅうのつけかたの一つという事でどうか一つorz

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ