TOP

【仮面ライダー×ひぐらし】チェイス「雛見沢…」【前半】

1: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:04:33.16 ID:Dq28VAqnO

アニメ準拠はほとんどありません
草は生えてませんが気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありません
仮面ライダー×ひぐらしのなく頃にです



2: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:06:02.48 ID:Dq28VAqnO

彼は、罪を犯した

彼は、罪を償おうと決めた

その手は、差し伸べる為に

その脚は、駆け付ける為に

例え、その生命が尽きたとしても

彼は、全てを救う事を誓った

例え、それが何であろうと



3: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:06:42.22 ID:Dq28VAqnO

…。

剛「…寝ぼけたこと言うな……」

…。

剛「俺の全身から溢れ出す怒りの炎が見えねぇのか!」

…。

剛「今一番許せねぇのは……俺の……」

…。

剛「俺の、ダチの命を奪ったことだ!!!」

…。

剛「…一緒に…戦ってくれ…!!」

…。

剛「…変身!!」

…。

ダチ、か…。

剛「返せ!それは俺達の武器だ!!」

…。

剛。

いつか、また会う事が出来たなら…。

剛「「行って」良い…ってさ…」

…その時は、俺から言おう。

お前は、俺の…。

…。

……。



4: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:07:18.84 ID:Dq28VAqnO

「…」


「……」


「……。」パチ


「…ここは…」


「…」


「…どこだ…?」


「…」


「…まさか…ここは…」


「…あの世か…?」

『…違うのです…』

「!!」ガバッ



5: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:08:03.67 ID:Dq28VAqnO

「…」

『…』

「…」

『…やっぱり…見えていないのですね…』

「…何だ…?この声は…」

『…』

「…何故、姿が見えない…?」

『…それは、ボクが普通の人には見えないからです。最も…』

「…」

『貴方も、人ならざるもの、ですが…』

「…」

羽入『…ボクは羽入と申します』

「…ロイミュードか?」

羽入『いいえ。ロイミュードではないのです』

「…」

羽入『…生命体であるかどうかも、怪しいものですが…』

「…以前、進之介が見えない敵と戦った事があると聞いた。クリムも科学では説明出来ない物があるかもしれない、と…」

羽入『…お化け…そう呼ばれるのが正解なのかもしれません』

「…」

羽入『…貴方には、ボクが見えないのですか?』

「…見えない。それよりも…」

羽入『…』

「…俺は、死んだのか?」



6: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:08:40.25 ID:Dq28VAqnO

羽入『…』

「もし生きているならば、俺は、剛に再び会わなければならない。ダチとして」

羽入『…分かりません』

「…」

羽入『ボクは、助けを求めました』

「…助け?」

羽入『助けを求め続け、何度も何度も世界をやり直しました』

「…」

羽入『でも、ダメでした』

「…何を、話している?」

羽入『そうしていく内に、ボクも梨花も疲弊していきました』

「…」

羽入『梨花は、もう良いと諦めてしまいました』

「…」

羽入『最後に死を選び、そのまま世界は進んでいきました』

「…?」

羽入『…そして、2016年。30年以上もの時間が経ってしまい、皆ここで起きた惨劇の事など忘れてしまいました』

「…」

羽入『後ろを、見て下さい』

「…?」



7: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:09:10.74 ID:Dq28VAqnO

「…」

羽入『そこには、何が見えますか?』

「…ダム…以外は見えない」

羽入『…33年前、1983年。その時までここは、村がありました』

「…」

羽入『その名は、雛見沢村。人口は少なく、今の人達が見れば、田舎と呼ばれるような所でした』

「…」

羽入『事の始まりは、とある殺人事件』

「!」

羽入『ダム建設反対の村人による、建設会社の社員の惨殺』

「…」

羽入『そして連鎖していく、様々な事件』

「…村人達は、今何処にいる?」

羽入『…』

「…」

羽入『…あそこの、ダム…』

「…」

羽入『…あれの、下です』

「!!」



8: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:09:58.82 ID:Dq28VAqnO

羽入『ここでは、ある病気が蔓延していました』

「…?」

羽入『それは、雛見沢症候群』

「…この村特有の、病気か…」

羽入『…この病気に犯された人は、疑心暗鬼になり、全ての人間が敵に見えてしまいます』

「…」

羽入『そうした者が、最後に取る行動…』

「…それが、連鎖していった殺人事件…か…」

羽入『…最後は、この村の地から謎の毒ガスが噴出、村の人間は全員…』

「…毒ガス…?」

羽入『ボクにも、それ以上のことは分かりません。何故こうなってしまったのかも…』

「…」

羽入『…今、梨花は全てを諦め自分の世界に閉じこもってしまいました』

「…」

羽入『永遠に、答えの無い、暗い闇の中に』

「…」

羽入『それでも、ボクは信じていました』

「…?」

羽入『いつか、この惨劇を終わらせてくれる、そんな人が来てくれる筈だと』

「…」

羽入『でも、ボクに出来る事は時間を巻き戻すことだけ』

「…」

羽入『時間を巻き戻せば、人間は影響を受けます』

「…」

羽入『…いえ、人間だけではありません。生命体である、限り…』

「…生命体…」

羽入『…』

「…つまり、歴史をやり直す、ということか?」

羽入『…』

「…俺に寿命は無い。もし俺がまだ生きているとすれば、この世に俺が2人、存在するということにもなりかねない」

羽入『…』

「…最も、生きているという保証は無いが」

羽入『…無理を言っているのは、分かっています』

「…」

羽入『貴方の優しさにつけ込んでいるというのも、承知しています』

「…」

羽入『でも、それでもボクは、梨花を、みんなを助けたいのです』

「…」

羽入『みんなの、本当の未来を、子供達に、明るい未来を与えたいだけなのです』

「…」

羽入『だから…だから…!!』ギュッ

「…!」



9: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:10:44.61 ID:Dq28VAqnO

羽入『…』

「…感触…?」

羽入『…!?……そんな…』

「…?」

羽入『…これは…一体…?』

「…お前は、普通の者には見えないと言っていたが…」

羽入『…実体はある筈なのに、どうして…?』

「…それも、科学では説明のつかないことなんだろう」

羽入『…』

「…俺は、生きとし生けるもの全てを守ると決めた」

羽入『…』

「…それは、死んでも変わらない」

羽入『…!』

「時間を戻せ」

羽入『…』

「…」



10: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:11:16.84 ID:Dq28VAqnO

羽入『…本当に、良いんですか…?』

「構わない」

羽入『…もしかしたら、そのお友達に、一生会えないかも…』

「…」

羽入『運命を変えて、そのお友達と会わなくなってしまうかも…』

「そんなことで、会えなくなる程のものではない」

羽入『…!』

「俺がどうしてまだ実体を持ち、そしてお前に触れる事が出来るのか。それは分からないが」

羽入『…』

「まだ俺に出来ることがあるのなら、その役目があるというのなら」

羽入『…』

「迷わず、引き受ける」

羽入『…』

「俺でなくとも、きっと皆そうしただろう」

羽入『…』

「それが、仮面ライダーというものだ」

羽入『…チェイスさん…』



11: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:11:47.29 ID:Dq28VAqnO

チェイス「…要件を話せ」

羽入『…ボクのお願いを聞いてくれて、ありがとうございます』

チェイス「…」

羽入『…先ず、この世界を戻す。それよりも先に、やることがあります』

チェイス「…」

羽入『…この物語、繰り返される惨劇の中心…』

チェイス「…」

羽入『全てを諦めた彼女に、再び光を与える事です』

チェイス「…梨花、か」

羽入『…はい』



12: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:12:37.70 ID:Dq28VAqnO

…。

……。

『梨花、聞こえますですか?』

…。

『…お願いします。どうか返事だけでも…』

…。

『きっと、今度は乗り越えられます。もう一度だけ、やり直してみませんか?』

…。

『あれから、33年。ボクはあの惨劇を打ち破れる方を探していました』

…。

『きっと、大丈夫です。今度は…』

…そうやって…。

『…?』

…そうやって、どれだけ私達は血を流したの?

『…梨花…』

どれだけ死んだ?どれだけ死を見た?

『…』

何回、何十回、何百回…もう覚えてないわ。

『…』

もう、何度も見てきた。何千年経とうが、忘れないわ。

『梨花…どうか話だけでも…』

笑顔、泣き顔、困り顔、怒った顔、焦った顔。

『梨花…』

痛みに苦しみもがく顔。
喉を掻きむしり、朽ち果てていく顔。
毒に苦しみ、弱っていく絶望の顔。

『…』

もう、放っておいて。私はこのままで良い。

『…』

それに、もう出来ないわよ。あんな変な喋り方。

『…』

アンタだって、もうそんな力ほとんど残ってないんでしょ?

…お社も無くなって…。

『…確かに、これが最後かもしれません』

ならせめて、少しでも長生き出来る方を選びなさい。

『…なら、梨花は本当にこのままで良いと言うんですか…?』

…。

『残された時間の少ないボクが消えたら、本当に一人ぼっちなのですよ…?』

…それが、私の運命なのよ。

『梨花!!』

…。



13: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:13:43.77 ID:Dq28VAqnO

『…これは、梨花だけの問題じゃないのですよ…?』

…。

『沙都子や、魅音、レナ、圭一、詩音…悟史』

…。

『みんな、生きるべき人達。なのに、理不尽に死んでしまった。理由も分からずに』

…。

『貴方はもう良いのかもしれない。でもみんなは、沙都子達はどうなるのですか!?』

…それは…。

『それに諦めたのなら、そんな小さな「カケラ」、どうしていつまでも眺めているのですか?』

…!

『もう、世界は貴方やボクを置いて遥か未来へ行きました』

…。

『沙都子達のいない、未来へと』

…。

『でも、今からならまだやり直せます。あの子達に、新しい未来を与えることが出来ます』

…。

『…梨花。貴方にも』

…羽入…。

『だから、そんな心にも無い事、言わないでください』

…。

『貴方は神なんかじゃありません。神の使いでもありません』

…。

『何も悟ってなどいません。貴方の時間はあの時のまま、一秒も進んでいません』

…。

『貴方はただの人間です。人間の、子供なんです』

…。

『だから、言ってください。心の内を、曝け出して下さい』

…。

『必ず、手を差し伸べてくれる存在がいます』

…。



14: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:14:20.48 ID:Dq28VAqnO

…羽入…。

『…はい』

…本当に、これで乗り越えられるの?

『…はい』

本当に、皆と一緒に、未来に行けるの?

『はい』

…信じて、良いの?

『だから、ボクはここにいます』

…。

『前を向いて下さい』

…。

『光は、必ずやってきます』

…光…。

『その光…』

…。

『その光の名は、仮面ライダー』

…仮面…ライダー…?

『願って下さい。念じて下さい。ありったけの思いを込めて』

…。

『貴方の、本当の思いを、叫んで下さい』

…けて…。

『…』

…助けて…!!

『…』

この世界から…!!

『…』

梨花「私を、助けて!!!」

…。

……。



15: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:15:02.72 ID:Dq28VAqnO

梨花「…」

梨花「…あ…」

梨花「…え…?」

「zzz…」

梨花「…あ…」

「zzz…」

梨花「…」

【昭和58年 6月13日】

梨花「…あ…」

梨花「…は、羽入…?」

梨花「羽入?…羽入!?」

梨花「羽入…?」

「…ん…んー…?」

梨花「返事して!羽入!!」

「んがっ…?な、何ですの…?」

梨花「…ッ…」

沙都子「…梨花、どうしたんですの?大声なんて出して…」

梨花「…沙都子…」

沙都子「?」

梨花「…本当に、沙都子なの…?」

沙都子「監督のとこ行きます?」

梨花「…」ペタペタ

沙都子「ちょ…どうしたんですの?そんなお化けでも見たような目、しないでくださいまし」

梨花「…本当に、沙都子なのね…?」

沙都子「…頭でも打ったんですの?昨日も一昨日もそのずっと前から一緒に暮らしてますわよ」

梨花「…!」

沙都子「…全く…変な夢でも見たに違いありませんわね。顔を洗って、寝ぼけを治してくるこt」

梨花「沙都子!!!」ガバッ

沙都子「ドゥェッホ!!」



16: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:15:48.40 ID:Dq28VAqnO

沙都子「朝からやってくれますわね。いくら親友といえども目覚め時に押し倒されるのは流石に訳が分かりませんことよ」

梨花「…ごめんなさい……なのです」

沙都子「…怖い夢でも見たんですの?」

梨花「…ほんの、ちょっと。長くて怖い夢を見てたのです」

沙都子「あらあら…そんなので怖がるなんて、梨花もまだまだお子ちゃまなのですわね!おーほっほっほ!」

梨花「…」

沙都子「…あら?」

梨花「…」

沙都子「…梨花?」

梨花「…ッッ…!!」

沙都子「…そ、そんな怖い夢でしたの…よーしよし…」

梨花「…ご、ごめんなさいなのです。何だか凄く長い間眠ってたような気がして…」

沙都子「夢なんてそんなものですわ。でも、夢なんですから。すぐに忘れますわ」

梨花「…」

沙都子「さ!早く朝ご飯の支度ですわ!あとお弁当お弁当…」

梨花「…良かった…」

沙都子「?」

梨花「何でもないのですよ。…に、にぱー☆」

沙都子「…?」



17: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:16:23.70 ID:Dq28VAqnO

沙都子「…さ…て!早くお着替えあそばせ!…あ、歯磨き歯磨き…」

梨花「…」

沙都子「梨花も早く食べないと遅刻してしまいますわよ!」

梨花「は、はーいなのです!」

梨花「…」

梨花「(…本当に、戻ってきたのね。ここに…)」

梨花「(…羽入は?羽入は何処に行ったの?)」

梨花「(…それに、羽入の言っていた、光…)」

梨花「(…仮面…ライダー…)」

梨花「(…何処に、居るのかしら…)」

沙都子「梨花!本当に遅刻してしまいますわよ!」

梨花「!は、はーい!!なのです!」



18: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:17:09.51 ID:Dq28VAqnO

梨花「…」

沙都子「…」

梨花「…」

沙都子「…梨花?」

梨花「(こうして、戻ったのは良いけれど…)」

沙都子「梨花?」

梨花「(私は、これからどうやって立ち向かっていくの…?)」

沙都子「りーかー…?」

梨花「(羽入は相変わらず返事が無いし、その光っていうのも、何だか分からない…)」

沙都子「梨花っ!」グイッ

梨花「!?」

沙都子「もー…何をボーっとしてるんですの?それ以上進んだら川に落ちてしまいますわよ?」

梨花「あ…ご、ごめんなさいなのです」

沙都子「…もしかして、調子が悪いんですの?」

梨花「い、いえ。すこぶる元気なのですよ。ほーら、に、にぱー☆」

沙都子「…さっきもそうでしたけれど、凄くぎこちない感じですわよ。無理してる感じが…」

梨花「(33年振りなんだからぎこちなくもなるわよ…)」

沙都子「…元気なら、良いですわ。でも今日はあまり無理をしないことですわね」

梨花「…ありがとうございます……なのです」



19: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:17:51.45 ID:Dq28VAqnO

「!」

「あ!おーい!」

「梨花ちゃーん!沙都子ー!」

沙都子「…あら!皆さんおはようございますですわ!」

梨花「…!」

「どーお?久し振りの圭ちゃんの顔」

沙都子「相変わらずのボケーっとした顔ですわね。まだ旅行気分が抜けてないんじゃありませんの?」

「んだとー!?沙都子ー!こうしてやるー!!」ワシャワシャ

沙都子「ぎゃー!!レナさん!助けて下さいまし!!」

「は…はうっ!?助けを求める沙都子ちゃん…かぁいい…かぁいいよう!!」

「んげっ!?」

「あーあー…相変わらずだねぇ…」

「魅音!元はと言えばお前から…!」

「あーあー聞こえなーい」

「何ぃ!!?」

梨花「…」

「…?」



20: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:18:36.61 ID:Dq28VAqnO

「?どったの?梨花ちゃん…」

梨花「…圭一?」

圭一「ん?」

梨花「…」ペタペタ

圭一「ん?…ん?」

梨花「…レナ?」

レナ「?何かな?…かな?」

梨花「…」ペタペタ

レナ「ひゃっ!ど、どうしたのかな?かな?」

梨花「…魅音…」

魅音「…どーしたの?そんなみんなの顔ペタペタペタペタ…」

梨花「…」モミ

魅音「ん?」

梨花「…本当に、みんな…」

圭一「…あ、ああ…う、うん…」

レナ「れ、レナだよ?どうして?」

沙都子「…今日の梨花は何だかおかしいんですの。私も顔を合わせた時妙に触ってて…」

魅音「私…胸…」

レナ「調子が悪いの?大丈夫かな…?」

圭一「まあ変な夢でも見たんだよ。梨花ちゃんもそういうことあるんだな!」

梨花「…」

沙都子「…!じゃなかったですわ!早く行かないと!全員揃って遅刻ですわよ!!」

魅音「…あ!ヤバっ!!走るよ!」

圭一「げっ!?マジかよ!」

梨花「…本当に…みんな…」

レナ「…梨花ちゃん」

梨花「…?」

レナ「…何があったか分からないけど…」

梨花「…」

レナ「レナ達は、ここにいるよ?」

梨花「…!」

レナ「さ、行こ!」

梨花「…はい。はい…なのです!」



21: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:19:51.22 ID:Dq28VAqnO

…。

圭一「はーっ…はーっ…あー…何とか…ギリギリセーフ…」

魅音「はーっ…はーっ…圭ちゃん、相変わらずスタミナ無いねぇ…」

圭一「お前だってゼーゼー言ってんだろうが。そもそも待ち合わせの時間に遅刻してきただろ!」

魅音「あっるぇー?そーだっけー?」

圭一「がっ……このー!」

魅音「あっはっは!気にしない気にしない!」

圭一「…ったく…」

沙都子「ほらほら、早く教室に行きますわよ。チャイムが鳴ってからじゃ遅いんですのよ!」

レナ「そうだよ。知恵先生怒るとすっごく怖いんだから!」

圭一「そうだな…ん?」

…。

「あ、あの…ですから部外者の方を入れる訳には…」

「ならばどうすれば入れる?」

「え?…い、いえですから、関係者の方以外は…」

「関係者になるにはどうすれば良い?」

「え、ええと…出来ればまず身分を明かして頂いてですね…」

「身分証か。生憎今は持ち合わせていない」

「そんな堂々と言います…?」

「ダメか?」

「ダメっていう言葉が一番最適なんですよ。この場合」

「ならばここで雇ってくれ」

「警察呼びますよ」

「俺も警察の仲間ではあったが…」

「警察はそんな格好しないと思いますよ」

…。



22: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:20:27.37 ID:Dq28VAqnO

沙都子「…アレなんですの?」

魅音「…まー…うん。そーいう…のじゃないの?」

梨花「…」

レナ「…うーん…」

圭一「そういうの…っつーか…そういうのだったら、もっとコソコソしてるっつーか…」

魅音「確かに、随分堂々としてるよね…」

レナ「真っ正面から来てるみたいだし…」

沙都子「ストロングな変態なだけですわよ」

梨花「…!ッ…」ダッ

沙都子「!?り、梨花!?」

魅音「梨花ちゃん!?」

梨花「…知恵!知恵!!」

知恵「!?ふ、古手さん…?」

梨花「そ、その人は…えっと…」

「…」

知恵「…こ、この人は…お知り合い?」

「…」

梨花「ぼ、ボクの…」

知恵「…」

梨花「し、親戚の、遠縁の親戚の、お兄さん…なのですよ!」

知恵「それもう他人で良いんじゃないですかね?」



23: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:21:11.80 ID:Dq28VAqnO

「…」

梨花「えっと…」

「お前が、古手梨花か」

梨花「!」

「羽入から話は聞いた」

梨花「あ…」

知恵「…あの、とりあえず、お引き取り願えませんか?もうすぐ始業時間ですし…」

梨花「あ、あの!」

知恵「?」

梨花「この、この人は…」

「…俺の名は」

知恵「…?」

「チェイs」

梨花「左之助!左之助なのですよ!」



24: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:22:16.34 ID:Dq28VAqnO

知恵「…左之助?」

梨花「はいなのです!紫、紫左之助なのです!」

知恵「…左之助さん?」

チェイス「違う」

知恵「左之助じゃないらしいですよ」

梨花「左之す…けっっ!!」ゲシィ

チェイス「違う」

知恵「…え、ええと…左之助さん。今日のところは、申し訳ありませんが…もしここで働きたいというのなら、まず身分をしっかりさせて、きちんと教員免許を取ってですね…」

梨花「…ッッ…!」ズキンズキン

チェイス「…免許か」

知恵「はい。こういうのは、ここの人がはい良いですよで入れるものではありませんから」

チェイス「分かった。その免許を取ることにしよう」

知恵「そんなジュース買おうみたいな感覚で取れるものじゃないんですよ」

チェイス「…」

梨花「…さ、左之助!とりあえずこっちに来るのです!」グイッグイッ

チェイス「俺は左之助では…」

魅音「…えーと…おーい、梨花ちゃーん!先、行ってる…よ?」

梨花「は、はいなのです!ボクもすぐに行くのです!知恵、ごめんなさいなのです…」

知恵「い、いえ…話がつきましたら、来て下さいね?」

梨花「はいなのです!」

沙都子「…?」



25: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:22:56.60 ID:Dq28VAqnO

…。

梨花「はーっ…はーっ…」

チェイス「お前が梨花だな?」

梨花「…あのねぇ…」

チェイス「羽入から話を…」

梨花「話を聞いても!登場の仕方って、もんが、あるでしょ!?」

チェイス「しかし、これ以外お前に会う方法が無かった」

梨花「…いや、そうかもしれないけど…」

チェイス「俺には戸籍が無い。身分を証明出来るものも無い」

梨花「…もう良いわ。その辺は何とかするから…何とか出来る自信無いけど」

チェイス「それと俺は左之助ではない」

梨花「もう良いから!つい左之助って出ちゃったの!!」

チェイス「…」



26: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 04:23:52.73 ID:Dq28VAqnO

梨花「…ちなみに、名前は?」

チェイス「チェイスだ」

梨花「却下。どう見てもアンタ日本人よ」

チェイス「俺達ロイミュードは、人間の身姿をコピーして人間体を持つ」

梨花「…や…もうアンタの正体は良いわ。混乱しそうだから」

チェイス「…俺は、ここでは紫左之助として生活すれば良いのか?」

梨花「もうそれしか無いわよ。…名前のセンスがどうとか言わないでよ?」

チェイス「了解した」

梨花「…それよりも、羽入よ。羽入は何処?アンタ、知ってるんじゃないの?」

チェイス「…」

梨花「いつもなら私から離れることはないのに。今回に限って…」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…いない」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…え?」

チェイス「羽入は、俺を含めた時間全てを巻き戻し、力を使い果たした」

梨花「…」

チェイス「俺を送り届け、羽入は33年後の世界に残った」

梨花「…え…?」

チェイス「羽入から全てを聞いた。時間は少ない」

梨花「…」

チェイス「だから、最短でお前に会える方法を選択した。一刻も早くお前達を救う為に」

梨花「…ごめん。もう一回。もう一回だけ…説明して?」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「羽入がいるのは、33年後、お前達が死んだ未来だ」

梨花「…」

チェイス「いつかは分かる。だから隠すことはない」

梨花「…そんな…」

チェイス「…」

梨花「…嘘…でしょ…?」

第1話 終



29: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:30:59.58 ID:I0aTLmJBO

梨花「…」モグモグ

沙都子「…」モグモグ

チェイス「…」

梨花「…」モグモグ

沙都子「…」モグモグ

チェイス「…」

沙都子「…ン、ン゛ン゛!!」

チェイス「…」

沙都子「…ン゛ッ!!…ン゛ン゛ッン゛!!!」

梨花「…」モグモグ

沙都子「ン゛ン゛!!!」

チェイス「どうした?」

沙都子「その言葉そっくりそのままお返ししますわ」

チェイス「…?」

沙都子「何が悪いみたいな顔されても困るんですのよ」

梨花「…」モグモグ

沙都子「…まず、左之助?…さん。貴方はこの村の住人ではない」

チェイス「そうだ」

沙都子「そして、私は貴方を知らない」

チェイス「俺はお前を知っている」

沙都子「清々しい変態ですわね」



30: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:32:21.00 ID:I0aTLmJBO

梨花「…」モグモグ

沙都子「…というより、も!!まず!!」バン!

チェイス「…」

沙都子「常識的に考えて下さいまし!普通、そのような方が!レディーの家に転がり込んで!おかしいと思いませんの!?」

チェイス「…」

沙都子「梨花も梨花ですわよ…何か事情があるとはいえ、大人の、それも男の方をスッと家に上げて…」

梨花「…左之助は、悪い人ではないのですよ」

沙都子「悪い人ではないのかもしれませんわよ。でも!常識的にどうかという話!ですわ!!」

梨花「いきなりだったので、仕方ないのですよ…」

沙都子「…はぁ…」

梨花「…」モグモグ

沙都子「梨花も何だか元気が無いようですし…とりあえずしばらくは良いですわ。…しかし!」

チェイス「?」

沙都子「も・し・も!!私達に何かしようものなら…その時は叩き出しますわよ!」

チェイス「了解した」

沙都子「それと!家に居候するだけなんてこの私が許しませんわ!」

チェイス「…」

沙都子「働かざるもの食うべからず。ここに居たいというならば、それなりに家事はやって頂きますわよ」

チェイス「了解した」

沙都子「…本当に大丈夫ですの?この人…」

梨花「…大丈夫なのですよ」

…。



31: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:33:06.92 ID:I0aTLmJBO

梨花『羽入が…いない…?』

チェイス『33年という月日を戻し、俺を送り込む。羽入の力ではそれが限界だった』

梨花『…』

チェイス『羽入の話では、前原圭一という子供がまず事件を起こしたと聞いた』

梨花『…』

チェイス『それを無くしても、次は園崎魅音、園崎詩音が発端となる』

梨花『…』

チェイス『それを回避すると、次は北条沙都子。そして竜宮レナ』

梨花『…』

チェイス『そこからは、まだ見ていない。そう聞いた』

梨花『…羽入は、どうなるの?』

チェイス『…』

梨花『私達が、運命を乗り越えられても、それを羽入は見ずに終わるの?』

チェイス『…』

梨花『…そんなの、何の意味も…無いじゃない…』

チェイス『…』

梨花『私には、諦めるなって言っておいて、自分は…』

チェイス『…』

梨花『…何の為に、世界を戻したのよ…!!』

チェイス『…』



32: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:33:43.97 ID:I0aTLmJBO

チェイス『…羽入は、俺にこう言った』

梨花『…』

チェイス『お前達に、未来を与えてやりたい、と』

梨花『…』

チェイス『そこに、羽入は含まれていなかった』

梨花『…!…何を…!』

チェイス『自分を犠牲にして、羽入はお前達の未来を選んだ』

梨花『ッ…!知った風な口、聞いてんじゃないわよ!!』

チェイス『…』

梨花『羽入はね!!もうずっと前から一緒に居るの!!ずっと!!』

チェイス『…』

梨花『ただの仲間なんかじゃない!!一心同体でやってきたの!!』

チェイス『…ダチ、というやつか』

梨花『それを…っ…』

チェイス『…』

梨花『…そんな…顔で…そんな、淡々と…!!』

チェイス『…』

梨花『言わないで…!!』

チェイス『…』

梨花『…!!』



33: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:34:24.98 ID:I0aTLmJBO

チェイス『お前は、羽入が大事か?』

梨花『…』

チェイス『大事か?』

梨花『…大事に、決まってるでしょ…!』

チェイス『…羽入も、同じだ』

梨花『…!』

チェイス『…羽入は、そんな大切なお前の為に、世界に一人取り残される事を覚悟して俺を送り込んだ』

梨花『…』

チェイス『…その覚悟を、台無しにさせるな』

梨花『…』

チェイス『…』

梨花『…アンタも…』

チェイス『…』

梨花『…アンタも、全部、犠牲にしてきたの?』

チェイス『…』

梨花『一人で、ここに…』

チェイス『俺の目的は、生きとし生けるもの全てを守る事』

梨花『…』

チェイス『何処に居ても、それは変わらない』

梨花『…』

チェイス『俺はお前達を守る。羽入の為に、お前の為に』

梨花『…チェイス…』

チェイス『左之助だ』

梨花『今はチェイスで良いのよ!!』

…。



34: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:35:20.86 ID:I0aTLmJBO

沙都子「良いですこと?先ずはお風呂の掃除ですわ!」

チェイス「了解した」

沙都子「…全く、素直ですわね。圭一さんにも見習って欲しいものですわ」

チェイス「…圭一…」

沙都子「どうかされましたの?」

チェイス「…いや」

…。

……。

羽入『圭一が雛見沢症候群を発症する発端は13日、学校の帰りにレナと近くのゴミ処理場に宝探しに行った時にあります』

チェイス『…』

羽入『レナと離れ、一人でいた時に、近くを通りかかったフリーカメラマン、富竹ジロウに声をかけられ、そこで過去の事件の事を知ります』

チェイス『バラバラ殺人、の話か』

羽入『はい。それをひた隠しにするレナや魅音に、疑心暗鬼になっていくのです。そして、富竹ジロウの死を皮切りに…』

チェイス『…』

羽入『そして全てを信用出来なくなった圭一は、たまたま遊びに来た二人を…』

チェイス『…』

…。

……。

チェイス「…」

梨花「…」

沙都子「それが終わったら、お風呂を沸かして下さいまし。…ぬるめで」

チェイス「…沙都子」

沙都子「…いきなりレディーを呼び捨てとは、遠慮の無い殿方ですわね」

梨花「…」

チェイス「…」

沙都子「…それで?何ですの?真剣な顔をして…」

チェイス「…お前は、俺の全てを、知りたいと思うか?」

沙都子「…」

梨花「…」

チェイス「…」

沙都子「は?」



35: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:36:04.49 ID:I0aTLmJBO

沙都子「は?」

チェイス「知り合いの、過去や、普段の事、全てを知りたいと思うか?」

沙都子「…ああ、そういうことですの。…そうですわね…」

梨花「…」

沙都子「…思いませんわね」

梨花「!」

沙都子「知って、どうするんですの?それに話して嫌な気分になることもあるでしょうし…無理に聞こうとは思いませんわ」

チェイス「…」

沙都子「貴方のきちんとした情報を知りたいとは思いますわよ?いくつで、何処から何故ここに来たのか、とか…」

梨花「…沙都子…」

沙都子「誰しも話したくないことはあるものですわ。なら聞かないのが1番。違いますの?」

チェイス「…」

沙都子「…ま、そんなところですわね」

チェイス「…沙都子」

沙都子「はいはい…何ですの?」

チェイス「…見ず知らずの、俺を受け入れてくれて…」

沙都子「…」

チェイス「…ありがとう」

沙都子「さほど受け入れてませんわよ」



36: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:37:46.09 ID:I0aTLmJBO

沙都子「zzz…」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「今日、夕方。圭一は富竹ジロウと出会い…」

梨花「知ってるわ。このまま行けば圭一は雛見沢症候群を発症する」

チェイス「…」

梨花「発症したが最後、治る事はない」

チェイス「…」

梨花「とは言っても、悪化を止める事は出来るわ」

チェイス「…リビングの棚に、梱包された注射器が入っていた」

梨花「あら、プライベートを覗いたの?」

チェイス「2人の箸を出す時に、間違って開けてしまった」

梨花「…それで?」

チェイス「沙都子には、兄がいると聞いた」

梨花「ええ。それも症候群の中でも1番。Lv5よ」

チェイス「…」

梨花「でも行方不明のまま。結局見つかることはなかったわ」

チェイス「…」

梨花「叔母を金属バットで撲殺。その後…」

チェイス「…お前が、雛見沢症候群にかかっているとは思えない」

梨花「…」

チェイス「感染者は、沙都子か」

梨花「…ご明察。あの子は今Lv3よ」

チェイス「…あの注射器は、それを抑える薬か」

梨花「一時的にだけどね。定期的に打たないと、直ぐに発症よ」

チェイス「…沙都子は、知っているのか?」

梨花「…沙都子はまだ小学生よ。そんな子に、どうやって伝えるの?」

チェイス「…」



37: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:38:23.54 ID:I0aTLmJBO

梨花「…沙都子には、無害な薬の治験と伝えてあるわ。…あの子がもう少し大人になったら直ぐにバレるだろうけど」

チェイス「…」

梨花「…まだ圭一は発症していない」

チェイス「…今からなら、まだ間に合うということか」

梨花「あの注射器を、圭一に使う。そうすれば少なくともこの惨劇は回避出来る」

チェイス「…」

梨花「貴方、圭一を取り押さえられる?」

チェイス「造作も無い」

梨花「もし圭一が惨劇を回避出来ないのなら、その時は…」

チェイス「だが、それでは感染者を増やすだけだ」

梨花「…?」

チェイス「もし惨劇を回避したいのなら、1人の犠牲も出してはならない」

梨花「…」

チェイス「誰も傷つけさせない。そうでなくては羽入を裏切ることになる」

梨花「…甘いのね」

チェイス「…だが、不可能ではない筈だ」



38: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:39:07.52 ID:I0aTLmJBO

沙都子「zzz…」

梨花「…」

チェイス「…この子は、誰とも分からない俺を受け入れてくれた。怪しい存在だと分かっていながら」

梨花「…」

チェイス「そして言った。抱える秘密は聞くべきではないと」

梨花「…」

チェイス「感染しているのにも関わらず、沙都子は既に乗り越えている」

梨花「…」

チェイス「この子に出来たのなら、圭一にも出来る筈だ」

梨花「…そうね」

チェイス「…」

梨花「…そう思ってた時が、私にもあったわ…」

チェイス「…?」

梨花「…圭一はね、そんじょそこらの人間とは違う」

チェイス「…」

梨花「何があっても諦めない、強い意志を持った人間よ」

チェイス「…」

梨花「運命なんて、平気な顔で捻じ曲げられそうな…頼り甲斐のある男だったわ」

チェイス「なら、何故…」

梨花「…解き方の分からない問題は、何度やっても無理なのよ」

チェイス「…」

梨花「運命を乗り越えても、待っていたのは死」

チェイス「…」

梨花「…理不尽よね。どう頑張っても、7月を迎えられないんだから」

チェイス「…お前は、諦めたのか?」

梨花「…」

チェイス「諦めたのならば、何故時間を戻させた」

梨花「…」

チェイス「俺がここに来たのは、お前が助けを求めたからだ」

梨花「…」

チェイス「そのお前が諦めるということは、羽入の覚悟を裏切ることになる」

梨花「…」

チェイス「ダチの思いを、裏切るな」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…簡単に、言ってくれるのね」

チェイス「…」

梨花「…でも、ありがとう」

チェイス「…」

梨花「…今の私には、それくらいが一番嬉しい」



39: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:39:50.38 ID:I0aTLmJBO

…。

……。

知恵「…」

梨花「…」

チェイス「…」

知恵「…あの、私言いましたよね?」

チェイス「分かっている」

知恵「…分かっていると言われましても…」

チェイス「だが、何とかして欲しい」

梨花「ボクからもお願いしますですよ。知恵」

知恵「…いくら古手さんの頼み事と言われましても…」

チェイス「…」

知恵「…この方を、ここで雇うのは…」

梨花「でも、人手が足らないといつもボヤいていたのを知っているのです」

知恵「…ですが…資格の無い方に教鞭を執らせる事は…」

チェイス「報酬はいらない。それならば仕事とは言わない筈だ」

知恵「…ボランティア、だと…?」

チェイス「そうだ」

知恵「・・・」

梨花「…」

知恵「…校長先生。どうされますか?」

校長「…そうですなぁ…」

知恵「本人はボランティアでも構わないと言っていますし…」

梨花「その上ボクのお墨付き、なのですよ」

校長「ううむ…」

梨花「それにチェ…左之助はとっても強いのです。悪い奴なんか一瞬でぱーん☆なのです」

知恵「この人の方がよっぽど悪そうに見えるんですよ」

チェイス「…服か。生憎これ以外は…」

校長「…」



40: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:40:33.33 ID:I0aTLmJBO

校長「…左之助…さん…で、よろしいのかな?」

チェイス「何だ」

校長「…確かに、貴方からは悪人の気配はしません」

チェイス「…」

校長「…しかし、ですな。それよりも…」

チェイス「…」

校長「…何故、ここを選んだのですか?」

チェイス「…志望動機というやつか」

校長「他にも教鞭を執る事が出来る場所はいくらでもある筈です」

梨花「…」

校長「貴方が、ここを選んだ理由は?」

チェイス「…」

校長「…貴方の言葉で、説明してはもらえませんかな?勿論、嘘偽り無く…」

チェイス「…」

梨花「そ、その…」

チェイス「…」

梨花「ぼ、ボクが代わりに…」

校長「いえ。彼に説明してもらわねばなりません」

知恵「…」

校長「身分も怪しい。目的も不明。そのような者をここに入れるのは私が許しません」

チェイス「…」

校長「ですから。貴方に聞きたい」

チェイス「…」

校長「ここに、何をしに来たのですか?」



41: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:41:17.65 ID:I0aTLmJBO

チェイス「…」

梨花「…」

校長「…」

チェイス「俺の名は、左之助ではない。チェイスだ」

知恵「!」

梨花「!?…ちょっ…!」

チェイス「そして俺は、古手梨花とは何の関係も無い」

校長「…ほう…」

チェイス「俺は、ここに呼ばれた」

梨花「…!!?」

チェイス「この村を守れと、人間を守れと言われた」

知恵「…」

校長「…」

チェイス「…信用は、出来ないか」

知恵「…」

校長「…」

梨花「・・・」

チェイス「…ならば、こうするのが一番早い」スッ

校長「む…?」

知恵「?」

チェイス「…」

梨花「え…?」

チェイス「…」グッ

http://youtu.be/JIde65wVR54



梨花「…え…?」

『Break up』

校長「!?」

知恵「…!」



42: ◆GWARj2QOL2 2017/05/12(金) 22:42:13.83 ID:I0aTLmJBO


no title


チェイス「…」

梨花「…あ…」

知恵「…こ、ここ…校長…先生…!!」

校長「…!!」

チェイス「…俺は、人間ではない」

校長「…」

チェイス「人間に作られた機械生命体、ロイミュード」

梨花「…本当…だったの…?」

チェイス「俺の使命は、この村を襲う「何か」から、お前達を救うことだ」

知恵「…」

校長「…チェイス、さん…」

チェイス「それが何かは分からない。だが少なくとも、こうすることで守る手段は増える」

校長「…」

チェイス「…俺を、此処で雇ってくれ」

校長「…」

知恵「…」

梨花「…」

校長「わ…」

チェイス「…」

校長「…分かり…ました…」

第2話 終



49: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:38:23.45 ID:RTjDP4q9O

知恵「…は、はーい!じゃあ…岡村君?この問題は分かりますか?」

岡村「は、はい…えっと…」

富田「…」

岡村「え、えっと…こ、こう…でしょ…うか…?」

チェイス「違う」

岡村「ヒイッ!!?」

富田「うわっ!!?」

チェイス「文章を良く読め。大概の計算問題は文章にヒントが書いてある」

岡村「は、はいぃ…」

知恵「…」

チェイス「人間が作った問題だ。同じ人間に解けない筈はない」

岡村「はひぃ…」

…。

圭一「・・・」

魅音「・・・」

レナ「・・・」

沙都子「…」

梨花「…」

沙都子「…梨花?」

梨花「…」

沙都子「…どうして、こうなったんですの?」



50: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:39:12.51 ID:RTjDP4q9O

…。

……。

梨花『機械生命体…ロイミュード…』

知恵『…これは…現実…なの…?』

校長『…』

チェイス『現実かどうか、それは知らない。ただ俺は自分の役目を果たしに来た。それだけだ』

校長『…その為に、未来から…』

チェイス『そうだ』

校長『…チェイスさん』

チェイス『…』

校長『…この老いぼれの耳が腐ってなければ確かに、何かが、この村を襲うと聞きましたが…』

チェイス『そうだ』

校長『それは、いつ、なのですか?』

チェイス『…少なくとも、今のままではお前達は7月を迎えることすら出来ない』

知恵『!』

校長『…ほう…』

チェイス『そうならない為に、まず情報を集めたい』

梨花『…』

校長『…古手さんは、この事を?』

梨花『…』

チェイス『梨花。嘘を吐くな。この男に嘘は通じない』

梨花『…!』

知恵『…』

校長『…人生経験は、貴方達よりは上ですからな…人を見極める力はそれなりにあると思いますが…』

梨花『…』

校長『…』

梨花『…話せば、長くなる。…だから、少しだけ』

校長『どうぞ』

知恵『…古手…さん…』

梨花『私も貴方達も、もう何百回も死んでる』

知恵『!!』

校長『…!』



51: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:39:53.57 ID:RTjDP4q9O

梨花『その度に、世界をやり直してる。…「今」、この世界は33年振りだけどね』

校長『…参りましたな』

知恵『…あ、あの…』

校長『…そのような事に、今まで気づかなかったとは…』

梨花『無理もないわ。記憶が残るのは私だけだもの』

知恵『…あの』

校長『知恵先生。このお二方は嘘なぞ吐いてはおりません。本心です』

知恵『…ですが、あまりに突拍子もない…』

校長『その為に、彼は正体を明かしてくれた。それにそう考えれば彼が何故この学校に来たのかも合点がいく』

知恵『…』

梨花『…』

校長『…雛見沢村の住人全員の命の危機。もしも、それが本当だとしたら…』

チェイス『…』

校長『…迷う必要はありませんな』

梨花『…じゃあ』

校長『私達で良ければいくらでも力になりましょう。場合によっては警察にも…信じてはもらえないかもしれませんが…』

チェイス『…ありがとう』

…。

……。



52: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:40:38.07 ID:RTjDP4q9O

魅音「…うーん…にしても、あの左之助って先生にゃー驚いたね」

レナ「そうだねぇ。沙都子ちゃんのトラップも簡単に避けられちゃったし」

沙都子「うぐぐ…精度をもっと高めねばなりませんわね…」

魅音「オマケにあのポーカーフェイスだしねぇ…自己紹介の時も今も、眉一つ変わってないよ」

圭一「…梨花ちゃんの知り合い…なんだよな?ならどういう人なのか、知ってるのか?」

梨花「みー…ボクも久し振りにお会いしたので、細かい事は分からないのですよ」

圭一「…そ、そっか」

梨花「…」

チェイス「…勉強は、進んでいるか?」

圭一「うわっ!?」

チェイス「…」

魅音「あ、あははー…な、何とか…」

チェイス「…前原、圭一」

圭一「えっ?」

チェイス「…竜宮、レナ」

レナ「は、はうっ?」

チェイス「…園崎、魅音」

魅音「!」

チェイス「…お前達は、いつも3人で勉強をしているのか?」

魅音「…え、え…ええまあ!ほら!アタシらしか年長組はいないし…」

レナ「で、でも!圭一君がいつも教えてくれてて…」

チェイス「…そうか」

梨花「…」

チェイス「…圭一」

圭一「は、はい?」

チェイス「計算が途中から合っていない」

圭一「え?…あ」

チェイス「人に教えるのならば、もっと責任感を持って教えるべきだ」

圭一「…」

チェイス「レナと魅音はお前を信頼して、全てを委ねている」

魅音「え?す、全てはー…あはは…」

レナ「あ、あはは…」

圭一「…」

チェイス「…」

梨花「…」



53: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:41:30.27 ID:RTjDP4q9O

梨花「(…結局あれから普通に授業して、お弁当食べて…)」

魅音「…んー…」

圭一「…」

梨花「(今日もこのまま、何も変化せずに終わるのかしら…)」

魅音「…これっ!!」ヒョイ

圭一「がっ…!?」

魅音「はーい!私の勝ちー!」

沙都子「おーほっほっほ!圭一さんのビリッッケツ決定!ですわね!」

圭一「あああああああ!!!昨日のカードはどうした!昨日の傷付きカードは!」

魅音「バレたのに使う訳ないじゃーん☆」

圭一「何ぃぃぃぃぃ!!?この卑怯者ぉぉぉぉおおおおお!!!」

魅音「あっはっはっは!まー新入りの通過儀礼だと思ってさー♪」

沙都子「さ!潔く罰ゲームを受け入れるんですのよぉ?」

圭一「うぐぐ…分かった!だが次はこうはいかねぇ!次は勝つ!絶対に勝つ!」

レナ「そうだよ圭一君!レナ応援してるからね!」

沙都子「…レナさん1番上がりでしたわよね?」

圭一「…さ!今日の罰ゲームは何だ!!」

梨花「(…けど、チェイスだって何か考えが…)」

魅音「はいよっ!…今日はぁ…これっ!」バサッ

梨花「(…でも、あの不器用が服着て歩いてるような奴に…)」

圭一「…なっ…?」

沙都子「今日の罰ゲームは…メイド服を着て村を練り歩く!ですわよ!」

圭一「…んなぁぁぁぁぁぁ!!?」

魅音「はいはーい!レナ!圭ちゃん抑えててー♪」

レナ「はう~…圭一君のメイド服姿…見たいよぅ、見たいよぅ」

圭一「お前ら…!覚えてろよー!!!」

梨花「(…でも、さっき…)」

沙都子「おーほっほっほっほ!それは負け犬の遠吠えと言うんですのよ!!」

圭一「だああああああ畜生ぉぉおおおおお!!!」

梨花「(確かに…チェイスは圭一に…)」

…。



54: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:42:14.19 ID:RTjDP4q9O

圭一「…あーもう…何たってこんな格好…」

魅音「似合ってる似合ってる。可愛いよぉ」

圭一「嬉しくないんだよ!レナは俺の事お持ち帰りしようとしてたし…村の人はめちゃくちゃこっち見てくるし……ったく…」

魅音「あはは。そりゃそんだけ似合ってりゃみんな見るって」

圭一「嬉しくないんだよ!!」

魅音「…ちなみにそのメイド服…前に着たのはレナだよ」

圭一「えっっ!!?」

魅音「もしかして、洗ってなかったかも…」

圭一「えっっっ!!?」

魅音「……あーっはっはっはっは!!!圭ちゃん顔真っ赤ー!!」

圭一「…!!!み、魅音ー!!!」

魅音「あっはははは!!!ごめんごめんって…あはは…」

圭一「ったく…からかうのも大概にしろよなー…」

魅音「やー…でも圭ちゃん何だか元気無かったみたいだからさー…」

圭一「え?」

魅音「ん?」

圭一「そ、そうだったか?」

魅音「そうだよぉ。ずーっと何か考え事してた」

圭一「…」

魅音「で?何かあった?」

圭一「…えっと…さ、魅音」

魅音「ん?」

圭一「…そのー…昔、此処で…」

魅音「…」

圭一「…バラバラ殺人があったって…」

魅音「・・・無かった」

圭一「!」



55: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:42:53.45 ID:RTjDP4q9O

魅音「…」

圭一「…」

魅音「…でさー!圭ちゃん帰ってくる前の沙都子がねー?」

圭一「…」

…。

チェイス『レナと魅音はお前を信頼して、全てを委ねている』

…。

圭一「…魅音」

魅音「ん?…」

圭一「…大丈夫だ」

魅音「…」

圭一「何があったって、この村を嫌いになったりしない」

魅音「…」

圭一「俺に気を遣ってくれてるなら、嬉しい…けどさ」

魅音「…」

圭一「俺もこの村の住人だし、良いところも、悪かったところも、知ってみたい」

魅音「…圭ちゃん…」

圭一「…でも、無理にとは言わない。お前がそこまで隠すってのは、理由があるってことだから」

魅音「…」

圭一「…」

魅音「…圭ちゃん」

圭一「…」

魅音「…面白い話じゃ、ないけど…」

圭一「…」

魅音「…あのね…」



56: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:44:31.14 ID:RTjDP4q9O

沙都子「~♪」ジュー

梨花「昭和50年、ダム建設計画の話が出てきてね。この村を全部沈めるって…」

チェイス「…」

梨花「勿論、住人達には手厚い謝礼金が支払われる予定だったわ。老人が多かったし、何より彼らはこの村を愛してやまなかったから」

チェイス「…しかし、住人達は立ち退きを拒否した」

梨花「そう。…拒否だけじゃ済まなかったけどね」

チェイス「…」

梨花「昭和53年。当時の建設大臣の娘が誘拐される事件が起こったわ」

チェイス「…」

梨花「結果的に救えはしたけれど犯人は捕まらず、事件は未解決のまま」

チェイス「…お前は、その時も既に?」

梨花「ご想像にお任せするわ。…そして、遂に起こったのよ」

チェイス「…例の、バラバラ殺人か」



57: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:45:06.60 ID:RTjDP4q9O

梨花「そう。犯人は恐らく村人の誰か。相手は建設会社の現場責任者」

チェイス「…状況的に、そう考えるのが妥当だろうな」

梨花「この現場責任者が隣町の興宮警察署のとある狸刑事の知り合いでね。躍起になって雛見沢に関わろうとして。…でも後にこの男のせいで圭一やレナ達はこの村全体に畏怖の念を抱いてしまうの」

チェイス「…刑事…か」

梨花「?」

チェイス「続けろ」

梨花「…でもね、結局捕まったのは1人だけ。納得いかないみたい。このた…大石刑事は」

チェイス「…」

梨花「…それで、もう限界だって建設会社が引き上げてね、ダム開発は白紙になったのよ」

チェイス「…しかし、33年後は違った」

梨花「誰もいないんだから。そりゃ丁度良い土地が出来たって話じゃない」



58: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:45:40.62 ID:RTjDP4q9O

チェイス「…」

梨花「…でも、そうはさせないんでしょ?」

チェイス「その為に俺はここにいる」

梨花「…そう」

チェイス「…やはり、寂しいか?」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…野暮な質問、するものじゃないわよ」

チェイス「…」

梨花「…こういうのは、察して気を遣うってのが男ってものよ」

チェイス「…すまない」

沙都子「…さ!出来ましたわよ!左之助さん!梨花!今日はハンバーグですのよ!」

チェイス「…」

梨花「…ほら!左之助!沙都子の美味しいご飯なのですよ!」ポン

チェイス「…了解した」



59: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:46:25.39 ID:RTjDP4q9O

圭一「…」

…。

魅音『ごめんね圭ちゃん。…隠すつもりじゃなかったんだけど』

圭一『いや、分かってる。…そんな内容、これから楽しもうって新入りに話せたもんじゃないしな』

魅音『…全く、富竹さんもお喋りなんだからなー…』

圭一『?知り合いなのか?』

魅音『まあね。あの人毎年、この時期になると来るんだ。綿流しのイベントを見に』

圭一『へー…あ、カメラマンって言ってたもんな…』

魅音『…あ!でね?でね?これがもー…でも…あ、良いや、言っちゃえ』

圭一『?』

魅音『あのね?監督の診療所の…あ、まだ行ったことなかったっけ?』

圭一『あの診療所か?そういえば…え?監督?』

魅音『…あ。ごめんごめん。入江先生っていうんだけどさ。…ちなみに監督っていうのは、雛見沢ファイターズっていうこの辺の少年野球チームの、ね?…現場監督とかじゃないよ?』

圭一『分かってるよ……で?その診療所がどうしたんだよ』

魅音『あのね!そこのナースの鷹野っていう人と富竹さんが、…んもっ…すっっごく!仲が良くってねー…』

圭一『…へー…』

魅音『巷の噂じゃ、綿流しは二番手、一番は鷹野さんじゃないかってさー』

圭一『そりゃ…そうかもなー…』

魅音『でしょでしょ!?そう思うよねー!』

…。

圭一「…信頼、か…」

圭一「…レナも、俺に気を遣って…」

圭一「…!」パン

圭一「…よしっ…」

圭一「明日からは、またいつも通りの俺だ!」

圭一「…」

圭一「…全てを…」

圭一「委ねて…」

圭一「…!……いかんいかん…妄想が…」



60: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:47:19.62 ID:RTjDP4q9O

沙都子「どうですの?左之助さん」

チェイス「…何がだ?」

沙都子「どうって…」

梨花「…」

沙都子「美味しいかどうか!ですのよ!食事中なんですから!!味の評価に決まってるでございましょう!!?」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「俺に味を感じる機能は…」

梨花「ン゛ン゛!!!」

チェイス「…」

梨花「ン゛ッン゛ン゛!!!」

チェイス「…美味い」

沙都子「!…そ、そうでございましょう?私が作ったハンバーグなのですから………というより」

チェイス「どうした?」

沙都子「美味しいなら!!もっと美味しいって顔出来ませんこと!?ポーカーフェイスにも程がありますわよ!!」

チェイス「…」

沙都子「ほら、もっとこう…口角を上げて、にぱーっと…」

チェイス「口角を…」

梨花「…」

チェイス「…」ググ…

沙都子「…」

チェイス「…」グググググ…

沙都子「…」

チェイス「…」ギギギ…

沙都子「…笑おうという意思は伝わりましたわ…」

チェイス「…」

梨花「・・・」

沙都子「しかし、素直なのはとても良い事でしてよ。圭一さんももっと左之助さんのようになって欲しいものですわね…」

チェイス「…」ギチギチギチ

梨花「もう戻して良いのですよ」



61: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:47:51.53 ID:RTjDP4q9O

…。

?「…あのアマァ…!」

?「…なぁにが2人で一緒に、幸せにだ…!」

?「上納金掻っ攫って、1人だけ逃げよってからに…!!」

?「…こいつぁ…ちっとばかしマズい事になった…」

「…?お!おいおい!」

?「ああ…?何じゃ。ワシャあ今…お」

「鉄っつぁんじゃねえか!久し振りだなぁ!ええ?」

?「…何じゃ。随分立派な店構えたもんじゃのう…」

「そりゃあな。鉄っつぁんのおかげだよ。全く…どうしたんだよ。世界の終わりみたいな顔しちまって…」

?「…」

「…まあ、なんだ!どうだい?ちょっと一杯…」

?「…悪ぃが、ワシは今…」

「良いって良いって!それにもう店じまいだ。余りモンで良けりゃ食ってきなよ」

?「…すまんのう…」

…。



62: ◆GWARj2QOL2 2017/05/14(日) 23:48:28.16 ID:RTjDP4q9O

「…は…はァ!?そ、園崎組の上納金を…!!?」

?「シッ…!!何処で誰が聞いとんのか分からん。あまり大きな声を出すな…」

「い、いや…だけどよ…そりゃちっとマズいぜ?…いや、ちっとじゃねぇ。本当に…」

?「…まあ、バレたら指の一本や二本じゃ済まん…な」

「指どころじゃねぇ。腕脚全部切り取っても足りねぇ…何たってそんな…」

?「…このナリと歳で稼ごうとしたって…今の世の中甘くねぇっちゅう事じゃろうな…」

「…」

?「そこに、あんクソアマの話が舞い込んできた」

「…成る程な」

?「…正直、命なんてどうでもええっちゅう額じゃったわ。金の力っちゅうもんは末恐ろしいもんじゃ」

「…」

?「じゃが、やっぱり人間、いざという時にゃ自分の命が惜しくなる。…今みたいに全部の責任押し付けられちまったらな」

「…そりゃ大層な女に引っかかっちまったもんだな」

?「…」

「どうすんだい鉄っつぁん。この先…」

?「…」

「園崎のモンが鉄っつぁんに気付いちまったら、俺だってどうにも…」

?「…その時の為に、な」

「?」

?「…保険はかけとるんよ」

「…保険?」

?「まあな。当てならある」

「…?」

?「…待っとれや…」

「…」

?「…沙都子よぉ…」

第3話 終



67: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:32:31.09 ID:fjZgGhIsO

…。

羽入『り、りぃかぁ…辛いのは食べないで欲しぃのでひゅぅ…』

羽入『苦いのも嫌なのです!甘いのが良いのです!』

羽入『シュークリームにぃ…シュークリーム…シュークリームぅ』

羽入『…!買ってくれるのですか!?ありがとうなのです!あうあう!』

羽入『は、早く…!久し振りのシュークリームなのです…!』

羽入『…あ、あうあう!焦らすのはダメなのですよ!梨花!』

羽入『…!お、おいひぃのでひゅ…』

羽入『梨花!ありがとうなのですよ!にぱー☆』



68: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:33:19.10 ID:fjZgGhIsO

…。

梨花「…」

梨花「…!」

梨花「…夢…」

梨花「…そうよね」

梨花「…羽入は、もう…」

チェイス「…」

梨花「…!」

チェイス「…」

梨花「…起きてたの?」

チェイス「睡眠機能はあるが、したところで意味は無い。だから起きてお前達の身の安全を確保する方が合理的だ」

梨花「…そう」

チェイス「…泣いているのか」

梨花「!…な、泣いてなんか…」

チェイス「涙が、流れている」

梨花「…ほんっと…デリカシーが無いのね…!」ゴシゴシ

チェイス「…」

梨花「…アンタには、一生かかっても分からないわよ…」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「俺も、涙を流したことがある」

梨花「!」



69: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:33:53.23 ID:fjZgGhIsO

沙都子「zzz…」

梨花「…アンタが?」

チェイス「人は、嬉しい時や悲しい時に涙を流す」

梨花「…まあ、そうね…」

チェイス「俺は、悲しい時だった」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…何が…あったの?」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「失恋だ」

梨花「寝るわ。静かにしててよ」

チェイス「…」



70: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:35:00.42 ID:fjZgGhIsO

チェイス「…」

梨花「…そういえば、だけど…」

チェイス「どうした」

梨花「…今日の夕方、圭一が魅音に事件のことを質問するのよ。魅音が明日の朝教えてくれるから分かるわ」

チェイス「それは羽入から聞いた」

梨花「…もし圭一が発症していたら、明日になればすぐ分かるわ」

チェイス「何故だ?」

梨花「昼ご飯の時に机をくっつけるんだけど、その動作が少し遅いのよ」

チェイス「…そうか」

梨花「…ねえ、チェイス」

チェイス「どうした」

梨花「…アンタ、圭一に変な事言ってたけど、アレはどういう意味だったの?」

チェイス「…」

梨花「魅音やレナが、圭一を信頼してるって…」

チェイス「…俺達ロイミュードは、単純な能力の他にも人間に対するセンサーが備わっている」

梨花「…」

チェイス「あの二人が圭一に接する時、心臓の鼓動が少し早くなり、体温が上昇している事に気がついた」

梨花「…あー…」

チェイス「特に魅音は顕著に表れていた」

梨花「…何?アンタってそういう話好きなの?」

チェイス「…」

梨花「…意外ね。もっとドライな奴かと思ってた」

チェイス「俺はお前達のように感情を自由に表すことが出来ない」

梨花「…」

チェイス「だから、学びたい。人間のコミュニケーションというものを」

梨花「…なら、アドバイスしてあげる」

チェイス「…」

梨花「…時には、熱い男も悪くないものよ」

チェイス「…」

…。

『ベルトさん!』
『アンタみたいな奴、どー…にも嫌いになれないんだよな』
『うわっ…霧子ォ!!?』
『考えるの、やーめた』

…。

チェイス「本当か?」

梨花「今の間は何?」



71: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:35:58.10 ID:fjZgGhIsO

…。

沙都子「…むにゃ…けいいちさーん…しゅぎょーがたりなくてよぉ…」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…」ムク

チェイス「まだ朝ではない」

梨花「分かってるわよ…何だか眠れなくなっただけ」

チェイス「お前は人間だ。睡眠は取らなくてはならない」

梨花「村がヤバイってのに、そんな事一々気にしないでよ」

チェイス「…」

梨花「…分かった。分かったわよ。じゃあ…もう少し話し相手になりなさい」カチャカチャ

チェイス「…待て」

梨花「何?」

チェイス「それは、酒か?」

梨花「…そうだけど…」

チェイス「ダメだ。お前は子供だ」

梨花「んがっ…!?あ、あのねぇ…こう見えて、アンタの10倍は…」

チェイス「だが、身体は子供だ。未成年の飲酒は健康に著しく害を与える」

梨花「もう何度も飲んでるわよ。それにちょっと酔ったくらいが…」

チェイス「それだけではない。発育にも大きく響く」

梨花「余計なお世話よ」

チェイス「…ルールはルールだ。守らなければならない」

梨花「…はぁ…分かったわよ…もう…」



72: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:36:47.26 ID:fjZgGhIsO

梨花「…アンタ、綿流しの儀式については聞いてる?」

チェイス「実物は見ていないが、古手神社の巫女が古い布団を裂き、その中の綿に願いを込めて川に流す儀式だと聞いた」

梨花「そ。…なら、大体知ってると思うけど…」

チェイス「…」

梨花「私は明後日から暫く帰るのが遅れる事になるわ。奉納演舞の練習があるから」

チェイス「…その間は」

梨花「心配は無用よ。その「何か」がやってくるのは綿流し後だから」

チェイス「…」

梨花「ただ、この子は別よ」

チェイス「…」

梨花「…私がいない間、沙都子は一人になる」

チェイス「…」

梨花「…つまり、あの男の格好の餌食になる可能性があるってわけよ」

チェイス「あの男…沙都子の、叔父か」

梨花「そう。この男ははっきり言って正真正銘人間のクズよ」

チェイス「…」

梨花「沙都子が発症するのは、この男のせい」

チェイス「…」

梨花「薬も打たず、虐待されて…沙都子は壊れてしまうの。…ただ」

チェイス「…ただ?」

梨花「…事件を起こすのは、沙都子ではない…」

チェイス「…」

梨花「沙都子の兄、悟史は知ってる?」

チェイス「ああ」

梨花「…彼が行方不明になってから、沙都子は心の拠り所を探していた」

チェイス「…圭一、か」

梨花「…察しが良いわね」



73: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:37:38.92 ID:fjZgGhIsO

梨花「圭一が疑心暗鬼になる要因は、一つだけじゃない」

チェイス「?」

梨花「圭一はね、沙都子の兄になろうとしたのよ」

チェイス「…兄…」

梨花「そう。悟史の代わり。…沙都子も次第に圭一の事を兄のように慕っていってね…」

チェイス「…兄…」

梨花「…それだけで、終われば良かったのに…」

チェイス「…発症か」

梨花「ええ。そのせいで殺意を抑えきれなくなった圭一は沙都子の叔父、北条鉄平を殺してしまったの」

チェイス「…」

梨花「それだけじゃない。…貴方、北条家については聞いてる?」

チェイス「…何のことだ?」

梨花「…昔ね、沙都子が産まれた当時。北条家の人間は園崎、公由家と折り合いが付かなくてね」

チェイス「…」

梨花「村八分って言葉は、知っているかしら?」

チェイス「ああ」

梨花「それが今でも続いてる。北条家はこの雛見沢では忌み嫌われる存在なのよ」

チェイス「…魅音やお前とは、仲が良いのに、か…?」

梨花「田舎にありがちな風習よ。私も魅音も、こればかりはどうしようもない」

チェイス「…」

梨花「…圭一は、そんな背景を知って雛見沢に敵意を向けるようになってしまうの」

チェイス「…この子の、為にか」

梨花「そう。…行き過ぎた正義感。褒められたものではないわ」

チェイス「…沙都子の親は、今何処にいる?」

梨花「…その辺は、またその内話すわ」

チェイス「…」

梨花「…可哀想。だなんて思わないであげて」

チェイス「…」

梨花「…この子の、精一杯のプライドの為に、ね」

チェイス「…」

沙都子「…zzz…」



74: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:38:21.57 ID:fjZgGhIsO

チェイス「何故、兄になろうとする?」

梨花「え?…さぁ、ね。…同情、かしら」

チェイス「家族になりたい。それは愛しているということではないのか?」

梨花「…どうかしらね。ただ、家族愛っていうのもあったかもしれないわ」

チェイス「家族…愛…」

梨花「異性としてではない。本当の妹のように」

チェイス「…そうか」

梨花「…」

チェイス「不思議だ」

梨花「?」

チェイス「何故、家族なのに虐待など…」

梨花「…ああ、叔父の事?」

チェイス「家族愛は、無いのか?」

梨花「…肩を持つ訳ではないけど、沙都子の親がしたことで少なからず影響はあったみたい」

チェイス「だが、その恨みを沙都子にぶつけたところで何も解決はしない」

梨花「それは、向こうもよく分かってる筈よ。けど、どうしようもないんでしょ」

チェイス「…」

梨花「行き場の無い怒りを、この子にぶつけるしかストレス解消法が無い」

チェイス「…」

梨花「アンタ、生きとし生けるもの全てを守るって言ってたわよね?」

チェイス「ああ」

梨花「…なら、どう?」

チェイス「…」

梨花「目の前で、沙都子が暴力を振るわれたら、貴方は北条鉄平をどうする?」

チェイス「振るわれる前に取り押さえる」

梨花「や…そうじゃないわね。じゃあ、もしも、北条鉄平が、沙都子の親権を盾に沙都子を奪ってしまったら、どうする?」

チェイス「…」

梨花「ルールはルールなんでしょ?これなら向こうに問題は無いわ」



75: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:40:28.91 ID:fjZgGhIsO

チェイス「…難しいな」

梨花「…そ」

チェイス「…」

梨花「…圭一は、解決させたわよ」

チェイス「!」

梨花「貴方には、出来るかしら?」

チェイス「…」

梨花「…まあ、その時は別の発症者が現れたんだけどね…」

チェイス「…」

梨花「大見得切ったんだから、やってみせなさい。出来ないだなんて絶対に言わせない」

チェイス「…どうやって、解決したんだ?」

梨花「あら?もう降参?」

チェイス「俺には出来ない、方法なのか?」

梨花「…この村の人間、隣町の人間。色んな人達を味方につけることが出来るかしら?」

チェイス「…」

梨花「圭一は口から産まれてきたような奴だから。見事に全員手玉に取っちゃったわよ」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…」グググギギ…

梨花「…貴方はまず感情表現の練習からだったわね」



76: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:41:13.38 ID:fjZgGhIsO

…。

沙都子「…んん…さのすけさん…わたくしのとらっぷをぉ…」

梨花「…」

チェイス「…寝ないのか?」

梨花「…もう少し、夜風に当たっていたいのよ」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「心配するな」

梨花「…え?」

チェイス「お前は…お前達は絶対に死なせない」

梨花「…」

チェイス「そんな残り時間を惜しむような行動はするな」

梨花「…」

チェイス「もう「それ」以上、お前を悲しませたりはしない」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…全く…」

チェイス「…」

梨花「…不器用な癖に…そういうところは鋭いのね」

チェイス「…」

梨花「…33年振りだもの」

チェイス「…」

梨花「怖くて、当然じゃない」

チェイス「…」

梨花「…」



77: ◆GWARj2QOL2 2017/05/16(火) 21:42:19.13 ID:fjZgGhIsO

チェイス「梨花」

梨花「?」

チェイス「…」ギュ

梨花「…口リコンに目覚めたの?」

チェイス「お前の不安や悲しみが、どうやったら止まるのか、考えた」

梨花「…」

チェイス「…だが、思いつかなかった」

梨花「…それで、これ?」

チェイス「俺には圭一のような器用さも、魅音やレナ、沙都子のように明るく振る舞う事も出来ない」

梨花「…」

チェイス「だが、約束する」

梨花「…」

チェイス「必ず、助ける」

梨花「…」

チェイス「だから、怯えるな」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…アンタと圭一、似てなくもないわよ」

チェイス「…ん…?」

梨花「…こうやって、真っ直ぐ向き合うところ」

チェイス「…」

梨花「約束」

チェイス「…」

梨花「絶対に破らないでよ」

チェイス「…了解した」

第3.5話 終



82: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 21:55:33.47 ID:wzUQ9MOUO

魅音「あー!ごめん!今日の部活は無し!」

圭一「え?」

レナ「?」

沙都子「あら?何か用事ですの?」

魅音「それがさー…昨日の夜に知り合いから電話がかかってきてね?少しだけバイト頼まれちゃって」

圭一「へー。そりゃ大変だな」

沙都子「ん…まあ、実は私達も今日は興宮までお買い物に出掛けなければなりませんので…」

梨花「みー☆」

圭一「じゃあ、レナと俺だけか」

レナ「二人で部活は出来ないし、今日はお休みだね」

魅音「ごめんねー?明日は通常通りだから!よろしくっ!バイバーイ!!」バビューン

圭一「お、おお…」

沙都子「…何だか、嵐のように去っていきましたわね」

レナ「急いでるのかな?かな?」

梨花「何だか興宮のワードに反応していたようなのです」

沙都子「ん…あ!こうしてはいられませんわ!梨花!左之助さんを呼んで下さいまし!」

梨花「了解した。なのです!」

レナ「?左之助先生がどうかしたの?」

梨花「左之助は荷物持ち担当なのですよ」

沙都子「おーほっほっほ!左之助さんは圭一さんと違って力持ちですから!」

圭一「何ぃ!?」

沙都子「圭一さんは食器棚を一人で持ち上げることが出来まして?」

圭一「ゲッ…あの人そんな事出来んのかよ…」

沙都子「人は見た目によらないということですわ」

レナ「・・・見た目・・・?」

沙都子「…それは否定しませんわ…」



83: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 21:56:35.08 ID:wzUQ9MOUO

…。

チェイス「部活…」

沙都子「そうですのよ。魅音さんを中心として、様々なゲームで勝負をするのですわ」

チェイス「…部活というのは、ゲームをするものなのか?」

梨花「中身はゲーム同好会なのです」

沙都子「というより部として認知されてるのかどうかすら怪しいものですわね…」

梨花「でも楽しければ良いのですよ。ボクはとっても楽しいのです。にぱー☆」

沙都子「そうですわね…今ではなくてはならないものになっていますから…」

チェイス「…そうか」

沙都子「左之助先生も参加してみませんこと?そのポーカーフェイスなら、魅音さんも見破れませんわよ?」

梨花「カードゲームにボードゲーム、麻雀、色々あるのですよ」

チェイス「…俺は、遠慮しておこう」

沙都子「?」

チェイス「麻雀やボードゲームに関しては、ルールを知らない」

沙都子「あら?そうでしたの?」

梨花「(…そういえば、ロイミュードは人間の身姿をコピーするって言ってたわね…確か、記憶もそのまま引き継ぐって…)」

沙都子「私が教えてあげても宜しくってよ」

チェイス「…考えておこう」

梨花「(…どれだけ真面目な奴をコピーしたのよ…)」



84: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 21:57:35.19 ID:wzUQ9MOUO

チェイス「…?」

沙都子「?」

「「「~!」」」

「…」

梨花「みー…何だか騒がしいのです」

チェイス「…喧嘩ではないな」

沙都子「え?あ、ちょ…左之助さん!」

…。

「だーかーら!!テメェが今蹴飛ばしたのは俺のバイクだってんだよ!!」

「どーすんだ!?傷付いてんじゃねぇか!!」

「蹴飛ばしたんじゃなくて、蹴飛ばした缶が当たっただけですよ。傷もついてないし…」

「よく見ろよ!傷つきまくってんだろ!!?」

「それは貴方達の走り方に問題があるんじゃないですか?」

「んだとこのアマァ!!」

チェイス「何をしている」

「…あ?」

「!」



85: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 21:58:29.01 ID:wzUQ9MOUO

チェイス「何故お前達はこの子に怒っている?」

「…んだよ。関係ねーだろ。すっこんでろ!」

チェイス「このままでは彼女が危険だ。見過ごすわけにはいかない」

「…」

チェイス「何があったのか説明しろ」

「あ?そりゃあ…こいつが蹴飛ばした缶が!ここに!当たったんだよ!俺のバイクに!!」

チェイス「…そうなのか?」

「…まあ、そうですけど、傷はついてませんよ。どう見たって壁に擦り付けた後じゃないですか」

チェイス「だが、お前の不注意が招いた事だ。謝らなければならない」

「…え?」

チェイス「ルールはルールだ。お前が謝れば済む話だ」

「…」

「…おい。おい!!」

チェイス「どうした」

「いや、何を勝手に終わらせようとしてんだよ!!」

「謝って済む問題じゃねぇんだよ!!」

チェイス「ならばどうすれば良い」

「…そうさなぁ…うひひ」

「そのボインを好きにさせてくれるってんなら…」

チェイス「ボイン?」

「…ッ!」

沙都子「左之助さん!」

梨花「左之助!」



86: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 21:59:34.67 ID:wzUQ9MOUO

チェイス「どうした」

沙都子「どうした?じゃありませんわよ。わざわざ何を…あ、詩音さん」

詩音「あら?沙都子」

梨花「詩ぃ。どうしたのですか?」

詩音「どーもこーもありませんよ。このチンピラ様にいちゃもんつけられて困ってるんです。これからバイトあるのに…」

「誰がチンピラだぁ!!」

「調子に乗ってんじゃねえぞ!!」

チェイス「待て。原因を作ったのはお前だ」

詩音「…まあ、そうです…ね。どーもすいませんでした」ペコ

「ああ!?そんなもんで済まされる訳ねーだろ!」

「こいつ…ちょっと来い!」グイ

詩音「!」

沙都子「詩音さん!」

「あまり俺らを舐めてっとどうなるか教えtイダダダダダダダ!!!」

チェイス「…」ググ…

「てめ…!何すんだ!よっちゃんを離しやがれ!!」

チェイス「その女は謝った。もう終わった事だ」

「痛い痛い痛い痛い!!!折れる!腕が折れる!!」

「んだこいつ…!蹴っても殴ってもビクともしねぇ…!!っつか固ぇ!」

チェイス「それ以上彼女を責めるなら、話は別だ」

「分かった!分かったよ!!もうしない!しないから離してくれよおおおお!!」

チェイス「…」パッ

「…お…お…」

沙都子「…お?」

「覚えてやがれええええええ!!!」ピュー

「お、おい!よっちゃん!!」ピュー



87: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:00:52.76 ID:wzUQ9MOUO

チェイス「…」

詩音「あっはっは!まるで負け犬ですねー、あれ…」

沙都子「ああいう輩に絡むものではありませんわよ。詩音さん」

詩音「しょーがないじゃないですか。成り行きですよ成り行き」

チェイス「…気をつけて、行動するべきだ」

詩音「はいはい…でも助けてもらっちゃって。ありがとうございました」

チェイス「…」

詩音「私は園崎詩音。沙都子の…知り合いの…魅音の、双子の妹です」

沙都子「ややこしいですわね」

梨花「みー。この方は紫、左之助なのですよ」

詩音「・・・左之助・・・?」

チェイス「…」

詩音「…そ、そうですか。でも助かりましたよ。ホント」

沙都子「それよりも詩音さん。バイトのお時間ではありませんの?」

詩音「…!ヤバっ!」

梨花「詩ぃは今日は色んな人に怒られる日なのです。にぱー☆」

詩音「り、梨花ちゃまったらもう…失礼しまーす!!」バビューン

チェイス「…」

沙都子「…本当、姉妹揃って嵐のようでしたわね」

梨花「左之助。今の人は園崎詩音。魅ぃの双子の妹で、興宮に住んでるのですよ」

チェイス「羽入から聞いている」

梨花「ン゛ン゛ッッッ!!!」

沙都子「!?」

梨花「ン゛…さて、買い物買い物…」

沙都子「・・・」

チェイス「…そういえば、沙都子」

沙都子「何ですの?」

チェイス「ボインとは何だ?」

沙都子「ン゛ン゛」



88: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:01:32.72 ID:wzUQ9MOUO

…。

レナ「ふー…お買い物、終了!」

圭一「はー…いつもこんなに買ってんだな…」

レナ「あはは…1週間分だから」

圭一「その上弁当だもんなぁ。…苦労してるんだな…」

レナ「そんな…圭一君だっていつもレナ達に勉強教えてくれるし…それにこうやってお買い物も手伝ってくれるし…」

圭一「良いって。こんなんで良けりゃこれからも手伝うよ」

レナ「こ、これからも!?…はうう…」

圭一「…っていうか、ただ何となくさ、恥ずかしくて」

レナ「?」

圭一「ほら、梨花ちゃんだって沙都子だって、家事を自分達でこなしてるんだろ?…俺、親に全部やってもらってるしさ」

レナ「んー…」

圭一「だから、手伝おうかなって思った…ってだけなんだ」

レナ「あはは。それでも嬉しいかな。…かな」

圭一「で?今日の晩御飯は何にするんだ?」

レナ「うーん…今日は…オムライスにしようかなって」

圭一「へー…オムライスってこんなに卵使うのか?」

レナ「い、1週間分だから。そんないっぱい使わないよう」

圭一「ほー…」

レナ「…」



89: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:02:34.19 ID:wzUQ9MOUO

レナ「圭一君は?今日はどうするの?」

圭一「今日?…うーん。母さんは出掛けてるし、親父は興宮の…エンジェルモートって店に行ってるし」

レナ「エンジェルモート…」

圭一「ああ。何だか凄い嬉しそうでさ。誘われたんだけど、断ってきたよ」

レナ「圭一君。そっちに行かなくて良かったの?」

圭一「?…そんな凄い店なのか?」

レナ「…色々と、圭一君の好きそうなお店かな。…かな…」

圭一「えっ!!?ま、マジで!?」

レナ「…けーいちくん。やっぱり…」

圭一「え!?あ、いや!こっち!レナとの買い物のが大事!!」

レナ「…ちなみに、ご飯は?」

圭一「カップ麺かな」

レナ「え?……うーん……」

圭一「良いって。1日くらい。流石に1週間カップ麺だったらヤバイけどさ」

レナ「…うーーーーーん…」

圭一「…レナ?腕組んでどうしたんだよ」

レナ「…お父さん…カレーくらいなら…」

圭一「…?」

レナ「うーーーーーーーん…」

圭一「長い長い」



90: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:03:26.12 ID:wzUQ9MOUO

…。

沙都子「んー…」

梨花「みー…やっぱり左之助の服を買うには出費が大きすぎるのです」

チェイス「服ならある」

沙都子「それしか無いのでは?」

チェイス「これで十分だ」

沙都子「十分じゃありませんわよ。道行く人間もれなく全員貴方のこと避けていきましたわよ」

チェイス「…」

沙都子「まあ、不思議と汗もかかないし臭いもしませんから何も言いませんでしたが、流石にここずっと同じ服なのは衛生的にどうかと思いますわ」

梨花「でもこのままでは予算オーバーになってしまうのです。パンツが限界なのです」ピラピラ

チェイス「…」

沙都子「うーん…」

梨花「これは困ったのです…」

沙都子「…んー…監督のお古を譲ってもらえるでしょうか?」

梨花「沙都子が頼めばお古でも新品でもくれる筈ですよ」

沙都子「でも、うーん…」

梨花「…みー…」



91: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:04:12.48 ID:wzUQ9MOUO

…。

レナ「…うん!レナ、決めたよ!」

圭一「?」

レナ「今日、圭一君のお家にご飯作りにいくよ!」

圭一「え?で、でも親父さんの…」

レナ「お父さんは料理出来るし…それに…」

圭一「それに?」

レナ「な、何でもない…でも大丈夫だから」

圭一「良いのか?そりゃ俺はレナの手料理が食えるなら嬉しいけど…」

レナ「ほ、ホント!?」

圭一「あ、ああ」

レナ「…えへ」

圭一「あ、あはは…」

…。

沙都子「あ」

梨花「あ」

レナ「あ」

圭一「あ」

チェイス「…」

沙都子「…あら…」

レナ「あれ…」

梨花「ばったり。なのです」



92: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:05:02.29 ID:wzUQ9MOUO

…。

沙都子「レナさん。圭一さんを甘やかしてはいけませんわよ」

レナ「で、でもカップラーメンじゃ可哀想だよ」

沙都子「これを機に圭一さんもチャレンジしてみてはいかがですこと?…ンま!!大火事になるのが関の山でしょうけど!!」

圭一「やかましいわ!!!」

梨花「…」

チェイス「…どうした」

梨花「え?あ、いや…」

チェイス「…」

梨花「…ちょ、ちょっと…」ボソ

チェイス「何だ」

梨花「こ、これは異常自体よ…今までに無かった事だわ…」ボソボソ

チェイス「…この辺りの地域は狭い。同じ時間に歩いていれば会うだろう」

梨花「違うわよ!圭一は本来、この時間にエンジェルモートで詩音と会うの!」ボソボソ

チェイス「エンジェルモート…?」

梨花「メイドカフェみたいなもんよ!そこに行く筈なの!」ボソボソ

チェイス「…圭一」

圭一「?何ですか?」

チェイス「お前は今日、エンジェルモートに行くのか?」

圭一「え?」

梨花「ン゛ン゛!!!」

沙都子「!!?」

圭一「い、いや…確かに親父に誘われましたけど…断って…」

レナ「レナのお買い物を手伝ってくれるって、来てくれたんです!」

梨花「…そ、そうなのですか…」

圭一「でも、何でそれを?」

梨花「け、圭一の性格ならエンジェルモートがきっと好きになると思ったのですよ」

圭一「えっ!?」

レナ「…けーいちくん…」

圭一「え!?あ、いや!レナの!レナの買い物のが良い!幸せ!!」

レナ「えへへ…」

梨花「…」



93: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:05:53.35 ID:wzUQ9MOUO

チェイス「沙都子」

沙都子「何ですの?」

チェイス「圭一の好きなようなもの、とは何だ?」

沙都子「…大分グレーゾーンなお店とだけ伝えておきますわ」

圭一「!!!」

レナ「・・・」

圭一「れ、レナ…無言は勘弁…」

チェイス「何故摘発されない?」

沙都子「…さあ…?」

梨花「…さあ…?」

「はーい!お釣り280円ねー」

チェイス「…?」

「わーい!ありがとー!」

「また来てねー!」

圭一「!」

レナ「…この声…」

沙都子「…まさか…?」

梨花「…嘘でしょ…?」

沙都子「え?」

梨花「ん?」

沙都子「ん?」

梨花「魅ぃの声なのです。見に行くのですよ」

沙都子「…え、え?あ、はい…」

「…はー…あとちょっとかー…」

圭一「おーい!」

「…んぐぇっ!?」



94: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:07:01.31 ID:wzUQ9MOUO

魅音「びっくりしたー…何この偶然」

沙都子「私達の方がびっくりですわよ。仮にも女性なのですからもうちょっと驚き方を考えて欲しいものですわ」

レナ「魅ぃちゃんの言ってた手伝いってここのお店のことだったんだね」

圭一「おもちゃ屋かー…」

魅音「何か限定品買いに行くからってさ、昨日の夜いきなり頼まれちゃって」

圭一「そりゃまた随分急だな…」

魅音「まあ、限定品っていうくらいだからそんなもんじゃない?…あ、噂をすれば…」

「おーい!魅音ちゃーん!」

沙都子「…何だか凄い大荷物ですわね」

チェイス「…」

「悪かったねー…突然こんな事頼んじゃって」

魅音「良いよ良いよ。楽しかったし」

「…あれ?何だか大所帯だねぇ」

魅音「あー…うん!私の友達!」

「…彼もかい?」ボソ

チェイス「…」

魅音「あ、あはは…」

「まー…お礼と言っちゃなんだけどさ、ちょっと待っててよ!…あ!君達もさ!」

レナ「?」

沙都子「?」

「すぐ来るから!ちょっとだけ待っててよ!」

梨花「…」

魅音「おじさーん?そんな無理しなくてもー…あー…ごめんね?何か…」

梨花「みー。ボク達は貰える物は貰う主義なのですよ」

魅音「そういえば、左之助先生は何か買ったの?」

沙都子「それが、服を買おうと思ったのですが、流石に予算オーバーですわ…」

梨花「左之助は給料が出るまでかわいそかわいそなのです」

チェイス「…」

魅音「あ、あはは…はは…」

チェイス「俺は特に注文は無い。着れるものなら着る」

沙都子「…いえ、それではいけませんわ。服というのはその人「らしさ」を表すものでもありますから」

チェイス「…俺…らしさ…」

魅音「だとしたらまあまあヤバイ人になるけど」



95: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:07:50.22 ID:wzUQ9MOUO

チェイス「服がその人間のらしさを表すというのは、俺には分からない」

沙都子「そうですの?…例えば魅音さん」

魅音「おじさん?」

チェイス「…おじさん…?」

魅音「あ、ごめん…私?」

沙都子「男勝りな性格を表していると思いませんこと?」

チェイス「…」

梨花「…」

圭一「まあ、確かにな。制服も女の子らしいっていうか、スケ番ぽいっていうか…」

魅音「あ、あれはそういうデザイン!デザインだから!!」

チェイス「服、というのはある種の鎧のようなものだ」

沙都子「…鎧?」

チェイス「鎧というのはその身を守る為のもの。鎧を取ってみなければその人間の本質は分からない」

圭一「…本質…」

チェイス「戦っても、話しても。その本質を見極め、理解しない限り分かり合うことは出来ない」

沙都子「何の話ですの?」

梨花「…左之助は、こう言いたいのですよ」

レナ「…」

梨花「普段見せる顔と、本当に見せる顔が違う事もある、ということなのですよ」

圭一「…」

魅音「…」

沙都子「…そういう考えも、無いことはない、ですわね」

「おーい!お待たせー!」

魅音「!」



96: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:08:35.20 ID:wzUQ9MOUO

「いやー、探すのにちょっと時間食っちゃってねー…」

沙都子「!…ちょ、ちょっと!それ埃被ってるじゃありませんの!」

「あーごめんごめん。正月の福袋の余りでさ…」

梨花「もう6月なのですよ…」

「でもね、これ結構良いの入れてたんだよー?…えーと、ひーふーみー…5袋!…」

チェイス「俺はいらない」

「あ、あはは…申し訳ありません…じゃ、じゃあさ!子供達で分け合って!」

魅音「えー?でも悪くない?店の商品なのに…」

「良いって!売れ残…お駄賃お駄賃!」

圭一「今売れ残りって…」

レナ「言ってた…」

「ン゛ン゛!ま、まあまあ!結構良さげなのも入れといたからさ!」

沙都子「でしたら、お言葉に甘えて…」

梨花「先手必勝なのですよ」

魅音「じゃー…私はこれ!」

レナ「じゃあ、レナはこれ…」

圭一「俺は…これで…」

チェイス「…」

圭一「…」



97: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:09:22.75 ID:wzUQ9MOUO

「どう?良いのあった?」

圭一「え?あ、いやー…」

沙都子「あら?圭一さん…ププッ…」

レナ「わあ…かぁいいお人形さん!」

圭一「…えええ…?」

「あー…でもそれその中じゃまあまあ高い部類だよ?」

圭一「いや…これは…」

沙都子「まさに試合に勝って勝負に負けるというやつですわね。そのお人形さんでおままごとでもしてはどうですの?」

圭一「なぁぁぁにぃぃぃぃ?お前を着せ替え人形にしてやろうか沙都子ォ!」

沙都子「セクハラですわ!酷い男ですわ!」

魅音「…」

圭一「…あー…これはちょっと…なぁ…」

レナ「…」

圭一「…んー…」

梨花「…」

圭一「…」

…。

『戦っても、話しても。その本質を見極め、理解しない限り分かり合うことは出来ない』

『普段見せる顔と、本当に見せる顔が違う事もある、ということなのですよ』

…。

圭一「…なあ、魅音」

魅音「ン゛っ?」

梨花「!」



98: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:10:17.45 ID:wzUQ9MOUO

圭一「…これ、いるか?」

魅音「え?わ、私!?」

圭一「…ん」

魅音「…え、え?」

圭一「…ほら、何つーか…えーと…ほ、ほら!お前のやつ!その手品セット!そっちの方が良いかなって…」

魅音「え…えっと、そ、それなら!それなら仕方ないかなぁ!!貰っちゃおうかなぁ!!?」

圭一「は、はははははははは!!」

魅音「あ、あははははははは!!」

沙都子「…何ですのこの空気」

レナ「…ふふっ」

チェイス「…」

梨花「…ちょっと」

チェイス「何だ」

梨花「…わざと?」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…なんだかんだで、器用なもんじゃない」

チェイス「…」

魅音「いやー!欲しくないけど!貰っちゃしょーがないよねー!ねー!」

レナ「レナのと交換する?」

魅音「だ、ダメっ!!」

レナ「…ふふふっ」

圭一「…」



99: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:11:24.09 ID:wzUQ9MOUO

…。

……。

圭一「なあ、レナ」

レナ「なあに?」

圭一「…俺、あれで良かったのかな?」

レナ「…魅ぃちゃんにあげたこと?」

圭一「…何ていうか、その…左之助さんと梨花ちゃんの言葉が引っかかったっていうか…」

レナ「魅ぃちゃんが、喜んでるかどうかってこと?」

圭一「…」コク

レナ「…圭一君は、魅ぃちゃんのこと、どう思ってるの?」

圭一「え?」

レナ「魅ぃちゃんのこと。どう思ってる?」

圭一「…そりゃあ、部活の頼れる部長で、いざという時は俺なんか比べ物にならないくらい動けるし、男勝りな感じはするけど…」

レナ「…」

圭一「…へ、変な意味じゃないからな?」

レナ「うん。ちゃんと聞いてるよ?」

圭一「その…ほら、あいつ、意外と使ってる文房具とか小物とか、可愛いやつだったりするし…」

レナ「…」

圭一「…もしかしたら、そういう部分もあるのかなって。思い返してみたら…」

レナ「…圭一君」

圭一「?」

レナ「明日、魅ぃちゃんの顔。良く見てあげてね」

圭一「え?あ、ああ…」

レナ「…あ!ちょっと待っててね!冷蔵庫に入れたら直ぐ行くから!」

圭一「…」

レナ「ちょっとだけ!ちょっとだけ待ってて!」

圭一「なあ、レナ」

レナ「?」

圭一「…俺も、晩御飯作るの手伝うよ」

レナ「…」

圭一「…レナにばっかりやってもらってたら、その…良くないから」

レナ「…うんっ!」

…。



100: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:12:06.63 ID:wzUQ9MOUO

沙都子「ちょっと、お家に寄ってもよろしくて?」

梨花「?…はい。良いのですよ」

チェイス「…?」

梨花「左之助。沙都子の本来のお家なのですよ」

チェイス「…」

沙都子「もしかしたらサイズの合う物があるかもしれませんわ。ちょっと左之助さん…しゃがんでくださる?」

チェイス「…」

沙都子「…ん。丁度良いサイズの物があった気がしますわ。良かったら着てみませんこと?」

チェイス「了解した」

沙都子「では決まりですわね。行きますわよ」

チェイス「…」

梨花「…でも今日はもう遅いのです。明日でも…」

沙都子「思い立ったが吉日ですわ。それに左之助さんの衣服はそろそろ洗わないと」

梨花「…」

チェイス「…どうした?」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…嫌な、予感がするのよ」

チェイス「…」

梨花「…一難去ってまた一難…かもしれないわよ…」

チェイス「…」

…。



101: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:12:56.16 ID:wzUQ9MOUO

レナ「…ただいま…」

「おお。お帰り礼奈。今日は遅かったみたいだね」

レナ「…今日、圭一君の家でご飯を作ろうかなって思って…」

「そうなのかい?なら今日は父さんが作るよ。楽しんでおいで」

レナ「…うん」

?「えー?礼奈ちゃんの手料理食べれないの?」

レナ「…あ…」

「まあそう言わないで…礼奈はお友達思いだから…」

?「ふーん…ねえ、礼奈ちゃん」

レナ「…」

?「いつも帰ってくるのが遅いのって、私のせい?」

レナ「…」ブンブン

?「そっ。なら良かったー!」

「リナさん。礼奈はそんな事を思うような子じゃないよ」

リナ「そうだよねー!礼奈ちゃん優しいもん!」

レナ「…」

リナ「じゃあねー♪れ・い・な・ちゃん♪」

レナ「…」ペコ

…。



102: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:14:13.24 ID:wzUQ9MOUO

沙都子「…あら?」

梨花「…あ…」

チェイス「…」

沙都子「…どうして…電気が…」

梨花「…そんな…」

チェイス「…」

沙都子「まさか…!」

梨花「!さ、沙都子!」

?「…あァ?沙都子ぉ?」

梨花「!!」

沙都子「ッ…」

チェイス「…」

?「……おぉおぉ。沙都子けぇ…」ガラッ

沙都子「…あ…」

?「ワシも今日からこっちで暮らすことにしたわ。沙都子」

沙都子「…て、鉄平…叔父様…」

梨花「…ッ!!」

鉄平「…ん?何じゃ?お前ら…」

チェイス「…」

鉄平「気に入らん目つきじゃのう…何じゃ?お?」

チェイス「…」

鉄平「…まあええ。沙都子。腹が減っとんのじゃ。さっさと晩飯作れや」

沙都子「…梨花…左之助さん…」

梨花「…沙都子…!」

チェイス「…」

沙都子「…私、こちらで暮らすことにしますわ…」

梨花「!!」

鉄平「はよせんか!!この…!」

沙都子「!」

梨花「!!…沙都子っ!!」



103: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:15:27.59 ID:wzUQ9MOUO

沙都子「…!」

梨花「…。……?」

沙都子「…あ…」

梨花「…!」

鉄平「い、イデデデデデ!!離せ!!離さんかこのボケ…!!」

チェイス「…」ギリギリギリギリ

沙都子「…左之助…さん…」

梨花「…チェイス…」

チェイス「…少なくとも、俺の目の前で暴力は振るわせない」

鉄平「な、なんじゃと…!?」

チェイス「…それと…」

沙都子「…」

チェイス「…あまり自暴自棄になるな」

鉄平「!」

梨花「!」

鉄平「…な、何の…」

チェイス「お前の目は、まだ死んでいない」

鉄平「…え、ええから離せ!!」

チェイス「…」パッ

鉄平「…薄気味悪い…沙都子、さっさと行きんね」

沙都子「…は、はい…」

梨花「…」

チェイス「…」

沙都子「…」ペコ

梨花「…沙都子…」



104: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:16:21.74 ID:wzUQ9MOUO

梨花「…ッ…!」

チェイス「…」

梨花「…チェイス…」

チェイス「…」

梨花「…何とか、出来ないの?」

チェイス「…」

梨花「…約束、守るんじゃないの…?」

チェイス「…」

梨花「…ッ!…チェイス!!」

チェイス「…俺の知る限りでは…」

梨花「…何よ…」

チェイス「あの男は、正真正銘、人間のクズ…ではない」

梨花「…?」

チェイス「あの男が沙都子に手を振り上げた瞬間、少しの間だけだが、止まった」

梨花「…え…?」

チェイス「あれなら、大丈夫だ」

梨花「…」

チェイス「約束は、守る。…そして」

梨花「…」

チェイス「守り続ける」

梨花「…!」

チェイス「誰も傷つけさせない。あの男も」

梨花「…チェイス…」

…。



105: ◆GWARj2QOL2 2017/05/19(金) 22:17:11.66 ID:wzUQ9MOUO

圭一「レナ。こんな感じか?」

レナ「うーん…それじゃご飯がカチカチになっちゃうよ?ちゃんと羽釜にお水の分量書いてあるのに…」

圭一「え?あ…ホントだ」

レナ「ふふっ。圭一君、料理の事は全然知らないんだね?」

圭一「折角役に立とうと思ったのになあ。これじゃ足引っ張ってるかな…」

レナ「…そんなことないよ」

圭一「でも、全然手伝えてないし…」

レナ「…ううん。そうじゃないの」

圭一「?」

レナ「…圭一君といるだけで、レナは嬉しいの」

圭一「…えっ?」

レナ「…」

圭一「…レナ?」

レナ「…さ!今日はオムライスだから!色々勉強だよ!だよ!」

圭一「お、おう!任せろ!!」

レナ「…」

圭一「…」

レナ「…圭一君」

圭一「?」

レナ「…何でもない!ご飯ご飯!」

圭一「…?」

第4話 終



109: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:41:36.55 ID:wzoDjs7xO

…。

『えーと…北条…鉄平さん?…うーん…体格はまあ、良いけどさ…年齢がね…』

…。

『あー…その年齢じゃウチは募集してないねー』

…。

『んー…ちょっと…今回は…はい…』

…。

鉄平「…」

沙都子「…」

鉄平「…」ガタ

沙都子「!!?」ビクッ

鉄平「…」

沙都子「…あ、も、申し訳ありません…」

鉄平「…チッ…」

沙都子「あ、か、片付けます…すぐに…」

鉄平「…」



110: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:42:22.42 ID:wzoDjs7xO

沙都子「…」ジャー

鉄平「…」

…。

『お前の目は、まだ死んでいない』

『あまり自暴自棄になるな』

…。

鉄平「(…自暴自棄…)」

鉄平「…」

沙都子「…」ジャー

鉄平「(…元はといえばこいつの親のせいで…!!)」

沙都子「…」カチャカチャ

鉄平「(…この…!まるで借りてきた猫のようになりくさって…!!)」

沙都子「…」カチャカチャ

鉄平「(…ッ…!!この…!!)」

沙都子「…!」

鉄平「…」

沙都子「…あ…あ…」

鉄平「…」

沙都子「…ご、ごめんなさい…ごめんなさい…」

鉄平「…」

沙都子「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

鉄平「…」

沙都子「…ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

鉄平「…チッ…」

沙都子「…」

鉄平「風呂じゃ、沸かしとけ」

沙都子「…は、はい…」

鉄平「…」

沙都子「…」トボトボ

鉄平「…」

鉄平「(…何なんじゃ…これは…)」



111: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:43:01.22 ID:wzoDjs7xO

梨花「…」

チェイス「…」チュー

梨花「…アンタ、水で良かったの?」

チェイス「俺達ロイミュードはコア・ドライビアと呼ばれる動力源からエネルギーを自動で供給し活動する。食事は本来必要無い」

梨花「…でも、食べられたり飲めたりするんでしょ?」

チェイス「コア・ドライビアの熱で燃えて消滅する。それがエネルギーとなることはない」

梨花「…じゃあ、何で…」

チェイス「人間の身体をコピーした結果だ。特に意味は無い」

梨花「…人間と同じ生活を、送ってはいる…ってだけ?」

チェイス「それだけだ。人間としての機能はほとんどついていない」

梨花「…一体、何の為に…?」

チェイス「俺は元々、クリムという人間に作られたロイミュードのプロトタイプだった。人間に限りなく近い感情を持つ人工知能を搭載された」

梨花「…」

チェイス「その俺のデータを基に、合計108体のロイミュードが作られた」

梨花「…」

チェイス「しかし、俺以外のロイミュード達には、俺には無い感情プログラムが成されていた」

梨花「…何?」

チェイス「…人間が持つ、悪意だ」

梨花「!」



112: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:45:09.17 ID:wzoDjs7xO

チェイス「その結果、ロイミュード達は人間に反旗を翻し、世界を滅ぼそうとした」

梨花「…はた迷惑な奴もいたものね」

チェイス「…主犯はクリムではない。クリムの知り合いの、蛮野という男だ」

梨花「…」

チェイス「…ロイミュード達はグローバルフリーズという事件を引き起こし、人間達を襲った」

梨花「…グローバルフリーズ?」

チェイス「ロイミュードの特殊能力として、周りの世界をスローモーションにすることが出来る。規模は個体によって様々だが」

梨花「…それでも100体以上が一度にそれを使えば…」

チェイス「全ての時間が、ほぼ静止した」

梨花「…」

チェイス「その状況にクリムは俺の封印を解いた。ロイミュード達と戦わせる為に俺に仮面ライダーの力を与えたんだ」

梨花「…それで?どうなったの?」

チェイス「結果としてグローバルフリーズを止めることには成功した。…しかし」

梨花「…何?」

チェイス「俺は敵に捕まり、洗脳された」

梨花「!!」

チェイス「その結果、俺はロイミュードを守る為の番人となり、新しい仮面ライダーの敵となってしまった」

梨花「…でも、今は…」

チェイス「…完全ではないが、記憶が戻っている」

梨花「…」

チェイス「勿論、罪は償う。生きている限り、償い続ける。出来る限りの人間を救うことで」

梨花「…そ」

チェイス「様々な人間と関わっていく中で、俺は再び仮面ライダーとしての力を手に入れた」

梨花「…」

チェイス「その後、仮面ライダー達によってロイミュード達は殲滅され、全ては終わった」

梨花「…」

チェイス「…この俺も含めて」

梨花「!」



113: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:45:54.65 ID:wzoDjs7xO

チェイス「…」

梨花「…それって…」

チェイス「…後悔はしていない」

梨花「…でも…それじゃ…」

チェイス「俺は、生きているのか、それとも死んでいるのか」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…でも、こうして…触れるじゃない。話す事も…」ペタペタ

チェイス「…羽入に、触れることが出来た。最も、姿は見えなかったが」

梨花「…!」

チェイス「…」

梨花「…そう…」

チェイス「…」

梨花「…でも、今アンタはここにいるじゃない」

チェイス「…」

梨花「…ここで生きて、暮らしているじゃない」

チェイス「…そうだな」

梨花「…それで、良いじゃない」

チェイス「…」



114: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:46:40.99 ID:wzoDjs7xO

チェイス「…沙都子の、叔父だが」

梨花「…ええ」

チェイス「一般的に「クズ」と呼ばれる者には2種類の人間がいる。と俺は考えている」

梨花「?」

チェイス「初めからそうなっている者と、そうならざるをえなかった者だ」

梨花「…叔父は、後者だってこと?」

チェイス「俺は、そう思う」

梨花「…でも、あいつは今まで何度も沙都子を壊してきたわ」

チェイス「それは誰もあいつを分かってやらなかったからだ」

梨花「分かることなんかないわよ。同情の余地も無い…」

チェイス「…そうやって、誰もがあいつを…」

梨花「…!!アンタに何が分かんのよ!!」

チェイス「…」

梨花「いじめ抜かれて!!壊されて!!何度も!!何度も!!私は見てきたのよ!?」

チェイス「…」

梨花「アンタに分かるの!?親友が、どんどん崩れていく姿を…」

チェイス「…」

梨花「親友が死んでいく姿を見続けてきた私の思いが!!!」

チェイス「…その気持ちは、俺にも分かる」

梨花「…知った風な口…聞いてんじゃないわよ!!」

チェイス「…」

梨花「人間でもない癖に!!」

チェイス「…」

梨花「…!」



115: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:48:15.90 ID:wzoDjs7xO

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…ッ…」

チェイス「…確かに俺は、人間ではない」

梨花「…そうよ。アンタはロボットじゃない」

チェイス「…だからこそ。ロボットである俺にしか分からない事もある」

梨花「…?」

チェイス「人間の命は平等だ」

梨花「…」

チェイス「死んで良い命など、この世には無い」

梨花「…!」

チェイス「お前は神ではない。特殊な能力を持っただけのただの人間だ」

梨花「…」

チェイス「お前に人の運命を決める権利は無い」

梨花「…なら、沙都子はどうなのよ…」

チェイス「沙都子も救う。北条鉄平も救う」

梨花「…そんな事…!」

チェイス「救える命ならば、救う。それだけだ」

梨花「…アンタの使命は、この村を救うことじゃないの?」

チェイス「そうだ」

梨花「…!なら…あんな男なんて…!!」

チェイス「目の前の命すら救えない者に、大勢の命を救う力など無い」

梨花「!!」



116: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:49:18.48 ID:wzoDjs7xO

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「お前は年齢を重ねたように振舞ってはいるが、その思考は年相応な子供と大差無い」

梨花「…」

チェイス「悟ったように見せても、その本質はまだ子供のままだ」

梨花「…」

チェイス「命の取捨選択など、するものではない。それは傲慢というものだ」

梨花「…何よ。叱ってるつもり?」

チェイス「お前は前に進む事だけを考え、置き去りにされた者の存在を無視している」

梨花「…」

チェイス「どんな悪人でも、クズだとしても」

梨花「…」

チェイス「裁くのは、お前ではない」

梨花「…そんな、甘くないのよ。現実って」

チェイス「…」

梨花「振り向いる暇なんか、無いのよ。私には」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「ならば、振り向くのは俺の役目だ」

梨花「…え…?」

チェイス「お前は一人ではない」

梨花「…」

チェイス「少なくとも、今ここに、俺がいる」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…何なのよ…」

チェイス「…」

梨花「…まるで、羽入みたいに…」

チェイス「…」



117: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:50:29.56 ID:wzoDjs7xO

…。

「リナさん。その…今、話…良いかな?」

リナ「なーに?」

「…その…これからの事なんだけど…」

リナ「…あー…結婚の話?」

「うん…礼奈にも早く話しておきたいし…」

リナ「…うーん…まだちょっと…」

「そ、そうなのかい?…でも、こういうのは、早目に…」

リナ「分かってる分かってる。こっちにも色々準備があるんだって」

「う、うん…わ、分かったよ」

リナ「じゃ!アタシ寝るねー♪お休みー」

「あ…お、お休み…」

リナ「…」バタン

「…」

リナ「…」

「…」コツコツ

リナ「…」



118: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:51:38.12 ID:wzoDjs7xO

リナ「…プッ…」

リナ「…何本気にしてんの…気持ち悪ッ」

リナ「抱かせてもらえるとでも思ってたの?…引くわー…」

リナ「こっちは貰えるもん貰ったらさっさとサヨナラしたいのに…」

リナ「…にしても逃げるなら灯台下暗しってやつよねー…」

リナ「まさか鉄平のバカもアタシがこんな近くにいるだなんて思わないもんねぇ…」

リナ「…っつーかあのクソガキ、マジでウザいわね…」

リナ「ゴミばっか集めて…気持ち悪いったらありゃしない…ヤクでもキメてんじゃないの?」

リナ「…マジ…いっぺんシメてやろうかしら…」

リナ「…でも、その前に…」

リナ「…あー…あんまムダ遣いするとダメね。もう元嫁さんの慰謝料1/3くらい使っちゃってんじゃん」

リナ「こっちはハンコが貰えりゃ良いのに…」

リナ「…何処に隠してんだか、あのクソメガネ…」

リナ「園崎の上納金だけじゃ、正直自信無いし…」

リナ「…あー…早くこんな辛気臭いトコ出てって外国で遊んで暮らしたいなー…」

リナ「…あーあ…」

…。



119: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:53:37.13 ID:wzoDjs7xO

魅音「はぁ!!?」

レナ「お、叔父さんが帰ってきた…?」

圭一「?」

梨花「は、はい…だから今日からはボク一人だけなのです」

チェイス「…」

圭一「いや…一人じゃないと思うけど…」

魅音「ちょ…ちょっとぉ!!左之助先生!!沙都子が連れ去られた時何かしなかったの!?」

レナ「そ、そうですよ!!きっともう…!」

チェイス「法律的には、北条鉄平の方が正しい」

魅音「…!だからって…!」

チェイス「あの場で俺が何かをしたところで、事態は悪化するだけだ」

魅音「…そりゃ…確かに向こうは一応北条一族だから…」

梨花「左之助はルールに則ってでしか行動しないのです。ほっとくのです!」

チェイス「…」

圭一「…な、なあ…その、叔父って、何だ?」

レナ「…」

魅音「…えっと…うん。そうだね。いつかは分かった事かもしれないから…」

圭一「…」

魅音「…沙都子の叔父はね…」

沙都子「…おはようございます…」

レナ「!!」

魅音「!!」

圭一「!!」

梨花「!!」



120: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:54:49.64 ID:wzoDjs7xO

梨花「沙都子!?ぶ、無事なのですか!?」

沙都子「…」

魅音「大丈夫!?あのクソ叔父に何かされてない!?」

沙都子「…」

圭一「お、おい…「何か」って…?」

レナ「…沙都子ちゃんの叔父さんは…凄く気性が荒くて…」

圭一「…え…?」

魅音「…それだけじゃない。弱い者にはこれでもかってくらい強気になって、強い者には媚びへつらって、とにかく人間のクズなんだよ」

圭一「…」

魅音「沙都子だって例外じゃない。あの叔父に何度となく…」

圭一「・・・んだと・・・?」

沙都子「…あ、あの…」

レナ「大丈夫?沙都子ちゃん…何処か、その…」

沙都子「…い、いえ…実は…私…」

魅音「?」

沙都子「…何も、されてませんの」

レナ「…え?」

魅音「え?」

梨花「!」



121: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:56:14.28 ID:wzoDjs7xO

魅音「…そ、そんなわけないよ!!ちょっと!!こっち!!こっち来て!!」

梨花「チェックしますですよ!!」

レナ「あ!圭一君は来ちゃダメ!!」

圭一「え?」

沙都子「え?ちょ、何処に…!」

魅音「ちょっ…確認!!確認!!」

梨花「レナ!押さえるのです!!」

レナ「うん!ごめんね沙都子ちゃん!!」

沙都子「えっ!?ちょ…!」

魅音「嘘なんか吐いたらダメ!!ちゃんと正直に話すの!!」

沙都子「え?あ!あ!!あーーー!!!」

圭一「・・・」

チェイス「…」

…。

梨花「…」

魅音「…」

レナ「…」

沙都子「…まさかこんな形で穢されるとは思いませんでしたわぁ…」グスッ

魅音「…ごめん」

レナ「…ごめんね…」

梨花「…」



122: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:57:42.07 ID:wzoDjs7xO

沙都子「確かに、叔父様は酷いお方でしたわ。前は」

魅音「…」

沙都子「…でも、今回は、何か…」

レナ「…?」

沙都子「その、何か…と言いますか…ちょっと、違うんですの」

圭一「…違う?」

沙都子「ええ。その…あまり、大声を出さない、と言いますか…」

魅音「…」

沙都子「ずっと、静かで…お皿もひっくり返さないし、何も言わずに寝ておりましたわ」

魅音「小学生におんぶにだっこの時点で相当酷いけどどう?」

沙都子「それは…何とも…」

レナ「…でも、何かあったら絶対に言わなきゃダメだよ?」

沙都子「え、ええ…」

梨花「…沙都子」

沙都子「?」

梨花「空返事ではいけないのです。ちゃんと、約束して下さい。何かあったらちゃんと報告すると」

沙都子「…はい」

チェイス「…」



123: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 20:59:08.65 ID:wzoDjs7xO

…。

鉄平「…ん…」

鉄平「…朝か…」ムク

鉄平「…ああ、そうじゃ…確か、沙都子の家に…」

鉄平「…」

鉄平「…園崎の目と鼻の先で寝るなんざ、ワシもようやったもんじゃのう…」

鉄平「…む…」

鉄平「…これは…」

『叔父様へ。朝ご飯です。食べて下さい。沙都子』

鉄平「…朝飯…」

鉄平「…最近、まともに朝飯を食ったんはいつじゃったかのう…」

鉄平「…」

鉄平「…何で…こんな事になっちまったんか…」

鉄平「…」

…。

『あまり、自暴自棄になるな』

…。

鉄平「…」

鉄平「…アホが」

鉄平「…ワシかて、なりたくてなっちまったわけじゃ…」

鉄平「…」

鉄平「…」モグモグ

鉄平「…」

鉄平「…美味い…」

…。



124: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:15:54.91 ID:wzoDjs7xO

知恵「ほ、北条君ですか?」

チェイス「北条悟史という生徒がいた筈だ」

知恵「…ええ。確かに…」

チェイス「北条家に関するデータが欲しい。悟史も例外ではない」

知恵「…警察には、お聞きにならないんですか?」

チェイス「経緯は知っている。届け出をされていないことも」

知恵「…お見通しですか」

チェイス「ならば、北条悟史の公式なデータが得られるのはここだけだ」

知恵「…そう言われても、通知表や、校内イベントの写真などしか…」

チェイス「十分だ」

知恵「…これ、です…」カサ

チェイス「…」

知恵「…彼は、とても真面目に勉学に取り組み、そしてとても優しく、妹思いでした」

チェイス「…」

知恵「…しかし、ある日を境に、彼は変わってしまいました」

チェイス「…」

知恵「…そのことに関しては?」

チェイス「知っている。無理に話すことはない」

知恵「…お気遣い、ありがとうございます」

チェイス「…」

知恵「…一体どうして、いなくなってしまったのか…」

チェイス「…」

知恵「思い出す度、悲しくなります」

チェイス「(この女は、悟史が何をしたかまでは知らないのか)」

知恵「…何か、分かりましたか?」

チェイス「(ここで、悟史の事を話せば、この女は傷つく…)」

知恵「…チェイスさん?」

チェイス「…いや」

知恵「…そうですか」

チェイス「…何かあれば、また頼む」

知恵「…はい」



125: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:19:51.30 ID:wzoDjs7xO

梨花「…」

梨花「(何よ。これは…)」

梨花「(あいつの言葉で、惨劇が回避されていってる…)」

梨花「(誰も北条鉄平の事を分かってやれない…?)」

梨花「(それが、何だって言うのよ…)」

梨花「(…あんな奴…)」

魅音「梨花ちゃん?」

梨花「っ!?」ガタッ

魅音「うわびっくりした!!」

梨花「…ど、どうしましたですか?」

魅音「え、えーと…今日は部活、無しって事で…」

梨花「!」

沙都子「申し訳ありませんですわ。晩御飯を作らないと…」

梨花「…」

沙都子「…それでは…」ペコ

梨花「…」

レナ「…」

圭一「…やっぱり沙都子、叔父が…」

魅音「…何も無かったとはいえ、来てすぐに打ち解けるって訳じゃ、ないからね…」

レナ「…やっぱり、心配だね」

梨花「(そうよ。まだ沙都子は叔父を怖がってる)」

圭一「…俺も、そうだったな…」

梨花「?」

魅音「?」

圭一「…いや、こっちに来た当初はさ、まだ向こうでの生活が抜け切ってなくてさ」

梨花「…」



126: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:21:42.60 ID:wzoDjs7xO

レナ「…しょうがないよ。みんな…」

圭一「…でも、そんな時に、魅音達が手を差し伸べてくれてさ」

魅音「…」

圭一「…何か、受け入れられたんだなって…」

魅音「…あ、あはは…そりゃ一緒にやってくんだもん。仲良くしなきゃさ」

梨花「…!」

レナ「…そう、だね」

圭一「…あのさ…こんな事言うと、ダメなのかもしれないけど…」

梨花「…」

圭一「…沙都子の叔父も、皆が受け入れたら、変わるのかな…」

魅音「!」

レナ「!」

梨花「…嘘…」

圭一「…今までは、色々あったのかもしれないけど」

魅音「…でも、あいつを受け入れるなんて…」

レナ「そうだよ。だって…」

圭一「確かに、沙都子の叔父は酷い奴なのかもしれない。とっつきにくい人かもしれない」

梨花「…」

圭一「…でも、本当は違うかもしれない…」

魅音「…でもね、圭ちゃん。あいつの悪人ぶりは、相当だよ?」

レナ「村の人達だって、叔父さんの事を怖がってるの。何をするか分からないし、いつも睨み付けてくるって…」

魅音「挨拶だって交わさないし、運転も乱暴だし…」

レナ「何より、沙都子ちゃんに対して…」

圭一「それは、分かってる。…でも、もしも、さ」

梨花「…」

圭一「…俺が、誰からも受け入れられず、一人で居たら、どうなってたんだろうって…」

梨花「…」

…。

チェイス『人間の命は平等だ』

チェイス『死んで良い命など、この世には無い』

…。



127: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:23:12.11 ID:wzoDjs7xO

魅音「…」

圭一「…わ、悪い。何も知らないのに…」

魅音「…ううん」

レナ「…圭一君の言うことも、分かるよ」

梨花「…圭一」

圭一「ん?」

梨花「…今の言葉は、本心ですか?」

圭一「え?あ、えっと…ああ」

梨花「…では、お聞きします」

圭一「…?」

梨花「圭一は、沙都子と、沙都子の叔父の命のどちらかが助かるとしたら、どちらを選びますか?」

圭一「!」

魅音「…」

レナ「…」

梨花「沙都子は、大事な大事なお友達なのです。でも叔父は…」

圭一「…梨花ちゃん」

梨花「?」

圭一「…それって、決められてることなのか?」

梨花「…もし、そうだとしたらということです」

魅音「…」

圭一「…」

梨花「沙都子の叔父が改心するという保証などありません。このままいけば、沙都子はあの男に壊されてしまうかもしれません」

レナ「…」

梨花「それでも圭一は、沙都子の叔父は救うべきだと思いますか?」

圭一「…」



128: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:30:12.84 ID:wzoDjs7xO

圭一「…その、二択なら、確かに沙都子を選ぶよ」

梨花「…」

圭一「でも、そんなの、間違ってる」

梨花「…間違ってる?」

圭一「もし、可能性が1%でもあるなら、俺は試すべきだと思うんだ」

魅音「圭ちゃん…」

圭一「沙都子の叔父にも、そうなった背景がある筈なんだ」

レナ「…」

圭一「初めから、そうだった訳じゃないかもしれない」

魅音「…」

圭一「本当は、沙都子に対して優しくしてやりたいのかもしれない」

レナ「…」

圭一「もしも、本人が変わりたいって思ってるなら…俺達は手助けしてやるべきだと思う」

梨花「…」

圭一「…だから…」

魅音「…」フゥー

梨花「…」

魅音「…ん!」

梨花「?」

魅音「…良し!」パン

圭一「?」



129: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:30:54.02 ID:wzoDjs7xO

魅音「…圭ちゃんがそこまで言うなら、分かったよ!」

圭一「…魅音…」

魅音「私も、しばらく見守ってみる事にする。実害は無いみたいだし…」

梨花「で、でも!何かあってからでは!」

レナ「…梨花ちゃん」

梨花「…ッ」

レナ「梨花ちゃんの気持ちも、すっごく分かるよ。レナも、魅ぃちゃんも」

梨花「…」

レナ「…圭一君だって分かってる。これは、賭けなんだって」

梨花「…」

レナ「…もし、圭一君の言うように叔父さんが、ちゃんと沙都子ちゃんと向き合えるっていうなら…」

梨花「…」

レナ「チャンスを、あげて欲しいの」

梨花「…チャンス…?」

レナ「うん。チャンスだよ」

梨花「…」

圭一「一度は過ちを犯したのかもしれない。けど、やり直しは出来る」

レナ「その為には、みんなが協力してあげないといけない」

魅音「…そう、だね」

梨花「…」

圭一「だから、梨花ちゃんにもお願いしたいんだ」

梨花「…どうして…」

圭一「…?」

梨花「…どうして、圭一達は…圭一は、あの男の、面識も無いあの男の為に…?」



130: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:32:22.85 ID:wzoDjs7xO

圭一「…」

梨花「…」

圭一「…俺、ここに来る時、変な夢を見たんだ」

魅音「…夢?」

圭一「…ああ。夢、だと思いたい」

レナ「…?」

圭一「…誰か、分からないけど、何処かの山で、俺は、「誰か」を殺してた。金属バットで」

梨花「!」

圭一「…それで、雨の降る中、その人をスコップで埋めて…」

梨花「…圭一…」

圭一「…今思うと、その人が、聞く限りだと沙都子の叔父に似てるっていうか…」

魅音「…」

圭一「そんな事、あっちゃいけない。絶対にしない。って思って…」

梨花「…それで、救える命なら救いたい。と思ったのですか?」

圭一「ああ」

梨花「…そう、ですか…」

魅音「…」

梨花「…まさか…今回は…」

レナ「?」

梨花「…圭一」

圭一「ん?」

梨花「…分かったのです。ボクも、ほんの少しだけ、あの男を信じてみることにするのです」

圭一「…そっか。ありがとな。梨花ちゃん」

梨花「でも、一度だけなのです」

圭一「ああ!」

魅音「ん!じゃあ決まりだね!…あ!もうこんな時間!」

レナ「あ…」

魅音「じゃー…明日も沙都子関連の問題を会議してくよ!」

圭一「おう!じゃあな!」

魅音「バイバーイ!」

レナ「…」

圭一「ん?どうした?レナ」

レナ「え…あ、うん…」



131: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:32:52.49 ID:wzoDjs7xO

圭一「どうしたんだよ。最近帰る時に限って元気無いな」

レナ「だ、大丈夫だよ。学校が楽しくて…」

圭一「…レナも、何かあるんだったら言わなきゃダメだぞ?」

レナ「う…うん」

圭一「じゃ、帰るか!梨花ちゃんも…」

梨花「みー…実はボクは…」

レナ「圭一君。梨花ちゃんは古手神社の巫女さんだから。綿流しの奉納演舞の練習があるんだよ。だよ」

圭一「えっ!?そ、そうなのか!?」

梨花「はいなのです。だから今日からは神社に直行なのです」

圭一「そっかー…大変だな。頑張れよ!梨花ちゃん!」

梨花「はい、なのです」

圭一「じゃあな!梨花ちゃん!」

レナ「バイバイ。梨花ちゃん」

梨花「…」ヒラヒラ



132: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:33:23.04 ID:wzoDjs7xO

梨花「…」

梨花「…そう…」

梨花「…圭一が、こんなに…」

梨花「…もしかしたら、本当に…」

梨花「…今度こそ、みんなで…」

梨花「この長く続く惨劇を、終わらせ…」

チェイス「…」

梨花「エ゛ッ」



133: ◆GWARj2QOL2 2017/05/21(日) 21:34:09.23 ID:wzoDjs7xO

チェイス「…」

梨花「…何よ。盗み聞きなんて…」

チェイス「俺が入っていい話ではなかった。それだけだ」

梨花「…わざわざ教室の外で待ってたってわけ?」

チェイス「油断は出来ない。お前を無事に送り届け、寝かせつけることも役目の一つだ」

梨花「…」

…。

梨花『人間でもない癖に!!』

…。

梨花「…チェイス」

チェイス「何だ」

梨花「…昨晩の、事だけど…」

チェイス「気にするな。何度も言われている」

梨花「…」

チェイス「今日から古手神社に行くと言っていたが、何時から何時までだ」

梨花「…何で?」

チェイス「調べたい事がある。その時間を使う」

梨花「…6時から、7時30分まで…」

チェイス「了解した」

梨花「…」

チェイス「行くぞ」

梨花「…ねえ、チェイス」

チェイス「どうした」

梨花「…アンタ、前に失恋して泣いたって言ってたじゃない」

チェイス「ああ」

梨花「…あれ、教えなさいよ。暇潰しに」

チェイス「…あれは、俺が…」

第5話 終



136: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 21:57:32.73 ID:ONQeR3AhO

沙都子「…」

沙都子「…これは…」

沙都子「…えっと…」

鉄平「…」

沙都子「…あの、叔父…様…?」

鉄平「…何じゃ」

沙都子「…こ、これ…は…」

鉄平「…暇だっただけじゃ。意味なんぞ無い」

沙都子「…部屋が…綺麗に…」

鉄平「…」

沙都子「…」

鉄平「…飯は、炊いといた」

沙都子「え?」

鉄平「…ワシに出来ることなんざ、それくらいじゃ」

沙都子「…叔父様…」

鉄平「…晩飯、作らんかい」

沙都子「…は、はい!…ですわ」

鉄平「…」



137: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 21:58:32.55 ID:ONQeR3AhO

沙都子「…」モグモグ

鉄平「…」モグモグ

沙都子「…」

鉄平「…この家は…」

沙都子「…?」

鉄平「…お前が、管理しとったんか」

沙都子「…え、ええ…」

鉄平「…一人でか…」

沙都子「…ええ。いつか、にーにーが帰ってくると…」

鉄平「…にーにー…」

沙都子「…はい」

鉄平「…沙都子」

沙都子「?」

鉄平「…今、何年生じゃ」

沙都子「…5年生、ですわ」

鉄平「…ほうか」

沙都子「…」

鉄平「…まだ、そんな歳か…」

沙都子「…?」

鉄平「…」

沙都子「…」

鉄平「…朝飯…」

沙都子「…」

鉄平「…美味かった」

沙都子「…!…はい!」

鉄平「…」



138: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 21:59:07.85 ID:ONQeR3AhO

チェイス「…」

チェイス「…」ピンポーン

「…はーい!今出ますよー!」

チェイス「…」

「はい。どうかされッ…」

チェイス「…」

「…」

チェイス「…」

「あ、あの…どちら様でしょうか…?」

チェイス「竜宮レナの学校の担任の、紫左之助だ」

「…た、担任の、先生ですか…?」

チェイス「レナはいるか?」

「え、ええ……ん?レナ?」

チェイス「そうだ」

「?…お、おーい!礼奈!礼奈ー!」

チェイス「…?」

「今呼びましたので…あ、良かったら上がっていかれますか?」

チェイス「いや、ここで…」

「…?」

チェイス「…」

「…あ、あの…」

チェイス「…上がっていこう」

「そ、そうですか…居間の方でお待ち下さい。お茶、持ってきますので…」



139: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 21:59:45.18 ID:ONQeR3AhO

…。

レナ「え、えっと…」

チェイス「…」

レナ「ど、どうかされたんですか?」

チェイス「…1~2年前の学校の連絡網は持っているか?」

レナ「?」

チェイス「必要だ」

レナ「…え、えっと…あったかなぁ…」

チェイス「…」

レナ「…どうして、必要なんですか?」

チェイス「北条家に関する情報が欲しい」

レナ「!」

チェイス「…」

レナ「…でも、流石に前の連絡網は…」

チェイス「…」

レナ「…も、持ってない、と…思います…」

チェイス「…ならば、北条悟史について聞こう」

レナ「!!」



140: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:00:39.72 ID:ONQeR3AhO

チェイス「北条悟史はある日突然人が変わり、最後には行方不明になったと聞いた」

レナ「…」

チェイス「…何故、そうなった?」

レナ「…わ、分かりません。レナは…」

チェイス「…そうか」

レナ「…」

チェイス「…先程、お前の名前を言ったら、父親に妙な顔をされた」

レナ「…」

チェイス「お前は、家と学校では暮らし方が違うのか?」

レナ「…」

チェイス「父親は、お前の事を礼奈と呼んでいた」

レナ「…レナは…」

チェイス「…玄関に、この村の者とは考えにくい靴があった」

レナ「…ッ」

チェイス「あのデザインをお前が使うとは考えにくい。それに大きさもお前のものとは違う」

レナ「…」

チェイス「…」

レナ「…母親の…」

チェイス「父子家庭だと聞いている」

レナ「…ッ…」

チェイス「…」

「すいませ~ん。アタシので~す♪」

レナ「!」

チェイス「…」



141: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:01:51.32 ID:ONQeR3AhO

リナ「竜宮さんとお付き合いしていま~す♪間宮リナでーす!」

チェイス「…」

「す、すいません。お騒がせしてしまってるみたいで…」

チェイス「…いや」

レナ「…」

リナ「礼奈ちゃーん。どうしたの?暗いよー?」

レナ「…い、いえ…」

チェイス「…」

リナ「(誰かと思ったけど、学校の担任ね…ま、このガキの事だし、大方ゴミ捨て場に行ってるの注意しに来たんでしょ)」

チェイス「…」

リナ「(…っつーか…このオトコ…無表情だし、服装もヤバいけど…)」

チェイス「…」

リナ「(すっごく良いオトコじゃない…この村の奴はジジイかナヨナヨしたメガネ野郎しかいなかったから、余計に目立つわね…)」

チェイス「…」

リナ「だいじょーぶですよー!礼奈ちゃんは優しいから、問題なんか起こしませんって!」ギュッ

「あ…」

チェイス「…」

リナ「ねー…?」ギュッ

チェイス「…」

リナ「…」

チェイス「…」

リナ「(…な、何よこいつ…眉一つ動かさずに…どんだけ鋼のメンタルなのよ…)」

チェイス「…問題のあるのは、竜宮レナではないようだ」

リナ「…え?」

「…え?」

レナ「…」

チェイス「悪意の篭った人間は、悪意の篭った顔をするものだ」

リナ「…は?」

チェイス「北条鉄平とは、違う」

リナ「!!?」



142: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:02:45.64 ID:ONQeR3AhO

チェイス「…」

リナ「…あ…え?」

「り、リナさん…?」

リナ「え…えと…え?」

チェイス「…」

リナ「(な、何で?何でこいつからあのバカの名前が!?)」

チェイス「…心臓の鼓動が、早まっている」

リナ「(何よ何よ何よ何よ!!!何なのよこいつ!!?)」

チェイス「たまたま出た言葉だったが…」

リナ「(こいつ…ヤバい…!!)」

チェイス「ヒントは、近くにあるものだな」

リナ「(修羅場ならいくらでもくぐって来た…けど、分かる…!)」

チェイス「詳しく話せ。お前が知っていることを」

リナ「(こいつ…本当にヤバい!!)」

チェイス「…」ジリ…

リナ「(何か、何か打開策…打開策…!)」

「あ、あの!!」

リナ「!!」

チェイス「…」



143: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:03:39.63 ID:ONQeR3AhO

「あ、あの!何なんですか!リナさんに対して…酷いじゃありませんか!」

チェイス「…その女は、何かを隠している」

リナ「…竜宮さん…」

「リナさんはこの家からほとんど出ていませんし、やましい事なんて何もありません!」

レナ「…」

チェイス「…」

「先程から礼奈に対しても…まるで取り調べするみたいに…」

チェイス「…」

「お帰り下さい。何があったかは知りませんが、幾ら何でも横暴です」

チェイス「…」

リナ「…!竜宮さん!この人怖~い!」ギュッ

「あ…り、リナさん…だ、大丈夫だから…」

レナ「…」

チェイス「…そうか」

「…」

チェイス「…梨花を迎えにいく時間だ。俺は帰るとしよう」

リナ「…」

チェイス「…レナ」

レナ「…は、はい…」

チェイス「…あまり、抱え込むな」

レナ「…」

「か、帰って下さい!さもないと警察を呼びますよ!」

チェイス「…恋は、盲目…か」

「え…?」

チェイス「…気持ちは、分かる」

「…」



144: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:04:33.13 ID:ONQeR3AhO

…。

梨花「何が盲目よ。恋愛にすら発展してないわよ。そんなの」

チェイス「…」

梨花「良いように利用されてるだけじゃない。分かり易い問題ね」

チェイス「やはりそうだったか」

梨花「そりゃ、レナだって呆れるわよ」

チェイス「…このまま行けば…」

梨花「…そうね。レナの疑問がいつしか確信に変わった時…」

チェイス「…レナに、雛見沢症候群が発症する」

梨花「ええ。リナを殺し、そして北条鉄平を殺す」

チェイス「…?」

梨花「あら?アンタ聞いてないの?」

チェイス「…どういうことだ」

梨花「…レナが起こす惨劇の世界では、あの家族はリナと鉄平による美人局の被害者なのよ」

チェイス「…」

梨花「…最も、今回の鉄平にはそんな感じはないけど…」

チェイス「…だとしたら…」

梨花「ええ。何かしらの理由があって、今リナと鉄平は仲違いしてる」

チェイス「…レナの父親は、間宮リナはあの家からほとんど出ないと言っていた」

梨花「…それは恐らく、会えばマズい状況って事じゃないかしら」

チェイス「…」

梨花「…アンタ、一応警察組織に属してたんでしょ?何か思いつく節は無いの?」

チェイス「…」

梨花「…そんな、簡単な理由でそこまで会いたくないってことはないと思うし…何よりあの二人が喧嘩別れするような関係にあるとは思えない…」

チェイス「…ビジネスパートナー、というやつか」

梨花「…」

チェイス「…なら、答えは自ずと分かるな」

梨花「…ええ。これはもう決定的ね」

チェイス「…金銭トラブル、か」



145: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:05:16.43 ID:ONQeR3AhO

梨花「…金銭トラブル、ね。それなら合点がいくわ」

チェイス「それに、必死に逃げている様子だった」

梨花「…こういう時は、変に逃げるよりも近くで身を潜めてた方が意外とバレないものだからね…」

チェイス「…相当な、額…か」

梨花「…この辺でそんな額をポンと出せるっていうなら、限られてくるけど…」

チェイス「銀行、もしくは何処かの金庫…」

梨花「それならとっくにニュースになってるわよ」

チェイス「…だとしたら、表には出せない金か」

梨花「…ヤクザ絡み…」

チェイス「…園崎か」

梨花「…間宮リナは、園崎系列のスナックに勤務してたわね」

チェイス「…ならば、答えは出たようなものだ」

梨花「…上納金…ね」

チェイス「…」

梨花「…全く…何でそんなものに手を出したんだか…」

チェイス「…」

梨花「…そういう、背景があった。って言いたいんでしょ?」

チェイス「そうだ」



146: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:06:36.72 ID:ONQeR3AhO

梨花「…あのね、アンタの言うことも一理あるわよ。そうなることでしか生きていけなかった。っていう人間がいるってのも分かるわよ」

チェイス「…」

梨花「…でもね、本来はそういう風にならないの。ならずに必死に何とかしようとするのよ」

チェイス「…」

梨花「…私だって、死ぬっていう運命を変えようと必死なんだから」

チェイス「…だが、お前も33年間、諦めていた」

梨花「だから、一理あるって言ってんじゃない」

チェイス「…」

梨花「どれだけ不幸な人生だったとしても、人に迷惑かけてお金巻き上げてるようじゃ同情もされないわよ」

チェイス「分かっている。罪は償わせる」

梨花「…アンタ、園崎組がどれだけのものか知ってて言ってんの?」

チェイス「…」

梨花「腕一本じゃ済まないわよ。五体全部取ったって終わるものじゃない」

チェイス「…」

梨花「罪を償うなんて、甘い事言うんじゃないわよ」

チェイス「…人が殺されるのを、黙って見ていろと言うのか?」

梨花「…そういう訳じゃないけど…」

チェイス「…」

梨花「…分かってよ。沙都子を助ける為ならまだしも、あの二人の為に園崎をなんて…」

チェイス「人殺しは犯罪だ。それ以上もそれ以下もない」

梨花「…それが通用するのは、都会だけよ」

チェイス「…」

梨花「雛見沢って、アンタが思ってる以上に住みづらい所なのよ」

チェイス「…」



147: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:08:01.37 ID:ONQeR3AhO

沙都子「…あ、あの、叔父様…」

鉄平「…ん…」

沙都子「…もし、宜しければ…」

鉄平「…?」

沙都子「…ど、どうぞ…」

鉄平「…酒…」

沙都子「…取ってありましたの。捨てる訳にもいかなくて…」

鉄平「…ほうか」

沙都子「…」

鉄平「…」

沙都子「…ど、どうぞ…」

鉄平「…」チビ…

沙都子「…」

鉄平「…ッ…」グイッ

沙都子「…わ、私、お風呂に入ってきますわ…」

鉄平「…沙都子」

沙都子「!は、はいっ…」

鉄平「…」

沙都子「…」

鉄平「…いや、何でもないわ。さっさと入らんね」

沙都子「…は、はい…」

鉄平「…」グイ

鉄平「…」

鉄平「…ワシゃあ一体、何しとんのじゃ…」

鉄平「…ロクに働きもせんと、いじめとった子供に世話してもろうて…」

鉄平「…情けないのう…」

鉄平「…」

鉄平「…どこから、間違えたんかのう…」



148: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:08:47.80 ID:ONQeR3AhO

リナ「…」グイッ

「…り、リナさん…」

リナ「…!」グビッ

「…リナさん…あ、あの…」

リナ「…何?」

「だ、大丈夫だよ。あの人が来たら、また僕が…」

リナ「…あ、そう」

「だ、だから…あまり飲み過ぎないように…」

リナ「…るさい…」

「…え?」

リナ「うるさいのよ!!」パリィン

「あっ…」

リナ「ちょっとだけ勇気出したことがそんな偉いわけ!?褒めて欲しいわけ!?」

「…そ、そんな…僕はそんなつもりじゃ…」

リナ「どいつもこいつも…!男ってのはいっつもそう!!」

「…り、リナさん…」

リナ「自分の事ばっかり!!自分の欲丸出し!!」

「ぼ、僕はそんなつもりじゃ…」カチャカチャ

リナ「…何よ。そんなゴミ捨てれば良いじゃない」

「…で、でも…初めて君と買った…」

リナ「…は?」

「…初めて君と買った、ものだから…」

リナ「…ッ…!!」バキッ

「!!?」

リナ「…ほんっと…気持ち悪い男…」

「…り、リナ…さん…?」

リナ「…もう、やーめた。…限界」

「…え?」



149: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:09:23.47 ID:ONQeR3AhO

リナ「…限界。限界よ、もう」

「…な、何を…?」

リナ「…金。金の為」

「…え…?」

リナ「前の奥さんと別れて、莫大な慰謝料貰って、それでアタシんとこ来て…」

「…」

リナ「金って怖いわよねぇ?ホント…真面目そうな奴でさえ変えちゃうんだから」

「…」

リナ「毎日毎日仕事もせずに店に来て、やることと言えばアタシに言われるがまま金ばら撒いて…」

「…」

リナ「ようやく家にまで来させて、やることは変わらず金の無駄遣い」

「…リナ…さん…」

リナ「例えアタシに好意があったとしても、消えるわよ。そんなやり方だったら」

「…」

リナ「…この際だから教えてあげる」

「…」

リナ「アタシの目的は、アンタの金。持ってる金、全部!!」

「…!」



150: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:10:11.66 ID:ONQeR3AhO

リナ「…アンタから早いとこ金掻っ攫って、こんな村、すぐ出るつもりだった」

「…そんな…」

リナ「だけど、どーこ探しても見つかんないの。この家のハンコ」

「…」

リナ「…もう、飽きたわ。探すのも。このままじゃあの大金が無くなるのも時間の問題」

「…」

リナ「…もう一個、アンタに今一番お似合いの言葉、教えてあげるわよ」

「…」

リナ「・・・金の切れ目が、縁の切れ目・・・」

「!!」

リナ「…ぷっ…」

「…そんな…

リナ「あーはっはっはっは!!!今頃気づいたの!?自分のバカさ加減に!?ダッサ!!」

「…僕はただ…君の為に…」

リナ「アタシの為にお金無駄遣いしてたの?チョー受ける!!」

「…」

リナ「…ま、アタシもそんな時間に余裕無いし。これで勘弁したげるわよ」

「…よくも…」

リナ「良い勉強になったでしょ?金で女を何とかしたって、いずれこうなるって」

「…よくも…僕を…!」

リナ「じゃーね♪…お財布君?」

「…!!」グッ

リナ「…ん?」

「…よくも!!!騙したなぁ!!!」グワッ

リナ「!!!?」



151: ◆GWARj2QOL2 2017/05/23(火) 22:12:12.37 ID:ONQeR3AhO

…。

リナ「…」

「…」

リナ「…?」

「…え…?」

リナ「…は…?」

「・・・え・・・?」

レナ「…」ポタッ…ポタッ

リナ「…礼奈…ちゃん…?」

「・・・」

リナ「…何、してんの…?」

レナ「…ダメ…」

リナ「…」

レナ「…どれだけ、憎たらしくても…」

「・・・」

レナ「…どれだけ、殺したくても…」

リナ「…礼奈…ちゃん…」

レナ「…殺したら、もう、後戻り出来ない…」ポタッ…ポタッ

「…礼…奈…?」

レナ「…お父…さん…」ポタッ…

リナ「…礼奈ちゃん…血が…」

レナ「…そんなの…ダメ…」ガクッ

リナ「!!」

「!!!」

レナ「…」

リナ「…礼奈ちゃん…?」

レナ「…」

「…礼奈…」

リナ「…礼奈ちゃん!!」

レナ「…」

リナ「礼奈ちゃん!!起きて!!!礼奈ちゃん!!!」

レナ「…」

リナ「礼奈ちゃん!!!」

第6話 終



155: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:22:51.03 ID:okCOm2oLO

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「ふわぁ…」

チェイス「…」

梨花「…ん…」

チェイス「寝るのならば、電気を切るべきだ」

梨花「窓際で座られてたら気になって眠れたもんじゃないわ」

チェイス「…」

梨花「…アンタも寝てみたらどうなの?綿流しまではまだ…」

チェイス「必要ない」

梨花「…あ、そ」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…綿流しの練習は、上手くやっているか?」

梨花「娘にコミュニケーション取ろうと頑張ってる父親みたいなのやめて?」

チェイス「…」

梨花「…まあ、33年振りとはいっても身体は覚えてるみたい。すぐ取り戻したわ」

チェイス「…」

梨花「…ただ、あの鍬の重さは慣れないわね。腕がもうパンパン」

チェイス「…身体は、変わっていないからな」

梨花「…」

チェイス「…」



156: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:23:35.33 ID:okCOm2oLO

梨花「…綿流しが、何でああいうお祭りなのか、知ってる?」

チェイス「知らない」

梨花「ああそう。…ま、羽入のことだから、それは言わなくて当然よね」

チェイス「?」

梨花「…アンタ、布団を切り裂くっていうところに何か思わない?」

チェイス「処分するのなら、もっと手早い方法があるはずだ」

梨花「雛見沢の人間はゴミに願い込めてんの?」

チェイス「…ならば、何だ?」

梨花「…そうねぇ…あれは、ね」

チェイス「…」

梨花「…布団を、人間に見立ててやってるのよ」

チェイス「!」



157: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:24:37.67 ID:okCOm2oLO

梨花「そうなれば、あの綿が何か。分かるでしょ?」

チェイス「…内部か」

梨花「…もっと分かりやすく言えば、臓物。言わば「腹わた」ね」

チェイス「…」

梨花「腹わた。だから布団の綿を使ってるの」

チェイス「…何故、そんな風に…」

梨花「…オヤシロ様。まあ、羽入よ」

チェイス「…」

梨花「…オヤシロ様はね、人間の臓物を好むのよ」

チェイス「!」

梨花「…っていう、ここの村人の考えよ」

チェイス「…」

梨花「あの顔と性格で人間の内臓なんか食べるわけないでしょ。あいつの好きな物は甘い物だけよ」

チェイス「…」

梨花「…その昔、ここではね、鬼が出たって言い伝えがあるのよ」

チェイス「…鬼…か」

梨花「昔はね、雛見沢ではなく、「鬼ヶ淵村」と呼ばれていたの」

チェイス「…」

梨花「地獄を追い出された人食い鬼が村人を襲って、皆は鬼を恐れた」

チェイス「…」

梨花「でもその時、オヤシロ様と呼ばれる神の仲裁で鬼と人間が共棲するようになったという…伝承があるのよ」

チェイス「…」



158: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:25:30.01 ID:okCOm2oLO

梨花「羽入も良い迷惑よ。いつも言ってたわ。どうせお供えするならシュークリームにしろって。それで私に食べろって」

チェイス「…味覚は繋がっていると言っていたな」

梨花「ええ。…ホント…」

チェイス「…」

梨花「…ホント…いつもいつも…」

チェイス「…梨花…」

梨花「…ごめん。話、変えて」

チェイス「…竜宮レナの、ことだが」

梨花「…名前のことかしら?」

チェイス「そうだ。あの子は家では礼奈と呼ばれていた」

梨花「…そうね」

チェイス「…それは、何故だ?」

梨花「…あの子はね…」

チェイス「…?待て」

梨花「何?」

チェイス「…」

梨花「…どうしたの?」

チェイス「…微かだが、叫び声が聞こえる」

梨花「…叫び声?…ん…」

『…ゃーん』

梨花「…本当ね」

チェイス「…聞き覚えのある声だ」

梨花「…」

チェイス「行くぞ」

梨花「え?」

チェイス「この声は、只事ではない」

梨花「え!?ちょ…今私、寝間着!!」

チェイス「お前を一人には出来ない」

梨花「え!?ちょ…あ!あーーーーーー!!!!」



159: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:26:10.42 ID:okCOm2oLO

…。

レナ「…」

リナ「礼奈ちゃん!!しっかりして!!…あーもう!!さっさと開けてよ!一つしかない診療所の癖に!!」ガンガン

レナ「…」

リナ「こんなとこで、こんなことで死ぬんじゃないわよ!!…ったく!!早く開けて!!」ガンガン

「…は、はぁい…」

リナ「はぁいじゃない!!開けろ!!とにかく!!」ガン!!

「…ど、どちらさまですか?もう今日は…」ガチャ

リナ「急患!!急患なの!!」

「…!!り、竜宮さん…!?何故…!」

リナ「事情は後で説明するわよ!!今はとにかくこの子の手当てして!!」

「は、はい!すぐに!!」

リナ「礼奈ちゃん?病院着いたからね!?すぐ良くなるからね!?」

「…あ、あの…貴方は…?」

リナ「口動かす前に手ぇ動かせ!!」ゲシッ

「は、はいぃ!!」

リナ「…」

リナ「(…何故…?)」

リナ「(…こっちの台詞よ…!!あのバカガキ…!)」

…。



160: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:27:04.72 ID:okCOm2oLO

…。

レナ「…」

リナ「礼奈ちゃん!!しっかりして!!…あーもう!!さっさと開けてよ!一つしかない診療所の癖に!!」ガンガン

レナ「…」

リナ「こんなとこで、こんなことで死ぬんじゃないわよ!!…ったく!!早く開けて!!」ガンガン

「…は、はぁい…」

リナ「はぁいじゃない!!開けろ!!とにかく!!」ガン!!

「…ど、どちらさまですか?もう今日は…」ガチャ

リナ「急患!!急患なの!!」

「…!!り、竜宮さん…!?何故…!」

リナ「事情は後で説明するわよ!!今はとにかくこの子の手当てして!!」

「は、はい!すぐに!!」

リナ「礼奈ちゃん?病院着いたからね!?すぐ良くなるからね!?」

「…あ、あの…貴方は…?」

リナ「口動かす前に手ぇ動かせ!!」ゲシッ

「は、はいぃ!!」

リナ「…」

リナ「(…何故…?)」

リナ「(…こっちの台詞よ…!!あのバカガキ…!)」

…。



161: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:27:47.14 ID:okCOm2oLO

レナ『…』

リナ『礼奈ちゃん!!起きて!!』

『…』

リナ『…!ちょっと!!アンタもボーッとしてないで!!病院に電話しなさいよ!!』

『…』

リナ『…!!ああもうこの役立たず!!』

レナ『…』

リナ『この…!バカで生意気な癖に…!』

『…』

リナ『アタシはこの子を病院に連れてく!!妙な気起こすんじゃないよ!!』

『…』

リナ『…起こす気にもならない…みたいね…!本当のバカだわ…!!』

…。

……。

リナ「…」

「…」

リナ「…」

「…一応、傷は浅いようです。手当もしましたし、いずれ目を覚ますでしょう」

リナ「…」

「…さて」ギシッ

リナ「…」

「…何故、こうなったんですか?」

リナ「…」

「約束した訳ではありませんが、聞かないことにはこちらも納得がいきません」

リナ「…」

「落ちたり転んだりして出来た傷ではありません。もし頭頂部から落ちて尚且つ血が出るほどなら、ダメージを受けるのは頭だけではなかったかもしれませんから」

リナ「…」

「…説明して、頂けませんか?」

リナ「…どこから、どう説明すれば良いのか…」

チェイス「全てを説明すれば良い」

リナ「!」

「!」



162: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:28:26.31 ID:okCOm2oLO

「…そうですか。貴方が最近雛見沢分校に赴任したという…」

チェイス「紫 左之助だ」

入江「私はこの診療所で医者をやっている、入江という者です。よろしくお願いします」

梨花「入江は雛見沢ファイターズという野球クラブの監督もやっていますです。ですからボク達には監督と呼ばれているのですよ」

チェイス「…」

入江「…さて」

リナ「…」

入江「…間宮、リナさん」

リナ「…」

入江「私は警察ではありません。貴方を逮捕する権限もありませんから」

リナ「…」

入江「ゆっくりで構いません。…私達も黙って聞いています。ですから」

リナ「…」

入江「…何があったのか、話して頂けませんか?経緯も、レナさんの事も」

リナ「…」

チェイス「…まずは、何故お前があの家にいたのか、だ」

リナ「…」コク

…。

……。



163: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:29:14.75 ID:okCOm2oLO

リナ「はぁーい!ご来店ありがとうございまーす!リーナでーす♪」

「…」

リナ「何ー?お客さん暗いよー?何かやな事あった?」

「…ええ」

リナ「…そうなんだー…じゃあさ、飲んで!今だけでも忘れよっか?」

「…頂きます」

リナ「何それー!丁寧過ぎー!」

「あ、す、すいません…慣れていないもので…」

リナ「お客さん何歳?」

「…もう、40を…」

リナ「え!?それでこういうお店初めて!?」

「…え、ええ…」

リナ「真面目だねー…今時珍しー…」

「…妻以外の女性とは、ほとんど会話もしたことがなくて…」

リナ「…もしかしてじゃなくても、別れちゃった?」

「…ええ」

リナ「…そっかー…真面目そーなのに…」

「私と妻は、同じ職業で…ですが稼ぎに大きく差があって…」

リナ「奥さんのが稼いでたの?」

「…ええ」

リナ「ふーん…まあ、無いことはない、よね」

「…私には才能が無いのだと、よく他の仕事をするよう勧められました」

リナ「…」

「…ですが、女々しいことに私は諦めきれず…最後には愛想を尽かされました。あれこれと尽くしてはみましたが…」

リナ「…そうなんだ」

「結局妻は新しい出会いを見つけ、出ていきました。…しかも」

リナ「?」

「一人娘すらも取ろうと、浮気相手に何度も会わせていたんです。懐くように、と」

リナ「…ほー…」

「娘はそれが浮気相手だとは知らず、まるで近所の人に接するように仲良くなっていました」

リナ「うん」

「…ですが、その背景を知らなかった私は、妻の浮気を知った時、娘もきっと分かっていたのだと、つい…当たってしまいました」

リナ「…あちゃー…」



164: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:29:59.60 ID:okCOm2oLO

「…娘はそれ以来、母親の話題を一切出すことはなく、私を慰めようと必死になっていました」

リナ「…」

「…妻も娘の事は諦めたのか、莫大な慰謝料を置いて、一方的に離婚届を渡してきましたよ」

リナ「!」

「…それで、逃げるように雛見沢に戻ってきました。全てを忘れたいと、願って…」

リナ「…」

「…それに、娘は…」

リナ「…ん?」

「…いえ、何でもありません…。申し訳ありません。いきなり変な話を…」

リナ「良いよぉ。そういうとこだもん。ここ」

「…貴方の聞き上手に、つい甘えてしまいました」

リナ「そう?…だったら嬉しいなぁ」

「…」

リナ「アタシで良かったらいくらでも聞くよ!愚痴でも何でも!」

「…はい」

リナ「今はまだヤル気も湧かないかもしれないけどさ、これからこれから!だからまた来てよ!いつでも良いからさ!」

「…はい」

リナ「アタシは間宮リナ!お客さんは?」

「…竜宮です」

リナ「カッコ良い苗字じゃーん!忘れないから!絶対!」

「…はい!」

…。



165: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:30:41.73 ID:okCOm2oLO

リナ「…初めはさ、良いカモ見つけた。ってくらいにしか思ってなかった。店の売り上げアップさせて、給料上げてもらおうとかしか…」

入江「…」

チェイス「…」

梨花「…」

リナ「…でもね、向こうは本気だったんだ」

チェイス「知っている。俺もその本気振りは見た」

リナ「…竜宮さんが来たのは、その2日後」

入江「…」

リナ「いきなりさ、プレゼントだって、高いネックレス持ってきて。正直引いたんだけど…お店だから。拒否するわけにもいかなくてね」

梨花「…」

リナ「…でも、それだけじゃなかった」

入江「…」

…。

「り、リナさん!何か、の、飲みたいお酒はありますか?」

リナ「え?…んー…じゃあね、コレかなぁ?」

「わ、分かりました!じゃあそれをボトルで!」

リナ「…え?本気?結構高いよ?」

「だ、大丈夫です!お金なら…」

リナ「あ…あ、そ、そう…」

…。



166: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:31:24.28 ID:okCOm2oLO

チェイス「酒と女に、溺れていったか」

梨花「そういうの何処で覚えてきたのですか?」

リナ「…まあ、そんなところ。…試しにさ、アフターって事で高い中華料理店に連れてってもはいどうぞでお金出すし…」

チェイス「…」

リナ「…これは相当持ってるなって、思って」

入江「…」

リナ「…そしたらね、何だかお金に対してどんどんがめつくなっていったのよ。アタシ。…元からだけど」

梨花「…」

リナ「…いつまでこんな無差別に媚びへつらう商売やってなきゃいけないんだ…って」

梨花「…園崎の上納金に手を出しましたですか?」

リナ「…!…うん。そう」

入江「!…そ、それは…」

リナ「ヤバイってのは…分かってるよ。今だって余裕なんか無い」

チェイス「…」

リナ「…でも、ある日ね?店のマスターが金庫開けてたのを見たの。今月の上納金の確認…って」

入江「…」

リナ「…一件だけでも、とんでもないのにさ。それが何十件もあるんだよ?上納金って」

チェイス「お前達が働いて稼いだ金を持っていくのが、気に食わなかったということか」

リナ「…園崎に一泡噴かせてやろうってのは、あったよ。確かに」

梨花「…」

リナ「…でもそれよりも、お金だ。いっぱいある…ってのが大きかった」

入江「…」



167: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:32:05.41 ID:okCOm2oLO

リナ「それでね。お店で働き出した時にたまたま目をつけたガラの悪い、金髪のオッさん…鉄平に話をしたの」

チェイス「北条鉄平とは、そこで関係を持ったか」

リナ「…うん。特別な関係、じゃない」

入江「…」

リナ「…ある程度ボディーガードになってくれて、金にがめつくて、それでいていつでも切れる関係」

梨花「鉄平は、どんな感じだったのですか?」

リナ「…少し渋ったけど、了解したよ。…金に困ってそうだったし」

チェイス「…」

梨花「…それで、今は鉄平からも逃げているのですね」

入江「…つまり、貴方は途中で園崎への上納金を独り占めしたわけですね?」

リナ「…」コク

チェイス「…それでいて、敢えて近くにいることで疑いをかけられないようにした」

梨花「その一番丁度良かったのが、竜宮家なのですね」

リナ「…」コク

入江「…」

リナ「でも、そのせいで竜宮さんの無駄遣い癖は悪化した。とんでもないくらいに」

梨花「…」

リナ「…ついでに竜宮家の財産も取ってやろうと思ったけど、やめたわ」

梨花「?」

リナ「このままじゃ無くなるのもそう遠くないなって思って…」

入江「…それは、どういうことですか?」

リナ「…これだけやっておいて、何だけどさ…」

チェイス「…」

リナ「あの人、アタシがあの家に来て一番初めに買ったグラスを凄く大事そうにしてたんだ」

梨花「?」

リナ「それをつい割っちゃってね。…必死にかき集めながら悲しんでる姿を見て、思ったのよ」

入江「…」

リナ「…哀れだな…って」



168: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:32:45.82 ID:okCOm2oLO

リナ「勿論、アタシがこんなこと言う資格が無いのは分かってる。アタシが原因みたいなもんだし…」

チェイス「…別れを切り出したことで、逆上してきたわけか」

リナ「…うん」

入江「…それを、レナさんが庇った。ということですか」

リナ「…どうして、アタシなんか…」

梨花「…」

リナ「本来、煮ても焼いても足りない相手の筈なのに…」

入江「…」

チェイス「…そう思うならせめて、レナが目を覚ました時に連れ添ってやれ」

リナ「…」

チェイス「…だがそれは、お前の為ではない」

リナ「…!」

チェイス「父親を人殺しにはさせないという、レナの強い思いだ」

リナ「…うん」

梨花「…」

チェイス「…お前のもう一つの罪に関しては、後回しだ」

リナ「…うん…」



169: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:33:23.93 ID:okCOm2oLO

レナ「…」

リナ「…」

…。

入江「…まさか、あの明るさの裏にこんな事情があったとは…」

チェイス「…悟られまいと、必死に隠していたんだろう。これは家庭の事情…だと」

梨花「…左之助。レナが何故礼奈と呼ばれているか。ボクからお話しますです」

チェイス「…」

入江「…」

梨花「…レナの家庭事情は、先のリナのお話で大体合っています」

チェイス「…」

梨花「幼い頃の両親の離婚。知らないうちに自分も共犯になっていたことの、罪の意識」

チェイス「…」

梨花「…レナは、それを一気に背負ってしまったのです」

入江「…」

梨花「…その残酷な運命は、やがてレナの心を蝕んでいきました」

チェイス「…」

梨花「そしてレナは、「い」やな事を忘れようとれ「い」なの「い」を取って、「レナ」というもう一人の人格を作り上げたのです」

チェイス「…だが今回は、忘れようとはしなかった」

梨花「…はい。レナは「逃げず」に立ち向かったのです。家庭の問題と」

入江「…そうでしたか」

梨花「立派なのです。レナは」

チェイス「…そうだな」



170: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:34:00.87 ID:okCOm2oLO

梨花「…リナは、改心するでしょうか?」

チェイス「分からない」

梨花「…いつもみたいに、言い切らないのですか?」

チェイス「更生するきっかけを与えても、そう素直には戻れない」

梨花「…」

チェイス「…女心というものは、分からない」

梨花「貴方からそんな言葉を聞けるとは思わなかったのですよ」

チェイス「…それよりも。あいつらにはやらなければならないことがある」

入江「…園崎の上納金をくすねた罪は、とても重いものですからね…」

梨花「ここでは園崎が右と言えば右。園崎がリナや鉄平に罰を与えるというなら、ボク達は逆らわないわけにはいかないのです」

チェイス「…何故、そこまで園崎は…」

「…それは、むかしむかー…しに、遡るのよ…」



171: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:34:44.75 ID:okCOm2oLO

チェイス「…」

「…うふふ」

入江「…た、鷹野さん?」

鷹野「ごめんなさぁい。たまたま通りがかったら明かりが点いていたものだから…つい」

梨花「こんな時間にお散歩なのですか?」

鷹野「ええ。でもちゃあ…んとボディガードが付いてたから大丈夫よぉ?ねー…?ジロウさん?」

富竹「…あ、あはは…」

チェイス「…」

梨花「左之助。紹介しますです。この女の人は鷹野三四。男の方は富竹ジロウ。鷹野はここの病院でナースのお仕事をしていて、富竹はカメラマンをやってるのですよ」

チェイス「…」

鷹野「最近越してきた変わった服装の青年って…もしかして貴方?」

チェイス「…最近越してきたのは、確かだ」

富竹「た、鷹野さん…いや、申し訳ない。えー…と、左之助さん。かな?」

チェイス「…そうだ」

富竹「僕は本来野鳥専門のカメラマンをやってるんだけどね。ここの綿流しの祭りが好きで、毎年撮りに来てるんだ!」

チェイス「…」

富竹「宜しく!」

チェイス「…」

富竹「…?」

チェイス「…」グッ

富竹「…!?い、痛たたたたたた!!!?」

鷹野「!?」



172: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:35:19.81 ID:okCOm2oLO

富竹「あ、あはは…力が強いなぁ。握り潰されるかと…」

チェイス「すまない。それなりに加減はしたが…」

梨花「左之助はこう見えてゴリラのような力を持ってるのです。怒らせると怖い怖い、のですよ?」

鷹野「…良いかしら?お話の続き…」

チェイス「続けろ」

鷹野「…そうねぇ…これは、どれだけ遡るかし……あら?あそこにいるのは…レナちゃん?」

梨花「…レナは今、怪我をして寝てるのですよ」

入江「え、ええ。ですが、軽いもので…明日にも退院出来ますから」

鷹野「…そう。入江先生が仰るなら…うふふ」

チェイス「…」

鷹野「…それでね?何故園崎がここまでになったのか…それのキーワードは…」

チェイス「…」

鷹野「…「人肉缶詰」…」

梨花「…」



173: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:35:56.26 ID:okCOm2oLO

チェイス「…それは?」

鷹野「…貴方、この村が昔何て呼ばれてたかは知ってる?」

チェイス「鬼ヶ淵村、だと聞いた」

鷹野「そう…それは知ってるのね」

チェイス「…」

鷹野「なら、本題に入りましょう」

チェイス「…」

鷹野「…終戦後のお話でね。日本中では物資の不足が問題となっていたの」

チェイス「…」

鷹野「勿論、この辺だって例外ではないわ。食料だって、何だって不足してたらしいわ」

チェイス「…」

鷹野「…でもね?そこで活躍した人物が、当時も今も変わらない御三家の一つ、園崎。その一族の一人、園崎宗平なのよ」

チェイス「…宗平…」

鷹野「ええ。彼は食料飢饉だった筈の当時、大量の缶詰を所有していてね…貴重なタンパク源だからって、皆が押し寄せたわ」

チェイス「…」

鷹野「園崎宗平はね、それを闇市で売り捌いて、財を成したの」

チェイス「…」

鷹野「そのお金で雛見沢を近代化させようと、彼は画策したわ。…でもね?」

チェイス「…」

鷹野「…ある日、一人の男性がその缶詰から、ある物を発見したの」

チェイス「…何だ?」

鷹野「…髪の毛。なんだって…人間の…」

チェイス「…」



174: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:36:38.63 ID:okCOm2oLO

鷹野「そこからはバッシングの嵐。宗平は人肉を缶詰にして売っていた、だなんて揶揄されたのよ」

チェイス「…」

鷹野「…でもね?彼は一切口を噤んで、その問題には言及しようとしなかったの」

チェイス「…」

鷹野「結局宗平は雛見沢に舞い戻り、その財力で御三家の残り、古手、公由家を手助けしたのよ」

チェイス「…力関係は、その時からか」

鷹野「ええ。…今ではもう、その缶詰が何だったのかは分からないけれど…」

チェイス「…宗平にしか、分からない事だ。深く追求することもない」

鷹野「…でも、気になるじゃない?こういう歴史って…」

チェイス「…」

鷹野「好きなのよねぇ…歴史…」

チェイス「…」

鷹野「…あら?もうこんな時間…」

富竹「…!?あ、ほ、ホントだ…!鷹野さん!明日早番じゃないの!?」

鷹野「大丈夫よぉ。ちょっとくらい…」

入江「…せめて、私のいないところで仰ってくれませんかねぇ…?」

梨花「…どうして富竹が鷹野の予定を知ってるのですか?」

富竹「えっ!?そ、それは…たはは…」

鷹野「…うふふ…お子様には、まだ分からない事よぉ…」

梨花「…むー…」

鷹野「…あらー…可愛らしいわぁ…!」プニプニ

チェイス「…帰るぞ。梨花」

梨花「え?」

チェイス「もうお前は眠らなければならない。家に行くぞ」

梨花「連れて来たのは左之助なのです。それに、レナが…」

チェイス「…少なくとも、今は大丈夫だ」

梨花「…?」

チェイス「…」

鷹野「…」



175: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:37:21.48 ID:okCOm2oLO

…。

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…ねえ。私はぬいぐるみじゃないんだけど」

チェイス「お前の護衛も俺の任務だ」

梨花「そうかもしれないけど…レナの事が…」

チェイス「…」

梨花「…こんな急いで出る事もなかったんじゃないの?」

チェイス「…あの、3人は…」

梨花「?」

チェイス「あの3人は、信用するな」

梨花「…え?」

チェイス「あの3人は、嘘をついている」

梨花「…何を…」

チェイス「身のこなしが、素人ではない」

梨花「…?」

チェイス「そして微かだが、鷹野の首筋に硝煙の反応があった。洗い流しきれていなかったようだな」

梨花「…」

チェイス「俺の目は人間とは違う。ある程度なら調べずとも判別出来る」

梨花「…それって…」

チェイス「あの女は、危険だ」

梨花「…!!!だ、だったら!!」

チェイス「今は手出し出来ない。レナは軽い怪我だと言い切った手前、それは考えられない」

梨花「…で、でも…ほら、もしかしたら、花火でもやってたのかも…」

チェイス「…花火と銃の火薬は、違う」

梨花「…」

チェイス「そして、もう一つ。根拠がある」

梨花「…何?」

チェイス「…俺の…」

梨花「…」

チェイス「…勘だ」



176: ◆GWARj2QOL2 2017/05/26(金) 21:38:26.42 ID:okCOm2oLO

リナ「…zzz…」

レナ「…」

リナ「…zzz」

鷹野「…」

入江「…夏とはいえ、夜にその格好では風邪を引いてしまいますよ」パサ

富竹「…きっと、それだけ必死だったんだろう。肩や服に血が付いていても、気にもしていない」

入江「…根っから悪い人なんて、この世にはいませんよ」

リナ「…ん…zzz…」

鷹野「…ねえ。入江所長」

入江「はい?」

鷹野「この方って、「そういう」人なのよね?」

入江「…え?」

鷹野「園崎系列の末端の店で働いてるような子なんだから、身寄りも無いのでしょう?」

入江「…恐らくは」

鷹野「…そうなの…」

富竹「…鷹野さん…?」

鷹野「…うふふ…」

第7話 終



185: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:28:14.17 ID:K1KRwxSGO

…。

『お母さん、しばらく帰ってこれないかもしれないから。ここにお金、置いとくわね』

…いつ、帰ってくるの?

『…分からない。…でもあの人もいるし、大丈夫よ』

…お父さん、昨日も、今日も…寝てるよ。

『…そう。そのうち起きるわよ。起こさないであげて。…絶対に』

…本当に、帰ってくるよね?

『…そのお金は、絶対にお父さんには渡そうとしちゃダメよ』

どうして?

『…どうしても、ダメなのよ』

…?

『…お母さん、行くわね』

…。

『…じゃあね。さよなら』

…。

……。



186: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:29:02.81 ID:K1KRwxSGO

リナ「…ッ!」ガバッ

リナ「…」

リナ「…ハーッ…ハーッ…」

リナ「…夢…」

リナ「…ッ…」

リナ「…あれ?」

リナ「…何でアタシ…布団…」

リナ「…!」

リナ「礼奈ちゃっ…!」

レナ「…」

リナ「…」



187: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:30:51.21 ID:K1KRwxSGO

レナ「…」

リナ「礼奈ちゃん…」

レナ「…ここまで、運んでくれたんですね」

リナ「…」

レナ「…それは、ありがとうございます」

リナ「…」

レナ「…でも、貴方がお父さんにしたことは、許せません」

リナ「…うん」

レナ「…反省しているというなら、その罪を償って下さい」

リナ「…」

レナ「…もし、良かったら」

リナ「?」

レナ「教えてくれませんか?どうしてリナさんがそんな風になったのか」

リナ「…ただの、言い訳になるから。やめとくわ」

レナ「構いません。それでも、聞きたいんです」

リナ「…」

レナ「私達を騙したリナさん。私を助けたリナさん」

リナ「…」

レナ「…本当のリナさんは、どっちなのか」

リナ「…どっちも、アタシよ」

レナ「…」

リナ「…話すと長いから。時間のある時にしましょ。礼奈ちゃん、学校あんでしょ?」

レナ「…」

【AM8:00】

レナ「…」

リナ「…傷、痛む?」

レナ「…いえ。それよりも…」

リナ「?」

レナ「…リナさんに、気遣ってもらうなんて、思いませんでした」

リナ「…アタシも、助けてもらえるなんて思わなかった」

レナ「…今日は、昼で帰りますから」

リナ「…ん」

…。



188: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:32:41.37 ID:K1KRwxSGO

リナ「…」

入江「…そうですか。竜宮さんは、学校に…」

リナ「…アタシといたって、今の父親といたって、気分は良くないでしょ」

入江「ええ。そう思います」

リナ「…」

入江「…しばらくは、ここにいて頂いて構いません」

リナ「…」

入江「まずは、竜宮さんとしっかりお話をしなければなりませんから」

リナ「…そう、だね…」

入江「…それでは」

リナ「…あ、待って」

入江「…?」

リナ「…」

入江「…」

リナ「…ありがと」

入江「…私は医者ですから」

リナ「…」

入江「患者に、良いも悪いもありません」

リナ「…」



189: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:34:14.37 ID:K1KRwxSGO

沙都子「では…叔父様。行って参りますわ」

鉄平「…のう、沙都子」

沙都子「は、はい?」

鉄平「…例の注射は、打っとるんか?」

沙都子「か、監督からの…ですの?は、はい…」

鉄平「…ほうか」

沙都子「…?」

鉄平「…沙都子」

沙都子「?は、はい?」

鉄平「…」

沙都子「…」

鉄平「…人間っちゅうんは、やり直しは出来るんかのう」

沙都子「…やり直し…」

鉄平「…」

沙都子「…分かりませんわ」

鉄平「…」

沙都子「…それでも」

鉄平「…」

沙都子「やり直してみないことには、どうにも言えませんわ」

鉄平「…ほうか」

沙都子「…」ペコ

鉄平「…」

鉄平「…やり直してみないことには、か…」

鉄平「…腹ァ、括れっちゅうこと…じゃな」

鉄平「…」

鉄平「…やらんと、いかんかもしれんのう…」



190: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:35:18.97 ID:K1KRwxSGO

…。

「左之助せんせー!これ教えてー!」

チェイス「…」

「左之助せんせー!出来たよー!」

チェイス「…」

…。

魅音「なんだかんだで、あの人も教師が板に着いてきたねぇ」

圭一「あの格好も見慣れてきたよな。もう」

レナ「でも、暑くないのかな…」

魅音「…確かに、汗もかかないしねぇ。痩せてるのかなって思ったらウチの若衆なんざ目じゃないくらい力持ちだし…」

圭一「…どういう、人なんだろうな」

魅音「…んー…」

梨花「(…人、じゃないのよ。人じゃ)」

梨花「(…にしても、チェイスはレナには何も言うなって…)」

梨花「(…どうしてそういう気遣いは出来るんだか)」

梨花「(沙都子も結局何も無いみたいだし…)」

梨花「(もしかしたら、このまま…)」

梨花「(…本当に…)」

校長「…」コツコツ

梨花「(…ん?)」



191: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:37:26.81 ID:K1KRwxSGO

知恵「あら…校長先生」

校長「生徒達は、上手くやっていますかな?」

知恵「ええ。チェ…左之助先生もだいぶ…」

チェイス「…」

校長「…それで、ちょっと…左之助先生も…」

チェイス「?」

知恵「?」

校長「…」

チェイス「…」

知恵「…」

校長「…」

知恵「…えっ!?」

梨花「…?」

知恵「…わ、分かりました。…えっと…そ、園崎さん!」

魅音「?はーい!」



192: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:38:24.19 ID:K1KRwxSGO

圭一「どうしたんだ?魅音の奴…いきなり職員室に呼ばれていったけど…」

レナ「うーん…お家の事かな?」

圭一「…あいつって、次期当主…とかなんとか言ってたよな」

レナ「うん。でも魅ぃちゃんは全然気にしてないから…」

圭一「それでも、家がそうさせてくれないんだろうな…」

レナ「…凄いよ。魅ぃちゃんは」

圭一「…そうだな」

沙都子「魅音さんは背負ってるものがたくさんあるんですのよ。とても大きなものを…」

圭一「…」

沙都子「…ン圭一さんと違って!!」ギシッ

圭一「一言多いんだよお・ま・え・は!!」グリグリ

沙都子「ぎゃああああああレナさあああああああん!!!」

レナ「…あはは」

圭一「…?」

沙都子「…?」

梨花「…」



193: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:39:16.39 ID:K1KRwxSGO

圭一「…ど、どうしたレナ?」

レナ「え?」

沙都子「いつもならここでレナさんの拳が圭一さんの顔面にめり込むのが日常でしてよ」

圭一「どんだけ世紀末な日常なんだよ」

レナ「ちょ、ちょっと疲れてるのかな。…かな」

梨花「(…やっぱり、ボロは出るわよね)」

圭一「…前にも言ったけど、何か悩み事があるなら、ちゃんと話した方が良いぞ?」

沙都子「そうですわ。抱え込むのはストレスの原因でしてよ」

レナ「だ、大丈夫だよ」

圭一「…話しにくいことでもさ、話してみたら意外と解決するかもしれないぜ?」

レナ「…」

沙都子「…無理に聞くことはありませんが、それでも私達は心配なんですのよ」

レナ「…うん。ありがとう」

梨花「(…私は知ってるけど、話せるわけないわよね…)」

沙都子「…そういえば梨花」

梨花「?」

沙都子「先程から一言も話してませんが、梨花も何かあったんですの?」

梨花「みー。ボクは常にあれこれ考えてますのですよ」

沙都子「う…ホントに考えてそうですわね…」

魅音「…」ツカツカ

圭一「あ」

レナ「魅ぃちゃん…」

魅音「…」

圭一「…どうした?」

魅音「…ごめん。今日は帰らないと」

沙都子「え?」



194: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:41:06.67 ID:K1KRwxSGO

魅音「いやー悪いねー!おじさんちょーっと!用事が出来ちゃってね!」

圭一「よ、用事?」

魅音「うん。すぐ終わるから」

レナ「…すぐ?」

魅音「うん。…すぐに」

梨花「…?」

魅音「それじゃっ!…あ!圭ちゃん!今日の分、明日教えてね!」

圭一「うぇっ!?な、何だよそりゃ!」

魅音「バイバーイ!!」バビューン

沙都子「…用事。魅音さんも忙しいみたいですわね」

レナ「…でも、今まで学校にいる時にお家の用事で抜け出す事なんかあったかなぁ…」

沙都子「…無かったですけど、そういうことも稀にあるのでは?」

圭一「…先生に聞いてみるか?」

レナ「うーん…でも、人の家の事情は…」

チェイス「…」

圭一「あ」

沙都子「あ…」

梨花「!」



195: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:43:19.60 ID:K1KRwxSGO

チェイス「授業の続きだ。自習時間とはいえ席を立つのはルール違反だ」

圭一「うっ…」ガタン

沙都子「う…正論ですわね」ガタン

チェイス「お前達はこの学校では年長者だ。年長者は年少組の見本にならなければならない」

レナ「ご、ごめんなさい…」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…俺は職員室に戻る。引き続き自習時間だ」

圭一「は、はい…」

梨花「…」グイ

チェイス「…」

梨花「(何が、あったの?)」クイ

チェイス「…」

梨花「(な・に・が・あっ・た・の?)」クイックイッ

チェイス「…何も無い」

梨花「(嘘でしょ)」クイッ

チェイス「園崎魅音は家の用事だ。俺達と関係は無い」

梨花「(じゃあ…)」

チェイス「…」

梨花「(何でこっそり出て行こうとしてんの?)」グイ



196: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:44:44.16 ID:K1KRwxSGO

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「職員室に、行くだけだ」

梨花「…そう」

沙都子「…?」

チェイス「…」

梨花「…左之助」

チェイス「…」

圭一「?」

梨花「…早く、帰ってくるのですよ」

チェイス「…了解した」

レナ「…?」

圭一「…?」

沙都子「…」



197: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:45:48.55 ID:K1KRwxSGO

魅音「…」

…。

知恵『園崎さん。…その…』

左之助『…』

校長『…』

魅音『?』

知恵『…園崎、お魎さんから、お電話です』

魅音『…?婆っちゃから?』

知恵『…』

魅音『…は、はーい?何ー?』

お魎『…北条、鉄平じゃ』

魅音『…は?』

お魎『北条鉄平が、園崎の上納金をくすねたと自首してきおった』

魅音『…』

お魎『…あんのチンピラが、堂々と門からやってきおったんじゃ』

魅音『…』

お魎『次期当主としてお前も参加せえ』

魅音『…分かった』

…。

魅音「…」

魅音「…あの自分のことしか考えない叔父が、ねぇ…」

魅音「…ふーん…」



198: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:46:39.81 ID:K1KRwxSGO

…。

リナ「…」

鷹野「はーい間宮さーん…今良いかしら?」

リナ「…あの入江って人は?」

鷹野「往診に出かけてるわ。ご老人が多いから…忙しいのよ」

リナ「…そ」

鷹野「それよりも…お腹、空いてない?」

リナ「…悪いけど、そんな気分じゃないのよ。…それに」

鷹野「…それに?」

リナ「礼奈ちゃんは昼で学校、帰るらしいから。私もそれが終わったら出てくわ」

鷹野「…そう」

リナ「迷惑、かけたわね」

鷹野「あら…貴方、聞いてたより素直じゃない」

リナ「開き直っただけよ。多分アタシは園崎の人間に八つ裂きにされて死ぬだろうし」

鷹野「そんな事言わないで…ね?」

リナ「人間、絶対に死ぬってなったら諦めがつくもんよ。アンタら普通の人には分からないだろうけど」

鷹野「…普通…ねぇ…」

リナ「普通よ。アンタらは。…アタシみたいなゴミ屑に比べればさ」

鷹野「…そう…。ねえ?」

リナ「…?」

鷹野「…それって、いつ死んでも良いってことよねぇ?」

リナ「…え?」

鷹野「小此木」

リナ「は?」

小此木「はいよ」

リナ「は?…え!?ちょ、ちょっと!?」



199: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:48:12.22 ID:K1KRwxSGO

鷹野「ごめんなさぁい。どうしても貴方くらいの女性の死体が必要なのよぉ…」

リナ「何!?ちょっ…何すんのよ!!離しなさ…ムググ…」

小此木「暴れんなって…今はまだ殺しゃしないからよ」

リナ「!!?」

鷹野「私とそう変わらない身長で、女性で、居ても居なくても誰も気にしなくて、定職にも着いてない。そういった条件の人ってそうそう居ないのよねぇ…」

小此木「…しかし、こんなとこに好条件の物件があるたぁ思いませんでしたね」

鷹野「ホントよねぇ…貴方、良かったじゃない…」

リナ「!!」

鷹野「最後に、人の役に立てるのよぉ…?」

リナ「…!!…!!!」

小此木「でも流石に…あんまり大仰には出来ませんぜ?綿流しの祭りが終わるまで監禁ったって…」

リナ「~!!」

鷹野「そうよねぇ…でーも…そこは、貴方に任せるわ」

小此木「…それと、銃の腕は少しは良くなりましたかい?」

鷹野「私は「裏」だから良いのよぉ」

小此木「へへっ…そう言って、この間、練習してたって聞きましたぜ?」

鷹野「最後の手段よ。万が一私が警察に疑われた場合のね」

リナ「!!!」



200: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:51:27.09 ID:K1KRwxSGO

鷹野「さ。その子を連れてって。…バレないようにね?」

小此木「はいよ…あー…ン゛ン゛!ほいだら行って参りますわぁ。鷹野センセ」

リナ「…!!」

鷹野「あらぁ?その話し方、似合ってきたじゃない。小此木造園さん」

リナ「(小此木…造園…!)」

小此木「へっへへ。何年もいりゃあ、そら学習しますわ」

リナ「(伝えなきゃ…!誰かに伝えなきゃ…!)」

小此木「あん?おいおい…まさか逃げられると思ってんのか?」

リナ「(誰かに…伝えないと…!)」

小此木「…ったく、腕も塞いどくか」

リナ「(…そうだ…!確か…左之助とかいう礼奈ちゃんの担任…!)」

鷹野「あら?今更死ぬのが怖くなったの?」

リナ「(こいつら…!ヤバい…!!)」

鷹野「…そう」

リナ「(誰か…お願い…誰か!!)」

鷹野「…でもざぁんねん…」

リナ「(誰か…!!)」

鷹野「…貴方、もう終わりなのよ」

リナ「(助けて…!!)」

鷹野「小此木。あんまり暴れるようなら気絶させても構わないわ。多少なら大丈夫よ」

リナ「(助けて…!!!)」

小此木「…ま、女に手を上げるのは趣味じゃねえんですがね…」

鷹野「どうせ、殴られた痕跡も分からなくなるくらいになっちゃうんだから」

リナ「…!!」

小此木「はいよ。…じゃ、行くぞ」

リナ「…」

鷹野「…お達者でねぇ…あ。小此木?」

小此木「?」

鷹野「…あの人は、応えてくれた?」

小此木「…それが、まだなんですわ」

鷹野「…そう」



201: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:53:57.87 ID:K1KRwxSGO

…。

圭一「え?レナも帰るのか?」

レナ「うん。やっぱりちょっと熱っぽいかな…かな」

圭一「そうなのか?…心配だな」

レナ「大丈夫だよ。明日には元気になるから!」

沙都子「ちゃんと身体を休めるんですのよ?」

レナ「うん!ありがと。沙都子ちゃん」

梨花「(…嘘ね)」

レナ「梨花ちゃん。圭一君。沙都子ちゃんも、また明日ね?」

圭一「おう!」

沙都子「はいですわ」

梨花「…レナ?」

レナ「?」

梨花「…」

レナ「…?」

梨花「…何でもないのです。また明日なのですよ」

レナ「…うん!」

梨花「(…かける言葉が、無いわ)」

沙都子「…」

梨花「(…無駄に生きただけで、頭の中は子供…)」

沙都子「…梨花…?」

梨花「(…チェイスの、言う通りね…)」

…。



202: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:55:28.52 ID:K1KRwxSGO

魅音「…」

お魎「…」

茜「…」

鉄平「…」

茜「…これ以上、何を驚くことがあるかねぇ」

鉄平「…」

茜「まさかあのチンピラ風情が、命取られるかもしれない相手にこうして詫び入れに来たってんだから」

鉄平「…弁解はせん。ワシャあどんな報いでも受けるつもりじゃ」

茜「…へぇ」

お魎「…」

魅音「逃げられないと諦めた…」

茜「…」

魅音「…訳では、ないようですね」

鉄平「…」

茜「素直に詫びれば、罪が軽くなる…って考えてる訳でもなさそうだねぇ。命乞いの一言も無かったって聞いたよ」

鉄平「それだけの事をしたんじゃ。腕でも、脚でも心臓でも。いくらでも好きにしてくれて構わん」

魅音「…上納金は?」

鉄平「…それは…」

茜「その感じじゃ、まだ手はつけてないんだろ?」

鉄平「…」

茜「何処だい?きちんと耳揃えて返してくれるってんなら命までは取りゃしないよ」

お魎「…」

鉄平「…それは…」

茜「…それは?」

鉄平「…分からん!!!」

茜「は?」



203: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:57:02.85 ID:K1KRwxSGO

鉄平「分からんのじゃ!!な、失くしてしまった!!」

茜「…は?」

鉄平「上納金に手を出した上、ワシャそれを失くして…それで…」

茜「…ふざけてんのかい?ガキの小遣いじゃないんだよ?」

鉄平「分かっちょる!!じゃから…ワシ一人で…!」

お魎「何を言うちょるんじゃ…」

鉄平「…!」

お魎「…盗んだ上失くした?それでお前のようなチンピラ一人で終わらせろ…?」

鉄平「…」

お魎「調子に乗るなクソガキャア!!!!」

鉄平「…!」

お魎「末代まで呪っても呪いたりん…じゃが、お前の今おる家族なんざ…あの小娘だけじゃ」

魅音「…!」

鉄平「!!」

お魎「こりゃ、あの小娘にも一肌脱いでもらわんとあかんの…」

鉄平「…!沙都子にゃ手を出すな!!!」

魅音「!」

茜「…」

お魎「あん?」



204: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 21:58:42.98 ID:K1KRwxSGO

茜「…どういう風の吹き回しだい。アンタ、あのガキの事、相当憎んでたんじゃないのかい?」

鉄平「…」

茜「…はー…ん。そうかい。そういうことかい…」

鉄平「…ッ」

茜「アンタ、あの子に情が移ったんだね?」

鉄平「…」

茜「チンピラの目にも涙かい。…傑作だねぇ」

お魎「それが何じゃ。こっちの知った事か」

鉄平「…頼む…!」

お魎「?」

鉄平「どんな残忍な拷問でも受ける…!!どんな痛みでも耐える…!!」ゴツン

茜「…」

鉄平「ワシ一人で…どうにかしてくれ…!」

茜「…土下座なんて、何処で覚えたんだい。アンタが」

鉄平「…」

茜「…だけどね、こっちにも食わせなきゃならない奴らが何百といるんだよ」

鉄平「…!」

茜「そいつらの迷惑料。ウチら本体の迷惑料。上納金。アンタのボロボロの身体隅々まで切り裂いても取り戻せやしないよ」

鉄平「…」



205: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:00:01.45 ID:K1KRwxSGO

お魎「当たり前じゃ。呪うんなら自らの行いを呪わんか。こん…ダラズがッ」

鉄平「…ワシは…」

お魎「?」

鉄平「…夢を、見た」

お魎「…あァ?」

鉄平「…夢でワシは、何度も何度も、沙都子を虐め抜いとった」

お魎「…何じゃこいつは…とっとと…!」

茜「待ちなよ」

お魎「あん?」

茜「…言ってみな。言うくらいならタダだ」

お魎「…」

鉄平「…虐めて、虐めて、何度も壊した」

魅音「…」

鉄平「…目の光を失った沙都子を見ても、何も思わんかった…」

茜「…」

鉄平「…だのに…現実は、違った…!」

茜「…」

鉄平「親もおらん。兄もおらん。だのにあいつぁ…一生懸命、生きとった…」

お魎「…」

鉄平「誰にも弱音を吐かず、ワシのようなゴミにもならず…!」

魅音「…」

鉄平「…あいつぁ、一生懸命笑って!!生きとったんじゃ!!」

茜「…」

鉄平「…おまけに、今沙都子は何かの病気にかかっとる…!」

魅音「!」

茜「…」

鉄平「週に何回か…病院の先生から貰った薬を、治験だか何かと言って打っとるらしいが…ありゃ間違いなく何かの病気を抑える薬じゃ…!」

魅音「…嘘…」

鉄平「ワシかて分かる…!そんな、子供に治験させる医者なんぞ、おるわけがない…!」

茜「…」

鉄平「…きっと今、あの子は苦しんどるんじゃ…!病気のことも、兄のことも!!」

お魎「…」

鉄平「…お願いじゃ…どんな苦難にも耐えて必死で生きとる、沙都子を…」

魅音「…」

鉄平「あいつの人生を、奪わんでくれ…!!!」



206: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:01:10.98 ID:K1KRwxSGO

茜「…人生、ねぇ」

鉄平「…」

茜「…これが、普通の家の子だったら、考えたんだがねぇ…」

鉄平「…!」

お魎「あれは北条の家。情けなんざかけるこたぁねぇ」

鉄平「…そんな…!」

茜「悪いけど、沙都子とやらにも責任は負ってもらうよ」

鉄平「…!!」

茜「アンタは勿論、帰さない。そうしなきゃウチのメンツ丸潰れだ」

鉄平「…」

茜「聞いてはやるとは言ったけど、考えるとは言ってないよ」

鉄平「…!」

お魎「そいつを連れてけ。ついでに北条沙都子も連れてこんか」

鉄平「や…やめ…!!」

魅音「待って!!」



207: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:02:22.17 ID:K1KRwxSGO

お魎「あ?」

茜「あ?」

魅音「…待って!」

鉄平「…」

茜「何だい?次期当主」

魅音「…」

茜「まさか、現当主のご意向に逆らおうってかい?」

魅音「…沙都子は、関係無い…!」

お魎「何だって…?」

魅音「沙都子は!!関係無い!!」

茜「あるよ」

魅音「…!」

茜「こいつ一人じゃどうにもならない。なら親類にも責任を負ってもらう。筋は通ってるじゃないかい」

魅音「…でも…」

お魎「でももクソもあるか。元々気に食わんかったんじゃ。北条の人間がいつまでも雛見沢に…」

魅音「…!」

茜「…ま。北条に産まれたのが運の尽きだってことさね」

魅音「…ざけないで…」

茜「・・・」

魅音「…ふざけないで…!」

茜「・・・あ?」

魅音「ふざけるなって!!言ってんのよ!!!」

鉄平「!」

お魎「…」



208: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:03:09.94 ID:K1KRwxSGO

茜「・・・何だって?」

魅音「何が園崎よ…何が北条よ…!!」

お魎「…キサマ…」

魅音「そんなつまらないことで!!いつまでも!!何が園崎組なのって聞いてんのよ!!!」

茜「…その言葉…」

魅音「…」

茜「本心かい?」

魅音「…そうだよ…!!」

茜「・・・へぇ」

魅音「何の罪も無い子供にすら敵意を向けるような、ちっさいちっさいヤクザだって言ってんのよ!!!」

茜「…吐いた唾は、飲み込めないよ」

魅音「何度だって言ってやる!!アンタらは…!!」シュッ

茜「…」ジリ…

魅音「…!!」ビクッ

茜「…一度は大目に見た。二度目は怒った」ジリ…

魅音「…」

茜「…三度目は、例え娘でも容赦しないよ」

魅音「…!」

茜「友達だか何だか知らないけど、アンタはこのアタシと当主の前で大見得を切った。例え親子でも越えちゃならないもんがある」

魅音「…」

茜「…指一本くらいは、覚悟しなよ…!」ビュッ

魅音「ッ!!」



209: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:03:51.50 ID:K1KRwxSGO

レナ「…え…?」

鷹野「ごめんなさいねぇ?何だか急に青ざめた顔して、帰っちゃったの…」

レナ「…何…で…?」

鷹野「…さぁ?何だか切羽詰まってる感じだったから…」

レナ「…!」ダッ

鷹野「…あら?レナちゃん?…そっちはベッドしか…」

レナ「…」

鷹野「…ごめんなさいねぇ。止めたんだけど…」

レナ「…本当に、行っちゃったんですね…」

鷹野「ええ。…酷い人よねぇ。私も振り切られちゃって…」

レナ「…」

鷹野「折角レナちゃんがお話ししたいって言ってくれてたのに…」

レナ「…」

鷹野「世の中、ああいう人もいるのね。…でも気にしちゃダメよぉ?」

レナ「…」

鷹野「だって、気にしてたら前に進めないじゃないの。ね?」

レナ「…はい」

鷹野「…事情は聞いてるから。どうするの?お家に帰る?」

レナ「…」

鷹野「帰りづらかったら、ここに居ても良いのよ?…傷も、痛むかもしれないでしょ?」

レナ「…あの、鷹野さん」

鷹野「…なあに?」

レナ「…どうして、嘘、吐くんですか?」

鷹野「・・・え?」



210: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:04:57.13 ID:K1KRwxSGO

レナ「…」

鷹野「…嘘?」

レナ「はい。嘘です」

鷹野「どういうことなの?私は…」

レナ「嘘ですよ」

鷹野「吐いてなんかないわよぉ。私はちゃあんと…」

レナ「嘘だッッ!!!」

鷹野「!」

レナ「…」

鷹野「…」

レナ「…」

鷹野「…どうして、そう思うのかしら?」

レナ「…これ…」

鷹野「…?」

レナ「…誰の、髪の毛ですか?」



211: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:05:37.62 ID:K1KRwxSGO

鷹野「…」

レナ「この髪の毛。長さも色も、この辺の人じゃありません。監督でも、鷹野さんでも、リナさんでも…」

鷹野「…風で飛んできたのかしら?」

レナ「…この辺りは、お爺さんとお婆さんばかりですよね?往診が出来るだけ早く出来るようにって…」

鷹野「…」

レナ「それに、ベッドの下に落ちてました。まるで隠すように」

鷹野「…!」

…。

リナ『…!…!』ズルズル

小此木『あん?おいおい…まさか逃げられると思ってんのか?』

リナ『…!…!』ズルズル

…。

鷹野「…そう…」

レナ「…」

鷹野「…じゃあ、誰かさんが引き取りに来た。っていうのはどうかしら?」

レナ「引き取りに来たのに、どうしてこんなにベッドが破れてるんですか?」バサッ

鷹野「…あら…」

レナ「…教えて下さい」

鷹野「…」

レナ「…リナさんに、何をしたんですか…!」

鷹野「…うふふ」

レナ「…!」

鷹野「…そう、そうなの…」

レナ「…鷹野…さん…?」

鷹野「…あの子、意外と頭良いのねぇ…」

レナ「え…」



212: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:06:22.27 ID:K1KRwxSGO

鷹野「…」

レナ「…え…?」

鷹野「…ごめんなさいねぇ。でも…貴方が悪いのよぉ?」

レナ「…それ…拳銃…」

鷹野「安心して。サイレンサー付きだから、周りには聞こえないし、病院だから幾らでも血は消せるわ」

レナ「!」

鷹野「…全く…子供なんだから…」

レナ「…」

鷹野「覚えておきなさい?竜宮礼奈ちゃん」

レナ「…!」

鷹野「…この世にはね、聞いちゃいけないこともあるって…ね?」

レナ「!!」



213: ◆GWARj2QOL2 2017/05/28(日) 22:07:11.15 ID:K1KRwxSGO

…。

茜「…」

魅音「…!」

お魎「…!!?」

鉄平「!?…!!?」

茜「(…あ?な、何だいこりゃ…)」

魅音「(身体が…動かない…?)」

お魎「(な、何じゃ…?)」

鉄平「(ゆ、指すら動かん…!他の奴らも、止まって…!)」

「…本来、この力は…」

茜「(…あ!?)」

「この力は、二度と使わないつもりだった」

お魎「(…!?)」

「久しく使っていなかったせいか、加減が効かない可能性があるが…」

魅音「(…あれ…?)」

「生憎、これ以外の方法が思いつかなかった」

鉄平「(…!この声…!!)」

「これしか、出来ない。…だが、俺にしか出来ない」

魅音「(…左之助…先生…!?)」

チェイス「ロイミュードである俺にしか、出来ない事だ」

no title


「「「「(誰!!!?)」」」」

第8話 終



223: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:04:13.16 ID:2vgcsEvFO

圭一「…うーん…」

沙都子「圭一さん、どうですの?今の気分は」

圭一「…流石にやり辛いな。都会の時は当たり前だったのに…」

沙都子「レナさん、魅音さんのお二方がいないのは初めてですものね…」

圭一「一人で勉強するのもさ、落ち着くんだけど…何か、こう…当たり前だったものが無いっていうのも、むず痒くてさ」

沙都子「それでも魅音さんに合わせる必要が無いから楽ではありませんの?」

圭一「まあそうだけど」

沙都子「否定する意思も感じられませんでしたわね」

梨花「魅ぃに言いつけておくのです」

圭一「んがっ…!言い始めたのは沙都子だろー!」

沙都子「おーほっほっほっほ!言葉でのトラップもありましてよ!」

圭一「…ったくー……ッッ!!!?」

沙都子「!!!」

梨花「…!?」

「うわっ!?」

「きゃっ!!」

「な、何だ!!?」

…。

知恵「…!?」

校長「むっ…!?」

…。

沙都子「(な、何でございますの…!?)」

圭一「(み、身動きが…取れない…!?)」

梨花「(…あのバカ…やっぱり…!)」

梨花「(でも、これは…!)」

梨花「(あいつが今いるところって…まさか…この現象…!)」

梨花「(…雛見沢全域…!?)」

…。



224: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:04:54.84 ID:2vgcsEvFO

鷹野「(…ど、どうして…?身体が…動かない…!)」

レナ「(…何…?何なの…!?)」

鷹野「(引金を引けない…!でも、レナちゃんも動いてない…)」

レナ「(…世界が…止まってる…?)」

鷹野「(どうして…?)」

レナ「(…まさか…)」

鷹野「(…まさかこれが…)」

レナ「(オヤシロサマの…)」

鷹野「(…神の祟りだって言うの…?)」

…。



225: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:05:37.70 ID:2vgcsEvFO

チェイス「鉄平。やはりお前はクズではなかった」

鉄平「(…な、何じゃ…ワシはどうかしてしまったんか…)」

チェイス「あの子を守ろうとするその意思。俺は聞いていた」

鉄平「(…まさか、オヤシロ様ってのはこいつのことか…!?)」

チェイス「…そして、魅音」

魅音「(…!?やっぱり…左之助先生の声…!)」

チェイス「友達を守ろうとしたお前の勇気。俺は見ていた」

魅音「(…助けに…来たの…?)」

チェイス「だが、その為に犠牲になって良い命など無い」

茜「(…こいつ…!)」

チェイス「何故、人間が人間の運命を決める?」

茜「(…一体…何モンだい…!?)」

チェイス「俺には分からない。お前達の考えが」グッ

茜「(…!こいつ…刀を…!!)」

チェイス「…俺にとっては…」グググ

茜「(…嘘だろ…?)」

チェイス「…お前達の方が、クズに見える」ボキッ

魅音「(!?)」

茜「(!?)」

お魎「(…)」

チェイス「…」パチン

魅音「…ッハァ!!」

茜「…ッ…!」

鉄平「…む…おうっ!?」ドテッ

お魎「…!」



226: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:08:29.03 ID:2vgcsEvFO

チェイス「…」

茜「!…身体が…。…アンタ一体…!!」

チェイス「俺は生きとし生けるもの、全てを守る。……」

茜「…あ?」

チェイス「…魔進チェイサー。今はそれで良い」

茜「…何でも良いさね。…随分荒らしてくれたじゃないかい…!」

チェイス「命を守る為だ」

茜「へェ…?…そりゃ、「どっちの」だい?」

チェイス「全てだ。北条鉄平。沙都子。魅音…」

茜「…」

チェイス「…お前達もだ」

茜「…は?」

お魎「…?」

チェイス「俺は…」

魅音「ま、待って!」

チェイス「…」

魅音「…左之助先生…なの?」

チェイス「…その名前は、知らない」

魅音「…!」

チェイス「お前達は今、全員、「何か」によって命を狙われている」

茜「…は?」

チェイス「俺はそれを止める為に来た」



227: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:09:26.50 ID:2vgcsEvFO

お魎「…」

チェイス「今は、小競り合いをしている場合ではない」

鉄平「…お前…」

茜「…」

お魎「…小競り合い…じゃと?」

チェイス「何が違う」

お魎「…お前のような他所モンに、何が分かる?」

チェイス「話は聞いている。北条はダム計画に唯一賛同した家族だと」

お魎「なら口を出すな。北条家はワシら…いや、雛見沢の裏切り者じゃ」

チェイス「…」

茜「北条のお陰でアタシらは今いる場所を追い出されるだけじゃない。食い扶持まで奪われそうになったんだよ」

チェイス「…」

茜「アタシらの仕事はね、新しい土地ではい始めましょで出来る仕事じゃあ、ないんだ」

魅音「…母さん…」

茜「確かに、国からは膨大な金額を提示されたさ。しかしね、一生奴らを食わせられる額じゃあない」

お魎「…それに、何処で暮らせってんだい?」

チェイス「…」

お魎「命があったって、いきなり何も知らない土地で暮らして、ちょっとばかの金を与えられ。何の楽しみがあるっちゅうんじゃ?」

魅音「婆っちゃ…」

お魎「この村を潰すっちゅうんは、ワシらから全てを奪うと同等じゃ」

茜「北条家は、それを選んだってことさ。あいつらのせいで国もここを潰す「理由」が出来ちまったからね」

チェイス「…その為に、大臣の子供を誘拐し、建設会社の社員を殺したのか?」

茜「…」

お魎「…」

チェイス「答えろ」

茜「…答える義理は無いね」

チェイス「…」

茜「他所モンであるアンタにゃ関係無い。それだけさね」

チェイス「…」



228: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:10:16.57 ID:2vgcsEvFO

…。

鷹野「!」

レナ「…!拘束が…」

鷹野「…ッ!」ビシュッ

レナ「ッ!!!」

鷹野「!…次は当てるわよ…!」

レナ「…!…これ…」

鷹野「…先にあの世に…」

レナ「…んぬぬぬ…!」ガタン

鷹野「逝ってなさい!!」ビシュッ

レナ「…ぇぇぇええええやあああああああああっ!!!」グンッ

鷹野「!!…酸素ボンベを…!?」

…。



229: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:11:08.91 ID:2vgcsEvFO

圭一「!…やっ…と、解けたぁ…」

沙都子「な、何だったんですのぉ…」

梨花「…!!」ダッ

沙都子「え?梨花…梨花!!?」

圭一「梨花ちゃん!?」

梨花「…!!」

沙都子「ちょっと…ど、何処に!?」

梨花「(…あの大馬鹿鈍感不器用男…!)」

梨花「(…こんなとこでそんな力使って…!)」

梨花「(…全く…)」

梨花「(羽入以上に厄介な奴ね…!)」

沙都子「ちょ、ちょっと!!走って何処に…きゃっ!!?」

知恵「きゃあっ!!」

圭一「!!?こ、今度は何だぁ!?」

沙都子「な、何!?何かの破裂音…!?」

圭一「…!お、おいアレ!!」

知恵「……あそこって…!」

校長「…まさか!」

沙都子「…監督のいる、病院…」

圭一「…!!…レナ!!!」

…。



230: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:11:58.37 ID:2vgcsEvFO

チェイス「…お前達が北条に怒った理由は、分かった」

茜「…」

お魎「…」

チェイス「だが、何故人を殺すのか、迫害するのか。それは俺には分からない」

茜「分からなくて結構…どうせアタシらは隔離された厄介者さ」

チェイス「お前達に、人を裁く権利は無い」

茜「…?」

チェイス「北条鉄平も、沙都子も。お前達と変わらない「命」を持っている」

お魎「…」

チェイス「違いはあれど、お前達は全員同じ人間だ」

茜「…そうかい。このチンピラ風情とアタシらが同じってかい…?」

チェイス「そうだ」

茜「…バカにすんのも、大概に…!」

お魎「カァ゛ッ!!!!」

茜「!」

魅音「!」

鉄平「!」



231: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:13:46.52 ID:2vgcsEvFO

お魎「…さっきから聞いとりゃずけずけと…キサマ…」

チェイス「お前達は間違っている」

お魎「都会の常識を押し付けよってからに!!」

チェイス「世界の常識だ」

お魎「…ワシにとっちゃここが世界じゃ…他所モンがどうこう言うこたねぇ!」

チェイス「お前が決めたルールなど、何の意味も無い」

お魎「…!!」

チェイス「何の罪も無い子供に手を出すようなルールなど、俺が絶対に認めない」

お魎「…」

チェイス「お前に人の命運を決める権利があるというのは、勘違いだ」

茜「…」

チェイス「それは、ただの傲慢だ」

お魎「…キサマ…!」

チェイス「自分達がこの村の長だと思っているのならば、もっと長らしく行動するべきだ」

茜「…この男も、無傷で帰せってかい?」

チェイス「その男を捕まえるのは、お前達ではない。警察だ」

お魎「そんな事を…あの警察に任せろと…?」

チェイス「それがルールだ」

お魎「ッ」ブチ

魅音「!」

お魎「…この男を…」

チェイス「…」

お魎「逃がすな!!殺してしまえ!!!」

鉄平「…!」



232: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:14:36.73 ID:2vgcsEvFO

「「「「…」」」」

魅音「ヤバッ…!」

鉄平「いつの間にこんな…!」

チェイス「…」

お魎「殺せ!!生かして帰すな!!」

チェイス「…」カシャッ

『Tune…Chaser…Cobra』

no title


茜「あ!?」

チェイス「…!」ヴンッ

「うわっ!?」ベシッ

「ぐっ!?」ベシッ

「いでっ!!?」ベシッ

「がっ!!」ベシッ

茜「…!武器だけを…!?」

チェイス「…」ヴンッ

茜「痛ダッ!!?」ベシッ

チェイス「…俺には人を説得出来るだけの口が無い」

茜「あたた…え?」

お魎「…!」

チェイス「だから、行動でしか意思を示せない」

魅音「…」

チェイス「お前達が何度人を殺そうと、何度でも止めてみせる」

茜「…」

チェイス「俺が出来ることは、お前達を救うことだけだ」



233: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:16:09.43 ID:2vgcsEvFO

茜「…」

お魎「…」

魅音「…」

茜「…はぁ」ドサッ

魅音「…」

茜「あー…こりゃ参った参った…」

魅音「!」

茜「実力で分からせる…そりゃアタシらの十八番だった筈なんだけどねぇ…」

魅音「…母さん…」

茜「こうも見事にやられちゃ、お手上げだ」

鉄平「…」

茜「どうすんだい?鬼・婆さま?」

お魎「…」

茜「どうやったって、手持ちの道具と人数じゃ敵わないよ」

チェイス「…」

鉄平「…」

魅音「…」

お魎「…一人でダメなら、二人…」

チェイス「…」

お魎「二人でダメなら四人…四人でダメなら八人…」

魅音「婆っちゃ…」

お魎「百でダメなら二百…」

鉄平「…」

お魎「…と思ったぎゃー…さっきみたいなんやられちまえば一人も百人も変わりねぇ」

茜「…」

お魎「こげな男に大勢の犠牲出すこたねぇ」

魅音「!」

お魎「…その代わり、だ…」

チェイス「分かっている。警察へ連れていき、上納金も回収する」

お魎「…いや、警察は許さん」

茜「…」

鉄平「…」

お魎「警察に頼るなんざ園崎の名が廃る」

鉄平「…」

お魎「…だから、キサマにゃ長い間、罪を償ってもらうよ」

茜「…ああ。そういう…」

チェイス「…」



234: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:17:04.75 ID:2vgcsEvFO

茜「…北条鉄平。アンタ、海は好きかい?」

鉄平「…えっ?」

茜「何間抜けな顔してんだい。…まあどっちにせよ拒否権は無いけどねぇ」

鉄平「…」

茜「アンタには海外に行って、漁でもしてもらおうかねぇ」

鉄平「!」

茜「…っていうか、アタシは初めに言ったよ」ポリポリ

魅音「え?……あ」

…。

茜『アンタは勿論、「帰さない」。そうしなきゃウチのメンツ丸潰れだ』

…。

茜「あっちは人手不足でねぇ。まあ食い扶持探してたみたいだから、丁度良いだろ」

魅音「…初めから、そのつもりで…」

茜「アンタも次期当主って名乗りたいならね、もっと言葉の裏をかくべきだよ」

魅音「…ごめん…」

茜「…で?どうすんだい?」

鉄平「…どんな報いでも受けると決めた…」

茜「…」

鉄平「…そんなワシに…もう一度、やり直させてくれるというのなら…」

茜「…」

鉄平「…喜んで…引き受ける…!」

茜「…そうかい」

チェイス「…」

茜「どうだい?合意の元だ。アンタもそれなら納得だろ」

チェイス「…」

茜「まさかまだルールだなんて言わないだろ?アタシらは細かいのが苦手なんだ」

チェイス「…」

「万事解決。なのですよ」

茜「お…」

お魎「む?」

魅音「…えっ!?」

鉄平「!」

チェイス「…」



235: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:18:06.19 ID:2vgcsEvFO

梨花「御三家の一つ。古手家現当主、古手梨花も賛同しますです」

魅音「…梨花ちゃん…」

茜「ありゃ…」

お魎「…こりゃ、梨花ちゃまかい…」

梨花「鉄平は罪を償って、そして立派になって帰ってくるのですよ。にぱー」

チェイス「…しかし」

梨花「にぱー☆」

チェイス「…」

梨花「に ぱ ☆」

チェイス「…」

魅音「…でも、沙都子には…」

茜「無職のオッさんが家でボーッとしてるより出稼ぎ行かせた方が数億倍外受けも良いだろ」

魅音「…うん」

茜「…あの子の責任は、「待つ」ことさ」

魅音「…うん」

茜「…そういうことだろ?婆さま」

お魎「…ふん」

茜「…さ、部外者は帰んな。ここからは本当にこっちの問題だ」

チェイス「…」

梨花「…さ、帰りますですよ」

…。



236: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:19:17.81 ID:2vgcsEvFO

圭一「レナ!!レナ!!!」

沙都子「レナさん!!何処ですの!!?」

知恵「竜宮さーん!!!返事を…返事をして下さい!!」

校長「…まさか…何故病院が…」

圭一「レナー!!」

沙都子「レナさーーーん!!!」

「…」

圭一「…!」

「…」ガラ…

沙都子「!…レナさっ…」

鷹野「…」ヨタヨタ

圭一「…?」

沙都子「…た、鷹野…さん…?」

知恵「鷹野さん…」

鷹野「…貴方達…」

圭一「だ、大丈夫ですか!?な…何が…」

鷹野「…分からないわ。突然患者さんが何か…」

沙都子「…そ、それよりも、レナさんは!?」

鷹野「…それも、分からない…一体何処に…」

知恵「と、とにかくその怪我を…」

鷹野「…私は大丈夫…それよりも、レナちゃんを…」

圭一「そ、そうだ…レナ!!レナーー!!」

沙都子「み、見に行こうにもこう瓦礫が積まれていては…」



237: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:20:17.40 ID:2vgcsEvFO

圭一「…クソッ!!」ガラガラ

沙都子「…!」

圭一「見捨てられるか…!絶対に助けるんだ!!」ガラガラ

知恵「…ッ」ガラガラ

圭一「レナ…!!」ガラガラ

沙都子「…!んん…しょっ!」ガラッ

校長「…ええい!」ガラガラ

圭一「絶対に助けるんだ…!」ガラガラ

知恵「竜宮さん!!返事を…返事をして…!!」ガラガラ

校長「…ぬぅん!!」ガラガラッ

沙都子「!…穴が出来ましたわよ!!」

圭一「…良っしゃ!!レナ、待ってろよ!!」

沙都子「わ、私も行きますわ!」

知恵「わ、私も…!」

校長「…」

知恵「校長先生、申し訳ありませんが…鷹野さんを…!」

校長「…それは、無理ですな」

知恵「…え?」

校長「…」

知恵「…あ…」

校長「…私達が瓦礫を取り除いている最中に、逃げてしまったようですな」

知恵「…」

校長「…竜宮さんを、絶対に助けて下さい」

知恵「…はい」



238: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:22:02.33 ID:2vgcsEvFO

チェイス「…」

梨花「…」むすっ

チェイス「…何故怒っている」

梨花「アンタが鈍感過ぎるからよ」

チェイス「…しかし、あれ以外の方法が無かった」

梨花「…あんな事すれば、雛見沢はパニックになるわよ。見てみなさい」

チェイス「…」

梨花「…みんな、外に出てきてる。アンタを見てる」

チェイス「…何故、俺を…」

梨花「アンタくらいしか心当たりがないのよ。何が原因で何が起こったにせよ」

チェイス「…」

梨花「アンタのせいでオヤシロ様が怒ったとか、実はアンタがオヤシロ様なんじゃないか、とか…変に勘繰る奴らは大勢いるでしょうね」

チェイス「…」

梨花「アンタのしたことが間違ってるとまでは言わない。けど後先の事は考えておきなさい」

チェイス「…すまなかった」

梨花「…ま、結果的にアンタは沙都子や鉄平を救ったわけだけど…」

チェイス「…」

梨花「…良いんじゃないの?」

チェイス「…」

梨花「…と、ここまでは褒めてあげるわ」

チェイス「…」



239: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:23:27.61 ID:2vgcsEvFO

梨花「…あれ、見なさい」

チェイス「…」

梨花「アンタの事だから、遠い園崎家からでもさっきの破裂音、聴こえてるんでしょ」

チェイス「…」

梨花「…病院で、何かがあったみたいよ」

チェイス「…」

梨花「…医療事故。な訳ないわよね」

チェイス「…やはり、あの女は…」

梨花「…答えって、意外とすぐ近くにあるっていうのは間違ってないのね」

チェイス「…」

梨花「…どうする?これから」

チェイス「…」

梨花「あれだけ大仰な事しておいて、鷹野三四がのうのうと現れるわけないと思うけど?」

チェイス「…だが、奴は必ず戻ってくる」

梨花「…そうね。そんな気はするわ」

チェイス「羽入やお前から聞いた話から推測するに、恐らく、奴がやろうとしていることは、雛見沢症候群の大量発症に見せかけた、バイオテロ」

梨花「…奇遇ね。…いえ、そう考えるのが自然…か」

チェイス「…必ず、止めてみせる」

梨花「ええ。私も、そろそろ動かないと」

チェイス「…」

梨花「…」



240: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:24:22.80 ID:2vgcsEvFO

入江「…ハァッ…ハァッ…」

校長「…入江先生」

入江「…こ、これは一体…何事ですか!?何故病院が…」

校長「…恐らく、鷹野先生が、何か…」

入江「…!な、何ですって…!?」

校長「…今はそれよりも、生徒です。中に前原君達が向かっていますが…」

入江「…!竜宮さんが…!」

校長「ええ。…無事を祈るばかりです…」

入江「…!」ダッ

校長「…行くのは結構。しかし!!」

入江「えっ…」

校長「貴方には、説明責任がある」

入江「…」

校長「何故こうなったのか。彼女が何者で、そして貴方も何者なのか」

入江「…」

校長「全てを説明して頂きたい」

入江「…それは、竜宮さんの無事を確認してからでも構いませんか?」

校長「ええ。構いません。…貴方は逃げんでしょうからな」

入江「…」コク

校長「私はここで待っております。万が一この瓦礫が崩れたら、中からは出れんでしょうからな」

入江「…分かりました…!」

…。



241: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:25:36.57 ID:2vgcsEvFO

圭一「レナー!!何処だー!!」

沙都子「レナさーん!!お願いですから返事をして下さいませ!!!」

知恵「竜宮さん…!!竜宮さん!!!」

圭一「…!クソッ…何処にもいない…!」

沙都子「…そんな…!」

知恵「…」

圭一「…」

沙都子「…そんな訳ありませんわ!瓦礫だって…どかしたのに…」

圭一「…」

沙都子「きっとレナさんは脱出したんですわ!何処かに…いる筈…なんですわ…」グスッ

圭一「…!」ギュッ

沙都子「…ううう…」

知恵「…?」コツコツ

圭一「…?知恵先生?」

知恵「…これは…?」

圭一「…ん…?」

沙都子「…?」

知恵「…蓋が…よ…いしょっ!…っと」ガタン

圭一「…!階段…」

知恵「…」

圭一「…まさか、この先にレナが…」

知恵「…行きましょう。二人とも…」

沙都子「…ええ」

圭一「…はい」



242: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:26:30.71 ID:2vgcsEvFO

圭一「…この病院に、地下なんか…」コツコツ

沙都子「私も良く来ますが、聞いたことがありませんわ…」コツコツ

知恵「…」コツコツ

圭一「…」

沙都子「…一体…この先に何が…」

圭一「…ッ!!」

レナ「…」

沙都子「…!レナさん!!」

圭一「レナ!!」

レナ「…」

圭一「…怪我してる…!おい!しっかりしろ!!レナ!!」

知恵「…ここは…」

レナ「…」

沙都子「…?」

知恵「…え…?」

沙都子「…え?」

圭一「…?」



243: ◆GWARj2QOL2 2017/05/30(火) 22:28:22.87 ID:2vgcsEvFO

入江「…ハァッ…ハァッ…み、皆さん!!」

沙都子「…」

知恵「…」

入江「…!!」

圭一「…あ、え、えっと…」

入江「…皆さん…」

沙都子「…」

知恵「…」

入江「…見て、しまったのですね…」

圭一「…え…?」

沙都子「…あ…」

入江「…」

知恵「…」

沙都子「…にーにー…?」

悟史『…』

圭一「…えっ?」

第9話 終



【仮面ライダー×ひぐらし】チェイス「雛見沢…」【後半】
元スレ
チェイス「雛見沢…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494529473/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【咲-saki-】久「おさげの」雫「メガネの」穏乃「しず部長」
        • ヒロインの最期
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ