TOP

【モバマス】高橋礼子「こどもプロデューサー」

1: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:37:17.96 ID:MI9gASQm0

P「盛況ですね。ディナーショー」

礼子「こういうお仕事は好きよ。パーティーの雰囲気が、私には合っているわ」

P「本当はもっとライブ的な営業も入れたいんですが、これだけ盛り上がると嬉しいですね」

礼子「私の喜びは、貴方の喜び……というわけかしら? P君」

P「俺の喜びは、貴女の成功ですよ。礼子さん。アイドルとして輝く貴女を、俺が支えている……その手応えですね」

礼子「ふふっ。ところで……一番前のテーブル席、子供が座ってるわよね」



2: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:40:16.70 ID:MI9gASQm0

P「ああ。あの子ですか。どうやら、大口食品の御曹司らしいです」

礼子「大口って、あの業界大手の? じゃああの子の隣にいるのが……」

P「大口社ち……いや、今は会長か。ま、相手がどこの誰でも、礼子さんは気にしないでしょうけど」

礼子「それはそうよ。私を観に来てくれたお客様に、区別はしないわ。ただ、子供が私のショーとか観て楽しいのかしら?」

P「それこそ、余計な区別は必要ありませんよ」

礼子「え?」



3: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:40:58.94 ID:MI9gASQm0

P「とても熱心に、礼子さんを観てましたよ」

礼子「そう。……嬉しいわ。子供の純真な目から見ても、私が魅力的に映るなら光栄だわ」

P「さ、じゃあ礼子さん。最後の出番ですよ。よろしく」

礼子「ええ……いくわよ!」



4: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:41:30.77 ID:MI9gASQm0

高橋礼子(31)

no titleno title



5: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:43:58.16 ID:MI9gASQm0

礼子「~♪ ふう。皆様、今夜はどうもありがとうございます。私も、皆様の歓声で体がアツくなってきたわよ。ふふっ。あら?」

少年「あ、あの。こ、これ……」

礼子「あら、お花? ふふっ、ありがとうね」

ギュッ

少年「!?」

礼子「また……私の歌を、聞いてね。今度は昼間のライブとかに来てね。夜更かしはダメよ?」

少年「……////」

礼子「今夜は最高の夜です。ありがとう、皆様」



6: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:45:22.94 ID:MI9gASQm0

――翌日 事務所――


若林智香「た、たたた、大変ですよ礼子さんっ!」

礼子「あら、おはよう……え? なに?」

千川ちひろ「昨日、ディナーショーのお仕事でしたよね?」

礼子「? ええ」

智香「なにがあったんですかっ!?」



7: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:46:23.04 ID:MI9gASQm0

礼子「なにが、って。別に……いいショーだったわよ」

ちひろ「そのショーに、子供が来ていませんでしたか?」

礼子「? 来てたわよ。可愛いボクが」

智香「やっぱり……」

礼子「あのボクちゃんがどうかしたの?」

子供「ボクちゃんじゃない!」



8: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:47:19.87 ID:MI9gASQm0

礼子「え? あれ? あなたは……」

子供「ボクは礼子さんのプロデューサーだぞ!」

礼子「え?」

子供「今日からボクが、礼子さんのプロデューサーだ!」

礼子「えええええええ!?」



9: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:47:52.38 ID:MI9gASQm0

若林智香(17)

no titleno titleno titleno title



10: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:48:51.98 ID:MI9gASQm0

礼子「なにがいったいどうなってるの!?」

ちひろ「それが……今朝一番に大口食品から電話があって、あの子にここでプロデューサーみたいなことをさせて欲しい、って」

礼子「プロデューサーみたいな、って……子供にできるわけないじゃないの」

ちひろ「それはそうなんですけど、大口さんはウチの上の方にも話を通したみたいで、上も『万事相手方の要望に沿うように』って」

礼子「なんですって? それでP君はなんて?」

智香「それが……その……大笑いをされて……」

礼子「はあ!?」



11: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:51:06.99 ID:MI9gASQm0

ちひろ「その後で『抱擁だけで男の子を1人トリコにするとは、流石は礼子さんだ』っておっしゃって……」

礼子「まあ、それは……」

智香「これもファンサービスの一環だと思って、がんばってくれ……って」

礼子「P君!!!」



12: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:53:01.49 ID:MI9gASQm0

ちひろ「何か問題が発生したら、呼ばれればすぐに助けに行く、とも」

礼子「要はほったらかされたわけね! なによ……子供とはいえ、他の男に私がプロデュースされてもいいのかしら……P君は……」

智香「え?」

礼子「いいわ。P君がその気なら、プロデュースしてもらうわよ。あの子に!」



13: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:56:23.40 ID:MI9gASQm0

~レッスン場~

礼子「それで? 今日はどんなレッスンをするのかしら?」

子供「レッスン?」

礼子「稽古よ。練習というか本番に備えての、準備」

子供「礼子さんにそんなものひつようないよ」

礼子「え?」

子供「礼子さんは、とってもきれいなんだもん! それだけでいいんだ」

礼子「そ、いや……ええと……」



14: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:58:14.55 ID:MI9gASQm0

双葉杏「ねえ、あの子。杏のプロデューサーやってくれないかな」

ちひろ「杏ちゃん? 杏ちゃんは、ちゃんとレッスン受けてくださいね」

礼子「れ、レッスンしないでいいなんて……どうするのよP君……!」

子供「礼子さんはきれいだなあ……はあ……」



15: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 20:59:30.84 ID:MI9gASQm0

~ブーブーエス~


礼子「これから歌番組の収録だけど……大丈夫なの?」

子供「礼子さんはきれいなんだから、いつもどおり歌っておどればいいんだよ」

礼子「いえ……あのね、他の出演者の方たちとの衣装の兼ね合いとか歌う歌とのマッチングとかあるのよ」

子供「そんなのほかの人が、礼子さんにあわせればいいんだ!」

礼子「そ、そんなわけにはいかないのよ」

子供「いいんだ!!」

礼子(ど、どうすればいいのよ……)



16: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:00:31.07 ID:MI9gASQm0

~事務所~


ちひろ「お疲れさまでした礼子さん……って、本当にお疲れみたいですね」

礼子「もー……なんなのよ、この子……挨拶から衣装選びに打ち合わせまで、全部私がやるなんてー……」

ちひろ「あ、あはは。さすがにグッタリしてますね」

礼子「普段ならP君が全部やってくれてるから、私は控え室でのんびりしてればいいのに……」



17: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:01:28.11 ID:MI9gASQm0

ちひろ「……プロデューサーさん、礼子さんには特に献身的ですから」

礼子「……思い知ったわよ。いかに今まで甘えていたか」

ちひろ「あら。でもプロデューサーさんはいつだって、少しも嫌そうじゃありませんよ? むしろ……」

礼子「え?」

ちひろ「うふふ。早く戻ってきてくれるといいですね、プロデューサーさん」

礼子「え、そ、そうね。この子じゃあ……」

子供「……むにゃむにゃ」

ちひろ「疲れて礼子さんの膝の上で寝ちゃうなんて、すごいプロデューサーさんですね。ふふっ」



18: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:01:55.98 ID:MI9gASQm0

礼子「もう。笑い事じゃないわよ……」

子供「おかあさん……」ギュッ

礼子「……え?」

ちひろ「ちょっと調べてみたんですけど。この子のお母さん、お亡くなりになってるみたいなんです」

礼子「そう……」

子供「……おかあさん」

礼子「……」



19: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:02:44.38 ID:MI9gASQm0

~事務所 屋上~


P「こんな所にいたんですか、礼子さん。寒くないですか?」

礼子「ようやく帰ってきたわね。まったく、どういうつもり?」

P「別に他意はありませんよ。大口さんは大事なスポンサーですし、その意向に従ったまでです」

礼子「言うわね。こっちは大変だったんだから」

P「礼子さんなら、大丈夫だと信じてましたから」

礼子「しれっと、そういうこと言うのね」

P「礼子さんこそ。もっと怒っているかと思っていましたけど?」

礼子「大事な事に気づいたのよ」

P「? なんですか?」



20: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:04:14.09 ID:MI9gASQm0

礼子「……いつも、ありがとう」

P「……大変だと思ったことは、一度もありませんよ」

礼子「でも、ありがとう」

P「どういたしまして」

礼子「……あの子のお陰で、わかったことがもうひとつあるわ」

P「なんですか?」

礼子「あなた、嬉しかったんでしょう? あの子がプロデューサーをやらせろ、って言ってきて」

P「……ええ。泣きたくなるぐらいにね」

礼子「あら」



21: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:05:50.24 ID:MI9gASQm0

P「アイツ……いや、あの子は礼子さんを自分だけのものにしろとは言ってこなかった。あの子は、自分を俺の代わりにプロデューサーにしろと言ってきた」

礼子「そうだったわね」

P「俺の礼子さんを、俺の仕事を、認めてもらえた気かしましたよ。あの子は、礼子さんの『プロデューサー』にならせろと言ってきた。そして、俺を邪魔だと言ってきた。……嬉しかったですね」

礼子「……やっぱり、少し寒いわね。ねえ、そっちに行ってもいい?」

P「? それはかまいませんが……あ」



22: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:06:37.02 ID:MI9gASQm0

礼子「こうすると、暖かいでしょ? 2人とも」

P「……誰かに見られたらどうするんですか?」

礼子「こんな深夜に、誰も来やしないわよ。あの子も……ね」

P「……それもそうですね」

礼子「時々、不安になるわ。いつまでアイドルを続けられるか。明日も今の私を維持する、その難しさを日々痛感しているわ」

P「それを支えるのが、俺ですよ」



23: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:07:06.11 ID:MI9gASQm0

礼子「私も、あの子みたいな子供がいてもおかしくない歳なのよね」

P「それでも礼子さんがアイドルを続けている。それだけで夢や希望を、与えている存在でしたよね」

礼子「いつまで……支えていてくれるの?」

P「……いつまででも」

礼子「この事務所は、終身雇用の制度があったかしら?」

P「この事務所ではなく、俺が礼子さんを、という事です」

礼子「……」

P「……」

礼子P「「……」」



24: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:07:49.17 ID:MI9gASQm0

~翌日 ブーブーエス~


礼子「打ち合わせと曲が違う!?」

スタッフ「事前に今日は、ピンク・ダンサーでお願いしたいとお伝えしたはずですが」

礼子「どうなってるの?」

子供「べつに、どのきょくでもいいでしょ? 礼子さんなら……」

礼子「そういうわけにはいかないの!」

子供「え?」



25: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:09:12.32 ID:MI9gASQm0

礼子「他の人との兼ね合いもあるって、言ったでしょ!? それに衣装だって曲に合わせて用意してるのよ」

スタッフ「あの、ディレクターが『どうなってるんだ』とカンカンで……それに今日はスポンサーのお偉いさんも見学にいらしてて、ですね」

子供「しょうがないな。ボクが、おとうさんにたのんで……」

礼子「そんな事、通じるわけないでしょ」

子供「え?」

礼子「この世界は、実力と信用の世界よ。それにそもそも……間に合わないわ」

子供「じゃ、じゃあどうしたら……」オロオロ



26: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:10:03.05 ID:MI9gASQm0

礼子「君!」

子供「!!」ビクッ

礼子「君が考えて。君は私の、プロデューサーなんでしょ」

子供「え? ぼ、ボク……」

礼子「私のピンチに、どうすればいいのか考えるのも、君の仕事なのよ?」

子供「ボク……」

スタッフ「あの、どうしましょうか?」

子供「……わ、わかった」



27: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:10:51.14 ID:MI9gASQm0

~ ? ~


P「はい。もしもし?」

子供「お、おまえにボクを、てつだわせてやる!」

P「……なにかあったな?」

子供「うちあわせときょくがちがうねっていわれて……そ、それで……た、たすけ……お、おまえにたすけさせてやるから、すぐにこい!」

P「今日の予定は確か……今、ブーブーエスだな? わかった、30分まってろ」

礼子「君、ちょっと代わって。もしもし? P君? 今どこにいるの?」

P「大洗です」

礼子「……それって茨城の?」



28: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:11:50.02 ID:MI9gASQm0

P「ええ。次のイベントの打ち合わせで」

礼子「間に合うわけないじゃない! 本番まで1時間もないのよ?」

P「礼子さんのためなら俺は、どこにいようとすっ飛んで行きますよ。屋上で待っててください」

礼子「屋上? ブーブーエスの屋上って……」



29: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:13:09.31 ID:MI9gASQm0

~ブーブーエス 屋上~


P「お待たせしました。さっきの電話から32分……まあ許容内ですか」

礼子「驚いたわね。本当に飛んで来るなんて」

P「タネをあかせば、いつでも駆けつけられるような場所にだけいるつもりでした。大洗には、比たち野ヘリポートがあるのを知ってましたし、ブーブーエスは屋上がヘリポートになってますし」

礼子「……やるわね」

P「プロデューサーとしての責務ですよ。いや、それに対してはこれからか。ヘリの中で状況は確認しました」

子供「あ、あの……」

P「後は任せろ」



30: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:13:59.29 ID:MI9gASQm0

P「失礼しました。曲は事前打ち合わせ通りで。ええ。ですが、歌詞を差し替えます。尺は変わりませんから。はい、大丈夫です」

P「衣装ですが、最初の提示とは違う事になりますけど、色をそちら様の衣装に合わせたいと思いまして。いえいえ、お互い様ですから。今回はそちら様をメインに……ええ」

P「どうもいつもお世話になります。高橋ですが、後ほどご挨拶を。サインですか? それはもちろん……はい。20枚ですね。ええ、ありがとうございます」

礼子「いつもながら、あざやかなものね」

P「いえ。少々無理をしてもらいますよ、礼子さん」

礼子「この窮地に、贅沢も我が儘も言えないわ。それで?」



31: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:14:46.28 ID:MI9gASQm0

P「まずこの色紙にサインをしながら聞いてください」

礼子「ええ」

P「端にキスマークを」

礼子「え?」

P「特別サービスです。ひとつだけでいいですから」

礼子「こういうの安売りはしたくないけど……特別よ」

P「同感です。だから特別です」

礼子「はい……それで?」



32: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:15:17.75 ID:MI9gASQm0

P「曲はピンク・ダンサーで」

礼子「レッスンしてないわよ?」

P「歌詞をトチりそうになったら、ラララで歌ってください」

礼子「いいの? それで」

P「その代わり、バックコーラスはナシです」

礼子「えっ?」

P「ラララで歌うのに、バックコーラスが歌詞を補助歌唱したら変ですから」

礼子「じゃあ完全にソロで歌うのね」



33: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:15:58.55 ID:MI9gASQm0

P「ダンスもわからなかったら、止めを多くしてポージングしてください」

礼子「いいわ」

P「衣装は局から借りました」

礼子「それ、サイズは合ってるの?」

P「いざという時の為、以前から見繕っておきました」

礼子「そう。ならいいわ」

P「ただし、サイズは一回り小さいです」

礼子「合ってないんじゃない!」

P「胸が強調されますから」

礼子「それが目的ね……もう、そういうアピール今日だけよ」



34: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:16:48.66 ID:MI9gASQm0

P「わかってます、俺も安売りするつもりはないですから」

礼子「……わかったわ。贅沢言える立場じゃないもの」

P「では、準備を」

子供「……」



35: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:17:21.94 ID:MI9gASQm0

ディレクター「いやあ。今日の礼子さん、いつもと違った趣向でスポンサーさんも喜んでおられましたよ」

P「恐れ入ります。また高橋を呼んでやってください」

礼子「ふう。なんとかなったわね」

P「お疲れさまです。途中からノッてるのが、ソデから見ててもわかりましたよ」

礼子「でも疲れたわよ。緊張したしクタクタよ」

P「だと思いまして、近くのエステの予約を取ってます」

礼子「気が利くわね。でも、祝杯はあげなくていいの?」

P「それはまた、夜にでも。エステの間、次の打ち合わせをしておきます」

礼子「そう。じゃあまた、後でね……あ、そうそう」

子供「……」



36: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:17:50.81 ID:MI9gASQm0

礼子「君、こっちへ来なさい」

子供「あ、あの……」

P「礼なら必要ないぞ」

子供「その……」

P「どうする? まだやるか? 礼子さんのプロデューサー」

子供「……」

礼子「もうわかったんじゃないの? プロデューサーがどれほど大変か、って」

子供「……」

P「まあまあ、礼子さん。どうする? 自分から『やる』と言ってきたんだろ? 進退は自分で決めろ」



37: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:18:19.29 ID:MI9gASQm0

子供「しんたい?」

P「自分の身の処し方……いや、そうだな……ケジメのつけ方、だ」

子供「……」

P「やるのか? やめるのか?」

礼子「ちょ、ちょっとP君。子供にそんな言い方……」

子供「じゅ」

P「ん?」



38: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:18:59.26 ID:MI9gASQm0

子供「10ねんだ!」

礼子「え?」

P「……」

子供「10ねんで、おまえにおいついてやる! いまからいっしょうけんめいべんきょうして、10ねんでおまえにおいついて……いいや、おまえよりすごいプロデューサーになってやるからな!! おぼえてろよ、ばーかばーか!!!」

礼子「ちょ、ちよっと君……い、行っちゃった……」



39: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:19:30.82 ID:MI9gASQm0

P「……ふっ……くくく……あはははははは!! 10年で俺を追い越すときたか」

礼子「笑い事じゃないでしょ。もう……今日の私を明日また維持するのに、私がどれだけ苦労してると思ってるのよ……」

P「……」

礼子「10年なんて……」

P「……」

礼子「とんでもない目標が、できちゃったじゃないの」



40: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:20:25.81 ID:MI9gASQm0

P「おやおや。いや、さすがは礼子さんだ」

礼子「期待されてるなら、応えないとね」

P「ふふっ。当然、俺の目標もその礼子さんを支えること……ですね」

礼子「色々、苦労させるわよ?」

P「よろこんで」

礼子「色々、待たせることになるかも知れないわよ……」

P「至福の時間ですよ」

礼子「……安心したわ」

P「心配なんて、させませんよ。礼子さん」

礼子「……」

P「……」

礼子P「「……」」


お わ り 



41: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:21:17.92 ID:MI9gASQm0

P「おやおや。いや、さすがは礼子さんだ」

礼子「期待されてるなら、応えないとね」

P「ふふっ。当然、俺の目標もその礼子さんを支えること……ですね」

礼子「色々、苦労させるわよ?」

P「よろこんで」

礼子「色々、待たせることになるかも知れないわよ……」

P「至福の時間ですよ」

礼子「……安心したわ」

P「心配なんて、させませんよ。礼子さん」

礼子「……」

P「……」

礼子P「「……」」


お わ り 



42: ◆hhWakiPNok 2017/05/25(木) 21:23:05.38 ID:MI9gASQm0

以上で終わりです。おつき合いいただき、ありがとうございました。
礼子さんの誕生日祝いのつもりでしたが……まあ、同月内はセーフということで、誕生日おめでとうございます。高橋礼子さん。



元スレ
高橋礼子「こどもプロデューサー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495712237/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月25日 23:00
          • なかじまゆかにこのショタPの本を描かせよう
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月25日 23:26
          • 本当にええな、礼子さん……Pもイケメンだし、きれいに話まとまってるし好き
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月25日 23:32
          • 子供に制裁なしか
            もやもや
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月25日 23:37
          • 4 ぶっ飛んだssが一番好きだけどこーゆーのもいい。
            10年後、茄子さんのPをやりたがる子供が、
            20年後千枝ちゃんのPをやりたがる子供がでてくるんだろう。
            菜々さんはその時何歳何ですかね…。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月25日 23:37
          • 俺の母はまだ元気だけど、12歳くらいの年で亡くなった気がするんだ。

            だから桃華に甘えるのは仕方ないんだ。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月25日 23:51
          • ※3
            子供悪くないやん
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月25日 23:57
          • 最後ダブってて余韻が台無しだよ!
            管理人さあ、そこは気を利かせて修正しろよな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 00:17
          • ※4
            ナナさんはいつまで経っても17歳に決まってるだろ?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 00:26
          • 脇林の画像で草
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 01:52
          • ※6
            態度と言動と性格が悪いんですがそれは。
            仕事放棄で迷惑も掛けてる。
            なお蛙の子は蛙なタイプの模様。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 02:40
          • ずっと子供が金正恩で脳内再生されてて終止笑いが止まらんかった。内容は面白かったです

            米4
            足し算もできねーのかよ。17に決まってるだろ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 07:33
          • 大人のPをやろうとすると俺TUEEEになるから難しいな
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 07:56
          • 子供悪くないっつってる奴マジで言ってんのか…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 10:29
          • ショタと大人アイドルよりも、幼女(ロリ)化した大人アイドルとPなど大人男性との絡みの方が好き。

            幼女化した楓さんをハイエースしたい。味覚が子供に戻ってお酒が美味しくないのに無理矢理飲ませて泣かせたい。そしてお酒耐性が弱くて直ぐ酔っぱらって前後不覚になったところを美味しくいただきたい。
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 10:48
          • ※11 すまん、マジレスは野暮だって子とは重々承知で言わせてくれ

            17だろ
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 10:50
          • 2 うーんびみょう!
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 11:49
          • 子供が生意気なクソガキだったのは置いておいて、子供に制裁なしなのは当然やろ。子供が未熟なのは当然で、仕事が出来ないのは当たり前、子供をPにする方が悪い。強権発動した親に制裁するならともかく。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 12:04
          • よかった
            子供ち○ぽに負ける礼子さんは存在しないんだね。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 12:51
          • ※10
            最初の3つは礼子さんに窘められとうやん、というかクソガキっていう設定だろ
            仕事放棄に関してはちゃんと本来のPに連絡してるやん、ちゃんと仕事したじゃん
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 12:52
          • ※18
            むしろそっちの展開を期待してたんだよ!
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 14:55
          • なぜ象さんでそっちを期待したんだ……
            お前が書くんだよ!
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 14:55
          • 子供に制裁=親への制裁、じゃね?
            実際に迷惑かけといて「解決したからお咎めナシ」はちょっとなあ
            見ていて気分のいいものではないわな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 15:00
          • ※22
            じゃそれを許可した社長と礼子さんに無駄に苦労かけた俺つえーPにも制裁を加えないとね
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 15:33
          • ※19
            それこそ窘められている“だけ”だな。「プロデュースする」と言ってただ見ているだけでなにもしていない。
            挙句にPに放り投げているのだから完全に仕事放棄だろう。むしろ窘められているのに懲りてもいない。

            ※23
            スポンサーの親が強権発動→上「万事相手の希望に沿うように」→子供「Pは邪魔」
            社長という描写はないが上すなわち社長でいいんだよな?要するに許可もなにも状況的に強制だろう。Pは上の指示に従いつつもフォローできるように待機していた。無駄に苦労かけたのは親子であって他の誰かではない。

            屁理屈こねて必死に擁護しているのは作者かなにか?
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 15:46
          • こういっちゃなんだけどわりと胸糞だよねこれ
            べつにキャラの魅力が描けてるわけでもないし
            終始ひたすらガキがウザかっただけ
            素直に楽しめる要素がない
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 15:53
          • 親も我が子がここまでクソガキだとは思ってなかったんだろうよ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 16:10
          • フィクションやからしゃーない
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 16:16
          • いいじゃないか、子どもなんだし
            このまま体だけ成長していったら将来の会社が心配だったが、今回のことで成長できただろう
            それに、この会社に大きな借りを作ることができただろうからね

            しかし、いくらありえない芸能界でも子どもをプロデューサーにして本当に仕事を任せるなんて…
            (永遠の17歳や神、サンタ、財閥のお嬢様がアイドルをやっていることには目をそらしつつ)
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 16:33
          • ※28
            って、こんだけ苦労したのに借りを作ってどうすんだ!
            間違えた、大きな貸しな、貸し

            さすがに、この子どもも悔しい思いしたよーって親に泣きつくような、本当のクソガキみたいなマネはこの後しないだろうから
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 17:10
          • まぁリアルじゃ精々、職場見学させてやって下さい、くらいが限度だしな
            それ以上は営業妨害だし、企業側の信用にも関わる
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 18:41
          • P「ホモロリコンチビデブハゲじゃない!」
            P「ボクは礼子さんのプロデューサーだぞ!」
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 19:40
          • ホモでロリコン(哲学
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月27日 14:15
          • 子供に制裁とか、Pと礼子さんの信頼関係を主旨に置くこの物語には必要ないだろ
            現実と空想を混同してはいかんよキミィ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月27日 21:51
          • 元々絵だぞ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月27日 23:38
          • 制裁が必要なのはどっちかというと俺TUEEしたいが為に子供に仕事任せて礼子さんや番組スタッフに迷惑かけたPの方だろ…


            ※32
            デュンヌなら問題ない
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月28日 03:21
          • ここにコメントしてる奴らが将来誰かの親になるのかと思うと寒気がした
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月28日 12:00
          • フィクションの中のそれも幼い子供キャラであろうと責任と処罰の追求を忘れないネット弁慶の鑑やね…
            そりゃとことん糞ガキだったなら相応の報いも入れとくべきやけど、このショタはハッキリと違うやろ。嫌な性格のかませ犬だけに終わらないようにしてる
            これを胸糞と思ってしまう人は…正直ちょっとね
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月28日 19:32
          • アンチは醜いね…
            作者の才能に嫉妬しているんだね…
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月29日 17:55
          • Pは上からの指示に従って
            子供に邪魔って言われたから現場から退いただけじゃん
            文盲かな?

            ここで子供擁護してる奴らは将来子供作ることなさそうだから安心だな
            こんなやつらまず相手がいない

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 【デレマスSS】P「浅利七海が海を避けるようになった」前川みく「マジか」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 安部菜々「いくつもの時を超えて、ドアが開く」
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ