TOP

花咲か紳士

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:10:43.43 ID:NqxSfLu20


紳士「私は紳士。百合が大好きな紳士だ」

紳士「私は指パッチンを鳴らすことで、2人の人間を恋に落とす事が出来る」

紳士「どれ、今日はこのコーヒー喫茶で、美しい百合の花を咲かせてみせようじゃないか」



カランコロン…



マスター「いらっしゃいませ」

紳士「ブレンドコーヒーを1つ」

マスター「かしこまりました」




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:11:51.00 ID:NqxSfLu20


紳士「ふむ……」


紳士(落ち着いた色合いの店内に、小洒落たテーブルと椅子が並んでいる。なるほど、いかにもコーヒー喫茶らしいな)

紳士(そして、その雰囲気をぶち壊すように大音量のダブステップが流れている)

紳士(……うるさい。何だこれは。この店の選曲センスは一体どうなっているんだ)


マスター「お待たせしました」

紳士「ああ、ありがとう」ズズッ


紳士(まあいい。今日のお目当ては窓際に座っているあの2人だ)



女子A「ね、ここのコーヒー美味しいでしょ? 私の最近のお気に入りなんだ」

女子B「う、うん。 ……ちょっとうるさいけどね」





3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:12:26.12 ID:NqxSfLu20


紳士(明るい笑顔のポニーテールの女の子と、アホ毛が特徴的なメガネの女の子。見たところ、高校の同級生と言った所だろうか)

紳士(コーヒーを飲みながらお喋りする様子は何とも微笑ましいが、2人の百合の花はまだつぼみレベル)

紳士(よし、ここは私の指パッチンの力で、それを満開にしてあげよう)



パチンッ



女子A「それでさー……あれ?」

女子B「どうしたの?」



女子A「いや、何て言うか……カナって前からそんなに可愛かったっけ?」

女子B「ふぇ!?」





4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:13:14.23 ID:NqxSfLu20


女子A「髪型とか目元とか、すごく私の好みなんだけど」

女子B「き、急に何言い出してるの!?」

女子A「もしかしてカナ、彼氏でも出来た?」

女子B「いやいやいや! そんな、彼氏なんて……」

女子A「そんなこと言って、実は居るんじゃないのー?」

女子B「居ないよ!」

女子A「ふーん……そっか」

女子B「……えっ。もしかして、居て欲しかったの?」



女子A「ううん。そうじゃなくて、私が男子ならカナみたいな子、絶対ほっとかないのになーって」

女子B「へ!?」




5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:13:55.22 ID:NqxSfLu20


女子A「まったく世の男子共も、見る目が無いですなー」

女子B「え、えっと、それって……」

女子A「ん?」

女子B「まちちゃんは私と付き合いたいってこと?」

女子A「そうだよ?」

女子B「……っ!」ドキッ

女子A「ま、私が男子だったらって話だけどね! 流石に女の子同士で付き合うのは無理でしょ」ケラケラ



女子B「……いいよ」

女子A「え?」

女子B「まちちゃんなら、別に、付き合っても」

女子A「え……」




6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:14:28.59 ID:NqxSfLu20


女子B「……」カァァ

女子A「……い、いやいやいや。どうしたのよ急に」

女子B「……」

女子A「今日のカナ、なんかちょっと変じゃない?」

女子B「へ、変なのはまちちゃんの方でしょ!?」バンッ

女子A「うぇっ!?」ビクッ



女子B「か、可愛いとか、付き合いたいとか、変なことばっかり言って……!」

女子A「い、いや、それは、言葉のあやというか……」

女子B「じゃあ!」

女子A「」ビクッ




7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:14:57.22 ID:NqxSfLu20


女子B「……私と付き合うのは、嫌?」

女子A「え?」

女子B「どうなの?」ズイッ

女子A「や、ちょっ、顔近っ……」

女子B「……」ジーッ

女子A「い、嫌じゃないけどさ! けど、女の子同士でしょ? そんなの……」

女子B「関係ない」

女子A「えっ」



女子B「女の子がどうとか、関係ない。だって私、まちちゃんの事が好きだもん」

女子A「はああ!?」カァァ





8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:15:41.97 ID:NqxSfLu20


女子B「だから、私はまちちゃんと付き合いたいの」

女子A「……う、嘘でしょ? カナ……」

女子B「嘘じゃない」ギュッ

女子A「っ!」

女子B「私が今まで、まちちゃんに嘘付いたことあった?」

女子A「……ない、けどさ。でもこれは……」

女子B「まちちゃん」ギュッ

女子A「っ……な、何?」

女子B「私のこと、好き?」

女子A「えっ……」



女子B「……」ジッ

女子A「えっと、その……」





9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:16:10.37 ID:NqxSfLu20


女子B「……」ジーッ

女子A「……うん」

女子B「そっか。 じゃあ問題ないよね」ニコッ

女子A「うっ……」



女子B「……」ニコニコ

女子A「……」

女子B「……」ニコニコ

女子A「……あーもー! 分かったわよ!」

女子B「!」




10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:17:19.66 ID:NqxSfLu20


女子A「付き合えばいいんでしょ付き合えば!」

女子B「わーい!」ギュッ!

女子A「ちょっ、危ないって……!」ガタッ



女子B「えへへー」スリスリ

女子A「……まったく、いつからこんな強引になったんだか」

女子B「ねーねー、付き合った記念にちゅーしよ?」

女子A「調子に乗るな」ペシッ

女子B「いたっ!」





11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:17:52.68 ID:NqxSfLu20


女子A「ほら、さっさとコーヒー飲んで行くよ」

女子B「え、どこに?」

女子A「私の家。ここじゃうるさいし、ゆっくり出来ないでしょ」

女子B「……!」

女子A「それとも他の場所が良かった?」

女子B「ううん、そんなことない! 早く行こう!」

女子A「はいはい」





12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:18:49.78 ID:NqxSfLu20









紳士「……」ズズッ




紳士「……ふふふ、素晴らしいな。今日もまた、大輪の百合の花を咲かせてしまったようだ」

紳士「2人の可憐な少女が紡ぎだす、色鮮やかな百合の花……この後彼女達がどうなっていくのか、想像するだけで心が潤うようだよ」


紳士「まったく、愛し、愛し合う女性ほど尊いものはない……そうは思わないか? マスター」

マスター「そうですね」



紳士「……」ズズッ





13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:19:19.54 ID:NqxSfLu20


紳士「ところでマスター」

マスター「はい」

紳士「私は百合が好きなのだが、実は男もイケるクチでね」

マスター「はい?」

紳士「正直な所、貴方みたいな男性は私の好みなんだ。だから……」



パチンッ



マスター「!?」ドキッ

紳士「私と、恋に落ちてはくれないか?」

マスター「お、お客様……?」




14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:19:50.78 ID:NqxSfLu20


そう言って私は、戸惑うマスターの手の上に、そっと自分の手を重ねた。


紳士「……」

マスター「……」


どちらともなく、視線を交わし合う2人。期待と不安の入り混じった空気が、にわかに周囲を満たしていった。


触れ合う手から、マスターの体温を感じる。見つめ合う視線から息づかいを、心の高ぶりを感じる。けれどそれだけでは物足りなくて、私は立ち上がり、カウンター越しに身を乗り出して、少しでも彼の元へ近付こうとした。

少しずつ狭まっていく2人の距離。マスターは後ろに下がって逃げることも出来るはずだが、そのような素振りは一切見せない。それが何故かは、言うまでもないだろう。

それから私が彼の顎に手を置き、此方へ引き寄せようとした所でやっと、彼は私に抵抗してきた。




15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:20:28.07 ID:NqxSfLu20


マスター「い、いけません。お客様……このようなことをされては」

紳士「そんな事を言って、本当は胸が高鳴って仕方がないのだろう?」

マスター「……」

紳士「分かるぞ。私も同じだからな……」


しかしその抵抗も長くは続かない。私が力を強めると少しずつ、少しずつ、マスターの顔が近付いてくる。

彼の潤んだ瞳が、上気した頬が、私の感情を高ぶらせる。興奮し、早まる鼓動の音をダブステップの重低音が掻き消してくれる。

そんな空間に心地よさを覚えながら、私はついに、彼の顔まであと数センチという所にまで近付く事が出来た。


マスター「……」

紳士「……」




16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:21:00.83 ID:NqxSfLu20


互いの息が、触れ合う距離。

もはや言葉は要らない。マスターは観念したようにその瞳を閉じ、此方に全てを委ねてきた。

私も同じように瞳を閉じ、残り数センチの距離を名残惜しむように埋めていく。


紳士「マスター……」

マスター「……」


あとどれくらいで辿り着くのだろうか?あるいは、もう既に辿り着いたのだろうか?そんな事を考えながら、暗闇の中で彼を手繰り寄せていく。

やがてついに、2人の口が重なり、念願の逢瀬が果たされた。


マスター「んっ……」

紳士「……」




17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:21:34.06 ID:NqxSfLu20


吐息が混ざり合い、心が溶け合い、私とあなたの境界線が曖昧になる。

まるで消えてしまいそうな儚さの中で、確かにあなたがここに居る事を確かめるように、何度も何度もその行為を繰り返す。

1分でも、1秒でもいい。少しでも長い間、この幸せに浸っていたい。そんな思いが、2人の結び付きをより強固な物にしていった。


紳士「……はぁっ」

マスター「……」


暫くして、2人の口が離れる。そうしてまた、互いに見つめ合う形に戻る。

先程の余韻を感じながら、私はそっと、自分の唇に触れてみた。



彼とした初めての口付けは、少し苦い、コーヒーの味がした。


-HAPPY END-




元スレ
花咲か紳士
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495203043/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月20日 00:18
          • 描写男同士のほうがかかれてて草
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月20日 00:33
          • 百合より薔薇の方が満開じゃねーか
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月20日 06:35
          • ホモは絶滅しろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 俺「うわああああああツバメが巣を作りやがったああああああああ」
        • 【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」
        • 【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」
        • 【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」
        • 【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「天使で一番やべーやつ」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「フリースタイルダンジョン?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「フリースタイルダンジョン?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「フリースタイルダンジョン?」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマスSS】高森藍子「これが友情ぱわーです!」
        • 【モバマスSS】高森藍子「これが友情ぱわーです!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ