TOP

ガヴリール「千咲ちゃん、錬金術士になってアトリエを開く」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:16:57.240 ID:SC0ZLkla0.net

 
-ラフィエルの家-


タプリス「前から思っていましたが、白羽先輩のお部屋って」

タプリス「本がたくさんありますよね……」

ラフィエル「ほとんどが天界の実家から持ってきたものなんですけど」

ラフィエル「個人的に好きな本ばかりで、どうしても手放せなくて」

タプリス「あはは、やっぱり自分の好きなものって」

タプリス「手元に置いておきたいですよね」

ラフィエル「ええ」


タプリス「この本なんか、ずいぶんと古めかしいといいますか」

タプリス「歴史を感じる本ですね」

ラフィエル「ああ、それは錬金術の本ですよ」

タプリス「れんきんじゅつ?」

ラフィエル「はい、素材と素材を釜で調合して、新しい物を作り出す技術のことです」

タプリス「そんな魔法のような技術があるんですね、知りませんでした……」

ラフィエル「私も小さい頃に、その本を見て感動してしまって」

ラフィエル「いろいろ真似ごとをしてみたものです。ですが、才能がなかったみたいで」

ラフィエル「結局、私にはできませんでしたけど」

タプリス「白羽先輩でも、できないことがあるんですね……」

ラフィエル「そうだ、タプちゃん。よかったら、錬金術、試してみませんか?」


タプリス「わたしが錬金術を……ですか?」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:18:31.528 ID:SC0ZLkla0.net

 
 ゴポゴポゴポッ


ラフィエル「ふぅ、釜の準備はこんな感じですかね」

タプリス「す、すごいです、こんな大きな釜を使うんですね」

タプリス「人がすっぽり入れそうです」

ラフィエル「間違っても、中に入ってはいけませんよ?」

タプリス「あはは……こんな紫色の液体に浸かったら、一生染み付きそうですしね」

ラフィエル「うふふ、それだけなら良いんですけど」ニコッ

タプリス「……ッ」


ラフィエル「それでは次に、この混ぜ棒を持ってみてください」

タプリス「は、はい」

ラフィエル「素材は、そうですねぇ。水と……この雑草にしましょう」

タプリス「使う物自体は、割りとありふれたものなんですね」

ラフィエル「ええ、中には滅多に手に入らないものを使うケースもあるみたいですけど」

ラフィエル「今回はお試しですから、これで十分です」

タプリス「わ、わかりました。じゃあ入れますね?」


 ポチャン ポチャン

ラフィエル「素材をすべて入れたら、ゆっくり大きく円を描くように混ぜてみてください」

タプリス「了解です。ぐーるぐる、ぐーるぐる……」


 パァァァァッ

ラフィエル「……ッ」

タプリス「なっ!? 釜の中が光って!?」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:20:23.667 ID:SC0ZLkla0.net

 
ラフィエル「す、すごいです、タプちゃん!」

タプリス「えっ、ど、どういうことです?」

ラフィエル「タプちゃんには錬金術の才能があるってことですよ!」

タプリス「そ、そうなんですか? よくわかりませんけど……」

ラフィエル「私ではこのように、素材同士が反応することは、ありませんでしたから」

ラフィエル「さぁ。さっそく中から、出来たものを取り出してみましょう」


タプリス「これはガラスの器ですか? あ、中に緑色の液体が入ってます」

ラフィエル「ええ、その液体は中和剤といって」

ラフィエル「様々な錬金術の調合の基礎となる、調合品なんです」

タプリス「な、なるほど……」

ラフィエル「それにしても、タプちゃんが錬金術を使えるだなんて……」

タプリス「あはは……ただ混ぜただけで、実感がないですが……」


ラフィエル「……私、久しぶりに燃えてきました!」

タプリス「えっ?」

ラフィエル「タ、タプちゃんにお願いがあります」

タプリス「は、はい、なんでしょう」

ラフィエル「私の代わりに……錬金術マスターになってもらえませんか!?」

タプリス「れ、錬金術マスター、ですか?」

ラフィエル「無理を言っているのは承知の上です、しかし……」

ラフィエル「私には叶えたくても、その力がありませんでしたので……」

ラフィエル「ですから、タプちゃんの手で」

ラフィエル「私の子供の頃からの夢を、叶えてもらえないでしょうか」


タプリス「白羽先輩……」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:21:40.419 ID:SC0ZLkla0.net

 
タプリス「……わかりました」

ラフィエル「それじゃあ!」

タプリス「わたしで、どれだけお力になれるかはわかりませんけど」

タプリス「それが白羽先輩のためになるのなら」

タプリス「わたしは喜んで、錬金術を学びたいと思います!」

ラフィエル「タプちゃん!」

 ぎゅぅぅ

タプリス「し、白羽先輩!?」

ラフィエル「ありがとう……本当にありがとうね、タプちゃん」

タプリス「いえいえ、もし期待はずれだったら、ごめんなさい」

ラフィエル「良いんです、それでも」

ラフィエル「私に夢を、再び見させてくれて、ありがとうございます」

タプリス「はい。わたしなりに、精一杯がんばりますから」


――

ラフィエル「ということで、これが錬金術関連の参考書です」

 ドンッ

タプリス「あはは……結構ありますね、しかもみんな分厚い……」

ラフィエル「私は一応、全て読破していますから」

ラフィエル「分からない部分があれば聞いてください」

ラフィエル「それと、この釜も一緒に、神足通でタプちゃんのお家に持っていきますね」

タプリス「あ、ありがとうございます」

ラフィエル「あとは……調合に使う素材ですね。近場で手に入らなそうであれば」

ラフィエル「いつでも私を呼んでください。タプちゃんの足となりますからっ」


タプリス「そ、それはさすがに恐れ多いので、最終手段で……」



6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:23:06.881 ID:SC0ZLkla0.net

 
-タプリスの家-


 ゴポゴポゴポッ


タプリス「なになに、錬金術の基本は……」

タプリス「素材と素材を入れて、ぐるぐるーっとかき混ぜれば完成?」

タプリス「ずいぶんとアバウトな参考書ですね……」

タプリス「それにしても結構、色々なものを作ることができるみたいです」

タプリス「軟膏や、薬品、それと……ば、爆弾!?」

タプリス「さすがに爆弾を使う機会なんて、ないと思いますけど……」


タプリス「えと……それじゃあ、何を作ろうかなぁ」

タプリス「そうだ、この軟膏を作ってみましょう」

タプリス「材料は……油と粉と、中和剤ですか」

タプリス「中和剤は先ほど、白羽先輩の家で作ったものがありますので」

タプリス「油……、サラダ油でいいのかな?」

タプリス「そして粉は……、薄力粉でいいですかね」


 ポチャン ポチャン

タプリス「材料を入れてっと」

タプリス「ゆっくりと、落ち着いて、ぐーるぐる、ぐーるぐるっと……」


 パァァァッ

タプリス「あ、この反応は、先輩のうちの時と同じです!」

タプリス「やったぁ、できましたぁ♪」



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:24:31.129 ID:SC0ZLkla0.net

 
タプリス「よくわからない軟膏の完成ですっ!」

タプリス「えっと、どれどれ……、どうやらこの軟膏は」

タプリス「切り傷、擦り傷によく効くみたいですね」

タプリス「すごいです。お家にあるもので、お薬が作れちゃうなんて」

タプリス「わたし、よく怪我をするので助かりますね」

タプリス「この調子でどんどん、作っていきましょう!」



-数日後 タプリスの家-


ラフィエル「こんにちは、タプちゃん。調子はどうですか?」

タプリス「あ、こんにちは。白羽先輩!」

タプリス「参考書を読みながら、基本的な物は作ることができました!」

ラフィエル「そうですかそうですかぁ」

ラフィエル「それは、頼もしい限りですね」ニコッ

タプリス「えへへ、なので今、少し難しいのに挑戦中なんです」

ラフィエル「へぇ、見せてもらっていいですか?」

タプリス「はい、こんな感じです」


 ゴポッ ゴゴゴッ ゴボッ

ラフィエル「こ、これは!?」

タプリス「なんか混ぜても混ぜても全然光らなくて……どうしてでしょうね」

ラフィエル「タプちゃん! 危ないっ!!」

タプリス「えっ?」


 ピカッ ドゴォォォォンッ
 



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:26:03.155 ID:SC0ZLkla0.net

 
-どこかの海岸-


 シュンッ


ラフィエル「ふぅ……危ないところでした」

タプリス「……」パクパク

ラフィエル「タプちゃん、大丈夫ですか? ああ、こんなにススでお顔が真っ黒に」フキフキ

タプリス「か、釜が……ば、爆発して……」

ラフィエル「ええ、調合に失敗したみたいですね」

ラフィエル「おそらく、今のタプちゃんの錬金術の技量では、厳しい物だったのでしょう」

タプリス「失敗すると爆発するなんて、知りませんでした……」

タプリス「白羽先輩、ありがとうございます。先輩がいなかったら、どうなってたか……」

ラフィエル「いえいえ。でも、そうですね……少し危ないですから」

ラフィエル「これからは基本的な物を作り続けて、技量を磨いていきましょうか」

タプリス「は、はい。わかりました」


タプリス「……それにしてもあんな爆発が起きたのに」

タプリス「釜自体はビクともしてないですね、すごいです」

ラフィエル「ええ、白羽家に代々伝わる、特別製みたいですから」

タプリス「なるほど……」


ラフィエル「では、タプちゃんのお家に戻りましょうか」

タプリス「あ、すみません。少しだけ待っててもらっていいですか?」

ラフィエル「良いですけど、どうしたんです?」

タプリス「素材用に、海水と砂を採取していこうと思いまして」

ラフィエル「あらあら、すっかりタプちゃんも錬金術士が板についてきましたね」


タプリス「えへへ、爆発させてるようじゃ、まだまだですけどね」



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:27:31.371 ID:SC0ZLkla0.net

 
- 一ヶ月後 タプリスの家 -


 ゴポゴポゴポッ


タプリス「これとあれとそれを、入れましてー♪」

タプリス「ぐるぐるーっと、大きく混ぜちゃいます♪」

タプリス「ぐーるぐる♪ ぐーるぐる♪」

 パァァァァッ

タプリス「あっという間に……できましたぁ♪」


タプリス「ふふっ、だいぶ錬金術にも慣れてきたかもしれません」

タプリス「最初は失敗してた物も、ほとんど作れるようになりましたし」

タプリス「……それにしても」

タプリス「部屋の中が、作った物だらけになってきましたね……」


タプリス「そうだ、せっかくですから」

タプリス「先輩たちに、おすそ分けしましょうか」


――

 ピンポーン ガチャ


ヴィーネ「ふふっ、こんにちは、タプちゃん」

ラフィエル「今日は呼んでくれて、ありがとうございます」

タプリス「月乃瀬先輩、白羽先輩、こんにちは!」

タプリス「わざわざ来ていただいて、ありがとうございます!」

ヴィーネ「って、事前には聞いていたけど……すごい、物の山ね……」

タプリス「あはは、お恥ずかしい限りです」



13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:29:04.898 ID:SC0ZLkla0.net

 
ヴィーネ「そうだ、おみやげにアップルパイを作ってきたのよ」

タプリス「本当ですか! 月乃瀬先輩のアップルパイ、おいしいので嬉しいです!」

ヴィーネ「それはよかった」ニコッ

ラフィエル「あ、タプちゃん、タプちゃん」

タプリス「なんですか?」

ラフィエル「実は錬金術で、アップルパイも作ることができるんですよ?」

タプリス「え? 食べ物も、ですか?」

ラフィエル「ええ」

タプリス「でも、あの紫の液体の入った釜に入れて、できたもの……ですよ?」

タプリス「おいしくないんじゃ……」

ラフィエル「じゃあ、せっかくヴィーネさんもいることですし」

ラフィエル「錬金術でパイ作り、してみましょうか」

タプリス「は、はぁ……」


――

ラフィエル「材料は……小麦粉と水と塩とりんご、ですね」

タプリス「失敗せずに、ちゃんとできるかな……」

ラフィエル「今のタプちゃんの技量なら、簡単に作れると思いますよ」

タプリス「で、では……」


 ポチャン ポチャン

ヴィーネ「へぇ、錬金術って、こうやってやるのね……」

ヴィーネ「でも食べ物を入れちゃって、本当に大丈夫なの?」

タプリス「入れること自体は問題ないんですけど……ぐるぐるーっと」


 パァァァァッ
 



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:31:21.646 ID:SC0ZLkla0.net

 
タプリス「す、すごい……ほんとにできちゃいました」

ヴィーネ「しかもこれ、見た目は私のと、ほとんど変わらないわね……」

タプリス「でも、味はさすがに……」


 ピンポーン

タプリス「あれ、どなたでしょう?」

ラフィエル「ふふっ、というわけで、ですね……」


――

ラフィエル「アップルパイ、どちらが美味しいか選手権、開催ですー」

ラフィエル「審査員はですね……」

ガヴリール「私と?」

サターニャ「大悪魔である、この私、サタニキア様よ!」


タプリス「し、白羽先輩」コソコソ

ラフィエル「なんですか、タプちゃん」

タプリス「これ、大丈夫なんですか? いわゆる毒味というやつでは……?」

ラフィエル「大丈夫ですよ、安心してください」ニコッ


ラフィエル「では、まずはヴィーネさんのアップルパイから」

ガヴリール「普通にうまいな」モグモグ

サターニャ「ええ、おいしいわね」パクパク


ラフィエル「それでは次に、タプちゃんのアップルパイをどうぞ!」

タプリス「……」

ガヴリール「……」モグモグ


ガヴリール「……ッ」



15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:33:15.633 ID:SC0ZLkla0.net

 
ガヴリール「なんだこれ! めっちゃ美味いぞ!」

サターニャ「ええ! なんかこういうの、お店で食べたことあるわ!」

タプリス「……う、うそ、ですよね?」

ガヴリール「嘘なんかついて、どうすんだよ」

ラフィエル「タプちゃん、食べてみてください」

タプリス「は、はい」パクッ

タプリス「……あ、おいしい」

ラフィエル「でしょう?」

ヴィーネ「ほんとね、これ、すごく美味しいわ……」


ラフィエル「ということで、満場一致でタプちゃんの勝利です!」

ヴィーネ「あんな作り方してるのに、完敗するなんて……」

タプリス「ご、ごめんなさい、月乃瀬先輩」

ヴィーネ「いえ、タプちゃんが謝ることないのよ。それに……」

ヴィーネ「私も燃えてきたわ! もっと美味しいアップルパイを作ってやるってね!」

ヴィーネ「今度、また勝負しましょう!」

タプリス「は、はい!」


ガヴリール「ところで、あんな作り方ってなんだ?」

ラフィエル「実はですね、あれは錬金術で作られたものなんです」

ガヴリール「はぁ!? まさか、あの怪しげな釜で作ったのか!?」

タプリス「は、はい……」

ガヴリール「くそっ、なんてもん食わすんだよ……」

タプリス「うぅ……ごめんなさい、ごめんなさい」

サターニャ「そう? 別にどんな作り方だって良いじゃない」


ヴィーネ「サターニャは、どんな味でも気づかなそうね……」



16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:35:14.292 ID:SC0ZLkla0.net

 
ガヴリール「へぇ、この部屋にある物、全てをね……」

タプリス「はい、部屋が手狭になってきたので」

タプリス「何でも好きなのを持っていってください」

ガヴリール「好きなのっていってもな……あ、そうだ」

ガヴリール「最近、肩こりがひどいんだけど、なんか良いのあるか?」

タプリス「そうですね、それでしたら、薬用湿布が……」ゴソゴソ

タプリス「ありました! 試しに貼ってみます?」

ガヴリール「ああ」

 ぺたっ

タプリス「ど、どうです?」

ガヴリール「あぁ……これいい、これいいわぁ……」

タプリス「ほんとですか!? よかったです……」

ガヴリール「なんだよこれ、マジで良いじゃんか……」

ガヴリール「よし、タプリス。この湿布、あるだけくれ」

タプリス「あるだけ、ですか!? わ、わかりました」


サターニャ「私はそうねぇ……あ、昨日、膝を怪我しちゃったんだけど」

サターニャ「なんか良い薬とかあるかしら?」

タプリス「傷……でしたら、この軟膏がいいですよ」

 ぬりぬり

サターニャ「へぇ……、って!? なんか傷が塞がっていくんだけど!」

タプリス「ふふっ、これで完治ですね」

サターニャ「すごいじゃない、これ! 何かの魔術みたいね!」

サターニャ「私もこれ、あるだけ貰うわ!」


タプリス「えへへ、わかりました。持ってっちゃってください」



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:37:23.809 ID:SC0ZLkla0.net

 
ガヴリール「タプリス、ありがとな」

サターニャ「ふっ、私の役に立てることを、光栄に思いなさい!」

ヴィーネ「たくさんもらっちゃって、ありがとね、タプちゃん」

タプリス「いえいえ、どういたしまして、です!」

タプリス「何かあったら、いつでも言ってくださいね」

ガヴリール「ああ、それじゃあな」

 バタンッ


タプリス「ふぅ……」

ラフィエル「お疲れ様でした、タプちゃん」

タプリス「あ、白羽先輩。今日はいろいろと、ありがとうございました」

ラフィエル「いえいえ。あ、そうだ、頑張っているタプちゃんにですね……」

ラフィエル「実は贈り物があるんです」

タプリス「贈り物?」

ラフィエル「これです!」

タプリス「これは……お洋服、ですか?」

ラフィエル「ええ、錬金術士の正装です♪ ヴィーネさんにも手伝ってもらって」

ラフィエル「二人で、作ったんですよ」

タプリス「す、すごいです! こんな立派なお洋服を作れるなんて……」

ラフィエル「ふふっ、タプちゃんなら、錬金術でそのうち作れるようになりますから」

タプリス「あはは……それはさすがに」

ラフィエル「とりあえず、着てみてください♪」


タプリス「は、はい……それでは」



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:39:11.357 ID:SC0ZLkla0.net

 
ラフィエル「あぁっ、かわいい! タプちゃん、かわいいです!」パシャパシャ

タプリス「うぅ……恥ずかしいです」

ラフィエル「そんなことありませんよ! 絶対にかわいいです!」パシャパシャ

タプリス「こんなフリフリで……しかも、露出も多くて……」

ラフィエル「それも、錬金術士の正装の伝統ですから、問題ありませんよ!」

ラフィエル「これから錬金術をする場合は、その格好でお願いしますね♪」

タプリス「うぅ……」カァァ


――

タプリス「それにしても……」

タプリス「自分が錬金術で作った道具を使って、誰かが喜んでくれたり」

タプリス「笑顔になってくれるのって、なんかいいですね」

ラフィエル「うふふ、そうですかそうですかぁ」

タプリス「それって、天使としての基本的な理念にも合っていますし」


ラフィエル「……とても良いことだと、私も思いますよ」

ラフィエル「錬金術はあくまでも、他の技術と同じく、手法の一つですから」

ラフィエル「それをどう使うかは、人それぞれで良いんです」

ラフィエル「だから、タプちゃんが自分でやりたいことをしてください」ニコッ

タプリス「白羽先輩……ありがとうございます!」


タプリス「ですけど、具体的にはどうすれば良いでしょうね……」

ラフィエル「それでしたら、私に良い考えがあります」

タプリス「良い考え、ですか?」



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:41:10.971 ID:SC0ZLkla0.net

 
-翌日 舞天市内 老人ホーム-


タプリス「ここって、老人ホームですよね」

ラフィエル「ええ、この街にも困っている人は大勢いると思いますけど」

ラフィエル「特に集中しているのが、ここかと思いまして」

女職員「あら、あなた達ね。みなさんのお世話を手伝いたいって子は」

タプリス「こ、こんにちは」

女職員「こっちは猫の手も借りたいほど忙しいから、本当に助かるわ」

女職員「これからよろしくね」

ラフィエル「はい。こちらこそ、よろしくお願いします」ニコッ


お婆さん「あらあら、こんなに若くてかわいい子が遊びに来てくれたのかい」

お爺さん「嬉しいねぇ、眼福眼福」

女職員「あら、私は若くもかわいくもなくて、悪かったですね」ニコッ

お爺さん「ほっほっほっ、こりゃ参ったわい」

みんな「わはははははっ」


タプリス「ふふっ、なんだか雰囲気の良いところですね」

ラフィエル「ええ。でも、気苦労もきっと、多いはずですよ」


 ドンッ

タプリス「あいたっ」

じいさん「邪魔じゃ! ぼさっと立っとるな!」

タプリス「ご、ごめんなさい!」

じいさん「ふんっ」スタスタスタ



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:43:11.574 ID:SC0ZLkla0.net

 
タプリス「はぁ、こ、怖かったです……」

女職員「大丈夫?」

タプリス「大丈夫です……わ、わたしがぼーっとしてたせいで……」

女職員「気にしないで。あの方ね、いつも誰にでも、あんな感じだから」

タプリス「は、はぁ……」

女職員「それじゃ早速だけど、みなさんのお相手をお願いね」

タプリス「はい、わかりました!」


――

お爺さん「これを腰に貼れば良いのかい?」

タプリス「はいっ、そうすると、痛いのが楽になりますよ」

お爺さん「へぇ、すごいねぇ、ありがとう」

お婆さん「千咲ちゃん、このクリームはどうやって使うんだい?」

タプリス「これはですね、毎晩寝る前に、痒いところに塗ってください」

タプリス「そうすると、炎症が引いて、ぐっすり眠ることができるんです」

お婆さん「はぁ、千咲ちゃんは、お薬屋さんか何かなのかい?」

タプリス「ええ、そんな感じです」ニコッ

お婆さん「ありがとう、今晩、使ってみるよ」


タプリス「ふぅ……」

ラフィエル「お疲れさま、タプちゃん」

タプリス「あ、白羽先輩もお疲れ様です」

ラフィエル「どうですか? 調子は」

タプリス「わたし、人見知りなので、なかなか大変ですけど……」

タプリス「でもやりがいがあって、楽しいです!」


ラフィエル「ふふっ、そうですかそうですかぁ」



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:45:47.042 ID:SC0ZLkla0.net

 
-数日後 老人ホーム-


お爺さん「千咲ちゃん、聞いとくれ!」

お爺さん「千咲ちゃんにもらった湿布を腰に貼ったら」

お爺さん「次の日には、腰痛が完全に治ったんじゃ!」

お婆さん「私もだよ、クリームを痒いところに塗ったら」

お婆さん「痒みが治まって、完全に治ったんじゃ!」

タプリス「本当ですか!? それはよかったです」ニコッ


お爺さん「おい、みんな、来てくれ! この子のお薬は本当にすごいぞ!」

お婆さん「みなも一度、診てもらうと良いよ」

 『なんじゃなんじゃ』

 ガヤガヤ

タプリス「お、押さないでください! お一人ずつ、ちゃんと診ますから!」


女職員「すごいわね、あの子。医者の卵だったりするんですか?」

ラフィエル「ふふっ、そんな感じです」

女職員「でもあなたたちが来てから、本当に大助かりですよ」

女職員「実際、みなさんの体の不調って、我慢してもらうことの方が多かったですから」

女職員「こうやって直に解決してもらえるのは、嬉しいです」


タプリス「ちゃんと並んでくださいね! 順番に!」

じいさん「……」ジーッ

タプリス「あ、あの時のおじいさん……」

じいさん「……チッ」スタスタスタ

タプリス「あ……、行っちゃった」



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:47:19.992 ID:SC0ZLkla0.net

 
-数日後 老人ホーム じいさんの個室-


 コンコンッ

タプリス「失礼します……」

じいさん「なんじゃ、誰が入っていいと言った!?」

タプリス「ひっ、ご、ごめんなさい……」

じいさん「……で、何の用だ?」

タプリス「え、えっと……」

じいさん「もっとはっきり喋らんかい!!」

タプリス「ご、ごめんなさい! 何かお困りのことはないかなって!」

じいさん「はぁ? 困ってることじゃと?」

タプリス「はい、体のどこかが痛いとか、調子悪いとか」

タプリス「おじいさんにも、ないかなぁと思いまして」

タプリス「もしあれば、わたしが治してあげられるかもと……」


じいさん「……誰がそんなこと頼んだ?」

タプリス「えっ」

じいさん「もし、どっかが痛かったとしても、お前さんのような」

じいさん「若いもんの助けなどいらんわ!」

じいさん「さっさと出ていけ!」

タプリス「で、でも……わたしは、おじいさんの助けに……」

じいさん「そういうのが、押し付けがましいと言ってるんじゃ!」

タプリス「……ッ」

じいさん「他にもたくさんおるじゃろ! 助けを求めてるのが!」

じいさん「ワシには、そういうのはいらん! さっさと出ていけ!!」


タプリス「わ、わかりました……し、失礼します」



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:49:11.153 ID:SC0ZLkla0.net

 
-老人ホーム 職員控室-


タプリス「はぁ……」

女職員「どうしたんですか? そんな溜息ついて」

タプリス「いえ、先ほど、あの怖いおじいさんのところへ行ってきたんですが」

女職員「えっ? 一人で、ですか?」

タプリス「は、はい。そうですけど……」

女職員「あの方、あんな性格ですから……他のみなさんとも、よく喧嘩をされていて」

女職員「今は個室に入ってもらってるんですけど」

女職員「私たちでも、部屋に入れてもらえないことがあるのに」

女職員「よく部屋に入れてもらえましたね」

タプリス「で、でも……怒鳴られて、追い出されちゃいました」

女職員「あはは……そうですか」

タプリス「なんとか、あの方の助けになりたいんですけど……」

女職員「うーん……難しいですね」


女職員「あの方も前は、あんな風ではなかったんですけど」

タプリス「えっ、そうなんですか?」

女職員「ええ。一年前くらいに、あの方の奥さんが亡くなられて」

女職員「それから、ですかね。他人を拒絶するようになってしまったのは」

タプリス「そうだったんですか……、あ、そういえば」

タプリス「おじいさんの部屋に、写真立てがありました」

タプリス「二人で並んで撮った写真みたいでしたけど、あれがまさか……」

女職員「ええ、数年前に奥さんと撮られた写真ですね」

女職員「二人で旅行中、花火大会を見た時に撮ったと、言っていました」

タプリス「……花火、ですか」



26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:51:11.637 ID:SC0ZLkla0.net

 
-数日後 老人ホーム じいさんの個室-


 コンコンッ

タプリス「し、失礼します」

じいさん「またお前さんか! 誰が来い、などと言った!?」

タプリス「ひっ、ごめんなさい!」

じいさん「用がないなら、さっさと出ていけ!」

タプリス「あ、あのっ!」

じいさん「あ? なんじゃ!?」

タプリス「おじいさんは、花火がお好きなのですか!?」

じいさん「はぁ? お前さん、何を言って……」

タプリス「だって……そこの写真に、おじいさんと花火が写ってますから!」

じいさん「……ッ」


 スッ バタンッ

じいさん「こんなもん、お前さんが見んでもいい」

タプリス「ごめんなさい……お話、聞かせてもらいました」

タプリス「おじいさんの奥さんと一緒に撮った、大事な思い出だと」

じいさん「……チッ、あのお喋り女がッ」

タプリス「だから、花火には……特別な思い入れがあるんじゃないかって」

じいさん「……だから、なんだと言うんじゃ」

タプリス「えっ」

じいさん「ワシが仮にじゃぞ? 花火が好きだったとして……」

じいさん「それが、なんだと言うんじゃ!」



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:53:11.024 ID:SC0ZLkla0.net

 
タプリス「わ、わたしが……」

じいさん「あ?」

タプリス「わたしがおじいさんに、花火を見せてあげます!」

じいさん「ハッ! 何を言い出すかと思えば……」

じいさん「あれか? お前さんが、ワシを何処かに連れ出して」

じいさん「花火を見せようとでも言うのか?」

じいさん「生憎だがな、ワシはもう、ここを離れる気はないんでな」

じいさん「そんなの、とっとと諦めて――」

タプリス「……違いますッ」

じいさん「は?」


タプリス「ここの屋上で! その写真に負けずとも劣らない、打ち上げ花火を!」

タプリス「おじいさんに、見せてあげます!」

じいさん「……くっ」

タプリス「……」

じいさん「くかかかかかっ! これは傑作じゃ!」

じいさん「ここで? 打ち上げ花火を、見せるじゃと?」

じいさん「そんなもんが、できるはずないじゃろう!」

じいさん「いくら老いぼれだからといって、それ以上馬鹿にすると――」

タプリス「わたしは、真剣ですッ!!」

じいさん「……ッ」


タプリス「今週末の夜、楽しみにしていてください!」

タプリス「絶対に、絶対絶対、おじいさんに花火を、見せてあげますから!」

じいさん「……ふんっ、好きにしろ」

タプリス「はい、好きにしますッ!」



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:55:11.366 ID:SC0ZLkla0.net

 
-老人ホーム 職員控室-


女職員「数日、休みがほしい?」

タプリス「はい。わたし、おじいさんのために」

タプリス「花火を打ち上げることにしたんです!」

ラフィエル「あらあら……」

女職員「花火って……、市販のやつ、じゃないのよね?」

タプリス「はい、あのおじいさんの写真よりも、大きな花火です」

女職員「って言っても、この街、花火大会なんてないし」

女職員「花火職人に、ツテでもあるの?」

タプリス「いえ、そこは大丈夫ですから!」

ラフィエル「タプちゃん、もしかして……」

タプリス「ええ。その、もしかして、です」

女職員「わかったわ、休み自体は問題ないけど……」

女職員「あまり、無理はしないようにね」

タプリス「はい、ありがとうございます!」



-次の日 ラフィエルの家-


タプリス「威勢よく啖呵を切ってしまったものの」

タプリス「わたし、花火なんて作ったことありませんでした……」

ラフィエル「私の記憶の中でも、タプちゃんに貸した錬金術の本の中に」

ラフィエル「花火が載っているのは、なかった気がしますね」

タプリス「はぁ……どうしよう」

ラフィエル「……では、私の実家に行ってみましょうか」

タプリス「えっ、白羽先輩のご実家ですか?」



29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:57:20.656 ID:SC0ZLkla0.net

 
-天界 白羽家 書庫-


タプリス「すごく広い書庫ですね……」

ラフィエル「天使学校の図書室ほどではありませんが」

ラフィエル「私が持ち出していない、錬金術の本もきっと、あるはずです」

タプリス「ありがとうございます、白羽先輩!」

ラフィエル「いえいえ、タプちゃんには私の夢を叶えてもらっている最中ですから」

ラフィエル「こんなことぐらい、お安い御用です」

ラフィエル「では、手分けして探しましょうか」

タプリス「は、はい!」


――

ラフィエル「なかなかありませんね……」

タプリス「ですね……って、うっ……手が届かない」

ラフィエル「あ、私が取りましょうか?」

タプリス「だ、大丈夫です! と、届いたので……って、わわっ!」

ラフィエル「タプちゃん!?」


 バタンッ バラバラバラッ

タプリス「いたたたたっ」

ラフィエル「大丈夫ですか? 怪我はありませんか?」

タプリス「は、はい、わたしは大丈夫ですけど」

タプリス「本を散らかしてしまって、ごめんなさい……」

ラフィエル「タプちゃんが無事なら平気ですよ……って、これは!?」

タプリス「えっ」



30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:59:12.212 ID:SC0ZLkla0.net

 
ラフィエル「見てください、タプちゃん! 花火のような、絵が載っています!」

タプリス「ほんとだ……しかもこれ、錬金術の本ですね」

タプリス「あ、レシピも載っていますよ!」

ラフィエル「すごいです、タプちゃん! こんな見つけ方をするなんて!」

タプリス「あはは……偶然も偶然ですけど」

タプリス「それで、えっと……調合する素材は……」

タプリス「燃料と、火薬と……ドンドン花?」

ラフィエル「ドンドン花……」

タプリス「火薬と燃料は、在庫がありますけど……」

タプリス「先輩、ドンドン花って聞いたことあります?」

ラフィエル「……ちょっと待ってくださいね」


 ちりんちりん スッ

マルティエル「お呼びですか、お嬢様」

タプリス「わっ、びっくりした!? ど、どこから……」

ラフィエル「マルティエル、ドンドン花という単語に聞き覚えはありませんか?」

マルティエル「ドンドン花ですか、それでしたら……」

マルティエル「お嬢様が天使学校時代に、学校の庭園に植えられたことがあると」

マルティエル「そう、記憶しています」

ラフィエル「それです! たしか初等科の時でしたね」

マルティエル「はい」

ラフィエル「さすがマルティエルです。ありがとう。もう下がっても良いですよ」

マルティエル「……」

ラフィエル「下がりなさい」ニコッ

マルティエル「……はい」ゾクゾクッ

 シュンッ
 



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:01:27.267 ID:SC0ZLkla0.net

 
タプリス「あの……さすがに、可哀想なのでは……」

ラフィエル「大丈夫です。あんな風に見えて、実はすごく喜んでいますから」

タプリス「は、はぁ……」

ラフィエル「では、天使学校へ行ってみましょうか」

タプリス「はい!」



-天使学校 初等科 校内-


教師「あら、白羽さんではないですか」

ラフィエル「お久しぶりです、先生」ニコッ

教師「今日はどうしました?」

ラフィエル「えっとですね。私たち、ドンドン花という花を探していまして」

ラフィエル「私が在学中に、庭園に植えたことがあったのを思い出したんです」

教師「ああ、ドンドン花! 懐かしいわね」

タプリス「で、できれば、それをいただきたかったんですけど……」

教師「ただ……今はもう、校内で植えていなくてね」

ラフィエル「そ、そうなのですか……」

タプリス「そんな……」

教師「でも、野生で咲いている場所なら知っているわ」

タプリス「本当ですか!?」

教師「ええ、この学校の裏手の山の中なんだけど……」

教師「もともと薄暗い場所に咲く花でね、洞穴の中に咲いていることが多いのよ」

ラフィエル「なるほど、わかりました。探してみます」

教師「ただ最近、落石があったって話を聞くから、気をつけてね」


タプリス「はい! ありがとうございました!」



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:03:18.449 ID:SC0ZLkla0.net

 
-天使学校 裏手の山-


ラフィエル「先生に貰った地図によると……この辺ですね」

タプリス「洞穴のようなものは見当たりませんけど……」

 ヒュゥゥ

ラフィエル「そうですねぇ……って、タプちゃん、何か聞こえませんか?」

タプリス「え? わたしには何も……」

ラフィエル「風の音が、聞こえます……こっちです!」

タプリス「あ、先輩待ってください!」


 タッタッタッ

ラフィエル「タプちゃん、これを見てください」

タプリス「これは、岩壁ですか?」

ラフィエル「いえ、違います、よく見ると……」

タプリス「あ、少しだけ隙間が空いてます!」

ラフィエル「ここから風が入り込んでいる、みたいですね」

タプリス「ということは……」

ラフィエル「はい、ここに洞穴がある、ということです」

タプリス「じゃあ、まさか……」

ラフィエル「この岩壁に見える巨大な岩が……上から落ちてきた、ということですね」

タプリス「そんな……」

ラフィエル「さすがにここまで大きいと、神足通で移動させることもできませんし」

ラフィエル「どうしましょう……」

タプリス「……先輩、移動させる必要なんて、ありませんよ」

ラフィエル「えっ?」


タプリス「通れないのだとしたら……、こじ開けてしまいましょう!」



33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:05:11.727 ID:SC0ZLkla0.net

 
ラフィエル「タ、タプちゃん? こじ開けるって?」

タプリス「はい! この岩もろとも、破壊してしまえば良いんです!」

ラフィエル「そんなこと……って、まさか!?」

タプリス「はい。錬金術の練習の時に、実は作ってたんです……」

タプリス「この爆弾をっ!」


タプリス「まさか、これが役に立つ時が来るとは思いませんでしたけど」

ラフィエル「ほ、ほんとに大丈夫?」

タプリス「ええ、爆発の規模も把握してますし、このくらいの岩なら大丈夫です」

タプリス「じゃあ、先輩は離れててくださいね!」

ラフィエル「えぇ」

タプリス「いきますよっ……えーいっ!」ブンッ


 カッ ドゴォォォォォンッ

 シュゥゥゥゥ


ラフィエル「すごい……あの岩が木っ端微塵に……」

タプリス「えへへ、大成功ですっ!」

ラフィエル「タプちゃん、こんなにたくましくなって……」

タプリス「た、たくましいんですかね? あはは……」


タプリス「と、とりあえず、中に入りましょう!」

ラフィエル「ええ」



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:07:18.751 ID:SC0ZLkla0.net

 
-天使学校 裏手の山 洞穴の中-


タプリス「なんでしょう、ここ。人の手が入ってたんですかね」

ラフィエル「ええ、木箱やらが散乱してますね」

タプリス「この太くて丸い筒のようなもの、なんでしょう」

ラフィエル「これは樽といって、液体を貯蔵する木製の容器ですね」

タプリス「へぇ……たる、ですか」

ラフィエル「ええ、たるです」

タプリス「……」

タプリス「たーる♪」

ラフィエル「タ、タプちゃん、どうしました?」

タプリス「あ、いえ……なんか、単語の響きが気に入ってしまって……」

ラフィエル「そうですか……」

タプリス「う、なんか恥ずかしくなってきました。お、奥に行きましょう」



-洞穴の最奥-


タプリス「これじゃないですか!? ドンドン花!」

ラフィエル「すごく綺麗な花ですね……」

タプリス「しかも、こんなにたくさん咲いて……綺麗……」

ラフィエル「もしかすると、誰かが管理していたのかもしれませんね」

タプリス「えっと、いただいちゃっても大丈夫でしょうか」

ラフィエル「必要な分だけなら、大丈夫でしょう」


タプリス「……摘み取ってごめんなさい。絶対に無駄にはしませんから」



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:09:12.023 ID:SC0ZLkla0.net

 
-タプリスの家-


タプリス「あとは、素材を調合するだけです! 丸一日かかるみたいですけど」

ラフィエル「技術的には、どうですか? できそうですか?」

タプリス「レシピについては、理解できましたけど……」

タプリス「実際できるかは、半々ってところですかね」

ラフィエル「……タプちゃんなら、きっと大丈夫ですよ」

ラフィエル「だって、今までずっと、頑張ってきたんですから!」

タプリス「えへへ、ありがとうございます」

ラフィエル「おじいさんに、思い出の花火を見せてあげましょう」

タプリス「はいっ」


 ゴポゴポゴポッ

 ポチャン ポチャン

タプリス「材料投下よしっと。あとは、ずっとかき混ぜ続けて……」

ラフィエル「あ、タプちゃん。お腹が空いたら教えてくださいね」

ラフィエル「私が食べさせてあげますから」ニコッ

タプリス「あはは……、数分とかなら、釜から離れても大丈夫ですから」

ラフィエル「えっと、私がしてあげたいんです」

タプリス「あ、ありがとうございます。でしたら、その時は……」

ラフィエル「はい♪」



37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:11:21.325 ID:SC0ZLkla0.net

 
-翌日 早朝 タプリスの家-


ラフィエル「すぅ……すぅ……」

ラフィエル「んっ……い、いけない、私、寝てしまって……」

タプリス「……」グルグル

ラフィエル「タ、タプちゃん、ごめんなさい。私……」

タプリス「あ、先輩。もう少しで、できますから」


 ゴポッ ゴゴゴッ ゴボッ

ラフィエル「なっ!? この反応は!?」

タプリス「……ッ、まずいですね」

タプリス「もう素材を取りに行く時間も、調合する時間もないのに……」

ラフィエル「神足通で飛ばします!」

タプリス「ま、待ってくださいっ!」

ラフィエル「タ、タプちゃん!?」


タプリス「たくさんの人たちが助けてくれたおかげで……」

タプリス「ようやくここまで、たどり着くことができたんです!」

タプリス「それなのに、こんなところで……終わらせません!」

タプリス「錬金術の参考書にも書いてました! 錬金術を成功させる最大の秘訣は……」

タプリス「錬金術士の、強い想いなんだって!!」


タプリス「お願いっ! おじいさんに花火を見せてあげたいのっ!!」

タプリス「だから成功してっ! お願い、だからぁ!!」グルグルグルー


 パァァァァッ
 



38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:13:11.681 ID:SC0ZLkla0.net

 
ラフィエル「光が……弾けて……」

タプリス「はぁ……はぁ……」


タプリス「やった! 先輩っ! できましたぁ!!」

ラフィエル「すごい! すごいです! タプちゃん!!」

 ぎゅぅぅ

タプリス「わたし、やりました! 花火、ちゃんとできたんです!!」

ラフィエル「ええっ、見てました! 見てましたとも!」

タプリス「よかった……ほんとに良かった……」

ラフィエル「よく頑張りましたね、タプちゃん」ナデナデ

タプリス「えへへ、嬉しい……で――」クラッ

 バタンッ

ラフィエル「タ、タプちゃん!?」

タプリス「すぅ……すぅ……」

ラフィエル「タプちゃん、眠って……?」


ラフィエル「ふふっ、そうですね。一晩中、かき混ぜていたんですから」

ラフィエル「緊張の糸が切れてしまったんですね」


ラフィエル「……花火を打ち上げるのは、今晩ですから」

ラフィエル「それまでは、ゆっくり休んでくださいね、タプちゃん」ナデナデ


タプリス「すぅ……すぅ……」



39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:15:14.240 ID:SC0ZLkla0.net

 
-その日の晩 老人ホーム 屋上-


じいさん「ふんっ、こんなところに連れ出して、ワシをどうする気じゃ!」

じいさん「寒いったらないぞ! ああ、寒い!」

タプリス「も、もう少しだけ、待っててくださいね」


ラフィエル「すみません、無理を言って、屋上を開けてもらって」

女職員「いえ、良いですよ。私も楽しみにしていましたから」

女職員「それよりも、本当に花火が打ち上がるんですか?」

ラフィエル「ええ、タプちゃんが、頑張ってくれましたから」


タプリス「こちらは準備できましたっ!」

タプリス「あとは……白羽先輩、結界は問題ないです?」コソッ

ラフィエル「ええ、大丈夫ですよ。周りから花火は完全に見えませんし、聞こえません」

タプリス「ありがとうございます、助かります!」


タプリス「それでは、おじいさん」

タプリス「約束通り……おじいさんに、打ち上げ花火を贈ります!」

タプリス「わたしが作った、この……錬金花火のドンドン丸で!」

 パサッ

じいさん「なんじゃ、そのケッタイな球は」

タプリス「これを今から、夜空に打ち上げますよ!」

じいさん「なんだって?」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:17:14.582 ID:SC0ZLkla0.net

 
タプリス「では……いきますよ! せーのっ!」

 シュボッ

じいさん「……」

タプリス「……」

じいさん「……何も起こらんぞ?」

タプリス「あれ? おかしいですね……」ズイッ

ラフィエル「タプちゃん、危ないですよ!」

タプリス「えっ?」


 シュボッボッボッ ドンッ

タプリス「わっ! わわっ!!」


 ヒュゥゥゥン ドォォォォォォォンッ

 キラキラキラッ


タプリス「わぁ……」

ラフィエル「す、すごい……」

女職員「綺麗……ですね」


 ヒュゥゥン ヒュゥン ドォォン ドォォォォンッ

 キラキラッ キラキラキラッ


じいさん「……こ、これは」

じいさん「これは……あの時の……、あいつの……」


 ヒュゥゥゥン ドォォォォォォォンッ

 キラキラキラッ


じいさん「あいつが好きだった……あの光、じゃないかッ」



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:19:11.627 ID:SC0ZLkla0.net

 
 ヒュゥゥゥン ドォォォォォォォンッ

 キラキラキラッ


タプリス「おじいさん……花火、どうでしたか?」

じいさん「……嘘つき呼ばわりして、悪かった」

タプリス「いえ、平気です! だって、こうやって実際に……」

タプリス「花火をお見せすることが、できたんですから」ニコッ

じいさん「……ッ」


じいさん「……そうやって笑うの、やめてくれんか」

タプリス「えっ?」

じいさん「お前さんはな、あいつの若い頃にそっくりすぎるんじゃ」

タプリス「わ、わたしと……?」

じいさん「とにかく花火が大好きで、ワシにいつも」

じいさん「花火大会がここであるから、一緒に行こうと手を引っ張って……」

じいさん「しかも、無理やりじゃぞ?」

じいさん「それで各地の花火大会に、連れて行かされたわ」

タプリス「そうだったんですか……」


じいさん「でも、あいつがいなくなってからは……」

じいさん「花火を見ることもなくなった。見たくもなかったのかもしれん」


じいさん「なのに、ワシはまた……花火を見てしまったんじゃ」

じいさん「この世にはまだ、こんなに綺麗なもんが……」

じいさん「あったんじゃな……」


タプリス「はい……まだまだ、たくさんありますよ」



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:21:12.636 ID:SC0ZLkla0.net

 
じいさん「え?」

タプリス「綺麗なものなんて、それこそ、この世界には山ほどあります」

じいさん「そう……なのか?」

タプリス「わたしが、おじいさんに見せてあげますよ!」

タプリス「これからも、たくさんたくさん、綺麗で感動できるものを!」

じいさん「……カカッ、言ったな?」

じいさん「せいぜい、期待せずに待っていることにしようかの」

タプリス「ふふっ、驚いたって知りませんからっ」


じいさん「ああ、そうじゃ」

タプリス「なんですか?」

じいさん「最近な、少し腰の調子がよくないんじゃ」

タプリス「えっ」

じいさん「お前さん、薬もってるんじゃろ?」

じいさん「今度来るとき、持ってきてくれ」

タプリス「あ……」

じいさん「いいな?」

タプリス「はいっ」ニコッ


ラフィエル「ふふっ、すっかり仲良しさんですね」

女職員「ええ、信じられません。あの方があんな表情されるなんて」

女職員「本当に、本当にありがとうございます」

ラフィエル「いえいえ。全ては、タプちゃんの頑張りですから」ニコッ


じいさん「だから、そう笑うなと、言ってるじゃろうが!」

タプリス「ご、ごめんなさい~!」



44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:23:36.671 ID:SC0ZLkla0.net

 
-数日後 老人ホーム-


タプリス「ふふっ、腰のお薬、五種類も作ってきてしまいました」

ラフィエル「あらあら、張り切ってますね」

タプリス「ええ、障害が大きいほど、やりがいがありますから!」

ラフィエル「喜んでくれるといいですね」

タプリス「こんなたくさん持ってきて、どうする気じゃバカタレー!」

タプリス「って、言われそうですけど」

ラフィエル「ふふっ、ありえそうです」



-老人ホーム じいさんの個室-


 コンコンッ

タプリス「こんにちは、失礼します」

タプリス「来ましたよー……って」

 シーンッ

タプリス「あ、あれ……誰もいない?」

タプリス「というか、色々あった物も綺麗になくなってますね……」

ラフィエル「……ッ」

タプリス「白羽先輩? どうしました?」

ラフィエル「い、いえ、なんでもありません」

ラフィエル「それよりもタプちゃん。今日は……帰りましょうか」

タプリス「えっと……おじいさんがどこに行ったのか」

タプリス「わたし、聞いてきます!」

 タッタッタッ

ラフィエル「あ、タプちゃん!? 待ってください!」



45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:25:17.002 ID:SC0ZLkla0.net

 
-老人ホーム 職員控室-


タプリス「……うそ……ですよね?」

女職員「いえ、本当の話よ」

タプリス「だって、ほら……先週末はあんなに……」

女職員「一昨日の晩、ね。ここから、緊急搬送されてしまって」

女職員「そのまま……息を引き取ったそうよ」


 タッタッタッ

ラフィエル「タプちゃん!」

タプリス「し、白羽先輩……」

 ぎゅぅ

タプリス「うそ……うそに決まってます……そんなの……」ポロポロ

ラフィエル「……ッ」


女職員「白羽さんは……ご存知なのね?」

ラフィエル「先ほど、お部屋で……なんとなく察しました」

女職員「……そう」


タプリス「……だって、おじいさん、わたしの腰の薬を待ってたんです」

タプリス「あの、若いもんの力なんぞ借りるかって」

タプリス「言っていたおじいさんが、ですよ?」

ラフィエル「タプちゃん……」



46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:27:14.592 ID:SC0ZLkla0.net

 
タプリス「これから、たくさん、たくさん……」

タプリス「この世界の綺麗なものを見せてあげるって……」

タプリス「感動させてあげるって、約束したのに……」


タプリス「こんなの……こんなのって、あんまりじゃないですかッ!」

タプリス「あんまり、ぐすっ……じゃないですか……」

女職員「……」


タプリス「……あの方は、幸せだったんでしょうか」

ラフィエル「……えっ?」

タプリス「最期の最期で、あんな花火を、わたしに見せられて」

タプリス「本当はつらい思いを、させてしまっただけではないでしょうか」


女職員「……そんなことありませんよ」

タプリス「えっ」

女職員「これは……あの方の部屋にあった写真立てです」

女職員「……写真を見てみてください」

タプリス「これには、奥さんとの写真が……って、え?」

女職員「あの日の翌日に、私に言ってきたんです」

タプリス「う、うそ……」

女職員「昨日の夜の花火の写真、撮ったんじゃろう? 飾るから寄越せ! って」

タプリス「……ッ」

女職員「そんなことを言う方が、つらい思いだなんて、していたと思いますか?」


タプリス「あ……あぁっ……」フルフル

女職員「嬉しかったからに、決まっているじゃないですか」


タプリス「あぁぁぁぁぁぁっっ!」



47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:29:13.414 ID:SC0ZLkla0.net

 
 ぎゅぅぅ

ラフィエル「タプちゃん……」

タプリス「ぐすっ……ひっく……」

ラフィエル「おじいさんも、今ごろ向こうで言っていますよ」

ラフィエル「あいつへの最高の手土産をもらった、って」

タプリス「先輩……せんぱぁい……」

ラフィエル「……」ナデナデ


――

ラフィエル「落ち着いた?」

タプリス「……は、はい。ご迷惑をおかけしてすみません」

ラフィエル「いえ、良いんですよ」ニコッ


女職員「こんなことがあったばかりだけど……」

女職員「あなたたちは、どうするの?」

女職員「私としては、これからも来てくれると助かるんだけど……」

タプリス「はい、もちろんです」

タプリス「困っている人がいる限り、わたしは……」

タプリス「どこにだって行きますから」

ラフィエル「私は……タプちゃんが行くところなら、どこへでも」


女職員「ありがとう、本当に助かるわ」ニコッ



48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:31:11.366 ID:SC0ZLkla0.net

 
-数日後 ラフィエルの家-


タプリス「白羽先輩……わたし、決めました」

ラフィエル「タプちゃん?」

タプリス「今回の件で、自分自身のことがよくわかったんです」

タプリス「わたしが本当にやりたいことを、見つけられたんです」

ラフィエル「……」

タプリス「わたし、この錬金術で……」

タプリス「もっとたくさんの人たちを、笑顔にしたいです」

タプリス「そして、困っている人たちを、助けてあげたいです」


タプリス「わたしにできることなんて、ちっぽけかもしれませんけど」

タプリス「それでもわたしは、この目の届く範囲だけでも」

タプリス「みんなに幸せを届けたいんです」


ラフィエル「……私、言いましたよね」

ラフィエル「錬金術は、あくまでも手法の一つ」

ラフィエル「それをどう使うかは、タプちゃん次第なんです」

ラフィエル「だから私は、タプちゃんのしたいことを、ずっと応援しますよ」

タプリス「白羽先輩……ありがとうございます!」


ラフィエル「いえいえ、それにですね……」

ラフィエル「私が小さい頃に思い描いていた夢が、まさに……」

ラフィエル「タプちゃんが目指そうとしている場所、そのものなんですからっ」ニコッ



50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:34:03.699 ID:SC0ZLkla0.net

 
- 一年後 舞天市郊外の借家 -


 ドタッ ドタドタッ


ラフィエル「タプちゃん、次の依頼の品、できてますか!?」

タプリス「えっとえっと……、これですね、はい!」

ラフィエル「これは、次の次の依頼品ですよ!」

タプリス「えっ、ほんとですか!?」

ラフィエル「急いで作っちゃってください! 素材は私が取ってきますから!」

タプリス「ごめんなさいっ! お願いしますっ!!」


タプリス(こうして舞天市の郊外に、小さなお家を借りた、わたしたちは)

タプリス(そこで、お客さんからの依頼を受け、錬金術による調合品を提供する)

タプリス(いわゆる、アトリエ、というものを始めました)


タプリス(最初は、全くお客さんの来ない日々が続きましたが)

タプリス(最近では、口コミで市内に評判が広がり)

タプリス(知る人ぞ知る何でも屋として、てんてこ舞いな毎日を送っています)



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:36:44.044 ID:SC0ZLkla0.net

 
ラフィエル「タプちゃん! そういえば、ご依頼された方が」

ラフィエル「今日、来店するって言ってました!」

ラフィエル「だから、そろそろ……」


 ピンポーン

タプリス「あ、もう、いらっしゃったみたいです!」

ラフィエル「ごめんなさいっ、私、今、手が離せなくてっ!」

タプリス「わ、わたしが出ます!」


タプリス(こんなドジばかりなわたしですけど)

タプリス(白羽先輩のお手を、多々煩わせながら……)

タプリス(なんとか人々の手助けができている、そんな近況です)


タプリス(ですが……こんな現状で、満足はしていられません)

タプリス(一人でも多くの人に笑顔を届けるのが、わたしの願いなんです)

タプリス(だって、わたしは……錬金術士なんですからっ!)



 ガチャ


タプリス「いらっしゃいませっ!」



タプリス「タプリスのアトリエへ、ようこそっ!」



おしまい



元スレ
ガヴリール「千咲ちゃん、錬金術士になってアトリエを開く」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1495109817/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 08:25
          • 4 ほのぼのしててとても良い。久々にアトリエシリーズやりたくなった。
            リスナーからの葉書に書かれてたもんをコンビニで買ってきてミキサーで混ぜて飲むタプちゃんは居なかった。。よかった。。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 08:39
          • 初代のマリーが一番可愛いと思う
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 10:14
          • ユーディットが好きです

            アトリエっぽくて面白かった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 10:55
          • やっぱりこの人の千咲ちゃんシリーズ最高
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 11:06
          • このタプリスは毒舌じゃないトトリってとこだな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 11:52
          • ロロナは三十路を越えてからが可愛い
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 12:26
          • 5 どのキャラも可愛いよね……

            でも俺はマナケミアがアトリエシリーズで一番好きです!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 16:17
          • ラフィーのアトリエ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 17:29
          • 錬金術師だったら身体の一部を持ってかれてたとこだった
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月19日 20:52
          • 爺さんの写真立てのくだりで泣いた
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月20日 11:49
          • ソフィーって無意識に童貞を勘違いさせるタイプだよね
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月23日 17:11
          • この人の書ける範囲の広さはなんなんだ…w
            とても面白かったです

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        • 【ミリマス】琴葉「ねぇ! 恵美は『イヤとは言えない』ってホント?」
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        •  塩見周子「またあたしの食事を撮るの?」P「周子飯2」【デレマスSS】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ