TOP

女「私の先輩にいっつも白衣を着た変わった先輩がいたんだ」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:35:14.49 ID:v2gPbTgyo


ある飲食店にて、二人の女性アルバイトが雑談を交わしていた。


「昔、この店に変わった先輩がいたんだ」

「へえ、どんな人なんですか?」

「いっつも白衣を着ててね……顔は青白くて、体は細長くて、ひ弱そうで、
 典型的な青びょうたんって感じだった」

「なんだか不気味そうな人ですね」

「だけど……不思議な魅力があったんだよね」


年上の店員は、その“変わった先輩”を思い返していた。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:39:25.48 ID:v2gPbTgyo


白衣を着た先輩は、仕事ぶりからして変わっていた。


「皿洗いに要した時間……5分27秒か。上出来だな」

「あの客が食事に要した時間、17分19秒……予想より2分早かったか」

「この仕事であれば、小生ならば3分11秒あればこなせるでしょう」


このように、自分の仕事ぶりなどを秒単位で細かく計測するのは日常茶飯事。

全ての動作がきびきびとしており、まるでロボットのようであった。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:40:29.23 ID:v2gPbTgyo


そんな日々が続いたある日、女はひょんなことから先輩と一緒に帰宅することになる。

そして――


「そうだ、小生の研究室(ラボ)を見学しないか?」

「ラボときましたか……」



男としての下心をまるで感じさせないその誘いに、女は乗った。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:42:43.84 ID:v2gPbTgyo


白衣の先輩の研究室(ラボ)こと自宅は、古びたアパートの一室であった。

中ではハツカネズミが飼育されていたり、怪しい機械が動いていたり、
分厚い本が幾つも並んでいたりと、研究室といって差し支えない光景が広がっていた。


「くつろいでくれたまえ」


といわれても、くつろげるわけがない。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:45:12.57 ID:v2gPbTgyo


「どうぞ」


先輩はまず、ビーカーに入ったコーヒーを差し出した。
女は少し躊躇したが、飲んでみるとコーヒーの味は悪くないものだった。


「これもなかなかうまいんだ」


さらに、アルコールランプの火で焼いたスルメイカを提供する。
来客に出すメニューとして適当かはともかく、こちらも悪くない味であった。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:47:18.10 ID:v2gPbTgyo


帰り道で買ったコンビニ弁当を、当たり前のようにメスやピンセットで頬張る先輩。


「なんで普通に箸やフォークで食べないんですか?」

「小生はこちらの方が落ち着くからさ」

「落ち着くなら、それでいいですけど」


この頃になると、女も先輩の奇人変人ぶりにすっかり適応していた。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:50:10.28 ID:v2gPbTgyo


夜も更け、今日はお開きということになった。
二人でそのままベッドイン……などという甘い雰囲気になる余地は微塵もなかった。

女は最後にこう問いかけた。


「ところで先輩、なぜこんな科学に身も心も捧げるような生活をしてるんですか?」

「ノーベル賞を取るため、かな」


あまりにも壮大な野望。
しかし、女は笑ったり、からかうことはしなかった。

この先輩なら、なぜかそれができそうな気がしたからである。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:51:17.55 ID:v2gPbTgyo


「……で、それからまもなく、その先輩はバイトを辞めちゃって……
 アパートも引っ越しちゃったみたいで、どうなったかは分からずじまい」

「たしかに変わった人ですねえ……。だけど、ノーベル賞取れるといいですねえ」

「うん……」


こうして、彼女たちの思い出話は終わった。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:52:49.17 ID:v2gPbTgyo


それから数ヶ月後、後輩が鼻息荒く新聞を持ってきた。


「ねえねえ、見て下さい!
 このノーベル賞受賞者、もしかして例の変わった先輩じゃないんですか?
 先輩が教えてくれた特徴と人相がそっくりで……」


女が記事を覗く。すると、すぐ分かった。


「ほ、本当だわ! これ……間違いなくあの人よ!
 なんとなくやる人だって気がしてたけど、まさか本当に受賞するなんて……」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:53:35.64 ID:v2gPbTgyo


新聞記事にはこう書かれていた。

≪○×氏、著作『科学者のふりした小説家』で見事、ノーベル文学賞を獲得!≫


「……って、文系だったんかーい!!!」









おわり



元スレ
女「私の先輩にいっつも白衣を着た変わった先輩がいたんだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494934514/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月17日 01:27
          • 出、出~www
            一人称小生、奴~www
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月17日 07:17
          • 小生夕食をキボンヌ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】北沢志保「恋のLessonしりとり編」
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ