TOP

【ミリマス】恵美「プロデューサーに構ってほしい」

1: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:33:24.41 ID:eYP9Ze+G0

そう、僕だ

・キャラ崩壊注意

・短めかつありきたり

・ちょっとおかしい所は脳内補完よろしくお願いします



2: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:34:21.66 ID:eYP9Ze+G0

島原エレナ(以下、エレナ) 「……今度はなんナノ?」


no title
 

所恵美(以下、恵美) 「えっ!?ご、ゴメン!声出てた!?」アセアセ


no title
 

エレナ 「出てるヨ!」

恵美 「そ、そか……」シュン

エレナ 「……メグミも寂しいノ?」ハテナ

恵美 「い、いやそんな事ないってば!」ブンブン

恵美 「ただ……さ?琴葉だって今、すっごい見てもらえてるし……」

恵美 「アタシももう少し見てもらいたいなーなんて……」

エレナ 「……自分でオネガイすればいいと思うヨ?」

恵美 「そ、それはちょっと……」ウジウジ

エレナ (メグミは自分の事になるといっつもエンリョするカラ心配だヨー……)



3: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:35:04.14 ID:eYP9Ze+G0


エレナ 「でも言わなきゃ分からないと思うヨ?プロデューサーだし」

恵美 「で、でもさ!?プロデューサーも他の子の面倒見たりして大変なのに」

恵美 「私の事見てもらおうなんて……図々しいっていうかさ」シュン

恵美 「琴葉もせっかく構ってもらえてるのに……」

エレナ 「モー!メグミはいっつもエンリョばっかダヨー!」プンプン

恵美 「え、エレナ!?」

エレナ 「ヒトリゴト出ちゃうくらいプロデューサーに構ってほしいなら構ってもらおうヨ!」

恵美 「で、でもな~」アセアセ

エレナ 「ホラ、行くヨ!」ガシッ

恵美 「あ、エレナ!ふ、服伸びるって!」ズルズル




4: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:36:05.65 ID:eYP9Ze+G0


―――――

田中琴葉(以下、琴葉) 「プロデューサー!お茶どうぞ!」


no title


ミリP(以下、P) 「おっ、ありがとう琴葉……」ズズズ

P 「良い感じだ。美味いよ」

琴葉 「雪歩ちゃんに教えてもらいましたから!まだまだ半人前ですけど……」

P 「これだけ入れられたら随分なもんだよ。それに、琴葉に入れてもらったお茶ってだけで十分すぎるほど美味いからな!」グッ

琴葉 「もぅ!からかわないでくださいよ!」カァア

P 「当然だろ!琴葉だからな!」ハハハ



5: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:36:55.87 ID:eYP9Ze+G0


琴葉 「……じゃあ、これもどうぞ」スッ

P 「ん?これは?」

琴葉 「は、春香ちゃんと練習したクッキーです……」プルプル

P 「おっ、お茶菓子って奴か!有難く頂くよ!」パクパク

琴葉 「ど、どうですか……?」ドキドキ

P 「……美味い!琴葉、お菓子も作れるんだな、凄いよ!」

琴葉 「は、春香ちゃんのおかげですよ」テレテレ

P 「いーや!これはますます美味くなっていくとみたね!765プロからお菓子の香りがし続ける日も近いな!」ハハハ

琴葉 「も、もう!プロデューサーってば!」カァアア


恵美 「…………」

エレナ 「どうするノ?」

恵美 「やろう」

エレナ 「即答だネ!?」



6: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:37:44.92 ID:eYP9Ze+G0


―――――

恵美 「さて……」

エレナ 「一回やるって決めたら随分ヤル気出てるネ?」

恵美 「勿論!」グッ

エレナ 「その意気だヨ!」

恵美 「さ、観察し始めますか……!」

―――――

P 「さ、今日も仕事仕事……」

北沢志保(以下、志保) 「あの、プロデューサーさん」


no title


P 「志保か、どうした?今日は……」

志保 「今日も、ですよ。演技力のレッスンしてもらおうと思って」

P 「あー。もうそんな時間か……」クビグルリ

志保 「……疲れているんですか?」

P 「まあ、多少はな。このくらいならいつもの事だし」

志保 「…………」



7: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:38:15.31 ID:eYP9Ze+G0


P 「さ、今日の指導を始めよう。そうだな、役名は――」

志保 「あの、すみません」

P 「どうした?体調悪いとかなら今日は休みに……」

志保 「いえ。今日は私からのリベンジって事で構いませんか?」

P 「リベンジ?」

志保 「はい。前にやった役柄で、どうしても再挑戦したいのがあって」

P 「ほぅ?そこまで言うならやってもらおうかな」

志保 「ありがとうございます。じゃ、ちょっと用意してくるので待っててくださいね」スタスタ

P 「ああ……何する気だ、あいつ」




8: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:39:23.89 ID:eYP9Ze+G0

志保 「……よし」スーハー



シホ 「ごしゅPさまぁ!」トコトコ


no title


P 「!?」アゼン

恵美 「!?」

P 「ど、どうした志保!お前、なにか悪いもんでも食ったんじゃ」タジタジ

シホ 「えー?シホ、むずかしいことはよくわかんない!」エヘッ

P 「」

P 「し、志保冷静に」ワタワタ

シホ 「ねー、ごしゅPさま!おのみもの、ほしくない?」キョトン

P 「ほ、欲しいけど」

シホ 「分かった!シホ、おいしーコーヒーいれてきてあげるね!」パタパタ

P 「…………」



9: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:40:34.22 ID:eYP9Ze+G0


シホ 「もってきたよー!」トコトコ

P 「お、おう。悪いな……」ズズズ

P (なんで小学生なのにこんなにコーヒー入れるの上手いんだよというツッコミはなしか?)

シホ 「ごしゅPさま、どーお?」

P 「あ、ああ!凄く美味いぞ志保!」

シホ 「やったぁ!えへへ、うれしいなぁ!」パァアア

P ズキューン

P 「おう!志保は可愛いなぁああ!」ワシャワシャ

シホ 「えへへ!」テレテレ

シホ 「ごしゅPさまは、ほかにシホにしてほしいことなぁい?」キョトン

P 「そうだなあ……あ、耳掃除とかしてほしいかも」

シホ 「へ?」




10: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:41:13.16 ID:eYP9Ze+G0


P 「いや、何でもない。それくらいは自分で……」

シホ 「…………」

シホ 「わかった!ソファにすわって、まっててね!」パタパタ

P 「ああ。……アイツ凄いな。あれがプロって奴か」シミジミ

P 「おおっといかんいかん……」スタスタ

P ストン

シホ 「おっまたせー!」パタパタ

P 「それは……耳かきか?」

シホ 「うん!」ストン




11: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:42:03.53 ID:eYP9Ze+G0


P 「……あの、志保?」

シホ 「なぁに?」

P 「なんで俺の隣に座るんだ?」

シホ 「えー?そんなの決まってるでしょ?」ポンポン

P 「…………?」

シホ 「ほら!ひざまくら、だよっ!」キラキラ

P 「……マジで?」

シホ 「マジ、だよっ!さ、はやくはやく!」

P 「そ、そこまで言うなら……」パタリ

シホ 「うわあ、ごしゅPさまってけっこうおっきいんだね……」フワァ

シホ 「じゃ、はじめるよ!うごかないでね!」




12: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:42:35.45 ID:eYP9Ze+G0


カサ…カサ…

シホ 「…………」カサコソ

P (真剣だ……)グッ

シホ 「動かないでくださいね……」カサリ

P (戻ってるぞ、志保……!)

シホ 「……よし、ちょっととれた。もうちょっとだよ、ごしゅPさま」

シホ カサコソ……

シホ フーッ

シホ 「おわった!さ、はんたいむいて!」

P 「お、おう。じゃあ立って……」

シホ 「ちがうよぉ!ほら、からだまわしてよ!」プンプン

P 「……はい?」




13: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:43:17.10 ID:eYP9Ze+G0


シホ 「だーかーら!からだまわしてっていってるの!」カァアア

P 「……無理するなよ?」

シホ 「ムリしてないもん!ほらぁ!」

P 「は、はぁ……」クルリ

シホ (プロデューサーの息がお腹に当たって……!)

P 「し、志保?嫌なら……」

シホ 「い、イヤとかそんなことないよ!ほら、はじめよっ!」

P 「……分かった。じっとしてる」グッ




14: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:43:46.92 ID:eYP9Ze+G0


シホ 「!まかせて、ごしゅPさま!」

カサリ……  コソコソ  スゥッ

シホ 「ふぅ……もうちょっとだよ」


シホ 「……はい、おしまい!」

P スーッ

シホ 「……ごしゅPさま?」ポカン

シホ 「……ねちゃったのかな」

志保 「…………」ナデナデ

志保 「プロデューサーさん、ゆっくりお休みなさい」

志保 「今くらいは……膝、貸してあげますから」ヨシヨシ




15: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:45:01.19 ID:eYP9Ze+G0


―――――

恵美 「……あふれ出る母性。いや、あれがおねえちゃんって事なのかな」ポケー

エレナ 「シホはすごいネー……」ポケー

恵美 「あれを真似するのかぁ……」ガックリ

エレナ 「メグミならきっとできるヨ!」

恵美 「いやいやいや!ムリ、ムリだって!」ブンブン

エレナ 「メグミ!勇気が大事、ダヨ!」グッ

恵美 「くぅうう……」

恵美 「で、でもどうしよ?アタシどうやったって小学生に見えないって!」

エレナ 「心配するトコそこじゃないヨ!デモ、ウーン……」

エレナ 「……ランドセル背負っとけばいいんじゃナイ?」

恵美 「テキトーじゃん!」クワッ




16: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:45:32.33 ID:eYP9Ze+G0


―――――

P 「ふわぁあー……」パチクリ

P 「んー?」

シホ  「おはよー、ごしゅPさま!」

P 「志保……?」ポケー

P 「!す、すまない!寝ちまってたか!」ガタリ

シホ 「だいじょうぶだよ!ごしゅPさまのねがお、いつもとちがってかわいかったから!」ニコッ

P 「お前がいいならいいが……」

P 「ありがとう志保。おかげでちょっぴり元気でた」ニカッ

シホ 「よかったー!これからもがんばろうね、ごしゅPさま!」

P 「ああ!」

ガチャリ



17: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:46:25.69 ID:eYP9Ze+G0


P 「……ん?」

恵美 「あ、あの……」モジモジ

志保 「……!?」

P 「志保、お前人巻き込んだのか!?」

シホ 「ち、ちがうよ!シホじゃないもん!」プルプル

恵美 (ど、どうしよ!?何も考えないで出てきちゃったじゃん!)チラリ


エレナ ガ・ン・バ・ッ・テ・!(口パク)


恵美 (無理だって!)プルプル

P 「あ、あの恵美?無理しないで……」

恵美 「そ、そんなことないって!エンリョしないで!」カァアア

志保 「…………」

シホ 「おねえちゃん、こっちきて!」ガシッ

恵美 「えっ、えっ?」トコトコ




18: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:47:35.00 ID:eYP9Ze+G0


―――――

志保 「すみません、どういうことですか」

恵美 「し、志保……あのさ……」カクカクシカジカ

志保 「……なるほど」

エレナ 「シホ、ゴメンネー?折角、プロデューサーとイチャイチャしてたのに」

志保 「べ、別にイチャイチャしてなんか……」

志保 「あれ……って事は、見てたんですか?」サーッ

恵美 「……うん」

志保 「……フフフ」ズーン

エレナ 「し、シホ!」

志保 「ごめんね、お姉ちゃんもう生きていけないかも……」フラッ

恵美 「志保!気をしっかり持って!」




19: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:48:12.92 ID:eYP9Ze+G0


志保 「じゃあ恵美さんはプロデューサーに構ってほしくてあんなことしたんですか?」

恵美 「い、言い方辛辣だね……まあ、そうなんだけどさ」

恵美 「最近プロデューサー、琴葉にばっか構うようになったから……」

恵美 「アタシも寂しくなっちゃったっていうか、さ!やっぱらしくないよね」

エレナ 「メグミ……」

志保 「……分かりました。じゃあ、私も力添えします」

恵美 「力添えって?」

志保 「単純な演技を教えるなら桃子ちゃんには負けるかもしれませんけど」

志保 「人を気遣う演技なら、私にも教えられますから」

恵美 「し、志保ぉ……!」ウルウル

恵美 「も、もう!志保はいい子だなあ!お姉ちゃん泣いちゃうってもんよ!にゃはは!」

エレナ 「もうひと頑張りだよ、メグミ!」

恵美 「うん!よーし、プロデューサーに構ってもらいに行くよー!」




20: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:48:47.92 ID:eYP9Ze+G0


―――――

P 「……恵美の奴、どうしたんだろうか……」

P 「とりあえず少し待って……」

恵美 「にゃはー!おっまたせープロデューサー!」バサッ

P 「め、恵美!?お前、結局正気に戻ってないじゃぐわあっ!?」バコーン

恵美 「細かい事言いっこナシ!さ、学生メイドのメグミンになんでも申し付けるがよい!」

P 「え、ええ……」

―――――

エレナ 「……ねえシホ。あれでよかったの?」

志保 「何がですか?」

エレナ 「ダッテ、プロデューサー……ちょっとひいてるヨ?」

志保 「……大丈夫です、きっと」アセリ



21: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:49:57.32 ID:eYP9Ze+G0


―――――

恵美 「ほらほらー、エンリョしないでって!」

P 「そ、そうか……?じゃ、じゃあ……!」

P 「そうだ!お菓子!お菓子切れてたから買ってきてくれ!」

恵美 「お菓子……?」

P 「そう!茜のプリンまた食べられちゃってさ!」アセアセ

恵美 「また茜はかわいそうに……分かったよ、買ってくるね!」シュタ

P 「気を付けてなー!」フリフリ

P 「………どうしたらいいのか分からず押し付けてしまった……」




22: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:50:34.20 ID:eYP9Ze+G0


―――――

恵美 「さ、買い物行ってくるね!」パタパタ

エレナ 「それでいいのメグミ!?」

恵美 「プロデューサーが困ってるってんなら、アタシがほっとけるわけないでしょ!じゃ、後宜しくね!」パタパタ

エレナ 「メグミはコトハとは別の意味で良い子だネ……」ホロリ

志保 「……プロデューサーさん、後で殴りますからね」ジトー




23: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:51:55.12 ID:eYP9Ze+G0


―――――

百瀬莉緒(以下、莉緒) 「プロデューサーくーん」


no title
 

P 「どうした莉緒、今俺はとても忙しいんだが」

莉緒 「ど、どうしたの……何時にも増して気合入ってるわね」タジ

P 「音無さんが居ない分に加えて、今日はいろんなことがあってな……」シミジミ

莉緒 「大変そうね……私、手伝おうか?」

P 「助かる。ちょっとそっちの書類手伝ってくれ」

莉緒 「オッケー!」

P カタカタ

莉緒 「プロデューサーくーん、この書類ってどういう風に分けとく?」

P 「ああ、それはこっちの方に。外には出ない内部資料だし」

莉緒 「はーい……っと」



24: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:52:40.44 ID:eYP9Ze+G0


P カタカタ

莉緒 スイスイ

P 「なあ莉緒、手伝わせといてなんだが何か用があったんじゃないのか?」

莉緒 「んー……いいの?」

P 「そもそもアイドルにやらせる業務じゃないしな」

P 「お前のおかげでひと段落つけるくらいには余裕が出来た。だからお前の用くらいは聞いてやれるぞ?」

莉緒 「そう?それなら遠慮しないことに、す・る・わ・ね?」ズイッ

P 「……なんのつもりだよ」

莉緒 「えー?勿論!プロデューサーくんを私のト・リ・コにする為じゃなーい」ズイッ

P 「セクシーアピールで寄ってきてもらうんじゃなくて自分から寄るようにしたのか。一歩前進だな」ウンウン




25: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:53:25.85 ID:eYP9Ze+G0


莉緒 「リアクションうっすいわねぇ……そうだ!」ティン

莉緒 ダキッ

莉緒 「ど、どう?ちょっと勇気を出してみたわよ?」ムニッ

P 「ば、馬鹿!こんなの誰かに見られたらどうすんだ!」アセアセ

莉緒 「おっ、好感触ね……!」キラリ

P 「そりゃいい感触でしょうよ……じゃねえいやいや!離れろって!」

莉緒 「なぁに言ってるの!多少恥ずかしいけど……」カァア

莉緒 「でもここまで効果バツグンならやらなきゃ女が廃るってもんでしょ!」ギュゥウウ

P 「言動にはエ口スを感じない辺りお前らしいな!」




26: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:54:44.58 ID:eYP9Ze+G0


―――――

志保 「……私もああやればいいんでしょうか」ジトー

エレナ 「し、シホもやろうと思えばできるデショ?」アセ

志保 「それはそうですけど……」

エレナ 「とにかくダヨ!?こんなプロデューサーみたらメグミが……」

恵美 「……私が、何?」スーッ

エレナ 「め、メグミ!?」

志保 「おかえりなさい恵美さん……早かったんですね?」

恵美 「まあチャリ全力で飛ばしたからねー……それで、あれは?」クイッ

エレナ 「め、メグミ……落ち着いテ」アワアワ

恵美 「大丈夫、アタシは落ち着いてるよ」ハイライトオフ

志保 (プロデューサーさん……自業自得ですからね)





27: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:55:45.80 ID:eYP9Ze+G0


―――――

莉緒 「もー!プロデューサーくん反応鈍ってきたじゃないの!」プンプン

P 「そりゃくっつかれたままなら興奮なんてしなくなるわな!お前はもっと男の欲しがりどころを会得して来い!」

莉緒 「欲しがりどころって何よー!もー……」スッ

莉緒 「仕方ないわね。また出直すわ……今度はメロメロにしてやるから、覚悟してなさいね!」

P 「おう、楽しみに待ってるよ」

莉緒 「もう、つれないわねえ……じゃ、レッスン行ってくるわ」

P 「おー、頑張って来いよー!」フリフリ

P 「ふぅ、莉緒も相変わらずだな……」

P ソファに座る




28: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:56:25.05 ID:eYP9Ze+G0


P 「さて、さっき頼んじゃったけど恵美はどうなったかな……?」

ガチャリ

恵美 「おっまたせー、プロデューサー!」

P 「おう……て、あれ?メイド服着替えたのか」

恵美 「え?ま、まあね……似合わないしさ」

P 「そんな事ないぞ?ちょっと勢いに押されたが……俺は可愛いと思ったよ!」グッ

恵美 「もー、お世辞ばっかりなんだから!」

P 「そんな事ないって!ホントに可愛かったし!」

恵美 「もぉー……照れるってば」カァアア

―――――

志保 「調子いいですね、プロデューサーさん」ジトー

エレナ 「いっつものプロデューサーだネー」ジトー

志保 「まったく、何人の女の子を口説き落とそうとしてるのやら……」ハァ

エレナ 「フフー、シホはホントにプロデューサーの事がスキなんだネー!」ニコリ

志保 「そ、そんなこと……!」ワタワタ

エレナ 「あっ、メグミ動いたヨ!」




29: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:57:28.38 ID:eYP9Ze+G0



恵美 「それで……さ?」ズイッ

P 「どうした?」

恵美 「さっき、プロデューサーさ……莉緒と……」

P 「み、見てたのか?違うぞ、何もやましい事は……!」ダラダラ

恵美 「プロデューサー、ああいうのが好きなの?」

P 「へ?いや、俺はもっとチラっとする方が好き……」

恵美 「へぇ……こんなのとか?」チラッ

P 「!?や、やめろ!莉緒のと違ってシャレにならん!」アセアセ



30: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:58:00.01 ID:eYP9Ze+G0


―――――

志保 「そりゃ、恵美さんスタイル良いですからね……真似しようと思えばいくらでも出来るって感じですか」

エレナ 「プロデューサーはエッチだヨ……」ジトー

志保 「……エレナさんも、サンバ衣装で結構露出してたと思うんですけど」

エレナ 「サンバはイッパイ動くからネー!……アレ?プロデューサーも、ひょっとしてそういう目で見てたノ?」キョトン

志保 「さぁ……?」




32: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:58:34.92 ID:eYP9Ze+G0


―――――

P 「や、やめろ……!」メカクシ

恵美 「そ、そこまで見たくないの?流石のアタシも傷つくって……」シュン

P 「ち、違う!そういうわけじゃ……」

恵美 「あは、捕まえちった☆」ギュッ

P 「!?」

恵美 「……振りほどかないの?」

P 「アイドルに対して、乱暴なこと出来ないからな」

恵美 「やさしーね、プロデューサーはさ……」ピトッ

恵美 「でも、そういうプロデューサーだからさ。余計に縋りたくなっちゃうというか……」ムニッ




33: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 20:59:59.64 ID:eYP9Ze+G0


P (た、耐えろ!莉緒のだって耐えたんだ!こんくらい耐えられるに……!)

恵美 「アタシじゃ、ダメ?」ウワメヅカイ

P 「ぐ、ぐぅっ……!」ダラダラ

P 「お、俺は……俺は……!」

秋月律子(以下、律子) 「おはよーございまーす」ガチャリ


no title
 

P 「俺はお前のそういうの!最高だと思う!!」ドンッ!!

恵美 「!ホントッ!」キラキラ

P 「ああ!」

恵美 「な、なんか照れるねぇ……えへへ」カァア

P 「ハハ……ハ?」チラリ




34: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:01:24.39 ID:eYP9Ze+G0


律子 「…………」ピキピキ

P 「…………」ダラダラ

P 「いや、そのですね?律子さん、これにはふかーい訳がありまして……!」アセアセ

律子 「訳があろうとなかろうと良いわけないでしょ!なんで貴方はアイドルにキャバ嬢みたいな事させてるんですかぁッ!!」ピシャリ!

P 「ひぃいいッ!!」ブルブル

P 「め、恵美!お前は早く抜け出せ!」ドン

恵美 「ぷ、プロデューサー!?」

P 「後の事は、任せろって……!」グッ

律子 「へえ、そうですかそうですか……つまり純愛だから許してくれとでも言い訳するんですね貴方は!」ビキビキ

P 「言ってろ!ここで冤罪を晴らしてやるぜ……!」ゴォオ






35: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:02:19.58 ID:eYP9Ze+G0


―――――

恵美 「……あれほっといて良かったの?」

志保 「……私が行って収めてきます……あのままじゃ、ホントに警察呼ばれそうですから」

恵美 「ご、ゴメンね志保……」

志保 「気にしないでください」スタスタ

エレナ 「……ドウスル?まだ続けるノ?」

恵美 「……とりあえず、終わろうか」ショボン




36: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:03:10.39 ID:eYP9Ze+G0


―――――

恵美 「はぁ……アタシやっぱやり過ぎたかな……」トボトボ

野々原茜(以下、茜) 「あれー?恵美ちゃんどうしたのさ?」


no title
 

恵美 「あ、茜!」

茜 「今日、恵美ちゃんなんかレッスン入ってたっけ……?」

恵美 「いや、その……プロデューサーに会いに来てさ」

茜 「おー?プロちゃんも隅に置けませんなぁ!それでそれで?」

恵美 「いやー、メッチャ迷惑かけちゃったっぽくてさ……やっぱアタシなんかがちょっかいかけたのがいけなかったのかなーって」ホロリ

恵美 「あ、あれ!?ちょ、ちょっと待って!」ゴシゴシ

茜 「…………」




37: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:05:42.35 ID:eYP9Ze+G0


茜 「そんな事ないってば、恵美ちゃん!カワイー女の子に構ってもらえてるプロちゃんの鼻の下が伸びてるの、茜ちゃんは分かってるからね!」グッ

恵美 「そ、そうかな……?」テレテレ

恵美 「あ、でもアタシ……琴葉みたいに可愛くないからさ」

茜 「恵美ちゃんは恵美ちゃんでカワイーし、琴葉ちゃんは琴葉ちゃんでカワイーんだってば!まったく、なんでプロちゃんはこんな大事なことを恵美ちゃんに言わないのかね」プンプン

恵美 「そ、そう?」

茜 「そうだよ!あ、でも一番は茜ちゃんだかんね!ここは譲れないな~!」

恵美 「ふふっ、分かった分かった!」ニコッ

茜 「そうだ!その笑顔こそが、プロちゃんの求めていたものに違いないッ!茜ちゃんの第六感が囁いてるよ……!」グッ

恵美 「いくらなんでもほめ過ぎだーって!」




38: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:06:22.56 ID:eYP9Ze+G0


恵美 「……ところで、何やってたの?」

茜 「ん?茜ちゃん人形作ってたよ?」キョトン

茜 「いやぁ、まだまだ足りないね……茜ちゃんのカワイさを世界にまで広めるには、全然足りない!」

茜 「でも茜ちゃん諦めないかんね!まずは目指せ、一家に一人!いや、一人に一人!茜ちゃん人形の拡散で、日本をカワイさで埋め尽くしてやるのだーッ!」グッ

恵美 「にゃはは!頑張れ頑張れ!」

恵美 「そだ!アタシ、作るの手伝おうか?今、丁度暇だしさ」

茜 「おぉ?恵美ちゃん裁縫上手かったよね、確か!これは心強い味方だよ!茜ちゃん泣いちゃいそう!」キラキラ

恵美 「あはは、そこまで言う事ないって!じゃ、どこからやり始めればいい?」

茜 「んーとね、まずはそこの赤い布を……」




39: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:07:16.07 ID:eYP9Ze+G0


茜 「ふぅ!恵美ちゃんありがとね!茜ちゃんだけじゃ、ここまで進まなかったよー!」

恵美 「いやいや、そっちこそお疲れ様!」

恵美 「それにしてもさー……茜ってこんなにたくさん作ってたんだね!いっつもいっぱい持ってるのも納得がいったよ!」

茜 「いやいやーそれほどでもぉー……あるかにゃー!」ニコニコ

茜 「そうだ!恵美ちゃんは、プロちゃんに構ってほしくて今日事務所来たんだよね?」ズイッ

恵美 「う、うん……まぁ、一応?」

茜 「だったらだよ!もう少しだけ作業していこう!茜ちゃんも一肌脱いじゃうよ~!」

恵美 「えっ?」キョトン

茜 「ふふふ……ここはカワイさをそのままにモードチェンジ……!」キラン

茜 「その名も!恵美ちゃん人形だよ!」バーン





40: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:09:22.04 ID:eYP9Ze+G0


―――――

P 「うう……律子の奴、相変わらず容赦ねえのな……」トボトボ

P 「仕事少ないとはいえ出社してからまともに働いてねえ……あれ?」チラッ

机の上に茜ちゃん人形の隣に並べられた恵美ちゃん人形

P 「あれ、いつもの茜ちゃん人形と違うのがある……これは、恵美か?」

P 「へえ、綺麗に縫われてるな……製品化してもいいくらい、完璧だ」ホレボレ

P 「……うん、可愛いな」シゲシゲ

P 「そういや、今日は恵美がやけにちょっかいかけてきたっけ……」

P 「……よし!」ピッポッパ

エレナ 『どうしたノ、プロデューサー?』

P 「いや、聞きたいことがあってな――」





41: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:09:49.62 ID:eYP9Ze+G0


―――――

恵美 「ふぅ、ヒトカラってのも、まあたまには乙なもんだよね!」

恵美 (結局、机に人形置いて出てきちゃったけど……)

恵美 「もー!気持ちよく歌ってパーッとしますか!」

prrrrr

恵美 「……ん?」ガチャ

P 『恵美、今何処にいる?』

恵美 「ぷ、プロデューサー!?え、ええっと……この前灼熱少女の皆と来たカラオケだけど」ワタワタ

P 『よし、どこの部屋だ?』




42: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:10:35.08 ID:eYP9Ze+G0


恵美 「ええっ!?来る気!?○○号室だけどさ」アセアセ

P 『分かった』ガチャ

恵美 「……え、来るの?」チラッ

恵美 「――!だ、ダメだって!恰好が……!」アワアワ

ガチャリ

P 「残念、来ちまった後だ」バーン

恵美 「ぷ、プロデューサー!どうして来たのさ!」




43: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:11:16.07 ID:eYP9Ze+G0


P 「……恵美さ、今日すっごい俺に話しかけてきたろ?」

恵美 「えっ……?」ポカン

P 「それでさ。恵美もひょっとして琴葉みたいに構ってほしかったんじゃないかなーって思って……」

恵美 「そ、そんな事ないって!アタシの事なんか構ってないで琴葉に……」

P 「琴葉は琴葉、恵美は恵美なの!ったく、恵美はいっつも自分の事は後回しにするんだから……」ハァ

恵美 「で、でもプロデューサー忙しいでしょ?だから迷惑かけちゃいけないと思って……いや、今日いっぱいかけたけどさ」ズーン

P 「今日くらい騒がしくたって別に構わないんだぞ?俺の仕事は、お前らの無茶をかなえてやる事なんだからな!」

P 「だから恵美!もっと俺に頼れ!他の事なんて気にしなくていいからさ!」ドン

恵美 「……もっと甘えていいの?」

P 「構わん構わん!書類に没頭するより、お前の相手をしてる方が楽しいからな!」

恵美 「!もぉ、アタシが厄介者みたいじゃーん!」アハハ

恵美 「でも、分かった!じゃあ、これからはもっと頼るからね、プロデューサー!」

P 「おう!じゃあ、歌うぞ恵美!」

恵美 「おー!」




44: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:12:33.69 ID:eYP9Ze+G0


―――――

音無小鳥(以下、小鳥) 「いやぁ、昨日はすみませんでした!ちょっと珍しく体調崩しちゃいまして」テヘッ


no title
 

P 「困った時はお互い様ですから。ま、今度なにか仕事代わってください」カタカタ

小鳥 「はい、任せてください!」

小鳥 (仕事手伝ってくれるプロデューサーさん、素敵ですよ!)グッ

律子 「小鳥さーん、早く仕事捌いてくださいよ!あれだけプロデューサーに手伝ってもらってるのになんであんなにたまってたんですか!」

小鳥 「め、面目次第もございません……ちょっと本の締め切りが近くて」ゴニョゴニョ

律子 「え?なんか言いました?」ニッコリ

小鳥 「いえ!すぐに取り掛からせていただきます!」ビシッ

P 「やる気を出させる天才だな……」

律子 「それじゃプロデューサー、私はシアターの子たちのレッスン見てきますね」

P 「ああ、頼むよ」




45: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:13:26.17 ID:eYP9Ze+G0


バーン

エレナ 「オハヨー、プロデューサー!」

琴葉 「おはようございます、プロデューサー」

P 「おお、二人ともおはよう」

小鳥 「あれ?今日は恵美ちゃんいないの?」キョトン

琴葉 「それが、今日は早く事務所に来るって連絡が来て……」

エレナ 「昨日はあんなにプロデューサーに構ってホシイって言ってたのにネー?」キョトン

P 「いや、恵美来てるぞ?今日は朝から作業手伝ってもらってたからな」

琴葉 「え、来てるんですか?」

P 「ああ。今、丁度給湯室に……」

カチャリ



46: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:14:19.94 ID:eYP9Ze+G0


恵美 「さぁさぁ!このメグミィ特製のオリジナルブレンドを持ってきたよ!ぷろ、でゅーさー……」チラリ

エレナ 「オー!メイドさんの恰好、昨日より様になってるヨ!」

恵美 「あ、あれっ?なんでここに……」ダラダラ

琴葉 「そりゃ、私たちも今日レッスンあるんだから事務所には一応顔出すわよ?」

恵美 「…………」カァアア

恵美 「き、着替えてくる!」

エレナ 「エー!カワイイからそのままがいいナー!」

恵美 「可愛くないって!」

P 「いや、似合ってるぞ?可愛いし、俺もやる気出るってもんだ!」

恵美 「も、もう……!プロデューサーはホント、人をおだてるのが上手いんだから!」ニャハハ




47: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:15:01.34 ID:eYP9Ze+G0


P 「本当の事だからな!昨日遅れた分も、恵美のおかげで進んだし……言う事ないよ!ありがとう!」

恵美 「えへへー……さ、お仕事終わらせちゃお!何すればいい?」

P 「オッケー。じゃ、この予定をホワイトボードに書いてきてくれるか?」

恵美 「まっかせてよ!じゃ、行ってくるね!」パタパタ

エレナ 「メグミ、楽しそうだネ!」

琴葉 「本当にね……あれっ、プロデューサー。その人形なんですか?」

P 「ああこれ?恵美特製、世界に一つしかない『恵美ちゃん人形』だ!カワイイだろ?」

小鳥 「凄いですね……普通にクオリティ高いですよ、これ」シゲシゲ

エレナ 「メグミ、頼んだら作ってくれないカナ?カワイイヨー!」キラキラ





48: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:15:38.81 ID:eYP9Ze+G0


P 「まぁ、本物の恵美のが100倍可愛いけどな!」ハハハ

恵美 「プロデューサー!恥ずかしいからやめてって!」

P 「おっ、聞こえてたか?本当の事だから仕方ないだろ!」

恵美 「調子良すぎだって!そーゆーのは大事に言うから重みが出るんだよー?」

P 「そ、そうか……?でも可愛いから仕方ない!」

恵美 「も、もぉ!」カァアア

琴葉 「…………」




琴葉 「恵美もプロデューサーの事……」

エレナ 「……ムー」


もう続かない




49: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:18:34.34 ID:eYP9Ze+G0


恵美の可愛さが俺には表現しきれなかったすまない……

エレナの口調が掴み切れないから続編なんて続かないんじゃぁあ
他のアイドルで書くかもしれないけどどうなるかは分からないです



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:24:20.83 ID:uf1/lj7E0

公式でも見れるといいなあ

no title

乙です



51: ◆SESAXlhwuI 2017/05/12(金) 21:35:59.93 ID:eYP9Ze+G0

>>50
めぐみぃのメイド姿良いね……画像ありです!



元スレ
【ミリマス】恵美「プロデューサーに構ってほしい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494588804/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 00:22
          • これひたすら琴葉と志保と恵美でエンドレス書けないか?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 00:25
          • 恵美には幸せになってもらいたいんや
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 01:40
          • 志保は小学生メイドと国家機密ビームで永遠にいじられる運命。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 02:36
          • ここまできたら、エレナ編もぜひお願いします!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 03:40
          • あのチートスペック持ちながら自己評価低いめぐみぃほんと可愛い結婚したい

            御託はいいから続きはよ書けくださいお願いします
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 07:53
          • 志保はどうしてそうなっちゃったの…
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 09:54
          • 恵美のメイドとか……最高じゃないか!!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 13:22
          • つべこべ言わずエレナ編はよ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 17:01
          • エレナは太陽やなあ
            そして莉緒ちゃん…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月14日 02:29
          • 志保可愛すぎるでしょ
            志保編もみたいぞ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月18日 21:55
          • こんなとこで耳かきssに出会えるとは…

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【乃木坂46】初恋の人を今でも【曲SS】
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「何もないところからポッキーを出せる能力…?」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「何もないところからポッキーを出せる能力…?」
        • 【アイマス】ボイン大好きP太君~アイドルのお姉さん編~
        • 【アイマス】ボイン大好きP太君~アイドルのお姉さん編~
        • 【アイマス】ボイン大好きP太君~アイドルのお姉さん編~
        • 【ミリマス】美希「ハニーが構ってくれないの!!」
        • 【ミリマス】美希「ハニーが構ってくれないの!!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ