TOP

【スクスト】ティエラ「メンタル強化特訓期間」【後半】

関連記事:【スクスト】ティエラ「メンタル強化特訓期間」【前半】





【スクスト】ティエラ「メンタル強化特訓期間」【後半】






238:1 2017/03/21(火) 22:45:28.69 ID:JD5cP0si0

ズズーン…


ドーン…


バララララ…


天音「これ大丈夫なの?」モグモグ


真乃「今までで一番危ないんじゃないかな」モグモグ


いつみ「なんか大戦中の防空壕に居る気持ちになるよね」モグモグ


リョウコ「食べてるのティラミスだけどね」モグモグ


天音「マリーアントワネットもびっくりよ」モグモグ


いつみ「ケーキどころかティラミス食ってるんだもんね」モグモグ


真乃「選り好み出来ない感はありますけどね」モグモグ


リョウコ「羊羹と外郎と金鍔も食べちゃおうか」ガタン


天音「机の上にスイーツ入りの引き出し並べてるのってシュールね」モグモグ


いつみ「あたし達なにやってんだろうな…」モグモグ


真乃「深く考えたら負けですよ」モグモグ



239:1 2017/03/21(火) 22:46:28.46 ID:JD5cP0si0

…ガシャーン


…ヒューン


いつみ「…そういえばさ」


天音「…なによ」


いつみ「今、笑ったらどうなるのかなーって思ってさ…」


リョウコ「あー…」


真乃「…笑ったかどうかの判定はメモカに依存していると思うので、普通に電撃が来るのではないかと…」


いつみ「そっかぁー…」


リョウコ「…でもメモカの能力はあくまでも電撃のみでアナウンスが電撃のトリガーになってるって可能性もあるよね」


天音「確かにそうね…」


真乃「その場合だとアナウンスをする人間が居なければ電撃も起こらないでしょうが…」


いつみ「うーん…」


天音「試してみれば?」


いつみ「…じゃあ笑いまーす」













いつみ「ヘヘッ」


天音「ンフッ」



240:1 2017/03/21(火) 22:47:41.23 ID:JD5cP0si0

天音「…なによ今の笑い声は」


いつみ「いや、もし電撃が来たときにアタシだけビリビリなるのは嫌だなーって思って…」


天音「だからって巻き込まないでよ…」


真乃「…でも2人とも電撃、来なかったね」


リョウコ「アナウンスが電撃のトリガーなんだね」


いつみ「しばらくは笑ってもお咎め無しって事か…」グダー


天音「そう思うとだいぶ気が楽ね…」グダー


…リア・デル・カドゥケス!!  …ドドーン!!


真乃「外は絶賛戦闘中ですけどね…」グダー


…プリンセスバーニング!!  …キュイーン!!


リョウコ「みんな頑張ってるね…」グダー


…ブログエンジョウサセルゾ!!  …ドバン!!


天音「誰のブログよ…」フフフフ…


いつみ「そりゃオブリだろ…」フフフフ…



241:1 2017/03/21(火) 22:48:53.61 ID:JD5cP0si0

…ガラガラガラ


…ウィーン


いつみ「…そういえばさ」


天音「まだ何かあるの…?」


いつみ「今回の訓練ってEXRの為の訓練…なんだよね?」


天音「…らしいわね」


真乃「笑ってはいけないをやる口実にすぎない気もしますが…」


リョウコ「…でも、それがどうかしたの?」


いつみ「いや、みんなは自分のEXRがどんなか考えてるのかなーって…」


天音真乃リョウコ「あー…」


いつみ「天音はどんなだと思う?」


天音「うーん…、あたしはSRが大剣でURが大鉈とチェーンソーっぽいやつだったから…」


天音「大鎌…サイスとかかしら?」


いつみ「なんか農耕具ばっかりだな…」フフフフ…


天音「そういうあんたはどうなのよ…」フフフフ…



242:1 2017/03/21(火) 22:49:46.58 ID:JD5cP0si0

いつみ「そこなんだよなー…」


天音「何がよ…」


いつみ「…アタシの武器ってガトリングじゃん?」


天音「…それが?」


いつみ「でも究極SRの時点でガトリングっぽくなくなっちゃってるんだよなー…」


真乃「URもガトリングの形をした大砲みたいになってますよね…」


いつみ「そのうえIfURもガトリングの影が薄いしさ…」


リョウコ「対してダメージを与えないうちに弾切れしちゃうもんね…」


いつみ「で、とどめはロケットパンチだよ…」


天音「何が言いたいのよ…」


いつみ「そのうえさ、他の人のIfURでもガトリングが出ちゃってさ…」


真乃「私のバイクにも付いてますね…」


リョウコ「私のヘリにも…」



243:1 2017/03/21(火) 22:50:24.39 ID:JD5cP0si0

天音「だから何が言いたいのよ…」


いつみ「アタシのアイデンティティってなんなんだろうってさ…」


リョウコ「話が重いよ…」


いつみ「アタシからガトリング要素を取ったらオカン気質と巨乳しか残らないと思うんだよね…」


真乃「充分では…?」


いつみ「だからアタシのEXRはお○ぱいミサイルなんじゃないかなって…」


天音「何言ってんの…?」フフフフ


真乃「何でお○ぱいミサイル…」フフフフ


リョウコ「どんな世界観のチャンネルから持ってきてるの…?」フフフフ


いつみ「さぁ…?」フフフフ


天音「EXRが生まれるような状況をお○ぱいミサイルで戦ってるとか…」フフフフ


いつみ「ある意味壮絶だよね…」フフフフ



244:1 2017/03/21(火) 22:51:20.96 ID:JD5cP0si0

いつみ「天音とは戦いたくなかったのに…、くらえ!お○ぱいミサイル!みたいな…」フフフフ


天音「最終決戦でそれやられたら多分あたし笑いながら負けるわ…」フフフフ


真乃「対人戦なら最強ですね…」フフフフ


リョウコ「オブリには効果なさそうだけどね…」フフフフ


リョウコ「…真乃ちゃんは自分のEXRはどんなだと思う?」


真乃「二丁拳銃は確定としてモニカさんとどう差別化をするかが問題ですね…」


いつみ「切実だな…」


真乃「ガン=カタもまなさんやノエルさんに先を越されてしまいましたし…」


天音「そういえばそうね…」


リョウコ「そういう点では私も同じ問題を抱えているんだよね…」


いつみ「射撃組は大変ですね…」



245:1 2017/03/21(火) 22:52:55.09 ID:JD5cP0si0

リョウコ「…逆に天音ちゃんといつみちゃんはどうすればいいと思う?」


いつみ「急に振られても…」


天音「…人間大砲とか?」フフフフ


真乃「それ砲撃組の役割だよね…」フフフフ


リョウコ「絶対アコさんのメモカだよ…」フフフフ


デデーン 東雲 アウトー


4人「!?」


リョウコ「えっ?ちょっ!?まっ!?」ビリビリ!!


天音「オブリは片付いたようね」


いつみ「そして訓練再開と」


真乃「気を引き締めていかないとですね」


リョウコ「天音ちゃんと真乃ちゃんも笑ってたよねっ!?」


天音「そこはあれよ…タイミングが悪かったのよ」


真乃「こればっかりは仕方ないですね」


いつみ「さっきまでの和気藹々とした雰囲気はどこへやら」



246:1 2017/03/21(火) 22:53:39.05 ID:JD5cP0si0

~現在PM6:00~


リョウコ「なんだかんだ一時間も戦ってたんだね」


天音「こっちはそんなに時間が経ったような気がしないけどね」


いつみ「だらけてた時間ほど短く感じるものなのさ…」


真乃「相対性理論ですね」


リョウコ「このやり取り、朝もやってなかった?」


ドア〈コンコン


天音「…ん?誰かしら?」


リョウコ「どうぞー」


ドア〈失礼します… ドアガチャ


ティエラ「…この度は誠に申し訳ごさいませんでしたっ!!!」 ズザー!


[入室と同時に土下座するティエラ]


天音「うわぁ…」


真乃「うわぁ…」


いつみ「うわぁ…」


リョウコ「うわぁ…」



247:1 2017/03/21(火) 22:58:25.84 ID:JD5cP0si0


ティエラ「何卒この件は時空管理局には…特にセレーネさんには内緒でお願いします…!」ズザー!


天音「土下座とかいらないから、さっさと顔を上げなさいよ…」


ティエラ「そうですか…?」スクッ


天音「フッ」


[ティエラの鼻の下にチョビ髭]


デデーン 全員 アウトー


天音「いい大人が何やってんのよっ!」ビリビリ!!


真乃「謝る気ないですよねっ!?」ビリビリ!!


いつみ「悪ふざけにもほどがあるわっ!」ビリビリ!!


リョウコ「ちゃんとしましょうよっ!」ビリビリ!!


ティエラ「…それから、この件のお詫び…というわけではありませんが、こちらをどうぞ」スッ


[動物のストラップ]


天音「これであたし達を買収出来るとでも思ってるの?」



248:1 2017/03/21(火) 22:59:32.25 ID:JD5cP0si0

いつみ「アタシ達は小学生かよ」


真乃「今日日、小学生だってこの程度では買収されないと思いますよ?」


ティエラ「買収じゃないですよ!?」


ティエラ「これは本来、午後5時からの授業で渡そうと思ってた物なんです!」


天音「じゃあ余計要らないわよ…」


真乃「禄な物じゃないのは確かだね」


ティエラ「そう言わずに…!」


リョウコ「もう受け取るだけ受け取って帰ってもらおうよ…」


天音「それもそうね…」ハァ…


ティエラ「皆さん先生の事嫌いなんですか?」


いつみ「嫌いではないですよ」


天音「嫌いではないわ…嫌いでは…ね」


ティエラ「あっ、もういいです、深くは聞かない事にします」



249:1 2017/03/21(火) 23:01:02.33 ID:JD5cP0si0

ティエラ「…はいっ、ということで」


真乃「今、編集点作りましたよね?」


いつみ「訓練の一部始終をDVDとかに編集して売りさばく気だ…」


天音「怖っ…」ドンビキ


ティエラ「そんな事しませんよ!」


リョウコ「フフッ」


リョウコ「3人は先生をなんだと思ってるのっ!?」ビリビリ!!


天音「…ポンコツ?」


いつみ「うん」コクン


真乃「ですね」コクン


ティエラ「ハイハイ、この話題は終わりです!もうストラップ配りますからちょっと静かにしててください!」



250:1 2017/03/21(火) 23:01:47.16 ID:JD5cP0si0

ティエラ「杏橋さんにはこちらっ!」


[黒猫のストラップ]


天音「…っ!…ま、まぁ貰ってあげてもいいわよ!」


いつみ(ちょろい)


ティエラ「李野田さんにはこちらっ!」


[柴犬のストラップ]


真乃「は、はぁ…どうも」


リョウコ「犬好きなの?」


真乃「いや、特別好きでは…」


ティエラ「棗さんにはこちらっ!」


[カモノハシのストラップ」


いつみ「えぇ…なんでカモノハシ?」


天音「オカン気質だから…?」


ティエラ「東雲さんにはこちらっ!」


[白熊のストラップ」


リョウコ「あっ、普通に可愛くて反応に困る…」


天音「…なんかそれだけ他と違って高そうな感じね」


いつみ「ブランド物?」



251:1 2017/03/21(火) 23:03:47.41 ID:JD5cP0si0

ティエラ「じゃあ先生もう仕事に戻りますから!皆様ごきげんよう!」ドアガチャ


天音「ごきげんようって…」


いつみ「…で、どーするよコレ」


リョウコ「そのままだとなくしちゃいそうだしパトリに付けといたら?」


真乃「そうですね」


天音「…そ、そうね!仕方ないけどなくしたら勿体ないものね!ええ!」


いつみ「誰に言い訳してんの?」


天音「さぁ、何の事かしら?」カチャカチャ


[パトリ端末にストラップを付ける4人]


天音「…なんか意外と邪魔ね」プラーン


いつみ「わかる」


リョウコ「携帯とか音楽プレイヤーとか…使い始めはストラップを付けたりするけど結局邪魔になって外しちゃうんだよね」


真乃「最終的に行き着くところはシンプル・イズ・ベストなんですよね」



253:1 2017/03/26(日) 13:45:16.91 ID:7i/r4fIQ0

天音「…まぁ、でも悪くないわ」プラーン


いつみ「天音、さっきから顔緩みまくりだから気をつけろよ?」


真乃「もう何mmか口角が上がったらアウトだからね?」


天音「分かってるわよ…」


神無木栞&ノエル「…」ドアガチャ


4人「!?」


リョウコ「また急に来たね!?」


栞「…」


ノエル「…」


天音「…またこれ、まっほーの流れじゃないの?」


栞「…」グッ!!


ノエル「…」 グッ!!


[ファイティングポーズをとる2人]


いつみ「なんでファイティングポーズ…」


栞「…」


ノエル「…」














栞「悲しいときー!」


ノエル「悲しいときー!」


リョウコ「懐かしっ」


天音真乃いつみ「?」



254:1 2017/03/26(日) 13:46:16.04 ID:7i/r4fIQ0

リョウコ「あれっ!?知らない!?」


天音「なに…?」


リョウコ「これは一昔前に流行った芸人さんのネタの一つで…」


いつみ「へぇ…?」


真乃「はぁ…?」


リョウコ「おぉ、ジェネレーションギャップ…」


栞「悲しいときー!」


ノエル「悲しいときー!」


栞「お互いの使命の為とはいえ、戦いたくない相手との戦闘を余儀なくされたときー!」


ノエル「お互いの使命の為とはいえ、戦いたくない相手との戦闘を余儀なくされたときー!」


いつみ「一言が長すぎてめっちゃ早口になってる」


天音「二人ともよく噛まずに言えるわね」


ノエル「悲しいときー!」


栞「悲しいときー!」



255:1 2017/03/26(日) 13:47:07.05 ID:7i/r4fIQ0

ノエル「ふとした瞬間にフェイの過去を垣間見てしまったときー!」


栞「ふとした瞬間にフェイの過去を垣間見てしまったときー!」


4人「うわぁっ…」


天音「そういうガチで悲しくなるやつはやめましょうよ…」


いつみ「うちも貧乏だけどさ、貧乏とかいう次元じゃなかったっぽいんだよな…」


真乃「…ただ、将来的にはそこから国の中枢まで登りつめるらしいですから凄いですよね」


リョウコ「努力したんだろうね…」


栞「悲しいときー!」


ノエル「悲しいときー!」


栞「浴衣用ヘアを後ろから見たら海老にしか見えなかったときー!」


ノエル「浴衣用ヘアを後ろから見たら海老にしか見えなかったときー!」



256:1 2017/03/26(日) 13:48:35.32 ID:7i/r4fIQ0

真乃「海老に見えなくもないですが!」


いつみ「ウチワエビっぽいよね」


天音「…なにそれ?」


いつみ「栞センパイの浴衣用ヘアみたいな形の海老」


リョウコ「禅問答になってるよ!?」


ノエル「悲しいときー!」


栞「悲しいときー!」


ノエル「故郷の名前を丁寧に言おうとして“おフランス”と言ったら笑われたときー!」


栞「故郷の名前を丁寧に言おうとして“おフランス”と言ったら笑われたときー!」


デデーン 杏橋 李野田 アウトー


天音「一気に胡散臭くっ!」ビリビリ!!


真乃「エセ外人みたいにっ!」ビリビリ!!


いつみ「おフランスとか言っちゃう人のチャランポラン加減って凄いよね」



257:1 2017/03/26(日) 13:52:24.36 ID:7i/r4fIQ0

リョウコ「悠水もそういう方に片足を突っ込んでるんだよねー…」


栞「悲しいときー!」


ノエル「悲しいときー!」


栞「あおいが色気づいてきたときー!」


ノエル「あおいが色気づいてきたときー!」


デデーン 杏橋 棗 東雲 アウトー


天音「なんで悲しいのよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「祝ってやろうよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「親友なんじゃないのっ!?」ビリビリ!!


真乃「親友の成長が寂しいんですかね…?」


ノエル「悲しいときー!」


栞「悲しいときー!」



258:1 2017/03/26(日) 13:53:31.07 ID:7i/r4fIQ0

ノエル「外国人の私が日本の言葉を日本人に教えなければならないときー!」


栞「外国人の私が日本の言葉を日本人に教えなければならないときー!」


リョウコ「うん、ノエルさんは時々よくわからない日本語を使ってくるからね」


真乃「この前は当たり前田のクラッカーって言ってましたね」


いつみ「その言葉の意味も使うシチュエーションもわかんないんだけど」


真乃「なんでも、“当たり前”と同じ意味で使う言葉らしいですよ」


天音「余分な部分が多すぎない?」



259:1 2017/03/26(日) 13:54:53.31 ID:7i/r4fIQ0

栞「悲しいときー!」


ノエル「悲しいときー!」


栞「ほたるちゃんが私とあおいの恋愛漫画を書いてたのを見てしまったときー!」


ノエル「ほたるちゃんが私とあおいの恋愛漫画を書いてたのを見てしまったときー!」


デデーン 棗 東雲 アウトー


いつみ「チームメイトをどういう目で見てるんだよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「って言うかそこは悲しいんだっ!?」ビリビリ!!


天音「だいぶ拗らせてるわね」


真乃「それを男性に置き換えはじめたら戻ってこれなくなりますね」


ノエル「悲しいときー!」


栞「悲しいときー!」



260:1 2017/03/26(日) 13:56:56.11 ID:7i/r4fIQ0

ノエル「エレベーターに閉じ込められる事が日常になりつつあるときー!」


栞「エレベーターに閉じ込めンフフフフ…」


デデーン 全員 アウトー


天音「あんたが笑っちゃダメでしょっ!?」ビリビリ!!


真乃「我慢してくださいよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「ノエルさんも諦めないでっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「それを日常と思っちゃダメだよっ!?」ビリビリ!!


天音「1人になっちゃうと閉じ込められちゃうのね…」


栞「フフッかな…悲しいときー!」


ノエル「悲しいときー!」


栞「和菓子の食べ過ぎで体重とウエストがえらい事になってしまったときー!」


ノエル「和菓子の食べ過ぎで体重とウエストがえらい事になってしまったときー!」



261:1 2017/03/26(日) 13:58:22.04 ID:7i/r4fIQ0

天音「あー…、さっき食べたけど、まぁー、あれはヤバいわ」


天音「もう絶っ対太るわ」


リョウコ「脂肪と糖の固まりみたいなものばっかりだからね」


いつみ「しかも美味しいし」


真乃「私達は主にエテルノでしか食べないので太ったりはしませんが、生徒会の皆さんは…」


栞「そう!本当っ…ヤバいのよ!」


ノエル「神無木さんっ!?」


デデーン 全員 アウトー


4人「絡んでこないでっ!」ビリビリ!!


栞「ちょっと聞いてもらえる!?」


天音「ネタに戻りなさいよ!」


栞「生徒会室に入るたびに和菓子食べてるのよ!?」


真乃「我慢したらいいのでは…?」


栞「夕依ちゃんの目を見て食べるのを断れると思う!?」



262:1 2017/03/26(日) 13:59:46.76 ID:7i/r4fIQ0

いつみ「わからなくはないですけど!」


栞「ただでさえ私はフィフス・フォースの中でも一番ウエストが太いって言うのに…」


リョウコ「栞さんと同じウエストの人は他にも居ますから気にしなくても…」


栞「このままじゃボンキュッボンがストンストンストーン!になっちゃうのよ!?」


デデーン 全員 アウトー


天音「知らんわぁっ!」ビリビリ!!


真乃「だから食べるの我慢しましょうってっ!」ビリビリ!!


いつみ「もう自業自得ですってっ!」ビリビリ!!


リョウコ「そこは夕依ちゃんに言ってくださいよっ!」ビリビリ!!


栞「というより夕依ちゃんはともかく、なんであおいもほたるちゃんもチカちゃんも太らないの!?」



263:1 2017/03/26(日) 14:01:32.18 ID:7i/r4fIQ0

栞「おかしくない!?」


リョウコ「…あおいさんは剣術の稽古をしてるからじゃないですか?」


天音「賢宮ほたるもバイトで日々駆けずり回ってそうだし…」


真乃「若月さん…は身体に脂肪がつきにくそうですし」


天音「真乃もそうだものね」


いつみ「後は運動かなー」


栞「なに!?反復横飛びもろくに出来ない私へのあてつけ!?」


栞「ハァー!?」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音「なんでキレてんのよっ!」ビリビリ!!


真乃「落ち着いてくださいっ!」ビリビリ!!


いつみ「もうなんなんですかっ!」ビリビリ!!


リョウコ「気持ちはわかるけどね」


ノエル「…神無木さーん?戻ってきてくださーい?」



264:1 2017/03/26(日) 14:02:34.53 ID:7i/r4fIQ0

栞「…あっ、そうね」


栞「取り乱してごめんなさいね」


ノエル「いえいえ」


栞「…コホン、では改めて」


栞「悲しいときー!」


ノエル「悲しいときー!」


栞「チカちゃんの説明だとチカちゃんのお兄さんが自称作家のニートにしか思えないときー!」


ノエル「チカちゃんの説明だとチカちゃんのお兄さんが自称作家のニートにしか思えないときー!」


デデーン 全員 アウトー


天音「言い方が悪いっ!」ビリビリ!!


真乃「失礼ですよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「チカの説明も悪いけどもっ!」ビリビリ!!


リョウコ「ニート以外にも色々な可能性があるでしょっ!?」ビリビリ!!



265:1 2017/03/26(日) 14:03:46.28 ID:7i/r4fIQ0

いつみ「毎日パソコンで小説を書いてるって言っても、毎日ずっとパソコンの前に居るとは限らないからな!?」


天音「というより、普通に学生なんじゃないの?」


リョウコ「年の離れた兄って言ってもチカちゃん中等部だからね」


真乃「高校生や大学生のお兄さんを年が離れた兄と呼ぶ事は変ではありませんからね」


天音「…まぁ、引きこもりという可能性もあるわけだけど」


いつみ「それは言うな…」


ノエル「悲しいときー!」


栞「悲しいときー!」


ノエル「夕日が沈むときー!」


栞「夕日が沈むときー!」



266:1 2017/03/26(日) 14:08:31.47 ID:7i/r4fIQ0

栞&ノエル「最後までお付き合いありがとうございました」ペコリ


天音「今ので終わったのね」


栞「以上は私、神無木栞と」


ノエル「私、ノエル=ジョーヌ=ベアールによるコンビ」


栞&ノエル「ぱっつんドリルの2人がお送り致しました」ペコリ ドアガチャ


デデーン 全員 アウトー


天音「何組漫才コンビ作る気なのよっ!?」ビリビリ!!


真乃「ド、ドリルふふふっ!」ビリビリ!!


いつみ「ぱっつんふふふっ!」ビリビリ!!


リョウコ「んふっ、んふふふっ!」ビリビリ!!


…………………
………………
……………
…………
………
……



267:1 2017/03/26(日) 14:10:42.89 ID:7i/r4fIQ0

~現在PM6:30~


ティエラ「入っていいですかー?」ドアガチャ


天音「そういう事は入る前に言いなさいよ」


いつみ「かあちゃんかよ」


リョウコ「フッ」


デデーン 東雲 アウトー


リョウコ「そういうお母さんもいるけどねっ!」ビリビリ!!


天音「…って言うか、ついさっき仕事があるからって出てったばかりよね?」


真乃「…えっ!?もう仕事終わったんですか!?」


ティエラ「そこで驚きますか!?」


いつみ「普段どんだけ仕事遅いんだよ…」


ティエラ「…えー、実はですね、体育館で緊急のミーティングがあるという事なので仕事の合間に皆様を迎えに来た次第でして…」


真乃いつみリョウコ「なっ…」ビクッ!!


天音「?]



268:1 2017/03/26(日) 14:22:35.70 ID:7i/r4fIQ0

天音「緊急ってなによ…」


ティエラ「詳しい内容は知りませんが…とにかく緊急だという事なので」


ティエラ「急いで体育館への移動をお願いします」


天音「あー、はいはい行きますよ…行けばいいんでしょ…」ガタッ


いつみ「あれか…」ガタッ


真乃「あれですね…」ガタッ


リョウコ「行きたくないなぁ…」ガタッ


天音「?」クビカシゲ


ティエラ「では皆様、体育館へ向かいますよー」ドアガチャ


4人「はーい…」


[体育館へ移動する4人とティエラ]


~体育館~ 


ティエラ「失礼します」ガララッ


天音「なんかいっぱいいるわよ…」


真乃「全員じゃないけどね…」


[体育館には既にフィフス・フォースとアザーズが整列済み]



269:1 2017/03/26(日) 18:46:02.41 ID:7i/r4fIQ0

ティエラ「…では皆様、こちらにお願いします」


[体育館の舞台前、最前列に立たされる4人]


ティエラ「あっ、順番は舞台を正面に見て左から東雲さん、棗さん、李野田さん、杏橋さんの順番でお願いしますね」


天音「はいはい…」


真乃いつみリョウコ「…」


天音「…なんかあんた達静かね」


真乃「うん…」


いつみ「まぁ…」


リョウコ「色々とね…」


天音「はぁ…?」


ティエラ「…では私は体育館の外にいますので後ほど」ガラララ


天音「いや、別に外にいかなくても…」


~♪ テレレ レレレ レーレレ レレーレレ レレー!


[BGM・急襲せしもの]


天音「そんで、なによこの音楽…」














居吹イミナ「ガッデム!!!!」



270:1 2017/03/26(日) 18:48:55.31 ID:7i/r4fIQ0

[レスラー(ヒール)+刑事のサングラス姿の伊吹イミナが舞台袖より登場]


真乃「よりにもよって…」ガタガタ!!


いつみ「やっぱりな…」ガタガタ!!


リョウコ「なんで居吹さん…」ガタガタ!!


天音「あんた達どうしたのよ…?」


イミナ「今回、お前達に集まってもらったのは…実はある隊員の持ち物が窃盗の被害にあったからだ!」


イミナ「そして…その窃盗犯はこの体育館の中にいる!」


天音「へぇ」


真乃いつみリョウコ「…」ガタガタ!!


天音「本当どうしたのよ…?」


イミナ「また、窃盗犯には共犯者がいた為、そいつから窃盗犯の特徴を聞き出す事に成功した!」


天音「ふぅん」


イミナ「その特徴というのは…」



271:1 2017/03/26(日) 18:50:33.78 ID:7i/r4fIQ0

イミナ「高等部一年で…」


天音「へぇ」


イミナ「ジャージ姿の…」


天音「…ん?」


イミナ「赤髪ツインテールだという事だ!」


天音「…えっ?」


デデーン 李野田 棗 東雲 アウトー


真乃いつみリョウコ「くくくくっ!」ビリビリ!!


天音「…」


イミナ「さて犯人はどこに…」キョロキョロ


イミナ「おっ…」チラッ


天音「…」メヲソラス


イミナ「…」ジー


天音「…」フシメ


イミナ「…おい、そこの青い奴」


天音「…真乃、呼ばれてるわよ」


真乃「ええっ!?」


イミナ「いや、その眼鏡じゃなくて青くて赤いお前に言ってるんだよ」



272:1 2017/03/26(日) 18:51:24.89 ID:7i/r4fIQ0

天音「…あたしですか?」


イミナ「そうだ、ちょっと舞台上まで上がってこい」


天音「いや、あたし窃盗犯じゃないですから嫌です」


イミナ「いいから上がってこいよ」


いつみ「行かないと終わんないから行ってこいって…」


真乃「冤罪ならなおさら行ってきて無実を証明しないと…」


天音「はぁ…わかったわよ…」トボトボ


[舞台上に上がる天音]


天音「あたしは何も盗んでないです」


イミナ「本当だな?」


天音「はい…って言うか、そもそも何が盗まれたのよ…」


イミナ「パンダグッズだ」


天音「あっ」














天音「田中ぁー!!!」


デデーン 李野田 棗 東雲 アウトー



273:1 2017/03/26(日) 18:52:36.87 ID:7i/r4fIQ0

真乃いつみリョウコ「んふふふっ!」ビリビリ!!


イミナ「では、少しお前の持ち物をあらためさせてもらう」ガバッ


天音「ちょっと待って!?」グッ


[天音のジャージのポケットに手を入れようとするイミナとそれに抵抗する天音」

 
イミナ「おい!窃盗犯じゃないなら抵抗するな!」


天音「ちょっと待ってって!」


イミナ「仕方ない…なら…」コチョコチョ


天音「うひひひっ!あっ!?」


[脇腹をくすぐられた天音」


デデーン 杏橋 アウトー


天音「今のは無しでしょーっ!?」ビリビリ!!


イミナ「この隙に…」スッ


天音「ちょっ…!」


イミナ「…これは!」


[天音のパトリ端末(パンダのイヤホンジャック付き)]



274:1 2017/03/26(日) 18:53:25.23 ID:7i/r4fIQ0

イミナ「お前が窃盗犯か!」


天音「これは違うの!」


天音「田中の奴に無理やり押し付けられたの!」


イミナ「それは本当か?」


天音「本当です!」


イミナ「…そういう事なら仕方ないな」


イミナ「まぁ、被害者も返してもらえればそれでいいという事だからな」


天音「よかった…」ホッ


イミナ「では返してもらうぞ…ん?」グイッ


イミナ「おい!取れないぞ!」


天音「あっ」


イミナ「さては取れなくなったから返せないって魂胆だな!」


イミナ「そんな奴には…鉄拳制裁だ!」


天音「待って待って待って!」



275:1 2017/03/26(日) 18:54:09.40 ID:7i/r4fIQ0

天音「暴力はやめましょうよ!」


イミナ「窃盗の罪をビンタ一発で勘弁してやるってだけだ!」


天音「だったら田中にビンタしなさいよ!」


イミナ「勿論、後で田中にもビンタするつもりだが…それはそれだ!」


イミナ「さっさと頬を差し出せ!」グイッ


天音「無理無理無理!」グッ


デデーン 李野田 棗 東雲 アウトー


真乃「諦めてよっ!」ビリビリ!!


いつみ「気持ちはわかるけどっ!」ビリビリ!!


リョウコ「抵抗しないでっ!」ビリビリ!!


イミナ「ほら!動くな!」ガシッ!!


天音「ちょっとマジふざけんじゃないわよ!」ジタバタ!!


[後頭部を掴まれて顔を動かせなくなった天音]


イミナ「覚悟は出来たな?」



276:1 2017/03/26(日) 18:55:22.95 ID:7i/r4fIQ0

天音「やだやだやだ!」ジタバタ!!


イミナ「いくぞ!」グワッ!!


[右手を振り上げるイミナ]


天音「いやぁー!」













舞台袖〈ちょっと待って下さい!!!


4人「!?」


イミナ「…君は!」












椿芽「その人は犯人ではありません!」


イミナ「窃盗被害者の美山椿芽じゃないか!」


天音「椿芽…?」ウルッ



277:1 2017/03/26(日) 18:57:11.96 ID:7i/r4fIQ0

イミナ「こいつが犯人じゃない?」


イミナ「しかしこいつはパンダグッズを…」


椿芽「違います!」


椿芽「そんな普通のパンダグッズではないんです!」


椿芽「私が盗まれたのはパンダグッズの中でも特に珍しいグッズ…」


椿芽「ハンパンナ兄弟のホワイトパンダのストラップです!」


イミナ「ホワイトパンダとは?」


椿芽「素人目には白熊に見えなくもない見た目をしていますが…とても珍しいパンダグッズなんです!」


リョウコ「!?」ビクッ!!


いつみ「まさかの展開」


イミナ「そうか…よし、お前は戻っていいぞ」


天音「あっ、はい…」トボトボ


真乃「無事でよかったね」


天音「生きた心地がしないわ…」フゥ…



278:1 2017/03/26(日) 18:58:39.54 ID:7i/r4fIQ0

イミナ「…しかし、これでは窃盗犯の手がかりが…」


椿芽「手がかりならあります!」


イミナ「…聞かせてもらおうか」


椿芽「はい!犯人の手がかりは…」















椿芽「バストが87cmの女性だという事です!」


リョウコ「」←B87


イミナ「なるほど…では、さっそく窃盗犯を探すとしよう」


リョウコ「ぁぁぁ…」ガタガタガタガタ!!


天音「尋常じゃないくらい震えてるのがいるんだけど…」


いつみ「イミナセンパイの強さを身近で見てきたからね」


真乃「その強さを知っているので余計に怖いでしょうね」



279:1 2017/03/26(日) 18:59:37.47 ID:7i/r4fIQ0

イミナ「よし、では…」スタスタ


[舞台から降り、4人の前に立つイミナ」


イミナ「お前のバストサイズは?」


天音「…81cmです」


イミナ「そうか…さっきはすまなかったな…」


天音「いえ…」


イミナ「では、次!」


真乃「私のバストサイズは…」


イミナ「いや、お前はいい、次!」


真乃「」


デデーン 杏橋 棗 アウトー


天音「扱いが酷いわねっ!」ビリビリ!!


いつみ「聞くまでもないってかっ!」ビリビリ!!


イミナ「お前のバストサイズは?」


いつみ「あっ、89cmです」


イミナ「デカいな…次!」


天音「サラッと何言ってんのよ」



280:1 2017/03/26(日) 19:01:21.88 ID:7i/r4fIQ0

リョウコ「…」ガタガタガタガタ!!


イミナ「お前のバストサイズは?」


リョウコ「ふへぇ!?」ビクッ!?


イミナ「フフッ…お前のバストサイズは?」


リョウコ「105cmです!」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音「嘘下手かっ!」ビリビリ!!


真乃「盛り過ぎですよっ!」ビリビリ!!


いつみ「デカ過ぎですってっ!」ビリビリ!!


イミナ「フフッ…105cmだと?」


リョウコ「はい!」


イミナ「嘘をつくなっ!」


リョウコ「本当なんです!」


イミナ「ハヅキよりデカいじゃないか!」


リョウコ「着痩せするタイプなんです!」


イミナ「フフッ」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー



281:1 2017/03/26(日) 19:02:30.78 ID:7i/r4fIQ0

天音「バカかっ!」ビリビリ!!


真乃「理由が苦し過ぎますっ!」ビリビリ!!


いつみ「18cmも縮みませんってっ!」ビリビリ!!


天音「って言うか仕掛け人が笑っちゃダメでしょ!?」


イミナ「もういい!とにかくこっちに来い!」グイッ!!


リョウコ「待って待って待って!」ググッ!!


[リョウコの制服の襟を掴んで舞台上に連れて行くイミナとそれに抵抗するリョウコ]


イミナ「往生際が悪いぞ!」グィッ!!


リョウコ「陽奈ちゃんだってバスト87cmじゃないですかぁ!」ズルズル


イミナ「そうなのか?」チラッ


陽奈「えっ!?あっ、はい!」ビクッ!


イミナ「じゃあお前もちょっと来い」


陽奈「ええっ!?」


天音「とんでもない所に流れ弾が…」



282:1 2017/03/26(日) 19:04:00.44 ID:7i/r4fIQ0

[舞台上にはイミナ・リョウコ・陽奈の3人が立つ事態に発展]


イミナ「…さて、現在エテルノに居る人物でバストサイズが87cmなのはお前ら2人だけだ」


イミナ「つまり…どちらかが窃盗犯という事になる」


イミナ「じゃあ2人とも持っている物を出してもらおうか」


陽奈「ほーい」ゴソゴソ


リョウコ「はい…」ゴソゴソ


いつみ「どうすんのかな?」


真乃「ストラップを持っている以上、陽奈さんを巻き込んだところでどうしようもなさそうですが…」


陽奈「…ん?」ゴソッ…


陽奈「なんかポッケに…」スッ


[白熊のストラップ]


陽奈「…ん?…えっ!?」


リョウコ「ええっ!?」


天音「まさかの展開」



283:1 2017/03/26(日) 19:06:08.87 ID:7i/r4fIQ0

イミナ「お前が窃盗犯かぁー!」


陽奈「いやいやちょっと待ってマジなにこれ聞いてないんだけどお姉ぇー!?」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音真乃いつみ「くふふふふっ!」ビリビリ!!


天音「…あー、もうめちゃくちゃ!」


イミナ「さっさと返すんだ!」


陽奈「は、はい!」スッ


イミナ「これがホワイトパンダか…白熊しか見えんな」


陽奈「陽奈は犯人じゃ…」ダラダラ


リョウコ「じゃあ私はこれで…」ソローリ


天音「自分のストラップの事は黙ってる気ね」


椿芽「あっ、これただの白熊ですね」


イミナ「そうか…じゃあもう1人の方が…おい!なに逃げてんだ!」ガシッ!!


リョウコ「ヒィィ!」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー



285:1 2017/03/31(金) 01:28:07.98 ID:UvzRhcoK0

天音「ほーらバチが当たったわよっ!」ビリビリ!!


真乃「陽奈さんの仕業にしようとするからっ!」ビリビリ!!


いつみ「声とか顔とか色々酷い事になってますよっ!」ビリビリ!!


イミナ「逃げるとは…お前が犯人か!」


リョウコ「違っ…違うんです…!」


イミナ「…じゃあ持ち物を見せられるな?」


リョウコ「それは出来ないです!」


イミナ「お前犯人だろ!」


リョウコ「違うんです!」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音真乃いつみ「往生際が悪いっ!」ビリビリ!!


イミナ「そっちがその気なら…せいっ!」シュッ!


リョウコ「えっ!?」


[貫手をリョウコの制服のポケットに差し込むイミナ]


天音「速っ!」


いつみ「怖っ!」



286:1 2017/03/31(金) 01:28:50.55 ID:UvzRhcoK0

イミナ「さて、ポケットには何が…」ゴソゴソ


イミナ「…むっ!」スッ


[リョウコのパトリ端末(白熊?のストラップ付き)」


イミナ「こいつは…?」チラッ


椿芽「…それっ!ホワイトパンダのストラップです!」


イミナ「やっぱりお前が犯人じゃねーか!」


リョウコ「違うんですぅぅぅぅ!」


イミナ「言い訳はもういい!窃盗の現行犯で鉄拳制裁だ!」グイッ!!


リョウコ「イヤァァァァァ!」ジタバタ!!


天音「うるさっ!」


イミナ「おい暴れるな!照準がブレるだろうが!」ガシッ!!


リョウコ「許してぇぇぇぇ!」ジタバタ!!


真乃「なんか哀れですね」


いつみ「アタシは自分があの立場にならなくて本当よかったよ…」



287:1 2017/03/31(金) 01:29:33.39 ID:UvzRhcoK0

イミナ「…なぁ、リョウコ」


リョウコ「何ですかぁぁぁ!」


イミナ「アタシ達は同じチームの仲間…だよな?」


リョウコ「えっ!?急になに!?」


イミナ「仲間…だよな?」


リョウコ「そうですけど…」


いつみ「ビンタしようとしてるけどな」


イミナ「仲間であるアタシは…リョウコがどのくらいまでなら平気かわかっているつもりだ」


リョウコ「…それって!」


天音「ちょっ!?手加減するつもり!?」


真乃「不公平ですよ!?」


いつみ「アタシ達が今までどんな目にあってきたと思ってるんだよ!?」


イミナ「外野は黙ってろ!」


イミナ「…だからな?リョウコ…」


イミナ「大人しく…受けてくれるな?」



288:1 2017/03/31(金) 01:30:17.85 ID:UvzRhcoK0

リョウコ「…信じてもいいんだよね?」


イミナ「…ああ!」


リョウコ「…わかった」


イミナ「ありがとう」


イミナ「じゃあそこに正座して目を瞑っていてくれ」


イミナ「大丈夫…すぐ終わるよ」


リョウコ「…うん」


陽奈「ねぇ、陽奈もう戻っても良い?」


イミナ「ああ、すまん忘れてた」


イミナ「戻ってもらってもかまわないぞ」


陽奈「ほーい」スタスタ


真乃「温度差」



289:1 2017/03/31(金) 01:31:05.53 ID:UvzRhcoK0

[舞台上で正座して目を瞑り、なぜか唇を突き出すリョウコ」


天音「なんでキス顔してんのよ?」


いつみ「まぁ、さっきのイミナセンパイ格好良かったからね」


いつみ「ちょっとドキドキしちゃったんだろうね」


真乃「ドキドキ+目を瞑る=キスですか」


天音「バカなの?」


イミナ「覚悟はいいな!」


リョウコ「お願いします!」


いつみ「ついにお願いしますとか言い出しちゃったよ」


天音「バカなの?」


イミナ「いくぞ!」


リョウコ「どうぞ!」


真乃「急に受け身になりすぎでは?」


天音「バカなの?」



290:1 2017/03/31(金) 01:33:41.12 ID:UvzRhcoK0

イミナ「せいっ!」ブンッ!!!!


リョウコ「ぶぶかっ!?」バシーン!!!!


リョウコ「う゛っ!」ゴロゴロゴロゴロ…ドスン!!


イミナ「やっべ…!」


[ビンタの衝撃で舞台から転がり落ちたリョウコ]


リョウコ「……っ!っ!」ビターン!ビターン!


「体育館の床でのたうち回るリョウコ]


天音「…フッ」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音「ちょっと大丈夫なのっ!?」ビリビリ!!


真乃「衝撃映像でしたよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「びっくりしたっ!」ビリビリ!!


天音「あまりに衝撃的すぎて笑っちゃったわよ」


真乃「池田屋事件みたいだったよね」


いつみ「って言うかイミナセンパイが小さく“やっべ”って言ったのが…」



291:1 2017/03/31(金) 01:35:06.64 ID:UvzRhcoK0

天音「転がり落ちるのは想定外だったんでしょうね」


真乃「今もちょっと焦ってますからね」


イミナ「あー、リョウコ…?大丈夫かー…?」


リョウコ「……っ!っ!」ビチビチ!!


いつみ「陸に打ち上げられた魚のようになってる」


イミナ「と、とりあえず元気そうだな!うん!…ガ、ガッデム!」ソソクサ


[素早く舞台袖へと掃けるイミナ]


天音「あれ絶対後で謝ってくるわよ」


いつみ「だろうね」


リョウコ「………っ!」ビクン!!


リョウコ「…みぅぅぅぅ…!」クルン!!


[床で寝たまま膝を抱えて丸まるリョウコ]


天音「なにちょっと可愛い感じになってるのよ…」


真乃「寒い時の猫みたいだよね」


いつみ「天音撫でてきたら?」



292:1 2017/03/31(金) 01:36:45.50 ID:UvzRhcoK0

天音「あんな目が血走った猫、撫でたくないわよ…」


いつみ「ホントだ、人間を信用出来ない野生動物みたいな目だ」


真乃「もう何も信じられないという目をしてますね」


リョウコ「みぅぅぅぅ…!」フシャー!


いつみ「大丈夫…怖くない怖くない…」ソローリ


[リョウコに近づくいつみ]


リョウコ「…ニンゲン…カエレ…!」


天音「フフフフ」


デデーン 全員 アウトー


天音「案外余裕あるじゃないっ!」ビリビリ!!


真乃「ノリ良過ぎですよっ!」ビリビリ!!


いつみ「まさかノってくるとはっ!」ビリビリ!!


リョウコ「変なことやらせないでよっ!」ビリビリ!!


天音「…って言うか割と大丈夫そうでよかったわね」


リョウコ「大丈夫じゃないよっ!」



293:1 2017/03/31(金) 01:38:39.81 ID:UvzRhcoK0

リョウコ「顔がカワハギみたいに縦にギュッてなったかと思ったよっ!」


リョウコ「それに腰も痛いしっ!」


真乃「背中から落ちましたからね」


リョウコ「なんでこんな目に…」


いつみ「本当にね」


天音「…そういえばなんで白熊の…じゃない、パンダのストラップを先生から貰ったって言わなかったの?」


リョウコ「えっ?」


天音「あたしみたいに見逃してもらえたかもしれなかったのに…」


リョウコ「あっ…」


真乃「でもあの時、体育館に先生は居ませんでしたからどのみち…」


ティエラ「ミーティング終わりましたかー?」ガラララ


いつみ「タイミング悪っ」


天音「だから外に出てたのね…」



294:1 2017/03/31(金) 01:39:36.89 ID:UvzRhcoK0

ティエラ「…はいっ、じゃあミーティングも終わったようなので部屋に戻りますよー」


4人「はーい…」ガラララ


[体育館から出る4人]


~廊下~


真乃「そういえば陽奈さんのストラップは何だったんでしょうね」


いつみ「誰が仕込んだんだろうな」


リョウコ「あー、舞台上から見えたんだけど小織ちゃんがね」


リョウコ「陽奈ちゃんを見て肩を震わせてたから多分小織ちゃんの仕業なんじゃないかなーって」


天音「あの降神小織が?」


リョウコ「顔は無表情なのに肩がプルプルしてたよ」


いつみ「イタズラっ子可愛い」


????「…」スタスタ グキッ!


天音「…ん?向こうから誰か…」


????「…」スタスタ グキッ!



295:1 2017/03/31(金) 01:41:39.58 ID:UvzRhcoK0

シャルロッテ・ヴァイス「…むっ、キサマらミーティングはもう終わったデス?」スタスタ グキッ!


[厚底50cmのシークレットブーツを履いたシャルロッテ]


リョウコ「うわっ!?」ビクッ!?


天音「でっか!?」ビクッ!?


デデーン 李野田 棗 アウトー


真乃「何事ですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「盛りすぎだろっ!?」ビリビリ!!


天音「めっちゃビビったわよ!?」


リョウコ「びっくりだよね!?」


いつみ「あー、びっくりした…」


真乃「あれでよく歩けますよね」


天音「三歩毎にグキッ!ってなってるけどね」


いつみ「って言うか頭身が凄い事に…」


リョウコ「1人だけキャプテン翼の世界みたいな頭身になってるもんね」



296:1 2017/03/31(金) 01:43:24.86 ID:UvzRhcoK0

シャルロッテ「…」ズーン!


いつみ「しっかしデカいなぁ…」


真乃「威圧感凄いですよね」


リョウコ「ターニャちゃんよりおっきくなっちゃってるし」


天音「2Mはあるんじゃない?」


シャルロッテ(199.9cm)「朝測れば200センチデス!」ドヤァ…!!


デデーン 全員 アウトー


天音「やかましいわっ!」ビリビリ!!


真乃「デカすぎですってっ!」ビリビリ!!


いつみ「朝測ったら149cmだろうがっ!」ビリビリ!!


リョウコ「靴脱いで計ろうよっ!」ビリビリ!!


天音「200センチデス!って言った時のどや顔ムカつくわね…」


シャルロッテ「…で、ミーティングはもう終わったデス?」


いつみ「とっくに終わって帰るところだよ」



297:1 2017/03/31(金) 01:44:57.36 ID:UvzRhcoK0

シャルロッテ「むぅ、やはり間に合わなかったデス…」スタスタ グキッ!


真乃「でしょうね」


天音「そのペースで歩いてたら間に合わないに決まってるじゃない」


シャルロッテ「では、さらばデス!」スタスタ グキッ!


いつみ「良く倒れないよね」


シャルロッテ「…」スタスタ グキッ!


リョウコ「凄いバランス感覚」


シャルロッテ「…あっ」スタスタ グキッ! グラッ!


天音「やっぱり倒れー」


ターニャ「!」ガタン!


[天井裏からターニャ登場]


天音「どこから出て来てんのよ!?」


いつみ「忍者かよ!?」


ターニャ「っ!」シュバッ!! ガシッ!!


[倒れかけるシャルロッテの身体を両手で支えるターニャ]


真乃「間一髪でしたね」



298:1 2017/03/31(金) 01:46:32.60 ID:UvzRhcoK0

天音「なんかピサの斜塔を支える人みたいになってるわね」


いつみ「ここは俺に任せて先に行け!みたいなやつね」


ターニャ「…人という字は!」ググッ


シャルロッテ「人と人とが支え合って出来ている…デス!」ドヤァ…!!


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音「だからムカつく顔するんじゃないわよっ!」ビリビリ!!


真乃「シャルロッテさんが一方的に支えられてるだけですよっ!」ビリビリ!!


いつみ「もはや人っていうかカタカナのイだよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「もうシャルロッテさん浮いてるよね」


ターニャ「では失礼します」スタタッ!!


シャルロッテ「デス!」プラーン


[シャルロッテを持ち上げたまま立ち去るターニャ]



299:1 2017/03/31(金) 01:47:34.44 ID:UvzRhcoK0

天音「重量挙げのごとく持ち上げたまま去っていったわね…」


リョウコ「いくらシャルロッテさんが小柄だといってもターニャちゃん凄い力持ちだよね」


いつみ「しかもメモカ補正無しの素であれっていうね」


真乃「末恐ろしいですね」

……………
…………
………
……



~待機部屋前の廊下~


ティエラ「…では、何かあればまた呼びに来ますので」ペコリ


[待機部屋前の廊下で4人と分かれるティエラ]


真乃「だんだん適当になってません?」


天音「あいつ、元から適当よ?」ドアガチャ


~待機部屋~


モニカ・ブルーアッシュ「おっ、みんなお疲れー」


[エマニエルチェアに座ってブランデーグラスを傾けるモニカが待機部屋に]



300:1 2017/03/31(金) 01:52:16.75 ID:UvzRhcoK0

天音「…もう色々突っ込みたいところがあるけど先ずはこれを聞くわ」


天音「なんで居るの!?」


モニカ「いやー、天の声って、ぶっちゃけ暇でさー」


モニカ「そんなこんなで来ちゃったんだよねー」


天音「説明を端折るな!」


モニカ「そこはまぁ、フィーリングで感じ取ってもらえればなーって」


天音「あんた何もかもフワッフワしてるわね!」


真乃「…で、その椅子は?」


モニカ「ああ、コレ?なんか道に落ちてたからもったいないなーって」


デデーン 棗 東雲 アウトー


いつみ「粗大ゴミじゃんっ!」ビリビリ!!


リョウコ「拾ってきちゃダメだよっ!?」ビリビリ!!


天音「なにやってんのよ…」



301:1 2017/04/01(土) 19:10:11.28 ID:Kjbelkev0

天音「…で、あとその馬鹿でかいブランデーグラスは何なの?」


いつみ「金魚飼えそう」


モニカ「まぁ、本家リスペクト的なあれだよね」チャプン


リョウコ「そのグラスの中身…まさかお酒じゃないですよね?」


真乃「色はブランデーみたいな茶色ですが…」


モニカ「大丈夫、大丈夫、お酒なんて飲むわけないじゃん」


モニカ「これゴマ油だから」


デデーン 全員 アウトー


天音「なに入れてんのよっ!?」ビリビリ!!


真乃「飲み物ですらないんですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「なんでだよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「斜め上過ぎるよっ!?」ビリビリ!!


モニカ「いやー、フェイに教えられてからハマっちゃってねー」



302:1 2017/04/01(土) 19:11:08.63 ID:Kjbelkev0

モニカ「欧米には無い独特な香りと風味だよね」スンスン


いつみ「だからってグラスに入れなくても…」


モニカ「そうそう、フェイと言えば…フェイから4人に何か言うように頼まれてたっけ」


モニカ「まぁ、何言うか忘れちゃったからいいや」


リョウコ「いいの!?」


真乃「適当すぎませんか?」


天音「…もう一つ聞きたいんだけど」


モニカ「なになに?」


天音「笑ったかどうかの判断とかアナウンスって今どうなってるの?」


モニカ「それなら今まで通り、アタシがしてるよー」リモコン スッ


天音「…そう」


モニカ「笑ってもお咎め無しだと思った?残念でしたー」


天音「…」イラッ



303:1 2017/04/01(土) 19:11:50.73 ID:Kjbelkev0

モニカ「そういえばさ、今日はみんな色々痛い目に合ってきたけど、何が一番キツかった?」


天音「蟹」


真乃「タイキックですね」


モニカ「ほうほう」


いつみ「ヌメヌメしたもの」


リョウコ「さっきのビンタ」


モニカ「へぇー」


モニカ「ふーん…」


モニカ「…デデーン!全員タイキックー!」


4人「!?」


モニカ「あはは、冗談じょーだん」


天音「マジでシバくわよ!?」


真乃「心臓バックバクですよ!?」


いつみ「めっちゃビビったー!」


リョウコ「たちが悪すぎるよ!」


モニカ「あはは、みんな、怒りと安堵の混ざり合った良い表情してるねー」パシャパシャ!


[パトリで撮影するモニカ]


天音「撮るな!」



304:1 2017/04/01(土) 19:12:47.31 ID:Kjbelkev0

モニカ「…さて、一通り楽しんだことだし、そろそろ戻ろっかなー」スクッ


モニカ「じゃあ、訓練ももう少しだしみんな最後まで頑張ってねー」ドアガチャ


天音「椅子!!!」


いつみ「置いてっちゃうんだ!?」


真乃「場を掻き回すだけ掻き回して去っていきましたね」


リョウコ「しかも対して笑わせにこなかったし」


天音「本当にただの退屈しのぎだったんでしょうね」


いつみ「そういえばそろそろ7時かぁ」


真乃「そろそろ夕食の時間ですかね」


リョウコ「また悠水が来るのかな?」


天音「…今のうちに牛乳を用意しておこうかしら」


いつみ「あらかじめ飲んでおいた方が良いかもね」


天音「…そうね」レイゾウコ ガチャ



305:1 2017/04/01(土) 19:13:40.87 ID:Kjbelkev0

フェイ・リー「!」ブルブルブル!!


天音「!?」ビクッ!


[冷蔵庫にフェイ]


フェイ「…」ガチガチガチ!!


天音「…フッ」


デデーン 杏橋 アウトー


天音「何やってんのよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「えっ!?なに!?」


真乃「何事ですか!?」


リョウコ「どうしたの!?」


天音「冷蔵庫にコイツが…」


フェイ「ひひひ冷やしフェイちゃんですっ!…ぶぇっくしょん!」クシュン!


デデーン 全員 アウトー


天音「馬鹿じゃないのっ!?」ビリビリ!!


真乃「無茶しすぎですよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「身体張りすぎだってっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「大丈夫っ!?」ビリビリ!!


フェイ「死ぬかと思った」


真乃「唇真っ青ですよ?」



306:1 2017/04/01(土) 19:14:51.48 ID:Kjbelkev0

リョウコ「いつから冷蔵庫の中に入ってたの?」


フェイ「4人がロッティと会ってた時からだから…15分くらいかな…」クシュン!


いつみ「こんなおとなしいフェイ初めて見たよ…」


フェイ「まぁね…」


天音「テンションだだ下がりじゃない…」


真乃「たまたま天音が開けたから良かったものの…」


モニカ「あー、言い忘れてたけど冷蔵庫の中に…」ドアガチャ


天音「フェイが入ってるって言うんでしょ!?」


モニカ「そうそう…ってよくわかったね?もしかしてエスパー?」


天音「違うわよ!」


フェイ「ちょっとモニカ!?4人が帰って来たら冷蔵庫を開けるよう誘導してって言ったでしょ!?」プンスカ!!


モニカ「ごめんごめん」



307:1 2017/04/01(土) 19:15:38.99 ID:Kjbelkev0

モニカ「じゃあそういう事でー」ドアガチャ


フェイ「おい!」


天音「なに?アマンドにはマトモなやつは居ないの?」


フェイ「プディングだってツンデレ・眼鏡・オカン・スポーツバカ・不思議ちゃんとか変人の集まりでしょ!?」


天音「誰がツンデレよ!」


真乃「眼鏡で変人扱いしないでください!」


いつみ「オカンも変人要素ないだろうが!」


いつみ「っていうか遥の扱い悪いな!」


天音「あれはあれでチームの役に立ってるのよ!バカだけど!」


真乃「バカは否定してあげようよ」


リョウコ「紗々ちゃんの不思議ちゃんには誰も否定しないの?」


天音「不思議ちゃんくらいの表現ならまだ可愛いもんだから…」



308:1 2017/04/01(土) 19:16:55.29 ID:Kjbelkev0

いつみ「不思議ちゃんという表現では推し量れない何かがあるからね」


真乃「桃川さんは色々な意味で大物ですからね」


天音「感性はヤバいけどね」


リョウコ「みんなの話を聞いてるとベガが一番マトモな気がしてくるよ」


フェイ「いやいやベガなんか痴女、元ヤン、イケメン、情報屋、オール3っていう変人の見本市でしょ」


リョウコ「そうだね」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音「そこは否定しなさいよっ!?」ビリビリ!!


真乃「チームメイトの紹介がそれでも良いんですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「特にハヅキさんっ!」ビリビリ!!


リョウコ「正直ハヅキさんは姉御より痴女の印象が濃いんだよね」


リョウコ「胸揉まれるし」



309:1 2017/04/01(土) 19:17:41.82 ID:Kjbelkev0

真乃「あの87cmの胸をですか」


いつみ「今日何回も聞いたから覚えちゃったよね、87cm」


天音「で、あんたのオール3って紹介はなんなの?87cm」


リョウコ「胸の大きさで呼ばないでもらえるかな!?」


リョウコ「…オール3っていうのは成績とか5段階評価のもので3しか取れないって事だよ」


いつみ「逆に凄くないですか?」


真乃「長所も無いけど短所も無いって事ですからね」


天音「まあ、この先なんにでもなれる可能性があるって事よね」


リョウコ「それと同じ事モルガナにも言われたよ」


天音「今の無しで」


フェイ「ぶぇっくしょん!」クシュン!


天音「もう帰ったら?」


フェイ「そうする…」



310:1 2017/04/01(土) 19:19:19.44 ID:Kjbelkev0

フェイ「じゃあ、わたしも…」


フェイ「態度だけデカいチビ」


フェイ「金髪ドリルお嬢様」


フェイ「ウェーイ系田舎娘」


フェイ「純朴わがままボディ」


フェイ「それと黒髪美少女の居るチームのところに帰るね」ドアガチャ


デデーン 全員 アウトー


天音「あんたのチームが一番トンチキじゃないっ!」ビリビリ!!


真乃「一部に悪意がありますよっ!」ビリビリ!!


いつみ「ちゃっかり自分の事は黒髪美少女とか言っちゃってるしっ!」ビリビリ!!


リョウコ「他のチームに変人の集まりとか言えたもんじゃないよっ!」ビリビリ!!


……………
…………
………
……



311:1 2017/04/01(土) 19:21:00.55 ID:Kjbelkev0

~現在PM7:00~


天音「…だからね?ブサカワな猫より普通に可愛い猫の方がいいのよって」


いつみ「顔がクシャッってなった猫もアタシは嫌いじゃないけどなー」


真乃「エキゾチックショートヘアとかですか」


いつみ「そうそう、それ」


天音「あたしだって嫌いじゃない…むしろ好きだけどそういうのばかりメディア露出が多いのもどうかと思うのよ」


天音「猫好きとしては」


リョウコ「もう天音ちゃん、猫好きを隠すつもりないよね?」


天音「なんか開き直ったら楽になっちゃったわね」


真乃「訓練の成果?」


いつみ「というかみんな薄々気付いてると思うけどね」


リョウコ「そうそう…」


悠水「ボンソワール!」ドアガチャ



312:1 2017/04/01(土) 19:21:44.23 ID:Kjbelkev0

天音「…出たわ」


真乃「…出ましたね」


いつみ「…出たよ」


リョウコ「…夕食…だよね?」


悠水「ビストロ・サジマ、ディナータイムのお時間ですよぉ!」


4人「…ハァ…」


悠水「ヘイヘイ!テンション低いぞぉ!マドモワゼル達ぃ!」


リョウコ「もう料理だけ置いて帰ってくれないかな?」


悠水「リョウコちゃん!?」


天音「フフッ」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音「親友だからって毒舌すぎよっ!」ビリビリ!!


真乃「そう言いたくなるのはわかりますがっ!」ビリビリ!!


いつみ「ぶっちゃけ帰ってほしいですけどっ!」ビリビリ!!


リョウコ「…本当にね、この時間の面倒くさい悠水は疲れるから帰ってくれないかな?」



314:1 2017/04/02(日) 21:03:33.12 ID:pxdOUwHr0

悠水「まだ言うかこの野郎!」


いつみ「野郎じゃないけどね」


悠水「行事毎にお弁当とかお菓子とかおケーキとか作ったら喜んで食べてくれるじゃない!」


天音「おケーキって」


真乃「おフランス的な胡散臭さが」


リョウコ「それはいつもありがとね」


リョウコ「でもそれはそれだから」


悠水「そりゃないぜ!リョウコちゃ~ん!」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音「何で急にルパンよっ!」ビリビリ!!


真乃「何故モノマネっ!」ビリビリ!!


いつみ「上手いしっ!」ビリビリ!!


リョウコ「そういうところが疲れるって言ってるんだよ!」


悠水「仕方ないじゃん!こういう芸風なんだからさぁ!」


天音「性根から芸人なのね」



315:1 2017/04/02(日) 21:04:20.56 ID:pxdOUwHr0

悠水「…えー、じゃあモノマネやりまーす」


リョウコ「この流れで強行するの!?」


いつみ「メンタル凄いな!?」


天音「さっきモノマネしたばっかりじゃない!」


真乃「どういう精神力してるんでしょうね」


悠水「えー、私の部屋にあったお掃除ロボットをモシュネちゃんと間違えるリョウコちゃんのモノマネ」


リョウコ「ちょ!?」


デデーン 杏橋 李野田 アウトー


天音「タイトルで笑わせにくるんじゃないわよっ!」ビリビリ!!


真乃「そのタイトルはズルいですってっ!」ビリビリ!!


いつみ「あー、もうこれ絶対面白いやつだよ」


悠水「モノマネいきまーす!」


悠水「…コホン、お邪魔しまーす」


リョウコ「そこから!?」



316:1 2017/04/02(日) 21:04:54.51 ID:pxdOUwHr0

悠水「悠水の部屋、意外と綺麗だね」


悠水「ははは、君の方が綺麗だよ」


悠水「そういうのいいから」


悠水「おっと、ご機嫌ななめかな?子猫ちゃん」


天音「プライベートで二人っきりでもこの鬱陶しさなの!?」


リョウコ「そうなんだよね…」


悠水「じゃあお台所からお紅茶とおケーキ取ってくるからお待ちになっておくんなまし」


悠水「おが多いよ!」


デデーン 杏橋 棗 アウトー 


天音「ウザすぎるっ!」ビリビリ!!


いつみ「普段からこんな会話してんのっ!?」ビリビリ!!


真乃「もはや日常が漫才なんですね」


リョウコ「本っ当疲れるんだよ…」


天音「逆に何で親友やってるのか不思議になってきたわ」



317:1 2017/04/02(日) 21:05:40.35 ID:pxdOUwHr0

リョウコ「まあ、なんだかんだ一緒に居ると楽しいからね」


悠水「えっ?なんだって?」ニヤニヤ


リョウコ「モノマネ、再開」


悠水「イエス、マム」


天音「どういう力関係なの?」


悠水「はい、お待たせ!お紅茶とおケーキとおフォークとおマドラー!」


悠水「だからおが多いよ!」


悠水「お紅茶にはお砂糖とおミルクをお入れになっておマドラーでおかき混ぜになっておくんなまし」


悠水「しつこい上にさっきとネタ被ってるよ!」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー 


天音「突っ込むところそこっ!?」ビリビリ!!


真乃「ネタ被りを突っ込むんですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「もう芸人にされかけてるよっ!」ビリビリ!!



318:1 2017/04/02(日) 21:06:21.41 ID:pxdOUwHr0

リョウコ「このままなし崩し的に芸人コンビにされたらどうしようかなぁ…」


天音「今と対して変わらないんじゃないの?」


真乃「アマチュアがプロになるくらいしか違わないですよね」


いつみ「それはそれで将来は安泰だろうけどね」


リョウコ「その永久就職先は勘弁してほしいなぁ…」


悠水「…あっ、このケーキ美味しい」


悠水「そうだろうそうだろう!」


悠水「本当悠水は料理の才能あるよね…なんかムカつく」


悠水「リョウコちゃん!?」


天音「普段からこの扱いなのに態度を改めないメンタル凄いわね」


悠水「掃除機ウィーン!」


悠水「…あれ?モシュネちゃん?」


悠水「まぁー、そんなところかな」



319:1 2017/04/02(日) 21:07:23.08 ID:pxdOUwHr0

悠水「モシュネちゃーん?ガバッ!」


悠水「あれ、なんかいつもよりメカメカしいな…ってこれロボット掃除機じゃーん!」


悠水「うーんナイスノリツッコミ!」


悠水「コラー!」


悠水「えー、以上リョウコちゃんのモノマネでした」


いつみ「もう二人とも芸人だよ」


真乃「時すでに遅しですね」


リョウコ「いやいやいや!?」


悠水「じゃあやることやったし夕食持ってくるね!」ツヤツヤ


天音「やりきった感凄いわね」


いつみ「えらい満足気な表情」



320:1 2017/04/03(月) 22:57:02.69 ID:s/faAXAr0

悠水「へーい!お待ちどーん!」ガラガラガラ


[大量の料理が乗ったキッチンワゴンを押してきた悠水]


天音「なんか見たことの無い料理があるんだけど…」


悠水「本日の夕食はターニャちゃんと合作したロシア料理まみれでございます!」


いつみ「まみれって」


リョウコ「…で、何をすれば食べられるのかな?」


悠水「ああ、夕食はそういうの無いからみんな存分に味わって食べてね!」


悠水「あっ!でも夜8時までには食べきっておくようにってさ!」


真乃「まだ何かする気なのですね…」


いつみ「まぁ、でも何時間かぶりにゆっくり出来そうだね」


悠水「ではメニューの紹介をさせていただきます!」



321:1 2017/04/03(月) 22:57:59.13 ID:s/faAXAr0

悠水「ターニャちゃんのお袋の味!ロシアの定番煮込み料理のボルシチ!」


天音「定番ね」


悠水「具だくさん!ロシア版水餃子ともいえるペリメニ!」


いつみ「へぇー、そんなのあるんだ」


悠水「マイナーだけど美味しい!ロシア版ミートボールのヨージキ!」


真乃「初めて見ますね」


悠水「ロシアのファストフード!お肉と肉汁たっぷりのピロシキ!」


リョウコ「肉まんみたいで美味しいよね」


悠水「主食にはライスとパンの両方を用意したから好きな方をどうぞ!」


天音「へぇ、なかなか美味しそうじゃない」


悠水「あと飲み物にボンカレーね!」ゴトン!!


[ボンカレー入りの蓋付きタンブラー×4」


デデーン 全員 アウトー



322:1 2017/04/03(月) 22:58:39.53 ID:s/faAXAr0

天音「カテゴリーそこっ!?」ビリビリ!!


真乃「カレーが飲み物なのは一部の方々だけですよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「だからカレーはロシア料理じゃないってっ!」ビリビリ!!


リョウコ「何でタンブラーに入れちゃったのっ!?」ビリビリ!!


悠水「保温性が高いからね」


天音「タンブラー重っ…!」ズシッ!


いつみ「タンブラーらしからぬ重さになっちゃってるよ!」ズシッ!


リョウコ「悠水これ並々まで入れたでしょ!?」ズシッ!


悠水「大は小を兼ねるって言うからね」


真乃「これ500mlぐらい入ってますよね!?」ズシッ!


悠水「もうタンブラー!っていうよりダンベルー!って感じだよね!」


デデーン 杏橋 棗 アウトー



323:1 2017/04/03(月) 22:59:16.17 ID:s/faAXAr0

天音「何言ってんのっ!?」ビリビリ!!


いつみ「言い方だけだよっ!」ビリビリ!!


天音「…あーもう!本当くだらない!くだらないけど面白いのがなおムカつく!」


悠水「いやいや、それほどでも~」


天音「褒めてないわよ!」


真乃「天音、ツッコミの反応速度が速くなってきてるよ」


リョウコ「天音ちゃんも悠水に毒されてきたね」


悠水「どーする?わたしとリョウコちゃんと天音ちゃんでトリオ組んじゃう?」


天音「マジで勘弁してください」


いつみ「必死」


リョウコ「私も組まないからね!?」


悠水「トリオ名は3人の名前から取って“りのまの”でどうかな?」


デデーン 全員 アウトー



324:1 2017/04/03(月) 23:00:03.67 ID:s/faAXAr0

天音「真乃と被ってるじゃないのよっ!」ビリビリ!!


真乃「紛らわしすぎですよっ!」ビリビリ!!


いつみ「その名前だったら天音いらなくないっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「私の“の”だけ二個もつかわないでよっ!」ビリビリ!!


悠水「キュイジニエール・ネコ・ネコババっていうのも考えたんだけど語呂がね…」


リョウコ「やめて!?」


天音「語呂とかいう問題じゃないから!」


いつみ「ネコババって…」


リョウコ「100円拾っただけだからね!?」


真乃「 少額でも拾得物横領罪になりますから一応交番に届けましょうね」


リョウコ「あ、うん、ごめんなさい…」


悠水「後輩から説教されてやんの」プププ


リョウコ「」カチン



325:1 2017/04/03(月) 23:01:24.92 ID:s/faAXAr0

リョウコ「…えー、じゃあ珍しくスベった時の悠水のモノマネしまーす」


悠水「リョウコちゃん!?」


天音「怒らせたらヤバい人なのね」


リョウコ「シュ・ラ・ス・コ・イエイ!」


リョウコ「何つってね!」ドヤァ…!


リョウコ「あ、うん、シュラスコ切ってるだけですよー…」シュン…


リョウコ「ちょっと遥ちゃんっぽく言ってみたかっただけですよー…」


リョウコ「伝わり辛かったかな…」ボソッ…


悠水「やめてぇー!」


デデーン 杏橋 棗 アウトー


天音「伝わんないわよっ!」ビリビリ!!


いつみ「よろしくイエイ!を知らないとただの陽気な人だよっ!」ビリビリ!!


真乃「知ってても笑うほどじゃないですけどね」


悠水「グハッ…!」



326:1 2017/04/03(月) 23:02:27.33 ID:s/faAXAr0

いつみ「今の言葉は効いたみたいだね」


リョウコ「面白くない・笑えない等の言葉は悠水にとってクリティカルな言葉だからね」


真乃「もう芸人ですよね?」


悠水「…じゃあ帰るから」


天音「めっちゃダメージ受けてるじゃない」


悠水「くそぅ…これで勝ったと思うなよー!」ドアガチャ
    

廊下〈アドゥー!アドゥー!アトゥ…


いつみ「セルフエコーやってるよ…」


真乃「取って付けたようなフランス要素ですね」


天音「結局フランス料理は一品も出なかったわね」


リョウコ「…じゃあ食べよっか」


天音「そうね」


4人「いただきます!」



327:1 2017/04/04(火) 23:50:55.39 ID:tKIPQCRV0

~食事中~


~割愛~


~現在PM7:50~


4人「ごちそうさまでした…」グッタリ


いつみ「いやー…美味しすぎて笑っちゃうっていうね…」


天音「あと美味しさに感動して泣くっていうね…」


リョウコ「天音ちゃんがボロボロ泣きながらボルシチ食べてるの見て笑っちゃったよ…」


真乃「食事中だけで笑った回数が私8回、天音14回、いつみさん9回、東雲先輩22回ですからね…」


天音「よく数えてたわね…」


リョウコ「またツボにハマっちゃってゴメンね…」


いつみ「…で、それほど美味しい料理だったのに最後にカレー飲んじゃったから口の中にカレーの味しか残ってないっていうね…」



328:1 2017/04/04(火) 23:51:46.61 ID:tKIPQCRV0

天音「全員カレーだけ残してたから最後に飲まざるをえなかったのよ…」


いつみ「最初、熱湯なの?ってくらい熱くて飲めなかったからね…」


リョウコ「冷めた時には他は完食済みだったし…」


真乃「そうしたら口の中にカレーだけ残るんですよね…」


ティエラ「入りますよー?」トントン ドアガチャ


天音「ノックしたのに何で勝手に入ってきちゃうのよ…」


いつみ「かあちゃんかよ…」


ティエラ「…って、あれっ!?何で皆さんそんなにグッタリしてるんですか!?」


天音「あの料理バカに聞きなさいよ…」


ティエラ「夕食は休憩も兼ねて何も仕掛けなかったはずですが…」


いつみ「料理自体に問題がね…」


ティエラ「…はぁ…?」



329:1 2017/04/04(火) 23:52:21.59 ID:tKIPQCRV0

ティエラ「まぁ、それはそれとして、これから部活動の見学に行きますよ!」


天音「少しは気にとめなさいよぉ!!!」


デデーン 李野田 東雲 アウトー


真乃「怒っちゃダメだよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「声張りすぎっ!」ビリビリ!!


いつみ「天音は怒っていいと思う」


リョウコ「…って今から部活動の見学ですか!?」


真乃「もうすぐ夜8時ですよ?」


ティエラ「そういう校風なんです」


天音「あー、もう、行きます、行きますよ…」スクッ


[待機部屋を出る4人]



330:1 2017/04/04(火) 23:52:57.16 ID:tKIPQCRV0

~廊下~


天音「こんな時間にやってる部活動とか絶対マトモな部活じゃないわよ…」


いつみ「下校時間とかないのかな?」


真乃「まぁ、エテルノと現実世界では時間の概念が違いますからね」


リョウコ「そういう問題じゃない気もするけどね」


ティエラ「…はいっ、ではこちらの教室で行われている部活動を見学しますよー」


[2年3組教室]


いつみ「天音のクラスじゃん」


リョウコ「ニノサンだね」


天音「今更そこイジるの?」


ティエラ「失礼しまーす」ガラララ


真乃「これはスルーなんですね」


[教室に入るティエラと4人]



331:1 2017/04/04(火) 23:55:15.00 ID:tKIPQCRV0

~現在PM8:00~


[2年3組教室内]


サトカ「…」


アコ「…」


マリ「…」


ほたる「…」


雪枝「…」


天音「メンツが濃い」


サトカ「…えー、ではこれより我々、フォークロア部の会合を始めるですよ」


いつみ「フォークロア部ってなんだよ…」


真乃「フォークロアは伝承や風習の研究…いわゆる民俗学の事ですが…」


サトカ「えー、では本日もフィフス・フォース及びアザーズの噂についてあること無いことダベっていくですよ」


天音「ただのゴシップ好きの集まりじゃない!」


デデーン 棗 東雲 アウトー


いつみ「夜中になにやってんだよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「せめてあることだけ喋ろうっ!?」ビリビリ!!


真乃「フォークロア関係ないですよね?」



332:1 2017/04/05(水) 22:44:01.65 ID:gIMzkQ8r0

サトカ「いやいや、噂や憶測が伝承になり、やがて伝説へと昇華するですよ」


サトカ「なので、噂の段階から目を付けておこうというのが我々、フォークロア部の活動なのですよ」


天音「うーん…そう言われればそう…なのかしら…?」


真乃「丸め込まれちゃダメだよ」


いつみ「それっぽい理屈並べて人の噂話してるだけだからね」


リョウコ「しかも本当か嘘かわからない話をね」


サトカ「ではどなたから話を…」


ほたる「はい!」


サトカ「ほたるさん、どうぞ」



333:1 2017/04/05(水) 22:44:50.83 ID:gIMzkQ8r0

ほたる「あおいさんについてなんですが…」


雪枝「私ですか?」


ほたる「いえ、ハレンチの方のあおいさんです」


天音「ンフッ」


デデーン 杏橋 李野田 東雲 アウトー


天音「ハレンチの方って何よっ!?」ビリビリ!!


真乃「語弊がありますよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「言い方っ!」ビリビリ!!


いつみ「ハレンチ疑惑はあるけどね」


サトカ「それでハレンチな方のあおいさんがどうしたのですか?」


デデーン 杏橋 アウトー


天音「ハレンチ“の”よ!」ビリビリ!!


天音「ハレンチ“の”もおかしいけどハレンチ“な”だと意味が変わってきちゃうじゃない!」


天音「…いや!そもそもハレンチじゃないのよ!」


いつみ「怒涛のツッコミ」



334:1 2017/04/05(水) 22:46:08.60 ID:gIMzkQ8r0

ほたる「えー、あおいさんが中等部の頃の事らしいんですが…」


ほたる「保健の授業中に鼻血を出して卒倒したそうです」


アコ「フスッ」


デデーン 全員 アウトー


天音「男子かっ!」ビリビリ!!


真乃「耐性無さ過ぎですよっ!」ビリビリ!!


いつみ「思春期真っ只中だなっ!」ビリビリ!!


リョウコ「それ嘘なの!?本当なのっ!?」ビリビリ!!


天音「卒倒するって相当よ!?」


いつみ「鼻血出しすぎて貧血にでもなったのかな」


真乃「そんなに刺激的ですかね」


リョウコ「真偽が気になるなぁ…」


天音「あくまで噂って事でしょうけど本当っぽいのよねぇ…」


アコ「はいはい!次、アコっちに喋らせて!」


サトカ「では、アコさんどうぞ」



335:1 2017/04/05(水) 22:46:54.20 ID:gIMzkQ8r0

アコ「はいなのだ!」


アコ「えー、紗々っちについての噂なのだ」


いつみ「紗々の噂かぁ」


真乃「何か思い当たります?」


いつみ「いや、さっぱり」


アコ「入洲グループのお嬢様である紗々っちのIfURメモカなんだけど…」


天音「GO!GO!ワンダーメカだっけ?」


リョウコ「紗々ちゃんじゃないけどあのオブリロボットは可愛いよね」


アコ「あれに出てくるロボットは入洲重工製なのだ」
※公式設定です


いつみ「入洲グループ凄ぇな!?」


真乃「あれガトリングとかミサイルとか装備してますけど!?」


天音「凄くきな臭いわね!」


アコ「…つまり、プロキオン・プティングのIfURに出てくる装備は全て入洲重工製であり…」



336:1 2017/04/05(水) 22:47:30.10 ID:gIMzkQ8r0

アコ「金銭的に考えてプロキオン・プティングの実権は紗々っちが握っている可能性が高いと思うのだ」


リョウコ「世知辛い」


アコ「そうしたら天音っちは名ばかりリーダーになっているのだ」


天音「コラァ!」


デデーン 棗 東雲 アウトー


いつみ「ギクシャクするわっ!」ビリビリ!!


リョウコ「気まず過ぎるよっ!」ビリビリ!!


真乃「桃川さんにだけ敬語を使ってヘコヘコしてる天音ですか」


天音「そこまでは言ってないわよ!?」


いつみ「笑顔が引きつって目だけ笑ってないんだろうな」


リョウコ「そんな天音ちゃん見たくないなぁ…」


天音「あたしだってそんな自分見たくないわよ…」



337:1 2017/04/05(水) 22:49:28.76 ID:gIMzkQ8r0

サトカ「興味深いですね…では次の方」


マリ「…はい」


サトカ「マリさんどうぞ」


マリ「…イミナ、居吹イミナについてなんだけど」


リョウコ「イミナさんの噂かぁ」


天音「なんかあるの?」


リョウコ「物騒な噂なら色々…」


真乃「深く聞かない方が良さそうですね」


マリ「…あいつ、あの身長だし男勝りな性格だから自分の事を可愛くないって思ってるんだけどさ」


マリ「髪下ろしたらめっさ可愛い」


デデーン 全員 アウトー


天音「何言ってんのっ!?」ビリビリ!!


真乃「口調を変えてまで言う事ですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「もう噂でも憶測でもないただの感想だよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「確かにイミナさん可愛いけどねっ!」ビリビリ!!



338:1 2017/04/07(金) 21:35:36.34 ID:zm8xhOzK0

マリ「…フィフス・フォースに入ってからチームハウスで初めて見たんだけどさ」


マリ「…シャワー浴びた後の姿」


マリ「…誰?ってくらい美少女だった」


リョウコ「ですよね!」


マリ「 普段のポニーテール姿も武道家っぽくて似合ってるし格好良いけどさ」


マリ「そのギャップで髪を下ろした時の美少女感が凄いんだよね」


天音「今日はよく喋るわね…」


マリ「…」スゥー


[大きく息を吸い込むマリ]


真乃「なぜここで深呼吸…?」


いつみ「喋りすぎて息切れ?」


マリ「…でさ」



339:1 2017/04/07(金) 21:36:39.39 ID:zm8xhOzK0

マリ「…あと身長とか体格もコンプレックスみたいだけどモデル並のスタイルとアスリートのポテンシャルを持ち合わせてるんだからもっと自信持っていいと思うあと男勝りなようで内面がめっさ乙女なのもめっさ可愛いしあまり見れないけど上目使いもめっさ可愛いし冬私服の女子力めっさ高いしあと…」


サトカ「マリさんストップ!ストップですよ!」


デデーン 全員 アウトー


天音「ちょっと待ってっ!?」ビリビリ!!


真乃「喋り過ぎですよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「どうしたっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「なんかスイッチ入っちゃったんですかっ!?」ビリビリ!!



340:1 2017/04/07(金) 21:38:31.74 ID:zm8xhOzK0

マリ「…あと人気投票では過去三回とも圏外だったけどイミナの魅力をわかってないやつが多す…」


天音「まだ喋るか!」


サトカ「…っ!マリさん!わかりました!わかりましたからもういいですよ!」プルプル


マリ「…そう?」


サトカ「熱弁ありがとうございますですよ!」


マリ「…わかったよ」


天音「めっさ喋ったわね」


いつみ「移ってる移ってる」


真乃「鬼気迫るものがありましたね」


リョウコ「サトカちゃんが笑いを堪えてるのを見るに打ち合わせとは違ったっぽいよね」


天音「今のアドリブ?…えぇ…」


真乃「ちょっと怖かったね」



341:1 2017/04/07(金) 21:39:14.87 ID:zm8xhOzK0

サトカ「…っ!つ、次はどなたが話しますですか?」プルプル


いつみ「まだ笑い堪えてるよ」


雪枝「は、はいぃ!」


サトカ「雪フフッ…失礼、雪枝さんお願いするですよ」プルプル


リョウコ「ちょっと吹いたね」


雪枝「えー、五稜館学園の七不思議についてなんですが…」


真乃「七不思議ですか、確か…」


真乃「1 、もうひとりの自分」


真乃「2、開かずの扉」


真乃「3、生徒会長の極秘任務」


真乃「4、誓いの女神像」


真乃「5、地下深くからのうめき」


真乃「6、巨大生物の亡骸」


真乃「7、鳴らずの鐘…でしたっけ」


リョウコ「よく覚えてるね!?」


天音「なんか記憶力凄すぎて引くわ」


いつみ「ちょっと怖いよね」



342:1 2017/04/07(金) 21:39:54.01 ID:zm8xhOzK0

雪枝「 紹介ありがとうございますぅ」


真乃「いえいえ」


雪枝「…で、その6番目の巨大生物の亡骸についてなんですが…」


リョウコ「実はオブリが眠ってたってオチだったっけ」


真乃「眠ってたというか埋まってたっというか…」


雪枝「その巨大生物はラーガルフリョゥトルムリンだと思うんです」


天音「は?」


いつみ「えっ、なんて?」


雪枝「ラーガルフリョゥトルムリンです」


天音「ラー…はぁ?」


雪枝「ラーガルフリョゥトルムリン」


いつみ「ラーガルフ…えっ?」


雪枝「ラーガルフリョゥトルムリン」


天音「どう発音してんのよ」


真乃「ラーガルフリョゥトルムリンですか…」


デデーン 杏橋 棗 アウトー



343:1 2017/04/07(金) 21:41:27.68 ID:zm8xhOzK0

天音「なに普通に言っちゃってんのよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「小文字の部分どうやって発音してんだよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「ラーガルフリュテュリリュムリンかぁ」


真乃「全然言えてないですよ」


天音「噛みまくりじゃない」


リョウコ「そもそもラーガルなんとかって何なんだろうね」


雪枝「興味ありますか!?」キラキラ!!


リョウコ「いや、特には…」


雪枝「 ラーガルフリョゥトルムリンは蛇のような姿をした巨大なレイクモンスターで、その大きさは100mはあると言われている超大型のUMAなんです!あっUMAっていうのは 英語で“謎の未確認動物”を意味するUnidentified Mysterious Animal の頭文字をとったもので…」キラキラ!!



344:1 2017/04/07(金) 21:42:07.97 ID:zm8xhOzK0

サトカ「雪枝さん!ストップ!ストップですよ!」


デデーン 全員 アウトー


天音「何で普段静かなやつほど今日は喋りまくってんのよっ!?」ビリビリ!!


真乃「UMAの発音ネイティブですねっ!?」ビリビリ!!


いつみ「顔も声もいつもよりイキイキしちゃってるしっ!」ビリビリ!!


リョウコ「これアドリブっていうより素だよね雪枝ちゃんっ!?」ビリビリ!!


雪枝「…そうそうレイクモンスターっていうのは湖や川などの淡水に生息していると言われているUMAの事で有名なものだとネッシーや…」キラキラ!!


天音「止まんないの!?」


サトカ「ストップ!ストップと言っているですよ雪枝さん!?」



345:1 2017/04/07(金) 21:43:00.66 ID:zm8xhOzK0

雪枝「…あっ!ネッシーといえば世界中でネッシーに似たUMAの目撃情報がありまして、それらはネッシー同様、目撃された場所から名前をとってアッシー、イッシー、クッシー、クレッシー、コッシー、トッシーなんて呼ばれてて…」


デデーン 杏橋 棗 アウトー


天音「パチモン多いわねっ!」ビリビリ!!


いつみ「ネーミングセンスっ!」ビリビリ!!


真乃「本家がネス湖のネッシーですからね」


リョウコ「生き物の名前って結構適当な名前も多いからね」


雪枝「…一時的ニューネッシーというのも話題になりましたがあれはウバサメというのが有力で…」


サトカ「雪枝さん!ストップ!ストップって言ってるですよ!」



346:1 2017/04/07(金) 21:44:26.57 ID:zm8xhOzK0

雪枝「…あっ!私ったらつい熱くなってしまって…」


サトカ「いい、いえ!熱弁ありがとうございましたですよ!」


いつみ「つい…?」


真乃「よっぽど好きなんですね、UMA」


リョウコ「話が脱線し過ぎてて何の話だったかわかんなくなっちゃったくらいにね」


天音「紗々とは違った感性のヤバさを持ってるわね」


アコ「…さて、後は話してないのはサトカっちだけなのだ」


サトカ「ですね、ではとっておきの話を…」


いつみ「とっておき、ねぇ…」


天音「どんな戯言を言う気かしらね」


サトカ「コホン、えー…」



347:1 2017/04/11(火) 00:01:27.21 ID:7iGLpU870

サトカ「えー、天音さんについての噂なんですが…」


天音「!?」


サトカ「天音さんは猫と接する際に赤ちゃん言葉になるらしいですよ」


サトカ「はい、では以上でフォークロア部の会合を終わ…」


天音「待て待て待てぇ!!!」


デデーン 李野田 棗 アウトー


真乃「くっくくくっ!」ビリビリ!!


いつみ「んふふふっ!」ビリビリ!!


サトカ「…なんですか天音さん」


天音「このまま終わったらあたしが赤ちゃん言葉を使ってるって事になっちゃうじゃないの!?」


サトカ「あくまでも“らしい”ですから大丈夫ですよ」


天音「あんたが言うと“らしい”に真実味が出ちゃうじゃないのよ!」


リョウコ「えっ」



348:1 2017/04/11(火) 00:02:08.86 ID:7iGLpU870

リョウコ「…なになに!?今の本当の事なの!?」ニヤニヤ


デデーン 東雲 アウトー


リョウコ「あふんっ!」ビリビリ!!


真乃「何やってんですか」


天音「ほほほっ、本当なわけないじゃないの!!」ダラダラ


天音「こっここ、このあたしが、いくら、ねっ…猫好きだからってぇ!?」ダラダラ


いつみ「汗ダラダラ出てるよ」


アコ「典型的な嘘をついている人の反応なのだ」


天音「赤ちゃん言葉なんて使ってるわけないじゃない!!!!」ダラダラ


デデーン 李野田 棗 東雲 アウトー


真乃「必死すぎて逆に怪しいよっ!」ビリビリ!!


いつみ「声がデカいんだよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「赤ちゃん言葉使ってるんだね可愛いっ!」ビリビリ!!



349:1 2017/04/11(火) 00:02:51.91 ID:7iGLpU870

天音「ハァー!?使ってませんけど何かぁ!?」ダラダラ


マリ「…可愛いね」クスッ


雪枝「可愛いですねぇ」フフフ


天音「可愛いくないです!!!」


アコ「特ダネなのだ」メモメモ


天音「メモるな!!!」


ほたる「なるほど…」カキカキカキ!!


天音「あんたは凄い勢いでなに書いてんのよ!?」


ほたる「今の天音さんをデッサンに…」ガリガリガリ!!


天音「絵に残すな!!!」


デデーン 棗 アウトー


いつみ「だから声がデカいんだよっ!」ビリビリ!! 



350:1 2017/04/11(火) 00:03:36.82 ID:7iGLpU870

天音「とにかく!今のは根も葉もない嘘だから言いふらしたりするんじゃないわよ!!!」


真乃「まぁ本当の事なんですけどね」


天音「真乃ぉぉぉぉ!?」


デデーン 棗 東雲 アウトー


いつみ「なんでバラしちゃうんだよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「やっぱり本当の事なんだっ!?」ビリビリ!!


天音「あんた何言ってんの!?」


真乃「せっかくの機会だしメンタルを鍛えるには丁度いいかなって」


リョウコ「スパルタ過ぎないかな!?」


真乃「それにプティングは全員知ってる事だし今更隠したところで…」


天音「えっ、なに!?あんた達何で知って…あっ」


いつみ「自分からカミングアウトしちゃったよ…」


天音「あぁぁぁ…」ガクッ



351:1 2017/04/11(火) 00:04:24.84 ID:7iGLpU870

サトカ「おおぅ…まさか噂が真実だったとは思いませんでした」


アコ「サトカっち白々しいのだ」


真乃「確証があった上での言い方でしたよね?」


雪枝「澄原さんがなんの根拠もない噂話をするなんて考えにくいですからね」


マリ「…天音の為?」


サトカ「さて、なんの事でしょう」


サトカ「えー、では改めて会合を終了…各自解散とするですよ」ガラララ


[教室を出るフォークロア部員達]


天音「…ハァ…」ズーン…


いつみ「溜め息がデカい」


リョウコ「ま、まぁ、これで隠す必要も無くなったわけだし…」


リョウコ「今後は堂々と隊長さんの身体をやってる猫さんとも触れ合えるって事で…ね?」


天音「…そうね」



352:1 2017/04/11(火) 00:05:48.67 ID:7iGLpU870

天音「…そうね」


天音「…あっ、そうね!」


天音「これからはリアルでもエテルノでもモフリ放題デレデレし放題って事じゃない!」


天音「何で今まで隠そうと思ってきたのかしら…?」 


いつみ「知らんわ!ってか、立ち直り早いな!?」


リョウコ「これも訓練の成果かな?」


真乃「恐らくは」


天音「あー、でも流石に赤ちゃん言葉は公共の場では使わないように努力しないとよね」


天音「猫好きがそんなんばっかりだと思われたくないし」


いつみ「気にするところそこなんだ」


ティエラ「えー、ではそろそろ次の部活動の見学に行きますよー」


リョウコ「まだあるんですか!?」


天音「そろそろ眠くなってきたんだけど…」



353:1 2017/04/11(火) 00:07:59.45 ID:7iGLpU870

ティエラ「えーっとですね、次で本日の移動は終わりなのであと少しだけ頑張っていただければ寝れますので…」


天音「…ハア、じゃあさっさと終わらして寝ましょうか」ガラララ


[教室を出る4人とティエラ]


~廊下~


天音「…とは言ったけど不安しかないわね」


真乃「さっきがさっきだけにね」


天音「まぁ、あたしはもう失うものが無いから無敵だけどね」


いつみ「今日1日でメンタル強くなりすぎじゃない?」


リョウコ「普段は気を張ってばかりだからストレス溜まってたんだろうね」


ティエラ「…あっ、こちらが部室です」


[エステルーム]


真乃「エステルーム」


天音「エステルーム!?」


いつみ「どんな学校だよ!?」



354:1 2017/04/11(火) 00:09:08.23 ID:7iGLpU870

リョウコ「もはや学校って設定も無視ですか?」


ティエラ「いやいや、美容・芸能系の学校だと割とありますからね?エステルーム」


真乃「そういう系の学校って設定だったんですね」


ティエラ「まぁ、ここは普通の私立校ですけどね」


天音「なんなのよ!」


いつみ「適当にもほどがあるよね」


リョウコ「先生、基本ノープランで話してるからね」


ティエラ「…えー、では部室に入りますよー」ガラララ


4人「…お邪魔しまーす」


[エステルームに入る4人とティエラ]



355:1 2017/04/11(火) 00:11:43.37 ID:7iGLpU870

[エステルーム内]


天音「うわっ…」


リョウコ「内装が本物のバリ風エステサロンみたいに…」


いつみ「ここだけ力入りすぎじゃない?」


ティエラ「まあ、どうせなら訓練が終わった後でも使えた方がいいかなーっと思いましてね?」


真乃「職権乱用も甚だしいですね」














楓「…あら、皆さんこんばんは」


楓「エステ部部長のゴッドハンド山吹です」ペコリ


[ゴッドハンド山吹(リゾートエステコス)]


4人「…どうも」


天音「まぁ、エステといえばね」


真乃「予想通りだよね」


リョウコ「問題はここからだよね」


いつみ「さぁ何が起こるやら…」


楓「1、2、3、4人…ですか」


楓「では他の部員の方にも手伝いをお願いしたほうがよさそうですね」



356:1 2017/04/11(火) 00:13:01.33 ID:7iGLpU870

ティエラ「あの、私は…?」


楓「知りません」ニコッ


ティエラ「えぇ…」


天音「なに便乗しようとしてんのよ」


楓「では…部員の皆さーん」


部屋の奥〈はーい


4人「…」ゴクリ…


[身構える4人]


小織「…ゴッドフィンガー降神…よろしく」ヒョコッ


[ゴッドフィンガー降神(リゾートエステコス)]


リョウコ「小織ちゃんだ」


いつみ「可愛い」


伊緒「ゴッドアーム夜木沼です、よろしくね」ヌッ


[ゴッドアーム夜木沼(リゾートエステコス)]


天音「げっ…夜木沼伊緒…!」


いつみ「やっぱりそれ言うんだ」


真乃「というより皆さん異名をつけないといけない決まりでもあるんですか?」


楓「エステ部の伝統です」



357:1 2017/04/11(火) 00:16:57.15 ID:7iGLpU870

リョウコ「意外と歴史あるんですね」


天音「随分とくだらないものを受け継いでるのね」










ハヅキ「ゴッドテクニシャン不知火だよ、よろしくねぇ」ワキワキ


[ゴッドテクニシャン不知火(温泉リポーターコス)


デデーン 全員 アウトー


天音「何でバスタオルっ!?」ビリビリ!!


真乃「エステの意味を履き違えてますよねっ!?」ビリビリ!!


いつみ「手つきヤバいってっ!」ビリビリ!!


リョウコ「もうハヅキさん出過ぎだよっ!」ビリビリ!!


楓「…では私も含めた4人の誰を担当にするか選んでくださいね」


4人「!?」


天音「…えっ、どうすんのよ!?」


真乃「こっちで決めていいって事じゃないかな」



358:1 2017/04/11(火) 00:18:13.93 ID:7iGLpU870

いつみ「決めろっていわれてもなぁ…」


リョウコ「ぶっちゃけハヅキさん以外なら誰でもいいよね」


天音「一番無難なのは山吹楓よね」


リョウコ「コスイベの時に色々教えてもらったけど、楓さんプロ級だからね」


真乃「夜木沼先輩もスポーツ経験者ですし、マッサージは得意な方ではないかと」


いつみ「小織ちゃんも、お姉さん達をよくマッサージしてあげてるって言ってたから大丈夫そうかな」


天音「…つまり、誰が不知火ハヅキの犠牲になるかを決めるって事ね」


リョウコ「話し合いじゃ決まらないだろうし、ジャンケンで決めよっか」


天音「そうね」


真乃「ですね」


いつみ「だね」


リョウコ「じゃあ…最初はグー!」



359:1 2017/04/11(火) 00:19:19.64 ID:7iGLpU870

4人「ジャンケンポン!」


リョウコ「やった!1抜けた!」


デデーン 東雲 アウトー


リョウコ「勝ったのにっ!」ビリビリ!!


真乃「満面の笑みでしたよ」


リョウコ「…じゃあ私は…かえ…小織ちゃんでお願いします」


小織「…ん、わかった」コクリ


天音「かえ、って言ったわよ」


リョウコ「なんか逆に危ないかなって」


3人「ジャンケンポン!」


真乃「2抜けですね」


いつみ「マジかー…」


真乃「では私は山吹さんでお願いします」


楓「わかったわ」


天音「…って事は残ってるのは夜木沼伊緒か不知火ハヅキね…」


リョウコ「天音ちゃん的にはどっちもキツそうだね」


天音いつみ「…」


天音いつみ「ジャンケンポン!」



360:1 2017/04/11(火) 00:22:11.65 ID:7iGLpU870

天音「っし!やったわ!」


いつみ「しまった…」


天音「じゃあ、あたし…は…」


天音「ええーと…」


リョウコ「迷ってるね」


真乃「貞操とプライドのどちらを犠牲にするか葛藤してるみたいですね」


いつみ「迷うぐらいならハヅキさんを選んでくれればいいのに」


天音「えっと…じゃあ…しら…いや、やぎ…」


天音「やぎ…しら…やぎ…」


天音「…夜木沼伊緒でお願いするわ」


伊緒「うん、よろしくね天音さん」


リョウコ「悩みに悩んだね」


いつみ「…じゃあアタシはハヅキさんでお願いします」


ハヅキ「はいよ」ワキワキ


楓「…はい、では担当も決まったので、4人は水着に着替えてお待ちくださいね」


4人「えっ」



361:1 2017/04/12(水) 19:05:30.00 ID:auZ5o9D50

天音「水着なんて持ってきてないわよ…」


ティエラ「あっ、水着ならメモカを持ってきましたのでこちらを装着してくださいね」ガサッ


[SRメモカが大量に入ったビニール袋]ドッサリ


いつみ「ビニール袋て」


真乃「扱いが雑すぎませんか?」


リョウコ「これもやっぱり…?」


ティエラ「ビーチの電撃性ビリビリヒップメモカです!」


いつみ「ですよねー…」


天音「っていうかこのメモカどれが誰のかわかんなくなってるじゃない」


ティエラ「そこは装着してみてからのお楽しみという事で」


リョウコ「うわー…」


真乃「自分のサイズより水着のサイズが上でも下でもキツい結果になりそうですね」


天音「もう地雷原よね」



362:1 2017/04/12(水) 19:06:11.87 ID:auZ5o9D50

リョウコ「見た目全部同じだもんね」


ハヅキ「なんなら全裸でもかまわないよ」ワキワキ


いつみ「よーし水着選びますかー!」


リョウコ「選ぼ選ぼ!」


真乃「では私はこれを…」スッ


いつみ「アタシはこれかなー」スッ


天音「あたしはこれで」スッ


リョウコ「うーん…じゃあこれ」スッ


ティエラ「では装着をお願いします」


リョウコ「今回は装着する順番とかは無いんですか?」


ティエラ「誰がどの水着を選んだかは私もわかりませんし、一斉の方が面白そうじゃないですか?」


天音「まぁ、確かにそうね」


ティエラ「では、改めて…皆さんメモカ装着をお願いします!」


4人「…」ゴクリ…


4人「…」カチッ シュイーン



363:1 2017/04/12(水) 19:07:03.48 ID:auZ5o9D50

天音[水着2015(末葉あおいモデル)]


真乃[水着2014(不知火ハヅキモデル)]


いつみ[競泳水着(高嶺アコモデル)]


リョウコ[アニメ化記念水着(シャルロッテモデル)]


リョウコ「あっ」バツン!!


[リョウコの水着が破裂]


いつみ「痛だだだだだっ!!」ギッチギチ!!


[いつみの水着が小さい]


天音「あっはははは!」


デデーン 杏橋 李野田 アウトー


天音「ぎっちぎちじゃないっ!」ビリビリ!!


真乃「パッツンパッツンっ!」ビリビリ!!


リョウコ「ちょっ!上も下も破れちゃったんだけど!?///」ポロリ


いつみ「おいこれマジでシャレにならない痛さなんだけど!!!」ギッチギチ!!


いつみ「死ぬ!!!マジで死ぬって!!!」ギッチギチ!!



364:1 2017/04/12(水) 19:07:37.70 ID:auZ5o9D50

天音「脱げばいいじゃない」


いつみ「身動き出来ねえんだって!!!」ギッチギチ!!


いつみ「誰かパトリを…!!!」ギッチギチ!!


天音「仕方ないわね…」スッ


いつみ「助かる!!!」パシッ!! シュイーン


いつみ(制服・冬)「はー…!はー…!」ゼェゼェ…      

いつみ「あー…ヤバかったー…」ゼェゼェ


リョウコ「あのっ!私も一旦メモカ解除するからねっ!?///」シュイーン


リョウコ(制服・冬)「…あー、恥ずかしかったー…」フゥ…


真乃「そういう部族みたいでしたね」ダボダボ


天音「そういうあんたのそれ…なに?サロペット?」


真乃「水着だけど?」ダボダボ


天音「さっきから女体山の山頂がチラッチラ見えてるのよ」



365:1 2017/04/12(水) 19:08:14.17 ID:auZ5o9D50

リョウコ「せめて恥じらおう?」


いつみ「しっかし天音だけサイズ丁度っていうのがムカつくなぁ」


リョウコ「でも意外と似合ってるよね、青い水着」


天音「まぁ、あたしぐらいになれば他人の水着だって着こなせる的な?」


真乃「それ…確かあおいさんの水着だよね?」


いつみ「着こなすも何もスリーサイズほとんど同じじゃん」


リョウコ「身長はだいぶ違うけどね」


真乃「普通にあおいさんの方がスタイル良いですから」


天音「あんた達ボロクソに言うわね」


いつみ「…で、流石にこの水着だと生死に関わるんで他の水着にしてもいいですよね?先生?」


リョウコ「私も出来れば…」



366:1 2017/04/12(水) 19:08:56.46 ID:auZ5o9D50

ティエラ「…そうですね、別の水着を選んでもらっても構いませんよ」


天音「元凶の癖になんでちょっと上から言ってんのかしらね」


真乃「…あー、でしたら私も別の水着にしてもいいでしょうか?」


ティエラ「いいですよ」


リョウコ「平気そうだったけどやっぱり落ち着かないよね」


真乃「…あと、競泳水着はRメモカでしたよね?」


ティエラ「だってSRメモカの中にRメモカが混じってたら目立つじゃないですか?」


ティエラ「ですから!わざわざRメモカにSRメモカのガワだけを被せたんです!」


ティエラ「大変だったんですよ?」


真乃「そういう事する時間と労力があるなら仕事してください」


いつみ「本当にね」



367:1 2017/04/12(水) 19:09:33.46 ID:auZ5o9D50

天音「真乃のその水着姿、見てるこっちが悲しくなってくるからさっさと選び直してくれない?」


真乃「そこまで言わなくても」


ティエラ「どうぞ」ガサッ


真乃「では…今度はこれで」スッ


リョウコ「まともな水着がきますように…」スッ


いつみ「せめてB84以上の水着がきますように…」スッ


天音「よくよく考えると胸の大きいやつほど不利よね、これ」


いつみ「サイズ下よりサイズ上が圧倒的に少ないからね」


ティエラ「では装着をお願いします」


真乃いつみリョウコ「…」カチッ シュイーン



368:1 2017/04/12(水) 19:10:07.90 ID:auZ5o9D50

リョウコ[水着2014(雪代マリモデル)]


いつみ[水着2016(美山椿芽モデル)]


真乃「スクール水着(菜森まなモデル)]


リョウコ「まぁ、ちょっとキツいけど…着れなくはないしいいかな」ユサッ


いつみ「アタシもキツいけど紐で調節出来るし…まぁこれでいっか」プルン


天音「アンタら2人とも絵面がギリギリよ?」


真乃「マイクロビキニみたいになってますよ?」


天音「真乃は紛らわしいの着てるわねぇ」


いつみ「サイズもほとんど同じ上にゼッケンの文字が“まな”だからね」


楓「では皆さん水着に着替えられたようですし…こちらのベッドに腰掛けてお待ちくださいね」


[横向きに並ぶベッド×4台]


天音「衝立とか無いのね」



369:1 2017/04/12(水) 19:10:54.32 ID:auZ5o9D50

いつみ「エステされてるところもしてるところも丸見えなのな」


リョウコ「ちょっと恥ずかしいよね」


ハヅキ「…じゃあ最初は棗いつみ…アンタからいこうか」


いつみ「あっ、はい…よろしくお願いします」


ハヅキ「よろしくね、そんじゃエステを始める前にコレをつけておくれよ」スッ


いつみ「アイマスクですか…ムグッ」


[笑いを堪えるいつみ]


天音「なによ」


いつみ「ん?別に?」


いつみ「えっと、じゃあ付けまーす…」クルッ


[天音真乃リョウコに背を向けてアイマスクを装着するいつみ]


真乃「あっ、そういうやつですか」


リョウコ「うわー…怖いなー…」


天音「?」


いつみ「…」クルッ


[振り返るいつみ]



370:1 2017/04/12(水) 19:11:36.92 ID:auZ5o9D50

いつみ「…」バーン!!


天音「フフフフ」


[アイマスク(モルガナ・ジ・アビスの目元のプリント)]


デデーン 杏橋 東雲 アウトー


天音「居たわねこんなのっ!」ビリビリ!!


リョウコ「懐かしっ!」ビリビリ!!


真乃「しかもギョロ目の瞬間ですよ」


天音「改めて見ても、わっるい顔してるわね」


いつみ「ぐっ…!左目が疼くぜ!」ハアハア…


デデーン 杏橋 李野田 アウトー


天音「それだとただの中二病じゃないのっ!」ビリビリ!!


真乃「一気に痛々しくっ!」ビリビリ!!


リョウコ「ぜ!って語尾、日常で聞かないよね」


ハヅキ「そろそろいいかい?」


いつみ「あっ、すみません」


ハヅキ「じゃあそのままベッドにうつ伏せで寝ておくれよ」



371:1 2017/04/12(水) 19:12:25.33 ID:auZ5o9D50

いつみ「あっ、はい」ゴロン ムギュ


真乃「胸が凄い事に」


天音「あれで同い年って残酷よね」


リョウコ「天音ちゃんも同い年だよね?」


ハヅキ「さてと…」ヌチャヌチャ


[桶に入った何かをかき混ぜるハヅキ」


いつみ「なんかヌチャヌチャいってるんですけど」


ハヅキ「ただのエステオイルさ」ヌチャヌチャ


リョウコ「それローションですよね?」


天音「これやらしい店よね」


真乃「見た目だけなら完全にそうだね」


ハヅキ「…よし、じゃあ行くよ」ダラー


[いつみの背中にエステオイル(ローション)を垂らすハヅキ]


いつみ「あっつっ!!!」ガバッ!!


[ローションが熱い(50℃)]


デデーン 杏橋 李野田 東雲 アウトー 



372:1 2017/04/12(水) 19:13:05.48 ID:auZ5o9D50

天音「熱いのっ!?」ビリビリ!!


真乃「熱いんですかっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「ハヅキさん普通に混ぜてたのにっ!?」ビリビリ!!


ハヅキ「なぁに、温泉に比べれば大したことないさ」


いつみ「こっちはめっちゃ熱かったんですけど!?」


天音「アイマスクしてるから余計に熱く感じたでしょうね」


ハヅキ「じゃあローションもかけた事だしエステを始めるよ」ワキワキ


リョウコ「やっぱりローションなんですね!?」


いつみ「アタシ何されんの!?」


ハヅキ「よいしょ…」ギシッ


[うつ伏せで寝るいつみに馬乗りになるハヅキ]


ハヅキ「いくよ、いつみ」ワキワキ


いつみ「うわめっちゃ怖いんですけど!?」



373:1 2017/04/12(水) 19:14:04.18 ID:auZ5o9D50

ハヅキ「んっ…なかなか良い身体してるじゃないか」モミモミ


いつみ「あ、どうも、んっ…」


[いつみの背中を揉むハヅキ]


ハヅキ「おやおや、こっちは随分固くなっちまってるじゃないか」モミモミ


いつみ「あっ、そこ、いいです…」


[いつみの腰を揉むハヅキ]


ハヅキ「ふふっ、ここをこんなにコリッコリにして…」モミモミ


いつみ「ああー…気持ちいいですー…」


[いつみの肩を揉むハヅキ]


ハヅキ「んっ…!もっと強くして欲しいかい?」グッグッ


いつみ「もっとぉー…」


デデーン 杏橋 李野田 東雲 アウトー



374:1 2017/04/12(水) 19:15:15.23 ID:auZ5o9D50

天音「やらしい店じゃないっ!」ビリビリ!!


真乃「いちいち言い方がやらしいですよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「見た目も会話もアウトだよっ!」ビリビリ!!


ハヅキ「…よし!終わったよ」フキフキ


いつみ「あっ、ありがとうございますー…」


ハヅキ「またよろしくね、それじゃ」ガラララ


[ハヅキ退室]


いつみ「ふぅ…」ツヤツヤ


天音「会話はともかくエステは真面目にやってたみたいだけどどうだったのよ?」


いつみ「めっちゃ気持ち良かった」


リョウコ「心なしか顔色が良くなってるみたいだし、なかなか上手なんだねハヅキさん」


真乃「流石はゴッドテクニシャンですね」


小織「…次…小織がエステ…するね?」



375:1 2017/04/12(水) 19:15:58.18 ID:auZ5o9D50

リョウコ「あっ、よろしくね小織ちゃん」ペコリ


小織「…うん…じゃあベッドに座ってこっちに背中を向けて…」


リョウコ「こうかな?」クルッ


いつみ「肩たたきかな」


小織「そう…それじゃあ…いくよ」


小織「…」ギュー!!


リョウコ「痛だだだだだっ!!」グリン!!


[ゴッドフィンガー降神によるツボ押しエステ]


デデーン 杏橋 棗 アウトー


天音「そんなに痛いのっ!?」ビリビリ!!


いつみ「どこ押してんのっ!?」ビリビリ!!


真乃「普通に親指で背中を押しているようにしか見えませんが…」


リョウコ「…えっ!?何今の!?」


小織「…今のは巨乳に効くツボ…」


デデーン 全員 アウトー



377:1 2017/04/14(金) 22:30:06.15 ID:3lG/ngSo0

天音「どういうツボよっ!?」ビリビリ!!


真乃「効くってなんですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「縮むの!?膨らむのっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「私の胸どうなっちゃうのっ!?」ビリビリ!!


小織「…胸が大きい人は程よく巨乳に…」


小織「…胸の小さい人も程よく巨乳になるツボだよ…」


いつみ「巨乳に矯正するツボなの!?」


天音「凄いわね!?」


真乃「あの、ではわたs」


小織「それは無理」キッパリ


デデーン 杏橋 棗 アウトー


天音「食い気味に言ったわねっ!」ビリビリ!!


いつみ「真乃にもやってやれってっ!」ビリビリ!!


小織「…何事にも限度がある…」


リョウコ「どこまでがボーダーラインなんだろうね」



378:1 2017/04/14(金) 22:30:44.39 ID:3lG/ngSo0

小織「…じゃあそろそろ次のツボ…」


リョウコ「あ、うん、また背中?」


小織「…うん…」


リョウコ「怖いなー…」


小織「…いくよ…」


リョウコ「お願いします…」ドキドキ


小織「…えいっ…」ギュッ


リョウコ「あっ、気持ちいい…」


小織「…そう?…よかった…」ギュッ


天音「今度は何に効くツボなのよ」


小織「…今のはキャラが濃すぎるチームメイトに振り回された事が原因によるストレス性の胃痛に効くツボだよ…」


デデーン 杏橋 棗 東雲 アウトー



379:1 2017/04/14(金) 22:31:45.32 ID:3lG/ngSo0

天音「効能がピンポイントすぎるわよっ!」ビリビリ!!


いつみ「そんなにベガにストレス感じてるんですかっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「胃痛起こすほどじゃないよっ!」ビリビリ!!


真乃「少しは感じてるんですね?」


リョウコ「ちょっとね」


天音「…で、今のツボを押すとどうなるのよ?」


小織「…胃痛が和らぐか…チームメイトが大人しくなるよ?…」


天音「凄いわね!?」


リョウコ「他人にまで効果が!?」


真乃「ツボ押し万能過ぎません?」


小織「…じゃあ最後に…足のツボ押すから…座ったまま足を伸ばして…」


リョウコ「あっ、うん分かった」


いつみ「普通に痛いやつだ」



380:1 2017/04/14(金) 22:32:52.54 ID:3lG/ngSo0

小織「…じゃあいくよ?…」


リョウコ「お、お願いします」


小織「…んっ…」グリリュ!!


リョウコ「あ”あ”あ”あ”あ”ぁ”ーーーー!」ゴリュン!!


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー


天音「なんて声出してんのよっ!」ビリビリ!!


真乃「大丈夫ですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「そんなに痛いのっ!?」ビリビリ!!


小織「…クスッ」グリリュ!!


リョウコ「あ”っぢょダンマ”ごお”り”ぢゃん”!!!」ゴリュン!!


小織「…フフッ」グリリュ!!


リョウコ「ぢょ!や”め”っ!や”め”でぇ”ー!」ゴリュン!!


小織「…」ピタッ
















小織「…えいっ」グリリリリュ!!


リョウコ「ごお”り”ぢゃん”!?」ゴリュン!!


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー



381:1 2017/04/14(金) 22:33:35.13 ID:3lG/ngSo0

天音「やめてあげなさいよっ!」ビリビリ!!


真乃「なんで一回止めたんですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「反応を楽しんでるよね小織ちゃんっ!?」ビリビリ!!


小織「…ん、今ので終わりだよ…」


リョウコ「~~~~~ッ!」プルプル


[足の裏を抑えるリョウコ]


真乃「ちなみに最後のは…?」


小織「…最後のはただ痛いだけのツボ…」


天音「それツボじゃなくない?」


小織「…そうだね…じゃあばいばい…」ガラララ


[小織退室]


リョウコ「…ありがとうね…」ゲッソリ


いつみ「最後の痩せるツボじゃない?」


天音「さっきより気持ちやつれた感出てるわね」


伊緒「じゃあ次、天音さんの番だね」


天音「あ、あぁ…よろしくね」



382:1 2017/04/14(金) 22:34:16.71 ID:3lG/ngSo0

いつみ「なにキョドってんだよ」


真乃「緊張してるの?」


天音「このあたしが夜木沼伊緒なんかに緊張しゅるわけないでしょ!?」


リョウコ「噛んでる噛んでる」


天音「るっさいわねっ!」


伊緒「そろそろ始めるからベッドにうつ伏せで寝てもらえるかな?」


天音「…あっ…こう?」ゴロン


いつみ「素直か」


天音「さっさと終わらせたいだけだから!」


伊緒「それじゃあエステ…というよりバレー部のマッサージに毛が生えた程度のものだけどよろしくね」


天音「…よろしく」


いつみ「自称ライバル設定はどこいったんだよ」


天音「黙りなさい」



384:1 2017/04/16(日) 21:20:33.58 ID:Z/4eiSar0

[ゴッドアーム夜木沼による普通のマッサージ施術中]


リョウコ「…うん、普通のマッサージだね」


伊緒「…大丈夫?痛くない?」グッ


天音「…平気だからさっさと終わらせなさい」


伊緒「痛かったら言ってね?」


天音「…ふん」


伊緒「…これはどう?気持ちいいかな?」ギュッ


天音「…別に気持ちよくなんか…」ニヘラ


デデーン 杏橋 アウトー


天音「気持ちよくなんかないんだからねっ!」ビリビリ!!


デデーン 李野田 棗 東雲 アウトー


真乃「ツンデレっ!」ビリビリ!!


いつみ「なにニヤけてんだよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「もう正直になってもいいんじゃないかなっ!?」ビリビリ!!



385:1 2017/04/16(日) 21:21:15.34 ID:Z/4eiSar0

真乃「相手が相手だから素直になれないのはわかるけど天の邪鬼過ぎるよ」


いつみ「えっ、あまねじゃく?」


天音「ンンッ」


デデーン 杏橋 アウトー


天音「くだらない事言ってんじゃないわよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「天音ちゃんは天の邪鬼っていうよりただのツンデレだよね」


天音「あたしはデレたりなんかしないわよ!」


いつみ「それ絶対デレる奴の台詞だよ」


真乃「デレ化フラグですね」


天音「デレないから!」


リョウコ「可愛い」


天音「あーもう!どいつもこいつもやかましいわね!」


いつみ「天音が今一番うるさいけどな」


天音「ぐぬぬぬっ…」ギリッ



386:1 2017/04/16(日) 21:22:01.97 ID:Z/4eiSar0

伊緒「…しかし、天音さんって意外と引き締まった身体してるんだね」グッ


伊緒「うちのバレーチームのリベロとして欲しいくらいだよ」


天音「…あんたと同じチームなんてお断りよ」


天音「それに意外とはなによ、失礼ね」


伊緒「あはは、ゴメンゴメン」グッ


伊緒「…でもこの身体の感じだと日常的にトレーニングでもしてるのかなって思ってさ」


天音「…目標の為に必要な事をしている…ただそれだけよ」


伊緒「そっか…でもそういう努力が出来るのって凄いね」


伊緒「なんか尊敬しちゃうかも」


天音「…別にあんたに褒められたって嬉しくないわよ」ニヘラ


デデーン 杏橋 アウトー


天音「嬉しくなんてないんだからねっ!」ビリビリ!!



387:1 2017/04/16(日) 21:22:41.37 ID:Z/4eiSar0

デデーン 李野田 棗 東雲 アウトー


真乃「デレるの早いよっ!」ビリビリ!!


いつみ「ツンデレのテンプレみたいなデレ方してんなよなっ!」ビリビリ!!


リョウコ「褒められて嬉しいのはわかるけどっ!」ビリビリ!!


天音「そういうのじゃないから!」


天音「今のは…そう!マッサージが気持ちよかったからつい笑っちゃっただけだから!」


いつみ「さっきは気持ちよくなんかないんだからねっ!って言ってただろうが!」


天音「えー、あー、それはあれよ!」














天音「夜木沼伊緒がマッサージの才能に目覚めた的な!?」フフッ


伊緒「ンフッ」


デデーン 全員 アウトー



388:1 2017/04/16(日) 21:23:21.86 ID:Z/4eiSar0

天音「あたし何言ってんのかしらねっ!?」ビリビリ!!


真乃「本当そうだよっ!」ビリビリ!!


いつみ「戦いの中で成長する系のキャラかよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「テンパりすぎだよっ!」ビリビリ!!


天音「…もうね、今のは我ながらひどかったと思うわ」


真乃「過ちを認める勇気を持とうね」


天音「そうね」


伊緒「…ふふっんふ…マッサージの才能って…ふふふふ…」プルプル


いつみ「めっちゃ笑っておられる」


伊緒「ふふっ変なの…くふっ」プルプル


リョウコ「当分収まらないっぽいね」



389:1 2017/04/16(日) 21:24:03.18 ID:Z/4eiSar0

伊緒「…ふふっゴメンね…ちょっとマッサージどころじゃない…ふふっ…からこれ終わりって事でいいかな?ふふっ…」プルプル


天音「ああ、別にいいわよ…」


伊緒「…じゃあまたね…ふふっ…」ガラララ


[伊緒退室]


廊下〈あっははは!あー、おかしい!


リョウコ「部屋にいた時の笑いはあれでもかなり抑えてた方なんだね」


真乃「私達がつられて笑わないようにという配慮でしょうね」


楓「…では部員の皆さんも部屋を出たところですし…そろそろ李野田さんのエステをしましょうか」


真乃「あっ、よろしくおねがいします」ペコリ



390:1 2017/04/16(日) 21:25:22.54 ID:Z/4eiSar0

楓「エステをする前に一つ注意なんですが…これからする事は危険を伴うので絶対に真似をしないようにお願いしますね」


真乃「…まあ、ちゃんとしたやり方でないと身体を痛めたりしますからね」



楓「場合によっては生死に関わりますので」


真乃「えっ」


天音「どんなエステよ!?」


いつみ「なにする気だよ!?」


リョウコ「大丈夫なんですか!?」


楓「では李野田さん、ベッドに仰向けに寝ていただけますか」


真乃「もうちょっと説明とかないんですか!?」


楓「過去には死者も出たそうです」


真乃「あっ、もうこれ以上は聞きませんのでおねがいします」ゴロン


天音「潔いわね」



391:1 2017/04/19(水) 21:38:07.86 ID:pIzbB3K70

楓「…では失礼します」


[仰向けで寝る真乃の頭の方に立つ楓]


楓「あっ、多少怖いと思いますが抵抗しないようにお願いしますね」


楓「最悪死にますから」ガシッ


真乃「むぐっ!?」ギュッ


[真乃の下顎を両手で包む楓]


リョウコ「楓さん、さっきから最悪死ぬって事しか言ってないよね」


天音「エテルノで死ぬ事は無いでしょうけど…何する気なのかしらね」


楓「…では、いきます!」グイッ!!


真乃「んーーーーー!?」グググッ!!


[真乃の顎を思いっきり引っ張る楓]


楓「はい!」グリンッ!!


真乃「ん”ん”ん”っ!?」ゴキッ!!


[真乃の顎を引っ張ったまま横に捻る楓]


デデーン 杏橋 棗 東雲 アウトー



392:1 2017/04/19(水) 21:39:32.73 ID:pIzbB3K70

天音「これ拷問じゃないのっ!?」ビリビリ!!


いつみ「ゴキッっていったよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「骨から凄い音しましたけどっ!?」ビリビリ!!


天音「本当これなんなのよ!」


楓「これはカイロプラクティックというー」グリンッ


リョウコ「あっ、それ名前だけなら聞いたことあります!」


真乃「ん”ん”ん”!」ゴキッ!!


楓「身体の歪みやバランスを矯正する事でー」グリンッ


天音「あれってこんな荒々しいものだったかしら…?」


真乃「ん”ん”ん”…」ゴキッ!!


楓「神経や筋肉の不調を整える療法ー」グリンッ


いつみ「…まあ足ツボみたいに悪いところがバキバキいう…とか?」


真乃「んんん…」ゴキッ!!



393:1 2017/04/19(水) 21:41:56.83 ID:pIzbB3K70

楓「っぽいものです」グリンッ


真乃「ん”ん”ん”!?」ゴキッ!!


デデーン 杏橋 棗 東雲 アウトー


天音「なんなのよっ!?」ビリビリ!!


いつみ「得体の知れないものになっちゃったよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「適当にやったら危険ですってっ!?」ビリビリ!!


楓「…はい、では以上でカイロプラクティックっぽいものを終わります」


楓「ではまたよろしくお願いしますね」ガラララ


[楓退室]


真乃「」


天音「首、大丈夫?」


真乃「…首ってあんな音が鳴るんだね」


いつみ「一番の安牌が一番の地雷だったね」


真乃「まあ、でも痛くは無かったですけど…」


リョウコ「音の割に痛くなかったならよかった…のかな?」



394:1 2017/04/19(水) 21:42:47.52 ID:pIzbB3K70

いつみ「どこか良くなったとかは無いの?」


真乃「特には…」


天音「あれだけバキバキさせて痛みも効果も無いって逆に凄いわね」


リョウコ「マッサージの技術があるから出来る事…なのかな?」


ティエラ「…はいっ、では部活動の見学も済みましたし、そろそろ就寝場所へと行きましょうか」


天音「やっとね…」


いつみ「ようやく眠れるよ…」


ティエラ「では行きますよー」ガラララ


[部屋を出るティエラと4人]


~廊下~


~現在PM9:00~


[来た方向とは別の方へと連れて行かれる4人]


天音「これどこ向かってんのよ…」


リョウコ「待機部屋に戻るんじゃないんですか?」


ティエラ「そのうち分かりますので…」



395:1 2017/04/19(水) 21:43:40.41 ID:pIzbB3K70

ティエラ「…はいっ、今夜はこちらでの就寝となります」


[当直室]


いつみ「いやいや、人の寝床にお邪魔するのはちょっと…」


ティエラ「降神三姉妹の皆さんでしたら今夜は野営するとの事ですから気にしなくても大丈夫ですよ!」


天音「気にするわよ!」


真乃「野営って…」


ティエラ「あからさんと陽奈さんの方から小織さんに野宿ではないキャンプをさせてあげたいとの事でしたので…」


天音「その言い方だと野宿はしたことあるのね」


リョウコ「そろそろチームハウスを用意してあげたらいいのに…」


ティエラ「私もそうしたいのは山々なんですが…」



396:1 2017/04/19(水) 21:44:27.01 ID:pIzbB3K70

ティエラ「あからさんから、そこまでしてもらうのは申し訳ないと断られてしまいまして…」


天音「今まで散々イベントやら特訓やら協力戦やらに参加しておいて?」


リョウコ「あからさん変なところで頑固だからねぇ…」


真乃「かつて敵だった事もありますし後ろめたさがあるのはわかりますが…」


いつみ「もうちょっと周りに頼ってもいいと思うんだけどなー」


ティエラ「…まあ、その話は追々隊長さんとも相談するとして…」


ティエラ「今日はもうお休みになってください」


ティエラ「ではまた明朝、お会いしましょう」スタスタ


[4人のもとから去るティエラ]


リョウコ「…じゃあ入ろっか」ドアガチャ


[当直室に入る4人]



397:1 2017/04/19(水) 21:45:14.11 ID:pIzbB3K70

~当直室内~


[横並びの布団×4]


天音「あー、そうよね、布団よね」


リョウコ「そういえば布団で寝るの初めてかも」


真乃「私も記憶にありませんね」


いつみ「アタシは普段から布団だから特に新鮮味は無いかな」


天音「こういうところで貧富の差って出るわよね」


いつみ「布団派が全員貧乏みたいな言い方するなよ!」


リョウコ「和室なら布団の方が自然だからね?」


真乃「それに隊長さんも布団派ですし」


いつみ「隊長、レンガタイルの床に布団敷いて寝てるけど痛くなのかな」


天音「猫的にはひんやりしてて気持ちいいんじゃない?」


いつみ「あー、そういう事?」



398:1 2017/04/19(水) 21:45:57.37 ID:pIzbB3K70

天音「じゃああたしは端の布団で寝るから後は好きに決めなさい」


真乃「では私は天音の隣で」


いつみ「んじゃアタシは天音の隣の隣で」


リョウコ「じゃあ私は天音ちゃんの隣の隣の隣で」


デデーン 杏橋 アウトー


天音「言い方が回りくどいわよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「電気消すよー」パチッ


~消灯~


[左から天音、真乃、いつみ、リョウコの順番で布団に入る4人]


4人「おやすみなさい」


天音「…」


真乃「…」


いつみ「…」


リョウコ「…」









4人「…」ウトウト…












校内放送〈天音オンステージ!


4人「!?」ビクッ!!



399:1 2017/04/19(水) 21:46:54.06 ID:pIzbB3K70

〈天音オンステージ!


天音「何よこれ…」


天音「って言うかあたしのカットインを勝手に録音してんじゃないわよ」


いつみ「あー、これが有ったか…」


リョウコ「本家では最近なかったから油断してたね…」


真乃「地味にキツいんですよね…」


〈天音オンステージ!


〈天音オンステージ!


天音「しつこいわね!」


〈天音オンステージ!


〈天音オンステージ!


〈天音オンステージ!


〈しつこいと嫌われるよ!


デデーン 全員 アウトー


天音「本当そうよっ!」ビリビリ!!


真乃「本当だよっ!」ビリビリ!!


いつみ「怒られたっ!」ビリビリ!!


リョウコ「陽奈ちゃんっ!」ビリビリ!!



400:1 2017/04/19(水) 21:47:40.83 ID:pIzbB3K70

天音「…あー、普通に眠れると思ったあたしが馬鹿だったわ」


真乃「流石に夜通しはしないだろうから少しの辛抱だよ」


いつみ「だといいんだけどなぁ…」


リョウコ「終わりが見えないのをひたすら耐えるのってキツいよね」


〈マジカル☆悠水いきっまーす!


リョウコ「うわっ」


天音「親友の声に対するリアクションじゃないわね」


〈相手がわたしだったのが運の尽きさ!


〈くらえ必殺・悠水アルティメットアロー!


真乃「戦闘中もなかなかの鬱陶しさですね」


〈ばかめ!そっちは残像だっ!


〈ばかめ!そっちは残像だっ!


〈ばかめ!そっちは残像…ぎゃー!


いつみ「やられちゃったよ!」


デデーン 杏橋 東雲 アウトー



401:1 2017/04/19(水) 21:49:25.56 ID:pIzbB3K70

天音「やられてるんじゃないわよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「残像はっ!?」ビリビリ!!


〈あれ?もう私の番ですか!?


〈あわわ!武器が…あ、ありました!


いつみ「この滲み出るポンコツ感」


〈時空管理官ティエラ参ります!


〈ええとこの技は確かこうやって…あれっ!?


〈油断?それともそれが実力?


デデーン 全員 アウトー



402:1 2017/04/21(金) 22:56:41.12 ID:aHKDWxkL0

天音「あっはははっ!」ビリビリ!!


真乃「そう言いたい気持ちはわかりますがっ!」ビリビリ!!


いつみ「小織ちゃんそれは言っちゃダメだよっ!」


リョウコ「あれでも射撃組では強い方だよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「…ただちょっとドジっ子でポンコツでテンパリストだけど」


真乃「致命的じゃないですか」


いつみ「劇場版のドラえもんかよ」


天音「ンフッ」


デデーン 杏橋 アウトー


天音「ドラえもんってっ!」ビリビリ!!


リョウコ「まぁ確かに、いざという時に欲しい秘密道具が取り出せないドラえもん感はあるよね」


いつみ「カットインの殆どがテンパってるからね」


真乃「もうちょっと落ち着いて欲しいですよね」



403:1 2017/04/21(金) 22:57:21.85 ID:aHKDWxkL0

天音「そんなんだからプロフィールに“がんばれ!”とか書かれちゃうのよ」


デデーン 棗 アウトー


いつみ「確かに書かれてたっ!」ビリビリ!!


真乃「あれ誰が書いてるんですかね」


リョウコ「先生が書いてると思ってたけど先生のプロフィールがあれだから違うんだろうね」


天音「落ち着いたオトナの女教師を気取ってるとか書かれてるものね」


いつみ「というより先生以外のプロフィールもなかなか毒吐かれてるよね」


リョウコ「あー、悠水とか割とバカにされてるよね」


真乃「そうでしたっけ?」


リョウコ「プロフィールの最初の紹介文が“陽気な変わり者”だからね」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー



404:1 2017/04/21(金) 22:58:05.80 ID:aHKDWxkL0

天音「的確じゃないっ!」ビリビリ!!


真乃「確かにそうですけどっ!」ビリビリ!!


いつみ「あってるけどもっ!」ビリビリ!!


リョウコ「陽気な変わり者なのはそうなんだけどさ、真っ先に紹介するべき事じゃないと思うんだよね」


リョウコ「これ親友の悠水!陽気な変わり者だけどよろしくね!とか言わないでしょ?」


天音「そんなこと言われるやつとよろしくしたくはないわね」


リョウコ「で、その後の紹介文もさ」


リョウコ「“物事を面白くするのに変な情熱を燃やす“とか」


リョウコ「“正義感が強く、やる気は満々”とか」


リョウコ「“なぜか料理の腕前は天才的”とかろくな物がないよね」



405:1 2017/04/21(金) 22:58:52.36 ID:aHKDWxkL0

真乃「改めて聞くと“変な”“なぜか”“やる気は”の部分はバカにしてるように思えますね」


いつみ「むしろ悠水センパイが自分で書いてるんじゃないかとすら思うよね」


リョウコ「あー…、そう思って見ると悠水が書いてるようにしか見えなくなってくるね」


天音「って言うか、あたし達のも含めてプロフィールは全部、沙島悠水が書いてる、まであるんじゃない?」


リョウコ「悠水ならやりかねないね」


いつみ「じゃあプロフィールは悠水センパイが全部書いてるって事で…」


〈スクールガールストライカーズ・radiochannel・extra!


〈まっほー♪まなだよー♪


天音「なんか始まったわよ」



406:1 2017/04/21(金) 22:59:45.20 ID:aHKDWxkL0

〈さあ今晩も始まりましたスクールガールストライカーズradiochannel・extra!


〈パーソナリティーはまなとサトちんでお送りするんだよ!


〈よっ! \パチパチパチ!!/


真乃「拍手してますね」


〈では早速、最初のお便りの紹介といくですよ


〈えー、ラジオネーム“月影LOVE”さんからのお便りです


いつみ「誰だよ!」


〈コホン…まなさん、サトカさん、こんばんまっほー♪


〈こんばんまっほー♪


〈突然ですが、お二人に質問です


〈どうぞなんだよ!


〈えー、私にはAさんという親友がいます


〈ほうほう!



407:1 2017/04/21(金) 23:00:32.87 ID:aHKDWxkL0

〈Aさんは女性でありながら言動や立ち居振る舞いがかっこいい、いわゆるお○ぱいの付いたイケメンです


デデーン 杏橋 棗 アウトー


天音「そんな言い回し聞いたことないわよっ!」ビリビリ!!


いつみ「どこで言ってんだよっ!?」ビリビリ!!


〈伊緒ちんみたいな人なんだね!


〈私は、そんなAさんの事を王子様のように思ってきたのですが…


〈最近になってAさんが色気づいてきているのに気づいてしまいました


デデーン 杏橋 東雲 アウトー


天音「月影LOVEって神無木栞の事かいっ!」ビリビリ!!


リョウコ「その話またするんですかっ!?」ビリビリ!!



408:1 2017/04/22(土) 01:27:45.20 ID:VC9bFlS80

〈私としては昔のAさんに戻って欲しいのですが、どうしたらいいでしょうか?…との事ですよ


天音「それぐらい自分で決めなさいよ」


〈なかなかデリケートな問題なんだよ


リョウコ「そうかな?」


〈まなの場合、かっこいい伊緒ちんが好きだけど、そうでない伊緒ちんも好きなんだよね~


〈つまり!自分にとって魅力的な面 も、そうじゃない面も全て含めてその人の魅力なんだよ!


いつみ「あれ?意外とまともなアドバイス?」


〈だから月影LOVEさんもAさんの全ての面を好きになるといいんだよ!


〈なるほど…


天音「割と良いこと言うじゃない」



409:1 2017/04/22(土) 01:28:35.84 ID:VC9bFlS80

〈それか、いっそのこと押し倒して\ピー/して\ニャーン/して\バキューン/して月影LOVEさんの事しか考えられないようにしちゃえばいいんだよ!


[規制音連発]


デデーン 全員 アウトー


天音「あたしの感心を返しなさいよっ!」ビリビリ!!


真乃「どんな事を言ってるんですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「下ネタかよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「まなちゃんっ!?」ビリビリ!!


〈それはいささか過激では…?


〈そうかな?じゃあ…


〈月影LOVEさんがAさんを\アマネオンステージ!!/しちゃう…とかは?


天音「コラコラコラ!」


デデーン 棗 東雲 アウトー



410:1 2017/04/22(土) 01:31:24.63 ID:VC9bFlS80

いつみ「めっちゃ不本意な使い方されてるっ!」ビリビリ!!


リョウコ「規制音として使っちゃダメだよっ!」ビリビリ!!


天音「人のカットインをなんだと思ってるのよ!」


真乃「まあまあ」


〈うーん…それもちょっと…


〈まだダメ?じゃあ…


〈月影LOVEさんがAさんの\モクヒョウカンゼンハカイシマス!!/は?


真乃「ちょっと!?」


〈まあそれぐらいなら…


真乃「よくないですよ!」


デデーン 杏橋 アウトー


天音「よくないから規制音入っちゃってるんでしょうがっ!」ビリビリ!!


いつみ「まあ規制音入れてるだけで大したことは話してない気もするけどね」


リョウコ「さっき押し倒すとか言ってたけど!?」



411:1 2017/04/23(日) 00:47:24.36 ID:m8tT1mp80

〈えー、今のを月影LOVEさんの参考にしていただければ幸いです


〈頑張れなんだよ!


いつみ「後半は規制音で何言ってるかわかんなかったけどね」


天音「なんの参考にもならないわね」



〈では次のお便りを読み上げるですよ


〈えー、ラジオネーム“お米食べろ!!”さんからのお便りです


リョウコ「誰!?」


〈まなさん、サトカさん、天音、こんばんまっほー♪


〈こんばんまっほー♪


天音「パーソナリティーじゃないわよ!」


天音「あと呼び捨て!?」


〈えー、僕は境界内でレアダイヤを拾う事を日課にしているのですが…


真乃「あっ、これあからさんですね」



412:1 2017/04/23(日) 00:48:09.82 ID:m8tT1mp80

〈レアダイヤ1個の価値を現実の貨幣価値に換算するといくら位になるのでしょうか?


〈あー、考えた事もないんだよ


天音「売りさばく気満々じゃない」


いつみ「まぁ、宝石っぽいし高値で売れそうだよね」


リョウコ「そもそも現実世界に持ち出せるのかな?」


真乃「多分無理ですね」


〈…ときにまなさん、レアガチャ券という物をご存知でしょうか?


〈うん!まな達のメモカを見つけるのに必要なあれだよね!


〈はい、そのレアガチャ券なのですが、1枚300ステラコインの価値があるわけですよ


〈あっ、ちなみに1ステラコインは現実世界での1円と同価値ですのでそれを念頭に入れて聞いてくださいね


〈わかったんだよ!



413:1 2017/04/23(日) 00:50:04.89 ID:m8tT1mp80

〈レアガチャ券を1枚使うとオマケでレアダイヤが1個ついてきますよね


〈そうなんだよ!


〈つまりレアガチャ券1枚+レアダイヤ1個=300ステラコイン=300円となるわけですよ


真乃「そうですね」


〈それでですね、レアダイヤ10個をレアガチャ券1枚と交換出来る事を考えるとですね


〈レアダイヤ9個=300ステラコインに換算出来るわけですよ


〈つまり300÷9=33.3333…ですのでレアダイヤ1個の価値は約33ステラコイン…


〈つまり約33円という事になるですよ


〈安い!安いよサトちん!


〈メロンパンなら1つ約66円ですからね


デデーン 棗 アウトー


いつみ「安っ!」ビリビリ!!


天音「そりゃ誕生日に100個単位で貰うわけだわ」



414:1 2017/04/23(日) 00:50:37.17 ID:m8tT1mp80

リョウコ「隊長さんは業者か何かなの?ってくらい同じ物ばっかりくれるからね」


真乃「貰った物を一年で使い切るの大変ですよね」


天音「毎日ネイルシール使っても余るわよね」


リョウコ「キーホルダーとか貯まる一方だし」


いつみ「メロンパンとかの食べ物は家族とか友人に配れば消化出来るんだけどなー」


天音「あんたそんな事してたの?」


いつみ「近所の子供から妖怪メロンパンババアって呼ばれるくらいには」


デデーン 杏橋 李野田 東雲 アウトー


天音「どんだけ配って回ってるのよっ!?」ビリビリ!!


真乃「酷いあだ名ですねっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「そういう妖怪いそうだけどさっ!?」ビリビリ!!



415:1 2017/04/23(日) 00:52:32.16 ID:m8tT1mp80

いつみ「あっ、もちろんアタシも自分で食べれる分は食べてるからな?」


いつみ「ただどうしても限界ってものがあるし、腐らせるのも勿体ないから配って回ってるんだよ」


天音「冷凍すればいいじゃない」


いつみ「えっ」


真乃「えっ」


リョウコ「えっ」


天音「えっ?」


4人「…」













天音「…えっ?」フフッ


デデーン 杏橋 アウトー


天音「あたし変な事言ったっ!?」ビリビリ!!



416:1 2017/04/23(日) 00:53:44.36 ID:m8tT1mp80

いつみ「いや、家の冷凍庫に入りきる量じゃないから困ってるんだよ」


真乃「朝昼晩三食パンという日もザラですよね」


いつみ「そうそう」


リョウコ「他の食べ物が入らなくなっちゃうからチームハウスの冷凍庫の冷凍室に入れるわけにもいかないしね」


天音「えっ?あんた達、専用の冷凍ストッカー買ってないの?」


真乃「冷凍ストッカー?」


天音「冷凍専用のデカいクーラーボックスみたいなやつよ」


リョウコ「お肉屋さんとかにあるやつ?」


天音「そうそう、それの200lくらいのやつを貯金して買ったのよ」


デデーン 棗 アウトー


いつみ「猟師かっ!」ビリビリ!!


リョウコ「誕生日プレゼントを貰って舞い上がっちゃったんだね」



417:1 2017/04/23(日) 00:54:28.94 ID:m8tT1mp80

天音「まぁ、冷凍したところで減る量が増えるわけじゃないから貯まる一方だけどね」


真乃「だろうね」


天音「三年前のメロンパンとかまだあると思うわ」


リョウコ「それはさすがに捨てよう!?」


〈…というわけですのでレアダイヤを売るくらいなら、普通にアルバイトでもした方がいいかと


〈“お米食べろ!!”さん、参考になったかなー?


〈ではそろそろお別れのお時間ですよ


〈最後にこちらをお聴きください


〈ミュージックスタートなんだよ!


〈~♪


いつみ「卒業式とかでよく歌うやつじゃん」



418:1 2017/04/23(日) 00:58:22.69 ID:m8tT1mp80

〈~♪


天音「これ聴くとちょっと切ない気持ちになるのよね…」


ほたる&夕依「…」ドアガチャ


4人「!?」ビクッ!?


[マイクを持った賢宮ほたる・千年夕依が登場]


ほたる「…」


夕依「…」


〈~♪


ほたる「あーおーげばー とおーとしー♪」


夕依「わーがーしのー おーんー♪」カポッ


[夕依のマイクの中から三色団子]


デデーン 全員 アウトー


天音「その和菓子じゃないわよっ!」ビリビリ!!


真乃「我が師ですよっ!」ビリビリ!!


いつみ「なに仕込んでんだよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「そのマイクとお団子わざわざ作ってきたのっ!?」ビリビリ!!



419:1 2017/04/23(日) 23:25:45.51 ID:m8tT1mp80

上記の就寝場所は当直室ではなく宿直室の誤りでした

その他の誤字脱字と合わせてお詫び申し上げます



420:1 2017/04/23(日) 23:26:21.45 ID:m8tT1mp80

ほたる「…いまーこそー わかーれめー♪」


夕依「んんー んんーんー♪」モグモグ


天音「歌い切ったわよ」


いつみ「一人団子食ってるけどな」


ほたる「…はいっ!ご静聴ありがとうございました!」ペコリ


夕依「んんんんーんんんんんん!」ペコリ


リョウコ「多分ありがとうございましたって言ってるんだろうけど、食べてから喋ろう!?」


夕依「んっ…今ので今日の訓練工程は終わりですので、後はゆっくりお眠りくださいね」


夕依「では失礼いたします」ドアガチャ


ほたる「おやすみなさーい!」ドアガチャ


[ほたる&夕依退室]


真乃「…だそうですが」


天音「信じて良いのかわからないわよね」


いつみ「日付が変わったら来るとか?」



421:1 2017/04/23(日) 23:27:40.01 ID:m8tT1mp80

リョウコ「でも起きててもしょうがないし寝るしかないよね」


天音「まぁ、そうなんだけど」


いつみ「じゃあ寝ますか」


真乃「ですね」


4人「おやすみなさーい…」


[全員就寝]


~現在PM9:40~


…………………
………………
……………
…………
………
……















[翌朝]

~現在AM7:30~


4人「Zzz…」グースカピー…


[まだ寝ている4人]


夕依「…」ドアガチャ


若月チカ「…」ドアガチャ


[ボストンバッグを持った夕依&チカがこっそり入室]



422:1 2017/04/23(日) 23:28:25.72 ID:m8tT1mp80

4人「Zzz…」グースカピー…


チカ「…」スッ スッ スッ


[4人の布団を囲むようにドラゴン花火を設置していくチカ]


夕依「…」グググッ…


天音「Zzz…モガッ…Zzz…」グイッ


[天音の口に芋羊羹をねじ込む夕依]


チカ「終わったよー…」ヒソヒソ


夕依「こちらも準備完了いたしましたー…」ヒソヒソ


チカ「…じゃあ着火まで5…」ヒソヒソ


チカ「4…」


チカ「3…」


チカ「2…」


チカ「1…」


チカ「着火っ!」カチッ ジュッ!


シュワーーーーーーーーーー!!!!!!


いつみ「Zzz…んー…?」ボンヤリ


真乃「Zzz…んんっ…?」ボンヤリ


リョウコ「Zzz…もう食べられないよ悠水ぃ…んっ…?」ボンヤリ


天音「Zzz…モガッ…モガガ…?」ボンヤリ



423:1 2017/04/23(日) 23:29:14.41 ID:m8tT1mp80

3人「熱っっっっっ!?」ジュッ!


天音「ンンンンン!?」ジュッ!


[ドラゴン花火から出る大量の火花が4人を襲う]


リョウコ「何これっ!?何これっ!?」ガバッ!


真乃「えっ!?何っ!?なんですかこれっ!?」ガバッ!


いつみ「なんだよこれっ!?」ガバッ!
 

天音「ンンンンン!?」モグモグ!


デデーン 李野田 棗 東雲 アウトー


真乃「なんでっ!?」ビリビリ!!


いつみ「なに食ってんだよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「どういう状況っ!?」ビリビリ!!


天音「…んっ、なにこれ!?」ゴクン


いつみ「こっちが聞きたいわ!」


リョウコ「ちょっとこれなに花火!?」


真乃「これどうしたらいいんですか!?」


天音「熱っ!?」ジュッ!



424:1 2017/04/23(日) 23:30:15.45 ID:m8tT1mp80

夕依「皆さんおはようございます」ペコリ


チカ「おっはよー!」


[夕依とチカは廊下に退避済み(宿直室のドアは開いたまま)]


リョウコ「おはようじゃないよっ!?」ジュッ!


天音「あんた達なにやらかしてんのよ!?」ジュッ!


チカ「モーニング花火だよ!」


真乃「モーニング花火!?」ジュッ!


いつみ「これまだ消えないのかよ!?」ジュッ!


チカ「あと三分ぐらいしたら消えるはず!…多分!」


天音「長いわね!?」ジュッ!


真乃「多分って!?」ジュッ!


[宿直室を走り回る4人]


ワー キャー ジュッ! アツッ! ドタバタ ジュッ!


…………………
………………
……………
…………
………
……



425:1 2017/04/23(日) 23:30:52.04 ID:m8tT1mp80

[五分後]


4人「ハアハア…!」ゼエゼエ


[ドラゴン花火鎮火]


いつみ「長いわ…!」ゼエゼエ


天音「どんな材料使ってんのよ…!」ゼエゼエ


真乃「部屋中焦げ痕だらけですよ…!」ゼエゼエ


リョウコ「もうただの火事だよ…!」ゼエゼエ


チカ「でも綺麗だったよね?」


天音「そんな余裕無いわよ…!」ゼエゼエ


夕依「天音さん、モーニング芋羊羹はいかがでしたでしょうか?」


天音「美味しかったわよ!!!」


デデーン 棗 東雲 アウトー


真乃「即答っ!?」ビリビリ!!


いつみ「その余裕はあるんかいっ!」ビリビリ!!


リョウコ「声張り過ぎっ!」ビリビリ!!



426:1 2017/04/23(日) 23:31:48.04 ID:m8tT1mp80

夕依「喜んでいただけたようでなによりです」クスッ


夕依「…では後ほどティエラ先生がいらっしゃるので、今のうちに身支度を済ませておいてくださいね」ペコリ


夕依「それでは失礼いたします」ドアガチャ


チカ「バイバーイ!」ドアガチャ


[夕依&チカ退室]


4人「…」グッタリ


天音「…ハァ…」


いつみ「朝からキツいなぁ…」


真乃「今何時なんでしょうね…」


リョウコ「時計とか無いからね…」


ティエラ「おはようございまーす」ドアガチャ


ティエラ「皆さん昨日はよく眠れましたかーって焦げ臭っ!?」


ティエラ「えっ!?この惨状は一体何事ですか!?」


真乃「端的に言えば火事です」


ティエラ「何があったんですか!?」



427:1 2017/04/28(金) 13:09:39.29 ID:Tk1qtxz0O

ティエラ「皆さん怪我とかしたりしてないですよね!?」


天音「そこまでヤワじゃないわよ」


真乃「まぁ、エテルノではこの程度で怪我したりしないよね」


いつみ「めっちゃ熱かったけどな」


リョウコ「むしろ私達より部屋の方が大変だよね」


真乃「こういう場合の修繕費って時空管理局の経費では賄えないですよね?」


ティエラ「…あ”っ!」



428:1 2017/04/28(金) 13:10:11.16 ID:Tk1qtxz0O

ティエラ「布団は買い換えとして…うわっ…畳も酷い有り様ですね…」ブツブツ


ティエラ「ふすまも焦げ痕だらけですし…他の家具にも焦げ痕が…」ブツブツ


ティエラ「壁紙も新しく貼り直すとして…ああ…修繕費が…」ブツブツ


ティエラ「…いっそ全面的にリフォームしてしまった方が安上がりでしょうか…」ブツブツ


天音「ご愁傷様」


リョウコ「部屋中まんべんなく被害があるからね」


いつみ「こりゃ、降神三姉妹も外でキャンプするわけだわ」


真乃「…まさかとは思いますが、ハナからリフォーム目的だったりしませんよね?」


いつみ「まさかぁ」


リョウコ「さすがにそこまでは…」



429:1 2017/04/28(金) 13:11:11.14 ID:Tk1qtxz0O

天音「あの降神あからにそんな悪知恵が働くとでも?」


真乃「天音の言い方は悪いけど…まぁそうだね」


いつみ「どっちかって言うとアザーズにもチームハウスに入って欲しい誰かの差し金かな」


リョウコ「もしそうだとしたら理由は微笑ましいけどやり方が過激すぎるよ!」


ティエラ「あー…、とりあえず訓練も残りわずかですので、そちらを進めるとしましょうか…」


ティエラ「体育館で朝礼がありますので、そちらに向かいましょう」



430:1 2017/04/28(金) 13:11:55.92 ID:Tk1qtxz0O

[廊下に出る4人とティエラ]


~廊下~


~現在AM7:40~


真乃「訓練終了まで残り四十分ですか…」


リョウコ「いよいよここまで来たって感じだね」


天音「禄に授業も受けてないけどね」


いつみ「まぁ、本家も割とそういう感じだからね」


















モルガナ「…あら、皆さんおはようございます」フワフワ


天音「げっ…」


[廊下に浮いているモルガナと遭遇]


モルガナ「まるで厄介者にでも会ったようなリアクションですね」


天音「実際厄介者じゃない」


リョウコ「天音ちゃん失礼だよ!?」


モルガナ「いえいえ、私が信用できないのは当然の事ですので構いませんよ」



431:1 2017/04/28(金) 13:12:42.17 ID:Tk1qtxz0O

真乃「うちの天音が失礼な態度をとって申し訳ありません…」ペコリ


いつみ「このツンデレには後できつく言い聞かせときますので…」ペコリ


天音「ツンデレじゃないわよ!」


天音「っていうかあんた達あたしのなんなのよ!?」


デデーン 東雲 アウトー


リョウコ「両親と反抗期の娘みたいだよっ!」ビリビリ!!


モルガナ「ふふっ、随分と仲がよろしいようで」


天音「…で?何の用よ?」


モルガナ「今朝の宿直室での一件について謝罪をしようかと思いまして」


いつみ「あんたの差し金かい!」


ティエラ「あんまり無茶されると困りますよ!」



432:1 2017/04/28(金) 13:13:24.06 ID:Tk1qtxz0O

モルガナ「降神三姉妹にもチームハウスで暮らしてもらいたかったので、和菓子と花火のお二人に─」


リョウコ「和菓子と花火って」


モルガナ「“少しの間、宿直室を使えなくなるようにしてもらえませんか?”」


モルガナ「─とお願いしただけなのに、まさかあんな大惨事になるとは予想外でした」


モルガナ「ご迷惑おかけしてすみませんね」


天音「本当よ…」


モルガナ「それと棗いつみさん」


いつみ「えっ?」


モルガナ「ヌメヌメしたもののお味はいかがでしたか?」


いつみ「あれもお前の差し金か!」


モルガナ「あら、お口に合いませんでしたか?」



433:1 2017/04/28(金) 13:14:04.16 ID:Tk1qtxz0O

いつみ「合う合わないとかいう問題じゃないんだよ!」


いつみ「あれは口に入れていいものじゃないんだよ!」


モルガナ「それは申し訳ありません」


モルガナ「とあるチャンネルでは高級珍味として珍重されていたものでしたので…」


いつみ「あっ、そうなの?」


モルガナ「まぁ嘘ですけど」


いつみ「てめぇこの野郎!」


デデーン 杏橋 李野田 東雲 アウトー


天音「からかわれてるわねっ!」ビリビリ!!


真乃「落ち着いてくださいっ!」ビリビリ!!


リョウコ「女の子が“てめぇ”なんて言っちゃダメだよっ!?」


モルガナ「まあまあ、身体に実害はありませんので安心してください」


いつみ「そこじゃないんだよ!」



434:1 2017/04/28(金) 13:15:19.80 ID:Tk1qtxz0O

モルガナ「それから杏橋天音さん」


天音「なによ」


モルガナ「今回の訓練はあなたの…いえ、これを今言うのは無粋というものですね」クスッ


天音「気になるから言いなさいよ!」


モルガナ「では訓練も残りわずかですが最後まで気を抜かないように」


天音「ちょっと!?」


モルガナ「では失礼いたします」スゥー


[モルガナ消失]


天音「言ってから消えなさいよ!」


デデーン 棗 アウトー


いつみ「自分から振っといて全無視ってっ!」ビリビリ!!


真乃「最後、何を言う気だったんですかね」


リョウコ「今回の訓練が天音ちゃんの…までは聞こえたけど」


天音「どうせ禄な事じゃないんでしょうけどああ言われると気になるわね…」



435:1 2017/04/28(金) 13:16:11.70 ID:Tk1qtxz0O

ティエラ「…えー、ではモルガナさんも居なくなったところで改めて体育館へ向かいましょうか」


天音「そういえばそうだったわね」


………………
……………
…………
………
……
















~体育館~


~現在AM7:50~


[体育館のステージ前に並ぶ4人とティエラ]


いつみ「朝礼なのに誰も居ない件についてどう思うよ?」


天音「揃いも揃って寝坊してるんじゃないでしょうね?」


[体育館に誰も居ない]


ティエラ「あの、そろそろ始まりますので少々お待ちを…」


真乃「始まるって…何ですかね?」


リョウコ「さぁ…?」
















〈~♪


4人「あっ」


[スピーカーからラジオ体操の音楽]



437:1 2017/04/29(土) 22:22:27.05 ID:FxVHR88VO

いつみ「…おっ?」


椿芽ハヅキ二穂あおいフェイあから「…」ゾロゾロゾロ


[舞台袖からジャージ姿の斬撃組がステージに登場]


天音「また濃いのが来たわね」


真乃「斬撃組の皆さんですね」


リョウコ「なんでみんな真顔なの?」


[ステージに並ぶ斬撃組]


〈~腕を前から上に挙げてー!大きく背伸びの運動ー!♪


リョウコ「この声って…」


[ナレーションがオディール]


〈あそーれっ!いっち!にーっ!さん!すぃー!


斬撃組「…」スッ スッ スッ


デデーン 杏橋 李野田 アウトー


天音「うるさっ!」ビリビリ!!


真乃「ナレーションの主張が強すぎますっ!」ビリビリ!!


〈にー!にー!さん!すぃー!


斬撃組「…」スッ スッ スッ



438:1 2017/04/29(土) 22:23:05.71 ID:FxVHR88VO

天音「あんた達よく平然と出来るわね」


斬撃組「…」スッ スッ スッ


天音「しっかし普通にラジオ体操やってるわね…」


いつみ「これアタシ達もやった方がいいのかな?」


リョウコ「えっ、やらないの?」スッ スッ スッ


いつみ「何で体操やってるんですか」


天音「少しは警戒心を持ちなさいよ」


真乃「とりあえず様子を見てからにしませんか?」


リョウコ「みんな厳しくない?」


〈~次は大きく腕を回してー!ぐいーん!♪


椿芽「フッ」


天音「あいつ笑ったわよ」


[堪えられなかった椿芽]



439:1 2017/04/29(土) 22:23:58.11 ID:FxVHR88VO

[三分後]


〈~深く息を吸ってー!はいてー!♪


斬撃組「…」スゥー ハァー


天音「もう終わっちゃうけど」


真乃「特に変わったところはなかったね」


リョウコ「普通にっ、はぁー、ラジオ体操をやってただけだったね」スゥー ハァー


いつみ「アタシ達は何を見せられてるんだろうな」


〈~よーし!お疲れっしたー!♪…


[ラジオ体操の音楽が終了]


天音「何がしたいのよ」


〈~♪


[ラジオ体操の音楽が再開」


いつみ「エンドレスなの!?」


〈~続けてストライカーの運動ー!♪


4人「!?」



440:1 2017/04/29(土) 22:24:55.45 ID:FxVHR88VO

〈~右手を上に挙げてー!軽くジャンプ!♪


斬撃組「天音オンステージ!」ピョン!


デデーン 全員 アウトー


天音「あたしのカットインを酷使しすぎよっ!」ビリビリ!!


真乃「ストライカーの運動ってっ!」ビリビリ!!


いつみ「こういう事かよっ!」


リョウコ「天音ちゃんいじられすぎっ!」ビリビリ!!


〈~右手を上に挙げてー!軽くジャンプ!♪


斬撃組「天音オンステージ!」ピョン!


天音「もういいわよ!」


椿芽「フフッ」


天音「笑ってんじゃないわよ!!!」


デデーン 東雲 アウトー


リョウコ「椿芽ちゃん我慢してっ!?」ビリビリ!!


椿芽「ふっ…すみません…」プルプル


〈~左手を開いて指を下に向けー!捻るように前に突き出す!♪



441:1 2017/04/29(土) 22:26:03.32 ID:FxVHR88VO

斬撃組「ひなちゃんスペシャルあたーっく!」ビシッ!


天音「あー、見たことあるわ」


リョウコ「ひなちゃんスペシャルあたーっく!」ビシッ!


天音「何やってんの?」


リョウコ「このポーズやってみたかったんだよね!」


天音「家でやりなさい家で」


いつみ「天音オンステージ!」ピョン!


天音「何やってんの!?」


いつみ「アタシも前々からこれやってみたくて…」


天音「それ絶っ対嘘でしょ」


いつみ「バレたか」


天音「こいつ…」


〈~右手を腰の位置まで下ろしてー!左斜め上に一気に挙げるー!♪


斬撃組「末葉神影流…贄の太刀!」シュバッ!


真乃「そのポーズだと太刀というより手刀ですよね」


天音「剣術要素皆無よね」



442:1 2017/04/29(土) 22:26:52.12 ID:FxVHR88VO

〈~右手を腰の位置まで下ろしてー!左斜め上に一気に挙げるー!♪


斬撃組「美山流奥義、花椿の舞!」シュバッ!


天音「さっきと同じ動きじゃない」


〈~右手を腰の位置まで下ろしてー!左斜め上に一気に挙げるー!♪


斬撃組「斬…!滅…!」シュバッ!


天音「だからさっきと同じじゃない!」


いつみ「バリエーション少なっ!」


真乃「斬撃組の皆さんこのポーズ好きですね」


リョウコ「必殺技ポーズだからね」


〈~右手を腰の位置まで下ろしてー!左斜め上に一気に挙げるー!♪


斬撃組「こっちの番だね!そりゃ!」シュバッ!


デデーン 全員 アウトー



443:1 2017/04/29(土) 22:27:40.09 ID:FxVHR88VO

天音「必殺技が“そりゃ!”ってっ!」ビリビリ!!


真乃「ポーズは決まってるのにっ!」ビリビリ!!


いつみ「この流れで出すなよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「他の人と比べると適当に見えちゃうよねっ!」ビリビリ!!


〈~最後は澄原式深呼吸ー!♪



斬撃組「すぅー…」スゥー


斬撃組「ほぉー…」ハァー


天音「ほぉー…って」


いつみ「吸った分出てなくない?」


〈~以上ー!お疲れっしたー!♪…


斬撃組「…」ペコリ


[ラジオ体操終了]


椿芽ハヅキ二穂フェイあから「…」タッタッタッタッ


[あおい以外退場]


あおい「…よし!では、これより朝礼を始める!」


天音「今の体操はなんだったのよ!?」


あおい「ただの余興だ!」



444:1 2017/04/29(土) 22:28:20.28 ID:FxVHR88VO

真乃「声を荒げてまで言う事じゃないですよね」


あおい「…さて、今朝をもって君達もストライカーの一員として戦場へと向かうわけだが…」


リョウコ「いきなり前線ですか!?」


いつみ「碌に訓練や授業も受けてないのに!?」


あおい「ストライカーとして戦う以上、様々な危険や困難に立ち向かわなければならない事もあるだろう」


天音「…そうね」


あおい「…だが、そんな時にはこの事を思いだしてもらいたい」















あおい「“どんな困難や危険もこの訓練よりはマシだ”!と!」


デデーン 全員 アウトー



445:1 2017/04/29(土) 22:28:59.95 ID:FxVHR88VO

天音「そうでしょうよっ!」ビリビリ!!


真乃「そうでしょうねっ!」ビリビリ!!


いつみ「そうだろうよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「そう思うよっ!」ビリビリ!!


あおい「以上をもって朝礼を終わりにする!解散!」タッタッタッタッ


[あおい退場]


いつみ「朝礼短っ」


天音「ラジオ体操の方が長かったじゃない!」


ティエラ「いやー、いい話でしたね」


真乃「そうですか?」


ティエラ「では、訓練もまもなく終わりですので校門へと向かいましょう」


リョウコ「あー、やっとだよー…」


ティエラ「行きますよー」ガラララ


4人「はーい」


[体育館を出て校門へと向かう4人とティエラ]



446:1 2017/04/29(土) 22:31:13.95 ID:FxVHR88VO

~校門へと向かう道~


~現在AM8:05~


天音「…んー、いい天気ね」ノビッ


[歩きながら両手を上に伸ばす天音]


いつみ「昨日の朝から今までずっと室内だったからなぁー…っと」ググッ


[歩きながら両手を頭の後ろで組むいつみ」


リョウコ「朝日が目にしみるよねー」


真乃「ちょっと眩しいですね」


[訓練終了も近づきほんわかムードの4人]


天音「さっさと帰ってシャワー浴びたい…ん?」











モニカ「…おっ、グッモ~ニ~ン諸君~」


[夜ふかしウェアのモニカに遭遇]


リョウコ「うわぁ」


モニカ「“うわぁ”とはなんだね“うわぁ”とは」


リョウコ「だってモニカさん絶対面倒くさい事になるじゃないですか」



447:1 2017/04/29(土) 22:32:44.75 ID:FxVHR88VO

モニカ「言うねぇ」バサバサ!!


いつみ「あと頭に鳥止まってますよ」


[モニカの頭の上にサヨナキドリ]


天音「いじると面倒くさい事になるから、そういうのは見て見ぬ振りしなさいよ」


真乃「無視できる大きさじゃないけどね」


モニカ「あ~、この鳥大きくて可愛いよね~」バサバサ!!


[羽ばたくサヨナキドリ]


リョウコ「いや、可愛いですけど…」


モニカ「これ着地の度にめっちゃ頭に爪食い込むけどね」バサバサ!!


モニカ「痛たたた」バサバサ!!


天音「…で、何の用よ?」


モニカ「いや、訓練ももうちょっとで終わりでしょ?」バサバサ!!


モニカ「だからもう少し傷跡を残していこうかなって思ってさ~」バサバサ!!



448:1 2017/04/29(土) 22:33:37.31 ID:FxVHR88VO

モニカ「痛たたた」バサバサ!!


天音「そのままだとあんたの頭に傷跡が残っちゃうわよ?」


真乃「それに傷跡を残さなくてももう充分だと思いますけど?」


リョウコ「昨日やりたい放題やってましたよね?」


いつみ「声も聞き飽きるほど聞いたから充分だよね」


天音「あたしもこいつらと同意見だからもう帰ってもらえる?」


モニカ「君達は遠慮という言葉を知らないのかな?」バサバサ!!


モニカ「まぁ、そう言うと思って助っ人を用意させてもらっ」バサバサバサバサ!!


モニカ「痛だだだだだ!」バサバサバサバサ!!


[モニカの頭を爪で掴んだまま羽ばたくサヨナキドリ]


デデーン 全員 アウトー



449:1 2017/04/29(土) 22:34:47.95 ID:FxVHR88VO

天音「その鳥もう降ろしなさいよっ!」ビリビリ!!


真乃「痛いなら降ろしましょうっ!?」ビリビリ!!


いつみ「獲物扱いされてますよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「懐かれてないのっ!?」ビリビリ!!


モニカ「痛っ!ちょっ!ゴメンて!」バサバサ!!


モニカ「しっ!しっ!」バササー!!


[どこかへ飛び立つサヨナキドリ]


モニカ「…え~、では改めて…」


リョウコ「助っ人って言ってたよね…?」


いつみ「嫌な予感しかしない…」


モニカ「ではでは助っ人カモ~ン」
















悠水「呼ばれて飛び出てシルブプレーッ!」ガサガサ!!


[生け垣から白スクを着た悠水登場]


デデーン 全員 アウトー



450:1 2017/04/30(日) 21:48:10.62 ID:ugIdVnTv0

天音「またあんたかいっ!」ビリビリ!!


真乃「どこから出てきてるんですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「何で白スクっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「朝から悠水はキツいってっ!」ビリビリ!!


悠水「誰が朝食べる豚骨ラーメンか!」


リョウコ「そんな事言ってないよ!」


リョウコ「っていうか豚骨ラーメンの方がまだあっさりだよ!」


悠水「なんだとこの野郎!」


リョウコ「野郎じゃないよ!」


デデーン 杏橋 李野田 棗 アウトー



451:1 2017/04/30(日) 21:48:48.11 ID:ugIdVnTv0

天音「喧嘩してんじゃないわよっ!」ビリビリ!!


真乃「親友ですよねっ!?」ビリビリ!!


いつみ「親友だからこそかもしれないですけどっ!」ビリビリ!!


天音「だいたい朝から豚骨ラーメン食べないから!」


モニカ「あ~、人によっては食べるんじゃないかな~」


悠水「博多っ子なら朝からばり食べるっちゃかとうよ!」


天音「適当に方言を言ってると福岡県民から明太子でぶん殴られるわよ?」


リョウコ「…で?朝からどんなくだらない事しようっていうの?」イライラ


悠水「今朝は随分と喧嘩腰だね!?」


悠水「…えー、では朝から胃もたれ必至!こってりネタいきまーす」


リョウコ「キツいの自覚してるじゃん!」



452:1 2017/04/30(日) 21:49:58.76 ID:ugIdVnTv0

悠水「モニカさん!音楽チェケラ!」


モニカ「OKサジ~マ!」ガサガサ スッ


いつみ「急に外人みたいなテンションに!?」


天音「外人よ」


[生け垣からラジカセを取り出すモニカ]


悠水「…それではお聞きください」


悠水「沙島悠水feat.モニカ・ブルーアッシュでメロンパンサーキュレーション…!」


モニカ「ミュージック~スタート!」ポチッ


ラジカセ〈~♪


悠水「でもそんなーんじゃダーメ!!!♪」


モニカ「YES!!!」


悠水「でもそんなーんじゃほーら!!!♪」


モニカ「OH!!!」


悠水「メロンーはパンするよー!!!♪もーっともーっと!!!♪」


モニカ「FU↑FU↑FU↑FU↑!!!」


デデーン 全員 アウトー



453:1 2017/04/30(日) 21:50:38.27 ID:ugIdVnTv0

天音「うるさいわよっ!」ビリビリ!!


真乃「合いの手っ!」ビリビリ!!


いつみ「メロンはパンするって何だよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「二人ともウザいよっ!」ビリビリ!!


〈~♪


悠水「もう食べ飽きたメロンパンなら♪」


悠水「これからは冷凍すればいいやって♪」


悠水「冷凍庫、押し込んだ、あれっ?やっばこれ入らなくない?♪」


デデーン 全員 アウトー


天音「それ昨日した会話っ!」ビリビリ!!


真乃「聞いてたんですかっ!?」ビリビリ!!


いつみ「わざわざリズムに乗せてっ!」ビリビリ!!


リョウコ「バカじゃないのっ!?」ビリビリ!!



454:1 2017/04/30(日) 21:51:56.96 ID:ugIdVnTv0

モニカ「フワフワな~メロンパン♪」


悠水「冷凍してカチコチに凍っちゃたけど♪」


モニカ「フワフワな~メロンパン♪」


悠水「トースターで温めてもう一度フワフワになる~♪」


悠水「隊ー長さん、ありがとうー♪」


モニカ「若干ー迷惑でもー♪」


悠水「大量のメロンパンー♪」


モニカ「いただきまーす♪」


デデーン 全員 アウトー


天音「迷惑ってっ!」ビリビリ!!


真乃「若干そうですけどもっ!」ビリビリ!!


いつみ「余りまくってるけどもっ!」ビリビリ!!


リョウコ「もう少しオブラートに包もうよっ!」ビリビリ!!



455:1 2017/04/30(日) 21:52:35.98 ID:ugIdVnTv0

悠水「でもそんなーんじゃダーメ!!!♪」


モニカ「YEAH!!!」


悠水「でもそんなーんじゃほーら!!!♪」


モニカ「FUUUUUU!!!」


悠水「メロンパンは貯まるよー!!!♪ずーっとずーっと!!!♪」


モニカ「BRAKE DOWN!!!」


デデーン 全員 アウトー


天音「勢いっ!」ビリビリ!!


真乃「もう何なんですかっ!」ビリビリ!!


いつみ「テンションっ!」ビリビリ!!


リョウコ「何もかもウザすぎるよっ!」ビリビリ!!


悠水「えー、では最後に謎かけを一つ…」


リョウコ「もういいよ!」


天音「どんなメンタルしてんのよ!」



456:1 2017/04/30(日) 21:53:31.17 ID:ugIdVnTv0

悠水「えー、私、沙島悠水とかけましてー」


モニカ「かけましてー?」


悠水「お花見を楽しみにしていた、ゆかこ先生とときます」


モニカ「そのこころは?」


悠水「どちらも“ようき”(陽気・酔う気)でしょう!」


モニカ「よっ!」パチパチパチ!!


悠水「ジャスティス!!!」ガサガサ!!


[生け垣に飛び込み去る悠水]


デデーン 全員 アウトー


天音「無駄に上手い事言ってんじゃないわよっ!」ビリビリ!!


真乃「何でまた生け垣にっ!?」ビリビリ!!


いつみ「いつか怪我するよっ!?」ビリビリ!!


リョウコ「最後までバカじゃないのっ!?」ビリビリ!!


モニカ「いや本当、あの人なんなんだろうね?」


真乃「モニカさんも大概ですよ?」



457:1 2017/04/30(日) 21:54:17.17 ID:ugIdVnTv0

モニカ「じゃあそろそろ私もドロンさしてもらうね~」


いつみ「ノエルさんかよ」


モニカ「それじゃみんな、お疲レイジング・ペティカ~」タタタッ


[校舎の方へ走り去るモニカ]


天音「お疲レイジング・ペティカって…」


リョウコ「長い上に語呂が悪いよね」


ティエラ「…ではモニカさんも居なくなったことですし、改めて校門へと向かいましょうか」


ティエラ「あと、今のでちょっと時間が押してしまったので校門まで走って行きますから」ダダダッ!!


[校門へと走るティエラ(全力ダッシュ)]


リョウコ「ええっ!?」


天音「急に!?」


真乃「時間くらい管理してくださいよ!?」


いつみ「うわっ、先生ガチ走りじゃん!?」



458:1 2017/04/30(日) 21:55:35.22 ID:ugIdVnTv0

天音「とにかく追いかけるわよ!」ダッ!


真乃「そうだね!」ダッ!


いつみ「仕方ないなぁ!」ダッ!


リョウコ「先生大人げないよ!」ダッ!


[ティエラを追いかける4人]




















~エテルノ校門前~


~現在AM8:15~


天音「ハァハァ…」ゼェゼェ


いつみ「朝っぱらから…全力ダッシュとか…」ゼェゼェ


真乃「キツ過ぎ…ますよ…」ゼェゼェ


リョウコ「寝起きに…走り回ったばっかりなのに…」ゼェゼェ


[全力で走ってきた4人]


天音「そのくせ…あいつはまだ着いてないし…」ゼェゼェ

















ティエラ「…ハァ…ハァ…」ヨロヨロ


[4人の50m後ろでふらつくティエラ]


いつみ「遅っ…」ゼェゼェ



459:1 2017/04/30(日) 21:56:23.12 ID:ugIdVnTv0

ティエラ「皆さ~ん…待って…ください…」ヨロヨロ


天音「はぁー…待ってるから早くきなさいよ」


リョウコ「かなり早い段階で抜かれてたから、あれっ?って思ったよね」


真乃「何がしたいんですかね」


ティエラ「…はぁー…はぁー…」ヨロヨロ


いつみ「もうちょっとだから頑張ってくださーい」


ティエラ「はぁー…」ピタッ


[膝に手をついて立ち止まるティエラ]


デデーン 杏橋 アウトー


天音「こっち着いてから休みなさいよっ!」ビリビリ!!


ティエラ「はぁー…はぁー…」グッタリ



460:1 2017/04/30(日) 21:59:08.61 ID:ugIdVnTv0

~現在AM8:18~


天音「ほら時間ないから早く!」


リョウコ「もう訓練終わっちゃいますよ!?」


ティエラ「すみません…もう…動けません…」ゼェゼェ


いつみ「あぁもう!しょうがないなぁ!」ダッ!


[ティエラに駆け寄るいつみ]


いつみ「ほら肩に掴まってください!」ガシッ


ティエラ「すみません…」ヨロヨロ


~現在AM8:19~


真乃「あと一分切りましたよ!」


いつみ「よいしょ!」ダッ!


ティエラ「ちょっ!早いです!足引きずって痛い痛い痛たたたた!」ズリズリ


[ティエラを引きずりつつ走るいつみ」


デデーン 杏橋 東雲 アウトー


天音「我慢しなさいよっ!」ビリビリ!!


リョウコ「もー、最後の最後までっ!」ビリビリ!!



461:1 2017/04/30(日) 22:11:02.80 ID:ugIdVnTv0

いつみ「よーしゴール!」ダッ!


ティエラ「痛っ!」ズリッ!


[いつみと共にティエラも校門前に到着]


~現在AM8:20~


[訓練終了!]


ティエラ「はぁー…はぁー…」ゼェゼェ


天音「ほら、訓練終わったからさっさと締めなさいよ」


リョウコ「ちょっと待ってあげよう!?」


真乃「もうゆっくり休んでもらっても構いませんから…」


ティエラ「すみません…」ゼェゼェ
















[三分後]


ティエラ「はぁー…はぁー…」ゼェゼェ


いつみ「ふふっ、長くないですか?」



462:1 2017/04/30(日) 23:24:10.45 ID:ugIdVnTv0

[更に三分後]


ティエラ「ご迷惑おかけしました…」


天音「本当よ」


ティエラ「えー、では本日午前8:20をもちまして訓練の終了を宣言させていただきます!」


真乃「だいぶオーバーランしましたけどね」


ティエラ「皆さんお疲れ様でした!」


4人「お疲れ様でーす…」


ティエラ「…」


4人「…」


ティエラ「…?」


4人「…?」


ティエラ「…あの、何か?」


リョウコ「えっ?」


真乃「今ので終わりですか?」


ティエラ「そうですけど?」


いつみ「そんなあっさり!?」


天音「普通もうちょっと何かあるでしょ!?」


ティエラ「そう言われても…」












モルガナ「では私から一言よろしいでしょうか?」スゥー



463:1 2017/04/30(日) 23:25:30.83 ID:ugIdVnTv0

[上空からモルガナ登場]


モルガナ「まずは皆さん、訓練終了おめでとうございます」


リョウコ「あ、ありがとうございます?」


モルガナ「では、この訓練の本当の目的について説明させてもらいますね」


真乃「本当の目的…ですか?」


ティエラ「えっ、何の事ですか!?」


モルガナ「この訓練はEXRの精神汚染に耐えうる精神力を培うもの…という名目で行われていました」


ティエラ「…ええ、そうですが…」


モルガナ「ですが、本当の目的は…杏橋天音さん、あなたにEXRを扱える精神力があるかどうかのテストだったのですよ」


天音「はぁ…?」


ティエラ「…待ってください!訓練を受けた皆さんは、私が適当に決めた4人で…」



464:1 2017/04/30(日) 23:27:44.45 ID:ugIdVnTv0

モルガナ「そう思うようにあなたの深層心理に暗示をかけさせてもらいました」


いつみ「怖っ!?」


真乃「洗脳か催眠術の類ですか!?」


モルガナ「いえ、この方の私室の目につく場所に果物を置いただけですよ」


ティエラ「あれあなたの仕業だったんですか!?」


ティエラ「どうりで最近、アンズやスモモやナツメをよく目にするなー、とは思いましたが…」


天音「ただのサブリミナル効果じゃない!」


いつみ「良く上手い事いきましたね!?」


真乃「先生の思考回路単純すぎませんか!?」


リョウコ「…って、私は!?」


モルガナ「それでしたら線香の箱を置きまして…」


リョウコ「それ青雲!東雲じゃないよ!」



465:1 2017/04/30(日) 23:33:15.26 ID:ugIdVnTv0

リョウコ「先生も先生でなんで私を連想しちゃうんですか!?」


ティエラ「さぁ…?」


モルガナ「そして、なぜそんな事をしたかの理由についてですが…」


モルガナ「まぁ、言葉で説明するよりこちらを見せた方が早いですね」スッ


天音「…っ!これって!」


[最果てのプレリュード+1]


真乃「天音のEXR!?」


いつみ「しかも覚醒済み!?」


リョウコ「これどうしたんですか!?」


モルガナ「こちらは隊長さんから預かったものなのですが…」


モルガナ「現在の杏橋天音さんにこちらを扱える精神力が備わっているか心配だったようでして」クスッ


天音「あいつ…」ウルッ


いつみ「…あれっ?これアタシ達関係なくない?」



466:1 2017/05/01(月) 17:50:44.51 ID:X2jQBS2bO

モルガナ「いえいえ、より杏橋天音さんの素の部分を見るため…」


モルガナ「特に親しい親友である李野田真乃さんと…」


モルガナ「本音を言い合える良き仲間である棗いつみさんの存在は不可欠でしたので」


リョウコ「…あれっ?私は…?」


モルガナ「そして出来るだけ三人の関係や役割を破綻させない為…」


モルガナ「最もキャラの薄い東雲リョウコさんにも訓練に参加していただく事になりました」


リョウコ「えーえー!どうせ私は普通ですよ!」


モルガナ「文句でしたら、あなたを選んだ隊長さんにどうぞ申しつけください」


リョウコ「それは言いづらい!」


天音「なんか、あたしの為に巻き込まれたみたいで悪いわね」



467:1 2017/05/01(月) 17:51:30.10 ID:X2jQBS2bO

いつみ「しかし、この訓練が全て天音の為とはなぁー」


真乃「…それで結局、天音にEXRを扱える精神力はあるのでしょうか?」


モルガナ「私が見る分には問題はないかと思われます」


モルガナ「元々精神力が強かったのに加え…」


モルガナ「今回の訓練で秘密や恥を明かした事により、さらに強い精神力が培われたようですし」


リョウコ「猫相手に赤ちゃん言葉とかだね」


天音「今なら、それが何か?って感じだわ」


モルガナ「後は杏橋天音さん…あなたの覚悟次第という事です」


天音「…そう」


真乃「天音…」


天音「…覚悟ならとっくの昔に出来てるわ」


天音「それに…このあたしにEXRが扱えないとでも?」



468:1 2017/05/01(月) 17:52:21.44 ID:X2jQBS2bO

いつみ「頼りにしてるよ…リーダー!」


天音「好きなだけ頼るといいわ!」


リョウコ「ふふっ、なんだかかっこいいね!天音ちゃん!」


天音「はっ!当然でしょ?」
















天音「あたしを誰だと思ってるのよ!」フフン!!















真乃「…ちなみにこのEXR+1の生成にかかったコストは…?」


ティエラ「EXチャージのみで獲得したら18万ステラコインは必要ですよね」


モルガナ「ああ、それでしたら隊長曰わく…」


モルガナ「“モニカに引いてもらったらレアガチャ券二枚で出来た”だそうです」


リョウコ「モニカさん強運すぎません!?」


いつみ「って言うか有り難み少なっ」


天音「台無しじゃない!!!」


END



469:1 2017/05/01(月) 17:53:05.63 ID:X2jQBS2bO

悠水「ちょっと待ったー!」


4人&ティエラ「!?」


[悠水(白スク[破])登場]


いつみ「服!」


天音「ボロッボロじゃない!」


悠水「そこの方々、何かお忘れではございませんか?」


リョウコ「えっ!?いや、特には…」


悠水「はい!天音ちゃん!何を忘れてるでしょうか!?」


天音「はぁっ!?えーっと…」


悠水「そうです!私達が笑わせた回数の順位発表です!」


天音「聞いておいて何で自分で言っちゃうのよ!」


ティエラ「あー、すっかり忘れてましたねー」


天音「あんた主催者でしょ!?」


いつみ「一番笑わせたチームにはメイプルスターのお食事券だっけ?」


真乃「そういえばそんな事も言ってましたね」



470:1 2017/05/01(月) 17:53:41.91 ID:X2jQBS2bO

リョウコ「それで結局、順位はどうだったの、悠水?」


悠水「実は私もまだ知らないんだよね~」


悠水「…という事でモニカさん!結果発表をお願いします!」


校内放送〈あ~、そっち行くの面倒くさいから、このまま発表するよ~


天音「最後くらいちゃんとしなさいよ!」


〈それじゃ、笑わせた回数が少なかったチームから発表していくよ~


〈ダララララララ…


いつみ「自分の声でドラムロールやってるよ…」


〈あっ、これから集計するから、ちょっち待ってね~


天音「もうなんなのよ!」


真乃「適当すぎますよ!」


※集計してきますので少々お待ちください



472:1 2017/05/04(木) 21:49:21.56 ID:Wefu80xp0

〈集計終わったよ~


天音「随分と時間かかったわね」


〈24時間分を見返してたからね~


真乃「始めからカウントしておけば良かったのでは?」


いつみ「始まる前の段階から順位の説明はあったのになぁ」


〈ではでは笑わせた回数が少なかったチームから発表させていただきます!


〈まずは最下位…七位は…!


〈ダララララララ…


リョウコ「やっぱりそれはやるんだ」












〈笑わせた回数、82回!


〈七位はビスケット・シリウス~!


天音「まぁ、そうでしょうね」


〈瞬間火力は凄かったけど回数を稼げなかったのが敗因だね


〈因みにシリウスの個人トップは山吹さんの30回だよ~


真乃「シリウス全体の約5分の2ですか」



473:1 2017/05/04(木) 21:52:17.13 ID:Wefu80xp0

二穂「ふむ、あたしのチームが最下位か…」ニュッ


[校門の外から二穂登場]


いつみ「うおっ!?」


天音「いつの間に居たの!?」


二穂「いや、校門の外で全員待機してるが?」


真乃「そうなんですか!?」


リョウコ「そういえば終わる時間知ってるもんね」


二穂「順位の発表順に順々に代表者が出て来るらしいぞ」


天音「何回“順”って言うのよ」


天音「っていうかだったらモニカもここに来なさいよ!」


二穂「しかし最下位といっても微塵も悔しくないな!」


いつみ「でしょうね」


真乃「一位になっても何のメリットも無いですからね」



474:1 2017/05/04(木) 21:52:59.47 ID:Wefu80xp0

二穂「お食事券などなくとも普通に食事をしに行けば良いだけの事だからな」


天音「それは言っちゃダメよ」


二穂「とは言え、今回はなかなか楽しめたし、たまにはこういう趣向も悪くないな!」


リョウコ「これっきりの方がいいけどね」


二穂「ではこれからもよろしく頼むぞ!」スッ


[校門の外へ出て行く二穂]


いつみ「いちいち掃ける必要ある?」


天音「いっぱいここに居座られても面倒よ?」



475:1 2017/05/04(木) 21:53:38.25 ID:Wefu80xp0

〈では続いての順位発表~


〈ダララララララ…















〈笑わせた回数、94回!


〈六位はアマンド・フォーマルハウト~!


リョウコ「あれっ?意外と少なかったんだ?」


いつみ「あれで100回越えしてないんだ…」


〈アマンドも瞬間火力は凄かったけどコンスタントな笑いを提供できなかったのが敗因だね~


天音「誰目線なのよ?」


〈個人トップはフェイの30回だってさ


いつみ「アマンド全体の約3分の1がフェイじゃん」



476:1 2017/05/04(木) 21:54:38.07 ID:Wefu80xp0

シャルロッテ「うむむ…悔しくは無いのデスが…なんだか悔しいデス…」ニュッ


天音「どっちなのよ」


シャルロッテ「しかし、これがエテルノ流の日常の過ごし方だとは…恐れいったデス」


真乃「年がら年中、こんな事ばかりしているわけじゃないですからね!?」


いつみ「似たような事はしてるけども!」


シャルロッテ「とはいえ、たまにはこういうのも悪くねーデス!」


シャルロッテ「ここという場所も、ここにいるヤツらも気に入ったデス!」


リョウコ「うんうん!そう言ってくれるのは嬉しいな!」


天音「ヤツら呼ばわりは心外だけどね」


シャルロッテ「む…以後気をつけるデス」


シャルロッテ「ではさらばデス!」スッ



477:1 2017/05/04(木) 21:56:20.81 ID:Wefu80xp0

〈続いて~


〈ダララララララ…














〈笑わせた回数、103回!


〈第五位はアザーズ!


いつみ「人数を考えると少ない方…なのかな?」


リョウコ「他のチームより一人多いからね」


〈個人トップは小織ちゃんの34回でした~


真乃「約3分の1ですね」


天音「なかなかエッジが利いてたわね」



478:1 2017/05/04(木) 21:59:06.51 ID:Wefu80xp0

あから「お食事券は無しか…くっ!」ニュッ


天音「そんなに悔しい?」


いつみ「今度アタシが奢ってあげるからさ…社員割りで」


あから「かたじけない…」


リョウコ「武士?」


あから「そういえば、色々あって今夜からボク達はチームハウスに住まわせてもらう事になったんだ」


真乃「過程はめちゃくちゃでしたが結果オーライですね」


あから「よければ、遊びにきてくれ!」


あから「小織も喜ぶだろう!」


リョウコ「行く行く!」


あから「あと、できれば食べ物を持って来てもらえると助かる…」スッ


天音「せっかくチームハウスもらったんだから自炊だけで何とかしなさいよ!」



479:1 2017/05/04(木) 21:59:46.14 ID:Wefu80xp0

〈いよいよ折り返し~


〈ダララララララ…















〈笑わせた回数、116回!


〈四位はココナッツ・ベガ~!


リョウコ「あれっ?そんなもんなんだ」


天音「不知火ハヅキが出突っ張りだっただけで他はそうでもなかったのかしらね」


〈天音ちゃん、その通り~


〈ベガの個人トップはハヅキさんの53回でした~


いつみ「ほぼ半分じゃん!」


真乃「頑張りすぎですよ!」



480:1 2017/05/04(木) 22:00:54.67 ID:Wefu80xp0

ハヅキ「おやおや、四位かい?」ニュッ


ハヅキ「かなり笑わせたと思ったんだけどねぇ」


リョウコ「十分笑わせてもらいましたよ!」


天音「一人で53回って…」


ハヅキ「それじゃ…リョウコ、チームハウスで待ってるから終わったら来るんだよ」


リョウコ「えっ?あっ、はい…?」


ハヅキ「それから、天音、真乃、いつみ、リョウコが世話になったね」


天音「はぁ…?」


ハヅキ「それじゃ、またね」スッ


リョウコ「帰ったら何されるんだろう…」


天音「胸を揉まれるのは間違いないだろうけど…」



481:1 2017/05/04(木) 22:02:13.00 ID:Wefu80xp0

〈さぁ、いよいよトップ3~


〈ダララララララ…
















〈笑わせた回数、135回!


〈三位はショコラーデ・ミラ~!


真乃「一気に回数が増えましたね」


〈個人トップは賢宮ほたるの44回でした~


リョウコ「あおいさんとほたるちゃんのツートップだよね」


いつみ「っていうか残りのツートップがトルテとプディングって…」


天音「実質、沙島悠水VS同士討ちの頂上決戦よね」



482:1 2017/05/05(金) 13:26:16.95 ID:7v7PWUSpO

あおい「ミラは三位か…結構頑張ったと思うんだが…」ニュッ


天音「あんたは頑張りすぎよ」


真乃「というよりはっちゃけすぎです」


あおい「私だって、あまり厳しくしてばかりだと近寄り難いかと思ってだな!」


リョウコ「だからって極端すぎませんか!?」


天音「なんで振り幅が0か100しかないのよ」


あおい「ぐぬぬ…」


いつみ「でも、なんだかんだ一番ノリノリでしたよね?」


あおい「まぁ…楽しかったからな」


あおい「ただ、こういう事をするのは今回だけだからな!」


あおい「で、では失礼する!」スッ


いつみ「天音とトントンのツンデレ具合だね」


天音「だからツンデレじゃないわよ」



483:1 2017/05/05(金) 13:26:53.83 ID:7v7PWUSpO

〈さ~て、いよいよお待ちかね!


〈第二位の発表&一位の決定だ~!


〈ダララララララ…














〈笑わせた回数、145回!


〈二位はプロキオン・プディング~!


天音「どんだけ身内で潰し合ってたのよって事よね」


〈個人トップは天音ちゃんの74回でした~


いつみ「天音が一番笑わせてるじゃん!」


〈因みに、いつみちゃん32回、真乃ちゃん24回だよ~


リョウコ「二人分合わせても天音ちゃんの数に届かないって…」


真乃「もはやただの内部抗争ですよ」



484:1 2017/05/05(金) 13:27:32.58 ID:7v7PWUSpO

〈…あっ、ごめんごめん集計ミスがあったね~


天音「あれだけ時間掛かったのに?」


〈隊長と一緒に集計してたんだけど、隊長の集計表に書き損じがあってさ


天音「あいつ…」


リョウコ「まぁ、猫の身体だと色々大変なんだよ…多分」


〈えー、先ほどのベガの個人トップですが、笑わせた回数53回はリョウコさんの事でした~


リョウコ「私そんなに!?」


天音「ひどい泥試合じゃない!」


いつみ「この4人だけで200回以上笑わせてるっていうね」


真乃「なんだか仕掛け人の皆さんに申し訳無いですよね」



485:1 2017/05/05(金) 13:29:04.52 ID:7v7PWUSpO

紗々「あらあら~、二位でしたか~」ニュッ


遥「残念だったねー!」ニュッ


天音「一位になって微妙な雰囲気になるよりマシよ」


紗々「まぁ、お食事券を貰っても少し困りますからね~」


いつみ「自分の職場に食事に行くってなかなか気まずいしな」


真乃「そうなんですか?」


いつみ「仕事中はため口の人でも、客として来たら敬語で接しないといけないからさ…」


リョウコ「それはお互い気まずいね」


いつみ「かといってため口で接客するわけにもいかないし…」


天音「店のイメージダウンになっちゃうわね」


紗々「普段から敬語で話せばよくないですか~?」


いつみ「紗々ってそういうところは常識人だよな」



486:1 2017/05/05(金) 13:30:02.88 ID:7v7PWUSpO

遥「あっ!そうそう!今回の訓練の打ち上げを用意したから、順位発表が終わったら五稜館学園の正門前まで来てね!」


天音「エテルノじゃなくてわざわざ現実世界の方で?」


遥「エテルノでは出来ない事も色々あるからねっ!」


いつみ「何する気だよ!」


天音「色々大丈夫なんでしょうね?」


紗々「安全性は保証しますよ~」


真乃「それを言われると余計に怖いんですが!?」


遥「とにかく待ってるから絶対来てね!」スッ


紗々「お待ちしております~」スッ


リョウコ「打ち上げってくらいだから食事とかカラオケとかかな?」


天音「だといいんだけど…」



487:1 2017/05/06(土) 19:16:22.00 ID:BU+kwXPR0

〈という事で一位はアルタイル・トルテでした~


悠水「あ、そんなあっさり言っちゃう!?」


〈笑わせた回数は171回で、個人トップは悠水さんの88回だってさ~


天音「はいはい、凄い凄い」


いつみ「よーし、そんじゃお疲れー」


〈みんなお疲れ様~


真乃「桃川さんと栗本さんも待ってますから早く行きましょう」


リョウコ「わたしもチームハウスに行かなくちゃ…」


悠水「ちょいとお待ちよ!お嬢様方!」


リョウコ「だらだら話してるとどうせまた、一ネタやりますって言うでしょ!」


天音「もう早く帰りたいのよ!」


悠水「一回だけ!もうあと一回だけでいいから!」



488:1 2017/05/06(土) 19:16:58.98 ID:BU+kwXPR0

いつみ「いや、本当もうお腹いっぱいなんで勘弁してくださいよ…」


悠水「デザートは別腹って言うじゃない!」


天音「あんたのネタは全部メインディッシュじゃない!重いのよ!」


悠水「そんな殺生な!」


真乃「もう諦めてくださいよ…」


リョウコ「っていうか悠水も早く帰って着替えてきなよ!」


リョウコ「いつまでそれ(白スク[破])のつもりなの!?」


悠水「ネタするまでは着替えないからね!」


天音「あー!もう!わかったわよ!」


天音「やりたいなら勝手にやればいいじゃない!」


悠水「よしきた!」



489:1 2017/05/06(土) 19:17:40.92 ID:BU+kwXPR0

悠水「えー、ではリョウコちゃん!」


リョウコ「えっ、私!?」


悠水「“今日の悠水その1~!”って感じで1、2、3、ラストと四回言ってもらっていいかな?」


いつみ「それ内P!」


真乃「違う番組!」


悠水「リョウコちゃんお願い!」


リョウコ「はぁ…いいけど」シブシブ


悠水「悪いね」


リョウコ「えっとじゃあ…」








リョウコ「今日の悠水その1~!」


悠水「ノエルの朝食エスカルゴッ!」


天音「ンフッ」


リョウコ「今日の悠水その2~!」


悠水「oh!どこからともなくハレンチキャット!」


真乃「フフッ」


リョウコ「今日の悠水その3~!」


悠水「これカレーパン?ノンノン!これカレンドゥラ!」


いつみ「フスッ」



490:1 2017/05/06(土) 19:18:22.32 ID:BU+kwXPR0

リョウコ「ふふっ…今日の悠水ラスト~!」


悠水「生まれた時からコメディアンッ!」


天音「あはははっ!」


いつみ「あはっ、勢いだけっ!」


真乃「ふふっ、生まれつきっ!」


リョウコ「もー!本当最後までっ!ふふふっ!」


悠水「センキュー!」









~笑った回数~

一位 リョウコ210回
二位  天音206回
三位 いつみ193回
四位 真乃169回




~笑わせた回数+個人トップ~

一位 トルテ171回(悠水88回)
二位 プディング145回(天音74回)
三位 ミラ135回(ほたる44回)
四位  ベガ116回(リョウコ53回)
五位 アザーズ103回(小織36回)
六位 アマンド94回(フェイ30回)
七位  シリウス82回(楓20回)


THE END!



491:1 2017/05/06(土) 19:22:50.01 ID:BU+kwXPR0

訓練終了お疲れ様でした!

読んでくださった皆さんもお付き合いありがとうございます&お疲れ様でした!


本編はこれにて終了ですが、3チーム分のエピローグを製作中ですので、もう少々お付き合いくださいφ(._.)



492:1 2017/05/06(土) 19:23:52.24 ID:BU+kwXPR0

~すぐに訪れたエピローグ(リョウコ編)~


[ココナッツ・ベガ、チームハウス]


リョウコ「ただいまー…」ドアガチャ


ハヅキ「おや、お帰り、リョウコ」


アコ「訓練お疲れ様なのだ!」


マリ「…じゃあ全員揃ったし、そろそろ行こうか」


イミナ「だな!」


リョウコ「えーっと…何の話ですか?」


ハヅキ「これからベガのみんなでメイプルスターに行こうじゃないかって話さ」


リョウコ「えっ?でもお食事券は…」


イミナ「それならアタシの奢りだから気にするな!」


ハヅキ「イミナがどうしてもビンタの詫びを入れたいって言うから付き合ってやっておくれよ」


リョウコ「いやいやいや!?そんなの悪いですよ!?」



493:1 2017/05/06(土) 19:24:30.48 ID:BU+kwXPR0

アコ「アコっち達もそう言ったんだけどね~」


イミナ「これはアタシのけじめだからアタシに払わせてくれ!」


ハヅキ「…って言って聞かないんだよ」ヤレヤレ


マリ「…まぁ、自己満足みたいなものさ、少し付き合ってやってよ」


リョウコ「はぁ…」


ハヅキ「じゃあ行こうか」スクッ


アコ「なのだ!」スクッ


マリ「…ん」スクッ


イミナ「おう!」スクッ


リョウコ「…ってあれっ?これで終わりですか?こんなにあっさり!?」


ハヅキ「リョウコはアタシ達を何だと思ってるんだい?」


リョウコ「いや、てっきり胸でも揉まれるかと…」


ハヅキ「揉んで欲しいなら揉んでやろうか?」ワキワキ


リョウコ「あっ、結構です」キッパリ



494:1 2017/05/06(土) 19:25:50.05 ID:BU+kwXPR0

アコ「2人ともおいてくよー?」


リョウコ「あっ、今行きまーす!」ダッ!


ハヅキ「つれないねぇ」スタスタ


マリ「…じゃあ私、肉食べるからよろしく」


イミナ「せめて形だけでも遠慮しろよ!」


エピローグ・リョウコ編 END



495:1 2017/05/06(土) 20:34:24.74 ID:BU+kwXPR0

~すぐに訪れたエピローグ(アルタイル・トルテ編)~


[メイプルスター店内]


悠水「…はいっ!というわけで第53回アルタイル・トルテ祝賀会の開催を宣言します!」


まな「わーい!」


サトカ「よっ!」パチパチパチ!


椿芽「いやいや、そんなに祝賀会やってないから!」


椿芽「あとここお店だから少し静かにしよう?」


伊緒「ドリンクバー行ってくるけど椿芽は何がいい?」


椿芽「伊緒のスルースキル凄いね!…あっ、じゃあコーヒーをお願いしようかな」


伊緒「OK、ジンジャエールね!」スクッ


椿芽「何もかも違う!何もかも違うよ伊緒!」


椿芽「全部無視するなら、こっちに聞く必要なかったよね!?」


椿芽「もう居ないし!」



496:1 2017/05/06(土) 20:35:17.73 ID:BU+kwXPR0

サトカ「さすがは…もぐっ…強化指定選手の…もぐっ…身のこなし…もぐっ…といったところですね…もぐっ」モグモグ


椿芽「サトカは何で食前にカレーパン食べてるの!?」


サトカ「ご心配なく…もぐっ…これは呼吸のようなものですので…もぐっ」モグモグ


椿芽「サトカに取ってカレーパンが必要不可欠なのはわかるけど食べ過ぎだよ!」


椿芽「大丈夫?そういう病気じゃないよね?」


サトカ「自己管理は出来てるので、心配無用ですよ…もぐっ」モグモグ


椿芽「出来てない!現在進行形で管理出来てないよサトカ!」


まな「すみませーん!ミックスグリル定食のライス大盛お願いしまーす!」


椿芽「ガッツリ!まなちゃん結構ガッツリ系いったね!?」



497:1 2017/05/06(土) 20:36:02.16 ID:BU+kwXPR0

椿芽「大丈夫?食べきれる?」


まな「伊緒ちんを見ながらならいくらでも食事が進むんだよ!」


椿芽「えっ?あっ、そう…」


椿芽「あと、テーブルに店員さん呼ぶボタンがあるから次はそれで頼もうね!」


まな「へー!知らなかったんだよ~!」


椿芽「さっきドリンクバー頼んだ時、まなちゃん押してたよね!?」


まな「そうだったかな~?」キョトン


伊緒「お待たせー」


伊緒「はい、椿芽のコーヒー」ゴトッ


椿芽「普通に頼んだもの持ってきちゃった!」


椿芽「さっきまでのやり取りは本当に何だったのかな!?」


椿芽「あと、ありがとう!」


伊緒「どういたしまして」



498:1 2017/05/06(土) 20:36:40.46 ID:BU+kwXPR0

悠水「お待たせしました、こちらミックスグリル定食のライス大盛でございます」スッ


まな「わーい!」


椿芽「店員!?悠水、店員なの!?」


伊緒「居ないと思ったらいつの間にか厨房に行ってたんだね」


悠水「このお店にも知り合い多いからね」


椿芽「そういう問題じゃないよね!?」


悠水「それから、こちらサービスの小ライス・中ライス・大ライスでございます」スッ


椿芽「米と米と米が被ってるよ!」


悠水「お好みでケチャップ・マヨネーズを付けてお召し上がりください」


椿芽「それポテトの時に言う事だよね!?」


悠水「じゃあ、みんな何食べる?」ストン


椿芽「よく今の流れで普通に座ろうと思ったね!」



499:1 2017/05/06(土) 20:37:15.36 ID:BU+kwXPR0

悠水「すみませーん!からあげクンくださーい!」


椿芽「それ違うお店のだよ!」


椿芽「あとボタン使わないってネタはもう、まなちゃんがやった後だよ!?」


サトカ「お待たせしました、こちらからあげクンでございます」スッ


椿芽「すでに持ち込み済みなの!?」


椿芽「って言うか、みんな私の知らないところネタ合わせしてるよね!?」


伊緒「あっははは、椿芽面白ーい!」


椿芽「もう伊緒のツボがわからないよ!」


悠水「椿芽ちゃん、お店に迷惑だから少し静かにしよう?」


椿芽「みんな自由過ぎるよ!」


エピローグ・アルタイル・トルテ編 END



500:1 2017/05/07(日) 22:48:37.55 ID:4V1cspg60

~すぐに訪れたエピローグ(プロキオン・プディング編)~


[五稜館学園正門前]


遥「…あっ!おーい!ここ、ここ!ここだよー!」ブンブン!!


天音「そんなに手を振らなくても見えてるわよ」


いつみ「よっ!お待たせ!」


紗々「皆さんお疲れ様でした~」


真乃「桃川さんと栗本さんもお疲れ様です」


天音「…で?打ち上げだっけ?」


遥「そうそう!じゃあ行こっか!」


紗々「その前に、こちらを着けて頂けますか~?」アイマスク スッ


いつみ「怖っ!」


天音「どこで何する気よ!?」


遥「いいからいいから!」


真乃「もう帰ってもいいですか?」


紗々「その場合、真乃さんの部屋にノエルさんをご招待しますよ~?」



501:1 2017/05/07(日) 22:49:12.80 ID:4V1cspg60

天音「それ脅してるじゃない!」


真乃「行きますからそれだけは本当に止めてください!」


いつみ「ゲーム機とか全部壊されそうだもんな」


天音「…大人しく従った方が良さそうね」スチャッ


真乃「…そうだね」スチャッ


いつみ「…凄い怖いけどな」スチャッ


[アイマスクを装着する3人]


遥「よーし!じゃあみんな私の肩に掴まってついてきてね!」


天音「えっ?…ここ?」ガシッ


いつみ「アタシ達は百足競争みたいに繋がっていけばいいの?」ガシッ


紗々「そうですね~」


真乃「これ、地味に大変ですね…」ガシッ


※遥、天音、いつみ、真乃の順番で繋がっています



502:1 2017/05/07(日) 22:49:45.89 ID:4V1cspg60

[5分後]


天音「結構歩かせるわね…!」ゼェゼェ


いつみ「きっつい…!」ゼェゼェ


真乃「これ…端から見たら…おかしい人の集まりにしか見えないのでは…?」ゼェゼェ


紗々「とても滑稽ですね~」パシャ


真乃「今…何か撮りませんでしたか?」ゼェゼェ


遥「…よーし!とうちゃーく!」


天音「はー…しんどい…」ゼェゼェ


いつみ「もうアイマスク外していいか…?」ゼェゼェ


紗々「どうぞ~」


いつみ「ふぅ…眩しっ!」スッ


真乃「ようやく外せます…」スッ


天音「一体どこに連れてきて…」スッ


天音「…って、ここは!」


真乃「うわぁ…」


いつみ「マジか…」


紗々「はい~」ニッコリ


遥「存分に楽しんでね!」



503:1 2017/05/07(日) 22:50:53.18 ID:4V1cspg60

[猫カフェ店内]


いつみ「…」


天音「ニャンちゃーん、ふふふ…」


天音「どちたでちゅかー?ご飯でちゅかー?んー?」


真乃「…」


天音「ほらほら!たーんとお食べー!…ふふふふ…」


天音「あらあら、こっちのニャンちゃんもどちたでちゅかー?」


遥「…」


天音「あー可愛い!可愛いでちゅねー!」


天音「うりうり、撫で撫で気持ちいいでちゅかー?」


紗々「…」


天音「ふふふ…もふもふなお腹に顔を埋めちゃいまちゅよー!」


天音「すーはー…にゅふふふふ…」


いつみ「…ちょっと吐いてくるわ」ガタッ


天音「コラコラコラ」



504:1 2017/05/07(日) 22:51:29.43 ID:4V1cspg60

いつみ「お前そこまでか!?そこまでなのか!?」


天音「何がよ!」


遥「いやー…想像を軽く越えてきたねー…」


真乃「あれは知ってる私でも引く」


天音「真乃!?」


紗々「見てはいけない物でしたね」


天音「ちょっと!?」


いつみ「紗々の“~”が消えるって相当だからな!」


天音「赤ちゃん言葉なんてみんなあんな感じでしょ!?」


真乃「限度があるよ」


遥「あれは可愛いとかで済ませられないおぞましさだったよね…」


天音「おぞましいとは随分な言い方ね!」



505:1 2017/05/07(日) 22:52:45.06 ID:4V1cspg60

紗々「入洲グループが開いた猫カフェでプレオープンイベントをすると聞いたので皆さんを招待したのですが…」


紗々「これは見るに耐えないですね」


真乃「いやー…もう親友として申し訳ないの一言ですねー…」


天音「そこまで言う!?」


遥「じゃあ私達は行こっか…?」スクッ


いつみ「ボウリングでも行って今見たことを忘れようか…」スクッ


紗々「天音さんは好きなだけ居てもらって構いませんので…」スクッ


天音「えっ?えっ!?」


真乃「では後は私が責任を持って見届けますので…」


真乃「ここは私に任せてみんなは先に行ってください」


天音「あたしはオブリか何かか!」



506:1 2017/05/07(日) 22:53:59.76 ID:4V1cspg60

いつみ「…じゃあ後は任せたよ」ウィーン


遥「…また後で会おうね…絶対だよ!」ウィーン


紗々「ご武運をお祈りしてます~」ウィーン


[退店する3人]


真乃「…ええ、必ず追いつきますよ」


天音「何でどいつもこいつも死亡フラグみたいな言い回しなのよ!」


真乃「じゃあ…思う存分楽しんでね」ニコッ


天音「笑顔が引きつってるわよ」


真乃「ごめんね、私…嘘はつけないタイプだから」


天音「あー!もう!こうなったら満足するまで存分に堪能してやるからよく見ておきなさいよ!」


真乃「天音、猫ちゃん達がビックリするから静かにね」


天音「あっ、ごめんなさい…」


エピローグ・プロキオン・プディング編 END



507:1 2017/05/07(日) 22:59:04.94 ID:4V1cspg60

これにて完結…


完結までに時間がかかってすみません…


近いうちにまた別のスクストSSを書くつもりですのでまた、そちらでお会いしましょう



ご愛読ありがとうございました!



元スレ
ティエラ「メンタル強化特訓期間」[スクストSS]
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488289824/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (12)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 10:01
          • ゲームやってる層にはわりとおもしろいが
            アニメだけの層にはきついニッチss

            おっぱい以外オール3先輩すき
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 11:57
          • ゲームやってないとさっぱりわかんねぇんじゃないのかな…
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 12:11
          • 5 ややぎこちない所(初なら仕方ない)もあったけど、貴重なスクストSSをありがとう。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 14:22
          • 5
            初ssでこの文量書いてさらに面白い!って
            申し分ないな。素晴らしい。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 14:42
          • 5 数少ないクオリティの高いスクストSSをありがとう!ノリが悪ふざけしてる時のゲームと近くて全然違和感なかった
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 14:42
          • みんな前半にもコメつけようよ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月13日 21:45
          • 5 ゲームやってないとわからないかもだけど、
            やってる俺は楽しめた!
            キャラ一人一人分かりやすくて、SS読んでて普通に思い浮かべられて普通に面白かった。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月14日 14:18
          • 声優ネタあるなら
            あからが実は男でアイドルだったり
            天音に金色の時計持たせてみたりしてほしかった
            あとプリキュアもネタにできたんじゃ......
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月14日 18:37
          • ボリューム満点でご馳走さまでした!
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月14日 22:18
          • すいません…誕生日とかに山盛りのメロンパンとかキーホルダー渡してすいませんでした…
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月15日 04:01
          • 勢いがあるし各々の特徴もしっかり出ていて良かった
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月26日 17:09
          • 5 スクストが好きじゃなきゃかけないクオリティーの代物なのだ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 飛鳥「ドン・キホーテは旅に出る」
        • モバP「楓さんも敬語を崩したりするんですか?」
        • モバP「楓さんも敬語を崩したりするんですか?」
        • 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがこの国を変えたるわ」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 女神官(マッチョ)「ゴブリンスレイヤーさん、トゥットゥルー♪」
        • テッラ「ほう…私が禁書キャラと戦うスッドレですか」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ