TOP

魔王「よう、彼女出来たか?」勇者「そういうてめえはお妃ゲットできたのか?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:36:21.46 ID:KC6uqur/O

前作
勇者・魔王『彼女ほぴぃぃいいいい!!!!』



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:36:55.09 ID:KC6uqur/O

魔界の酒場

魔王「こんな暗い顔で酒場に現れた時点で察してほしいものだ」

勇者「はっはっは、やーい非モテ魔王」

魔王「貴様に言われたくわないわ非モテ勇者!」

勇者「そんな哀れな二人で今日も乾杯だぜ。この場末の酒場でな!」


魔王のグラスにワインを注ぐ


魔王「汚い場末の酒場だが美味さと品揃えは絶品だぞ。いくら古臭くて汚い酒場でもな」ゴク


マスター「割高にすんぞてめえら」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:37:24.19 ID:KC6uqur/O

勇者「そういや前樽いっぱい飲んでたな。それ足りるか?」

魔王「足りるわけないだろう。マスター、黄金スライムウィスキー樽いっぱいくれ」

マスター「あいよ」

勇者「マスター、俺も………んー、よしドラゴンブラッドくれ」

マスター「ベビードラゴンからブラックドラゴンまであるけどどれにする?」

勇者「男なら度数最高の黒龍血だぜ!!」

魔王「それ単体で飲むと魔物ですら喉と胃が焼かれるぞ。つまみ食え、つまみ」

勇者「そうなのか?じゃあ大八つ首の手羽先と唐揚げ、あと荒波カジキの刺身くれ」

魔王「マスター、今の二人分ずつだ。それに我には船食いウナギの蒲焼丼も」

マスター「ほらよ」

勇者「どれどれ」ゴク

勇者「ぶーっ!」

魔王「はっはっは、大抵の奴はそんな反応だ。すごいだろう?ドラゴンブラッドのブラックは」

勇者「と、とんでもねえな…確かにこれはつまみを挟んでちびちび飲まないとヤバいわ…マスター、軍鶏ミドラの親子丼くれ」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:37:53.12 ID:KC6uqur/O

勇者「何だこの刺身、寄生虫湧いてんじゃねえか」

魔王「その寄生虫わさび醤油につけると美味いんだぞ。踊り食いとでも思って食え。きちんと噛み千切るか直後にアルコール飲まないと危険だがな」

勇者「なるほど…うん、確かに美味いな。いけるいける」モグモグ

勇者「」ゴクゴク

勇者「かぁーっ!」

魔王「…」ゴクゴク

魔王「ふぅ」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:38:21.78 ID:KC6uqur/O

―――――
―――

勇者「ああ、彼女ほしいよぉ、このまま年取りたくねえよぉ!!!」

魔王「何で我がモテぬのだぁ、魔王だぞ!魔王様だぞ!」

勇者「魔王なんて最悪王の特権使って妃選べんだろ!」

魔王「そんな愛の無い結婚なんていやだぁあ!!」

勇者「あるなしにかかわらず結婚してえんだよぉぉぉ」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:38:47.59 ID:KC6uqur/O

勇者「そうだ魔王!あの話どうなった!?」

魔王「人間用魔物風俗の話か?魔物風俗から人間界でも働いて良いと言う奴を選び出しておいたぞ」

勇者「おぉぉぉぉおおお!!!」

魔王「大体の魔物娘は取り揃えたぞ。どうだ?貴様ならテストケースとしてタダで招待してもよいぞ」

勇者「まじでか!スキュラ娘とヌルヌル触手プレイしたい!」

魔王「ヌルヌルならスライム娘と触手娘の3Pならどうだ?全身ローションなスライム娘はいいぞぉ」

勇者「うぉおおおお!!」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:39:38.79 ID:KC6uqur/O

勇者「はっ、いやいやそっちじゃないんだ」

魔王「何だ違うのか」

勇者「でもそのタダでの招待はいただいておく」

魔王「よろしい。ところで場所はあるのか?それはそっちが用意してくれないと人間界に出陣出来ないぞ」

勇者「それも問題ない。こっちの王様も最初は難色示していたが魔物娘を描いたエ口本渡したらOKしてくれた」

魔王「それでこそ勇者だ!」

勇者「ナーハッハッハ。そうだろうそうだろう」


マスター「せっかくの魔界と人間界を繋ぐ最初の共用施設が風俗か…」


魔王「んだとマスター、それは聞き捨てならぬぞ!」

勇者「そうだそうだ、エ口は世界を救うんだよ!」

マスター「悪かった悪かった、酔っ払いどもの愚痴に口を挟んだ俺が悪かったよ」

勇者「どーせ精力減退した老害ジジイにゃ分かんねえよ!」

魔王「我々若者はエ口で癒されエ口で生きる価値を見出すんだよ、性欲枯れたジジイは引っ込んでおれ」

マスター「黙れジャリガキども!そんなんだから彼女も妃候補も来ないんだろ!」


勇者「」

魔王「」


マスター「…あ」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:40:06.51 ID:KC6uqur/O

勇者「クソガァァァアア飲みつぶすぞマスタァァア」

魔王「その上で吐いてやるぞマスター」

マスター「魔王が言う言葉ではねえな」

勇者「魔王!前言った魔物の女の子紹介してくれる話はどうなったんだよぉ」

魔王「残念ながらいなかったな」

勇者「ちきしょぉぉおおお」

魔王「で、魔王と結婚してもよいという人間は?」

勇者「いなかったよ!」

魔王「そうか…」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:40:35.00 ID:KC6uqur/O

マスター「だったらいっそ合コンでも開いたらどうだ?」

魔王「合コン、だと?」

勇者「なるほど俺たちも男になる時が来たんだな!」

魔王「大丈夫なのか?メンバー集め」

勇者「任せておけ!それじゃ俺たちの未来を祝して!」


ドポドポ


勇者・魔王『』ゴクゴク

勇者・魔王『ぷはー!』



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:41:01.60 ID:KC6uqur/O

マスター「ならこっちも席を多目に用意しておくか。人数は前もって言っておけよ」

勇者「あ、ここでやる気は無いんで」

魔王「もっとシャレたところじゃないとな」

マスター「」イラッ



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:41:29.27 ID:KC6uqur/O

魔王「じゃあメンバー集めとセッティングたのんだぞ合コン勇者様」

勇者「合コンの英雄みたいな言い方やめてくんない?」

魔王「気のせいだろう。ところで今日は宿決まってるのか?」

勇者「いや、今回はまだだ」

魔王「それでは今宵は泊まってゆくといい」

勇者「そうさせてもらうか。酒はあるんだろうな?」

魔王「酒場で飲みすぎただろ。明日帰るなら今日は自重しておけ」

勇者「ちっ」

魔王「自己管理ぐらいきっちりしろ勇者」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:42:00.74 ID:KC6uqur/O

~人間界~

勇者「お頼み申し上げまする!」

遊び人「ふふっ、女の子ね。僕に頼んだのは正に英断と言えよう」カッコイイポーズ

遊び人「いいだろう!僕に任せておきたまえ、極上の女の子を揃えていよう!」チョウカッコイイポーズ

勇者「ありがとう。持つべきものはイケメンの元仲間だな」

遊び人「あまり褒めないでくれ、ハッハッハッハ」チョウゼツカッコイイポーズ

勇者「じゃあ俺帰るわ」

遊び人「何だい、愛しきハニーの作る食事でもてなそうかと思ったのにもう帰るのかい?」チョウゼツカッコイイポォォォォズ、キラッ

勇者「わりぃな、元とはいえ勇者は忙しくて」


勇者(何のために女商人がいない時間に来たと思ってんだ、お前らのイチャつきなんて見せられてたまるかよコンチキショォォォッォ)



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:42:31.54 ID:KC6uqur/O

―――――
―――

数日後

魔王「ゆ、勇者…我は緊張して…胃が…」

勇者「落ち着け…息を整えろ…俺たちは勇者と魔王だ。あの死闘以上に辛いものなどこの世には無い…」

魔王「し、しかしだな…スー、ハー…」

勇者「ななな、何故そんな緊張するんだ。童貞かよ」

魔王「我ら揃って童貞だろが、緊張もやむなしだ…スーハー」

魔王「勇者、ちょっと変身魔法食らって女体化してみる気はないか?大丈夫、ちょっと練習相手になってもらうだけだ…」

勇者「ふざけんな!お前がなれ!」

魔王「我は絶対嫌だ!貴様がなるがいい!」


勇者「いいだろう!数年ぶりに魔法対決と行くかごらあ」

魔王「先手必勝2回行動!」シュバァァ

勇者「ずりぃぞこの野郎!魔法反射!魔法反射!」

魔王「魔法無効!」

勇者「状態変化戻し!」

魔王「変身魔法!」

勇者「特技"魔術流し"」

魔王「追撃だああ!」

勇者「反撃だぁぁあ」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:42:57.15 ID:KC6uqur/O

勇者「ゼー、ハー」

魔王「ゼー、ハー…つか、疲れた…」

勇者「無駄な労力と魔力使った…」

魔王「そ、そろそろ時間じゃないのか?」

勇者「だ、大丈夫…まだ二十分ほどある…息整えておけ」

魔王「だ、誰のせいだと…」

勇者「おめえのせいだろがぁ…」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:43:40.07 ID:KC6uqur/O

勇者「さて、そろそろだ…髪乱れてないか?」

魔王「大丈夫だ。我も服装乱れてないか?」

勇者「大丈夫、魔物の時点で場違いだ」

魔王「そ、それなら大丈夫だな」

勇者「ってか人間に変身しなくていいのか?」

魔王「そんなの詐欺ではないか…我は魔物の妃になってくれる女性を探しに来たのだ」

勇者「後悔しても知らんぞ?人間の女の子が魔物になびくわけがないんだ」

魔王「さ、さてさて、それは、どうかな?」フフフ



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:44:07.78 ID:KC6uqur/O

女1「え、えーと…」

勇者「」ガチガチガチガチガチ

女2「…あ、あのー…」

魔王「」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

女3「ま、まず自己紹介から始めましょうか。私女3っていいます」

勇者「あ、あのあのあのあの…お、おおお俺俺勇者っていいいいいます」

魔王「魔王だ」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

女2「…女2です」

女1「女1ですぅ……」

勇者「」ゴクゴクゴクゴクゴクゴク

勇者「ぷはぁ!よし。俺勇者って言うんだ。これでも世界を救った勇者で英雄で勇者ですからその、勇者です!」

魔王「我こそは魔王、魔界を統べる凶王よ」ゴゴゴゴゴ

女1「…」

女2「…」

女3「よろしくね…」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:44:34.43 ID:KC6uqur/O

勇者(お、おい魔王、何凄んでんだよ。そんなんじゃ怯えられるばかりだろうが)ヒソヒソ

魔王(は、しまったしまった。魔物とは違うんだった)ヒソヒソ


魔王「我は、魔王だ」ニタァ

女たち『』ゾクゥゥ!


魔王「あれ?」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:45:01.30 ID:KC6uqur/O

女3「じゃ、じゃあ、あの…趣味とかは?」

魔王「」

勇者「」

女2「あ、あの?」


魔王(ゆ、ゆゆゆ勇者、趣味って何だ)ヒソヒソ

勇者(言葉の意味ぐらい知らないわけじゃないだろ。思いだせ絞り出せ)ヒソヒソ

魔王(趣味…趣味…むむむ)ヒソヒソ



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:45:55.65 ID:KC6uqur/O

魔王「…あ、む…うむ、わ、我は魔族の王であり、魔族全てを統べる王だ」

魔王「つまり、つまりだな趣味に没頭する暇などない」

魔王「あ、いやしかしだ…スー、ハー」


魔王「趣味に使う時間を魔界全体、ひいては愛しき妻のために使える、使う…あー、妻を幸せにするために趣味に使う時間を割ける!」早口


勇者(上手い。趣味が無いことの言い訳をする代わりに自己PRをした…趣味が無いというマイナスを補って余りあるプラスだ。しかも『幸せにする』というワード付きで)

勇者(流石は魔王、とっさの機転がきかなきゃ魔族の王なんて勤まらないってわけか)

勇者(なら、俺も)



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:47:31.00 ID:KC6uqur/O

勇者「俺、ん、俺は、俺も趣味が無い。しかし、しかしずっと勇者としての旅を続けていたんだ。人間界を救うために魔物を倒す旅を続けてずっと魔界まで旅して趣味に費やす時間が全く無いのだ」早口

勇者「だけど、だからこれから愛しい彼女と一緒に楽しめる趣味を見つけていきたい!!!」早口&大声


魔王(上手い。趣味が無いことの言い訳どころか勇者として人間界のために戦ってきたとアピール。その上で『一緒に楽しめる趣味を探したい』だと!?これほど完璧な落とし文句の一文は早々思いつくものじゃない!)

魔王(流石は勇者、我を倒した男よ)


勇者(こいつら含め全ての人間はずっと俺によって守られていたんだ。それを自覚したなら俺に惚れざるをえないだろう。自己PRも完璧だ)

魔王(しかし人間の女は王という大きな権力に惹かれる(想像)魔王である我に惚れないわけがない!自己PRも完璧だからな!)


勇者・魔王(この勝負!もらったぁぁぁああああ)



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:48:00.74 ID:KC6uqur/O

―――――
―――

勇者「やった!やった!メアドゲットだぜ!しかも3人」

魔王「我も3人分ゲットした!これで我らはリア充だ!」

勇者「まあ魔王には社交辞令で交換しただけだろうな」

魔王「それは貴様の方だろ。勇者か魔王かといったら魔王に決まっているからな」

勇者「魔物か人間かといったら人間に決まってるだろ」

魔王「ほーう?賭けるか?」

勇者「一週間後、酒場で一杯」

魔王「良いだろう。ついでに我等もメアド交換しとくか」

勇者「そうだな。せっかく魔王も魔導携帯電通機買ったことだし、俺の方に女の子からメール来たら自慢しまくってやる」

魔王「それは我から貴様に送ってやろう。3人とも我にメールくれるに違いないからな」

勇者「ふっふっふ、楽しみじゃないか」

魔王「ああ楽しみだな。ふっふっふ」

勇者・魔王『ふっふっふ、くっくっく、ふわーっはっはっは!!!』



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:48:29.47 ID:KC6uqur/O

―――――
―――

1週間後、魔界の酒場

勇者・魔王『はぁぁぁぁぁ……………』

マスター「な、何かあったのか?二人してそんなわざとらしいぐらいの大きな溜息ついて」

勇者「…何も無いよ…何も無かったんだよ…」

魔王「一週間…メール一度たりとも来ない…こっちから何度も送ったのに…返ってこない…」

勇者「…はは、俺なんて待ちすぎて寝不足になっちまったよ…」

魔王「…我も寝不足だ…どうせ来ないなら来ないって言えよ…眠っておけばよかった…」

マスター「……まあ、なんだ…その、一杯だけならタダで奢ってやるから元気出せ、な?」


勇者「じゃあこの店で一番高い酒よこせ!!」

マスター「遠慮無しかてめえ!」

魔王「一口でぶっ倒れるようなのよこせ!記憶丸ごと消し去ってくれる!」

マスター「魔王を一口で倒せるような酒なんてねえよバカヤロウ!」



勇者・魔王『いいから強くて美味い酒よこせやマスター!!』


マスター「息ピッタリだなてめえら!」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:48:59.84 ID:KC6uqur/O

勇者「ゴクゴクゴクゴク、ぷはーっ」

魔王「ゴキュゴキュゴキュゴキュ、っかーっ!」


勇者・魔王『もう一杯!』

マスター「あいよ。ほんと仲良いなてめえら」

勇者「殺しあった仲だからな!」

魔王「運命づけられた宿敵だからな!」


勇者・魔王『ゴクゴクゴクゴク』

勇者・魔王『っかーっ!』

勇者・魔王『もう一杯!!』



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:52:35.10 ID:KC6uqur/O

終わり

前作のスレで合コン編がいるというレスがあったので触発されて書いた
元々シリーズとして考えていたわけじゃないので続きは書くかどうかも未定



元スレ
魔王「よう、彼女出来たか?」勇者「そういうてめえはお妃ゲットできたのか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494333381/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月10日 00:52
          • もう魔王はグダグダ言わず特権使えばいいのに
            結婚してから育む愛もあると思うの
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月10日 01:57
          • ノリがよくて読みやすくておもしろいねw
            勇者も魔王も友達に欲しいタイプだw
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月10日 06:13
          • もう、ジャンケンなり日替わりなりで女体化して結婚しちまえよ、この2人w
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月10日 17:18
          • 5 じゃあ俺にはセイレーンのヒレ酒くれマスター
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月10日 17:36
          • ※1
            身寄りのない美人姉妹を魔王が「なんかスゴイ魔力の素質を感じるぞ☆」って適当な理由で誘拐し、勇者が片方だけ救出する
            これで完璧だな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月10日 18:15
          • なぜか目から水分が…早起きしたからかな?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】木下ひなた「二人の部屋」
        • 【ミリマス】木下ひなた「二人の部屋」
        • 【モバマス】絆の在処
        • 【ミリマス】中谷育がニンジンを克服する話
        • 【ミリマス】中谷育がニンジンを克服する話
        • 【ミリマス】中谷育がニンジンを克服する話
        • 【ミリマス】中谷育がニンジンを克服する話
        • 【ミリマス】中谷育がニンジンを克服する話
        • 【ミリマス】中谷育がニンジンを克服する話
        • 【ミリマス】中谷育がニンジンを克服する話
        • 【ミリマス】中谷育がニンジンを克服する話
        • 【ミリマスSS】紬「シアターのイベント?」【安価】
        • 【ミリマスSS】紬「シアターのイベント?」【安価】
        • 【ミリマスSS】紬「シアターのイベント?」【安価】
        • 【ミリマスSS】紬「シアターのイベント?」【安価】
        • 【ミリマスSS】紬「シアターのイベント?」【安価】
        • 【ミリマスSS】紬「シアターのイベント?」【安価】
        • 【ミリマスSS】紬「シアターのイベント?」【安価】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ