TOP

富豪「可愛がってあげよう」奴隷少女「愛情は不要よ」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 22:46:07.634 ID:PZU8IAOc0.net

奴隷商人「旦那、奴隷はいりませんかい」

富豪「奴隷?」

奴隷商人「へい、こいつなんですがね」

奴隷商人「ツラはなかなかなんですが、愛想がすこぶる悪くて、売れ残っちまってるんでさ」

奴隷少女「……」ジッ…

富豪「……!」

富豪(なんという眼力……! 私を買え、と心の底から訴えている……!)

富豪「分かった……いただこう」

奴隷商人「ありがとうございやす!」

富豪「さ、行こうか」

奴隷少女「……」



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 22:49:34.338 ID:PZU8IAOc0.net

―富豪の屋敷―

富豪「今日からはここが君の家だ」

奴隷少女「……」

富豪「私は君を奴隷扱いするつもりはない」

富豪「衣食住の保証はもちろん、娯楽や教育にだって不自由はさせない」

富豪「君は自由になったんだよ」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 22:52:07.213 ID:PZU8IAOc0.net

少年「はじめまして」

少女「こんにちはー!」


富豪「君よりいくつか年下の少年と少女だ」

富豪「彼らは孤児だったのだが、私が引き取って、ここで暮らしているのだ」

富豪「二人とも生き生きしてるだろう?」

富豪「君にも彼らのような豊かな暮らしを約束しよう」

奴隷少女「……」



10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 22:55:18.749 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「さ、可愛がってあげよう。まずはキレイなお洋服でも……」

奴隷少女「愛情は不要よ」

富豪「え」

富豪「……どういう意味かな?」

奴隷少女「あなたの正体は知ってるわ」

富豪「!」

奴隷少女「あなたの正体は……大昔、闘技場で無敗を誇ったチャンピオン」

奴隷少女「引退後はトレーナーとして、数々の名格闘家を生み出した」

奴隷少女「そして今は稼いだ富で悠々自適の暮らしを送っている」

富豪「……ッ」

富豪「まさか君は――」

奴隷少女「そうよ、私はわざと売れ残っていたの。あなたに買われるためにね」

奴隷少女「否――あなたに鍛えられるために!」



11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 22:58:27.885 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「なにゆえ、このようなマネを……」

奴隷少女「勝ちたい相手がいるの」

富豪「何者だ?」

奴隷少女「闘技場の……現チャンピオン」

富豪「……!」

富豪(今、闘技場にはかつての私以上の連勝記録を誇るチャンピオンが君臨しているという)

富豪(この娘はそんな怪物に挑もうというのか)

富豪「……イバラの道を歩むことになるぞ」

奴隷少女「いい響きだわ」ニィィ…

富豪「そこまでの覚悟なら……これ以上何も言うまい」

富豪「もはや君を人とも女性(オンナ)とも思わん! 徹底的に虐げ、鍛え上げてみせよう!」

奴隷少女「応ッ!!!」



12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:01:06.188 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「さっそくこの“イバラの鞭”を特注で用意した」シュルルッ

富豪「長さ50mmの鋼鉄のトゲが無数についた極太の鞭だ……」ヒュバッ

富豪「今後、私はこれで君を教育……いや“飼育”する」

奴隷少女「分かったわ」

富豪「声が小さいッ!!!」ヒュオンッ

ビシィッ!

奴隷少女「……ッ!」

奴隷少女(痛い! 否、痛すぎるッ! だけどこれこそ私に必要なモノ!)

奴隷少女(これぐらいじゃなきゃ、あの人には勝てない!)

富豪(並の人間ならば、一発で悶絶死する痛みだというのに……)

富豪(なんという逸材……ふふふ、かつての情熱がよみがえってくるようだよ……)



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:05:02.954 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「まずは腕立て伏せ……1000回だ」

奴隷少女「ふんっ、ふんっ、ふんっ!」グッグッグッ…

富豪「遅いッ!」

バシッ!

富豪「体をしっかり屈めろ! 地面にキスするようにな! 秒間10回はこなせるようにしろ!」

奴隷少女「応ッ!!!」

富豪「声が小さいッ!」

ビシィッ!



16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:08:37.017 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「腕立て伏せが終わったら、腹筋だ!」

奴隷少女「むんっ、むんっ、むんっ!」グッグッ

富豪「全然ダメだぁぁぁっ! こんな腹筋ではボディブローを受けたら即嘔吐だ!」

バシッ! ビシッ! バシッ!



富豪「スクワット1000回!」

奴隷少女「はっ、はっ、はっ!」グッグッ

富豪「ちゃんとヒザ曲げろ! イカサマすんなァァァッ! フォーム大事ィィィィィ!」

バチッ! ビシィッ! バシィッ!



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:11:39.289 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「走れッ!」


奴隷少女「ぬううううん!!!」ズドドドドドッ


富豪「遅いぞ、遅すぎるッ! 足を上げろッ! 腕を振れッ!」

富豪「私も現チャンピオンの噂は知っている!」

富豪「最低でも全力疾走でフルマラソン走り切れるくらいのスタミナがなければ話にならん!」



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:15:22.183 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「バッファローの丸焼きだ……食え」ゴトッ

奴隷少女「いただくわ」ガブッ

富豪「なにかじりついてるンだ! 丸飲みしろッ!」

富豪「丸飲みしてそれを消化してこそ、純度の高い良質なタンパク質とカルシウムを得られるのだッ!」

奴隷少女「……ッ」モゴモゴ…

富豪「食ええええええええええええッ!!!」グイグイ



奴隷少女(これよ……これだわ。これが私が求めていたモノ……!)ゴクンッ



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:20:26.048 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「夜は両手両足に100キロの鉄球をつけたまま眠ってもらう」

富豪「無論、立ったままでな。横になることは許さん」

奴隷少女「はい」ズシッ…

奴隷少女(私は奴隷……横になるのは死んでからで十分だものね)

奴隷少女「……ぐぅ、ぐぅ」



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:23:55.191 ID:PZU8IAOc0.net

少年「お姉さん……」

少女「お姉ちゃん……」

奴隷少女「……ん?」

少年「富豪さんにずいぶんシゴかれてるけど、大丈夫?」

少女「お布団持ってきたよ」フカフカ

奴隷少女「気遣いは無用よ」

奴隷少女「というより――私を気遣うのなら、私を虐げてちょうだい」

奴隷少女「いじめて頂戴! 虐げて頂戴ッ!!!」


この魂の叫びは――幼い男女の心に響いた!



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:28:09.670 ID:PZU8IAOc0.net

少年「はいお姉さん、夜食を持ってきたよ!」ウゾウゾ

奴隷少女(これは……山盛りのムカデ!!!)

奴隷少女(ありがたい……なんという……なんという気遣い……)バリバリムシャムシャ

少年「残さず食べてね」


少女「熱々のスープを持ってきたよ」グツグツ…

少女「おっと手が滑ったァァァ!」バシャァァァァ

奴隷少女「……」ビッショリ…

奴隷少女(これもいい……耐熱性をつける鍛錬になる……)



奴隷少女は二人の気遣いに心から感謝した。



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:31:15.767 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「朝だ……とっとと起きやがれッ! このクサレ奴隷がッ!」

バシィッ!

奴隷少女「う、ぐ……」

富豪「なんだ? 不服か? なんなら今日は休むかね?」

奴隷少女「まさか……」ニィィ…

富豪(笑ってる……本心からッ!)ゾクッ



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:35:30.806 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「この岩を持って、あの山を駆け上がって戻ってこい!」

富豪「もし一時間以内に戻ってこれなかったら……鞭打ち百発だ!」

奴隷少女「もし一時間以内に戻ってきたら……?」

富豪「鞭打ち千発だ」

奴隷少女「絶対一時間を切ってみせますわ」ニィィ…


……


富豪「――タイム57分45秒!」

富豪「初めてやるトレーニングなのに好タイムなんぞ出してんじゃねえッ!」

バシッ! ビシィッ! バシィッ! ビシィッ! ベチィッ!



26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:37:07.389 ID:vuoz8VEmx.net

ただのマゾじゃねえかww



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:40:21.322 ID:PZU8IAOc0.net

少年「ぼく、泥団子を作ってきたよ」

少年「100個全部食べてね」

奴隷少女「……」バリボリムシャムシャ

奴隷少女(大地の力が……私の中に芽吹くわ……)



少女「あたし、今日は肩を叩いてあげるね」

少女「このハンマーで!」

ガツンッ!

奴隷少女(肩といいつつ、首の後ろばかり強打してくる! 素晴らしい!)



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:40:40.891 ID:ndtAjLCb0.net

鋼鉄のマゾ



29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:42:05.721 ID:ICpgC4mGr.net

泥を食うと大地の力が芽吹くのか…



30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:44:12.121 ID:PZU8IAOc0.net

富豪「血に飢えたライオンを用意した……」

富豪「さて、こいつを倒せるかな?」

ライオン「ガルルルル……!」


奴隷少女「……」ジロッ


ライオン「!?」ビクッ



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:47:18.000 ID:PZU8IAOc0.net

ライオン「ガルッ」ゴロンッ

奴隷少女(速い! たった0.001秒で腹を見せた! なんというスピード!)

ライオン「クゥ~ン……」



富豪「てめえ、ライオンちゃん怖がらせてんじゃねえぞ!!!」

奴隷少女「ごめんなさいね」

バシィッ! ビシィッ! バシィッ! ベシィッ!



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:48:07.748 ID:ndtAjLCb0.net

完全に目的を見失っていそう



33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:48:16.415 ID:ICpgC4mGr.net

ライオンかわいい



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:51:42.027 ID:PZU8IAOc0.net

修行は続き――

富豪「ミット打ち開始ィッ!」

奴隷少女「でやっ! だあっ! はあああっ!」

ドスッ! ボスッ! バスッ!

富豪(重いパンチだ……! 今まで育てた戦士の中でもっとも重いかもしれん! ――だが!)

富豪「こんなもんじゃチャンピオンは倒せねえぞ! 根性見せろ!」

奴隷少女「応ッ!!!」



少年「今日は泥団子じゃなくて石団子だよ」

奴隷少女「いただきます」ガリガリボリボリ


少女「煮えたぎった油を……おっと手が滑ったァ!」バッシャァァァ

奴隷少女(いい熱さだわ!)ジュゥゥゥ…


奴隷少女「……お手」

ライオン「ガルッ!」パシッ



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:54:14.940 ID:ICpgC4mGr.net

なんか楽しそうに見えるから不思議



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/19(水) 23:57:26.259 ID:PZU8IAOc0.net

半年後――

バシィッ!

富豪「……」

富豪「フッ、もうイバラの鞭では君の体に傷一つつけられないな」

奴隷少女「これもあなたのおかげですわ」


奴隷少女は完成していた。


富豪「――機は熟した」

富豪「行こうか、闘技場へ!」

奴隷少女「……はい」



38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:02:32.178 ID:9ON5LIIe0.net

―闘技場―

オーナー「オイオイオイ、バカにしてんのかい?」

オーナー「奴隷身分の戦士がいきなりチャンピオンに挑むなんて」

オーナー「いくらかつてのチャンピオンの願いとはいえ、聞けるわけがない」

オーナー「最低でも10試合以上はこなしてもらわないとねェ……」

富豪「……」

奴隷少女「……」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:07:13.565 ID:9ON5LIIe0.net

オーナー「ま、一億ゴールドも払ってくれれば話は別だがね」

富豪「払おう」

オーナー「え」

ドザッ!!!

富豪「ざっと100億ゴールド……不服がおありかな?」

オーナー「~~~~~~!」

オーナー「分かりました……今すぐチャンピオンとの試合を組ませていただきます!」

富豪「感謝する」

奴隷少女「……」



オーナー(100億ゴールドをポンと払い、奴隷の娘もそのことについて何とも思ってない!!!)

オーナー(なんてイカれた連中だ……だが!)



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:11:55.841 ID:9ON5LIIe0.net

オーナー「……というわけなのです」

オーナー「数日後、その娘と試合をしていただけないかな、と――」

「数日後? なにを悠長なことを」

オーナー「へ? で、ですが……」

「組みなさい」

オーナー「……ッ!」

「試合を組めといってるのよ! 今すぐにッ!」

オーナー「は、はいっ!」

オーナー(やはり……チャンピオンの方が遥かにイカれている!)



44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:15:43.290 ID:9ON5LIIe0.net

ワアァァァ……!

実況『只今より、急きょ行われることになったスペシャルマッチを開始いたします!』



少年「お姉さん……」

少女「お姉ちゃん……」

奴隷少女「二人には感謝してるわ」

奴隷少女「本当は私をいじめるのが嫌だったのも知っている」

奴隷少女「だから――決して他人をいじめない人間になりなさい」ギュッ…

少年「うん……!」

少女「お姉ちゃん、がんばって……!」

ライオン「クゥ~ン……」

奴隷少女「ライオンも……ありがとうね」


富豪(ただ痛めつけられてたわけではない……)

富豪(彼女は身をもって、他人を痛みつけることの辛さ、苦しさを教えていたのだな……)



47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:18:48.228 ID:9ON5LIIe0.net

実況『まずは挑戦者である奴隷の入場です!』



奴隷少女「……」ザッ


ブーブーッ! ブーブーッ!

奴隷少女に紙クズ、ジュース、座布団、生卵、斧、果ては爆弾を投げつける観客達。

しかし、奴隷少女にかすり傷一つつけることはできない。


奴隷少女「いい感じの空気だわ……」ニィィィ…



48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:20:25.403 ID:uOYsgc6/r.net

爆弾はやばいwwwww



49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:22:19.640 ID:9ON5LIIe0.net

実況『チャンピオンの入場です!!!』


貴族娘「……」シュザッ


ワーワーッ! ヒューヒューッ!

豪勢なドレスに身を包んだ若い女性が登場した。

熱狂しすぎて失神する観客が続出する。



富豪「彼女が……現在のチャンピオン!」

富豪(貴族の身でありながら、闘技場に出入りし、無敗を誇る……闘技場の絶対女王!)



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:25:46.312 ID:9ON5LIIe0.net

貴族娘「……」

奴隷少女「……」


実況『チャンピオンと奴隷が睨み合っている! 緊張感が高まります!』


貴族娘「久しぶりね……」

奴隷少女「ええ、お久しぶりね、お姉様」

貴族娘「私に惨敗して家出したと思ったら……こんなところで会えるとはね」

奴隷少女「あの時の私とは違うわ」





富豪「……ッ!」



55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:28:37.300 ID:9ON5LIIe0.net

富豪(なんと……二人は姉妹だったのか!)

富豪(だが……彼女は同じ貴族のままでは決して姉を越えられないと――)

富豪(あえて自ら奴隷身分に身を落としたのか!)

富豪(なんという勝利への執念!)

富豪(ならば見せてやれ……この半年で培った“奴隷力”を!)



審判「ファイッ!!!」



57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:31:26.450 ID:9ON5LIIe0.net

貴族娘「キィエエエエエエッ!!!」

奴隷少女「ハァアアアアアアッ!!!」


ズガガガガガガガッ!

拳と足が超高速で入り乱れる。

攻撃と防御の最善手を打ち続ける。

互いに一歩も引かない。

超ド級の姉妹喧嘩が幕を開けた。



富豪(互角……ッ! いやほんの僅か、僅かだが……奴隷少女が押している!)



58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:34:24.788 ID:9ON5LIIe0.net

奴隷少女「むんッ!」

バキッ!

貴族娘「ぐぶっ……」


実況『噴火のようなアッパーカットが、チャンピオンの顎に命中ゥゥゥ!!!』


奴隷少女(私が押している!)

奴隷少女(そうだわ! 奴隷身分になり培ったハングリー精神が私にパワーをくれるんだわ!)

奴隷少女(これが私にあって――お姉様にないもの!)

奴隷少女(……勝てるッ!)

ドガッ! バキッ! ドズッ!

貴族娘「ぐっ! ぐううっ……!」



60:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:38:16.558 ID:9ON5LIIe0.net

貴族娘「……とまぁ、やられるフリはこんなとこでいいかしら」

奴隷少女「え」


ドグシャアッ!!!


実況『強烈なカカト落としで、奴隷少女がダウンを奪われたァァァッ!』


奴隷少女「あ、ぐぐ……」ピクピク…

貴族娘「奴隷は地面に這いつくばるのがお似合いよ」



富豪(たった一撃で……あのダメージとは……!)



63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:43:36.306 ID:9ON5LIIe0.net

貴族娘「奴隷になったおかげでより強くなれた? 笑わせないでくれる?」

貴族娘「強者とは常に上を向いてなければならない、下々などに目もくれない」

貴族娘「最下層である奴隷身分に身を投じた時点で――あなたは“最強”になる資格を放棄したのよ」

奴隷少女「ぐ……ッ!」

貴族娘「……今こそ教えてあげましょう」

貴族娘「“貴族”は今でこそ柔和なイメージがあるけど……かつては“鬼族”と呼ばれていた」

貴族娘「圧倒的な権力や兵力を誇る者を、人々は“鬼”と恐れたのよ」

貴族娘「私は貴族でありながら、“鬼”と呼ばれていた頃の強さを取り戻した!」

貴族娘「受けてみなさい、この金棒ラリアットをォ!!!」ブオンッ


ゴキィッ!!!


奴隷少女「ぐは……ッ!」


強力無比なラリアットが、奴隷少女を直撃した。



64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:47:00.947 ID:9ON5LIIe0.net

貴族娘「こんなものなの!? あなたの力ってのはこんなものなのォォォォォ!?」

貴族娘「オーッホッホッホッホッホ!!!」

ガッ! バキッ! ドゴッ! グシャアッ!


実況『メッタ打ち! メッタ打ちです! 肉が裂け、骨が砕ける音が聞こえます!』


奴隷少女(つ、強い……)

奴隷少女(やはり私ではお姉様に勝てないの……?)

奴隷少女(奴隷になったのは、単なる逃避に過ぎなかったの……!?)


少年「がんばれー!」

少女「おねえちゃーん!」

ライオン「ガルルルッ!」


奴隷少女(――違う!!!)



67:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:50:53.172 ID:9ON5LIIe0.net

ボゴォッ!!!


拳が貴族娘の顔面にめり込む。

貴族娘「ぐほ……っ! ――ぬうっ!?」グラッ…

貴族娘(まだ……やれるというの……!?)


奴隷少女「……」


今、瀕死の奴隷少女を支えていたのは――

最強になりたいという願望や、憧れの姉への対抗心ではなく、

寝食を共にした富豪、少年、少女、ライオンの期待に応えたいという“想い”であった。



すなわち、彼女がこれまで否定し続けてきた“愛情”であった!!!



68:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:54:54.040 ID:9ON5LIIe0.net

奴隷少女「お姉様、行きますわよ」

貴族娘「来なさいッ!」


バキィッ!!!

ドゴッ! ボゴッ! グシャッ! ガスッ! ベキッ!

ガッ! ボグシャッ! ガンッ! ドッ! ドゴォッ!

ズガッ! メキッ! ベシィッ! ガゴッ! ガシュッ!



ワアァァァァァ……!


実況『両者、ノーガードで殴り合っている! 血と汗が闘技場中に飛び散るッ!』


少年「す、すごい……!」

少女「どっちも笑ってる!」

ライオン「ガルルル……」ビクビク

富豪(どちらも殴り合いながら、タイミングを計ってる)

富豪(次だ――)



70:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 00:58:25.420 ID:9ON5LIIe0.net

富豪(次で決まる!)



バッ!!!


貴族娘が天高く跳躍した。


貴族娘(受けてみなさい……貴族という高みから放つ最大最強の一撃を――)

貴族娘「!?」



72:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 01:02:34.988 ID:9ON5LIIe0.net

貴族娘(高い……! 私よりもッ!)

奴隷少女「アン・ドゥレー・トロワ!!!」


ドゴォンッ!!!


奴隷身分の少女が、貴族の嗜みバレエのような美しい蹴りを放ち――

鬼と化した貴族の娘は地面に墜落した。



ズガァァァァァンッ!!!



73:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 01:07:05.420 ID:9ON5LIIe0.net

貴族娘「ゴホッ、ゲホッ……」

貴族娘「……私の負けよ」

奴隷少女「お姉様……」

貴族娘「強く……なったわね」ニコッ

奴隷少女「はいっ……!」



抱き合う姉妹。

観客たちは見た――

闘技場という灼熱地獄に、堂々と咲き誇る百合の花!!!



75:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 01:13:28.057 ID:9ON5LIIe0.net

……

富豪「お姉さんとは、もっと会話しなくてよかったのかね?」

奴隷少女「ええ、一度抱き合っただけで十分よ」

富豪「そうか……」

富豪「ところで君は、お姉さんを打倒するという当初の目的を果たした」

富豪「やはり、貴族に戻るのか?」

奴隷少女「……」

少年「お姉さん……」

少女「お姉ちゃん……」

ライオン「ガルル……」



76:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 01:17:34.692 ID:9ON5LIIe0.net

奴隷少女「……いいえ、貴族には戻らないわ」

富豪「!」

奴隷少女「私は生半可な決意で貴族から奴隷になったわけじゃないもの。それに――」

奴隷少女「私はあなたたちの“家族”になりたい」

奴隷少女「……ダメかしら?」

富豪「もちろんいいとも!」

少年「ワーイ!」

少女「やったーっ!」

ライオン「ガオーッ!」



79:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/20(木) 01:21:25.585 ID:9ON5LIIe0.net

富豪「君は晴れて闘技場チャンピオンになった……」

富豪「挑戦者が続々とやってくるだろうし、きっとお姉さんもすぐさまリベンジに来るだろう」

富豪「これからもビシビシ稽古するぞ!」

奴隷少女「応ッ!!!」

少年「だけど、これからはぼくたちと遊んでね!」

少女「もうお姉ちゃんをいじめるのはお断り!」

ライオン「ガルッ!」

奴隷少女「そうね……だって私たち、家族なんだもの!」








おわり



元スレ
富豪「可愛がってあげよう」奴隷少女「愛情は不要よ」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492609567/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 03:50
          • このタイプのSS飽きたよ。
            初期は楽しめてたけど、いつも流れが同じで中期以降は全然面白くない。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 04:05
          • 乙。
            米1
            プロと比べりゃ実質大したことないってのは当たり前だけどな。金もとらない娯楽提供のSSなんだから飽きるほど期待値高いなら、それこそ素直に金払ってネットに時間を浪費しない方が賢明だぞ。

            一発ネタや企画だけの作品になるのは折り込み済で流し読むモノだから、読み慣れてない人にとっては面白いということもある。
            生み出す努力もあるんだから、労っておいたら角が立ちにくいけどな。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 06:56
          • ライオンが観客席にいるのに騒ぎ出さない訓練された観客様どもェ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 07:18
          • ※3
            どう見てもライオンより恐ろしいものを観に来てる奴らだぞ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 07:40
          • ライオンちゃんって書くからイメージが着ぐるみのアイツになったわ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 08:58
          • なんだこれ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 13:27
          • 途中、奴隷少女の口調が丁寧というか慇懃になったのは元貴族ということの示唆だったのね
            なかなか面白いが少年少女もなかなかトンでるよな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 18:11
          • 5 俺は楽しめた
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月20日 18:36
          • 急きょ組まれた試合の知らせを聞き
            わざわざブーイングのためだけに爆弾を用意して
            相手に投げつけた数秒後に失神する観客

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【モバマス】クラリスの懺悔ルーム
        • 【モバマス】千川ちひろ「頭髪に恵まれない独身男性に募金をお願いしまーす!」
        • 【モバマス】千川ちひろ「頭髪に恵まれない独身男性に募金をお願いしまーす!」
        • 【モバマスSS】美人で有名な森久保さん
        • 【モバマスSS】美人で有名な森久保さん
        • 【モバマスSS】美人で有名な森久保さん
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「街で買い物?」
        • 弟「姉ちゃんあのホラー映画観ようよww」姉「えぇ…」
        • ヴィーネ「どうしよう……ガヴの肛門と入れ替わっちゃった……」
        • 妹「兄ちゃん怖い映画借りてきたから観よww」兄「えぇ…」
        • 妹「兄ちゃん怖い映画借りてきたから観よww」兄「えぇ…」
        • 【ミリマス】このみ「若者のすべて」
        • 【ミリマス】このみ「若者のすべて」
        • 【モバマス】晶葉「博士と助手」P「細かすぎて伝わらない346プロ」
        • 【モバマス】晶葉「博士と助手」P「細かすぎて伝わらない346プロ」
        • 【モバマス】晶葉「博士と助手」P「細かすぎて伝わらない346プロ」
        • 【モバマス】晶葉「博士と助手」P「細かすぎて伝わらない346プロ」
        • 【モバマス】晶葉「博士と助手」P「細かすぎて伝わらない346プロ」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ