TOP

【リトルバスターズ!×Rewrite】理樹「リライトクエスト!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:04:31.18 ID:5Bn8Agd80

原作からいくつか変更しています
・ボスの若いころの江坂さんを変更(リトバス勢じゃきつそう…)
・ボスのリーフドラゴンを変更(上記に同じ)
・次の階層の行き方をボスを倒すだけに変更(原作は篝がなんやかんやしてた記憶があるような気が…)
たぶんこれだけだと思います
五層までの予定です



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:07:39.22 ID:5Bn8Agd80

〜理樹の部屋〜

恭介「探検をしよう」

恭介「チーム名はリトルバスターズだ!」

真人「チーム名がそのまんまじゃねえか」

理樹「突っ込むとこそこなんだ」

理樹「探検って前に肝試しで見つけたあそこだよね?」

恭介「ああ、もちろんだ!」

真人「肝試しって言えば、前に恭介がやったあの肝試しの事か?結局誰と行くか迷ったあげく恭介と行ったよな」

理樹(あの時は真人と謙吾と行けばなんだか嫌な感じがしたんだよ…、こう色々とリバースしそうな感じが…)

恭介「ああ、その時にとある教室で見つけたんだ」

恭介「隠された通路のようなものをな」

理樹(…どうしよう沙耶、ダンジョンの入り口普通に見つけられちゃったけど…)

真人「…マジかよ」

恭介「そういうことだ。今日の晩、メンバー全員に集合をかけておいた」

真人「今晩かよ!?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:08:11.88 ID:5Bn8Agd80

〜夜の校舎〜

恭介「こんばんは諸君」

恭介「…全員揃ったようだな、では行くぞ!」

小毬「パフェ食べ放題頑張るぞ~」

クド「わふっ?ストレルカやヴェルカと一緒にみんなで夜の散歩に行くって聞いたのですけど…?」

葉留佳「違うよー、皆で面白いイタズラするんだよね、楽しみだな~」

来ケ谷「ふむ、私はてっきり最近できたメイドカフェに行くと聞いていたが」

美魚「…同人誌の作成の手伝いをしていただけると聞きましたけど」

鈴「モンペチがたくさん貰えると言われた」

謙吾「俺は皆で剣道の練習と聞いていたんだが…」

真人「おいおい…」

理樹「誰1人まともに伝わってないよ」

恭介「…」

恭介「後は頼んだ、理樹!」ビシッ

理樹「えええぇぇー!?」

恭介「これもミッションだ」

理樹「つくづく思うけど、ミッションって言葉便利だよね…」

恭介「これもmissionだ」

理樹「いや、発音良く言われても」

クド「ミ、ミッションですー」

来ヶ谷「クドリャフカ君はもう少し発音の勉強が必要だな」

クド「わふー…」ションボリ



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:09:05.44 ID:5Bn8Agd80

~数分後~

小毬「探検?」

クド「ペットの連れ込みは大丈夫でしょうか」

鈴「モンペチ…」

葉留佳「やはー、だいじょぶだいじょぶ!探検と言ったら宝物ですからネ!」

鈴「!!モンペチいくつ買えるんだ!?」ピクッ

美魚「探検ですか。私の本の方はどうすれば…」

来ヶ谷「なに心配するな、後で理樹君が手伝ってくれるさ。それにしても、とうとう読むだけではなく作成の方にも手を出したのか」

理樹「え!?僕!?」

恭介「よし、ではそろそろ出発するぞ!」

リトルバスターズ「おー!!!」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:10:15.81 ID:5Bn8Agd80

〜とある教室〜

理樹(結局沙耶と連絡つかないまま来ちゃったけど大丈夫かな。銃も沙耶に預けたままだし…)

恭介「ここだ」

クド「何の変哲もない教室ですけど…」

葉留佳「あれー、何もなさそうですけどネ」

来ヶ谷「ん?この床、少々へこむな」

鈴「ほんとだ」

恭介「それこそが探検への第一歩だ。ここからは力仕事になる。真人」

真人「どうした?」

恭介「…筋肉の出番だ」

真人「ふっ、トップバッターか」

恭介「まずは教室中の机を真ん中に重ねて置いてくれ。タワーの用にするんだ」


~数刻後~

ガコッ…

美魚「ここが地下への入り口のようですね。なぜこんなものがここに?」

恭介「それを俺達で解き明かすのさ」

ワンワン!

クド「ワフー!ストレルカもヴェルカも落ち着くのですー!」

鈴「なんだか嫌な感じがするぞ。よし探検は中止…ムゴ」ムー バタバタ

恭介「まあ待て鈴」

理樹「ねえ恭介、やっぱりやめた方がいいよ。危険だよ」

恭介「ここまで来たんだ、もう行くしかない。さあ行くぞ野郎ども!」

来ヶ谷「野郎は君達だけだろうに」

………
……


謙吾「おい恭介、どうゆう風の吹き回しだ?」ボソボソ

恭介「いや、俺は単に、たまには違う視点で動きたいと思っただけだ。」ボソボソ

謙吾「いや、いいさ。こういうのも悪くない」ボソボソ

鈴「?」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:16:11.31 ID:5Bn8Agd80

〜ダンジョン〜

恭介「ここは…」

理樹「…なんだろう、ここ?」

理樹(あ、あれ、なんかいつものダンジョンじゃないよ…。地下のようで地下にも見えないし…)

小毬「なんだか殺風景だね~」

クド「お、奥の方から威圧されてる気がしますです」

葉留佳「思った以上に変な雰囲気ですネ」

謙吾「近くに敵の気配は今のところないな」

美魚「棗先輩」

恭介「なんだ西園?」

美魚「…この世界は…」

謙吾「恭介、お前もわかってるんじゃないか、この場所はおかしい」

美魚「はい、私達の世界とは明らかに違います。ここは一度引き返すべきかと」

恭介「…止むをえまい。諸君!探検は一時中断だ、一旦戻るぞ」

クド「それはいいのですけど…」

葉留佳「出口、ないんですけど」

恭介「なん…だと…」

理樹「え!?どういうこと、さっきまであったはずだけど」

葉留佳「いやー、ふと振り向いたときには影も形もなかったもんで。はるちんびっくり!」

謙吾「…恭介、こうなったら進むしかないぞ」

恭介「ああ、これは思った以上にやばいミッションになりそうだ」

………
……


クド「結構な広さですっ」

小毬「これって学校の地下にあるんだよね。どう考えても学校の敷地の数倍はあるんじゃないかな~」

鈴「それになんだか奥から嫌な感じがする。なんていうか…」

理樹「クドも言ってたけど、プレッシャーを感じるよね、少しだけど」

謙吾「!全員止まれ、何かいるぞ!」

恭介「何!?」

美魚「あそこですね」

鈴「あ、あれは…」

ピョンピョン

葉留佳「魚ですね、二足歩行の…」

クド「なんだか落書き風のタッチですっ」

来ヶ谷「ほう、これは珍しい生物だ。一匹捕まえておこう」

理樹「いやいやそんなこと考えてる場合じゃないよ!」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:22:56.27 ID:5Bn8Agd80

来ヶ谷「つれないな理樹君は」

来ヶ谷「しかし、あの魚、色はないが見たところ鯵か鰯、いや、秋刀魚だろうか」

理樹「ねえ真人!」

真人「おう」

理樹「あの秋刀魚(?)なんとかできる?」

真人「へっ!まかせろォ!」

さんま(?)vs井ノ原真人

真人「いっくぜええええええええええ」ドガッ

謙吾「…一撃か」

クド「わ、わふー、さんまさんが飛んでいきますー」

理樹「もう一匹いるよ、真人!」

真人「おらァ!」バキッ

恭介「流石だな、真人」

真人「当たり前だ、俺の筋肉はさんまを倒すためにあるんだからな!」

理樹「そうなの!?」

鈴「…」サンマツンツン

小毬「鈴ちゃん何してるの?」

鈴「こいつら猫達の餌になるかなと思って」

シュウウウウウ…

鈴「消えた!?」

理樹「ていうかこんなの食べたら猫がお腹壊しちゃいそうだよ」

美魚「棗先輩、これはどういうことだと思いますか?」

恭介「俺にわかるわけがないだろう…、少なくとも、俺達は歓迎されてないってことだな」

恭介「とりあえず名前だけでもつけておこう」

サンマ(?)は「サンマン」の称号を得た



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:30:58.74 ID:5Bn8Agd80

………
……


サンマン「「「「「…」」」」」ピョンピョン

恭介「今度は五匹か、真人一人で相手をさせるのは少々きつそうだな」

来ヶ谷「なら私も加勢するさ。行くぞ真人君!」

理樹「摸造刀!?いったいいつの間に!?」


謙吾「綺麗に三枚に下ろされたな」

真人「俺ほとんど何もしてねえぞ」

理樹「さ、さすが来ヶ谷さん」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:33:00.22 ID:5Bn8Agd80

~ボスの部屋~

赤い犬「グルルルルルルルルルル…」

理樹「…なんかかなりヤバそうなのが出てきたよ」

恭介「ここは俺がやろう。みんな武器を投げ込んでくれ」

小毬「あわわわ、バトルで戦うんですか!?」

恭介「それこそが俺達の戦い方だろう。その方が燃えるからな」

理樹「あーもうどうにでもなれ!」ポイ

恭介「こ、これは」

恭介はクドのフリスビーを手に入れた!

恭介「それっ!」ピューン

ストレルカ&ヴェルカ「ワンワン!」

クド「わふー!ストレルカー、ヴェルカー戻ってくるですー!」

謙吾「むしろこっちが釣られてるじゃないか…」

理樹「やっぱり駄目だったか」

恭介「くそっ、こうなったら素手で戦うしかないのか」

美魚「棗先輩、ここは私が…」

理樹「え?西園さん!?」

美魚「科学部部隊!」

リトルバスターズ「…」

美魚「来ませんね」

理樹「当たり前だよ!」

赤い犬「グルルルルル」

来ヶ谷「仕方がない、ここはお姉さんに任せておけ」

真人「俺もまだやれるぜ!」

謙吾「俺も念のため、竹刀を持ってきておいた。加勢するぞ」

赤い犬「…グルるる…」

恭介「三人の気迫にビビっているぞ、いまだ!」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:33:52.33 ID:5Bn8Agd80

………
……


赤い犬「クウウン…」シュウウ…

葉留佳「消えちゃいましたネ、さっすが姉御!」

来ヶ谷「この程度造作もない」

真人「俺は盾にされてたけどな!」

来ヶ谷「君の筋肉は攻めるだけでなく守ることもできると証明されたわけじゃないか」

真人「お、おおお、なるほど!すげえぜ来ヶ谷。これで俺の筋肉はまた一歩強くなったってわけだな!」

謙吾・鈴「「アホだ…」」

恭介「おい、この部屋の真ん中のあたり、なんか歪んでるような気がしないか?」

理樹「言われてみれば…」

葉留佳「それー!ビー玉アターック!」ピューン シュン!

理樹「いやちょっと!!ってビー玉が消えた!?」

美魚「ワープしたようですね。恐らく、この先のダンジョンへ続いてるのでしょう」

恭介「なるほど、ボスっぽいのを倒せば次へ行けるのか。さてこれからどうする…」

葉留佳「よーっし、はるちん一番乗りー!」シュンッ

理樹「えええええええええ!?」

来ヶ谷「先にいくぞ、少年達」シュンッ

恭介「ええええい!三枝に続けー!!!」シュンッ

理樹「ちょっと恭介まで!?」

謙吾「どの道戻る道もない、進むしかないだろう」

クド「わふー…、これからどうなるのでしょうか…」

小毬「大丈夫だよ、クーちゃん、すぐに戻れるよ」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 00:53:32.84 ID:5iMlYy1q0

~Next Floor ボス部屋前~

恭介「ここが次のボスの部屋か」

葉留佳「なんだかさっきよりも威圧感が凄いですね」

鈴「…あんまり入りたくない」

来ヶ谷「おや、この前買っておいたモンペチの新シリーズが私の胸の中から」

鈴「…」ピクッ

来ヶ谷「鈴君が頑張ってくれるなら渡してもいいのだが…」

理樹「猫も飼ってないのになんで買ってるのさ、ていうかなんで持ってきてるんだ…」

来ヶ谷「はっはっはっ、理樹君は質問が多いな。そんなことではもてないぞ」

理樹「今は関係ないよね!」

鈴「…い、行くぞ理樹!」

理樹「って僕も!?」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 00:54:11.13 ID:5iMlYy1q0

~ボス部屋~

恭介「誰かいるな」

西九条「来たわね、侵入者達」

理樹「女の人!?さっきまで落書きの敵しかいなかったのに」

西九城「悪いけど、ここは通さないわよ」

鈴「ふ、フカー…」

小毬「りんちゃんの迫力がなくなってるよー」

謙吾「あの眼つき、生半可なレベルじゃなさそうだぞ、恭介」

恭介「今の俺たちじゃ少し厳しいな…」

鈴「…理樹」

西九条「侵入者は抹殺する。覚悟しなさい」

理樹「わかったよ、ここは僕が…」

西九条「…」ヒュン!

理樹「僕が…アハハ…」

美魚「これは…」

葉留佳「やはー…、まるでレーザービームですネ…。生で見たの初めてだよ」

西九条「穴だらけにしてあげるわ!」ヒュン!

恭介「くっ、こいつはまずい、総員退避!」

クド「恭介さん、と、扉が開きません!」

恭介「わふー!!(訳:なんだと!!)」

理樹「てんぱりすぎたよ!!」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 00:56:08.69 ID:5iMlYy1q0

葉留佳「いけービー玉!」バッ

西九条「…」ヒュンヒュン!

葉留佳「無言であしらわれた!?」

真人「あの女、レーザーじゃなくてナイフを投げてるみてーだな」

来ヶ谷「真人君が初めてまともなことを…、お姉さん感動したぞ」

来ヶ谷「というわけで盾になってくれ」バッ

真人「ちょっ待てどういうわけ…グハァ!!??」バシュッ

謙吾「真人の後ろに隠れろ!」

真人「てめえ謙…グホッ!!??いやこれマジで無…ガフ!!??」ヒュンヒュンバシュッ!

小毬「りんちゃん、何持ってるの?」

真人「てめえら筋肉いじめて楽しいガバッ!?ゲハッ!」

鈴「モンペチだ、来ヶ谷から貰った」

真人「お、お前らいつまで隠れて…ドフッ!!??」グラ…

理樹「うわ!」ドン

鈴「わ!理樹押すな」コロンコロン…

クド「鈴さん、モンペチが転がっていくです!」

謙吾「蓋も空いてしまったな」

鈴「理樹、お前のせいだ」

理樹「ち、違うよ真人が…」

真人「理樹…お前もか…ナバッ!!??」バシュッ

ニャーニャー・・・

鈴「…」ピクッ

理樹「鈴どうしたの?」

鈴「何か聞こえた。猫の鳴き声だ」

美魚「こんなところに猫はいないと思…」ニャーニャーニャーニャーニャーニャーニャーニャー

美魚「…っていました」

小毬「はわわわ、な、何匹も猫ちゃんが集まってきたー」ハワワ…

恭介「い、いったいどこから」

クド「扉はしまっていたはずなのですけど」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 00:57:08.56 ID:5iMlYy1q0

鈴「お前達…、よしみんな、あの女を倒すぞ」

ニャーニャー!!

来ヶ谷「鳴き声に迫力が出てきたぞ」

鈴「突撃だー!」

ニャーニャー!!

西九条「このっ!ちょっと猫なんて卑怯じゃな…キャアアアア」バリバリバリ

理樹「バリバリ引っかかれてるよ…。さすがに猫には攻撃しないみたいだね」

来ヶ谷「見てる分にも、結構エグいな…」

鈴「ま、待て、お前達やり過ぎだー!」

ニャーニャーニャーニャーニャーニャー…

葉留佳「どっか行っちゃったネ。どこに行ったのかわかんないけど」

小毬「モンペチも持ってかれちゃったみたいだね」

謙吾「ここの扉、本当に閉まってるのか怪しくなってきたぞ」

西九条「きゅ~…」ボロボロ…

理樹「当分起きそうにないよ」

来ヶ谷「これはひどいな。顔にモザイク処理が必要じゃないか?」

小毬「うわあ…」ハワワ…

美魚「そっとしておいてあげましょう」

恭介「…どうやら次のフロアに行けそうだな」

理樹「戻り方もわからないし、進んだ方がいいと思うよ」

謙吾「賛成だな、どの道どういう原理で移動してるのかもわからないんだ」

謙吾「何回か経験すればおのずと戻り方もわかるかもしれん」

小毬「謙吾君楽しそうだね~」

謙吾「…まあ、たまにはこういうのもいいかもな」

恭介「さて、じゃあ次に行くぞ!」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 00:59:01.75 ID:5iMlYy1q0

リトルバスターズ「オー!!」

葉留佳「あれ?何か忘れてるような…」

真人「お…ま…えら…」

クド「わふー!井ノ原さん大丈夫ですかっ!?」

真人「…ふっ、クー公、みんなに…よろしく伝えておいてくれ…」

クド「い、井ノ原さん気を確かにー!」

葉留佳「クド公!あれをするよ!」

クド「わふっ!三枝さん、あれですね!せーのっ!」

クド&葉留佳「筋肉っ 筋肉っ 」

真人「…」ピクッ

クド&葉留佳「筋肉っ 筋肉っ 」

真人「…」ムクリ

来ヶ谷「起き上がった!?」

真人「うおおおおおおおおお!!!」

真人「筋肉♪ 筋肉~♪ 」

恭介「復活した!?」

小毬「ふわあ!怪我が治ってるよ!」

来ヶ谷「なに…真人君、人間を辞めたのか…」

美魚「むしろ人間だったんでしょうか?」

真人「筋肉♪ きんに…」

鈴「うっさい」ズド!

真人「チョギッ!?」ドサ…

理樹「また倒れちゃったね…」

来ヶ谷「やはり所詮は真人君か」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 00:59:56.85 ID:5iMlYy1q0

~Next floor~

理樹「風景が森になってるよ」

鈴「サンマに色がついてる」

小毬「ちょっとだけ美味しそうに見えてきたね」

真人「…やめとけ小毬、正直マズイぞ」

クド「食べたんですかっ!?」

理樹「いつのまに…」

真人「さんまんがたまに落とすサンマは割と美味だけどな」

美魚「なんだか汚いですね」

真人「ガーン…」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 19:40:35.08 ID:5iMlYy1q0

~ボスの部屋前~

恭介「ここがボスの部屋のようだな」

理樹「なんだかあんまり迫力というか、威圧感がないね」

来ヶ谷「と見せかけて、という事もある。用心はしておいた方がいいぞ」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 20:10:11.85 ID:5iMlYy1q0

~ボスの部屋~

今宮「どうもー!…って、おいおい誰だよお前ら。俺の思ってた侵入者とはえらい違うじゃねーの」

葉留佳「なんかチャラいのがきましたねー。とりあえずビー玉!」バラバラ!

今宮「いてっ、ちょなんスかいきなり!?」

葉留佳「普通に効いてますね」

鈴「こいつ弱いな」

今宮「なっ!?おいおい本人前にしてそりゃひでえ…」

美魚「落ち込み始めたようですね」

小毬「…お菓子食べる?甘いよー」

今宮「その優しさが痛えな、おい」

真人「なんだか知らねえがとっとと倒して次行こうぜ!」

来ヶ谷「そうか、では頼んだぞ真人君」ドン!

真人「のわっ!?来ヶ谷てめえ押す……え?」グサグサグサ…

恭介「これは…」

謙吾「罠か…」

鈴「えげつないな」

真人「」

理樹「みんな冷静すぎるよ!?」

恭介「真人の犠牲は無駄にしない!みんな、一旦退くぞ!」

理樹「無駄にしかしてないよ!」

来ヶ谷「退く必要はないぞ恭介氏、もう倒した」

今宮「あんた…早過ぎ…」ドサ…

来ヶ谷「真人君が罠を全て受け持ってくれたおかげで、相手の隙がつけた」

美魚「見事な手際でした、まるでその手の方のようですね」

来ヶ谷「はっはっは、美魚君は面白いことを言うな」

理樹「笑えないよ…」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 21:42:41.72 ID:5iMlYy1q0

~Next floor~

クド「また、森のようですねー」

美魚「地下ということを忘れてしまいそうです」

理樹「あれ?ここに何か落ちてる…」

謙吾「ビー玉にビール瓶、アルミ缶…なんでこんなものが」

恭介「こういう時には強化アイテムや合成素材なんかが落ちてたりするはずなんだが」

鈴「ゲームのやり過ぎだ」

葉留佳「だったらこのビー玉私が貰いっ!」

クド「わふー!パワーアップですー!」パチパチパチ

小毬「おめでとー!」パチパチパチ

葉留佳「や、やはは…そんなに変わんないんですけどネ」

来ヶ谷「真人君もパワーアップしておいた方がいいぞ、ビール瓶とアルミ缶を渡そう」

真人「いらねぇよ!てかパワーアップを理由にまた盾にするつもりだろ!」

来ヶ谷「チッ、まさか今迄の事から学習するとは…」

真人「筋肉舐めんのも大概にしろよ!」

謙吾「…ああ、俺も正直驚いたぞ」

真人「うるせえ!!」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 21:43:16.06 ID:5iMlYy1q0

~ボス部屋前~

恭介「…この威圧感…、今度のはやばそうだな。ん?どうしたんだ真人?」

真人「俺はもういい、絶対に入らねえぞ」

来ヶ谷「それはもったない、有り余る筋肉を思う存分に試す良い機会だというのに」

来ヶ谷「なんならこれを装備すればいい」

真人「ビール瓶にアルミ缶なんざいるか!!ただの酔っ払いにしか見えないだろ!!」

来ヶ谷「…逃げるのか、真人君?」

真人「うるせえ!もうだまされねえぞ!」

理樹「真人…、お願いだよ…、僕真人が行ってくれないと…」ウワメヅカイ

真人「…理樹、へっ!心配すんじゃねえよ、俺に任せとけ!うおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」ドドドドドドドド

来ヶ谷「少年、少し成長したな…」

理樹「いやまあ、他の人が先に行くよりかはいいかなって。さっきの罠もあるし、真人なら平気そうだしね」

美魚「こうして少年は成長していき、そしていつか特殊な大人への階段を…」

理樹「特殊って何!?」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 00:23:28.74 ID:LqD1tN640

~ボスの部屋~

真人「うおおおおおおおおおおおおらああああああああああ!!!!」ドドドド

江坂「ほう、威勢のいい少年だ」

葉留佳「広っ!?なにここ天井とか見えないよ!」

美魚「草原のフィールドのようですね」

恭介「今回は白髪の老人か」

クド「前回のこともありますし、おじいさんだからって油断しちゃだめです」

来ヶ谷「なあに、今回も真人君の大活躍で終わるさ」

真人「ただの壁じゃねえか!ふざけんなァ!」

来ヶ谷「君がそうしないと、理樹君が怪我をしてしまうのかもしれないぞ」

真人「なっ!?く…、仕方ねえ、理樹のためだ!壁にだってなってやろうじゃねえか!」

江坂「仲間をかばう…か。美しいではないか。だが…」

江坂「この圧倒的火力を前にしてそれができるかな」バババババババババ

謙吾「軍用ヘリ!?」

鈴「か、数え切れないぞ!」

真人「ああ…、俺死んだな…」

恭介「真人、すまない」

理樹「いやさすがに今回は真人でも無理だから!」

葉留佳「む~…」ジリジリ

理樹「ビー玉も意味ないから!」

鈴「一か八かだ!頼むぞお前達!」

小毬「鈴ちゃん!?それモンペチ…?」

鈴「とう!」ブン

三枝「もーどーでもいいから突っ込めー」

理樹「ダメだよ!!」

江坂「この数の武力を見て立ち向かおうとするとは、なかなかの連中だ」

江坂「だがやめておきたまえ。私としても次世代の未来ある若者を潰したくはないのでね…?」ニャーニャー…



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 00:23:58.72 ID:LqD1tN640

江坂「なんだこの声は…。猫か?」

クド「わふー!また猫が大量に来ました!」

謙吾「扉がしまっているというのにどこから入ってきたんだ」

真人「お前猫なんか呼んでどうすんだよ!?あんなもん相手に猫なんかやられちまうだけだろ!」

江坂「仕方ない、では始めるぞ。一斉掃射!」ババババババ!!!

来ヶ谷「真人君!」

真人「ちっくしょう!やってやらあ!!!」

ドドドドドドトドドドドドドトドドドドドドドドドドド!!!!!!!!!

恭介「真人!?」

真人「こ、こいつは…」

ドルジ「ぬおー」

江坂「なん…だと…」

鈴「助かったぞドルジ!」

ドルジ「ぬおー」

クド「さっきのモンペチはドルジを呼ぶためだったのですね!さすが鈴さん!」

理樹「…これって鈴じゃなくて…」

美魚「弾丸を止められるドルジがさすがと言うべきでは…」

理樹「いやいや、なんで弾丸止められてるの!?なんでそこに誰も突っ込まないの!?」

葉留佳「あんまり細かい事気にしてたら将来禿げちゃうよ?」

江坂「おもしろい…、なら容赦はなしだ」ババババババババババババババババババババ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

鈴「みんな、ドルジの後ろに隠れろ!」

ドルジ「ぬおー!!!」ガガガガガガガガガガガガガガガガガ!!!!!!!!!!!!!

恭介「なあ、理樹」

理樹「なに、恭介?」

恭介「今でドルジは真人くらいの高さはあるけどな、アニメ版のOPではその真人の肩に乗れるくらい小さいんだぜ」

恭介「どっちが本当の大きさなんだろうな」

理樹「い、今はとりあえず助かってるから別にいいんじゃ…」

恭介「4コマとか野球のゲームの時に見た限りでは前者の方なんだがな」

謙吾「…それは今ここで話すべきことなのか」

恭介「とりあえず今回のドルジは真人よりも大きいな」

小毬「ふぇ~ん、攻撃が止まないよ~」

クド「うぅ…」

真人「くそっ、さすがに俺にはどうしようねえ…」

葉留佳「攻撃が止んだ時を狙ってみんなで一斉に行くしかないよ」

来ヶ谷「そうだな、それまでドルジ君が保てばいいが…」

江坂「攻撃が止むまで待つつもりか。だが、それまで持ち堪えられるかな」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 00:24:29.30 ID:LqD1tN640

ドルジ「ぬ、ぬお…」

小毬「鈴ちゃん!ドルジがもう限界だよ!」

鈴「ドルジ…」

ドルジ「ぬおー…」

理樹「ドルジ!」

謙吾「ドルジ…」

真人「ドルジ!」

来ヶ谷「ドルジ!」

葉留佳「ドルジ…」

クド「ドルジ!」

小毬「ドルジ…」

美魚「ドルジ…」

ドルジ「ぬ、ぬお…」

ドルジ「ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

ガガガガガガガガガガガガガガガガガ

江坂「なに!?弾丸を…」

「「「「「「「「「はね返した!!!!!?????」」」」」」」」」

江坂「ヘリが全て撃墜されたか…。さすがだな…」

理樹「あれって猫なんだよね!?本当に猫なんだよね!?」

小毬「そ、そうだと思うけど…、そうなのかなあ?」

鈴「よくやった、ドルジ!」

ドルジ「ぬおー!」ゴロゴロ

謙吾「何処かに行ってしまったな、いや転がって行ったの間違いか」

鈴「…あんまり餌をやりすぎると、アザラシを通り越してトドのようになりそうだ」

謙吾「むしろすでにあれはトドでも通じそうだぞ」

真人「俺の筋肉が猫に負けた…。認めねえ、認めねえぞ…」

来ヶ谷「おしゃべりはそこまでだ。まだ敵は残っているぞ」

江坂「…」

小毬「でもおじいちゃん相手には戦えないよ…」

恭介「というかさっきのヘリを潰した時点で、次の階へ行けると思ったんだが」

クド「あの人を倒さない限り先には進めないようです」

真人「ここは任せとけ!うおおおおおお!!!!」

江坂「私も…甘く見られたものだ」

真人「え?」ドガッ

江坂「舐めてもらっては困る。油断とは最大の敵となるのだよ。覚えておくといい」

真人「ち…くしょ…」ドサ・・・



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 00:25:16.51 ID:LqD1tN640

江坂「やはり若い頃と比べると数段速さも鋭さも劣るか」

来ヶ谷「体術か、それもかなりの腕前のようだな」

謙吾「…いやそれだけではない。よく見ればあの老人、懐に刀も隠しているぞ」

美魚「それにしても、井ノ原さんはやっぱりこういう役割ですか」

葉留佳「また真っ先にやられちゃいましたネ」

恭介「あのレベルの体術相手は厳しいな、しかも剣術までもか…。例えこっちが多人数でも勝てるか怪しいぞ」

クド「せめて学校の中なら周りから武器が飛んでくるのですが…」

江坂「どうした、あの謎の生物がいないと何もできないか?」

鈴「ドルジは猫だ!」

葉留佳「ぶっちゃけ信じられないけど…ネッ!!」ブン!

江坂「ふっ…ただのビー玉か」パシッ

葉留佳「やっぱりダメか~」

理樹「むしろなんでいけると思ったの!?」

葉留佳「一応タンバリンもあるけど。シャカシャカヘイッ!」パシッ

鈴「はるか、それかして欲しい」ウズウズ

理樹「なんでやりたそうなのさ!?」

江坂「…楽しそうなところ悪いが、このビー玉は返すぞ」ブン!!

理樹「危ない!」バッ

葉留佳「きゃっ!?」ドサ・・・

???「隙あり!」ゴガッ!

江坂「なっ!?がっ!?」

???「ふう、なんとか勝てたわね…」

江坂「こ、この程度の死角からの不意打ちに倒れるとは…、私も老いたものだな」

江坂「見事だ…」ドサッ



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 00:25:46.34 ID:LqD1tN640

ドルジの身長体重の本当の数値は何なんだろうか…



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 00:57:26.70 ID:ZgaIOVssO

恐らくヤツはその時々に合わせて自らの身長体重を書き換えているんだろう
そしてあの異常な弾力性もドルジ固有の能力さ



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 01:00:20.68 ID:LqD1tN640

>>26
とりあえず猫ではないことは確かなようだ…
魔物か何かかな



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 01:03:39.16 ID:LqD1tN640

理樹「沙耶!?」

沙耶「どうやら無事なようね理樹くん」

理樹「ていうか今まで何してたの?連絡とれないし」

沙耶「この地下迷宮からいつもとは違う気配っていうかそういうものを感じてね。先に入ってたわけ」

沙耶「それにしても隙を生んでくれて助かったわ、ビー玉のおかげよ」

三枝「えへへ、ビー玉でも役に立てるんだネー」

沙耶(あんな強敵にビー玉投げつける相手なんていなかったからこそ一瞬の隙が生まれたのかもしれないわね…)

沙耶(油断禁物って言った傍から油断しちゃってたんだし)

鈴「なあ、理樹。こいつ誰だ?」

沙耶「はじめまして、私は朱鷺戸沙耶。沙耶でいいわよ。理樹くんとはそうね…、戦友かしら」

来ヶ谷「ほう、戦友とは。面白い間柄だな。ぜひ詳しく聞きたいものだ」

沙耶「それはまたいつかの機会にね。ほら、次の階に行けるみたいよ」

理樹「ほんとだ、行こう皆」

恭介「…」

恭介(いるとは思っていたが…、まあいいだろう)

謙吾「おい、恭介。あの女…」ボソボソ

恭介「…ああ、わかってるさ」ボソボソ

謙吾「この世界は俺達のものじゃない、別の世界だ。とっくに気づいているのだろう?」ボソボソ

謙吾「もしかするとあの朱鷺戸という少女が原因の可能性も…」ボソボソ

恭介「いや、それはない。あのイレギュラーは以前からあったものだからな。このこととは切り離して考えるべきだろう」ボソボソ

謙吾「じゃあなぜ俺達は別の世界に来ているんだ?やっぱり探検を薦めたお前がたくらんだのか?」ボソボソ

恭介「いや今回は本当に俺のこと気まぐれだ。原因はわからない…」ボソボソ



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 23:23:33.67 ID:LqD1tN640

~Next floor~

理樹「ここは…」

沙耶「まるで電脳空間ね。もとの地下空間とはどんどん離れていくわね」

クド「わふー!!なんだか宇宙に来たみたいです!ワクワクしてきました!!」

三枝「なんだか楽しそうな場所だね~。ちょっと目がちかちかするけど」

理樹「あれ、あそこに本が落ちてるよ。なんだろこれ?」パサ

理樹「!?」

理樹(エ口本…だと…)

小毬「何の本かな?お菓子の本ならいいなー」

理樹「そうだね、そうだったらよかったんだけどね…」

小毬「理樹君どうしたの?何の本だったの?ねえ見せてー」

理樹「いや…、あんまりおもしろい本じゃなかったよ」

来ヶ谷「では私が読ませてもらおう」パシ

理樹「あ!」

来ヶ谷「これは…、ふむ、理樹君はこういうのをお望みとは」

理樹「違うよ!」

小毬「ねえねえゆいちゃん、それ何の本だったの?」

来ヶ谷「ふむ、これはだな…」

理樹「言わなくていいから!」

来ヶ谷「そうだな、小毬君には少々刺激が強いだろう、悪いが」スパッスパッ

理樹「本が粉々に…、摸造刀だよねそれ?」

小毬「ゆいちゃんのいじわる~」

来ヶ谷「だからゆいちゃんと呼ぶのはな…」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 23:24:10.22 ID:LqD1tN640

………
……


理樹「なんだか少しずつ絵のような敵の数も減ってきたね」

美魚「変わりに鳥や動物の敵が増えてきています。これはどうゆうことでしょうか」

恭介「俺にもわからん、もしかするとラスボスが近い証拠なのかもな」

三枝「うわっ、すっごいカラフルな鳥がいるよー」

真人「から揚げにしても食いたくはねえな」

理樹「どう料理しても食べたくはないよ…」

クド「~♪」

三枝「クド公楽しそうだねー」

クド「はい!宇宙は私の憧れですのでこのような景色はすごく楽しいです!わふー!」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/14(金) 00:18:39.17 ID:CnWYVmc20

真人「筋肉♪筋肉♪」

クド「筋肉♪筋肉♪」

真人「筋肉万歳!」

理樹「真人まで、っていうかクドもつられちゃってるよ」

???「愉快な連中だ、この迷宮にてそうまで余裕を保っていられるなど全く以って愉快だ」

理樹「声!?どこから!?」

小毬「はわわわわ…」

美魚「…そんな」

クド「きんに…わふ…」

真人「嘘だろおい…」

来ヶ谷「少年、上だ」

理樹「上?ってうわあああああああああ、き、恐竜!!!!」

恭介「ティラノサウルスレベルじゃないか」

謙吾「いや、恐らくそれよりも大きいぞ!」

三枝「真人くんバリアーもこれじゃ意味なさそうだネ、あはは…」

美魚「…筋肉はもう用無しということですか」

真人「」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/14(金) 00:42:35.60 ID:CnWYVmc20

地竜「ここまでくるその力、実に素晴らしい。その力を以って楽しませるがよい」

恭介「はああああ」ブン!!!

クド「さっきのフリスビーを投げたのですかっ!?」

地竜「ふはははははははははは!!!」ズンズンズン

謙吾「すごく楽しそうにフリスビーを追いかけていったぞ!」

理樹「えええええええ!?」

美魚「恐竜はトカゲの一種だったはず、もしかすれば犬の祖先でもあったのかもしれませんね」

三枝「す、すごいや…」

ストレルカ&ヴェルカ「ワンワン!!!」ダッ

小毬「ストレルカもヴェルカも行っちゃだめだよー」ムギュウウウ

クド「ダメですー!!」ギュウウウウ

恭介「フリスビーすげえ…」

沙耶「み、みんな今のうちに先に行くわよ!あんなのがボスだなんて相手してられないわ!!!」


~ボスの部屋~

沙耶「少し開けた広場付きの森林、ってとこかしら。広場の周りは結構な雑木林ね」

来ヶ谷「さっきまでの宇宙のような舞台は何だったのかという感じだな」

鈴「さっきの恐竜がボスだからこういうステージになっているんじゃないか?」

沙耶「確かにそうね。まあいいわ、早く次に…って…」

恭介「次の階にはいけないぞ、あれがボスなら倒さないと次には行けないからな」

沙耶「あ…」

理樹「沙耶…忘れてたんだ…」

沙耶「そうよ忘れてたのよ!これだけ皆をせかして走って結果がこれよ!滑稽よね、間抜けよね!馬鹿よね!そうよ笑えばいいわよ、笑えばっ!!!」

沙耶「あーっはっはっはっは…」

美魚「さて、これからどうしましょう。やはりあの恐竜を倒すしかないのでしょうか」

来ヶ谷「相手はあの巨体…。普通の攻撃はまず通用しないだろう」

沙耶「無視とかやめて普通に辛いから」

ズンズンズンズン…

クド「これって…」

小毬「戻ってきたんじゃ…」

恭介「真人、本当に…すまないと思っている」

真人「ちょっと待てえ!!またか!?また筋肉いじめんのか!?」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/14(金) 01:00:32.47 ID:CnWYVmc20

グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

来ヶ谷「なんという咆哮だ。いや、まるで断末魔のような」

小毬「うえええええええええ、怖いよー」ガシッ

理樹「こ、小毬さん落ち着いて」

理樹(抱きつかれて胸が…)

謙吾「皆落ち着け、おかしい、足音が消えたぞ」

沙耶「あの巨体の足音が消えるってことは、立ち止ったか、もしくは」

恭介「死んだか、のどちらだな」

三枝「仮に死んだとしても、次の階への入り口をこの森林から探すのは大変そうですネ…」

来ヶ谷「まだ死んだと決まったわけではないが、さてどうなる」

沙耶「!!! 誰か来るわ、それも大人数!!」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/14(金) 01:04:11.22 ID:CnWYVmc20

???「あ、あぶねえ、危うく全滅だったぞ」

???「いきなりこっちに走ってくるなんてびっくらこいたよ…。何かに気を取られてたからよかったけどね」

???「恐らくこの階のボスのような存在なのだろう。いい風に言えば探す手間が省けたな」

???「それを袋叩きか…。まあ隙見てそうでもしないとレベル的にきつしなぁ…」

???「そろそろサンマを焼きたい」

???「犬が拾ってきたやつか、でも火がないんだよなあ…」

???「俺は犬じゃねえ!狼だ!」

???「…犬?」

???「みなさん止まってください。このボス部屋…誰かいます、それも大人数ですね」

???「えっ!?ここのボスはもう私達が倒したはずじゃ…」

???「倒したっつーか気を取られてる隙に袋叩きにしたんだけどな…」

???「はぁ…面倒ね。後はお願いするわ」

???「さっきもほとんど何もしてなかったじゃないですか会長…」

???「あそこです。…見慣れない制服ですね」

理樹「あれは……………誰?」

瑚太郎「なんだあいつら?うちの制服でもないし、周りの学校のでもなさそうだな」

小鳥「あ、ほんとだ、あれも敵かな」

ルチア「全員高校生程度のようだな」

静流「ガーディアンでは見たことがない」

朱音「じゃあ恐らくはガイアの者ね。さっきの地竜も恐らくはあの連中のせいかしら。あの程度の人数で地竜を操るなんてなかなか凄いわ」

ちはや「ガイアでは見たことないですけどねー」

篝(あのホモサピエンス…、私達の世界のではないような…。面白いので成り行きを見守りましょう)

咲夜「どうやら臨戦態勢のようですね、人数的にも1vs1というところでしょう」

吉野「へっ!お前らの助けなんざいらねえ。全員俺の拳の餌食にしてやるぜ!」

瑚太郎「吉野は荷物持ちという重要な役職があるんじゃないのか?」

吉野「ふざけんな!俺一度も戦ってねえんだぞ!てめえを先にノックダウンさせてやろうか!?」

ちはや「はいはい、じゃれあいはもういいですから」

吉野「じゃれあいじゃねえ!!」

瑚太郎「もういいから全員構えろ!チームワークで突破するぞ!」

恭介「どうやら戦闘態勢に入ったようだな」

沙耶「そうね、あの恐竜を倒したレベルの人達よ、みかけに惑わされないほうがいいわ」チャキ

静流「あれは拳銃…、なら私はこれを」ゴソゴソ

静流「ラピッドミサイル~」

理樹「あれミサイルだよね」

真人「なんでもありかよ…」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/14(金) 21:25:24.55 ID:CnWYVmc20

静流「ファイア」ポチ

ズドオオオオオオオオオオン

瑚太郎「いきなりですかっ!?」

吉野「くそっ、土ぼこりがひどくて周りが見えねェ!」

朱音「話くらいしたらどうなのよ…」

ちはや「爆風でスカートが!」

小鳥「いやああああん」

瑚太郎「やってる場合かお前ら!」

咲夜「そう言いつつガン見するのはどうかと思いますよ、馬の骨ゲスやろう君」

静流「…ポ」

ルチア「この変態―――!!!」アッパー!!!

瑚太郎「ごはあ!?」

ピューン

瑚太郎「ぐへっ」ドサッ

沙耶「あら、こんなところに人質が」チャキ

瑚太郎「いやちょっと待て落ち着こうぜ」

沙耶「失礼ね、私はすごく冷静よ」

瑚太郎「いやあああああああああ誰か助けてえええええええ!!!」

咲夜「仕方ないですね。はあ!」ブン

沙耶「くっ!」

瑚太郎「俺ごと斬ろうとしてたよなおい!」

咲夜「なかなかいい動きをしますね。ガーディアンでもガイアでもあなたような方はそうそういませんよ」

沙耶「よくわかんないけどあんたが私の相手ってことね!」チャキ

咲夜「そのようです。では行きますよ!」

瑚太郎「ガン無視かよ」

鳳咲夜vs朱鷺戸沙耶



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/14(金) 21:26:38.23 ID:CnWYVmc20

………
……


三枝「爆風と林で前があんまり見えないよ!?」ガシッ

三枝「ひやっ!?」

来ヶ谷「私だ落ち着け」

三枝「姉御ぉ、脅かさないでよ~」

来ヶ谷「それは悪かったが、すまないが援護してくれないか…痛っ」

三枝「え?姉御?ていうかその怪我…」

来ヶ谷「あの速さ、私よりも上だ」

静流「見つけた」ギラ

三枝「さっきのミサイル女!?」

静流「そのあだ名は少しひどい…」

来ヶ谷「武器はダガーの様な刃物が二本。この距離でミサイルは使わないだろう。他にもあるかもしれん、用心してくれ」

中津静流vs来ヶ谷唯湖and三枝葉留佳



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 01:04:13.11 ID:NGa9fVcC0

真人「くそ、視界が悪い。おい理樹大丈夫か…って、うおっ!?」ビュン!

真人「なっ、くっ!おらあ!!なんだこのひらひらしたもんは!?」ガシッ

篝「私のリボンをつかむなんて…。まさに筋肉だるまのホモサピエンスですね」

真人「おいおいほめるなよ」

篝「頭まで筋肉ですか…、かわいそうに…」

真人「ふっ、感動で涙するとは。お前も筋肉がわかってるじゃなねえか!」

真人「ほら行くぜ!筋肉♪筋肉♪」

篝「」

真人「筋肉♪筋に…ゴハア!?」バキィ

真人「てめえ何しやがる!?」

篝「ホモサピエンスではなくただのゴリラのようですね。言葉の通じない者との相手は疲れます…」

真人「残念だぜ。今から筋肉の素晴らしさがわかるって時によ…」

篝「いえ結構ですからできれば知りたくありませんから」

真人「…そうかよ、じゃあとっとと終わらせて理樹を助けに行かせてもらうぜ!」ポキポキ

篝vs井ノ原真人



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 01:04:53.00 ID:NGa9fVcC0

………
……


瑚太郎「見つけた!いけ、ルイスの槍!」

理樹「うわっ!」

瑚太郎「うわやっべ外した」

吉野「馬鹿野郎、外してんじゃねえよ!!!ここはこの俺に任せな!」

瑚太郎「はあ!?てめえは荷物番だろ!荷物どうすんだよ!」

吉野「んなもん知るかあ!マッハナックル!」ブンブン

理樹「ただのパンチだ!?」

瑚太郎「この…イデッ!?」ガッ!

恭介「加勢はさせないぞ」

理樹「恭介!」

瑚太郎「てめえ…」

恭介「こいつは俺に任せろ。理樹はそいつを頼む」

理樹「っ!…わかった、任せて恭介!」

吉野「はっ!お前みたいなひよっこに俺が倒せるかな」

理樹「さあね。でも、やってみないとわからないよ…、…あれ?」ゴソゴソ…

理樹(沙耶から拳銃貸してもらうの忘れてた…。ていうか人を相手に撃てないよ)

吉野晴彦vs直枝理樹



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 01:05:20.55 ID:NGa9fVcC0

………
……


瑚太郎(こいつのさっきの一撃…、かなり強いぞ)

恭介「悪いな、時間がない。本気で行くぞ!」サッ

瑚太郎(顔を手の平で隠した…)

恭介「ふっ」ズン!!!

瑚太郎「なっ!?はあ…?何その仮面!?なまはげよりこえーぞ!」

マスク・ザ・斎藤「ホロウ化だ、うまうー」

瑚太郎「いやいやんなわけねえから。むしろそれ声的に俺じゃん!ていうか何その語尾!?」

マスク・ザ・斎藤「そんなことはどうでもいい。さあ、バトルスタートだ!」

瑚太郎「マジッすか…。あれと戦ってるとこあんま見られたくねえなー、普通に恥ずかしいぞ」

マスク・ザ・斎藤「あーりゃほーれうまううううううううううううううううう!!!!!!!!」

瑚太郎「めちゃくちゃ楽しそうだな!!」

天王寺瑚太郎vs棗恭介(マスク・ザ・斎藤)



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 01:06:07.62 ID:NGa9fVcC0

………
……


ルチア「静流!どこだ!あっちの雑木林の中か!?」

謙吾「待て」

ルチア「!お前は…」

謙吾「悪いがここは通せない。来ヶ谷と三枝でも、あの相手に加勢されるとまずいからな」

ルチア「竹刀か、悪いがこちらは真剣だ。けがをしたくなければ引け」

謙吾「武器は持ち手の技量で強くもなり弱くもなる。侮らない方がいい」

ルチア「なるほど。では少々怪我をしてもらう!」ブン!!

謙吾「なっ!?」

謙吾(刀身が振動している。掠っただけでも竹刀なら折れるぞ…)

ルチア「振動斬!」ブン!

謙吾「ちっ!」ドスッ!

ルチア(振り下ろした剣を足で踏み抑えた!?こいつ…できる!)

謙吾(思った以上に振動が厄介だ。振動で足が…)

此花ルチアvs宮沢謙吾



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 01:06:57.04 ID:NGa9fVcC0

………
……


ちはや「瑚太郎ー、咲夜ー、どこですかー!?うう、さっきの土煙もまだすごいし周りは森だから視界が…」

ちはや「なんか犬も捕まえたんですけどどうすれば…ってイタッ!?」ゴッチン

小毬「イタッ!?あうう…」

ちはや「えっと大丈夫ですか?」

小毬「あうう、ごめんね。そっちこそ大丈夫?」

ちはや「う、うん。大丈夫。私丈夫だからって、誰?」

小毬「…?」

ちはや「えっと敵だよね?」

小毬「敵なのかなあ?あれ、その犬…」

ちはや「この犬ですか?なんか捕まえたんですー」

クド「小毬さん!やっと見つけました!皆とはぐれて寂しかったですー」

クド「わふっ!?あなたは向こう側の方では!?」

ワンワン!!

クド「わふっ!ストレルカにヴェルカ!?人質、いえ、犬質とは卑怯です!!」

ちはや「え?いやこれは違うっていうか…」

クド「わふー!誘拐ですっ!ストレルカとヴェルカを返してもらうですっ!」

小毬「誘拐ー!?」

鳳ちはやvs神北小毬and能美クドリャフカ



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 20:50:10.47 ID:NGa9fVcC0

………
……


鈴「むう、森の中じゃ理樹も恭介も見つからない…」

鈴「真人に加勢はいらないし…、どうしよう」ジャリ

鈴「!?誰か来る」

鈴「ふかー!!!」

小鳥「うわっ、猫!?って人か~…」

鈴「見たことない奴、私がお前の相手をしてやる」

小鳥「こたさんこたさん、…どっか行っちゃってる…」

鈴(今は理樹も恭介もいない。みんな戦ってる。だから私も頑張る)

鈴「バトルスタートだっ!モンペチ!」

ドルジ「ぬおー」

鈴「来るの早っ!」

小鳥「なにそれ!?…猫?…の魔物?」

小鳥「ていうかあんなの私だけじゃ無理無理。ちびもすー」

ちびもす「もすっ!」

小鳥「頼んだよちびもす」

ちびもす「もすー!」

小鳥「いけ!ちびもす!」

鈴「いけ!ドルジ!」

小鳥(まるでポケモンバトルだあね…)

神戸小鳥vs棗鈴



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 20:50:38.59 ID:NGa9fVcC0

………
……


朱音「…で、残ったのはあなただけのようね」

美魚「そのようです」

朱音「ふふ、あなた、私と戦う気かしら?」

美魚「仲間の方々が戦っていらっしゃるので一応…」

朱音「そう。面倒くさいわ。ここFPSとかできないかしら」

美魚「そちらの仲間の方々も全員戦っている中でゲームですか。随分と冷たいのですね」

朱音「そうね。…まあたまにはいいかもね、こういうのも」

朱音「あなたが私の相手をしてくれるということでいいからしら」

美魚「戦わずに済むならよかったですが…」

朱音「あなた…、あれだけ言っておいてどっちなのよ。まあいいわ、じゃあさっさと負けて這いつくばりなさい」

美魚「美しくないですね」

朱音「随分と減らず口をたたくわね。もう黙りなさい」

朱音「ゴールドチケット!!!」

美魚「科学部部隊!!!」

隊員1「NYP値を測定しろ!」

隊員2「はっ!」

隊員3「報告!」

隊員3「げ、限界値です!」

美魚(今度は来ていただけましたか。そもそもどこから来たのでしょうか。…細かいことは気にしないほうがいいですね)

朱音(人頼み同士ね…)

千里朱音vs西園美魚



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:19:49.94 ID:o3+TxZsj0

………
……


来ヶ谷「くっ!」キンキン

静流「はっ」キン!

来ヶ谷「ちっ」バッ

来ヶ谷(ナイフ使いか。早いな…、どうするか)

三枝「姉御!後ろ!!」

来ヶ谷「っ!まずい!」バッ

来ヶ谷「なかなかやるな君、おもしろいぞ」

静流「むう…」

静流(倒れない。私の攻撃も紙一つでかわしている)

静流(早さなら分がある…スピードで攻める)

三枝「えぇーい!タンバリン攻撃ー!」ピューン

静流「…」スッ

三枝「また無言であしらわれた!?」

来ヶ谷(一瞬意識がそれたな、今だ)

来ヶ谷「はあああ!!!」ギイイイイン!!!

静流(力押し!?力を逸らさないと…)ズルッ…

静流「え…?」

静流(なにか踏んで滑った!?)

来ヶ谷「今だ!」ガキッ!

静流「ぐう!」ドサッ

静流(倒れた拍子にダガーが、ならサブマシンガンで…あれ?)

来ヶ谷「探し物はこれかな?」キカンジュウ ヒョイ

静流「いつのまに…」

三枝「さっすが姉御!」

来ヶ谷「葉留佳君のビー玉のおかげさ。あれで相手が滑ってくれなければ押し倒せなかった」

来ヶ谷「タンバリンも相手の意識を逸らしてくれて助かったぞ。こんな時にタンバリンを敵に投げる人はいないからな」

三枝「褒められてるのか怪しいんだけど…」

来ヶ谷「さて、上にのしかかって銃口を向けたこの体制。私の勝ちでいいな?」

静流「むぅ…仕方ない」

来ヶ谷「そうか。では葉留佳君。少し体を押さえていてくれ」

葉留佳「いいけど、他の人に加勢しに行くんですかー」

来ヶ谷「理樹君たちなら大丈夫だろう。それよりも…」

静流「?」

来ヶ谷「なかなかかわいい体をしているじゃないか君。お姉さんに堪能させてもらおう。さて、ここにいろんなコスプレ用の服があるんだが」

静流「ナース?そっちのはメイドさん」

三枝「いったいどこから…。ていうか姉御、相手の銃はいずこに!?」

来ヶ谷「いつもなら理樹君が喜んで着てくれるのだが…。お姉さん、もう我慢できんぞ」ガバッ

静流「ひ、あう、やあ、ひゃあああああああん!!!!!」

三枝「理樹くん別に喜んでませんけどネ」

中津静流vs来ヶ谷唯湖and三枝葉留佳
来ヶ谷唯湖and三枝葉留佳:勝利



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:20:18.09 ID:o3+TxZsj0

………
……


吉野「受けろ!マッハナックル・コンマゼロォ!!!」ゴッ

理樹「うわっ!」

吉野「くそっ。スルー決めてばっかかよチキン野郎!とっととかかってきやがれ!」

理樹(沙耶からダンジョン探索用に、射撃と一緒にちょっとだけ体術を習っておいてよかった)

吉野「スーパーブロウ!」ブン!!

理樹「うわたっ!」

吉野「ちっ、また外したか。とっととオン・ザ・ベッド・イン・ホスピタルを覚悟しやがれええ!!!デッドエンドナックル!!!」ブン!

理樹「何言ってるのかわかんないよ!」

理樹(…反撃しないと終わらない、でも人を殴るなんて…)

理樹(それでもやらないと…。みんな戦ってるんだ!逃げちゃだめだ、逃げちゃだめなんだ!)

吉野(動きが止まった)

吉野「やっとやる気になったか。いいぜ!ワンミニッツで終わらせてやるよ」

理樹(避けることを考えないで、こっちの攻撃を当てることだけを考えるんだ!)

理樹「終わるのは…」

理樹(真人も謙吾も、恭介も鈴も頑張ってるんだ。ここで逃げてちゃだめなんだ!)

理樹「そっちだああああああ!!!」ガッ

吉野「ごはっ、…思った以上にヘビーじゃねえか。っ…てて」

理樹(一発じゃ駄目か。なら何度だって!)

吉野「また来るか。いいぜ、俺のダークソウル、その身に刻んでいけえええ!!!」

理樹「ああああああああああああああ!!!!!!」ブン!!

吉野「ハルマゲドン・バスター!!!」ブン!

吉野(説明してやる、俺のハルマゲドンバスターってのはだ。このダンジョン内での、俺の参加した戦闘で、俺の男気に引かれた人数に応じて攻撃力が上がるヘビーでフレンドリーな技だ)

吉野(…戦闘で男気に引かれた?おいちょっと待て、俺そういえば戦闘に参加できずに荷物番しかしてねえってことは!!!)

吉野「ごはあああああああああ!?」バキッ!

吉野(この技…あんまし意味ねえじゃ…ねえか…)ドサッ

吉野「俺が…デッドエンドとは…な…」ガクッ

吉野晴彦vs直枝理樹
直枝理樹:勝利



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:20:56.43 ID:o3+TxZsj0

理樹「勝った…のかな…。いたた…、恭介今助けに…」ハア…ハア…

瑚太郎「吉野!」ザッ!

理樹「うわっ、君はさっきの…」

瑚太郎「あー、やっぱ駄目だったか。ていうか俺達総じてレベル上がってねえからなあ」

恭介「このマスク・ザ・斎藤から逃げられると思うな、うまうー」

理樹「恭介!…恭介?」

恭介「勝ったのか理樹。さすがだな、だが俺の事はいい、神北や能美が心配だ。そっちを頼む、うまうー」

理樹「わ、わかった!」

瑚太郎「吉野の敵だ!逃がさねえぜ!」

理樹「くっ!」

瑚太郎「そもそもだ、お前達が俺達より先に進んだせいで、敵とも会わないしボスに至っては地竜以外全員気絶だ」

瑚太郎「地竜も隙を見て皆でボコりまくっただけだしな。何かに気を取られてるみたいだったし」

瑚太郎「とにかくお前らのせいでレベル上げしてねえからここじゃ弱いまんまだっての…」

瑚太郎(下手すりゃ、一般人以下だからなあ。その割にレベル無視で技使いまくってるけど…)

恭介「なるほど、つまりこの世界はRPGのようなモノというわけか」

瑚太郎「まあそんなところだな…って吉野倒した奴は!?」

恭介「話している最中に逃がしたさ。さて、続きと行こうか、うまうー」

瑚太郎「ま、いっか吉野だし」

恭介「いや…、この仮面はやめておこう。今は理樹も沙耶という少女もいない」スッ

瑚太郎(仮面を外した…。いや、また手の平を顔にかざした)

恭介「次はこれで行くぞ…」ズン!

瑚太郎「仮面が変わった!?」

時風瞬「…ゲームスタートだ」チャキ パアン!

天王寺瑚太郎vs棗恭介(時風瞬)



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 17:22:31.04 ID:o3+TxZsj0

………
……


咲夜「舞え!そして撃て!」ズドドドド

沙耶「また桜の花びら!芸がないわね!」パンパンパン

咲夜「そうでもありませんよ。さて、そろそろ弾丸は切れましたか」

沙耶「くっ…」

沙耶(予備のマガジンは尽きた…、もう銃は使えないわね。距離を詰めれば体術で押し通せるけど)

咲夜「降参なさってもかまいませんが、まだ続けますか?」

沙耶「…私あきらめ悪いのよね」

咲夜「そうですか。では少々気絶していていただきますよ!花弁よ、舞え!」ババババババババ

沙耶(何か手は!?)コツン…

沙耶「足元に…?これは」

咲夜「…終わりましたか。一応手加減はしましたが、念のため傷の手当だけでも…」

沙耶「…まだよ!!」バッ

咲夜「なっ!?サブマシンガンですか!」ズドドドドド

咲夜(なぜあの武器を持っている!?)

沙耶(誰のか知らないけど足元に落ちてて助かったわ)

沙耶(ここで一気に距離を詰める!)

咲夜「くっ!花弁よ!」ブオォ!

沙耶「きゃっ!?」

沙耶(サブマシンガンが粉々に。でも距離は詰めたわよ!)

咲夜(距離を詰めましたか、しかし)

咲夜「甘い!」ブン

沙耶「花弁の剣!?」

咲夜「芸がないとは言わせません」

沙耶(まずい…、理樹君…、そうだ理樹君の…)

沙耶「はあああ!」ブン

咲夜(剣の横合いから拳銃を当てて剣の軌道をずらした!?)

沙耶「ふっ!」ドゴッ!!

咲夜「がっ…」

沙耶「とどめ、よ!」バキッ!!!!!

咲夜「かっ…く…ばかな…」ドサッ

沙耶「私の勝ちね。悪いけど気絶しててもらうわよ」ドガッ!

咲夜「この私が…ごっ!?」ドサッ

沙耶「理樹君に貸してた銃、持ってて正解だったわね」

鳳咲夜vs朱鷺戸沙耶
朱鷺戸沙耶:勝利



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:17:44.27 ID:o3+TxZsj0

………
……


謙吾「はあ!」ブン!

ルチア「そこだ!」バキッ!

謙吾「竹刀が折れた!?」

ルチア「そこまでだな。そこを通してもらおう」

謙吾「…断る」

ルチア「そうか、なら少しの間倒れていてもらう!はあ!」ブン!

謙吾(ここまでか、すまん、理樹、恭介…)

???「あ~れ~…」ヒューン

ルチア「…がっ!?」ゴッチン!!!

ルチア(なん…で…)ドサ…

篝「うう…」クラクラ…

謙吾「人が飛んできただとっ!?こ、これはいったいどういうことだ」

真人「おっかしいなあ、確かこの辺りに飛んでったはずなんだが…って、おう、謙吾じゃねえか」

謙吾「真人か。お前か、あんなものを飛ばしたのは?」

篝「きゅ~…」クラクラ…

真人「まあな。リボンみてえなのを飛ばしてくるからよ。ちょっとつかんで振り回してたら手からすっぽ抜けちまってよ」

謙吾「…相変わらずの筋肉馬鹿だな」

真人「おいおい、お前に褒められたって嬉しくねえぜ」

謙吾「褒めてない」



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:18:30.06 ID:o3+TxZsj0

真人「…そういや他の連中を見なかったか?」

謙吾「この先の林の方に来ヶ谷と三枝が向かったのを見たぞ」

真人「そうか、なら加勢に行ってや…」

サ、ツギハドノフクニシヨウカナ
アネゴ、マダツヅケルツモリデスカ?
ヒャウ!…モウオヨケニイケナイ…

真人「…らなくてもいいな」

謙吾「…同感だ。そういえば西園や神北は?」

真人「小毬は知らねえけど西園ならここに来るまでに見たぜ」

謙吾「おい、加勢が必要に見えなかったのか?」

真人「…西園の強さ…ありゃやばかったぜ謙吾。目からごぼうってレベルじゃねえぞ」

謙吾「お前がそういうなら西園は大丈夫そう…だな…。あと、目からうろこだ、いつまで間違えている」

真人「な!?お前が目からごぼうって俺に教えたんだろうが!」

謙吾「前にも言ったが、俺は目からごぼうがどういう意味か聞いてきたから、目からうろこと間違えてるんじゃないかと思いそっちの意味を教えたまでだ」

真人「一緒に教えてくれよ!ひたすら使い続けちまったじゃねえか!」

謙吾「お前がバカなのが悪い。そもそも一度で覚えろ」

真人「…ふざけやがって、ちょうどいい。その時のケリつけてなかったよな」

謙吾「鈴が乱入したからな。というかそっちの事は覚えているのか」

真人「そのケリ、今ここで…、つけてやろうじゃねえか!」

謙吾「…いいだろう。お前のその馬鹿さを腕づくで矯正するまでだ!」

真人「おいお前!悪いけど使わせてもらうぜ!」ガシッ

篝「…お、愚かなホモサピィィィィッィィィィ」ブンブンブンブン

謙吾「あえて素手ではなく武器を使うか。なら俺はこいつの振動する剣を使わせてもらおう」チャキ

篝vs井ノ原真人
井ノ原真人:勝利

此花ルチアvs宮沢謙吾
宮沢謙吾:勝利



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:19:11.94 ID:o3+TxZsj0

真人「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」ブンブンブンブンブン!!!!!

謙吾「はああああああああああああああ!!!!!」シャッ!!!!

篝(誰か助けてええええええええええ!!!!)

井ノ原真人vs宮沢謙吾

………
……


朱音「ゴールドチケット!」

美魚(彼女の周りに黒服が…)

朱音「さあ、やっておしまい」ボウ!!

美魚「火炎放射ですか」

美魚「では、私はこちらを…」ジャキッ

美魚「行きます、メガバズーカランチャー」ズドオオオオオオオオオオオオンンンン!!!!!!!!!!!!!!!

朱音「…」

美魚「降参されますか?」

朱音「ま、まだよ!プラチナチケッ…」バッ!

美魚「…ビームライフル」ジュッ!!

朱音「…」

朱音(チケットが跡形もなく炭になってしまったわ…)

美魚「まだこういったものもありますが…」サイバーヨーヨー

美魚「おまんら、ゆるさんぜよ」スッ

朱音「こ、降参、降参よ!正直あなたに負けたというよりもさっきの科学部の人達に負けた気しかしないわ…」

千里朱音vs西園美魚
西園美魚:勝利



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:20:01.09 ID:o3+TxZsj0

………
……


ちびもす「もすー!!!!!」

ドルジ「ぬおー!!!!!」ボヨン!

ちびもす「もすっ!?!?」

小鳥「跳ね返した!?」

鈴「今だドルジ、のしかかりだ!」

ドルジ「ぬおー!!!」ドッスン!!!!!

ちびもす「もきゅ!」

ちびもす「もす~…」

小鳥「ちびもす、諦めちゃだめだよ!」

ちびもす「も、す…」

小鳥「どうしてそこで諦めんの!?出来る出来る出来る、ちびもすならやれば出来る!」

ちびもす「も…」

小鳥「やっぱり駄目だよね」

ドルジ「ぬおー」

小鳥「あれに今手持ちの魔物出しても無駄そうだあね…。それに魔物の材料もないし」

鈴「どうだ、思い知ったか!」エヘン

小鳥「むぅ、ちょっとむかつく」

ドルジ「ぬおー」パチパチ

ちびもす「も、もす…」

神戸小鳥vs棗鈴
棗鈴:勝利



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:27:18.22 ID:o3+TxZsj0

………
……


瑚太郎「はあはあ、くっ!」キンキン!

時風「…」パンパン!!!

瑚太郎(こいつめちゃくちゃはえーぞ!目で追うのもギリギリだ!もう何回殴られたのかもわかんねえ…)

瑚太郎「ち、血の罠!」ズバズバズバ

時風「甘いな」スッスッ

瑚太郎「おいおい全部避け…ガハッ!」ドガッ

瑚太郎(…なんだこの感じ)

瑚太郎「くそ!ダブルブレード!」

時風「遅い」バッ ズドッ

瑚太郎「げふっ!」

瑚太郎(一か八か…、お手軽強化ってわけにはいかねーけど少しの間なら!)ブウン!

瑚太郎(三回程度の攻撃ならこれで強化できる!にしても便利だよなーこれ)

瑚太郎「はあああああ!!!!」

時風「なっ!?ちっ!」パン

時風「光の獣ではじいただと」

瑚太郎「これで終わりだ!!技を借りるぜルイス!!」ヒュン!!!



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 20:19:08.02 ID:o3+TxZsj0

時風「だが…」サッ

瑚太郎「なっ、避け…ガッ!?」ドスッ

瑚太郎(これは…この感じは!)

時風「お前に俺は倒せない」

瑚太郎「ふざけ…グフ♡!」ドゴッ

瑚太郎(最高に気持いい…)


天王寺瑚太郎はMに目覚めました


瑚太郎「ははっ!ははははははははははは!!!」

時風「どうした、とうとう気でも触れたか」

瑚太郎「ははっ!!!最っ高だぜ!」

時風「どういうことだ、なぜ回復した?」

瑚太郎(見つけた…、これが俺のエクスタ…)バキッ!!!

時風「だからといって気絶させればいいだけだ」

瑚太郎(シー…)ドサッ!

時風(しかしこいつの最後の力…、やられすぎると覚醒する…か。今後こういった事があるかもしれん。気をつけたほうがいいな)

時風「ゲームオーバーだ、少年」

天王寺瑚太郎vs棗恭介(時風瞬)
棗恭介(時風瞬):勝利

瑚太郎「」ピクッ



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 20:19:47.09 ID:o3+TxZsj0

………
……


時風「ふぅ…」サッ

恭介「この仮面、格好はいいが蒸れるのが問題だな。空気穴でも空けておくか」

瑚太郎(…今だ!)

瑚太郎「お前の攻撃はもう効かねえよ!オーロラ剣!」ブン!

恭介「なにっ!?」

恭介(こいつやられたふりをしていたのか!?くっ、やられたか…)

瑚太郎「これで終わりダガッ♡!?」ゴッチン!!!

瑚太郎「ごふっ…」ドサッ

篝「きゅ~」バタッ…

瑚太郎「か…がり…なんで…」ガクッ…

恭介「な、なんだこれは…?」

真人「おう、恭介。やっぱり無事だったか」

恭介「真人か。もしかしてこいつはお前が投げたのか?」

真人「まあな、振りまわしてたらまた手からすっぽ抜けちまってよー」

謙吾「握力が足りない証拠だ」

真人「なんだとっ!…いや確かにそうだ。帰ったらまずは握力を鍛え直すとするぜ!」

恭介「真人は無事そうだな。謙吾も無事だったか」

謙吾「ああ、なんとかな」

瑚太郎「うっ…」

恭介「あんなものを頭に受けてもう意識が戻ったのか」

瑚太郎「か…がり、吉野、ダメか。咲夜は…」

瑚太郎「オカ研が壊滅状態かよ!?」



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 20:20:23.84 ID:o3+TxZsj0

ルチア「瑚太郎!退避だ!部室に戻るぞ!」ダダダダダダダダダ…

静流「お嫁に行けない…」

瑚太郎「静流!?お前なんでスク水なんだよ!?」

静流「…不覚を取った」

瑚太郎「どんな不覚取られたらそうなるんだよ!?こいつら変態か!」

謙吾「あれをやった人物には心当たりがあるな」

理樹「僕も…」

真人「俺もだぜ…」

恭介「理樹…いつの間に…」

ルチア「じろじろ見るな変態―――!!!」アッパアアアアア!!!!

瑚太郎「アベシッ♡!!!」ピューン!

瑚太郎(…気持ちいい)ゴシャッ

小鳥「まっとくれー!」

理樹「…全員行っちゃたね」

恭介「ああ、リトルバスターズの勝利だ!」

瑚太郎「あ、わりい吉野忘れてた」

吉野「」ヘンジガナイタダノシカバネノヨウダ

瑚太郎「…よっと。お前ら覚えてろよー!!」

理樹「僕リアルであのセリフ聞いたの初めてだよ」

謙吾「俺もだ」

真人「じゃあ俺も!」

恭介「一人だけ仲間はずれにするな。俺もだ」

理樹「もうどうでもいいからとりあえず全員集めようよ!」

恭介「そうだな。ところで神北達は見つかったのか?」

理樹「…まあ、うん」

恭介「?」



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:38:09.03 ID:o3+TxZsj0

~数分後~

恭介「全員無事か、さすがだなお前ら!」

理樹(全員無事なのはよかったんだけど…)

美魚「これ、どうしましょう…。科学部の方々もどこか消えてしまわれましたし…」

三枝「うわっ、みおちんなにそれ!?ごついね!」

理樹(西園さんはなぜか明らかに殺戮兵器の様なモノを持ってる…)

理樹(ていうか西園さんの居たあたりが一面焦土と化してるよ…)

来ヶ谷「…ふふ、ふふふふふ」ツヤツヤ

理樹(来ヶ谷さんはなんだか艶々してる。なんか不気味に笑ってるし!)

三枝「く、口から笑い声が漏れますヨ、姉御…」

理樹(なんか葉留佳さんが来ヶ谷さんを怖がって様に見える…)

理樹(そして何よりおかしいのは…)

ちはや「このお菓子おいしいですー。こんなの手作りでくるなんてすごいですねっ」

小毬「えへへ、ありがとう。でもクッキーだから誰だって作れるんだよ」

クド「ちはやさんのお菓子もすごく美味ですっ、わふー!」

ストレルカ&ヴェルカ「わんわん!」モグモグ

ちはや「私のは咲夜がつくったんですけどね」

理樹(…メンバー増えてる!?僕が小毬さんやクドを見つけた時は一緒にお菓子食べてたけど)

理樹「ね、ねえ恭介、あれ…」

恭介「…新メンバーだな」

理樹「いいの!?」

真人「待て恭介、入団テストはやらねえのか?」

理樹「そこは疑問に思わなくてもいいよっ!」



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:38:34.60 ID:o3+TxZsj0

ちはや「ってあれ?咲夜ー!瑚太郎ー!」

ちはや「みんなどっか行っちゃってました!」

沙耶「この子始末する?」チャキ

ちはや「ひゃうっ!?」

理樹「ま、待ってよ沙耶!かわいそうだよ」

沙耶「あのね理樹君。スパイは顔を見られただけでも口を封じないとだめなのよ」

理樹「でも校舎で寝てたよね沙ヤガッ!?」ドガッ

沙耶「…なんのことかしら?」

真人「てめえ、理樹になにしやがる!」

沙耶「教育よ」

真人「ふざけんな!」ブン!

クド「い、今のうちですー」ボソボソ

小毬「なんだか逃げたほうがよさそうだよ、ちーちゃん」ボソボソ

ちはや「そ、そうね。二人ともありがとう。またねっ!」バイバイ!

クド&小毬「バイバーイ!!」

クドと小毬は小さな友情を手に入れた

真人「…すいません降参です」ズタボロ

沙耶「わかればよろしい」

鈴「弱っ!」



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:39:19.79 ID:o3+TxZsj0

………
……


恭介「さて、ようやく見つけたな。ここがワープゾーンのようだ」

謙吾「帰れるか帰れないか。賭けだな。まだ次のフロアがあるやもしれん」

三枝「迷ってても仕方ないじゃん、はいっちゃえー!はるちん一番乗り!」シュン

理樹「また…。まあ、ある意味葉留佳さんの言うとおりかもね、僕も行くよ」シュン

恭介「よし、全員三枝に続け!」

クド「わふー!」

小毬「次も頑張るぞー!」

恭介「…全員行ったか。ん?来ヶ谷、どうした?」

来ヶ谷(…あの茂みの奥、まだ何かある。が、あちらの方はまずそうだな。余計なことはしないほうがよさそうだ)

来ヶ谷「ああ、わかってる。行くぞ恭介氏」

来ヶ谷(あの奥に私好みの女の子もいる気がしたんだが、まあそちらももういいだろう)

恭介「うれしそうだな来ヶ谷」

来ヶ谷「ああ、それなりに今回は楽しめたからな」シュン

恭介「そうか」

恭介(結局この世界に来た理由もわからずじまいだったが、恐らくこれで終わりだろうな)

恭介(ま、わからないままにしておくのもいいか)シュン



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:39:49.53 ID:o3+TxZsj0

………
……


ちはや「咲夜ー!瑚太郎ー!!!」

ちはや「あうう、誰もいません…。迷子ですー」ウワーン!!!

ちはや「誰かー!」



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:45:15.69 ID:o3+TxZsj0

………
……


校舎内 とある教室

三枝「一番のりーって、帰ってこれたー!!」

理樹「…そうみたいだね。どうなるかと思ったよ」

クド「わふー、でも外はもう明るくなってるです!」

小毬「はわわわ、遅刻しちゃうよー」

美魚「今日は大事を取って休んだ方がいいですよ。では来ヶ谷さん、直枝さん私の部屋へ行きましょう」

理樹「えっ!?」

来ヶ谷「なんと。お姉さんと楽しく遊びたいということ…」

美魚「同人誌作りを仕上げるお手伝いです。男性の方に読むのは恥ずかしいですが背に腹は代えられません」

理樹「ああ、そういえば探検前にそんな話したね…」

真人「休んだ方がいいんじゃねーのかよ。ま、理樹がやるなら俺も手伝うぜ」

理樹「真人…」ジーン

美魚「井ノ原さんは必要ありません。足手まといになりそうなので」

真人「ガーン。なんか西園、筋肉のこと嫌いになってねえか…」

来ヶ谷「ちょっと待て、美魚君。私は手伝うと言った覚えは…」

理樹「ていうか僕たち以外にも誰か…って誰もいない!?真人はいるけど」

来ヶ谷「はっはっはっは、逃げられたようだ理樹君。では私もこれで」ガシッ!

理樹「僕にだけ勝手に任せておいて卑怯だよ来ヶ谷さん」

来ヶ谷「ふむ、なるほど。理樹君は女の子に囲まれたいと」

理樹「違うよ!」

美魚「メガバズーカランチャ~」チャキ

理樹「あ、なんだがすごく絵が描きたくなってきた」

来ヶ谷「ああ、お姉さん。さっきの探検で培った想像力をもだんなく発揮する場所が欲しかったのだったな、うん」

美魚「そうですか、ではさっそくいきましょう」

理樹・来ヶ谷「「…」」

理樹「今日は学校行けそうにないな…」

………
……



理樹(そういえばいつの間にか混ざってた、えっと…、ちはやさんだったかな。あの人今頃どうしてるのかな)

来ヶ谷「む、理樹君がスケベな顔をしているぞ。なるほど、お姉さんに欲情したのか」

理樹「勝手に納得しないでよ…。そもそもそんな顔してないよ」

美魚「…まさか私の同人誌に」

理樹「もっと違うよっ!」



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:46:36.61 ID:o3+TxZsj0

~ダンジョン内、どこかのFloor~

ちはや「あうう…、誰もいません。みんなどこに行ったのかな」

ワーワーギャーギャー

ちはや「!?誰かの声が聞こえます!瑚太郎―!咲夜―!ここですー!」

ミドウ「骨も残さず燃えちまええええええええええええええ!!!!!!」

日向「うおおおおおおおおお!!どうなってんだよゆりっぺ!俺達ギルドの様子見に行ったんだよな!?」

日向「なんで知らない兄ちゃんに追いかけられながら焼肉にされそうになってんだよ!?」

ゆり「そんなの私が聞きたいわよ!」

音無「ていうかここどこなんだよ!?明らかにギルドの通路じゃないだろ!」

ゆり「だから私にもわかんないんだってば!」

野田「ぐうああああああああああああああ!!!!!!!!」

戦線メンバー「野田ああああああああああああああ!!!!」

藤巻「あいつまた真っ先にやられやがった!」

直江「ふん、役に立たない奴だ」

椎名「あさはかなり!」

大山「ほんとに骨も残ってないよおおおお!!!」

ミドウ「まずは一匹!!さあ次はどいつだああああアアアアアアアア!!!???」

ゆり「あーもう!ここは一体どこなのよおおおおおおおおおおおおおお!?!?!?!?」

ちはや「…うわあ、あれには混ざりたくないなあ」

ちはや「はあ…、瑚太郎ー!どこですかー!」



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:47:51.13 ID:o3+TxZsj0

~ダンジョン内 どこかのfloor~

テンマ「馬鹿な…クリボイログが粉々だと…!!」

テンマ「何をしたァ!?」

???「あは、ははははははは!!!そんな蜘蛛がこの僕に勝てるわけがないだろう!」

乙坂「僕は隻眼の死神…そうさ、神だ!!!」



70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:49:23.77 ID:o3+TxZsj0

~ダンジョン内 どこかのfloor~

智代「ふう、これで終わりのようだ」

高砂軍団「「「「「「「」」」」」」」

杏「さすがね!あの人数を1人で倒すなんて!」

智代「皆怪我はないか?」

岡崎「ああ、格好つけようとして飛び込んでった馬鹿1名以外無傷だ」

春原「ぼ、僕結構活躍したと思ったんだけど」

岡崎「それはたぶん夢の中の話だな。1秒かからず返り討ちにあってたぞ」

杏「ほんとダメねあんたら」

岡崎「おい待て杏、春原はともかくなんで俺も入ってるんだ」

杏「まあ動機はともかくあの相手の数を見て突っ込んでっただけあんたよりもマシかもね」

岡崎「俺が春原より下…だと…、そもそもあいつは寮でいつもリンチされてる分感覚がおかしくなってるだけだろ…」

渚「お、岡崎さん元気出してくださいっ!」

風子「仕方ないです、風子のヒトデあげるので次は頑張ってください」

岡崎「なるほど…武器があればまだなにかできるかもしれん」

涼「…それそういう使い方じゃないと思うよ」

風子「岡崎さん最悪です!そのヒトデはこうやって見つめて…ふぁ〜」キラキラキラ

岡崎「いい加減この風景も見慣れてきたな」

春原「だ、誰か僕の心配をしてくれてもいいんじゃないかな…」

杏「もう十分したじゃない」

春原「どのタイミングでしてたんだよ…」

杏「いいからほら、さっさと起きなさい。盾って結構重要な役割なんだから」

春原「ほんと僕の扱いどうにかなりませんかねえ!」

杏「これで1番良い扱いしてるつもりだけど」

春原「これよりもまだ下の扱いがあるんですか!?」



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:51:32.68 ID:o3+TxZsj0

~部室~

瑚太郎「…なるほど。つまり、俺が部室のパソコンにこっそりインストールしておいたギャルゲー中の人達が、何かの拍子にバグでこっちの世界に迷い込んじまったってわけか」

篝「はい、つまり全てはあなたの責任です」

瑚太郎(そういえばいくつか別のアニメやゲームも入れてたけど、まあ大丈夫だろ、たぶん…)

小鳥「…はぁ、こたろうっちはダメですなー」

朱音「そもそも私のパソコンになんてもの入れてるのよ」

ルチア「…なるほど、つまり静流がこんな目にあったのも全て」グッ

瑚太郎「ま、まて、話せばわかる!!」

ルチア「問答無用おおおおお!!!」アッパアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!

瑚太郎「ひでぶうううううううううううう♡!!!!」

瑚太郎(エ、エクスタシー…。恭介とか言ったっけか。こんな気持ちいことを教えてくれてありがとよ…)

瑚太郎「」ドサッ…

咲夜「気絶している割に、嬉しそうな顔をなされていますね」

静流「コタローは殴られると嬉しいのか」

咲夜「非常に残念ですが。まったくどう思います、ちはやさん?…ちはやさん?」

朱音「…そういえば逃げてるとき、いなかったわね」

咲夜「なっ!今すぐ助けに行きます。待っていて下さいちはやさん!起きてくださいオタ朗君!」ゲシッ

瑚太郎「げふっ、おう、エクスタシー♡…」

朱音「ダメねこいつ」

ルチア「とにかく早く助けに行くぞ!瑚太郎起きろ!」ガン!

瑚太郎「がふっ♡!な、何だ今度は?」

静流「ちはやがいない、探しに行く」

瑚太郎「マジかよ…、じゃあすぐにでも…って静流はいつまでスク水なんだ!?」

静流「動きやスイスイ」

篝「この愚かなホモサピエンス共、さっさと支度しなさい」

小鳥「とにかく出発だね」

瑚太郎「おう、行くぜみんな!」

オカ研「おー!」

………
……


吉野「…起きたら誰もいやがらねえ…」



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:52:56.95 ID:o3+TxZsj0

終わりです
HTML依頼しておきます



元スレ
【リトルバスターズ!×Rewrite】理樹「リライトクエスト!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491919470/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月17日 06:21
          • 西にも東にも吠えちゃうよー
            せーのっ
            ふううぉーーーん
            ふううぉーーーん
            ふううぉーーーん
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月17日 18:04
          • クラナド久々に見た
            ABとか他の作品のもっと長くてもよかったな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月17日 22:27
          • 好き
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月10日 01:09
          • イグニフメモリア的なアレかと思った

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【ミリマス】静香「プロデューサーのこと好きなんでしょ?」
        • 【モバマス】双葉杏「スロウスタート?」
        • パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」
        • パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        • 星梨花「帰りの電車にて」【ミリマス】
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ