TOP

【モバマス】P「そういえば夢で思い出したんですけど」

3: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 03:37:13.79 ID:IVy/JtPQ0







   あさ目がさめると


       たしかに見たはずの夢が



                思い出せないことがある


          その夢はいったいどこへ

      

        行ってしまうのだろう





   でも その日の夢は



       鏡を見るように





             はっきりと覚えているんだ


















P「まぁ、思い出せないんですけどね」




菜々「じゃあ今のモノローグみたいなのはなんだったんですか!」





4: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 03:50:18.97 ID:IVy/JtPQ0



―――車内



菜々「いきなり何を言い出すのかと思ったら……一瞬、クロ○アみたいな冒険をしたのかと思いましたよ」



菜々「…でも懐かしいですね! 昔ナナもやりましたよ! 確かPSのソフトでしたね........」



P「あれ? 菜々さんよく知ってますね? 結構前の作品だと思ったんですけど……」



菜々「え? ほ、ほらっ! 親が昔やっていたゲームが押入れにあって子供の頃やってたんですよ!」



P「子供の頃……? 菜々さんはまだ17歳ですよね?」



菜々「あっ....えーと.....そのぉ....」



P「………まぁ、リメイクされたりアーカイブとかにもあるから知ってても問題ないけどな!」



菜々「そっ、そうですよ!!」



菜々「ってPさん! だったらナナをからかわないでくださいっ!もうっ!」



P「移動時間の暇つぶしだよ、はっはっは!」



5: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 03:53:12.24 ID:IVy/JtPQ0



P「それは置いといて……実は最近悪夢をみたんですよ」


菜々「悪夢って……どんな夢ですか?」


P「うーん、よく思い出せないけどなんか…事務所のみんながどんどん消えていく……そんな夢だったような……」


菜々「……ナナは......Pさんがプロデュースしてくれる限りずっと一緒ですからね!」


P「お! 言ってくれるなぁ…じゃああと20年頑張ってもらおうかな!」


菜々「に、20年……」


P「とすると菜々さんは……37歳かぁ…大丈夫ですか? 体力とか.....」

菜々「な、ナナは永遠の17歳ですからっ!」


ブロロロロォ.....



6: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 04:38:33.72 ID:IVy/JtPQ0

――――――――――――

――――――――

――――




――――

――――――――

――――――――――――



――事務所

ちひろ「うーん……せっかく作りましたけど、この薬誰に飲ませましょうか……」

ちひろ「さすがにもうアイドルには……あれはPさんがジュースと間違えてアイドルに渡した結果だから…私は悪くない…」

ちひろ「………面倒だからPさんでいいや♪」

ガチャ

P「ただいま戻りました!」

菜々「安部菜々、戻りました! キャハッ!」

ちひろ「Pさんお疲れ様です! 今日は気分がいいのでこのドリンクを上げましょう!」

P「えっ! いいんですか! ありがとうございます!」ゴクゴク

菜々「ナナも欲しい……はっ! ナナは17歳なのでまだ必要ありませんよっ!」

P「勝手に自爆してる……うぐっ!」

菜々「え……Pさん! 大丈夫ですか!?」

ちひろ「心配しなくても大丈夫ですよ? ドリンクの効果ですから!」

菜々「さっきの……ちひろさん! Pさんはモルモットじゃないんですよ!」

ちひろ「無害なので大丈夫…………なはずです」

P「うわぁぁあぁぁぁぁっ!」




7: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 04:57:57.78 ID:IVy/JtPQ0




―――ピカーッ!



菜々「うゎっ、まぶしぃっ!」



プシュー....モクモクモク.......



P「ん? なんともない……ってちひろさん! 何を飲ませたんですか!」

ちひろ「なるほど…今回は……」ボソッ

P「ちひろさん?」

ちひろ「横をみればすぐに分かりますよ、Pさん?」




P「横?」クルッ       ???「……え?」クルッ




P「うわっ! 誰だよこれ! ってどっかで見たことあるような……」

菜々「Pさんが………二人にっ!? ……なんの薬なんですか?」

ちひろ「この薬は服用者を無理やり二つに分ける薬なんですが……」

菜々「……ですが?」

P「そうだ!……ジュエルが貯まってるんだった。ガシャ回さないと…………」

もう一人のP?(以下P’)「何やってるんだ! もっとためて復刻ガシャ狙うって決めてるんだろ?」

P「お願いっ! 限定SSR!」

P’「やめるんだっ! というか今は恒常しか出ないだろ!」

P’「回す前にっ! せいっ!」バシッ

P「HA☆NA☆SE もしかしたら出るかもしれないじゃないか!」

P’「これは没収します! いい加減にしなさい」

P「そんな……」



ちひろ「チッ」

菜々「これは……分身する薬……なんですか? でも二人とも雰囲気が違うような……」

ちひろ「あれじゃないですか? 元々Pさんの中にいる互いに抑止力だったものが分離したってことじゃないですか?」

菜々「なんで疑問系なんですか……あと分離したのに服を着ているのかってのは……」

ちひろ「そこはまぁ……あれですよ、魔法少女だって変身前の服がどこにいったかなんてこと考えませんよね……ね?」


ちひろ「(うげっ.....Pさんが魔法少女のコスプレしている姿を想像してしまった……さっさと忘れよう......)」頭ブンブンッ

菜々「そうですけど……? ちひろさん、大丈夫ですか?」



8: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 05:06:57.46 ID:IVy/JtPQ0


prrrrr......prrrrrrrr.......ガチャッ....


菜々「あれ? Pさん達がいない! 一体どこに……」





P’「まだ書類が残っているじゃないか……さっさと終わらなきゃ……」テキパキ

P「はい……はいっ! 分かりました! よろしくお願いします!」

ガチャッ.....

P「……ふぅ……また仕事を一つ取ってきてしまった……自分の才能が怖いな! はっはっは!」

prrrrr......prrrrrr......ガチャッ...

P「はいっ! こちら………」





菜々「しかもいつもより仕事が捗っている気がしますけど……」

ちひろ「自分の長所を利用して仕事効率をアップさせるとは……適応力が違いますね!」

菜々「そういえば…二人ともPさんだと呼ぶときややこしくないですか?」

ちひろ「じゃあ『ヴェノム・P』とか『偽・P』とでも呼びますか?」

菜々「……やっぱり二人とも『Pさん』って呼びますよ」



10: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 05:17:57.89 ID:IVy/JtPQ0


……数時間後



P’「…よしっ……終わった........一度見直しをして次は……」

菜々「えっと……Pさん? お疲れ様です!」

P’「菜々さん?……どうかしましたか?」クルッ

菜々「用事は無いんですけど、その……ずっと事務仕事しているので大丈夫かなって」

P’「大丈夫です。 心配してくれなくて結構です...」カタカタ....

菜々「あっちのPさんみたく肩の力を抜いて休憩していいんですよ?」






P「ちひえも~ん、無償ジュエル出して~」

ちひろ「……お金を渡してくれたら考えないこともないですよ?」コポコポ....(お茶を入れる音)

P「それって有償ジュエルじゃん! なんで!? もういいっ! みくにゃんのファンやめるっ!」

ちひろ「まーたそんなこと……未央ちゃんに怒られますよ?……あと何回ファンをやめるんですか………」ストッ...(椅子に座る音)

P「俺が~みくの~ファンである続ける~限り~♪」

P「みくこそが希望だーからー♪」

ダーカラー

P「ファーンでー あーりたいからっ!」

ちひろ「結局やめてないじゃないですか……あとその裏声やめてください、耳が不快になります」ズズー(お茶を啜る音)





P’「………」

菜々「……あれは力を抜きすぎですけど」



13: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 08:54:13.32 ID:FynSrf9/0


P’「大丈夫ですよ それにしっかりしないとアイドルのみんなに迷惑をかけるから…」

P’「……みんな頑張っている。だからどんなミスでもしちゃいけない......」


菜々「あの……根詰めすぎないでくださいね? Pさんが倒れたらみんな心配しちゃいますよ?」


P’「……倒れるくらい必死にならないと……むしろみんなの足枷になってるから倒れたほうがいいのかもしれないな......」


菜々「そんな……冗談でもそんな悲しいこと言わないでくださいよ……」

菜々「ちひろさん!Pさんの今日やるべき仕事は終わっているんですよね?」


ちひろ「え?…そうですね……ここ一週間分の書類は全部終わってますね」

ちひろ「(あれ? これ仕事しなくていいんじゃ……)」


菜々「Pさん!」


P「おっ、呼んだ?」にゅっ


菜々「あなたじゃありません! 事務仕事してるほうのPさんです!」


P「ちがった……」トボトボ....


P’「なんですか?」クルッ....


菜々「事務仕事禁止ですっ!」


ちひろ「なっ……それじゃあ私の分までやってもらう作戦が……」

菜々「テンションが変なPさんっ!」パチンッ

P「了解!」


ガシッ!


ちひろ「むぐー!....むーっ!」ジタバタッ.....

P’「菜々さんや アイドルの皆のためにやってるんですよ? どうして止めるんですか?」

菜々「とにかく禁止ですっ! 息抜きだと思って散歩でもしてきてください!」


P’「……分かりました。 では外出してきます」



14: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 09:13:17.81 ID:FynSrf9/0



ガチャッ......



ちひろ「むぐぐぐっ....」



菜々「…Pさん、もういいですよ?」

P「あれ? もういいの?」

パッ.....

ちひろ「…ぷはっ!......はぁ....はぁ....やばかった…」スーハー...



ちひろ「別に仕事させ続ければいいじゃないですか……どうしてあんなことを」

菜々「ちひろさん! 元はちひろさんの薬のせいでああなっちゃったんですからね!」


P「俺は問題ないけどな」ウッヒョー!!

ちひろ「あれは元々Pさんの中にあったものなんですから、私のせいじゃないですよ……」


ちひろ「(分裂したのは私のせいですけど)」


菜々「いつ戻るんですか? あのまま続けたらすぐに倒れちゃいそうで……」

ちひろ「戻るのは3日後くらいですね」

菜々「地味に長い……」

P「大丈夫ですよ! あいつも自分の限界ぐらい把握してますよ」


菜々「そういえば……あの薬にデメリットって……無いですよね?」

ちひろ「分裂した場合は伴って寿命が半分になって……片方が死ぬともう片方も消えちゃ」

P「まじかよっ!!」


菜々「なんでそんな大切なことを言わなかったんですか!」


ちひろ「説明しろなんて言われませんでしたし……それに一つに戻れば寿命も戻りますから大丈夫ですよ!」

P「大丈夫じゃねぇよ!!」

バンッ!


P「すいません、あいつを探してきます!!」

P「……あと菜々さん! 言い忘れてましたけど、いつの間にかファンレターの検閲終わっていたので見てもいいですよ!」

菜々「ありがとうございます! Pさん、お気をつけて!」

ちひろ「いってらっしゃーい」ノシ

ちひろ「(昨日のうちにPさんがやってたんですけどね……記憶も分離するんでしょうか?)」ズズー.....

ガチャッ!

P「それじゃっ!」

タッタッタッタッタ.........


――――――――――――

――――――――

――――



15: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 10:35:17.57 ID:FynSrf9/0

――――

――――――――

――――――――――――


――――○○公園


P「ったくまさか自分に世話を焼かれるとは……ってあれは……」


美波「あれ? Pさんじゃないですか? どうしたんですか?」


P「美波じゃないか、昨日も言ったけど、ライブお疲れ様。今日はオフだろ? なにしているんだ?」


美波「Pさんもお疲れ様です! この後アインフェリアのみんなとここで打ち上げをするんです」

美波「そうだ! Pさんも参加しますか? みんな喜ぶと思いますよ?」


P「嬉しいけど……用事が出来ちゃってな……それが終われば参加できそうなんだけどな…」


美波「そうですか…なら用事が終わったら来てくださいね? 待ってますから」



16: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 11:03:23.27 ID:FynSrf9/0



P「……ならさっさと用事を済ませないとな」

P「でも5人揃っても来なかったら俺のことは忘れていいからな? 用事がいつ終わるか分からないから」



美波「……あんまり考えたくないですけど……分かりました」

美波「あと……Pさん......ちゃんと休んでますか? 最近立て続けで仕事をしているって聞いたんですが……」


P「大丈夫だって! それにここで休みをいれたらお前たちの仕事に支障をきたすから……ここが頑張り時なんだよ」


美波「……さっき言っていた用事は本当に急ぎですか? そうでなかったら今から少しでもいいので一緒に休憩を……」


P「急がないとまずいやつだから……でもありがとうな、気持ちだけ受け取っておくよ」


美波「なら、その用事を手伝わせてください! 一人より二人でやった方がはやいですよね?」


P「自分の問題は自分で解決するから大丈夫だって!」

P「それに美波はここで待ち合わせしているんだろ? 美波やみんなに迷惑かけるのは悪いからな」


美波「……お役に立てなくてごめんなさい」


P「なんで美波が謝るんだ? 別に気にしなくていいんだよ」

P「あと変な質問だけど、今日俺を見るのは初めてか?」


美波「え? ……言ってる意味がよく分かりませんけど……今日、Pさんと会うのは初めてですけど……」


P「そうか……ありがとう、またな!」

タッタッタッタッタ............



17: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 11:31:23.50 ID:FynSrf9/0


美波「えっ? ちょっと! Pさん!……本当に大丈夫かな……」



美波「(このままじゃPさんが倒れちゃう……でも休もうとしないから……なにかいい方法はないのかな?)」ウーン........

美波「(そうだ! この前の仕事のメイド衣装で演技レッスンを建前に、Pさんにご奉仕すれば!)」

美波「(イメージするのよ美波.....そう.....まずは相談ということで私の部屋に連れ込……招いて)」



18: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 11:38:31.33 ID:FynSrf9/0

………

………………

………………………


P「本当にここでいいのか? プロデューサーとはいえ男を部屋に招くなんて」

美波「Pさんだからいいんですよ! それに家族は出かけてますし……声を出しても問題ないですから!」

美波「それでは、演技レッスンよろしくお願いします!」



美波「ではご主人様、なんなりとこの美波にお申し付けを…」

P「……じゃあコーヒーを持ってきてくれるかな?」

美波「分かりました! ご主人様!」ペコリ



美波「お待たせしました! ご主人様!」

P「うん、美味しい……よく頑張ったな、美波!」

なでなで

美波「ふふっ……今はPさんのメイドですから、何でもお申し付けください…」ペコリ




美波『(そう、Pさんにリラックスしてもらうために演技レッスンと称してPさんにご奉仕をするの……)』



P「じゃあ次は肩たたきをしてもらおうかな?」

美波「本当にそれでいいんですか? ご主人様」

P「え?」



19: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 11:53:34.22 ID:FynSrf9/0



美波「全身マッサージでもいいんですよ?」


P「……」ゴクリ....


P「じゃあ頼もうかな.....えぇと.......」

美波「でしたら、美波のベッドに寝てください ご主人様」

P「えっ! いいの!……でも、流石に.........」

美波「今はあなたのメイドなんですよ? ご主人様の好きなようにして構わないんですよ?」ボソボソ



P「…………」



P「……わかった……頼む」ドサッ


美波「では…美波、いきます! よいしょっと......」

美波「……ふんっ.....ぁっ...えいっ..ぅ.....ぅん....しょっ...」

美波「...ふっ....ぅん......は..ぁ...っ........ずいぶん........かたくなって.....ますねっ....ぁ..っ........」


P「………」



美波『(Pさんの心がリラックスして理性が緩み始める……そして.....)』




美波「ふぅ……終わりましたご主人様! ちょっと疲れちゃいまし……」

ごろんっ.....

P「………」


美波「あ、あのPさん? なんで仰向けに「ご主人様だろ?」 えっ……」

P「今はお前のご主人様なんだ」

美波「はい......ご主人様.......あ、あの.....何を......」

P「言わないと分からないのか......こっち側のマッサージを頼む」

美波「で、でも……」

P「俺のメイドなんだろ? 出来ないのか?」

美波「………わ、わかりました……」



美波『(.......ご主人様からの要求がエスカレートして......)』ハァハァ.....

美波『(そして……身分の差をいいことに…………)』ゾクゾクッ!





20: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:00:34.91 ID:FynSrf9/0

………………………

………………

………



美波「(...........ってダメよ、美波! 外でそんな妄想をしちゃ……)」ブンブンッ


美波「(でも……求められた私は………っ…ぁ♡)」ハァッ...ハァッ.....


美波「(ってダメっ!……)」ブンブンッ






21: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:16:15.64 ID:FynSrf9/0





スタスタ......


未央「あーちゃんに触発されてみんなで散歩してるけど、楽しいね!」

未央「この楽しさをあーちゃんは既に知っていたということか……不覚っ!」


凛「何が不覚なんだか.......ふふっ.......でもゆったり時間を過ごせていいね」


卯月「はいっ! みんなでお散歩するって楽しいですね! それにスキャンダルを見つける絶好の機会です! ぶいっ!」ニコッ


未央「笑顔で言われるとちょっと怖いかなー........」


凛「それに そんな簡単にスキャンダルなんて......あれって……美波?」


未央「ん~? どれどれ本当だ! ……でもなんでにやけながらヘッドバンギングを……」


卯月「わぁー! 髪がものすごくわっさわっさしてますね! ストレス発散でもしてるんでしょうか?」

卯月「そうだっ! 写真を撮ってみんなに...もがっ...」


未央「ほらほら しまむー、ステイ」グググッ


凛「………声をかけたほうがいいのかな、あれ.......」


未央「そうだね……まわりの人なんて全力で顔を背けてるよ....やめさせないと……」グググッ....





美波「………そ、そんなぁ…ぁんっ♡…Pさん..えっ......そうでした..すみません....ご主人様.ぁ♡...」ブンッ...ブンッ

美波「..でも....ここじゃ............恥ずかしいっ.....ですよ.....ぉ.....♡........」ブンッ...ブンッ....

美波「そ、そこは.........もうっ..........わかりました..ぁっ♡....ですよ....み、見ないで....ぇ...うふふふっ♡..」....ブンッ....ブンッ.....




22: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:19:48.75 ID:FynSrf9/0



凛「…………」


未央「………」


卯月「むぐーっ.......もがっ...........むぐぐ......」ジタバタ





未央「………誰にだって見られたくないものの一つや二つはあるよね……」ウンウン


凛「(後でPを問い詰めよう……)」



凛「………とりあえず見なかったことに……」



23: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:22:47.08 ID:FynSrf9/0








卯月「逃げちゃダメです!」ドンッ!








24: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:25:48.50 ID:FynSrf9/0



凛 未央「「!」」ビクッ!


未央「いきなりどうしたの、しまむー?」


卯月「あれは………おそらく美波さんの隠れた一面なんです!」


凛「(つまり……ペル○ナ? 違うかな.........)」


卯月「美波さんはきっとみんなに本当の自分を曝け出せなくて苦しんでいるはずですっ!」

卯月「それなのに........なのに....仲間の私たちが受け入れずに拒んでどうするんですかっ!」



凛「卯月……」

未央「しまむー…」



26: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:34:26.24 ID:FynSrf9/0



卯月「私はありのままの皆を……美波さんを受け入れますっ! 」



凛「私が間違ってたよ卯月……私らしくなかった………」

凛「仲間なんだから………目を背けたらダメ………全力で前を見て……受け入れなきゃ……だよね」



未央「うんうんっ! しまむーも良いこと言うね! じゃあ行こう!」



卯月「凛ちゃん...............未央ちゃん...............ありがとうございます! 二人がいれば百人力です! 早速行きましょう!」



27: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:41:30.84 ID:FynSrf9/0




未央「うんっ、この3人で! みなみんの本当の!」







凛「ニュージェネレーションズで! 美波の心の奥底の!」







卯月「はいっ! 私たちで美波さんの!」



28: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:42:48.31 ID:FynSrf9/0









卯月「あの写真を撮ってみんなに拡散wもがっ.....むぐっ.....」







29: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 12:50:40.29 ID:FynSrf9/0

卯月「むー!.......むぅーっ!!.....」バタバタ.....




凛「……無理やり受け入れてもダメだよね……心にひびが入るよ..........」


未央「……もう少し時間をかけてゆっくり受け入れるのも悪くないよね........」



凛「そう................今日は公園に来ていない……だから....」

凛「見ていない、私は何も見ていない、うん……奇行に走った仲間なんて見ていない...........」


未央「……今日はいい天気だなぁ........夕焼けは綺麗なんだろうなぁ...........こんな日が続けばいいのに............」

未央「それにこの後、かれんとかみやんと一緒にカラオケに行く約束あるからね........ちょっと早く行こう..........」ズルズル....



卯月「もが.........もが...........」スッ(スマホを取り出す音)

カシャッ...カシャッ....



――――――――――――

――――――――

――――



31: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 16:35:13.33 ID:FynSrf9/0

――――

――――――――

――――――――――――


――どこかの土手


P’「……なんとなくここまでえ来てしまった………ん?……」


??「おやー、そこにいるのはー……」


P’「……ん?……芳乃さんか…」


芳乃「そなた……でしてー?」


P’「どうして疑問系か分からないけど、ここで何をしてるんだ?」


芳乃「ここから眺める夕焼けはとても綺麗なのでしてー」


P’「そうかもしれないな……まだ昼だけど…」


芳乃「そしてー そなたが求めるところにわたくしはおりましてー それゆえにー」


P’「僕が?」


芳乃「そなたは悩み事がおありのようでしてー」


P’「なっ……」


芳乃「なんなりとこのわたくしにご相談をー」


P’「……悩みなんてないよ.....」


芳乃「しかしー、そなたの心にぽっかり穴が開いているのでしてー」


P’「それはちひろさんの薬のせいで……」


芳乃「どんなことでも構いませぬー」

芳乃「わたくし依田は芳乃はそなたの身を案じて……」




P’「いい加減にしてくれよっ!」




芳乃「ぇ.....」ビクッ




32: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 16:46:59.97 ID:FynSrf9/0



P’「……悩みが無いのに悩みがあるとか、心がどうだとか…僕の気持ちなんて何一つ分からないのに……」

P’「勝手なこと言わないでくれよ....」








芳乃「……それほど芳乃が頼りないのでしょうかー?」シュン.....


P’「あ.....」



33: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 17:04:47.68 ID:FynSrf9/0



芳乃「そなたの開いた心の隙間に闇ができているのでしょー……」

芳乃「わたくし芳乃はそなたに少しでも楽になってもらおうと尽力したいのですがー………」


芳乃「そなたが心を開いてくれないのもー そなたがわたくしに心を許していないゆえー……」ウツムキ



P’「え……あの....................」



芳乃「わたくしは……そなたとは既に心でつながっていると思っていましたがー...........」




芳乃「わたくしの勘違いだったようでー................不快な思いをさせてしまい申し訳ありませぬー..................」


芳乃「しかしー..........ぅ.......っ...」グスッ



芳乃「そなたが........苦しんでいっ.......るのに........何もっ......出来ず.......わたくしっ.......は.......ぁ......」ヒグッ










芳乃「……お役に立てず申し訳な..............いのっ..............でして...............ぇ........」ポロポロ






34: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 17:11:31.98 ID:FynSrf9/0


P’「ご、ごめん! そんなつもりじゃ! 僕はただ、この問題は自分で解決しなくちゃいけないと思って!」

P’「さっきも心を見透かされたって思ってちょっと拗ねただけで! 僕が弱いばっかりに……だから泣かないで……」





芳乃「……そなたぁ……話してくれるのでしょうかー?」グスッ





P’「うん、話すから…泣かないで……」




















芳乃「やったのでしてー♪」ケロッ






35: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 18:23:08.05 ID:FynSrf9/0



P’「え……?」

P’「さっきのは……演技?」


芳乃「はいー、そなたとわたくし、手に手を携えてー、そなたと共に歩んできた『あいどる』なのでしてー」

芳乃「お忘れでしょうかー?」ニコッ


P’「そう...................だよな、一緒に色んな経験をしてきたよな.....................」


芳乃「しかしー、傷ついたのは確かなのでしてー..................」シュン


P’「ほ、本当にごめんっ! 年下の女の子に怒るなんて最低だよな……手を差し伸べてくれていたのに.............」


芳乃「……ですがー それはそなたの心に穢れを溜まっていたゆえー お気になさらずにー」


芳乃「(……それでもなおー 相手を思いやる心を感じるのはー……やはり.....)」

芳乃「ふふっ................」


P’「…?」



芳乃「さぁー このわたくし依田は芳乃になんなりと話すのでしてー♪」フンスッ


P’「………わかった」


――――――――――――

――――――――

――――



36: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 18:34:51.91 ID:FynSrf9/0

――――

――――――――

――――――――――――


―――街中


P「あれは……藍子と夕美か? おーい!」


藍子「あれ? この声は……」

クンクン.....

夕美「やっぱり! Pさん、こんにちは!」


P「おう! 昨日ぶりだな。二人も打ち上げかな?」


藍子「あれ? Pさん知っていたんですか?」


P「さっき美波から聞いてな…… そうだ! 二人とも今日は俺に会うのって初めてか?」


夕美「え? Pさんと会うのはこれが初めてだけど」


藍子「私もそうですね」


P「ちらっと俺を見たとかは?」


夕美「うーん…Pさんなら香りをつけてあるから近くにいたらすぐわかるんだけど……」

夕美「だから見てもいないかな」

藍子「私もそうですね…………あれ?」


P「そうか、ならいいんだ」

P「(どこに行ったんだ?)」



37: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 18:46:46.79 ID:FynSrf9/0



夕美「そういえば昨日のライブの反省会はいつするの?」


P「反省会はまだ映像の準備が出来て無いからもうちょっとだけ待っててくれ」

P「でもこれだけは言える……前のライブより格段にレベルが上がっていたよ」


藍子「本当ですか!」


P「新しい反省点も出てきたけどな」


夕美「そこは素直に「頑張ったな」って言ってくれてもいいんだよ?」


P「期待しているから厳しいことを言うんだよ。いわば愛の鞭ってやつだ」


夕美「ライブが終わったときみたくしてくれてもいいのに……」


藍子「え? 夕美さんはPさんに何かしてもらったんですか?」


夕美「えーっとね……」


…………

…………………

…………………………



38: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 18:58:01.20 ID:FynSrf9/0


………ライブ終了後

―――控え室


コンコン


P「夕美?入るぞ?……ってうゎっ!」

ガバッ!

夕美「えへ……これで二人っきりだね! Pさん!」ギュー


P「お疲れ様、夕美は甘えん坊だな……今日のご褒美は何がいい?」


夕美「まずは……思いっきり抱きしめて?」


ギュッ!!




39: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 19:06:42.48 ID:FynSrf9/0



夕美「ふぅ……Pさんの鼓動を感じる……」

ドクンッ............ドクンッ................

P「俺も……夕美を感じる……」


夕美「Pさん……んっ……」


P「……はいはい……夕美は欲張りだなぁ……」


夕美「んっ……んむ……ぅん……♡」

夕美「……ぷはぁっ……♡....................だって……最近は忙しくて………」


P「そうだったな……ごめんな構えなくて」

ナデナデ.....


夕美「んっ……Pさんに撫でられるの……好き……♡」







夕美「ねぇ♡……Pさん……ここのお花……手入れしてくれないかな♡」ハァハァ

P「あぁ……俺も夕美の『ストップ!!』」



40: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 19:18:45.20 ID:FynSrf9/0

…………………………

…………………

…………



夕美「えー……ここからがいいところなのに……」


P「藍子ちゃんストップが初めて出されたな……こりゃ大変な騒ぎになるぞ........」


藍子「えーっと………その藍子ちゃんストップって……初耳ですけど........」


夕美「なんだかドクターストップみたいだね!」


    ―――説明しますっ!! 



             『藍子ちゃんストップ』とはっ!


        ゆるふわ乙女でも止めなければならない事態に陥った時!



      藍子ちゃんからストップをかけられた相手の行動を制限することです!! 




うぉぉぉぉぉぉぉおおおっ!! 藍子ちゃん藍子ちゃんしてますね! 燃えてきましたっ!!


―――ボンバァァァァアアッ!!



ダダダダダダダダダダッ!!



P「茜のやつ……直接脳内に……成長したな.............................」グスッ

夕美「いや、ここまで走って喋っていたよね?」







43: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 20:38:49.46 ID:A/AnbN5F0



藍子「それで……あの…Pさん…本当にそ、その……夕美さんと.............」ジー.....


P「え?……あっ! してないから! というか公の場でそんな話するな!」


夕美「Pさんとならどこでも……///」


P「アイドルが街中でそんなことを言おうとするな! あと藍子、実際はこんな感じだ」


…………

…………………

…………………………



44: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 20:51:40.78 ID:A/AnbN5F0



………ライブ終了直後


P「みんなよく頑張ったな! お疲れ様!」


五人「「「「「はいっ!」」」」」


P「あとは……着替えてからの……撤収だけだな」

P「着替えが終わるまで部屋の外で待ってるけど……そんな焦らなくていいから ゆっくりでいいぞ」

P「あと……廊下は絶対覗くなよ! 絶対だからな!」


文香「Pさんがそれを言うんですか……」


ありす「廊下に何があるっていうんですか……」


ガチャ......


………数分後



P「みんな揃ったな……よし、行こうか!」


夕美「あっ! 忘れ物しちゃったから先に行ってください! すぐに追いつきますから!」


タッタッタッタッタ...........


P「無茶するなよ……」


ありす「なんでわざわざフラグを建てようとするんですか……」


P「フラグを乱立させればフラグを壊してるのと同じ………だよなっ 文香!」


文香「えっ……あ、あの……すいません言ってることがよく分かりません……」


ありす「文香さんが困ってるじゃないですか! 謝ってください!」バンッ!


P「ゆるしてひやしんす」d(・ω<)b


ありす「ふざけているんですか!」


美波「(ちょっとイラッてする気持ちも分かるけど……)」

美波「ほ、ほら……ありすちゃん、落ち着いて……ね?」


ありす「美波さんも困ってるじゃないですか! どうするんですかこの空気!」


P「ジョークと謝罪を入れて場を和ませようとしただけなんだが……」


ありす「ふざけないでください!」プンスカッ





45: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 21:17:27.44 ID:A/AnbN5F0



P「(怒ってるありすもかわいい……じゃなくて)」

P「(やりすぎたな……こういう時は……プランFだな……)」


P「こほん……」

P「あー、みんなライブ頑張ったから何かご褒美をあげようかな?……何がいいかなー..........」




P「……」チラッチラッ    文香「?」


文香「…」ハッ

文香「そうですね……ライブ成功のご褒美……お腹がすいたので出来れば食べ物を……」



文香「…」チラッ    藍子「え?」



藍子「…」ピキィーン!

藍子「わ、私もお腹がすいちゃって……」

藍子「そうだ! 近くのファミリーレストランに行きませんか?私はオムライスを注文しようかなぁ…」


藍子「…」チラッ    美波「……」コクッ....


美波「………(妄想中)」ティンッ!..........ジュルリ........

美波「わ、私は……ホワイトバナナパフェが食べたいなぁ……」チラッ


P「? 普通チョコバナナパフェじゃないのか? あとどうしてこっちを見……もごっ!」


藍子「た、たしか…今は期間限定でイチゴのパフェがあるみたいですけど……ありすちゃんはどうかな?」

ありす「……しょ、しょうがないですね……Pさんが奢りたいっていうなら、その気持ちを無駄にはしたくありませんからね....」

ありす「決してイチゴパフェの為ではないですよ!!」






      P「(ちょろい……)」

藍子 美波 文香「「「(((かわいい……)))」」」








46: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 21:24:03.09 ID:A/AnbN5F0



ありす「……そういえば夕美さん遅いですね」


P「そうだな……茶番をして時間をかせいでいたのに……」

ありす「………茶番?」


P「あぁっと! そうだ! みんなお腹すいてるだろ? 先に行っててくれ! 俺が様子を見てくるから!」


美波「ちゃんとノックしてから入ってくださいよ!」



コンコン....

シーン....



P「夕美? 入るぞ?」


ガチャッ.....


夕美「……ふふっ♪」


P「夕美、何やってるんだ?」


夕美「あれ? Pさんどうしてここに?」


P「遅かったから心配して来たんだよ、何を見てるんだ?」

夕美「Pさんとアインフェリアのメンバーで撮った写真だよ♪」


P「懐かしいなぁ……何で俺がセンターにいるのかが未だに謎なんだが……」


夕美「皆、Pさんの隣で写りたかったからね♪」

夕美「もちろん私もそうなんだけど……」ボソッ




47: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 21:53:38.27 ID:A/AnbN5F0



P「……っと忘れ物は見つかったか? みんな待ってるぞ?」


夕美「えっ? 見つかったけど……そんなに時間が経ってたの!? 急がないと……ってうわわ!」グラッ....


P「夕美!」ガシッ!


バターン....


夕美「ん……ってPさん!大丈夫!?」


P「いてて………大丈夫か?」


夕美「うん……Pさん、私のクッションになってくれたんだね……ありがとう」

夕美「……」ジー


P「夕美?……そろそろ離れてくれないと……その……」


夕美「え……あっ……うん///」

夕美「(……私……顔が真っ赤になってるんだろうなぁ…………)」


夕美「(みんなごめんね……ズルみたいだけど……)」

夕美「(……これくらい……いいよね?)





48: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 22:04:29.73 ID:A/AnbN5F0



夕美「Pさん……Pさん……」ハァハァ....


P「あれ? 夕美さん? 目が怖いんだけど……なんで目を閉じた? ちょっと何を……んむっ!………」


夕美「んっ……んむ……ぷはっ…………」ハァ...ハァ...


夕美「ファーストキスはレモン味っていうけど........よくわからなかったかな……えへへっ.........」


P「………」


夕美「Pさんは私のキス………美味しかった?」


夕美「Pさん......あれ? もしかして……Pさん気絶してる?」


P「………」チーン......


夕美「その……私のファーストキスの味忘れないでね? じゃあ! さ、先に行ってるね!」カァァ.....

タッタッタッタ......



P「………」ボー...........





49: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/26(日) 22:16:46.89 ID:A/AnbN5F0

…………………………

…………………

…………



P「こんな感じだったな.........というか夕美! 自分の心の声を勝手にいれるな!」


夕美「だって……初めての体験だったから……///」


P「俺のファーストキスを奪っておいて……全く」


藍子「キスはしたんですね………しかもファーストキス……」ハイライトオフ


P「なんか言ったか?」


藍子「いいえ♪何も♪」


P「…っとこうしちゃいられない! またなっ!」

タッタッタッタ....



夕美「むぅ……もうちょっとゆっくりしてもよかったのに……」


藍子「夕美さん……少しお話があるんだけど……いいですか?」ニコォ....


夕美「あ、藍子ちゃん……ちょっと黒いオーラが出てるような……あははは……」ダラダラ

ダッ!



ガシッ!....




藍子「『お 散 歩』 行きましょうか?」ニコッ




――――――――――――

――――――――

――――



53: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 05:07:03.51 ID:SNRXtn1m0

――――

――――――――

――――――――――――





――再びどっかの土手


P’「僕はPの……陰って言ったほうがいいのかな?」


P’「文字通り、日に当たらない部分、みんなに見せたくない部分、……弱い部分だけ薬のせいで切り取られた存在……だと思う」


P’「……出来るだけアイドルに頼りにされる存在でありたいから元の僕は表に出さないようにしていたけど……」


P’「でも……こうして今ここにいるんだ.....隠しようがない........」


P’「こんな僕の存在がバレたら……みんなから僕を隠して頑張っている元の僕に申し訳ない……なにより」


P’「こんな僕を知ったら、みんな不安になったり失望する……」


P’「もしかしたらこれが原因で他の事務所に移籍するかもしれない……」


P’「みんなが離れていくのが怖いんだ……情け無いと思うけど」


P’「だから…アイドルに失望されないように……そう……仮面をつけたんだ」


P’「物事を冷静に……冷酷にこなす、そんなキャラを…」


P’「でも冷酷になんてなれなかった……なったつもりでいたんです.......」


P’「それに助けようとしてくれたのに芳乃さんを傷つけてしまった………僕の弱さのせいで……」


P’「アイドルに弱さを見せたり………突き放すことに踏ん切りがつかない………」


P’「突き放したとしても……傷ついて悲しむ顔を見たくない……中途半端で駄目ですね……僕……」






54: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 05:17:52.86 ID:SNRXtn1m0





P’「でも……芳乃さんは全部見抜いていたんですよね? ははは.....」


芳乃「わたくしはそなたの心に穢れが溜まっていると感じたにしかあらずー 」

芳乃「全てを悟っていたとはいえませぬー.......」


芳乃「そしてー、わたくしのことはー 『芳乃』とお呼びくださいー」


P’「いや、でも……」


芳乃「わたくしがいいと言うのに……やはりそなたはわたくしのことを……」グスッ.....

P’「ごめん……芳乃」





55: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 05:42:38.35 ID:SNRXtn1m0



芳乃「わたくしはー そなたが心を開いてくれたことがー とてもうれしいのでしてー♪」

芳乃「それにー そなたの負の面を見てもわたくしはそなたを見捨てないのでしてー」

芳乃「おそらくー あいどるの皆も同じでしょー」


P’「おそらく……」

ポコッ.....

P’「いてっ!」

芳乃「……揚げ足をとらないでほしいのでしてー」

芳乃「なによりー…… そなたー? 話は最後まで静かに聞くのでしてー」じー....


P’「……ごめんなさい」

P’「(あれ? この会話どこかで……)」


芳乃「そなたはたとえ心が弱くともわたくしたちのことを第一に考えておりましてー」

芳乃「そのことはあいどるの皆が理解していることでしょー……」

芳乃「そしてー....」



芳乃「わたくしはー そんな弱いそなたを含めてお慕いしておりましてー」ニコッ


P’「……気休めでもありがとう」





56: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 06:10:48.69 ID:SNRXtn1m0



P’「(……あれ? 『慕う』の意味ってたしか……)」


芳乃「返事は元に戻ったときにもらいますゆえー お忘れなきようにー」


P’「アイドルがそんなこと言ったらだめだろ……」


P’「それに元に戻ってもこの記憶を覚えているかなんて分からないから……」


芳乃「……そなたの存在はとても希薄なのでしてー」


芳乃「元に戻ったとしてもー、そなたがこの出来事を覚えているかどうか……」

芳乃「そなたの存在がいかようになるのか……わたくしにもわかりませぬー....」


P’「(そっか………元に戻ったらこの『今』の僕はいなくなる.......)」


P’「(『今』しか存在できないのか………)」


P’「少し悲しい……かな」


芳乃「しかしー たとえ元のそなたが忘れようともー、わたくしが忘れませぬー」



芳乃「……わたくしは今のそなたとの出会いをなかったことにはしたくないのでしてー…」


芳乃「本当は夕焼けを共に眺めたかったのですがー……わたくしは今日この『今』の景色をそなたと共に見れたことに嬉しく想いー…」


芳乃「この想いを忘れないのでしてー」にこっ.....






57: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 06:18:06.96 ID:SNRXtn1m0



P’「僕も…出来れば忘れたくないな……そろそろ皆心配してそうだからな……一緒に事務所に帰る?」


芳乃「わたくしはー、もう少しこの景色を見たいのでー 後から向かうのでしてー」


P’「そっか……何かあったら連絡してほしい、すぐに駆けつけるから」


芳乃「はいー 分かりましたー それではそなたー、『またね』でしてー」


P’「そうだな……またな、芳乃」

タッタッタッタッタ.......




ザッ.....

芳乃「……おやー? そなたは……」



――――――――――――

――――――――

――――



60: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 19:59:35.13 ID:SNRXtn1m0

ここから本編と関係ない茶番が入ります。



61: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 20:02:45.96 ID:SNRXtn1m0

――――――――――――――――――――――――――――

―――事務所

P「………」カタカタ.......


ありす「あの Pさん、学校の宿題で分からないところが……って何やってるんですか?」


P「写真を見返してたんだよ……懐かしいなぁ……ありすも見てみろよ」


ありす「どれですか……ってこれ私が変なポーズで撮らされた写真じゃないですか!」


P「でもみんなのおかげでほぐれたジャケット写真が撮れたじゃないか」


ありす「そうですけど! そうですけど! なんでPさんが持ってるんですか!」


P「一応データを渡されてな……あとこれでコラ画像を作ってるんだけど……」


ありす「しかも勝手にコラ画像まで作ろうとしてるんですか!」





62: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 20:05:19.51 ID:SNRXtn1m0



P「流行に乗ろうと………」


ありす「そんなブームは終わりましたから! というか始まってもいないですから!!」


ありす「はやく消してください!!」グググッ....


P「いーやーだー! これをありすの結婚式で流す!」グググッ.......


ありす「さらっと何を言ってるんですか! 結婚式で流すのは私たちの軌跡だけでいいじゃないですか!」ググッ....

ありす「こんな写真は必要ありません!」ググッ.....


P「意地でもこの写真を結婚式で流してやる! そして苺みたく赤くなったありすの顔を………」





63: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 20:06:09.18 ID:SNRXtn1m0






響子「Pさん?」






64: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 20:12:13.50 ID:SNRXtn1m0



P「あっ........」


響子「なんの話をしてるんですか? さっき『 結 婚 』って単語が聞こえたんですけど」ニコォ......


P「や、やだなぁ.....お、俺が結婚するわけじゃなくて.....ありすの.......」


響子「……問答無用です♪」シュッ.....


トスッ.....

P「うっ......」

バタンッ......


ありす「(は…はやい……あんな手刀見たことありません……)」ガクガク.....


響子「ごめんね? ありすちゃん、『 わ た し の 』Pさんが迷惑かけちゃって....」ニコッ


ありす「は、はい……」ブルブルブル.....


P「……」チーン




65: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 20:14:34.65 ID:SNRXtn1m0



響子「ほらっ、Pさん! 仕事が終わってるのは分かってますから私たちの家に帰りましょう♪」


響子「またね! ありすちゃん♪」


ありす「は、はい……また明日……」


ずるずる.......ずるずる.........

P「………」ズサー....


ガチャ........

ありす「(私は……このときドナドナのイメージが掴めたような……そんな気がしました)」

バタン.........



66: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 20:21:27.98 ID:SNRXtn1m0


――――――――――――

――――――――

――――



Pのパソコン「




no title
                                                      終
                                                   ――――――
                                                   (3)(4)(6)
――――――――――――――――――――――――――――

茶番終わり




67: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 22:04:17.81 ID:SNRXtn1m0

――――

――――――――

――――――――――――



――街中



P「……今日はアインフェリアのメンバーによく会うなぁ……」しみじみ......


P「……まさかっ! ラグナロクが始まるとでもいうのか!? ……なーんてな.........」


ありす「どうかしたんですか?」


P「あぁ、こっちの話……二人も打ち上げに行く途中なのか?」


文香「はい……もしかしてPさんもいらっしゃるのですか?」


P「いや、美波に誘われたけど今忙しくてな……」


ありす「何をしてるんですか?」


P「うーん……自分探しの旅……かな?」


ありす「能天気なPさんも悩むことがあるんですね」


P「……なんか引っかかる言い方だな、クールタチバナさん?」


ありす「っ! もうその名前で呼ぶのやめてください! 私のことはありすって呼ぶって約束したじゃないですか!」


文香「……ありすちゃんはPさんに名前で呼ばれるのが嫌じゃなかったんですか?」


ありす「……Pさんがクールタチバナって現場でも呼んできたんです……」


…………

…………………

…………………………



68: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 22:20:41.18 ID:SNRXtn1m0



ありす「ふぅ........あとは……」


P「ありす、取材頑張れよ!」


ありす「分かっています、あと橘と呼んでください」


P「いい名前だと思うんだけどなぁ……」


ありす「私が嫌なんです! ありす以外の呼び方にしてください! さもないと取材の時は不機嫌な態度をとります!!」

ありす「(流石にここまで言えば……橘と言わざるを得なくなる……ふふっ、完全勝利です)」フンスッ....

P「うーん……分かった! 別の呼び方にするから安心しな!」


ありす「そうです名前じゃなければ……えっ? 別の呼び方?」

ガチャ......


記者「おはようございます 今日はよろしくお願いします」


ありす「あっ……コホン......橘ありすです。 よろしくお願いします」ペコリ....


P「はいっ、おはようございます! 今日はうちの―――」



69: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 22:23:57.35 ID:SNRXtn1m0






P「―――クールタチバナをよろしくお願いします!!」






70: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 22:29:14.81 ID:SNRXtn1m0




ありす「――――っ!」(声にならない叫び)


記者「クールタチバナ? もしかしてありすさんの新しいコンセプトでしょうか?」


ありす「はっ.....ち、違います! このプロデューサーが勝手に……」アセアセ....


P「何言ってるんだ? クールさには定評があるって自分で言ってたじゃないか」


記者「なるほど……これからクールなイメージを固めるためにクールタチバナと......」カキカキ


ありす「あ、あぁ……もうそれでいいです………」カァァ


記者「もしかして………このクールタチバナの『クール』はクールジャパンから取ったものなのでしょうか?」


ありす「.....はい.......そうです..........」カァァ


記者「なるほど」カキカキ.....



71: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 22:49:15.65 ID:SNRXtn1m0



~取材終了後~



P「お疲れ様! ちゃんと受け答え出来たじゃないか! よく頑張ったな!」


ありす「頑張ったな……じゃありませんよ! どうしてあの名前で呼んだんですか!」


ありす「それよりも、どうしてあなたが私がクールに定評があるって言っていたって知ってるんですか!」

ありす「(私がPさんの前で定評があるなんて言った記憶はない……とすると……)」


ありす「だ、誰かに聞いたんですか!」

ありす「(たしか……最後にそんなことを言った記憶があるのは……」

ありす「そう……『生存本能ヴァルキュリア』のレコーディング……まさか.......)」

ありす「ま、まさか……信じたくないですけど 藍子さんと夕美さんですか!」


P「まさか、あの二人がそういうこと言わないってありすが一番分かってるだろ?」


ありす「たしかに……ってだからありすって呼ばないでさい!」

ありす「どうやって知ったんですか!」


P「あれ、気づかなかったのか? あの時、俺も収録スタジオにいたんだけどなぁ……」


ありす「なっ! あそこに隠れる場所は……」


P「ちょうど扉の近くにいたから目に入んなかったんだろうな……」

P「そのあと面白いネタ見つけたと思ってすぐ外に出たから……なおさら気づかなかったってわけだな」







72: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 23:02:10.82 ID:SNRXtn1m0



ありす「……はぁ......」


P「……でもクール路線で行きたいんだろ?」


ありす「そうですけど……」


P「こういうことにも冷静に対応できるようにならないといけないだろ?」



P「……ありすはまだ若い……それに色んな可能性を持っている……」

P「だから……色んなことに挑戦してみるのも悪くないんじゃないのかな?」




ありす「……いい話に持っていこうとしてもそうはいきませんよ……それに.....」


ありす「自分からあのことを言うのは問題ないですけど……」

ありす「Pさんが私の許可なく勝手に言ったから怒ってるんです!」


....シュッ..........


P「まぁ落ち着けってクールタチバn」

........ドゴッ!


P「グハァッ!!........」

グラグラ......


ありす「……流石に前みたくは倒れませんか......」



73: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 23:06:57.92 ID:SNRXtn1m0



P「い、いんふぁいとの気持ちになるでごぜーますよ.........それに......」


P「ここで倒れたら……送迎できないからな……」


ありす「………」プイッ



P「機嫌を直してくれよ……仕事に影響するだろ?」


ありす「……原因のあなたが何を言ってるんですか」フンッ....


P「うぐっ....」



ありす「……でも、このまま拗ねていたら子供ですよね.....」ボソッ......




ありす「………その……今度イチゴパスタの試食してくれたら許してあげてもいいですよ?」

ありす「……バージョンアップを重ねてきたのできっとPさんの口に合うと思います」


P「うっ……わかった……せめて一般人が食べられるものを頼む.........」


ありす「私の料理をゲテモノ扱いしないでください!」



74: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/27(月) 23:11:31.84 ID:SNRXtn1m0



ありす「あと……私のことはありすって呼んでください」


P「えっ……いいのか?」


ありす「色々諦めました……でもっ!」


ありす「もう、クールタチバナって呼ばないでくださいよ! 絶対呼ばないでくださいね! 絶対ですからね!」



P「……わかった、わかったよ………じゃあ次の現場に行こうか」


…………………………

…………………

…………



78: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 06:59:29.97 ID:hq4/vMhm0



P「いや、『あれは呼んでくださいね?』ってフリだったんだろ?」


ありす「違います!」

ありす「しかも今度は街で……思い出すだけで.....ああもうっ!」カァァッ....

ありす「すっごく恥ずかしかったんですからね!!」ビシッ!



文香「……あまり、ありすちゃんをからかうのはよくないですよ、Pさん?」


P「絶対的な橘……」シュッ......(決めポーズ)


ありす「あ……あぁ........」カァァ.....


文香「あの……Pさん……聞いてますか?」




79: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 07:06:29.00 ID:hq4/vMhm0





文香「あの……P.....」

P「ブラックアリス……」サッ...(決めポーズ)



ありす「ぁぁ......うぅ.......」グスッ...






80: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 07:08:10.03 ID:hq4/vMhm0








文香「Pさん?」ギロッ....








81: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 07:12:45.04 ID:hq4/vMhm0



P「……ごめんなさい」シュン....


文香「私じゃなくてありすちゃんに謝ってください……」


ありす「………」ヒグッ......


P「悪かった……全面的に俺が悪かったから……ごめんな.....」


ありす「…ぅ…っ…」グスッ


P「――っ! 本当にごめん! ありすの頼みを聞いてやるからっ!!」


ありす「……本当........ですか.......?」グスッ....



P「あぁ! 本当だ!」






ありす「………いちご………パフェ…」



82: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 07:18:52.37 ID:hq4/vMhm0



P「え?」


文香「ありすちゃん?」


ありす「……お詫びにまた……ファミレスで……イチゴパフェを食べさせてください…」ゴシゴシ(涙を拭う音)


P「いいのか? 本当にそれでいいのか? …………もっと別のことを頼んでもいいんだぞ?」


P「……出費の高いのは無理かもしれないけど」





83: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 07:20:21.97 ID:hq4/vMhm0






ありす「私は……過去を振り返りません……って前に言いましたよね?」




ありす「だから………恥ずかしい言動のひとつやふたつ………大丈夫です」





84: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 07:29:28.87 ID:hq4/vMhm0



P「そっか……ありすは強いなぁ……」


なでなで...........


ありす「んっ.......やっぱりPさんには……名前で呼ばれるのが一番です………えへへ♪」



P「でも……過去は自分の積み重ねてきたものだから……たまには振り返るのもいいんだぞ?」

ありす「………考えておきます」



ありす「………」ジー.....


P「どうしたんだ?」




ありす「...........手が止まってますよ?」ジー...


P「はいはい.......」

なでなで........



文香「(……微笑ましいですね)」にっこり





85: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 08:22:08.78 ID:hq4/vMhm0



………数分後


P「……一生分なでなでした気がする」


ありす「まだまだ足りません……これから毎日離れずに撫で続ければ一生分になると思いますが……」チラッ....


文香「(ありすちゃん……ここぞとばかりに大胆になってますね……ふふっ........)」


P「ところで……さっきのイチゴパフェの件だけど……」

P「スケジュールは……この日は付き添いがあるから.......うーん...........この日でどうかな?」


ありす「はいっ! 楽しみにっ……あっ……こほんっ.........問題ありません」ワクワク......


P「よし……そうだ! 文香も一緒にどうだ?」



文香「はい?」



ありす「え?」



P「え?」





86: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 08:33:32.26 ID:hq4/vMhm0



文香「Pさん……耳を貸してください........」


P「?」


文香「あの……どうして…私も誘われたのでしょうか?」コショコショ......


P「スケジュールが空いていたってのと……」コショコショ......


P「文香がいなかったら俺が調子に乗って一方的にありすをいじっていたと思う……」コショコショ......


P「だから止めてくれたお礼……のつもりなんだけど………」コショコショ.....


文香「(そういうことでしたか………Pさんなりの考えがあって………朴念仁には変わりないですが……)」


文香「(では………)」





87: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 08:39:43.88 ID:hq4/vMhm0



文香「すいません……誘ってくれて嬉しいのですが……その日は別の用事があるので…………」


ありす「(え? その日は確か…………)」


P「そうか……じゃあ今度二人で行こうか、ありす」


ありす「っ! はいっ!……はっ!........こほん........そうですね、二人で行きましょう......」ワクワク.....


P「(文香には別の機会に何かしようかな……無難に本とか?)」ブツブツ......





88: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 08:42:25.06 ID:hq4/vMhm0



ありす「あの……」ボソボソ


文香「どうしたんですか、ありすちゃん?」ボソボソ


ありす「その……ありがとうございます……」ボソボソ


文香「私は何もしていませんよ……楽しんできてくださいね? ありすちゃん」にっこり


ありす「文香さん……!」キラキラ






P「うーん困ったな……」






89: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 08:44:17.89 ID:hq4/vMhm0




文香「どうしたんですか?」



P「……ありすと二人でファミレスに行くとさ……その……」


ありす「っ! こ、恋人に見えますかね!」テレテレ....





90: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 08:45:05.72 ID:hq4/vMhm0







P「いや、子供をパフェで釣る怪しいおっさんにしか見えないような……」






91: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 08:49:47.77 ID:hq4/vMhm0



ありす「……」


文香「あっ……」



............ドカッ!......

P「でも文香がいれば子連れの親子に見えると思ったんだ…ウェッ!!」


P「タ…ダディャーナザァーン!!.....ンナヅェダァ!ンナヅェダァ!ナヅェダァ!」フラフラ...

ありす「ありすって呼んでくださいって言ったじゃないですか!!」

.........シュッ.........

................ドゴッ!......

P「アンダドーゥレハ!アカマジャナカッタンテェ゙…ウェ!」

バタンッ.....



92: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 08:54:45.25 ID:hq4/vMhm0



文香「………これはPさんの自業自得ですね……私が背負ってていきましょう……っと....」


ありす「文香さん、大丈夫ですか?」


文香「はい……もっと重いのかと思っていましたが……結構軽いです……まるで体重が半分になっているようで……」


ありす「それって……大丈夫なのでしょうか?」


文香「恐らくちひろさんの仕業でしょう……男性がこんなに軽いとは思えませんからね」


ありす「またちひろさんですか……あの人はPさんをなんだと思っているんですかね.......」





93: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/28(火) 09:30:25.77 ID:hq4/vMhm0



文香「(……さっき言っていた……ありすちゃん、Pさんと親子の演技……)」


文香「(ありすちゃんが子供役………私が妻……そしてPさんが夫……悪くないかもしれませんね……ふふっ....)」


文香「(ということは私は……Pさんと……い…致した……ということに...........)」カァァ.....



ありす「文香さん? 顔が赤くなってますけど大丈夫ですか?」

文香「はっ! ………大丈夫です。行きましょう……///」


ありす「……」キョロキョロ

文香「ありすちゃん? どうかしましたか?」


ありす「……さっきからずっと通行人から親子として見られていたのかなと思って………」

ありす「あと他の皆さんはもう打ち上げの公園に集まっているのかなと……」


文香「たしかにそうですね………しかしまだ集合の時間まで余裕があるので………ゆっくり行きましょう」

ありす「文香さんはPさんをおぶっていますから……焦らせるような言い方ですいませんでした」シュン.......


文香「いいんですよ、ありすちゃん……では行きましょうか」スタスタ....


ありす「はいっ!」テクテク......





ありす「(……おかしいです、Pさんが倒れた時はいきなり響子さんが現れてPさんを連れ去るのに………)」テクテク......


ありす「(一体なにが…………)」テクテク....



――――――――――――

――――――――

――――



96: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 08:35:54.20 ID:Uycl3cni0

――――

――――――――

――――――――――――



――――○○公園




藍子「あっ! 美波さん、こんにちは」


美波「……ふふっ....そんなっ....激しすぎっ....♡..」ボソボソ


藍子「美波さん?」


美波「はっ.............」

美波「ふ、二人ともこんにちは! ……? なんで夕美さんはずっと表情が固まったままなんですか?」


藍子「ちょっと『お 散 歩』をしただけですよ……ね? 夕美さん?」






97: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 08:37:06.34 ID:Uycl3cni0








・ヮ・「アはハハハ……おサンポ楽しい……オさンポたノしい……」







98: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 08:43:57.72 ID:Uycl3cni0





美波「(一体何が……これを事務所の七不思議に………)」



美波「(……ってもう七つあるんでした.......)」




美波「そういえばさっきPさんに会ったんですよ」



・ヮ・「オサンポ.........おサン…ポ…………P...........?」




夕美「えっ! Pさん!」ティンッ!


................ガバッ!








                            藍子「もうちょっとだったのに……」ボソッ



美波「藍子ちゃん?」


藍子「え?..........あっ! Pさんですよね!」


藍子「私たちも会いましたよ? 何か探しているようでしたけど……」






99: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 08:51:33.22 ID:Uycl3cni0



美波「ということはまだ用事が済んでいないんですね……」

美波「最近立て続けで仕事をしているって聞いたので……心配で........」


夕美「そうだね……最近家に帰って休んでいないから心配だよ……」

夕美「せっかく事務所から近い場所に住んでいるのに……」


藍子「徹夜でお仕事を……体調が心配ですね......」


夕美「ううん、別に事務所で寝泊りしてるわけじゃないよ?」

藍子 美波「え?」





100: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 09:14:19.48 ID:Uycl3cni0



夕美「最近は家から離れたホテルで寝泊りしてるらしくて……」


藍子「ホテル……ですか?」


美波「(ホテル………ホテルといえば………ラブホテル……」

美波「はっ..........まさかPさん!……私の知らない女性と........」

美波「Pさんの初めてを奪うって決めていたのに……残念です.......」シュン.....

美波「いや待って………待つのよ………落ち着くのよ美波……そこからPさんを奪えば........」ごくり......

美波「うふっ......うふふふっ....♡.」ハァハァ........




藍子「あの.........美波さん.....声に出てますよ........」

藍子「(さらっとPさんが……その……まだ.......したことが........ない.......ってされてますけど........)」プシュー.....


夕美「……もちろんビジネスホテルだよ?」


美波「美波 完全勝利です!!」にっこり.......


夕美「(完全勝利………なのかな?)」


藍子「(………どうして美波さんはこうなってしまったのでしょうか......)」


藍子(そんなことより……Pさんがちゃんと寝て休んでいるなら……少し安心しました!)」


藍子「でも……どうして家に帰らないのでしょうか?」


夕美「私も不思議に思って……この前聞いてみたら……」



101: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 09:53:24.04 ID:Uycl3cni0

…………

…………………

…………………………



P「え? なんで家に帰らないのかって?」


P「なんか……家に帰ると意識が消えるんだ……」


P「で、気がつくと朝になっててちょうど玄関を出たところで立っているんだ……」


P「そこで俺は気づいてしまったんだ……」


P「つまり―――」



P「家に帰ると抑圧されたもう一人の自分が目覚めて主導権を握っていていたんだよっ!!」バンッ!



P「な…なんだってー―――!!」




夕美「Pさん大丈夫? テンションがおかしいけど……」




102: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 09:59:01.42 ID:Uycl3cni0



P「そいつを自分だと認める準備は出来てるんだけど、テレビの中に入れないんだよ……」


............シュッ..........(TVに手を突っ込む音)

.................ズゴッ!........(TVを突き破る音)


P「こんな感じに」


夕美「話が全然掴めないんだけど……」


ちひろ「あっ! 何やってるんですか! 事務所のテレビを壊すなんて……給料から引いときますからね!」


P「来いよチッヒ! 金銭感覚なんか捨てて、かかってこい!」


ちひろ「急に何を……ってこれ事務所のテレビじゃありませんね......」


P「いつも見てるものを見間違えるとは… 年を取ったなチッヒ、ハハッ、てめぇは老いぼれだぁ……」


ちひろ「……」ギロッ......


P「……おふざけが過ぎました……」シュン......




103: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 10:12:36.32 ID:Uycl3cni0



ちひろ「それはそうと……まさか壊すためにわざわざ買ったんですか……(呆れ)」


P「まぁ、そんなところですね……」


P「そんな感じでそいつを呼び出そうと頑張ってるんだけど……家でしか現れない……けど家だと意識を奪われる........」


P「うーん……どうしたらいいんだ.....」

P「早く『ペル○ナッ!!』って叫びたいのに……夕美は何かいい方法知ってるか?」


夕美「私に言われても……」


ちひろ「というかそれペ○ソナじゃないと思いますけど……そんなことより、ほらっ! 仕事してください!」




104: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 10:17:03.65 ID:Uycl3cni0

…………………………

…………………

…………



夕美「……って言ってたよ?」


美波「意識を奪われてるのに意外と楽観的ですね....」

美波「(半分は全く関係ない話でしたけど)」


藍子「でも普通はそんなことありえませんし……誰かに気絶させられたと考えるとしか…」

藍子「……あれ? そういえば夕美さんはPさんの家の場所知っているような口ぶりでしたね……まさか...............」


夕美「えっ! 私は違うよ! Pさんの意識を奪って種を収穫するなんてそんなことしないよ!!」


藍子「そこまで言ってないんですが……」


夕美「……でもそういうプレイもいつかは……」ぼそっ......


美波「しかもする予定なんですね………」


美波「(たしかに……私が主導権を握るプレイも………Pさんを焦らして……ふふっ.......♡.....)」


美波「(…………結構.......いいですね.........♡... )」ごくり....




105: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 10:59:39.16 ID:Uycl3cni0



美波「………あれ? 藍子ちゃんと夕美ちゃんは……」






藍子「夕美さん? またPさんにそんなことをしようと.....」


藍子「『お 散 歩』が足りてないみたいですね....」ゴゴゴゴゴッ!


夕美「あははは.......さっきお散歩したから十分かな………」ダラダラ....


藍子「さっきは途中で洗脳……じゃなくて『お散歩』の効果が途中で切れたから念入りに……」ジリジリ.....

...バッ.......

............ガシッ!...

美波「あ、藍子ちゃん! よくわからないけど落ち着いて! というか何ですか! そのオーラは!!」グッ.....

藍子「美波さんどいてっ! お散歩できないっ!」グググッ........

美波「夕美ちゃんも! 冗談で言ったんですよね? ね?」ググッ.....


夕美「私は本気だけd「夕 美 さ ん ?」」 




夕美「……藍子ちゃんの困った顔が見たくって……ついやっちゃった……かな?」テヘッ




106: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 11:09:21.47 ID:Uycl3cni0




美波「困り顔……を通り越して阿修羅みたいな顔になってますけど.........」


藍子「もうっ! 冗談はほどほどにしてくださいよ? 夕美さん!」ぷんぷんっ!....


美波「(それで許されるんですか……藍子ちゃんの心が読めません.....)」





107: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 11:13:36.25 ID:Uycl3cni0




――――ゆるふわ乙女心と秋の空っていいますからねっ!!




 ――――秋と言えば温泉に三人で行きましたね! 懐かしいですっ!!


  ――――やっぱり藍子ちゃんは藍子ちゃん藍子ちゃんしてますね!


    うぉぉぉおおおっ!     

ボンバァァァァァァァアアアアアアアッ!!





108: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 11:28:44.29 ID:Uycl3cni0

ダダダダダダダダッ!!.........................



美波「二人とも! 今、茜ちゃんが走り去っていったような……」

藍子「いつものことですよ?」

夕美「うんうん! 茜ちゃんは元気がいいよね!」

美波「(え? 不思議に思うのは私だけ? ……よく分からなくなってきました.......)」

夕美「美波さん、悩んでいる顔をしているけど……大丈夫ですか?」


美波「え? ……うん……大丈夫です」



藍子「それより……夕美さんはどうしてそこまでするんですか? 前は今みたく積極的になってなかったじゃないですか」


美波「確かに……最近いきなり変わった気がしますけど……何かあったんですか?」


夕美「………えっとね?」





109: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 13:25:29.10 ID:Uycl3cni0

…………

…………………

…………………………



―――???



夕美「(……あれ? ここは……)」


夕美「うっ……」

夕美「(全身が……痛い……体も全然動かないや……ここで終わるのかな、私)」ハァ...ハァ...

夕美「(家の花にもう水をあげられなくなっちゃったな……みんなを悲しませちゃうな……なにより)」

夕美「(Pさんに思いを伝えられなかった……アイドルだから……想いを隠してきたけど………もっとはやく伝えればよかった……)」ポロポロ.........

夕美「だ……ん視……………んが見え…い……」


?「しっ…………っ! 目を…………だ! おいっ!」


夕美「(誰かの声がする…………聴いたことのある声………心が落ち着く………誰だろう……目が開かないや………)」




110: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 13:27:40.39 ID:Uycl3cni0

ポタッ......ポタッ......


夕美「(もっと生きたかったな……今更後悔しても遅いよね…………だんだん眠く………ぁれ?)

ポタポタッ......ポタポタッ......

夕美「あれ....雨かな.....温かい.......この雨だったら...ずっと浴びてたいな.....」ハァ....ハァ....


?「……って……だ! …………ろ! 開………れ! ……から!!」


夕美「そうだ.........い............いわなきゃ........」ハァ....ハァ.....

?「もう……な! は…………てを……いとっ! 何………はず……」ゴソゴソ......

………ガシッ………


?「……?」


夕美「あの...........ね.........」ハァ................ハァ......




111: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 13:30:37.75 ID:Uycl3cni0



夕美「わ........わたし.......…さ…...........の..........こと.........…........…............」ハァ.................ハァ.........

?「………きだ…ら!! だ……死ぬな!!」

夕美「う……い.........……......…ね......もう......後……......……....…な.....」ハァ.............

?「何言っ……………! せっ………人………たんだか…………いこ…………いあるだ……!」

?「……………………して……一緒に……な……………こう!」

?「 色んな…の…を飽………らい……てやるから! だか........ら..............」



夕美「………」



?「おい........…….......…み........……って.......……って………ただろ.......だから........」

?「.........冗談…………てくれよ........……......失……………んだよ........一……しないでくれよ.............」





112: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 13:32:14.50 ID:Uycl3cni0







?「だから..........目を……………よ........夕美.......」ポロポロ.....







114: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 13:35:17.37 ID:Uycl3cni0

…………………………

…………………

…………



夕美「……っていう夢を見たんだ!」


夕美「断片的な夢なんだけど……何故か今でも覚えているんだ......」


夕美「でも思い出すと悲しい気持ちになるから……あんまり思い出したくなかったかな………」


美波「あの………ごめんなさい、思い出させてしまって……」


美波「(あとさらっとPさんが好きってカミングアウトしましたね……知っていましたけど)」


藍子「私も……夕美さん、ごめんなさい.....」


夕美「そんなに心配しなくても大丈夫だよ!………それにね!」

夕美「あの夢みたく後悔したくないって……悔いの無いように今を全力で生きようって思ったんだよ!」



115: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 13:38:47.51 ID:Uycl3cni0



藍子「夕美さんはポジティブですね!…でも、その結果が昨日のあれなんですか……少し飛躍しすぎじゃないですか?」


夕美「そ、そんなことないもん……」


美波「でもどうしてそんな夢を見たのかな?」


夕美「分からないけど……おかげで今とっても楽しいんだ! あの夢のおかげだね!」


夕美「だから、これからも今まで以上にPさんに正面から自分の気持ちをぶつけていくよ!」




116: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 13:40:38.19 ID:Uycl3cni0


美波「(うんうん…………あれ? …………『今まで以上』?.......)」


美波「まさか…………」チラッ.......


藍子「……やっぱり『お散歩』を……」....ゴゴゴゴゴッ!


美波「夕美ちゃん! せっかくいい話で終わりそうだったのに!」

美波「藍子ちゃんも! 落ち着いて!」ググッ......

――――――――――――

――――――――

――――



124: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 23:40:01.78 ID:Uycl3cni0

――――

――――――――

――――――――――――




―――事務所


P’「ただいま戻りました……」


菜々「あっ!Pさん!お疲れ様です! 気分転換にはなりましたか?」


P’「えっ? ……まぁ、多少は……」


P’「(ちひろさんは……買出しかな?)」


菜々「そうですか……あとPさん! いつもファンレター検閲ありがとうございます!」


P’「……それくらい……普通ですよ」

菜々「そんなことありません! 中には誹謗中傷の書かれたファンレターだってあります......」

菜々「それをファンレターって言えるのかどうかはナナには分かりませんけど……」

菜々「そんなみんなのファンレターを検閲してくれているPさんとちひろさんがいるから安心して見られるんです!」

P’「えっと……僕は菜々さんが思っているようなそんな大層なことはやってないんです……お礼をするならちひろさんに……」

菜々「Pさん! ちょっと聞いてくれますか?」

P’「え? ……はい........」



125: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 23:45:46.02 ID:Uycl3cni0



菜々「ナナにはですね……昔、一緒にアイドルを目指していた子がいたんです」


菜々「でも……その子……途中で諦めちゃったんです……」

菜々「その子から最後に『菜々さんになんか私の気持ちは分からないのに!簡単に気持ちが分かるなんて言わないでよ! 友達面しないで!』って言われちゃったんです」

菜々「今でもあの言葉を覚えています……ショックでした……」

菜々「その子、悪気は無かったはずなんです、悩んだ末に決めた......あの子の選択だったのに…」

菜々「私が無理に引きとめようとしたから……」

P’「……」

菜々「でも……今日、その子からのファンレターが来ていたんです!」

菜々「テレビで見ました……あの時ナナのことを傷つけてごめんなさいって……努力が報われてよかったね! 応援していますって手紙をもらったんです!」


菜々「今はダンストレーナーになってアイドルを育てる夢が出来て、頑張っているみたいで..っ........」グスッ.....

菜々「あの子がっ.......新たな夢を....おいかけているって...知って.....」ヒグッ.....


菜々「ナナは...な"な....は....本当に.....グスッ...ほんとうに"っ..うれしいん......です.......」ポロポロ.......

P’「……ハンカチ……使いますか?」つ□

菜々「うぅ........すいません.....ズズーッ........」ヒグッ.....



126: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 23:58:49.05 ID:Uycl3cni0




~数分後~


菜々「ハンカチありがとうございます! 洗って返しますね!」


P’「気を使わせてしまってすいません....」

P’「それでは仕事に……」


菜々「はいっ!……ってまだ話は終わってません!」

P’「えっと……続きをどうぞ.....?」

菜々「こほん.........」

菜々「もし検閲されてなかったら………もしかしたら……心ない言葉を読んでみんな傷つくと思います..........」


菜々「それを………Pさんとちひろさんが検閲してくれているんです...........だから感謝しているんです!」

P’「……それはみんなのモチベーションが落ちるから………それに、暴言を見て傷つくのは僕やちひろさんだけで十分ですよ」

菜々「(………あれ? ちひろさんはいいんですか……)」

菜々「(Pさんとちひろさんってそんな犬猿の仲でしたっけ……それより)」

菜々「その気持ちがあるだけでも嬉しいんです! それに暴言の書かれた手紙を読んだら……」

菜々「もしかしたらみんなファンレターを読まなくなってしまうかもしれません.......」

菜々「もしそうなっていたらナナはあの子からのファンレターを読まなかったかもしれないんです.......」

菜々「でも読んで………悩んでいたことが………心の奥深くにあったもやもやが晴れたんです! Pさんがしっかり選別してくれたおかげなんですよ!」


P’「そうかもしれませんけど……その手紙をもらったのは菜々さんがTVに出たり仕事を頑張った結果じゃないですか?」

P’「だから僕は何も………」




127: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/29(水) 23:59:48.40 ID:Uycl3cni0







菜々「いい加減にしてください!」バンッ!







128: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 00:01:22.16 ID:xhZvp4Nm0


P’「」ビクッ...


菜々「そこまで謙虚だと逆に気持ち悪いです!」


P’「気持ち……悪い……」ぐさーっ!


菜々「もう我慢なりません! もっとムードのあるときに言おうと思いましたが……今言います!」




129: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 00:20:00.87 ID:xhZvp4Nm0



菜々「……もしかしたらナナも夢を諦めていたかもしれなかったんです」

P’「え……」

菜々「………当時のナナは……Pさんに見つけてもらうまで、不安でした……」

P’「……」

菜々「そんな時……Pさんが私の手を取ってくれました……夢を叶えませんかって……あの時嬉かったんですよ……?」

菜々「あの後、色んな経験をさせてもらいました……日々のレッスンが大変だったり……毎日腰痛が……ってそこは重要じゃないんです!」

P’「(勝手に自爆してる……)」

菜々「辛いこともありました……でもそれ以上にたくさんのものをもらったんです。事務所の仲間、かけがえのない思い出……数え切れないほどです」

菜々「そして……ここまで頑張ってこれたから、このファンレターをもらえたんです......」

菜々「……それにPさんに出会ったおかげで夢について考え方も変わりました......」

P’「夢って……寝てみる方ですか?」

菜々「違います! 目を開けて見る夢のほうです!! 空気読んでくださいっ!!」

P’「ご、ごめんなさい......」




130: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 00:30:38.06 ID:xhZvp4Nm0



菜々「こほん...........ナナは……ナナはですね..........」

菜々「昔は、現実と理想がかけ離れているほど……持つと重くて苦しくて……」

菜々「それでも願い続けてきたものだから……捨てちゃいけないもの……そんな考えだったんです...」


菜々「でも……Pさんとの出会いの後から少しずつ変わってきたんです......」

菜々「もちろん、夢を持ったおかげで悲しくて辛いこともたくさんありました……」

菜々「でも! それだけじゃなくて、何かに……歌やダンス……演技に夢中になって全力で楽しんだり……」

菜々「事務所の皆さんと出会って楽しくてかけがえのない時間を過ごしすことが出来ました!」


菜々「だから……ナナにとって………夢を持つということは辛く苦しいことに変わりはありません……」

菜々「でも、その分……いえ! それ以上に楽しいことや熱中できること………大切なものに出会えるものだって思えるようになったんです!」




131: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 00:35:04.75 ID:xhZvp4Nm0



菜々「もし……もしですよ? もし夢を持たなかったら………私は苦労もしませんでしたし、さっきの話の喧嘩別れなんてなかったと思います……」

菜々「……けど」

菜々「……それって今まで過ごしてきた楽しかった思い出や、Pさんや事務所のみんなとの出会いも無かったことになっちゃいます……」


菜々「……ナナはそんなこの『今』と違う『もしも』の選択をした人生を考えると.........怖いです..............」

菜々「ナナは………こんなに愛おしいと思わせてくれるこの『今』がとても大好きなんです」

菜々「だから…………夢を持ち続けてよかったって胸を張って言えます!」


菜々「ナナが夢を持ち続けられてこれたのは………あの時手を差し伸べてくれたPさんのおかげなんですよ! だから……」

菜々「ありがとうございます!」




132: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 00:40:27.24 ID:xhZvp4Nm0


P’「………」ポロッ......

菜々「……?Pさん……大丈夫ですか?」


P’「そこまで……そこまで言われたら……」ポロポロ.....


P’「泣いちゃうじゃないです...........か..........っ.」グスッ........


P’「うぅ.......っ......我慢しようと思ったのに........」グスッ...


菜々「(……やっと仮面をはずしてくれましたね............それだけでも嬉しいんですよ?)」

P’「あの……菜々さん……」ヒグッ.....


菜々「は、はいっ! 何でしょうか!」


菜々「(……やっとPさんの口から感謝の言葉が……!)」




133: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 00:41:54.84 ID:xhZvp4Nm0





P’「――――ハンカチ返してくれませんか?」グスッ......






134: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 00:53:42.72 ID:xhZvp4Nm0



菜々「えっ...........はい?」


P’「涙を拭きたいんですけど……さっき貸してしまったじゃないですか....っ...」ヒグッ.....

菜々「あ........」

菜々「(やっちゃいましたぁぁぁっ!! 痛恨のミスですよ! せっかく頼られるチャンスが……)」

菜々「(でもさっき鼻をかんじゃったから……返したとしても涙を拭えませんよね……はやくしないとシミになっちゃいます……)」


ティンッ.....

菜々「(……っ! そうです!)」

菜々「すいません……これは返せません……」


P’「どうしてですか…っ………ティッシュも切れてて……スーツで拭うのは......っ......流石に.......」グスッ.......


菜々「でも………その代わりに……ナナの胸で泣いてください.....」




135: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 01:02:22.32 ID:xhZvp4Nm0



P’「え?……でも……女性にそれは……」グスッ........

P’「というか菜々さんの服にシミができるんじゃ……」


菜々「ナナは大丈夫です! それにそのままだとスーツにシミが出来ちゃいますよ?」

P’「迷惑じゃないですか?」グスッ.....

菜々「迷惑なんかじゃありません! むしろPさんが迷惑かけなさすぎですっ! もっと頼ってほしいです!」

P’「………菜々さんの重荷になるかも..........」


菜々「それは問題ありません! たしかに前までは心がもやもやしてナナはナナ自身の問題で一杯一杯でしたけど……」

菜々「誰かさんがナナにあの手紙を渡してくれたおかげで心の中がすっきりしましたからね!」





139: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 06:56:53.55 ID:xhZvp4Nm0



P’「本当に……いいんですか?」


菜々「嘘じゃありませんよ……大丈夫ですから………どうぞ........」


P’「………っ!」


………ガシッ.......


菜々「よしよし..........」



…………ぽん.....ぽん



……………ギュッ........



菜々「……………今まで溜め込んでいたもの………吐き出していいんです……全部受け止めてあげます.........」


P’「(……こんな小さな体で……大きな夢を抱えていたんだ..........)」


P’「(菜々さんは強いな………)」


P’「……っ…」ギュー.......



菜々「……辛くなったら...........いつでもいいんですよ?................ナナの胸を貸してあげますから............」




140: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:06:12.56 ID:xhZvp4Nm0

――――――――――――

――――――――

――――




~数分後~


P’「………菜々さん.............その...........さっきは............見苦しいところを.........,,,」

菜々「……見苦しくなんてありません! 誰だって甘えたくなるときがありますから!」

菜々「人は一人じゃ生きていけませんから! もっと頼ってください! というか頼ってほしいんです!」

菜々「ナナだけじゃなくて事務所のアイドルの皆さんも同じ考えだと思いますよ?」


P’「あ…………」


芳乃『それにー そなたの負の面を見てもわたくしはそなたを見捨てないのでしてー』

芳乃『おそらくー あいどるの皆も同じでしょー』


P’「(芳乃が言っていたこと……)」

P’「……菜々さん!」

菜々「は、はいっ?」



P’「その………さっきは……受け止めてくれてありがとう.......」


菜々「え………?」ポロッ......

P’「あ、あの……菜々さん? どうして........まさか................」

P’「………やっぱり気持ち悪かったですか?」


菜々「違います! 初めてあなたの口から『ありがとう』の言葉が聴けて……ナナもナナが思っていることを吐露してよかったなって.......」グスッ





141: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:12:56.34 ID:xhZvp4Nm0

――――――――――――

――――――――

――――


~数分後~


P’「あはは……お互いに泣いてばっかですね.......」

菜々「そうですね……でもこういうのもいいんじゃないですか?」

菜々「『涙は心洗うシャワー』って言いますからね!」

P’「たしかにそうですね……」



P’「……そういえば」

菜々「どうしました?」

P’「さっき菜々さんが言っていた『今』についてなんですけど......」


菜々「はい……話しましたけど……」


P’「……昔、誰かが『もしも』の今を考えるのが楽しかったりする………なんて言ってました……」





142: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:20:21.27 ID:xhZvp4Nm0


P’「もちろん人それぞれなので色んな考えがあるのは分かります………でも僕は……怖いです............」

P’「僕は……この『今』に当たり前にあるものが無い世界……例えば事務所の誰かがアイドルの道に入らなかった世界......」

P’「僕やみんなが積み上げてきたものが無い世界を想像するだけで虚無感を感じたり..........」

P’「たとえ………この『今』の世界と条件が同じでも.........別の選択をしていればもっとうまくプロデュース出来たんじゃないのか、なんて............」

P’「自分の選択が間違っているんじゃ………なんて考えただけで胸が苦しくなります.........」



菜々「Pさん...........」



143: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:23:07.41 ID:xhZvp4Nm0



P’「でも菜々さんのおかげで少し考えが変わりました」

P’「たしかに……その選択をした責任が僕にある......反省するべき部分もある.....けれど」


P’「この『今』でしか得られないものがあるはずなんですよね? 僕が気づかないだけで.........大切なことがたくさん.........」

P’「だから……違った選択をした『僕』に負けないよう…悔いのないよう頑張ろう……って思えるようになった......と思います」


菜々「……そこはビシッとかっこつけてもいいんですよ?」

P’「………少し考えておきます」


P’「あと……僕がこういった考えになったのは菜々さんが僕と向き合ってくれたから……」

P’「菜々さんが夢を諦めずに頑張って僕と出会ってくれたから………この『今』があるんです」

P’「だから、その……夢を追いかけ続けてくれて……ありがとう」




144: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:26:36.09 ID:xhZvp4Nm0



菜々「……やっぱりPさんは優しいですね……」

P’「え?」

菜々「さっきの.............事務仕事をやめようとしなかったのは自分の心が知られるのが怖くて……あんな態度をとっていたんですよね?」


菜々「別に迷惑かけたくないからって......別にキャラを作らなくていいんです........」

菜々「どんなPさんでも受け止めます! だって……」

菜々「ナナをアイドルにしてくれた魔法使いさんなんですから!」


菜々「だから…………たまには弱さを見せてもいいんですよ?」


P’「もしかして……あの時からキャラを作っていたのバレていました?」


菜々「はいっ! キャラ作りをしてもう何年経っていると思ってるんですか!」

菜々「それくらい見抜けますよ♪」


P’「たしかに……そうですね」




145: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:28:45.41 ID:xhZvp4Nm0



菜々「(やっぱり……色々とつっこみをいれないところが真面目な時のPさんだって分かります.......)」


菜々「(……あれ? もしこのPさんを掌握すれば……Pさんの心を掴んだも同然なんじゃ?……もう少し押せば……)」


菜々「あ、あのぉ……Pさん? 今夜よかったらウサミン星で……」





146: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:29:56.66 ID:xhZvp4Nm0






響子「はい、Pさん♪ もっと甘えていいんですよ♪」





P’「響子……いつもありがとうな……」ハイライトオフ






147: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:33:42.73 ID:xhZvp4Nm0



菜々「ちょっ! きょっ、響子ちゃん!? いつの間に!」

菜々「というか事務所にいませんでしたよね!?」

菜々「あとPさんもさっきとキャラ違いますよね!?」



響子「あっ♪ 菜々さん! 『わたしの』Pさんの面倒を見てくれてありがとうございます!」


響子「これ以上菜々さんには手をかけさせません! あと……」


響子「Pさんのお世話係は私に任せてください♪」

菜々「お世話係って……Pさん?」

P’「……いつものことです……イツモノ……」

響子「たとえPさんの心が弱くたって私は幻滅したりしません……『甘えさせてもらおうかな』って言ってくれたとき本当に嬉しかったんですよ?」


響子「だからこれからは『わ た し』だけに甘えてくださいね?」にこっ......





148: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 07:43:03.88 ID:xhZvp4Nm0



P’「アハハ……きょうコニ甘エル……甘エル……アマエル…」ハイライトオフ.......

響子「でも最近Pさん家に帰ってきてくれないんですよ……寂しいです……だから♪」ギューッ

P’「アマ……もがっ!? いっはいはふぃふぁ……(えっ? 一体なにが…)」ハイライトオン!

響子「きゃっ............くすぐったいです♪」

響子「いいんですよ? 未来の旦那さんになら...........何をされても........♡........」

菜々「響子ちゃん! やめてください!」

P’「ふぁふぁさん?(菜々さん?)」

菜々「傷心のPさんにつけいるなんて……ずるいです!」

菜々「私にはもう時間が無いんです! Pさんに責任を取ってもらうんです!」ギューッ


P’「ふぉへよふぉふぇた! ってふぁふぁさんふぁで……(それ他所ネタ! って菜々さんまで……)」

P’「ひっはふぃふぁふぃふぁ…(一体何が…)」

………ギュギュー!............

…………ギューッ!...............................


P’「(でもこの感覚……嫌じゃない……)」ガクッ............


――――――――――――
…………………………
――――――――
…………………
―――――
…………



151: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 19:07:08.67 ID:xhZvp4Nm0

―――――
…………………
―――――
…………




――――???


P「うーん……ここは……」

??「目が覚めましたかー」

P「芳乃……なのか?」

芳乃「ほー…声だけで分かるとはー、流石そなたでしてー」

P「というかここはどこだ?」

芳乃「ここはー わたくし芳乃の心の中でしてー」

P「これが芳乃の心……綺麗な夕焼けだな……ちょうどマジックアワーってところかな」

芳乃「まじっくあわー……この風景の時刻をそう呼ぶのでしょうかー?」

P「まぁそうだな……で何で俺はここにいるんだ?」

P「(あと芳乃の後ろのやつは……駄目だ、夕日が重なって影になって見えない……)」

P「(あとなんで芳乃は制服なんだ?)」



152: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 19:10:50.73 ID:xhZvp4Nm0



芳乃「そなたに尋ねたいことがありますがー……」

芳乃「まずはそなた達を元に戻しましょー」

P「元に? どうやって……そもそもここにあいつは…」

P’「これが芳乃が言っていた……綺麗な夕焼けだな……」

P「いるのかよ……」

芳乃「少々強引ではありましたがー、そなた達と夕焼けを見れて嬉しいのでしてー」

P’「芳乃……最後にこの景色を見せてくれてありがとう」

芳乃「ふふっ……そなたの喜びはー わたくしの喜びでしてー♪」

P「えっ? 何? どういうこと?」

芳乃「あとはこの鍋でー……」

………カンカンッ!!

P「ちょっ!吸い込まれる! カー○ィかよ!」シュンッ

P’「………」シュンッ

ゴポゴポ.....グルグル......

芳乃「ねーるねるねるねるねるねるねー……」

ペロッ.....

芳乃「美味でしてー」テーレッテレー!


P「そこは『うまいっ!』だろっ!」ビチャビチャ.....




153: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 19:12:32.72 ID:xhZvp4Nm0



芳乃「ほほー…自力であがってきたのでしてー……流石はそなたー……」

P「陰と陽のPが……ひとつに!」

P「っとそうじゃなくて………」

P「……えーっと…戻してくれてありがとう……あと芳乃の用事は?」

芳乃「忘れるところでしたー」

芳乃「……そなたにとって『夢』とはどのようなものでしょー?」

P「寝てみるy「違うのでしてー」………」

P「……夢について熱く語って友達に噂されると恥ずかしいし………///」

芳乃「はてー? そなたに友と呼べる存在は…「やめてっ! それ以上言わないで!」」

芳乃「それにー 答えないと現実に帰ることができないのでしてー」

P「………マジ?」

芳乃「本気と書いてまじでしてー」




154: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 19:15:31.62 ID:xhZvp4Nm0



P「……うーん.....そうだな」

P「無理に持たなくちゃいけないってものではないと思うんだ」

P「持ってしまうと味わうはずのなかった痛みや苦しみが襲い掛かってくるから」

P「……でも」

P「夢をもつことで色んなことを体験したり、色んな人と出会ったり……楽しいことや嬉しいことも味わえる……」

P「これは受け売りだけど……」

P「夢を持つと……時々すっごく切なくなったり、時々すっごく熱くなるもの…らしい」

P「そして夢ってのは自分で望んで自分から生まれるもの……」

P「だから……夢を持って、夢を追いかけるってことは…自分の人生と向き合うってことなんだと思う」

P「人によって人生と夢の形や色が違うのは当たり前で……見方によって全く違う見え方になるけど......」

P「俺は……『夢』ってのはその人の人生を輝かせるもの……であってほしいって思ってる」



P「(なんでこんなにスラスラ喋れるんだ? 記憶がこんがらがってよく分からない………)」




155: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 19:18:14.58 ID:xhZvp4Nm0


芳乃「ほー……そうですかー…」

芳乃「次が最後でしてー そなたに問います……そなたはー……もしあいどるの皆が危機にさらされたらどうするのでしょー?」

P「さっきの質問より簡単だな…… もちろん助けるさ! たとえこの身を削っても! もちろんその中に芳乃も入っているからな!」

芳乃「ふふっ、頼もしいかぎりでしてー…ではー これは返させてもらいましょー」

P「それ……法螺貝? なんで俺持っていたんだっけ……」



156: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 19:23:29.68 ID:xhZvp4Nm0

no title


P「え?何?どういうこと? さっきの質問の意味は? 俺が呼ばれた意味って一体……」

P「というか芳乃、マジックアワー聞いて……」

シュンッ......



―――――
…………………
―――――
…………



158: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:11:02.47 ID:xhZvp4Nm0

…………
―――――
…………………
――――――――
…………………………
――――――――――――


――○○公園


藍子「他の人格が主導権を握るなんて、そんなことありえるんでしょうか?」

文香「……それはおそらく、Pさんが何か家に行くのを拒む要因があるからでしょう…」

夕美「嫌になるなんて相当だね……」

文香「嫌までとはいかなくても何かストレスを抱えてしまっているのでしょう」

文香「Pさんのことです、きっとアイドルを突き放そうとしても傷つけてしまうことを恐れて何もできなくなって……」

文香「そのストレスから主人格を守ろうとして……別の人格、交代人格を作り出してしまった」

文香「つまり…アイドルの誰かがPさんの家に押し入って追い出そうとしても追い出せなかった……」

文香「あくまで推測ですけが……」

藍子「夕美さん……」

夕美「えっ……違うよ! 私は流石に家の中で待って、『おかえりなさい、あなた♪』って言うのはPさんと正式に付き合ってからにしようって……」

美波「やろうとはしているんですね……」



159: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:12:52.93 ID:xhZvp4Nm0




P「……いただろっ!」ガバッ!

藍子「ひゃぁっ!」ビクッ

P「ぅん……あれ? みんな?」

ありす「やっと目を覚ましましたか……はやく起きてください!」

P「ひ、ひでぇ……」

文香「でもありすちゃん……ずっとPさんのこと心配していましたよね?」

ありす「そっ、それは……私が気絶させちゃったので……」

P「そうか……ありがとうな、ありす」

なでなで.....

ありす「ま、まぁ……分かってくれればいいんです……えへへ」ニコニコ.....

美波「Pさんも起きましたし、打ち上げを始めましょう!」



160: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:14:17.73 ID:xhZvp4Nm0



美波「ところで……Pさんの用事は終わったんですか?」

ありす「そういえば、自分探しをしていたんですよね?」

美波「えっ! 自分探しをしていたんですか?」

文香「ありすちゃんのボディーブローが綺麗に入って中断していましたね」

藍子「そ、その! 悩みごとがあるなら相談してください! Pさんの力になりたいんです!」

P「ん?……そうだったっけ? でもなんとなく解決したような....そんな気がするから大丈夫だよ」

美波「本当ですか? それならいいんですけど……」

P「……あと」

P「今度悩みが出来たら相談に乗ってくれないかな?」

5人「えっ……」



161: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:17:25.50 ID:xhZvp4Nm0


P「駄目…かな?」

藍子「駄目じゃないです! ただ……Pさんの口から『相談に乗ってくれないか』なんて言葉を初めて聞いたので……」

ありす「だ、大丈夫ですか? 悪いものでも食べましたか?」

P「気が狂ったみたく言うなよ……傷つくよ?」

夕美「そうだよ! Pさんの心はガラスのシンデレラハートで出来てるんだから、もっと上手く利用......じゃなくて優しく扱わないと!」

P「そうだそうだ! 割ると触るものみな傷つけるギザギザハートになるからな!」

夕美「そうは言ってないよ?」

ありす「Pさんの心がシンデレラハートって........」

美波「でもいままでは私たちの相談は乗ってくれたけど『自分の問題は自分で解決するから大丈夫!』なんて言ってませんでしたっけ?」

P「そのつもりだったんだけど……」

P「ふと....たまには信頼できる人に自分の弱さを見せてもいいんだって思えるようになったんだよ...幻滅されるかもしれないけど……」

藍子「そんなことありません! Pさんの弱さを見ても幻滅しませんよ……私たちをここまで連れてきてくれたんですから!」



162: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:19:20.41 ID:xhZvp4Nm0


P「ありがとうな、藍子。……今度悩みが出来たら相談してもいい……かな?」

藍子「はい! あと、私の悩みも聞いてもらえますか?」

P「あぁ! 頼ってくれると俺も嬉しいからな!」

藍子「じゃあ路地裏で見つけたカフェへ行きましょう! あそこならリラックスして話せると思いますから」

藍子「(……そこでゆったり過ごして……一緒にお散歩して、夕焼けを眺めて……ふふふっ♪)」 

文香「あの……Pさん、私も相談事があるのですが……」

P「任せろ!」

文香「では……私は叔父の書店で相談したいことがあります……来てくれますか?」

P「おう! どんどん頼ってくれ!」

美波「相談というかデートの約束になってるような……」

ありす「Pさん……気づいていないんでしょうか……」



163: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:22:53.90 ID:xhZvp4Nm0

夕美「二人は行かないの? 」


ありす 美波「「……」」


美波「…あのっ! Pさん!私も悩みを聞いてほしいんですけど……」

ありす「Pさん……私は宿題で判らないところが……手伝ってくれますよね?」

夕美「(……私だって恋の花、満開に咲かせてみせるんだからっ!)」

夕美「Pさん!私も悩みの種が……」

ピロンッ..............

夕美「あれ?誰からだろう……卯月ちゃんから……」

藍子「本当だ……ええと」




面白い写真が撮れました!
偶然目隠しが入ってイケナイ感じになりました! ブイッ!


no title



164: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:27:19.20 ID:xhZvp4Nm0


5人「………」

美波「(これっ……あの時の……いつの間に!)」

美波「み、みんなっ!この写真は……その……」

ありす「えっと……め、目が隠れているからまだ美波さんと決まったわけでは........」

文香「ありすちゃんの言うとおりですよ.....まだ断定できたわけではないです」

P「そ、そうだな.....面白いからって一般人を撮るのを注意しないとな....全く....困ったやつ」

ピロンッ.........



ちなみに○○公園で美波さんがヘドバンしていた写真です! ストレス解消方らしいですよ!
分かりづらくてすいません! ><


no title


6人「………」




165: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:29:37.24 ID:xhZvp4Nm0


文香「美波さん……その…悩みがおありでしたら……私たちに相談をしてもいいんですよ?」

藍子「そ、そうですよ? 水臭いじゃないですか……」

美波「なんで優しい目で見るんですか!」

ありす「美波さんもリーダーで大変ですから……」

夕美「でも……このストレス発散方法は……ないかなぁ......」

P「え、えーっと……リーダーとしてのストレスが大きかったのか……ごめんな気づけなくて……」

美波「Pさんもですか! 話をちゃんと聞いてくださいっ!」

P「え?……じゃあこういう仕事がしたかったのか……今度、輝子とユニットを……」

美波「違いますって! もうっ!」



――――――――――――

――――――――

――――



166: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:41:32.81 ID:xhZvp4Nm0

――――

――――――――

――――――――――――






菜々「あれ? Pさんと響子ちゃんは一体どこへ……」



ちひろ「多分戻ったんじゃないんでしょうか? これで一件落着ですね!」

菜々「ちょっと待ってください! 戻るのは三日後じゃなかったんですか?」

ちひろ「えっ……えぇ、普通はそうなんですけど…不思議なことも起こりますね!」

菜々「あの薬……本当に安全だったんですか? もしかして…」

prrrrrr.........prrrrrr.......

ちひろ「菜々さん? 携帯が鳴ってますよ?」

菜々「えっと……もしもし? …………え! 今から飲み会!? まだ日が昇ってますけど……」

菜々「たしかに……今日はもう用事がないですけど……はい……わかりました......」

ガチャ.........

ちひろ「どうかしましたか?」

菜々「飲み会の予定ができました! 急がないといけません! それでは先に失礼します!」



167: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 20:43:34.17 ID:xhZvp4Nm0


ビューンッ!!

ちひろ「……やっぱり、心が不安定だと分裂するんですね」

ちひろ「……その点、響子ちゃんは分裂しませんでしたけど……心がPさん一色だったから?」

ちひろ「……流石にそれはありえませんね!」

ちひろ「でも響子ちゃんのあの力は……やっぱりあの薬が原因で……瞬間移動なんて普通使えませんし......」

ちひろ「でもPさんは力が発現していなかったから……条件か何かあるのでしょうか?」

ちひろ「やっぱりあの薬をまた作ってPさんや他のアイドルで……」

??「ちひろ殿ー? それ以上のおいたは許さないのでしてー」



168: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 21:04:03.89 ID:xhZvp4Nm0


ちひろ「芳乃ちゃん!? ……いつの間に」

芳乃「痛みは一瞬でしてー」スッ....



ちひろ「えっ……手からなんかもやもやしたものが……あれ? 私は何を……」

芳乃「ちひろ殿ー、この紙をもらってよいでしょーか?」

ちひろ「え? なんですか、この紙? 薬についてみたいですけど……別に構いませんけど」

芳乃「ありがとうございますー それでは、私はこれでー……」シュンッ........

ちひろ「気をつけてー……さて、業務の続きを……ってブルースクリーンになってる!」

グシャッ................

ちひろ「あっ! なんか見覚えの無いUSBメモリがっ!!」

ちひろ「あわわわ……パソコンのデータは……よかった。でも薬関連のファイルだけ全部消えてる…」

ちひろ「でもスタドリのレシピは頭で覚えているので問題ありませんけどね♪」

ちひろ「さーて、もうひと踏ん張りです!」



――――――――――――

――――――――

――――



170: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 22:40:50.17 ID:xhZvp4Nm0

――――

――――――――

――――――――――――



~翌日~

―――???

珠美「では! 珠美流焼き芋をごらんに見せましょう……いざ!」

パチパチパチ......

芳乃「珠美殿ー、頑張るのでしてー」

歌鈴「でも珍しいですね、芳乃ちゃんが急に焼き芋を食べたいだなんて」

芳乃「わたくしもー 珠美流焼き芋の話を耳にしたのでー お味はいかほどか気になりましてー」

美優「……なんでいきなり山のひらけた場所に私たちはいるのでしょうか? さっきまで事務所にいたはずなのですが……」

美優「それにGPSが……」

芳乃「深いことは気にしないのがよいかとー それにここは ばば様の山……ちゃんと許しをもらったので問題ないのでしてー」




171: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 22:46:37.52 ID:xhZvp4Nm0


美優「……そうなんですか……わたしも誘ってくれてありがとうございます、皆さん」

歌鈴「いえいえ! 火を扱う物事には大人の人がついてないといけないのでっ! わたしたちに付き添ってくれてありがとうございまひゅっ!……かんじゃった……」

P「俺は大人としてカウントされてないのか……でも来てくれてありがとうございます」

美優「そんな……たいしたことじゃないですよ? それにしても火消し用の水とさつま芋を準備してくれるなんて……芳乃ちゃんは用意周到ですね」

珠美「あれ? 落ち葉の中に何か紙が……よくわからない化学式がいっぱい……?」

P「おいおい……火傷するからもう少し離れなさい」


芳乃「ねーねーそなたー?」

P「どうした?」 

芳乃「着いてきてほしいのでしてー」

テクテク.....

P「ん? 分かった……すみませんちょっと離れますね」

美優「ちゃんとみんなのこと見守ってますから大丈夫ですよ」

P「分かりました……って芳乃! 待ってくれ!」

タッタッタッタ........



172: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 23:11:08.23 ID:xhZvp4Nm0



―――少し離れた場所

P「ここは……凄い綺麗な景色だな」

芳乃「そなたー 座ってほしいのでしてー」

P「ん? わかった」ストッ.......

芳乃「……」ストッ.....

ギュッ.....

芳乃「……」スリスリ...

P「いきなりどうした? 聞いて欲しいことがあるんじゃないのか?」

芳乃「用がなければそなたと同じ時を歩むのはいけないのでしょうかー?」

P「別にそんなことは言ってないだろ? ちょっと疑問に思っただけだよ」

P「でも最近、芳乃に会ってなかった気がするからちょうどいい機会だしな」

P「(最近の記憶が曖昧なんだよな……会ってないはずなのに、昨日会ったような……ともかく.......)」

P「最近時間を作ってやれなくて……ごめんな?」

なでなで......

芳乃「むふー……そなたー.....ありがとうございます」

P「ん? そんなに撫でられたかったのか?」

芳乃「それもありますがー……」

芳乃「……そなたのおかげで皆、災厄を回避することができたのでしてー」

P「とくに何もしてない……というか全くそんな覚えがないんだけど.......」

芳乃「そなたは気づかずともー、そなたの選択が皆を救ったのでしてー」

芳乃「もちろん、救われた者の中にわたくし依田は芳乃も含まれているのでしてー」ニコッ

P「(……よくわからないけど、これからもアイドルを続けられるってことかな?)」

P「これからも一緒に(アイドルの道を)歩んでいこうな、芳乃」

芳乃「はいー、わたくし依田は芳乃もそなたをお慕いしておりましてー♪」




173: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 23:19:50.93 ID:xhZvp4Nm0


芳乃「そなたー 先の言葉の返事がほしいのでしてー」

P「なんのこと?」

芳乃「忘れてしまったのですかー? わたくしの目を見てほしいのでしてー」

P「……」ジーッ

芳乃「……///」



芳乃「ねーねー…そなたー 思い出したでしょうかー?」

P「なにも……」

芳乃「……そうですかー」シュン...

P「なんで落ち込んでいるかわからないけど……ほらっ! この景色を見てみろよ、清清しい気分になるぞ!」

P「そうだな……まだ昼だけど、夕方だったら綺麗な夕焼けを見れるかもな......」

P「あれ? こんな会話どこかでしたような.....」

芳乃「!」

P「そうだ! あとでみんなも一緒に……芳乃?」

ギュッ.....

芳乃「……この場所はそなたと二人だけの秘密にしてほしいのですー.....」

P「うーん....どうしてもダメ?」

芳乃「駄目なのでしてー」

P「………みんなには悪いけど芳乃が言うならしょうがないな」

芳乃「そなたぁ……」パァァッ......

P「芳乃はいつも他人のために行動してるんだから……これくらいの我がままだったらいくらでも聞くよ」

P「とりあえず……今はこの景色を楽しもうかな」

芳乃「はいー わたくしもそなたと共にいる時間を心に焼き付けましょー」ニコッ

P「(よく分からないけど……芳乃の機嫌がなおったから良しとするか……)」

芳乃「(そなたからの返事.....しばし待つのもよいでしょー……)」

芳乃「(それにー 今このひと時を楽しむ……それも悪くないのでしてー♪)」



174: ◆2sEm9azZw/EN 2017/03/30(木) 23:20:34.03 ID:xhZvp4Nm0

おしまい



元スレ
【モバマス】P「そういえば夢で思い出したんですけど」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490466558/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月15日 23:14
          • 僕も夢の中で西にも東にも吠えちゃうよー
            せーのっ
            ふううぉーーーん
            ふううぉーーーん
            ふううぉーーーん
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月15日 23:32
          • オーズ「自分が」

            ウィザード「分身なんて」

            エグゼイド「あるわけないじゃないですか」
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 00:04
          • この人の別のSS、あるんだったら読んでみたいね
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 00:41
          • 1 なんていうか、読む気が無くなる文章って感じ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 00:57
          • ※1は何を言ってるのだ…?夢でも看取るんか…?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 01:10
          • 始まり、どっかで見たなーとおもったら、そーだよクロノアだよ
            クロノア3、未だに発売待ってます
            何卒
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 01:34
          • 美波のノーハンドフ○ラ想像したらウ●コ漏れた、ちな小6女
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 01:49
          • つまんね
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 02:49
          • もっと短くできただろ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 04:22
          • 一応読んだがこの内容をこの量でやられるのはキツいな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 04:38
          • クロノアアニメ化だっけリメイクだっけか
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 10:15
          • >―――ピカーッ!

            >「うゎっ、まぶしぃっ!」

            とりあえずいつも通りのP(まぶしい)
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月16日 14:45
          • 欲張り過ぎて詰め込みすぎですね
          • 14. enfermedades perdida de memoria repentina
          • 2017年04月16日 22:10
          • 5 Esta aplicación no solo deja encontrar el dispositivo, sino también hacerlo sonar, bloquearlo provisionalmente borrar todo su contenido, lo cual es útil en el
            caso de un robo. http://www.oneprayer.net/node/3412081
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月19日 14:17
          • 1 読む気が失せる上に中身もスカスカ。どんだけ行間で水増ししてんだよ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】志保「愛する貴方へ、一生のお願い」
        • 【ミリマス】志保「愛する貴方へ、一生のお願い」
        • 【咲】はやりん「私の少年」京太郎「ヒェッ・・・」
        • 【まどマギ】マミ『暇ねぇ・・・』 ほむら『そうね・・・』
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】嫌われ日記
        • 【HxH】暗黒大陸の五大厄災「ハンター試験……?」
        • 【HxH】暗黒大陸の五大厄災「ハンター試験……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ