TOP

【相棒】ガヴリール「私宛てに殺人予告が届いてた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」

ガヴリール「私の下着を盗んだ奴を捕まえてほしいんだが…」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
【相棒】ガヴリール「喫茶店の食器がなくなってるらしい」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 11:35:55.788 ID:kNOQu/9S0.net

ガヴリール宅

ガヴリール「あ、警部さんこっち。上がって」

右京「お邪魔します」

亀山「うわっ…なんだこの汚い部屋!」

ガヴリール「いやー、ヴィーネが最近まで死んでたから掃除してなくってさ」

ヴィーネ「私のせいにすんな!自分で警部さん呼んだんだから掃除くらいしときなさいよ!」

ガヴリール「警部さん男だしこういうの気にしないだろ?」

亀山「ま、まぁ…。好きな子の部屋がこんなんだと流石に幻滅しますけどね?」

ヴィーネ「つーか女のあなたが言う台詞じゃないでしょ…」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 11:40:06.582 ID:kNOQu/9S0.net

亀山「あっ、というか月乃瀬さんも…お久しぶりです!」

右京「お体の調子はいかがですか?」

ヴィーネ「おかげ様で…復活の手続きに時間はかかりましたけど」

ヴィーネ「というか、遺体って司法解剖って名目であんな風に体をいじくり回されるんですね」

亀山「ま、まあ…事件解決の為っすからねぇ」

ヴィーネ「あぁどうしよう…私もうお嫁にいけない」

ガヴリール「お前の口からそんな言葉が出るとは思わなかった」

ヴィーネ「とりあえず警部さん、鑑識の米沢っていう人に『地獄に招待するわ』って伝えて頂けますか?」

右京「連絡先をお教えしますのでご自分でどうぞ」



11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 11:44:37.987 ID:kNOQu/9S0.net

右京「それはさておき、本題に入らせて頂けませんか?」

亀山「そうっすよ!なんでも殺人予告が届いていたとか…なんとか」

ガヴリール「あぁ…。まず、このメールを見てくれ」

天真・ガヴリール・ホワイトへ
お前の命は後1週間も持たない
本当の天国に連れていってやろう

右京「このメールを見る限りでは殺害日時や犯行に用いる凶器の指定もない…」

亀山「なんていうか、典型的ないたずらメール…ってやつですよね」

ガヴリール「私も最初はそう思ったんだ。毎日ネトゲで煽り行為してるから誰かをキレさせたのかなって」

ヴィーネ「全く…。そういうの気をつけなさいよ、ガヴ」



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 11:49:23.213 ID:kNOQu/9S0.net

ガヴリール「このメールが来たのは一昨日。だけど、昨日ポストを見たら…」

亀山「この封筒が入ってた、ってことっすか」

右京「中身を拝見してもよろしいでしょうか?」

ガヴリール「適当に見て」

右京「ふむ、これは……」ガサゴソ

ヴィーネ「ひっ…!?」

亀山「抉り取られた目玉、ですね…!」

ガヴリール「封筒の中には、それと一緒に…お前もこんな目に合うんだって手紙が入ってた」

ガヴリール「気持ち悪いから手紙は捨てといたけど…。これもしかするとマジのやつかと思ってな」

ガヴリール「恐くなって警部さんを呼んだんだ」



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 11:54:11.016 ID:kNOQu/9S0.net

亀山「つまり、俺達に…こんな手紙やメールを送り付けた犯人を特定してほしい、ってことっすか?」

ガヴリール「それもあるんだけどさ…。ほらこれ、いつ私殺されるか分からないじゃん」

ガヴリール「だから、コイツの言ってた一週間が過ぎるまで…警部さんに私のこと守ってほしいんだよね」

右京「要するに、泊まり込みで犯人があなたに危害を加えないか見張ってほしいということですね」

ガヴリール「そういうこと」

亀山「ちょ、ちょっと待ってくださいガヴリールさん!」

ヴィーネ「ちょっと待ちなさいよ、ガヴ!」

ガヴリール「ハモるなよ」



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 11:58:31.168 ID:kNOQu/9S0.net

亀山「犯人が怖い気持ちは分かります、でもー…女の子の家ですよ?」

亀山「風呂は銭湯、寝床は俺と右京さんが交代で車の中で仮眠を取れば良い」

亀山「それでもー…女の子の家にずっと泊まり込みっていうのは、流石にまずくないっすかね?」

ガヴリール「私は気にしない。ずっとネトゲしてるし」

ガヴリール「それとも…。警察が一般市民の頼みを断るっていうのか?」

亀山「それは…」

右京「亀山君。一本取られたようですねぇ」

亀山「右京さんは、良いんっすか?」

右京「頼まれれば何でもするのが特命係です」



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:03:26.693 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ヴィーネ「ちょっと!警部さんがよくても私がよくないわよ!」

ヴィーネ「ガヴ、あなた1人で家事なんてできないじゃない。それを警部さんに任せるつもり!?」

ガヴリール「いや、それは…」

ヴィーネ「それなら私がついててあげるわよ、洗濯だって掃除だって洗濯だって何でもしてあげるわ!」

亀山「今洗濯って2回言いましたよね」

ガヴリール「この前人のパンツ食ったやつに安心して洗濯が任せられるか」

ヴィーネ「それに、ガヴが寝てる間はガヴの体をぎゅうぅっと抱きしめていつ犯人が来ても守れるようにしてあげるし」

ヴィーネ「トイレやお風呂の間もずっと見守っててあげるから!」

ガヴリール「警部さんこの人もう一回逮捕できない?」

右京「今のところ難しいですねぇ」



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:20:09.347 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「分かったよ。じゃあ、ヴィーネも一緒に泊まってくれ」

ヴィーネ「えっ……?」

ガヴリール「確かにヴィーネの言う通りだ。警部さんがいる分家事も掃除も大変になるし」

ガヴリール「それに、今まで何かと事件を解決してくれた警部さんは心強いけど」

ガヴリール「ヴィーネは、その…違う意味で頼れるっていうか…。つい、甘えたくなるっていうか」

ヴィーネ「ガヴ~~ッ!」ギュウッ

ガヴリール「わ、ば、馬鹿!抱き付くな!」

ヴィーネ「分かったわ!私と警部さんたちで、ガヴのこと絶対守ってあげるから!ね!」ギュウギュウ

ガヴリール「とりあえず離せって、息苦しいから!」バタバタ



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:23:57.187 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

亀山「よし、じゃあ…俺達2人の仕事は犯人がガヴリールさんに手を出さないか見張りつつ」

右京「一連の殺人予告を行なった犯人が誰であるかを特定し、捕まえる」

ヴィーネ「私は炊事とか洗濯とか…警部さんの分までやります」

ガヴリール「んじゃ私はネトゲっと」ゴロン

ヴィーネ「おい」

亀山「き、緊張感無いっすね…大丈夫っすか?」

ガヴリール「警部さんもやる?今協力プレイだと報酬が2倍で」

亀山「い、いや、勤務中ですからそういうことは」

ガヴリール「チッ」



29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:29:19.063 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

翌日

右京「おはようございます」

亀山「おはようございま~す…」

ガヴリール「うっす」

ヴィーネ「おはようございます、杉下さん。朝ご飯出来てますよ」

右京「ありがとうございます、御馳走になります」

右京「亀山君はもう食べたのですか?」

亀山「いや、右京さんが寝てる間ずっとこの部屋見張ってたんで…眠くて食べる気にならないっす」

ガヴリール「警部さんが…私には寝ろって言うからさ、深夜のギルド集会いけなかったんだよね」

ヴィーネ「(亀山さんが見張ってるから寝てるガヴにいたずらできなかったのよね)」



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:33:32.737 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

右京「お疲れ様でした亀山君。ゆっくり休んできてください」

亀山「うぃ…表の車の中で寝てきます……」フラフラ

ヴィーネ「それにしても…警部さんにずっと見張ってもらってるのって落ち着かないわよね」

ガヴリール「そうか?私はいつも通りネトゲするだけだし気にならないけど」

ヴィーネ「ガヴが呼んだんだからちょっとは気にしなさいよ」

ガヴリール「まあまあ。警部さんだけじゃなくヴィーネもいるから安心感あるし」

ヴィーネ「そっ……そう?」

右京「……」


亀山「う、右京さん!ポストにまた、封筒が!!」



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:37:46.243 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「ひっ…!?」

右京「亀山君!爆発物の可能性もあります、慎重に開けてください!」

亀山「はいっ!中は、とりあえず紙と、…な、なんか丸っこいのがあるみたいっす」

ヴィーネ「丸っこいのって、まさか…」

亀山「そーっと、そーっと、………うげっ!」ポロッ

右京「また抉られた目玉、ですか……」

右京「そして手紙には…こうありますね」


警察の力を借りたようだな
駄天使のお前にしては上出来だ
だが無意味だ。必ずお前を殺す



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:42:04.696 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

亀山「これ、つまり…犯人は今の状況を知っている」

右京「はい。我々が泊り込んでいることは、ガヴリールさんに月乃瀬さん…それに一部の警察の者しか知らないはず」

右京「それだけではありません。ガヴリールさんが堕落した生活を送っており、尚且つ天使であることも把握している」

右京「つまり犯人は…ガヴリールさんのことをよく知っており、今も家の周囲を観察できる人物ということです」

ガヴリール「……」ガクガク、ブルブル

ヴィーネ「ちょっと、杉下さん!」

右京「はい?」

ヴィーネ「ガヴを怖がらせるようなことを言うのはやめてください!」



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:48:01.811 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

亀山「し、しかしですね月乃瀬さん。これは犯人を捕まえるための」

ヴィーネ「こんなに震えてるのが見えないんですか!配慮が足りていません!」

亀山「ですが!」

右京「亀山君、素直に謝りましょう。申し訳ありませんでした…ガヴリールさん、月乃瀬さん」

ガヴリール「い…良いんだ。警部さんも、ヴィーネも」

ヴィーネ「ガヴ……?」

ガヴリール「悪いのは……こんなことさせる悪魔なんだし……今は、こうさせといてくれ」ギュゥ

ヴィーネ「…!」

ヴィーネ「(ガ、ガヴが、私の服の裾を掴んで甘えてる…!)」

ヴィーネ「分かったわ、ガヴ。落ち着くまで甘えてて良いから……ね?」ポンポン



37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:52:09.905 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

午後

亀山「ふぁ~ぁ、よく寝た…」

ガヴリール「ん、警部さん。おはよう」カタカタ、ターン

亀山「おいおい…さっきあんなに怯えてたのに今はパソコンっすか?」

ガヴリール「だってイベント来たし」

亀山「若いんだから…もっと外に行って遊ばないと後悔しますよ?」

ヴィーネ「そうよ、ガヴ。今は状況が状況だけど、普段はもっと外で…」

ガヴリール「歩くのめんどくさいし。外出るの嫌」

右京「我々としては外を出歩かれると厄介ですし、今はこのような生活を送っていただける方がありがたいです」

亀山「いやまぁ…そうなんすけどね?」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 12:59:58.724 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ピンポーン

右京「おや、来客ですか」

ガヴリール「警部さんちょっと出といて」

亀山「へいへい…行きますよっと」

右京「亀山君。このような状況ですし、不用意にドアを開けないでください」

亀山「おっと、了解です!えーっと、まずはのぞき窓を確かめて…」

亀山「あっ。胡桃沢さんみたいですね」

ガヴリール「じゃあ開けなくてよし」

ヴィーネ「酷いわね」



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 13:04:18.494 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

右京「ご友人と言えど今の状況を知らせるわけにはいきません。賢明な判断です」

亀山「じゃあ、悪いけど…ごめんなさい、胡桃沢さん、居留守使いまーす」

サターニャ「ちょっとガヴリール!チャイム鳴らしてるんだから開けなさいよ!」ガチャ、バーンッ

亀山「!?」

ガヴリール「なっ、お前どうやって入ったんだよ!」

サターニャ「フッフッフ!知りたい?」

ガヴリール「いや興味ないから良いや」

サターニャ「聞きなさいよ!この魔界通販で買った憎き天使を困らせるグッズNo47、『ピッキングセット』を使って」

右京「胡桃沢さん。住居侵入罪ですよ?」

サターニャ「へ?」

亀山「このピッキングに用いた道具は、押収しときますね」グイッ

サターニャ「あ、ちょっと、返しなさいよ!」



44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 13:11:56.188 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

 
 
ガヴリール「で、サターニャお前?何しにきたの?」

サターニャ「ふっふっふ。あの憎きガヴリールが殺人予告に怯えて震えてるってのを聞いて笑いにきてあげたのよ」

ガヴリール「この馬鹿…」

亀山「全く…俺達が泊まり込んでるってことは内密にお願いしますよ?」

サターニャ「ん?この偉大なる大悪魔、胡桃沢・サタニキア・マクドウェルに物を頼むには誠意が足りな」

右京「胡桃沢さん」

サターニャ「秘密にする…」

ヴィーネ「サターニャが素直に従った!?」



46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 13:17:13.217 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ヴィーネ「とにかくサターニャ。今はガヴも怯えてるんだから、帰りなさいよ」

サターニャ「え?全くそんな風に見えないけど」

ヴィーネ「良いから。帰りなさい」

サターニャ「えー、ちょっとくらい良いじゃん。私もガヴの様子を」

ヴィーネ「言うこと聞きましょう?」

サターニャ「ちえ。ヴィーネのケチ、仕送りが少ないから心まで貧しくなったのね」

ヴィーネ「 」ブチッ

ガヴリール「お、おいヴィーネ!武器出すのはまずいって!」

右京「亀山君!」

亀山「はい、右京さん!」



48:出かける 1時間か2時間後に再開予定 2017/03/29(水) 13:20:53.560 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

右京「月乃瀬さん!」

亀山「お、落ち着いて!ね!」

ヴィーネ「誰が…心まで貧しい悪魔ですって!?」ブオンッ

サターニャ「ひゃ、みゃああああああああああああ!?!?!?」
 
 
 
数時間後

ヴィーネ「……」
 
右京「我々が咄嗟に止めに入り、胡桃沢さんも顔を両手で守ったので致命傷は免れたものの」

亀山「両手首を骨折して、全治3か月だそうですよ」

ヴィーネ「……えーと」

ヴィーネ「悪魔らしく他人に迷惑かけてみました。てへ♪」

ガヴリール「警察が目の前にいるのにそれで許されると思うなよ」



57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 14:44:49.655 ID:kNOQu/9S0NIKU.net



ガヴリール「さて…行くか」

亀山「え、行くかって…どこへっすか!?」

ガヴリール「コンビニだよコンビニ。課金しにいくの」

ヴィーネ「呆れた…こんな時に外出するから何かあったと思ったらゲームのことだなんて」

ガヴリール「行動値を回復させるアイテムが切れたから買わないといけないんだよ!私にとっては死活問題なんだ!」

ヴィーネ「んもう、ガヴったら…」

右京「どんな理由であれ、外出するなら我々もついていく他ありませんね」



58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 14:50:39.665 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

コンビニ前

アザッシター ウィーン

ガヴリール「お待たせ」

亀山「あっ、ガヴリールさん。もうその課金…ってのは終わったんすか?」

ガヴリール「うん」

ヴィーネ「まあ明日からの食材もついでに買えたし…よしとしましょ」

ガヴリール「でもさー、食べ物はコンビニよりスーパーで買った方が」

ヴィーネ「何か文句あるの?」

ガヴリール「ありませんヴィーネさん」

右京「では帰るとしましょうか」



59:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 14:57:27.084 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

スタスタ

ガヴリール「…ん?」

ヴィーネ「どうしたの、ガヴ?」

ガヴリール「なぁ、アレ…」

亀山「ガヴリールさんちの玄関の前…っすか?」

人影「………」ゴソゴソ

ガヴリール「な、なんだアイツ…私の家の前で何やってんだ…!?」

右京「亀山君!」ダッ

亀山「はい、右京さん!」



60:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:02:44.760 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「ヴィ、ヴィーネ。なんなんだよアイツは、オイ」ブルブル

ヴィーネ「だ…大丈夫よ、ガヴ!今警部さん達が追いかけてるし、それに私がついてるじゃない!」

ガヴリール「ヴィーネ…」ギュゥ

ヴィーネ「きゅん……、大丈夫。ガヴには絶対手を出させないから、安心して?」ナデナデ


亀山「すみません…犯人のやつすばしっこくて、逃がしてしまいました」

右京「ですが…玄関の前にこんなものが落ちていました」

ヴィーネ「これは…瓶?」

右京「はい。鑑識に送り中の液体の成分を確かめてもらいます」



63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:07:08.074 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

翌日


右京「鑑識から結果が届きました」

亀山「ガヴリールさん……。その、気を確かにして聞いてくださいね?」

ガヴリール「…あぁ。よし来い」

右京「まず昨日玄関前に落ちていた瓶ですが、その中に入っていたのは毒でした」

右京「入手は比較的容易ですが、皮膚に付着するだけで体内に入り込み中毒症状を引き起こす極めて危険なものです」

亀山「恐らく犯人は……これをドアノブに塗ってガヴリールさんを殺害しようとしたんでしょう」

ガヴリール「ひっ…!?」

ヴィーネ「ちょっと、ガヴ!しっかりなさい!」



64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:13:52.078 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

右京「そして。手紙と共に送られてきた2つの目玉ですが、DNA鑑定の結果この世のものではない生物のものだと判明したそうです」

ガヴリール「……う」ブルブル

亀山「極めつけは…今朝ポストに入っていた、この手紙」

運がよかったな
近場のコンビニじゃなきゃ毒を塗る時間もあったのに
次は必ず仕留める

ガヴリール「お、おい!本気で殺す気じゃないか、これ!」

右京「……」

ガヴリール「なんとか言えよ警部さん、いつになったらこんなバカな真似してるやつが捕まるんだよ」

右京「犯人のイメージが……どうにも浮かばないのです。しかし、必ず捕まえます」

ガヴリール「ったく、使えねーな。警察っていうのは下界でも天界でも」

パシンッ

ヴィーネ「ガヴ」



66:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:22:00.580 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「…何すんだよ、ヴィーネ」

ヴィーネ「失礼なこと言わないの。警部さん、こんなに必死になって犯人を探してくれてるんだから」

ガヴリール「……だって。ヴィーネ、恐いんだよ」

ヴィーネ「恐いでしょう、だから私がついてるのよ…ガヴ」ムギュウ

ガヴリール「ヴィーネ……ぐすっ」

ヴィーネ「大丈夫。一度殺されて蘇った私がいるんだから、百人力よ。ガヴのことは絶対守る」ポンポン

ガヴリール「……ヴィーネぇ…ひっぐ、えっぐ」


亀山「……右京さん。もう一刻も早く、犯人を見つけないと」

右京「先程も言った通り、犯人のイメージがどうも掴めないのです」

亀山「どういう…ことっすか?」

右京「玄関前には未開封の毒瓶が落ちていて、手紙には近場のコンビニなせいで毒を塗れなかったとあった」

右京「おかしくありませんか?月乃瀬さんが買い物をする時間もあり20分ほど我々は家から離れていた」

右京「犯人は我々を監視しているはず、しかしそれならば20分もあればドアノブに毒を塗ってその場を立ち去るぐらい容易なはずです」

亀山「確かに……。もしかして、犯人は脅しをかけて遊んでるんじゃありませんか?いつでも殺せるぞ、っていう」

右京「……!それですよ、亀山君」



67:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:24:46.963 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

数時間後

ガヴリール「……」カタカタ

亀山「ガヴリールさん……表情、浮かないっすね」

ヴィーネ「気晴らしにゲームでもやるって言ったんですけど……。ずっと暗いままなんです」

右京「では……僕が話しかけてみましょう」

亀山「えっ、右京さんがですか!?」

右京「はい。ガヴリールさん、これはなんというゲームですか?」

ガヴリール「……え。警部さん、どうかした?」

右京「いやぁ、大変面白そうなゲームをしていると思いまして」



69:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:31:18.972 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「……天魔ファンタジー2、ってネトゲ」

右京「ファンタジー。つまり架空の異世界でキャラクターを動かし遊ぶゲーム、ということですね」

ガヴリール「警部さん……ゲームしたいの?」

右京「いいえ。しかし僕はこう見えて、超能力や不可思議な現象には興味がありまして、どのように描かれているかも注目したいのです」

右京「おや、これがガヴリールさんのキャラクターですか?」

ガヴリール「うん。…レベルはとっくにカンストした」

右京「なるほど……。しかしガヴリールさんのキャラクターは随分と素敵な衣装を身に着けていますね」

ガヴリール「……このにゃんにゃん☆猫耳ビキニプリーストスタイルのこと?」

右京「はい。お似合いだと思いますよ」


ヴィーネ「猫耳にビキニなんて…ゲームって本当くだらなくていやらしいわね」

ヴィーネ「実物のガヴがつけた方がよっぽど似合うし可愛いわよ」

亀山「あの月乃瀬さん、その発想の方がよほどいやらしいんじゃ」

ヴィーネ「亀山さん?何か言いました?」

亀山「すんません」



70:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:33:59.339 ID:T9CzI4tH0NIKU.net

ヴィーネさん…



71:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:39:53.823 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「これな。期間限定アイテムでさ、今はもう手に入らないんだ」

右京「おや、現実のように物々交換することも出来ないのですか?」

ガヴリール「普通のアイテムなら出来るんだけどね、この装備はそれも無理。特殊なレアリティだから」

右京「なるほど。ガヴリールさんは見た目が気に入ってこの衣装をいつも?」

ガヴリール「見た目っていうか…これ着てると馬鹿がお金やアイテムいっぱいくれるんだよね」

右京「脅迫や取引ではなく、彼らの良心でということですか」

ガヴリール「そうそう。モンスターとの戦いで苦労したらチャットに『助けて、ビキニが解けちゃう…』って打ち込むだけでわんさか救援くるし」

右京「現実世界の縮図のようですねぇ。興味深い」


ヴィーネ「わ、私のガヴとなんて話してるのよ杉下さん……!」

亀山「ま、まあまあ!ガヴリールさんも機嫌直したことだし、ね?」



72:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:44:12.198 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

深夜

ガヴリール「すぅ……むぐ、ぐ」

ヴィーネ「すやすや……ガヴ、大好きよ…んん…」ムギュウ

右京「……」カタカタ

亀山「右京さん!見張り、交代します!」ソローリ

右京「ありがとうございます、亀山君」

亀山「あれ、右京さん…ノートパソコンなんか出して調べものっすか?」

右京「はい。ちょっと…」

右京「ですが。…これで、ようやく犯人が分かりました」

亀山「えっ…ホントっすか!?」

右京「……」シー

亀山「あっ…二人とも寝てますもんね、すみません」



74:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:52:04.334 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

翌日

ガヴリール「よし…出かけるか」

ヴィーネ「出かけるって…ガヴ、どこに?」

ガヴリール「課金だよ課金、コンビニいくの。また行動値回復アイテムが切れたからさ」

ヴィーネ「もう、またそんなのにお金使って…もったいないじゃない」

右京「ええ。大変もったいないと思いますよ」

ガヴリール「え…。警部さんまでどうしたの?」

右京「何故あなたは、今の時期コンビニを介してゲームに課金しようとするのですか?」



75:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:57:37.894 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「それは……」

右京「今、天魔ファンタジー2ではクレジットカード決済で有償ゲーム内通貨を購入すると特典がついてきます」

亀山「この、ふわもこ猫耳プリーストスタイル…ですっけ。ちょうどガヴリールさんのキャラクターが装備出来るらしいですね」

ガヴリール「…クレジットカードが無いんだよ」

右京「いいえ。それはありません」

右京「何故ならあなたのキャラクターが今装備しているにゃんにゃん☆猫耳ビキニプリーストスタイルという装備もまた」

右京「期間限定で、クレジットカード決済を行なえば入手できる特典アイテムなのです」

右京「このアイテムは何らかの方法で他のユーザーやキャラクターとやり取りすることが出来ない」

右京「つまり、あなたは自力でこのアイテムを入手した…だからカードを持っていないなんてことはあり得ないんですよ」



76:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:02:30.097 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ヴィーネ「ま、待ってくださいよ杉下さん!亀山さん!ガヴのこと何か疑ってるんですか!?」

ガヴリール「そ、そうだよ!私は殺人予告された側だぞ!」

右京「いいえ…。その殺人予告は、あなた自身が出したものなんです」

ガヴリール「……!そんなわけあるか!」

右京「亀山君」

亀山「はい。…失礼しますね、ガヴリールさん」ガシッ

ガヴリール「っ…お、おい。離せよ」ヒラリ

ヴィーネ「…あら。何か落ちたわ……手紙?」


張り合いのないやつだ
お前を殺すのはやめにする
もう会うことはないだろう



79:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:12:04.013 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ヴィーネ「…こ、これって……」

右京「昨日ポストに届いていた字と同じ筆跡」

右京「コンビニに行こうとしたのはこの手紙を出し、翌日自分の家に届けようとした」

右京「一昨日も同様の手口を使って、コンビニの中でゲームに課金するついでに手紙を出した…そうですね?」

ガヴリール「は、はは…それじゃ、警部さんが来た次の日の手紙はどうやって出したっていうんだよ?私は前の日一歩も外に出てないぞ?」

右京「単純です。あの手紙、そして最初我々が見た手紙は…別の人が出したんですよ」

ヴィーネ「別の人…?」

亀山「そう。正確に言うと、胡桃沢・サタニキア・マクドウェルさんが出した…違いますか、ガヴリールさん」

ガヴリール「……」



80:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:17:29.768 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

右京「ガヴリールさん。あなたは胡桃沢さんと裏で連絡を取り合い我々を騙していた」

右京「この世の生物のものではないDNAが検出されたあの目玉。あれは悪魔である胡桃沢さんが魔界で入手したものですね?」

右京「しかし、あなたにとって誤算だったのは胡桃沢さんがわざわざ我々の前に姿を見せたことでしょう」

ガヴリール「…余計なことはやめろって言ったのに。あいつは馬鹿だからな」

亀山「殺人予告を受けてることを知ってたのも…全部裏で繋がってたからなんですね」

右京「胡桃沢さんは口を滑らせただけではなく、月乃瀬さんの怒りを買うような真似までした」

右京「その結果、両手首を骨折した……」

ヴィーネ「……てへ」



81:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:22:18.405 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

右京「その結果、手紙はガヴリールさんが代わりに書く必要が出てきましたし」

右京「玄関の前で何かするにしても、毒の入った小瓶を落として逃げ去るくらいが精一杯だったんです」

右京「そしてこれ以上の脅しが不可能になった今、あなたはその手紙を出して終わりにしようとした…」

右京「これが僕の推理です」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「ガヴ、……本当なの?」

亀山「……ガヴリールさんの懐から出てきたこの手紙が、何よりの証拠ですからね」

ガヴリール「……よく分かったな。驚いたよ」

ヴィーネ「ガヴ!あなた、なんてことを!」



82:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:26:16.756 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

右京「しかし……まだ分からないことがあります」

亀山「分からない、こと?」

右京「動機です。何故このような真似をしたのか」

右京「単なるいたずらとしては、あまりに手が込み過ぎているしリスクも大きい」

右京「ガヴリールさん。あなたの目的は、一体なんだったんですか?」

ガヴリール「……」

ガヴリール「こうでもしないと……ヴィーネが優しくしてくれないからだよ」

ヴィーネ「えっ……。私?」



86:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:31:32.766 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「ヴィーネが蘇生されて、もうじき帰ってくるって聞いた時。嬉しかったけど、少し怖かったんだ」

ガヴリール「また人の下着盗んだり食ったりしないだろうかって……一緒にいると変なことされないかなって」

ガヴリール「私はヴィーネのことは好きだけど…そんな真似されたら受け入れる自信がなくなるし」

ガヴリール「そういうことされたり、ガミガミうるさく言われるより…。たまには普通に優しくされたかったんだ」

ヴィーネ「ガヴ……」

亀山「…だから、自分が殺されかけてるフリをして優しくしてもらおうとしたんですか」

右京「我々を呼んだのは、あくまで月乃瀬さんに一線を越えさせない為」

右京「つまり我々は、ガヴリールさんを殺そうとする犯人ではなく月乃瀬さんを監視させられていた」

ガヴリール「…そういうこと」



87:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:36:01.790 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「……でもさ。私は悪くない、ヴィーネが悪いんだ」

ヴィーネ「そうよね、ガヴ。……私がガヴを怖がらせたり、束縛しようとしたから」

ヴィーネ「こんなことしちゃったんだよね。私の……せいだよね」

ガヴリール「そうだよ。……普通にしてたらヴィーネのことを好きでいる自信がないし」

ヴィーネ「私も……。普通にしてたら、ガヴへの気持ちが抑えきれないの」

ヴィーネ「だから……。あんな風にガヴの物を取ったり、うるさく言って縛ろうとしたり…」

ガヴリール「分かってんだろ……!こうしなきゃ、こうでもしなきゃ優しいヴィーネと一緒に」

亀山「ガヴリール!!」

ガヴリール「っ!?」ビクッ



88:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:40:35.703 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

亀山「ヴィーネもだ。座れ!」

ヴィーネ「えっ…か、亀山さん?どうしたんですか?」

亀山「良いからそこに座れ!いいか、今からお前らの未来を教えてやる」

ガヴリール「……」ペタン

ヴィーネ「…はい」スッ

亀山「俺はこの仕事始めてから、お前らみたいなやつを沢山見てきた」

亀山「誰かが好きで好きでたまらなくて…普通に愛せなくなったやつらをな」

亀山「そいつらが、最後にはどうなったと思う?」



89:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:45:10.590 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「…わからん」

ヴィーネ「……結ばれたんですか?」

亀山「そんなわけあるか!あいつらは、自分の依存してる相手を奪おうとするやつを殺したり」

亀山「まだ子供なのに、好きな先生に乱暴した男を殺しちまったり」

亀山「挙句の果て愛する父をミイラのまま地下に閉じ込めたり、大好きな職場の先輩を殺して自分の物にしようとしたやつまでいた」

ガヴリール「う……」ゾッ

ヴィーネ「そ、そんな……。それってごく僅かな人だけの話じゃ」

亀山「このままじゃお前らもこうなる!お前らの行先は、牢屋の中か…あの世かも知れねえんだぞ!」

ガヴリール「っ……」ブルブル

ヴィーネ「……はい」



91:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:47:59.934 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

亀山「……でも、今ならまだ間に合う」

亀山「お前達は引き返せる。……あいつらみたいにならずに済む」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

亀山「……俺からは以上だ」


亀山「……すんません、右京さん」

右京「いいえ。それよりも、今は彼女たちを2人にしておきましょう」

右京「もう監視などする必要はないはずです」

亀山「はい……そうですね」



93:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:53:24.576 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「……なぁ。ヴィーネ」

ヴィーネ「……ガヴ?」

ガヴリール「その……ごめんな。お前のこと疑ったりして」

ガヴリール「親友なのにこんな騙し方して……最低だな、私。天使失格だ」ギュゥ

ヴィーネ「……ううん。私こそ、ごめんね、ガヴ……」

ヴィーネ「私、悪魔だし迷惑かけたりもするけど……これだけは信じて。ガヴのこと、本当に大好きだから」ムギュ

ガヴリール「ヴィーネ……うっ、ぐす、うぅ……」プルプル



94:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:54:39.426 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

翌日 街中

亀山「それにしても、女の子の家で数日間暮らすのはやっぱり緊張しましたね」

右京「僕は気になりませんでしたがねぇ」

亀山「いやいや、普通気になりますって…そういやあの2人どうなったんすか?」

右京「2人とも公務執行妨害や傷害罪…様々な罪を犯しましたがいずれも軽いもの」

右京「今回は厳重注意で済むそうですよ」

亀山「そうですか…よかったですね」

右京「えぇ」



95:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:56:26.806 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ヴィーネ「あ、杉下さん!亀山さん!」

ガヴリール「ちっす」

亀山「お、元気そうっすね!ガヴリールさんも月乃瀬さんも」

右京「2人で登校。というわけですか?」

ガヴリール「うん。まあ今日も貴重な時間を学校様に捧げにいくわけですよ」

ヴィーネ「こらガヴ、そんなこと言わないの」

ガヴリール「分かってるよ。ヴィーネがいるなら学校も悪くないしな」

ヴィーネ「ガ、ガヴ……」ドキドキ



97:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:58:54.225 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「あ……やべ。忘れ物した」

ヴィーネ「ちょっと、ガヴ!どうするの、時間ないわよ!?」

ガヴリール「警部さんパトカー貸してくんない?」

亀山「いやいやいや、そんな気軽なノリで貸せるもんじゃないっすから」

右京「我々も。急いで出勤しなくてはなりませんからね」

ガヴリール「仕方ないな…やるか。アレを」

ヴィーネ「ガヴ、アレってまさか」

ガヴリール「今回こそは成功するはずだ…よし」

ガヴリール「私を、家まで連れていって!」カッ



98:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 17:00:21.412 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ガヴリール「………」

右京「おや。噂の神足通が見れると思ったのですが」

亀山「何も……起きないっすね」

ガヴリール「……まさか、また…」モジモジ

ヴィーネ「ねえ。ガヴ、もしかして」

ガヴリール「皆まで言うな、察してくれ……」

ヴィーネ「ううん。それより、家を思い浮かべて神足通を使ったのよね?」

ガヴリール「え、まぁ。そうだけど……」



99:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 17:04:41.478 ID:kNOQu/9S0NIKU.net

ヴィーネ「つまり今、ガヴの家には……」

ガヴリール「……おいお前」

ヴィーネ「ガヴ、先に学校行ってて良いわよ!私が忘れ物と今飛ばしたもの、家まで取りにいってあげるわ!」

ガヴリール「いや待てよ!そんなにやけた顔して忘れ物取りにいってくれるやつがいるか!」

ヴィーネ「良いじゃない、ガヴ~♪休み時間にトイレで履かせてあげるから、ね?」

ガヴリール「ね、じゃねーよ!ヴィーネ、お前、私の涙返せ!」


亀山「右京さん」

右京「はいぃ?」

亀山「月乃瀬さんにこの前俺が言ったこと、ちゃんと届いたんでしょうか」

右京「さぁ……。どうでしょうねぇ」


~この物語はフィクションです~



元スレ
ガヴリール「私宛てに殺人予告が届いてた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1490754955/
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 今週の人気記事
  • 先週の人気記事
  • 先々週の人気記事

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (19)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 18:36
          • ヴィーネは復活しても変態なままなのか
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 18:56
          • 亀山のいう歴代の犯人全員わかるわ

            子供が犯人だったのは衝撃だった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 19:36
          • 相棒はやっぱ亀山君か神戸君なんだよなぁ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 20:23
          • ええガヴィーネやこれは
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 20:33
          • 復活したらちょっと自制心が付いたようで何より
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 20:41
          • ※3
            亀山くんとのコンビは肉体派と知性派って感じで好きやわ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 20:59
          • このシリーズ面白い
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 21:05
          • こういったパターンも刑事ものらしくて面白いな

            ちなみに犯人は理由は知らんが順番的にお姉ちゃんかと思ってた
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 21:26
          • 良かった、亀山君が天使か悪魔由来の不思議パワーであの世の朝倉を口寄せするもんかと
            だってあれ確かボウガン少年の時の台詞だったよね?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 22:13
          • このシリーズのヴィーネも大概悪魔としては優秀だな(変態方向に)
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 22:18
          • 相棒ガヴドロシリーズ好き
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 23:25
          • いや下界にもどってくんなやヴィーネ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月29日 23:35
          • 普通にヴィーネもガヴリールも逮捕でしょなんでしないの
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月30日 03:22
          • ガヴリール「警視庁特命係のガヴリールです」

            ヴィーネ「同じく 特命係のヴィーネです」

            ラフィエル「暇か?」

            サターニャ「特命係のガヴリールぅ!」

            タプリス→神保くん

            うーん…なんか違う…
          • 15. 以下、お嬢様にかわりまして執事がお送りします
          • 2017年03月30日 03:23
          • ※14

            相棒シリーズは私とお嬢様で決まりです
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月30日 19:23
          • いい話っぽくオチがついてて草
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月30日 23:57
          • ※17
            こいつ毎回食ってかかる気かよ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月31日 01:02
          • ※17
            ただの2次創作に必死だな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        最新記事
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ