TOP

野崎「>>3(ドーブル)、ここにベタしてくれ」【月刊少女野崎くん】

1: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 21:34:05.52 ID:L5AOgmXZO

野崎「頼めるか?」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:35:33.83 ID:3yaZwlZ3O

パラス



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:37:31.31 ID:4be1QODx0

ドーブル



5: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 21:45:57.36 ID:L5AOgmXZO

野崎「ドーブル、ここにベタしてくれ」

ドーブル「……」コクリ

スラスラ

野崎「流石だな、ドーブル。 相変わらず綺麗なベタだ」

野崎(うちのドーブルはスケッチで『ベタ』、『花』、『背景』、『トーン』を覚えている)

野崎「じゃあ次はここに背景を頼む」

ドーブル「……」スラスラ



6: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 21:47:50.05 ID:L5AOgmXZO

ピンポーン

野崎「誰か来た」

ドーブル「!」

野崎「そうだ、今日は下1がもアシスタントで来るんだったな」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:48:09.43 ID:GGtsajkY0

夢野カケラ



8: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:00:50.06 ID:L5AOgmXZO

野崎「そうだ、今日は夢野さんもアシスタントとして来るんだった」

ガチャ

夢野「また打ち切りだ畜生おおおお!!!」

野崎「こんにちは夢野さん」

夢野「聞いてくださいよ夢野さん!! なんで僕の連載、こんなにすぐ打ち切られるんですか!!」

野崎「落ち着いてください夢野さん、誰にでも打ち切りはあります」

夢野「いやあんたないでしょーが!!」



9: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:03:11.44 ID:6lPFUrGh0

夢野「どうすれば連載が続くんですか!! 教えてくださいよ!!」

野崎「そうだ、描いたことないジャンルで書いたらどうですか? 新たな可能性が生まれるかもしれませんし」

ドーブル「……」コクリ

野崎「例えば下1とか」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:05:27.18 ID:1LJBb6p20

編集者の悪行を暴く漫画



11: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:12:59.87 ID:6lPFUrGh0

野崎「例えば編集者の悪行を暴く漫画とか」

夢野「!!」

野崎「小島さんに色々やられた経験を元に作ることができるはずです」

野崎「俺も前野さんから色々とひどい目にあったのでネタの提供はできると思います」

夢野「なるほど……」

夢野「分かりました!! 描いてみます!!」ダッ

野崎「行ってしまった……アシスタントをしてもらうはずが」

ドーブル「……」スラスラ

野崎「まぁドーブルがいるからいいか」



12: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:17:25.53 ID:6lPFUrGh0

『僕の変集者』

漫画家である僕はいつも打ち切りを食らってばかり……更に沢山の誤植が。

しかし、実際はアンケート常に一位だった!!

一体何故……?何故このような事態が……?

僕はその事実を暴く為、編集部に乗り込む!!














富田「これ、2ページで収まりますね」

前野「タヌキも入れましょう!!」



13: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:18:49.67 ID:6lPFUrGh0

野崎「夢野さん、ダメだったそうだ」

ドーブル「……」

野崎「そうだドーブル、明日のスケジュールを見せてくれないか?」

ドーブル「……」スッ

野崎「ありがとう」

野崎「……そうだそうだ、明日は下1がアシスタントで来るんだった」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:19:14.72 ID:GGtsajkY0

ファイヤーシスターズ



15: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:33:34.01 ID:6lPFUrGh0

野崎「そうだ、明日はファイアーシスターズが来るんだったな」

ドーブル「!」

野崎「ああ、火憐に歯磨きをしようと思う」

野崎「最近ブーム化している恋人同士で歯磨きをするのが流行ってるからな、そのシーンを描きたくて来てもらうんだ?」

ドーブル「……」

野崎「月火? ああ、二人はいつも一緒だからな、ついてくるだけだ」

ドーブル「……」

野崎「どうして火憐を選んだかって?」

野崎「下1」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:34:51.21 ID:dJrD7uQBo

佐倉だと少し情熱がたり



18: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:39:43.03 ID:6lPFUrGh0

野崎「佐倉だと少し情熱が足りない」

ドーブル「?」

野崎「一生懸命なのは分かるが、いつもこういうシチュをやろうとすると」











佐倉『ご、ごごごごごめん野崎くん!! やっぱり無理!!///』













野崎「中々行動できなくてな」

ドーブル(情熱関係あるのか?)



19: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:42:55.27 ID:6lPFUrGh0

プルルルル

野崎「ん? 火憐からだ」

ピッ

野崎「どうした?」

野崎「……何? 来れなくなった?」

火憐『私は常に……正義の為に動くんだぜ』

ドゴォン!!

野崎「なるほど、悪者退治優先か、ならしょうがない」



20:>>18と>>19で日にち跨いでます ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:45:00.80 ID:6lPFUrGh0

ドーブル「……」ホッ

野崎「どうしたドーブル。 やけに嬉しそうじゃないか」

ドーブル(そりゃ火憐ちゃんだったら千代ちゃんが悲しむしな)

野崎「しょうがない、お前と御子柴でやろう」

ドーブル「!!!?」



21: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:47:09.71 ID:6lPFUrGh0

野崎「だって俺がやったらスケッチできないじゃないか」

野崎「それと御子柴はマミコだからな、あいつが歯磨きされるのは必然だ」

ドーブル「……」

野崎「早速御子柴に家に来てもらおう」









野崎「御子柴」

御子柴『お、野崎』

野崎「突然だが今日、アシスタントに来てもらえるか?」

御子柴『……わりい、今日は行けねえ』

野崎「なんでだ?」

御子柴『下1』



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:48:24.44 ID:zLwLCZzDO

漫研部の有賀に漫画のアシスタント頼まれた



23: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:57:38.54 ID:6lPFUrGh0

御子柴『実は漫研部の有賀に漫画のアシスタントを頼まれたよ』

野崎「何!? お前、アシスタントバレたのか!?」

御子柴『お前が堂々と廊下で俺にアシスタント行けるかどうか話してた所為だろうが!!』

野崎「す、すまない……」

御子柴『……まぁ幸い有賀しかいなかったからよかったけどよ』

野崎「そうか……じゃあ向こうでも綺麗な花を描いてくれ」

御子柴『おう』

ピッ



24: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 22:59:57.46 ID:6lPFUrGh0

野崎「じゃあ今日は俺とドーブルになるな」

ドーブル「……」コクリ

野崎「じゃあ描けるとこまで描くか」















野崎「休憩するか」

ドーブル「……」コクリ

カチッ

野崎「ん? 横に倒れた拍子で何かを押してしまった」

野崎「……!! これは……わざマシン!!」

野崎「ドーブルが下1を覚えてしまった!!」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 23:02:20.54 ID:zLwLCZzDO

ひかりのかべ



27: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:06:09.42 ID:6lPFUrGh0

野崎「ドーブルがひかりのカベを覚えてしまった!!」

野崎「特殊攻撃のダメージを半減するわざ……漫画に役に立たないじゃないか!!」

野崎「……待て、ドーブルは何を忘れたんだ?」

ドーブル「……」

野崎「ドーブル、取り敢えず一通りアシスタント作業をしてくれないか?」

ドーブル「……」コクリ










野崎「なんということだ……」

野崎「ドーブルが下1を忘れるなんて……」

1.ベタ
2.花
3.背景
4.トーン



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 23:06:25.75 ID:dJrD7uQBo

3



29: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:09:54.41 ID:6lPFUrGh0

野崎「ドーブルが背景を忘れるなんて……」

ドーブル「……」ショボーン

野崎(アシスタントで背景を描けるのはドーブルを除いて堀先輩だけ……)

野崎「……今日はもう遅いから明日来てもらおう」



30: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:11:42.12 ID:6lPFUrGh0

次の日、学校

堀「ドーブル、『背景』を忘れたのか?」

野崎「はい」

堀「しょうがねぇ……今日行くわ」

野崎「ありがとうございます」










御子柴「お、野崎」

野崎「! 御子柴、昨日のアシスタントはどうだった?」

御子柴「わけなかったぜ。 けどな……」

野崎「?」



31: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:13:21.58 ID:6lPFUrGh0

有賀『どうですか御子柴くん、アシスタントをしてくれた御礼に君をイメージして描いたのですが……』

有賀『次の長編では是非ともこのキャラを出したくて……』

御子柴『なんで女なんだよ!!!』
















野崎「見る目あるな、有賀」

御子柴「ねぇよ!!」



32: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:17:14.58 ID:6lPFUrGh0

放課後

野崎(ドーブルが堀先輩が背景を描いてる所を見せればドーブルがスケッチして再び覚えてくれるはずだ)















堀「わりい鹿島、今日は途中で抜ける」

鹿島「ええ!? なんでですか!? 私じゃなくて先輩がサボりなんて……」

堀「サボりじゃねえ、ちゃんとした理由があんだよ」

鹿島「ちゃんとした理由……?」

堀「下1」

鹿島「」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 23:17:33.72 ID:1y3quioA0

秋雲が来る



34: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:22:30.42 ID:6lPFUrGh0

堀「秋雲がくんだよ」

鹿島「あ、秋雲?」

堀(ここはオタクの友人から得た知識で乗り切るしかねぇ)

堀「ほ、ほらアレだ。 今日はガチャで秋雲が当たる日なんだよ」

鹿島「だからその秋雲って誰なんですか?」

御子柴「堀先輩にわかっすね、艦これにガチャなんてないっすよ」

堀・鹿島「!!!?」

御子柴「……はっ!!!」



35: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:24:09.45 ID:6lPFUrGh0

御子柴(やべえ、つい反応した!! オタクってバレる!!)

御子柴(ここはなんとか誤魔化すしかねぇ!!)

御子柴「下1!!」









野崎「堀先輩、まだかな」



37: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:33:19.79 ID:6lPFUrGh0

御子柴「ゲーム雑誌に載ってました!!」

鹿島「へぇ~ゲーム雑誌かぁ……」

御子柴「お、おう!! さっきたまたま誰かが学校で持って来たやつをたまたま見てな!! そこでたまたま話してるのを聞いたってわけだ!!」

堀(たまたま言い過ぎだろこいつ)

鹿島「じゃあ先輩はそのゲームやる為に早く帰るんですか?」

堀「おう、そういうことだ。 じゃあな」

鹿島(それってサボりじゃないのかな……? まぁいいか!!)



38: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:37:03.34 ID:6lPFUrGh0

野崎の家

野崎「先輩、助かりました」

堀「いいって、気にすんなよ」

ドーブル「……」スラスラ

堀「おっ、すげーなドーブル。 随分綺麗じゃねえか」

ドーブル「!!!」

堀「ん? どうしたドーブル」

野崎「!! 大変です先輩!! ドーブルが……」

野崎「ひかりのカベを忘れるつもりが……間違えて下1を忘れてしまったみたいです!!」

1.ベタ
2.花
3.トーン



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 23:37:58.95 ID:fjGdod0C0

3



40: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:40:20.58 ID:6lPFUrGh0

野崎「ひかりのカベを忘れるつもりが……間違えてトーンを忘れてしまったみたいです!!」

堀「何!?」

野崎「どうしましょう先輩、明日若松に来てもらうしか……」

堀「ああ、そうだな」

野崎(一応俺もできるが……最近のあいつのトーンの正確性は俺を超えた)

野崎(どうせだったら若松のトーンを覚えた方がいいだろう)



41: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:42:54.32 ID:6lPFUrGh0

次の日、学校が休みの日

野崎「若松にアシスタントに来てもらいたいんですが……」

堀「電話に出ねえのか」

野崎(恐らくローレライのBGMを朝から聞いているんだろう)

堀「若松ん家行ったらどうだ? お前、中学同じだから家知ってんじゃねえのか?」

野崎「すいません、知らないです」

堀「まじかよ……」



42: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:44:36.19 ID:6lPFUrGh0

堀「ん? だったらよ、『トーン』のわざマシンを手に入れればいいんじゃねえか?」

ドーブル「!!」

野崎「なるほど……けどどこにあるんでしょうか」

堀「確か下1にあったはずだ」



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 23:46:13.18 ID:fjGdod0C0

前野が所有



45: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:50:43.61 ID:6lPFUrGh0

堀「確かお前の前の担当……前野さんだっけか、あの人が持ってたはずだ」

野崎「えっ!!!?」

ドーブル「!!!?」

堀「俺はお前の話でしか聞いたことないんだけどよ……相当アレなんだろ?」

野崎「二度と関わりたくないです!!」クワッ!!

堀「……そんな怖い顔すんなよ」

野崎「……というかなんで知ってるんですか?」

堀「編集部のブログ見ろよ」












『どーも!! 前野です!! なんと今日、『トーン』のわざマシンを拾っちゃった!!』














野崎「おのれ前野……」



46: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:54:02.40 ID:6lPFUrGh0

堀「どうする野崎? 編集部に乗り込むか?」

野崎「くっ……行きたくない……」

堀「……」

堀「下1」

1.自分のポケモンのことぐらい自分で解決しろよ。 俺も一緒に行くからよ
2.……しょうがねえな。 俺が行ってやるよ
3.それより昨日の鹿島、スゲーイケメンじゃなかったか?
4.その他自由安価



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 23:55:03.91 ID:vpUoFV3Y0

1



49: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:56:57.78 ID:6lPFUrGh0

堀「自分のポケモンのことぐらい自分で解決しろよ。 俺も一緒にいくからよ」

野崎「堀先輩……」

野崎(そうだ、本来なら俺が行くべきなんだ)

野崎(なのに俺は……)

ドーブル「……」

野崎「ああ、すまなかったなドーブル」

野崎「先輩……俺、行きます」

堀「おし、よく言った」



51: ◆hVwVMwYo52 2017/03/23(木) 23:58:05.46 ID:6lPFUrGh0

堀「でもお前がそれだけ警戒するだろうからな」

堀「編集部に行くのは俺とお前とドーブル……あとは下1にも来てもらおうと思う」

野崎「下1にも?」



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 23:58:31.61 ID:GGtsajkY0

黒猫



53: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 00:07:26.27 ID:zQrN+WoB0

堀「五更にも来てもらう」

野崎「五更?」

堀「俺の知り合いだ、サークル活動もしてるからこういう編集部とかには興味ありそうだしな」

野崎「人数が多いに越したことはないですね……ありがとうございます」

ドーブル「……」

野崎「大丈夫だドーブル、必ずお前にトーンを貼らせるようにするからな」



54: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 00:10:28.90 ID:zQrN+WoB0

編集部ビル前

野崎「着きました」

堀「でけえな」

ドーブル「……」

野崎「そういえば彼女は?」

堀「そろそろ来るはずなんだけどな……」

黒猫「……」

堀「お、いた……おい五更!!」

黒猫「……誰それ」

野崎「人違いですか?」

堀「いや、ちげえよ」

堀「あー……」

堀「お、お前は……黒猫!!!」

黒猫「ふふふ……この私を前にして冷静になれないようね」

堀「……こいつ、厨二なんだ」

野崎「」



55: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 00:13:41.73 ID:zQrN+WoB0

黒猫「わざわざこの私をここまで呼び出すなんて……正気の沙汰じゃないわね」

堀「あーわり……ちょっと強敵がいてよ、お前じゃなきゃ倒せなさそうなんだ」

黒猫「私しか倒せない……? ふふ、そうね……」

黒猫「感謝しなさい、私が人の為に動くなんて後にも先にもないわ」

野崎「あ、ありがとうございます」

野崎(厨二キャラと前野さんをぶつけるとどうなるか想像できないな……これは前野さんを打破できる可能性があるか?)



56: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 00:16:27.80 ID:zQrN+WoB0

編集部内

堀「すいません!! あの……前野さんいますか!?」

宮前「あれ、夢野さん」

野崎「剣さん!!」

黒猫「……それ以上私に近づかないのが身の為よ」

宮前(なんだこいつ)

堀「あの……前野さんは?」

宮前「すいません、今はいないです」

野崎「えっ」

堀「あの……どこにいるか分かりますか?」

宮前「下1に行ってくると……」



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 00:17:19.70 ID:XWsH5SjD0

炎尾燃先生のところ



62: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 21:47:16.78 ID:FzUBQA0/O

宮前「炎先生のところに行ってくると……」

野崎「炎先生のところに?」

堀「なんだ、知ってるのか」

野崎「はい、前野さんが担当している人の一人だ」

黒猫「……その男の家はどこか教えなさい、さもないと」

宮前「地図です、さっさと出てってください」

黒猫「」



63: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 21:52:25.98 ID:FzUBQA0/O

炎宅

燃尾「だから!! タヌキは!! こうだ!!」

前野「えー? 全然可愛くないですよー」

野崎「な、なんの話を……?」

前野「あ! 夢野先生!!」

前野「見てくださいよこのタヌキ!! 全然可愛くないでしょー?」

燃尾「タヌキが!!! 可愛いという概念を!! 捨てろ!!」

燃尾「いいか!! このタヌキから!! 新たな可能性が生まれるんだ!!」

燃尾「やれば分かる!! やらなければ一生分からん!!」



64: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 21:57:18.44 ID:FzUBQA0/O

野崎「お二方、タヌキで論争中申し訳ないのですが」

前野「?」

野崎「前野さんが持ってる……わざマシンの『トーン』をくれませんか?」

前野「これですかー? いいですよー」

黒猫「あっさりね」

前野「あ! でも代わりに下1をくれたらの話ですよー」



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 21:59:37.01 ID:6jl76OrDO

ファントム(榊遊矢)のサイン



66: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:11:54.39 ID:FzUBQA0/O

前野「代わりにファントムのサインくれたらいいですよー」

ドーブル「!?」

野崎「指名手配されているエンタメデュエリストのサインか……」

黒猫「どうしてそんなものを?」

前野「ブログに載せれば話題になるでしょ!?」

燃尾「お前は!!! 俺のサインより!! そいつのサインが欲しいのか!!!」

前野「はい!!」



67: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:19:42.97 ID:FzUBQA0/O

堀「どうする野崎、相手は指名手配犯だぞ」

野崎「万事休す……」

ドーブル「……」

野崎「どうしたドーブル」

ドーブル「……」

野崎「……!! そうか!! デュエリストならデュエルに反応するはず!!」

野崎「デュエルあるところに……ファントムあり!!」

堀「おい野崎、マジで言ってるのか?」













燃尾「デュエル!!!!!!!」

前野「いいですよ!! 勝ったら可愛いタヌキ描いてくださいね!!」

野崎「何故か知らないが向こうでデュエルが始まってる!!?」



68: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:22:22.40 ID:FzUBQA0/O

ファントム「俺こそが最高のエンタメデュエリスト……榊遊矢だ!!」

野崎「釣られた!!」

黒猫「ふふ……これが私の力よ」

堀「あの……いきなりですいません、サインもらえますか?」

ファントム「下1」



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 22:23:22.77 ID:6jl76OrDO

修造塾の生徒になってくれるならOK!



70: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:35:17.44 ID:zQrN+WoB0

ファントム「修造塾の生徒になってくれるならOK!」

ドーブル「!!?」

堀「要はデュエリストになるってことか……いいぜ」

野崎「堀先輩!!?」

堀「俺が塾の生徒になる……満足させてくれるんだろうな?」

ファントム「勿論!! じゃあサインをあげるぜ!!」

黒猫「あなた……いいの?」

堀「カードゲームやる塾に入るだけだろ?」

黒猫「下手をすれば死人がでるわよ」

堀「どんなカードゲームだそりゃ」



71: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:38:34.60 ID:zQrN+WoB0

野崎「ありがとうございます堀先輩」

野崎「……前野さん、ファントムのサインです」

前野「わーい!! これで自慢できるね!!」

前野「じゃあ早速わざマシンを……」

ビリッ!!

前野「!!?」

燃尾「どうだ!! 悔しいか!!」

燃尾「好きな人のサイン色紙を破かれて!! 悔しいか!!」



72: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:43:30.68 ID:zQrN+WoB0

燃尾「これが!! 俺達漫画家が味わった経験だ!!」

燃尾「やっと手に入れた連載!!」

燃尾「しかし俺達は!! 俺達の描きたい物を描けない!!」

燃尾「何故だか分かるか!? お前達だ!!」

燃尾「お前達担当が!! あれこれ指図するからだ!!」

燃尾「これじゃ描いてるのは!! お前の漫画だ!!」

燃尾「担当を唸らせてこそ!! 本当の漫画だ!!」

前野「……」

燃尾「……」

前野「すいません! 何言ってるかよく分からないです!☆」

燃尾「前野おおおおおおおおおおおお!!!」



73: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:48:49.53 ID:zQrN+WoB0

野崎「わけの分からない話をしてるうちに帰ろう」

黒猫「そうね」

ドーブル「……」コクリ









野崎「よし、この『トーン』があればあとはもう大丈夫だ」

野崎「……ん? 堀先輩は?」

黒猫「塾に行ったわ。 生きてるといいけど」




74: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:50:36.19 ID:zQrN+WoB0

黒猫と別れた俺達は家に戻った。

野崎「さぁ、作業再開だ」

ドーブル「……」コクリ

ドーブル「……!!!」

野崎「ん? どうしたドーブル。 外を見るなり驚いて」

野崎「……!!!」

野崎「外から下1が!! このままだと家に直撃する!!」



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 22:52:14.78 ID:WTcnMizj0

メテオ



76: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 22:58:35.17 ID:zQrN+WoB0

野崎「外からメテオが!! このままだと家に直撃する!!」

ドーブル「……」サッ

野崎「ドーブル……それは……ひかりのカベ!?」

野崎(これからトーンを覚えさせようとしていたが……忘れてなくて良かった!!)

野崎「頼むドーブル!! 反射してくれ!」

ドーブル「ああ! 任せろ!!」







ひかりのカベは威力を半減する技だった。

野崎「ぐわああああああああ!!!」

更にメテオは物理だった。

野崎「ぐわあああああああ!!!」



78: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 23:01:04.40 ID:zQrN+WoB0

no title



80: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 23:03:38.49 ID:zQrN+WoB0

夢野「よし終わった!!!」

夢野「>>13からここまで全部僕の漫画!!!」

夢野「これを富田さんに見せてギャフンと言わせてやるんだ!!」

富田「あ、ダメですねこれ」

夢野「えーーーーーー!!? 原稿見てないのに!!!?」



81: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 23:05:27.84 ID:zQrN+WoB0

富田「いやそもそも下1」

1.背景忘れるシーンがいらないです
2.トーン忘れるシーンがいらないです
3.四人で編集部に乗り込まなくていいです
4.もう漫画描くのやめたらどうですか



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 23:06:14.67 ID:8evpp9jlO

4



83: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 23:11:26.76 ID:zQrN+WoB0

富田「もう漫画描くのやめたらどうですか■ HTML化依頼スレッド Part48
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487938385/

夢野「ご親切にURLまで!!?」

富田「そもそもこれ他作品出せそうな安価出す時点で間違ってますよね」

燃尾「知らない作品と向き合って!! どんな無茶振りにも答える!!」

燃尾「その無茶振りに読者は興奮する!!」

燃尾「これだから『安価は絶対主義』はやめられない!!」

燃尾「この面白さ……やれば分かる!! やらなければ一生分からん!!!」



84: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 23:11:55.22 ID:zQrN+WoB0

no title



85: ◆hVwVMwYo52 2017/03/24(金) 23:13:21.39 ID:zQrN+WoB0

遊戯王も燃えよペンも知らなくてすいませんでした。



元スレ
野崎「>>3、ここにベタしてくれ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490272445/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月25日 01:06
          • 5 無茶ぶりの捌きかたが上手い良作。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【咲-saki-】久「おさげの」雫「メガネの」穏乃「しず部長」
        • ヒロインの最期
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】
        • 【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ