TOP

ガヴリール「ヴィーネとサターニャってどういう関係なんだ?」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:48:38.573 ID:UH1lsHZ40.net

ラフィエル「あ、確かに気になりますね。ヴィーネさんとガヴちゃんの馴れ初めは聞きましたが…」

ヴィーネ「馴れ初めって……」

ガヴリール「私とヴィーネは別に面白くもなかったけどさ、サターニャとヴィーネってなんか面白エピソードありそうじゃない?」

サターニャ「いや、十分面白かった…というか衝撃だったわよ、あんたたちのも…」

ラフィエル「それで、どうなんですかっ?」ワクワク

ヴィーネ「うーん……そうね……私達は……」



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:52:25.295 ID:UH1lsHZ40.net

1.

ヴィーネ「幼馴染よ」

ガヴリール「へえ、そうなんだ」

ヴィーネ「うん、普通に公園で出会って仲良くなって以来の付き合い」

サターニャ「確かあのときは……ヴィネットにおままごとに誘われたんだったわね」

ヴィーネ「ちょ、サターニャ……それは言わなくてもいいじゃないっ」

ラフィエル「ヴィーネさんのおままごと!どんな感じなのか気になります」

ヴィーネ「ちょ、ラフィ、良いのよそんなこと聞かなくても!」

ガヴリール「私も聞きたいなぁ、ヴィーネがどんなおままごとしてたか…」

ヴィーネ「もう!ガヴまで!」

サターニャ「ええと……」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:55:38.862 ID:UH1lsHZ40.net

ヴィーネ『ねえ!』

サターニャ『?』

ヴィーネ『いっしょにおままごとしない?』

サターニャ『え、おままごと……?』

ヴィーネ『うん!』

サターニャ『いいけど……わたしでいいの?』

ヴィーネ『うん、やろっ!』

サターニャ『わかった!』

ヴィーネ『わたし、ヴィネット!よろしくね!』

サターニャ『わたしはサターニャよ!おぼえておきなさい!』


サターニャ「って感じの出会いだったわ」

ガヴリール「そこまでは普通だな」

ラフィエル「サターニャさん、昔からそんな感じだったんですね…」

サターニャ「そんな感じって何よ!それから……」



13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:58:13.437 ID:UH1lsHZ40.net

ヴィーネ『じゃあ、わたしはおかあさんやるね!』

サターニャ『じゃあわたしは、おとうさん?』

ヴィーネ『んーん!いぬやって!』

サターニャ『えっ』

ヴィーネ『ペットのいぬ!』

サターニャ『な、なんでいぬなのよ!』

ヴィーネ『だって、サターニャちゃんいぬがにあいそうだもん!』

サターニャ『どういういみ!?』

ヴィーネ『ほら、はやく!』

サターニャ『えっ、ああもう、しょうがないわね……』

ヴィーネ『じゃあ……ほーら!サターニャちゃんおいでー!!』

サターニャ『わんっ!!わんわんっ!!』



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 21:58:55.279 ID:Z/ZNk7Xn0.net

あら^~



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:04:05.197 ID:UH1lsHZ40.net

ヴィーネ『おーよしよし!』

ナデナデ

サターニャ『くうーん!』


サターニャ「みたいな感じで、私はヴィネットの犬としてしばらく可愛がられることになったの」

ガヴリール「おいおいなんだよそれ……ヴィーネってそんな奴だったのか……」

ラフィエル「ドン引きですね……」

ヴィーネ「ちっ、違うから!今考えたらどうかしてるけど、昔はそんなこと考えてたわけじゃないから!」

サターニャ「?そんなことって何よ?」

ヴィーネ「いっ……いやそれは……とにかく!ただサターニャが犬っぽいから犬になってもらっただけよ!」

ガヴリール「ふーん……」シラー

ヴィーネ「ほ、本当だからね!?」

ラフィエル「それで、他に面白エピソードはないんですか?」

サターニャ「うーん……そうねー……あっ、私がヴィーネの犬になって何週間か経った頃だったわ」

ヴィーネ「ちょっとサターニャその言い方は誤解を生むわよ!?」



18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:08:19.323 ID:UH1lsHZ40.net

・・・・・

ヴィーネ『じゃあ、はい!』

サターニャ『?なによこれ』

ヴィーネ『えさ!たべてっ!』

サターニャ『……これどろだんごじゃ』

ヴィーネ『たべてっ!わたしがつくったの!』キラキラ

サターニャ『い、いやこれは』

ヴィーネ『たべて……くれないの?』グスッ

サターニャ『うっ……』

サターニャ『た、たべられないわよぉ……』グスッ

ヴィーネ『たべてよぉ!』グスグス

サターニャ『むりよぉ!』

ヴィーネ『うわーん!サターニャちゃんがわたしのだんごたべてくれないいい!!!!』ビエー

サターニャ『たべれないよおおおお!!!』ビエー



サターニャ「……ってことがあったわね」

ガヴリール「……うっわぁ」

ラフィエル「これは流石に……」

ヴィーネ「そ、そんなことあった!?本当に!?サターニャ嘘ついてない!?」

サターニャ「ついてないわよ、何で覚えてないのよ……」

ヴィーネ「うそぉ!?」

ガヴリール「これはあれだな、いじめっ子はいじめてたことを覚えてないっていう……」

ラフィエル「やっぱり悪魔なんですね……」

ヴィーネ「ちがっ、そんなんじゃないから!!悪気はなかったはずだから!……覚えてないけど!」



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:12:23.950 ID:UH1lsHZ40.net

サターニャ「それでそのことが原因でしばらく喧嘩してたのよ」

ガヴリール「へー、ヴィーネが喧嘩か」

ヴィーネ「あ、それは覚えてるわね……確か、私がサターニャに謝って仲直りした記憶が……」

ガヴリール「何でそこだけ覚えてるんだよ……」

サターニャ「そうそう、確かヴィネット、お母さんに事情話したらしこたま怒られて泣きながら謝りに来たのよね」

ヴィーネ「え、そうだっけ!?」

サターニャ「そうよ、ヴィネットのお母さんが『娘がご迷惑をおかけしました……!』ってヴィネットの頭を下げさせて」

ヴィーネ「嘘……全然そんな記憶じゃない……」

ガヴリール「都合の悪いことは覚えてないんだな」

ラフィエル「最低ですね~」

ヴィーネ「ちがーう!!」



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:16:26.802 ID:UH1lsHZ40.net

サターニャ「それで、そのことがきっかけになって家族ぐるみの付き合いになったのよ」

ガヴリール「へぇ」

サターニャ「あと、ヴィネットが真面目になったのも多分それがきっかけだと思うわ」

ラフィエル「非常識な子だったのが、怒られて改心したんですね……」

ヴィーネ「全然記憶にない……」

ガヴリール「非常識だった頃の記憶は封印したんだな……」

ヴィーネ「うう……私、昔はそんなだったのね……」

サターニャ「とまあ、そんな感じの出会いだったけど……そんなに面白い話でもないでしょ?」

ガヴリール「いや、ある意味面白かった」

ラフィエル「そうですね~、ヴィーネさんの弱味……もとい新たな一面を知れて良かったです」

ヴィーネ「うう……お恥ずかしい……」

1.終わり



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:20:06.357 ID:UH1lsHZ40.net

2.

ヴィーネ「普通に魔界学校でクラスメイトだっただけよ」

サターニャ「そうね、まともに喋ったのはこっちに来てからよね」

ガヴリール「何だそれ、つまんね」

ヴィーネ「まあ、私はサターニャの存在は知ってたんだけど……」

サターニャ「え?何で?」

ヴィーネ「いやだって、サターニャ魔界学校でも有名人だったし……」

サターニャ「そ、そうだったの……ふふっ!やはり、この私はその頃からカリスマ性を備えていたから、名声も広まっていたのね……」

ラフィエル「本当は?」

ヴィーネ「うん……まあ、毎度バカな事件を起こす生徒として有名だっただけ……」

サターニャ「ええ!?」



24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:24:38.089 ID:UH1lsHZ40.net

ガヴリール「今と変わらんな」

ラフィエル「その頃からおバカだったんですね~」

サターニャ「ちょっとお!誰がバカよ!!」

ガヴリール「どんな事してたんだ?このバカは」

サターニャ「指差すなあー!」

ヴィーネ「ええと……そうね……」


サターニャ『ーー昼休みを過ごしている悪魔諸君!聞きなさい!私は大悪魔となるもの、胡桃沢=サタニ……』

放送部員『おいっ!お前何勝手に放送してんだ!!』

放送部員『しかも校庭のスピーカーまで使いやがって!!』

サターニャ『ちょっ、話しなさい!!私の偉大さをこの学校の新入生たちに教えてやるのよ、はな……』

ブツッ……

ヴィーネ『…………何今の』


ヴィーネ「……っていうのが一番印象深いわね」



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:29:55.771 ID:UH1lsHZ40.net

ガヴリール「今より行動力はあったんだな……」

ラフィエル「若気の至りってやつですかね……」

ガヴリール「行動力のあるバカほど迷惑なものはないからな」

サターニャ「あんたたち好き勝手言い過ぎじゃない!?」

ヴィーネ「その後先生にめちゃくちゃ怒られて、校内の掃除とか反省文とかいろんなペナルティを課されたって聞いたわ」

サターニャ「う、ま、まあそれは事実だけど……」

ガヴリール「なるほど……それで反省して、行動力を失って今に至るということか……」

ラフィエル「もったいないといえばもったいないですね~……魔界学校時代のサターニャさん、見てみたかったです」

サターニャ「うう……あ、あの頃は私も若かったのよ……」

ガヴリール「今も若いしそんなに頭は変わってないだろ……」


2.終わり



26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:33:00.868 ID:UH1lsHZ40.net

3.

ヴィーネ「……実は、昔、付き合ってたの……」

ガヴリール「は?」

サターニャ「…………」

ヴィーネ「…………元カノ、なのよ、サターニャ……」

ガヴリール「いや、え?」

サターニャ「……あんまり、触れないでもらっていいかしら……」

ラフィエル「…………え?」

ガヴリール「いや……え、元カノ?どういう……」

ラフィエル「え?え?」

ヴィーネ「…………そういう事だから、この話は終わりね」

ガヴリール「え、え?いや、え?は?ん?」


3.終わり



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:34:10.046 ID:mzkc76bj0.net

kwsk



29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:34:34.065 ID:vZiMjPLp0.net

詳しく



30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:38:13.897 ID:UH1lsHZ40.net

4.

ヴィーネ「私がサターニャのお店の常連で、そこから仲良くなったわね」

サターニャ「そうね」

ガヴリール「店って、洋菓子店だっけ」

サターニャ「ええ」

ヴィーネ「たまたま初めて入った洋菓子店がサターニャのところで……」

ヴィーネ「ハマっちゃって、毎日のように行ってたわ」

ガヴリール「へえー、そんなに美味いのか」

ヴィーネ「もうそれは最高の味だったわ……!」

ラフィエル「そうなんですか……でも、毎日スイーツなんて食べてて太ったりはしなかったんですか?」

ヴィーネ「…………」

サターニャ「太ってたわよ」

ガヴリール「えっ」

ラフィエル「そうなんですか?」

ヴィーネ「…………一時期だけど……」

サターニャ「それはもうブクブク太ってたわ」

ヴィーネ「そ、そんなに太ってないわよ!ちょっとポッチャリしてたぐらいで……!」



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:46:38.984 ID:6Sgu0cIr0.net

デブは皆そう言う



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:46:40.949 ID:UH1lsHZ40.net

サターニャ「凄かったわよ、あの時の太りようは。毎日店に来るたびに丸くなっていくし」

ヴィーネ「そ、そんなにじゃないから……!」

サターニャ「それで、私が流石に言ったのよ、『ちょっと食べ過ぎじゃない?』って」

ガヴリール「サターニャに注意されるまで気づかなかったのか……」

ヴィーネ「だ、だって美味しかったんですもの……!」

サターニャ「それで、ヴィーネはダイエットしようとしてスイーツ禁を始めたんだけど……」

ヴィーネ「……うう」

サターニャ「ウチの親が『最近食べてないわねぇ。どうしたの?』って言って……商品としてじゃなくて、友達に出すおやつとして渡したのよ」

ガヴリール「……で、ヴィーネは?」

ヴィーネ「…………受け取った」

ラフィエル「あらー……」

ヴィーネ「……だって、美味しいんだもん……しょうがないじゃない……」

ガヴリール「自制心ないなあ……」

サターニャ「それから、二週間ぐらい?また食べるようになったのよね」

ガヴリール「うわー、完全にダイエット失敗パターンのやつじゃん……」

サターニャ「それでまた太り出した事に私が気づいて、一喝したのよ」

サターニャ「『ヴィネット、あなたは痩せたいの!?食べたいの!?』って……」

ラフィエル「サターニャさんに怒られるヴィーネさん……ぷぷっ」

ヴィーネ「うう……」



33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:52:07.552 ID:UH1lsHZ40.net

サターニャ「それで、『痩せたい』って言ったから……私も本気出してヴィネットのサポートをする事にしたのよ」

ガヴリール「サポートってどんな?」

サターニャ「まず、ウチの親に頼んでヴィネットにはスイーツを出さないようにしてもらったわ」

サターニャ「それで、ヴィネットが私の家以外で買い食いしたりしないようにつきっきりで監視して」

サターニャ「昼休みのご飯も、ヴィネットのお母さんの協力のもとヘルシーなレシピにしたわ」

サターニャ「それで、毎朝一緒にランニングしたり……放課後は筋トレしたり……」

ラフィエル「それ、ほぼ一日中一緒にいませんか?」



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:59:48.117 ID:UH1lsHZ40.net

サターニャ「ほぼどころか、ある時からは本当にずっと一緒にいることになったわ」

ガヴリール「どういうことだ?」

ヴィーネ「……ある日の夜中、私は食欲に負けて……カップラーメンを食べてしまったの」

ラフィエル「あらあら」

ヴィーネ「すぐにお母さんに見つかって、サターニャに報告されて……」

サターニャ「その日から、私はヴィネットの家に泊まって常にヴィネットを見張ることにしたの」

サターニャ「寝るときは、私がヴィネットのことを抱き枕にして寝ることで拘束してたわ」

ガヴリール「そ、そんなことまでしてたのか……」

サターニャ「お風呂とトイレの時以外、本当にずーーっと一緒にいたわね」

ヴィーネ「そのおかげで、私は無事ダイエットに成功したの」

ヴィーネ「あの時は本当にありがとう、サターニャ」

サターニャ「ヴィネットのためだもの、そのぐらいするわ!」

ラフィエル「良い話でしたね」

ガヴリール「そうだな……」

4.終わり



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/23(木) 23:00:17.704 ID:UH1lsHZ40.net

もう思いつかないから終わり



元スレ
ガヴリール「ヴィーネとサターニャってどういう関係なんだ?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1490273318/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (11)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月23日 23:47
          • 5 1が一番しっくりきた
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月23日 23:53
          • じゃあヴィーネの腹あたりには妊娠線みたいなのがあるのか...
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 00:42
          • なんとなく、2がそれっぽい気がするけど、1もいいなあ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 02:13
          • 5 3が気になって寝れないんですが…
            ヴィーネの父親のことを考えれば4もあり得るな
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 05:16
          • それまで別に接触なかっただろう
            昼飯ぼっちだったし
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 05:42
          • 3番…気になるじゃないかぁ!!
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 06:36
          • 5 4が実質3だろこれ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 07:50
          • 昔関係があったとすればヴィーネの割にはドライすぎるよなww
            よくてクラスメイト、遠くても同じ学年くらいだろうな
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 11:33
          • そこまでは普通だなって 未来予知でもしてるんですかねぇ?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 13:27
          • 4の友情に熱いサターニャとポンコツヴィーネ好き。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月24日 16:14
          • 3詳しく

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ