TOP

飛鳥「キミと飲む、二杯目のお酒」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:55:35.72 ID:AaTfZpEH0



二十歳になった飛鳥がPといちゃつきながらお酒を飲んだりするお話。


一応前作を読んでおいた方がいいかもしれません。

飛鳥「キミと飲むお酒」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:57:20.37 ID:AaTfZpEH0



P(駅の近くの・・・っと。ここで確か・・・おっ)


P「おう飛鳥。待ったか?」


飛鳥「ううん、別に。気にしないで」


P「すまないな。じゃ・・」


飛鳥「じゃあ、往こうか。・・・なんてね?ふふっ」ニコッ


P「はは、全く、お前ってやつは」


飛鳥「・・・。・・・うぅ」カァ


P「恥ずかしいならやらなきゃいいのになぁ」


飛鳥「・・・うるさい、ばか」ポカポカ


P「わ、叩くな叩くな!悪かったって」


飛鳥「・・・許す」


P「ふぅ・・」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:57:58.15 ID:AaTfZpEH0


飛鳥「で?良いお店は見つかったのかい?」


P「あぁ、お前はしっとりした感じが好きだろ?だと思って・・・ほら、着いたぞ。入ろうか」


飛鳥「・・これは・・・かまくら?」


P「あぁ、完全個室の居酒屋だが、個室がかまくらみたいな形になっててな。それっぽい雰囲気を味わいながら酒を飲めるってわけだ」


飛鳥「へぇ・・・不思議な居酒屋だ」


P「空いてる個室は・・ここにするか。飛鳥、先に入ってくれ」


飛鳥「ん、あぁ。それじゃ・・」ノレンパサー


飛鳥「・・・わぁ・・」


P「気に入ったか?」パサッ


飛鳥「・・・うん、とても。ありがとう、P」ニコ


P「う」ドキ


飛鳥「・・? P?」


P「え、えと、何でもないよ」


飛鳥「もう、へんなのっ」フフッ




4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:58:23.12 ID:AaTfZpEH0

P「さて、注文は済んだわけだが」ジーッ


飛鳥「・・・何だい、人のことを見つめて」


P(・・・飛鳥って出会ったころと変わったよなぁ・・)


P(エクステはもみあげのところにつけてるくらいになり、それに対して髪は肩の下あたりまで伸ばして)


P(まだ厨二病は抜けきってないが、口調も女性のものになりってきている)


P(お淑やかになってきているというか・・・こう・・・)


P「・・・可愛いよなぁ・・・」


飛鳥「えっ」ボッ


P「お淑やかな感じが新鮮というか」


飛鳥「あ、あのっ、急に何をっ、P!」


P「ん?どうした?」


飛鳥「どうしたって・・・その・・・急に、さぁ・・」カァァ


P「あ、口に出てたか?でもまぁ、言われて悪い気はしないしいいだろ?」


飛鳥「そう、だけどさ・・急に褒められると、その・・・~~っ」カオマッカ


P「ははは、すまんすまん」


飛鳥「うぅ・・・」カァー




5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:59:20.28 ID:AaTfZpEH0



P「・・・さ、頼んだものが揃ったし、乾杯といきましょうか」


飛鳥「うん。それじゃ・・」


P・飛鳥「乾杯」キン


P「・・・・・・」クイ


飛鳥「・・・・・・」クイ


P「・・あぁ、この瞬間がいいな・・」


飛鳥「・・・うん・・、そうだね・・」


P「飛鳥、表情緩みすぎだぞ」


飛鳥「・・え、そうだった?あまりそういうところは見られたくないな。・・でも」


P「でも?」


飛鳥「・・・Pになら、少しくらいは見られてもいいかなって。そこも含めてボク達、でしょ」


P「・・・。・・・あぁ、そうだな。今日は酒が美味いよ」クイ


飛鳥「ふふ、それはよかった」クイ




6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:59:50.64 ID:AaTfZpEH0


P「飛鳥が日本酒飲んでるのは初めて見たな。どうだ、感想は?」


飛鳥「そうだね・・・いつも飲むカクテルとは全く違う。こう、すっきりする感じ。そういうのが好みかな」


P「はは、それはよかったよかった。刺身とか焼き鳥もあるから、それらもな」


飛鳥「ありがとう。・・・あむ、たまには思い切りお肉っていうのもいいものだね」クイ


P「だろ?・・・うん、刺身もいけるな」


飛鳥「・・・・・・」コクコク


P「・・・」クイ


飛鳥「・・・っは、ふぅ・・・」


P「・・・おい飛鳥、大丈夫か?だいぶペースが早いようだが・・」


飛鳥「ん・・・そう・・?・・ほら、ボクの方より自分の方を気にしなよ?お猪口の中身、なくなってるよ」


P「・・・あ、本当だ。・・そうだ、それじゃ飛鳥・・」


飛鳥「ふふ、わかってるよ。注ぐからね」トクトク


P「なんだ、けっこう乗り気じゃないか」クイ


飛鳥「ふふ。・・・どう?美味しい?」


P「うん、美味いよ。・・飛鳥が注いでくれたから、より一層ね」


飛鳥「あ、ありがとう。・・・ふふっ♪」




7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 03:11:31.33 ID:AaTfZpEH0


飛鳥「・・・・・・」ボーッ


P「飛鳥、・・・飛鳥、ほら、水飲めって」


飛鳥「・・・んく・・。・・っふぅ・・。・・あ、P・・・ごめん」


P「いいって。だけど、勢いで飲みすぎないようにな。いいか?」


飛鳥「・・・うん」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:30:17.58 ID:AaTfZpEH0



飛鳥「・・・ん・・」


P「どうだ、落ち着いたか?」ナデナデ


飛鳥「・・・うん。ありがとう、P。できれば・・・そのまま、撫でてほしいかな」


P「はいよ、これで癒されるのならいくらでもやってやる」ナデナデ


飛鳥「ふふ・・・ありがとう。・・・こうしてると、あの夜を思い出すんだ」


P「あの夜って?」


飛鳥「・・・ぼんやりとしか覚えてないけど。前にPとバーに飲みに行ったあと、Pと・・・ね?」


P「お、おい飛鳥!声が・・・!」


飛鳥「大丈夫だよ。・・・そのための個室なんだから、ね?・・・ね?」ズイ


P「・・・あ、飛鳥、お前まさか今夜・・・」


飛鳥「・・・・・・うん。・・・お願い、P」


P「・・・そっか・・・。」


飛鳥「・・・悩むことなんてないでしょ?自分でボクとキミの明日の予定をオフにしていたの、知ってるよ」


P「・・・。・・・そこまで言われちゃったら腹を括るしかないか。・・・わかったよ飛鳥。俺の家においで」


飛鳥「・・・ふふっ、ありがとう。・・・で、さ。あの夜の時、ボクはどうだったの?」


P「・・・うん、かなり、余裕がない感じだったかな。」


飛鳥「・・・そっか。・・・今度はちゃんと覚えていられるように。・・・お願いね、P」


P「・・・あぁ、わかったよ」ナデナデ


飛鳥「・・・ふふっ」スリスリ




9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:30:43.45 ID:AaTfZpEH0


- 帰り道 -


飛鳥「P・・・ふふっ♪」ギュー


P「飛鳥、手を強く握りすぎ。痛いって」


飛鳥「・・・何、耐えられるでしょ、これくらい」ギュウ


P「いててててて」


飛鳥「・・・ふふっ」


飛鳥「・・・ねぇ、P」


P「ん、なんだ?」


飛鳥「・・・今夜は精一杯頑張るから。・・・よろしくね」


P「・・・飛鳥はあざといよなぁ、そういうところ」


飛鳥「女の武器というやつだよ」


P「その武器強いなー・・・。・・・よし飛鳥、少し歩くの早くするか!」スタスタ


飛鳥「ちょ、P!歩くの早・・・!待ってよ、P!」タッタッ



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:44:04.93 ID:AaTfZpEH0


おしまい
またいずれ二十歳飛鳥の続編書きますので過度な期待はせず待っていてくださいな


↓おまけとして前作で書かれていなかった飛鳥とPの事後の様子を書きたいと思いますドゾー



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:56:29.81 ID:AaTfZpEH0


【おまけ 前作での事後の様子】



P「・・・ふぅ。飛鳥・・・落ち着いたか?」


飛鳥「はぁーっ、・・・はぁーっ・・・。・・大丈夫、だよ。まだ余韻が、残っているけどね・・・んっ」ブルルッ


飛鳥「あは、もう・・・何が何だかわからないうちに、終わっちゃった・・・」


P「飛鳥・・・」


飛鳥「・・・でも、さ。すごく幸せなのは、確かなんだ。おなかの奥から感じられる」オナカナデナデ


P「そっか。なら、よかったよ。飛鳥が幸せなら、それで何よりだ」


飛鳥「・・・ありがとう、P。・・・気持ち、よかっ・・・た・・・」カクッ


P「あ、飛鳥・・・?」


飛鳥「・・・すぅ・・すぅ・・・」


P「なんだ・・・疲れ切って寝ちゃったか」


P「全裸のまま寝ちゃ風邪ひくぞ」モウフカケ


P「・・・俺も寝るとするか。飛鳥の幸せを崩すわけにはいかないしな」


飛鳥「・・・すぅ、すぅ」




飛鳥「・・・ぷろでゅーさぁ、だいすき」





12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 04:59:22.57 ID:AaTfZpEH0



はいこれで今度こそおしまい

やっぱり濡れ場とか事後とか難しいですねぇさっぱり区切りがわからなかった
次回までにはなんとかしたいのう
HTML化出してきます



元スレ
飛鳥「キミと飲む、二杯目のお酒」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489773335/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2017年03月19日 14:21
      • で、本番描写はまだですかね...,
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2017年03月20日 01:27
      • なんか足んねぇよなぁ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2017年03月20日 05:09
      • わっふるわっふる

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    新着コメント
    画像・動画
    • めう「ひなひなと動物園」
    • |w´‐ _‐ノv空に軌跡を描くようです
    • |w´‐ _‐ノv空に軌跡を描くようです
    • サターニャ「地獄少女?」
    • 灰桜色のアイドル【ミリマス】
    • 灰桜色のアイドル【ミリマス】
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • 【ニューダンV3】最原「東条さんが本気出してくる一週間」
    • ガヴリール「シャワーしてるときに視線を感じて怖い」
    • ヴィーネ「サターニャってメガネ似合うわよね」
    • ヴィーネ「サターニャってメガネ似合うわよね」
    • ヴィーネ「サターニャってメガネ似合うわよね」
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ