TOP

おチビ「ねえ、風の子、マメイヌ一匹貰えないかな?」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 06:35:49 ID:p3tBCPro

・・・コロボックル通信社事務所・・・

おチビ=クルミノヒメ「風の子、ここの記事まだ?」

風の子=クリノヒコ「もうちょっと待ってくれ。今書いてるから・・・」

おチビ「活字組むの間に合わないよ。」

風の子「なんとか朝までにしあげるから・・・」

おチビ「がんばって。」



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 06:37:26 ID:p3tBCPro

・・・30分後・・・

おチビ「・・・ヒマダナ・・・」

おチビ「ねえ、風の子・・・」

風の子「なんだい?・・・イソガシイノニ・・・」

おチビ「マメイヌ一匹貰えないかな?」

風の子「マメイヌか・・・無理だよ。」

おチビ「だめ?」

風の子「フエフキがOKださないよ。まだ数が少ないし、マメイヌ隊の分を確保しないと」

おチビ「でも、マメイヌってコロボックルの友達だったんでしょ。マメイヌ隊だけじゃなくて、もっとみんなに・・・・」

風の子「おチビの言うこともわかるけど、ヒイラギノヒコも言ってたじゃないか、まずマメイヌ隊を作れって。それに今記事書いてるんだから、もうちょっと静かにしててくれよ。」

おチビ「ごめんなさい。」



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 06:41:34 ID:p3tBCPro

・・・また30分後・・・

おチビ「・・・マダカナ・・・ネムイ・・・ソウダ!」

おチビ「ねえ、風の子・・・」

風の子「なんだい、今度は?・・・マッタクモウ・・・」

おチビ「眠くない?」

風の子「眠いよ。昨日も徹夜だったし。」

おチビ「ママ先生にね、元気が出るお薬みたいなの貰ったの。」

風の子「そんなものがあるのかい?」



4:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 06:42:43 ID:p3tBCPro

おチビ「赤マムシって言うの」

風の子「なんか怖そうな名前だね。マムシが入っているのかな。」

おチビ「マムシをお酒に漬けて作るらしいんだけど、ママ先生もよく分からないんだって」

風の子「ちょっと貰おうかな。」

おチビ「はい、どうぞ。・・・トクトクトク・・・」

風の子「へえ、意外といいにおいだね。マムシのにおいはほとんどしないな。肝油と一緒で飲みやすくしているんだろうね。」ゴクリ

おチビ「元気になった?」ジー

風の子「どうしたんだい、そんな人の顔のぞき込んで・・・元気になったっていうか、ポーッとしてきた気がする・・・」

おチビ「ホントッ!?」

風の子「何をそんなにうれしそうにしているんだい?」

おチビ「別に・・・」ニコニコ



5:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 06:53:48 ID:p3tBCPro


”誰も知らない小さな国”を読んだことのない人にはチンプンカンプンだと思うんですが、
50年位前の童話なんで知ってる人がどれくらいいるんでしょうか。
ちなみにママ先生とその御主人以外はコロボックルです。



7:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 06:06:00 ID:SkQmjWEo

・・・数日前、せいたかさんの家の居間・・・

おチビ「ハア・・・・」

ママ先生「おチビちゃん、どうしたの?ため息なんかついて。疲れた?」

おチビ「大丈夫です。すみません。」

ママ先生「恋の病・・・かしら?」

おチビ「え、いや、あの・・・・」

ママ先生「クリノヒコが好きなんでしょ?」

おチビ「あの、どうして・・・」



8:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 06:10:02 ID:SkQmjWEo

ママ先生「そりゃあ、分かるわよ。風の子がいるときはソワソワして失敗ばかりしているし、いないときはそうやってすぐため息つくし」

おチビ「ごめんなさい」

ママ先生「いいのよ、うらやましいだけだから。で、風の子の方は?」

おチビ「さあ。マメイヌ捕まえるヒントを思いついたときに、一度は大好きって言ってくれたんですけど・・・」

ママ先生「その後は?」

おチビ「なんにも・・・」



9:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 06:20:27 ID:SkQmjWEo

ママ先生「そうでしょうね・・・風の子もまだ子供だから」

おチビ「結構あたしより年上なんですけれど・・・」

ママ先生「男の子はいくつになっても子供だから。せいたかさんだってそうなのよ。」

おチビ「せいたかさんも・・・」

ママ先生「そうよ。告白してもらうまでどれだけ苦労したことか・・・いっそのこと、オチビから告白したら?」

おチビ「あたしから?」

ママ先生「そうよ、女の子がしおらしく待ってる時代じゃないわ。”もはや戦後ではない”のよ。」

おチビ「・・・でも・・・」



10:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 06:38:57 ID:SkQmjWEo

ママ先生「オチビちゃんらしくないわね。・・・そうだ、いいものあげる。これ、赤マムシって言ってね、
マムシをお酒につけた成分が入ってるらしいの。本当は疲れたときに飲むんだけど、男の人が興奮しやすくなるんだって。
だから、これを風の子に飲ませてから告白すればきっと・・・」

おチビ「ほんとですか?うまくいくかな・・・・」

ママ先生「たぶんね。入れ物ある?」

おチビ「水筒ならここに」

ママ先生「スポイトじゃないと入れられないわね。・・・ポタポタ・・・これでいいわ。応援してるわよ。」

おチビ「ありがとうございます。」



11:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 05:21:31 ID:ks6kIMB6

・・・もう一度コロボックル通信社事務室・・・

おチビ「・・・なんかドキドキする・・・(薬効いたかな)・・・」

風の子「ぼくもだ・・・」

おチビ「ホント!?あの、あたし、実は風の子のこと・・・」

風の子「ゴメン、なんか頭が痛いし気持ち悪いんだ・・・ウッ」バタッ

おチビ「風の子どうしたの!しっかりしてよ!ねえ、起きて!どうしよう!」



12:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 05:24:55 ID:ks6kIMB6

・・・コロボックル通信社休養室・30分後・・・

おチビ「風の子死なない?大丈夫?」オロオロ

ハカセ(カエデノヒコ)「もう大丈夫だよ、余計な物吐かせたし、毒消しを飲ませて落ち着かせたから。」

おチビ「良かった・・・」ホッ

ハカセ「で、風の子に何飲ませたんだって?」

おチビ「ママ先生にもらった赤マムシって言うお薬」

ハカセ「聞いたことはあるな。一応、確認しておくか。おチビ、ママ先生のところまでつきあってくれ。」

おチビ「はい。」シュッ



13:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 05:27:29 ID:ks6kIMB6

・・・せいたかさんの家・・・・

せいたかさん「おや、どうした風の吹き回しだい?ハカセとおチビなんて珍しい組み合わせだね。」

ハカセ「ちょっとママ先生に見せてもらいたいものがあって。」

ママ先生「なに?」

ハカセ「おチビにこの間あげたものを見せてほしいんです。」

ママ先生「おチビにあげたものって・・・えーと、赤マムシ?」

ハカセ「風の子に飲ませたらしいんだけど、そうしたら気を失って。」

ママ先生「エッ、ほんと!」



14:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 05:30:09 ID:ks6kIMB6

ハカセ「はい。だから一応どんなものか確認しておきたくて」

ママ先生「あなた、赤マムシまだ残ってる?」

せいたかさん「うん、そこの箱にあるんじゃないかな・・・。あった、あった。これだよ。」

ハカセ「何が入っているのかな・・・。うーん、エタノールとブドウ糖ぐらいしか分からないな。

せいたかさん、わかりますか?」

せいたかさん「電気のことならある程度分かるんだけど・・・辞典で調べてみるか・・・」



15:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 05:32:34 ID:ks6kIMB6

・・・30分後・・・
ハカセ「特に問題がありそうなものは入ってないな。」

せいたかさん「急性アルコール中毒かな。カフェインとか入ってるのも良くないのかもしれない。
ママ、だめじゃないか不用意に人間の物をコロボックルに食べさせたりしちゃあ・・・」

ママ先生「ごめんなさい。気をつけます。」

おチビ「ママ先生を怒らないでください。ママ先生はあたしのために・・・」

せいたかさん「おチビのため?」

おチビ・ママ先生「・・・・・・・」

ハカセ「・・・・・・。もう、調べることは調べたし、僕はいない方がいいみたいだね。じゃ帰ります。」シュッ



16:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 05:50:40 ID:ks6kIMB6

せいたかさん「行ったみたいだ。」

おチビ「・・・あのう・・・」モジモジ

ママ先生「・・・あのね、おチビちゃんは風の子のことがずっと好きなのよ。
だけど、風の子は、なかなか気がついてくれないんだって。
だから、ちょっとおちびちゃんを勇気づけてあげようと思ってドリンク剤持たせたんだけど。
まさかこんなことになるとは思わないから・・・」

せいたかさん「そうだったのか。風の子は鈍感だからな。」

ママ先生「よく他人のこといえるわね。」

せいたかさん「ゴホゴホ・・・。ま、とにかくだ、おチビは風の子が早く元気になるように介抱してあげたまえ。」

おチビ「ハイ。じゃあ、風の子のところに行ってきます」シュッ



17:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 05:53:33 ID:ks6kIMB6

せいたかさん「風の子とおチビはうまくいくかな?」

ママ先生「大丈夫よ。私たちだってうまくいったでしょ。」

せいたかさん「それじゃ、僕が風の子並みに鈍感だったって言うのかい?」

ママ先生「もっとよ。」

せいたかさん「・・・・・・」



18:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/23(月) 04:56:57 ID:FrRUd2rc

・・・コロボックル通信社休養室・・・・・

風の子「・・・うーーん・・・」

おチビ「あ、風の子。気がついたのね。よかった・・・」

風の子「あれ・・・どうしたのかな?」

おチビ「さっき風の子にお薬飲んでもらったでしょ。あれ、お酒とかいろいろ入っていて、
コロボックルに合わないかもしれないんだって・・・大丈夫?」

風の子「ちょっと頭痛い・・・」

おチビ「ゴメンナサイ・・・」

風の子「そんな泣きそうな顔をするなよ。もう大丈夫だから。」



19:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/23(月) 04:58:35 ID:FrRUd2rc

おチビ「許してくれる?」

風の子「別におチビが悪い事したわけじゃない。何にも怒ってないよ。」

おチビ「ホント?」

風の子「うん。それより今何時?」

おチビ「朝の4時くらい」

風の子「まずいな、記事書くの間に合わない・・・。そうだ、前におチビが書いた詩があるだろう。
あれをコロボックル通信にのせて良いかな?」

おチビ「あたしが書いた詩?」



20:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/23(月) 05:01:12 ID:FrRUd2rc

風の子「うん、はなびらのシンブンっていうやつ。えーと・・・

      うめがさいたら うめのはなびらに
      うたをかこう
      はなびらひとつに うたがひとつ
      かぜがみつけて くばってあるく
         シンブン シンブン
         はなびらのシンブン
      でもこれは
      かぜにあげる てがみなのに
      かぜはよめないものだから
         シンブン シンブン
         はなびらのシンブン・・・」

おチビ「覚えてくれてたんだ・・・」



21:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/23(月) 05:03:56 ID:FrRUd2rc

風の子「人間の新聞には、小説とか詩とかのっているんだよ。ぼくらの新聞にも欲しいなと思っていたんだ」

おチビ「あたしが書いたものなんかで良いの?」

風の子「あの詩、ぼくは大好きなんだ」

おチビ「あの詩が好き・・・」

風の子「うん。」



22:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/23(月) 05:07:34 ID:FrRUd2rc

おチビ「そうなの・・・。でも、のせたら駄目。」

風の子「え、なんで?」

おチビ「あの詩は、”かぜにあげるてがみ”だから。」

風の子「風にあげる手紙?」

おチビ「・・・カゼハヨメナイモノダカラ・・・」

風の子「?」



23:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/23(月) 05:09:20 ID:FrRUd2rc

おチビ「ううん、なんでもない。あたし、新聞のために新しい詩を書く。それでも良い?」

風の子「いや、助かるよ。今度お礼をする。」

おチビ「お礼なんて・・・」

おチビ「・・・・・・!」

風の子「・・・アレ、ナニカヨカラヌコトヲ・・・」



24:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 05:57:07 ID:E65kX9Vw

おチビ「そのお礼、今じゃダメ?」

風の子「良いけど、今は何も出来ないよ・・・」

おチビ「あたしと同じ事言ってくれれば良いわ。」

風の子「何かのおまじないかい?」

おチビ「そう、元気になるおまじない。」

風の子「うん、わかった。」



25:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 05:59:39 ID:E65kX9Vw

おチビ「スクナヒコ様に誓って大事にします。」

風の子「スクナヒコ様に誓って大事にします。」

おチビ「クリノヒメになってください。」

風の子「クリノヒメになって・・・ちょっと待て!」

おチビ「なによ。同じ事言ってって言ったじゃない。」

風の子「だって、クルミノヒメがクリノヒメになるって言ったら・・・」

おチビ「・・・・・」



26:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:01:02 ID:E65kX9Vw

風の子「つまり僕と・・・・・・」

おチビ「うん」

風の子「・・・・・」

おチビ「・・・だめ・・・?」



27:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:01:56 ID:E65kX9Vw

風の子「・・・・・・。前にも言ったけど・・・オチビは、りこうで、元気で、働きもので、おまけに魔女で詩人だ。だから・・・」

おチビ「だから?」

風の子「だから大すきだ。クリノヒメになってくれないか?」

おチビ「はい・・・」



28:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:03:14 ID:E65kX9Vw

・・・数日後・・・
風の子「おーい、フエフキ」

フエフキ「なんだ?」

風の子「コロボックル通信社にマメイヌ1匹もらえないか?」

フエフキ「もうちょっと増えてからなら良いけど。どうしたんだい」

風の子「おチビが飼ってみたいって言ってるんだ。飼育日記を書かせてコロボックル通信に載せたら面白いんじゃないかと思って。」



29:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:04:35 ID:E65kX9Vw

フエフキ「おチビが・・・。そうか、わかった。なら、昨日、訓練するにはまだ早い子犬を捕まえたからそいつをあげるよ」

風の子「ありがとう、おチビが喜ぶよ。悪いな、まだ少ないのに。」

フエフキ「いや、良いんだ。大事にしてやってくれ。」

風の子「大切にするよ。」

フエフキ「・・・・・・ああ、頼む・・・」



30:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:06:41 ID:E65kX9Vw

・・・次の日・コロボックル通信社・・・

風の子「おチビ!ほら、マ・・・」

おチビ「あ、マメイヌ!!貰ってきてくれたの!」

風の子「ああ、フエフキがくれたんだ。まだ訓練するには小さすぎるからって・・・」

おチビ「かわいい!ヨシヨシ、いい子いい子。コラ、そんな舐めたらくすぐったいでしょ。」

風の子「良かった、喜んでくれて・・・」

おチビ「風の子、大好きよ!チュ」

風の子「な、な、何をするんだ!」



31:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:08:29 ID:E65kX9Vw

おチビ「キス。知らないの?人間がやるでしょ。」

風の子「知らないわけじゃないけど・・・」

おチビ「せいたかさんとママ先生だってしてるのよ。」

風の子「え?」

おチビ「このあいだ、寝室でね・・・」

風の子「寝室は入っちゃ駄目だってあれほど・・・」



32:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:10:44 ID:E65kX9Vw

おチビ「しょうがなかったのよ。ママ先生のパジャマのポケットで居眠りしてたら、いつの間にか寝室にいたんだもの。」

風の子「もうそんなところで居眠りしたら駄目だぞ。」

おチビ「はい、今度から気をつけます。でね、せいたかさんたらキスだけじゃなくって・・・ヒソヒソ・・・」

風の子「・・・・・・」

おチビ「どうしたの、真っ赤になって・・・。」

風の子「うるさい!」



33:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:13:24 ID:E65kX9Vw

おチビ「ねえ、風の子?」

風の子「なんだ?」

おチビ「あたしたちも同じことしてみない?」

風の子「バカッ!もう仕事行くからな!」シュッ

おチビ「あ、風の子ぉ・・・・。やっぱりママ先生の言うとおりみたい、フフッ。」



34:以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 06:15:28 ID:E65kX9Vw

ひとまず、終わりです。
永年の妄想を形にしてみたけど、やっぱり無理があったかな・・・



元スレ
おチビ「ねえ、風の子、マメイヌ一匹貰えないかな?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1387488949/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月25日 23:46
          • マメ○○「ねぇ知ってる?人間のお口の中には約2億個の細菌が住んでいるんだよ?」
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月27日 10:32
          • 懐かしい
            昭和の世界も悪くない
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年05月21日 21:08
          • 原作を知らなかったけど読んでみたくなったな
            SSも、読んでいて心が温まりました
            楽しかったありがとう

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ラブライブサンシャイン】8人「ポッキーの日だからCM撮るよ果南ちゃん!」果南「えっ!?」
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 【ミリマス】千鶴「懐古」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ