TOP

バーダック「伝説の超サイヤ人だと?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:16:48.09 ID:7ZPR0EC30

ドラゴンボールゼノバースの世界観入ってます

あと、ドラゴンボールヒーローズの仮面のサイヤ人が出てきますが、仮面のサイヤ人の設定は総無視してます





少年悟空「オッス!おめぇ変な顔してんな~」


仮面のサイヤ人「ん・・・?カカロッ・・・なんだ貴様は」


少年悟空「オラは孫悟空ってんだ!おめぇは?」


仮面のサイヤ人「俺か?俺は・・・」




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:18:17.41 ID:7ZPR0EC30

~数年前~


バーダック「ん、ここは・・・!?」


閻魔「貴様がバーダックだな?」


バーダック「そうだが・・・ここはどこだ?」


閻魔「ここは死んだ者が天国へ行くか地獄へ行くかを決める場所だ」


バーダック「ほう・・・そんな物騒なところにいるってことは、俺は死んだんだな?」


閻魔「ああ、そうだ・・・貴様が死んだ時のことを思い出せないか?」


バーダック「いや、思い出してきたぜ・・・」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:20:28.59 ID:7ZPR0EC30

バーダック『これで全てが変わる・・・この惑星ベジータの運命・・・この・・・俺の運命!・・・カカロットの運命、そして・・・お前の運命も!!』


バーダック『これで最後だああああああ!!!』


フリーザ『ほっほっほ・・・』キュイィィン


フリーザ『・・・・・・』スッ


バーダック『な、なんだとぉ!?』


ゴゴゴゴゴ・・・


バーダック『ぐあああああああああああ!!!』


フリーザ『ホーッホッホッホ!!見てごご覧なさい!!ザーボンさん!!ドドリアさん!!綺麗な花火ですよ!!』


フリーザ『ハーッハッハッハ!!』



バーダック『(カカロットよーっ!!)』


バーダック『(カカロットよ・・・オレの意思を継げ!サイヤ人の、惑星ベジータの仇をお前が討つんだ!!』



バーダック『そうだ、俺はフリーザの野郎に惑星ベジータと共に消されたんだ・・・』



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:23:23.15 ID:7ZPR0EC30

バーダック「おい、俺はどうせ地獄行きなんだろ?」


閻魔「当然だ。生前の貴様は多くの人々を殺し、その星に住んでいた者の土地を奪い、フリーザという災厄に従い続けたのだからな」


バーダック「ま、そうだろうな。それなら早く連れていってくれ。あいつらと・・・トーマ達と地獄でも大暴れしたいんでね」


閻魔「ふんっ、地獄で貴様らがどうしようが勝手だが・・・その前に貴様にはやってもらいたい事がある」


バーダック「やってもらいたいこと?」


閻魔「ああ、貴様の息子。孫悟空・・・いや、カカロットと共に世界を救ってほしい」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:25:40.85 ID:7ZPR0EC30

仮面のサイヤ人「そんなことより小僧、お前は強いのか?」


少年悟空「オラか?オラはすっげえ強いけど・・・でもおっちゃんのほうが強そうだな!ワクワクすっぞ!」


仮面のサイヤ人「ふん・・・小僧」


少年悟空「ん?」



仮面のサイヤ人「お前はもっと強くなれるはずだ」



仮面のサイヤ人「お前はまだまだ弱い」



仮面のサイヤ人「誰よりも強くなって」



仮面のサイヤ人「そして、俺よりも強くなるんだ」



仮面のサイヤ人「お前なら出来る・・・」


仮面のサイヤ人「俺のガキならな」


少年悟空「え?」


仮面のサイヤ人「じゃあな、またいつか会おうぜ」ピシュン


少年悟空「お、おい!おっちゃん!」


少年悟空「消えちまった・・・」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:27:31.69 ID:7ZPR0EC30

~十数年後~



仮面のサイヤ人「・・・・・・」


仮面のサイヤ人「閻魔の言ってたやつ・・・そろそろかだな」




バーダック『カカロットと世界を救う・・・?』


バーダック『なんでカカロットが出てくるんだ。そもそも、世界を救うとかそういうのは生きてる奴らのすることだろ』


バーダック『それも俺のような悪党なんかに頼むとは・・・イカれてやがるな』


閻魔『伝説の超サイヤ人を知ってるか?』


バーダック『伝説の・・・超サイヤ人?』


バーダック『ほう、面白そうだな、どこに行けばそいつに会えるんだ?』



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:29:03.64 ID:7ZPR0EC30

とある日


悟空「界王様!話ってなんだ?」


界王「来たか悟空・・・実はな、南の銀河を伝説の超サイヤ人が襲い、次はこの北の銀河をも襲おうとしているのだ・・・」


悟空「伝説の・・・超サイヤ人?」


界王「ああ。そこで、お前にその伝説の超サイヤ人の事を調べてきてもらいたい・・・」


悟空「いいぜ!どこに行きゃそいつに会えんだ?」


界王「まずは南の銀河へ行ってみるといいじゃろう」


悟空「おっけー!よし、行ってみってか!」ピシュン


界王「頼んだぞ・・・!」




悟空「なあ界王様!その前に飯食わせてくれ!」ピシュン


界王「だああああ!!」ドテッ



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:30:20.72 ID:7ZPR0EC30

同じ頃・・・


ベジータ「新惑星ベジータ?」


未来トランクス「ダメです!そんな話に乗っては!」


ベジータ「パラガス、案内しろ」


未来トランクス「父さん!!」


パラガス「あなたもどうぞ?ベジータ王の血を継ぐトランクス王子・・・」


未来トランクス「・・・?」




??「・・・トランクス」


??「未来ではお世話になったわね・・・」


??「たっぷりお礼をしてあげるわ・・・!」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:31:42.40 ID:7ZPR0EC30

新惑星ベジータ



仮面のサイヤ人「ここが伝説の超サイヤ人がいるって星か・・・」


警備員「おい!貴様何者だ!」


仮面のサイヤ人「ちょっくら黙ってな」ドカッ


警備員「ぐわぁ・・・!!」



ピー!!!!!



警備員2「おい!そこで何をしている!」


警備員3「なんの騒ぎだ!?」



仮面のサイヤ人「ちっ、ギャラリーが増えて面倒だな。少しの間隠れるか」サッ



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:32:59.30 ID:7ZPR0EC30

ブルマ「新惑星ベジータ?バカじゃないの?」


未来トランクス「母さん!父さんは必ず俺が連れて帰ります!」


ブルマ「トランクス・・・!」



亀仙人「うおおおい!ベジータ!儂も連れてけ~!」


クリリン「ちょ、ちょっと!ダメですよ!」


悟飯「わわわっ!」


ウーロン「おいこらジジイ!やめろ!」



??「・・・ここまではほぼ歴史通りってところね」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:34:06.89 ID:7ZPR0EC30

仮面のサイヤ人「ん?あの城はなんだ?」


仮面のサイヤ人「あそこから嫌な気配がするぜ・・・」


警備員2「いたぞ!!」



ピー!!!!



警備員4「捕まえろ!!」



仮面のサイヤ人「ちっ・・・」サッ



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:35:31.66 ID:7ZPR0EC30

悟空「いや~!食った食った!」


界王「悟空、そろそろ・・・」


悟空「分かってるって!ごちそうさん!」


悟空「えーと、サイヤ人の気は・・・あった!」


悟空「今度こそ行ってくる!じゃあな!」ピシュン




界王「・・・悟空、頼んだぞ」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:37:24.67 ID:7ZPR0EC30

パラガス「ベジータ王、銀河から集めたならず者達があなたの従僕として歓迎しております」


ならず者「ベジータ王ばんざーい!」


ならず者「ばんざーい!」


ならず者「ハゲーッ!!」


ならず者「うおおおおおおおおお!!!」


ベジータ「ふんっ」


ブ口リー「・・・・・・」


パラガス「息子です。何なりとお使いください!」


ブ口リー「ブ口リー・・・です」


ベジータ「貴様、サイヤ人だな?」


ブ口リー「はい・・・」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:38:36.95 ID:7ZPR0EC30

仮面のサイヤ人「奴らはどこかへ消えたか・・・」


仮面のサイヤ人「一先ずあそこの城へ行ってみるとしよう」



シャモ「うわぁ!」


監視兵「サボってるんじゃない!!!」


シャモじいちゃん「し、シャモは悪くねえ!悪いのはワシじゃ!」


監視兵「ええい!クソガキが!」ブン


シャモ「うっ!!」バチン


シャモじいちゃん「頼む!!やめてくれ!!」



仮面のサイヤ人「あれは・・・」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:40:12.84 ID:7ZPR0EC30

監視兵「さっさと仕事に戻れ!!」ブン


シャモ「うっ・・・!?」



仮面のサイヤ人「よぉ、ちょっと俺の質問に答えてくれるか?」パシッ


監視兵「な、なんだお前は!?すぐに増援を・・・!」サッ


仮面のサイヤ人「おっと」バキッ


監視兵「くそっ、笛が・・・いつの間に!?」


仮面のサイヤ人「また大勢で来られると面倒なんでね・・・おい、あそこの城には誰がいる?」


監視兵「さあな・・・」


仮面のサイヤ人「だんまりか」


監視兵「そ、そう簡単には口は割らん!」


仮面のサイヤ人「なら、もう用はねえ・・・死にな」ポ-ヒ


監視兵「ぐああああ・・・!」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:42:13.19 ID:7ZPR0EC30

悟空「伝説の超サイヤ人はもうここにはいねえ・・・けど、ここまで強烈に気が残っているなんてな・・・」


悟空「もしかしたら、そいつのパワーはオラ達よりも上かもしんねえ・・・」


悟空「・・・・・・」


悟空「ダメだ・・・オラ、わくわくしてきたぞ!」



悟空「ん?あっちのほうからサイヤ人の気を感じる」


悟空「怪しいな、瞬間移動でそこまで行ってみっか!」ピシュン



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:43:34.80 ID:7ZPR0EC30

シャモ「その・・・ありがとう!」


仮面のサイヤ人「あ?」


シャモ「俺たちを助けてくれてありがとう!」


仮面のサイヤ人「勘違いすんな。ったく、これだからお坊っちゃまは・・・」


仮面のサイヤ人「まあいい、そういう事にしておくさ」


仮面のサイヤ人「それより、お前はあそこの城の事を知ってるか?」


シャモ「ああ、あの城はパラガスっていうやつが作ったんだけど・・・」


シャモ「俺たちをシャモ星から奴隷として連れてきて・・・「ちょっと待て」


仮面のサイヤ人「今、パラガスと言ったか?まさかとは思うがそいつ、尻尾が生えているんじゃないか?」


シャモ「え?そうだよ!サイヤ人っていう種族で戦闘民族らしいんだ!」


仮面のサイヤ人「なるほどな・・・読めてきたぜ・・・」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:44:42.13 ID:7ZPR0EC30

ならず者「申し上げます!伝説の超サイヤ人が現れました!」


ベジータ「なに!?よし、そこまで案内しろ!後に続け、ブ口リー!」


未来トランクス「闇雲に出かけるのは危険です!もっと情報を集めてからでも!!」


ベジータ「臆病者は着いて来なくてもよい!ブ口リー、早くしろ!」


未来トランクス「父さん!!」


パラガス「ふっ・・・」



??「良い調子ね・・・」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:46:53.11 ID:7ZPR0EC30

未来トランクス「俺たちが都市だと思っていた場所は、どうやら廃墟だったようですね」


未来トランクス「一体、パラガスは何を考えているんだ・・・?」


クリリン「あっ!おい、見ろよ!誰かいるぞ!」


悟飯「ホントだ!行ってみましょう!」




仮面のサイヤ人「よし、パラガスのところに行ってみるか・・・」


仮面のサイヤ人「ん?お前たちは誰だ?」



クリリン「あ、あいつ・・・」


悟飯「尻尾がある・・・!」


未来トランクス「ということは・・・サイヤ人!?」


クリリン「もしかして、こいつが伝説の超サイヤ人なんじゃ・・・!?」


仮面のサイヤ人「おい、お前らは誰なんだ」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:48:06.76 ID:7ZPR0EC30

悟飯「お前こそ何者なんだ!!」


仮面のサイヤ人「俺か?俺はただのサイヤ人だ」


クリリン「くっ・・・や、やっぱりサイヤ人なのか・・・!!」


クリリン「この星をどうする気なんだ!!へ、変なことは考えないほうがいいぞ!!お、俺たちはとっても強いんだ!!」


クリリン「オラオラオラオラオラオラ!!!!」シュババババ


仮面のサイヤ人「・・・・・・」


クリリン「たたたたたたたたた!!!」シュババババ


悟空「・・・・・・」ピシュン


クリリン「だらぁ!!!」ドカッ


悟空「ぐお!?」バキッ



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:49:27.94 ID:7ZPR0EC30

悟空「いってえええええ!!」


悟空「って、クリリン!?悟飯にトランクスまで・・・おめぇら一体何してんだ?」


クリリン「ご、悟空!?お前こそなんでここに・・・」


悟空「オラ、界王様に言われて伝説の超サイヤ人を探せって言われてよ」


悟空「んで、とりあえずサイヤ人の気を追って瞬間移動してきたんだけど・・・」


クリリン「お、お前も伝説の超サイヤ人を探しに来たのか・・・」


クリリン「っていうか、サイヤ人の気って・・・まさか仮面のこいつの気か!?」


クリリン「って、あれ・・・?」


未来トランクス「いつの間にかいなくなってますね・・・」


悟空「ん?他にも誰かいたんか?」


悟飯「はい・・・実はさっきまでここに、見たこともないサイヤ人がいて・・・」


悟空「ホントか!?」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:50:51.30 ID:7ZPR0EC30

悟空「ま、瞬間移動でならそのサイヤ人がどこへ行っちまってもすぐに見つけれるはずだ・・・」


悟空「・・・・・・」


クリリン「どうだ?」


悟空「見つけた!!オラに捕まれ!!」


クリリン「お、おう!」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:52:44.31 ID:7ZPR0EC30

仮面のサイヤ人「さて、城へ迎うか・・・」


悟空「・・・・・・」ピシュン


仮面のサイヤ人「ん?」


クリリン「あっ、こいつだ!!」


仮面のサイヤ人「お前ら・・・どうやって追いかけて来やがった」


悟空「瞬間移動って言ってな、気を追ったりその場所をイメージすることでどこへでも瞬間的に移動出来るんだ」


悟空「サイヤ人にしては気のコントロールが上手いみてぇだが、瞬間移動で探知出来ないぐれぇにまで気を上手く落とさねえとな」


仮面のサイヤ人「なるほどな・・・」


未来トランクス「お前は一体何ものなんだ!?」


悟飯「やっぱり・・・お前が伝説の超サイヤ人なのか!?」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:54:51.92 ID:7ZPR0EC30

仮面のサイヤ人「確かに俺はサイヤ人だ」


クリリン「やっぱりか・・・」


仮面のサイヤ人「だが、俺はお前らが探している伝説の超サイヤ人じゃねえよ」


未来トランクス「そんなの信じられるか!」


悟飯「お前の目的はなんだ!」


仮面のサイヤ人「なに、俺もその伝説の超サイヤ人を探していてな」


仮面のサイヤ人「だから、別にお前らに用はないし、お前らから見ても俺は敵ってわけじゃないと思うぜ?」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:56:30.44 ID:7ZPR0EC30

悟空「・・・・・・」


未来トランクス「ちょっと待ってください」


未来トランクス「伝説の超サイヤ人のことを知っている人は、パラガス、そのパラガスから話を聞いた俺と悟飯さんとクリリンさん、そして父さん」


未来トランクス「他には界王様と、その界王様から話を聞いた悟空さん・・・」


未来トランクス「そして、残るはその伝説の超サイヤ人本人だ」


クリリン「て、てことはやっぱり・・・」


悟飯「こいつが伝説の超サイヤ人・・・?」


仮面のサイヤ人「ちっ・・・何回も同じ事を言わせんな。俺はサイヤ人だが、伝説の超サイヤ人ではねえよ」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 01:01:21.02 ID:7ZPR0EC30

クリリン「そんな事言われてもすぐに信用出来るかよ・・・なあ、悟空?」


悟空「・・・伝説の超サイヤ人じゃねえっていうんならそうなんじゃねえのか?」


悟飯「え?」


悟空「伝説の超サイヤ人の話だって、オラ達みたいな地球で暮らしてるやつには身近な話じゃないってだけで、本当はもっと宇宙中に知られてる話なのかもしんねえし・・・」



未来トランクス「ま、まあ確かにそうですが・・・」


悟空「それに、なんとなくだけどさ」


悟空「確かに気を感じ取ってみるとすっげえ悪い気なんだけどさ、極悪人って感じもしねえんだよな」


仮面のサイヤ人「ちっ・・・」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 01:02:15.17 ID:7ZPR0EC30

仮面のサイヤ人「まあいいさ、お前らが何を思おうが俺は俺で好き勝手にやらせてもらう」


仮面のサイヤ人「目的は同じみてえだが、お前らと馴れ合う気はねえよ」


仮面のサイヤ人「じゃあな」スタッ


クリリン「あっ、おい!」


悟飯「お父さん!また瞬間移動で・・・」


悟空「気を完全に消してるみてえだ。どうやら、たった今気を消す技術を身につけたみてえだな」


未来トランクス「そんな・・・」


悟空「まっ、目的は同じなんだろ?だったらまたそのうち会うさ!」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 01:04:07.50 ID:7ZPR0EC30

ベジータ「ここの惑星に伝説の超サイヤ人がいたんだな?」


パラガス「そのようでございます」


ベジータ「どうやら、その伝説の超サイヤ人はもういないようだな。気も感じ取れん」


ブ口リー「・・・・・・」


ブ口リー「・・・・ぐうっ!」


ベジータ「ん?」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 01:06:21.74 ID:7ZPR0EC30

??「ブ口リー・・・あなたに魔術にかけてあげるわ・・・」


??「これで貴方はもっと強くなれる・・・」


??「そして、ベジータを殺すのよ!!」


??「そうすれば歴史が大きく改変されるわ・・・」




SSブ口リー「ぐおおおおお!!!」


ベジータ「なんだと!?」


パラガス「ぶ、ブ口リー!?落ち着け!!」


パラガス「制御装置が効かない・・・!!」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:48:19.02 ID:7ZPR0EC30

悟空「な、なんだこの気は・・・!」


未来トランクス「ど、どうやらここの星から感じる気ではないみたいですが・・・」


悟飯「もしかして、別の惑星からこの気が流れてるの!?」


クリリン「悟空!その気のところまで瞬間移動だ!」


悟空「お、おう!」ピシュン






仮面のサイヤ人「この気・・・ついに伝説の超サイヤ人のお出ましか!」


仮面のサイヤ人「おい閻魔!早く俺を伝説の超サイヤ人がいる星に連れていけ!」


仮面のサイヤ人「・・・・・・」


仮面のサイヤ人「ちっ、気の流れが不安定なせいで閻魔とコンタクトが取れねえ・・・」


仮面のサイヤ人「しょうがねえ、俺はまずあそこの城の中を調べてみるか」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:49:38.01 ID:7ZPR0EC30

凶悪化ブ口リー「・・・・・・」


凶悪化ブ口リー「うおおおおおおおおおおお!!!!」


ベジータ「な、なんだ・・・!?この禍々しい気は・・・!」


ベジータ「か、勝てるわけがない・・・!」



??「ブ口リーは私の力によって、さらに強い力を得ているわ・・・」


??「ふふふ、ブ口リーがこの世界を滅ぼすのも時間も問題ね」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:51:18.06 ID:7ZPR0EC30

SSベジータ「ぐあああああああ!!!!」ゴスッ


ベジータ「く、くそぉ・・・!」


凶悪化ブ口リー「殺してやる・・・殺してやるぞ!!!」


悟空「ベジータ!!」ピシュン


ベジータ「か、カカロット!?」


未来トランクス「父さん!大丈夫ですか!」


ベジータ「ちっ、貴様ら・・・なんで来やがった!!」


ベジータ「言っておくが、俺たち全員でかかっていってもあいつには勝てんぞ・・・命が惜しければ瞬間移動で地球に帰ることだな・・・」


未来トランクス「父さん・・・」



凶悪化ブ口リー「カカロット・・・!!!」


悟空「・・・おめぇが伝説の超サイヤ人だな?」


SS悟空「オラが相手になってやる!!」シュインシュイン



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:52:14.37 ID:7ZPR0EC30

SS悟空「だだだだだだだ!!だりゃああああ!!」ダダダダ


凶悪化ブ口リー「・・・・・・」


SS悟空「いってぇぇぇ!!おめぇの身体すっげえ硬えんだなぁ」


SS悟空「なら、こいつはどうだ?」


SS悟空「かめはめ・・・波ッ!!!!」


凶悪化ブ口リー「!?」



モクモク・・・



SS悟空「ふぅ・・・」


クリリン「やったか!?」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:53:47.08 ID:7ZPR0EC30

SS悟空「いや、まだだ!」


凶悪化ブ口リー「うおおおおおおおお!!!」ブオオオオ


凶悪化ブ口リー「はあっ!!!!」ババババ


SS悟空「やべぇ!みんな逃げろ!」サッ


SS未来トランクス「なんて量の気弾だ!」サッ


SS悟飯「一発でも当たったらすぐにやられちゃいますよ!」サッ


SSベジータ「クソッタレー!!!」サッ


クリリン「みんな!大丈夫か!?」



ヒュ-----



クリリン「ん?」



ヒューーーーー



クリリン「こっちきたぁぁぁぁ!!!」


クリリン「ぎゃあああああ!!!」ドカ-ン


クリリン「な、なんで俺だけ・・・!!」バタッ



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:55:56.43 ID:7ZPR0EC30

SSベジータ「ギャリック砲!!!」


SSベジータ「はああああああああああああ!!!」


SS未来トランクス「父さん!!俺もやります!!ギャリック砲!!!」


SSベジータ「トランクス!?」


SS未来トランクス「協力します!」


SSベジータ「引っ込んでろ!邪魔だ!」


SS未来トランクス「はああああああ!!!!」


SSベジータ「話を・・・聞きやがれ!!!はああああああああ!!!」


凶悪化ブ口リー「・・・・・・」


SS未来トランクス「び、ビクともしていない・・・」


凶悪化ブ口リー「なんなんだぁ?今のは」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:00:16.68 ID:dI+zPUWP0

SS悟飯「トランクスさん!もう一発お願いします!」


SS未来トランクス「悟飯さん!分かりました!」


SS悟飯未来トランクス「うおおおお!!!魔閃光!!!」


ブ口リー「・・・・・・」ドカ-ン




悟飯未来トランクス「はあ・・・はあ・・・」


未来トランクス「これならどうだ!」



悟空「ブ口リーをやったんか!?」


ベジータ「おい!そんなこと言ったらフラグが・・・」



凶悪化ブ口リー「ふっはっはっは!!!その程度の攻撃では俺は倒れんぞ!!!」



悟空「くそっ、なんてやつだ!」


ベジータ「おい、貴様のせいだぞ!」


悟空「えっ?オラのせいなんか・・・」



凶悪化ブ口リー「はあああああ!!!お返しだ!!!」シュイイイン


未来トランクス「しまっ・・・うわああああああ!!!」ドカ-ン

悟飯「トランクスさん!!!」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:07:43.39 ID:dI+zPUWP0

未来トランクス「くそっ・・・」バタッ


SSベジータ「トランクス!!馬鹿が・・・だから帰れと言ったんだ」


凶悪化ブ口リー「さあ、カカロットの息子・・・次は貴様の番だ」


悟飯「ん!?」


凶悪化ブ口リー「ふん!!」バキッ


悟飯「かっは・・・!!!」バタッ


悟飯「ゲホッ!ゲホッ!」


凶悪化ブ口リー「はっはっはっは!!」シュイイイン


悟飯「(まずい!これを撃たれたら間違いなく殺される・・・!)」


悟飯「太陽拳!!」ピカ-



凶悪化ブ口リー「なにぃ!?」


凶悪化ブ口リー「ぐおおおおおおおおお!!



悟飯「あ、危なかった・・・あ、ベジータさん!」


SSベジータ「ふんっ、たったの一撃でここまでへばりやがって・・・ここから先は、この俺の邪魔にならんようにあそこで休んでろ!」


悟飯「は、はいっ!」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:11:39.72 ID:dI+zPUWP0

凶悪化ブ口リー「ぐっ・・・ようやく目の前が見えたか・・・」


凶悪化ブ口リー「あのカカロットの息子はどこへ行った!?」


ベジータ「さあな」


凶悪化ブ口リー「貴様は・・・ベジータ!!」


凶悪化ブ口リー「お前だけは簡単には死なさんぞ」


SSベジータ「クソッタレ、俺はどうすればいいのだ・・・ん?」


SSベジータ「・・・・・・」ニヤァ


ベジータ「ふう・・・」


凶悪化ブ口リー「どうした?俺に敵わんと気づいて諦めたか?」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:13:15.37 ID:dI+zPUWP0

ベジータ「いや、超サイヤ人のことを教えてやろうと思ってな」


凶悪化ブ口リー「は?」


ベジータ「まず、今の俺が普通のベジータだ」


ベジータ「はあっ!!」シュインシュイン


SSベジータ「これが超サイヤ人。まあ、超サイヤ人ベジータってところか」シュインシュイン


凶悪化ブ口リー「・・・・・・」


超SSベジータ「そして、これが超サイヤ人を超えた超サイヤ人・・・」シュインシュイン


超サイヤ人ベジータ「はあああああああ
あ!!!」シュインシュイン


超ベジータ「待たせたな・・・これが超ベジータだ」ドヤァ


凶悪化ブ口リー「・・・・・・」


超ベジータ「そして」


凶悪化ブ口リー「ん?」



悟空「ブ口リー!!!くたばっちまえええええ!!!」ゴオオオオ



超ベジータ「あれが元気玉だ」



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:14:48.71 ID:dI+zPUWP0

凶悪化ブ口リー「な、なにぃ!?」


悟空「伏せろ!ベジータ!」


ベジータ「くっ・・・!」


凶悪化ブ口リー「こ、この俺がああああああああああ!!!!!」メキメキ


凶悪化ブ口リー「ぐあああああああああああ!!!!!!」



ドオオオオオオオン



悟空「はあ・・・はあ・・・」


悟空「な、なんとかなった・・・か?」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 20:21:54.09 ID:mgzqHn9Z0

悟空「サンキューな、ベジータ。プライドの高いおめぇが、まさかこんな陽動をしてくれるとは思ってなかったぞ」


ベジータ「ふん・・・今回限りだ」


悟空「ははっ!さて、クリリン達を連れて地球に帰ぇるか!」


ベジータ「黙れ、貴様が仕切るんじゃ・・・」


ベジータ「あっ・・・な、なんだとぉ!?」


悟空「ん?どうした?」


ベジータ「カカロット!!貴様、元気玉ならあの化け物を倒せるんじゃなかったのか!!」


悟空「なっ、まさか!!」



凶悪化ブ口リー「はあ・・・はあ・・・」



悟空「ブ口リー!?ま、やっぱ無理だよな」


ベジータ「えっ」



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 20:25:21.08 ID:mgzqHn9Z0

凶悪化ブ口リー「カカロット・・・許さんぞ・・・」


凶悪化ブ口リー「殺す・・・殺してやる!!!」



ベジータ「ちっ、化け物め・・・」


悟空「ははは・・・こりゃやべぇな」


悟空「悟飯・・・トランクス・・・クリリン!」


悟空「オラがオメェ達のこと守ってやっからな!」



凶悪化ブ口リー「ふっはっはっは!!」



悟空「くるぞ!!」



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 20:27:40.88 ID:mgzqHn9Z0

凶悪化ブ口リー「カカロットぉぉぉ!!!!」ピシュン


凶悪化ブ口リー「うおおおおお!!」バシュン


悟空「しまった、避けれねえ!!」


ベジータ「カカロット!!」


悟空「(これまでか・・・!?)」


悟空「(悟飯、クリリン、トランクス・・・やっぱ無理かもしんねえ)」



仮面のサイヤ人「おい、なにボサっとしてやがる」



悟空「お、おめえは・・・!」


仮面のサイヤ人「捕まれ!」ピシュン



凶悪化ブ口リー「消えた・・・?」



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:02:51.24 ID:mgzqHn9Z0

仮面のサイヤ人「・・・・・・」ピシュン


悟空「こ、ここは・・・あの世か!?」


仮面のサイヤ人「そうだ。お前も何回か来たことがあるはずだ」


悟空「助けてくれた事には感謝するけどよ、おめぇは一体なにもんなんだ?」


悟空「ブ口リーの攻撃を避けるために一気にあの世に瞬間移動するだなんて、どう考えたってただの人間なわけがねえ」


仮面のサイヤ人「さあな、俺のことは後回しだ」


仮面のサイヤ人「それより、生きてる状態のお前が長い間あの世にいるのは危険だ」


仮面のサイヤ人「ここは界王や閻魔がいるような場所じゃねえ、正真正銘の死後の世界なんでな」


仮面のサイヤ人「さっさと戻るぞ」


悟空「お、おう・・・」



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:03:59.73 ID:mgzqHn9Z0

ベジータ「カカロットのやつめ、まさか自分だけ瞬間移動で地球に戻ったのではあるまいな・・・」


ベジータ「クソッ!もしそうだとしたら、やつの家族を皆殺しにしてやる!生きていたらの話だがな・・・」


ベジータ「俺もこれまでか・・・?」


仮面のサイヤ人「・・・・・・」ピシュン


悟空「おっす!」


ベジータ「か、カカロット!!」バッ


ベジータ「・・・ふんっ、死にに戻ってきやがったか」


悟空「なんかおめぇ、ちょっと嬉しそうだな」



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:05:43.86 ID:mgzqHn9Z0

仮面のサイヤ人「おい、ちんたら話してる余裕はねえぞ」


仮面のサイヤ人「俺たちの気を探って、すぐにでもブ口リーがここにくるはずだ」


ベジータ「・・・おい、貴様は誰だ」


仮面のサイヤ人「あ?またその質問か・・・って、あんたまさかベジータ王子か?」


ベジータ「ほう、俺を知ってるのか?その尻尾・・・貴様、サイヤ人だな?」


仮面のサイヤ人「まあな」


仮面のサイヤ人「先に言っておくが敵が同じやつだからこうして一緒にいるだけで、てめぇらと馴れ合うつもりはねぇぜ?」


ベジータ「ふん、こちらも同じだ。貴様らと馴れ合うつもりはない」


仮面のサイヤ人「ほう、分かってるじゃねえか」


ベジータ「ふんっ」


悟空「へ~サイヤ人ってホントにめんどくせえんだな」



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:11:22.48 ID:mgzqHn9Z0

仮面のサイヤ人「とりあえず、お前らに話すことがある」


悟空「オラたちにか?」


仮面のサイヤ人「ああ、そうだ」


仮面のサイヤ人「ブ口リーの事なんだが・・・今、あいつはあるやつの術のせいで、本来よりも強大な力を持ってやがる」


ベジータ「なん・・・だと!?」


悟空「そのあるやつって一体・・・」


仮面のサイヤ人「ああ、そいつの名はトワっていうらしい。俺もまだ会ったことすらないがな」


仮面のサイヤ人「そいつは時間を越える力を持っていて、各時代の強者のパワーを奪って暗黒魔界の復活を志しているそうだ」


仮面のサイヤ人「今回の騒動も、お前ら二人のパワーを奪うために起こっていることだろう」


悟空「そういうことだったんか・・・」



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:13:52.86 ID:mgzqHn9Z0

ベジータ「ブ口リーがあそこまで凶悪化しているのはそういうことだったのか」


ベジータ「だが、それを貴様はどこで知った?」


仮面のサイヤ人「さあ、どこだろうな」


ベジータ「貴様・・・まあいいだろう」


ベジータ「あの化け物を倒す術がない以上、とりあえず貴様の言うことを信じてやる」


悟空「よし、そうと決まればそのトワっちゅうやつのところまで瞬間移動だ!」


悟空「実は、さっきからブ口リー以外にもいや~な気をしてるやつがいるみてえなんだ」


悟空「オラに捕まればそいつのところまですぐに瞬間移動で連れて行ってやれる!」



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:17:59.58 ID:mgzqHn9Z0

トワ「暗黒魔界の復活も目前・・・」


悟空「・・・・・・」ピシュン


トワ「あら、やっぱり気づかれてたのね」


悟空「おめぇがトワだな?」


トワ「ええ、そうよ。私のことはそこの仮面の男から既に聞いているようね」


仮面のサイヤ人「・・・・・・」


ベジータ「貴様が何を企んでるのかは知らんがそんなことはどうでもいい。俺が貴様の相手になるぞ」


トワ「ふふっ、悪いけど今はあなた達の相手をしているわけにはいかないわ。消えさせてもらうわよ」シュッ


ベジータ「なっ・・・」


悟空「うわっ、いなくなっちまったぞ!」



トワ「(ベジータも殺せなかったようだし、謎の仮面の男もいるし・・・もうこの時代に用はないわね)」


トワ「(あの仮面の男は誰なのか・・・気になるわね)」



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:19:45.29 ID:mgzqHn9Z0

ベジータ「おい、やつに逃げられてしまってはブ口リーにかけられている術が解けないんじゃないのか?」


仮面のサイヤ人「いや、逆だな。やつは完全にこの歴史から姿を消したようだ」


仮面のサイヤ人「この時代から消えてしまったということは、トワがブ口リーに術をかけ続けることも不可能になる」


ベジータ「なるほど、つまり今のブ口リーは先ほどより弱体化しているということだな?」


仮面のサイヤ人「ああ、そう思ってくれて構ねえよ」


悟空「そうか・・・これでなんとかなりそうだな!よし、ブ口リーを倒しに戻るぞ!」



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:23:09.51 ID:mgzqHn9Z0

凶悪化ブ口リー「くっ・・・気が消えていくっ!?」


ブ口リー「一体なんなんだ・・・?」



悟空「ブ口リー!!」


ベジータ「待たせたな」


仮面のサイヤ人「・・・・・・」



ブ口リー「む・・・?貴様ら、死にに戻ってきたか?」


ベジータ「いや、貴様を殺しに来たんだ!!」


悟空「いくぞ!!」


超ベジータ「はあっ!!」シュイン


ブ口リー「ふっ・・・」ピシュン


ブ口リー「遅い!!」ガッ


超ベジータ「ぐはあああ!!!」


SS悟空「ベジータ!?」


ブ口リー「カカロットぉ!!!」ピシュン


SS悟空「しまっ、後ろか・・・!?」


ブ口リー「ふんっ!!!」バキッ


SS悟空「ぐおっ・・・!!」



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:24:31.87 ID:mgzqHn9Z0

SS悟空「ハアハア・・・おいおい、弱体化しててもめちゃめちゃ強えじゃねえか!」


仮面のサイヤ人「当たり前だ。油断してるとやられるぞ」


SS悟空「くそっ・・・」



ブ口リー「さあ、次はお前を血祭りに上げてやる」


仮面のサイヤ人「ちっ・・・」


ブ口リー「ぬんっ!!」バッ


仮面のサイヤ人「食らわねえよ!」サッ


仮面のサイヤ人「お返しだ!!」ポ-ヒ-


ブ口リー「むっ・・・!?」ド-ン



超ベジータ「やったか!?」



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:26:01.32 ID:mgzqHn9Z0

仮面のサイヤ人「食らいやがったか・・・」


ブ口リー「・・・・・・」


仮面のサイヤ人「なに!?」


ブ口リー「なんなんだぁ?今のは・・・」


仮面のサイヤ人「化け物が・・・ちったぁ手加減しろよ!!」ダダダダダ


ブ口リー「そんな軟弱な拳では、俺を倒すことはできぬぅ!!!」シュインシュイン


仮面のサイヤ人「なにっ・・・!?」


ブ口リー「ふぉわ!!!」ドスッ


仮面のサイヤ人「かはっ・・・」ヒュ-ン



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:33:02.90 ID:VUiLQRG10

仮面のサイヤ人「・・・・・・」


仮面のサイヤ人「ん・・・!!」


仮面のサイヤ人「いてて・・・気絶しちまったか」


仮面のサイヤ人「そ、そうだ!カカロットとベジータ王子はどうなった!?」


仮面のサイヤ人「ブ口リーは・・・あっちか!」ギュイイン



ブ口リー「・・・戻ってきたか」


仮面のサイヤ人「ブ口リー・・・」シュタ


ブ口リー「この二人はもう闘えんぞ?」


悟空ベジータ「・・・・・・」


仮面のサイヤ人「なっ・・・!!!」



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:36:22.74 ID:VUiLQRG10

ブ口リー「ベジータ・・・貴様は楽には死なせてやらんぞ」


ベジータ「ぐっ、クソッタレェェ・・・」


ブ口リー「そしてカカロット・・・」


悟空「・・・・・・」


ブ口リー「俺たちは同じ日に生まれた戦士だったが、貴様は戦闘力たった2の最下級戦士だったようだな?」


ブ口リー「あれから長い年月が過ぎたが、とうとう俺と貴様の差は縮まらなかった」


ブ口リー「まあ、無理もない。貴様の親父も下級戦士・・・所詮、クズからはクズしか産まれんのだ」


仮面のサイヤ人「・・・・・・」


ブ口リー「先ほど貴様は、みんなを守ると言っていたな?」


ブ口リー「だが、周りを見てみろ。ここにいるベジータとその息子。そして貴様の息子を有様を・・・」


悟空「くっ・・・!」


仮面のサイヤ人「・・・!」


ブ口リー「戯言を・・・結局、貴様は何も守れないクズでしかない」



仮面のサイヤ人「・・・・・・」


仮面のサイヤ人「クソが・・・」


仮面のサイヤ人「今のカカロットも、あの時の俺と同じじゃねえか・・・」



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:39:41.26 ID:VUiLQRG10

仮面のサイヤ人「トーマ、みんな・・・俺にもっと力があれば・・・」


仮面のサイヤ人「俺がもっと強かったら、てめぇらの敵も打てたのに・・・」シュインシュイン


ブ口リー「む?気が上がっている・・・」


仮面のサイヤ人「クソが!!!俺にもっと力があれば・・・カカロットを下級戦士に産まれさせなくて良かったかもしれねえ・・・!!!」


仮面のサイヤ人「俺はトーマたちどころか、自分のガキさえ守れねえのか!!!」シュインシュイン


ブ口リー「ほう、なかなかの気だ・・・」


ブ口リー「だが、俺には到底敵わんぞ・・・くっくっく」



ブ口リー「ククク・・・ハッハッハ!!!」シュインシュイン



仮面のサイヤ人「俺に・・・俺にもっと力を・・・!!!」シュインシュイン



ブ口リー「ハッハッハッハ!!!!」



仮面のサイヤ人「こいつを倒せる力を!!!!」



ブ口リー「ハーハッハッハッ!!!!」






フリーザ『ハーハッハッハッ!!!!』






仮面のサイヤ人「!!!!!!!」


仮面のサイヤ人「うおおおおおおおお!!!!!!」シュインシュインバチバチ



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:41:41.61 ID:VUiLQRG10

悟空「あ、あいつ・・・」


ベジータ「ま、まさか・・・!」


SSバーダック「はあ・・・はあ・・・」シュインシュイン


ブ口リー「自らの気で仮面が割れたな。いや、そんなことよりも・・・その仮面の下の顔には驚いたぞ」


悟空「お、オラとソックリだ・・・全く同じ顔をしてっぞ・・・」


ベジータ「しかも、あいつスーパーサイヤ人になりやがった・・・」



SSバーダック「こ、これは・・・スーパーサイヤ人・・・?」


SSバーダック「いける・・・この力なら、こいつを倒せる!!!」


ブ口リー「面白い・・・さあ来い!!!」


SSバーダック「ああ・・・いくぞ!!」ピシュン


ブ口リー「早い・・・!」


SSバーダック「どおおおおおりゃあああ!!!」ダダダダ


ブ口リー「うおおおおおおおおお!!!」ダダダダ



悟空「す、すげえ・・・互角だ!」



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:43:18.47 ID:VUiLQRG10

未来トランクス「ぐっ・・・」


悟飯「あ、トランクスさん!」


未来トランクス「悟飯さん・・・?やつは・・・ブ口リーはどうなりましたか?」


悟飯「今、お父さんとベジータさんと、あの仮面のサイヤ人が戦ってます」


未来トランクス「仮面のサイヤ人・・・あいつは結局味方だったんですかね?」


悟飯「うーん、どうなんですかね・・・」


悟飯「とにかく今は身体を休めましょう」


悟飯「今の身体じゃ、戦ってもかえって邪魔になるだけですし・・・」


未来トランクス「そ、そうですね・・・」


悟飯「(がんばれ・・・お父さん!ベジータさん!)」



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:46:41.52 ID:VUiLQRG10

ブ口リー「くらえ!!」ポ-ヒポ-ヒポ-ヒ


SSバーダック「ふっ、くっ、はあ!」サッサッバシッ


SSバーダック「強いな・・・」


ブ口リー「はあ・・・はあ・・・貴様もな」


ブ口リー「だが、次の一撃で貴様の終わりだ・・・」ヒュ-ン


SSバーダック「なんだ・・・?あんな高いところまで飛んで・・・」



ブ口リー「ふっ・・・!」シュイィィィン



SSバーダック「なっ・・・あ、あれは!!」



ブ口リー「貴様にはこれを止めることが出来るか・・・?」



SSバーダック「ちっ、あのブ口リーの技・・・フリーザのあれに似てるな」




バーダック『これで最後だああああああ!!!』バシュン


フリーザ『ほっほっほ・・・』キュイィィン


フリーザ『・・・・・・』スッ


バーダック『な、なんだとぉ!?』


ゴゴゴゴゴ・・・


バーダック『ぐあああああああああああ!!!』


フリーザ『ホーッホッホッホ!!見てごご覧なさい!!ザーボンさん!!ドドリアさん!!綺麗な花火ですよ!!』


フリーザ『ハーハッハッハッハ!!!』




SSバーダック「この野郎・・・さっきから嫌なことを思い出させやがって・・・」


SSバーダック「フリーザ・・・ブ口リー・・・!!俺はてめぇらを越えてやるぞ!!」



70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:48:05.88 ID:VUiLQRG10

ブ口リー「覚悟は出来たか?」



SSバーダック「ああ、来いよ」


SSバーダック「この一撃で全てを終わらせる!!」シュイィィン



ブ口リー「これで・・・」


SSバーダック「これで・・・」




SSバーダックブ口リー「最後だ!!!」バシュウウ



SSバーダックブ口リー「うおおおおおおお!!!!」



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:52:12.37 ID:VUiLQRG10

ブ口リー「はあっ!!!」



SSバーダック「ぐっ・・・お、押される・・・!!」


SSバーダック「ま、まだまだぁぁぁ!!!!」シュインシュイン



ブ口リー「ほう、押し返したか。だが・・・はああああああああ!!!」シュインシュイン



SSバーダック「ま、また威力が上がりやがった・・・!!」


ブ口リー「よく頑張ったが、ここまでのようだな・・・ふんっ!!!」シュインシュイン


SSバーダック「ぐっ!!だ、ダメだ・・・これで終わりなのか・・・?また何も出来ねえで終わっちまうのか・・・!!」


ブ口リー「ハッハッハッ!!!!」


バーダック「ま、また・・・俺の負けか・・・!?」















悟空「波ーーーッ!!!!!!!!!」バシュゥゥゥン


バーダック「か、カカロット!?」



ブ口リー「ぐぅぅ!?な、なんだと!?」



悟空「だりゃああああああああああ!!!!」シュインシュイン



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 21:54:24.80 ID:VUiLQRG10

ブ口リー「小癪な!!!」シュインシュイン


悟空バーダック「ぐっ!?」


バーダック「また力を上げやがったか・・・!」


悟空「な、なあ・・・!!」


バーダック「な、なんだ!!」


悟空「お、おめぇ・・・オラの父ちゃんなのか・・・!?そ、そうなんだろ!?」


バーダック「・・・!!」


悟空「父ちゃんよ・・・さっきブ口リーに、オラもオラの親父も下級戦士のクズだって言われた時に、自分がもっと強かったらオラを下級戦士として産まなくて良かったかもって言ってたよな!?」


バーダック「・・・・・・」


悟空「ぎゃ、逆なんだ・・・!」


バーダック「・・・?」



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 22:04:15.76 ID:VUiLQRG10

悟空「オラが下級戦士として産まれちまって、地球に行かされた・・・」


悟空「地球でオラを拾って育ててくれたじっちゃんを、自分の中のサイヤ人の血と言いつけを守らなかった自分のせいで大猿になっちまって殺しちまった・・・」


悟空「レッドリボン軍だとか、ピッコロ大魔王だとか、世界を征服しようとする悪りぃやつらともいっぱい戦った・・・」


悟空「地球を征服しようとするオラの兄貴や、ドラゴンボールを悪用しようとするベジータたちサイヤ人とも命懸けで戦った・・・そして、その戦いで多くの仲間が死んじまった・・・」


悟空「それでも・・・それでも!地球でじっちゃんがオラを拾ってくれた・・・育ててくれた!」


悟空「ブルマ達とドラゴンボール探しの冒険をした!!」



悟空「亀仙人のじっちゃんとクリリンと修行して、天下一武道会に出た!!!」



悟空「牛魔王のおっちゃんやチチと出会って、子どもが・・・悟飯が産まれた!!!!」



悟空「地球で大変なこともいっぱいあったけど、すっげえ楽しかったんだ・・・」



悟空「だから・・・だから!!!サイヤ人として産まれれて・・・地球で育つことが出来て・・・ホントに・・・!!!」


SS悟空「良かったんだーーーーッ!!!!!!!!」シュインシュイン



バーダック「・・・!!」



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 22:08:17.76 ID:VUiLQRG10

ブ口リー「ぐううううう!!!うるさいうるさい!!!」


ブ口リー「こいつでとどめだ!!!」バシュン



バーダックSS悟空「ぐわっ!?」


SS悟空「と、父ちゃん!!」


バーダック「カカロット・・・」


SS悟空「・・・・・・」


バーダック「あいつを倒すぞ・・・フルパワーだ!!!」


SS悟空「・・・おう!!!」


SS悟空「うりゃあああああああああ!!!!!」シュインシュイン


バーダック「ブ口リー・・・俺たち親子に喧嘩を売ったのが間違いだったな!!!」


SS悟空「波ッーーーーーー!!!!」シュインシュイン


ブ口リー「むぅ・・・!?」


バーダックSS悟空「はああああああああ!!!!!!」シュインシュイン


ブ口リー「うおおおおおおおおおおお!!!!」シュインシュイン


ブ口リー「くっ、くそっ・・・こ、この俺が押される・・・だと!?」シュインシュイン


ベジータ「はあああああ!!!ビッグバンアタック!!!」ド-ン


ブ口リー「ぐおおおおっ!?い、いつの間に背後に・・・?」


バーダック「カカロット!!!今だ!!!」


ブ口リー「し、しまっ・・・」



SSバーダックSS悟空「これで最後だーーーーーっ!!!!」バキュウウウン



ブ口リー「な、なんだと・・・!?こ、この俺が下級戦士ごときに・・・!!!」


ブ口リー「ぐわああああああああああああああああああああああ!!!!!」



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 22:13:53.80 ID:VUiLQRG10

SSバーダックSS悟空「はあ・・・はあ・・・」


悟空「やったな!父ちゃん!」


バーダック「・・・ふん」


バーダック「・・・強くなったな、カカロット」


悟空「え?」


バーダック「いや、なんでもねえよ」



ピカーー!!



バーダック「うおっ!?」ピカ-


悟空「あ、あれ!?父ちゃん・・・身体が透けてっぞ!!」


バーダック「ああ・・・俺が今ここにいるのは閻魔大王からブ口リーを倒すように言われたからなんだ」


バーダック「多分その役目を果たしたわけだし、多分あの世に戻されるんだろ」


悟空「そうだったんか・・・」


バーダック「・・・じゃあな、カカロット」


バーダック「自分の息子の隣で戦えたってのはなかなか良かったぜ」


悟空「・・・ああ、オラもだ」


悟空「なあ、父ちゃん!」


バーダック「あ?」


悟空「オラ、これからも強くなる!まだまだオラは弱い・・・でも、誰よりも強くなりてえんだ!」


悟空「そう・・・父ちゃんよりもな!」


バーダック「・・・・・・」


悟空「それに、しっかりと父ちゃんの意思も継いだしな」



バーダック『カカロットよ・・・俺の意思を継げ!サイヤ人の・・・惑星ベジータの仇をお前が討つんだ!!』



悟空「ベジータよ、前にサイヤ人の誇りってやつをもらったんだ。そして、父ちゃんからも・・・」


悟空「オラ、父ちゃんのことは忘れねえよ!」


バーダック「・・・そうかい」サァァァァ



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 22:18:46.27 ID:VUiLQRG10

閻魔大王「戻ったか」


バーダック「よう、閻魔大王。やる事はやったんだ。オレを地獄に連れてけや」


閻魔大王「いや、貴様にはこれからも働いてもらおうか」


バーダック「は?」


閻魔大王「貴様は時の界王神様の元に行って、時空の歪みを直すタイムパトローラーになるのだ」


バーダック「・・・おい、そんな話知らねえぞ」


閻魔大王「だろうな、今初めてした話だからな」


バーダック「ええ、なんだこいつ・・・ブラック企業かよ」


閻魔大王「タイムパトローラーになれば、歴史を脅やかす驚異的な敵と戦うことが出来る」


閻魔大王「今回のブ口リーもその脅威のうちの1つなのだ」


閻魔大王「もともと、今回ブ口リーと貴様を戦わせようと仰ったのは時の界王神様でな?その時の界王神が直々にタイムパトローラーとして雇いたいと言っているのだ」


バーダック「はあ、事が終わったでべちゃくちゃ喋りやがって・・・」


閻魔大王「まあ、確かにそれは悪かった。だが、強い敵と戦える・・・貴様にとって悪い話ではなかろう?」


バーダック「・・・へへっ」


バーダック「おい、閻魔大王。その話、詳しく聞かせな?」


バーダック「強いやつと闘えるだなんてよ、確かに悪い話じゃねえな。ワクワクすっぜ!」



終わり



77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 22:23:42.74 ID:VUiLQRG10

おまけ


悟空「よし、ブ口リーは倒した・・・みんな!地球に帰ぇるぞ!」


悟飯「はい!お父さん!」


未来トランクス「では、瞬間移動をお願いします!」


悟空「おう!・・・ベジータも早く掴まれよ」


ベジータ「う、うるさい!ただ、何かを忘れている気がしてな・・・」


未来トランクス「え?そうですか?」


悟飯「気のせいじゃないですか?」


ベジータ「そう・・・だな」


悟空「ま、とりあえずさっさと瞬間移動すっぞ!話は地球に帰ってからだ!」


未来トランクス「はい!」


悟空「よし!いくぞ!」ピシュン







クリリン亀仙人ウーロン「・・・・・・」


クリリン「えっ」




本当に終わり



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 22:25:45.40 ID:VUiLQRG10

終わりです!ありがとうございました!
もしなんか質問とかあったら答えるのでどうぞ!



元スレ
バーダック「伝説の超サイヤ人だと?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487085407/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月20日 00:11
          • まあまあ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月20日 04:11
          • バーダックはかっこいい
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月20日 11:51
          • 親父ィ…
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月20日 12:31
          • パラガスがおまけにも回収されずいつの間にか消えてて草
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月20日 12:52
          • ジュウエン!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月20日 15:31
          • 瞬間移動は場所をイメージして移動する事はできないよ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月20日 17:19
          • ゼノバースっぽくて懐かしかった(粉蜜柑)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月20日 19:18
          • なかなかよかった

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • ガヴ「ヴィーネの子育て奮闘記」
        • ガヴ「ヴィーネの子育て奮闘記」
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        • J( ′ー`)し「お願い…いい加減出てきて…」 彡(^)(^)「ほいw」ガチャ
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ