TOP

黒子「わたくしはお姉様の露払い、ってお兄様?」上条「へっ?」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 18:53:12 ID:N.BWSQRE

時系列はインデックス救出後から

黒子「お姉様が話していた殿方とはお兄様のことでしたか」

上条「え、え? お兄様?」

黒子「何をキョトンとしておりますの?わたくしは上条当麻の妹、上条黒子ではありませんか?」

美琴「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!!妹って急に何よ!?そもそも、あんたの性は白井じゃないの!?」

黒子「それは母方の性ですの。わたくしの愚兄が自分と同じ名字だと不幸な目に遭うからとム・リ・ヤ・リ使わせてくれましたの」



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 19:08:27 ID:N.BWSQRE

美琴「で、でも今まで兄がいるなんて一言も」

黒子「わざわざお兄様がいるなんて伝える必要がありませんでしたから」

美琴「そりゃ、そうだけど…」

黒子「何より上条家殿方の血の毒牙にかからぬようお姉様だけには存在を伏せたかったものの、まさか既に手遅れとは…不覚でしたの」ガックシ



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 19:17:11 ID:N.BWSQRE

上条「え、えぇっと、つまり俺の妹……なのか?」

美琴「それにしては似てないわよね…」ジー

黒子「まぁ、わたくしはお母様に似ました故、お陰でお父様とお兄様のせいで気苦労が絶えませんの」

美琴「ふーん、って私はともかくあんたは何でそんな初耳みたいな反応なのよ?」

上条「あっ!? いや、それは、そ、そう妹だってバレないようにだよ。い、今までだって不幸に巻き込まれないようにそうしてたんだしさ」

黒子「……」



4:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 19:47:22 ID:N.BWSQRE

美琴「それにしても黒子の兄だったとわねぇ。実はあんたもこう能力者なんじゃないのかしら」

黒子「いえいえ、お兄様はレベル0、正真正銘の無能力者ですの。右手以外は」

美琴「ん?なんか言った?」

黒子「いえ何にも、ところでお姉様」

美琴「何よ急に?」

黒子「久々に兄妹水入らずでお話をしたいのですがよろしいでしょうか?」

上条「え!?」

美琴「まーそうよね、うん、わかったわ。いくらあんたでも実の妹には手を出さないわよね」

上条「上条さんはそんなスケコマシ野郎と思われてるのかよ」

黒子「ご冗談を。身内まで手を出してきたら……潰しますの」

上条「何をだよ!?」



7:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 20:36:10 ID:N.BWSQRE

美琴「その様子なら大丈夫そうね。……それじゃ、また…」

黒子「あぁん、お姉様。そんな名残惜しそうにしなくとも帰ったらわたくしとディープな時間を」

美琴「やめんか!! たくっ、あんたら兄妹は…」ビリビリ

黒子「あわわわっ!? お、お姉様の愛は……刺激的……で、すの……」

上条「うぉっ……だ、大丈夫なのか。これ?」

美琴「さぁ? いつものことだし大丈夫じゃない? ……もしかしてあんたらって電撃に強い体質なんじゃ」

上条「ないないない!? そんな体質はないからね!?」

美琴「どうだか……じゃあ、今度こそ黒子のことよろしくね」スタタ

上条「あ、あぁ……真っ黒コゲなんだけど」



8:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 21:01:29 ID:N.BWSQRE

上条「この状態でよろしくって言われてもどうすればいいんだよ……」

上条「しかし、妹か……まさか妹がいたなんて」

黒子「なにか言いましたの?」ムクリ

上条「うぉうっ!? だ、大丈夫なのか?」

黒子「当然ですの。これくらいでダウンするようならお姉様の露払いは務まりませんの」

上条「別に無理して務まらなくてもいい気が……」



9:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 21:07:21 ID:N.BWSQRE

黒子「何を言いますの!! お姉様に悪い虫がくっついたらどうするのですか!! ……もっとも、タチの悪い虫がついてしまっていましたが」

上条「もしかしてそれは上条さんのことでは……」

黒子「おやおや、自覚がありますの? 尚更タチが悪いですの」

上条「ひどい言われようだけど第一ビリビリとはそんな関係じゃないだろう。あの様子じゃ」

黒子「はぁ……これですの。今まで何人もの友人達がその毒牙に」ぶつぶつ



10:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 21:13:08 ID:N.BWSQRE

黒子「まぁ、今更こんなことを嘆いても仕方ありませんの」

上条「何だよ、何だか棘のある言い方だな。えぇっと……黒子?」

黒子「……」

上条「あ、あの黒子さん?」

黒子「おかしいですねぇ。お兄様はわたくしのことを白井と呼ぶはずですが」

上条「あっ、えぇっと冗談だって白井。あはは、お兄ちゃんのお茶目で」

黒子「ひぃっ!? 白井と呼ばれますとついに妹にまで手を出すのかと蕁麻疹が」

上条「えっ?」

黒子「どこに名字で呼び合う兄妹がいますか。今のは全部嘘ですの」



11:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 21:16:36 ID:N.BWSQRE

上条「なっ!?それずるくないか!?」

黒子「ずるいのはどっちですことやら。仮にもわたくしはお兄様の妹ですの。隠し事ができるとでも思いで?」

上条「……はぁ、上条さんの負けですよ」

黒子「わたくしも上条なのですが、まぁ良いでしょう。では話してくださいまし」

黒子「お兄様が今どういう状況なのかを、全て」



12:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 21:22:32 ID:N.BWSQRE

上条「……ってなわけで俺はインデックスを救ったらしいんだが、目が覚めたら何も覚えてなかったんだ」

黒子「ふむ、成る程。記憶喪失でしたか……通りで」

上条「あまり驚かないんだな?」

黒子「お兄様が無茶な人助けをするのはいつものことですし、反応を見てれば薄々分かってましたの」

上条「はぁ……不幸だ。まさか、もうバレるなんて」
黒子「お兄様は隠し事が下手ですからね。昔から変わってませんの」



13:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 22:52:41 ID:N.BWSQRE

黒子「ですが、まだ何か隠している気がしますが」ジー

上条「な、何でもないって。インデックスを助ける最中に頭を打って記憶を無くしただけだって言ってるだろ」

上条(流石に魔術とか巻き込めないよな。前の上条当麻が名字を変えさせてまで守りたかったんだろうし)

黒子「……まぁ、いいですの。今日はもうこのまま帰る予定ですの?」

上条「あ、まぁそうだな……特に今日は特売もないし」

黒子「相変わらず特売での生活とは……悲しくなりますの」

上条「仕方ないだろう……うちにはインデックスがいるんだから」

黒子「養う甲斐性もないのに一緒に暮らす方が悪いのではなくて?」



14:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 23:00:51 ID:N.BWSQRE

上条「確かにそうだけど、だけどなぁ……放っておけないだろ?」

黒子「……記憶を失ってもお兄様はお兄様ということですか、嬉しような悲しいような心境ですの」

上条「ん、何のことだよ」

黒子「底なしのお人好しってことですの。では、失礼、また」シュン

上条「待てって……って、行ったのか。俺の妹か、実感が湧かないな」



15:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 23:05:59 ID:N.BWSQRE

ーーーー

ーーーーーー

ーーーーーーーー


上条「……でも、黒子の奴もショックだろうな。急に身内が記憶喪失になってたりしたら」

上条「今度会った時はもっとちゃんと話さないとな、うん、そうしようか」

ガチャ

上条「ただいまー。インデックス、ちゃんと留守番してたかー」


黒子「おや、おかえりなさいまし。随分と遅かったのですね」

インデックス「とうまー、ついんてが酷いんだよ!! 私の話を全然信じてくれないんだよ!!」


上条「いや、何でいるんだよ!?」



16:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 23:11:21 ID:N.BWSQRE

黒子「何故いると申されましても、お兄様の同居人のシスターさんに挨拶しようかと」

上条「そんなこと気にしなくても」

黒子「生活管理もろくに出来ない愚兄のお世話になるのですから、当然の礼儀ですの」

上条「俺は妹から見てもそんな感じなのか……」

インデックス「ねーねー、とうまって妹がいたんだめ。全然知らなかったんだよ」

上条「あ、あぁ実はいたんだよ。ちょ、ちょっと言い出す機会がなくてさー、ははは」

インデックス「ふーん、なんか怪しいかも」



17:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 23:18:55 ID:N.BWSQRE

黒子「突然の来訪の理由はもう1つ。これをお見せしようかと」

上条「これは? アルバム?」

黒子「ほとんどは実家に置いてあるのでお兄様が写ってるのはあまりないのですが何か参考になればと」

上条「黒子、お前……そこまで」じーん

黒子「それと聞きたいことがありまして」

上条「おう。お兄ちゃんになんでも聞いてくれ!!」

黒子「インデックスさんがお話ししていた魔術について。後、先ほどインデックスさんを助けてった話がお兄様と聞いたのと異なるのですが」

上条「え? イ、インデックスさん!? 話したのか!?」

インデックス「うん、だってとうまの妹だから」

黒子「説明、してくれますよね」

上条「……不幸だ」



19:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/21(水) 13:08:58 ID:oZDUNALk

黒子「成る程、その魔術師の方々と協力してあの子を助けたと」

上条「俺も神裂達から聞いて知ったんだけどな。起きた時には何にも覚えてなかったし」

黒子「この科学の街で魔術などと、身内が関わってなければ信じられませんの。むしろカウンセリングを勧めるとこですの」

上条「だからあまり話したくなかったんですが」

黒子「それとこれとは話が別ですの。で、それで終わりではありませんよね?」

上条「なっ!?」

黒子「もう全て話してくださいまし。どうせお兄様はわたくしに隠し事はできないのですから」



20:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/21(水) 13:16:13 ID:oZDUNALk

上条「はいはい、俺の負けだよ。本当に隠し事できないんだな」

黒子「家族ですし。他人なら騙せるかもしれませんが、そうはいきませんの」

上条「……今インデックスは?」

黒子「そこでわたくしが持って来たアルバムを眺めておりますの」


インデックス「わー、このとうまちっちゃくて可愛いんだよ。あっ、こっちのとうまは今のとうまに近いかも」メクリメクリ


上条「……ここじゃ聞かれるかもだし、向こうで、玄関の方でいいか?」

黒子「あの子には秘密にしてらっしゃると……承知しました」



22:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/21(水) 23:48:20 ID:0Ho7eNYA

バタン

黒子「で、最後に隠していることは何ですの。今度こそ正直に話して頂きたいのですが」

上条「ここならインデックスに聞かれないしな……大丈夫だよな」

黒子「えぇ、安心してくださいまし。あの様子ならわたくし達がこちらに来た事にも気づいてませんの」

上条「そうか……黒子がアルバムを持って来てくれたことは嬉しいんだけど」


上条「……俺の記憶は、もう何をしても戻らないんだ」


黒子「はい?」



23:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/21(水) 23:52:18 ID:0Ho7eNYA

黒子「どういうことですの? 記憶喪失といっても種類は多種多様、絶対に戻らないということはないのでは?」

上条「違うんだ。俺の記憶喪失はただの記憶喪失じゃないんだ」

上条「俺のはな……脳の記憶していた部分が破壊されてるんだ」

黒子「もっと詳しく話してくださいませんか? 話が見えて来ませんの」



24:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 00:00:27 ID:CAiJbmTA

ーーーーー

ーーーーーーー

ーーーーーーーーー

上条「ってわけだ、インデックスを助けた……だけど俺は脳を破壊されて記憶を全て失って生き残ったんだ」

黒子「その記憶はもう絶対に戻らないのですか?」

上条「らしいな。医者にはそう言われたよ」

黒子「……後悔はしておりませんの?」

上条「後悔は……してねーよ。前の俺が命を懸けてしたことなんだ。受け継いだ俺が後悔してどうするんだ、もし同じことを言う奴がいたなら言ってやるさ。インデックスを助けてよかった……ってな」

黒子「なら、わたくしが言うことはありませんの」



25:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 02:39:53 ID:CAiJbmTA

上条「そうか」

黒子「どうせわたくしが止めようとお兄様は同じことをしていたと思いますし、それに今更何を言っても後の祭りですの」

上条「……ありがとう」

黒子「お礼なんていりませんの。ちょっと夏の予定が増えただけですし」

上条「ん? 夏の予定?」

黒子「今日のところはこれで。あぁ、後どうせお兄様のことですから携帯を失くしてるでしょうしこれはわたくしの番号ですの」ピラッ

上条「あ、あぁ」

黒子「生活費が足りなくなったら奨学金から貸せると思いますので」

上条「妹から無心なんてできねーよ!?」

黒子「2人暮らしと1人暮らしでは雲泥の差だと思いますし、助けた子が餓死なんてシャレになりませんの」



26:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 02:46:51 ID:CAiJbmTA

上条「うぐっ!? なんだか今日1日ですボロクソ言われてるような」

黒子「素直な感想を言い合えるのも兄妹の特権ですの」

上条「そういうもんか?」

黒子「そう言うものですの。アルバムは置いていきますので、目を通しておいてくださいまし」

上条「でも、アルバムを見ても」

黒子「記憶は戻らずとも幼い時の写真やお父様とお母様、それにこういうことがあったんだというのを見ることに意味があると思いますの」

上条「ん、確かに」

黒子「では、わたくしもそろそろ門限なのでしつれいしますの」

上条「おっ、あぁ、色々とありがとうな。またな」

黒子「次会う時まで御機嫌よう、お兄様……インデックスさんにもよろしくと伝えておいてくださいまし」シュン



27:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 07:39:51 ID:CAiJbmTA

上条「あれでも心配、してるんだよな? ……上条当麻、お前は妹のことをどう思ってたんだ?」

ガチャ

禁書「とうまー、あれ? ついんては?」

上条「あー、もう帰ったぞ。門限があるみたいだし」

禁書「そうなんだ。でも、なんでとうまは妹がいるって教えてくれなかったの?」

上条「ん、それは。いやいや、そんなことより飯にしようぜ!! よーし、今日はちょっと奮発しちゃうぞ!!」

禁書「え、ご飯!! そういえば、お腹がすいてきてたんだよ!!」

上条「だろ。ちょっと待っててくれよ。……当面の目標はお金を借りないように節約だな」



28:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 09:25:21 ID:CAiJbmTA

常盤台学生寮

美琴「ただいまー」

黒子「おねえさまああああん!!」ダキッ

美琴「はぁぁ!?」

黒子「お待ちしておりましたのおおお!! わたくしより早く帰ったはずなのに中々戻ってこないから心配してましたの!! あぁぁん、そうやってわたくしの心を焦らして、ぐへへ、最高ですのぉ」スリスリクンクン

美琴「やめんかこらああああああ!!」バチバチ

黒子「あ"ばばばばばばっば!?」ぷすぷす

美琴「たっく、あんたは変わらないわね。まぁ、逆に安心するけど」



31:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 13:38:25 ID:W3PmTcus

黒子「お、お姉様の愛は……し、刺激的です……の」

美琴「はいはい、で、そ、そのあんたの、お、お、お、お兄さんとはどうだったのよ?」

黒子「お兄様? なんでお姉様がお兄様のことを気にしますの? や、やはりもう既にお兄様の毒牙に!?」ムクリ

美琴「そ、そそそそそそんなじゃないわよ!! た、ただあいつと何か話があるみたいなこと言ってたから気になっただけよ!!」

黒子「本当ですの!? 信じていいんですのね!!お姉様はまだ大丈夫だと!!」

美琴「まるであいつが病原体のような言い方ね」

黒子「病原体なら抗体がある分マシですの!! あれはまるで抗体のないウイルス、今まで何人もの友人達が、かくうえお姉様までキィーーーー!!」



32:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 13:47:43 ID:W3PmTcus

黒子「かくなる上は、被害がこれ以上広がる前にわたくしがこの手でお兄様を……」

美琴「もう、わかったわよ。で、どうなの?」

黒子「どうと言われましても、相変わらず後先考えずに突っ走ってる感じですの」

美琴「まぁ、確かにあいつはそういうとこあるわよね」

黒子「まったくですの。誰も頼んでもいないのに厄介ごとに首を突っ込んで、手を差し伸べて……」

黒子「その結果、自分がどうなろうとも気にしない……まっ、もう慣れっこですが」



33:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 13:58:38 ID:W3PmTcus

美琴「ふーん、妹って苦労してんのね」

黒子「苦労なんて言葉じゃ語りつくせませんの!! 女性関係もそうですが、他人なら今頃愛想を尽かしているかと」

美琴「そ、そうなんだ」

黒子「まだお猿さんの方が言ってものごとを聞くと思いますし。まっ、ただ」

美琴「ただ?」

黒子「こうは言いますが、お兄様がいなければ良かったと思うことはありませんの」

美琴「っ!?」

黒子「お兄様には苦労をかけさせられましたが、その分色んなものも貰い、教わりましたの」



35:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 21:17:42 ID:CAiJbmTA

黒子「第一、迷惑なんてかけてかけられるもの。同じ血が流れている家族なんですから許せて当然」

黒子「わたくしも何があっても、お兄様の妹であることを恨んだりすることはありません」

黒子「そう思っておりますの」

美琴「同じ血が流れて……妹であることを恨むことはない、か」

黒子「どうかしましたの?」

美琴「なんでもないわよ。あんたが珍しく真面目なこと言うから驚いただけよ」

黒子「あぁーん、ひどいですわぁ!! わたくしはいつだってお姉さまのことに関しては真剣そのものですのぉぉぉ!!」

美琴「気持ち悪いこというな!!」アッパー

黒子「あべしっ!?」

美琴「いいこと言ったと思ったら、まったくあんたは……」



36:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 21:50:00 ID:CAiJbmTA

とある日 ファミレス Joseph's

佐天「それで!! しら、じゃなくて上条さんのお兄さんについて何か教えてくださいよ」

黒子「無理して変えずに白井でいいですの。それと却下ですの」

佐天「えぇー!! なんでですかー。いいじゃないですか、今まで隠してたんですしその分教えてくださいよ」

黒子「隠していたのではなく聞かれなかったからだと言っておりますの!! どこの世界に自己紹介で兄妹のことまで言う人がいますか!!」

佐天「えー、だって興味があるじゃないですかー。初春は知ってたんでしょ?」

初春「会ったことはないけど、いるって言うのは前にちょっと調べて」

黒子「職権乱用ですの、それは」

佐天「まぁまぁ、いいじゃないですか。あーあー、残念だな」

黒子「会わなくて正解ですの。私が今までどれほど苦労したか……」



37:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 21:55:39 ID:CAiJbmTA

ーーーーー

ーーー

ーー

おんなのこ「きょうはくろこちゃんのいえにいってもいい?」

くろこ「もちろんですの。あっ、きょうはおにいさまもいるけどだいじょうぶかな?」

おんなのこ「おにいちゃんがいるの!! あってみたいなー」


…………


おんなのこ「ねぇー、きょうもあそびにいっていい? くろこちゃんのおにいちゃんもいるよね?」

くろこ「えぇ、きょうでなんにちめ。それもなんかおにいさまとばかりあそんでるきが……」



38:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 21:58:25 ID:CAiJbmTA

ーーー

ーーーーー

ーーーーーーー

佐天「あははっ、なんかすごいな、それ」

初春「で、でも、子供のときですよね。それなら可愛いもんじゃ」

黒子「それだけではありませんの!! こっちに来てからも!!」



39:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 22:05:53 ID:CAiJbmTA

ーーーーー

ーーー

ーー

黒子「おや、お兄様?」

上条「おーう、黒子。ん、隣の子は?」

黒子「あっ、紹介しますの。こちらは」

女生徒「あー!? あなたは!?」

上条「あー、君はあの時の子か」

黒子「知り合いですの?」

女生徒「前にスキルアウトから助けてくれて……あ、あの時はありがとうございました////」

上条「別にいいって。おっと、このあと用事が、それじゃあ黒子、じゃあな!!」

黒子「……」

女生徒「ねぇ、私いつか白井さんのことをお義姉さんって呼ぶ日が来るかも」



46:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 06:34:41 ID:yoQ6hCic


ーー

ーーーー

ーーーーーー

黒子「この気持ちがわかりますか!? 友人からお兄様のことばかり聞かれ、果てには未来のお義姉さんと呼ばれるようになる気持ちが!!」

佐天「あはははっ、なんだかそこまで聞くと会ってみたくなるなぁ」

黒子「しかも、気づけばお姉様までもが堕とされかけてますし」

初春「あっ、でも御坂さんがお兄さんと付き合えば、御坂さんが本当のお姉様になりますよね」

佐天「あっ、本当だ。憧れの御坂さんがお姉さんになるじゃないですか。いやー、ラッキーですね」

黒子「お姉様が……お姉様に……」

黒子「…………」

黒子「のおおおおお!? 何か違いますのおおおおおお!!」ゴンゴンゴンゴン

初春「ちょ、白井さん!? テーブルに頭を打ち付けないでくださいって!?」



42:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 23:14:19 ID:CAiJbmTA

黒子「はぁはぁ……わ、わたくしは信じております、お姉様はそんな簡単に」

佐天「そういえば、今日は御坂さんはどうして来れなかったんだろう?」

黒子「なんか用事があるとか言っておりましたの。昨日も遅くまで帰って来ませんでしたし、もう少し常盤台のエースとしての自覚を」

佐天「もしかして例のお兄さんに会いに行ってたりして」

黒子「なっ、そそんなはずは!?」

prrrr

黒子「ん、電話? ちょっと失礼」シュン



43:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 23:17:40 ID:CAiJbmTA

佐天「やっぱり白井さんの能力ってすごいよね。お兄さんってもっとすごいのかな?」

初春「うーんと、確かお兄さんは無能力者だった気が……」

佐天「えぇ!? そんなまさかー」


黒子「お待たせしましたの」シュン


初春「あっお帰りなさい。なんだったんですか?」

佐天「もしかしてお兄さんからですか!!」

黒子「お兄様ではありませんの。それ関係であることは間違いないですが」

初春「それって?」


黒子「お兄様が入院しましたの」



44:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/22(木) 23:39:38 ID:CAiJbmTA

とある病院

黒子「で、わざわざお見舞いに来た妹に対して言うことはありませんか?」

上条「あ、ははは、いやー忙しい中わざわざ来ていただいて、上条さんは幸せだなーって」

黒子「そうじゃないことはわかっておりますよね」腕グイグイ

上条「ちょ、く、黒子さん!? 痛い痛たいいたたっ!? い、一応病人なんだぞ!? あっ!?やめっ」

黒子「まったくあっちこっち怪我だらけで運ばれたらしいですが、ゴリラとでも喧嘩しましたの?」

上条「いや、ゴリラってよりはもっと細いやつだったんだけどな、ははは」



47:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 06:43:36 ID:yoQ6hCic

黒子「おほほほ、って笑い事じゃないですの」ギチギチ

上条「痛い痛いっ!? だから悪かったって」

黒子「もしやと思いますが、昨日わたくしの部屋を訪れたこと、加えてお姉様が中々帰ってこなかったことと何か関係がありますの?」

上条「あーっと、それは……」

黒子「やはり関係がありますのね!! この何をしていたか白状なさい!! 」

上条「ちょ、まっ!? やめて!? ここ病院だから、やぇて!?」


美琴「病院で何騒いでんのよ? あんたら兄妹は」



48:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 07:51:10 ID:yoQ6hCic

黒子「お姉様!? 何故ここに!?」

美琴「あぁ、ちょっとね。そいつに用があって」

黒子「な、お、お兄様に……」チーン


上条「よう、もう大丈夫なのか?」

美琴「あんた比べれば私たちは大したことないわよ」

上条「そうか、よかったなビリビリ」

美琴「御坂美琴」

上条「ん?」

美琴「ビリビリじゃなくて、その……名前で呼びなさいよね」

上条「……じゃあ、御坂」

御坂「んなっ!?//// なな……はぁ、色々と言いたいことあったけど調子狂うわね」



49:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 07:56:27 ID:yoQ6hCic

上条「なんだ、やっぱり名前で呼ばない方が」

美琴「そんなこと言ってないでしょうが!! 」

上条「なんだ御坂は情緒不安定なのか?」

美琴「あんたのせいでね。まっ、これだけは言わせてちょうだい」

美琴「……色々とありがとう」


黒子「キイイイイイイイイイイイ!!」


上条「うぉっ!?」ビクッ



50:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 08:06:55 ID:yoQ6hCic

黒子「さっきから何をお姉様といい雰囲気になっておりますか!! やはりこの愚兄はわたくしが責任を持って始末するしかないですわ!!」マウントをとる

上条「ちょ、やめてっ!? マジで痛いっ、痛いって!? く、黒子さん何を怒ってるんでいますか!?」ジタバタ

黒子「言ったってどうせ理解出来ません!! わたくしのこの気持ちを!! 」

美琴「ちょ、ちょっと一応病人なんだし」

黒子「お姉様まで庇うと言いますか!? でも安心してくだい、これ以上この愚兄の病気にかかることはありませんから!!」関節技きめつつ

美琴「え、それってどういうこと?」



51:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 08:19:58 ID:yoQ6hCic

黒子「夏の間、わたくしたち兄妹は帰省しようと計画しておりまして。ふんっ!!」キャメルクラッチ

上条「ぎゃあああああ!? ちょ、それは初耳いいい!?」

黒子「レベル0のお兄様は兎も角、わたくしは申請しないと出れませんから。もっと時間がかかると思いましたが、本日無事受理されましたわ」

美琴「そ、それって……夏の間は会えないってこと」

黒子「わかっております!! わたくしだって寂しいですの!! だから、お姉様今日は黒子のぬくもりを!!」



52:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 08:25:57 ID:yoQ6hCic

上条「ま、それじゃ、インデックスは!?」

黒子「あの子の身分IDも不思議と送られてきましたら問題ないですのよ」

美琴「……」

黒子「お姉様、どうかしましたか?」

美琴「私も行く」

黒子「へ?」

美琴「私も一緒に行くって言ってるの!!だ、だって、る、ルームパートナーの実家に遊びに行くって普通のことじゃないの!! いいでしょ、黒子!!」

黒子「わ、わたくしむしろ願ったり叶ったりですが、簡単に申請が通るとは」

美琴「今からちょっと申請してくる!! いい? あとで日付教えなさいよ!!」タタタタッ



53:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 08:28:54 ID:yoQ6hCic

上条「御坂のやつ、よっぽど黒子のことが心配なんだな」

黒子「それ本気で言ってますの?」

上条「違うのか?」

黒子「あっ、こちらが悪かったですの。わかるはずないですよね」

上条「ん?」

黒子「まぁ、お兄様の退院次第で行きますし。流石に申請は通りませんよね……」



55:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 11:22:20 ID:yoQ6hCic

アウレオルスの後も入院して黒子が来たと思ってください。毎度のことだから黒子も呆れてるくらいってことで


神奈川へと向かう電車内

禁書「わー、見てみてとうまいい景色なんだよ!!」

美琴「他のお客さんもいるんだから静かにしなさいよ、これだからお子様は」

禁書「むー、たんぱつだってかおりに比べたらまだまだお子様だよね、ぷぷぷ」

美琴「なんですって!!」

上条「いや2人とも静かにしろって、黒子も何か」

黒子「ありえませんの、レベル5で第3位のお姉様にそんな簡単に外出申請が通るなんて。学園都市はどうなっていますの、常盤台のエースを世に放つといいますのに」ぶつぶつ

上条「ダメか……不幸だ」



56:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 15:03:58 ID:yoQ6hCic

とある駅前

禁書「むにゃむにゃ……、着いたんだよ」

上条「ほら、眠いのはわかるけどしっかり立たないと危ないぞ」

禁書「電車って眠くなる乗り物なんだね。化学って不思議なんだよ」

美琴「ふーん、あんたらの家ってこの辺なんだ」

上条「らしいけどな……。御坂の実家もこの辺なのか」

美琴「まぁね。そんなに遠くはないと思うけど。で、ここからどうやって行くの?」

黒子「実を言いますと新居になったばかりですので、迎えがくるはずですが」キョロキョロ



57:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 15:31:12 ID:yoQ6hCic

上条「集合場所とか時間間違えたんじゃないのか-?」

黒子「来る前に連絡を入れたはずですが……もしや」

上条「もしや?」


刀夜「いや、見つかってよかったですね」

「は、はい////」

刀夜「おや、どうしました? もしかして熱でも」

「あ、あの////」

刀夜「弱ったな、どこかで休んだほうがいい。それとも家はこの近くで?」


黒子「……やはり」

美琴「あれ、絶対にあんたの父親ね」ジー

禁書「とうまにそっくりなんだよ」ジー



58:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 20:05:08 ID:yoQ6hCic

刀夜「待ち合わせの時間はもう来てるんだが……仕方ない、息子たちもわかってくれ……ぐはっ!?」頭上からバッグが

刀夜「うぅっ……天気予報ではバッグが降るなんて」

黒子「お父様……御機嫌よう」

刀夜「黒子じゃないか。もう来てたのか。待ってくれ、彼女を送り届けないと」

黒子「それなら、もうとーっくにいなくなってますの」

刀夜「そうなのか。急ぎの用事もあったのかな。でも顔も赤かったし大丈夫だろうか」立ち上がる

黒子「きっと大丈夫だと思いますが、お母様が知ったらどう反応するか」

刀夜「なっ!? 待ってくれ父さんに下心はないんだ」

黒子「その方が厄介ですの。まったく相変わらずなようで、この親子は」



60:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 21:46:00 ID:yoQ6hCic

刀夜「黒子だってわかるだろう。母さんの怒った姿は、あれはあれで可愛いんだが限度を知らないからな」

黒子「お父様が余計なことしなければそんな事は起こらないと思うのですが」

刀夜「余計なことか、父さんはそんなつもりはないんだが」

黒子「はいはい、それよりお兄様もおりますの」

上条(あれが父さんか……写真では見たけど、実際に見るとやっぱり違うよな)

刀夜「ん、どうしたんだ当麻。そんなにジロジロと、もしかして最後に会った時より老けて見えるのかな?」

上条「いや、そうじゃなくて。……その、た、ただいま」

刀夜「ん、そうだな。おかえり、当麻、黒子」



61:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/23(金) 22:00:23 ID:yoQ6hCic

美琴「あの、はじめまして。黒子のルームパートナーの御坂美琴です。しばらくの間、お世話になります」

刀夜「これはこれはご丁寧にどうも、2人の父親の上条刀夜といいます。噂は黒子から聞いてるよ、よろしく」

美琴「よろしくお願いします」

刀夜「それで、そっちのお嬢さんは……インデックスさん……だったけな?」

禁書「よ、よろしくおねがいします」

刀夜「よろしく。……それにしても、その荷物なんだか動いてるように見えるけど大丈夫かい?」

禁書「だ、大丈夫。なんでもないんだよ!!」バッグ抱きかかえ

黒子「挨拶はそれくらいにしてそろそろ行きませんか? お母様も待ってるでしょうし」

刀夜「そうだな、それじゃ行くとしようか」



62:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 11:33:22 ID:9Ld0cTvM

上条家前

上条「……これが俺の家」

黒子「新居ですけどね。もしやと思いますがまだあの不気味なオブジェとか飾ってませんよね」

刀夜「オブジェじゃなくて魔除けのお守りなんだが……」

黒子「似たようなもんですの」

刀夜「前の家の時に黒子が嫌がっただろう。それでこの家を建てた時、黒子が帰りにくくなるからやめようって母さんが」

黒子「なるほど、さすがお母様。どうせ御利益もありませんでしたし、何よりもどれも不気味でしたから、安心しましたの」

刀夜「父さんは気に入ってたんだけどなぁ」

上条(なんの話なんだろう?)


土御門「ん!?」

神裂「どうしました、土御門!?」

土御門「いや、なんだか俺の活躍が潰された気がしただけぜよ」

神裂「はぁ?」



63:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 11:54:08 ID:9Ld0cTvM

刀夜「さぁ、暑いだろうしどうぞ中へ。美琴さんとインデックスさんもどうぞ」

美琴・禁書「お邪魔しまーす」

上条「えぇっと……あっと」

黒子「何をしておりますの? 自分の家に帰るのに緊張する方はいませんわよ」

上条「あ、あぁ……た、ただいま」

黒子「それでいいですの……おかえりなさい、お兄様」



65:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 18:33:30 ID:Fog9selc

詩菜「刀夜さん、お帰りなさい。無事に会えましたか?」

上条「えぇっと……か、母さんだよな?」

詩菜「はい、当麻さん。それに黒子さんもおかえりなさい。急に帰ってくるっていうからお母さんびっくりしましたよ」

黒子「もともと帰る予定はありませんでしたから」

詩菜「どんな事情があれ子供達が帰ってくるのは嬉しいものなんですよ」

刀夜「そうだぞ、私だって同じ気持ちだ」

詩菜「美琴さんとインデックスさんも何もないところですけどゆっくりして言ってくださいね」

美琴「は、はい!!(今思えばあいつの家であいつのママやパパに挨拶って、これって…って、何考えてんのよ!?///)」

禁書「うん、わかったんだよ。……あっ、動いちゃダメなんだよ!?」バッグおさえて

刀夜「それじゃ、先ずは部屋に荷物を置きにいこう。重かっただろう?」



66:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 18:42:55 ID:Fog9selc

美琴「あ、ありがとうございます」

黒子「わたくしたちの荷物はここにもありますし大した事ないですが、お姉様のは多いですのね。ささっ、それはわたくしお持ちしますので、こちらへ」

美琴「……何か企んでるんじゃないでしょうね?」

黒子「そんなことありませんの!! わたくしはただお兄様やお父様が間違えてお姉様の荷物を触らぬように1つ1つチェックをして大切に管理しようと!!」

美琴「余計なことしなくていいわ!!」

詩菜「あらあらぁ、黒子さん的には美琴さん大好きなんですね」

刀夜「ははは、仲良き事は美しきかなだな」


禁書「……だからおとなしくしてないとダメなんだよ。見つかったら当麻が怒るんだよ」コソコソ



67:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 19:09:53 ID:Fog9selc

上条「さっきから何コソコソしてるんだ?」

禁書「な、なんでもないんだよ!! バッグに何か入ってたりなんかしてないんだよ!?」

上条「バッグ? ちょっと貸してくれ」

禁書「だ、ダメなんよ!? 乙女のぷらいべーとなんだよ!?」

バッグ「……ャー」もぞもぞ

美琴「それ動いてない? ちょっと見して」バッグひょい

禁書「あっ!? たんぱつが触ったらダメなんだよ!?」

美琴「え?」ビチっ

バッグ「にゃー!?」ジタバタ バッグが開きー

上条「なっ!? スフィンクス!? 小萌先生に預けたはずじゃ!?」

禁書「だ、だってぇ」



68:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 21:33:31 ID:Fog9selc

上条「とにかく捕まえねーと!! ほーら、スフィンクスー、こっちだぞー」

スフィンクス「ふぅぅぅぅしゃああー!!」引っ掻き

上条「ぐはっ!? ふ、不幸だ……」

禁書「あっ、スフィンクスが外に!? ま、待って、待つんだよ!!」タタタッ

黒子「あなたまで行ってしまってどうしますの!? お待ちなさい!?」

美琴「黒子、あの子は私が追いかける」ガシッ

黒子「お姉様? ですが……」

美琴「元はと言えば私のせいみたいなもんだし、それに………家族で話したいことがあるんでしょ?」

美琴「この辺ならある程度わかるし、迷ったら連絡するから」

黒子「お姉様にそんなことさせられませんの!!」

美琴「いいから!! 無理やりついてきたようなものだし、終わったら連絡して。それまでは何処か寄り道してるから」タタタッ

黒子「お姉っ、行ってしまいましたの……ありがとうございます」



69:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 21:45:23 ID:Fog9selc

黒子「ほら、お兄様。大丈夫ですの?」手を差し伸べ

上条「なんとか、これくらいなら慣れっこですよ」

詩菜「美琴さんもインデックスさんも行ってしまいましたが大丈夫でしょうか?」

刀夜「心配だな。よし、私も探しに行こう!!」

黒子「待ってくださいまし。あの子のことならお姉様に任せれば大丈夫ですの。それよりも、大事な話がありますの」

詩菜「黒子さんが私たちになんて珍しいですね」

黒子「えぇ、お兄様についてちょっと」

上条「もしかして、今回の帰省の理由って。待て、黒子!?」


黒子「お兄様が記憶喪失になられましたの」



70:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 22:13:50 ID:Fog9selc

ーーーー

ーーーーーー

ーーーーーーーー

上条家 リビング

上条「……ってわけなんだ。あとはさっき黒子が言った通りなんだ」

詩菜「本当に何も覚えていないんですか? お母さんの事もお父さんのことも」

上条「……ごめん」

詩菜「そう、ですか。記憶は絶対に戻らないんですよね?」

黒子「わたくしも兄様を診た先生にお伺いしましたが、戻る可能性は0とのことですの」

上条「ごめん……だけど、俺は」

刀夜「当麻、確認したいんだが当麻は何について謝っているんだ?」

上条「そりゃ、今まで育ててくれたのに勝手に記憶喪失になったことを」

刀夜「違う、私も母さんも確かに怒ってる。でもそれは記憶喪失になったことじゃない。それを隠そうとしていたことにだ」



71:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 22:37:27 ID:Fog9selc

刀夜「黒子が気づかなかったら当麻は言わないつもりだったんじゃないのか?」

上条「それは、今の俺は前の上条当麻とは違うから…」

刀夜「当麻の記憶が戻らないことは残念だし悲しいよ。そんなことがあったのを知らずに暮らしていたことを情けなくてならない」

上条「待ってくれ、父さんが責任を感じる必要はないんだ!! これは俺の責任で」

刀夜「それだ。そうやって1人で背負いこむな。家族じゃないか」

詩菜「当麻さんは昔から人にばかり気を使って自分のことは後回し、今も昔も変わってませんよ」

上条「父さん、母さん……」

刀夜「迷惑なんて思うな、家族じゃないか。どんなことがあっても当麻は当麻だ。父さんの息子だ」



72:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/24(土) 22:47:28 ID:Fog9selc

刀夜「父さんも母さんも、当麻のとった行動を誇りに思っているよ。無茶は程々にして欲しいがね」

上条「俺は、俺は……ごめん……」

詩菜「当麻さん、よしよし」

黒子「結局、お兄様が心配なさらずともお兄様はお兄様で何にも変わってはおりませんの。私の……お兄様ですの」

上条「黒子……」

詩菜「うふふ、黒子さんも私たちは誇りに思っていますよ」なでなで

黒子「なっ!?//// きゅ、急に言われると……て、照れてなんていませんの!?」


上条「父さんも、母さん、黒子……ありがとう」



73:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 13:00:12 ID:rhmjV0Sw

刀夜「お礼なんていらないさ。記憶がないならまた作ればいい」

詩菜「そうですよ、当麻さん的にも家も新しくなっていいタイミングじゃないですか」

上条「記憶喪失にいいタイミングなんてあるか?」

刀夜「母さんの言う通りだ。しばらくの間はここにいるつもりなんだろう?」

黒子「そうですね、夏の間はここにいようかと」

刀夜「なら夏の間に今まで以上の思い出を作ればいい!! 美琴さんもインデックスさんも一緒に」

詩菜「いい考えですけど、刀夜さん的にはお仕事は大丈夫なんですか?」

刀夜「うっ!? いや、有給を使おう。家族の危機に仕事なんてしてる場合じゃない」

黒子「家を建てた途端に有給なんて大丈夫ですの?」



74:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 13:26:57 ID:rhmjV0Sw

刀夜「だ、大丈夫。夏が終わったら頑張るから」

上条「父さん、そんな無理に」

黒子「路頭に迷うなんて真似だけはおやめください。シャレになりませんから」

刀夜「ハハ、大丈夫。夏が終わったらその分仕事をするよ」

詩菜「無理はしないでくださいね、刀夜さん」

刀夜「大丈夫。無理はしないよ、母さんのためにも」

詩菜「……刀夜さん」ダキッ

刀夜「詩菜さん……」ダキッ


上条「2人の世界に入っちゃったんだけど」

黒子「まったく子供の前で……っと、お姉様も無事に猫を発見できたそうなので、迎えに行ってきますの」

上条「あっ、俺も行くよ。どうせ暇だし」



76:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 21:04:42 ID:dsyqroMM

とある道

上条「なぁ、黒子?」

黒子「どうしましたの?」

上条「この帰省ってさ、2人に俺のことを話すためのものだったのか?」

黒子「えぇ、なんだと思ってましたの?」

上条「何って……普通に実家に帰る予定だったのかと」

黒子「わたくしは風紀委員で忙しいですしお兄様は補修。帰ってる暇なんて普通はありませんわ」

上条「上条さんは毎年補修なんでしょうか?」

黒子「ほぼ毎年そうですね」

上条「はぁ……」



77:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 21:17:32 ID:dsyqroMM

黒子「……どうせ隠すつもりなのは分かりきっていましたの。だから此方から先手を打たしてもらいましたの」

上条「だけどな」

黒子「では聞きますが、お兄様は記憶喪失だってことをずっと隠しながら生きていくつもりでしたの? 産みの親にずっと背中を向けながら」

上条「それは……」

黒子「心配かけたくないって言うのと、心配かけないってのは別物、家族の前でくらい弱みを見せたっていいと思いますの」

上条「そうか……。黒子はさ、俺なんかよりずっと大人だよな」

黒子「……まっ、これも昔どっかの誰かさんに教えられたのですが」

上条「ん、誰に?」

黒子「さっ、早く行きますわよ。お姉様を見つけたら家に帰ってお母様の手伝いをしないと。今夜はきっとご馳走ですの」

上条「あっ、ちょっと待てって!?」



78:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 22:15:44 ID:dsyqroMM

夕食時

上条「あー、インデックス、それ俺の!?」

禁書「甘いんだよ。小萌が言ってたけど食事は食うか食われるかの世界なんだよ、はむっもぐもぐ、これも!!」

上条「ってまた!? 俺のがなくなるだろ!?」


黒子「まったく騒がしいですの。お下品な2人は放っておいてこちらは淑女らしく上品に頂きましょう。はい、おねーさまぁー、あーん」

美琴「これのどこが上品で淑女らしくよ!!
あんたは親の前でも平常運転か!!」

黒子「誰の前でもわたくしのお姉様への愛は変わりませんの!!」

美琴「威張るな、そんなこと!!」


詩菜「ふふっ、まだまだありますから、大丈夫ですよ。たくさん食べてくださいね」

刀夜「こんな賑やかな食事も久しぶりだな。ん、ほら、お前もお食べ」

スフィンクス「にゃー」もぐもぐ



79:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 22:34:56 ID:dsyqroMM

ーーー

ーーーーー

ーーーーーーー

ベランダ

上条「……」

刀夜「どうしたんだ、こんなところで。ん、夏とはいえ夜は冷えるな」

上条「冷房にずっと当たってたから、外の空気をさ。父さんは?」

刀夜「父さんも同じだよ」

上条「そうなんだ」

上条・刀夜「「……」」

刀夜「母さんの料理は美味しかったか?」

上条「うん、美味しかったか。前の俺も好きだったと思う」

刀夜「なら良かった。今日のメニューは当麻の好物ばかりだったんだぞ。母さんが張り切ってな」

上条「そうだったんだ。通りで美味しいはずだよ……」



80:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 22:49:48 ID:dsyqroMM

刀夜「当麻が記憶喪失って聞いた時、父さんは後悔したんだ。こんなことなら学園都市に行かせなきゃよかった、って」

刀夜「昔、当麻の不幸が原因で近所から酷い扱いを受けていたんだ」

刀夜「科学の街に入学させれば変わると思ってたが、こんなことになるなんて」

上条「それは俺のせいで」

刀夜「私のせいでもある。だから、この機会に2人に学園都市から戻ってもらおうとも思った」

刀夜「こうなった今、こっちで家族といた方が安全じゃないかってね」

当麻「待ってくれ!! 俺は」

刀夜「でも黒子に止められたよ」

上条「え?」

刀夜「あの後に、わたくしもお兄様も自ら選んであそこにいますの、それをお忘れなく、ってね」

刀夜「何も言い返せなかったよ。親元を離れて2人は立派になった」



81:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 23:04:22 ID:dsyqroMM

上条「黒子は本当にすげーな、俺なんかがあいつの兄なんて実感が湧かねーよ」

刀夜「そうかな? あの子がああなったのは当麻が原因だと思うぞ」

上条「そんなことないだろ。俺なんてそんなたいしたこと」

刀夜「さっき当麻が近所から酷い扱いを受けてたって話をしただろう?」

上条「あぁ、俺の不幸が原因でってやつだろ?」

刀夜「そうだ、当麻の妹ってことで黒子も近い扱いを受けていた。徐々にそれは子供同士の間で虐めって形になって現れてきた」

刀夜「当事者だった当麻とは違って、黒子は見ての通り自分の弱みを見せるのを嫌う子だ」

刀夜「私たちの知らない間にどんどんエスカレートしていった。それでも黒子は何も言わなかった」

上条「それで……どうなったんだよ?」

刀夜「そんな黒子を助けたのは当麻、お前だよ」

上条「え、俺?」



82:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/25(日) 23:19:52 ID:dsyqroMM

刀夜「黒子が虐められるのに気づくと当麻が助けに入ったんだ。自分より大きな上級生もいたらしい」

刀夜「それでも自分のことも顧みないで黒子を守った。それを聞いた時、父さんは正直嬉しかったよ」

上条「そんなことが……」

刀夜「どんなにボロボロになろうと黒子には笑顔で手を差し出て、言ったらしい……」

刀夜「黒子は妹で家族だ、守るのは当然ってね」

刀夜「虐め自体は当麻が割って入ることもあって、私たちも気づいてすぐに収まった。だけど、その姿は今のあの子にもあるんだと思うんだ」

刀夜「あの時の当麻に近づきたくて風紀委員というのをしているんじゃないのかな?」



83:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/26(月) 13:36:41 ID:/JKbrgrU

上条「そうだったのか……でも、それをしたのは俺じゃない、前の」

刀夜「同じだよ。当麻は当麻だ」

刀夜「お前はお前らしく生きれば良いんだ。当麻は当麻のしたいことをすれば良い、それだけだ」

上条「俺のしたいこと……」

刀夜「それともっと父さん達を頼ってくれ。母さんも黒子も同じことを思っているよ」

上条「あぁ……」



84:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/26(月) 13:43:46 ID:/JKbrgrU

刀夜「よしっ、そろそろ戻ろう。明日からは忙しくなるぞ、まずは美琴さんのご家族に、暫くこっちで預かることを伝えに行かないと」

上条「わざわざ、会いに? 電話でもいいんじゃ」

刀夜「いやいや、大切な娘さんを預かるんだから会いに行かないとダメだ。幸い美琴さんの家はこの辺らしいし」

上条「そういえば、そんなこと言ってったっけ」

刀夜「あっ、そうだ、悪いけど美琴さんにそのことを伝えてくれないか? 多分、黒子達と部屋にいると思うから」

上条「ああ、わかった。伝えておくよ」

刀夜「ありがとう、助かるよ」



85:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 08:29:10 ID:Mk8G/xeY

翌日

刀夜「どうしたんだ、当麻? 傷だらけじゃないか?」

上条「はは、色々とありまして」ボロボロ


黒子「急に部屋に入ってきたお兄様が悪いですの、まったく、何よりもお姉さまのを見たことが、今思い出しましても、くうっ」

美琴「思い出さなくもいいわよ!?///// も、もう////」


刀夜「何があったかわからないが、昨日も言った通り父さん達になんでも話してくれよ」

上条「ははは……言えるわけねーよ、妹にやられた傷だし」



86:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 12:39:02 ID:jt7qxUOo

ーーー

ーーーー

ーーーーーーー

美琴「もぉう、ママったら!!/////」

黒子「お姉様、大丈夫ですの。お姉様のお母様にはわたくしの気持ちはちゃんと伝わったと思いますので、心配なさらず」

美琴「そもそもあんたのせいで話がややこしくなったんでしょうが!!」


美鈴『なになに、美琴ちゃん。兄妹揃って堕とそうとしてるの? あははっ、さすがねぇ』ケラケラ

美鈴『どうぞどうぞ、何日でもそちらでお任せするわよ。そっちの方が美琴ちゃんも嬉しそうだしねぇ』

美鈴『それじゃ、頑張ってね美琴ちゃん。それと、美琴ちゃんをよろしくね、黒子ちゃんに……当麻君』ウィンク


美琴「はぁ、次会った時絶対からかわれるじゃないの、もぉう////」

黒子「お姉様のお母様公認、無理やりにでもついてきて正解でしたの。ぐへへへ」

刀夜「当麻、美鈴さんによろしくって言われたんだ、ちゃんと頼んだぞ」

上条「わかってるよ、この夏の間は御坂が危ないことしないように見てるから」

美琴「私は小さい子供か!? あんたは絶対にわかってないでしょう!!」



87:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 15:26:54 ID:Mk8G/xeY

夏の予定はダイジェストで

ドライブ

黒子「お姉様の隣は私ですの!! それだけは譲れません!!」

美琴「私はどこでいいけど、あ、あんたはどこに座るのよ?」

上条「俺も別にどこでも」

美琴「だ、だったらと、ととととなりに座ってあげても」

上条「でも黒子が御坂の隣がいいって」

美琴「こういう時だけ変な気を使わなくていいのよ!!」

黒子「お姉さま、無視しないでくださいまし!!」

禁書「スフィンクスはインデックスの膝の上なんだよ、ねー」

スフィンクス「にゃー」

刀夜「よし、出発しよう」

詩菜「ドライブなんて久しぶりですから楽しみですね」



88:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 19:41:41 ID:Mk8G/xeY

夏祭り

黒子「そうですか……えぇ、それではそこで」ピッ

黒子「大丈夫でしたの。どうやらお姉様もインデックスさんと一緒にいるみたいですの」

上条「そうか、よかった。安心したらお腹が減ったな。何か食べながらインデックス達合流しようぜ」

黒子「食べ歩きとは感心しませんが」

上条「今日くらいはいいだろ。お祭りなんだし」

黒子「そうですね。お祭りですからね。ふふっ」

上条「どうしたんだよ?」

黒子「いえいえ昔のことを思いだしまして」

上条「ん? それって?」

黒子「妹に何か買ってあげようとカッコつけたものの、お金が足りずに結局妹にも出してもらう情けなぁい兄の話ですの」

上条「それって上条さんのことでは……」

黒子「さぁ、どうでしょうか?」

上条「よ、よし!! 今日は何でも買ってやるぞ、上条さんにどーんと任せない!!」

黒子「ふふ、あの時と同じにならないように頑張ってくださいまし」



92:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 20:31:45 ID:Mk8G/xeY

花火

詩菜「花火なんて久しぶりですね」

刀夜「私たちだけで花火ってのも味気ないからな。でも花火より母さんの方が綺麗だよ」

詩菜「あらあら、刀夜さんったら」


黒子「何をしておりますの、あの夫婦は。あっ」

禁書「あっ、くろこの花火が終わったんだよ!! ふふん、やっぱり私が1番なんだね」

黒子「なっ、くっもう一回ですの!!今度こそは!!」



93:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 20:32:17 ID:Mk8G/xeY

美琴「あんたの線香花火……すぐに消えたわね」

上条「はぁ、不幸だ……」

美琴「ちょ、ちょっとたかが花火で落ち込まないでよ」

上条「俺の人生も所詮線香花火みたいに儚く消えるんだろうな……」

美琴「だ、だったら……は、はい////」

上条「ん? これは?」

美琴「そ。その、1人でやってすぐ落ちるならふたりで持てば、そ、その長く持つかもしれないでしょ///」

上条「み、御坂、そうだな。って、うわっ!? なんだこれ!? ねずみ花火!?」

上条「ってなんで追いかけて、あぁもぉう、不幸だああああ!!」


黒子「ふふふ、わたくしの目が黒い内はお姉様とイチャイチャなんてさせませんの」

禁書「ちょっと怖いんだよ」



94:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 20:51:02 ID:Mk8G/xeY

お勉強

美琴「何やってるのよ、こんな時間に?」

上条「何って宿題だよ。小萌先生に山ほど出されて」

黒子「本来なら補修を受けないと進学も危ういのですが、頼んで夏の課題を追加することで免除してもらいましたの」

上条「昼は大体どこかに出かけてるからこんな時間になって。はぁ……」

美琴「ふーん、ちょっと見せて……って別に難しい問題なんてないじゃないの」

黒子「常盤台では基礎の基礎ですからね、できて当然の問題ばかりですの」

上条「ぐふっ。妹や年下にここまで言われるなんて」

美琴「なんなら見てあげようか?」

上条「いやダメだ!!」

美琴「はぁ? なんでよ?」

黒子「年下に教わるのもプライドが許さないようで。無駄に低いプライドですの」


禁書「宿題って大変なんだねむにゃむにゃ……」



96:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 21:09:21 ID:Mk8G/xeY



黒子「お兄様、日焼け止めを塗って欲しいのですが」

上条「日焼け止め? 別にやらなくてもいいんじゃないのか?」

黒子「何を行っておりますの。紫外線は乙女の天敵なんですのよ。いいから塗ってくださいまし」

上条「はいはい」

黒子「んー、いい感じですの。これでマッサージでもあれば最高なんですが……」

上条「へいへい、黒子お嬢様」

黒子「返事は一回でいいですの。あぁ、いい、そこ、そこですのぉぉ」

上条「変な声出すなって。はい、終わり」

黒子「ん、ありがとうございます」



97:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 21:10:07 ID:Mk8G/xeY

美琴「ちょ、ちょっと/////」

上条「どうしたんだ?」

美琴「私にも塗って欲しいんだけど/////」

上条「え?」

美琴「だから、私にも日焼け止め塗ってって言ってるの!!//////」

黒子「お姉様!! それならわたくしにお任せください!! お姉様の体の隅の隅まで丁寧に塗りますの、へへぐへへ」

上条「あぁ、そうだな。俺より黒子の方がいいだろ。頼んだ」

美琴「…………」


美琴「人が勇気を振り絞ったって言うのにあんたら兄妹ときたらああああああああ!!」ビリビリ


黒子「お、お姉様!? そ、外で能力の使用は!?」

上条「ちょ、やめろ御坂ああああああ!?」


ドーーーーーン


刀夜「おや、こんな時間に花火でもやっている人でもいるのかな?」



98:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 21:26:01 ID:Mk8G/xeY

夕方 海岸

上条「……長い休みだったけど、そろそろ終わりか」

上条「色んなことがあったな……目が覚めてインデックスと出会って、黒子が妹って知って……本当に色んなことがあった」

上条「なんだか随分長い時間だった気がするな」


「何を黄昏ておりますの?」


上条「黒子……みんなと民宿で休んでるじゃなかったのか?」

黒子「お兄様の姿が見えませんでしたのでわざわざ探しに来ましたの、お隣失礼」



100:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 21:38:27 ID:Mk8G/xeY

黒子「お兄様は楽しかったですか?」

上条「そうだな……楽しかったよ。この休みは父さんと母さん、それに御坂とインデックスもいて」

黒子「おやおや、その中にわたくしはおりませんの?」

上条「そんなわけないだろう。黒子のお陰でこうやってできてるんだしさ」

黒子「わかっているようならよろしいですの」



101:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 21:46:46 ID:Mk8G/xeY

上条「黒子はどうなんだ?」

黒子「わたくしですか? そもそも帰省する予定もなく急遽決まった日程ですが、たまには風紀委員を休んで家族とこうするのもいいかなと」

黒子「それに休みの間はずっとお姉様がいましたし」

上条「ブレないな黒子は」

黒子「当然。頑固なのもわたくしたち家族の特徴ですの」

黒子「ただ初春に固方先輩には風紀委員を休んで迷惑をかけてるでしょうし、何かお詫びのお土産を買っていかなかければ」

上条「大変だな。俺も一緒に謝りに行った方がいいんじゃないのか?」

黒子「絶対に来ないでくださいまし!! 2人までお兄様の餌食になったらたまりませんの!!」

上条「餌食? なんの話なんだそれ?」

黒子「はぁ、なんでもありませんの。気にしないでください」



102:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 21:56:14 ID:Mk8G/xeY

上条「なぁ、黒子」

黒子「はい?」

上条「俺はさ、前の俺とは違うかもしれない。だけど、俺は家族を黒子を信じる」

上条「前の俺がしてたように黒子を守る。黒子だけじゃない、御坂も、インデックスも、その世界を守ってみせる」

黒子「それは責任を感じてですの?」

上条「いや……ここが、心がそう言ってるんだ」


上条「お前が危険な時は、そのな幻想をぶち殺せって」


黒子「なるほど、お兄様らしいですの」

上条「そうかな。前の俺としてじゃなくて今の上条当麻としての答えなんだけどな」

黒子「そう言うところがお兄様らしいんですの。ですが、守られるだけは嫌ですの。お兄様が危険な時はわたくしもお手伝いしますの」


黒子「だって、わたくしはお兄様、上条当麻の妹なんですから」



103:以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/27(火) 21:56:46 ID:Mk8G/xeY

終わり



元スレ
黒子「わたくしはお姉様の露払い、ってお兄様?」上条「へっ?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1482227592/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 04:49
      • 優しい世界線
        ありだと思うしもっと見たい
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 05:20
      • おは本田
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 05:43
      • 似たようなの昔ありましたね
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 07:03
      • 補習が補修になってて、上条さんは毎年夏休み中に校舎直すアルバイトでもしてるのかと
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 07:19
      • 5 最後の夏のイベントとか面白かったし日常系でもっと見たいな
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 07:21
      • とりあえず、当麻と結婚したら義姉ではなく義妹になるんでは?
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 07:32
      • 6 だよな
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 07:45
      • 何故黒子の声は脳内再生余裕なのか
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 10:41
      • 当麻は兄なんだから兄嫁はお義姉さんであってるだろ
        年上でも年下でもお義姉さんだぞ

        あ、SSはとっても面白かったです
        この設定いいよな
        蛇足になる可能性のが高いけど他キャラとの絡みもみたい
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 10:58
      • ※3も言ってるがなんか似たようなのを見た気がするのに思い出せない・・・
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 11:13
      • 4 最近のSSにしては珍しい設定だった
        禁書SS全盛期のノリというかなんというか

        新約16巻にしてついに黒子の家柄が判明したのが記憶に新しい
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 13:21
      • 黒子って本当にお嬢様だったんだよな

        何かに近いと思ったら全盛期の禁書SSのノリか
        ここま上条夫妻が出るSSも珍しい

      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 15:05
      • 黒井白子を思い出した
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 15:53
      • うん黒井白子だよな。まったりした内容だし個人的にはSS見始めた頃はとある最盛期だったからこれは…ありがたい
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 16:57
      • 上条黒子ですの
        じゃないかな
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月28日 17:51
      • インなんとかさんずっと空気だな
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月29日 00:05
      • ン……グッドポニー
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月29日 05:27
      • 上条さんの足りない頭を埋める的な比喩なんだよ
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月29日 14:24
      • 4 原作にいないインテックとかいうキャラを入れなければ満点だったのに
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月29日 17:35
      • ほのぼの
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月30日 00:13
      • そういや美琴が妹のSSもあったなぁ

        ※8
        新聞部でーす
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月30日 00:59
      • 過去作の再掲載かと思った
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月30日 04:12
      • 今の時期にこの雰囲気のSSは凄いと思う
        いい意味で。もっと増えて欲しい
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月30日 14:38
      • 起承転結の転がなくて草
        この程度のSSが崇められてるようじゃSS界隈もとうとう終わりだな
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月30日 18:20
      • ※24
        こうだったらいいなっていうIFストーリーだからむしろ起承転結の転から始まっているんじゃね?
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年12月31日 19:14
      • ※4
        禁書SSにその誤字は定期と言っていいほど多い
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2017年01月01日 06:22
      • やまなしおちなしなんとやら
        面白いけど禁書だし、1山欲しいよね
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2017年01月18日 19:45
      • 黒子の水着はあのヒモビキニだろ?
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2017年01月26日 11:54
      • 話は面白かったけど固法先輩の漢字ちがくね?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    新着コメント
    画像・動画
    • ガヴリール「下着がなくなった…」ラフィエル「サターニャさんに相談しましょう!」
    • ガヴリール「下着がなくなった…」ラフィエル「サターニャさんに相談しましょう!」
    • ガヴリール「下着がなくなった…」ラフィエル「サターニャさんに相談しましょう!」
    • 渋谷凛は背中が弱い
    • 渋谷凛は背中が弱い
    • 【城プロ】城娘達の日常
    • 【城プロ】熊本城「殿より賜りしこの魔剣、使いこなして見せよう!」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    • 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ