TOP

【ブラクラ】ヘンゼルとグレーテル「ボルシチはメインディッシュ、最初はマカロニから」【ブラック・ラグーン】

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:26:14.65 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「二人で話し合ってメニューを決めたわ」

ヘンゼル「ボルシチはメインディッシュ、最初はマカロニから、ね」



ヴェロッキオ「ケッ、クソガキどもが。どういう風の吹き回しだ?」

バラライカ「茶番だけど、それなりのものを用意してもらわないと困るわよ」

張「やれやれ、なんで俺まで……」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:29:12.80 ID:3SlXFEh7o

ヘンゼル「さて、まずはマカロニだけど……どうしようか、姉様?」

ヘンゼル「マカロニをそのまま皿に乗せて出すだけじゃ、つまらないよね」

グレーテル「マカロニといえば、やっぱりグラタンだわ」

グレーテル「マカロニグラタンを作ってあげましょう」

ヘンゼル「それはとてもいいアイディアだね」

グレーテル「それじゃ、さっそく調理開始ね」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:32:11.68 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「まずは鶏のもも肉と玉ねぎを切りましょう」

ヘンゼル「任せてよ」シャキンッ

ヘンゼル「鶏もも肉を小さめに切るよ。筋に沿って、ね」ザクッザクッ

グレーテル「いい手つきだわ、兄様」

ヘンゼル「人の肉より切りやすいよ、姉様」

グレーテル「次は玉ねぎを薄切りにするのよ」

ヘンゼル「うん」ザクザク

ヘンゼル「うわっ、目にしみるよ! 手伝ってくれない?」ポロポロ…

グレーテル「男の子が簡単に涙を見せてはいけないわ、兄様」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:35:49.24 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「それじゃ、今切った肉と玉ねぎをお鍋に入れて炒めましょう」ジャッジャッ

ヘンゼル「玉ねぎがしんなりしてきたね」

グレーテル「そしたら、小麦粉を入れて混ぜてしまいましょう」マゼマゼ

ヘンゼル「脳みそをこねるようにね」

グレーテル「さらに、牛乳、スープの素、マカロニを入れて煮詰めるの」グツグツ…

グレーテル「うふふ、内蔵みたいにとろけてきたわ……」

ヘンゼル「大量に血を失った死体みたいに白くてキレイだね、姉様」

グレーテル「ここで塩コショウで味付けして……」パッパッ



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:38:16.20 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「グラタン皿に入れて、チーズを乗せて、いよいよオーブンで焼くのよ」

ヘンゼル「人の肉を焼くと、とてもいい香りがするよね、姉様」

グレーテル「ええ、シャネルなんかよりもよっぽど上等な香りよ」

グレーテル「だけど、グラタンを焼くとさらにいい香りがするのよ」

ヘンゼル「僕らは贅沢だね」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:41:19.49 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「こんがり焼けたら、完成よ」

ヘンゼル「わぁっ、とてもいい香りだね」

グレーテル「あとはパセリとブロッコリーをふりかけて……完成っ!」

ヘンゼル「とてもおいしそうに出来たね、姉様」

グレーテル「はい、召し上がれ」コトッ



ヴェロッキオ「ガキどもが、いっちょまえに待たせやがって……」

ヴェロッキオ「どれ……」モグッ



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:43:40.44 ID:3SlXFEh7o

ヴェロッキオ「!」

グレーテル「どぉう?」

ヴェロッキオ「う、うまいじゃねェか!」ハフッハフッ

ヴェロッキオ「熱々のチーズと具が混ざり合い、絶妙なハーモニーを醸し出してやがる!」

ヴェロッキオ「特にこのマカロニのコリコリとした食感がたまらねえ!」

ヴェロッキオ「これほどの快感、一流のコールガールを抱いたところで味わうこたァできねェ!」

グレーテル「やったわ、兄様」

ヘンゼル「やったね、姉様」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:46:13.54 ID:3SlXFEh7o

モレッティ「……」ゴクッ

モレッティ「あの……ボス」

ヴェロッキオ「なんだ?」

モレッティ「俺にも一口、分けてくれませんか」

ヴェロッキオ「……モレッティ」

ヴェロッキオ「三下のおめェが親に向かって、ずいぶんな口を叩くじゃあねェか」

ヴェロッキオ「“わきまえ”って言葉はどこだ? どこかに落としてきたのか? あ?」

ヴェロッキオ「いいか、よく聞けクソ野郎!」ドガッ バキッ

ヴェロッキオ「一口だってやらねェよ!」ドゴッ ドカッ

ヴェロッキオ「たとえてめェがパレルモの親分衆だったとしてもな!」ドカッ ガスッ



グレーテル「あら、可哀想に」

ヘンゼル「仕方ないよ、姉様」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:49:18.73 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「じゃあ、いよいよメインディッシュのボルシチにとりかかりましょう」

ヘンゼル「あ、そうだ。一度ここでボルシチについておさらいしておこうよ、姉様」

グレーテル「そうね」

グレーテル「ボルシチは、ウクライナの伝統料理で世界三大スープの一つともされるわ」

グレーテル「ロシアを始めとした、東欧諸国で広く食されているの」

ヘンゼル「僕らが生まれたルーマニアでも食されてるみたいだね」

グレーテル「ボルシチは家庭料理でもあるから、決まった作り方はないのだけど……」

グレーテル「私たちは私たちのやり方で作りましょう」

ヘンゼル「うん、分かったよ」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:52:30.37 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「さ、調理開始よ」

ヘンゼル「いっぱい野菜が並んでいるね。まるで野菜畑だ」

グレーテル「ええ、ボルシチはたくさんの野菜を煮込む料理だから」

グレーテル「さっそく、ジャガイモ、セ口リ、ニンジンを一口サイズに切るわ」ザクザク

ヘンゼル「なら僕はビーツ(赤カブ)とキャベツを切るよ」ザクザク

グレーテル「ボルシチの赤いスープは、ビーツによるものなのよ」

ヘンゼル「どうりで。血の色みたいでとてもキレイだもの」

グレーテル「本当ね、兄様」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:54:55.35 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「お鍋を用意しましょう」

ヘンゼル「おとぎ話に出てくる魔女の釜みたいでステキだね」

グレーテル「まずは、牛肉、セ口リ、ジャガイモ、ニンジンを油で炒めるの」ジャッジャッ

グレーテル「それから水を加えて、ベイリーフを入れて20分煮込むわ」グツグツ…

ヘンゼル「20分か……長いね」

グレーテル「トランプ遊び(ジンラミー)でもしましょうか?」


バラライカ「火を扱っている時に、火の元から目を離すな」ギロッ


グレーテル「怒られてしまったわ」

ヘンゼル「仕方ないよ、姉様」

グツグツ… グツグツ…



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:56:46.01 ID:3SlXFEh7o

ヘンゼル「20分経ったね」

グレーテル「ビーツとキャベツを入れてしまいましょう」サッサッ

ヘンゼル「さらに、赤ワイン、トマトペースト、バルサミコ酢、ケッパーも入れよう」サッサッ

グレーテル「ここからさらに煮込むのよ」

ヘンゼル「わぁ、お鍋の中が、真っ赤になってきたよ。とても美しいね」

グレーテル「ええ、ホント。食べちゃうのが勿体ないくらい」

グツグツ… グツグツ…



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:59:12.57 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「ふうっ、やっと煮込み終わったわ」

ヘンゼル「長かったね」

ヘンゼル「それじゃ、スープを皿によそってしまおう。いい香りがするね」スッ

グレーテル「サワークリームとディル(ハーブの一種)を散らして、出来上がり!」

ヘンゼル「やったね、姉様」

グレーテル「やったわね、兄様」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:02:38.54 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「どうぞ、召し上がれ」

ヘンゼル「血のように真っ赤なボルシチを、たんと味わってよ」

バラライカ「ボルシチは久しぶりだわ」

バラライカ「どれ……」ズッ

バラライカ「あら、スープと野菜が溶けあっていて、非常に美味だわ」

バラライカ「一口飲むたびに、体だけでなく心まで温かくなっていくような感覚ね」

バラライカ「質は量に勝る、というけど、このボルシチは質も量も兼ね備えている」

ヘンゼル「好評だね、姉様」

グレーテル「時間をかけたかいがあったわね、兄様」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:05:00.51 ID:3SlXFEh7o

ボリス「大尉殿」

バラライカ「なんだ、同志軍曹」

ボリス「我々にも一口頂けたら、と」

メニショフ「どうかお願いします」

サハロフ「是非」

バラライカ「……本音をいえば、一人で全部食べてしまいたいところだが」

バラライカ「お前たちは大切な戦友だ……許可しよう」

三人「ありがとうございます!」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:07:14.71 ID:3SlXFEh7o

ラプチェフ「おい、バラライカ」

バラライカ「ん?」

ラプチェフ「俺もブリヌイを作ったから食ってみてくれ」

バラライカ「あら、KGB(チェーカー)崩れにしては気がきくじゃない」モグッ

バラライカ「……」

ラプチェフ「どう?」

バラライカ「……一つ忠告しといてやろう、クソ野郎」

バラライカ「私はな、冷えたブリヌイが我慢ならんのだ!」ドカッ バキッ グシャッ

ラプチェフ「ぐげええっ……!」



ヘンゼル「あーあ、仲間割れだ」

グレーテル「ボルシチみたいに真っ赤な血が飛び散ってるわね、兄様」





張「……」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:10:08.76 ID:3SlXFEh7o

張「ところで、お嬢ちゃんたち」

グレーテル「なにかしら?」

張「俺には何かないのか?」

張「さして器もでかくもない俺の胃袋だが、さすがに待てなくなってきたようだ」グゥゥ…

グレーテル「もちろんあるわよ」

張「そりゃありがたい」

張(いったいどんな料理が……? 今までの流れからいくと、中華料理になるんだろうが――)



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:12:06.57 ID:3SlXFEh7o

ヘンゼル「はいこれ」ドサッ

グレーテル「フライドチキンのバーレル」

張「……」



張「徹夜明けにゃ、ちと重いな……」ムシャムシャ







― END ―



元スレ
ヘンゼルとグレーテル「ボルシチはメインディッシュ、最初はマカロニから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481729174/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (15)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 04:11
          • 巻末のおまけ漫画みたいに平和だ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 04:28
          • ボルシチは味噌汁みたいなもんだからメインにはならんけどね
            だからこそロシア人はデブる
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 04:37
          • ブラクラよく知らんけど、この双子?かわいいな
            興味出たから明日一気に買うわ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 04:39
          • ※3
            それが動機だったらやめとけとしか言えん
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 04:56
          • 在。?日特権を許すな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 06:11
          • やさしいせかい
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 06:55
          • あれか、ロックお父さんの続きか?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 09:10
          • 張さん……w
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 11:31
          • あったけえ……(ボコされた人達から目をそらしつつ)
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 12:06
          • ※3
            心温まるハートフルストーリーだから双子編はぜひ読んで、どうぞ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 12:50
          • ※3
            ハートフル…ボッコの心折ストーリーで良ければ……ふふふ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 13:21
          • 4
            ※3
            日本編もメイド追いかけっこ編もハートフルストーリーだしおすすめ。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 13:47
          • 同じ鳥なら油淋鶏でも作ってやれよw
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 15:13
          • ※3
            ハートフル(ボッコ)で愉快な(人たちが出る)お話や

            おすすめやで
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 20:31
          • 張さんには猪腸粉がお似合いですよ。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 妹「>>4しよっか」俺「えっっ」
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 母「そろそろ働いたら?」俺「>>3(だが断る)」
        • 母「そろそろ働いたら?」俺「>>3(だが断る)」
        • ロリ「>>3」お姉さん「ロ…ロリちゃん!?」
        • ロリ「>>3」お姉さん「ロ…ロリちゃん!?」
        • 彡(_)(_)「アカン、給料日まで食うもんがないわ…」ブリリ
        • 彡(_)(_)「アカン、給料日まで食うもんがないわ…」ブリリ
        • 妹「>>4(お兄ちゃんにつく悪い虫を掃除)してあげるね」俺「えっ」
        • 【ゾンビランドサガ】フランシュシュ「……アメリカ旅行?」
        • 【とある】御坂「アベンジャーズ!アッセンブル!」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「桃桃桃桃桃桃桃もんも桃桃桃もも桃桃桃桃もも桃桃桃桃もんも桃桃桃もんも桃桃桃もも桃桃桃桃!!!!!!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ