TOP

毒使い娘「キヒヒッ……王子様を毒殺しちゃえばいいのね?」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:25:04.019 ID:Rw4pNNws0.net

<毒使い娘の家>

毒使い娘「ご用件は?」

大臣「我が国の王子を……毒殺して欲しい」

毒使い娘「王子様を? どして?」

大臣「王子は次期国王であり、我が娘の婚約者でもある」

毒使い娘「ふうん……だったら生かしておいた方があんたにとって都合いいんじゃないの?」

大臣「いや、私にそのような野心はないし、残念ながらあの方は王の器ではない……」

大臣「王となられても民はもちろん、本人も決して幸せにはなれない」

大臣「ならばいっそ今のうちに……と考えたのだ」

毒使い娘「よっぽどダメダメなんだねえ、その王子様」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:28:13.524 ID:Rw4pNNws0.net

大臣「ダメというわけではない」

大臣「聡明で、お優しい方なのだが……あまりにも柔弱すぎるのだ」

毒使い娘「なら、王子様に王になるのをやめさせればいいんじゃないの?」

大臣「あいにく、継承者が王位を辞退することは許されておらんのだ」

大臣「だから、せめて……苦しまないように死なせて欲しい」

大臣「もし成し遂げてくれたら、10万ゴールド差し上げよう」

毒使い娘「!」

毒使い娘「キヒヒヒッ! やるやる! やるわ! 王子様を毒殺しちゃえばいいのね?」



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:30:31.122 ID:Rw4pNNws0.net

大臣「ところで、どんな毒を用いるのだ?」

毒使い娘「あたしの首に巻きついてる、この蛇いるでしょ?」

毒蛇「シャーッ!」

大臣「!」ビクッ

大臣(悪趣味なマフラーだと思ったら、蛇だったのか……!)

毒使い娘「こいつから抽出した毒薬を使えば、王子様ポックリいっちゃうよ」

毒使い娘「出回ってない毒だから、お城の医者じゃ死因分からないだろうしねえ」

大臣「……そうか」

大臣「では、方法はあなたに任せるとして……どうかお願いする」

毒使い娘「キヒヒッ、任せといて!」

バタン……



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:33:11.613 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「…………」

毒蛇「…………」

毒蛇「おい」シャー

毒使い娘「なによ」

毒蛇「毒殺なんて引き受けて大丈夫なのかよ?」

毒蛇「オメー、毒の調合はともかく、誰かを毒殺したことなんかないだろうが」

毒使い娘「だーいじょうぶよぉ。なんとかなるでしょ、多分」

毒蛇「バカだろお前」シャーッ

毒使い娘「相変わらず毒舌だねえ、あんた」

毒蛇「なにしろオレは毒蛇だからな」


コンコン……



12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:36:20.427 ID:Rw4pNNws0.net

青年「こんにちは……」ガチャッ…

毒使い娘「あら、いらっしゃい……。キヒヒッ、一日にお客が二人も来るなんて珍しいねえ」

青年「どうも……」

毒使い娘「で、ご用件は?」

青年「ボク……死にたいんだ」

毒使い娘「へ?」

青年「だから……毒薬を売って欲しいんだ」

毒使い娘「キヒーッ、自殺志願者!?」



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:40:28.184 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「なんで死にたいの? 人生に疲れちゃったの?」

青年「うん……疲れてしまった」

青年「生まれた時から巨大な期待をかけられておきながら、ボクはそれに押し潰され……」

青年「引きこもってばかりで、婚約者の顔すら知らないありさま……」

青年「ボクが死んだ方がきっと、この国はよくなるから……」

毒使い娘「この国がよくなる、ときましたか」

毒使い娘「キヒヒ、聞いた? こいつ一人死んだぐらいで世の中なんも変わらないよね」ボソッ

毒蛇「……最低だなお前」ボソッ



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:44:42.747 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「ま、いいわ。だったらこの薬売ってあげる」

青年「いいのかい?」

毒使い娘「うん、本当は他の人の毒殺に使うつもりだったんだけど、譲ってあげる!」

青年「ちなみに……誰を?」

毒使い娘「聞いて驚いてね……この国の王子様! 王子様を毒殺したら大臣から10万ゴールドもらえるの!」

青年「え……」

毒使い娘「なんだつまらない。大して驚かないでやんの」

毒蛇「ていうか、バラしちゃダメだろそれ!」シャーッ

毒使い娘「あーっ!!!」



18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:48:55.152 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「いっけない……。今のは聞かなかったことにして!」

青年「う、うん……」

毒蛇「バカすぎる……」

青年「ところで、君の首に巻きついてる蛇は言葉をしゃべってるけど……」

毒使い娘「ああ、こいつ? こいつね、突然変異の毒蛇で、自分の毒があまりにも強力すぎて」

毒使い娘「それで脳をやられちゃって、しゃべれるようになったんだって! キヒヒッ、バカでしょ~?」

毒蛇「バカにバカっていわれたくねえよ」シャー

青年「そ、そうなんだ」

毒蛇「オメーももっと驚けよ! さっきからリアクション薄くてつまんねえよ!」シャーッ

青年「す、すみません」



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:54:27.980 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「で、どうする? これ買うの?」

青年「いや……やっぱりやめとく」

青年「自分で死んだら、君が手に入れるはずの10万ゴールドが台無しになっちゃうしね」

毒使い娘「ふうん、よく分かんないけどまぁいいや」

毒使い娘「あ、そうだ! 死なないんだったら、あんたヒマになったでしょ?」

毒使い娘「だったらさ、あたしと一緒に王子様毒殺しようよ!」

青年「えっ、ボクが……?」

毒使い娘「ね、お願い。少しぐらいなら分け前あげるしさ」

青年「う、うん……分かったよ」

毒蛇(王子暗殺を誘うバカと、あっさり引き受けるバカ……バカコンビ誕生だな)



21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 21:57:26.737 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「ところでさ、王子様を毒殺しちゃうにはどうすればいいと思う?」

青年「うーん……そうだなぁ……」

青年「やっぱり、料理に毒を仕込むのが一番やりやすいんじゃないかな?」

毒使い娘「キヒヒッ、なるほど!」

毒使い娘「あんた頭いいじゃん。死ぬのなんてもったいないよ」

青年「あ、ありがとう」

毒使い娘「よぉ~し、だったら料理人に化けるのが手っ取り早いねぇ」

毒使い娘「お城へレッツゴー!」



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:01:18.720 ID:Rw4pNNws0.net

<城下町>

毒使い娘「城下町はいつ見てもキレイだねえ」キョロキョロ

青年「うん……」コソッ…

毒使い娘「ん? なんでコソコソしてんの?」

青年「いや……もし知り合いに会ったらマズイから……」

毒使い娘「ああ、そういや自殺しようとしてたんだもんねえ。もしかして、いじめられてた?」

毒使い娘「だいじょぶよぉ、あんたをいじめる奴はあたしが毒殺したげるから!」

毒蛇「でかい声で毒殺とかいうなよ」シャー



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:05:27.720 ID:Rw4pNNws0.net

<城門>

毒使い娘「よーし、あそこにいる門番に話しかけて、さっそく料理人として雇ってもらおう!」

青年「あの……」

毒使い娘「なによ?」

青年「ボクはここで待ってるよ……」

毒使い娘「えぇ~、ここまできて怖気づいたの? あんたとならいい毒殺ができると思ったのに」

毒蛇「いい毒殺ってなんだよ」シャー

青年「ご、ごめん……」

毒使い娘「ま、いいや。あんたはここで待ってて!」



25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:08:52.373 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「キヒヒッ、あのぉ……」

門番「――ん?」

毒使い娘「あたし、このお城で料理人として雇ってもらいたいんだけど」

門番「料理人? そういえば募集してたな」

毒使い娘「えっ、ラッキー! じゃ、採用ってことで」

門番「ちょっと待て」

毒使い娘「へ?」

門番「当然、免状は持ってるんだろうな?」



26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:13:57.244 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「免状? なにそれ?」

門番「“料理人としてある程度修行しました”ってことを証明する書類だ」

門番「さすがにド素人を城の料理人にするわけにはいかないからな」

毒使い娘「いいでしょ、そんなのなくても。もっと開放的になろうよ」

門番「ダメだ!」

毒使い娘「あたしだって、お城の料理人にならなきゃダメなのよ!」

門番「なんで?」

毒使い娘「だってあたし、王子様を毒殺しな――」

毒蛇「ふんっ!」ギュッ

毒使い娘「ぐえっ……!」

毒蛇「すみませんね、門番さん。免状とやらをゲットしてから、また来ますよ」シャーッ

門番「う、うむ……(蛇がしゃべった……!?)」



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:17:28.041 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「ゲホッ、ゲホッ! なにすんのよ、窒息死するとこだったよ! このバカ!」

毒蛇「バカはオメーだろ! 俺が止めてなきゃ、今頃暗殺者として牢獄行きだ!」

毒使い娘「くぅ~、正論! 蛇のくせに!」

毒蛇「オメーがアホすぎんだよ! 人間のくせに!」シャー

青年「どうだった?」

毒使い娘「ダメだった。料理の免状がないとダメだってさ」

青年「免状か……」

毒使い娘「どうすれば手に入るんだろう……」

毒使い娘&毒蛇&青年「うーん……」



29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:22:25.000 ID:Rw4pNNws0.net

ブス「あらぁ~ん?」

毒使い娘「キヒッ!?」

毒蛇「うおっ!?」

毒使い娘「ねえねえ、こいつすっごいブスだよ!」

毒蛇「ああ、まるでこの世のものとは思えねえ! 終末的ブスだ!」シャーッ

青年「二人とも、なんてことを……」

ブス「ブス? んふふぅ、褒め言葉だわぁ」

毒使い娘「しかもすっごいタフ! しゃべる蛇にも全然動じてないし!」

毒蛇「おいおいおい、オレらの毒舌が通用しねえだとお!?」シャーッ



30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:25:54.052 ID:Rw4pNNws0.net

青年「あなたは?」

ブス「アタシは通りすがりのブスよ」

ブス「今あんたたち、免状の話をしてたでしょぉ~ん?」

毒使い娘「してたよぉ~ん」

毒蛇「真似すんなよ」

ブス「アタシ、城下町で食堂を経営してて、免状を発行する権限も当然あるわ」

ブス「だから、ウチで働いてみない?」

毒使い娘「どのぐらい修行すればくれるのよ? なるべく早く欲しいんだけど」



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:29:32.960 ID:Rw4pNNws0.net

ブス「本当は2~3年はかかるけど、今なら特別サービスして一ヶ月で免状出してあげるわ」

毒使い娘「一ヶ月で!?」

毒蛇「悪くねえな」シャーッ

青年「うん……いい話かも」

ブス「ただし真面目に働いたら、だけど」

毒使い娘「よぉ~し、決めた。あたしら、あんたんとこで働くよ」

毒使い娘「よろしくね、ブス!」ガシッ

ブス「こちらこそね、ブキミ女!」ガシッ

毒蛇(この世の女のワースト2が手を組んだって構図だな)



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:33:28.973 ID:Rw4pNNws0.net

<食堂>

ブス「じゃ、今日からさっそく始めてもらうわん」

ブス「二人とも、エプロンつけて」

毒使い娘「キヒヒ……」ギュッ

青年「は、はい」モタモタ…

毒使い娘「およ? あんた、なかなか似合ってるじゃない。かっこいいよ」

青年「君も……笑顔が紫色のエプロンとよく似合ってて、可愛いよ」

毒使い娘「あたしが……可愛い?」

毒使い娘「キヒヒ、ヒヒヒーッ!」

青年「!?」ビクッ

毒蛇「ビックリさせて悪いな、こいつ容姿について褒められるの慣れてねえから」



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:36:53.931 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「――で、なにから始めるの?」ワクワク

ブス「決まってるでしょ~、皿洗いよ」

毒使い娘「皿洗いィ? なんで料理教えてくんないのよ」

ブス「新入りは皿洗いから。当然でしょぉん」

毒使い娘「ま、いいか。よぉ~し、やってやろうかねえ」

青年「う、うん……でも皿洗いって難しそうだなぁ」

毒使い娘「だいじょぶよぉ、毒を食らわば皿まで!」

毒蛇「意味分かんねえよ」シャー



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:42:32.498 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「ふんふ~ん」ジャブジャブ

ブス「あらあんた、不気味なツラに似合わずなかなか手際いいわねん」

毒使い娘「キヒヒ……皿や器の扱いは、毒薬の調合で手慣れてるからね」

ブス「なるほどね」

青年「えぇ~と」モタモタ…

毒使い娘「あんた、不器用ねえ。見てるこっちがハラハラするよ」

青年「ボク、こういうの初めてで……」モタモタ…

毒使い娘「そうなんだ。あ、結構いいとこのお坊ちゃんだったりするの?」

青年「!」ギクッ

青年「いや、あの、その……」

毒使い娘「あれ、もしかしてビンゴってやつ?」

ブス「おやめなさいな。人間それぞれ、語りたくないことってあるのよん」

毒使い娘「キヒヒ、それもそうだね!」



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:46:45.053 ID:Rw4pNNws0.net

ブス「今日はここまででいいわ。帰っていいわよん」

毒使い娘「ふう、終わった!」

毒使い娘「キヒヒ……じゃ、帰ろっか」

青年「……うん」

毒使い娘「ん? あんまり帰りたい感じじゃないね」

毒使い娘「あんた、死ぬっていってたけど帰る家あんの? よかったらウチくる?」

青年「ボクなんかを気にかけてくれて、ありがとう」

青年「でも、大丈夫……ボクも家に帰るよ。みんな大騒ぎしちゃうから」

毒使い娘「そっかぁ~」

毒使い娘「じゃ、明日からよろしくね。二人で免状ゲットしようね!」

青年「……うん!」



38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:51:07.817 ID:Rw4pNNws0.net

翌日――

<食堂>

ブス「今日からあんたらに料理についてビシバシ叩き込むから」

ブス「しっかりついてきなさいよぉん」

ブス「やる気を見せなかったら、ディープキスしちゃうんだから!」

毒使い娘「ひぇぇ、おっかないねぇ」

毒蛇「このブスのディープキスなんざ、どんな毒薬よりも猛毒だろうな」

青年「頑張ります!」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:54:42.540 ID:Rw4pNNws0.net

ブス「焼く時はメラメラと、情熱的に!」ボワァァァ…

毒使い娘「熱いねえ、汗だらだらだよ、あたし」


ブス「煮る時はグツグツと、焦らず騒がず」グツグツ…

青年「はい!」


ブス「揚げる時はカラッと、弾けるように!」ジュワァァァ…

毒使い娘「キヒーッ!」


ブス「炒める時はシュバッと、素早く軽やかに!」ジャッジャッ

青年「なるほど!」


ブス「蒸す時はムスッとした顔で、熱を包み込むのよん」シュシュシュ…

毒蛇「ブスがムスッとすると、凄まじい破壊力だな」シャーッ



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:58:48.199 ID:Rw4pNNws0.net

ブス「基礎はこんなところねん」

毒使い娘「あんた教え方がうまいから、上達が早いよ。ブスだけど」

ブス「おだてても、なにも出ないわよん」

ブス「ところであんた、なるべく早くお城の料理人になりたいんでしょ?」

毒使い娘「うん」

ブス「だったらなにか得意料理を身につけるべきだと思うわぁん」

ブス「一ヶ月しかないんだし、あれこれやるより、一つに絞った方が効率いいしね」

毒使い娘「そうだね……考えとく」



44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:02:28.495 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「ねえねえ」

青年「なんだい?」

毒使い娘「王子様を料理で毒殺しちゃうってことは、つまり最後の晩餐になるわけだから」

毒使い娘「王子様の好きな料理を作ってあげたいんだけど……王子様の好きな料理ってなんだろね?」

青年「ボクはキノコライスが好きだよ。お米とキノコを混ぜたやつ。亡くなった母上の得意料理さ」

毒使い娘「いや、あんたの好みじゃないって」

青年「あっ! ――そ、そうだね! ご、ごめんっ!」

毒使い娘「でもキノコライスか……いいねえ、それにしよう!」

毒蛇「オメーは毒キノコを扱うから、キノコの扱いには長けてるしな」



45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:08:23.101 ID:Rw4pNNws0.net

青年「……君はどうして毒使いに?」

毒使い娘「ああ、あたしんち代々毒使いの家系でね」

青年「へぇ~」

毒使い娘「子供の頃から毒の勉強や調合ばかりやらされて、一通り学び終えたから」

毒使い娘「独り立ちして城下町近くに引っ越してきたってわけ」

毒蛇「独り? オレを無視すんなよ」シャーッ

青年「アハハ」

毒使い娘「狩猟用の毒や医療用の毒なんかを作って売って、細々やってたんだけど」

毒使い娘「このたび、ようやく王子様毒殺という大役を任されたってわけよ!」

青年「君は……すごいな」

青年「まだ若いのに、他人に負けないものを持ってて、自分の力でお金を稼いで……」

青年「それにひきかえ、ボクは……全然ダメだ」



46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:11:28.253 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「そんなことないって」

毒使い娘「あんただって、自分の足であたしんとこまで自殺しに来たじゃない」

青年「ど、どうも……」

毒使い娘「それにさ、あんたはあたしにここまで付き合ってくれてるじゃない」

毒使い娘「本当に……嬉しかったんだから」

毒使い娘「あたし、あんたが死ななくて、本当によかったと思ってるよ」

青年「!」

青年「……ありがとう」

毒使い娘「じゃ、また明日ね~!」

青年「またね!」



49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:16:56.056 ID:Rw4pNNws0.net

<食堂>

毒使い娘(よ~し、王子様に毒を盛るためのメニューも決まったし、頑張ろう!)

毒使い娘(これに入ってる毒薬で、王子様を死なせれば10万ゴールド……)

ブス「あら、またその変わった小瓶をいじってるのねぇん? なにが入ってるの?」

毒使い娘「ああ、これ? 毒――」

毒蛇「ふんっ!」ギュッ

毒使い娘「ぐえっ!」

毒使い娘「キヒヒ、調味料よ、調味料。料理人になった時のためのね」

ブス「ふぅ~ん、ちょっと見せてもらってもいい?」

毒使い娘「いいけど、絶対舐めちゃダメだよ。秘伝の調味料なんだから」

ブス「そんなことしないわよぉん」

ブス「……どうもありがと。返すわ」

ブス「ところで、なんの料理に専念するか決まった?」

毒使い娘「決まった! キノコライス!」



50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:20:12.495 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「ご飯と、キノコをま~ぜ~て~」ジャッジャッジャッ

毒蛇「おおっ、いい匂いじゃん!」シャーッ

毒使い娘「でしょ~? あたし、才能あんのかも」

毒蛇「まあ、元々手先は器用だしな」

毒使い娘「いいお嫁さんになれるかな?」

毒蛇「なれねえよ。もらってくれる奴がいねえ」

毒使い娘「ぐむう……」



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:23:11.311 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「さ、食べてみて!」

青年「いただきます……」モグッ

毒使い娘「――どう?」

青年「……おいしい! おいしいよ!」

毒使い娘「キヒヒヒッ、やったぁ! これなら王子様喜んでくれるかな?」

青年「うん、絶対喜んでくれると思うよ」

毒使い娘「そういってもらえると、嬉しいねえ」

毒使い娘「毒の調合もいいけどさ。料理って……楽しいね!」

青年「!」ドキッ

青年「そうだね!」



53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:26:20.477 ID:Rw4pNNws0.net

一ヶ月後――

<食堂>

ブス「あんたたち、一ヶ月間休まずサボらずよく頑張ったわねん」

ブス「約束の免状よぉん」

毒使い娘「ありがとぉ~」

青年「ありがとうございます!」

ブス「これを持ってけば、門番にも料理人として扱ってもらえるはずよぉん」

ブス「頑張ってね、ブキミ女!」

毒使い娘「うん! 色々ありがとう、ブス!」



55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:29:28.942 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「よぉし、明日は二人でお城に行こうね」

青年「……いや、ボクは行けない」

毒使い娘「え?」

青年「ごめんね、ボクにも事情があって」

青年「詳しいことはいえないんだけど……」

毒使い娘「いや、いいっていいって。こっちこそ変なことに巻き込んじゃってごめんね」

青年「…………」



56:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:33:00.046 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「でもさ、もしあたしが捕まらずに無事やり遂げられたら、また一緒に遊ぼうね」

毒使い娘「あたし、あんたのこと気に入ってるしさ」

青年「……そうだね」

青年「ボクも……もしボクが普通の人だったら……君と一緒になりたかった」

毒使い娘「へ?」

青年「それじゃ……」タッタッタ…


毒使い娘「…………」

毒使い娘「あいつ……なんか変じゃなかった?」

毒蛇「そうか? いつもあのぐらいのテンションだろ」



57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:37:25.289 ID:Rw4pNNws0.net

翌日――

<城門>

毒使い娘「ジャーン、免状よ! どうよ?」バッ

門番「おおっ、それは料理人の免状!」

門番「分かった……料理長に取り次いでやるから、ちょっと待っていろ!」

毒使い娘「気持ちいい~……一ヶ月間、苦労したかいがあったね」

毒蛇「ま、大変なのはここからだけどな」シャー



58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:41:56.370 ID:Rw4pNNws0.net

<城の厨房>

料理長「お前が新入りか」

毒使い娘「よろしくね」

料理長「さっそくだが、今日は王子直々にリクエストがあってな」

料理長「どうしても“一番新しい料理人の料理”を食べたいそうだ」

料理長「よって、今一番新しい料理人となると、お前になってしまうのだが……やってくれるか?」

毒使い娘「やるやるぅ!」

毒使い娘「キヒヒ、いきなり大チャンスだねえ」ボソッ

毒蛇「ああ、都合よすぎて怖いくらいだ」ボソッ



59:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:45:08.916 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「ご飯とキノコをま~ぜ~て~、バターとニンニクも入~れ~て~」

毒使い娘「よぉく炒めて~」ジャッジャッジャッ

毒使い娘「よっしゃ、出来上がりぃ!」

毒使い娘「あとはこいつに毒薬をふりかければ……王子様を毒殺できるけど……」

毒使い娘「…………」

毒蛇「どうした?」

毒使い娘「あのさあ」

毒蛇「うん」

毒使い娘「人を毒殺しちゃうって、もしかしてとんでもないことなのかもしれないね」

毒蛇「え、今さら!?」シャーッ



60:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:50:06.025 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「いやほら、あたしに付き合ってくれた彼も、死のうとしてたのをやめたわけじゃない?」

毒使い娘「だからさ、王子様も……死ぬことなんかないんじゃないかって」

毒使い娘「いくら王として不向きだからってさぁ、死ななきゃならないなんてことあるかなぁ?」

毒蛇「まあ……な」

毒蛇「じゃあどうする? やめるか?」シャー

毒使い娘「どうしよう……」

毒蛇「オレが決めることじゃねえ。お前が……決めろ」

毒使い娘「…………」



62:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:55:11.914 ID:Rw4pNNws0.net

料理長「なにをやっている? あとはその調味料をふりかけるだけだろう?」

料理長「王子はお待ちかねだ。とっととかけてしまえ」パッパッ

毒使い娘「あっ」

料理長「これでよし。あとはメイドに持っていかせれば――」

毒使い娘「ああっ、ダメダメぇ!」

毒使い娘「これはあたしが持ってくよ!」

料理長「しかし、新入りが王子に会うなど許されることでは――」

毒使い娘「キヒーッ!!!」ギロッ

料理長「持ってって下さい!」



65:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:59:10.479 ID:Rw4pNNws0.net

毒使い娘「…………」スタスタ

毒蛇「おい……このメシ、王子のとこに持ってって……どうすんだよ?」

毒使い娘「分かんない」

毒蛇「分かんないって……まだ毒殺を実行するかしないかの決断もできてねえだろ!?」シャーッ

毒使い娘「とにかく持っていく……王子様に食べさせるかどうかは、その時また考える」

毒蛇「いきあたりばったりすぎるぜ……」

毒蛇「まあいい、最後まで付き合ってやるよ!」シャー

毒使い娘「ありがと!」



66:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:04:42.581 ID:LhYClAdw0.net

<王子の部屋>

コンコン…

毒使い娘「失礼します。お食事をお持ちしました」ガチャッ…


王子「!」

王子「――やぁ」


毒使い娘「あ、あんた……!」

王子「参ったな、まさか君自ら運んでくるとは思わなかった」

王子「ボクの最後の晩餐を……」



67:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:09:56.114 ID:LhYClAdw0.net

毒使い娘「どうして……どうしてあんたがここに!?」

毒蛇「そうか……オメー、王子様だったのか」

王子「うん……そうだよ」

王子「この国の法では、ボクが生きている限り、次期国王はボクだ。辞退は許されない」

王子「だけどボクに王位を継ぐ器はない……」

王子「ならボクがこの国のためにできることはただひとつ」

王子「死んで、他の優秀な者に次の王になってもらうことなんだ……」



68:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:14:27.213 ID:LhYClAdw0.net

毒使い娘「ダメよ……ダメぇ」

毒使い娘「あんた、あんなに楽しそうだったじゃない……なのになんで死ぬのぉっ!」

毒使い娘「やだよ、あたしやだぁっ! あんたに死んで欲しくない!」

毒使い娘「あたし……あんたが好きだもの!」

王子「……ボクも君のことが好きだよ」

王子「だけどボクは……生きているわけにはいかない」

王子「さ、その皿をよこすんだ」

毒使い娘「ダ、ダメェェェッ!」



69:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:18:40.655 ID:LhYClAdw0.net

毒使い娘「これはあたしが食う!」バクッ

王子「な!?」

毒使い娘「全部……全部食ってやる!」ガツガツ

王子「なんてことを! ――すぐ吐き出すんだッ!」

毒使い娘「キヒヒ……もうダメ、飲み込んじゃったから」

王子「あああっ……!」

王子「なら……君一人死なせるものか! ボクも食べる!」ガツガツ

毒蛇「ケッ、バカどもが……元々はオレの毒だし、オレも付き合ってやるぜ!」ガツガツ

毒使い娘「ううう……あたし、あんたらと死ねるなら笑って死ねるよ……キヒッ」ムシャムシャ

王子「ボクもだよ……。人生の最期に、君たちに出会えて本当によかった……!」ムシャムシャ

ガツガツ… ムシャムシャ…



71:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:23:11.681 ID:LhYClAdw0.net

……

毒使い娘「……死なないね」

王子「ホントだね」

毒蛇「どういうことだ……? 毒はたしかにふりかかってたのに……」

毒使い娘「よく分かんないけど……」

毒使い娘「みんな助かってよかったぁ~~~~~!」

王子「よかったぁ~~~~~!」

毒蛇「よかったなぁ~~~~~!」シャーッ



74:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:28:26.925 ID:LhYClAdw0.net

毒使い娘「ねえ……」

毒使い娘「本当によく分かんないけど、あたしら毒食って助かったんだからさ」

毒使い娘「もう死ぬなんてやめよ?」

毒使い娘「もう死んだようなもんだから、怖いもんなんかないでしょ?」

毒使い娘「生きようよ! でさ、やっぱり死にたくなったら、今度こそ完璧に毒殺したげるからさ!」

王子「……うん」

王子「君の料理を食べたからか、なんだか甘ったるくて清々しい気分だ」

王子「ボクはもう死んだ身……精一杯生きてみるよ」

王子「――王子として!」



75:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:33:52.426 ID:LhYClAdw0.net

パチパチパチパチパチ…

ブス「王子様、いい顔になったわん」


王子「あなたは……!」

毒使い娘「ブスじゃん!」

毒蛇「なんでここにいんだよ!?」シャーッ

ブス「あんた、よかったわねぇ~、好きな人を毒殺せずに済んで」

毒使い娘「キヒヒ、まあね」

毒使い娘「――って、なんであんた、毒殺のこと知ってんの!?」

毒蛇「おいブス……オメーさては、なにかやったな?」

ブス「そうよぉ~、ブキミ女の持ってた毒薬の瓶は、ただの砂糖が入った似たデザインの瓶と」

ブス「すり替えておいたのよ!」

毒使い娘&王子「えええええ~~~~~~~~~~!?」

毒蛇(そうか……。一度、毒の入った瓶をこいつに渡したことがあったが、あの時か)



77:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:39:02.258 ID:LhYClAdw0.net

毒蛇「オメー、最初からなにもかもお見通しだったってわけか!」

ブス「もっちろん!」

ブス「ブキミ女の正体と目的も、王子様のことも、全部分かってたわぁん」

ブス「なにも悪いことしてない王子様が毒殺されちゃうのはあまりにも不憫……」

ブス「けど、アタシじゃ王子様を立ち直らせることはできないわ」

ブス「だから……毒を扱うブキミ女ならって賭けてみたのよ。毒を以て毒を制す、ってやつね」

毒使い娘「ふうん、つまりあたしはブスの掌の上で踊らされてたわけだ」

毒使い娘「やるじゃん、ブスのくせに」ギロッ

ブス「修行が足りないわねえ、ブキミ女」ジロッ


王子「こ、怖い……!」

毒蛇「全世界でワースト2の女同士のにらみ合いだ……寒気がするぜ」シャー…



79:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:44:55.258 ID:LhYClAdw0.net

毒使い娘「でもどうして、なにもかもお見通しだったの?」

毒使い娘「あんたの正体は王家を守る凄腕のエージェントだったってこと?」

ブス「んなわけないでしょ?」

ブス「アタシはしがない食堂のオ、ン、ナ」

ブス「だけど、パパがなに企んでるかぐらいは察しがつくわ」

王子「そうか……! 君は大臣の娘だったのか!」

ブス「イエッス!」

ブス「あ、だけど勘違いしないでねぇ~ん。アタシはあんたらの仲を引き裂くつもりはないから」

ブス「毒が入った料理で心中できるような二人に割って入ろうとするほど野暮じゃないわん」

毒使い娘「話が分かるじゃん、ブスのくせに」キヒッ

ブス「幸せになりなさいな、ブキミ女」ムフッ


王子「二人とも、いい笑顔だ……」

毒蛇「ワースト2の女同士が仲良しになった……吐き気がするぜ」シャー…



80:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:48:18.924 ID:LhYClAdw0.net

ブス「王子様……」

王子「は、はいっ!」

ブス「さっきもいったけど、本当にいい顔になったわ。昨日までとは別人よ」

ブス「今のあなたなら、お父様の後を継いで、立派な王になれるわ」

ブス「――ねえ、パパ?」



大臣「……うむ」



81:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:53:26.174 ID:LhYClAdw0.net

王子「大臣……」

大臣「殿下、申し訳ございません」

大臣「私はあなたの毒殺を企てておりました」

大臣「どうか……私に死罰をお与え下さい!」ガバッ

王子「いや……大臣が私利私欲ではなく、真に国のためボクのためを思ってやったことだというのは」

王子「ボクもよく分かっている」

王子「今回のことは忘れて、どうかこれからも国のために尽くしてほしい」

大臣「殿下……!」

王子「それに、大恩人の父君を死なせるわけにはいかないしね」チラッ

ブス「さっすが王子! 婚約者から下りたことを後悔したくなっちゃうわぁ~ん」

王子「ア、アハハ……」



83:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 00:59:28.933 ID:LhYClAdw0.net

王子「じゃあ改めて、君に伝えたい」

毒使い娘「へ?」

王子「どうかこれからも、ボクと一緒にいて欲しい」

毒使い娘「へ……え……あの、その……」キョドキョド

毒使い娘「やっぱりさ、あたしみたいなのが王子様とくっつくなんてまずいんじゃ……」

王子「好きだ!!!」ギュッ

毒使い娘「キヒーッ!!!」


毒蛇「なんつう声出しやがる!」シャーッ

ブス「でもお似合いだわん。ちょっぴり妬けちゃうくらい」

毒蛇「これからも、あいつらの親友でいてやってくれよ」

ブス「もちろんよぉん。あの二人だけじゃ不安だしね」

毒蛇「へっ……もしオレが人間だったら、あんたに惚れてたかもしれねえな」

ブス「あらアタシ、蛇でもかまわないわよん?」ペロリ…

毒蛇「前言撤回します、ごめんなさい」



84:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 01:03:45.158 ID:LhYClAdw0.net

そして――

<王の間>

王子「父上、みんな! ボクは歴代の王に負けないような立派な王になることを目指します!」

王子「ボクはもう……逃げません!!!」


ワアァァァァァ……! ワアァァァァァ……!




国王(後継ぎとはいえ、半ば見放していたのだが……いつの間にか立派になりおって)

国王(今や余に劣らぬほどの王者の風格を身につけている……!)

国王(妃よ……天国から見ててくれているか……)



85:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/08(木) 01:09:17.273 ID:LhYClAdw0.net

毒使い娘「いい決意表明だったよ、かっちょよかった!」

王子「アハハ、ありがとう。どうかボクを支えて欲しい」

王子「あ、だけど毒薬の研究は続けていいからね」

毒使い娘「キヒヒ、当然よぉ。あんたが死にたくなったら、毒殺しなきゃいけないんだから」

王子「二度とあんなこと考えないよう頑張るよ」

毒使い娘「キヒヒ……どうかしらねえ?」

毒蛇「やれやれ、バカコンビがとんでもねえバカップルになっちまったぜ」シャー


後に王子は王位を継ぎ、「王国史上最も偉大な王」として語り継がれる名君となる。

そのかたわらには常に、毒蛇を首に巻き、ひきつった笑みを浮かべた王妃がいたという――







                                   ~おわり~



元スレ
毒使い娘「キヒヒッ……王子様を毒殺しちゃえばいいのね?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1481113504/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 05:15
          • 面白かった
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 05:38
          • ブスが良い女過ぎる件
            この人本当にキャラを立てるのが巧いな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 06:11
          • 通りすがりのブスで吹いたwwwwww
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 06:22
          • ブスがいい奴すぎる、ブスだけど
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 07:10
          • 毒蛇ほんとに毒はきすぎて笑うわw
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 08:11
          • 今年で一番好き
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 10:27
          • ベ.ン.キ.ーの年末年始の復帰許さんぞ 業界の狙い通り川.谷だけを悪.者にしてベ.ン.キ.ーを復帰させやすくするという陰.謀ほんとムカつく 復帰なんかさせたら絶対その局への苦情やネ.ットの荒.れがとんでもないことになるぞ ちょっとは嫌がる視聴者の事を考え.ろカ.ス 視聴率さえ取れりゃいいのかタヒね
            しかも今度はLINEのCMに出るとか言ってやがるけど何で自分が日本中で嫌われてる事が分からないんだ? マジでいい加減にしろよ メディアから失せろ
            ベ.ン.キ.ーを擁.護する奴バッカじゃねーのか!「セ.ン.テ.ン.ス.ス.プ.リ.ン.グ」「友達で押し通す予定」「ありがとう文.春」これを先に言ったのはベ.ン.キ.ーだからな!それを忘れるなよ もうあの腐.れ開き直りブスは見たくねぇんだよ! たとえA.Vだろうとなんだろうと出るんじゃねーよカ.ス!
            俺のようにベ.ン.キ.ーア.ン.チの奴らは本気で叩いていかないと本当に本格復帰しちまうぞ! それでもいいのか? 冗談じゃねーっ!
            頼むからテレビからもラジオからも雑誌からも噂からも綺麗サッパリ消.え去.ってくれ そして擁.護する世論や所属事務所や業界もLINEの会社も全部消.え.ろ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 10:30
          • あれ...ブスかっこいい...かっこよくない?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 11:07
          • 毒娘がモバマスの輝子、ブス女がワンピのローラに脳内変化された
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 11:46
          • 綺麗に纏まってて読みやすいしSSとして優秀。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 11:54
          • 5 なんかほっこりした
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 12:11
          • 5 タフなブス格好良すぎワロタ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 12:16
          • ブスが良い女過ぎて草生えるwww

            ブスだけどwww
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 12:21
          • 面白かった
            名前がブスは流石にかわいそうだ…w
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 12:39
          • 5 うん、こういうのでいいんだよな、こういうので
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 13:01
          • 5 良いな、変なひねり方をせずストレートに見たい展開をやってくれた
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 13:03
          • 多少ブスなくらいじゃこんないい女は誤魔化せない。普通に求婚されるよ。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 15:10
          • ※17
            多少のブスじゃなくてこの世のものとは思えない終末的ブスやぞ
            格好良すぎだけど
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月08日 21:49
          • ブスブス言うからVECTORBALLのSSとばかり
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月09日 11:39
          • ※18
            「終末的ブス」のフレーズがツボに入ってもうた。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月09日 15:06
          • おもしろかった
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月12日 21:33
          • 外見グラブルのアンナで表情はモバマスの輝子みたいな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月14日 04:42
          • ずっと輝子の顔で脳内変換されてた
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月20日 15:58
          • オリジナルでキチ路線以外で初めて面白いと思えたわ
            長さもちょうど良いし変に小難しいテーマもなくて読み易かった
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月24日 14:24
          • 5 ブスさん最高だぜ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月02日 15:40
          • ブス△

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【ミリマス】周防桃子「耳かき、して?」
        • 【ミリマス】周防桃子「耳かき、して?」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ