TOP

星輝子「キノコをリボンで固く結んで」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:32:35.99 ID:2Fl4qAqk0

輝子の最初のトモダチ(P除く)がまゆだったら、というお話。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:33:28.89 ID:2Fl4qAqk0


P「どうだ輝子?事務所のみんなとは仲良くやれそうか?」

輝子「…」

P「おーい輝子?」

輝子「無理だ。私には無理なんだ…」

P「目が泳いでるぞ輝子…」

輝子「みんな眩しすぎる。私みたいな日陰者はボッチでいるしかないんだ…」

P「…まあ無理に仲良くやれとは言わないよ、学校じゃあるまいし。輝子のペースでやってくれればいい」

輝子「親友は優しいな…」

P「個人的には輝子が楽しそうにしてる姿を見たい気持ちもあるが…なるべく本人の気持ちを尊重したいからな」

輝子「す、すまないな親友…こんな根暗な私で…」

P「謝ることねえよ。自分の性格なんだから恥じる必要もない。いつか輝子のことをわかってくれる友達に出会えればいいな」

輝子「フヒ…」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:34:41.55 ID:2Fl4qAqk0



輝子「今日もうまく話せなかった…」

輝子「緊張しすぎて、ヒャッハーして、みんな困ってた…」

輝子「わたしはなんでこうなんだろうなシメジ君。教えてくれ…」

佐久間まゆ「机の下から声が聞こえると思ったら…輝子ちゃんでしたか」

輝子「ほわっ!?ま、まゆさん…」

まゆ「驚かせちゃったならごめんなさい。そこで何してるんですか?」

輝子「キノコの栽培…湿気がちょうどいいんだ」

まゆ「ふぅん…」

輝子「へ、変だよな?わかってる、自覚はあるから…」

まゆ「そうですかぁ?プロデューサーさんの机の下に入りたいという気持ちは自然な感情だと思いますが…」

輝子「えっ?」

まゆ「机の下だけじゃない…車の中だって、お家の中だって、プロデューサーさんのいるところならどこにでも行きたい…」

輝子「お、おう…」

まゆ「輝子ちゃんもそう思いません?」

輝子「いや…私はそこまでではないな…」

まゆ「そうですか…なら安心しました♪」

輝子「私も変だけど…」

まゆ「?」

輝子「まゆさんも、相当変だな」

まゆ「うふ…輝子ちゃんは正直者なんですねぇ…ハッキリ言ってくれて」

輝子「ご、ごめん。そんなつもりじゃなくて…」

まゆ「いえいえ♪まゆ、正直な人は好きですから」

輝子「フヒヒ…そ、そうか…」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:35:38.14 ID:2Fl4qAqk0



まゆ「あら…今日も輝子ちゃんは机の下にいるんですねぇ…」

輝子「ああまゆさん…本日はお日柄もよく…」

まゆ「外、雨ですよね?」

輝子「雨はいいぞ…キノコも元気になる…」

まゆ「そうなんですね…」

輝子「悪い。興味ない話だよな…フヒ…」

まゆ「いえ、もっとキノコの話聞かせてください」

輝子「えっ…まゆさんもキノコ好きだったのか…?」

まゆ「キノコ好きというか…キノコ好きに、なりたいんですよね」

輝子「ど、どういうことだ?」

まゆ「キノコのことをたくさん知れば、輝子ちゃんとも仲良くなれるかなって…」

輝子「私と仲良くなりたいのか…?」

まゆ「ええ。ダメですか?」

輝子「ダメじゃない…ダメじゃないんだが…どうして、私なんかと」

まゆ「…前に、プロデューサーさんが輝子ちゃんのことをすごく誉めてたんです」

輝子「親友が…?」

まゆ「それで、どんな子なのかなって、まゆ気になっちゃって…」

輝子「そ、そうなのか…」

まゆ「そんな理由じゃ、ダメですか?」

輝子「ダメじゃない…ダメなわけないぞ…フヒ」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:36:42.20 ID:2Fl4qAqk0



まゆ「あら、輝子ちゃん。今日はソファーにいるんですね」

輝子「今日は誰も事務所にいなかったから。くつろげるなと…」

まゆ「人がいてもくつろいでいいと思うのですが…」

輝子「ダ、ダメだ…私なんかがくつろいでたら邪魔だろうし」

まゆ「邪魔だなんて…まさか誰かが輝子ちゃんを邪魔だって言ったんですかぁ?」

輝子「め、目が怖いぞまゆさん。違うんだ…私が勝手に卑屈になってるだけで」

まゆ「そうでしたか♪」

輝子「…こんな卑屈な私に呆れたりしないのか?」

まゆ「呆れる?なんで?」

輝子「だ、だって…みんな言うんだ…『明るく振る舞わなきゃダメだ』って、『暗い顔するな』って」

まゆ「まゆはその『みんな』じゃないですよ?」

輝子「そうか…それもそうだな…フヒ」

まゆ「暗い顔してても輝子ちゃんは可愛いですから」

輝子「そ、そんな…お世辞でも恥ずかしい…」

まゆ「食べちゃいたいくらい…」

輝子「わ、私はキノコじゃないから…食べてもきっと美味しくないが…」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:38:14.55 ID:2Fl4qAqk0



まゆ「輝子ちゃん、腕細いですよねぇ…」

輝子「キノコばっかり食べてるからな。カ口リーが足りてないんだろう…フヒ」

まゆ「肌も白くて小顔だし…口リータ服も似合うと思うんですよねぇ…」

輝子「あのフリフリした服か…似合わないと思うぞ…」

まゆ「まあそう言わずに♪」

輝子「い、いや絶対おかしいから…」

まゆ「大丈夫大丈夫♪」

輝子「そんな無理矢理着せるなんて…」

まゆ「大丈夫ですよぉ」

輝子「うっ…抗えない…」

まゆ「あら…やっぱり似合うじゃないですか♪ほら、鏡の方を向いて…」

輝子「こ、これは…」

まゆ「どうですかぁ?」

輝子「は、恥ず、恥ずかし…ヒャッハー!!!!」

まゆ「!?」

輝子「よく見りゃこのヒラヒラ、マイタケの傘みたいじゃねーか!!ゴキゲンだぜぇ!!」

まゆ「し、輝子ちゃん…?」

輝子「オラオラァ!目ん玉かっぽじってよく見やがれぇ!!パステル毒茸・星輝子だァ!!」

まゆ「ヒッ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:39:03.50 ID:2Fl4qAqk0

輝子「あ、ご、ごめん。驚いたよな…」

まゆ「ええ、驚きましたが…」

輝子「申し訳ない…恥ずかしさが臨界点を超えた…」

まゆ「へ、へえ…」

輝子「ひ、引くよな…こんな人間…」

まゆ「…」

輝子「本当にダメだな…こんなことばっかりしてるからトモダチができない…」

まゆ「えっ?」

輝子「ど、どうした?」

まゆ「私たち、友達じゃなかったんですか?」

輝子「えっ」

まゆ「ごめんなさい、まゆ…勝手に輝子ちゃんを友達だと思ってたんですが…」

輝子「ち、違う!違うんだ!」

まゆ「まゆの独りよがりだったなんて…」

輝子「違う!まゆさんは、いい人なんだ…!私、私は…」

まゆ「輝子ちゃん…」

輝子「まゆさんと仲良くなれたら、って…私も思ってた…!だから、だから…!」

まゆ「輝子ちゃんは本当に不器用なんですねぇ…」

輝子「まゆさん…私は…」

まゆ「輝子ちゃんの気持ちはわかりましたよ。だから、隣…座ってもいいですよね?」

輝子「まゆさん…あ、ありがとう…」

まゆ「いえいえ…」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:40:21.70 ID:2Fl4qAqk0



まゆ「輝子ちゃん、今日のライブすごく良かったですよぉ」

輝子「まゆさん…来てくれたのか」

まゆ「トレーナーさんに無理言って来ちゃいました」

輝子「好き勝手ヒャッハーしてたけど…あんな感じでいいのかな…」

まゆ「関係者席からよく観えたのですが、ファンの皆さんは楽しそうでしたよ?」

輝子「そうか。それなら安心だな…フヒ」

まゆ「…輝子ちゃんは本当に立派だと思います」

輝子「な、なんで?」

まゆ「あんなに自分をさらけ出して…まゆには真似できません」

輝子「…」

まゆ「どうしました?」

輝子「いや…なんだか意外だったんだ」

まゆ「意外、ですか?」

輝子「私はずっとまゆさんには敵わないって思ってたから…私じゃあんなに可愛く笑えないからな」

まゆ「そうなんですね…私にとって輝子ちゃんは友達でもあり、ライバルでもあると思っていたのですが」

輝子「そうか…対等に見てくれてたんだな…」

まゆ「対等どころか…輝子ちゃんにはまゆが見習いたい部分もたくさんありますよ」

輝子「せ、戦友ってやつだな。フヒヒ…親友とはまた違う、いい響きだ…」

まゆ「輝子ちゃんは時々自分を卑下しますが、少なくとも私は輝子ちゃんと事務所仲間であることを誇りに思っていますよ」

輝子「照れるな…」

まゆ「だから時々不安になるんですけどね」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:41:36.54 ID:2Fl4qAqk0

輝子「不安…?」

まゆ「プロデューサーさんが…輝子ちゃんばっかり見るようにならないかな、って…」

輝子「…」

まゆ「ほら、まゆ最近あんまりイベントやライブに出れてないですし…もっともっとプロデューサーさんの役に立ちたいのに」

輝子「…」

まゆ「ステージで頑張るまゆの姿を見ていてほしいんだけど…なんて。実力が足りないだけなら、私の自業自得なんですけどね」

輝子「親友は…プロデューサーは、まゆさんのことずっと気にかけてるぞ」

まゆ「そうだったら嬉しいのですが…」

輝子「まゆさんにあんまり仕事を回せていないこと、すごく悩んでた…『俺の営業が足りなくてまゆに相応しい仕事を持ってこれない』って…」

まゆ「あら…お互い、変に気を遣ってしまっていたのかもしれませんね…」

輝子「今のまゆさんの言葉を聞いて思ったんだが…まゆさんと親友は似てるな」

まゆ「私と、プロデューサーさんが?」

輝子「ああ。二人とも責任感が強くて…好きなことに一途だから…」

まゆ「なるほど…」

輝子「似た者同士だからこそ、気持ちがすれ違うこともあるんだろうな…フヒ」

まゆ「でも…似ているからこそまた同じ気持ちになれることもある、と?」

輝子「全部言わなくても解るのか…さすがまゆさんだな…」

まゆ「輝子ちゃんの優しさは、言葉にしなくても伝わりますよぉ…」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:43:06.63 ID:2Fl4qAqk0



白坂小梅「この前ね、マタンゴのフィギュア買ったんだ…ほら」

輝子「おお、滑らかなボディライン…」

小梅「可愛いよね…」

輝子「マッシュルーム君の隣に置いても違和感が無いな…いい造形だ」

小梅「寄生系のホラーは侵食される感覚がいいよね…」

森久保乃々「会話がマニアックすぎるんですけど…」

輝子「ボノノちゃんもマタンゴ観よう…案外ハマるかもしれないぞ…フヒヒ」

森久保「もりくぼ、ホラーには耐性が無いので…お二人と映画を観るのは楽しそうですが…」

小梅「耐性の無い人こそホラーを観るべきだよ…私たちはそのリアクションを見て楽しむから、えへへ…」

森久保「発想がサディスティックなんですけど…こわい…」

輝子「こっちに来い…!こっちの世界に来いよぉ…!!」

森久保「ひいぃ…」








P「輝子も色んな子と仲良くなれてよかったなあ」

まゆ「そうですねぇ…」

P「ん?まゆあんまり嬉しくなさそうだな」

まゆ「そんなこと…」

P「寂しい時は寂しいって言っていいと思うが」 

まゆ「…独占欲。自分でも時々情けなくなるんですよねぇ」

P「わかるよ」

まゆ「友達が幸せそうにしてるのは嬉しいことなんですけど…」

P「うん」

まゆ「そこに自分の姿が無いと…素直に喜べなかったり」

P「そうだな」

まゆ「混じればいいだけの話なのですが…」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:43:58.84 ID:2Fl4qAqk0

P「でも毎回自分が輝子にくっついてても迷惑かも、って思ってんだろ?」

まゆ「Pさんはまゆのことなら何でもお見通しなんですね」

P「プロデューサーだからな。それより輝子のことだが…友達が遠くに行ったみたいで寂しい、っていう気持ちは自然なものだと思うよ」

まゆ「Pさんがそう言うなら…そうなんでしょうね」

P「寂しいのはわかるが…それでまゆが輝子と築いてきた時間がなくなるわけじゃない。だからどっしり構えてりゃいいさ」

まゆ「はい…」

P「輝子は今まで孤独だった分、なおさら友達思いだろうしな」

まゆ「そう、ですよね…信じなきゃ…」

P「ん?輝子がこっちに走ってくる」

輝子「ま、まゆさん。今から映画をみんなで観るんだけど…一緒に、どうだ?」

まゆ「輝子ちゃん…」

P「な?」

輝子「フヒ…」

まゆ「はい…はい。すぐに行きますね…」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/03(土) 11:45:56.73 ID:2Fl4qAqk0

こうして二人は幸せなトモダチ生活を送りましたとさ
おわり



元スレ
星輝子「キノコをリボンで固く結んで」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480732355/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 15:56
          • んアアアォア
            二人の天使にはぐされたいいあいうん
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 16:08
          • 射◯管理される話かと…
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 16:15
          • タイトル見てティンティンがヒュンってなったけど杞憂だった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 16:17
          • 二人は幸せな友達をつくって終了
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 18:10
          • 僕のキノコもリボンで縛って縛ってぇ!!(ボロン
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 18:29
          • 優しい世界
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月04日 00:09
          • まゆはPが絡まないと本当に良い子

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ラブライブサンシャイン】曜「千歌ちゃんたちに好きって言ってみるよーそろー!」
        • 【モバマス】荒木比奈「今日までの記憶が全て」
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 彡(゚)(゚)「えっ、ワイがスティールボールランレースに参加!?」
        • 【モバマス】輝子「LoveとLikeの境界線」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ