TOP

【安価】提督「終戦?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 17:33:30.68 ID:sVZwM0Kho

提督「はぁ......本当に終わったんだな」

提督(敵陣の本拠地を総攻撃で潰して海は平和に戻った......俺達の戦いは終わったんだ)

提督「ほんと、長かったなぁ」

提督(心から嬉しい。そりゃ艦娘達との生活は楽しかったけどそれでも激務やら敵の攻撃やらで気の休まる暇もなかった)

提督(それが、ようやく解放されたのだ)

提督「......家に帰るのも久しぶりだな」

提督(鎮守府に寝泊まりしてたから自分の家に帰ってくるのなんていつ以来だろうか......)

提督「ここら辺、懐かしいなぁ。全く変わってないや」

提督(......ああ、空気で分かる。なんてここは平和なんだ)

提督(敵の攻撃に怯えることなく眠れるなんて、最高だ......)

提督(夢にまで見た平穏な暮らし)

提督(誰にも邪魔されることなく一人で......)



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 17:34:51.22 ID:sVZwM0Kho

提督「......一人、か」

提督(まぁ、ほんの少しだけ、寂しい気がする)

提督(いつも騒がしくてちょっと嫌なときもあったがいざいなくなると考えると寂しいもんだ)

提督「あいつら、何してるかなぁ」

提督(艦娘たちとは鎮守府で別れてきた。皆、色々な人生を歩むんだろう)

提督(願わくは、皆、幸せになって欲しいものだ)

提督「っと、その前に自分の幸せを見つけないとな」

ガチャッ

提督「ただいまー、なんてね」

↓2「お帰りなさい!」

誰か艦娘を



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 17:37:31.38 ID:UD7bCeAj0

kskstst



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 17:37:32.95 ID:4pEQNUfh0

文月



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 17:58:35.70 ID:sVZwM0Kho

文月「あっ!司令官!おかえ」

バタン

提督「......」

ガチャッ

文月「し」

バタン

提督「......オーケー、状況を整理しよう」

提督(自分の家の扉を開けたら部下がいた......しかもなんかエプロン付けてた。え?なにこれ?訳分かんない)

提督「えーと......表札、まちがいなく俺の名字。住所間違いなし」

提督「......まさか幻覚?」

提督「これが噂のPTSDなのか......?」

提督「......んなわけない、か」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:00:32.11 ID:sVZwM0Kho

提督「ね、念のためもう一度」

ガチャッ

文月「司令官?さっきからどうしたの~?」

提督「......」ツネリ

文月「いひゃい!な、何でほっぺたつねるの~!?」

提督「いや夢かと」

文月「うぅ~......」

提督「それで何してるんだよ......てか聞きたいことが色々ありすぎて困るんだが」

文月「......あっ!」

提督「ん?なんだ、どうし」

文月「司令官!おかえり~!」ニコッ

提督「......」

文月「えへへ、これがいいたかったの~」ニッコニッコ

提督「......ああ、ただいま」ハァ



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:01:03.88 ID:sVZwM0Kho

提督「......それで?」

文月「え?」

提督「どうやって入ったかとか色々聞きたいが」

文月「あ、えーと......」

提督「......答えにくいならこれだけ教えてくれ。どうかしたのか?」

文月「......↓2」

悩み事をなにか



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:03:07.34 ID:zSgSHLzHO

文月にニコニコしながらおかえり~とか言われたら黙っちゃっても仕方ないよね



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:04:40.50 ID:vjXrDqBW0

養父に虐待されてる



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:22:01.91 ID:sVZwM0Kho

文月「......」

提督「......?」

提督(何か様子が変じゃないか?)

文月「......司令官さん」

提督「ん、どうし」

文月 ポロポロ

提督「ふ、文月!?」

文月「ご、ごめんなさい......ごめんなさい......」ガタガタ

提督「......文月」ギュッ

文月「......」

提督「大丈夫、大丈夫だから」ナデナデ

文月「......しれー、かん」

提督「何かあったんだろ?でも、大丈夫。俺が何とかしてやるから」

文月「......ふぁい」

提督(......グッバイ、俺の平穏な暮らし)



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:22:58.63 ID:sVZwM0Kho

文月 スースー

提督「泣きつかれて寝ちゃったか......」

提督(......しかし、何があったか調べる必要がありそうだな)

提督(はぁ、せっかく戦争が終わって平和になったのになぁ)

提督「......」

提督(しかし文月から直接聞くのは流石にあれだな......)

提督「......となると」

提督「↓2に頼るか」

誰か艦娘を



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:23:36.80 ID:5LOJyBhpo

大淀



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:23:49.09 ID:5PYbUrc40

大淀



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:41:04.01 ID:sVZwM0Kho

提督「......よし」

プルル......

ガチャッ

大淀『はい、大淀です』

提督「俺だ。大淀」

大淀『......提督?どうかなさいましたか?』

提督「少し聞きたいことがあるんだが」

大淀『何でしょうか』

提督「文月は戦争が終わった後、確か養子として引き取られたんだよな?」

大淀『えぇ、そうですが......それが?』

提督「その後のこと、何か知らないか?」

大淀『その後、ですか?いえ......』



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:42:08.33 ID:sVZwM0Kho

提督「......そうか。それなら」

大淀『ですが調べることならできます』

提督「え?」

大淀『何か、あったんですね?』

提督「......頼めるか?」

大淀『お任せを。すぐに報告します』

提督「助かる」

ガチャッ

提督「......さて、と。あっちは大淀に任せればいいか」

提督「......で、だ」

文月 スースー

提督「こっちはどうするかなぁ......」

文月「し......れぇ......」

提督「......ま、やれることをやるか」

提督(......↓2でも、やってみるか)



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:42:32.50 ID:p58Ugj6s0

ksk



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 18:43:13.69 ID:OT3+CrRDO

簡単なお菓子づくり



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 19:03:34.97 ID:sVZwM0Kho

提督「......このぐらいの女の子が喜ぶことって何だろうか」

提督(......うーん、分からん。調べるか)

提督「えーとなになに......」カタカタ

提督「......お菓子作りか」

提督「料理すら危ういが出来るだろうか......」

文月「......んー」スースー

提督「......頑張ろう」グッ


文月「......ふぁ?」パチッ

提督「お、起きたか」

文月「......しれー、かん?」ポー

提督「ほら、顔を洗ってこい」

文月「ふぁーい......」

提督「さて、と。準備するか」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 19:04:26.37 ID:sVZwM0Kho

文月「あれ?司令官、どうしたの~?」

提督「ん、いやさ文月。甘いものを食べたくないか?」

文月「甘いもの?」

提督「そう、簡単なものだけどさ、お菓子作らないか?」

文月「......うん!」ニコッ

提督「そうか、じゃ、やろうか!」

提督(......良かった、かな?)

↓2コンマ
お菓子の出来
00~33:ダメダメ
34~66:まあまあ
67~99:完璧



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 19:04:36.46 ID:5PYbUrc40




26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 19:07:44.81 ID:OT3+CrRDO

それ



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 19:27:14.51 ID:hd2GZroA0

(材料あるのか?)



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 19:27:44.66 ID:sVZwM0Kho

コンマ81:完璧なお菓子、完成


提督「えーと、まずは生地を混ぜる、か。文月、出来るか?」

文月「うぅ~、そのくらいできるよ~」

提督「よし、じゃあ任せたぞ」

文月「うん!......んっしょ、んっしょ」

提督「......」

提督(......こうしてる分には普通なんだがなぁ)

提督「......っと、そろそろ良さそうだな。んでこれを伸ばしてっ......よし、次は型抜きか」

文月「あ!私これがいい~!お月様の形!」

提督「お、いいな」

文月「よいしょ......よいしょ......うん!いいかんじ~」ニコニコ

提督「ん、オッケー。それじゃ焼こうか」

文月「うん!」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 19:29:27.47 ID:sVZwM0Kho

>>28
(文月が寝てる間に提督が準備しました)


文月「まだかなまだかな~」

提督「あと少し......おっ」

チーン

提督「よし、出来たぞ!」

文月「わぁあー......」キラキラ

提督「おお!?初めてだがよく分からんがうまく出来たんじゃないかこれは!」

文月「司令官!早く食べよぉ~!」

提督「そうだな、じゃあ用意するから机で待ってて」

文月「はーい!」トテテ

提督「......ふふっ」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 19:31:54.48 ID:sVZwM0Kho

提督「では、クッキー。完成です!」

文月「わぁー」パチパチ

提督「よしじゃ、食べようか」

文月「うん!」

提督「では......」パク

文月「......」パク

提督「!」

文月「!」

提督「う、うまい!」

文月「おいしぃ~!」

提督「これも文月が作ってくれたからだな!ありがとなー、文月!」ナデナデ

文月「えへへ~」

提督「ほら、もっと食べな?」

文月「うん!」パアッ

提督「......」ホッ

提督(......お菓子作り、大成功だな)

提督(......)チラッ

文月「♪」モグモグ

提督(......大淀、早く、頼むぞ)



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 20:48:29.57 ID:sVZwM0Kho

プルル......

提督「!」ガタッ

文月「?」

提督「文月、悪い。電話だ」

文月「あ、うん」

提督(......)

ガチャッ

提督「もしもし......」

大淀『大淀です。調査完了しました』

提督「早いな......まだ数時間しか経ってないぞ」

大淀『早い方がいいかと思いまして』

提督「......流石だな。それで?」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 20:50:05.13 ID:sVZwM0Kho

大淀『結論から述べるなら文月さんは養父から虐待を受けているようです』

提督「なっ!?だ、だが文月の体に傷とかは......」チラッ

文月「?」

大淀『あ、いえ。文月さんの場合、どうやら精神的虐待のようで』

提督「精神的?」

大淀『ええ、簡単に言えばお前を引き取らなければ良かった......のようなことを言われてたみたいです』

提督「っ!どうして......」

大淀『どうやら文月さん、初めて鎮守府の外に出て萎縮しちゃったみたいで......』

提督「......え?」

大淀『養父の人達を怖がっちゃって心を閉ざしちゃったみたいなんです』

提督「あ......」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 20:51:14.39 ID:sVZwM0Kho

提督(そう、か......そうだよな)

大淀『養父の人達も最初のうちは頑張ってたみたいなんですが......それでも文月さん、心を開いてくれなかったみたいで』

提督(いきなり外に出て、知らない人に預けられて)

大淀『それでついに養父の人達も我慢できなくなってしまったようです』

提督(友達も、仲間も皆いなくて、一人で......)

大淀『それが心を閉ざしてるところに追い討ちになってしまったようで......』

提督「俺のところに来たのか......」

提督(......俺に、助けてほしくて)

大淀『はい、そのようです』



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 20:52:26.01 ID:sVZwM0Kho

提督「それで?これから俺はどうすればいい?」

大淀『......実はですね、この話を聞くために養父の人達と話をしたのですが』

提督「っ!?」

大淀『......どうやら彼らも悪いことをしたと反省してくれていて』

提督「......信頼できるのか?」

大淀『はい、元々は文月さんのためにいろいろしてくれてた人達ですから』

提督「......そうか」

大淀『それで提督、ここからが本題です』

提督「......」

大淀『文月さんを、説得してほしいんです』

提督「養父達のところに戻るように、か?」

大淀『ええ。それから、心を開くように』

提督「......無茶な頼みだ」

大淀『ですが提督にしか出来ません』

提督「......」

大淀『私に出来ることはやりました。あとは提督次第です』

提督「......ああ、ありがとうな。大淀」

大淀『いえ、では提督。私はこれで』

ガチャッツーツー



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:19:28.14 ID:sVZwM0Kho

提督「はぁ......」

提督(俺次第......ねぇ)

文月「しれーかん、何のおはなししてたのぉ?」

提督「......いや、ちょっとな」

提督(......ま、考えるまでもない、か)

提督「文月」

提督(やるしか、ない)

文月「え?」

提督「ちょっと、話があるんだがいいか?」

文月「うん、なになに~?」

提督「......お前の養父のことだ」

文月「!」

提督「話は聞いた......辛かったな文月」ギュッ

文月「あ......」

提督「よく、頑張ったな」ナデナデ

文月「う......うぇ」グスッ



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:23:00.84 ID:sVZwM0Kho

提督「......それでな文月」

文月「え?」

提督「......もう一度、頑張れないか?」

文月「......え?」

提督「もう一度、やり直せないかって」

文月「やだ」

提督「ふみづ」

文月「絶対、やだぁ!」

提督「お、おい」

文月「司令官の、嘘つき!」ダッ

提督「なっ、ま、待て!文月!」

提督(......嘘つき、か。文月にそんなこと言われるとはな。キッツイなぁ)

提督「......でも、言わなくちゃな。ちゃんと」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:24:10.88 ID:sVZwM0Kho

提督「......文月、ここにいたのか」

文月 グスッ

提督「横、いいか?」

文月「......ゃ」

提督「......じゃあ、そのままでいいから話を聞いてくれ」

文月「......」

提督 フゥ......

提督「文月、ごめん!」

文月「え?」

提督「鎮守府を出た後のことを全然考えられてなかった......本当に、すまなかった」

文月「司令、官」

提督「寂しかったよな......本当にひどい上官ですまなかった。お前のこと、なんにも考えてやれなくて」

文月「......」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:25:05.39 ID:sVZwM0Kho

提督「一人はさ......寂しいもんな。俺もこの家に帰ってくるときに知ったよ。いなくなって初めて気がついたよ」

文月「......うん」

提督「......だから、さ。文月」

文月「......」

提督「今度は、今度は二人で行こう」

文月「......え?」

提督「ああ、言っただろ。俺が何とかしてやるからって」

文月「あ......」

提督「怖くて、逃げたくなったら支えてやる。だからさ文月......」

提督「もう一度だけ、頑張ってみないか?」

文月「......しれ、かん」



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:26:00.05 ID:sVZwM0Kho





提督「文月......行こう?」

文月「......うん!」



.



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:27:00.77 ID:sVZwM0Kho

大淀「......それで結局、二人で養父さんの家に行ったわけですか」

提督「あぁ、そしたらものすごく謝られちゃってさ」

大淀「あの人達も、根はいい人ですからね」

提督「文月も、それを見てかちゃんと心を開いてくれてな」

大淀「ふふ、それは良かったです」

提督「ま、俺も定期的に顔を出す約束してるしな。なんとかやっていくさ」

大淀「お疲れ様でした、提督」

提督「ああ、大淀もありがとな......っと」

大淀「提督?」

提督「そろそろ家に帰るわ。ちょっとやることもあるし」

大淀「そうですか。では、提督。久しぶりに、お会いできて楽しかったです」

提督「俺もだよ。それじゃあな」

大淀「はい、では」



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:27:51.52 ID:sVZwM0Kho

提督「......ふぅ」

提督(あれから文月は養父さんの家に再び引き取られた)

提督(今ではちゃんと家族のように過ごせてるらしい)

提督(......文月は一人ではなくなったんだ)

提督(対して俺は一人となった)

提督(これでようやく、念願の平穏な生活を送れるだろう)

提督「......」

提督(でも少しだけ、文月を羨ましく思うのは多分気のせいじゃない)

提督(改めてわかる、一人は寂しいもんだ)

提督「はぁ......」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:28:37.37 ID:sVZwM0Kho

提督(一人は寂しい......だから)

ガチャッ

文月「司令官!おかえり~」

提督「......お前、また勝手に」

文月「えへへ~」

提督「はぁー」

文月「ほら司令官!おとーさん達と~、クッキーやいたんだよ~!」

提督「はいはい、じゃ、手を洗って食べようか」

文月「はーい!」トテテ

提督(夢にまで見た平穏な暮らしとは程遠いけど)

提督「こういうのも、悪くない、か」



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:29:15.42 ID:sVZwM0Kho

【安価】提督「終戦?」

おしまい



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 22:30:07.10 ID:sVZwM0Kho

安価スレの癖に安価めっちゃ少なくてすみません
読んでくださった方ありがとうございました



元スレ
【安価】提督「終戦?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480667610/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (40)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 00:47
          • ええ話や・・・
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 00:47
          • ???「兵器に心など必要ない」
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 00:54
          • ※2
            そもそも人間に心の証明はできるのかね
            おこがましいぞ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 00:59
          • 雪風「雪風はあの激戦から、たった一人生き残ってしまいました」
            雪風「初風、天津風、時津風、浜風、谷風、浦風、磯風…。仲間は皆沈んでしまいました」
            雪風「…また雪風だけが、生き残ってしまいました」
            雪風「そう、いつも通りです」
            雪風「諦観にも似た感情が雪風を支配していました」
            雪風「入渠して考えるのは、次の戦場のことだけです」
            雪風「それにさえ倦み、まどろんだ先に待つのは、また新たな地獄」
            雪風「……これも、いつも通りです」
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 01:05
          • いい話でした…

            ※4史実の雪風は凹むよなあ…歴戦の駆逐艦が生き残って武装解除されて他国に引き渡されて馬車馬のように働かされたんだもんなぁ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 01:21
          • ※5
            一応友好国かつ元日本領で、一応日本軍人も一定数いて大役も任されて最期は日本に返そうなんて友好的な国の対応の中事故死したようなもんだから、そこまで不幸せではないんじゃないの?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 01:21
          • ギー・バルヴィル・アベイユ「海から醜い深海棲艦共が駆逐されたのは実に喜ばしいことだ。だが同時に我々人類は新たな難題に直面しようとしている。そうは思わないかねアズラエル氏?」

            ムルタ・アズラエル「えぇ、貴方の仰る通りです。無能な軍は海の害獣共が駆除された事で役目を終えた人間擬きを野に放ってしまった。聞けばあの化け物共は人間との交配が可能とか。おぞましい事です」

            ギー「このままでは人類という種が汚されてしまう。それはあってはならない事ではないかな?」

            アズラエル「あの化け物共がその見た目で男を誘惑し、雑種が増える前に事前に手を打たねばなりませんね」
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 01:22
          • 5 くそっ、短えよぉ

            ※5 
            ・・・秋月型の多くは引き取られた先で放置、解体されたんで、丁重に使ってくれたタンヤオはまだマシな方だろどう考えても
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 01:25
          • 性的虐待でなくてよかった。でもこの世界観なら引き取られた後、そういう扱いを受ける艦娘がいる可能性も・・・。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 01:34
          • ※欄に異能生存艦が紛れ込んでますね。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 03:02
          • 肉体的な虐待受けても寧ろ反撃で相手の身がヤバいだろ
            艦装外してるとはいえ、それに釣り合うスペックしてないと艦娘としてやってけないだろうし
          • 12. 鎌倉幕府
          • 2016年12月03日 03:18
          • ※11 実際引き取り手は海上保安庁・海軍・・・旧自衛隊隊員や艦艇時代の乗員遺族が引き取り手になると思うよ。秋月なら護衛艦あきつき乗員、木曾なら巡視船きそとかね。それに乗員の家族も艦艇時代に見学に来てる人も多いから思いれもあるだろうから安心できる。
            実際、アニメ提督も吹雪を呼んだ理由を祖父が乗っていてよく話しに聞いていたからを理由の中心にしておけばまだ叩かれなかったのに・・・


            ※7 実際イタリア艦あたりはヴァチカンから洗礼・天使認定されて来てる可能性があるから迫害したらアンデルセン神父にエイメン!されそうな気が・・・。
            ・・・アズラエル理事がリベチャンとホッポチャンを養子にして鼻の下伸ばしてアッ・・・アッ・・・してる画像下さい。(マジ顔)

          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 03:40
          • これはいい安価スレ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 09:34
          • ※7
            艦娘よりコーディネイターなんとかしてくださいよ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 09:46
          • ※5
            雪風は賠償艦の中で、丁寧に作られたうちでは最新最強だったのも使いまわしてもらえた理由の一つ
            松型・橘型・秋月型の賠償艦は戦時のフネだからねぇ
            あと、何と言っても台湾にはろくなフネが無い上に戦時だった
            普通に使える状態なら、貰ったフネ全部再武装して使ってたと思うよ
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 10:40
          • ※12
            毒ガス臭い艦娘は帰国した時にどうなるんだろう?
            その戦時の思想を怖れ煙たがられ迫害される?或いは独裁と差別主義思想の連中に祭り上げられる?

            米国の艦娘達は空飛ぶ空母の中で大企業の社長に口説かれたり、異世界の神様と取っ組み合いの喧嘩したり、自分達と同じあの時代を知る英雄と話を弾ませたりしてるのかな?

            ※11
            解体されて普通の女の子と変わらない状態にしてから世間に出す筈だよ。そうでないと危ないし周りの人々に無用な恐怖心を与え差別に繋がるもん。
            でも龍田や春雨の様な明らかに人間とは異なる特徴の艦娘は解体されて力を無くしてても大変そう。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 11:55
          • 世に文月のあらんことを
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 11:58
          • フミィ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 12:02
          • なかなか良かった
            虐待をやんわりとしたものにしたのもgood
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 12:35
          • ※16
            解体されたという話を前提にした場合、龍田や春雨ってなんか人間と異なる特徴持ってたっけ??


            SS面白かったです
            短編でもいいので色々なキャラでやって欲しいな
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 12:46
          • ※20
            例えば日本の普通の学校のクラスに一人だけ髪が紫やピンク色だったり、髪の毛が金色で瞳が赤だったり、髪の色が水色や白髪で爆乳の女の子がいたら目立つだろ?

            吹雪とか普通に社会に溶け込める娘はいいけど。力がない状態で人とは違う身体的特徴がある娘達は辛いと思う。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 13:10
          • 戦後の艦娘

            ジャッジマン「この座標より半径18海里は艦娘バトルのバトルフィールドとなります。関係者ではない付近を航行中の船舶は速やかに退避して下さい」
            ジャッジ「チーーム ナデシコ VS チーーム アリゾナ! バトルモード0982、レディー…」

            ヒュゥゥゥン…ドボォォォォン!!
            ジャッジ「うわぁーー!?!?」

            深海ジャッジマン「ギャーッハッハッハッハッハッ!このバトル、深海棲艦がもらったーー!!!!」

            こんな感じなら楽しそう。
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 17:18
          • アイオワ「チアリーディングでトップを取るワ!」
            大和「なんで私達まで…」
            扶桑「不幸、なのかしら?」
            山城「ふぉぉっ!扶桑お姉様のチアガールっ燃えてきたぁ!」
            提督「アイオワよ、これがお前さんのやりたい事なら応援するぜぇぇ!」
            ウォースパイト「縁側で緑茶を飲んでる金剛…」
            金剛「たまには紅茶以外もgodネー」
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 17:27
          • ※2
            えっちなのに厳しいアンドロイドさんも「強い力を持っているからこそ、感情が必要」って言ってた
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 18:26
          • ハッピーエンドでよかった
            面白かった
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 21:29
          • 書き主のお陰で良いエンドで終わったけど、中には騙されたり薬打たれちゃって風イ谷・AV堕ち
            とか、リベンジポルノをネットに公開されちゃう艦娘とかあるんだろうな…

            ※14蒼き清浄なる我が海の為に!
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月03日 23:01
          • ※26
            魂となって海に還れ、艦娘め!

            Saratoga(ハイライトオフ)「…」

            Iowa「…me達を毛嫌いしてるのにuniqueな仲間を連れているのね。大佐」

            ウィリアム・ストライカー「利害の一致だよコントロール出来てる間はな。残念ながらお前にはコレは効きにくいようだから本体を使わせてもらう。紹介しようミュータント143だ」
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月04日 00:00
          • 深海棲艦との戦いが終わって安堵感から一人執務室で酷い眠気に襲われる提督、次第に意識が薄れて眠ってしまう。目が覚めると執務室ではなく、リビングで椅子に腰掛けテーブルに突っ伏していた。さっきまで確かに執務室に居たのに、夢だったのか?そんなハズは無い、現に軍服も着ている。もし夢だとしても、深海棲艦との戦い、あんな永い夢が有ってたまるか。寝起きの回らない頭で思考や艦娘達との思い出を巡らせていると、誰かの鼻歌に混じって音が聞こえる。音のする台所の方へ目を向けるとそこには…
          • 29. 鎌倉幕府
          • 2016年12月04日 00:06
          • ※27アメリカ海軍退役軍人会「もう、許せるからな!おい!」って乗組員おじさん達に勝てるのかという疑問もある
            第一、サラトガやアイオワ達が艦船時代に整備してくれたり大切にしてくれた乗組員達にお礼を言いながらお世話したら確実にブルーコスモスみたいな軟弱ボーイを排除すると思うぞ。
            いや、それ以前にブルーコスモス自体は本来環境保護団体が主だから、深海側と和平し海洋環境の改善をしようとするかもしんない。

            ※26 RJや隼鷹姉妹みたいな陰陽師タイプがいるから虐めたら発動する呪いとかありそう。あと、あきつ丸の顔の長い五紡星を描いた手袋した上司とかいるし。

            むしろ、太刀風(未実装)みたいに護衛艦時代に不祥事起こされた艦が屑共を虐待したり、タコ部屋に売って被害者遺族に賠償金を払っている可能性が高い。
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月04日 00:48
          • ※29
            ストライカーはX-MENの敵でミュータント廃絶主義者の米軍の高官です。

            ブルーコスモスが相手ならファントムペインに消されそう。

            てか一般人になってる艦娘に力はないと思う。
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月04日 07:15
          • 提督さんは料理できるんだよなぁ…
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月04日 09:20
          • 今日のミサはここでやるのかね?
            よし、たべ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月04日 13:59
          • 米欄にゾイドウォーリアーがいるんですがそれは…
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月04日 14:31
          • その頃の吹雪

            吹雪「あ、あの…なんで私をアイドルに?」

            強面の大男「笑顔です」



            その半年後

            吹雪「笑顔なんて誰にでも出来るもん!」ポロポロ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月06日 16:10
          • ※34
            萩風「吹雪ちゃんそれ私の台詞…」
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月07日 00:05
          • 伊58「キラッ☆」
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月10日 23:14
          • 米36
            海をでて銀河に旅立ち、超☆時空☆シンデレラになっただと!?
            感動した!オレは那珂ちゃんのファンをやめるぞ!フリーザーァァ!
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月11日 20:57
          • 世に平穏のあらんことを
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月05日 23:38
          • 間違いを犯した奴を信頼するとかバカじゃねーの。
            設定をよく考えて書けよマヌケ。
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月03日 03:50
          • そんな間抜けなコメントしか書けないのか低脳

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ