TOP

【艦これ】親潮「秋刀魚と私と黒潮さん」

1: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:16:25.53 ID:96ZoZcFm0


親潮さんが、
大好きな黒潮さんのために奮闘するお話です。
(短め、ちょい百合)




3: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:19:24.28 ID:96ZoZcFm0


 初めまして。私、陽炎型駆逐艦四番艦、親潮です。

 先日、この鎮守府に着任いたしました。よろしくお願いいたします。

 現在は日々の演習により練度を高めているところですが、今秋、ついに私にも海域出撃の機会が巡って参りました。

 そう、『秋刀魚漁』です!!



【鎮守府 駆逐艦寮(親潮と黒潮の部屋)】


親潮「明日からいよいよ秋刀魚漁開始…つまり私の初出撃…ちょっと緊張します…」ドキドキ

黒潮「まー秋刀魚漁での駆逐艦の役目は戦闘よりも見張りと護衛が主やから、そんな気張らんでええと思うよ」


 彼女はルームメイトの黒潮さん。陽炎型駆逐艦三番艦、すなわち私の姉妹艦、私の姉ということになります。

 黒潮さんはこの鎮守府には古くからおり、全駆逐艦の中でもトップクラスの練度を誇り、
 出撃・遠征・事務作業にと引っ張りだこ。

 ときには秘書艦の叢雲さんの代理を務めることもあるくらいです。




4: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:21:22.71 ID:96ZoZcFm0


黒潮「外洋航海での会敵に慣れるという意味で、最初の出撃としてはちょうどええのかもしれんね」

黒潮「親潮と同じ時期に着任した駆逐艦の子らとローテーションで出撃するみたいやし、そんな激しくもないと思うし」

黒潮「あんまり構え過ぎず、楽しむくらいの気持ちでな~」

親潮「はい!ありがとうございます!」

黒潮「あ、でもー、秋刀魚はちゃんと獲ってくるんやで!何せウチがお腹すかせて待ってるから~」ケラケラ


 それでいて、気配りもできて冗談も言える。私の尊敬する姉、それが黒潮さんなのです!




5: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:23:24.32 ID:96ZoZcFm0


黒潮「ウチもサンマは大好きでな~。速攻で高めを狙えるあたりとか~」

親潮「(速攻?高め…?)」

黒潮「昔はよく陽炎と不知火と三人で一緒にやったもんや、サンマ」

親潮「ここでは秋刀魚を食べることを『やる』って表現するんですか?『一杯やる』みたいな感じで」

黒潮「あー………ちょっと今のはウチの言い方が分かりづらかったな。反省反省」

親潮「??」


 たまに、仰ることが難しくて私には分からないときがありますが…(さらに精進せねば!)


黒潮「おっと、もうこんな時間か。ほなウチは遠征行ってくるわ。ちーとばかし遅くなるかもやから、よろしゅうな~」パタン

親潮「あ、はい!行ってらっしゃい!」


親潮「黒潮さんは『楽しむくらいの気持ちで』と仰ってたけど…」

親潮「同時に、『秋刀魚は大好き』とも仰っていたから、黒潮さんに美味しい秋刀魚を食べてもらえるよう、全力で秋刀魚漁に挑みたいと思います!」

親潮「日頃お世話になってる黒潮さんへ、感謝の気持ちをこめて!」フンス




6: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:29:14.25 ID:96ZoZcFm0


【鎮守府 資料室】


親潮「まず、秋刀魚の生態について調べたいと思います!」

親潮「えーと、なになに…?」

親潮「………」

親潮「(さ、さっきから『黒潮』『親潮』という言葉がたくさん出てきて、何だか気になっちゃいますね…)」ドキドキ

親潮「………はっ!いけないいけない、ちゃんと集中して読まないと…!」


秋刀魚の本『秋刀魚は暖かい黒潮海域で産卵。孵化した稚魚は黒潮に乗って北上し、餌となるプランクトンが豊富な親潮海域に向かいます』

秋刀魚の本『よって、黒潮と親潮の混合域には、秋になると脂がのった秋刀魚が大量におり、漁場として最適云々…』


親潮「!!??」ガタッ!

親潮「(『黒潮』と『親潮』の『混合』で、さ、『産卵』………!?)」(←単語を拾い読みした結果の誤読)

親潮「 」(硬直)




7: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:31:44.95 ID:96ZoZcFm0


秋雲「………あー、親潮…?」

親潮「 」

秋雲「もしもーし、親潮さーん?親潮おねーちゃーん?」フリフリ

親潮「………はっ!?ど、どうしたの秋雲、こんなところで…」

秋雲「いやそれはこっちのセリフでしょ…資料室に来てみたら、姉が一人で突っ立って固まってるんだもん」

秋雲「しかも、まるで、『それはもうセッ○スなのでは?』とでも言いたげな感じで真剣な顔しながら…」

親潮「セッ…!?」ギクリ

親潮「も、もう、何を言いだすの!!そんな顔してないし、大体どんな顔ですかそれは!」




8: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:33:55.46 ID:96ZoZcFm0


秋雲「ん、その手に持ってるのは、秋刀魚の本だねぃ」

秋雲「(…秋刀魚、海流……親潮、黒潮……なるほど、そういうことか)」ピーン

秋雲「そういや明日からの秋刀魚漁、親潮おねーちゃんは編成に入ってるんだってね。こりゃ頑張らなきゃねぇ」ニヤニヤ

親潮「そうだけど…な、何ですかその顔は」

秋雲「いーや別にぃ?そーだ、もしあれだったら、去年の秋刀魚漁を経験してる秋雲さんが、コツをレクチャーしてあげるよ?」

親潮「本当?色々と教えてもらえると助かります!」

秋雲「ふふーん。探照灯の使い方なら任せなさーい!」ドヤァ




9: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:38:53.49 ID:96ZoZcFm0


【鎮守府 駆逐艦寮(親潮と黒潮の部屋)】


親潮「色々と教わって参りました。秋雲はすごいですね、その場で手描きの資料を作ってくれて」

親潮「ところでこの資料の、ところどころに入っているイラスト、黒潮さんに似ている気がしてならないのですが…」

親潮「………」

親潮「(永久保存にしよう)」


親潮「そういえば、黒潮さん、遅いですね。遠征部隊はもう皆さんご帰投されていたようですが…」

親潮「黒潮さんの場合、引き続き事務作業をされているのでしょうね」

親潮「…よし!親潮も明日に向けての予習と準備、頑張ります!」フンス


親潮「えーと、なになに、『秋刀魚漁は、光の方向に秋刀魚を誘導するため、光の目立つ夜間に行われる』と」

親潮「でも、私たちは早朝から漁を行うんですよね。このへんも、深海棲艦の侵攻の影響で変わったのでしょうか」

親潮「秋雲のメモによると…なるほどなるほど。よし、次は有効な装備について………」




10: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:40:27.65 ID:96ZoZcFm0


~~~(数刻後)~~~


黒潮「黒潮さん、ただいま帰ったで~(小声)」ガチャ

黒潮「おろ、まだ明かりついとる。親潮まだ起きとったんかいな」

黒潮「アカンで~明日は秋刀魚漁やろ?早朝に集合………って」

親潮「スースー」zzz…

黒潮「なんや寝とったんか。しかも机にむかって秋刀魚の資料を開きながら…」

黒潮「親潮はマジメなええ子やね、ほんま」ナデナデ




11: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 18:44:06.60 ID:96ZoZcFm0


~~~(さらに数刻後)~~~


ピピピピピピ…

親潮「………はっ!」ガバッ

親潮「私ったら、いつの間に眠って…!?」アセアセ

親潮「今日は早くから集合なのに!い、いま何時!?」ワタワタ

親潮「あれ?私、どうしてベッドの上に…?布団までかけて…」

親潮「というか、目覚まし時計も鳴ってた…しかも私が起きる予定だった時刻に設定されてる…」

親潮「これは、もしかして」

黒潮「スースー」zzz…

親潮「(…ありがとうございます、黒潮さん!私、秋刀魚漁を頑張ります!)」

親潮「(折角黒潮さんがここまでしてくださったんですから、遅刻してはいけない!)」

親潮「(シャワー浴びて、着替えて、朝食を食べて、元気に出発…)」

親潮「(………ん?着替え?そういえば私、着替えてなかったはずが寝間着になってr………!?)」

親潮「はわわわ」///




15: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:34:17.51 ID:96ZoZcFm0


【鎮守府 秋刀魚漁作戦本部】


提督「よし。揃ったようだな」

叢雲(秘書艦)「アンタたちには、鎮守府近海で対潜哨戒をしながら、秋刀魚を獲ってきてもらうわ」

提督「そんなに面白いほど獲れるわけではない海域だから、見敵必釣(サーチアンドフィッシング)でな」

伊勢「ええ!」

親潮「はい!」

秋津洲「かも!」

多摩「にゃ」

叢雲「秋刀魚の獲り方についてはこないだの作戦会議のとおりだけど」

叢雲「現場で分からないことがあったら伊勢に聞くこと」

伊勢「去年も参加した伊勢さんに任せなさい!」


提督「それと、親潮はこれが初めての海域出撃になるな」

提督「他の駆逐艦とローテーションで出撃してもらうことになるから、ま、気楽にな」

親潮「はい!」

提督「よし、それじゃあ元気に行ってこい!」

一同「了解!!」




16: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:36:18.36 ID:96ZoZcFm0


 ゾロゾロ

多摩「秋刀魚…楽しみにゃ」

秋津洲「ひ、久しぶりの出撃かも…」ドキドキ

伊勢「あはは、まあそんな緊張しないで」


叢雲「ん?親潮、どうしたの。みんな行っちゃったわよ」

親潮「は、はい、ごめんなさい。…あの、司令」

提督「ん、どうした?」

親潮「北方海域は、秋刀魚が特に多く獲れる海域だと伺っております」

提督「そうだな」

親潮「私、鎮守府近海での漁の次は、北方海域での漁にも参加したいのです」

提督「…!!」




17: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:39:18.36 ID:96ZoZcFm0


叢雲「アンタねえ…確かに大分練度も上がってはいるけど、立て続けの出撃は…」

提督「まあ待て叢雲」

叢雲「え?」

提督「親潮………詳しい理由は聞かないが、これだけは確認させてくれ」

提督「『本気』なんだな?」

親潮「はい!!」

提督「よし…ではまずこの鎮守府近海での戦果と釣果で検討しよう!」

叢雲「ちょ」

親潮「はい!ありがとうございます!」

叢雲「ちょっとちょっと!」




18: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:41:26.77 ID:96ZoZcFm0


秋雲「心配しなくても大丈夫だよ。親潮姉さんには、この秋雲の秋刀魚漁術を叩きこんであるから」

提督「おお、それは頼もしいな」

叢雲「ていうかアンタいつからいたのよ、しかも何を描いてるのよ」

秋雲「気にしないキニシナイ」カキカキ

叢雲「はあ…どうせ言っても無駄なんでしょもう。ほら親潮、早くしないと置いてかれるわよ」

親潮「あ、はい!では行ってまいります!」ダッ





19: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:44:16.90 ID:96ZoZcFm0


叢雲「まったく………本当によかったの?」

提督「叢雲よ…お前には見えなかったのか?」

叢雲「何がよ」

提督「目だよ」

叢雲「はあ?」

秋雲「これだねぃ」バッ

叢雲「何を描いてたかと思えば…この絵は、秋刀魚を食べる黒潮?」

提督「そう。親潮の目に映っていたのは、黒潮の姿だった」

提督「『尊敬する黒潮さんに、美味しい秋刀魚をたくさん食べてもらいたい』…そんな強い想いが、親潮からは感じられた」

提督「その想いを邪魔するなんてことが、果たして許されるのだろうか(いや、許されない)」

提督「そのような行いを野暮と言わずして、何を野暮と呼ぼうか」

叢雲「また始まった…」ハァ




20: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:48:38.52 ID:96ZoZcFm0


叢雲「そういう感情論だけで判断してると、いつか痛い目見るわよ。私は止めたからね」

提督「まったく、うちの秘書艦様は頭が固いねぇ」

秋雲「固いのは乳首だけにしとけっての」

叢雲「固くないわよ!!何言ってんの!?」

提督「『叢雲の乳首は柔らかい』………と」メモメモ

叢雲「何メモ取ってんのよ!固くも柔らかくもないわよ普通よ!!…ってそんなことどうでもいいの!!」

提督「まあ心配するな。少しでも危ないと思ったら止めるさ」

叢雲「………信頼してるわよ」ハァ

秋雲「そう言われちゃ、信頼は裏切れないねぃ」ニクイネ~コノコノ

提督「いやはやまったく」ハッハッハ

叢雲「茶化さない!!」




21: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:52:09.04 ID:96ZoZcFm0


――――――――――



親潮「(そして私は、鎮守府近海での漁で成果をあげ、北方海域の漁のメンバーにもなりました)」

親潮「(努力の甲斐あり、他の海域での収穫とあわせ、見事鎮守府全体で目標の数以上に秋刀魚を集めることができました)」

親潮「(これで黒潮さんにも、美味しい秋刀魚を食べていただk………)」



。。。。。



【鎮守府 医務室】


親潮「………はっ!」ガバッ

親潮「私ったら、いつの間に眠って…!?」デジャヴ

親潮「え!?ここどこ!?…医務室のベッド?どうして私、医務室に…?」




22: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:54:59.96 ID:96ZoZcFm0


??「お~、目が覚めたようやな~」

親潮「その声は…」ドキッ

黒潮「黒潮さんやで~」

親潮「黒潮さん!私、どうして…」

黒潮「まずは、数日に渡る秋刀魚漁、お疲れさん」

親潮「あ、はい!頑張りました!」

黒潮「はい、よう頑張りました」ナデナデ

親潮「えへへ…(黒潮さんに頭なでてもらえた…!)」




23: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 21:59:43.19 ID:96ZoZcFm0


黒潮「で・も!」 ナデナデ カラノ デコピン!

親潮「あたっ!」

黒潮「限度を超えた頑張りはアカン!」

親潮「へ?」

黒潮「親潮たちの頑張りのおかげで、予定より早く、しかも目標以上の収穫を得ることができた」

黒潮「でも、親潮は、最後の出撃が終わって帰投したら、疲れからか、艤装を工廠へ運ぶ途中に倒れてもうたんや」

黒潮「しかもそれは昨日のこと!丸一日眠ってたんやでー」

親潮「そ、そうだったのですか…ごめんなさい」

黒潮「次回から気をつけるよーに!」

親潮「はい…」シュン




24: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 22:05:14.35 ID:96ZoZcFm0


黒潮「ふふ。まぁそんなに気を落とさんと。親潮のおかげで今日無事に秋刀魚祭を開始できたわけやし」

親潮「…はっ!?そうか、漁の後には秋刀魚祭…!も、もう始まっているのですか!?」

黒潮「んー、もうちょっとしたら始まる頃やったかな、片づけが」

親潮「そ、そんな…!ひょっとして黒潮さんは、ずっとこちらに…?」

黒潮「そらそうや。大切な妹をほっぽって遊びにいくなんてこと、ウチにはできひんよ」フンス

親潮「え…じゃ、じゃあ、秋刀魚も食べられていない…?親潮のせいで………?」ズーン

黒潮「んにゃ、秋刀魚は食べとるよ。ほれ」

親潮「あれ…焼き秋刀魚が2尾…?」

黒潮「陽炎と不知火がウチらの分も持ってきてくれたんや。妹想いなんはウチだけやないで?」

黒潮「って、自分で言うんかーい!」アイタタタ

親潮「よかった…秋刀魚は無事、黒潮さんにも食べていただけたんですね…!」

黒潮「お、笑顔が戻ってきたな。よかったよかった。ほな、親潮も食べ。ウチが食べさせたる。ほれ、あーん」アーン




25: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 22:08:29.98 ID:96ZoZcFm0


親潮「………いえ、(黒潮さんの手で食べさせてもらえるのは)とても嬉しいのですが…」

親潮「私には、その秋刀魚を食べる資格はありません…」

黒潮「へ?なんで?」キョトン

親潮「私は…この秋刀魚漁で、黒潮さんに、艦隊の皆さんに、多大な迷惑をかけてしまいました…」

黒潮「そんなん迷惑だなんて思ってる人はどこにもおらんよ!」

黒潮「とりあえず無茶させた司令はんのことはさっきド突いといたけど」

親潮「いえ、その無茶も司令ではなく、親潮のワガママのせいなのです」

黒潮「んーまー無茶したってのは事実やろけど、その頑張りのおかげで秋刀魚も獲れたわけやし」

黒潮「次回の出撃から気をつけるってことで!その次回に向けて、体力をつけなアカン!」

黒潮「体力つけるためには食事が大切やな!どこかにいいものは…お、こんなところに新鮮な秋刀魚あるやん!ラッキー♪」

黒潮「てなわけで、食べよ食べよ!あんま辛気臭いと、塩味がききすぎてまうから、はよはよ」アーン




26: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 22:18:05.47 ID:96ZoZcFm0


親潮「ごめんなさい、それでもやはり…」

黒潮「んー頑固やなぁ親潮は」

黒潮「ウチがトイレ行くために部屋の外に出た時、すれ違うみんな『親潮ちゃん早く元気になるといいね』言うてたで」

黒潮「誰一人として怒ってる人はおらんかった。親潮は気にしすぎやねん。全然食べてええねんて」

親潮「仮にそうだとしても、私は…」

黒潮「それとな、あっちの窓から祭の様子が見えるんやけど、みんな秋刀魚を美味しそうに、楽しそうに食べてた」

黒潮「それもこれも親潮のおかげやんな!」ウンウン

黒潮「そんな功労者のウチの親潮ちゃんだけが秋刀魚を食べられないなんて不公平ザマス!」エアメガネ クイッ

黒潮「うわぁ!こらアカン!P〇Aから苦情が入ってもーた!てなわけで、これ以上の苦情が入る前にお食べ!」アーン




27: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 22:21:25.35 ID:96ZoZcFm0


親潮「でも…」

黒潮「…あーもう!しゃーない!」パクッ

黒潮「親潮!こっち向き!」

親潮「えっ?」クルッ



 チュッ



親潮「!?」

黒潮「………」モゴモゴ

親潮「!?!?!?」(口をキスで塞がれて叫ぶに叫べない)




28: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 22:25:29.01 ID:96ZoZcFm0


黒潮「ぷはぁ」サッ

黒潮「どや?キスで相手に感謝の意を伝え、同時に口移しで秋刀魚の味を楽しませる『キスなのに秋刀魚味』作戦!」

黒潮「こういうとき、陽炎(ジゴロ)ならこうするんやろなぁって思いながら………って」

親潮「 」バタリ

黒潮「あれ!?親潮また倒れてもーた!ご、ごめんな、女同士とはいえちょっと悪ふざけが過ぎたな?」

親潮「 」キラキラ(恍惚の笑み)

黒潮「アカン完全に気を失ってる…!メディック!メディーック!」




  改めまして、私、陽炎型駆逐艦四番艦、親潮です。

  今年の秋刀魚漁は、この親潮も頑張らせていただきました。

  そして、『黒潮』から『親潮』へ『流れてきた』秋刀魚は、

  甘味があり、それでいてほんのり苦味もあり、とても、とても、美味でした。




     おわり




29: ◆OM0jRxHuj6 2016/11/13(日) 22:28:38.48 ID:96ZoZcFm0


短いですが以上です、読んでいただきありがとうございました。


秋刀魚漁期間に投下するつもりが、気づけば秋イベントまで1週間という状況。
秋刀魚を食べて体力をつけて、このイベントも乗り切りましょう。



元スレ
【艦これ】親潮「秋刀魚と私と黒潮さん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479028584/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月14日 04:41
          • 親潮、潮の母親になる
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月14日 09:25
          • 親潮君も美味そうやな~ホンマ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月14日 10:39
          • こんな黒潮SSでるまで2年半年くらいまってた
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月16日 22:27
          • 貴重な黒潮ss
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月02日 02:31
          • 黒潮可愛い(直球) 陽炎ならまずそうしたな(確信) あー秋刀魚食いたくなってきた

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【FGO】クロエの幕間
        • ガヴ「寝ているタプリス可愛いですね…」
        • ガヴ「寝ているタプリス可愛いですね…」
        • ガヴ「寝ているタプリス可愛いですね…」
        • ガヴ「寝ているタプリス可愛いですね…」
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        • 【ミリマス】鳥籠のビショップ
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ