TOP

魔法剣士「どうせ俺は器用貧乏だよ……!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 21:54:58.545 ID:cHK4Fzq+0.net

― 訓練所 ―

剣士「そらっ! そらぁっ!」

キィンッ! ギィンッ!

魔法剣士「ぐっ! くっ……!」

魔法剣士(やっぱり剣の勝負じゃ歯が立たない! 魔法で活路を――)

剣士「スキあり!」シュバッ

ガキンッ!

魔法剣士「剣が……!」ボトッ

剣士「勝負ありだな」



6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 21:58:54.292 ID:cHK4Fzq+0.net

魔術師「炎よ!」ゴォアァァァッ

魔法剣士「炎よ!」ボォァァッ

ゴォワァッ!

魔法剣士「ぐあっ……!(完全に競り負けた!)」

魔法剣士「だったら剣で!」チャキッ

魔術師「氷よ!」パキィィィンッ

魔法剣士「あ、足が……!」ググッ…

魔術師「勝負あり、ですね」



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:02:41.906 ID:cHK4Fzq+0.net

魔法剣士(今日も全然勝てなかった……)

剣士「お前さぁ、やっぱり今からでも剣か魔法、どっちか一本に絞るべきだぜ!」

魔術師「ええ、剣も魔法も学ぶのはいいですが、どっちも中途半端になっています」

魔術師「神とて全ての人間を救うのは不可能ですし、魔物は人に化けている間は力を失う、といいます」

魔術師「相反する道を同時に歩もうとするのは、それだけ困難ということなのです」

剣士「ようするに器用貧乏なんだよ、お前は」

剣士「俺らみたいな稼業は、なにか“誰にも負けない武器”みたいのがないと、絶対いつか行き詰まるぞ」

魔法剣士「…………」

魔法剣士(どうせ俺は器用貧乏だよ……!)



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:02:56.685 ID:EWBxnMg4r.net

悲しい



15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:07:12.650 ID:cHK4Fzq+0.net

― 家 ―

魔法剣士「ただいま」

少女「お帰りなさい、訓練はどうだった?」

魔法剣士「剣士にも魔術師にも歯が立たなかったよ」

少女「やっぱり」

少女「ま、しょうがないよね。お兄さん、剣も魔法も二流だし」

少女「甘いんだよねー、せっかく手柄を立てるチャンスがあってもみすみす逃すタイプ」

魔法剣士「はっきりいうなよ」

少女「回りくどくいうよりマシでしょ。ご飯できてるから食べよ」

魔法剣士「ああ、ありがとう」



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:10:14.101 ID:cHK4Fzq+0.net

魔法剣士「ふぅ、ごちそうさま」

少女「落ち込んでるのにちゃんと食欲はあるんだね。すごいすごい」

魔法剣士「ほっといてくれ」

魔法剣士「さて、師匠のところに出かけるか……」

少女「あ、おじさんのところ行くの? あの町外れでコソコソ暮らしてる怪しいおじさん」

魔法剣士「まるで不審者みたいにいうなよ。まあ……謎が多い人なのは確かだけどさ」



20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:14:46.775 ID:cHK4Fzq+0.net

― 師匠の家 ―

師匠「よぉ、どうだった? 今日はあの二人に勝てたか?」

魔法剣士「ダメでした」

師匠「ハハハ、ダメだったか」

魔法剣士「ハハハじゃないですよ、もう!」

魔法剣士「剣も魔法も中途半端だの、器用貧乏だの、ひどい言われようでしたよ」

師匠「そりゃま、しょうがねえな! 実際そうだし」

少女「ねー」

魔法剣士「ひどい……! 師匠まで……!」



28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:19:07.830 ID:cHK4Fzq+0.net

魔法剣士「俺は子供の頃、チンピラに絡まれてるところを師匠に助けられて――」

魔法剣士「師匠に憧れて、師匠のように剣も魔法も超一流な戦士を目指してたのに……」

魔法剣士「ああ……才能もないのにこんなバカなことするんじゃなかった」

魔法剣士「二羽のウサギを追いかけたら、どっちも逃がすようなはめに……」

魔法剣士「もし過去に戻れるなら、師匠のようになりたいと誓った俺を殴ってやりたい」

魔法剣士「剣か魔法、どっちかに集中しろと説教してやりたい」

師匠「まぁ……そう腐ることもねえさ」

師匠「俺の目が確かなら、お前にはお前だけの性質……いわば才能があるんだ」

魔法剣士「えっ、ホントですか!? どんな!?」



33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:24:23.327 ID:cHK4Fzq+0.net

師匠「いってみりゃ、俺の体ん中には超一流の剣士と魔法使いが一人ずつ立ってるようなもんだが」

師匠「お前の体の中には二流の剣士と魔法使いが仲良く同居してるようなもんだ」

魔法剣士「はぁ」

魔法剣士「……ん?」

魔法剣士「いやいやいや! 結局師匠は超一流で、俺は二流、ってことじゃないですか!」

魔法剣士「全然慰めになってませんよ!」

師匠「ハッハッハ」

魔法剣士「ハッハッハじゃないですよ、もう!」



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:28:24.596 ID:cHK4Fzq+0.net

師匠「お嬢ちゃん」

少女「んー?」

師匠「お嬢ちゃんがこいつの家に住むようになってから、もうすぐ一年ぐらい経つが」

師匠「こいつはどうだ?」

少女「んー、全然見込みないね」

少女「ただし食欲だけは一流だけど。ここに来る前もよく食べてたし」

魔法剣士「どうせ俺は弱いわりによく食うよ!」

師匠「よぉーし、だったら腹ごなしに軽く相手してやる。かかってこい」

魔法剣士「お願いします!」



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:31:37.226 ID:cHK4Fzq+0.net

魔法剣士「だあああああっ!」キンッキンッ

師匠「よっ、ほっ」キンッキンッ

魔法剣士(こっちは全力なのに遊ばれてる……!)



魔法剣士「水よ!」ザバァッ

師匠「火よ」ゴォアァァァッ

魔法剣士「届くことすらなく蒸発してく……!」



魔法剣士「ハァッ、ハァッ、ハァッ……」

少女「お兄さんってホント剣も魔法も二流だよねー」

魔法剣士「ほっといてくれ」



37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:35:50.982 ID:cHK4Fzq+0.net

魔法剣士「……じゃ、帰ります」

師匠「おう、お疲れ!」

魔法剣士「帰ろう」スタスタ

少女「うん」


師匠「…………」

師匠「あいつ、自分の強みに気づけば……一皮むけるはずなんだがなぁ……」


少女「…………」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:40:42.002 ID:cHK4Fzq+0.net

― 家 ―

魔法剣士「ハァ……。ライバルたちに負け、師匠に遊ばれ……最悪な一日だった」

少女「ほら、おいしいスープ作ったから元気出してよ」

魔法剣士「ありがとう」

魔法剣士「お前がいきなりこの家に転がり込んできてから一年ぐらい経つけど、ホント助かるよ」

少女「どういたしまして」

魔法剣士(この子、自分のこと全然話さないし、両親もどこいるか分からないし……)

魔法剣士(きっと孤児なんだろうけど……)

魔法剣士(せめて、この子が独り立ちできるぐらいまでの年まで育ててあげたい)

魔法剣士(もっと俺、強くならなきゃなぁ……)



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:45:42.219 ID:cHK4Fzq+0.net

その後も――


剣士「今日も俺の勝ちだな!」

魔法剣士「ぐうっ……!」ハァハァ…



魔法剣士「だあっ! だあっ!」キンッキンッ

師匠「ほれ、どうしたどうした」キンッキンッ



魔法剣士「ふぅ……」

少女「お兄さん、食欲ないの?」

魔法剣士「いや、あるとも! うおおおおおお!」ガツガツ



魔法剣士「俺はこのまま器用貧乏で一生を終えるのかなぁ……」ゴロン…

少女「…………」



45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:50:10.336 ID:cHK4Fzq+0.net

そんなある日――

― 町 ―

ザワザワ…… ガヤガヤ……

剣士「どうやら、町じゅうの警備兵と傭兵が集められてるみたいだな」

魔術師「ええ、警備隊長から伝令がありましたから」

魔法剣士「こんなこと初めてだ……何があったんだろう?」

魔術師「この町になにか危機が迫ってるのかもしれませんね。たとえば大規模な盗賊団が来るとか」

剣士「盗賊団? おもしれえじゃねえか、手柄を立ててやらぁ!」

魔法剣士(俺もここらで大きい手柄を立てないと、仕事来なくなっちゃうよなぁ……)

魔法剣士(器用貧乏で貧乏になったら、ギャグにもならない)



64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:54:43.922 ID:cHK4Fzq+0.net

隊長「諸君、よくぞ集まってくれた!」

隊長「さっそく事情を説明するが、この町に巨大な竜が近づいているという情報が入った!」

隊長「今は町の近くにある西の山付近にいるという!」

隊長「もしこの町を襲撃する意志があるのなら、討伐せねばならん!」


ザワザワ…… ドヨドヨ……


剣士「竜!?」

魔術師「これはまた……驚きましたよ」

魔法剣士「なんでこんな町に……!?」


隊長「今さらいうまでもないが、竜は魔物の中でも最上級の部類に入る!」

隊長「ゆえに厳選したメンバーで臨まねば、いたずらに死人を増やすだけだ!」

隊長「これより、メンバーの選別を行う!」



92:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 22:57:57.182 ID:cHK4Fzq+0.net

魔法剣士(やっぱり選ばれなかった……)


隊長「では、これより西の山へ向かう! 出撃だ!」

剣士「腕がなるぜ!」

魔術師「竜を倒せば、これ以上ない手柄になりますね」

ザッザッザッ……



魔法剣士「行ってらっしゃーい」

魔法剣士「ハァ……」



148:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:04:01.680 ID:cHK4Fzq+0.net

― 師匠の家 ―

師匠「ハッハハハ、そりゃ残念だったな」

魔法剣士「ハッハハハじゃないですよ、もう!」

魔法剣士「ま、訓練所での戦績を考えると、仕方ないですけどね」

師匠「俺も竜と戦ったことはあるが、はっきりいって手強い。特殊な体質を持ってる奴も多い」

師匠「もし、特殊なタイプなら……この町の警備兵程度じゃ厳しいかもしれねえな」

魔法剣士「おどかさないで下さいよ」

魔法剣士「あいつらがやられたら、この町に竜がやってきちゃうってことなんですから」

魔法剣士(竜か……)

魔法剣士(そういや昔、竜を助けたことあったっけ。元気にしてるかな、あいつ)



183:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:08:46.353 ID:cHK4Fzq+0.net

― 西の山 ―

剣士「あれが竜か……! すげえ迫力だぜ!」

魔術師「全身が真っ白でなんと美しい……思わず見とれてしまいそうですよ」


白竜「ギャオオォォォォォンッ!!!」


隊長「竜は時として人に化けるほどの知能を持つと聞く! 我々の言葉が通じるはずだ!」

隊長「どうか町に近づくのはやめてくれ! 立ち去ってくれ!」


白竜「ギャオォォォォォォォンッ!!!」


隊長「聞く耳持たずか……やむをえん!」

隊長「これ以上町に近づく前に、討伐するのだ! かかれーっ!」



ワァァァッ!!!



201:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:11:45.609 ID:cHK4Fzq+0.net

剣士「だああああっ!」ビュオッ

ザシィッ!

剣士「よし! たしかに硬いけど、俺なら少しぐらい傷をつけられる!」

剣士「このまま地道に攻撃すれば……!」

白竜「グルルルル……」シュゥゥ…

剣士「な、なんだと!? 傷があっという間に塞がりやがった!」



224:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:14:13.037 ID:cHK4Fzq+0.net

魔術師「ならば魔法で!」

魔術師「雷よ!」

バリバリバリッ!

白竜「フシュゥゥゥ……」

魔術師「あの白い皮膚に遮られて、全く通じない……!」



258:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:17:50.489 ID:cHK4Fzq+0.net

白竜「フウッ!!!」ブワッ


「うわぁぁぁっ!」 「ひいいいっ!」 「助けてぇぇぇ!」



剣士「ちょっと息を吹いただけで、みんなふっ飛ばされちまった! 強すぎる!」

魔術師「剣も魔法も通じないのでは……打つ手がありませんね……」



327:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:24:43.581 ID:cHK4Fzq+0.net

― 師匠の家 ―


ワァァァ……! キャァァァ……!


魔法剣士「なんだなんだ?」

師匠「この気配……どうやら竜が町に来ちまったようだな」

魔法剣士「なんですって!?」

魔法剣士「ってことは、剣士や魔術師は!? やられちゃったんですか!?」

師匠「うろたえるな」

魔法剣士「!」ビクッ

師匠「そういや、あのお嬢ちゃんはどこにいるんだ? 家か?」

魔法剣士「今日は東にある隣町に遊びに行くっていってたので、少なくとも俺らより安全です!」

師匠「ならいい。行くぞ!」

魔法剣士「はいっ!」



370:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:28:51.300 ID:cHK4Fzq+0.net

ワァァァ……! キャァァァ……!


白竜「ギャオォォォォォォンッ!!!」ズシン…


隊長「くっ……! ついに町に侵入されてしまった……!」

師匠「お前さんがリーダーだな? 状況を教えてくれ」

隊長「なんだ貴様は! 素人が出しゃばるんじゃ――」

隊長「!?」ギョッ

隊長「ま、まさか……あなたはかつて王宮の守護神といわれた……!?」

隊長「こんな町にいらっしゃったなんて! 私も昔、少しだけ王宮の警備を……」

師匠「状況」

隊長「し、失礼しました!」



399:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:32:37.311 ID:cHK4Fzq+0.net

隊長「我々町の警備隊と傭兵は、西の山であの竜と交戦したのですが」

隊長「こちらの攻撃はなにをやっても通じず、町に侵入を許してしまいました!」

師匠「被害は?」

隊長「軽傷者が数名……ですが、本気で暴れられたら、甚大な被害が出ることは間違いありません!」

師匠「ふうん……」


魔法剣士(あの白い竜は……!)

魔法剣士(あれはちょうど一年ぐらい前……)

魔法剣士(西の山で一人、かっこつけて山ごもりなんてしてたら――)

…………

……



428:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:36:32.384 ID:cHK4Fzq+0.net

~ 回想 ~

― 西の山 ―

魔法剣士「――ん!?」

魔法剣士「おい、大丈夫か?」

白竜「グゥゥ……」

魔法剣士「ひどいキズだ……魔物かなにかと戦ってやられたのか?」

白竜「ウウ……人間……」

白竜「……コウシテ出会ッタノモ、ナニカノ縁……」

白竜「ワタシヲ殺シ、手柄ニスルトイイ……」

白竜「タトエ死ニカケヲ倒シタトシテモ、竜ハ大キナ手柄ニナル……」

魔法剣士「いや、さすがに……それはちょっと」

魔法剣士「そうだ! 俺、こう見えても魔法も使えるんだ! 治してやるよ!」



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:45:43.641 ID:cHK4Fzq+0.net

魔法剣士「癒やしの光よ……」パァァァ…

魔法剣士「…………」パァァァ…

魔法剣士(時間がかかる……! なかなか治らない……!)パァァァ…

白竜「オマエ、魔法ヘタダナ……二流ダ」

魔法剣士「ほっといてくれ」

白竜「ダケド助カッタ……アリガトウ」

白竜「コノ恩ハカナラズ……」

魔法剣士「気にしないでくれ。こっちも回復魔法の練習ができたし」

…………

……



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:48:34.303 ID:cHK4Fzq+0.net

― 町 ―

魔法剣士「おい、俺だ! 覚えてるだろ!?」

白竜「ギャオォォォォォォンッ!」

魔法剣士「ほら、あの時の二流魔法剣士だよ! お前を回復してやった!」

白竜「ギャアオォォォォォォォンッ!!!」

魔法剣士「くっ……!」

魔法剣士(ダメか……! あいつ、決して悪い竜じゃないはずなのに!)



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:52:36.149 ID:cHK4Fzq+0.net

師匠「なに迷ってやがる。あそこまで興奮した竜に話なんか通じねえ」

師匠「倒すしかねえぞ」

魔法剣士「師匠……!」

白竜「グルルルルル……!」

師匠「…………」スゥッ

師匠「ぬんっ!」

ズバァッ!

白竜「ギャアアッ!」



剣士「うおおっ! なんつう斬撃だ! あれって魔法剣士の師匠だよな?」

魔術師「ああ見えて腕が立つらしいという噂はありましたが、まさかこれほどとは……!」

隊長「さすがだ……!」ドキドキ…



26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:55:27.293 ID:cHK4Fzq+0.net

白竜「フシュルルゥ……フゥゥゥゥ……!」シュゥゥゥ…

師匠「傷が塞がった……再生するのか」

師匠「…………」

魔法剣士「師匠、どうしたんですか!?」

師匠「こいつは俺じゃ勝てんわ」

魔法剣士「へ?」

師匠「こいつに勝てるのは……お前だけだ」

魔法剣士「なにいってんです、いきなり!?」



27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 23:59:43.782 ID:cHK4Fzq+0.net

師匠「俺はあの種類の竜と戦った経験がある」

師匠「あの竜は物理的な攻撃でできた傷は、すぐ再生してしまう」

師匠「なら魔法で――と考えるだろうが、あの白い皮膚に魔法は一切通じない」

師匠「つまり……剣で傷つけたとこに魔法を叩きつけて、再生を妨害するしかない」

師匠「だが、俺にはそんな芸当は無理だ」

師匠「剣で傷を作ってから、魔法を撃つまでの間に傷を再生されちまうからな」

師匠「息ピッタリの剣の使い手と魔法使いのコンビでもいりゃあいいんだが――」

師匠「お前のダチの剣士と魔術師も、そこまでの域には達してないだろう」

魔法剣士「あの竜を倒すのは難しいってのはよく分かりましたけど」

魔法剣士「俺じゃなきゃ勝てないって意味が分かりませんよ!」

師匠「お前には二流の剣士と魔法使いが同居してるって意味をよく考えろ」

師匠「もしそんな二人がいたら、どんな戦い方をするかをな」

魔法剣士「…………!」



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:04:21.294 ID:+8T+52Tu0.net

白竜「ギャオォォォンッ!」ブウンッ

魔法剣士「わっ!」

魔法剣士(あまり積極的に動かなかったのに、こっちに攻撃してくるようになった……)

魔法剣士(町に被害を出すわけにはいかないし、この竜に悪さをさせたくもない!)

魔法剣士(師匠のいうとおり、この竜を止められるのが俺しかいないんだったら……やってやる!)

魔法剣士(俺にしかできない攻撃を思いつくんだ!)



33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:07:17.013 ID:+8T+52Tu0.net

魔法剣士(もし、ものすごく息が合った剣士と魔法使いがいたら、どんな攻撃をするだろう?)

魔法剣士(魔法使いが剣士の動きをサポート? 二人でバラバラに波状攻撃?)

魔法剣士(いや……そんな二人がいたら、もう一歩先に進むはずだ)

魔法剣士(たとえば――)



35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:11:34.279 ID:+8T+52Tu0.net

魔法剣士「炎よ!」ボワッ

魔法剣士「この魔法を……俺の剣に、乗せてみせるッ!」

魔法剣士「うおおおおおおおっ!」ブオンッ

ザシュボワァッ!

白竜「グギャア……ッ!」



剣士「マジかよ! 剣に魔法を乗せやがった! あんなの初めて見た!」

魔術師「斬撃と魔法を同時に浴びせてますから、竜もあの傷は再生できないようです!」

師匠(――これだ!)



39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:16:55.833 ID:+8T+52Tu0.net

魔法剣士(今ので、なんとなくだけどコツは掴めた……!)

魔法剣士「まだまだっ!」

魔法剣士「雷!」ザシュバリッ

魔法剣士「水!」ズバシャァッ



師匠(あいつはまだまだ剣も魔法も二流だが、決して器用貧乏なんかじゃない)

師匠(剣にも魔法にも全く癖がないんだ。絶妙に二つが同居してやがる)

師匠(俺は剣も魔法も高いレベルにあるが、それゆえどっちにも癖があって、互いにケンカしちまうから)

師匠(剣に魔法を乗せるなんて芸当は到底不可能だ)

師匠(あいつ……俺ができなかったことを……! 俺の夢を叶えやがった!)

師匠(ふん……俺としたことが、ちょっと嫉妬しちまってるぜ)チッ



41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:20:59.392 ID:+8T+52Tu0.net

魔法剣士(すごい! 剣に魔法を乗せると、こんなにも威力が出るものなのか!)

魔法剣士(これが……師匠がいってた“俺の強み”だったんだ!)

魔法剣士(この技の名は――)





魔法剣士「魔法剣!!!」



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:25:20.459 ID:+8T+52Tu0.net

……

白竜「グオォォォ……!」ガクッ

魔法剣士「ハァ、ハァ、ハァ……」


剣士「よっしゃ、追い詰めたぞ!」

魔術師「今なら急所に剣が届きます! トドメを!」


魔法剣士「…………」

魔法剣士「お願いがあるんだけど」

白竜「!」

魔法剣士「まだ動けるだろ? だったらこのまま大人しく立ち去ってくれ……頼む」

魔法剣士「俺はこれ以上、お前を傷つけたくないんだ……」

白竜「アーア、コノママ倒セバイイノニ……」

白竜「相変ワラズ、甘インダカラ……」



43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:30:18.143 ID:+8T+52Tu0.net

剣士「なにいってんだ! 生かして帰して、もしまたこの町に来たらどうすんだよ!」

師匠「いや、ああした方がいい」

師匠「竜ってのは、あれで仲間意識が強いからな」

師匠「もしここで殺しちまうと、今度は何頭もの竜がこの町に来る事態になるかもしれねえ」

剣士「……そうなんですか!」

師匠(ウソです)


白竜「騒ガセテ、ゴメンナサイ……」

白竜「モウ二度ト人里ニハ近ヅカナイト約束スル……」

白竜「サヨナラ……」ズシンズシン…



魔法剣士(ふぅ~……なんとか町も竜も救うことができた……。終わった……)



44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:34:20.522 ID:+8T+52Tu0.net

ワァァッ!!!


剣士「やったな! すげえよお前! 竜をたった一人で追い払いやがった!」

魔術師「魔法剣とは驚きです。あなたは器用貧乏なんかじゃありませんでしたね」

魔法剣士「みんな……ありがとう!」

師匠「よくやった」

魔法剣士「師匠のアドバイスのおかげですよ!」

魔法剣士「土壇場であの技をひらめくことができました!」



47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:38:42.368 ID:+8T+52Tu0.net

少女「ずいぶん騒がしいけど……みんな、なにしてんの?」スタスタ

魔法剣士「あ、お帰り。お前にも見せたかったよ、俺の勇姿を」

魔法剣士「――って傷だらけじゃないか! どうしたんだ!?」

少女「ああ、ちょっとこけちゃって」

少女「スリ傷みたいなもんだし、こんなのツバつけとけば治るよ」

魔法剣士「そうはいくか。俺が治してやる」パァァァ…

少女「……ありがとう」

魔法剣士(治してやる、といいつつなかなか全快しないな……)パァァァ…

少女「相変わらず下手ねえ。お兄さんの魔法ってホント二流だよね」

魔法剣士「ほっといてくれ」パァァァ…



49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:44:58.259 ID:+8T+52Tu0.net

― 家 ―

魔法剣士「お、今日は豪勢だな」

少女「うん、誰かさんが竜を追い払った記念。お金もいっぱい入ったしね」

魔法剣士「師匠から聞いたのか?」

少女「まあね。お兄さんにしては頑張ったじゃない」

魔法剣士「まあな。これで俺の名も一気に上がったよ」

魔法剣士「だけど……冷静になって考えてみると、なーんか妙なんだよな」

少女「……なにが?」

魔法剣士「あの竜、もし本気なら、俺なんか軽く踏み潰せたんじゃって気もするんだよ」

魔法剣士「結局、被害らしい被害もほとんど出なかったし……」

魔法剣士「まるであの竜、俺を強くするために現れたんじゃ、とすら思えちゃうんだよな」

少女「お、お兄さんの考えすぎだって。さ、食べよ食べよ」

魔法剣士「いただきます!」



52:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:50:31.306 ID:+8T+52Tu0.net

その夜――

師匠「よぉ、こんな夜分にすまねえな。あいつは寝てるかい?」

少女「うん、ぐっすり。あれじゃ多分、火事になっても起きないよ」

師匠「……ありがとよ。お嬢ちゃんのおかげで、あいつは一皮むけることができた」

少女「気づいてたんだ」

師匠「そりゃ気づくさ」

師匠「話が通じないほど興奮してる竜を相手にしてるってのに」

師匠「傭兵たちに軽いケガ人しか出てないってのが、明らかに不自然だったしな」

師匠「じゃああの竜は何がしたいんだって考えたら、わりと早く正体に気づくことができた」

師匠「ま、みんなパニックになってたから、こんなこと考える余裕はなかっただろうがな」



54:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:55:04.027 ID:+8T+52Tu0.net

少女「おじさんこそ、どうりで手加減してくれたと思った」

少女「おじさんは魔法剣ってやつを使えないけど、おじさんなら剣の斬撃だけで私を倒せたでしょ」

師匠「どうかな」

少女「とぼけちゃって」

師匠「ま、とにかく! これでようやく……あいつも一流の仲間入りってとこかな?」

少女「おじさんもお兄さんみたいに甘いね。お兄さんはまだまだ二流だよ」

師匠「ハハハ、まだ合格点はやれないか」

少女「そうだよ。お兄さんにはまだまだ私がついてなくちゃ」

師匠「出来の悪い弟子ですが、これからもよろしくお願いします」

少女「任せといて」



56:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 00:59:33.409 ID:+8T+52Tu0.net

それから――

― 師匠の家 ―

魔法剣士「だああああっ! 魔法剣!」バリバリッ

ズガァァンッ!

師匠「だいぶ魔法剣を使いこなせるようになってきたが――」

師匠「総合力はまだまだだな。技を放った後がスキだらけだ」ゴンッ

魔法剣士「あだだだだだ……!」



少女「あーあ、完全に遊ばれてる」



58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 01:05:14.218 ID:+8T+52Tu0.net

魔法剣士「魔法剣を習得したはいいけど、まだまだ課題は多いなぁ……」

魔法剣士「剣士や魔術師とも、五回やってどうにか二回勝てる程度だし」

少女「まあまあ、お兄さんが一流の魔法剣士になるまでは私が面倒見てあげるから」

魔法剣士「一流の魔法剣士か……いい響きだ。むふふふ……」

少女「そんなしまりのない笑みを浮かべてるようじゃ、一生なれそうもないね」

魔法剣士「ぐっ……!」

少女「ま、一生なれなかったらなれないで、私はかまわないけど」

魔法剣士「おいおい、それじゃお前は一生俺の面倒見ることになるぞ……いいのかよ?」

少女「いいよ、それでも」

魔法剣士「へ?」

少女「なーんちゃってね」





~おわり~



元スレ
魔法剣士「どうせ俺は器用貧乏だよ……!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1476881698/
魔法剣士「どうせ俺は器用貧乏だよ……!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1476888022/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 02:53
          • サマル「という夢を見た」
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 03:01
          • つまらん
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 03:07
          • 読んでへんけど理力記憶ガン振り魔法ブルーフレイム月光大剣でやり直して、どうぞ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 03:16
          • ※1
            ローレ「さあ早く荷物持ちの仕事に戻るんだ」
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 03:18
          • 昔、同じコンセプトのSSを読んだな
            なんでこんな古いのを…って思ったら新作だった
            同じ人かね?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 03:29
          • 勇者が一番器用貧乏な件
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 04:01
          • まぁほっこりした
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 04:09
          • 魔法剣士(戦士)が強かったのなんてFF5しか知らんな
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 04:19
          • 魔法剣が一番強かったのはダイ大
            ゲームではどれも弱いけど
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 04:27
          • 結局少女は何者なんだ?どゆこと
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 04:30
          • ゲームの魔法剣士で強いのを見たこと無いな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 04:42
          • ※10は読解力がないってのがわかるわ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 04:43
          • 魔剣士は「天才」にしかなれないぞ、弱いのは経験が不足しているだけだから
            作品中のキャラは先が長いってだけ。

            ※10 もう一度読む事を進める「台詞」に注意すれば理解出来る筈
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 04:54
          • 魔法剣士(剣術と魔術の両刀)と魔剣士(属性エンチャント特化)って区分けは通用するのかしら?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 05:00
          • ※10 ネタだよね?本気で言っているのなら読解力の無さが可哀相だね。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 05:32
          • ※3
            ダクソ3にブルフレがあればそれもいいんだが(涙目)
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 05:57
          • 魔法剣士が強かったら万能職業になって近接職業と魔法職業の立場を奪っちゃうから調整が難しいんでしょ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 05:59
          • ※3
            ダクソに例えるなら筋技理がそれぞれ18くらいって感じだろこいつの場合
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 06:05
          • 薬包使えば良くね?
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 06:49
          • FF5魔法剣士の強さを他作品にも分けてあげて欲しい
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 06:55
          • いや、FF5の魔法剣士は素早さがあるから強すぎる
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 07:02
          • まあこうなるだろうなという感じで展開がテンプレ頼り、面白味がない
            魔法剣という設定をこれまたテンプレ通りに出してきても正直見飽きた
            一番中途半端だったのは作者だと思う
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 07:02
          • 少女が竜だったって落ちだろ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 07:04
          • まあ確かにシンフォニアでゼロスはボス戦では使わなかった。
            クロノトリガーのカエルも同様。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 07:09
          • まぁ、最強の魔法使いと剣士対魔法剣士×2だとたぶん魔法剣士側は、負けるよね
            色々考える必要があるけど
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 07:14
          • 短期間しか使えない欠点が致命的だがアビスの主人公の上位互換であるアッシュは強い。主人公のルークを操作する感覚で戦えて魔法も強い。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 07:49
          • 魔法剣二刀流乱れ打ちはロマン
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 07:53
          • 魔法剣士とか赤魔導師みたいなどちらの職の強みを持ってても一流レベルになれない職ってのはなかなか厳しいよな
            この魔法剣士は強みを手に入れたがら別だが
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 08:03
          • 龍……しょうじょ……りゅう……じょ……

            この少女は永遠にロr…少女のままだな、間違いない
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 08:09
          • ドラゴンズドグマの魔法戦士は面白い戦い方出来るんだけどね
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 08:13
          • お前それネギまの前で言えんの?
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 08:22
          • 侍を性能的に魔法剣士と見るならウィザードリィでは優遇されてると思う。
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 08:26
          • ※10
            作中のセリフにヒントは出ている。
            ・竜は人間にも化ける事ができる
            ・竜を退散させた直後に戻ってきた人物がところどころ傷だらけ
            ・「相変わらず回復魔法が下手」
            ・最後の師匠と少女の会話
            つまりそういう事だ。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 09:06
          • RPGだとあまり強みが感じられないけど、両方出来る事による強みを生かすのが魔法剣士だからな。

            実際にあるなら、トリックスターみたいな動きが求められてるんだよな。
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 09:27
          • こう…がんばれ!中学生!って思っちゃうね
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 09:39
          • 竜が出た時に少女がいないって時点で展開読めすぎだろ
            もうちょっと捻ってくれ
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 09:40
          • アホのふりのネタ(だよね?)にマジレス多いな
            ファンタジーSS好きが優しいのかマス豚が心にヨユウない奴らなのか
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 09:40
          • どんな作品でも複合職を安易に強くしちゃうとバランス崩れるしな
            単純に考えて何でも出来るって事はそれだけ強いから
            キャラを無能にしないとバランスが取れない
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 10:01
          • どうしても大谷を連想してしまう…
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 10:07
          • 厳しい意見が多いなあ
            話の起こしとしてはテンプレパターンからだと読者も入りやすいので良いと思う
            個人的にリアルでしんどい事が多かったので安心して読める結末だったのも嬉しい
            もし続きをやるとしたら、ここから物語をどう展開させるのかがとても楽しみに思う
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 10:14
          • バッツ「魔法剣は乱れうちが無いと真価発揮出来ないぞ」
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 10:16
          • 専業剣士や専業メイジ相手に、事前バフもせずに相手の土俵で戦う無能
            とわかった時点で続き読む気が失せた
            どうせ「こうすればいいじゃん」と誰でも思うような当たり前のことに気づいて終わるんだろ
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 10:17
          • セリス「まほうけん!」
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 10:52
          • ベイオウーフとレーゼか。
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 11:41
          • ※42
            まるで現実世界での常識かのように語っているがラノベゲームに影響受けすぎじゃないか?
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 11:45
          • 鶴の恩返しを現代ラノベ風にした感
            正体がバレる事も無く竜が帰る事も無く
            まさにぬる~い現代風ですな
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 11:54
          • こういう王道は好きだな
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 12:11
          • ※10
            白竜って俳優がホントの姿で
            現れたんだよ、唐突だけど。
            ん、少女?
            苺狩りでもしてたんでしょ。
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 12:38
          • パーティー組むのが前提なら専門職の方がいいけど1人旅ならある程度は万能寄りにしないと厳しいだろ
            何人かコメントしてるデモソダクソみたいに
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 13:14
          • 幻水のフリックも魔法剣士の部類に入るんだろか
            最終戦までお世話になりましたがあの世界どっちも出来る人多いしな
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 13:26
          • なんで魔法剣士ってわざわざ攻撃魔法に振るんや
            バフ系の補助魔法メインで応急処置レベルの回復魔法だけ取ればあとは戦士に専念したらええのに
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 13:46
          • こーころをなににたとえよう♩
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 13:59
          • プー王子は強いだろ!いい加減にしろ!

            なお別の理由で役立たずになる模様
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 15:00
          • きっと…きっと将来、魔法剣士はドラゴンスライダーになって英雄になるんだっっ!

            きっと…
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 15:09
          • RPG世界の魔法使い(系の職業)は肉体を鍛えてはいけないみたいな掟でもあるのだろうか
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 15:51
          • ※1
            寝ぼけてないではよメガンテ唱えろ
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 17:00
          • これぐらいのボリュームが丁度いいよな
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 17:29
          • 剣と魔法を極めたから魔法剣士って名乗ってるんでしょ?


            ・・・あっ(
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 17:47
          • ※48
            おふらんす!越智にゃんは組に戻って、どうぞ。
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 18:02
          • 魔法剣士の真髄は攻撃魔法じゃなくて補助魔法だと思うんだけどな。
            加速、遅延、魔法封じ、耐久増大、属性付与、回復とかとか。
            某書で加速した魔法剣士はやたら強かったぞ。
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 18:08
          • ゲームの魔法剣士はシステムで評価が変わるから何とも言えん。
            某サマル並でもリアルタイムの戦闘なら使いようはあるし
            某アッシュ並でも完全なターン制だと個々の能力の上限だけで他の専門職と比較されるからなぁ
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 19:07
          • 魔法剣+二刀流+みだれうち=真のボスキラー
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 19:17
          • まあファンタジーだと、物理、魔法、それぞれに効く、効かないがあるから、たとえ二流でも安定したダメージソースになる利点はある。
            まあただそんな守りの化け物みたいなのが二種類ともいる場所なんてそうそう無いわけで、世界中を旅する勇者一行でもなければ狩りやすい方に特化した奴入れる方が早いわな。
            あとは、半戦士職の回復、補助で火力をなるべく上げる時くらいかなー?
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 19:41
          • むかーしむかしに魔法剣士がこども二人引き取ってそれぞれに魔法と剣術教えたらそれぞれがあっというまに魔法剣士追い越して……ってss思い出してそれの続編とかかと思ったら違った。

            でも王道で面白かったです
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 20:24
          • 王道を往く展開114514点
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 20:38
          • ツッコミに対して張っておいた予防線が逆に失敗した印象
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 21:35
          • 魔法剣エーテルちゃぶ台返し!ウソ
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月20日 23:37
          • ※68
            またこんな所に迷い混んで…
            とっとと帰るにゃ
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月21日 01:15
          • 短くまとまってて好き
            魔法剣覚えた瞬間最強にならないのが良かった
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月21日 01:45
          • 普通の会社とか軍人みたいな割と大きな組織なら、
            魔法剣士みたいなゼネラリストは組織をまとめるためにとても大事なんだけども
            普通の冒険ものだと使い所が中々きついよね

            ゼネラリストという特性を活かすなら、
            いっそ参謀役として組織をまとめていくような立ち回りをさせた方がいい気がする
            遠近どちらの特性もわかっているから、作戦立案や指示にも説得力持たせやすいと思うし

          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月21日 09:52
          • サマルの弱点は耐久だから
            ゲームバランス的にはベギラマで終盤まで火力になるし
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月22日 13:58
          • おもしれぇぇぇ
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月23日 19:04
          • タイトル見た瞬間FF11の赤魔道士を連想した
            俺はもちろん初期赤でした
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月24日 14:15
          • それでも魔法剣士を諦めない。
            実際剣技に属性が乗るディス5の魔法剣士はシリーズ中で一番好きだぞ
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月31日 00:47
          • つるぺたには用はない
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月02日 02:30
          • つるぺたにしか用はない
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月14日 02:21
          • 剣に属性あるからな~攻撃系魔法剣がそこまでいらないのよね
            フレイムタンやアイスファルシオンとか
            タンとは萌え系なり
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月15日 19:20
          • 月光の大剣(月明りの大剣・月光の聖剣・ムーンライト)を探す旅に出ろ
            もしくは結晶魔力の武器、ソウルの速剣、ソウルの大剣を編み出せ
          • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年01月29日 00:26
          • 5 竜の可愛いさは超一流だぜ
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月01日 20:02
          • 剣と魔法を同時に撃てないからこその魔法剣士だよ
            タイマンなら軽装機動で相手の弱点距離に移動するか、逆に重装備で相手に主導権渡す代わりに万能にする(後者は主人公側のパーティ構成変化に対処するボス敵の発想だが)
            集団戦では遠距離で魔法、近距離は剣で常に遊兵化せず戦術火力を叩き出す
            あるいは前衛後衛バランスの調整役。敵でも味方でも前衛がもう少しで崩れそうなら前に行き、敵も味方も前衛が固くて膠着してるなら魔法部隊に参加して火力を後押ししたり敵後衛を焼いて支援を絶つ
            後衛で奇襲に対処したり前衛に居座ったりできる魔法使いという道もある

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【 ゼノブレイド2】ニア「ねぇ…レックス。聞きたいことがあるんだけどさ」
        • 彼女「ちょっと!この髪の毛誰のよ!」
        • 【ゴ魔乙】スフレ「カトレアお姉ちゃん!!  何書いてるのー!?」
        • 【ガヴドロSS】天使と悪魔とスマホゲー『きららファンタジア編』
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ