TOP

卯月・凛・未央「チーム対抗お料理対決?」【モバマスSS】

1:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 17:47:18.66 ID:SY3CtUgnO


346プロ×
CGプロ○

…ゆるふわ進行でいきます。




P「いや、対決っていうか…お互いに作って食べさせる会ね。」



卯月「お料理かあ…私、お母さんに頼りっぱなしで…。」

未央「私はたまーに台所に立つよ、チャーハンくらいなら…」

凛「バレンタインのときから少し…お菓子作りなら、したよ。」




P「そんで、お仲間呼んであるから。それで番組を企画してあるよ。」


P「カモン!エブリーなバディ!」




2:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 17:49:06.82 ID:5AqlCzi/O


美穂「辛子レンコンのはさみ揚げなら…」

響子「お料理なら、おまかせくださいっ♪」

加蓮「サンドイッチなら、作るよー」

奈緒「あたしは…あんまりやらないなぁ。」

茜「お米なら!!おまかせください!!!!」

藍子「ちょっとお菓子作ったことなら~」



3:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 17:52:47.76 ID:65UTB/nM0


凛「このメンバーって…」



卯月「美穂ちゃーん!響子ちゃん!」


未央「チーム対抗ってこと?」


P「そのとーり。ピンスク、トラプリ、ポジパでそれぞれテキトーにお料理してもらって…」



未央「対決…じゃないとは言ってたけど、お互い食べるんだよね?」


P「まあまあ、ここからが本題ね。みんなよく聞いてくれ。」



4:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 17:56:26.80 ID:65UTB/nM0


P「それぞれのチームから1人を食べる役、残り二人を作る役に分けます。」

P「食べる役に選ばれた人が、それぞれ料理をリクエスト。3チームだから、合計3品ね。」

P「作る役の人が、その3品をそれぞれ作ってもらいます。」

P「食べる役のひとが3チームの出来をそれぞれ評価。以上!」



凛「それって、出来の優劣で対決にならない?」


P「しないしない。みんなおいしくできるでしょ?」


茜「なんでもおいしく食べてみせます!!!!」

未央「ちょっ!もう食べる役決定なの!?」

藍子「わたしが食べる役だと時間かかりそうですし…」



5:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 17:58:09.88 ID:65UTB/nM0


P「あ、でも響子は有利すぎるから食べる役固定ね。」


卯月「えぇ~!?プロデューサーさぁ~ん!?」

美穂「でも、対決じゃないんでしょ?」

響子「みんなのお料理、食べてみるだけも楽しみですよ!」



凛「…だってさ、どうする?」

加蓮「私は食べる役で、ポテトをリクエストしまーす。」

奈緒「あたしはせっかくだし、挑戦してみようかな…」



未央「じゃあ…私とあーちゃんで作る役かぁ」

茜「白米を所望します!!!!」

藍子「茜ちゃん、それじゃお米炊くだけで終わっちゃうから…」



6:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 18:01:21.21 ID:65UTB/nM0



P「おーし、配役もスムーズだし、3品を決めよう。」


響子「じゃあ、オムライスで♪」

加蓮「フライドポテトだねー」

茜「どんぶりめし!!!ならなんでも!!」



7:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 18:03:08.22 ID:65UTB/nM0


卯月「響子ちゃ~ん!オムライスは難しそうです…」

美穂「今すぐ作るわけじゃないみたいだから、撮影までに教えてもらおうよ。ね?」

響子「事前に教えるぶんには、いいですよね?」

P「ええんやで」



凛「フライドポテトって…」

奈緒「ジャガイモ切って揚げるだけなら…」

加蓮「甘くみないでね?二人とも!イモの切り方や厚みや皮の有無やカリカリにするかしっとりにするか…奥が深いんだよ!」

凛「…加蓮、作ったことあるの?」

加蓮「ないよ?」



未央「どんぶりものって…」

藍子「その、『なんでも』っていうのがむしろ難しいですね…」

茜「カツ丼!牛丼!海鮮丼!なんでもありですよー!!!」


P「その、なんでもってのはむしろイイね。個性出せるよ。」





8:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 18:05:00.22 ID:65UTB/nM0


P「はい!じゃあ
『オムライス』『フライドポテト』『どんぶりもの』
それぞれ作ってもらうから、よろしくだぜー!」


響子「そういえば、炭水化物ばかりですね…もっとバランスを考えればよかったかも。」


P「それなら響子さんや、横で他のもの作ってていいよ。」

響子「結局、お料理やらせてくれるんですね!やった♪」






凛「本番はいつ?」

P「二週間後です。」


奈緒「練習する時間は…あるか。」

響子「みんな私が教えてあげられますよ!」

未央「おお~!お願いしますよ~!」




P「はい、そしたら藍子。」

藍子「はい?」

P「『ゆるふわ空間』を発動して二週間後をすぐ引き寄せてくれ。」


藍子「それってどういう…」

P「いーのいーの、これ見てるひとのためのフリってだけよ。」





9:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 18:07:17.31 ID:65UTB/nM0

『ゆ る ふ わ 空 間 に ま よ い こ ん だ!!』


※書き貯め終了、後々ちまちま追加していきます。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 21:24:49.03 ID:HlS8LoytO

三人の内一人が料理を指定して残りが作る役
つまり交代制でチームの味見役の指定した料理を作る
味見役のチーム以外の皆は三人全員で作るってことだよな?



14:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 22:06:33.75 ID:65UTB/nM0

>>12
状況整理のための指摘ありがとうございます。
ピンスクチーム有する五十嵐響子が
あまりに強力すぎるため、
他チームのリク料理時であっても
基本は残りの2人で作る…つもりです。
茜ちんあたり、勢いで調理に乱入させかねませんが。

響子、加蓮、茜の三人は基本食べる役のみ。
残りの2でメシ作ってもらいます、
確かに【チーム感】



15:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 22:09:32.27 ID:65UTB/nM0

途中誤爆。つづき。
たしかに、2人だけで作ってると
各ユニットとしての調理時の【チーム感】に
欠けてしまいますが…このSSの主眼は
チームの仲間のリクエスト料理を出して
『おいしい!』って言ってもらうことにありますので、
そういう意味で【仲間のために調理】っていう
チーム感を大事にしたかっただけです。
完全に個人的な趣味ですね。



16:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 22:13:59.83 ID:65UTB/nM0

文見直すとわかりにくいんで、整理します。

【卯月・美穂ペア】
【凛・奈緒ペア】
【未央・藍子ペア】
に、
・オムライス
・フライドポテト
・どんぶりもの

を全部作ってもらって、
響子、加蓮、茜に
全部食べてもらいます、
各料理のボリュームはアイドル基準です。
茜ちんには足りません。

これは特に勝負事ではありません。
各アイドルの『おいし~!』を書きたいだけです。

では、本番当日がやってきました…



17:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 22:20:59.73 ID:65UTB/nM0


○番組本番○


瑞樹「ハイッ!始まりましたー、アイドルの料理番組です!」

瑞樹「司会進行は、私!川島瑞樹がお送りするわよー!!」

早苗「アシスタントの片桐早苗でェーッす!!!」

瑞樹「さあ!それでは、状況を整理してお伝えするわよ!」

早苗「もう調理は始まってるみたいねー、いいにおい…!」



18:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 22:31:34.05 ID:65UTB/nM0


瑞樹「今、集まってもらっているのは
3つのアイドルユニット!
【ピンクチェックスクール】
【トライアドプリムス】
【ポジティブパッション】
各チームから一人、『はらぺこさん』を選出して
残った二人でお料理を用意します!」

早苗「はい!で、あちらの席で構えているのが
『はらぺこ3人娘』です!じゃあ、自己紹介してね。」



響子「はらぺこ響子でーす♪」

加蓮「はらぺこ加蓮でーす」

茜「はらぺこ茜です!!!!!」


瑞樹「このはらぺこさんたちが
『作ってえええ!!』と懇願したのが…こちら!」


早苗「はい!
【オムライス】
【フライドポテト】
【どんぶりもの】の3つです!」

瑞樹「【どんぶりもの】…って、果たしてアイドルのリクエストでいいのかしら…」

早苗「私もアイドルだけど、【軟骨の唐揚げ】とかリクエストしちゃうわよ?」

瑞樹「アイドルって…何なのかしら、わからないわ…」

早苗「はい、じゃあ今食べたいもの言って?」

瑞樹「【お豆腐入りのもつ煮】ですッ!!」

早苗「…わかるわ。」

瑞樹「わかるわね。」



19:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 22:37:25.57 ID:65UTB/nM0


瑞樹「はい、じゃーアシスタントさん!」

早苗「押忍」

瑞樹「調理チームの様子見てきてくださいなー」

早苗「押忍」

瑞樹「あなたそれでもアイドルなの?」

早苗「うっす、アイドルっす。じゃ!行ってくるわね!」



響子「あの…私も、いいですか?」

瑞樹「そうだったわね、はらぺこ響子ちゃんは
『この3品じゃバランスが悪い!』と抗議して自ら他の付け合わせを作るのよね。」


響子「はい♪やっぱりお野菜も必要ですから!」

早苗「よーし、じゃあ調理場へ行くわよー!」






20:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 22:48:47.54 ID:65UTB/nM0


早苗「はーい、調理場へ着きました!こちら現場の片桐でーす!」

早苗「はらぺこ響子ちゃんは早速、別の調理にとりかかっているわ。」

早苗「んー、各チーム、思い思いの調理をしていますね…じゃ!インタビューするわよ!」


早苗「やっぱり最初はここ!
【卯月・美穂】ペアでーす!はい挨拶してー、カメラこっちよ。」


卯月「島村卯月です!頑張ります♪」

美穂「小日向美穂ですっ、頑張ります!」


早苗「…やっぱり、あなたたちこそアイドルだわ。」


卯月「えっ…どうしたんですか?」


早苗「ねえ…今食べたいものなに?」


美穂「うーん、それならちょうど今作ってるこの…」

卯月「オムライスです!響子ちゃんにしっかり教わりました♪」

美穂「あとで、みんなで一緒に食べたいね!」



早苗「うっ!まぶしい…!!
【もつ煮】とか【軟骨】とか言ってるアイドルとは違うのね…!?」



21:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 23:00:38.53 ID:65UTB/nM0


美穂「【軟骨】…?私も、好きですよ?お酒のおつまみ系!」

卯月「辛子レンコンとか…地元のお料理なんですよね?」

美穂「うんっ♪熊本は、馬刺とかもおいしいよ?」


早苗「まずい。なんか番組の方向性が…!」


卯月「おいしいですよね?【なんこつの唐揚げ】」


早苗「あたしと司会のせいでテイストおかしくなりそうだから、ちょっとそういうこと口にするの控えておくわね…」


美穂「えっ、な…何か、ごめんなさい!」


早苗「いやいやこっちのせいよ。気にしないでね?はい、じゃあカメラに向かってアピールしてね!」



卯月「響子ちゃーん!ばっちり作れてますよー!」

美穂「スタジオで待っててねー♪」


\わたしはこっちでーす/



卯月「えっ!!?あれ!?響子ちゃんいる!」

美穂「あっほんとだ!あっちで…そういえば何か作るって言ってたね」


卯月「あはは…お恥ずかしいところを…」

美穂「うっかりしてました…」



早苗「…やっぱ、あなたたちこそアイドルだわ。」




23:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 23:21:33.14 ID:65UTB/nM0


早苗「さ!それじゃあ次は…
【凛・奈緒】ペアね!どんなかんじかしらー?」



凛「ほら奈緒、やっぱりやんなきゃダメだって、」

奈緒「うおー!いやだっての!たしかに負けたけどさあ!?」



早苗「あら、どうしたの?仲間割れかしら~?」


奈緒「ああいや…ちがいますって!これは…」

凛「奈緒がオムライスに魔法をかけてくれるんだよ。」

奈緒「だーもう!カメラに言うなって凛~!!」

凛「ふふっ、これで逃げられないね。」


早苗「ふーん?前やってたメイドさんのお仕事みたいに?」

凛「ううん、奈緒は【魔法少女】だから!メイドじゃないよ!」

奈緒「おねがい!ほんとやめて!凛!!」



24:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 23:26:11.35 ID:65UTB/nM0


凛「奈緒がゲームに負けたのが原因でしょ?
【3人で大富豪して負けたひとがオムライスサービス】って。」

奈緒「たしかに!たしかにゲーム前に約束したよ!でも、わざわざ魔法少女の衣装用意するかぁ!?」



早苗「うわぁ…手ぇ込んでるわね…。」

奈緒「ほんとハメられた…!!」


早苗「でも、3人でやったってことは、加蓮ちゃんが負けていたら?」



凛「加蓮が、響子と茜のぶんのオムライスにやる。」

早苗「それは…段取りがちょっとシュールな絵になるわね。」



25:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/06(火) 23:42:49.17 ID:65UTB/nM0


奈緒「どうして、こう都合良くあたしに回るかな~?そもそも加蓮が言い出したから、ちょっと怪しいんだけど…」


凛「奈緒、加蓮がトランプでイカサマしたと思う?」

奈緒「いやそれは無いと思うけどさぁ…」

早苗「あら、イカサマしてたならお姉さん怒っちゃうわよ?」


凛「してないよ、大丈夫。私も加蓮も、レナさんみたいにトランプ上手くないから。」

奈緒「そりゃそーだよなぁ~、はぁ…覚悟を決めるかぁ…。」


凛「ただ…大富豪始める前に、加蓮と一緒に
【茄子さんに握手してもらった】かな。」


奈緒「おい!!!!!それズルすぎるだろ!!!?」




早苗「うーんこれは…でも、イカサマじゃないから…一枚上手だったわね…。」



26:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:06:53.47 ID:eWOos/xN0



早苗「よし、奈緒ちゃん覚悟は決まった?」


奈緒「あーもう!やけくそだよ!やってやらあ!!」

凛「うん、その意気だよ。」


早苗「はい、じゃあカメラ引くからアピールしてね~」



奈緒「加蓮ー!!こんどネイルのラメパウダーとかを、こっそり塩とかにすり替えてやるからなー!!」

凛「奈緒、それもう、こっそり不可能でしょ。ふふっ。」





早苗「あーもう、トラプリは仲良しさんねえ~」




27:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:09:25.64 ID:eWOos/xN0


早苗「はい!じゃあ最後!
【未央・藍子】ペアでーす!!はいカメラこっち!」



未央「どうも。【ミツボシ鉄人シェフ】の、ミオです。」

藍子「高森藍子で~す♪」



早苗「お料理の手応えはいかがかしらー?」


未央「はい、それはもう!この策士未央ちゃんがオドロキを届けてみせましょ~!!」


藍子「あっ、ちゃんと【おいしいオドロキ】だからご安心くださいね~」


未央「ふっふっふ!未央ちゃんは、お料理の練習中にとある秘策を思いついたのよ…!!」


早苗「あら、気になるわね~!」


未央「策士未央の秘策…それは…!」

早苗「…それは?」


未央「できてからのお楽しみっ!!!」

藍子「ゆっくり、待っててくださいね~♪」



28:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:11:51.05 ID:eWOos/xN0


早苗「何か、一波乱起きそうじゃない?楽しみね!」


未央「でさあ…お米の量これで足りるかな?」

藍子「たしかに…ちょっと心配ですよね。」


早苗「そこに用意してあるのは…
【どんぶりもの】用のお米ね?十分あるじゃない?」


未央「他のおふたりさんはいいんだけど…」

藍子「茜ちゃんがどれだけ食べるか…」



早苗「ウワサには聞いていたけど、…それでも足りないの?」


未央「確実に足りませんね!」

藍子「おかわり分を確保しないと…」



早苗「茜ちゃん…うらやましいわ…」




29:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:22:07.95 ID:eWOos/xN0


早苗「はい、じゃあカメラに向かってアピールしてね!」


未央「この、【ミツボシ鉄人シェフ】の手腕!とくとご覧あれ!」

藍子「【ゆるふわシェフ】も手伝いましたよ~♪」



早苗「はーい!じゃあ映像そちらにお返しします!現場の片桐でしたー!」



30:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:24:55.73 ID:eWOos/xN0


瑞樹「ハァイ☆今食べたいのはぁ~マカロンでぇす☆ミズキよぉ~!」


加蓮「川島さん…」



瑞樹「はいそこ!そのうちネイルのトップコートが水飴になってるらしい加蓮ちゃん!」


加蓮「えぇ…?」


瑞樹「お料理楽しみ~、なコメントあるかしら?」



加蓮「正直、全部食べきれるか不安…」


瑞樹「たしかに、オムライス3つ、ポテト3つ、丼3つは…」

加蓮「それにまだあるんでしょ?付け合わせ。」

瑞樹「響子ちゃんが何品用意するのかは…わからないわね。」



31:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:27:23.74 ID:eWOos/xN0


加蓮「ていうか、この
『はらぺこさん席』もう私しかいないんだけど…」


瑞樹「響子ちゃんは調理中。茜ちゃんは、おいしく食べるために
【まず汗をかく】を始めたわね。外で走ってるわ。」



加蓮「ほんとフリーダムだよね…」


瑞樹「加蓮ちゃんも走ってくる?もう少しで調理終わるけど。」



加蓮「んー、待ってる…。」


瑞樹「じゃあ、ここで尺を稼ぎまぁーす!CMどうぞ~!」



32:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:47:59.41 ID:eWOos/xN0


~CM~


…スーパーマーケット…

幸子「フフーン♪今日はカワイイボクが、みなさんに手料理を振る舞います!」

幸子「カレーを作るのにジャガイモ、にんじん、たまねぎと…」



\ドン!!!/

輝子「ヒャッハアァァァーーーー!!!!!!!!」
「キ!ノ!コ!を!忘れるんじゃねェェェーーー!!!!!」



幸子「…買います。」




【142種類のスパイス配合!!キノコにも合うぞ!】
【『カワイイボクカレー』大好評発売中!!】




33:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:49:38.50 ID:eWOos/xN0


~CM~



…スーパーマーケット…


幸子(カゴに大量のキノコ)
「フフーン♪お野菜は揃ったので、次はお肉ですねぇ♪」


幸子「カワイイボクに似合うお肉は…」




\ドン!!!/


小梅「ひ…ひャッハー!……!!」
「この…血のしたたる…お肉で…」



幸子「…ちょっと、…遠慮しておきますね?」


小梅「そう…」



幸子「ふう…カワイイボクに鮮血のお肉はちょっと…」
「あれ?カゴの中に、ひとりでに入ってる……えっ?」




【142種類のスパイス配合!!謎のお肉でもOKだぞ!】
【『カワイイボクカレー』大好評発売中!!】



34:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/07(水) 00:51:49.98 ID:eWOos/xN0


~CM~


…スーパーマーケット…




幸子(カゴに大量のキノコと鮮血のお肉)
「フフーン♪お野菜もお肉もそろったので、あとはルウですね!」

「カワイイボクに、お似合いのルウがあるはずです!」



幸子「これは…!!」



\ドン!!!/


幸子・小梅・輝子
「ヒャッハアァァァァァーーーーー!!!!!!」


幸子「このルウで!!カワイイカレーができあがります!!!」
輝子「キノコを欠かすんじゃねェェェーーー!!!」
小梅「食べると…その夜、いい夢…見られる…よ!」



【142種類のスパイス配合!!スカイダイビングも怖くねぇ!】
【『カワイイボクカレー』大好評発売中!!】




40:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 13:54:18.42 ID:J7LPJDJN0


~CM~



ナターリア「おスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシおスシ」

浅利七海「おすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすしおすし」

首藤葵「お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司」

高峯のあ「……………………………………………………………………………………………………(無言の圧力)」


前川みく「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」




【ノイローゼになるぐらい沢山のおすしが回る!!】
【10皿食べたひとには、今なら『ぴにゃこら太ストラップ』プレゼント!】

【『大量回転・まんたん鮨』】




41:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 14:03:37.33 ID:J7LPJDJN0


~CM明け~




瑞樹「ハァイ☆司会のミズキよぉ~!今食べたいのはぁ、ロコモコのプチプレートです☆」


早苗「はぁい!アシスタントの早苗よ!今食べたいのは、……アサイー?の…なんだっけ。」


瑞樹「アサイーは大抵ジュースよ、食べたいものの回答としてはおかしい。アンタ疎いんだから無理しないの。」


早苗「……じゃあ、………そーねー、…海老とアボカドのシーザーサラダ!!」


瑞樹「あらやるじゃない、…って、それ居酒屋のメニューね。」




響子「…いったいなにを?」


加蓮「アイドルっぽい食べ物を挙げたいらしいよ」


茜「おなかすきました!!!!!はらぺこ茜です!!!!」




瑞樹「はいっ!じゃあ、この
『はらぺこ3人娘』に今から運ばれてくるのは~?」


早苗「リクエストにある
【オムライス】
【フライドポテト】
【どんぶりもの】の中の…」





瑞樹「…の、中の~?」



響子「どれでもない前菜からですっ♪」



42:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 14:11:26.80 ID:J7LPJDJN0



瑞樹「オウイエス!はらぺこ響子ちゃんが、その料理スキルを発揮して栄養バランスを整えるために用意した前菜!!」


早苗「それが…こちら!!」



響子「【じゃこと塩昆布のたっぷりキャベツ野菜炒め】です♪」





早苗「…たまんないわね、コレ。」

瑞樹「番組的なコメントとか抜きにして、本気でイイわね。」


響子「まだ、これだけじゃないです!」



43:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 14:20:13.48 ID:J7LPJDJN0


瑞樹「まだあるの?じゃあ次どうぞ~」


響子「はーい!ゲストがいらっしゃるんです♪葵ちゃーん!七海ちゃーん!」









葵「はーい!首藤葵、13歳っちゃ!」

七海「浅利七海れす~、14歳れすよ~!」



瑞樹「これは…ウチの事務所の『おさかなコンビ』!!」


響子「葵ちゃんは、大分の料亭の娘さん!魚介類のお料理が、とってもお上手なんです!」


葵「しんけん頑張ったよ!みんなよろしくー!」




響子「七海ちゃんは、釣りが大好きでお魚にとっても詳しいんだよね♪」


七海「しっとり系アイドル目指して、今日はお手伝いしました~」



早苗「はい!じゃあ、2人でお料理紹介してね~!」





44:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 14:25:30.92 ID:J7LPJDJN0


葵「あたしらが作ったんは…」

七海「これれ~す♪」


葵「【ひじきと大豆の甘辛煮】小鉢でどうぞ!」

七海「【たっぷり根菜のあら汁】れす~」


響子「やっぱり、汁物と小鉢は必要ですよね~!」



早苗「なんか…なんか、こう…」

瑞樹「アイドルというよりか、家庭的にレベルが高いわね…」



45:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 14:47:12.16 ID:J7LPJDJN0


茜「このおみそ汁も!!おいしいです!!!!」

加蓮「ほんと、なんかちょっと甘い気がする!」

響子「大根、人参、ごぼう…味の染みた根菜もいいですね~!」



七海「使ったのは、【真鯛のあら】れす♪鯛の脂は、うま味もありますし…ちょっと甘いんれすよ~♪」

葵「ちゃんと鯛のイイ香りとうま味を出すために、味薄目の白味噌を少な目で仕立てたっちゃ!」

七海「食べやすいように、アラの骨のところは取り除いて、大きい身のところだけ残してあるれす。」

葵「でも、骨を口にするのもあら汁の醍醐味っちゃ!骨入りもあるよ♪」




瑞樹「ほしい!」

早苗「ほしい!」



葵・七海「どうぞー♪」




瑞樹「…お魚の味噌汁って、臭くならない?」

早苗「これ、いい匂いしかしないんだけど…」



七海「あらを煮る前に、ちゃんとお湯をくぐらせるんれす。」

葵「あとは、ショウガを上手く使うと、鯛の上品な香りが出るよ!」





…別室モニター前…


P「七海、葵…あんたら最高やでぇ…!!」





47:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 14:49:47.28 ID:J7LPJDJN0



響子・葵・七海「めしあがれー♪」


加蓮「いただきまーす」

茜「いただきます!!!!!!」

響子「さて…わたしも、いただきますね♪」





加蓮「…この小鉢さあ、ちょっと病院食思い出しちゃうなー」

葵「栄養あるからね、ちゃんとおいしく作ったよ!」


加蓮「…ん、………ほんとだ。ぜんぜん違うね。」

茜「おいしい!!!です!!!」

響子「大豆のうま味と、甘辛な味付けのひじきが合いますね…!」


葵「大豆とは別にひじきに味付けしたっちゃ。海藻のイヤなほうの臭みを最大限消したうえで、味が濃くなりすぎないようにしたよ!」




瑞樹「…ねえ、私ももらっていい?」

早苗「あたしも食べたい。」



葵「もちろん!どうぞー!」




早苗「…なんだか、なつかしい味がするわ。」

瑞樹「…そういうところ含めて、すんごいおいしいわ…。」


葵「みんな、おいしい言ってくれて嬉しい!」




48:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 15:24:31.84 ID:J7LPJDJN0



響子「はい!じゃあ、野菜炒めもどうぞ♪おいしくできましたよ!」


茜「おいしいです!!!!キャベツの歯ごたえがたまりません!!!」

加蓮「これ、この四角い薄緑のもの、なに?」


響子「それは、『ブロッコリーの芯』です♪歯ごたえのあるように、茹でる時間を短くしたうえで、四角く刻んで炒めました!キャベツも、歯ごたえもそうですが、熱でダメになってしまう栄養素のために、サッと熱が通るように工夫したんです♪」


加蓮「ブロッコリーの花芽も、食べやすい小さいサイズ…」

響子「ブロッコリーの花芽は、炒めずに最後に散らしました♪」



早苗「ほしい。」

瑞樹「くださいな。」


響子「どうぞ~」




早苗「あの、居酒屋のお通しでない?キャベツとゴマ油と塩昆布のやつ。」


瑞樹「アレが野菜炒めになってる感じね…」


響子「味付けは、じゃこと塩昆布だけで、お塩やお醤油は使ってません♪」


早苗「昆布の塩気とうま味がたまらないわね、おいしい。」

瑞樹「じゃこでカルシウムもとれる…わかるわ。」





49:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 15:27:26.34 ID:J7LPJDJN0



響子「これで、栄養バッチリですね!」


早苗「なんか、とても素敵なラインナップだったわ…」

瑞樹「じゃあ、今度こそリクエスト料理を…」


響子「いえ、まだです♪」


早苗「まだあるの!?」




葵「そ!ちょーっと待ってほしいっちゃ、まだオマケがおるんよ!」

七海「司会のおねーさんたちに、プレゼントれす~」



早苗「なになに!?ほんと期待しちゃうからね!?」

瑞樹「これはうれしいわね~、役得。」



七海「真鯛の【あら】がある…ということは~?」


早苗「…これは、もしかして!!」



葵「こちら【真鯛のお刺身】!!どーぞー♪」


瑞樹「最高。」




響子「私たち、はらぺこ3人娘も、一切れだけいただきます♪」

加蓮「このあと、9品食べるんだもんね…」

茜「とてもおいしそうです!!!!」



50:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 15:31:38.60 ID:J7LPJDJN0



早苗「んまァァーいぃッ!!説明不要ッ!!刺身最高。」

瑞樹「最高。」


七海「いい真鯛を選んできたれすよ~」


葵「…でも、さらにこれでまだ終わりじゃないんよ!!」


瑞樹「そんな…まだ何かあるというの!?」

早苗「この時点で最高なのに!?」




葵「はいこちら~、真鯛のお刺身の続き…ですが!」


瑞樹「あら、皮付き。」


七海「おさかなの皮の下はとってもおいしいれすよ~」



葵「これを…湯引きにするっちゃ!」


七海「さらに…【あら汁】を作ったときにとっておいた『鯛の出汁』で~」


葵「はい!しゃぶしゃぶ鍋にできるよ♪」



葵・七海
「【皮付き鯛の湯引きとしゃぶしゃぶ】、めしあがれ!」



瑞樹「最高。」

早苗「最高。」




葵「ほーんのちみっとだけ、この岩塩かけて食べてね!」

七海「何もつけなくても、おさかなの味だけでおいしいれすよ~♪」



瑞樹「最高」

早苗「最高」






…別室モニター前…

P「最高」



53:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 15:43:49.42 ID:J7LPJDJN0



…舞台ソデ…




未央「ねえ、レベルひどくない?」

藍子「このあとに私たちの料理で、いいんでしょうか…」


卯月「が…頑張り…ました。うう…響子ちゃ~ん」

美穂「響子ちゃん、本気出し過ぎ~!」


奈緒(魔法少女の衣装)
「なあ!?あんな本格的なのやったあとに、あたしこんなイロモノとか!ほんっとヤなんだけど!!」

凛「大丈夫だよ奈緒、いけるいける。」




番組スタッフ「みなさんスタンバイおねがいしまーす」




54:てりやきICE ◆DIL/.XOrvU 2016/09/08(木) 15:46:27.11 ID:J7LPJDJN0

○魔法少女奈緒の衣装○

no title




55:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 15:57:08.41 ID:J7LPJDJN0


…舞台ソデ…


葵「おつかれさまでした~!」

七海「おつかれさまれす~」



卯月「あっ、葵ちゃん!七海ちゃん!おつかれさま!」

美穂「おつかれさま~!」

未央「おつかれさま!ねえ、あとであの、おみそ汁ほしいんだけど。」

藍子「おつかれさま~、私も食べてみたいです。」


凛「おつかれ。やっぱり2人ともすごいね。」

奈緒(魔法少女)
「お…おつかれ、2人のおかげであたしらのハードルが…!!」



葵「…奈緒さん、そのカッコ…」


奈緒(魔法少女)
「たのむ…何も言わないでくれ…!」


七海「七海たちも、あとでみなさんのお料理食べたいれす♪」




56:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 15:59:09.49 ID:J7LPJDJN0



瑞樹「さて、前菜はごちそうさま!ということで…」


早苗「ねえ、もう満足しちゃったんだけど」


瑞樹「問答無用!!さあ!はらぺこ娘たち~?食べたいかー!」


響子「たのしみでーす♪」

加蓮「量セーブしたから、たぶん…大丈夫。」

茜「食べ!たい!です!!!!」



瑞樹「さあ!では今度こそリクエスト料理の登場よ~!」


早苗「まず最初は…こちら!
【オムライス】よ!!」



響子「わー♪私のリクエストでーす!」



瑞樹
「さあ、噂では各ペアともに三者三様の
【オムライス】が出来上がっているそうですが…」



早苗「まずはもちろんこのペアから!
【島村卯月・小日向美穂】ペアでーす!!」





57:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 16:17:31.24 ID:J7LPJDJN0


卯月「どうもー!島村卯月、頑張りました!」

美穂「小日向美穂も、頑張りました!」



響子「五十嵐響子、食べるのが楽しみですっ!」




瑞樹「それじゃ、早速このペアの
【オムライス】登場でーす!」

早苗「はーい、じゃあ紹介してねー!」




卯月「はいっ!」

美穂「こちらが、私たちのオムライスです!」




加蓮「見た目は…すごくシンプルだね。」

茜「ふつうにおいしそうで!たまりません!!」

響子「んふふー♪」



美穂「それじゃあ、最後の仕上げ…ケチャップをかけますね♪」


卯月「美穂ちゃん、おねがいしますっ!」



58:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 16:20:16.39 ID:J7LPJDJN0


美穂「響子ちゃんには……んー、よしっ、
『私の大好きなクマさん』の絵です♪」

響子「お上手ー♪うらやましいです…。」



美穂「加蓮ちゃんには……こうして…はいっ、
『5つのハート』です♪ネイルアートを意識してみました!」

加蓮「おおー、指の大きさにあわせて大小あるね!」



美穂「茜ちゃんには…………んーっと、それっ!
『太陽と炎のマーク』です!私の出身が【火の国】ですし!」

茜「ありがとうございます!ファイヤー!!素敵です♪」




美穂「では、召し上がってください!」

卯月・美穂「卯月と美穂の
【愛情オムライス】ですっ♪」





59:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 16:49:20.85 ID:J7LPJDJN0


早苗「再確認するわね、これがアイドルの番組だということを…」


瑞樹「おいしさの要素は、舌だけじゃないのよ…」




響子「うーん!おいし~!二人ともありがとう!」

加蓮「これ、ほんと、ちょっと言い方悪いかもしれないけど
『ふつうにおいしい』……やっぱ普通って大事だよね…。」

茜「この!外の卵が!!とろっっとろです!!!おいしいです!!!」




卯月「よ、よかったぁ~!あの料理のあとだから、ほんと緊張しましたぁ~…」

美穂「ふぅー、ひと安心したよ~!ちゃんと上手にできた…」




早苗「おふたりさん!やるじゃなーい?」

瑞樹「オムライスとして、誰もが想像する…ある意味
【理想のオムライス】を作りあげたわね。」



卯月「はい!頑張りました!響子先生のおかげですっ♪」

美穂「響子ちゃんが、普通が一番いいって、教えてくれたので。」


響子「んふふー♪」



60:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 16:51:37.97 ID:J7LPJDJN0


加蓮「ねえ、ほんとこの卵が、すっごいおいしいよ。」

茜「中のチキンライスも!これだけでおいしいです!!」


響子「シェフさんたち、説明してくださーい!」




美穂「はい♪」

卯月「まず、中のチキンライスは、生のお米をバターで炒めて味を染みさせてから…ブイヨンスープで炊きました!」

美穂「つまり、ピラフと同じやり方なんです!」

卯月「鶏肉はジューシーさを出すために、皮を除いたとりもも肉を少し大きめに切ってありますっ。先にちょっとだけ胡椒をふってから、別のフライパンで、皮の脂を使って炒めてあります!」

美穂「たまねぎやパプリカは、やわらかくなるようにしました。」

卯月「マッシュルームは、事前に輝子ちゃんに厳選してもらったものです、大きめに切ってありますよ!ひゃっはー♪」

美穂「外の卵は、じつは二種類かぶせてあるんです。ひとつは、モッツァレラチーズを混ぜてあるものです。もうひとつは、生クリームを混ぜてあります。」

卯月「ふわふわと、とろとろを、頑張りました!」


美穂「あと…何かいうことあるかな?」

卯月「うーん…?あっ、もちろん!わたしたちの愛情をたっぷり入れてあります!」

美穂「そうだね!響子先生が教えてくれたとおり!一番は、愛情です♪」





61:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 16:58:23.07 ID:J7LPJDJN0


瑞樹「すごい手間がかかってるわね…」

早苗「ご家庭で使ってくださいとは、言いにくいかしら?」



響子「ピラフなら、炊飯器でも作れますよ!今回は、この一回だけなんで…」


卯月「たくさん頑張りました♪」

美穂「練習も、大変でしたぁ~。でも!おいしくできて、よかったです♪」





加蓮「ほんと、お店で食べるやつ…よりもすごいかも!あとの2人がかわいそうかな~?」


茜「おかわりがほしい…けど!!がまんしますね!!」


響子「卯月ちゃん、美穂ちゃん、ありがとう!ごちそうさまでした♪」




62:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 17:01:56.95 ID:J7LPJDJN0

ウワー!
「いただきます」の言葉を入れてない!!
やってしまった…!!!!

食べる前に絶ッッ対に言ってるんで
脳内補完おねがいします!!
これほんと大事なんです!なんでもしまむら!!!



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 17:04:39.37 ID:A1Wwe4BMO

わかるわ
いただきますは大事



64:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 17:43:08.77 ID:J7LPJDJN0


瑞樹「さーて、次いくわよー!」

早苗「次にオムライスを持ってくる2人は、
【渋谷凛・神谷奈緒】ペアでーす、かもーん!」


凛「どうもー、渋谷凛です。」

奈緒(魔法少女)「か…神谷、奈緒です…。」



加蓮「奈緒ー?奈緒ー?かーわーいーいー!!」


奈緒「かれえぇぇぇん!!覚えてろよぉぉー!?」



瑞樹「はいっ、仲良しトラプリはわかったけど…」

早苗「その格好で奇をてらう作戦かしら?とはいっても、勝負じゃないんだけどね。」



凛「大丈夫!奈緒の魔法だけじゃなくて、ちゃんと料理には自身あるよ。」


奈緒「おう!ちゃんとイイもん作れたから、それだけで十分!だから魔法かけないでいいだろ!?な!?」


凛「ダメだよ!!さっきちゃんと特別講師ラブリーチカと一緒に考えたじゃない!」

奈緒「おお…なんでそこで語気が強くなるんだよ…。まだ、菜々さんにメイド式教わったほうがよかったかも…」


凛「でも奈緒、魔法のシーン考えるときノリノリだったよね?」

奈緒「あれはラブリーチカの魔法だから、仕方ないんだよ。うん。楽しくなっちゃうのは、魔法のせいなの。」



65:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 18:04:27.00 ID:J7LPJDJN0


瑞樹「さて、それでは…オムライスを持ってきてちょーだいね!」


早苗「おふたりさん、どーぞー!」





凛「はい、こちらが私たちのオムライスです。」


奈緒「料理はちゃんとしてあるぞ!」





響子「えっ…?確かにオムライス…だけど、けっこう違う…」

加蓮「なんだか、香りが違うし…。豆と挽き肉?」

茜「とても香ばしいですよー!!!」



凛「先に、説明するね。」

奈緒「これは、
【チリコンオムライス】でーす!」




66:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 18:05:46.36 ID:J7LPJDJN0


加蓮「チリコンって…?」


響子「…チリコンカン?だよね。」



瑞樹「アメリカの料理だったかしら?チリパウダーと豆と挽き肉の。」

早苗「なんか、レタスの緑もあって、タコスっぽいわね。」



凛「そう、チリコンカン。牛と豚の合い挽き肉と、赤インゲン豆、それとチリパウダーとかの香辛料をトマトで煮込んだものだね。」

奈緒「それを、千切りキャベツの土手に囲まれた白米の上に乗っけて、周りにチーズとレタスを散らしたんだ。タコライス風だな!」

凛「それで、その上から周囲をパリッとさせた卵を乗せて…」

奈緒「それで完成…って言いたいんだけど…」

凛「最後に奈緒が魔法をかけてくれるよ!!」



67:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 18:07:59.63 ID:J7LPJDJN0


響子「へー!すごいアイデア!」

加蓮「なんか…ナチョスとか、ジャンクフードに近い気がする…」

凛「加蓮、好みでしょ?」

加蓮「うん。」

茜「スパイシーな香りが!食欲を誘いますね!!」




瑞樹「あらー、すごい工夫してあるのね?」

早苗「よくこんなの知ってたわねー?」




凛「これ作るに至ったのは、とあるスーパーアドバイザーのおかげだよ。」


奈緒「この撮影に来てもらえたんだっけ?」


凛「いや…木場さんは他があるからいないけど、もう一人は…」



早苗「あー、真奈美ちゃんに教わったのか。」

瑞樹「どうりでアメリカの料理が出せるわけね…」



奈緒「あ、もう一人が来た。」



68:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/08(木) 18:15:58.15 ID:J7LPJDJN0


アナウンス『そのとき空から…ふしぎな光がおりてきたのです…』


\アッ、アレハー/

\ダレダ、ダレダー/


\ダレナンダー/




アナウンス『それは……』




???
「ヘーーーーーーーーイ!!!!!!!!」






79:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 01:15:49.50 ID:uItWgfCa0


~CM~



キャハッ☆安部菜々、17歳ですっ!
今日は、レンタルキッチンでお菓子パーティーを
することになりました!
若い女の子で集まってお菓子を作る…
いいですねぇ~!楽しみです!

\ガチャ/

菜々「あっ!みなさん来ましたね?」


十時愛梨「こんにちは~」
三村かな子「こんにちは~」
椎名法子「こんにちはー!」
榊原里美「こんにちは~」
槙原志保「こんにちは!」
大原みちる「フゴフゴフゴ!」


菜々「あっ…これ砂糖と小麦粉が絶対足りないやつだ…」



【そこの近所にあるぞ!ネットで24時間在庫確認ができる!】
【宅配サービスもやってます!スーパー芥越(カイエツ)!!】






80:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 01:37:07.88 ID:uItWgfCa0


~CM~



キャハッ☆安部菜々、17歳ですっ!
前回のパーティは、いろいろ大変だったので…
今回は、節度あるオトナたちに
来てもらうことになりました!


\ガチャ/

菜々「あっ、みなさん来ましたね」


高橋礼子「こんばんは」
柊志乃「こんばんは…」
高垣楓「こんばんはー」
片桐早苗「こんばんは!」
姫川友紀「こんばんは~!」
篠原礼「こんばんは」
兵藤レナ「こんばんはー」
三船美優「こんばんは…」


菜々「あっ…これお酒が絶対足りないやつだ…」



【そこの近所にあるぞ!ネットで24時間在庫確認ができる!】
【宅配サービスもやってます!スーパー芥越(カイエツ)!!】


菜々「はぁ、はぁ…!追加を!買ってきました…!」

三船美優「あれ…17歳が、どうやって…!?」

【お酒は20歳になってから!スーパー芥越(カイエツ)!!】



81:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 01:45:02.51 ID:uItWgfCa0


~CM~



キャハッ☆安部菜々、17歳ですっ!
リアルJKですっ!17歳!ですっ!!
やっぱり節度があっても、
それを敢えてはずしてくるオトナはダメでした。
なので今回こそ!
健全な子たちとパーティーをします!


\ガチャ/

菜々「あっ、みなさん来ましたね!」


道明寺歌鈴「こんにちみゃっ!」
堀裕子「こんに…ハッ!ムムムーン!!テレパシー!」
白菊ほたる「こ…こんにちは…」
安斎都「こんにちはー!」
小関麗奈「こんにちは。」
南条光「こんにちは!」


菜々「あっ…これ絆創膏とかが絶対足りないやつだ…」


【そこの近所にあるぞ!ネットで24時間在庫確認ができる!】
【食料品だけじゃない!日用品も勢揃い!】
【宅配サービスもやってます!スーパー芥越(カイエツ)!!】




82:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:35:00.79 ID:uItWgfCa0


~CM明け~


【スタジオのボルテージは!】

【世★界★レ★ベ★ル★状★態】!!!!!!


外野
\ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!/


スタッフ
\ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!/


撮影スタジオの建物近所にある公園の野良犬
\WOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!/




83:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:36:13.40 ID:uItWgfCa0


ヘレン「そう…私はヘレン!世界レベルの、アイドルモンスターよ…!!」



茜「へーーい!!!」

ヘレン「ヘーーイ!!!」

茜「へえぇぇーーーーい!!!!!」

ヘレン「ヘーーーーーーーーイ!!!!!!!」


茜・ヘレン
「ヘエエェェェェェェェェェェェェェイ!!!!!!!」



茜「さすがです!!世界レベルです!!!」

ヘレン「茜…あなたも、世界レベルのようね!」



加蓮「いったい、何で分かり合っているの…!?」



84:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:38:40.70 ID:uItWgfCa0






凛「アドバイザーは、木場真奈美さんと…」

奈緒(魔法少女の格好)
「こちらのアイドルモンスターさんです。」


ヘレン「ふっ…私たちに意見を求めた、あなたたちも…この高みまで来たようね。」



瑞樹「たしかに…海外の料理に詳しそうね、」

早苗「世界レベルは伊達じゃないわね。」



響子「私じゃ考えつかないオムライス…これが世界レベルなの…!?」


ヘレン「ヘイ響子!あなたも…素質あるものよ、今まで通り邁進すればいいわ。」

響子「ヘレンさん…!!お料理、お上手だったんですね…!!」


ヘレン「私は、自他共に認める世界レベル…つまり、そういうこと。」




加蓮「…どういうことなんだろ。」



85:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:40:20.70 ID:uItWgfCa0


瑞樹「さあ!いろいろ盛り上がったところで、この
【チリコンオムライス】の説明も終わったし!」

早苗「実食ターイム!」


凛「ちょっと待った!!!」

奈緒「できれば待たないで!」



加蓮「あれー?卵のうえに、何もないのはさみしーなー?」


ヘレン「そう…その料理は、まだ完成していないわ。未完…世界レベルにあらず!!つまり、愛媛レベル…!」



加蓮「あー、せっかくのオムライスだから、世界レベルがいーなー。どこかに、世界レベルにしてくれる魔法をかけてくれるひと、いないかなー?」


凛「ここにいるよ!!」

奈緒「いないよ☆千葉レベルになら、してやるよ。」



ヘレン「奈緒、あなた…まだ『覚悟』がなっていないのね…」



86:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:53:12.45 ID:uItWgfCa0



ヘレン「ならば、私が!世界レベルにしてあげるわ!!!ミユージック★スタート!!!!」




♪熊蜂の飛行♪




ヘレン「ハアァァァァァァァァア!!!!!」




\ドゥン!!!!/



◎スモーク◎






\アッ、アレハッ、ダレダッ!/

\ダレナンダー/






???
「待たせたわね…」






87:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:54:40.85 ID:uItWgfCa0


奈緒「…えっ!?なにこれ!?こんなん聞いてないぞ!?」

凛「…私も。」





瑞樹「…あらなにあれ、カンペ?私たち?」

早苗「えーっと、あー、はいはい。んん!」




瑞樹「おほん。あ…あなたはいったいだれなの!?」

早苗「颯爽と現れたあなたは…何者!?」


瑞樹「その格好は…もしかして魔法少女なの!?」

早苗「もしかして…世界レベルのヘレンなの!?」





ヘレン(?)
「…私は、魔法少女ではないわ。ヘレンでもないわ。」


瑞樹「なら…あなたはいったい…!?」



ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「『魔法ヘレン』の、ノーリーズン・ヘレンよ!!」



瑞樹・早苗
「な、なんだってーーー!!?」


茜「魔法ヘレンなんですかーーーー!!!!!??」


響子「(ことばをうしなっている)」

加蓮「やばい、奈緒がかすんじゃう。」



88:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:56:34.96 ID:uItWgfCa0


ノーリーズン・ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「さあ…『魔法ヘレン』の、世界レベルの魔法で
【愛媛レベルのチリタコオムライス】を
【世界レベルのチリタコオムライス】に変えてあげるわ…」



凛「やばい…これは計画外だ…!」

奈緒「助かった…のか?あたしは。」



ノーリーズン・ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「ミュージック・スタート!!!」



♪ラジオ体操第一♪




ノーリーズン・ヘレン(世界レベル乾布摩擦の動き)
「ヘイ!!響子!!あなたの!オムライスに!!このソース!!!」


響子「…ハッ!は、はい!!?」



ノーリーズン・ヘレン(世界レベル乾布摩擦の動き)
「【ザ・ワールド・オブ・ワンダーマジック】!!!!」


\ズババァ/



響子「うわあ!?私のオムライスに………これは!!?」



89:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:57:52.07 ID:uItWgfCa0


響子「私のオムライスに…オレンジ色のソースで世界地図が描かれている…!!?」



早苗「うそでしよ!!?」

瑞樹「えっ!!?さすがにそれはないでしょ!!?」



凛「うわ…ほんとだ…!!」


奈緒「これ…どうやってるんだ!?」

加蓮「まじで世界地図になってる…」



茜「世界レベルです!!!すごいです!!!!」



響子「そんな…!?一体どうやって…どうしてここまで!?」




90:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 02:59:30.61 ID:uItWgfCa0


ノーリーズン・ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「理由かしら…?特にないわ!!」


ノーリーズン・ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「NO!REASON!!!!」

\ドジャアァーーーン!!/






響子「ノーリーズン・ヘレンさん…!!」


茜「すごいです!!!私のにもおねがいします!!!!」



ノーリーズン・ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「フッ…もう終わっているわ。」



茜「ええっ!!!?ああ!!!ほんとうです!!!!!」



響子「茜ちゃんのは…ラグビーのトライシーンが写実的に…!!」


茜「トラアァァァーイ!!!ボンバー!!!うれしいです♪」



加蓮「うわ、すっっご!私のには…何もないね?」




ノーリーズン・ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「ヘーイ!!そこの魔法少女!あなたの仕事よ。」




91:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 03:01:12.18 ID:uItWgfCa0







奈緒(魔法少女の衣装)
「ぜんっっぜん助かってないぞこれ!!?むしろ最悪のパターンのやつだ!!!!??」


凛「奈緒の世界レベルの魔法、魅せるときだよ!」


奈緒「やだ!おうちかえりたい!!!あにめみてねたい!!!!」



ノーリーズン・ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「場は暖めた…最高の舞台を、世界レベルの魅せ場を用意したわ。」



奈緒「あっっ!!たまり!!!すぎ!!!!」

茜「ボンバー!!!オーバーヒートですね!!!!」


ノーリーズン・ヘレン(魔法ヘレンの衣装)
「フッ…あなたもまた、素質あるものよ。魔法ヘレンは、クールに去るわ…」






加蓮「いなくなった…」



92:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/10(土) 03:07:14.41 ID:uItWgfCa0


瑞樹「文字通り、嵐のように去っていったわね…」

早苗「世界レベルって、すごいのね…」





加蓮「……………………………」

奈緒「……………………………」





加蓮「………………なんか、ごめん。」


奈緒「……………………ぉぅ。」




凛「……このソースの、説明してさ。気を取り直そ?」


奈緒「………………そうだな。」



103:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/15(木) 23:50:08.46 ID:GfDR630X0


凛「ほら…奈緒、喋りなよ。」


奈緒「お、おう…」


加蓮「で、その…オレンジ色?のソースはなあに?」



奈緒「これは、スイートチリソースと、柔らかいクリームチーズ、それと少しだけのマヨネーズを混ぜたソースなんだ。」


凛「周りにある千切りキャベツの土手、チリコンの具とお米と卵より明らかに多いでしょ?」




茜「…そうですか?」

響子「確かに、普通にバランス考えて食べたら多い量ですね。」


加蓮「このまま食べるには多いよね。」



奈緒「それで、このソースと、かかっている卵。両方使ってキャベツを食べると…」

凛「ま、あとは実食でのお楽しみ。だね。」



105:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/15(木) 23:59:57.19 ID:GfDR630X0


加蓮「じゃあ、魔法少女さん。あたしのよろしく。」


奈緒「まじかるぱわー、ぐれんごっですー。はーとふぉーゆー、ぴりぴりぷぁーん。」





瑞樹「棒。」

早苗「棒。」





加蓮「わー、魔法少女さんありがとー、きれーなはーとだねー」


奈緒「さーみんなお食べー。」

凛「ま、こういう映像も面白くていいでしょ。」



茜「シュールレアリスムというやつですか!!わかりません!!!!」




凛「みんなお待たせ。」

奈緒「【チリコンオムライス】どーぞー」



106:かおすキッチン 2016/09/16(金) 00:01:41.39 ID:5E7vDsJx0



響子「…さて。大事なことなので、2度ほど言いましょう。」


茜「前のオムライスのときはカットされてしまいました!!」


加蓮「いただきまーす。」


響子「いただきます♪」

茜「いただきます!!!!」



瑞樹「はい、二巡目どーぞ。」



加蓮「いただきます、奈緒も凛もありがとねー」

響子「いただきます。ノーリーズン・ヘレンさんもありがとう…」

茜「いただきます!!食材を作ってくれた方にも!運んでくれた方にも!もちろん食材そのものにも感謝です!!!!」





早苗「テレビの前の悪い子も、ちゃんと言いなさいね?でもないと、お姉さんが昔のコネ使って間接的にタイホしちゃうわよ!」


瑞樹「そこ、いい子に対してじゃないのね…」


早苗「当たり前じゃない?こういうこと自然にできるから【いい子】なのよ、いい子に忠告は必要ないわ。」


瑞樹「わかるわ。」



107:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:13:45.51 ID:5E7vDsJx0



加蓮「やばい。これすっごくおいしい。なにこれ…やばい。」

響子「言われたとおり。上のソースつき卵でキャベツを包んで食べてみると…これは、私には考えつきません…!おいしい…。」

茜「キャベツが足りません!!このチリコンの具と一緒に食べてもおいひいです!!」





早苗「超いい音するわね。」

瑞樹「すごくジャクジャク鳴ってるわ、繊維の良い音。」

早苗「これ単品で考えると、キャベツから食べるのって…」

瑞樹「ええ、順番として良くできてる。わかるわ。」



奈緒「これが世界レベルの教えなんです…」

凛「ヘレンさんも、木場さんもそう言ってたよ。」





加蓮「今更だけど、どうしてその2人に聞いたの?」


響子「私が協力を申し出たときには遠慮されちゃいましたし…」




奈緒「いや、凛がさ…」

凛「え?言い出したのは奈緒でしょ。」



奈緒「いやまあ、確かに発端はあたしだけど…こういうのにするって決めたのは凛じゃん?」


凛「聞いて加蓮。奈緒がね、『せっかくだから加蓮に野菜食わしたい』って言ったのがきっかけだよ。」


奈緒「…イグサクトリー。」





加蓮「……ちょっと待って、下手したら泣くから。ちょっと待って。」



108:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:16:16.01 ID:5E7vDsJx0


凛「奈緒が『ほら、あの…こないだ屋台で一緒に食ったやつ、アレ中に野菜かなり盛ってあったうえで、加蓮気に入ってたじゃん?アレみたいなのできないかな?』って言ったから…」


奈緒「凛が、すぐヘレンさんに声をかけたな。」


凛「あの屋台の、ケバブだね。トルコとかの料理らしいけど、さすがにウチの事務所でも…トルコ出身はいないからね。」

奈緒「中東出身はライラさんだな…」

凛「ほら、そうするとアイスになっちゃうから。」


奈緒「でも居たんだよ、トルコ出身どころか…」


凛「【世界レベル】がいらっしゃるんです。ウチの事務所。」





瑞樹「なんか、普通にイイ話になりそうだったのに…」

早苗「ほんといろいろ持って行くわね、【世界レベル】」



加蓮「うん、なんか涙っ気が引いた。もう平気。世界レベルってスゴいね。」


茜「泣く子も黙るというやつですね!!!!」









…別室モニター前…




P「話題に出して、頭に思い浮かべるだけで笑顔になる存在。」


P「…あれ?アイドルとしてチート級の状態じゃないかな?」


P「世界レベル万歳だわ。」




109:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:22:17.31 ID:5E7vDsJx0



凛「…で、そのケバブを参考にして教えてもらったのが…」


奈緒「キャベツをおいしくたくさん食べられるソース、これだな。」


凛「あのケバブのドレッシングとは違うけど、身近に用意するなら…って」

奈緒「木場さんがチリソースとマヨネーズ混ぜろってさ。あたしらはマヨネーズたくさん使うと、あとが怖いから…比較的マシ?なクリームチーズを代わりにしたよ。」



凛「それで、オムライス、フライドポテト、どんぶりもの、の3つの中で一番それに合いそうなオムライスに便乗したんだ。」


奈緒「肝心のお米や全体的なジャンクフード風味を出すために、チリコンも教えてくれたよ。」


凛「それで、このチリコンカンをタコライス風にしたうえで、ケバブみたいにキャベツを食べさせる工夫をすると、こうなりました。」



110:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:26:01.32 ID:5E7vDsJx0


奈緒「オムライスどこいった?って、最初なったよな…あはは。」


凛「でも、オムライスの定義ってぼんやりしてるらしいからね。」


奈緒「そう、ありすに頼めばそういう疑問を積極的に解決してくれるからな。本人ご不満でしたけど。」




響子「…で、最後に卵乗っけてソースかければOK、ですね?」



凛「ごめん響子、リクエスト本人じゃない加蓮を優先しちゃった。」


響子「いえいえ!これ、とても新しい経験でうれしいですよ!私の為にもなってます♪」


奈緒「そう言ってくれてホッとしたよ…」




加蓮「…ほんと、これ全体的にあたしの好みな味。」


茜「スパイシーな風味!!私も好みですよー!!!」





瑞樹「でも、なんだかんだイイ話にまとまるわね。」

早苗「料理にはドラマがつきものなのね。」



111:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:29:38.72 ID:5E7vDsJx0


凛「ふふ…実は、まだこれで終わりじゃないよ。」


奈緒「みんな、お米とチリコンの具、まだ残ってるな?」



加蓮「え?うん、キャベツは終わってるよ。」

響子「私も…」



茜「全部終わりました!!!!!」




早苗「決して早食いじゃないけど、黙々と食べ続けたものね。」

瑞樹「わかるわ。茜ちゃんのおかわり用意する?」




奈緒「…盛ってきます。凛、よろしく。」



凛「了解。じゃ、あとの2人はちょっとそのまま待ってね。」



加蓮「まだ何かあるんだ…?」

響子「すごい…!さらに追加アイデアが…!?」




凛「奏ー。出番、よろしく。」



112:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:39:53.69 ID:5E7vDsJx0


瑞樹「さっきからそこで構えていると思ったら、」

早苗「ここで出番?何か教えたことでもあるの?」



奏「いえ…私もわからないの。ただ、これをやるだけよ。」



加蓮「奏…?また、どうして?」







凛「じゃ、さっき言ったとおり。よろしく。」


奏「任されたからには、ちゃんとやるわよ。」





奈緒「おかわりお持ちしましたー。」


茜「ありがとうございます!!!!」




響子「…で、お米とチリコンが残っているけど、ここから…?」



奏「【コレ】をかけるわ。」



加蓮「オリーブ…オイル?」


茜「にしては、赤いですね!!!ファイヤーです!!!」



奏「そう、ニンニクと唐辛子が漬けてあるオリーブオイル。【ペペロンオイル】ってやつよ。」






早苗「元気がわいてくるやつね、でもニンニクいいのかしら?」

瑞樹「これ4Dの映画にするわけじゃないでしょ、いいのよ。」





113:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:41:26.08 ID:5E7vDsJx0


凛「じゃ、頼んだよ。打ち合わせ通りにね。」


奏「…ほんとうに今更だけど、これ私がやる必要あるの?」


奈緒「ウチの事務所でも最適だから。うん。」




奏「…仕方ないわね。じゃあ、浸かってる唐辛子とニンニクが出ないように…垂らすわよ。」




加蓮「…位置、皿から高くない?」


奏「お互い、油が跳ねても大丈夫なカッコしてるでしょ。」


加蓮「まあ、跳ねてないし、いいけどさ。」


奏「はい、響子。」


響子「…垂らす位置高いですね、わあ…良い匂い…」



奏「最後よ。」


茜「少し多めにお願いしたいです!!」

奏「…次のボイスレッスンは?」


茜「明明後日です!!!」


奏「ならいいかしら。」



茜「おお!!垂らす位置が高いです!!!なぜですか!!!!」



奏「私も知らないわよ、あの2人がそうしろって。」






瑞樹「わかるわ。」



114:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:44:48.42 ID:5E7vDsJx0


加蓮「では、改めていただきます…と。」


響子「いただきます♪ニンニク…アイドルになってから気をつけていますが、やっぱりいいですよね~!」


茜「また食欲のわいてくる香り!いただきます!!!」




凛「ありがと奏。」


奏「これでもう出番終わりでいいのよね?」


奈緒「何かパフォーマンスしてもいいぞ?世界レベルのあとだけどな。」


奏「…遠慮しておくわ。」





加蓮「おいしい…なんかもう止まらないんだけど。」


響子「おいしいペペロンチーノのやみつきな部分がそのまま…」


茜「おかわりがほしくなりますね!!!我慢しますが!!!」




早苗「あれ、あたしも絶対好きなやつだ。」

瑞樹「…まだある?」



凛「一応…チリコンの具はあるし、お米はまだどんぶりで使うし。」

奈緒「キャベツも…切れば、ある。よな?」



早苗「あとでちょうだい。」

瑞樹「奏ちゃんは呼ばなくていいから。」



凛「ヘレンさんは呼ぶ?」



瑞樹「…遠慮しておくわ。」






115:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 00:46:45.24 ID:5E7vDsJx0



加蓮「やばいこれ、満点。何の点数かもよくわからないけど、満点。さっきの2人の普通に満点のオムライスもすっごくおいしかったけど、やっぱり私こういうのが好き。」


響子「オムライス…というよりかお料理の、可能性を感じるものでした…!!すごくおいしかったし、勉強になりました!」


茜「満!足!です!!!」




奈緒「あああぁぁ~!!よかったぁ~!!あたしこのカッコで出たときも、ヘレンさん出たときも、ホントどうなることかと思ったよ…」


凛「私は最初から自信あったよ、味見してもおいしかったし…やっぱり【世界レベル】の料理だからね。」





響子・加蓮・茜「ごちそうさまでした!!」



116:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 01:05:07.23 ID:5E7vDsJx0









瑞樹「はい!それじゃ、次行くわよー!」


早苗「ここまでの2組とも、十分ハイレベルだったけど…」


瑞樹「あの2人、大丈夫かしら?」


早苗「…ま!!どうにかなるわよ!!だって、パッションでしょ!?」




茜「イエス!!!私たちはー!!!」




未央「常に前向き☆」


藍子「そして情熱♪」



未央・藍子・茜「ポジティブパッショーーン!!」



117:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 01:06:53.90 ID:5E7vDsJx0



未央「前のお二組さんがすんごい料理だったって~?」

藍子「わたしたちも、しっかり気持ち込めて作りました~!」


未央「この、【ミツボシ鉄人シェフ】と!」

藍子「【ゆるふわシェフ】が♪」


未央「作った渾身のオムライス!だから大丈夫さー♪」

藍子「さー♪」



茜「イェーイ♪」






早苗「ふふ…わかるわ。私も、パッションだもの。」


瑞樹「そうね、わかるわ。クールだけどね。」



118:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/16(金) 01:08:59.95 ID:5E7vDsJx0


瑞樹「じゃあ!さっそく持ってきてもらいましょう!!」


早苗「未央・藍子ペア!オムライスどうぞー!」







未央「はい!これが私たちの…」


藍子「オムライスでーす♪」











加蓮「……………」

響子「……………」


茜「おおー!!これは!!!」










響子「天津飯ですね。」


加蓮「天津飯じゃん。」



茜「天津飯です!!!!!」






早苗「天津飯だわコレ。」


瑞樹「…天津飯ね、わかるわ。」



126:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 13:52:43.29 ID:2AD0xu4V0



未央「そう!これが!みおちゃんと!あーちゃんの!」

藍子「【ゆるふわオドロキ天津飯】で~す!」






瑞樹「オムライスは?」




未央「えー、みなさま。オムライスと天津飯の違いを教えてください。」



茜「どっちもお米に玉子が乗っていますね!!!!」


加蓮「ええ…オムライスは洋食で、天津飯は中華じゃないの…」


響子「いえ加蓮ちゃん、たしか両方とも日本発祥だったような…?」




未央「そう!!日本発祥!らしいよ?あんまり変わらないでしょ?ねっ!」

藍子「オムライスも、定義がゆるふわでしたので。勢いで天津飯にしちゃいました~」

未央「んっふっふ~、オドロキはまだまだこれからだよ!」




早苗「一番ビールに合いそうね、これ。」

瑞樹「アイドルの番組という雰囲気に近付ける努力をしてきたのに…」

早苗「もう天津飯じゃムリよ…」

瑞樹「すでに『あん』がかかっているから、ケチャップサービスもなさそうね。」






127:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 13:55:15.91 ID:2AD0xu4V0



瑞樹「じゃ、説明してから食べてもらう?」


藍子「んー、どうしましょう?」

未央「いえ!まず食べて!ゴタクは後だー!」




響子・加蓮・茜「いただきまーーす!!」




加蓮「…って、ごめん…正直この後かんがえるともうキツいかも…」

響子「うーん、たしかにちょっと重い…かも?」


茜「半分、お手伝いしましょうか!!?」




未央「まあまあ、ゆっくり食べてよ~!」



128:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 13:56:29.77 ID:2AD0xu4V0


響子「んー、この『あん』薄目の味ですけど、【うまみ】がしっかり効いてますね!」


加蓮「この玉子、すっごいふわっふわ…どうなってるのこれ…厚みが…」




茜「……!!…………!!!」




藍子「この『あん』はホタテのおダシを使いましたよ、それと【白だし】ですね。魚介です♪」


未央「シイタケとタケノコの歯ごたえと味もいいでしょ?」


響子「はい…!なんだか上品なスープにそのままとろみがついたような…」



未央「玉子は、全部あーちゃんにおまかせしましたー!」

藍子「私のゆるふわパワーを、えーい!って。」



加蓮「うそでしょ…それだけで?…って、あっ!!中のお米!」



響子「玉子の下のお米、チャーハン!」



129:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 13:58:42.12 ID:2AD0xu4V0


藍子「はーい♪実は【天津炒飯】なんですよ♪」


未央「チャーハンは、ミツボシ鉄人シェフの十八番なのさ…!!」




早苗「なんか、アイドル…なのかしら?」


瑞樹「コレだと男子メシみたいね…」




未央「いやー、やっぱ私上下男の兄弟居るからさー。」


瑞樹「本田家の台所に立つと、そういう料理になるのね…わかるわ。」


早苗「完全に【部活帰りの男子高校生にごはんつくる母親】じゃないの。」



藍子「みおかーさ~ん♪」




130:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:00:53.10 ID:2AD0xu4V0


茜「おかーさーん!!!おかわりほしいでーーす!!!!」



未央「茜ちん!?たしかにあの量だとそろそろかなと…」


茜「チャーハンおいしいです!!好きです!!!あとその中の…」


未央「ストップ!!それ目玉だから!!どうどうどう!!!」


茜「あははー!!!すいません!!!!」



藍子「はーい♪おかわりどうぞ~」


茜「ありがとうございます!!!いただきます♪」






響子「チャーハンの中の…?」


加蓮「私半分食べたらもう…いいかな?そろそろ真ん中……」







加蓮「…うわ、これは…」


響子「これは!?チャーハンの中に…」



132:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:15:39.56 ID:2AD0xu4V0


加蓮「…超半熟の煮卵…黄身が出てきてる…!」


響子「…たまりませんね、よりおいしくチャーハンが進みそう!」


加蓮「…えっ?ふわふわ玉子と、この『あん』と、チャーハンと、半熟煮卵。」


響子「ふつうに全部食べきりそうです。」


加蓮「…うん、この工夫はすごい。正直ナメてたけど全部食べちゃいそうだね、ごめんね2人とも。」




茜「おいしい!!です!!!どことっても!おいしいです!!!」



加蓮「こう…なんか、ハンバーガーみたいにさ、縦に重なっててさ。ちょっとずつ、全部一緒に口にすると…………うん。超おいしい。なにこれ…なにこれ…!?」


響子「このチャーハンも、見越して薄味にしてあるような…チャーハン単体じゃなくて、他と一緒においしく食べられる味付けですね!」



133:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:20:27.81 ID:2AD0xu4V0



未央「ふふ…本田家のチャーハンはね、あとで自分で好きな味を付けるために基本うすあじにしてあるのさ…!!」


藍子「チャーハンの味見のとき、【ごましお】とか【のりたま】とか使って食べましたよ~」


未央「ね、おいしかったよね。前に、フライドチキンの皮細かくしたやつ使って家で食べたことあるけど、それもおいしかったよ!」






早苗「だからもうそれ完全に【母親が男子高校生に食べさせるごはん】じゃない」


瑞樹「自身で味を自由に変えられて、飽きを防ぐ…つまり、」

早苗「それ【量】食べるときのテクニックだわ…」


瑞樹「男の胃袋ワシヅカミなのね…」

早苗「男兄弟が居ることにそんな利点が…」






…別室モニター前…


P「未央、グッジョブ。」




134:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:25:26.56 ID:2AD0xu4V0



瑞樹「未央ちゃん…いえ、【ミツボシ鉄人シェフ】さん。」


早苗「男を落とすチャーハン、詳しく…」





未央「はい…では、本田流のチャーハン術虎の巻、ご開帳~!」



響子「私も知りたいです!」




未央「コツというよりは、食材のチョイスなのかなー?やっぱり最初はフライパンに油をしくんだけど、ここで普通のサラダ油とかじゃなくて…スーパーでお肉買うと貰える【コレ】とかを使うと、なんというか、豪華な味になるよ!塩っ気じゃないから他のジャマをしにくいんだー。」



瑞樹「牛脂!」

早苗「えっ、カ口リーとか怖いんだけど…」



未央「あっ、やっぱりそうか~!!女の子向けじゃないよね…あはは…。」


瑞樹「いえ!!確かに女の子向けじゃないけど!女性向けでもあるから!!続けて!!」

早苗「これ何言ってるのかわからないけど、わかるわね。」




響子「それだと、ラードとかでも応用ききそうですね…」



未央「まあ、とにかくサラダ油を動物の脂で代用してみると、豪華になるよね?味の深さ…みたいなのが増えるというか、なんというか…」



早苗「でも、すき焼きとかで余った牛脂の使い道としてイイ手ね。」


瑞樹「まあ、この際カ口リーは置いておき…」


未央「フライパンでステーキ焼いたあとの脂でごはん炒めたこと、ない?それで思いついたんだよね~、うちのお母さんが。」


響子「私、弟いますけど、そういう感じのごはん…あまり作ったことなかったかも…」



135:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:27:28.18 ID:2AD0xu4V0



未央「それで、フライパンで牛脂を溶かして…切って分けておいたネギの青いとこと、てきとーに切ったニンニク炒めて匂いがしたら、タマネギ投入だねー。」


響子「タマネギどれくらいに切る?このチャーハンだとよくわからなくて…」



未央「…どれくらいにも切らない。これが本田流だよ。」



藍子「未央ちゃん、目がしみるからって…あんまり丁寧にできなくて…」



未央「切り方はいびつでいい。勢いが大事だよ!勢いが!!」




早苗「ねえ、男子メシの時間なのこれ?」


瑞樹「あえていびつに切る、すると大小バラバラになって…熱の通り具合がそれぞれ変わるわね。」



響子「大きいものは、食感のある野菜炒めのタマネギのように…小さいものは、お料理のベースになるあめ色タマネギのような甘く溶けるものに…」


瑞樹「以外と計算されてるのね…わかるわ。」



早苗「そーなの!?」



未央「そうなんですか!!?」


瑞樹「ごめんなさい、わかってなかったわ。」


早苗「結果オーライね、勢いも大事。」



136:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:31:23.01 ID:2AD0xu4V0


未央「はい、タマネギ入れたらそのあとは【コレ】いれるよ。」



早苗「あら、缶詰?」


響子「このチャーハンの、ハムみたいなお肉!なんだろうと思ってたら…」


瑞樹「ランチョンミートね、わかるわ。」




未央「そう!缶詰のハムみたいなお肉のかたまり!」

藍子「【ランチョンミート】って、初めて知りました。」



未央「これをね、また…勢いで、こう…投入。」


藍子「未央ちゃんがこのお肉をつまみ食いしてるお写真、見ます?」


未央「あーちゃん!!?」


藍子「ふふっ♪いい笑顔してますよね♪」


未央「あーちゃん!!!!」


藍子「私もちょっと貰っちゃいましたけど、このままでもおいしいですよね、このお肉。」


未央「ねえ!!話をそらさないで!!?」



茜「おかわりがほしいです!!!!!」

未央「ごめん!!もう煮卵がないの!!!」


藍子「上の玉子もないので…【あんかけチャーハン】なら出せますよ♪」



茜「ああっ!!あんかけチャーハン!!?おねがいします!!!」



137:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:33:59.52 ID:2AD0xu4V0



瑞樹「このランチョンミート、高くないかしら?」

早苗「輸入モノだからかしら?けっこうイイお値段するわよね。」



未央「いつも本田家では違うやつだけど。今日のは、きよみんがくれたよ!」


瑞樹「冴島清美ちゃん…?」


未央「地元でよく使うからって、たくさん持ってるんだってさ?」



早苗「あの子、出身は…」

瑞樹「沖縄、ウチナンチュなのよ。」


早苗「あっ!そういえば、沖縄料理の居酒屋でこのお肉見たことあるわ…!」




藍子「茜ちゃーん、【あんかけチャーハン】どうぞ~♪」


茜「ありがとうございます!!!いただきまーす♪」




138:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:37:07.57 ID:2AD0xu4V0



未央「なんか途中恥ずかしい写真あったけど、つづき!脂溶かしてネギとニンニクとタマネギとお肉入れて、それでピーマン入れて!そしたら、お冷やのごはんを入れます!冷蔵庫にとっておいた水分ちょっと抜けてるやつね!」



響子「チャーハンのコツでありますね、パラパラにするのに炊き立てよりも良いって。」


未央「まあ、別に炊き立てでもいいんだけどね。パラパラにこだわり過ぎないのが、おいしいチャーハンのコツだって。そうお母さんが言ってたよ。」



瑞樹「本田家のお母様に師事を仰ぎたくなるわね。」

早苗「本田家のお父様は胃袋をアイアンクローされたのかしら。」



未央「あとは、このタイミングで…はじめに入れたネギの青いところの余り、白いネギを白髪にして入れまーす。」


瑞樹「ネギは結局丸ごと使うのね。」

早苗「青いところと白いところは入れるタイミング分けるんだ…」


響子「ネギの青い部分は香りがあるので、油の香り付けに使いますね。白い部分は辛みがあるので…辛みを出すときにはあまり熱を通しませんね。甘さを出すために、厚い輪切りをしっかり炒めるのもおいしいですよ。」


瑞樹「さすがの補足ね、ほかにあるかしら?」



響子「えーと…じゃあ、白髪ネギを作るときのコツなんですけど。
【タコさんウインナーを作ってから、足を切り離す】ですかね。」


未央「えっ、なにそれ!?」


響子「ネギの円柱、全部に包丁を縦入れするんじゃなくて、タコさんウインナーみたいに途中までの切れ込みを角度を変えながらたくさん入れるんです。そうすると、まあ、タコさんというよりかは…フラダンサーの腰ミノみたいなるので…あとでそのまとまってる箇所から足を切り離せば、簡単に白髪ネギができますよ♪」


未央「そんなテクニックが…!!」


瑞樹「私、これは知ってたわ。手軽にできるから便利よね…」


早苗「じゃ、チャーハン虎の巻の続きをどうぞー」



139:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:40:29.56 ID:2AD0xu4V0



未央「はい!それで、ネギ入れてお米に脂が回ったらかるーく味付け。これは塩っ気がちょっとプラスされれば何でもいいよ?コショウ入りのお塩だったり、中華調味ペーストみたいなのだったり、コンソメのつぶみたいなの入れるときもあったかな?あとはおダシのもとのつぶみたいなやつも…」



響子「そこからも味を自由にできるんですね…」


未央「そうそう!だから頻繁に作っても、飽きないよ!」


早苗「頻繁に…って、母親の知恵みたいね。」





響子「さっき私が使った塩こんぶでもOKですね…。」

未央「塩こんぶもやったことあるよー!おいしいよ!!」




加蓮「………結局全部食べちゃったなあ、このあと大丈夫かな…。」



藍子「あっ、おそまつさま~♪お茶、いりますか?」



加蓮「…ほしい!」



茜「是非!!いただきたいです!!!」



140:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:43:02.24 ID:2AD0xu4V0


未央「今回のチャーハンは、他のものと合わせるために…いつも薄味だけど、更に最後の塩っ気を控えてあるんだ。ほら、この煮卵と、『あん』があるからねー。」


響子「この煮卵も、よくこんな半熟に…それにキレイに剥いてありますね。もしかして穴あけてから茹でてます?」


未央「おっ!バレたか~!?」



瑞樹「ゆで卵をキレイに剥くコツよね、最近はそれ専用に穴をあける道具もあるわよね。」

早苗「なんだかんだ詳しいわね…あんたそんなに料理得意だったかしら?」


瑞樹「一応、私のプロフィールにはそれなりのこと書いてあるわよ。」

早苗「そーいや、そうだったわね……趣味特技に掃除とか、洗濯って……。ウソでしょ?」


瑞樹「ウソじゃないわよ…真剣にやれば楽しめるものよ。」


響子「ですよね!!?」

瑞樹「さすが響子ちゃん、わかるわね。」


早苗「うぐっ…なんだか少し残念な気持ちが…!」


瑞樹「ほら未央ちゃん、茹で卵の話を続けてくださいな。」



141:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:44:36.02 ID:2AD0xu4V0



未央「あっハイ…生卵に針で穴あけてから茹でます!それで…半熟にするために、茹で時間を短くして…そのあと!」


響子「あっ、もしかして、氷水に入れますね?」



未央「そこもバレてる!!?」


響子「茹で上がりの余熱で中まで固まらないように、すぐ冷やすと良いんですよね。温度差による収縮で形が崩れないようにするのに、少し気を遣いますけど…」


未央「気を遣ったことはありませんでした…。だからたまにあそこで割れることがあるのか…!!」


響子「むしろそれを使って剥きやすくするとも言いますし、やっぱり勢いが大事なんですかね…?」





藍子「お茶を、どうぞ~♪」



加蓮「おおー、ほうじ茶だ!緑茶かと思ったけど、こっちのほうがごはんのあとに優しい気がするよ。」



茜「とても良い香りです!!」




142:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:46:20.63 ID:2AD0xu4V0



未央「まあ、そんなこんなで、私たちのオムライスは、【天津炒飯】でした!」


藍子「凝ってるようですけど、お手軽にもできますよ~♪」





響子「これも、勉強になりました…オムライスをリクエストしたら、まさか天津飯が出てくるなんて…もちろんおいしかったです!いつのまにか食べ終わりました…!」


加蓮「ほんと…この後がこわいよ。結局全部食べちゃった…。」


茜「あんかけチャーハンも!!おいしくいただきました!!!」




早苗「ねえ、今度私たち宅飲みのとき、未央ちゃん来てくれない?」

瑞樹「やめときなさい。アンタそれ冗談か本気かわからないけど、やめておきなさい。」





響子・加蓮・茜「ごちそうさまでした!!!!」






藍子「ん~!よかったぁ~!」


未央「天津飯!チャーハン!そして中には煮卵!三段構えのサプライズ、バッチリ決まったね☆」




瑞樹「はいどーもー!【未央・藍子ペア】でした~!」


早苗「そしたら、次の料理の前に、いったんCMよ。」




143:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/09/27(火) 14:48:04.49 ID:2AD0xu4V0



~CM~



…住宅地・集合アパート…


私、工藤忍。
故郷の津軽から上京して、
このアパートで新しい生活が始まるんだ。


私の部屋は、この二階建てアパートの203号。
今日は引っ越しの挨拶に回ります。


それぞれお隣

202号の【仙崎さん】、
204号の【日野さん】、

あとは下の階の

103号の【小関さん】、


皆さん元気で素敵ですが…



この先、不安になりました。



【私どもの住宅情報をご利用くだされば、この不安は解決します】

【独自の厳しい規格で防音性能等をチェック。】
【快適な住まいと穏やかな安心をあなたに。】

【あんしん住宅カタログ社】




159:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:41:19.64 ID:m122c5ui0

~CM明け~



瑞樹「はいどーもー、三者三様のオムライスが出ました!」

早苗「そしたら、次のお品は…コレよ!!」


【フライドポテト】



加蓮「わたしのリクエストでーす。」



響子「オムライス、しっかり食べちゃったから軽めがいいな…」


加蓮「2~3つまみで済むから、ほんとハンバーガーとか言わないでよかった…。」

茜「私はお米が好きですが!!お芋も好きですよ!!!」



瑞樹「皆きいてー、尺がとんでもないことになってきたから…巻きでいくわよ。」


加蓮「はーい。」


早苗「押忍。」



160:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:43:19.91 ID:m122c5ui0


瑞樹「このまま軽食のノリでよろしくね。」


早苗「押忍。」


瑞樹「アンタそれやめなさいよ。かけ声に釣られて『ド』のつく、別物の揚げ物が出てきそうになるから…」


早苗「じゃあ、フルート出してみる?」

瑞樹「余計に誘ってんじゃないわよ。」



美穂「お芋、出していいですか?」


瑞樹「いいわよ~!」



161:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:45:01.02 ID:m122c5ui0


卯月「はーい!みなさん、どうぞ!」



早苗「さて、【卯月・美穂ペア】の【フライドポテト】は…?」




加蓮「おっ、皮付き半月の、ふかふかタイプだね。」


響子「ハンバーグの付け合わせに、よくありますね♪」

茜「ホクホクで!!おいしそうですね!!!」



卯月「お熱を通すだけで、あまりパリッとさせず、しっとりにしました♪」


美穂「こっちのタイプのほうが、表面の油が少くなるかなーって!」



卯月「こんどは、私がみなさんのお皿にケチャップをかけますね!」



162:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:46:47.42 ID:m122c5ui0


加蓮「うん、やっぱりケチャップだよねー。」


卯月「それー♪」


響子「あっ…専用のお皿に、普通に出すだけなんだね。」



卯月「あはは…美穂ちゃんみたいに、うまくできなくて、自信なくって…。」


加蓮「フライドポテトのためのケチャップで、絵を描かれても…どうすれば…」


美穂「…だよね?ほら、卯月ちゃん。普通が一番だよね?」


響子「そうだね!」



卯月「でも…島村卯月、がんばってみます!」



163:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:48:41.27 ID:m122c5ui0


響子「えっ?このお皿に更に描くの…?」


卯月「はい!……えっと、そーれ♪それっ♪」



響子「あっ、さっきの側に2箇所…小さく出したケチャップが加わって…」


美穂「ふふ♪」

卯月「どうでしょう!小さなクマさんみたいになってます?」


響子「3つの円が重なって…なってますね!」


美穂「ね!【普通】に可愛くできたね!」

卯月「響子ちゃん!一緒にやりましょう?」


響子「これなら私でも…かわいくできそう!」




卯月「はい、響子ちゃん。ケチャップどうぞ♪」


響子「加蓮ちゃん、やってみていいよね?」



164:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:52:01.98 ID:m122c5ui0


加蓮「よろしくー」



響子「んー、……大きめのが1つ。っと、」

卯月「きれいな円になってますよ!」



響子「あと、耳になるように、小さめの円を2つ………よいっ、しょ!」


卯月「おー♪」



加蓮「おお、できてる……。けど、これもしかして…」


響子「ちょっと耳が大きくなっちゃったかな…」


卯月「いえいえ!これでもちゃんと、かわいいネズミさんみたいで…」


美穂「ネズっ…卯月ちゃん!?もしかしたらこれはマズいかも!?」


加蓮「うん、ちょっと、あんまり触れて良いものかどうか…怖いね。」

茜「3つの円が、Y字状に並んでいますが…!!?」



165:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:53:52.42 ID:m122c5ui0


瑞樹「ごめんなさい。カメラさん、咄嗟にアングル変えてくれて、ありがとうございます。」


早苗「ごめん加蓮ちゃん。お芋一つ適度に被せて、その意匠を自然に崩しておいてくれない?」



加蓮「もうやったよ。」


響子「ご…ごめんなさい…。」


卯月「帰ったら、みんなでやりましょう♪」

響子「そ、そうだよね?プライベートなら!」

美穂「うんっ♪私たち、作ってみてわかったけど、やっぱり響子ちゃんが作ってくれるお料理って素敵だよ?」


卯月「あとで、一緒にオムライスも、作りましょう!」

響子「じゃあ、そのときにこのクマさんにまた挑戦してみるね!」



瑞樹「イイ雰囲気のところごめんなさいね、巻き進行するから…」

早苗「はい!食べちゃいましょー!」




響子・加蓮・茜「いただきまーす!!」




166:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:55:16.23 ID:m122c5ui0


響子「んー、アツアツというより、ホカホカだね!」


加蓮「うん、揚げたあとにちょっと置いといたんだね。でも、油が染みていないから、ちゃんと揚げた直後に表面の油を丁寧に取ってあるの…かな?」


美穂「キッチンペーパーで、しっかり♪」


加蓮「うん、すごい…!イイよこれ、理想的なやつだよ…」


茜「ほくほく!!ほくほくです!!!」



瑞樹「画面の前のあなた、いいかしら?『チャオ☆』禁止ね?」

早苗「…大事なことだけど、もう一回言う?」

瑞樹「巻き進行だから、やめときましょ。」



167:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:57:53.71 ID:m122c5ui0



美穂「で、実は…ケチャップの他にもうひとつ!」


加蓮「お、マスタードかなー?」



卯月「いいえ♪今度は、ちょっと【普通】じゃないんですっ!」



美穂「こちらを、ちょっとずつ試してみてくださいっ。」



響子「あっ、柚子胡椒!?」


加蓮「なにこれ…?ちょっと、爽やかだけど、つんとくるような…」


茜「ぺろっ…と、……ぴりりとします!塩辛くて、良い香りですね!!」




響子「…うん!このふかふかのお芋に柚子胡椒は、ばっちりだね!」


美穂「やった♪地元ではよく使うんだよ?」


卯月「九州では当たり前だそうですが…」


加蓮「はー、東京に居るだけだと、知らないことだらけだね…。」

卯月「はい…。」



響子「いえ…田舎のほうが知れることは少ないですよ…」


茜「さっぱりとして、とてもおいしいですね!!また食が進んでしまいます!!」


加蓮「うん。フライドポテトよく食べるけどさ、これは知らなかったし、おいしいよー。」


美穂「喜んでもらえて、うれしいな!」


加蓮「ありがとねー。」



168:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 00:58:56.59 ID:m122c5ui0



瑞樹「はい、じゃあ次のペアこのまま持ってきちゃってー」


早苗「それじゃ【凛・奈緒ペア】どうぞー!」




奈緒(魔法少女の格好)
「なあ…あたし、今日ずっとこのカッコのままなのか?」


凛「魔法ヘレンさんの衣装なら、今あるみたいだけど?」


奈緒(魔法少女の格好)
「これでいいです。」



169:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:02:31.08 ID:m122c5ui0


凛「はい、これが私たちの【フライドポテト】だよ。」



加蓮「おっ、細目のまっすぐなカリカリタイプと…」


響子「同じく細いですが、コルク抜きみたいなねじねじ…!」

茜「スクリューしてます!!!」



凛「スパイラル…だとか、カーリーだとかいう形のやつだね。」


加蓮「うん。このタイプはね、表面積が多くて、調味料を絡ませやすいんだ…!」


奈緒「ジャンクフード感あるだろ?」


加蓮「たまらないよね。」



170:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:05:43.04 ID:m122c5ui0


・注釈・
この書きため終わった直後にデレステで
イモ持った凛が来て笑った、おかげで混乱すると思うので、
あの【トルネードポテト】(?)と
このカーリーフライは別モノだと認識お願いします。

カーリーの画像はマクドのやつだけど、こんなんです。

no title





171:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:07:13.70 ID:m122c5ui0


響子「でも、まだお塩もかかっていないようですけど…?」


凛「うん、お塩の瓶を二種類用意したから、好きに使ってね。」



奈緒「流石にフライドポテトで加蓮に野菜食わすのはムリがあったからな…今回は大きいヒネリはないよ。」


茜「このお芋はヒネッてありますね!!!!」


響子「つまり、小さいヒネりは、あるんですね?ちょっと期待♪」


加蓮「奈緒!ポテトは野菜だよ????」


奈緒「アメリカ人みたいなこと言ってんじゃないよ!!?」





172:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:08:57.20 ID:m122c5ui0



凛「はい、じゃあまずこっちのお塩好きに使って。」



加蓮「いただきまーす。さっさっさーと、」


響子「いただきますね♪このお塩、胡椒と…他にハーブが入ってますね。」


茜「いただきます!!いい香りがしますね!!お塩も、さらっとしてます!!」



奈緒「ミネラル分の多い【雪塩 】ってやつだよ。」

凛「顆粒状になってるから、多くならないように注意してね。」



加蓮「あー、うん。やっぱりカリカリもいいよね。うん。」


響子「サクサクしてますね。このねじねじのやつは、少ししっとりめ…」


茜「ねじねじ!!味が少し濃くなります!!」


加蓮「ポテトにしてよかった…リクエスト正解だったよ。」



173:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:10:13.00 ID:m122c5ui0


奈緒「じゃ、こんどはこっちの塩だな。」


凛「期待通りになるかどうか、わからないけど…」


奈緒「小さいヒネリだ。別段、健康指向ってわけじゃないぞ。」




響子「こっちは、普通の食卓塩みたいですけど…」


茜「色が少し茶色っぽいです!!!」



加蓮「ほいじゃあ、さっさっさー、っと……って!!?」


響子「…んっ!?な、なにこのにおい?」


茜「なんだか…ふしぎな香りがするお塩です!!!」



174:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:11:50.36 ID:m122c5ui0


加蓮「なんか…コゲたようなにおいするんだけど…」



奈緒「はいはい、じゃあ今から魔法かけてやるから。」


凛「奈緒、出番だね。」





奈緒「じゃ、3人とも目をつむってくれー。」



響子・加蓮・茜「はい。」




奈緒「…におい、するか?」



加蓮「する。やっぱなんかコゲっぽい。」


響子「なんでしょう…少し屋台っぽいような…」


茜「バーベキューを思い出すような…!!?」




奈緒「じゃ、この魔法の呪文を一緒に唱えてくれ。【ベーコン】な。」




奈緒「はい、せーのっ」



奈緒・響子・加蓮・茜「【ベーコン】」



奈緒「…食べてみて?」



175:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:13:22.18 ID:m122c5ui0


加蓮「………!!?ベーコンだ!!?」


茜「ベーコンです!!!」


響子「ベーコン焼いたときのいい匂いのポテト!すごい!!」




加蓮「えっ…!!?なにこれ!?なにこれ…めっちゃおいしい!」


響子「コゲのにおいって…つまり、燻製の香りですね!」


茜「とても香ばしいです!!ねじねじのポテトが!より良いです!!」



凛「木場さんが教えてくれたんだ。」

奈緒「あの人、ほんとに料理うまいよな…。」



176:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:15:02.99 ID:m122c5ui0


響子「教えてくれたって…このお塩ですか?」



凛「うん、【スモークソルト】だって。」

奈緒「あと、【くんみ塩】とも言うらしいぞ。」



加蓮「すごい…!!このお塩かければ!何でもベーコン風味になる!?」



奈緒「中毒性高いから使用は控えろって。」

凛「勢いでたくさん使うと、けっこう塩分高いからね…。」



加蓮「これほしい。」


奈緒「加蓮にはやんない。」

凛「私たちが使ってあげるから、適量。」


加蓮「じゃあこれ持って一緒にお店行こうよ、ね。」

凛「そうだね、また今度。」

奈緒「おお…?店にマイ調味料を持ち込む人種になっちまう…」



響子「また新しい経験をしました…!勉強になりますね…。」





瑞樹「よかったわ、穏便に済んで…。」


早苗「世界レベルが映ると、巻けなくなるからね…」




177:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:15:57.73 ID:m122c5ui0


瑞樹「はい、じゃあ次のポテトね。」


早苗「ほいほい、【未央・藍子ペア】どーぞー!」





未央「どうも、【ミツボシ鉄人シェフ】です。」


藍子「私たちの【フライドポテト】は、こちらで~す!」



178:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:18:06.31 ID:m122c5ui0



加蓮「……………芋じゃん。」


響子「………お芋、ですね。」


茜「お芋そのままです!!!!」



瑞樹「なに?調理放棄かしら?」


早苗「にしても、小さい芋丸ごとって…エサじゃないんだから…」





未央「エサとは失敬なぁ~!!」

藍子「これは、【小いもの素揚げ】でーす♪」



未央「このサイズでしっかりおいしい!丸ごと食べられるよ!」

藍子「やさしい味わいをどうぞ~」



179:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:20:58.11 ID:m122c5ui0



加蓮「……たしかに、丸ごとなんだけど、一口サイズのやつもあるね。」

茜「大きいものでも、2口ぐらいですね!!!赤ちゃんの握りこぶしほどでしょうか!!」


響子「皮もまるごとで、揚げ物というより…お芋そのものの、いい匂いが…!」





早苗「そう聞いてよく見れば…ああ、コレあたし好きなやつだわ…。」


瑞樹「となりでバター溶かして、さっきのベーコンのお塩かけてみたら?」


早苗「やめて、ビール一直線じゃないのそれ!?」





未央「いえいえお姉さまがた!調味料など無粋です!!まずは素材そのままをどうぞ~!!」



加蓮「い、いただきます…」

響子「…いただきます。」


茜「いただきますっ!!!」



180:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:23:05.35 ID:m122c5ui0


加蓮「………うん。」


響子「ああ……お芋だ…。」


茜「お芋の皮が、ソーセージの皮みたいです!!」



加蓮「これ、普通においしいやつだ。」


響子「やっぱり素材の味は大事ですよね…」


茜「中は粉っぽくなくて!!なめらかで!!おいしいです!!!」




瑞樹「……一個ちょうだい。」


早苗「あたしも。」



藍子「どうぞ~♪」



瑞樹「いただきます。」

早苗「いただきます。」



181:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:24:33.84 ID:m122c5ui0



加蓮「…で、前の2組みたいに、オドロキ調味料は?」


未央「ないよ!!」


響子「………ないことに驚けばいいんでしょうか」


未央「え~?そのままで十分おいしいのがオドロキじゃない!?ねえ!!」


茜「このままでいいですね!!!!」

未央「ほら~!!やっぱ茜ちんは、わかるねぇ~!!!」





瑞樹「…これイイわね、素揚げだから油も少ないし。」


早苗「……このシンプルかつ、豪快さ加減が。」


瑞樹「未央ちゃん、さっきも炒飯とか…男子メシねほんと。」


早苗「でも、藍子ちゃんがくっついてるおかげで、ちゃんとアイドル番組としての体裁が保たれているわね…」


瑞樹「ゆるふわ男子メシ、なのかしら?」


早苗「豪快さを感じさせないわ、ゆるふわは恐ろしいものね…」





…別室モニター前…




P「未央…おまえは、俺の母親だったのか…!?」






182:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 01:25:36.40 ID:m122c5ui0




瑞樹「はーい!じゃ、【フライドポテト】三種類。味わったわね?」




加蓮「うん。満足!」


響子「また、新しい発見があって…うれしいです!」


茜「全部おいしかったです!!!」



早苗「それじゃ、あいさつー!」



響子・加蓮・茜「ごちそうさまでしたー!!」




183:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:05:44.99 ID:m122c5ui0


~CM~


…スーパーマーケット…





輝子「フ…フヒ、今日は、私、が…トモダチに、お料理をしてあげる、番だ…フフ。」



輝子「シイタケ、エリンギ、エノキ、マイタケ、ブナシメジ、マッシュルームは、ブラウンも…ホワイトも、両方用意…した、ぞ。」


輝子「フフ…あとは、ポルチーニ君、キ…キミが居れば、きのこシチューが、できるな、フフ…フフフヒ、フヒ…!!」


輝子「ま、まてよ?きのこクリームパスタも、イイな…」



\ドン!!!/




幸子「フフーン!!!お悩みのようなら、この【カワイイボクシチュー】をどうぞ!!」




輝子「お、おお?……ごめん、パスタに…する、ね?」




【デュラムセモリナ100%使用!茹でてから放置すると真菌が生えるぞ!!】

【インヴェイドパスタ!!大好評侵略中!!!】




184:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:06:41.78 ID:m122c5ui0



~CM~


…スーパーマーケット…



輝子「フ、フヒヒ…きのこパスタに、するぞ…」


輝子「それだと、いま薬味が…ない、…かな?」




\ドン!!!/



美玲「パスタならッ!この【ツメ】を忘れるなよッ!!」



輝子「タカの…ツメ、だな。フヒ。」




【デュラムセモリナ100%使用!ツメの垢を煎じた湯で茹でるのは勧めないぞ!!】

【インヴェイドパスタ!!大好評侵略中!!!】





185:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:07:46.92 ID:m122c5ui0


~CM~


…スーパーマーケット…




輝子「キノコも、薬味も、パスタも、ある…レジへ、行くか。」


輝子「………レジのひと、が……い、いない、な…?」




\ドン!!!/





輝子「………?、……あっ、この台の、下……か。」



乃々「……むぅーりぃー。」


輝子「お、おい、ボノノさん、いいか?ここでヒャッハー、…する、ぞ。」


乃々「…あちらの、セルフレジへどうぞ。レジくぼは、案内係をしたら、帰ります…。」



【デュラムセモリナ100%使用!アルデンテにするのはムリじゃないぞ!!】

【インヴェイドパスタ!!あなたと一緒にお店から大好評帰宅中!!】



186:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:10:10.82 ID:m122c5ui0


~CM明け~




早苗「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」


瑞樹「ちょっ、やめなさい!音声入ってるから!!」


早苗「びーるのみたい゛い゛!!あいらぶびあー!!」



瑞樹「アンタさっき、あの小芋(みおあいの芋)に
・バター(うづみほのオムライスに使用した余り)と
・スモークソルト(りんなおのポテトに使用した余り)なんか
使って食べちゃうから…!!」


早苗「仕方ないじゃない!?ビールへの欲求を、つまみで少しでも軽減できるかと思ったのよ!?」


瑞樹「んなワケないでしょ!!むしろ欲しくなるやろがい!!じぶんアホちゃうかー!!」


早苗「ぐあぁー!!じゃあ、せめて!!ノンアルコールのやつ!!」


瑞樹「たぶんそれも『腑抜けじゃやっぱダメね』とか言って、欲求が倍増するだけだから!!よしなさい!!」




響子「あ、あの…」


早苗「あっ、ごめんごめん!急遽用意してくれたこのお芋!ほんっとおいしいわ!ありがとね!」


響子「あ、ありがとうございます♪でも、その他に…」



187:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:13:08.11 ID:m122c5ui0


瑞樹「そういえば…響子ちゃんも、また個人でコレとは別の
【フライドポテト】作ってくれたのよね?」



響子「はいっ!みんなで食べましょう!そのために、段取りお願いしたいですっ。」



瑞樹「おっけー、いいわよ~?」


早苗「はーい!今、みんな居るわね?」




卯月・美穂「いまーす♪」


トラプリ「いるよー」


ポジパ「いまーす!!」




188:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:15:38.74 ID:m122c5ui0


瑞樹「はーい、じゃあ響子ちゃん、その
【フライドポテト】紹介してねー!」




響子「みなさん!どうぞ~!」




加蓮「えっ……なにこれ?」

凛「見たことないね、ポテト…なの?」

奈緒(魔法少女)「揚げもん…ではあるみたいだな。」


卯月「うわ~!なんでしょう!?でも、おいしそう…!!」

美穂「…あっ、これって、もしかして!」

響子「ばれちゃったかな?でも言うのは…」

美穂「まだダメ!だよね♪」


未央「なんか、ちょっとつやつやしてるような…」

藍子「ジャガイモには、とても見えませんね…?」

茜「うーん!たまりませんねー!!」



189:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:20:22.28 ID:m122c5ui0


響子「じゃあ、みなさん聞いてね?これは
【フライド長いも】ですっ!!」




早苗「あ゛あ゛あ゛あ゛」


瑞樹「これは…!!……わかるわ。」

早苗「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛~!!!」

瑞樹「これは酷ね、わかるわ。ちょっと向こう行ってらっしゃい。」


早苗「あ゛あ゛ぁ゛~!BEER゛~!」



美穂「…やっぱり、そうなんだね…。」


卯月「お酒の、おつまみなんですか?」



190:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:24:12.83 ID:m122c5ui0


響子「うーん、どうなんでしょう…?」


瑞樹「居酒屋であったら絶っっ対に、頼まなきゃいけない品なのよ。この【フライド長いも】には、それほどの威力があるわ。」




加蓮「長芋のフライドポテトなんて…初めて」

凛「長芋かぁ…これなら栄養あるのかな?」

奈緒(魔法少女)「ふーん、ジャガイモじゃなくていいんだな…」



美穂「おつまみかもしれないけど、これ味濃くないんだよ!」

卯月「普通のお料理で、出てきそうですね!」



未央「素揚げ…ではないみたいだね。」

藍子「うすーく衣が見えますね。」

茜「いただきます!!!!」







響子「私の出身である、鳥取県!長芋を作ってるんです!実家から送ってもらいました♪」



191:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:25:56.43 ID:m122c5ui0



加蓮「いただきます。………うん、これは、ジャガイモとは違うね。」


凛「いただきます。………あっ、おいしい!」


奈緒(魔法少女)「いただきまーす。…………おお、うまいな!」



美穂「いただきます♪」

卯月「いただきますっ!」

美穂「うーん!揚げた長芋、食べたことあるけど…さすが響子ちゃん…!!」

卯月「とってもおいしいです!!」






未央「いただきまーす!!」

藍子「いただきまーす♪」

茜「おい!!しい!!です!!!!」


未央「…うわ!?これは、オドロキのおいしさ…!!」

藍子「外はさっくり、中はジューシーで…!」


茜「シャキシャキしてます!!長芋です!!!」



192:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:27:05.71 ID:m122c5ui0



加蓮「これ、めっちゃおいしいんだけど…」

凛「中のジューシーな…ねばっ気がたまらないね。」

奈緒(魔法少女)「加蓮、これからフライドポテト、これにしないか?」


加蓮「ずっとはさすがにイヤだけど、4回に1回くらいなら…」



美穂「…ファストフードには置いてないと思います。」

卯月「響子ちゃんが作ってくれますよね?」


響子「地元の食材で喜んでくれるのがうれしいですから!長芋さえあれば、やっちゃいますよ~♪」




未央「いやー!これ、元気出るね!!」

藍子「体にやさしい気がしますね~」


茜「長芋!!素晴らしいですね!!素敵です♪」





193:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/04(火) 03:29:02.67 ID:m122c5ui0



瑞樹「ね?みんな大絶賛、わかるわ…。」


響子「ほんとうにうれしいです…!!作らせてもらって、ありがとうございます…!!」


瑞樹「これが【フライド長いも】の威力よ。もし機会あったら大人組の酒の席に持ってきてごらんなさい?」


響子「そんな機会ありましたら、ぜひ!」

瑞樹「おおかた、【女神】と崇められるわよ。」


響子「…そんなですか!?」


瑞樹「…いや、うーん……でも、けっこう冗談抜きよこれ。」

響子「むしろ、畏れ多くて…」


瑞樹「あら!ごめんなさいね?恐縮しないで、気軽に持ってきてね!」


早苗「おねがいします!!ほんとおねがいします!!」


瑞樹「お、復活したわね?」


早苗「してないわよ、首の皮一枚の崖っぷちよ。」




瑞樹「じゃ!CM挟んだら最後の料理いきましょうか!」


早苗「最後は【どんぶりもの】ね。牛丼とかカツ丼であれば、そんな大層なビール欲は…高まらないことを祈るわ。」


瑞樹「これまでを見て、そんなスタンダードなのが出てくると…お思いですの?」


早苗「…一縷の望みに賭けてるのよ。」




198:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:27:23.25 ID:PN/4fMZG0


~CM~


『ここは、なんでも本屋さん。今日もお客さんがきましたよ!』


鷺沢文香「いらっしゃいませー…」


木村夏樹「バイクの本ある?」

文香「あります。」

中野有香「空手の本ありますか?」

文香「あります。」

早坂美玲「ファッション誌あるかッ?」

文香「あります。」

姫川友紀「キャッツの歴代選手名鑑は!?」

文香「あります。」

神崎蘭子「我の求む禁断のネクロノミコンは…」

文香「あります。」


『ほんとに、こんな本屋さんあるの!?』

文香「あります。」


【膨大なジャンルを取り揃え!】
【ニッチな需要にも自信をもって対応します!!】

【なんでも本屋さん!】



199:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:30:38.45 ID:PN/4fMZG0


~CM~



『ここは、なんでも本屋さん。今日もお客さんが来ましたよ!』


鷺沢文香「いらっしゃいませー…」


並木芽衣子「旅行ガイドの本ある?」

文香「あります。」

氏家むつみ「おすすめの冒険小説は…」

文香「……あります!」

矢口美羽「個性的な本あります?」

文香「あります。」

多田李衣菜「ロックな本あるー?」

文香「あります。」

HELEN「ヘーイ!!」

文香「世界レベルの本ならあちらに…」


【ざっくりとした要望にも応えます!】



今井加奈「新しいメモ帳が欲しくて…」

文香「あります。」

佐久間まゆ「新しい日記帳が欲しくて…」

文香「あります。」


【文房具なども取り揃えてます!】


『こんな本屋さん、ほんとにあるの?』


文香「あります。」


【ターミナル駅前大型店舗、新装開店!】
【なんでも本屋さん!】



200:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:33:11.53 ID:PN/4fMZG0


~CM~



『ここは、なんでも本屋さん。今日もお客さんが来ましたよ!』


鷺沢文香「いらっしゃいませー…」


相川千夏「フランス語の本はあるかしら?」

文香「あります。」

池袋晶葉「最新の工学ジャーナルは…」

文香「あります。」

市原仁奈「どうぶつのきもちがわかるほんは、ありますかー?」

文香「ありますよ。」

上田鈴帆「キグルミのきもちがわかる本は…」

文香「あります。」

森久保乃々「もりくぼのポエム帳をなくしてしまったのですけど…」

文香「あります。」

乃々「…えっ?」


八神マキノ「あそこのビルの見取り図は…」

文香「あります。」

乃々「……えっ?」


桐生つかさ「ぬか漬け」

文香「あります。」

財前時子「豚」

文香「あります。」

乃々「………えっ、…ええ?」



【どんなニッチなジャンルでも、自信を持って対応します!】


『ほんとに、こんな本屋さんあるの?』

文香「あります。」



橘ありす「…電子書籍は?」

【電子書籍の販売やネット通販も】

文香「あります。」


【なんでも本屋さん!】





201:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:35:21.49 ID:PN/4fMZG0


~CM~




メアリー「ハァイ!アタシ、メアリー・コクラン!」


メアリー「セクシーなアイドル目指してるのヨ!それで、ここの本屋さんに…セクシーになれる本、あるかしラ?」




鷺沢文香「いらっしゃいませー…」


メアリー「SEXYな本は、ある?」

文香「…………っ!!………ありますが、ダメです。」


メアリー「どーシテ!!?」


【あるけど、ダメだぞ!!!】

【なんでも本屋さん!】





大西由里子「…………………………………」

文香「…………………………………………」

由里子「……………………」

文香「………………………」

由里子「………」

文香「……あります。」



【………あるぞ!!!】

【なんでも本屋さん!】




堀裕子「……!!ムムム、ムーーーン!」

文香「ないです。」



【さすがにないぞ!!】

【なんでも本屋さん!】




202:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:37:28.84 ID:PN/4fMZG0


~CM明け~



瑞樹「ハァイ!いよいよこの番組も大詰めね!」

早苗「あたしの欲求不満もギリギリよ!」


瑞樹「みんなのおなかもギリギリかしら?」


響子「私は、まだ…もう少しだけ、なら…?」

加蓮「うーん、もう結構いっぱいかな…八分目?」

茜「まだ!まだ!これからです!!!」




瑞樹「それじゃ、最後の品目ね。」

早苗「茶碗蒸し程度の量だから大丈夫でしょ、
【どんぶりもの】いくわよー!!」



茜「私のリクエストです!!!!楽しみです!!!」




瑞樹「はーい、卯月ちゃん!美穂ちゃん!」

早苗「あなたたちの【どんぶりもの】は、なにかしらー!?」





203:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:42:28.77 ID:PN/4fMZG0


卯月「島村卯月、頑張りました!」

美穂「この【どんぶりもの】は、普通じゃないかも?」



響子「これは、私も協力していないので、楽しみです!」



卯月・美穂「わたしたちの
【どんぶりもの】は、こちらでーす!」









早苗「ぐあ゛っ゛」


瑞樹「やばい」






響子「たまごとじと…かき揚げ!」

加蓮「うっ、ポテトを頼んでおいてなんだけど、また揚げ物…」

茜「これは!?天丼とは違いますが…」





卯月「これは、美穂ちゃんが考えました!」

美穂「はいっ♪【レンコンのかき揚げ丼】ですっ!」





204:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:43:56.46 ID:PN/4fMZG0


早苗「………び、びあーぁ……!!」


瑞樹「ごめんなさいスタッフさん、この屍を裏に持って行ってくださる?」



美穂「そうだよね…かき揚げは、おつまみになりますよね…」




卯月「レンコンのかき揚げを2種類用意して、ひとつは卵綴じの上に、もうひとつは別のお皿にしました!」


美穂「レンコンを大きい輪切りにして、あいだに野菜を挟んで揚げたほうは、卵綴じの上に。おろしレンコンを使った『とろとろのおダシ』と絡めて、しっとりめにしてあります♪」

卯月「別のお皿のものは、レンコンを歯触りのよい角切りにして、味付きの衣でまとめてカリッと揚げたものです!外も中もサクサクで、歯応えを楽しんでくださいね!」

美穂「卵綴じの中身はタマネギとニラです、おろしレンコンのおダシは、また別の容器に用意してあるので…好きに使ってね!」





瑞樹「これは致命的ね、わかるわ。」






響子「私!レンコン大好きなんです!」

加蓮「なんか、見た目ほど重くなさそーだね?」

茜「おいしそうな、おダシの香りがたまりません!!!」



205:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:50:35.76 ID:PN/4fMZG0



瑞樹「さて、搬送も終わったし、実食タイムね。」



卯月「はいっ♪」

美穂「それでは…」


卯月・美穂「めしあがれー♪」




響子・加蓮・茜「いただきますー!」







響子「………んん!、んー!」


加蓮「………………!!」


茜「…………………!!!!!!!!」





響子「どんぶりのかき揚げ、中のお野菜が!すっっごく甘い!衣はしっとりめでタレの味が染みてて、けど!挟んでるレンコンの歯応えがシャキッとしてて!中のタマネギや人参がジューシーで甘いですっ!」


加蓮「こっちのさ、別のお皿、角切りのかき揚げも、すっっごいねこれ…サクサク、ジャキジャキ、しゃくしゃく…噛んでて、頭の中が音でにぎやか…味もすごく優しくて、重くないね。」


茜「おろしレンコンのおダシとお米と!たまごとじも!絡んでてたまりません!!とてもおいしいです!!!」




206:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:52:11.41 ID:PN/4fMZG0



瑞樹「……単体のほうのかき揚げ、もらっていい?」


美穂「どうぞ!」





瑞樹「いただきます。んっ………、
(カリッ、ガシュッ、シャギシャギ、ジャクジャク…)」


卯月「そんな…すごく、音ひろってますね…?」

美穂「持ってるマイクを頭にくっつけてる…」



瑞樹「………っ、あぁ…。最高。」



美穂「よかったです♪」




207:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:54:08.41 ID:PN/4fMZG0



響子・加蓮・茜「ごちそうさまー!!」





加蓮「やばい…ほんとにやばい、全部食べちゃった、さすがにもうムリ…!」

響子「また全部、食べちゃいましたね…少ないとはいえ…」

茜「たまごとじのかき揚げ丼!!おいしかったー!!!!!」





瑞樹「…あと、どんぶり2つ出るけど、大丈夫かしら…?」





凛「その心配はないよ。」


奈緒(魔法少女の格好)「おう!」



瑞樹「あら入れ替え早いわね、早速
【どんぶりもの】出しちゃう?」




凛「うん。」


奈緒「さ、並べるかー。」




208:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:56:34.40 ID:PN/4fMZG0



響子「ん?白米だけ…?」


加蓮「あっ、私には、小さい俵形のおにぎり2つだ。」


凛「少ないほうがいいよね?」

加蓮「うん。ありがたい。」


茜「おお…!!ほかほかの白米です!!お米の良い香りです!!!」






瑞樹「お米だけね、もしかして…調理放棄かしら?」



凛「…考えたんだ、」

奈緒「茜がなぜ【どんぶりもの】をリクエストしたかを…」



茜「おおっ!!?」



凛「茜がもとめているのは、なによりも【お米】そのもの!」

奈緒「散々に小細工を弄したあたしたちが最後に出すのは…」



凛・奈緒「直球勝負…!!」


奈緒「ま、この番組は勝負じゃないけどな。」

凛「とにかく、お米そのものに力を注いだよ。」





瑞樹「…わかるわ。本当においしいお米は、何もいらない。」



209:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 20:58:40.07 ID:PN/4fMZG0



茜「すばらしいです!!!このお米!!どうやって炊きましたか!?」




凛「ふふ、今回のスーパーアドバイザーはね…」

奈緒「っていうか、実際に炊いてもらったのは…」



瑞樹「また世界レベルかしら…」







奥山沙織「わ、わだすです…」




茜「沙織さん!!!!!!」




沙織「お、奥山、沙織です…」



凛「米炊き奉行なら、このひとしか居ないよね。」


沙織「そ、そんな…?わだすなんか、秋田出身で、ちっとお米にこだわってるだけ…」


奈緒「いやぁ…『ちっと』じゃないんだよなぁ…」





瑞樹「…【世界レベルに匹敵する、地方レベル】ね。わかるわ。」



沙織「世界レベルだなんて、畏れ多い…けんど、やっぱり!故郷のお米には、自信あります!」



210:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 21:04:59.34 ID:PN/4fMZG0




凛「と、いうことで、わたしたちの
【どんぶりもの】は…」


奈緒「そう、【白米】そのものだな。」


沙織「おいしいお米、召し上がってけろ!」




茜「い!た!だ!き!まぁぁーす!!!!!」



響子「いたただきます!」

加蓮「いただきまーす」






響子「……あぁ!!おいしい…」


加蓮「ん、このおにぎり、ふっくらで、ちょっと塩振ってある。」



211:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 21:19:32.59 ID:PN/4fMZG0



奈緒「で、まだまだここからだな。」


凛「やっぱり、ごはんのおとも、いるよね。」



奈緒「ほい、これは【海苔の佃煮】な。キャシーに頼んだやつ。」

※キャシー・グラハム…浅草っ子



凛「これは【梅干しの蜂蜜漬け】楓さんがくれたよ。」

※高垣楓…和歌山出身



奈緒「これが【明太子】、洋子さんに頼んだやつな。」

※斉藤洋子…福岡出身







茜「…おかわりが!ほし」


凛「もう準備してあるよ。」


奈緒「ほい、」


茜「ありがとうございます!!!」





瑞樹「…ん?そういえば、さっきからモノは出してるけど、凛ちゃんも、奈緒ちゃんも、調理は?」


凛・奈緒「してないよ!」


瑞樹「他力本願なのね…でも、人に上手く頼れるのも、大事なチカラよね、わかるわ。」



212:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 21:22:11.73 ID:PN/4fMZG0



奈緒「あっ、でもちゃんとあるぞ!」

凛「このタッパーは、事前に私たちが用意した
【黄身の出汁醤油漬け】だよ、ほら加蓮。」



加蓮「うわぁ…」


奈緒「そしたら、こっちの皿で、黄身を崩して…」

凛「このタレになったのを、俵のおにぎりにつけてみて。」



加蓮「これもう、口にする前からわかるじゃん。おいしいに決まってるじゃん。」





響子「……もう、黙々と食べ続けてしまいますね。私も、もう少しだけ、お米ほしいかも…」




瑞樹「やはり何よりも基本のお米の質の高さが、響くわね。」


沙織「うれしいなぁ…」




213:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 21:37:29.62 ID:PN/4fMZG0



凛「あとは、お米ときたら、大豆だよね。」

奈緒「もう1つ、作ってありまーす。
【挽き肉の大葉味噌】これも、ごはんのおともだな。」


凛「チリコンのときに余った挽き肉を炒めてから、味噌で適度に和えて、そこに大葉を沢山ちぎって混ぜたよ。」

奈緒「あたしコレ好きなんだよなぁ…」




茜「おかわり!」


奈緒「ほい。」


茜「いただきます!!!」




加蓮「んー、おにぎり2つ、食べ終わったよ。ちょうど良かった…」


響子「うう…おいしい、おいしいです…!けど、このあとが怖い…!」





瑞樹「ねえ、沙織ちゃん、このお味噌塗って
【焼きおにぎり】作れないかしら?」


沙織「へ…まあ、また新しくそれ用に炊けば…」


瑞樹「あとで、裏にいる七海ちゃんと葵ちゃんと協力して、
【味噌焼きおにぎりの鯛だし茶漬け】を、あそこで倒れてる
『生ける屍』に与えてあげてちょうだい。」

沙織「さ、早苗さん…」


瑞樹「飲みのシメを口にすれば、復活するかもしれないのよ。」


沙織「は、はあ…?とりあえず、行ってきますね…」





214:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 21:57:59.10 ID:PN/4fMZG0



加蓮「ふー、もームリ!おなかいっぱーい。」


響子「あとひとつ…でも、やっぱり、ガッツリ系なんですかね…」


茜「お米おいしかったー!!!私、今すごく幸せです!!!!」



瑞樹「うん、あとで私も食べるわ。それじゃ、挨拶ね。」



響子・加蓮・茜「ごちそうさまでした!」









瑞樹「さて、それじゃ、最後…なんだけど、この匂いは…もう、ね。すでに、わかるわ。」



加蓮「いい匂いなんだけどさぁ…おなかいっぱいのときだと、ちょっと…」


響子「家に帰るときとか、夕方頃にふと香ってくると、たまらないですよね~」





215:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:11:27.43 ID:PN/4fMZG0



未央「んっふっふ~、みなさん、もうお気付きですな~?」

藍子「たしかに、この香りは目立ちますよね~」



茜「未央ちゃん!!藍子ちゃん!!!ありがとうございます…!!!!」





瑞樹「はい、じゃあ最後の
【どんぶりもの】ね、というより、それはどんぶりなの?」


未央「いやあ、お米に乗せる料理なら何でもいいかなーって。」



藍子「はーい、みなさんどうぞ~」




響子「少な目で…」

加蓮「その、具だけちょっと味見くらいで。」


茜「大盛りでお願いします!!!!!」





瑞樹「さて…もう丸わかりだけど、説明…する?」



未央「ごたくはいい!!さあ、食べよう…!!」


藍子「はい【ゆるふわ煮込みカレー】を、どうぞ~!」




響子・加蓮・茜「いただきまーす!」


未央「うんうん、じゃあ、私たちもいただきまーす!」

藍子「いただきま~す♪」




瑞樹「二人とも一緒に食べるのね…」



未央「作ってたら、ガマンできなくってさ~。」

藍子「ですね~」




216:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:18:50.17 ID:PN/4fMZG0



響子「ん~、やっぱり【普通】のカレー、いいですよね…」

加蓮「んん、ドロドロ系だね。うちのは、サラッとしてるよ。」

茜「おいしい!!おいしい!!?んん!!!これは!!?おいしいです!!!!」



未央「…あー、うん。やっぱり日本のカレーだよね。」

藍子「おいしいですよね~♪」



瑞樹「…………空気が、まったりしてきたわね。ゆるふわのせいかしら…。」




茜「………!!…………!!!……………!!!!!」




瑞樹「…あっ、まずい、話できるの私だけじゃない。裏に控えてる卯月ちゃんたち呼ぼうかしら…?」








瑞樹「ダメだ…裏でも、みんなしてカレー食べてるわね…。」




茜「…!!おかわ」

未央「ほい。」

茜「ありがとうございます!!!!!」



217:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:21:21.44 ID:PN/4fMZG0



瑞樹「見事に全員が黙々と食事に耽っているわね。」





加蓮「んー、まったりしてる…」




瑞樹「…私も食べちゃいましょう。」











218:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:39:25.30 ID:PN/4fMZG0








【ゆ る ふ わ 空 間 発 生】



「……ヤバイゾ!」

「ホウソウジコニナッチマウ!」
「オイ!CMイケ、CM!」



219:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:41:33.23 ID:PN/4fMZG0


~CM~




…スーパーマーケット…



早坂美玲「今度はウチらが、みんなにごはん作るのか…」

白坂小梅「お菓子、なら…、作ったことが、ある、けど…」

美玲「うーん、にしても、何にするかも決まらない…」

小梅「な、生肉、は…」

美玲「ちょっとカッコいい気もするけど、生で食べられるお肉は、高いからな…」




\ドン!!!/



星輝子「ヒャッハアァァァァーーーーーー!!!!!」

輝子「キ!ノ!コ!……、ーは、もう、カゴに、入ってるな。…フヒヒ。」



小梅「…もちろん、ね?」

美玲「何にでも使えるのを、目の当たりにしたしなッ!」


輝子「…フヒ、何を作るか、私も…いっしょに、考えるぞ…」



【カワイイボクカレー!カワイイボクシチュー!】
【インヴェイドパスタも!大好評発売中!】




220:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:42:09.56 ID:PN/4fMZG0


~CM~


…スーパーマーケット…



輿水幸子「フフーン♪カワイイボクが、また皆さんにお食事を振る舞いますよ!」


森久保乃々「あの、もりくぼは…」


幸子「もちろん!一緒に作るんですよ?」


乃々「うう…でも、一人じゃないなら…」



幸子「今回は、シチューにします!この
【カワイイボクシチュー】を使って、あとは…」




\ドン!!!/


佐久間まゆ「ひゃっはー♪」


まゆ「えーと、キノコと、お野菜と、ありますねぇ…」


幸子「お肉をどうしようかと…」


まゆ「うふふ、なら、この牛たんはどう?」

乃々「牛たんシチュー、おいしそうですね…」


幸子「いいですねえ、カワイイボクに見合うステキさです!」



【カワイイボクカレー!カワイイボクシチュー!】
【インヴェイドパスタも!大好評発売中!】




221:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:42:52.30 ID:PN/4fMZG0


~CM~


…スーパーマーケット…




輝子「フフ、今回は、パスタのときに迷ってた…シチュー、に、しようか…それで、いい、かな…?」

美玲「いいなッ!」

小梅「キノコの、クリームシチュー、…ふふ!」





幸子「牛たんって、どうやって煮るんですか?」

まゆ「ワインとか使うと、とってもおいしいですよぉ」

乃々「なんだか、すごく高級そうな…」




\ドン!!!/



幸子「あっ?」

まゆ「あら?」

乃々「…えっ、」

輝子「…おっ、おお?」

美玲「おおッ!」

小梅「わぁ…!」




輝子「フ…フフ、すごいな、…みんな、勢ぞろいだ…」

幸子「ボクたちの他に、もう1つカワイイオーラを感じる集団がいると思ったら…」

小梅「まゆさん…それ、舌…?」

まゆ「牛たんのシチューを、作るんですよ♪」

美玲「シチュー?ウチらもだッ!」

乃々「じゃ、じゃあ…一緒に、どうでしょうか…。そうすれば、もりくぼは…隅のほうでタマネギの皮とか剥いてますから…」



輝子「…フヒ、カゴ2つで、キノコ、たくさんだな…」

まゆ「今日はみんなで一緒に、シチューですねぇ♪」

幸子「キノコと牛たんのシチュー、素晴らしいですね…」

乃々「にしても、こんな人数居られる場所って…」

美玲「寮の食堂を使うぞ!」

小梅「…そしたら、他のひとも、誘う…?」



【スーパーで知り合いに会うと、妙にテンションあがるよね!】

【カワイイボクシチュー!キノコも牛たんもOKだぞ!!】
【他の商品も、大好評発売中!!】



222:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:46:01.00 ID:PN/4fMZG0


~CM明け~





『川島さん、すいません、もう明けてます、進行お願いしまーす』




瑞樹「………えっ!?うそ!、だってまだ…ええ?」



加蓮「ゆるふわに飲まれたんだ…」



瑞樹「時間の感覚、おかしくなるわね…ただカレー食べてただけなのに…?」




加蓮「私は味見しただけだから、軽くで済んだけど…」


瑞樹「でも、進行といっても……仕方ないわね。」


加蓮「カレーの説明かな?」


瑞樹「未央ちゃん。未央ちゃん。」



未央「………はっ!?」


瑞樹「カレーの説明、おねがいよ。」


未央「おおう…そうです!そうでした…!」


瑞樹「なんか、こう、もう時空歪んじゃってるから、好きに喋っていいわよ。」




223:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:49:13.23 ID:PN/4fMZG0



未央「そうなんです、あーちゃんの【ゆるふわ空間】で、時空が歪んでますよね…」



加蓮「ちょっとおそろしいんだけど…」


未央「いやまあ、その恐ろしいものも使いようですよ~?みなさん、【未央の秘策】の言葉を覚えておいでかな?」


瑞樹「んー、調理中にインタビューしたとき言ってたやつね?」

加蓮「あれ、天津飯のことじゃないの?中の煮卵とか…」



未央「いやいや、実は違うんだけど…まあ、確かにあの時にも使ってたかな?」

瑞樹「なによ、もったいぶらずに、吐きなさいー、おふくろさんが、泣いてるぞー」


未央「うおおー、カツ丼を要求するー!ムチより先に、アメをよこせー!」


加蓮「ちょっと、話すすんでないから」



224:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:50:12.70 ID:PN/4fMZG0


未央「おほん!あのさ、しぶりんも、かみやんも、さっきの
【黄身の醤油漬け】は『事前に用意した』って言ってたよね?」


加蓮「言ってたね。けど、それが?」


未央「私とあーちゃんは、事前に用意してないんだけど…あの、天津炒飯の中の半熟煮卵は、味しっかり染みてたでしょ?」


瑞樹「…たしかに、おかしいわね。どうやってあの調理時間で、卵を漬け置きしたのかしら?」


未央「…で、ここで話は戻るけど、あーちゃんのせいで時空が歪むよね?」


瑞樹「まさか…うそでしょ…」


加蓮「えぇ…秘策って、そういう…?」


未央「そう!あーちゃんの【ゆるふわ空間】を応用すると、時短調理になるよ!」


瑞樹「その、【ゆるふわ】のおかげで…半日から丸一日かかる、煮卵の漬け置きが、すぐ終わったってこと?」


未央「イグザクトリー」


加蓮「………ふぅん、……んん?」



瑞樹「で、もしかして、この異様においしいカレーは…」


未央「ご明察です。」

加蓮「ちょっ、結局どういうこと?時空が歪むって…ほんとなの?」


未央「いやー、だってこうして、目の前でそうなってるんだし…」


瑞樹「事実は小説よりも奇なり、わかるわ。」

加蓮「…わからないなぁ…」



225:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:53:44.79 ID:PN/4fMZG0



未央「まあ、そうこうして、あーちゃんの【ゆるふわパワー】を使って、作り上げたのがこの【ゆるふわ煮込みカレー】ですよ。」



加蓮「そもそも、ゆるふわって…長い時間を短く【感じる】だけじゃないの?」

未央「うーん?具材とかも、長い時間だと勘違いしちゃうのかな?」


瑞樹「こまけぇこたあ、ええんや。味しゅんでるやん、えらいウマいでコレ。」


加蓮「…川島さん?」


瑞樹「おほん。…この、お肉の溶け具合といい、味の落ち着き具合といい、とても短時間のカレーじゃないわよね。」




未央「牛すじ肉を、たっくさん煮込みました…溶けるくらい。」


加蓮「うわ…やっぱり、謎のあの、でろでろの肉は…」

瑞樹「原型とどめてないぐらい煮込まれてたわね、すっっごく美味しかったわ。」


未央「お野菜も、素揚げに使ってた小芋をそのまんま煮込みました。人参も、特大のゴロっゴロにしてあります。」

瑞樹「人参、小芋と同じくらいの大きさだったわね。口に入れた途端に溶けそうで、舌だけで潰せるものだったわ…。」

未央「人参は、しっかり洗ったうえでわざと皮を残しました、香り…残ってたよね?」

瑞樹「そうそう、イイ仕事するわねぇ。」

加蓮「あの芋も、よく溶けずに原型とどめたねー」


未央「実は、いくつか溶けました…あの小芋、溶けにくいやつなのにさ…入れるタイミング早すぎたんだよね。」



瑞樹「牛すじ肉、小芋、人参、…タマネギは?」


未央「あとかたも無くなりました…」

加蓮「うわぁ…」

未央「ちょっと早い段階で全部入れちゃったからなぁ…」



瑞樹「あと…できてから、時間おいたわね?」


未央「はい。できあがってから【ゆるふわ】で一晩おいたぐらいの設定に…」


加蓮「設定とか…電子レンジか、何か?」



226:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 22:56:55.85 ID:PN/4fMZG0


瑞樹「この【ゆるふわ】を応用するのが
【ミツボシ料理人】の秘策だったのね…わかったわ。」


未央「まあ、結局活躍してるのは、あーちゃんですけどね。」


加蓮「うーん、おなかすいてるときに、食べたかったな…。」


未央「あ、やっぱりおいしかったよねー。」


瑞樹「えらい煮込んで一晩おいて、それで家庭の激うまカレーね。はー、男子メシというより、やり手のお母さんじゃないのコレ…」


未央「ま、【ゆるふわ煮込み】ってのは、そういうことでーす。」


瑞樹「家庭再現はムリね。」



響子「牛すじ肉や人参を、それぞれ圧力鍋で煮込んでからカレーにすれば、時短として家庭でもできそうですね。」


瑞樹「あら、ゆるふわ空間から脱出したのね?」


響子「私も、量を少な目にしたので…」

加蓮「…家庭で時空が歪んだら、困りそうだねー。」



227:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 23:01:35.16 ID:PN/4fMZG0


響子「このカレー、すっっごくおいしかったですよ!家庭でできる味の理想が詰まってました…!」

未央「いやー、それはそれはどうも、あーちゃんにも言ってあげてね!」

響子「もちろん!…あっ、カレーのもとは、何を使ったのでしょうか?」



未央「んー?普通に家でやるときみたいに、ルウ使ったけど…ああ、これこれ。
【カワイイボクカレー】の【序の口】だね。」


瑞樹「スポンサーの商品ね。TV的にもカンペキじゃない。」


加蓮「…?【序の口】って、なに?」

響子「ふつう、甘口とか、中辛とか…」


未央「いや、なんか他にも味あるらしいんだけど、
【甘口】と、あと激辛みたいなやつしか、ないみたいで…」


瑞樹「でも、これ【序の口】…でしょ?」

未央
「あー、なんかこのカレーのシリーズさ、
【甘口】って書いてあっても、ほら、さっちーだから…」



響子「………」

加蓮「………」


瑞樹「わかるわ。」



228:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 23:02:56.94 ID:PN/4fMZG0


未央「で、新しく出すんだって。ちゃんとした普通のやつ。
で、それがこの【序の口】らしいよ?
なんか、【とどのつまり】までいくつか段階があって、
それぜんぶ食べるとカワイくなるらしい……なんだそりゃ?」




響子「……?」


瑞樹「幸子ちゃんのことだから、なるべくわかってあげたいけど…」


加蓮「川島さん、誕生日同じなんだよね。」

瑞樹「そうなのよ、幸子ちゃん、キレーに半分よ。」




未央「…で、どうしましょう。一応これで、全体の流れも終わり…ですよね?」



瑞樹「そうよ。」


加蓮「ほかのひと、みんな【ゆるふわ空間】に巻き込まれてるけど…」


響子「な、なんか、むこうの空気…?みたいなのが、揺らいで見えるような…」


未央「お、おお…流れてる時間が、ちがうのかな…?」



瑞樹「そろそろあがりの時間でいいんだけど、終わらないわねコレ…」



未央「前にね、あーちゃんがほんとに
【スイーツバイキングがケーキ1つで終わる】のか、
一緒に行って検証したんだけどさ…」


響子「もしかして、一緒に行ったみんなが、1つで終わった?」


未央「……うん。」


加蓮「こわっ。」



瑞樹「ちょっ、このままじゃ、ホラーめいたオチになるじゃない…こう、もっと明るくパーッと終われないかしら…?」




229:かおすキッチン ◆X1l.eia6is 2016/10/13(木) 23:07:36.43 ID:PN/4fMZG0



早苗「ミズキちゃ~ん?」


瑞樹「あら、復活したのね?」


早苗「してないから、帰りに居酒屋決定よ。」



瑞樹「…お茶漬けは?」


早苗「激ウマだったから、もらいに行きましょ、今!!」


瑞樹「えーっと……」

早苗「はよ!!」


瑞樹「えと、番組シメの言葉とか…」


早苗「そんなんいいわよ!なんなら、あたしがシメる!!」



未央「物理的な説得力がありますなあ」


加蓮「…意味が違うんじゃない?」


響子「うーん、お料理番組、楽しめました~♪」





早苗「はい!シメるわよ!!!!」



瑞樹「はい!ごちそうさま~!!」

未央「ごちそーさまー!」

加蓮「ごちそうさまでしたー」

響子「ご馳走さまです♪」






卯月・凛・未央「チーム対抗お料理対決?」



おしまい



元スレ
卯月・凛・未央「チーム対抗お料理対決?」【モバマスSS】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473151638/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 13:11
          • 未央と結婚したい
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 13:34
          • じゃあ美穂はもらっていきますね
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 13:38
          • 唐突にぶちこまれるニャロメロン先生のネタからして、
            この作者、相当出来る奴とみた
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 14:26
          • ビールクズ乙
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 14:36
          • 普通のアイドル(超一流料理人)

            良い料理物はこっちまで作りたくなるね
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 14:36
          • 最初の346プロ×CGプロ〇とかいう注意書き必要?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 14:39
          • ↑まぁ武内PがどうこうモバPがどうこう言ってくるアホ対策やろ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 15:01
          • 普通に料理してきたのに、時空間系魔法が発動したw
            あーちゃんと一緒に美味しいもの食べたい
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 15:05
          • 幸子達や菜々さん達のCMが良かったな。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 15:13
          • 世界レベルさんは便利だけど諸刃の剣なんだなって
            勢いは凄かったけど明らかにテンポおかしくなったしチャーハンだけで相当尺取った一因だし

            ちゃんみお流男子飯は育ち盛りの中高生にはウケるがそこからずれると量の暴力になりかねないから婚活にはあまり役に立たなそう
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 15:54
          • 略称はピンチェやろ
            ピンスク()とかいってるのはニワカwww
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 16:18
          • 藍子ちゃんとお菓
            子作りしたい
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 16:23
          • 途中で飯食わなきゃ即死だった
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 16:39
          • モバマスでありす以外だと誰がメシテロで有名なんだ?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 16:43
          • ※12
            じゃあ俺は卯月と犯し子作りする!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 16:46
          • 恐るべしゆるふわ時空間魔法……w
            流石にSSでまとめるには9品+αは多すぎたっぽいねー面白かったけども
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 16:55
          • ヘレンさんに全部持ってかれた感ww
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 17:07
          • じゃあ俺はとときんとおかしパーティーしてくるよ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 17:08
          • 面白かった
            こういうの読むと実際に作ってみたくなる
            明日あたりやってみようかな
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 18:31
          • 腹減ったなあ
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 19:42
          • ※14

            ありす以外に同じアイプロでユッキもおにぎりの中に枝豆(鞘付き)ぶっさした奴だしてくるけど…
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 20:22
          • 名字が速水ってだけでオリーブオイルを高い所からかける係にされる奏ちゃん…
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月14日 20:58
          • 出来ないなら書かなきゃいいのに
            言い訳してまでやる理由って何なんだろう。
            家族でも監禁されてんの?
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月15日 00:14
          • やたら頻出する墨付き括弧がうっとうしいし読み辛い
            あとCMやらなんやら冗長感はんぱなかった
            別のSSに小分けすりゃいいのに
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月15日 08:01
          • ※14
            ナタ―リアのバナナ寿司はクラリスが顔色悪くなるレベルでヤバかった
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月15日 10:02
          • 5  
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月15日 11:51
          • 長い。なにがしたいのかよくわからん。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月16日 01:21
          • 長いけど割と面白かった
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月16日 02:49
          • この時間に読むべきではなかった
            お腹すいたーん
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月16日 10:05
          • 途中で冗長感あったけど概ね面白かったし何より可愛かった
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月16日 16:34
          • 自分で試してみたいのがいくつか ヨダレったわ
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月16日 16:39
          • 4 楽しかったぞ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月17日 19:02
          • これ、料理作った写真入りの続きがあるぞ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月17日 21:40
          • りーなが文香の弁当作るSSあったけど、あれの人?違うか…な?
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月30日 02:10
          • 中高生男子にウケる飯を作れるちゃんみお
            すなわち、本田さんはみんなのry
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月31日 00:54
          • 5 なんと幸福なSSなんだ・・・!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • モバP「寝起きのあさん」
        • モバP「寝起きのあさん」
        • モバP「寝起きのあさん」
        • モバP「寝起きのあさん」
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ