TOP

ボッスン「瀬尾結月?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:14:30.44 ID:WmfW37zp0

ある日

ヒメコ「あー……暇やわー」

ボッスン「暇ってお前、一応毎日仕事してるだろ」

ヒメコ「せやけどアタシ全然身体動かしてへんもん」

ボッスン「そうだっけ?」

ヒメコ「……なぁボッスン、アタシ思うねんけど」

ボッスン「なんだよ?」

ヒメコ「最近、運動部の助っ人の依頼全然こないんやけど……」

ボッスン「あっ!! そういえば……」

ヒメコ「なんでやろなぁ……ついこの前まで依頼あったはずやねんけど」

スイッチ『恐らく……彼女の仕業だ』

ボッスン「『彼女』?」

スイッチ『二年の瀬尾結月さんだ』

ボッスン「瀬尾結月?」



2: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:15:17.13 ID:WmfW37zp0

ヒメコ「あ、知ってる!! 中谷さんと同じクラスの人や!! ……せやけどなんでその人の所為で運動部の助っ人が来ないんや?」

スイッチ『彼女が運動部で暴れてるからだ』

ボッスン「あ、暴れてる!?」

スイッチ『反則上等のプレイは当たり前だ』

スイッチ『本人曰く退場するまでがゲーム、だそうだ』

ヒメコ「迷惑やん!!」

ボッスン「あ!! もしかして……そいつが暴れてみんな怪我して動けなくて……俺達に助けを求めたくても求められないとかか!?」

ヒメコ「違うやろ!! 『スケット団に行くな』とか脅迫されてるとかとちゃうんか!?」

スイッチ『反面教師になるから依頼をする必要はないそうだ』

ボッスン・ヒメコ「反面教師!!?」



3: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:15:44.49 ID:WmfW37zp0

スイッチ『嫌な対戦相手との戦いを想定したシミュレーション、自己中なプレイを自戒するためだそうだ』

ヒメコ「ほ、本人はそれ知っとるんか?」

スイッチ『知らない』

ボッスン「あー……だからか」

ヒメコ「なんやボッスン」

ボッスン「最近キャプテンと振蔵がなんかイキイキしてると思ってさー……本人達曰く『チームの団結力が強まった』らしくてさー」

ヒメコ「あー……それは瀬尾さんの仕業やろな」

ボッスン「そっかー……どういう形であれそいつも助っ人してんだなぁ」



4: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:16:28.19 ID:WmfW37zp0

ガラガラ……

??「すいません!! スケット団の部室って……ここであってますか!?」

ヒメコ「おう、あっとるで」

ボッスン「依頼か?」

??「はい!! どうしても助けてほしくて……」

スイッチ『よし、まずは名前から聞こう』

??「はい!! 俺……一年の若松博隆って言います!! バスケ部です!!」



5: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:16:58.64 ID:WmfW37zp0

ボッスン「若松くんか、よろしくな」

ヒメコ「依頼の内容はなんや?」

若松「先輩を……」

ボッスン「先輩?」

若松「瀬尾先輩をなんとかしてください!!」

ボッスン「せ、瀬尾ぉ!?」

ヒメコ「瀬尾先輩って……あの瀬尾結月のことやろか」

若松「はい!! その瀬尾です!!!」

ボッスン「おいちょっと待てよ、なんだかんだで瀬尾はみんなにとって助かってるんじゃ……」

若松「俺にとっては迷惑その物なんです!!」

スイッチ『詳しく聞かせてもらえないか?』



6: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:17:36.35 ID:WmfW37zp0

ヒメコ「……なるほど、アンタにボールがいっぱいぶつけられてるわけやな」

若松「そうなんですよ……」

ヒメコ「よっぽどアンタのこと嫌いやなそれ」

ボッスン「お前、彼女に何かしたのか?」

若松「なんも心当たりがないんですよ!!」

若松「あの人はいつも俺を振り回して……俺だけ休憩時間に絡んでくるし!!」

若松「パシらされるし!! 肩揉まされるし!! 俺だけ荷物持ちされるし!!」

若松「そのままファミレスまで連れて行かれるしご飯奢られるし!! 俺にだけお土産買って来てくれるし!!」

ボッスン「それ気に入られてるよね!!?」



7: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:18:02.99 ID:WmfW37zp0

若松「だから俺はちゃんと怒ってるんですよ!!」

若松「目が合った時は睨んで……でもそれだけじゃ失礼なので挨拶も入れて……」

ボッスン「それ怒ってる風に見えなくね!?」

ヒメコ「ただの顔が怖い人やん!!」

若松「最近は姿を見かけたら挨拶しながら飛んで行ってます!!」

ヒメコ「それ懐いてるようにしか見えへん!!」

ボッスン「若松!! 多分それお前にも原因あるぞ!?」

若松「ええっ!?」



8: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:18:42.82 ID:WmfW37zp0

若松「で、でも!! その後放課後屋上に呼び出して……もう来ないでくださいって言ったんですよ!! それでも効果なくて……」

ヒメコ「ちょっとやそっとじゃやめてくれへんなそれは」

若松「お願いです……あの人といるとストレスが溜まって……もう我慢の限界なんです!!」

ボッスン「おっしゃ!! そこまで言うなら任せとけ!!」

若松「あ、ありがとうございます!!」

スイッチ『ボッスン、どうするんだ?』

ボッスン「そうだな、まずは……瀬尾本人に直接会いに行ってみるか」

ヒメコ「アタシらも?」

ボッスン「俺とヒメコで行こう、スイッチは待っててくれ」

スイッチ『ああ』



9: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:19:13.12 ID:WmfW37zp0

ボッスン「確か若松の話だと瀬尾は2-Aに……」

振蔵「これはこれはボッスン殿にヒメコ殿」

ヒメコ「おーそういや振蔵もA組やったな。瀬尾さんおる?」

振蔵「いるでござるよ……瀬尾殿!!」

瀬尾「んー」

ボッスン「!!!」

振蔵「ボッスン殿がお呼びでござる」

瀬尾「おースケット団じゃーん」

ボッスン「……アンタに話がある」

瀬尾「あれだろ? 私をスケット団にスカウトしに来たんでしょ? 最近の私、色んな部活で活躍してるし」

ヒメコ「ちゃうわ!!」



10: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:19:49.69 ID:WmfW37zp0

瀬尾「若にボール当てるのをやめろ?」

ボッスン「ああ、これ以上当て続けたら若松の身体が持たないかもしれないんだ」

ボッスン「だからさ、どうせ助っ人として部活に出るならボールを当てない以外の方法でさ……」

瀬尾「いやだ」

ヒメコ「は?」

瀬尾「ボール当てないバスケなんてバスケじゃないでしょ」

ボッスン「いやバスケだから!! それドッジボールだから!!」

瀬尾「あ!! もうバスケ部やってんじゃん!! 行こっーと!!」ダッ

ボッスン「あっちょっと!! 待てって!!」



11: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:20:26.70 ID:WmfW37zp0

ボッスン「分かってたけどダメだった……」

スイッチ『そうか』

ヒメコ「若松はどこ行ったんや? おらへんけど」

スイッチ『部活に行った』

ボッスン「マジか……まずいな、今ごろまたボール当てられてるかもしれねえ」

スイッチ『二人が行ってる間に俺も色々瀬尾さんに関連する情報を収集してきた』

ボッスン「なんかやめてもらえそうな方法とか分かったか?」

スイッチ『ソフトボール部のみんなはデッドボールを素早く躱せるようになった』

ヒメコ「どうでもええわ!!!」

スイッチ『あと瀬尾さんはキャプ食いで爆笑してたそうだ』

ヒメコ「ホントどうでもええわ!!!」



12: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:20:58.68 ID:WmfW37zp0

ボッスン「よしお前ら!! 急いで体育館に行くぞ!!」

ヒメコ「せや!! 若松の為にもはよ行かへんと!!」

スイッチ『ああ』














瀬尾「おっしゃああああ!!! 今日もボール当ててやるぜーーーーー!!!」

鉄平「また瀬尾さんが!!」

若松「大丈夫ですよ杉原先輩!! 俺が全部……受け止めてみせます!!」

瀬尾「そーれ!!」ブン!!

ガン!!

ボッスン「いってえええええええ!!」

瀬尾「えっ」

鉄平「ボッスン!!」

若松「藤崎先輩!!」

ボッスン「あ、あぶね……」



13: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:21:31.06 ID:WmfW37zp0

スイッチ『大丈夫かボッスン』

ヒメコ「間に合ったみたいやな」

ボッスン「若松……お前いつもこんなん喰らってるの?」

若松「は、はい……」

ヒメコ「ボッスン!! その前に顔!! めり込んどるで!!」

瀬尾「折角若に当てようとしたのに邪魔すんなよー」

ボッスン「そうはいくか!! それを阻止するのが俺達スケット団の役目だ!!」

ボッスン「瀬尾!! アンタが若松を気に入ってる気持ちは分かる!!」

ボッスン「けどアンタ、ボールぶつけられてるやつの気持ち考えたことあんのかよ!! どれだけ辛えか分かってんのかよ!!」

ボッスン「他人が嫌がることを……するんじゃねえよ!!」

瀬尾「あはははははは!!!」ブンブン

「瀬尾が暴れてるぞーーー!!!」

ボッスン「無視しないで!! 無視したらなんか凄い恥ずかしいから無視しないで!!///」



14: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:22:01.62 ID:WmfW37zp0

ヒメコ「いい加減やめーや!!」

ガシッ

瀬尾「えっちょっと」

若松「鬼塚先輩!!」

ボッスン「いいぞヒメコ!!」

ヒメコ「ラフプレイなんてやられてる側は楽しくないやろ!!」

瀬尾「ねー離してよー」

ボッスン「瀬尾……アンタがボールを人に当てるのが好きなのは分かった」

ボッスン「だったら……それが許されるスポーツをしねえか」

ボッスン「さぁ……俺達とやろうぜ」

若松「!! まさか藤崎先輩……瀬尾先輩にドッジボールを……」

ボッスン「……ジェネシスをよ」

若松「ジェネシス!!!!?」



15: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:22:35.60 ID:WmfW37zp0

ヒメコ「ちょ……ボッスン!! なんでジェネシスやねん!!」

ボッスン「俺の得意スポーツっつったらこれしか思い浮かばねーもん!!」

瀬尾「ねーねー。 ジェネシスって何?」

ボッスン「新感覚のスポーツだ。 やるか?」

瀬尾「面白そう!! やる!!」

ボッスン「よし!! じゃああっちでやろうぜ!!」ダッ

瀬尾「わーい!!」ダッ

ヒメコ「ちょっ……ボッスン!!!」ダッ

スイッチ『バスケ部の皆さん、お邪魔しました』ダッ

鉄平「ボッスン達行っちゃった……」

若松「そうですね……」

若松「……っは!! 瀬尾先輩が……いない!!」

鉄平「まさかボッスン達が身代わりに……」

若松「藤崎先輩達……俺の為に……」



16: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:23:07.35 ID:WmfW37zp0

ボッスン(よし……これでなんとかバスケ部から追い出すのには成功した)

ボッスン(問題はその後だ……)

ボッスン「よーし……コートはここでいいか」

ヒメコ「ボッスン……本当にやるんか?」

ボッスン「ああ」

瀬尾「ねーねー早くルール教えてよー」

ボッスン「いいか? まずはウォークライダンスを踊るんだ」

瀬尾「何それ」

ボッスン「俺がお手本を見せる、よく見とけ」

瀬尾「うん」

ボッスン「ハーイハーイハーイハーイトーントーントーントーン」

瀬尾「えっ何それ」

ボッスン「これを踊らないとジェネシスはできないぜ」

瀬尾「分かった。 やるやる」

瀬尾「ハイハイハイハイトントントントン」

ボッスン「違う!! 足の角度が微妙に違う!!」

瀬尾「えっ」

ボッスン「いいか!! 安直な気持ちでジェネシスをやるんじゃねえ!! 一つ一つの行為に魂を込めろ!!」

ボッスン「もう一度やる!! よーく見ておけ!! ハーイhヒメコ「はよ始めろや!!!」



17: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:23:33.63 ID:WmfW37zp0

スイッチ『スローライフ!!』

ボッスン「スイッチ早い!! まだフリップオアフロップやってないから!!」

瀬尾「……なんかわけわかんねー単語出てきて難しそーなスポーツだなー。 バスケ部に戻っていい?」

ヒメコ「ちょ、ちょい待ち!! 簡単やから!! 簡単で面白いスポーツやから!!」

ボッスン「……フリップオアフロップをやる必要はねぇ。 瀬尾、アンタからアタッカーでいいぜ」

瀬尾「アタッカー?」

ボッスン「俺にボールを当てるんだ。 やりたいだろ?」

瀬尾「やりたい!!」

ボッスン「よし、それじゃあ早速当てる時のルールだけど……」

瀬尾「それ!!」ブン!!

ボッスン「はうっ!!」

スイッチ『ラブンラブ!!』ピーーッ!!!

ボッスン「お願いだからぁ!! 話をちゃんと聞いてぇ!!」

瀬尾「分かった分かった。 悪かったから泣くなよー」



18: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:23:59.63 ID:WmfW37zp0

瀬尾「よーするに交代しながら2ゲーム取った方が勝ちってことね」

ボッスン「そういうこと」

瀬尾「よーし!! そうと決まれば当てるぞーー!!」

ボッスン「ふっ……ジェネシス世界チャンピオンの俺にボールを当てるなんz瀬尾「シュート!!」ブン!!

ボッスン「あんっ!!」

ヒメコ「かっこ悪!! ボッスンかっこ悪!!」

スイッチ『しかし彼女の投げたボールのスピードは尋常なかったな』

ボッスン「こ、これが……瀬尾結月……」

瀬尾「ねーねー。 次のボール投げていい?」

ボッスン「……少し……燃えて来た……!!」

ヒメコ「ゾロの顔芸せんでもええわ!!!」



19: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:24:46.99 ID:WmfW37zp0

スイッチ『こうして二人の熱い戦いが繰り広げられた』















ボッスン「よっと」ヒョイ

瀬尾「あ、避けられた」













ボッスン「オラァ!!」ブン

瀬尾「いてっ」
















スイッチ『二人は接戦を繰り広げた』

ヒメコ「いや繰り広げてないやろ!! 今の瀬尾さん当たってるし避けられてるやん!!」

スイッチ『こうしてジェネシスは2-0で瀬尾さんが勝った』

ヒメコ「ボッスン負けたんかい!!」



20: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:25:14.98 ID:WmfW37zp0

ボッスン「はぁ……はぁ……」

瀬尾「あー楽しかったー」

ヒメコ「ボッスン!! 時間見ろや!!」

ボッスン「時間……?」

ヒメコ「バスケ部終わってる時間や!! なんとかなったで!!」

ボッスン「……」

スイッチ『無事若松くんも部活ができただろう。 帰ろう』

ボッスン「……まだだ」

ヒメコ「へ?」

ボッスン「負けっぱなしのまま引き下がれるかよ……」

ヒメコ「は?」

ボッスン「瀬尾!! もう一度俺と勝負しろ!!」

ヒメコ「はぁ!!?」

瀬尾「よっしゃ!! もう一回ボコボコにしよーっと!!」

ヒメコ「ちょ、ボッスン!! もうやらなくてええやろ!!」

スイッチ『言っても無駄だヒメコ、火がついたボッスンには誰にも止められない』

ボッスン「ラフプレイなしでかかってこい!!」

瀬尾「ぶっ飛ばす!!!」



21: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:25:49.40 ID:WmfW37zp0

その後

野崎「若松、やけに嬉しそうだな」

若松「はい!! これもスケット団の皆さんのおかげです!!」

野崎「……何かあったのか?」

若松「瀬尾先輩、部活に来なくなったんです!!」

野崎「そうだったのか……」

野崎(流石スケット団、しかしどうやってあの瀬尾を……?)












瀬尾「よっしゃ!! 授業終わり!! ジェネシスやろうぜ藤崎!!」

ボッスン「いいぜ!! 来いよ!!」

ヒメコ「ちょ……ボッスン!! スケット団の仕事はどないすんねん!!」

ボッスン「ジェネシストにはな……逃げられない戦いがあるんだよ」

ヒメコ「いや逃げろや!!! そっち優先せんでもええやろ!!」

スイッチ『しかしヒメコ、そうしないと若松くんが困ることになるぞ』

ヒメコ「せやけど……せや、瀬尾さんも部活行かへんでええの?」

瀬尾「声楽部? 大丈夫大丈夫」

ボッスン「ほら!! 速く外出ようぜ!!」

瀬尾「よっしゃ!!」

ヒメコ「……遠くに行きおった」



22: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:26:18.63 ID:WmfW37zp0

ガラガラ……

若松「失礼します!!」

ヒメコ「あ、若松」

若松「この間はありがとうございました。 ただ、また新しい悩み事が……」

スイッチ『なんだ?』

若松「……レライさんが」

ヒメコ「ん?」

若松「ローレライさんが新曲を出さなくなったんです!!」














声楽部

部員「瀬尾さん、今日も部活に来ないのね」

部員「今日もスケット団とジェネシスをやるそうよ」

~終わり~



23: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:28:01.28 ID:WmfW37zp0

浪漫「へっ!? 終わり!? ちょっと待って!!」

浪漫「私と野崎くんの対談シーンは!? 千代ちゃんがどうやったら野崎くんに告白できるか相談にくる話は!? 御子柴くんが赤面するのを克服したいが為にスケット団に頼る話は!? 鹿島遊VS榛葉道流のイケメン対決は!?」

浪漫「スケットダンス×野崎くんのクロスネタなんていっぱいあるじゃない!!」

浪漫「……はっ!!」

浪漫「でも……このSSを読んでくれた貴方なら……書いてくれるわよね?」

本当に終わり



元スレ
ボッスン「瀬尾結月?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474978470/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月27日 22:40
          • スケダンも野崎くんも好きな俺得ss
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月27日 22:51
          • 5 スケ団のトークの再現度高いしテンポも良いクロスssでした
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月27日 22:57
          • スケット団いまだにCV脳内再生余裕やわw
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月27日 22:59
          • スケットダンスのssは良作多いから嬉しいわ

            以前あった淫夢のクロスもヒメコのツッコミの再現率が異常すぎて腹抱えて笑ったし
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月28日 00:21
          • 思いのほか相性いいなw
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月28日 02:11
          • 脳内再生が簡単にできて驚いた
            キャラのタイプが似てるからかな?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月28日 17:29
          • スケットダンス大好きやわー俺得俺得
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月28日 20:05
          • スケットダンス自体濃いキャラが多いから野崎くんのキャラなら違和感なく馴染めるね

            なかなか面白かったです
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月28日 22:23
          • 懐かしいなーって思ってたけど脳内再生余裕でした
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月03日 01:17
          • 思ったより違和感なく馴染んでたな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • 【アズールレーン安価】QE「優雅なお茶会」ベルファスト「その2」【アズレン】
        • 男「元奴隷が居候する事になった」【安価有】
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ