TOP

モバP「海のいる部屋」

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 14:42:02.90 ID:62dShHzp0

---山口県 杉坂家の一室---



ガラッ



海「あー、やっと着いたー♪」

P「よいしょっと...はぁ...」

海「Pさんはこの部屋使っていいからね...って、どうしたの?」

P「いやなに...その...」

海「ふふっ♪なぁに?もう疲れちゃった?」

P「す、少しな...海はタフだなぁ...」

海「Pさんが弱すぎなんだよ」

P「お、俺ももう若くないのかな...」

海「なーに言ってんの!まだまだでしょ♪」バシッ!

P「あいててっ...」

海「この部屋はね、海が見えるんだよ、ほら」

P「おー、本当だ...綺麗に見えるなぁ」

海「でしょ?まあ、とりあえず荷物置いてゆっくりしてなよ、ごはん出来たら呼ぶから」

P「ああ、でも悪いな、休みもっと取れればよかったんだけど5日しか取れなくて」

海「まあしょうがないよ、忙しいんだし、休み取れただけでも良しとしなきゃ」

P「それに...海の帰省についてきたばかりか実家にまで泊めてもらって...」

海「いいんだって、ていうか元々はウチが誘ったんだからさ、それに弟たちだってPさんと会いたがってたんだし」

P「そうか...」

海「そうそう、なにもないとこだけどゆっくりしてってよ」

P「そうだな、じゃあそうさせてもらうよ」

海「あ、あとウチの部屋は隣だからなにかあった時は呼んでね?」

P「ああ、わかったよ」

海「へへっ、じゃ後でね♪」






3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 14:44:55.94 ID:62dShHzp0

杉坂海(18)

no titleno title



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:04:41.30 ID:62dShHzp0

------



P「ふぃ~、食いすぎた...」

P「海のやつ、料理は人並みだって言ってたけどまさかあれほど美味いとは...」


トントン


海『Pさん?入ってもいい?』


P「おお、いいぞ」


ガラッ


海「よっ♪お腹いっぱい?」

P「ああ、海の料理がうますぎてなぁ...」

海「へへっ、大げさだね、でもPさんに食べさせるんだから腕を振るっちゃったよ♪」

P「ごちそうさまでした...それで、どうしたんだ?」

海「デザートにアイス持ってきてあげたんだけど...食べる?」

P「おっ、食べる食べる」

海「はいどうぞ、ふふっ♪あんなに夕飯食べたのにまだ入るんだ」

P「甘いものは別腹だ、はむっ...」

海「ったくもう...そんなんだと太っちゃうよ?」

P「...キヲツケマス」

海「でもまあ大丈夫かな、食べた分明日は運動してもらうし」

P「運動?なんのだ?家の手伝いとか?」

海「へへっ、ナイショ♪でも明日になったらわかるよ」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:06:03.20 ID:62dShHzp0

P「ふーん...」

海「どしたのさ?まだ疲れてるの?」

P「そうじゃない、ただなんか変な感じだなと思ってさ...」

海「なにが?」

P「いや...事務所でも仕事先でもない、こうやって海の実家に俺がいるっていうのが...なんか...」

海「不思議な感じ?」

P「まあ、少しな...」

海「ふふっ、変なPさん♪いいんだよ?自分の家だと思ってゆっくりして」

P「そう言われてもだな...」

海「ウチはさ...わりと嬉しいよ?」

P「えっ?」

海「ウチの家にPさんがいるのは...なんか...嬉しい...」

P「海...」

海「な、なーんてね!こういうのはウチのキャラじゃない...かな?」

P「...いや、いい」

海「いい?」

P「...すごく、可愛い」

海「ば、バカっ!そういうセリフいきなり言うのは...」

P「なんだ?」

海「...ズルい」


チュッ



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:07:03.43 ID:62dShHzp0

P「んっ...」

海「ちゅっ...んむっ...ふふっ♡」

P「どうした...?」

海「ふふっ...Pさんの口...アイスの味がして...甘い♪」

P「海...」

海「やっ...んんっ...ちょっ...待って...」

P「海ぃ...」

海「ダ...メっ!」グイッ

P「うおっと...」

海「もー...Pさんすぐそうやって...」

P「ご、ゴメン...」

海「お、弟たちもいるんだからさ...家にいる間は...ダメだって」

P「お、おう...そうだな...」

海「う、うん...」


P「......」

海「......」


海「じ、じゃあウチ、もう行くから...」

P「あ、ああ...」

海「あ、言い忘れてた、Pさんは明日6時起床ね?」

P「6時?ずいぶん早いな...」

海「だから言ったでしょ、明日は運動してもらうって」

P「お手柔らかに頼むな?」

海「へへっ、わかってるよ♪」

P「おう、それじゃおやす...」


チュッ


海「...オヤスミ♡」


ピシャッ


P「...ああ、おやすみ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:10:21.45 ID:62dShHzp0

---二日目 夕方---



ガラッ


P「うあぁ~...」ドサッ

海「ちょっとちょっとPさん、大丈夫?」

P「こ、腰がぁ...」

海「もー、だらしないなぁ」

P「う、ウインドサーフィンって...こ、こんなに疲れるのか...」

海「まあね、結構腰にくるんだ、ウインドサーフィンやってる人は慢性的に腰痛持ちの人とか多いんだよ?」

P「お前、そんなのを俺にやらせるなんて...こ、殺す気か...」

海「大げさだなぁ、でも一日でこんなになるなんてやっぱり運動不足なんじゃないの?」

P「そ、そうかも...」

海「仕方ないなぁ、布団敷くから横になってよ」

P「す、すまん...」

海「いいっていいって、ついでにマッサージもしてあげるね」

P「頼む...」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:11:44.21 ID:62dShHzp0

P「あ”~...」

海「気持ちいい?」

P「うん...」

海「へへっ、じゃあもっとしてあげる♪」

P「おぉ、そこそこ...そこいい...」

海「やっぱいろいろ溜まってるんだね、Pさんは」

P「ん~、まあな、仕事してるとどうしても...」

海「じゃあウチに言いなよ、マッサージくらいならいつでもしてやるからさ」

P「マジか?」

海「マジマジ、こう見えてもウチ上手いんだよ?親の肩とか腰とか揉んだりしてたし」

P「そうかぁ...海は昔からよくできた子だったんだなぁ...」

海「えーっ?そんなことないよ」

P「いやいや、ホントよくできた子だと思うぞ」

海「そう?」

P「そうだよ、よく気が付くし、世話焼きだし...あっ、あと料理がうまい」

海「あはは、そっかそっか♪」

P「それから...えーっと、あれだ」

海「なあに?」

P「お○ぱいもでかいし...」

海「もーっ!すぐにそういう方向にもっていく!」

P「あだだだだ!痛い痛い!」

海「まったく...疲れて元気ないと思ったらずいぶんと余裕があるみたいだね」

P「そ、そんなことは...」

海「あんまりそんなこと言ってると...」

P「な、なんだよ?」


海「もう触らせないよ?」


P「ええっ!?そ、そんな...」

海「あははっ!冗談だよっ、ジョーダン♪」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:12:31.37 ID:62dShHzp0

P「あっ...な、なーんだ冗談か...」

海「もー、そんなこの世の終わりみたいな顔しなくたっていいでしょ?」

P「い、いやぁ...ちょっとビックリして...」

海「ふふっ、はいおしまい」

P「お、おう...ありがとな」

海「Pさんって、結構スケベだよね」

P「えっ!?そ、ソンナコトナイヨー...」

海「ふーん♪」ニヤニヤ

P「ほ、本当だぞ?」

海「...あー、なんか暑いなぁ」

P「?」


海「あっついあっつい...はぁ、暑い...」パタパタ


P「おぉ...」ジー...

海「ほーら、やっぱり見た♪」

P「お、お前わざと...」

海「ふふっ、やっぱりスケベだね、Pさんは♪」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:13:23.40 ID:62dShHzp0

P「ぬぅぅ...お前そんなことするやつだったっけ...?」

海「うーん、まあ普段のウチならこんな事しないだろうなぁ」

海「...でも、今のウチはうかれてるからね」

P「うかれてる?」


海「だってPさんとふたりでさ、のんびりするのって...久々でしょ?」


P「...そういえばそうだな」

海「お仕事は楽しいし、忙しく走り回るのも好きだけど...」

海「でも...」


ポフッ


海「たまにはこうやってPさんにもたれかかって、一休みするのもいいよねっ♪」

P「そうか...」

海「荒波みたいな忙しい時間は今だけ忘れて、穏やかな風みたいなゆっくりとした時間をPさんといっしょにいられる...」

海「そう思うとなんだか嬉しくってさっ、ついついうかれちゃうんだ♪」

P「海...」

海「それに、Pさんがウインドサーフィンをおっかなびっくりやってるのがおかしくってね♪」

P「し、しょうがないだろ初めてだったんだから!」

海「でもさぁPさんったら、ウチの手を握りっぱなしで...まるで子供みたいに怖がってて...ふふふっ♪」

P「こいつめぇ...」

海「ふふふふっ♪」


チュッ


海「ゴメンゴメン、機嫌直してよ♡」

P「...イヤだ」

海「えーっ?もうしょうがないなぁ...」


チュッ



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:15:53.37 ID:62dShHzp0

海「んっ...♡」

P「んむっ...んっ...」

海「Pさん...」

P「海...」

海「機嫌直った?」

P「ああ、でももうちょっとだけ...」

海「うん、いいよ♪ちゅっ...」


『おーい、ねえちゃーん』


海「っ!?ぷはっ...な、なに!?」


『あっ、こっちの部屋にいたのか」


海「う、うん...どうかした?」


『晩飯まだー?腹減ったよー』


海「そっか...もうそんな時間...すっかり忘れてた...」

P「...海」

海「んんっ...ちょっと...!」


『ねえちゃん?』


海「ちゅっ...ご、ゴメン...すぐに...んむっ...作るから...」


『おう、よろしくねー』


海「んっ...ぷはっ...もう、なに考えてるの!」

P「いや、ここで中断ってのも...」

海「なんとなくじゃないよっ!家にいる間はダメだって言ったのに、もしバレたら...」

P「わかってる...」

海「んむぅっ...も、もう...スケベ...ちゅっ...」

P「ぷはっ...本当にイヤだったら払いのけていいぞ?」

海「......」

海「...ズルいよ、そんなの」

P「んっ...♡」



ちゅっ...ちゅっ...






12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:20:00.47 ID:62dShHzp0

---三日目 夜---



ガラッ



P「ふぃ~、今日も疲れたなぁ、遊びすぎて脚がガクガクだ...」

海「ふふっ、お疲れ様、弟たちに付き合ってもらってありがとね」

P「なんのなんの、動き回った分だけ晩御飯が美味いってもんだ」

海「ありがと♪それより脚大丈夫?揉んであげよっか?」

P「いいや大丈夫だ、にしても海の弟たちはタフだなぁ、あんなに走り回ってたのに帰りも元気いっぱいだったし」

海「いつもあんな感じだからね、それにPさんがいるから弟たちも普段以上にはしゃいでたんだよ、前から楽しみにしてたみたいだからね」

P「へぇ、そうなのか...」

海「でも危なっかしいんだよ、普段から遊びに行くと弟たちの誰かは必ず小さなケガとかして帰ってくるし...こっちは気が気じゃないよ」

P「なるほど、なんとなく想像つくな...」

海「でしょ?ホント心配でさ、いつも危ないところに行くな、高いところに登るなって言ってるのに聞いてくれなくて...」

P「......」ジー...

海「んっ、なに?」

P「いや、ホント海はお母さんみたいだなと思ってさ...」

海「またそれ?もー、朋といいPさんといい...」

P「あれ、もしかして嫌だったのか?」

海「いやっていうか...うーん...」

P「別にバカにしてるわけじゃないんだぞ?朋も俺もむしろしっかりしてるって褒めてて...」

海「知ってるよそんなの...でもさ」

P「なんだ?」

海「ウチまだ18だし...お母さんみたいだって言われるのはなんか...ねぇ?」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:20:35.84 ID:62dShHzp0

P「あー、なるほど...」

海「褒めてもらえるのはもちろん嬉しいし、周りの世話を焼くのは嫌いじゃないんだけど...」

海「たまには...その...甘えてみたいっていうか...ワガママのひとつくらい言いたい時だって...」

P「......」

海「...でもまぁ、ウチがしっかりしてないとPさんも朋もだらしなくなっちゃうし、しょうがない...」

P「...よし、わかった」

海「へっ?」

P「そういえば海の実家に来てからご飯作ってもらったりサーフィンさせてもらったり、海に世話になりっぱなしだったな」

海「いや、それは別に...ウチが招待したんだから...」

P「いやいやそれじゃダメだ、ただでさえ海には普段から色々やってもらってるんだ、たまにはちゃんとお返ししないといけないだろ?」

海「Pさん...」

P「てなわけで海、なにかしてほしいことはないか?」

海「してほしいこと?」

P「ああ、俺で出来ることならな」

海「してほしいこと...」

P「あっ、大金の絡むことはさすがに無理だぞ?俺そんなに持ってないし...」

海「そんなの頼まないよ、うーん...Pさんにしてほしいこと、してほしいこと...」

P「なんでもいいんだぞ?」

海「そう言われるのが一番困るよ、それに急に言われても...」

P「俺にしてほしいことじゃなくて、海がしたいことでもいいんだ、こんな時でもないとワガママ言えないんだから思い切って言ってみろ」

海「ウチがしたいこと...」

海「......」

海「...うん、ある」

P「おっ、あるのか!一体なんだ?」

海「えーっとね...その...」

P「なんだ?遠慮しないで言ってみろ」

海「こ...」

P「こ?」



海「今夜はさ...もうちょっと遅くまでこの部屋にいても...いい、かな?」







14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:21:15.84 ID:62dShHzp0

---四日目 夜---



P「んが~...」

海「ちょっとちょっと、大丈夫?」

P「らいじょーぶだ、これくらい...」

海「大丈夫じゃないでしょ、足元に気を付けてね?」

P「わーかってるわかってる...よっと」ドサッ

海「今お布団敷くからね?」

P「おー、ありがと...」

海「ったくもう~、明日帰るからってお父さんったらこんなに飲ませて...」

P「いや~、海のお父さんはいい人だなぁ...」

海「Pさんもお父さんから注がれたお酒、全部飲まなくてもいいんだよ?」

P「いやいや、海のお父さんからのお酒を断るわけには...」

海「もー、そのうち酔っぱらって倒れちゃっても知らないから」

P「なぁんだよ海、そうやって俺をいじめるのかぁ...?」

海「別にいじめてるわけじゃ...」

P「こーら、こっちこい!」グイッ

海「わわっ!ち、ちょっと...」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:21:52.70 ID:62dShHzp0

P「海ぃ...」ギュウウウウウウ

海「もー、離してってば、お酒臭いよ...」

P「むぅぅ...ゆうべはあんなに甘えてきたのに...」

海「わぁぁ!禁止!それ言うの禁止!」

P「実家ではダメだって言ってたのにぃ、結局海の方からぁ...」

海「あうっ...」

P「『もっとキスして』とか『離しちゃイヤ』って言ってきたじゃないかぁ...」

海「や、やめてったらもう...」

P「海...」

海「ほ、ほらもう寝なって...お布団敷くから...」

P「...かわいいなぁ」

海「ふぇっ?」

P「かわいいなぁお前は...」

海「な、なに急に...」

P「かわいいかわいい、かわいいなぁ...」ナデナデ

海「ひゃっ...」

P「あ~、なんでこんなにかわいいんだ海は...」

海「Pさんってば...」

P「...こんなにかわいいのになぁ」

海「えっ?」

P「いろいろさせてゴメンなぁ...」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:22:45.93 ID:62dShHzp0

海「Pさん...?」

P「海はまだ18なのにこんなにしっかりしてて...」

P「18なんてまだまだ遊びたいだろうし、誰かによりかかりたい年頃なのに...」

P「俺が18の頃なんてちゃらんぽらんで...自分ことしか考えてなかったのになぁ...」

P「海はもう自分の事より他人の事を考えられる子だもんなぁ...」

P「本当ならもっと俺に甘えさせなきゃいけないのに...」

P「ゴメンなぁ、頼りないプロデューサーで...」

P「本当にゴメンなぁ...」

海「Pさん...」

P「ゴメンなぁ海...」ギュウウウウウウ

海「...ありがと、やっぱ優しいねPさんは」

海「でも、ウチ大丈夫だよ」

海「...まあ、正直思うところはいろいろあるけど、やっぱりこれがウチなんだ」

海「周りの事が気になったり、人の世話を焼きたがる、それがウチの性分」

海「困ってたら手を貸してあげたいし、なにかしてあげたいって思う...」

海「へへっ、ただのおせっかいかもしれないけどね♪」

海「でも...やっぱりほっとけないんだ、どうしても...」

海「それに、なんだかんだで好きなんだ、人のお世話するのって♪」

海「だからさ、謝らないでよ...ウチは大丈夫だからさ」

海「だって疲れたり辛くなったら...Pさんがいるもん...」

海「Pさんと話したり、Pさんのことからかったり...」

海「...ゆうべみたいに愛してもらったり」

海「Pさんがウチに元気をくれるから...大丈夫」

海「気づいてないのかもしれないけど、ウチは結構Pさんに甘えてるんだから♪」

海「だからね...負い目を感じる必要なんて少しもないよ?」

海「ウチに世話させてよ、これからも...ねっ?」


P「......」


海「...Pさん?」


P「くぅ...くぅ...」


海「ふふっ、寝ちゃった♪」

海「相変わらずしまらないね、Pさんは...」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:24:19.92 ID:62dShHzp0

P「んがっ...」


海「飲みすぎだって言ったのに...」

P「海ぃ...」

海「はいはい♪」

P「お○ぱい触らせてくれぇ...」

海「ダーメ、ったく...ゆうべあんなにしたのにまだそんな寝言言うなんて...」

P「ん~...」

海「...大変だったんだからね、声抑えるの」

P「むにゃむにゃ...」

海「はぁ、まったくもう...」




海「しょうがないから、今日もいっしょに寝てあげる...♪」







18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:24:46.78 ID:62dShHzp0

------


チュンチュン...




P「くかー...」


「...さん」


P「んんっ...」


「...て」


P「すぅ...」


「起きなさい!」


P「んがぁっ!?」


「ったくもう...いつまで寝てるの?」


P「う、海...?」


海「そうだよ、早く起きてってば、朝ご飯できてるよ」

P「...あれ?俺、ゆうべどうしたんだっけ...」

海「ウチのお父さんに散々呑まされて、ベロンベロンだったんだよ、覚えてない?」

P「うーん...なんとなくは...」

海「もー、だから呑みすぎはよくないって言ったのに...」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:28:23.05 ID:62dShHzp0

P「す、すまん...えーっと、今日はお昼くらいに出発するんだよな?」

海「うん、お父さんが駅まで送ってってくれるって」

P「そうか、じゃあ海もそれに間に合うように荷物をまとめて...」

海「もう昨日のうちにやっちゃったよ」

P「えっ、もう...?」

海「時間があるときにやっとかないとね」

P「さ、さすが海だな...俺も朝ご飯食べたら急いでやらないと...」

海「Pさんのもやってあるよ」

P「俺のも?」

海「どうせPさんのことだから出発ギリギリにならないとやらないと思ってさ」

P「ぐっ...」

海「余裕持ってやっとかないと忘れ物するよ?」

P「お、おっしゃる通りです...」

海「ったくもう...ほら早く起きて、布団片付けられないし朝ご飯冷めちゃうってば」

P「あ、あぁ...」

海「食べたら顔洗うのと歯磨き忘れないようにね」

P「さすがにそれは忘れないって」

海「どうかな~?Pさんってホントうっかりしてるし♪」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:28:52.48 ID:62dShHzp0

P「だ、大丈夫だ!今日はなにも忘れないぞ!」

海「はいはい、じゃあ早く食べてきてね、ウチは布団片付けとくから」

P「おう、わかった」


P「...海には世話になりっぱなしだな、ホントに」

P「このままじゃダメだな、俺がもっとしっかりして海の忘れ物を注意できるくらいにならないと...」


海「あっ、ちょっと待ってPさん」


P「んっ、なんだ?」

海「忘れてたよ、うっかりしてた」

P「おっ、珍しいな、なんだよ忘れ物って...」


チュッ


P「んっ...」


海「おはよっ♡」


P「お、おう...」


海「ふふっ、なにその顔?」

P「い、いや...なんだか妙に朝から機嫌がいいみたいだから...」

海「まあね♪」

P「なにかあったのか?」

海「うーん、まああったって言えばあったよ」

P「へぇー、なんだ?」

海「覚えてない?ゆうべのこと」

P「えっ?うーん、酔っぱらってたからなぁ...」

海「ビックリしちゃったなぁ、Pさんのあんな姿を見られるなんて...」

P「ええっ!?な、なんだよあんな姿って!」

海「へへっ、ナイショ♪」

P「な、ナイショって...お、教えてくれよ海ぃ!俺はなにをしたんだ!?」

海「さあね♪ほらほら、それよりボヤボヤしてると弟たちにご飯食べられちゃうかもよ?」



P「うわーっ!俺はなにを言った!?海になにを見られたんだぁーっ!?」



おわり



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 15:30:23.51 ID:62dShHzp0

駄文失礼しました~
海さんいいですよね 美人で気立てが良くて姉御肌で
信じられるか?まだ18なんだぜこの子...
こんな嫁さんもらえたら夜遊びせずにまっすぐ帰ると思います
ウミサンいろっぽ~い!
ではまた~



元スレ
モバP「海のいる部屋」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473486002/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (21)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 17:26
          • 流石はふじとものおk...お姉ちゃんだぜ!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 17:33
          • はむっ・・・
            これ駄文Pよく使うよね。

          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 17:37
          • 4 駄文P久しぶりに見た気がしたが、相も変わらずクオリティ高くてスゴいな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 17:46
          • 海ちゃん引かなきゃ(使命感)
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 18:15
          • 20歳までには結婚しそうな娘トップランカーだよね
            スーパーボディにあの性格とか無双間違いなし
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 18:28
          • 非の打ち所がないではないか!
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 18:40
          • うみさん、ってみ⇔さ入れ替えたらうさみんだな。(深い意味なし)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてふじともがお送りします
          • 2016年09月10日 18:46
          • 海ちゃ~ん、あたしのおやつはどこ~?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 20:46
          • 新衣装のウミサンに秘密のトワレ踊らせた
            惚れた
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 21:10
          • ウミサンとイチャイチャイチャしたいだけの人生だった。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 22:10
          • 初期の頃はなんとも思ってなかったのに今や出れば出るほど急上昇していくウミサン
            ウミサンとはぴはぴすうぅ出来んやつは頭おかしい

            つうわけでちょっとウミサンとはぴはぴすうぅしてくるわ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 22:24
          • 5 ああ、甘いなあ…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 22:27
          • 5
            爆死続きの俺を慰めてくれ!
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月10日 23:33
          • タクミン・ユッキ・早苗・海・みりあ・キラリ
            なぜパッションにはこうもオカン属性が多いのか
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月11日 00:45
          • あまぁぁあああい!!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月11日 00:50
          • 唐突にウサミン出てきて草
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月11日 05:54
          • 海さんいいよね……
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月11日 09:44
          • 最高の一言につきる
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月12日 13:49
          • 5 いい…

            欲をいうと「スケベ」じゃなくて「エッチ」と言って欲しかった
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月13日 14:56
          • これだけオカ…お姉さん属性高いんだからふじともが妹化するのも致し方ない
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年01月23日 14:49
          • 5 他ジャンルで何だけどウミサン好きは俺ガイルの川崎沙希も好きな気がする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【となりの吸血鬼さん】忍「あの後ろ姿は……」
        • 妹「働けよクソニート」俺「>>4(お前が働くんなら働くよ)」
        • 幼女幽霊「呪いが勝つのか、幽霊が勝つのか実験だよ実験!!」DQN幽霊「!?」
        • 荒木比奈のジュブナイル
        • 【艦これ】艦娘で学ぶ例のあの現象
        • 【バンドリ安価】戸山香澄「たられば」
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ