TOP

マルタ「……水着なんて大っ嫌い!」

1: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:15:34.22 ID:oltDoAsD0

※注意
前回はあんな呪い振る舞っておいたのに肝心の自分が引けてないよ!(血涙)
今回の水着イベントや今までのイベントのネタバレ、本編の勝手な妄想や設定捏造があります。
それが許容できる方はどうぞお楽しみください。

タラスク「ええー? ほんとにござるかぁ?」

マルタ「鉄拳聖裁ッ!」ドゴォ!

タラスク「ぐわー!? からかってすいませんでしたー!」

マルタ「それ、流行ってるみたいだけど、自重なさい。いいわね? ほら、返事!」

タラスク「す、すいませんでした姐さん……」コクコク

マルタ「……ったくもう」

タラスク「にしても、急に水着が大嫌いだなんて、どうしたんですか姐さん?
     島とかではケッコーエンジョイしてたじゃないですか」

マルタ「私だってもうちょっと慎ましくしたいのよ!
    なのになーんかこの水着だとハッチャケちゃうというかなんというか……!」

タラスク「仕方がないんじゃないですか? ほら、いつもの姿より開放感あふれてるし」

マルタ「仕方なくないっつーの! ああ、もう! 嫌になるわ!」



2: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:16:25.21 ID:oltDoAsD0

タラスク「まあ姐さんが拳でねじ伏せるスタイルは生前からだしなあ……。
     むしろライダーの時のあの光弾って何って感じかと」

マルタ「アレはあの人からの杖の加護というかパワーというか……」

タラスク「あの人もすごい物を姐さんに送ったものだ」

マルタ「そうよー。あの人は凄いんだから」

タラスク「拳でワシをねじ伏せた姐さんの方がすごいと思いますけどね」

マルタ「あー、あの時はなんというか、こう……久しぶりにプッツーンと来たもんだから」

タラスク「ワシもあの頃は未熟だったからなあ。お恥ずかしい」

マルタ「今はもう背筋もピンっとしてるし、あの頃に比べたら立派なもんよ」

タラスク「姐さんがそうおっしゃってくれるなら幸いです」

マルタ「っと、あんまりアンタを出し続けるのもマスターやカルデアに迷惑よね。
    愚痴を聞いてくれてありがとうね」

タラスク「聖女の愚痴なんて聞かせられるもんじゃないですもんねー。それじゃあ」ノシ ノシ

マルタ「はいはい、お世辞はいいの。じゃあねー」

      シュン!

マルタ「……はあ、そうよね。私が愚痴ったら期待してる子に悪いわよね。特に、ジャンヌとか」



3: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:17:06.42 ID:oltDoAsD0

――――回想

ジャンヌ『あの、すいません。少しお時間よろしいでしょうかっ!』

マルタ『はい? なんでしょうか?』

ジャンヌ『あの、もしかして貴女は、あのマルタ様ではないでしょうか?』

マルタ『どのマルタかは存じ上げませんが……ええ、私がマルタです』

ジャンヌ『わあ! やはりそうなのですね!
    あのタラスクを祈りだけでタラスク退散させた、尊き聖女様にこうして出会えるなんて!』

マルタ『え、ええ、そういうことになっています……』ギクッ

ジャンヌ『わあ……! 一目見た時からそうなのではないかと思っていました!
     ぜひ! 色々とお話よろしいでしょうか!?』

マルタ『か、構いませんよ?』

――――回想終了

マルタ「……せめて彼女の前では、町娘としての私は出しておきたくないなあ」ハア



4: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:17:38.67 ID:oltDoAsD0

ジャンヌ「あ、あれ? もしかしてマルタ様ですか?」

マルタ「あらジャンヌ。ええ、そうですよ。マルタです」

ジャンヌ「気付かずに、申し訳ありません!
     あの、あまりにも過激な格好をしていたモノでしたから!」

マルタ「ええ……まあこれは色々とありまして。ええ、色々と」トオイメ

ジャンヌ「……あれ? もしや、今のマルタ様はルーラーなのですか?」

マルタ「ええ、そうですよ。……あら? という事はあなたとおそろいのクラスという事になりますね」

ジャンヌ「そ、そんな! 私がマルタ様とおそろいだなんて恐れ多い!
     というより、私よりマルタ様の方がルーラーに相応しいではありませんか!」

マルタ「そんなこともないと思いますよ?
    貴女だって、国を導いた立派な聖女ではありませんか。
    私では到底できなかったことでしょう」

ジャンヌ「そ、それこそ恐れ多い! 私が聖女だなんて、そんな……!」

マルタ「私が言うのですから、ちゃんと胸を張ってよろしい」

マルタ(よ、よしよし! ちゃんとできてるじゃない!
    今の私はルーラーなんだし、後輩の前位でならちゃんと……!)



5: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:18:39.30 ID:oltDoAsD0

小次郎「ほうほう、これは珍しい組み合わせよな」

マルタ「な!? ござる侍!」

ジャンヌ「…………」ムッ

小次郎「おや、何やら歓迎されていない様子か?」

マルタ「そりゃアンタみたいなやつが出てくれば顔もしかめるっつーの!」

マルタ(ってヤバッ!? 今ジャンヌの前なのに……!)チラッ

ジャンヌ「いえ、別に。かのジークフリートを差し置いて、オルレアンで活躍していたので。
     ……あ、もちろん感謝はしているのですよ? ですけれど、私としては複雑な心境でして」

マルタ(……よかったー。気づいてはないみたい)

小次郎「はっはっは、これはすまぬ。もしや意中の殿方であったか?」

ジャンヌ「いえ! そういうわけではありません!
     ただ、その……その背中を思い出してしまうと言いますか。なんといいますか?」



6: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:21:44.04 ID:oltDoAsD0

小次郎「おや、それはおかしいな? ドラゴン・バスターズではお二人とも喜んで足を運んでいただけたようだが……?」

ジャンヌ「!?」

マルタ「ぶっふぅ!?」

小次郎「おやおや、どうしたでござるかマルタ殿ー? 顔になんでわかったって書いてあるでござるよー?」

マルタ「ち、違うし! 唐突に変な話題ふっかけてくるから驚いただけだから!」

ジャンヌ「決してミーハーとか、流行を追ってみたではありませんから!」

マルタ「そ、そうよ! アレは歌がよかっただけだし!?」

ジャンヌ「そ、そうですね! 私もちょっとジーク君の歌っぽいなーとか思ってただけですし!」


マルタ「え?」

小次郎「ほう?」


ジャンヌ「え?」



7: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:23:10.88 ID:oltDoAsD0

マルタ「かの竜殺しとそういった仲だとは思い至りませんでした……」

ジャンヌ「え? あの、どうしてそういう解釈に?」

小次郎「まさか名前で呼び合う仲だったとは……ちと後で馴れ初めを聞いてくるか」

ジャンヌ「あ! いえ違います! ジーク君とはジークフリートの事ではなくてですね!?」

マルタ「大丈夫です。主は全ての罪をお許しになるでしょう……」

ジャンヌ「お願いですマルタ様! 話を聞いてください! 本当に違うんです!」

マルタ「聖女とあろうものが、嘘をついてはなりませんよ?」

小次郎「私としては、そういう事に躊躇いを感じる必要はないと思うのだがなあ」

マルタ「あんたはもうちょっと躊躇いを覚えなさい」

ジャンヌ「本当です! 本当なんです! これは色々と複雑な問題でして……!」

小次郎「ええー? ほんとにござるかぁ?」ニヤニヤ

マルタ「ござるかぁ?」ニヤニヤ

ジャンヌ「ほんとに! ござるっ!!」マッカァッ!



8: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:23:46.87 ID:oltDoAsD0

小次郎「いやはや、またしてもからかいがいのある花を見つけたものよ」スゥ

ジャンヌ「ああ! 誤解したまま消えないでください佐々木小次郎ー!」

マルタ「そういえばアイツ、アサシンだったわね。剣を振り回してるからすっかり忘れてたわ」ボソッ

ジャンヌ「え? 何かおっしゃいましたかマルタ様?」

マルタ「ん! んー! いいえ? 何も?」

ジャンヌ「? そうですか?」

マルタ(あっぶなー……アイツの所為でぼろが出るところだったじゃない。
    今度戦いを挑んで来たらぶっ飛ばしてやるわ)コキコキ

ジャンヌ「えっと、マルタ様? なぜ指を鳴らしていらっしゃってるのでしょう……?」

マルタ「……え? あ! いえ、なんでもありません!
    これは……そう! ちょっと指のマッサージをしていただけです!」ササッ

ジャンヌ「そ、そうですか……?」

マルタ(ヤバいヤバいヤバいヤバい……!)



9: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:24:14.87 ID:oltDoAsD0

マルタ「そ、そういえば先程のジーク君というのはどういうことなのでしょうか?」

ジャンヌ「え! あ、その、あれはですね? ジークフリートの心臓をもった少年の事でして……」

マルタ「……なぜそんなバレバレの嘘を?
    人間が英霊の心臓だなんて、それこそスポーツカーにロケットエンジンを取り込むようなものでしょうに」

ジャンヌ「ほ、本当です! 本当なんです! ジーク君は凄いんですよ!?」

マルタ「ええ、かの竜殺しがすごい偉業を残したことは私も知っていますとも」

ジャンヌ「ですから! かの竜殺しの事ではなく……!」

マルタ(……ふう、なんとか話を逸らせた)

ベオウルフ「お、アイアン・ビューティーじゃねえか」

ジャンヌ「え?」

マルタ「げ……!?」

マルタ(今会いたくない英霊№1が来た……!)



10: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:24:48.22 ID:oltDoAsD0

ベオウルフ「おっと、こっちの嬢ちゃんは?」

ジャンヌ「あ、こうして会うのは初めてでしたね。私は、ジャンヌ・ダルクと申します」

ベオウルフ「ほう? こっちの凄女の舎弟ってところか?」

ジャンヌ「舎弟?」

マルタ「違います! 何度言えば分かるのですか! 私はそういったモノとは無縁です」

ベオウルフ「またまた、謙遜すんなよ?」

マルタ「してないっつーの!」

ジャンヌ「ええと、お二人はどのような関係で……?」

ベオウルフ「いや、拳で語り合った仲でな」

ジャンヌ「拳? え、マルタ様は祈りで戦うのでは……?」

マルタ「そ、それは!」

ベオウルフ「祈りだぁ? なんかでっかいドラゴンを拳で叩きつけて来たじゃねえか?」

マルタ「あ、ああ……!」

ジャンヌ「……え? マルタ様に関係のあるドラゴンなんて、タラスクぐらいしか……」

ベオウルフ「おー、そういやそんなこと言ってたな」

ジャンヌ「あの、マルタ様? これはどういう……?」

マルタ「…………っ!」ダッ

ジャンヌ「なぜ逃げるのですか!? 待ってください!」ダッ

ベオウルフ「……あ? なんだアイツ」ハテ?

小次郎「…………」スッ



11: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:25:21.88 ID:oltDoAsD0

――――――――――――

――――――――

――――

小次郎「これはこれは、ベオウルフ殿」スゥッ

ベオウルフ「おん? おお、テメェか。どうした?」

小次郎「一手、お相手していただきたい」チャキ

ベオウルフ「ルデアでは、私闘は厳禁のはずだったと聞いてるんだがな?」

小次郎「いや? マスターから許可は貰っているので問題はあるまい」

ベオウルフ「マスターの許可まで取ってくるとは、俺は何かしちまったかね?」

小次郎「ああ、してはいけないことをしたとも」

ベオウルフ「ほう、そいつはなんだい?」

小次郎「花を愛でるのではなく、引きちぎったことよ」

ベオウルフ「…………つまり?」

小次郎「鉄拳聖裁」

ベオウルフ「ああ、その方が俺には分かりやすくていい。んじゃ」スッ

小次郎「いざ、尋常に――――!」



      ―――――ガキィン!





12: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:26:42.25 ID:oltDoAsD0

――――――――――――

――――――――

――――オルレアン 夜

マルタ「…………」グスッ

小次郎「いやあ、今日は月が綺麗でござるなあ」スゥ

マルタ「……何よ小次郎。悪いけど、今アンタと離すような気分じゃないの……」

小次郎「ジャンヌ殿が探しているぞ?」

マルタ「…………」

小次郎「言葉は吐き出さねば、体に悪いぞ?」

マルタ「うっさい! アンタには関係ない……って!? 怪我してるじゃない! 何してんのよ!?」

小次郎「いや、ちと痴情のもつれでな」

マルタ「はあ? 何言ってんのアンタ! バカじゃないの!」パァ

小次郎「……フフフ、手当てなどせずともよいものを」

マルタ「アンタが怪我してたらマスターや他の皆が困るでしょう!?」

小次郎「突然マルタ殿が消えたら拙者もジャンヌ殿も、マスターも困るのだがなぁ?
    ましてやレイシフトなどを使っての逃走など言語道断」

マルタ「……くっ、ぐぅの根も出ない」



13: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:27:14.61 ID:oltDoAsD0

小次郎「それで、なぜジャンヌ殿から逃げ出したのだ?」

マルタ「……別に、アンタに言う必要ないでしょ」

小次郎「そうか」ストン

マルタ「……何隣に座ってんのよ」

小次郎「泣いているおなごの用心棒ぐらい、拙にもできるであろう?」

マルタ「……ばか。私にはタラスクがいるっつーの」

小次郎「そうであったなぁ。では、私がマルタ殿を放っておけないだけ、ということで」

マルタ「……アンタ、私が言うまで付きまとうつもりでしょ? あの時みたいに」

小次郎「ああ、今日の月と同じような夜であったな」

マルタ「……はぁ、言っとくけど、さっさと一人になりたいだけだから言うんだからね?
    聞いたらさっさと帰りなさいよ。私も後でちゃんと帰るし、カルデアの皆にも謝罪しますので」

小次郎「あい分かった」



14: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:27:58.46 ID:oltDoAsD0

マルタ「……ジャンヌはさ、私の事聖女様とか、祈りでタラスクを退散させたと思ってるのよね。
    でも、実際の私はあの人みたいに尊い御方なわけじゃないし」

小次郎「気にする必要もないと思うが?」

マルタ「気にするわよ! 私をそう慕ってくれる人を、徒や疎かになんてできるわけないでしょ!?」

小次郎「……失敬、今のは私の失言であった。どうぞ話を続けてほしい」

マルタ「……それで、まあジャンヌには聖女として接していたの。
    私の町娘としての側面は、よくマスターにもステゴロ聖女とか言われちゃうしね」

小次郎「ああ、つまるところマルタ殿は、彼女に失望されたくなかったと」

マルタ「ええ、そうね……。結局のところ、私も虚勢なんて張ってたわけだし、そういうことなんでしょう」

小次郎「人として、当然のことのように思える」

マルタ「主を信じないあなたはそう言えるかもしれないけど、私は違うのよ」

小次郎「……けれども、ジャンヌ殿は幻滅などしてはいないと思うぞ?」

マルタ「分かってる。あの子は優しいから。でも、私はそれじゃ嫌だったのよ……」

小次郎(……分かっていないと思うが、何というべきか……)



15: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:28:38.02 ID:oltDoAsD0

ジャンヌ「マルタ様! 小次郎!」タタタタッ!

マルタ「……っ!」ダッ

小次郎「おお、話をすれば」ガシッ

マルタ「離しなさいよ……!」

小次郎「断る」

ジャンヌ「あの、マルタ様! 私から逃げないで話を聞いてください!」

マルタ「……ええ、聞きましょう。はしたない所を見せてしまいましたね」

小次郎「…………」スッ

ジャンヌ「私は、マルタ様をすごいと思っています。それは今でも変わりません」

マルタ「嘘よ。失望したでしょう?」

ジャンヌ「嘘ではありません! お恥ずかしい事に、私は剣を使うのが不得手です!
     ですがマルタ様は自分の拳で、人理の救済のために戦っているのでしょう!?
     私には、到底できないことです。胸を張るのは当然だとしても、そうして尻込んでしまうのはおかしいです!」

マルタ「ジャンヌ……」

ジャンヌ「ですから、私はマルタ様を失望や軽蔑したりなど致しません!
     あなたの行いはとても尊い物だと、私は思っています!」

マルタ「……ありがとう、ジャンヌ。お蔭で助かりました」

ジャンヌ「マルタ様……!」



16: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:30:37.32 ID:oltDoAsD0

マルタ「小次郎」クルッ

小次郎「なにかな? マルタ殿」

マルタ「今回はアンタにもお礼言っておくわ。……ありがとう」

小次郎「……はて、拙者はなにもしていないと思うが?」

マルタ「じゃあ、私が小次郎にお礼を言いたい、ということで」フフッ

小次郎「――――」

マルタ「な、なにかいいなさいよ。恥ずかしい」

小次郎「…………ああ、そういえばマルタ殿」

マルタ「なあに? 小次郎?」

小次郎「水着のひもがちぎれかかっているぞ?」

マルタ「え、嘘!?」バッ!

小次郎「嘘でござる」ニヤニヤ

マルタ「……水着なんて大っ嫌い!」

――――終り



17: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:32:00.15 ID:oltDoAsD0

ちなみに

ナイチンゲール「私闘とは関心しませんね。……さて、まずは殺菌、消毒します」

小次郎「マルタ殿に直してもらうので不要でござる……!」スッ

ベオウルフ「あ、テメェ消えるだなんて卑怯だぞ……!」

ナイチンゲール「捕まえました」ガシッ

ベオウルフ「こ、こんなん唾を舐めとけば……!」

ナイチンゲール「お覚悟を」ズイッ

ベオウルフ「ガー!?」

こんなことがあったりなかったり

――――ほんとに終わりでござる



18: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 06:32:27.97 ID:oltDoAsD0

またしても強引な締めでお終い。ご愛読ありがとうございました。
本来ならグラップラーだのステゴロ聖女だのからかわれて、傷ついたマルタさんを書く予定だった。
けど竹箒見る限り、そんなナヨナヨしたマルタ様はマルタ様じゃないよねっ! と路線変更。
ベオウルフが出てきたのはその名残です。
……ベオウルフさんが悪役になってしまったのは本当に申し訳なく思っている。
すまない……ベオウルフのキャラが掴めなくてすまない……。(べおちん尊い)
今度こそ、前作まとめて明日にはHTML化依頼スレッドとかに依頼出してきます……!(面倒くさがり)

PS
好きな小次マル好きの絵師さんが前作のSSを褒めててくれて嬉しいやったー!
今でもSSとかあるのです。マジで。



19: ◆4LlE3Q303yU1 2016/08/27(土) 07:22:41.65 ID:oltDoAsD0

今作とは関係ないけど、一応前作ペタリ
ランサー「お前マルタの事好きなの?」小次郎「ええー? なにゆえでござるかぁ?」

今回もルーラーマルタが出る呪いはかけておいたぜ!(血涙



元スレ
マルタ「……水着なんて大っ嫌い!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472246133/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (21)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 15:03
          • (実装前)水着マルタさんカワイイヤッター!
            (実装後)パンクラスだコレェ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 15:09
          • 前回かけられた呪いのお陰で無事引けたので今度は宝具レベル2になる呪いオナシャス!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 15:36
          • クリムゾン姉さんが話題に出すレベル
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 15:41
          • DOAに参戦してそう
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 17:21
          • ありがとう。あなたのお陰で私の聖女は宝具レベル2です。アーチャーアルトリアは来なかったけど・・・
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 18:02
          • 初めての虹演出が水着アルトリアでした あとは水着玉藻だけだな 伏見稲荷の頂上で40連したのに出なかった強敵だ…
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 18:29
          • マリーとアンメアしか来なかった不具合
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 18:32
          • 宅配便のお兄さんにバカリャウすすめるマルタさんかと思った(´・ω・`)
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 18:54
          • マルタさん欲しがったなぁ…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 20:08
          • メドゥーサさんがいればなあ…。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 21:35
          • そうか、十連一発で水着マルタさん引けたのは、呪いを受けていたからか……
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 23:20
          • 前半ガチャはコンプしたけど後半ガチャは誰も来てくれません(血涙)
            本命はマリーなんじゃ…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月27日 23:37
          • アーチャー王来ないからマルタ様宝具レベルMAXになった。むしゃくしゃして聖杯を使った。後悔はしている。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月28日 00:59
          • 水着なんてなかった(トオイメ)
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月28日 09:38
          • お前らガチャ結果しか書きこんでないやんけぇ!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月28日 14:54
          • この呪いのおかげで朝夕一回食事後の十連ガチャでルーラージャンヌ様とアーチャーアルトリア様が出ました!(何か違う)
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月28日 17:17
          • おう出たのかき氷三枚だよ
            もう誰でもいいから水着鯖欲しい
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月28日 22:35
          • 今回10万単位で突っ込んでるやつ多いわ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月29日 15:31
          • アンメアしか来なかったけど弓金鯖初めてだしアンが好きだから嬉しい。
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月30日 01:11
          • もう宝具レベル5なのです
            因みにライダーは4です
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月05日 03:19
          • >ジャンヌ「ほんとに! ござるっ!!」マッカァッ!

            可愛い

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 【モバマス】城ヶ崎美嘉「いつまでも」
        • 【バンドリ×けいおん】唯「バンドリ?」香澄「けいおん?」【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ