TOP

上条「そんじゃ、行ってきます」

1:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:02:26.13 ID:BXAEyt2B0

禁書のコメディSSです
1レス完結型で特定のCPなどはありません
時々キャラ崩壊



2:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:03:20.64 ID:BXAEyt2B0

テレビのインタビュー

女『○○君が絶対に私を甲子園に連れてってくれるって言ってくれたんです』

インタビュアー『そしてその宣言は現実になったわけですね』

女『はい、そういう所も格好いいなって』


上条「…惚気やがって…こっちだってなぁ夏休みの宿題とラブラブだっての」

イン「とうま」

上条「あん?」

イン「私を甲子園に連れてって!」









上条「いいよ!!!」

イン「既に野球ユニフォーム!?」



3:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:04:25.24 ID:BXAEyt2B0

上条「おーい、みこっちゃーん」

美琴「みこっちゃん言うな!あの変な金髪思い出す!」

上条「じゃあビリビリでいいのかよ?」

美琴「ビリビリもダメ!」

上条「わがままだなぁ、何て呼べばいいんだよ」

美琴「いや普通に名前でいいじゃないそこ悩むとこなの」

上条「あっ、こんなのどうだ」

美琴「だから普通に名前でいいって」

上条「みこみこ」

美琴「…う~ん」











美琴「採用」



4:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:05:36.16 ID:BXAEyt2B0

番外個体「お姉ちゃ~ん」

打ち止め「!?」

番外個体「あれ?何で驚いてんの?」

打ち止め「あなたがいきなりお姉ちゃんとか呼んだりするからってミサカはミサカは答えてみる」

番外個体「いやお願いする時はお姉ちゃんに甘えた方が通りやすいかなって」

打ち止め「打算しかない姉妹愛だった…」

番外個体「サッカーしようぜ!」

打ち止め「サッカー?」

番外個体「ミサカもイナズマイレブンやりたい」

打ち止め「いやあなたの場合本当にイナズマイレブンになっちゃうから死人が出ちゃうからってミサカはミサカはレベル4のあなたを引き止めてみたり」

番外個体「あーその辺は大丈夫」

打ち止め「どうして?」












番外個体「ボールは第1位がやってくれるって」

打ち止め「わーお」



5:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:06:36.79 ID:BXAEyt2B0

浜面「3期来ない…」

上条「まぁ元気出せよ」

一方「俺だって暗部編やって欲しいンだ。我慢しろ」

浜面「主人公って英語でヒーローだろ?」

上条「うん」

一方「それがどうしたンだよ」

浜面「じゃあ『HERO』から禁書の主人公である浜面のイニシャルの『H』を抜いてみろ」

上条「あっ」













浜面「そう、ERO。意味わかんねぇよ」



6:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:07:29.17 ID:BXAEyt2B0

上条「インデックスカラオケ行こうぜ」

イン「?カラオケって何?」

上条「ん?何だ知らないのか」

イン「うん」

上条「かくかくしかじか」

イン「うんうんなるほど」

上条「そこ、行かないか?」











イン「とうまは密室で私に何をするつもりなのかな?」

上条「んーそういう所じゃなーい」



7:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:08:20.64 ID:BXAEyt2B0

滝壺「バレンタインチョコだよはまづら」

浜面「おぉ!」

滝壺「原作ではバレンタインまであと何年かかるかわからないけど」

浜面「それを言うな」

滝壺「はい、大好きだよ」

浜面「ありがとな!」

滝壺「ハート型のチョコをたくさん入れてみました」

浜面「どれどれ…へぇー、よく出来てるなぁ」

滝壺「ちなみに」

浜面「?」









滝壺「むぎのときぬはたのチョコがひとつずつ入ってるんだけど、形は同じだからどれかは分からないよ」

浜面「なにそれめっちゃ怖い!」



8:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:09:23.97 ID:BXAEyt2B0

おみくじ

上条(おっ、大吉だ!すげぇ!不幸じゃない!皆に自慢しないと!)

イン「あー、吉だったんだよー」

姫神「私も。吉」

小萌「私も吉なのですー。皆さんお揃いですねー」

上条「……」

イン「とうまは?どうだった?」

上条「……」ビリッ











上条「俺も吉だったよ」

イン「何でとうまのおみくじ変な所で破れてるの?」




9:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:11:10.04 ID:BXAEyt2B0

打ち止め「ねぇねぇ、あれやって欲しいなってミサカはミサカは唐突に頼み込んでみる!」

一方「あれってなンだよ」

打ち止め「1人3つまで交互に数字を言い合って30を言った人が負けなゲーム!ってミサカはミサカは説明してみる」

一方「あァあれか…昔よくやったなァ…」

打ち止め(昔友達いたんだ…)

一方「まァ暇だし付き合ってやるよ」

打ち止め「じゃあ負けた方は何でもひとつ言う事を聞く!ってルールで!ってミサカはミサカは条件確認!」

一方「何でもいいからやるならさっさとやれ」

打ち止め「じゃあミサカは先攻でいい?」

一方「好きにしろ」

打ち止め(ふっ、かかったな、このゲームには先手必勝法があるのだ!ってミサカはミサカは早くも勝ち誇ってみたり!)

一方「…23、24、25」

打ち止め「27、28、29」

一方「30」

打ち止め「やったー!ミサカの勝ちーっ!」

一方「あー負けちまったなァ、悔しいなァ」

打ち止め「あれ…意外に反応が薄いんだね、ってミサカはミサカは驚いてみる」













一方「何でも言う事聞かせるンだろ、やれよ」

打ち止め「………んん…っ」

一方「やれよ」



10:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:12:06.35 ID:BXAEyt2B0

>>9
しまった!これ打ち止めの反則負けじゃん!
打ち止めの勝ちってことにしといて下さい



11:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:13:22.59 ID:BXAEyt2B0

上条「ただいまー」

イン「お帰りなさいとうま、ご飯にする?お風呂にする?それともわ・た・し?」

上条「……これ何のプレイ?」

イン「お嫁さんプレイなんだよ」

上条「どんだけ暇なんだお前…なんかごめんな」

イン「ちなみにご飯もお風呂も出来てません」

上条「だろうな!知ってたよ!!」

イン「つまり?」

上条「『俺にはお前しか無い』ってことだな」

イン「これが1日かけて編み出した相手に無理矢理プロポーズさせる作戦なんだけど、どうかな?」

上条「まぁ上手く出来てると思うが…」












上条「ご飯もお風呂も用意してくれないお嫁さんなんて嫌だよ」

イン「ごもっともで」



12:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:14:18.73 ID:BXAEyt2B0

美琴「あっついわねー…」

黒子「私のお姉様への情熱の様にですの?」

美琴「それは『暑い』じゃなくて『熱い』でしょ…」

黒子「口で言われても分かりませんの」

美琴「じゃあどうすりゃいいのよ」

黒子「黒子の背中に書いてくださいまし!」

美琴「初春さんや佐天さん辺りがそれをやってるのを見たら微笑ましいけど、アンタにそれをやると一気に変態っぽくなるから凄いわよね」

黒子「えへへ、ですの」

美琴「褒めてないわよ」

黒子「お姉様のお言葉ならどんな発言でも黒子にとっては褒め言葉ですわ!」

美琴「へぇ…そう、じゃあ」










美琴「この貧乳が!」

黒子「お姉様に言われたくありませんの!」

美琴「褒め言葉よ」

黒子「さっきの発言は取り消しますわ!」



13:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:15:10.71 ID:BXAEyt2B0

黄泉川「今日の晩御飯のおつかい頼むじゃん」

一方「面倒臭ェ…」

黄泉川「まぁまぁそう言わずに」

一方「…で、何買ってくりゃいいンだ」

黄泉川「メモ取らなくていいじゃん?」

一方「必要ねェ、俺を誰だと思ってる」

黄泉川「ごぼう」

一方「あァ」

黄泉川「納豆」

一方「…?」

黄泉川「こんにゃく」

一方「……」

黄泉川「トマト」

一方「」










黄泉川「カレールー」

一方「今日の晩飯はジャイアンカレーでも作ンのか…?」

黄泉川「学園都市の炊飯器ならおいしくなるじゃんよ」

一方「かがくのちからってすげー」



14:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:16:11.42 ID:BXAEyt2B0

月詠「はい、じゃあここ上条ちゃん答えて下さいー」

上条「わ、分かりません…」

月詠「もう、1学期にやったじゃないですかー、上条ちゃんは一体1学期に何をやってたんですかー!」

上条「え、い、いやえっと…」

月詠「?」

上条(何をやってたって…記憶喪失だから全く覚えてねぇよ。あぁ、授業の方は俺が普通に分からないだけだけど)

月詠「上条ちゃーん?」

上条(…でも記憶喪失とか言っても仕方ないし…どうする…いや、きっと前の俺なら…!)











上条「………困ってる人を…助けてました」

月詠「今困ってるのは先生なので助けて欲しいのです」



15:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:17:29.57 ID:BXAEyt2B0

青髪「なー、文系にするか理系にするか決めた?」

土御門「にゃー…俺ははまだだけど…青髪は?」

青髪「僕もまだやねー。もう時期も時期やし早めに決めやなあかんよなー」

土御門「だよなぁ。青髪は将来何になりたいとかあるのかにゃー?」

青髪「…ドラゴン」

土御門「?」

青髪「僕はドラゴンに乗って戦いたいんや…!」

土御門「…お前…大丈夫か?」

青髪「あぁ、心配せんでももちろんドラゴンはメスやで」

土御門「心配してるのはお前の頭なんだがにゃー」

青髪「そして、僕はこの力を人のために使いたいんや…」

土御門「この力?え?ドラゴンに乗る力?」

青髪「しかしここで僕は究極の二択に迫られる…口リか…巨乳か…ッ!」

土御門「いや今迫られてるの文系か理系かだけど」

青髪「土御門クンならどっち選ぶ!?」












土御門「妹ならどっちでも」

青髪「うん知ってる。そう言うと思った」



16:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:18:30.67 ID:BXAEyt2B0

吹寄「姫神さん、そのセーラー少し大きくない?」

姫神「成長期だから(願望)。あえて大きいサイズを」

白カチューシャ「吹寄さんは初めから大きめだね…いいなぁ」


青髪「男子もあぁいうのよくやるよなぁ」

上条「あぁいうのって?」









青髪「コン○ームを買う時自分のより大きめのサイズを…」

上条「それは見栄だろ」



17:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:19:53.07 ID:BXAEyt2B0

食堂

上条「上里ってさ…」

上里「何だい?というか何で僕達また仲よく食堂でご飯を食べてるんだ…」

上条「好物は最後まで残すタイプなんだな」

上里「あぁ…まぁ三角食べをするべきだとは思ってるんだけど」

上条「三角食べってもう死語だろ」

上里「確かにそうかもね。だから僕もこうして偏った食べ方をしてしまうんだし」

上条「でも野菜はちゃんと食べるんだよな」

上里「栄養バランスは大事だし」

上条「俺も好きなものは最後まで残す派なんだけどさ…」

上里「?」

上条「お前にだから聞くけど」













上条「パンツとニーソはどっちを残す派?」

上里「どうして脱がせる順番の話になっているんだ?」



18:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:20:53.26 ID:BXAEyt2B0

佐天「御坂さん…いくらスカートの下に短パン履いてるとはいえあまり激しい動きは…」

初春「まぁちょっと危ういですよね…」

美琴「えー。というか激しい動きをするために短パンを履いてる所もあるんだけどなー」

佐天「マニアは短パンから覗かせるチラリズムに興奮するらしいですよ」

美琴「佐天さんってたまにおっさんみたいなこと言うわよね」

佐天「伊達に初春のパンツを毎日捲ってませんよ」 シュッシュッ

初春「ひぃぃ!?素振りをしないで下さい!」

美琴「そんな人から私はスカートの中身に注意しろと言われたのか…」

黒子「甘いですわお姉様!佐天!」

美琴「うわもう面倒臭いの来た!」










黒子「ぶっちゃけ短パンだけでもイケます!」

黒春「知らねぇよ」



19:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:21:54.58 ID:BXAEyt2B0

イン「すごい!アリサって絶対音感の持ち主なんだね!」

アリサ「えへへ」

上条「絶対音感の人って、心音や呼吸音も聞き分けられるから、医者に向いてるって話を聞いたことあるな」

イン「へぇー…完全記憶能力を活かせば私も似たようなことが出来るかも…」

上条「ま、アリサがなるのは医者じゃなくて歌手だけどな」

アリサ「当麻くん分かってる!」

イン「ふむふむ、じゃあ例えばこうやってとうまの胸に耳を当ててみて…」











イン(心音に変化がない…)

アリサ(絶対鈍感…)




20:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:22:45.16 ID:BXAEyt2B0

絹旗「浜面って指を鳴らす癖が超ありますよね」

浜面「あー言われてみればそうかもなぁ」

絹旗「あんまり体に超よろしくないようですよ」

浜面「あんまり超って…まぁわかってはいるんだが、直せるもんでもねぇよ癖なんて」

絹旗「確かに私の口癖の『超』も、今更超直せる気がしません」

浜面「自覚はあるんだな」

絹旗「というか私の場合この『超』でキャラ付けしてる所もかなりあるのでやめたくてもやめられないという事情が」

浜面「いきなりメタいな…」

絹旗「浜面もキャラ付けに何か口癖…じゃなくても『そげぶ』みたいな決めゼリフを超考えてみたらどうでしょう。そしたらもっと主人公らしくなるかも」

浜面「例えばどんなのだよ?」










絹旗「俺の性癖に常識は超通用しねぇ」

浜面「どの辺が主人公らしいんだそれ?」



21:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:23:31.06 ID:BXAEyt2B0

イン「げほっ、げほっ」

上条「まさかインデックスが風邪を引くなんてなぁ…」

イン「ぅー苦しいんだよ…」

上条「そんなに熱も出てないけど…今日は大人しく横になってろ」

イン「とうま…伝染したりしたら悪いし…部屋にいない方が…」

上条「おいおい、あまり上条さんを舐めるなよ。風邪ウィルス如きが俺を犯せると思ってんならまずはその幻想をぶち殺してやるよ」

イン「とうま…げほっ…」

上条「大丈夫かインデックス!?今日は付きっ切りで看病だな…」

イン「…ありがとう…でも…」











イン「伝染らないように外に出て…ごほっ、何か、風邪が治るような美味しい食べ物を…」

上条「元気じゃねぇか」



22:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:24:10.31 ID:BXAEyt2B0

美琴「あ、あんた…」

上条「ん?御坂か」

美琴「あれ…みこみこってのはもう辞めたの?」

上条「長いし面倒だからやめた」

美琴「一文字しか変わらないじゃない!みこっちゃんの方がさらに長いし!」

上条「で、何か用か?」

美琴「いや用って程でもないんだけど…何ていうか…その…///」

上条「ん?顔が赤いな、御坂も風邪か」

美琴「いや違うけど…どんだけテンプレ対応よ…って『も?』」

上条「インデックスの奴風邪引いちまって」

美琴「へぇー…あの子が…ん?」

上条「どうした?」

美琴「何で知ってるのよ。ま、まるであの子と…///」










上条「体温計で測ったら微熱が」

美琴「もう、そういうことを聞いてるんじゃないんだぞお茶目さんっ」



23:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:25:18.97 ID:BXAEyt2B0

結標「へー…これが小萌の小学校時代のアルバムかぁ」

小萌「懐かしいですねー。あの頃の記憶が蘇ってきますー」

結標「というか今と全然変わらない…」

小萌「それは若いってことですかー?もう結標ちゃんったらー」

結標「……」ジィー

小萌「結標ちゃん何か目が怖いです。どうして男子の写ってるページをそんなに凝視してるんですか」

結標「こんな可愛い男の子達も今頃は…はぁ…」

小萌「……。確かに、あの頃の友達のみんなは今頃どうしてるんですかねー…」












小萌「あ、みんな結婚してるんでした。あはは」

結標「………」



24:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:26:04.05 ID:BXAEyt2B0

ガチャ

イン「とうま…」

上条「ん?どうしたんだインデックス」

イン「怖い夢を見たから一緒に寝て欲しいんだけど…駄目…かな?」

上条「うっ…いやでも流石に男女で…」

イン「いや本当にお願いします」

上条「…まぁ…そこまで言うなら…今日だけだぞ…」

イン「うん、ありがととうま、ふふ」











レッサー「エ口い夢見たんで一緒に寝てもいいですか?」

上条「いい訳ねぇだろ帰れ!どっから入ってきた!」



25:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:27:10.94 ID:BXAEyt2B0

大覇星祭での一幕

美琴「ふっふっふっ、ようやくあんたの学校を直接対決で倒せる日が来たわ!」

上条「つーか何で中学と高校が直接対決してんだよ…」

美琴「ごちゃごちゃ言わずに真面目にやりなさいよね!何でも言うこと聞かせる約束忘れんじゃないわよ!」

青髪「えっ!?カミやん女子中学生となんて約束してんの!?」

上条「だぁー!変なのが食いついたー!」

青髪「なぁなぁカミやん、怒らへんから僕に聞かせてみ?ん?」

上条「あいつとの学校との勝負で、勝った方が負けた方に何でも言う事聞かせるっつー罰ゲームの約束をしてんだよ」












青髪「それどう転んでも勝利みたいなもんやん」

上条「お前だけだよ」



26:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:28:02.29 ID:BXAEyt2B0

一端覧祭での一幕

青ピ「はぁー…これで僕の職質も今年度に入って43回目かぁー」

黒子「いや職質され過ぎですの」

固法「今年度ってことは週一のペースじゃない…」

青髪「いや僕はなんもしてへんのやけど、何故か捕まるんよねー」

黒子「あなたの行動が怪しいのがいけませんの」

固法「で、あそこで何をやっていたのかしら?」

青髪「あ、その前に」

黒子「?」












青髪「『ジャッジメントですの!』って出来るだけ蔑むように言ってくれません?」

黒子「もう警備員に突き出した方が早いかも知れませんわね」



27:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:28:43.93 ID:BXAEyt2B0

イン「……」スースー

上条「インデックスこんな所で寝て…また風邪引くといけないから俺の上着を…」

オティ「人間…」

上条「ふっ、俺の優しさに惚れたかオティヌス」













オティ「ブカブカフェチだったのか」

上条「ちゃうねん」



28:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:29:27.01 ID:BXAEyt2B0

ゲーセンでバーチャロン(コラボがあったので)

上条「おりゃああああ!!テムジン最強!」カチャカチャ

美琴「私のライデーン!!!」

WINNER 上条

美琴「ま、負けた…」

ミサカ「きゃーかっこいいー、とミサカは彼の元へ詰め寄ります」

美琴「ちょっとは負けた姉を慰めろ!」

ミサカ「しかし半泣きになるほど悔しがってる人に安易な慰めはどうかと思い…とミサカは気を利かせてみたのですが」

美琴「!?な、泣いてないわよ!」

上条「まぁまぁ御坂、これはゲームなんだし…」











美琴「私とは遊びだったって言うの!?」

上条「誤解を生む言い方をやめろ!」

ミサカ「悔し過ぎておかしなテンションになってる様ですね、とミサカは分析します」



29:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:30:13.68 ID:BXAEyt2B0

一方「寝みィ…何だって俺がガキのラジオ体操の付き添いをしなきゃならねェンだ…」

浜面「おい待てよフレメア!」

フレメア「にゃあ!子供め!」

打ち止め「何だとお子様が!」

浜面「あ、お宅もラジオ体操の付き添いですか」

一方「あァお互い大変ですね。というかよく見たらガキの付き添いとか来てるの俺らだけじゃねェか…」

浜面「一方通行はガキの頃ラジオ体操行ってたのか」

一方「………。行ってたわけねェだろォが」

浜面「だろうな、行ってたら逆に驚いてた」

一方「オマエは」

浜面「俺も面倒だから行ってなかったよ」













浜面「…黒夜はちゃんと出席してたらしいぞ」

一方「マジでか」



30:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:31:01.81 ID:BXAEyt2B0

五和「……ぅぅ…」モジモジ

建宮「お困りの様なのよな!!」

五和「うわぁっ!びっくりした!」

建宮「さてはあいつにバレンタインのチョコか」

五和「ち、違っ!えっと…何と言いますか…」

建宮「あぁもうその辺の言い訳する下りは見飽きたから結構なのよ」

五和「酷いこと言いますね建宮さん」

建宮「渡し辛いならこの台本通りやってみるといいのよな!」
………


五和「…あ、あの上条さん!これ!」

上条「ん?」

五和「バレンタインチョコだけど勘違いしないでよね!知り合いの義理として仕方なく作ったんだから!!」












上条「そうか…気を使わせてごめんな…」

五和「っえー」

建宮(『棘照殺し(ツンデレブレイカー)』…)



31:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:31:54.80 ID:BXAEyt2B0

美琴「黒子、今度の休みみんなでプール行かない?」

黒子「いいですわね、丁度新しい水着が欲しかったところですの」

美琴「どうせまたスレスレのなんでしょ…」

佐天「初春知ってる?」

初春「何をですか?」

佐天「白は膨張色で他より大きく見えるんだって、だから囲碁の白は黒より少し小さいとか」

初春「へぇー、そういう雑学だけはよく知ってますね佐天さんって」

佐天「だけは余計」











美琴「…白で決定ね!」

佐天「えっ、何の話ですか?」



32:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:32:37.03 ID:BXAEyt2B0

インデックスと図書館

上条「図書館だと勉強に集中出来るなぁ」

イン「何で?」 ペラ

上条「自分の部屋だと漫画とかテレビとか自分を誘惑するものがたくさんあるからさ」

イン「ここにはとうまを誘惑するものはないの?」

上条「あぁ、小説とか苦手だし」










イン「…何かハラ立つんだよ!」

上条「えっ」



33:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:33:55.82 ID:BXAEyt2B0

数学の小テストの結果がふるわず再テストのデルタフォース

吹寄「何やってるのよ…」

上条「いや勘が外れて…」

土御門「読みが外れて…」

青髪「ヤマが外れて…」

吹寄「誰1人として真面目に受けていない!?」

上条「そうだ吹寄!お前数学得意だよな?教えてくれよ!」

青髪「今回の小テストも満点やったしなぁ」

吹寄「ふふん、自分で言うのもなんだけど、計算に関しては結構自信あるわ!」










土御門「吹寄は計算出来る女なんだにゃー」

吹寄「その言い方、外でしたら頭突き食らわすから」



34:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:34:56.97 ID:BXAEyt2B0

黒子「綺麗な花ですわね」

美琴「へぇー、キクかぁ」

初春「赤いキクの花言葉は『あなたを愛しています』です」

佐天「何か花言葉って恋愛絡みのが多いよねー」

初春「確かにそうですね」

佐天「何でなんだろう?」

黒子「やはり華があるからでしょう」
美琴「枯れるからじゃないかしら」

佐天「……」










美琴「そっ、そうそれ!私も黒子と同じこと言おうとしてたの!」

初春「御坂さん必死過ぎます…」

佐天「何か嫌なことでもあったんですか?」



35:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:35:32.16 ID:BXAEyt2B0

土御門「おーいねーちーん!」

神裂「ん、どうしたんですか土御門」

土御門「ちょっと用事出来ちゃってにゃー、これを最大教主に届けて貰えると嬉しいんだけど」

神裂「おつかい感覚で最大教主への届け物を任せないで下さい!!」

土御門「なぁー頼むよねーちんー、助けて欲しいんだにゃー」

神裂「…まぁ、そこまで言うのなら…」













土御門「都合のいい女で助かるぜい」

神裂「何かすごい馬鹿にされた様な気がしたんですが気のせいですよね」



36:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:36:19.33 ID:BXAEyt2B0

上条「さて、そろそろ学校行くか」

イン「んっ、はやく帰ってくるんだよ」

上条「あぁ」

イン「とうまは不幸なんだから寄り道しちゃだめなんだよ」

上条「あぁ」

イン「魔術師に狙われたら私を頼るんだよ」

上条「…あぁ」

イン「それから…」

上条「さっきから母親か!」












イン「美味しいご飯の材料を買ってきて欲しいんだよ!」

上条「やっぱ子供だったわー」



37:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:36:58.88 ID:BXAEyt2B0

上条「そんじゃ、行ってきます」

イン「行ってらっしゃい、とうま」



38:8 ◆H3qqj7wCjc 2016/08/06(土) 01:38:05.82 ID:BXAEyt2B0

終わりです
魔術サイドももっと出したかったけどネタが出てこなかった…
上条さんと青ピとインデックスとアリサと吹寄が好きです



元スレ
上条「そんじゃ、行ってきます」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470412945/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月06日 08:43
          • ただの生徒会役員共じゃねーか!!!!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月06日 08:52
          • やっぱ魔術勢というか新約勢が出てこないと読みやすい…
            単に新約ロクに読んでないだけなんだけど科学サイドの方がネタも多くてすんなり楽しめる
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月06日 08:55
          • たしかにこの微妙で下ネタになりきれてないコントは
            生徒会役員共だ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月06日 09:41
          • わろた
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月06日 09:55
          • オマーン国際マラソン大会懐かしい
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月06日 18:07
          • 最初のネタが分からん…
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月06日 21:17
          • インデックスの可愛さに無事死亡
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月06日 21:56
          • レッサーの乱入で耐えきれなかった

            あの子がいつ完堕ちするのか気になるところ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月07日 01:54
          • いいね
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月07日 18:59
          • 食蜂さんも見たかった・・・
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月26日 16:16
          • 5 優しい世界
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月12日 12:21
          • >美琴「枯れるからじゃないかしら」
            至言

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 『ごちうさ臨時政府』関連ニュースまとめ
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • ミリP「えっ!?MSシリーズってボイスドラマついてないのか!?」
        • 女友達(♀)「情けないわね。男のくせして、なにかあるたびすぐ泣きついてきたりして…。」
        • ( ´Д`)離れ小島の提督さんのようです
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの暖冬【SS】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 【FAガール】スティレット「あおと武希子は同級生」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ