TOP

本田未央「プロデューサーとのごはん」 その2

1: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 21:58:21.13 ID:sqyhweI30

前スレ
本田未央「プロデューサーとのごはん」



2: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 21:59:19.28 ID:sqyhweI30

P「お疲れ、未央」

未央「やみのまー! いやー、今日も疲れましたよー!」

P「全然疲れてなさそうなんだが」

未央「いやいや、未央ちゃんはとっても頑張りましたよ? だから、ご褒美が欲しいなー?」

P「まあ、頑張ったのは事実だからな……何がいい?」

未央「んー……お腹が空いてるから、何か食べに行きたいかも。何でもいいから、ね」

P「……なんだか、こういった感じのやりとり、前にもやったような気がするな」

未央「そうだったっけ?」

P「そんな気がする」

未央「んー……そう言われてみればそんな感じもするような、しないような……」

P「まあ、だからなんだって話でもあるんだがな」

未央「プロデューサーから振っといてそれ言っちゃう? いや、そうなんだけどさー」

P「だろ? ……まあ、とにかく、行くか」

未央「そだね。行っちゃお行っちゃおー!」



3: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 22:07:50.18 ID:sqyhweI30


――店の前

未央「お、ここは……ラーメン屋さん? そう言えば、初めてプロデューサーに連れて行ってもらったところもラーメン屋さんだったね」

P「今日のところはラーメン屋というか、つけ麺屋みたいなところあるけどな。……そう言えば、そうだったな」

未央「うん? ラーメンもつけ麺も一緒じゃないの? というか、つけ麺がラーメンの一種みたいなものじゃないの?」

P「んー……どうなんだろうな。俺もよくわからんが、ここはつけ麺専門店……だったはずだ」

未央「へぇ……でも、つけ麺ってあんまり食べたことないかも。そもそもプロデューサーと一緒じゃないとラーメン屋さんになかなか来ないし?」

P「お、そうなのか。つまりここも来たことがない、と。チェーン店だし、結構色んなところにあるから知っていてもおかしくないとは思うが」

未央「見たことはあるかもしれないけど……覚えてないかなー。意識してなかったら覚えられなくない?」

P「確かにな。何度も通っている道にある店でもまったく知らなかったりするからな」

未央「そういうことそういうこと。……まあ、とりあえず入ろっか」

P「そうだな」



5: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 22:23:44.11 ID:sqyhweI30


――店内

未央「ほうほう……ここ、割りと社会人御用達のお店だったりするのかな?」

P「あー……そうかもな。ここはそういうところかもしれない」

未央「それって理由とかあるの?」

P「ある……が、まあ、先に何を頼むか決めるか。と言っても、つけ麺か辛つけ麺か、ってくらいだが。あと、量も決められるが……」

未央「量? そんなの決められるんだ」

P「ああ。まあ、つけ麺だからな。麺とスープ……というか、つけ汁と言った方がいいのか? とにかく、それが別々に出されるからな。麺の量も調節しやすいんじゃないのか?」

未央「あー、そういうことかー。それで、量ってどれくらいの区別があるの?」

P「並、中、大……これが全部同じ値段で、特大だけ100円プラスだな」

未央「えっ、同じ値段なの?」

P「ん? そうだが……いや、確かに初めてなら驚くか。理由は……まあ、サービスじゃないか?」

未央「へぇ……太っ腹だね?」

P「なんで疑問形なんだよ」

未央「いやあ、ただより高いものはないと言いますし?」



6: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 22:34:29.68 ID:sqyhweI30

P「使い方間違ってる……って、まあ、そんなことはどうでもいいか。量はどうするんだ?」

未央「ん? えーっと、そうだね……なになに? 並が200gで中が300gで大が400g……ん? これがぜんぶ同じ値段なの?」

P「そうなるな」

未央「おおー……それはなんだか、すごいね。でも、400g……ぜんぶ同じ値段ってなるといちばん多いのにしたくなるけど、さすがに無理だよね?」

P「なんで俺に聞くんだよ……」

未央「いや、400gが多いってことは感覚的にわかるんだけど、実際どれくらいの量なのかはわかりませんし?」

P「……まあ、そうか。とりあえず大は俺が腹いっぱいになるくらいだからやめといた方がいい。未央なら……並か中じゃないか? 並でちょうど。中で腹いっぱい、って感じだろ」

未央「さすがプロデューサー。私のことを私以上に知ってるね!」



7: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 22:41:28.79 ID:sqyhweI30

P「それ、今言う台詞か? ……で、どっちにするんだ?」

未央「んー……そうだね。せっかくだから中にしよっかなー。多過ぎたらプロデューサーが食べてくれるでしょ?」

P「まあ、そうだが……お前から言うことか?」

未央「えへへ……確かに今のは流石に図々しかったかも。ごめんね、プロデューサー」

P「べつに謝らなくてもいい。俺と未央の仲だし、遠慮する必要もないしな」

未央「え? プロデューサーと私の、仲、って……その」

P「あっ……い、いや、今のはそういう意味じゃなくてだな……」

未央「そっ、そうだよねー! ごめんごめん、ちょっと、勘違いしちゃったよー!」



8: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 22:47:31.04 ID:sqyhweI30

P「……その、べつに勘違いってわけでもないが……」

未央「えっ……」

P「……」

未央「……」

P「……あー! もう! なんでこんなところでこんな雰囲気になってるんだ。未央が中、俺が大で決まりでいいな? 注文するぞ?」

未央「う、うん」

P「よし。すみませーん!」



10: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 22:53:24.37 ID:sqyhweI30


――

未央「おおー……これがつけ麺。割りと多い?」

P「どうだろうな。まあ、これまで俺と付き合ってきた未央なら食べ切れるだろ」

未央「それ、よろこぶべきかどうなのか迷っちゃうんだけど。でも、こういうのなんだ。このスープ、と言うか、つけ汁? この色は……何味?」

P「魚介系だな。濃厚魚介系のつけ麺、って言うと割りとスタンダードな感じがするな」

未央「そうなんだ。あと……麺、すっごく太いね。これを言ってもいいのかわかんないけど……うどんみたいな感じがするかも」

P「極太麺もここの店の特徴だな。いや、つけ麺は割りとこういう麺が多い印象もあるが……」

未央「そうなの?」

P「俺の知る限りは、な。やっぱりスープと絡ませることが重要だからなのかもな」



11: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 22:56:10.99 ID:sqyhweI30

未央「ほうほう……あと、この麺の太さを考えると、思ったよりも出てくるのが早かったね。ファストフード……ってほどじゃないかもしれないけど、それが社会人御用達の理由?」

P「まあ、そうだろうな。早く出てきて、腹いっぱい食べることができる。牛丼なんかと比べると値段はさすがに違うが……それでも、来るだけの価値はある」

未央「おっ、つまり、おいしいんだね? これは期待がもてますなあ」

P「魚介系は好みがわかれるところではあるが、な」

未央「好みがわかれるところではあるが、たぶん未央も好きな味、って?」

P「そういうことだな」

未央「やっぱり、プロデューサーは私よりも私のことを知ってるね。うんうん、これからも精進してくれたまえ?」



13: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:01:51.53 ID:sqyhweI30

P「何様だよ」

未央「うーん……お星様?」

P「お前、星だったのか……」

未央「アイドルだしねー。ほら、私ってよく星に例えられるでしょ? パーフェクトスターですし?」

P「そうだな」

未央「むぅ……冷たくない?」

P「冷たいと言えば、早く食べなきゃ冷めるぞ」

未央「あ、そうだね。じゃあ、いただきまーす」

P「いただきます、と」



14: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:07:00.78 ID:sqyhweI30

未央(さてさて、つけ麺ですかー。スープに麺をつけて食べる……なんか、ざるそばを思い出すかも。というか、たぶん同じことなんだろうなー)

未央(濃厚魚介系のスープ……らしいけれど、どういうものなんだろう。さすがにスープは……うん、飲まないよね。濃そうだし。ざるそばのおつゆを飲まないのと同じで?)

未央(えーっと……ざるそばと同じ要領で、麺を持って、漬けて……おおう、これは見るからに濃いね。ドロドロっぽい。麺を漬けるとより鮮明、って感じ? これは確かによく絡みそう……というか、足りるのかな? さすがに足りるかな? どうだろ。なんだか心配になってきたかも……って、食べる前から何を心配してるんだ、私。取らぬ狸の皮算用、って?)

未央(とにかく、麺をスープによく絡めて……いただきます)ズルズル……



15: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:15:37.55 ID:sqyhweI30

未央「んっ……」

未央(おおー、これは濃いですなあ。前に……プロデューサーに初めて連れて行ってもらった『こってり』の店とはまた違うって感じ。これが魚介系……なかなかに癖が強いというか、何と言うか? あ、これが前の塩ラーメンのお店でプロデューサーが言ってた『雑味や生臭さ』みたいなものなのかな? でも、私はそこまで嫌いじゃないかも)

未央(あと、麺もなんだかいい感じかも。極太だからなのかな。この濃厚なスープに負けてないというか……麺も麺で楽しめるみたいな。どっちかが主張し過ぎているわけではなくて……いや、どっちも主張してきてるから、相対的に同じくらいに感じるのかも)

未央(シコシコというか、ゴワゴワというか、なかなかに食べごたえのある感じ。やっぱりうどんが思い浮かぶなー……いや、ちょっと違うんだけど)

未央(こういうの、食べるの初めてだなー。うん、おいしい! 濃厚なスープが極太麺に絡んで、それを一気に啜るのが気持ち良い。いくらでも食べられる……みたいな感じではないけれど、かなり良いね!)

未央(なんて言ったらいいのかなー……なんか、この感じをうまく表せる言葉があるような気がするんだけど……ジャンク? あ、ジャンク。ジャンクな感じ)

未央(なんだか褒め言葉なのかどうかわからない言葉になっちゃったけど、この早さで出てきて、この量が出てきて、この濃い味。ジャンク、って感じがするかも。そりゃおいしいよね! っていう)

未央(つけ麺……良いね! これは色んなお店のつけ麺を食べてみたくなっちゃいますなあ……)



16: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:16:17.67 ID:sqyhweI30

P「どうだ? 未央。つけ麺は」

未央「おいしいよ! すっごく太い麺とすっごく濃厚なスープが良い感じ!」

P「だよなー。この味がこの早さで出てくるチェーン店、それに量を調整できるなんて、そりゃ人気も出るだろ、って話だ」

未央「うん。人気も納得、って感じかも」

P「魚介系、ってことで割りと癖があるというか、臭みはあるんだが、そこまで嫌な臭みってわけでもないんだよな。むしろ魚のいいにおい、って感じか。そりゃ、苦手な人も居るんだろうけどな」

未央「私は好きだったなー。みくにゃんとかは苦手かも?」

P「あー……確かにみくは苦手そうだな。こういう臭みがないんだったら魚介系もいけるんだろうが……」

未央「だねー……って、でも、鰹節とかの出汁は大丈夫っぽいよね? ここのも割りと鰹っぽい感じじゃない?」

P「ん、確かにそうか……いや、そもそも鰹の出汁が大丈夫なのかどうかわからんが……どうなんだろうな。みくにはみくで基準があるんだろうが……」

未央「うーむ……みくにゃんがどこまで大丈夫なのか。これは結構な謎かもしれませんね、ワトスン君?」



17: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:18:31.27 ID:sqyhweI30

P「俺がワトスン役かよ……でも、そうだな。気になるな。……一回、試してみるか」

未央「試してみるか、って……なんだか悪い人の台詞みたいだよ、プロデューサー」

P「アイドルのプロデューサーなんて悪いもんだ。もちろん、本気で嫌ならやらないがな」

未央「まあ、プロデューサーならそうだろうけど……みくにゃんもみくにゃんで、嫌がりながらもやりそうなんだよねー」

P「あいつはそういう奴だからな。無理はさせないつもりだが」

未央「本当にねー。みくにゃん、プロ意識高いからたまに心配になるんだよねー」

P「プロ意識が高いことはいいことなんだが、な。まあ、俺を信じろ。誰にも無理なんてさせないよ。もちろん、未央。お前にもな」

未央「……うん。でも、プロデューサーにも、無理なんてさせないからね」

P「んっ……そうか」

未央「うん、そうだよ」

P「……さて、食べるか。冷めない内に、な」

未央「……うん」



18: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:20:25.97 ID:sqyhweI30


――店の外

未央「はー……お腹いっぱい。余は満足じゃー」

P「誰だよ……まあ、良かったよ。口に合ったみたいで」

未央「正直、プロデューサーが好きなものはだいたい私も好きなんだと思うよ? ほら、好きな人の好きなものは好きになるって言うでしょ?」

P「……それを言うのか」

未央「えへへ、言っちゃうー♪」

P「あんまりそういうことを言わないように、って約束じゃなかったか?」

未央「そうだったっけ? でも、その前から私ってこんな感じじゃなかった?」

P「……まあ、そうだが」



19: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:22:41.27 ID:sqyhweI30

未央「それなら問題ナッシング、ですよ。これからも積極的にいっちゃうからね」

P「……あんまり来られると、俺の方が我慢できなくなりそうなんだが」

未央「そう? ……私は、そうなってもいいんだけどね」

P「っ……お前、そういうの本当にやめろよな」

未央「破壊力高い?」

P「凶悪的だ」

未央「えへへ……ごめんね?」

P「謝るくらいならやるなよ……」

未央「善処しまーす」

P「善処、って……お前なあ」



20: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:24:15.52 ID:sqyhweI30

未央「だって、できる気がしないんだもん。……あ、話は変わるけどさ、そう言えば、プロデューサーに初めて連れて行ってもらった店ってラーメン屋さんだったでしょ?」

P「ん? ……まあ、そうか。そう言えばそうだな。いつのことだったか、って感じだが」

未央「いつ……いつだったっけ。かなり前だったような気がするし、最近だったような気もする。夏よりは前だったような気がするんだけれど……」

P「まあ、それくらいだな。で、それがどうしたんだ?」

未央「あ、そうそう。それでさ、今日もラーメン屋……じゃ、ないけど、そういう感じの店だったわけじゃん?」

P「そうだな。それが?」

未央「……プロデューサーとこういう関係になって初めての店がまたここ、って、なんだか、運命的なものを感じない?」

P「……まだそういう関係じゃないけどな」

未央「『まだ』、なんだ」

P「ああ」

未央「……こういう時は、照れ隠し、しないんだね」

P「して欲しいか?」

未央「ううん。今のままでいいよ。今のままが、好きだから」

P「……そうか」

未央「うん」



33: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/13(日) 13:11:34.88 ID:McEInKtJ0


P「……ラーメンからつけ麺に変わったように、俺たちの関係も変わったな」

未央「……んん?」

P「えっ、なんだその反応」

未央「いや……ちょっと、上手く言ったつもりだったのかもしれないけど、下手過ぎて」

P「……そこまでか?」

未央「うん。ちょっと引いたもん」

P「マジか……」

未央「うん。プロデューサーをやれてるのが心配なくらいセンスなかった」

P「そこまでか!? そこまで言われるほど悪かったか!?」

未央「いやあ……えへへ」

P「笑ってごまかすなよ……さすがに凹むんだが……」

未央「あ、プロデューサーの凹み芸だ」

P「芸って言うなよ……」



21: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:25:00.68 ID:sqyhweI30

未央「もう……それじゃあ、私もポエム返し、してあげるよ」

P「ポエムって……お前」

未央「いいからいいから、聞いて?」

P「……わかった」

未央「……プロデューサー。最初にラーメン屋さんに連れて行ってもらってから、私たちは色んなお店に行ったよね。それから、私たちの関係も変わっていって……実はね、プロデューサー。私、もうプロデューサーがこういうところに……ラーメン屋さんとか、そういう『普通は女の子を連れて行かないような場所』に……それだけじゃなくて、もう、一緒にごはんを食べにいけないんじゃないか、って……そんなことを、思ってたんだ」

P「……うん」

未央「でも……プロデューサーは、今日みたいに、連れて行ってくれたでしょ? それは……その、とっても、嬉しかったんだ。だから……これからもいっぱい、こういうところに連れて行ってね。お願い、できる?」

P「……言われるまでもない。頼まれなくても連れて行くさ」



22: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/12(土) 23:26:12.36 ID:sqyhweI30

未央「……えへへ。なんだか、変な雰囲気になっちゃったね」

P「……そうかもな」

未央「……それじゃ、帰ろっか」

P「……そうだな」

未央「……ねえ、プロデューサー」

P「なんだ?」

未央「これからも、よろしくね」

P「……こちらこそ、よろしくな」






44: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 18:29:38.25 ID:7DFBPWe10


――事務所

未央「……」ポチポチ

P「……」カタカタ

未央「……」ポチポチ

P「……」カタカタ

未央「……ふわ」

P「ん、未央。眠いのか?」

未央「あ、ちょっと目が疲れただけだから。大丈夫だよ、ありがとね」



45: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 18:36:39.75 ID:7DFBPWe10

P「目が疲れるまで携帯を触るのはどうなんだ」

未央「目がしょぼしょぼになって肩も凝っちゃうくらいにパソコンを触ってるプロデューサーくんの言えることかな?」

P「まあ、俺は仕事だからな……」

未央「……むぅ」

P「なんだその顔。……心配するな。俺も適度に休みながらやってるからな。そうしないとちひろさんにも怒られる」

未央「そう? ……でも、うん、そっか。ちひろさんだもんね」

P「信頼できるだろ?」

未央「……ちょっと、妬けちゃうけどね」

P「……」



46: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 18:44:10.79 ID:7DFBPWe10

未央「……今の、反応ないの?」

P「……どう反応しろって言うんだよ」

未央「んー……わかんない」エヘヘ

P「わからないのか」

未央「でも、反応してほしかったの。これが乙女心というやつなのです」

P「面倒くさいな……」

未央「あー。乙女心を面倒くさいなんて言っちゃいけないんだー」

P「実際、面倒くさいからな……」

未央「そこまで言う? ちょっと凹むんだけど……」



47: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 18:52:54.47 ID:7DFBPWe10

P「あー……いや、まあ、面倒くさいんだが……面倒くさいところが、かわいくもありはするな」

未央「えっ……えへへ。もっと言ってー☆」

P「……こうなるから言いたくなかったんだよ」

未央「えー? こんな私もかわいいんじゃないの?」

P「……かわいいから問題なんだよ。仕事が手に付かなくなる」

未央「そう? あ、それじゃあちょっと休憩にしない? ずっと頑張ってたら疲れるでしょ?」

P「休憩って……でも、そうか。ちょうどいい時間だな。それじゃあ……うん、まあ、未央なら」

未央「ん? 私がどうかした?」

P「未央の言う通り休憩にしようと思ってな」

未央「本当? それじゃあ、肩でも揉んであげよっか?」

P「それは心惹かれる提案だが……それより、昼、食べに行かないか? もうそんな時間だろ」

未央「んー……そだね。じゃあ、行こっか」

P「ああ」



48: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 19:01:29.47 ID:7DFBPWe10


――電車

未央「今日はどこに行くの? どういうお店?」

P「俺も行ったことがないところだな」

未央「おっ、そうなんだ。前の……新宿のラーメン屋さんみたいな?」

P「ああ。別のプロダクションのプロデューサー……前の人とはまた違う人、だな」

未央「おおぅ、そこまで同じなんだ……」

P「未央が好きってことも同じだがな」

未央「そこまで!? というか、それ、結構複雑なんだけど……」

P「ファンが多いってことでもあるんだから嬉しいんじゃないのか?」

未央「いや、嬉しいんだけど……うん、嬉しい、でいいのかな?」

P「いいと思うぞ?」

未央「……そうだね。うん、そうだよね」



49: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 19:07:46.73 ID:7DFBPWe10

P「ああ。で、その店だが……確か、ハンバーグの店、って言ってたな」

未央「おお、ハンバーグ。ということはプロデューサー的にもかなり期待してる感じ? ハンバーグ、好きって言ってたよね」

P「そうだな。かなり期待してる。なんでも、ソースが最高にうまいらしくてな……」

未央「ほうほう、ソースが……どういうソースなの? デミグラスソース的なやつ?」

P「いや。確か……ガーリックバターソース? だったはずだ」

未央「ガーリックバターソース……? どんなのなんだろ。でも、おいしそうだね」

P「味は想像できそうで微妙にできない感じだよな。いや、想像通りなのかどうかはわからない、って感じか。ご飯が進む味、らしいが」

未央「ご飯が進むんだ。日本人に生まれてよかった、ってやつ?」

P「いや、それはわからんが……まあ、食べてみないとわからない、ってな」

未央「だね」



50: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 19:15:25.41 ID:7DFBPWe10


――店の前

未央「ほうほう……なんだか良い感じのお店だね!」

P「ああ。なんだか洒落てる。平仮名の店名が味を出してる、って感じだ。完全洋風、ってわけじゃなくて、なんだか日本的な要素もある……とでも言えばいいのか」

未央「確かにそんな感じだね。でも、なんだか外を見るだけでいいお店! って雰囲気でいいね!」

P「外見だけで判断してはいけないってのが飲食店の基本って感じではあるが、なんだか『いい店』って雰囲気がするよな。……とりあえず、入るか」

未央「おー♪」



51: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 19:22:57.61 ID:7DFBPWe10


――店内

未央「まさか地下があるとは……でも、この雰囲気、なんか良い感じかも」

P「地下は最近できたらしいな。なんでも、地下ができる前は行列も行列、って感じだったらしい」

未央「んー……確かに上だけだとちょっとキツいかもね。現時点で割りといっぱいですし?」

P「だな。あるいは俺らが並ばずに入れたのは幸運だった、って可能性もあるが」

未央「それはあるかも。実際、普段がどんなのかはわからないけど、ね」

P「まあ、まだこれが初めてだからな。普段がわからないのは当然だ……っと、それで、何にする?」

未央「ハンバーグじゃないの? ……って、メニュー、結構あるんだね」




52: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 19:35:19.85 ID:7DFBPWe10

P「俺はまあハンバーグにするつもりだが……確か、いちばん人気なのがこのチーズハンバーグってやつだったはずだ」

未央「あ、普通のハンバーグじゃないんだ。……うん、でも、私もそれにしよっかな」

P「グラム数は?」

未央「いちばん小さいのが200g……か。それじゃあそれで。プロデューサーは?」

P「まあ、300gだな」

未央「やっぱり。それじゃ、注文しよっか」

P「ああ。すみませーん」



53: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 19:48:43.04 ID:7DFBPWe10


――

未央「ライス大盛り無料だったんだね。あと、おかわりも無料って言ってたね」

P「だな。俺は大盛りにしたが……未央はしないでよかったのか?」

未央「しないよー。というか、プロデューサーこそ大盛りにしてよかったの? まずは普通のにして、それからおかわりすればよかったんじゃないの?」

P「ん、まあ、それはそうなんだが……いちいち注文するのってなんか申し訳なくないか?」

未央「あー……そっか。うん、まあ、そうかも。何度も店員さんを呼ぶのって、確かにちょっと申し訳ない感じあるよね」

P「お、未央もそう思ってるのか。未央らしいというか、未央らしくないというか……」

未央「えー。それ、どういう意味? 私もぐいぐい押しているだけの人間ではありませんよ?」



54: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 19:58:12.16 ID:7DFBPWe10

P「わかってるわかってる。ただ、未央ならどっちでも想像できただけだよ。店員さんを慮りそうではあるが、同時に店員さんを呼んだりすることに抵抗感がなさそうでもある、ってな」

未央「んん……? なんだかわかるような、わからないような……」

P「そうだな……つまり、未央を褒めてる」

未央「おっ、それならわかるよ。もっと褒めてくれてもいいんですよ?」

P「褒める理由がないだろ?」

未央「理由がないと人を褒めないというのはどうなのかな? 理由がなくても褒められたら嬉しいんだから、褒めてほしいなー」

P「理由がなくて人を褒めまくってるだけの奴って胡散臭いような気がするが――っと、そうこう言っている内に、来たぞ」



55: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 20:09:30.10 ID:7DFBPWe10

未央「えっ? あ、ほんとだ……サラダだね」

P「早かったな。これは……大根のサラダ、か」

未央「これ、今食べてもいいのかな?」

P「まあ、そうなんじゃないか?」

未央「それじゃ、とりあえず、いただきます?」

P「ん、そうだな。いただきます」

未央(ということでサラダ……だけど、さすがにこれがめちゃくちゃおいしいってことは……いや、でも、わからないなぁ……)

未央(とりあえず、食べてみなくちゃわからない、よね。ということで、いただきまーす)パクッ

未央「……うん」

未央(普通のサラダだね。いや、シャキシャキでおいしいんだけど……なんとなく、ここはそんなものじゃないって気がする。プロデューサーにいっぱいおいしいお店に連れて行ってもらって培われた『カン』みたいなものがそう言っているような気がする!)

未央(……そう言えば、このサラダ、残しておいた方がいいのかな。どうしよ。うーん、プロデューサーは……あ、食べてる。じゃあ食べちゃおー、っと)



56: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 20:20:05.14 ID:7DFBPWe10


――

未央「さて、ライスとハンバーグがきましたね、プロデューサー」

P「ん、そうだが……なんだそのノリ」

未央「え? いや、なんだかやりたくなっちゃって」

P「そうか。しかし……結構、ライスの量が多いな」

未央「そりゃ、プロデューサーは大盛りだもん。当然でしょ? いや、私のも割りと多いような気はするけど……」

P「まあ、ご飯に合うって話だし、問題ないだろ」



57: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 20:26:36.53 ID:7DFBPWe10

未央「かな? でも、これがガーリックバターソースなんだね。なんだか綺麗かも。黄金色? みたいな?」

P「チーズも結構なもんだな。というか、微妙にチーズかソースかわからないんだが……このハンバーグの上に乗ってるのがチーズだよな?」

未央「いや、明らかにそうだと思うけど……この付け合せにマッシュポテトとブロッコリー? これもこのソースに付けて食べるのかなー」

P「それは好みじゃないか? まあ、とりあえず、食べてみるか」

未央「うん、いただきます……って、さっきも言ったか」

P「べつに二回言ってもいいとは思うがな……いただきます」

未央「お、それじゃ、いただきまーす」

P「お前、それだと三回目になってるが……まあいいか」



58: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 20:38:42.79 ID:7DFBPWe10

未央(さてさて、ハンバーグ……ハンバーグですよ!)

未央(うーん、なんだかおいしそうなにおい……でも、そこまでにおいが強いというわけでもないかも。だから女の人が結構居るのかな。そうそう、ガーリックが入ってるソースで女の人がこんなにいっぱい、っていうのが意外だったんだよね。まあ、平日のランチだから、ってこともあるような気はするけど……それにしても、多いから)

未央(これは私も気にせず食べられる、ということかな? ブレスケアはきちんとするつもりだけど……って、そんなことはあとあと! 今は、これに向き合おー)

未央(まずはどこから手を付けようかなー。でもまあ、ハンバーグから? ということで……ちょっと切って、っと……)スッ

未央(おっ、すっと切れた。なかなかに柔らかいハンバーグなのかな? それで、これをガーリックバターソースに絡ませて……っと、思った以上にシャバシャバだなー。絡ませにくいかも。えっと、でも、なんとか絡ませて、っと)

未央(じゃあ、食べようかな。いただきまーす、っと)パクッ



60: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 20:51:09.87 ID:7DFBPWe10

未央「……!?」

未央(はー……こう来るかーこう来ますかーこう来ちゃいますかー! おいしい! いや、そこまで予想外の味、ってわけじゃないんだけど……いや、うん、ここまでのおいしさは予想外かも)

未央(ハンバーグは柔らかいことは柔らかいんだけど、ジューシーじゃないわけじゃなくて……なんて言えばいいんだろ。割っただけで肉汁が溢れ出す、みたいな感じじゃなくて、口の中に入れて噛むとじわーっと広がる、みたいな感じ? ふっくらジューシー、なんて言ったらいいのかな。もうこのハンバーグだけでおいしい気がする!)

未央(それから、このソース……このソース! このソースがもうすごい! というかヤバい! もうヤバいとしか言えなくなっちゃうくらいの味! ガツンとにんにくが来た後にバターのコクみたいな感じとかチーズのまろやかさというか甘みというかそんなのが来てとにかくおいしい! あー、もう! こんなのおいしいに決まってるよー!)

未央(あと、ライスに合うって言ってたよね。うん、そりゃもうライスに合うでしょうよ! こんなの合わないわけないもん! あ、でもでも、一緒に食べる前に単体で食べておこっかな。ライスははたしてどういうものか!)



61: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 20:55:24.42 ID:7DFBPWe10

未央(うんうん……なんだかぴかぴかでおいしそうな感じ! でも、ライスでそこまで食べ方を考えることはないよね。いただきます)パクッ

未央「……ほうほう」

未央(思ったよりおいしい。え? ご飯もおいしいんだけど。ちょっと硬めなのは『ライス』だから? いや、でも、このちょっと硬めなのがまた良いかも。うん、おいしい。ライスだけでもなんだかおいしい感じ……なんだけど! そんなことよりもハンバーグと一緒にこのライスを食べちゃいたい! ということで! ハンバーグを切って、ソースを出来る限り絡ませて……ライスに乗せて、食べる!)パクッ

未央「……んー!」

未央(うん! おいしい! わかってたけど! うん、うん! これは良いね! おいしい! ご飯が進んでもう最高!)

未央(このガーリックバターソースはなかなかに高カ口リーって感じだけど……うん、でも、すごいなー。このソース、なんだかもう『ずるい』って感じ。食レポ的に言うと『旨味の暴力じゃー』みたいな? でも、そんな表現でも誇張表現じゃないような……とにかく、おいしい!)



62: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 21:00:40.00 ID:7DFBPWe10

未央(……そう言えば、このマッシュポテト、まだ食べてなかったなー……これをソースに、って……なんだか、想像するだけでおいしそうなんだけど! これは検証が必要だね! ということで、ソースをたっぷり付けて、っと……)パクッ

未央「……うん!」

未央(わかってた! わかってましたよおいしいってこと! というか、ポテトだからかハンバーグよりもソースが絡んできてるかも!)

未央(はー……もう、最高……こんなのを知っちゃったら、もう、ダメになっちゃうよ……)



63: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 21:04:46.85 ID:7DFBPWe10


――

未央「……それで、アイス、だね」

P「ああ。抹茶のアイス……うん、食べるか」

未央「うん」

未央(やっぱり、おいしいものを食べた直後だと、なんだか口数も少なくなっちゃう。というか、言葉なんていらない、って感じ。店の外に出るまでは、ただただこの余韻に浸っていたい、みたいな……って、まだアイスがあるんだけど)

未央(でも、このアイス……うん、なんとなくだけど、こういうお店のアイスはおいしいよね。ということで、っと)パクッ

未央「……ふぅ」

未央(もう、溜息が出ちゃう……抹茶のアイス。抹茶……抹茶のアイスなんだけど、良いな。おいしいな。ちょっとこってりしてた口の中がさっぱりするというか、癒やされたというか……)

未央(……めちゃくちゃおいしい抹茶アイス。もうこれだけでも満足できるくらいの味。でも、今までがあったからこそ、このおいしさが最大限に引き出されている気がする)

未央(なんだか、最高の終わり、って感じかも)

未央「……ごちそうさまでした」



64: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 21:11:47.99 ID:7DFBPWe10


――店の外

未央「……おいしかったね、プロデューサー」

P「うん、うまかったな」

未央「あのソース、いったいなんなんだろうね。本当、すごかった……」

P「ご飯が進む味だったよな。いや、聞いていた話の通りというか、話以上というか……とにかく、良かったよ」

未央「でも、ライスは思った以上に多かったかも。プロデューサーも多くなかった?」

P「まあ、結構な……それでも、あのソースがあったからな。腹はいっぱいだが……」



65: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 21:15:08.52 ID:7DFBPWe10

未央「私もお腹いっぱーい。おんぶしてくれる?」

P「今回は俺も辛いからダメだ。というか、お前も大して辛くはなさそうだしな」

未央「えへへ、バレた? まあ、満腹、って感じなだけだしね」

P「それならする必要はないだろ。というか、本来ならするべきではないからな」

未央「それはそうだけど……でも、こういう状況を利用してやりたい、って思っちゃうのは仕方ないじゃん?」

P「それ、言うか?」

未央「だって、本当のことなんだもん。……こういう理由がないと、恥ずかしくて、なかなか言えないし」

P「……それ、言ってて恥ずかしくないか?」

未央「……恥ずかしい、けど、でも、ホントのこと、だから」

P「……そうか」

未央「……うん」



66: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 21:18:18.85 ID:7DFBPWe10

P「……でも、本当においしかったな。他のメニューも気になるが……次に来たらなんだかんだであれを頼んでしまいそうだ」

未央「それは私もそうかも。本当においしかったもんね。……そう言えば、プロデューサー、前のラーメン屋さんみたいにならなかったね」

P「前? ……ああ、新宿の時の、か。あの時に『ゆっくり話したい』って言ったのは未央だろ?」

未央「……覚えててくれたんだ」

P「まあ、な」

未央「……えへへ。私はちょっと忘れてたんだけどね」

P「お前が覚えてなかったのかよ……」

未央「でも、思い出したよ。うん、そんな感じだったよね」

P「で、ゆっくり話した感想は?」

未央「んー……まだまだ話したい、かも」

P「そうか」

未央「そうそう」

P「……それじゃ、事務所までは、話すか」

未央「お仕事に戻るまでは、って?」



67: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 21:19:13.10 ID:7DFBPWe10

P「それは言うなよ……あ、そう言えば、未央、にんにくだったが大丈夫だったのか?」

未央「んっ……それ、言う? せっかく言ってなかったのに……すぐにブレスケアするから大丈夫だもん」

P「まあ、それならいいが……」

未央「……あ、プロデューサー。ちょっと顔、寄せてくれない?」

P「寄せる、って……なんかこれ、前にも何かなかったか?」

未央「あ、バレた? でも、さすがに今はあんなことできないかな」

P「ん? なんで……って、それ、つまり」

未央「……えへへ。さすがに恥ずかしいからね」

P「恥ずかしいなら言うなよ……」

未央「プロデューサーまで恥ずかしくなるって?」

P「……まあ、そうだが」

未央「それならセーフ! 私の狙い通りだね!」



68: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 21:24:22.81 ID:7DFBPWe10

P「狙い通りなのかよ……というか、今の関係の方が言いやすいんじゃないか? 俺が言うのもなんだが」

未央「んー……まあ、意識してるかどうかは、重要だからね」

P「お前の方はあの時だと意識してなかったのか」

未央「んん!? ……ね、ねえ、プロデューサー、今、自分が何言ったか、わかってる?」

P「ん? いや、べつに普通の……っ! 忘れろ! 今すぐ忘れろ! くそっ、俺はいったい何を……!」

未央「……プロデューサー、珍しく焦ってる? いや、焦る自体はそこまで珍しくないかな……大声で、って、ちょっと珍しいかも」

P「そりゃ……いや、本当に忘れてくれ。失言だった。……冬だってのに、顔が熱い」

未央「そう? ……それじゃあ」ペタッ

P「なっ……」

未央「ホントだ。熱いね、プロデューサー。顔も、ちょっと赤い?」

P「……お前の顔も、ちょっと、赤いぞ」

未央「……うん。わかってるよ。恥ずかしいもん。でも、それ以上に、幸せだから」

P「……そうか」

未央「うん! ……いつまでもこうしているのは、さすがにダメだよね」

P「まあ、な」



69: ◆Tw7kfjMAJk 2015/12/20(日) 21:29:54.56 ID:7DFBPWe10

未央「……そう言えば、ハンバーグのお店だったのに私だけで良かったの? みくにゃんとからんらんとか……」

P「あー……それは、まあ、初めて行く店では、な。自分で行ったことがある店以外に連れて行くっていうのは、あんまり人を連れて行きにくいからな」

未央「私だけは特別、ってこと?」

P「……そうなるな」

未央「……そっか。そうなっちゃうかー」

P「……店の話からだいぶ離れたな」」

未央「そう言えばそうだね。まだまだ話したいことはいっぱいあるし……店の雰囲気とか、思った以上に良かったよね」

P「ああ。上と地下で結構感じも違ったしな。ああいうところだとデートにも適しているのかもな」

未央「そうだね。……いつか、また、来ようね」

P「……ああ」






83: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 14:36:17.98 ID:NDH+VP0v0


――事務所

P「寿司が食いてぇ!」

みく「えっ? Pチャン、いきなりどうしたの? ちょっとこわいにゃ……」

未央「うん! そうだね、プロデューサー! 未央ちゃんもお寿司が食べたい気分ですよ!」

みく「未央チャンまで!? って、これ、なんかイヤな予感がするんだけど……」

P「ということで、みく! 一緒に食べに行かないか!?」

未央「行こう、みくにゃん! お寿司を食べに!」



84: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 14:40:04.32 ID:NDH+VP0v0

みく「えー……みく、お魚ダメって知ってるよね?」

P「いやいや、回転寿司ならいけるだろ? だから、な!?」

みく「確かに回転寿司なら食べられるものも多いけど……なんか、お魚も食べさせられそうな気がするもん……」

P「そんなことはない! なあ未央!」

未央「うんうん! もちろんですとも!」

みく「全然信じられないんだけど……とにかく、みくは行かないからね」

P「……そう、か。俺たちと一緒に食べるの、そんなに嫌、か」

未央「……私たち、みくにゃんに嫌われてるんだね」

みく「……」ムシ



86: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 14:45:34.59 ID:NDH+VP0v0

P「……」ジー……

未央「……」ジー……

みく「……」ムシムシ

ガチャ

奈緒「おはようござ――って、何してんだ? Pさん、未央」

P「奈緒! 聞いてくれよ! みくがさぁ!」

みく「にゃあああああああもう! わかったよ! 行けばいいんでしょ! ただし! Pチャンと未央チャンだけじゃ心配だから奈緒チャンも一緒に、にゃ!」

未央「みくにゃん!」パァッ

P「みく! ありがとう! よし、というわけで、行くぞ、奈緒!」

奈緒「はぁ!? えっ、ちょ、どういうことか全然わからないんだけど!? 誰か説明してくれー!」



87: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 14:50:04.18 ID:NDH+VP0v0


――

みく「でも、どうしていきなりお寿司なの? ドッキリ……にしては、Pチャンがでしゃばりすぎだよね」

P「でしゃばりすぎって……いや、まあそうなんだが。いきなり寿司なんて言った理由は、まあ、食べたかったからだな」

みく「えぇー……思ったより適当な理由でちょっとショックにゃ……。というか、それじゃあ、みくが一緒に行かなくてもよかったんじゃない?」

未央「それはですね、みくにゃん。前に私、プロデューサーと一緒にハンバーグを食べに行ったんだけど、その時にみくにゃんは連れて行かなかったでしょ? ハンバーグと言えばみくにゃんとらんらん、みたいなところあるしね。それで、その埋め合わせ的な?」

みく「埋め合わせならハンバーグにしてほしかったにゃ……というか、それなら蘭子チャンはどうして連れて来てないの?」

P「蘭子はハンバーグが好きだからな。そっちに連れて行くつもりだ」

みく「じゃあみくもそっちに連れて行ってくれない!?」



88: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 14:59:00.50 ID:NDH+VP0v0

奈緒「……なんか、話を聞いている限りだと、あたし、完全に行く必要ないよな」

P「えっ……奈緒、回転寿司、嫌だったか?」

未央「『回る寿司なんかに連れて行かれるなんて屈辱だ』って……かみやん、すごいこと言うね……」

奈緒「そんなこと一言も言ってないだろ!? そういうことじゃなくてだな……」

P「いや、まあ、大した理由はないよ。みくが言ったからってだけじゃなく、ちょうど居たから……というか、あれで奈緒だけを連れて行かない方が不自然だろ?」

奈緒「……それもそうか。あれであたしだけ残されていたらさすがにちょっと……な」



89: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:00:12.43 ID:NDH+VP0v0

みく「そう言えば、奈緒チャン、何か用事なかったの? そこを無理やり、とかだったら申し訳ないにゃ……」

奈緒「んー……別に、大事な用はないよ。ちょっと勉強しようと思ってただけ。みくも結構そういう理由で来たりするだろ? いや、みくに教えたことはあんまりないけど……」

未央「みくにゃんは勉強家ですからなー。いやー、見習わなくてはいけませんねー」

みく「未央チャンが言うと嫌味に聞こえるにゃ……未央チャンのキャラで勉強ができるって、ちょっとずるいよね」

未央「いやいや、ずるくないですよ? 私もそこそこに勉強してますからね?」

奈緒「ろくに勉強してなくてそれだったら本当にやってられないけどな……そう言えば、Pさんは学生時代どうだったんだ? 勉強、してたの?」

P「ん? はっはっは……さて、そろそろ着くな」

みく「話の逸らし方強引過ぎじゃない? というか、Pチャン、みくたちには勉強しろって言うのに……」

P「いや、確かに人のことを言える身分じゃあないが……でも、勉強をして損をすることもないだろ? 学生の本文は~、なんて言うつもりも言う権利もないが、勉強はやっておいた方がいいとは思うよ。芸能界でもそれを感じることはあるだろうし、な」



90: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:00:54.23 ID:NDH+VP0v0

未央「プロデューサーもそういうの感じたことあるの?」

P「たまには、な……こういう話は俺よりも詳しい人が居るだろうし、これくらいにしとくか。気になったら大人組に――頼りになりそうな大人組に聞け」

奈緒「その言い方、頼りにならない大人が居るみたいだな……」

P「いや、頼りにならないわけじゃないが、勉強とか、そういう方面じゃどうかわからないだろ? ……まあ、とにかく勉強しろってことだよ。そろそろ着く。この話はこれで終わりだ」

未央「はーい。ま、心配しなくてもちゃんと勉強しますよ。ね、みくにゃん、かみやん」

みく「まあね。みくもアイドルを言い訳にしたくないし」

奈緒「アイドルだからって勉強できないのも格好悪いし、な」

P「お前ら……なんか、お前らを見てると自分が情けなくなってくるよ。昔の俺は、どうして勉強しなかったんだろうな……」

未央「そっち!?」

みく「そこで自己嫌悪にいっちゃうんだ……」

奈緒「なんというか……Pさんらしいな」



91: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:06:06.21 ID:NDH+VP0v0


――店内

P「回転寿司……そういや、来るのは結構久しぶりかもしれないな」

未央「そうなの? プロデューサー、お寿司はあんまり好きじゃなかったり?」

P「いや、寿司は好きなんだが……一人で回転寿司ってのもなあ。一人なら他の店に行く時のが多い」

みく「Pチャンは一人回転寿司も一人焼肉も普通にやりそうだけど……」

P「んー……まあ、やらないこともないが、少なくとも回転寿司は一人でするメリットがあんまり感じられなくてな。何人かで来ても好き勝手に食べるだろ?」

奈緒「まあ、確かにそうかもな。回転寿司はみんなで来ても一人ひとりの好きなタイミングで好きなものを、みたいな気がする」

P「だから久々の回転寿司で、何を食べようか今から楽しみだ。あ、何かとってほしいものあれば言えよ。未央、奈緒」

未央「はーい。……そう言えば、みくにゃん、レーン側に座るのめちゃくちゃ早かったけど、それって」

みく「レーン側に座ったらお魚を食べさせられるかもしれないでしょ」

未央「ですよねー」



92: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:09:08.95 ID:NDH+VP0v0

P「だから、食べさせないって……あ、注文するけど、何か先に注文しておきたいものとかあるか?」

奈緒「まずは……そうだな、茶碗蒸しとかじゃないか?」

P「ん、茶碗蒸しか。そう言えば、みくは茶碗蒸しってどうなんだ?」

みく「お魚が入ってなければ大丈夫だけど……」

P「……ここの、入ってたか?」

未央「どうだったっけ? 覚えてないなー」

みく「んー……それじゃあ、いいにゃ。べつのものを食べることにする」

P「そうか? じゃあ……っと、茶碗蒸しは奈緒も未央も頼む、ってことでいいんだよな?」

奈緒「うん」

未央「いいよー」



93: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:11:00.45 ID:NDH+VP0v0

P「よし。それじゃあ注文、っと……しかし、時代も変わったよなあ。タッチパネルで注文できる時代になるなんて……」

みく「お寿司を素手で食べる人からすれば不衛生な気もするけどね」

P「あー……確かにな。毎回手を拭くって言っても、そうか。まあ、ここでは箸を使って食べてるが……」

未央「そう言えば、お寿司を素手で食べること……なんて、あんまりないかも。本当はそうするべきなんだっけ?」

奈緒「それは回らないところとかじゃないか? こういうとこではそこまで気にすることじゃないと思うが……」

P「回らない寿司屋でも絶対そうしろってわけじゃあないと思うけどな。周りの迷惑にならないのなら、自分の好きなように食べればいい」

みく「Pチャンがなんかいいこと言ってる……」

P「いいこと言ってるって思うんなら茶化すなよ……」



94: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:12:46.12 ID:NDH+VP0v0

未央「あ、えびアボカド。プロデューサー、とってとってー」

奈緒「あ、あたしもお願い」

P「お前ら……あー、どれがいい、とかは」

未央「べつにないよ」

奈緒「あたしも」

P「わかった。じゃあ、っと。はい」

未央「ありがと♪」

奈緒「ありがと、Pさん」

P「どういたしまして。……しかし、やっぱり女子っていうのはえびアボカドっていうのが好きなのか? みくは……まあ、エビフライが無理ならえびはキツいか」

みく「食べられない、ってわけじゃあないんだけどね。 苦手ってだけ」

未央「やっぱりみくにゃんの基準はわからないなー……結局、何が大丈夫で何がダメなの?」

みく「んー……難しいかも。たこ焼きのタコは大丈夫だけど、お寿司だとダメだし……」

奈緒「ずいぶん面倒くさいな……」

みく「それは言わないでほしいにゃ……。みくも自分で面倒くさいってわかってるもん」



95: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:13:50.97 ID:NDH+VP0v0

未央「というか、それだとお寿司で食べられるもの全然なくない? 連れて来て言うのもなんだけど……ダメ、だった?」

みく「連れて来たのに申し訳無さそうな顔をするのは卑怯じゃない? ……大丈夫だよ。たまになら、ね。あ、Pチャン。たまご、たまご欲しいにゃ」

P「ん、たまご、な……俺も注文しとくか」

未央「あ、それじゃあ私もー。かみやんは?」

奈緒「んー……今はいいかな。他のを注文するよ」

P「ん。それじゃあ、注文しとく。……そういや、えびアボカドってどうなんだ?」

未央「どうって? プロデューサー、実は食べたことなかったり?」

P「ないことはないが……あんまり食べないな」

奈緒「でも、『どう』って聞かれても答えにくいな……あたしは好きだけど」



96: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:15:14.81 ID:NDH+VP0v0

未央「あ、そう言えばかみやんはえびアボカドに醤油派? 甘ダレ派?」

みく「えっ……甘、ダレ?」

P「甘ダレなんてかけるのか……」

未央「マヨネーズ系のには甘ダレが意外と合うんですよ? かみやんはどうなの?」

奈緒「いや、かけたことないけど……」

未央「……つまり、甘ダレをかけるのは私だけ?」

P「みたいだな」

みく「みたいだね」

未央「えぇー、おいしいのにー……かみやんかみやん、一回付けてみてよー」

奈緒「えー……本当においしいのか?」

未央「ほんとほんと! 未央ちゃんを信じてよー!」

奈緒「未央だから信じられないんだが……」

未央「ひどくない!?」



97: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:21:17.69 ID:NDH+VP0v0

みく「まあ、未央チャンだしね……」

未央「みくにゃんまで!? ……うぅ、プロデューサー!」

P「いや、普段の行いが行いだからなぁ……でも、未央も実際にそう食べてるってことなら、おいしいんじゃないか?」

奈緒「ん……まあ、食べるだけ食べてみるけど……えっと、甘ダレを、どれくらいかけるんだ?」

未央「どれくらい? どれくらいって言われても難しいけど……そこそこ? 普通に? まあ、醤油の時と同じ感じで!」

奈緒「そんなに? ……うん、かけた、けど……」

P「うわぁ……」

みく「うわぁ……」

奈緒「その反応やめろよ! あたし、今から食べるんだぞ!?」

未央「いやいや、プロデューサーもこんな反応だけど、食べたら絶対……たぶん、えっと、おそらくおいしいって思うからね!」

P「なんだかどんどん信頼性が欠けていったな……不安になるんだが」

奈緒「今から食べるあたしの方が不安だよ……未央、本当に大丈夫なんだよな?」

未央「大丈夫って何回も言ってるじゃん。食べてみたらわかるって!」

奈緒「……それじゃあ、いただきます」

未央「召し上がれ☆」



98: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:26:16.57 ID:NDH+VP0v0

奈緒「……」パクッ

奈緒「……?」モグモグ

奈緒「……意外といける」

P「マジか!?」

みく「ホントに!?」

未央「ふっふーん、でしょでしょ? 未央ちゃんを信じてよかったでしょ?」

奈緒「うん……いや、本当、なんでだ? マヨネーズ、マヨネーズか? マヨネーズと甘ダレ、それからアボカドがなぜか合ってる……うん、これ、おいしいよ」

未央「でしょ!? いやー、さすがかみやん、違いのわかる女だねっ!」



99: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:29:04.22 ID:NDH+VP0v0

P「……奈緒、お前、嘘吐いてないよな? あと、醤油と甘ダレだったらどっちの方がいい?」

奈緒「嘘なんて吐いてないって。醤油か甘ダレか、は……人によるかもしれないけど、あたしは甘ダレの方が好き、かも」

みく「えぇー……」

P「奈緒……お前、そんな奴だったのか……」

奈緒「なんだよその言い草……Pさんも食べてみろって。本当に、意外といけるから」

未央「そうそう。食わず嫌いはダメですよ? 食べたこともないのにそんなことを言う資格はないのでは?」

P「……それじゃあ、えびアボカド、頼んでおくか」

奈緒「あ、あたしもお願い」

P「まだ食べるのか……?」

奈緒「……べつにいいだろ。本当においしかったんだから」7

未央「あ、注文するなら、プロデューサー、シーサラダもお願い。これもマヨネーズ系だから甘ダレが合ったりするんだよねー。海老アボカドほどじゃないかもだけど」

奈緒「……あたしもお願い」

P「奈緒……」

奈緒「だって、海老アボカドはおいしかったからさ。未央の言うものなら、信じていいかな、って……」

P「……まあ、それなら頼むよ。みくはどうする?」

みく「あ、それならチャーシューネギまみれをお願い」

P「ん、わかった。なら俺も……って、一回の注文は5皿まで、か。なら後でいいな。とりあえずこれで注文、っと」



100: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:30:51.23 ID:NDH+VP0v0

未央「チャーシューネギまみれ……私、食べたことないかも。おいしいの? みくにゃん」

みく「みくはここに来たらだいたいこれを頼む……というか、これがメインかな。それくらいにはおいしいよ」

奈緒「……飽きないか?」

みく「たまごとかも食べるし、みくは大丈夫だよ。でも、確かにちょっとこってりめだし、飽きる人は飽きるかも」

P「俺も好きだが、さすがにあればっかりってなると飽きるかもしれないな。でも、うまいことは確かだ。回転寿司に来たなら回転寿司でしか食べられないものを食べないと、って感じもするしな」

未央「へー……それじゃ、私も回ってきたら食べるか、プロデューサーが注文する時にでも一緒に注文してもらおっかなー」

奈緒「あたしも、そう言われると気になってきたな……その時はお願い」



101: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:31:51.03 ID:NDH+VP0v0

P「ん、わかった。……とか言ってると、たまごが来たな。注文したのは……」

未央「私と」

みく「みく」

P「で、俺か。……回転寿司に限らず、寿司屋に来たらたまごは絶対食べるんだよなー」

未央「そうなの? でも、私もそうかも。たまごでそこのお寿司屋さんの実力がわかるというものです……いや、知らないけど」

みく「実際、そういうことも言われているらしいけど……みくはそんなお寿司屋さんに行ったことないからわからないにゃ」

P「うーん……まあ、そう言われてはいるが、絶対の信頼性があるってわけでもないな。たまごがおいしかったら嬉しいってことは確かだが」

奈緒「そうなのか。でも、たまごってそこまで変わるか?」

P「かなり変わるな。うまいところは本当にうまい。と言っても、たまご焼きは人によって味の好みがかなり変わるからそれも人によるんだろうがな」



102: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:33:33.06 ID:NDH+VP0v0

みく「……そう言われると、そういうところにも行きたくなってくるにゃ」

P「お! 行くか? 仕事ならいつでもとるぞ?」

みく「お仕事では行きたくないにゃ! 絶対お魚食べさせられるもん!」

未央「まあ、仕事で行ってたまごだけって……そういう企画なら問題ないかもしれないけど、ちょっと、お店にも失礼だよね」

奈緒「その理屈だとプライベートで行ってもキツそうだけどな……」

P「んー……みくは結構範囲が広いからなぁ。ただ単に『生魚が苦手』ってだけの人ならうなぎやら穴子やら海老やら、そういった『だいたい生では出されないもの』を食べれば問題ないんだが、そうじゃないからな……」

みく「みくもそういうのだったらまだ食べれるけどね。生魚は本当にダメだけど、そういう生臭さが抜けたのだったら食べられなくはないし。好んで食べたいもの、ではないけどね」

未央「うーん……プロデューサー、回ってないお寿司屋さんって、みくにゃんでも食べれそうなの、他にないの?」

P「んー……そもそも、そういう寿司屋は寿司以外のメニューも豊富なところは多いな。だが、それも魚介系の料理ってのが多いから……なかなかに難しいかもしれないな。でも、不可能ってわけでもないとは思う。最近は創作寿司に精を出しているところもあるし……うん、探せばあると思うぞ」

みく「そうなんだ……それじゃあ、そこなら、行ってみたいかも」

P「そうだな。また探してみるよ」



103: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:44:50.56 ID:NDH+VP0v0

未央「……チラッ」

P「だから口で言うなって……その時はまた声をかけるよ。奈緒もな」

奈緒「んっ!? あ、あたしは何も言ってないけど!?」

P「行きたくないのか?」

奈緒「い、いや、その、行きたくないわけじゃないけど……」

P「なら行こう。まあ、いつになるかはわからないが」

奈緒「……ありがと、Pさん」

P「まだ感謝されるようなことはしていないから気にするな。というか、早く食べないと乾燥するな」

未央「あ、確かに。早く食べなきゃ」

みく「……うん、やっぱりたまごはおいしいにゃ」

P「いつの間にか食べてるし……いや、いいんだが」

未央「……ん、おいしい」

P「未央まで……まあ、俺も食べるか」



104: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:45:56.30 ID:NDH+VP0v0


――店外

P「ふー……結構食べたな」

未央「いや、それはプロデューサーだけだけどね」

みく「Pチャンはやっぱり食べる方だよね」

P「そうか? これでも学生の時よりは少なくなったと思うんだが……」

未央「学生の時にどれだけ食べてたの……?」

P「全盛期ならもう10皿は余裕だったな」

奈緒「それは『全盛期』なのか……?」

みく「ごはんは大事だけど、食べ過ぎでカラダを壊すのはやめてほしいにゃ」

P「問題ない。そこのところはちひろさんに色々言われてるからな!」

奈緒「ちひろさんなら問題ないか……でも、おいしかったな、回転寿司。最初は意味がわからなかったけど、うん、連れて来てくれてありがと」

みく「みくも……いや、まあ、できればお寿司屋さん以外が良かったけど、おいしかったよ。だから、ありがとにゃ」

P「そうか。なら良かった」



105: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:48:00.11 ID:NDH+VP0v0

未央「うんうん、良かった良かった。今度このメンバーで行くお高いお寿司屋さんが楽しみだね!」

P「ん゛っ……いや、うん、そうだな」

みく「今すっごい変な声出たけど……Pチャン、みくはハンバーグ屋さんで大丈夫だよ?」

奈緒「それみくの願望じゃないのか……? でも、本当、無理はしないでくれよな。あたしも……あたしたちも、Pさんが無理をするのは、嫌だから、さ」

P「あー……無理はしてない。大丈夫だ。そりゃ高いネタばっかり頼まれると困るが、俺もお前らのおかげで稼がせてもらってるからな」

未央「うわぁ……」

みく「ちょっと引くにゃ……」

P「んん!? その反応おかしくないか? 俺、お前らに気を遣って言ったつもりなんだが……」

奈緒「いや、それにしてもさっきのはちょっと……な」

P「……確かに言い方が悪かったかもしれないが、事実なんだから仕方ないだろ」

未央「あ、開き直った」

P「開き直った、ってなんだよ。……いや、そうなんだが」

みく「とにかく。みくたちは細かいことを気にするな、ってことでしょ? その心遣いだけは受け取っておくにゃ」

P「……奈緒ぉ。未央とみくがキツい……」

奈緒「情けない声出すなよ……もう。未央もみくも……その、あたしも、本当にそんなこと思ってるわけないだろ。Pさんには感謝してもしきれないくらい、だし」

P「奈緒……! やっぱり奈緒は優しいなぁ!」

奈緒「……うるさい」



106: ◆Tw7kfjMAJk 2016/01/23(土) 15:49:14.92 ID:NDH+VP0v0

未央「……むぅ。かみやん、最後の最後でいいところだけをとるだなんて、いけませんなぁ」

みく「奈緒チャンも乗ってたくせに……卑怯にゃ」

奈緒「はぁ!? いや、未央とみくの引き際が遅いのが悪いんだろ! あたしは悪くねぇ!」

P「お、テイルズネタか。奈緒も知ってるんだなぁ。うんうん、色々言われてるけど、俺は結構好きだぞ、アビス」

奈緒「違う! 知ってるけど違う! というか、そんなこと言ってないで助けてよー!」

未央「ふっふっふ……逃がさないよ、かみやん」ガシッ

みく「裏切りの罪は重いんだからね、奈緒チャン」ガシッ

奈緒「な、なんだよその手……Pさん!」

P「……やっぱり女の子どうしのいちゃいちゃは良いな!」

奈緒「良くない! あー、もー! 誰か助けてくれー!」






144: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 11:59:58.65 ID:tSKMbjR30


――山

未央「あとどれくらい? プロデューサー」

P「二十分くらいだな。半分ってところか」

未央「一時間くらいで着くんだね。思ったよりも近い?」

P「それでも一時間だけどな。遠いと言えば遠い」

未央「でもでも、山の中の撮影って最初に聞いた時はびっくりしたものですよ? 登山しなくちゃいけないのかー! 頑張らないとなー! って意気込んだもん」

P「その場合は『登山』の方の撮影になるような気がするけどな……」

未央「言われてみればそうだね。でも、車に乗ってるだけで山の上に……なんて、便利な時代になったものだねぇ」

P「誰の台詞だよ。あと、運転してるのは俺だけどな」



145: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:04:18.27 ID:tSKMbjR30

未央「あ、そう言えばそれも気になってたんだよね。プロデューサーが運転して現場に……ってくらいならいつものことだけど、こういう場所だったら車が出るような気がするんだよねー」

P「まあそれが普通だな。今回は例外だ」

未央「そう言うってことは、理由、わかってるの?」

P「俺はわかっていて当然だろ?」

未央「え……あの、もしかして……」

P「お、気付いたか。まあそう怯えなくてもいい。ドッキリでもない」

未央「そ、それじゃあ、何なの? ちょっとこわいんだけど……」

P「こわがる必要は……微妙だな。わからん」

未央「わからないの!?」

P「たぶん、大丈夫なはずだが……まあ、未央はいつも通りにしてくれればいい。先方もそれを望んでいるからな」



146: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:08:40.87 ID:tSKMbjR30

未央「……よくわからないんだけど、とにかく、いつも通りにしておけばいいの?」

P「ああ。それなら問題ないだろ?」

未央「……うん。そうだね。問題ない! 任せてよ、プロデューサー」

P「ああ、任せる」

未央「えへへ……あ、何かお店だ」

P「店? ……蕎麦屋、か」

未央「こんなところ……って言うにはそこそこ家もあるし、そこまでおかしくもないのかな」

P「山奥の蕎麦屋、ってだけを考えるとなかなか心惹かれるけどな」

未央「確かに。風情がある、って感じだね」

P「んー……帰りはここに寄ってもいいかもな」

未央「お! ほんとに? それはそれはやる気も上がりますなー」

P「そうか? なら、決まりだな」

未央「決まり? やったー! それじゃあ、どうしよっかなー。蕎麦屋さんってあんまり行ったことないんだよねー」



147: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:11:14.57 ID:tSKMbjR30

P「蕎麦屋によく行く女子高生ってのも珍しいけどな」

未央「そう? 行ってそうな子も居るけどなー」

P「肇とか紗枝とか? 芳乃も行ってそうだが……女子中学生になら心当たりもあるけどな」

未央「お、だれだれ?」

P「765プロのエミリー・スチュアートさん、だな」

未央「そっち!? いや、確かにそうだけどさぁ……ちょっとずるくない?」

P「うどんなら最上さん、ラーメンなら四条さん……765プロは麺類に強いな」

未央「麺類に強い……褒め言葉なのかどうかわからないね」

P「褒めてるぞ? だって、そういう番組を持ちやすいってことだからな。実際、三人ともその系統の番組を持ってるし……スチュアートさんはちょっと違うが」



148: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:18:15.07 ID:tSKMbjR30

未央「まあ、そういう見方をするとそうなんだけど……プロデューサーって、やっぱり765さんのアイドルのこと、好きだよね」

P「ファンだからな。仕事上でも勉強になることは多い」

未央「その割には、ウチの事務所ってあんまり765さんのところと仕事してないよね?」

P「してないことはないだろ?」

未央「そうだけど……そこまで多くはなくない?」

P「まあ、そうか。またあそこのプロデューサーさんと会った時にでも話してみるよ。……ん、そろそろ着きそうだな。心の準備をしとけ、未央」

未央「心の準備って言われても、何が待っているのかわからないんだけど……」

P「いつもの未央でいい。いつも通り頑張ってくれ、パーフェクトスター」

未央「……うん! 未央ちゃんの輝き、見せちゃいますよー!」



149: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:23:49.48 ID:tSKMbjR30


――撮影後・車内

未央「……ふぅ。楽しかったー!」

P「さすがだな。……本当、あの人相手にそんな態度で接することができるなんてなかなか居ないぞ?」

未央「そう? でも、楽しかったのは本当だからさ」

P「……まあ、それでこそ未央か。頼もしいよ」

未央「えへへ、お褒めいただき光栄です♪ それで、これからあのお蕎麦屋さんに行くんだよね?」

P「もうその話かよ……」

未央「いいでしょ? お腹、減ってるもん」

P「……まあ、もうそんな時間か。と言っても、確かそこまで遠くじゃなかったよな」

未央「うん。……あ、あそこ、あそこじゃない?」

P「あそこ? ……ん、見えた。車は……うん、停められそうだな。それじゃ、行くか」

未央「はーい」



150: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:28:01.28 ID:tSKMbjR30


――店の前

未央「ほうほう……なんだか雰囲気ありますなぁ」

P「そうだな……俺もさすがにこういうところは来たことがないな」

未央「そうなんだ? でも、そっか。山奥に来ることなんてないもんね」

P「まあ、ここでも本当の『山奥』ってわけじゃないんだろうけどな。住宅なんかは普通にあるしな」

未央「そう言えばそうだね。でも、本当に周りに何もなかったらやっていけないんじゃない?」

P「それもそうか……旅館とかなら別なんだろうが、ここはそうでもないしな。本当に周りに何もなくてもやっていける店ってのもあるとは思うが」

未央「そういうところは他にお金を稼ぐアテがあるか、そんなところにあってもお客さんが来るほどの店、かな。ここもそうかも?」

P「どうだろうな。とりあえず、入るか」

未央「うん」



151: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:28:50.81 ID:tSKMbjR30


――店の中

P「……雰囲気良いな」

未央「うん。外の風景もいい感じ! 風情がある、っていうやつ?」

P「そうだな……うん、良さそうな店だ」

未央「だね! これは……そば茶、だったっけ?」

P「ああ。あったかくていい感じだ」

未央「お、それじゃあもらっちゃおうかなー……」ズズ……

未央「ん! おいしい! おそばの風味が良い感じ!」

P「うん。期待が持てるな」



152: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:29:18.35 ID:tSKMbjR30

未央「持てますなー。で、これがメニュー?」

P「みたいだな。……結構種類があるな」

未央「そうだね。うーん……どうしよ。プロデューサーは?」

P「俺か? 俺は……そうだな、とりあえずはざるそばで」

未央「ざるそば。その心は?」

P「心って……まあ、初めての店はいちばん普通のものを頼みたくないか?」

未央「確かに……それじゃあ、私もそうしよっかなー」

P「そうか? ……それ以外にも何か頼むか?」

未央「プロデューサーはいらないの?」

P「……欲しいな」



153: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:29:50.19 ID:tSKMbjR30

未央「じゃあ頼もうよ。えーっと……この、マツバの唐揚げって?」

P「マツバ……マツバか。鶏肉だな。鎖骨か何かの付け根の部分、だったか。俺もあんまり食べたことはないな。確か名前の通り『松の葉』のように見えることからそう呼ばれているらしい」

未央「ほうほう……おいしいの?」

P「うん。うまいな」

未央「じゃあ頼もー」

P「そうするか。……ってことは、ざるそばとマツバの唐揚げ、でいいか?」

未央「うん。お願い」

P「わかった。すみませーん」



154: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:35:40.59 ID:tSKMbjR30


――

P「ん、来たな」

未央「結構早かったね? これが……マツバの唐揚げ。確かに松の葉っぽい? わからないけど」

P「わからないのかよ……」

未央「えへへ。で、これは何も付けずに食べたらいいのかな?」

P「一応塩……ん、これ、わさび塩? へぇ……そういう感じか」

未央「プロデューサー? どうして自分で納得しているのかな?」

P「あ、すまんすまん。このわさび塩ってやつをちょっとかけてもいいかもな。でも、まずは何も付けずに食べたらいいんじゃないか?」

未央「ん、そうする。それじゃあ、いただきまーす」

P「いただきます」



155: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:38:21.29 ID:tSKMbjR30

未央(ということで、マツバの唐揚げ。マツバの唐揚げ……プロデューサーの言った通り、骨の付け根の部分、なのかな。松の葉のような形の骨に、お肉が付いている感じ?)

未央(お肉がいちばんおいしいところは骨の周りって言うこともあるし、おいしいのかなー。どうなのかなー。まだこのお店は雰囲気だけしかわからないんだけれど、それだけでも期待値が上がっているんだよねー)

未央(ちょっと食べにくそうだけど……うん、とにかく、食べてみよう)パクッ

未央「熱っ……ん!」

未央(おお! おいしい! 食べにくいけどおいしい! なんだろ。確かに鶏肉なんだけど……味とか食感が、なんかいい! 骨の周りにへばりついているお肉を削ぎ落とすような……って言うと変な言い方だけど、そんなイメージ? その削ぎ落としたお肉がとってもおいしくて、味もなんだかちょうどいい!)

未央(うんうん、骨の周りのお肉ってやっぱりおいしいよね。これはいいかも。食べにくいんだけど、食べにくいのもそれはそれでいいかも? 一気にじゃなくて、ゆっくり食べることができるというか。食べにくいからそうせざるを得ないんだけれど、じっくり味わって食べることができる。うん、いいね!)

未央(で、次は……プロデューサーの言ってた通り、このわさび塩? を付けてみようかな)

未央(どれくらい付けようかな……とりあえず、適当に?)

未央(それで……食べる)パクッ

未央「……お!」

未央(おいしい! これはこれでいいですなー! わさびと塩の感じがいい! そこまで辛くはないし……付けるか付けないかは好みかも。どっちでもおいしいし!)

未央(うーん……まだ本命の蕎麦は来ていないけど、今の時点で未央ちゃんの評価は高いですよー!)



156: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:41:57.47 ID:tSKMbjR30


――

未央「で、来ましたね、ざるそばさん」

P「ざるそば『さん』って……まあいいが。とりあえず、食べるか」

未央「薬味は最初から入れた方がいいのかな?」

P「俺は最初は入れないな。それからぜんぶ入れる」

未央「じゃあ私もそうしよー」

P「べつに真似しなくてもいいんだが……」

未央「未央ちゃんも乙女ですからねー。好きな人の真似はしたくなるものなのです」

P「気軽に言うな」

未央「えへへ、だって事実だもーん♪ それじゃあ、いただきまーす。って、もう言ってるけどね」

P「そうだな。でも、まあ、いただきます」



157: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:45:06.15 ID:tSKMbjR30

未央(ということで、プロデューサーの言う通り、まずは何も入れないで、おつゆにつけて……っと)

未央(では、いただきます)ズズズ……

未央「……ん!」

未央(おいしい! なんて言うんだろ。風味? 風味がいい感じ! あと食感が結構意外! 割りとかため? かためなんだけど、喉越しは良くてつるつるしていていい感じ! つるつるしこしこ? って言えばいいのかな? どうだろ。違うような気もする。でも、とにかくおいしい!)

未央(それじゃあ、お次は薬味を……わさびは、どうしよ。プロデューサーは……ぜんぶ入れてるっぽい。でも、私はどうかわからないからなー……とりあえず、わさびだけでちょびっとだけ)パクッ

未央(……ん! いける! 大丈夫! あんまり辛くない! 香り? 風味? それだけがふわっと抜けて、なんだか爽やかな感じ。つんとしなくて、いい風味だけが残っている感じ。おお、これはもしや、いいわさびというやつなのでは……?)

未央(これだったらぜんぶ入れてもいいかも。ということで、ぜんぶ入れて……っと、これで、蕎麦を食べる)ズズズ……

未央「……うん!」

未央(わかってた! おいしい! 薬味を入れた方がやっぱりなんだかいい感じかも! わさびの風味とか、うん、色々とがいいハーモニーを奏でてる……って、『ハーモニーを奏でてる』なんて言ってるくせにそれ以外の表現が我ながら適当過ぎる……)

未央(でも、そんなのはどうでもよくて、とにかくおいしい。これが本当のざるそばってやつなのかも。うん、本当においしい!)

P「未央、どうだ?」

未央「おいしい!」

P「だよな。……正直、思った以上に当たりの店だったな」

未央「ふっふっふ……このお店を見付けた未央ちゃんに感謝してほしいものですなー」

P「確かにな。ありがとう、未央」

未央「どういたしまして♪」



158: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:52:06.26 ID:tSKMbjR30


――

未央「そば湯……そば湯だ」

P「そば湯だな」

未央「……どうやって飲むの?」

P「どうやって……か。うーん、そば湯の飲み方は結構人によるんだよな……俺はつゆに入れて飲むな」

未央「それじゃあそうするね」

P「まあ、流れからするとそうだよな」

未央「そうですよ。未央ちゃんは流れを大切にしますからね……」

P「どの口が言うんだよ……いや、確かにそういうところもあるけどな」

未央「でしょ? まあ、とにかくそば湯をいただきましょー」

P「だな」



159: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 12:58:57.86 ID:tSKMbjR30

未央(えーっと、とりあえず、このそば湯をこのおつゆに入れて……)トクトク……

未央(それで、これを飲む、と。……うん、とりあえず、飲もう)ズズ……

未央「……あ」

未央(……なんだろ。とっても……とっても、いい感じ)

未央(ほっとするというか、安心するというか……そんな味。そんな、風味)

未央(なんだか、ぽかぽかする。そばつゆの味もちょっと効いてて、それもまた、良い感じ)

未央(……これが、そば湯なんだ)

未央(……うん。これを最後に、って言うのは、いいね。とってもいい気分で、落ち着いた気分で、終わることができる)

未央(……ごちそうさまでした)

未央(って、まだそば湯は残っているんだけど……うん、それでも)

未央(やっぱり、こう言いたくなる。……ごちそうさまでした、って)



160: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 13:13:02.34 ID:tSKMbjR30


――店の外

未央「はー……おいしかったー」

P「うん、うまかった。というか、全般的にいい店だったな。雰囲気も良かったし」

未央「うんうん。気軽に来れる場所じゃないけど、こういうお店のためだったら遠出してもいいって思わせてくれるようなお店だった!」

P「だからこういう店がこういうところにあるのかもな」

未央「かもね。……でも、今日はいい一日だったなー」

P「そうか。そう思ってくれたのなら何よりだな」

未央「うん! 今日のお仕事の出来上がりも楽しみだし……プロデューサーと、こうしてドライブデートもできたしね」

P「……ドライブデートではないけどな。というか、それなら俺は他のアイドルともドライブデートをしていることになるが」

未央「わかってるけど……思うだけなら、いいでしょ?」

P「……思うだけなら、な」

未央「えへへ。ということで、私はとっても幸せなんですよ」

P「幸せなら、うん、良かったな」



161: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 13:17:08.21 ID:tSKMbjR30

未央「む、なんだか他人事……プロデューサーは幸せじゃないの?」

P「俺か? ……うん、幸せだな。未央が幸せでいてくれるなら、俺は幸せだよ」

未央「……プロデューサーって、結構、そういうところあるよね」

P「は? 何がだよ」

未央「なんでもないでーす」

P「そう言う時って絶対何かあるだろ……」

未央「あるけど言いたくないってことだもーん。ほらほらプロデューサー。運転に集中しなくちゃいけませんよ?」

P「お前……まあ、そうだな」

未央「そうそう。ちゃんと私をお城まで送り届けて下さいね? 王子様♪」

P「俺は王子様って柄じゃないが……言われなくても、きちんと送り届けてあげますよ、お姫様」

未央「……えへへ。なんだか恥ずかしいかも」

P「お前から始めたくせに言うなよ……俺まで恥ずかしくなってくるだろ」




162: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 13:20:26.40 ID:tSKMbjR30

未央「そう? そっか。そうだよね。……ねぇ、プロデューサー」

P「ん?」

未央「プロデューサーの言う通り、プロデューサーは王子様じゃないかもしれないけど……魔法使いかもしれないけど……それでも、私の気持ちは、一緒だからね」

P「……わかってるよ。でも、こんなところでそういうことは言うな」

未央「こんなところで? ……今は、車の中で、密室で、誰も居ないけど?」

P「……だからだよ」

未央「だから? ……うん? どうして?」

P「……言わない」

未央「えー? どうしてどうして? 言ってよー」

P「……未央。俺の気持ちと、俺が男ってことをよく考えろ。……俺にそこまでの理性があるって思わないでくれ」

未央「理性? ……ぁ」

P「……わかったか? わかったら……その、これからは控えめに、な」

未央「……はい」



163: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 13:21:43.68 ID:tSKMbjR30

P「……」

未央「……」

P「……こういう雰囲気がダメなんだよ! くそっ、顔赤らめて小さくなりやがって……!」

未央「……す、するなら、優しくしてね?」

P「だからその台詞はやめろ! あー! もう! お前! 今のはわかって言っただろ! でも顔は赤らめやがって……! 恥ずかしいなら言うなよ!」

未央「えへへ……でも、半分は、冗談じゃないからさ」

P「だーかーらー! ……くそっ、今日は割りと落ち着いてたのにどうして最後でこんなに焦らされなきゃならないんだよ……!」

未央「そういうプロデューサーも魅力的だから大丈夫だよ」

P「今魅力的とか言うな! もっとバカみたいなこと言ってくれ!」





164: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/12(金) 13:22:26.76 ID:tSKMbjR30

未央「バカ? ……そうかも。私、プロデューサーバカかもね」

P「そろそろやめ――あ、いや、もう大丈夫だ。一周回って引けてきた。未央がわかっててそれを言ってると考えたら冷めてきた。よし、帰ろう」

未央「えっ! ……そ、それはそれで傷付くんだけど」

P「大丈夫大丈夫。未央はかわいいよ。ただ、そのかわいいと思う感情がそういうものとは別のものになったってだけだ。……よーし、運転、頑張っちゃうぞー」

未央「ちょっ! プロデューサー! そういうものとは別って何? え? 私のこともうそういう目で見れなくなったってこと? ねぇ? ねぇってばー!」

P「みーつぼーし、ぱって、はーじけて、とーびのって、りゅーせー♪」

未央「ちょ、無視しないで! 無視しないでよー! 謝るからー!」






189: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/17(水) 02:12:50.85 ID:j2O4VZ/b0


――新宿駅

未央「うー、疲れたー……プロデューサー、未央ちゃん、ちょっと休みたい……」

P「あー……まあ、確かに疲れているだろうが、そこまでゆっくりできる時間はないな……」

未央「えー……でも、未央ちゃん、ちょっとお腹空いちゃってるんですけど……」

P「ちょっとお腹が、か……ここなら、うん、じゃあ、ちょっとだけ寄るか」

未央「どこかお店?」

P「ああ。そんなにゆっくりするつもりはないが、さっと入ってさっと出ることもできるような店だからな」

未央「ファーストフード……的な?」

P「ファーストフードと言えばファーストフード……か? そうかもしれない。とりあえず、行くか」

未央「はーい」



190: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/17(水) 02:13:30.40 ID:j2O4VZ/b0


――店の前

P「ここだ」

未央「ここ? 近いね。あと、なんだかちょっと雰囲気あるかも」

P「入りにくいか?」

未央「どうだろ。プロデューサーと一緒だから入りにくいとは思わないけれど、一人なら……でも、昔ながらのお店、って感じがして、なんかいいかも」

P「そうか。女子高生はちょっと入りにくいかもしれないと思ったんだが」

未央「確かに女子高生はちょっとわからないなー……でも、しまむーもしぶりんも普通に入れそうな気はする」

P「あー……まあ、あいつらは大丈夫な気がするな。凛は意外と怯みそうでもあるが」

未央「それ、ちょっとわかるかも。まったく動じないところも想像できるんだけどね」

P「凛はなぁ……っと、そんな話をしている時間はないな。さっさと入るか」

未央「確かに。急いで食べるのも嫌だしね」



191: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/17(水) 02:14:09.30 ID:j2O4VZ/b0


――店の中

P「ベルクドッグを二つ。あ、ケチャップとマスタードはなしで」

未央「……ベルクドッグ?」

P「名前はそこまで気にするな。ホットドッグだよ」

未央「ケチャップとマスタード、なしなんだね」

P「未央は初めてだろ? なら、とりあえず最初はなしで食べた方がいいと思ってな」

未央「最初はスタンダードなのから、って?」

P「そういうことだな」

未央「……あれ? でも、プロデューサーは初めてじゃないんだよね?」

P「ん? ああ、そうだな」

未央「じゃあ、プロデューサーは違うのにして、それで、それを私がちょっともらう、っていうのでもよかったんじゃ……」

P「……確かに」

未央「いや、べつにいいんだけどね? 私はもらう側なんだし」

P「……ま、まあ、気付いていたけどな? ほら、ホットドッグを食べ分けるっていうのは間接キスどころの話じゃないような気もするしな」

未央「それ、今更過ぎると思うんだけど……」

P「……とにかく、最初はプレーンでいいんだよ。気になったらまた来ればいいだけの話だ」

未央「あ、逃げた」

P「逃げてない。……さて、たぶんそろそろできる。無駄話も終わりにしよう」



192: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/17(水) 02:14:46.09 ID:j2O4VZ/b0

未央「無駄話って……あ、ホントにきた。ありがとうございます」

P「ありがとうございます。……じゃ、まあそこらで立って食べるか」

未央「座る……のは、ちょっと席が埋まってるし、私たちはこれだけだもんね。そうしよっか」

P「ああ。……それじゃあ、まあ、いただきます」

未央「お、もう食べる?」

P「食べる。そこまで時間があるわけでもないし、冷めたら嫌だからな」

未央「もうちょっとこう、うんちくみたいなのないの?」

P「特にない。食べ方もそのままかぶりつくだけだ。ソーセージをパンで挟んだだけの料理だ。ケチャップやマスタードもないし、特に気をつけることもないだろう? だから、とにかく食べてみろ」

未央「んー……わかった。じゃあ、いただきます」

未央(……でも、本当にシンプルだなー。ケチャップもマスタードもなくて、本当にソーセージをパンで挟んだだけ。おいしいんだろうけれど……さてさて、いったいどれほどのものなのかなー)

未央(とりあえず、手で持って……お、この手触り、なんだかいいかも。あったかくて、ちょっとかたい? ううん、これは表面だけかな。ちょっと力を入れると中はやわらかいことはわかる。表面がパリッとしてる? カリッと? うーん、まあ、食べればわかることかな。では、いただきます、っと)パクッ



193: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/17(水) 02:15:29.80 ID:j2O4VZ/b0

未央「んっ……ん!」

未央(おいしい! ケチャップとマスタードがないっていうのはちょっと物足りないかも……と思ってたけどそんなこと、全然なかった。このパンとソーセージだけで十分……ううん、十分過ぎるほどにおいしい)

未央(パリッと……パキッと? していて、ジューシーなソーセージは思っていた以上においしくて、ケチャップとマスタードがいらないってくらい、しっかりと味がついている。あと、このパンがまた良い感じ。表面はサクッとしていて、やわらかい。噛むと抵抗なくすっと切れて、口の中でダマみたいな感じになることもなく、ほどけるように溶けていく……うん、これはおいしい!)

未央(これこそが『シンプルイズベスト』ってことなのかも。うーん……これはいいですなぁ。素材の味が存分に活かされているというか? トッピングもなにのにこんなにおいしいと言うよりは、トッピングが必要ないくらいおいしいというか。でも、トッピングをするとそれはそれでおいしいんだろうなあ、とも思う)

未央(しかも、ここは他にも色んなメニューがあるみたいだし……今度来る時はホットドッグ以外にも何か頼みたいかも。これだけホットドッグがおいしいなら、他のものもおいしいと思うし)

P「未央、どうだ?」

未央「あ、プロデューサー……って、もうなくなってる」

P「ん? まあ、ホットドッグだからな。しかもここのはめちゃくちゃうまい。すぐになくなる」

未央「いや、確かにおいしいけど……プロデューサーって、食べるの早いよね」

P「未央に比べれば、な」

未央「私もそこまで遅いわけじゃないと思うけど……でも、うん、本当においしかったよ、プロデューサー。私、またここに来たいな」

P「そうか? それじゃあまた来るか。今度はゆっくり、な」

未央「うん。そうしたい。……じゃあ、ちょっと待っててね。私が食べ終わったら、もう行こっか」



194: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/17(水) 02:15:59.22 ID:j2O4VZ/b0

P「そこまで急がなくてもいいぞ。余裕……はないが、そこまで急いでいるわけじゃないからな」

未央「余裕がないんだったらゆっくりもできないんじゃない? ……でも、うん、プロデューサーがそう言うなら、お言葉に甘えて、味わって食べさせてもらうね」

P「そうしてくれ」

未央「うん。……」パクッ

P「……」

未央「」モグモグ

P「……」

未央「」パクッ

P「……」ジー

未央「……」モグモグ

P「……」ジー……

未央「……」

P「……」ジー……



195: ◆Tw7kfjMAJk 2016/02/17(水) 02:17:37.34 ID:j2O4VZ/b0

未央「……ねぇ、プロデューサー?」

P「ん?」

未央「どうしてそんなに見ているのかな?」

P「ダメか?」

未央「ダメ……ってわけじゃないけどさ。美少女がおいしそうに食べてる姿を見て興奮しちゃったのかなー? なんて思って」

P「……まあ、そうだな」

未央「えっ……こ、興奮する、って……プロデューサー、そういう趣味だったの?」

P「いや、そういう意味じゃないけどな。ただ……そうだな、ただ、幸せだな、って思っただけだよ。未央が隣で、おいしそうに、幸せそうにしている。それを見ることができるなんて、幸せだな、ってな」

未央「……それ、ちょっと恥ずかしくない?」

P「……ちょっとは、な」

未央「……私も、その、幸せだけど」

P「……そうか」

未央「……うん」

P「……」

未央「……」

P「……ホットドッグ、食べないのか?」

未央「え? ……ううん、食べる」

P「じゃあ、食べろよ。……見てるから」

未央「……うん」

未央「……」パクッ






208: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 17:48:57.42 ID:852c/r/D0

未央「なんか、ガッツリ食べたい気分!」

P「は? なんだ、いきなり」

未央「いきなり、って……いやいきなりだけど、もうお昼時でしょ? ごはん、なんだかガッツリしたものを食べたいなーって思って」

P「あー……まあ、確かにそろそろそういう時間か。でも、ガッツリしたもの……ちょっと迷うな」

未央「迷うの? プロデューサーならいっぱい知ってそうだけど……」

P「まあ知ってるんだが……ガッツリしたものってどういうのだ? 量が多いってことか、肉か、とか」

未央「うーん……お肉で!」

P「肉……肉、か。それなら、俺もちょっと行きたいところがあるんだが」

未央「行きたいところ? どこどこ?」

P「俺は行ったことがない店なんだが、話に聞いてな」

未央「お、この流れ、前にもあったような気がしますよ?」

P「……まあ、その通りだ。また別の人だが、教えてもらった」



209: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 17:53:45.56 ID:852c/r/D0

未央「ふんふむ……その『教えてもらった』系のお店は今まで大当たりも大当たりだったから楽しみかも。で、どういうお店なの?」

P「名前からすると……カレー屋?」

未央「カレー……ってことは、前の、大阪で食べたみたいな、お肉って感じのカレー?」

P「いや、俺が勧められたのは生姜焼きだな」

未央「……ん? 聞き間違いかな? も、もう一回言って」

P「生姜焼き」

未央「……で、その店は」

P「たぶんカレー屋」

未央「……カレーは?」

P「知らん。カレーもカレーでうまいみたいだが……なんでも、『生姜焼きがうますぎて生姜焼きがメインだと思われている』くらい生姜焼きがうまいらしい」

未央「……それはもう生姜焼き屋さんなのでは?」

P「それは違……どうなんだろうな。わからん」

未央「わからないんだ……」

P「とにかく、だ。『うますぎる』なんて言われたら行きたくなるだろ? ここからそこまで遠くないみたいだし……行かないか?」

未央「行く行くー。いったいどんなものなのか、私も気になりますし?」

P「決まりだな。じゃあ、行くか」

未央「はーい。レッツゴー」




210: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:03:57.30 ID:852c/r/D0


――店の前

未央「……確かに、カレーって書いてあるね」

P「……カレーだな」

未央「しかも、生姜焼きじゃなくて『ハンバーグ&カレー』って書いてあるよ、プロデューサー」

P「……うん、そうだな」

未央「……本当に、生姜焼きがメインなの?」

P「い、いや、店としてはカレーとハンバーグがメインなんじゃないのか? たぶん」

未央「たぶんなんだ……ん? あ、なんか貼ってあるよ」

P「ん? なになに……『日本一のしょうが焼きを探せ!』?」

未央「横綱……大関……小結……? これって……あ、これが生姜焼きの、ってこと?」

P「ってことは、やっぱり生姜焼きが有名な店……ってことか」

未央「みたいだね。入る?」

P「ん、そうだな。いつまでも店の前に居ると邪魔だし……入るか」



213: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:05:38.18 ID:852c/r/D0


――店内

未央(なんだか庶民派って感じのお店……って、なんかそういう感じのこと書いてある紙が貼ってある。自称・庶民派……なんて、さっちーに怒られちゃうか)

P「ん、カレー付けられるのか」

未央「え? ……あ、ホントだ。どうする?」

P「未央は?」

未央「私? プロデューサーのオススメ……とは、できないよね。私はいいかな。生姜焼きでごはんを食べ進めたいですし?」

P「ってことは、生姜焼きだけでいいか?」

未央「私はそれで」

P「じゃ、頼むか。すみませーん」



211: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:04:36.32 ID:852c/r/D0


――

未央「でも、結構他にもメニューあるね」

P「だな。ハンバーグにカレーにスパゲッティに……結構色々ある」

未央「『日本一のしょうが焼きの大関』っていうのがなんなのか、私にはよくわからないんだけど」

P「俺もわからん。でも、なんだかすごいってことなんじゃないのか?」

未央「かな。まあ、食べてみたらわかるってことで」

P「それもそうだな……っと、スープに、ナイフ、フォークか」

未央「……生姜焼き用?」

P「かもな。いかにも洋食屋って感じだし、それを使ってもいいってことじゃないのか?」

未央「……なんだか、こう置かれると使わなくちゃいけないような気がしない?」

P「ちょっとはするが、生姜焼きだしな……俺は箸でいいかな」

未央「……私もお箸かな」

P「結局そうなのか」

未央「だって……スープ、きたから飲も。冷めちゃうし」

P「そうだな。飲むか。いただきます」

未央「いただきます」



214: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:07:04.41 ID:852c/r/D0


未央(スープ……これ、何味のスープだろ。コンソメ? オニオン? とりあえず、飲もう)ズズ……

未央「……ん」

未央(あ、おいしい。味は結構濃い感じかも。一口飲んだだけでしっかりと味がわかる。でも、濃すぎるってわけじゃなくて、ちゃんとおいしい。高級店って感じじゃなくて、確かに庶民派って感じかも。親しみやすい?)

未央(上品な感じじゃなくて、割りとガツンとくるようなスープだけど……うん、おいしい。疲れた時とかに飲むといいような気がする。こういうお店だからこそ、って感じがする。店の雰囲気に合ってる。悪い意味じゃなくて、いい意味で)

未央(うーん……これは、なかなかいいお店なのでは?)



215: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:13:21.65 ID:852c/r/D0


――

P「生姜焼きとライス、だな」

未央「だね。なんだか私の知ってる生姜焼きとちょっと違うかも」

P「確かに、ちょっとポークソテーみたいな感じだな。いや、ポークソテーかって言うと違うんだが」

未央「生姜焼きとナポリタンとキャベツが一つのお皿に、っていうのもなんだか良い感じかも」

P「……それを『良い感じ』って言うのは女子高生というか、アイドルとしてどうなんだ」

未央「えー。でも、プロデューサーはこういうのを見て『良い感じ』って言うでしょ?」

P「……言うけど」

未央「つまり、プロデューサーくんの影響なんですよ? 未央ちゃん、プロデューサーに色々と教えこまれちゃってるから……」

P「その言い方はやめろ」

未央「じゃあ、調教されちゃってるから」

P「もっとやめろ……ったく、食べるぞ。おいしそうで、腹が減った」

未央「それもそうだね。いただきまーす。……さっきも言ったけど」

P「……さっきも言ったけど、って言う必要あるか? まあ、俺も、いただきます、っと」



216: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:16:17.95 ID:852c/r/D0

未央(さてさて……どこから手を付けようかな)

未央(やっぱりまずは生姜焼き? それともナポリタン? それともキャベツ? うーん……こういうのは、いったいどういう順番で食べればいいのか。いや、正解なんてないんだろうけど、いつも迷う)

未央(とりあえず……生姜焼きから食べてみよう。二枚の、大ぶりの生姜焼き。結構厚くて、プロデューサーが言ったみたいにちょっとポークソテーみたいな感じかも。いや、ポークソテーではないんだけれど)

未央(なんだか見た目からしてごはんに合いそう。とりあえず、一口……)パクッ

未央「……ん!」

未央(おいしい! なんだろ、なんて表現すればいいんだろ。お肉が大ぶりで、しっかりとしていて、お肉って感じで、それが甘辛いタレで味付けされていて……とにかく、おいしい!)

未央(そんな、何か変な味がするとかじゃなくて、本当に『めちゃくちゃおいしい生姜焼き』って感じ。うーん、これは確かに『うますぎる』かも)

未央(これ、絶対にごはんと合うよね。早くごはんと食べたい……けど! とりあえず、先に、このナポリタンにちょっと手を付けてみよう)



217: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:18:16.02 ID:852c/r/D0

未央(ナポリタン……本当に、このナポリタンこそ『庶民的』って感じかも。生姜焼きも生姜焼きで『庶民的』な味を極めに極めたって感じだったけど、このナポリタンのヴィジュアルからして、もう『庶民』って感じ)

未央(このドーム状に盛られた、ケチャップたっぷりっぽいナポリタン。生姜焼きと接していて、下の方は生姜焼きのタレにつかっちゃってる。本当に、もう、『庶民』って感じ)

未央(こういうのを見るとなんだか『良いな』と思う。……正確には、思うようになった、かも。プロデューサーの影響で。私の中には、プロデューサーが今も生きているんだね……いや、死んでないし隣に居るけど)

未央(とりあえず、ナポリタンを食べよう。フォークもあるけど……ここは、庶民的にお箸のままで! さて、実食―!)パクッ

未央「……うん!」

未央(おいしい! ケチャップたっぷりで、庶民的って感じで、なんだか家でつくるみたいな味なんだけど……それがおいしい! なんだろ、このケチャップケチャップって感じがめちゃくちゃ良い。上品でもないし複雑な味でもなくて、『ケチャップ!』って感じなのに……なんでこんなにおいしいんだろう)

未央(確かに『付け合せ』っぽい味で、いい意味で『大雑把な味』とでも言えばいいのかな。繊細な味とかじゃなくて、もう『おいしかったらそれでいい』みたいな。それで実際、とってもおいいい)

未央(確かスパゲッティのメニューに『ナポリタン』ってあったよね。これ、いっぱい食べてもいいかも。こういう庶民的な、家庭的な、それでいてとってもおいしい味が楽しめる、って、結構貴重だと思うから)



218: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:19:29.88 ID:852c/r/D0

未央(……さて、それじゃあ、次は生姜焼きとライスを一緒に食べよう。絶対おいしいってわかってるけど、それでも楽しみ。それじゃ、いざ……)パクッ

未央「……んー!」

未央(やっぱりおいしい! グッド! グッド! グッドだよ! この濃い目の味付けがごはんに合う。かきこんじゃいたくなるし、もうかきこんじゃう。マナーとかそういうのは気にしない。ここはそういうの抜きで食べれるお店だと思うし!)

未央(洋食屋なんだけれど、『日本の洋食屋』って感じ。昔ながらの? みたいな? こうして生姜焼きと一緒にごはんを食べると、日本人として生まれてきて幸せだなーって思う。この、ちょっとジャンクとも言える感じ……最高)

未央(生姜焼きを食べて、ごはんを食べて、生姜焼きを食べて、ごはんを食べて……ナポリタンやキャベツも合わせて楽しんで、もう順番なんて気にせず、マナーなんて気にせず食べる。肩肘なんて張る必要はなくて、ただただ『食べる』ことに集中できる)

未央(はー……幸せ)



219: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:25:47.47 ID:852c/r/D0


――店の外

未央「おいしかったね、プロデューサー」

P「ああ、うまかった。『うますぎる』って言葉の意味もわかったよ。まあ、カレーもカレーで気になってきたけどな。ハンバーグも」

未央「それは確かに。あと、私はスパゲッティも気になったなー」

P「ナポリタン、うまかったからな……何に付けても気取ってないって感じで、それがまた良かった。まあ、女子高生が来るようなところじゃあないとは思うけどな」

未央「連れて来た人が言う? ……まあ、私も一人では来れないけどね」

P「また連れて来て欲しいってことか?」

未央「さすがはプロデューサー。私のことはわかってるね」

P「そこまで言われたら誰でもわかるだろ。……でも、そうだな。連れてくるよ。未央以外とは、さすがになかなか来にくいからな」

未央「それ、どういうこと? しぶりんもしまむーも……確かにちょっとダメそうだけど、あ、そうだ、あかねちんは? あかねちん、こういうの好きそうじゃない?」

P「お前は茜をどう思ってるんだよ……」

未央「明るく元気でとってもかわいい子?」

P「……まあ、その通りだな」

未央「でしょ? あと、実は結構女の子」

P「それもその通りだ。だから、あいつのことはめちゃくちゃ女の子扱いしたくもなるんだが……」



220: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:31:59.32 ID:852c/r/D0

未央「未央ちゃんは?」

P「してるつもりだが?」

未央「えー……全然足りませんよ? もっとお姫様みたいに扱ってくれても構いませんことよ?」

P「お姫様……?」

未央「ちょ、何その反応! さすがに失礼だと思うんですけど!」

P「あー、はいはい。お姫様、お姫様ね……未央、ちょっと止まれ」

未央「? なんで?」

P「お姫様扱いするから。……あと、ちょっと、目、つぶっとけ」

未央「えっ……ま、まさか、キス……?」

P「どうしてキスがお姫様扱いになるんだよ……違うから、安心して目をつぶれ」

未央「なーんだ。……はい、目、つぶったよ」



221: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:35:49.03 ID:852c/r/D0

P「ん、それじゃあ……っと」ヒョイ

未央「なっ……ぷ、プロデューサー? これは、いったい……」

P「お姫様扱いと言えば、お姫様抱っこだろ?」

未央「い、いや、だって、外で、ちょ、人通りが少ないとは言っても、これはちょっと恥ずかしいんだけど……」

P「はっはっは。たまにはお前も恥ずかしがれ。くるくるー」クルクルー

未央「ま、回さないで回さないで! なんかちょっとこわいから! あと、結構スピード早い! おーろーしーてー!」

P「はっはっは……あ、なんか腕が疲れてきた。未央、お前、結構重いな。もう下ろすわ」

未央「……いや」ギュー

P「……は?」

未央「重いって……重いって、さすがに失礼じゃない? プロデューサーくん、このまま事務所まで運ぶことを命令します」



222: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:41:57.69 ID:852c/r/D0

P「いや、お前がおろせって言ったんだろ。早く下りろよ」

未央「重いって言ったことを撤回するまで下りないもーん。このままいちゃいちゃ帰るんだもーん」スリスリ

P「ちょ、顔を擦り付けるな。というか、本当に腕が疲れてきたから……」

未央「頑張って、プロデューサー♪」

P「……重いって言ったことは撤回します。軽いです。だからおりて下さいお願いします」

未央「よろしい。でも、軽いのならもうちょっとくらい大丈夫だよね?」

P「はぁ!? 約束が違うぞ! 早くおり――」

未央「……プロデューサーは、そんなに早くおりてほしいの? 私は……もうちょっとだけ、こうしていたいな」

P「そっ……それは、ちょっと、ずるくないか?」

未央「ずるくてもいいもん。お姫様はわがままなものなんですよ?」

P「……まあ、あとちょっとだけ、な」

未央「……うん。あとちょっとだけ、ね」ギューッ



223: ◆Tw7kfjMAJk 2016/03/18(金) 18:42:57.86 ID:852c/r/D0

P「……最後にお願いなんだが、胸を押し付けるのはやめてくれないか?」

未央「胸? ……プロデューサーのえっち」エヘヘ

P「……えっちでいいから、離れてくれ」

未央「エ口デューサーさんの言うことなんて聞けませーん」

P「エ口デュ……それはさすがになくないか? というか、いいから離れて……」

未央「やだもーんだ」

P「……はぁ。わかりましたよ、お姫様。あの交差点まで、な」

未央「……えへへ。ありがと、プロデューサー」

P「……どういたしまして」






242: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/08(日) 23:41:08.49 ID:qEagJTY+0

P「未央、ちょっと時間あるか?」

未央「ん? なになに? プロデューサー。あ、もしかしてデートのお誘いかな?」

P「デート……まあ、近いな」

未央「……え?」

P「で、どうなんだ?」

未央「えーと……その、はい。大丈夫です」

P「そうか。じゃあ、行くか」

未央「え、行く? 行くって、どこに?」

P「いつもと同じだよ」

未央「いつも? いつもって……あ」

P「ん、そうだ。ちょっと、飯を食べに、な」



243: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/08(日) 23:46:06.36 ID:qEagJTY+0


――

未央「もー……変なこと言わないでよ、プロデューサー。さっきの、かなり性格悪いよ?」

P「先に言ったやつはどっちだ?」

未央「う……ごめんなさい」

P「素直でよろしい」

未央「……プロデューサーは?」

P「は?」

未央「私が謝ったんだからプロデューサーもするべきことがあるんじゃないですかねぇ……」

P「お前……すまなかった。これでいいか?」

未央「うん、いいよ。許してあげる♪」

P「……せっかく今日は俺の調子だと思ったのに」

未央「プロデューサーくんが私に勝つのはまだまだ先ってわけだね」

P「……まあ、俺とお前の関係はこういうのがいちばんちょうどいいのかもしれないけどな」

未央「えー……これ以上進展させないの?」

P「……まださせない」

未央「……『まだ』?」

P「……行くぞ。そこまで時間があるわけじゃないんだからな」

未央「はーい」



244: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/08(日) 23:54:56.36 ID:qEagJTY+0


――

未央「そう言えば、今日はどこに行くの?」

P「ああ、言ってなかったか」

未央「うん、聞いてない」

P「今日行くのは……まあ、ラーメン屋だな」

未央「……プロデューサー、ラーメン、好きだよね」

P「お前は嫌いか?」

未央「ううん、好きだけど。正確にはプロデューサーの影響で好きになった、かも。私、プロデューサーの色に染められちゃった……」

P「その言い方はやめろ」

未央「でも、事実ですし?」

P「だから『言い方』って言ってるだろ……」

未央「えへへ……でも、ラーメン屋さんが好きなのって、結構乙女な理由もあるんだよ? プロデューサーとの思い出の場所だから……みたいな?」

P「ラーメン屋が思い出の場所ってのも変な話だな」

未央「かもね。こういうことはよくあることなのかもしれないけれど」

P「そうか?」

未央「女性経験の乏しいプロデューサーくんが言えることかな?」

P「お前は男性経験豊富なのかよ……」

未央「プロデューサーが初めてだよ?」

P「『初めて』とかそういう言い方するなよ……」

未央「んん? プロデューサーくんは『初めて』でどういうことを想像したのかなー?」

P「……お前、美嘉に毒されてるぞ」

未央「むしろ美嘉ねーはこういうことダメそうだけど?」

P「いや……あー、どうだろうな。あいつならそれくらいは言いそうだが……」



245: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/09(月) 00:04:10.38 ID:OK+1k6K00

未央「……なんか、プロデューサー、美嘉ねーのこと『知ってる』って感じだね」

P「そりゃまあ、プロデューサーだからな」

未央「そういう意味じゃなくて」

P「は? どういう意味だよ」

未央「そういう意味」

P「どういう意味だよ……あー、そうだな、いちばん知ってるのはお前だけど、みたいなことか?」

未央「……そうだけど、言い方が悪いよ、プロデューサー」

P「もうちょっとキザに言えって?」

未央「それは気持ち悪い」

P「どうしろって言うんだよ……」

未央「どうしろって言うんだろうね」

P「お前がわからないのかよ」

未央「乙女心はフクザツなのです」

P「……本当にな」



246: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/09(月) 00:15:47.12 ID:OK+1k6K00


――店の前

未央「ここが今日のラーメン屋さん……えーと、何が有名なお店?」

P「有名……ってわけじゃないな。うまい店ではあるが、特に有名ってわけでもないと思う」

未央「あれ? そういうお店ってなんだか珍しくない? プロデューサーってチェーン店とか有名なお店とかばっかり行くんだと思ってた」

P「誕生日に連れて行ったところとか違うだろ……」

未央「確かに。あのお店みたいなところ、また連れて行ってほしいなー♪」

P「そんな大事な日以外に連れて行っても変だろ」

未央「大事な日には連れて行ってくれるってこと?」

P「……入るぞ」

未央「あ、逃げた」



249: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/09(月) 00:22:09.00 ID:OK+1k6K00


――店の中

未央「ここはプロデューサーの行きつけのお店だったりするの?」

P「んー……まあ、割りと、だな」

未央「割りと、なんだ」

P「月に一回は絶対行くってくらいだな」

未央「割りと行きつけのお店だ……」

P「だから言ってるだろ? で、メニューだが……」

未央「……結構色々あるね。つけ麺とか、まぜそば? とか?」

P「油そばとも言うな。食べたことないか?」

未央「プロデューサーに連れて行ってもらう以外にあんまりラーメン屋さんに行くこともないしね。食べたことはないかも。どういうものか、は知ってるけどね。スープがないんだっけ?」

P「まあ、そんな感じだな。食べたことないなら……と思うが、いきなりまぜそばっていうのも……」

未央「プロデューサーのここのおすすめは違うの?」

P「まぜそばもうまいが、最初はとんこつを食べるのがいいとは思う」

未央「そっか……うーん、どうしよう。まぜそばっていうのもちょっと食べてみたいかも……」

P「そうだな……それじゃあ、お前はとんこつを頼め。俺がまぜそばを頼むから。それでちょっと食べ比べてみたらいいだろ」

未央「いいの? やったー」

P「いつも通りって感じだがな」

未央「それは言わないお約束、だよ?」

P「とりあえず、とんこつとまぜそば、だな。注文するか」

未央「うん。しよっ」

P「よし。すみませーん!」



250: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/09(月) 00:29:10.49 ID:OK+1k6K00


――

未央「……と、いうわけできたね。とんこつと、まぜそば」

P「来たな。うん、今日もうまそうだ」

未央「それがまぜそば、なんだ……なんか、『ジャンク!』って感じだね」

P「だな。実際、味もそんな感じだ」

未央「かれんとか好きそう」

P「あー、言われてみれば……あんまり連れて来たくないけどな」

未央「『野菜が入ってるから大丈夫』とか言いそう」

P「ポテトも野菜だから大丈夫とか言い出しそうだなそいつ」

未央「実際言ったらどうする?」

P「呆れる」

未央「怒らないの?」

P「そこまで怒らないって。ただ、凛と奈緒とも協力してちょっと本気で食事を管理するが」

未央「怒るよりヤバい……」

P「そんなことはない。というか、早く食べないとのびるぞ。俺のはまぜそばだからのびるってわけでもないだろうが、そっちはのびるだろ」

未央「あ、確かに。じゃあいただきまーす」

P「……まあ、俺も食べるか。いただきます」



251: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/09(月) 00:33:12.91 ID:OK+1k6K00

未央(ということで、そこそこ久しぶりのラーメンかな。久しぶり? どうだろ。久しぶりなような気もするし久しぶりじゃない気もする……)

未央(えーと、とんこつラーメン。普通の……かどうかはわからないけれど、野菜とかが乗ってるラーメン。前に生っすかのラーメン探訪で見たやつとはまた違うけど、ちょっと似てるかも?)

未央(さてさて、味はどんなのなんだろ。とんこつと言えば『こってり』ってイメージがなんだか付いちゃってるけど……とりあえず、スープを)ズズ……

未央「……ん」

未央(あ、こんなのなんだ……うん、おいしい。『こってり』って感じじゃないんだけど……プロデューサーが『行きつけ』って意味がわかるかも。何と言うか、優しい味。飲むとほっとするというか……うーん、ラーメンのスープで、しかもとんこつでこういうことを思う日が来るとは思わなかったかも)

未央(でも、おいしいなぁ……ラーメンって、本当に色んな種類があるよね。私がまだ見たことがないラーメンもまだまだいっぱいあるんだろうし……って、これはラーメンだけの話じゃないかな。プロデューサーが割りとラーメン屋さんに連れて行ってくれるからそう思うだけ、かも)

未央(さて、スープだけじゃなくて、麺や具も食べてみようかな。麺は……結構太いかも。つけ麺屋さん……と、そこまで変わらないかも? この太い麺がこのお店の売りだったりするのかな。具はもやしとかそういうの。あと、チャーシュー……なのかな。あんまり見たことがないタイプかも。おいしそうだけど)

未央(まあ、とりあえず麺から……)ズルズル

未央「……んっ」

未央(あ、これはおいしい。スープだとなんだ『ほっこり』感が強かったけど、麺を食べると『おいしい』っていうのが先にきた。なんでだろ、これ。わからないけど……割りと麺はガシガシしてる? コシがある……のかな。どうだろ。何と言うか、『啜ってる』って言うよりも『食べてる』って感じがする。うん、そう、『食べてる』。そういう麺)

未央(あ、プロデューサーが『行きつけ』っていうのはこういう理由もあるのかな。プロデューサーって割りと食べる方だし、こういうがっつり『食べてる』って感じがするのが好きなのかも)

未央(……なんだか、これがプロデューサーが好きな味、って考えると、ちょっと色々考えちゃうな。プロデューサーが関係してるのかな。プロデューサーがいなくても好きだったのかな。……プロデューサーがおいしいって言ってるものがおいしいって思えるのは、たぶん、幸せなことなんだろうな)

未央(――って、なんでちょっとしんみりしてるの私。ラーメン、ラーメンだよ。ラーメン食べててしんみりする……もしこれがドラマとかだったらお客さんから突っ込みが入っちゃうシーンだよ。とにかく、食べよう)ズルズル……



252: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/09(月) 00:34:34.20 ID:OK+1k6K00

P「どうだ? 未央」

未央「おいしいよ? さすがはプロデューサーの行きつけのお店と言いますか?」

P「そうか……良かったよ、本当。もしこの店がそんなに合わなかったりしたら割りとへこんだ」

未央「へこむんだ」

P「へこむ。俺は割りとメンタル弱いからな……」

未央「そうだね……」

P「……今のを否定してくれないとそれでまたなんかへこむ」

未央「プロデューサー、面倒くさいんだけど……」

P「面倒くさいとか言われるとへこむ……」

未央「めんどくさい……」

P「まあ、それは置いといて、だ。未央、ちょっと、食べてみるか?」

未央「あ、それじゃあ食べようかな。いい?」

P「ああ。その代わり、俺もちょっとくれよな」

未央「うん。私のものを召し上がれ?」

P「……それはちょっと違わないか?」

未央「……違うかも」

P「……食べるか」

未央「……うん」

未央(……なんかちょっと調子悪いけど、それは置いといて、まぜそば。まぜそばですよ、まぜそば)

未央(もうプロデューサーが混ぜた後だから、さっきとかなりヴィジュアルが違う……何と言うか、さっきよりもさらに『ジャンク』って感じ)

未央(とにかく、ちょっと食べてみよう。いただきます、っと)ズルズル……

未央「……んっ!」

未央(おいしい! うん、これ、おいしい。濃いからかな、ガツンとくる。食べた瞬間に『おいしい!』って感じる。『ジャンク』って感じ)

未央(これはなかなかに危ない食べ物かも……この、おいしいんだけれど濃くてジャンクな感じ。実際どうなのかはわからないけど、なんか不健康そうな感じ。……それなのに、中毒性がある感じ)

未央(とんこつラーメンはあんなに優しい感じなのに、こっちはこんなにもジャンクな感じ……表の顔と裏の顔があるんだね、この店は)

未央(あの優しい感じだけじゃなくてこういう味も楽しめるって考えると、うん、ここは結構『行きつけ』にしやすいお店かも。どっちも楽しめるから、飽きがこなさそう。しかも、これ以外にもメニューはあって……うん、ここ、良いお店かも!)

未央(……もう一口、食べよ)ズルズル



253: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/09(月) 00:36:09.87 ID:OK+1k6K00


――店の外

未央「んー、おいしかったー! 余は満足じゃー!」

P「何のキャラだよ……」

未央「未央ちゃん……かなっ」

P「……このやり取り何回かやった記憶があるんだが」

未央「確かに。でも、このお店みたいに飽きがこないんですよ」

P「うまいこと言ったつもりか。そもそもこのやり取りは本当に飽きがこないか?」

未央「……飽きるね!」

P「すぐ認めるのか……」

未央「実際飽きるからね。仕方ない」

P「そうか……でも、本当に良かったよ。お前がここを気に入ってくれて」

未央「いつもプロデューサーが連れて行ってくれるお店は気に入っているような気もするけどね」

P「そうだな。でも、ここはやっぱり割りと来ている店だからな。お前に好きって言ってもらえると、なんだか、嬉しいんだよ」

未央「そう? ……まあ、でも、そうなのかな。私も、プロデューサーが好きなお店が好きで、嬉しかったし」

P「そうか」

未央「実はそうなんです。これも乙女心、だね」



254: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/09(月) 00:37:41.81 ID:OK+1k6K00

P「乙女心、か……なあ、未央」

未央「ん? なになに? プロデューサー」

P「……これからも、よろしくな」

未央「……いきなりどうしたの?」

P「いや、ちょっと、な……俺も、お前の乙女心をたまには満たしてやりたい、って思ってな」

未央「……そっか」

P「そうだ」

未央「……プロデューサー、乙女心をわかってないと思ってたけど、ちょっとはわかってるんだね」

P「それはつまり、満たされたってことか?」

未央「……撤回。やっぱり、わかってない」

P「は? おい、なんでだよ。今、いかにも良い感じだっただろ?」

未央「言葉にしなくちゃ伝わらないけど、言葉にしないからこそ、っていうのもあるの」

P「……やっぱり、乙女心ってやつは難しいな」

未央「まあ、私だって面倒くさいって思うけどね」

P「自分でも思うのかよ……」

未央「うん。ごめんね、プロデューサー」

P「いや、謝ることでもないが……あー、もう、とにかく、だ。……これからもよろしくな、未央」

未央「うん。……末永く、ね」

P「……それはちょっと違わないか?」

未央「これは違わないよ。……違わないで、いてほしいから」

P「……そうか」

未央「そうだよ」

P「……それじゃあ、末永く」

未央「……うん。末永く」






266: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 03:52:04.48 ID:Y+/btJf60


――朝

未央「おはよっ、プロデューサー」

P「ん……おはよう」

未央「おっとぉ? プロデューサーくん、おねむかなー?」

P「『おねむ』って……まあ、眠いが」

未央「この時間にって言ったのはプロデューサーなのに?」

P「なのに、だ……と言うか、お前、よく起きれたな。昨日は女子寮で、だったんだろ? 女子寮ならお前は遅くまで起きていると思ったんだが……」

未央「さすがの未央ちゃんも明日が早いってわかっていればそこまで夜ふかしはしませんよ?」

P「……ちなみに、今日は何時まで起きてた?」

未央「朝日は見てないよ☆」

P「その言い方絶対夜ふかししてるだろ……やっぱり若さか?」

未央「……おじさん?」

P「それやめろ。傷付くから。……まあ、せっかくこんな早くに来てもらったんだ。早速、行くか」

未央「はーい。レッツゴー!」



267: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 03:53:19.94 ID:Y+/btJf60


――電車

未央「でも、こんな早くに行って、お店、開いてるの?」

P「ああ。あそこらへんの店はだいたい朝の五時くらいには開いてた……と思う。今日行く店は初めてだが」

未央「五時……早いね。教えてもらったお店、だっけ?」

P「そうだな。割りと並ぶだろうからこの時間、ってわけだな」

未央「この時間でも並ぶんだ……だから、こんな時間に来い、って言ったんだね」

P「未央には悪いが、な」

未央「ううん。昨日、『食べたい』って言ったのは私ですし?」

P「その言った理由も俺が見ていたページを盗み見したからだけどな」

未央「仕事中にそんなところを開いているプロデューサーが悪いんですよ? あんなおいしそうな写真を見ちゃったら食べたくなるに決まってるじゃん」

P「実際、俺も食べたくなったし……ちょうど、今日は午前中から予定もあったしな」



268: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 03:57:34.10 ID:Y+/btJf60


未央「と言うか、今日は割りとハードスケジュールだけどね……がっつり食べて、スタミナ付けなきゃ」

P「俺もそうしなきゃ、な……そう言えば、未央は初めてか?」

未央「初めてって? 今から行くお店なら初めてだけど」

P「そうじゃなくて……つまり、築地だな」

未央「名前は知ってるけど初めて、かな。どんなところなの?」

P「何と言うか、『市場』って感じだな」

未央「『市場』?」

P「あー……まあ、見た方が早いな」

未央「そっか。じゃあ、楽しみにしとくね」

P「楽しみにするほどかどうかはわからないが」

未央「えー……せっかく未央ちゃんが朝から気分を盛り上げようとしてるのにその言い草はないんじゃないかな?」

P「……すまん」

未央「素直でよろしい。……ねぇ、プロデューサー」

P「なんだ?」

未央「眠い?」

P「……眠い」

未央「そっか。ちょっと寝る? 肩、貸すよ?」

P「……ん」

未央「っ……」

P「……」スゥ

未央「……」

未央(……本当に寝ちゃった。冗談半分だったんだけど、よっぽど眠たかったのかな)

未央「……いつもありがと、プロデューサー」

未央(肩くらいならいつでも貸すから、ゆっくり、ね)

未央(……まあ、朝が弱いだけ、なのかもしれないけど)



269: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:00:32.73 ID:Y+/btJf60


――築地

未央「ほうほう、これが築地ですか。……朝から結構人が居るね、プロデューサー」

P「観光地みたいなもんだからな。遠くからも人は来るし……店も多いしな」

未央「でも、この活気がある感じ……嫌いじゃないよ!」

P「未央はそうだろうな……こういう空気、好きそうだ」

未央「えー、何そのテンション。プロデューサーはそうじゃないの?」

P「嫌いじゃないが、特別好きでもない。さっさと向かおう。気をつけて、な」

未央「はーい」



270: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:03:58.01 ID:Y+/btJf60


――店の前

未央「……並んでるね」

P「並んでるな。まあ、隣の寿司屋の方が並んでるが」

未央「……これ、どれくらい待つの?」

P「隣のは……どれくらいだろうな。ライブが始まって終わるくらいは待つかもな」

未央「そんなに……ちなみにこっちは?」

P「さあ? 一時間かかるかどうかってところじゃないか? この時間ならまだ、な」

未央「……そう言えば、この時間でこんなに並んでるんだよね。その時点でこっちも、かー」

P「まあ、築地だからな。並ぶのは仕方ない。ゆっくり待とう」

未央「うん。ラジオのパーソナリティも務める未央ちゃんからすれば一時間くらいすぐですよ」

P「李衣菜は居ないし普段の二倍だけどな」

未央「それは言わないお約束! 今日のゲストはプロデューサーだから、しっかり付き合ってもらいますからね?」

P「まあ、俺も暇だからな。ただし、俺は喋りのプロってわけじゃないからな。素人相手でどれだけ面白くできるか、見せてもらおうか」

未央「ふっふっふ……リーナとのラジオで鍛えた私のトーク力、見せてあげるよ、プロデューサー!」



271: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:08:18.84 ID:Y+/btJf60


――

未央「――ということで、しぶりんとらんらんが二人で話しているのを眺めていたんだけど、それがまた……」

店員「二名様、どうぞー!」

P「ん、時間切れだ。続きは気になるが、また後で、な」

未央「はーい。でも、もうそんなに時間が経ったんだね。実はかなり早く列が進んでいたり?」

P「いや、そんなことはない。体感時間では俺もかなり短く感じたけどな」

未央「それはつまり、未央ちゃんのトークスキルがすごいということかな?」

P「あー……まあ、そうなんじゃないか」

未央「えー。ちょっと冷たーい。もっと乗ってよー」

P「後でな。とりあえずは席について注文してから、な」

未央「えー……でも、そうだね。入ろっか」



272: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:09:06.65 ID:Y+/btJf60


――店内

未央「ほうほう、こんな感じなんですね」

P「どんな感じだよ……」

未央「んー……こんな感じ?」

P「……まあ、そうだな。とにかく、注文するか。結局、未央はどうするんだ?」

未央「なんだか他のメニューもおいしそうなんだけど、プロデューサーは昨日見ていたアレ、だよね?」

P「ああ。そのつもりだ。もしかしたらもうなくなってるかもしれないからその時はまた別の、だが」

未央「それはそれでおいしそうだから問題なし! ということで、未央ちゃんもそれでお願いします」

P「ん、じゃあ頼むぞ。すみませーん!」



273: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:13:10.47 ID:Y+/btJf60


――

未央「ということで、やってきましたね、チャーシューエッグ定食」

P「やってきたな。残っていてよかったよ」

未央「うーむ……しかし、おいしそうですなぁ。朝からこんなものを食べるなんて……食べきれるかな?」

P「まあ、無理だったら俺が食べる……と言うか、本当に無理はするなよ? 予定もあるんだから」

未央「うん。きつくなってきたらすぐに言うね。まあ、朝じゃなかったらこれくらいは食べきれるし、大丈夫じゃないかなー」

P「まあ、食べきれたらそれがいちばんいいんだがな。ガッツリ食べて力を付けてもらわないと困るからな……っと、早く食べるか。いただきます」

未央「いただきまーす」



274: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:24:32.25 ID:Y+/btJf60

未央(さてさて……っと、でも、朝からこれはやっぱり重そうだよね。大ぶりのチャーシューと目玉焼き、そこにブラックペッパーがこれでもかってくらいにかけられて、横にはちょこんっとマスタード。チャーシューのタレはお皿の上で広がってサラダにまで付いちゃってる。それからお味噌汁とお漬物、そしてごはん。……朝からこれを食べたらそりゃあ元気がつくってなものですよ)

未央(さて、どこからどうやって手を付けるか……迷うけど、とりあえずはこのチャーシューから!)

未央(でも、この大きさはどうやって食べようか……切れるかな? ってことで、試しにお箸で……)ヒョイッ

未央(お! 崩れた! やわらかい! このチャーシュー、すごいやわらかい。触れただけですっと切れる……みたいな感じじゃないけど、お箸でもなんとか切り分けられそう。というか、一口サイズに崩せそう?)

未央(まあ、今のでちょうど一口サイズくらいには崩せたから、食べてみよう。いざ!)パクッ

未央「……おお」

未央(おいしい。何と言うか、思ったよりも『濃い』って感じはしない。いや、濃いんだけど……見た目だけだと、もっと『こってり』していて、それだけじゃ食べられない~、ってくらいだと思ってたんだけど、これだけでも食べられるくらい。あっさり……とも違うんだけど、なんだろう。『朝』向けにこういう味だったりするのかな。でも、これが良い。おいしい)

未央(とろとろのチャーシューの……『タレ』の味というか、お肉の味というか? でも、それはタレがあるからで……うーん、どう説明すればいいんだろ。とにかく、おいしい)



275: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:26:20.75 ID:Y+/btJf60

未央(こんなの、絶対ごはんと一緒に食べたらおいしいよね。じゃあ次は、チャーシューとごはんを、一気に……あ、チャーシュー、結構とりすぎちゃったかも。でもいいか。このまま……)パクッ

未央「……ん」

未央(だよね! うん、思った通り、合う! 思ったより『濃い』って感じはしなくても、それは見た目にしてはってだけで濃いことには濃いんだよね。それがごはんに合うったら合う。ほろほろのチャーシューに白ごはん。こんなの、合わないわけがないですよ)

未央(次は……うん、この目玉焼きと、だよね。明らかに半熟で、とろとろそうな目玉焼き。これとさっきのチャーシューを一緒に食べたら……そんなの、もう、おいしくないわけがないよね!)

未央(チャーシューをごはんの上に乗せて、それから半熟の目玉焼きをさらにその上に。そして、黄身を割って……うわ! 良い感じにとろとろ……チャーシューの上だけじゃなくて、ごはんの上にまでいっちゃった)

未央(ビジュアル的にはちょっとお行儀が悪い? でも、そんなこと言われても、こんなおいしそうなものを目の前にすると吹き飛んじゃう。タレでほろほろになるまで煮こまれただろうおっきなチャーシューに、とろとろの半熟玉子が合わさって……もう、食べよう!)パクッ

未央「……~!」

未央(おいっしい! うん、これはおいしい。すごくおいしい。さっきまでももちろんおいしかったけど、もう、これはもう……!)

未央(とろとろの半熟玉子とほろほろのチャーシューと白ごはん。そのぜんぶが一緒になって、もう、本当においしい。幸せ。もう幸せ。すごく幸せ。ハッピー。ガツンってきて、全身にパワー的なものがみなぎってくる感じ)

未央(……まだまだ食べたい。チャーシューと目玉焼きを一緒にして、絡めて絡めて、ごはんと一緒に一気にかきこんで……ああ、もう! おいしい!)

未央(朝から重いかもしれないけど、それでも、一気にスタミナ充填! って感じ! これから元気出して頑張るぞー! ってなる、みたいな?)

未央(……とにかく、食べよう。食べて、食べて、元気を出そー!)



276: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:30:00.43 ID:Y+/btJf60


――店の外

P「食べきれたな、未央」

未央「うん。いやー、朝からこんなにいっぱい、っていうのはなかなかないけど、こういうのもアリだね。朝から元気を出すためにはいちばん、って感じ」

P「スタミナ食って言うだけあったな。俺もなんか元気が出てきたような気がする」

未央「あ、そう言えばプロデューサーも初めてだったんだっけ。どうでした? お味は」

P「たぶん未央と同じ感想だと思うが……うん、うまかったよ。あのマスタードがまた良いアクセントだったな。付けなくてもうまかったからちょっと迷ったんだが、付けてよかった。チャーシューは脂身が多めでかなりこってりしていたが、あのこってりさもまた良かった。玉子と白ごはんと一緒に食べたらもう最高、って感じだな」

未央「チャーシューだけでもおいしいんだけど、ぜんぶが合わさってこそ、って感じだったよね。見た目にはちょっときたない感じにはなるけど、一度あの味を知っちゃうと……ね」

P「その言い方、なんか変な薬みたいだな……」

未央「……ハッ! ま、まさか、あの味を生み出しているのは、そういった薬があるからでは……?」

P「なんだよそのノリ……というか、そういうネタ、テレビとかでは絶対にするなよ? そういうのはシャレにならないからな」

未央「いやー、さすがの未央ちゃんもそれくらいはわきまえてますよ? それとも、プロデューサーくんは未央ちゃんが信じられないのかな?」

P「信じてるよ。というか、突っ込まなかったら突っ込まなかったで不満そうにするくせにそんなこと言うなよ」

未央「えへへ。でも、そんな私に付き合ってくれているから、プロデューサーはプロデューサーなんだよ」

P「それ、褒められているのかどうかわからないんだが」

未央「褒めてる褒めてる♪ 未央ちゃんのベストパートナーっていうことですから」

P「それがベストパートナーの条件って……本当、お前と付き合うのは疲れるよ」

未央「疲れるだけ?」

P「もちろん違う。……お前と付き合うのは、楽しいよ」

未央「……えへへ、なんか、面と向かってそう言われると恥ずかしいかも」

P「自分で言わせといて恥ずかしがるなよ。俺もちょっと恥ずかしくなってくるだろ」

未央「実はそれが狙いだったりして」

P「……お前、本当に面倒くさいな」

未央「俺以外には任せられない?」

P「……まあ、そうだな。俺以外には任せられないよ」

未央「うんうん、そうだよ。私のプロデューサーはプロデューサーだけなんだから……これからも苦労させるけど、それ以上に楽しませてあげるから、ちゃんと私と付き合ってね、プロデューサー♪」

P「言われなくてもそうするし、お前を苦労させて楽しませるのは俺の仕事でもある。覚悟しろよ?」

未央「それは今更じゃないですか? プロデューサー。……さて、それじゃあ、今日も頑張っていきましょうか」

P「……そうだな。今日も一日、頑張ろう。今日も、明日も……これから、ずっと」



277: ◆Tw7kfjMAJk 2016/05/27(金) 04:30:38.46 ID:Y+/btJf60

未央「……なんだかポエミーだね、プロデューサー。あと、ずっと頑張ってたら疲れちゃうよ?」

P「……ほっとけ」






288: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:00:03.81 ID:yO1IwmdC0


――事務所

未央「おはようございまーす!」

ちひろ「あら、未央ちゃん。おはようござ……その荷物は?」

未央「え? んー……ちょっとね。あ、ちひろさん。この後、キッチンを使いたいんだけど……」

ちひろ「キッチン、ですか? はい、大丈夫ですが」

未央「やたっ。ありがと、ちひろさんっ♪」

ちひろ「どういたしまして……?」

未央「それじゃあ、私、キッチンに行ってくるね! あ、プロデューサーが帰ってきても、このことは内緒にしておいてね! 約束だよ!」

バタン

ちひろ「……なんだったのかしら?」




289: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:03:33.81 ID:yO1IwmdC0


――キッチン

未央「……さて、それじゃあ、作るとしますか!」

未央(まずはお米を……っと、せっかくだからバターライスにしようかなーっと)

未央(コンソメは……あったあった。これとバターを入れて……あと、ローリエも入れちゃおう)

未央(これであとはスイッチを押しておけば、あら不思議。作業が終わる頃にはバターライスが完成しちゃう。文明の利器サマサマだね)

未央(それじゃあ、調理といきましょう。最初は、まあ、玉ねぎかな。玉ねぎの微塵切りー)

未央(つんときちゃいそうだけど、我慢して、一気に……)トトトト

未央(よし、微塵切り終了! 次は……鶏肉を切っておこうかな。大きさは……割りと大きめでいいかな。ってことで、テキトーに、っと)グッグッ

未央(それじゃあ、今度は玉ねぎを炒めちゃおー! きつね色になるまでふんふんふーん……っと)

未央(それできつね色になったらスパイスを……ターメリックにクミンちゃんにガラムマサラさんに、あとはチリパウダーとかそういうのを入れてー)

未央(よし、これで一段落。次は鶏肉を投入――する前に、ちょっと準備を)

未央(鷹の爪やらブラックペッパーやらをべつで炒めて、ぽんぽんって弾ける音がしたらそこにさっきの玉ねぎと鶏肉を投入―。これをさっと炒めて)

未央(トマトピューレ! ヨーグルト! 赤ワインにマンゴーチャツネ! お水を投入ー!)

未央(それを煮込んで、お醤油お砂糖、チーズにチョコをひとかけら。ちょこっと塩としょうがを入れて)

未央(ぐつぐつ煮込んで……塩で味を調えて、さらに強火でぐつぐつ煮込む!)

未央(――ということで、未央ちゃん特製チキンカレーのできあがりー!)



290: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:09:53.48 ID:yO1IwmdC0


――

ガチャ

P「ただいま帰り――」

未央「おかえり! プロデューサー!」

P「うおっ……未央、いきなりどうした?」

未央「プロデューサーを待ってたの! あ、プロデューサー、まだごはんは食べてないよね?」

P「ん、まあ、食べてはいないが……」

未央「それじゃあ、ちょっと来て。ごはんにしよ?」

P「は? いや、俺は仕事が……」

ちひろ「いいですよ、プロデューサーさん。行ってきて下さい」

P「いや、でも……」

ちひろ「問題ありません。それに、今日は事務所で、ですから」

P「事務所で……? ということは、ちひろさんが何か作ったんですか?」

ちひろ「……違います。いいから、未央ちゃんと一緒に行ってきて下さい。私はあとでもらうので」

P「ちひろさんも一緒に食べればいいじゃないですか」

ちひろ「……未央ちゃん、苦労しますね」

未央「まあ、こういうところも含めてプロデューサーですし?」

ちひろ「……まあ、それもそうですね」

P「……あの、俺、悪口言われてます?」

ちひろ「言ってません。……とにかく、プロデューサーさんは未央ちゃんと一緒にごはんを食べてきて下さい」

P「……よくわかりませんが、わかりました」




291: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:14:05.61 ID:yO1IwmdC0


――

P「それで、ちひろさんじゃないってことは未央が作ったのか?」

未央「お、そこは気付くんだ」

P「さすがにな。というか、これで未央じゃないって方がおかしいだろ」

未央「私がプロデューサーを待っている時点で気付かないのもどうなんでしょうね?」

P「……だって、未央が作るとか、あんまりないだろ」

未央「まあ、ほとんどないね。前のおにぎりくらい?」

P「あー……そうだったな。あれはうまかった」

未央「お、また作って欲しい?」

P「……まあ、そうだな」

未央「どうしよっかなー?」

P「……それ、俺はどういう反応をすればいいんだ?」

未央「んー……『作って下さいお願いします』と言ってみる、とか?」

P「そこまでしなくちゃダメなのかよ」

未央「それだけでアイドルがつくったおにぎりが食べられるって考えるとお得じゃない?」

P「それは……まあ、そうなんだが」

未央「それなら、ほらほら、言ってみなよー」

P「……べつに言ってもいいんだが、そう言われると言いたくなくなる」

未央「えー……まあ、いいけどね。心配しなくても、また作ってあげるよ、プロデューサー」

P「……なんでお前が譲歩したような感じになってるんだ」

未央「はて、なんででしょう?」

P「なんでだろうな……」




292: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:17:20.88 ID:yO1IwmdC0


――

P「ん、このにおい……カレーか?」

未央「そうそう。カレーだよ。チキンカレー。未央ちゃんの得意料理。それじゃ、よそうからプロデューサーは座ってて」

P「ん……いや、俺も手伝えることがあれば手伝うよ。飲み物とか、食器とか、出しとく」

未央「あー……うん。それじゃ、お願いしようかな。ありがと、プロデューサー」

P「どういたしまして……って、礼を言われるほどのことじゃあないけどな」

未央「そうかな? でも、言った方も言われた方も気持ちいいからいいでしょ?」

P「……まあ、そうか」



293: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:21:29.32 ID:yO1IwmdC0


――

未央「さて、それじゃあ、食べましょうか!」

P「……思ったよりも本格的なんだが」

未央「未央ちゃん、頑張っちゃいました☆」

P「頑張っちゃいました……って、これ、本当に手間かかってるだろ。何と言うか、見た感じ」

未央「見ただけではそんなのわかる? というか、そこまで手間をかけているわけじゃないと思う。まあ、気合は入れて作ったつもりだけど」

P「それどこが違うのかよくわからないんだが……」

未央「まあまあ、とにかく、食べてみて」

P「……まあ、それじゃあ、もらうか。いただきます」

未央「召し上がれ♪」




294: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:24:39.01 ID:yO1IwmdC0

P「……」パクッ

P「……」モグモグ

未央(……なんか、緊張する)

P「……」ゴクンッ

P「……未央」

未央「は、はい」

P「……うまい!」

未央「本当!?」



295: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:27:27.95 ID:yO1IwmdC0

P「嘘吐いてどうするんだよ。本当にうまいよ。いや、マジで。店に出せるレベルじゃないかこれ」

未央「……そっか。うん、まあ、未央ちゃんの自信作ですからね」

P「いや、うん、本当に自信をもっていいと思う。うまい。いや、うん、うまい。……すごくうまい」

未央「プロデューサー、『うまい』しか言ってないよ?」

P「うまいからな。……未央、食べていいか?」

未央「え? あ、うん。どんどん食べて」

P「よし! ……」ガツガツ



296: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:32:46.18 ID:yO1IwmdC0

未央(おおぅ……プロデューサー、がっついてる)

未央(確かにおいしいと思うけど……そこまでかなあ)

未央「……えへへ」

未央(……あ、私、すごいにやけてる。自分でわかる。でも、とめられない。嬉しい)

未央(……なんか、こういうの、良いなぁ)

未央(将来も、こんな風に……って、何を妄想してるんだろう。それはちょっと気が早いぞ、私)

未央(……でも、うん、幸せ、だな)

未央(……本当に、良かった)



297: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:34:32.97 ID:yO1IwmdC0

P「……ん? 未央は食べないのか?」

未央「えっ!? ……あ、うん、食べる、食べるよ」

P「そうか。……なあ、未央。おかわりってもらってもいいか?」

未央「ん!? え、もう食べたの?」

P「……まあ、うまかったからな」

未央「……もう。でも、プロデューサーのことを考えて、いっぱい作ったから大丈夫だよ。あ、でも、ちひろさんの分は残しておいてね?」

P「……保証できないな」

未央「保証できないって、どんだけ食べるつもりなの?」

P「まあ、腹がいっぱいになるまで、かな」

未央「……じゃあ、たくさん召し上がれ、プロデューサー」

P「よしっ! それじゃあ、もらうな!」

未央「……プロデューサー、子どもみたい」

未央(でも、そんなプロデューサーも……って、なんか、私、すごいプロデューサーバカみたい)

未央(……間違っては、ないんだろうけど)



298: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:36:26.75 ID:yO1IwmdC0


――

P「……ふぅ。さすがにぜんぶは無理だったな」

未央「そりゃ無理だよ……でも、それにしても食べ過ぎだと思うけどね。この後の仕事、大丈夫なの?」

P「う……まあ、それは、たぶん、問題ない」

未央「ほんとにー? って、いっぱい食べさせた私が言うのもなんだけどね?」

P「それは本当にな。……というか、本当にうまかったよ、未央。うん、本当に」

未央「えへへ、ありがと♪ まあ、大好きなアイドルが大好きなプロデューサーへ作ったものだからここまでおいしかったのかもしれないけどねー。最高の調味料は愛情! っていう?」

P「……それは、まあ、そうかもな」

未央「んっ……そ、それは否定しないんだ」

P「いや、まあ……純粋にうまかった、って言うのもあるが、未央がつくったものだからこそ、ここまでうまく感じたっていうのは……確かに、あると思うからな」

未央「そ、そっか」

P「ああ」

未央「……プロデューサーって、たまにずるいよね」

P「ずるい……か?」

未央「ずるいよ。うん、ずるい」



299: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:38:25.70 ID:yO1IwmdC0

P「……よくわからんが、そう言えば、どうしていきなりカレーを作ったんだ?」

未央「どうして、って?」

P「いや、お前、今日オフだろ? それなのに、わざわざカレーを作るためだけに……って、その理由がわからなくてな」

未央「それは……ちょうど一年だから、かな」

P「……一年?」

未央「今日は、私にとっては特別な日なの。特別な日から、ちょうど一年。記念日、だから」

P「一年前に何かあった、ってことか? ……何かあったか?」

未央「うーん……秘密。プロデューサーには教えてあげない」

P「……そう言われると気になるんだが」



300: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:45:02.59 ID:yO1IwmdC0

未央「それじゃあ……ヒント。プロデューサーだから、特別な日なんだよ」

P「俺だから……?」

未央「わからない?」

P「……わからない」

未央「そっか。……えへへ」

P「……なんで笑ったんだよ」

未央「ん? ……ナイショ♪」

P「……まあ、俺はうまいチキンカレーを食べられたからいいんだが」

未央「うんうん。プロデューサーはそれでいいのです」

P「……ありがとな、未央」

未央「どういたしまして♪ ……私からも、ありがとね、プロデューサー」

P「……どうしてお前が礼を言うんだよ」

未央「それは……今日が、そういう日だから、かな」

P「なんだよそれ。……でも、まあ、どういたしまして」



301: ◆Tw7kfjMAJk 2016/06/22(水) 19:47:55.75 ID:yO1IwmdC0

未央「……プロデューサー」

P「なんだ?」

未央「これからも、一緒に色んなものを食べに行こうね」

P「……まあ、そうだな」

未央「とりあえずの目標は、今日のカレーを超えるもの、かな」

P「それは……一生かかっても難しそうだけどな」

未央「……プロデューサー、さすがにそれは褒め過ぎじゃない?」

P「俺にとってはそうなんだよ」

未央「……そっか」

P「ああ」

未央「……ありがと、プロデューサー」

P「どういたしまして」






312: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 21:41:02.61 ID:XEYokMwx0


――事務所

ガチャ

P「ただいま――って、あれ? お前らだけか?」

未央「うん、お前らだけですよー」

梨沙「『お前ら』って言い方は気に入らないけどね」

舞「あはは……」

P「……なんだこの組み合わせ」

梨沙「『なんだ』って言われても、こっちこそ『なによ』って感じなんだけど」

P「梨沙俺に対して厳しすぎないか?」

梨沙「いつもこうでしょ」

P「確かに」



313: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 21:46:27.81 ID:XEYokMwx0

舞「えっと、私と梨沙ちゃんが勉強しているところに、未央さんが『教えてあげる』って」

梨沙「それでアタシたちが今やっている問題を見た未央が『んん……?』って頭を悩ませているところよ」

P「……未央、お前、勉強できる方だったよな? それもかなり。それなのにどうして……」

未央「んっ……そ、その、最近の小学生は難しいことやってるね☆」

P「……」

梨沙「……」

未央「ちょ、プロデューサーもりさりさもそんな目で見ないで……」

舞「だ、大丈夫ですよ、未央さん! 三年も経てば習ったことを忘れても仕方ないですよ!」

未央「うう……まいちーは優しいね……妹にしたい……」

舞「えっ」

P「どういうことだよ……」

梨沙「というか、三年前に習ったことでも義務教育で習ったことを忘れるってダメじゃない?」

未央「ぐっ……せ、正論を言われるとキツい……」

P「ぐっ……」

梨沙「なんでアンタまでダメージ受けてんのよ……」

P「小学生どころか中学高校大学で習ったことほとんど覚えてねぇ……」

梨沙「……学費がもったいないわね」

P「それ言われると本気でつらいからやめてくれ……」



314: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 21:49:38.69 ID:XEYokMwx0

舞「学校で習ったことを忘れているとしても、プロデューサーはプロデューサーだから大丈夫です!」

梨沙「舞、それたぶんフォローになってないわよ……」

P「そうか? 舞がそう言うなら大丈夫だな!」

梨沙「なんでなってるのよ」

舞「はいっ! 大丈夫です!」

P「大丈夫か!」

舞「大丈夫です!」

梨沙「これ、いつまで続けるの?」

未央「たぶんツッコミが入るまでだね」

梨沙「面倒なオトナね」

未央「まあ、そういうところも含めて『プロデューサー』ですし?」

梨沙「それは……褒め言葉かどうなのか、微妙なところね」

未央「お、『微妙』なんだ。『違う』んじゃなくて」

梨沙「……うるさい」

未央「お、照れちゃってー。りさりさはかわいいなぁ♪」

梨沙「そんなことを言うアンタはかわいくないわよ、未央」



316: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 21:55:19.48 ID:XEYokMwx0

P「ん? 梨沙がかわいい話してる?」

舞「梨沙ちゃんはかわいいです!」

梨沙「アンタたちいつの間に……と言うか、Pはいつまでそんなところで突っ立ってるのよ」

P「ん、それもそうだな。と言うか、せっかく買ってきたんだからこれも早く……」

未央「あ、そうそう、それ気になってたんだよね。プロデューサー、その袋、何?」

P「コンビニの袋だな」

梨沙「そんなこと見ればわかるわよ」

舞「中身はなんなのか、って聞きたかったんだと思います」

未央「まいちーやさしい」

梨沙「舞。Pはそういう質問だってわかっていたくせにあんな返しをしたのよ。ホント、性格悪いわよね」

P「俺、そこまで言われることしたか……?」

梨沙「言われたくなかったんならそもそもしないでくれる?」

未央「おお、正論」

P「確かにな……ごめんな、舞」

舞「わ、私ですか……?」

梨沙「まあ、謝るなら舞よね」

未央「まいちーだよね」

P「舞だよな」

舞「えぇ……」



317: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 21:59:10.02 ID:XEYokMwx0

未央「と言うか、また脱線しちゃってたけど、プロデューサー、その袋の中身は結局なんなの?」

P「ん? ああ、これか? これの中身は……これだ」

梨沙「……たこ焼き?」

舞「冷凍の、たこ焼き?」

未央「冷凍かぁ……」

P「……べつにお前らに食わそうと思って買ってきたわけじゃないからな」

未央「えー」

P「お前いちばん残念そうな反応してたくせになんだよ」

未央「いやー、だってこの流れなら……ね?」

P「いや、まあ、わからんでもないが……これは俺とちひろさんが小腹が空いた時のために買ってきただけだ。今食べる用じゃない」

舞「……でも、なんだかたこ焼きが食べたくなってきたな」

未央「お?」

梨沙「……ねぇ、P? 舞がこう言っているけれど……アンタはどうするの?」

舞「え? え?」

P「……これは冷凍庫行きだが、そうだな、それじゃあ、行くか」

未央「お!」

梨沙「決まりね。それじゃあ、準備をするからPは待ってなさい。……舞? 何してるの? 早く行くわよ」

舞「え? え? ……ど、どういうこと、なの?」



318: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:01:53.70 ID:XEYokMwx0


――外

未央「しかし、プロデューサーもまいちーには弱いんだね?」

P「まあ、舞だからな」

梨沙「アンタは割りとアイドル全員に弱いでしょ」

P「……」

舞「否定しないんですね……」

未央「実際、プロデューサーは私たちのこと大好きだよねー」

梨沙「気持ち悪いくらいにね」

P「気持ち悪いって言われると傷付くんだが……でも、べつに悪いことじゃないだろ?」

梨沙「さあね。手を出したらダメだとは思うけど」チラッ

未央「……ど、どうして私のことを見るのかなー?」

梨沙「べつに?」

舞「……? プロデューサー、どういうことですか?」

P「あー……まあ、俺はお前らのことが大好きだってことかな」

舞「それならわかります! 私もプロデューサーのことは大好きですよっ!」

P「天使かよ」

舞「て、天使って……」




319: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:04:12.35 ID:XEYokMwx0

梨沙「P。舞はこの中で最年少なんだからあんまりからかうのはやめなさい」

P「からかってるつもりはないんだが……と言うか、梨沙が言えるか?」

梨沙「精神年齢ではいちばん上なんじゃないかしら?」

未央「おお、言うねぇ、りさりさ」

梨沙「だって、事実じゃない?」

P「……梨沙の精神年齢が高い、ねぇ」

梨沙「……なによ。文句あるの?」

P「いや?」

梨沙「……なんか、むかつく」

P「むかつかれたか」ハハハ

梨沙「……」ケリッ

P「痛っ。ちょ、蹴ることないだろ?」

梨沙「……アタシだって、こういうところが、ってことはわかってるわよ」

P「……そうか」

梨沙「そうよ」

P「……うん。なら、そうだな。梨沙の精神年齢は、俺の思ったよりは高いのかもな」

梨沙「そのにやけ顔はむかつくし気持ち悪いけど……ま、褒め言葉として受け取ってあげる」

P「……」

梨沙「……なによ。どうして何も――」



320: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:05:40.43 ID:XEYokMwx0

P「舞……今、俺、梨沙に気持ち悪いって言われた……」

梨沙「はぁ!?」

未央「そこでそういう反応になるんだね、プロデューサー……」

舞「あ、あの……プロデューサー? 梨沙ちゃんが今言ったのは、そういう意味じゃないって思うんですけど……」

P「でも、顔が気持ち悪いって……」

未央「うわぁ……」

梨沙「……P。10歳の女の子に泣きついているアンタは、正直、本ッ当に気持ち悪いわよ」



321: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:12:09.71 ID:XEYokMwx0


――

未央「それで、今から行くのはたこ焼き屋さん……で、いいんだよね?」

P「ああ」

梨沙「アンタ、立ち直るの早いわよね」

P「それ言われると思い出してまた落ち込みそうになるからやめてくれ」

梨沙「アンタ、落ち込むのも早いわよね……」

P「熱しやすく冷めやすいのが性分だからな。まあ、お前らへの思いだけは冷めないけどな!」ドヤァ

梨沙「キモッ」

P「……ごめんな、気持ち悪くて……」

梨沙「……アンタ、『気持ち悪い』って言葉に何かトラウマでもあるの……?」

未央「りさりさ、それは聞いちゃいけないよ」

P「ああ、触れないでくれ。これは俺の……そう、言ってみれば『心のささくれ』かな……」

梨沙「飛鳥の下手な真似みたいで気持ち悪い」

P「へこむ」



322: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:15:36.79 ID:XEYokMwx0

舞「あはは……それで、プロデューサー。今日行くたこ焼き屋さんって、どういうところなんですか?」

P「んー……みくに教えてもらった店だな」

舞「みくさんが……?」

梨沙「みく、タコは大丈夫なのね……」

未央「みくにゃんの大丈夫な基準はよくわからないからねー。でも、みくにゃんが、っていうならなんだか期待できるかも」

P「なんでも大阪組で『東京のおいしいたこ焼き屋を探そうツアー』をやったらしくてな。それで『ここはおいしい』ってなった店らしい。あと、その時にドーナツ屋も教えてもらった。なんでも、その時に一人だけドーナツ屋に行こうと提案したアイドルが居たらしくてな」

未央「誰なのか一瞬でわかった」

梨沙「アタシも」

舞「私もわかりました」

P「『たこ焼きだけじゃなくて甘いものもあった方がいいかなーと思って』とかいう理由みたいだから許してやってくれ」

梨沙「たこ焼き関係なくてもドーナツ屋に連れて行きそうなんだけど」

P「それは否定できないが」

舞「否定できないんですか……」

P「いや、だって……なぁ?」

未央「『なぁ?』って……いや、まあ、わかるけど」

P「まあ、今日はそのドーナツ屋には行かないが」

未央「話に出したのに?」

P「ここからなら確実に一時間以上時間かかるんだが」

梨沙「ならいいわ……」

舞「というか、そんなところに連れて行ったんですね……」

P「まあ、一日じゃ済まなかったらしいからな」

未央「えぇ……」

梨沙「どんだけたこ焼きに対して熱を持ってるのよ……」

P「正直みんな途中から『もういいんじゃないか』と思っていたらしいが一日かけたらもう引くに引けなくなったらしい」

舞「でも、その結果見付かったならいいじゃないですか!」

P「舞は良い子だな……」



323: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:16:22.85 ID:XEYokMwx0

未央「そう言えば、まいちーも関西出身……兵庫県出身だったっけ? それなら実は結構たこ焼きにこだわりがあったりして?」

舞「こだわり……ってほどはないですね。たぶん」

梨沙「『たぶん』っていうのがこわいわね」

未央「どうする? プロデューサー。まいちーが一口食べた瞬間『こんなのたこ焼きじゃない!』って怒り出したら」

P「泣く」

梨沙「泣くのね……」

舞「そ、そもそもそんなことしません!」

未央「お、まいちーが怒った」

P「怒る舞もかわいい……」

梨沙「そんなアンタは気持ち悪い……」

舞「……気持ち悪いです」

P「舞に言われると本気でキツい」

未央「プロデューサーが悪いから仕方ないよ☆」

梨沙「そうね。Pが悪いから仕方ないわ」

P「いや今の未央と梨沙が悪くないか?」

舞「……確かにそうですね」

未央「ンフッ……まいちー、わかってなかったんだ。つまり、プロデューサーは流れ弾に当たっちゃった、ってことだね」

梨沙「まあ、Pだからべつにいいんじゃない?」

P「やっぱり俺の扱い悪くない?」



324: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:21:02.88 ID:XEYokMwx0


――店の前

梨沙「ここが……」

P「ああ。横山奈緒ちゃんオススメのたこ焼き屋さんだ!」

未央「……ん?」

舞「……みくさんじゃなかったんですか?」

P「みく曰く、『結局ここがおいしかったにゃ』だそうだ。ちなみに大阪にも兵庫にもある」

舞「そう言えば、見たことあるような……」

未央「何日もかけて探した意味……!」

P「いや、他のところもおいしかったらしいんだけどな? いくつか店は教えてもらったんだけどな? でも、あの横山奈緒ちゃんオススメって聞いたら行きたくなるだろ?」

梨沙「……そう言えば、アンタ、765プロのファンだったわね」



325: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:22:49.43 ID:XEYokMwx0

P「お前らのことも大好きだから心配するなって」

梨沙「べつにヤキモチとかじゃないわよ……」

P「お? わざわざそう言うってことは実は……?」

梨沙「いや本当に違うから誤解しないで気持ち悪い……」

P「本気のトーンで言われると傷付く」

梨沙「アンタがうざいから悪いのよ」

未央「確かに」

P「未央まで……舞ぃ」

舞「……今のは正直、仕方なかったかな、って」

P「舞にまで突き放された……がーんだな……」

未央「その台詞パクリじゃない?」

P「お、未央も見たのか。まあ漫画もドラマも貸したからなぁ」

舞「なんの話ですか?」

P「ん? 俺の好きな漫画とドラマの話かな」

梨沙「どうして今そんな話をするのよ……」

P「そう言われたら返す言葉もないな」

未央「確かに。早く買って食べよっか」



326: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:24:25.56 ID:XEYokMwx0

P「ん。まあ、とりあえずたこ焼きでいいよな」

梨沙「たこ焼きを食べにきたわけだしね」

P「何個くらい食べる?」

未央「んー……一個の大きさにもよるかな」

P「そりゃそうか。それじゃあ……まあ、残ったら俺が食べるし多めに買っとくか!」

舞「結局そうなるんですね……」

P「というか店の人に四人ならどれくらいの量だと小腹が膨れるくらいか聞く」

未央「まあ、それがいちばん良さそうだね……」



327: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:26:48.93 ID:XEYokMwx0


――

P「ってことで、買ってきたぞ」

未央「お! やってきましたか、たこ焼きちゃん!」

梨沙「たこ焼き『ちゃん』って」

舞「なんだかかわいいですねっ」

P「かわいいか……?」

未央「かわいいかな……?」

舞「えっ」

梨沙「未央、裏切ったわね……」

P「裏切ったな……」

舞「裏切られました……」

未央「まいちーにそう言われると割りと傷付く」

梨沙「アンタが悪いから仕方ないわよ」

P「仕方ないな」



328: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:28:04.43 ID:XEYokMwx0

舞「あの……たこ焼きも冷めちゃいますし、早く食べませんか?」

P「言われてみればそうだな。絶対今熱々で食べられるもんじゃないと思うがそれを『熱っ熱っ』って口をはふはふさせながら食べるのが醍醐味みたいなところあるからな」

未央「そんなところある……?」

梨沙「なんで自分からそんな苦行を……」

舞「わかります!」

未央「わかるの!?」

P「だよな!」

梨沙「……意外な伏兵ね」

P「それじゃあ、早速食べるか」

未央「食べよー食べよー☆」



329: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:29:15.73 ID:XEYokMwx0

舞「それじゃあ、いただきますっ!」

梨沙「いただきます」

未央「いただきまーす」

P「いただきます、っと」

P「……熱ッ! 熱いッ! 無理だなこれ……なぁ、お前らも――」

未央「……」ハフハフ

梨沙「……」ハフハフ

舞「……」ハフハフ

P「……俺だけ、か」

未央「んっ……プロデューサー、確かに熱かったけど、そこまで……?」

P「いや、だって、熱いし……」

梨沙「それが醍醐味じゃなかったの……?」

P「醍醐味だけど熱いものは熱いからな」

舞「それは……確かに、そうですね」



330: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:30:36.65 ID:XEYokMwx0

未央「……ねぇねぇ、プロデューサー」

P「ん?」


未央「ふーふー、って、してあげよっか?」


P「んっ……!?」

梨沙「なっ」

舞「えっ」



331: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:32:16.19 ID:XEYokMwx0

未央「……あれ? 私、変なこと言った?」

梨沙「……未央。二人きりならよくやってることかもしれないけど、今日はアタシたちも居るのよ?」

未央「でも、プロデューサーが熱いって……」

梨沙「……なら、もう何も言わないからしなさいよ……」

未央「そう? じゃあ、プロデューサー……」フー…フー…

未央「はい、あーん」

舞「ひゃー……」

梨沙「……ハァ」

P「……あーん……」パクッ

P「……」モグモグ

P「……」ゴクン

未央「おいしい?」



332: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:33:32.74 ID:XEYokMwx0

P「……味なんてわかるか!」

未央「えっ」

梨沙「そりゃそうよ」

舞「そうですね」

未央「……なんで?」

P「……未央。お前、俺と二人の時だってこんなことしないだろ。それなのに、なんで今日は……」

未央「……?」

P「……なあ、未央。お前、今自分がやったことを冷静に思い出してみろ」

未央「私がやったことを……ふーふーって自分の息で熱々のたこ焼きを冷まして、それを『あーん』ってプロデューサーの口、に――って」



333: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:35:24.43 ID:XEYokMwx0

未央「……わ、私、なにやってるの……?」

P「……時間差で恥ずかしがるのは卑怯じゃないか?」

未央「え、いや、その……し、しかも、りさりさとまいちーの前で……うぅ」

P「……ま、まあ、たこ焼きの味はわからなかったが……未央の気持ちは嬉しかったよ。だから、その……ありがとな」

未央「……うん」



334: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:38:23.82 ID:XEYokMwx0

梨沙「……何と言うか、『お熱い』わね」

舞「熱々、ですね」

梨沙「……さ、たこ焼きも食べるわよ。そこのバカ二人も食べなさい。いちゃいちゃしながらでもいいけど、せっかくのおいしいたこ焼きをおいしい内に食べないなんて許さないんだから」

舞「でも、本当においしいですよね、このたこ焼き。ソースはちょっと甘めで、生地はふわふわで、とろとろで……熱いんですけど、おいしいです」

梨沙「まあ、そうね。……これが大阪のたこ焼き、なの?」

P「んー……まあ、ものによるな」

梨沙「あ、二人の世界から帰ってきたのね、バカの片割れ」

P「バカの片割れ、って……ひどいな」

梨沙「ひどくないわよ。あんな光景を10歳と12歳に見せる方がひどいと思うけど?」

P「それは……まあ、すまん」

梨沙「アタシよりも舞に言いなさい」

P「あー……舞、すまん。悪かった」

舞「だ、大丈夫です。私も、その……なんだか、大人って感じで、良かったです」



335: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:39:53.81 ID:XEYokMwx0

梨沙「大人というか子どもみたいな感じだったけどね」

P「子どもみたいな感じ、って……」

梨沙「事実でしょ。まあ、アタシたちの前で『オトナ』みたいなことを始めても軽蔑するけどね」

P「さすがにしないよ……したこともないしな」

梨沙「ふーん……」

P「な、なんだよ、その目は……」

梨沙「べつに? ただ、未央も苦労しそうだな、と思っただけよ」

P「……それ、他の人にも言われるんだが」

梨沙「それだけアンタが……ってことでしょ。まあ、そんなアンタだから、なんだろうけど」

P「褒め言葉か?」

梨沙「褒め言葉よ。一応ね」

P「……ありがたく受け取っておくよ、梨沙」

梨沙「ええ。ありがたく受け取っておきなさい」



336: ◆Tw7kfjMAJk 2016/07/17(日) 22:41:44.70 ID:XEYokMwx0

未央「……んー! おいしい!」

舞「はいっ。おいしいですっ♪」

P「……なんか、いつの間にかたこ焼きがなくなってそうな予感がするんだが」

梨沙「と言うか、未央も舞もいつの間に……」

P「……梨沙、行かなくていいのか? 早く行かなきゃなくなるぞ」

梨沙「……べつに、そこまで食べたいわけじゃないし」

P「そうか。でも俺は食べたいから行くな。おーい、二人とも! 俺の分も残してくれー!」タッタッタッ…

梨沙「ちょっ!? P、アンタ……! 未央! 舞! そこのバカの分は残さなくてもいいわ! アタシの分を残しておきなさい! ……あー、もーっ!」タッタッタッ…






元スレ
本田未央「プロデューサーとのごはん」 その2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449925100/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 00:02
          • 5 元気に食べるちゃん未央がすき〜
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 00:09
          • うまそうに食べる描写いいなあ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 00:14
          • なんでこんなSSを(この時間に)更新した!言え!
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 00:17
          • ※3
            美味しいから(夜中に食べても)大丈夫だよ~
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 00:18
          • イベ終わりから始まりまでの間やたらトップページに出張ってくるこのゴミいい加減消えてくれないかな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 00:21
          • これまだ現行スレ続いてんのに何でまとめられてんだ
            文章容量的限界までは更新されてるから先にまとめたってこと?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 01:34
          • 前スレにコメント書き込めないんだけど何で?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 01:58
          • 前の続きか
            しかし本当うまそうに食べるな
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 01:59
          • かわいい
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 03:56
          • 私はどうやら読む時間を間違えたらしい
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 06:17
          • 5 面白いし食事描写も美味そうだし未央もかわいいんだけど、~ですよ?ってセリフが多すぎてチョット違和感を感じる
            確かに未央ってこう言う言い回しすることあるんだけどこのSSの未央はチョット多すぎて気になる…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 06:21
          • 旨そうだから店名わかるようにして下さいね
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 07:26
          • 回転寿司で10皿って少ないよな? Pは網膜剥離で引退した元ボクサーか何かなんだろ? な?(震え声)
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 07:29
          • 未央と別にいちゃつけなくてもいいから楽しく飯を食べたい人生だった…
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 11:22
          • ラーメン評論家さんかっこいいいー!ビクンビクン
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 13:15
          • ベルグのソーセージとパテほんと旨いんだよなー。結構行った店あるのが嬉しい。
            後ちゃんみおかわいすぎ。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月18日 18:08
          • つけ麺の麺の値段が変わらないのって麺の単価が安いからサービスって聞いてたけどもしかしたら値段そのものが大盛とか特盛が基準になってるだけかもと考えるようになったわ

            普通という名前の魔力かもしれない
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月19日 01:05
          • 蕎麦屋のくだり可愛すぎかよ…
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月19日 06:47
          • 運営の売女にゃ興味無いなぁ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月19日 15:18
          • ※13
            文盲かな?全部で10皿じゃなくて、さらに10皿追加出来るってことだぞ
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月19日 15:19
          • ※21
            いいえ違います
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月20日 03:31
          • まーだ未央アンチ湧いてんのか
            さっさとくたばれ
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月20日 17:17
          • みくにゃんに厳しい世界。わざわざ相手の嫌いな食べ物の店に連れていって、次回も嫌いな物の店に行くからな! なんて実際やったら絶交モノだと思うが
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月21日 20:09
          • ※5
            ゴミはお前だろ死.ね
            ※19
            また未央をゴリ押し扱いしてる馬.鹿か

            アイドルdisしてる奴なんてPじゃないんでさっさとPやめたら?
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月03日 15:44
          • すげぇなぁアニメ前後からずっとだろ?
            年単位で粘着し続けてる奴そんな他人に迷惑かけるマイナス行動人生してて楽しいんかなw
            しかし腹が減るSSだ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【乃木坂46】初恋の人を今でも【曲SS】
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「何もないところからポッキーを出せる能力…?」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「何もないところからポッキーを出せる能力…?」
        • 【アイマス】ボイン大好きP太君~アイドルのお姉さん編~
        • 【アイマス】ボイン大好きP太君~アイドルのお姉さん編~
        • 【アイマス】ボイン大好きP太君~アイドルのお姉さん編~
        • 【ミリマス】美希「ハニーが構ってくれないの!!」
        • 【ミリマス】美希「ハニーが構ってくれないの!!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ