TOP

【ガルパン】優花里「西住殿のお腹に石ができた話」

1:♯456 2016/06/29(水) 01:23:00.17 ID:HMtF8lKo0



※みぽりんがひどい目にあいます



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:25:13.77 ID:HMtF8lKo0

練習中です!



みほ「アヒルさんチームは偵察をお願いします、敵車両を発見したら挑発してカバさんチームとあんこうチームの前に引きずり出して下さい」

典子「了解です!」

エルヴィン「why not!」

みほ「うさぎさんチームはヘッツァーに気を付けながらカバさんチームと合流して下さい」

梓「了解しました!」

みほ「これよりボコボコ作戦を開始します、パンツァーフ…」



ズキん…

みほ(ん?)

ズキズキ!

みほ(…んん?)

ズキズキズキ!

みほ(んんん?)

ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ!!

みほ()


みほ「んぎぁあああああああ!!!」

優花里「西住殿!?」

沙織「!?」

華「!?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:26:18.72 ID:HMtF8lKo0

麻子「…どうした?」

みほ「ぁあああああああああああああ
ああああああああああ!!」

沙織「どうしたのみぽりん、脂汗凄いよ?!」

みほ「あ…あがががが…」ズキズキズキズキ

ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ

みほ「痛い痛い痛い!!」ズキズキズキズキ

ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ

みほ「お腹が痛い!」ズキズキズキズキ

華「もしかして大きい方ですか?」

みほ「違うがな…」

沙織(がな…?)

優花里「本当にどうしたんですか!?」

みほ「お腹が凄く痛い…痛いが痛い…とにかく痛い吐ぎぞう!」ズキズキズキズキ

麻子「もしかしたら盲腸かも知れないな…大丈夫か?」

みほ「ごめんなざい…無理…無理…」ズキズキズキズキ

優花里「た、武部殿!他のチームに連絡をお願いしますぅ!」

沙織「一旦練習中止!、みんな中止!みぽりんが体調不良だから一旦中止!」

後ろから「ぁぁぁぁぁぁぁぁ!、ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!」みほの声

典子「り…了解!」

エルヴィン「大丈夫か!」

沙織「ちょっと無理かも」チラッ

みほ「あぎぎぎぎき…」

優花里「このハンカチを噛んでください!」

沙織「一旦中止訂正!絶対無理!、練習中止!」

梓「ほ、他のチームにも伝えてきます!」

あゆみ「私も!」

あや「早希も行くよ!」

早希「…」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:27:07.72 ID:HMtF8lKo0


かりな「との事なんですよぉ」アイィ!

杏「あんこうチームにトラブルがあったってさー」

桃「罠かも知れませんよ」

柚子「それは無いと思うけどなぁ」

杏「とりあえず撃っとく?」

桃「そうしましょう」

柚子(やめといた方が良いと思うけどなぁ…)

バシュン!

かりな「」

しゅぽ

ギャガァアァァァァアァァァァァァァアぁあ!!



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:27:59.57 ID:HMtF8lKo0


かりな「」

杏「あちゃー」

桃「」

柚子(やっぱり…)



左衛門座「あんこうチーム吹っ飛んだぞ!」

エルヴィン「カメさんチームは何故撃った!?なんで撃った!?」

優花里「ちょ、カメさんチームの皆さんストップストップ!撃たないでください!」

カエサル「西住隊長大丈夫か!?」

みほ「こっ…こっ…こっ…こっ…」ピクピク

おりょう「やばそうぜよ…」

麻子「今の着弾が止めになった」

沙織「みぽりん白目剥いちゃってるよ!」

優花里「痙攣してますぅ!!」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:28:54.41 ID:HMtF8lKo0

華「だれか水とバケツを持ってきてください!」

麻子「それと保健室からバファリン持ってきてくれないか」

典子「了解しました!」

典子「根性ー!!」ハビュン!

あや「早ーい!」

みほ「こここここっ…こっこっこっ」




7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:30:04.41 ID:HMtF8lKo0


エルヴィン「泡吹き始めたぞ!」

カエサル「とりあえず西住隊長を地面に寝かせよう!寝かせた方が良いと思う!」

左衛門座「戦車から出すけど大丈夫か?」

みほ「なんどが…びどりでぞどまでいぎっまず」

み「いだいいだ…あぁあぁあぁ…」

おりょう「あっしの羽織を敷布にするぜよ!」

みほ「ありが…あだだだだだぃいい!!」パタリ…

ねこにゃー「隊長大丈夫かにゃ!」

ももがー「痛そうもも…」

みほ「あ…あ…あ…」

優花里「顔なしみたいですぅ!」

沙織「ゆかりんちょっと黙ってて」

優花里「はい…」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:30:38.49 ID:HMtF8lKo0

ナカジマ「ちょっとちょっとどうしたの西住さん?」

スズキ「悪いものでも食べちゃった?」

ホシノ「誰か状況報告できる人いないの?」

沙織「みぽりんが急に苦しみ出して…それっきりこの状態で…」

麻子「右腹を抑えているから盲腸の可能性がある、もし食中毒なら西住さんと同じ食べ物を食べた私達も苦しむはずだ」

ぴよたん「と…とりあえず医療課の先生に連絡はいれたっちゃ!」

みほ「あり…う…」

ツチヤ「蟻…鵜?」

みほ「ふっぐっ…」

優季「河豚ぅ?」

みほ「ウロロロロ…」バシャバシャ

一同「」

ナカジマ「ヤバイヤバイ吐いたよ!」

典子「間に合わなかった…」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:31:04.00 ID:HMtF8lKo0

エルヴィン「おりょうの羽織が…」

みほ「野上さん…」

おりょう「おりょうぜよ」

みほ「ごべんなさいぃ…ごべんなざぃい…」

おりょう「今は私じゃなくて自分の身を案ずるぜよ」

優花里「おりょうさん優しいですねー」

左衛門座「うむ…何時もおりょうには助けてもらってる」

エルヴィン「うちのチームじゃヘレンケラーみたいなものだ」

カエサル「ナイチンゲールじゃあ無いか?」

優花里「マザーテレサじゃあ無いでしょうか」

一同「「「それだ!」」」

おりょう「照れるぜよ~///」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:31:39.27 ID:HMtF8lKo0

杏「野上ちゃーん私のこと呼んだー?」

おりょう「野上ちゃんと呼ぶなと言うのに…」

桃「今のは野上が言った案ずると会長のお名前の杏をかけた会長のギャグだ、みんななぜ笑わん」

桃「それはそうとどうしたんだ西住、騙し討ちをしようなんてお前らしく無いぞ!」

桃「まぁ私は引っかからなかったけどな!」

みほ「……」

柚子(あぁぁ…西住さんの顔がヤバイことに…)



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:32:37.45 ID:HMtF8lKo0


みほ「河嶋先輩…」

みほ「貴女はっ…はぁあ」

みほ「あとで…全殺しにします…」

一同(((怖ぁ…)))

桃「」

柚子(私は関係無いよね…?)

桃「それはそうと、どうしたんだ西住…辛そうだな?」ユサユサ

みほ「私に触るなぁああああ!」

ボカっ! ボカっ!

桃「ひぃぃ痛いよ柚子ちゃーん!」

杏「ちょ!暴力はいけないよ!」

みほ「うるせぇぇえ!」

バキャ!

優花里「ストレートが決まりましたぁ!」

華「キレッキレでしたね」

桃「痛いひぃぃぃい!」

優花里「ちょっ!石はダメですって西住殿!」

沙織「みぽりんストップストップ!うさぎさんチーム泣いてるよ!」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:33:44.57 ID:HMtF8lKo0



桃「痛いよ柚子ちゃ~ん…」

柚子「今のは桃ちゃんが悪いよ…」

桃「ぞんなぁ~…」

みほ「あ…あ…あ?」

みほ「あひっ?」プツン

みほ「」

沙織「あ、気絶した」

ナカジマ「今のは河嶋さんが止めを刺したな…」

優花里「西住殿ぉおお!!!」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:34:30.10 ID:HMtF8lKo0


病院

みほ「…知らない天井だ…」ズキズキ

みほ「痛みはさっきより引いたけど…まだ痛いや…」

みほ「なんか点滴繋がってるし…なんなのこれ」

コンコン

みほ「はい」

医師「失礼します西住みほさんですね」

みほ「は…、はい」

医師「私はみほさんの担当する医師の〇〇です」

医師「いきなりで悪いんですけど、今から質問をするね」

みほ「は…はぁ…」

医師「持病とかある?」

みほ「あー…とくにこれと言ったものは…」

医師「今まで重い病気を患ったことは?」

みほ「インフルエンザくらいしか…」

医師「最後に食べた食事は?」

みほ「学食のランチセットです」

医師「アレルギー持ってる?」

みほ「アレルギー…ありませんね」

医師「んー…ちょっと腰叩いてみるね」

みほ「え…はい」

ズキズキズキズキ、

みほ「あだだだい!」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:35:03.18 ID:HMtF8lKo0

医師「ごめんね、響くような痛みあった?」

みほ「あー…ありますね」

医師「うーん…これはCT撮った方がいいわね…、西住さんは閉所恐怖症とかもってる?」

みほ「いえ…」

医師「じゃあ今からCT撮るからね、車椅子持ってくるから、それまでに白衣着替えられる?」

みほ「はい…なんとか頑張ります」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:38:02.99 ID:HMtF8lKo0

CT前

みほ「囚人服だよこれ」

医師「入れまーす」

みほ「はーい」

CT中

ゴゥンゴゥンゴゥンゴゥンゴゥンゴゥン

みほ「うひょ~怖ぁい」

ヴィー…ウィー

みほ「怖ぁ~い」

CT後

医師「はい、もう大丈夫よ、結果が出るまでベットで休んでてね」

みほ「はぁい」




18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:44:42.86 ID:HMtF8lKo0



待つ事数10分

医師「結石ですね、若いのに珍しい」

医師「しかもその…ここ見てください、尿管の上部と腎臓内に白い影があるんですよ」

みほ「はぁ…結石?」

医師「本来ならおしっこと一緒に出るはずの成分が腎臓で結晶化してしまうことがあるの、この白いのがそね結石」

医師「それで…おしっこが結石に止められて腎臓が膨らんでるのよ」

医師「その結石が3個あるんですね、真ん中の結石がかなり大きいんですよね…10mmくらいかなぁ、この1番下の出そうな石は4mmの小型だから自然排出できるけど、真ん中のお姉ちゃん結石は手術しないと無理ね」

みほ「」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:45:30.41 ID:HMtF8lKo0

医師「腎臓内にある妹結石は6mmだね…これは成長するし尿管に下がったら痛み始めるかも…」

みほ「」マッサオ

医師「大丈夫、尿管にある石が無くなれば痛みはなくなります」

医師「…その…最近の食生活はどうでした?、コレステロールが多い脂っこい肉類や同様のジャンクフード、それにシュウ酸を含む…例えばほうれん草や紅茶に偏った食生活を続けていませんでしたか?」

みほ「」ハッ

みほ「……」

みほ「脂っこい…脂っこい…」

ポワンポワンぽわ~ん



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:46:01.64 ID:HMtF8lKo0


杏「西住ちゃーん、今日西住ちゃんに紹介したいお店があるからついてきてくれるよねぇ?」

みほ「え…今日はアニメボコIIがあるから…」

杏「来てくれるよねぇ?」

みほ「はい…行きます…」

杏「よーし、西住ちゃんの許可とったから、小山~河島~行くぞ~」

桃「はい!」

みほ「うっ…うぅ…」

柚子「そのうち慣れるから」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:46:58.85 ID:HMtF8lKo0


お店

店長「おぉ!あんこうチームの隊長さんじゃないか!」

みほ「こ…こんにちは…」

店長「大学選抜戦には感動したよ!、今日は俺の奢りだからたくさん食べてね!」

みほ「は…はい!」

店長「これが新メニューのマウス型カツカレーだ!マウスカツの上にあるハンバーグはカメさんチームのヘッツァーなんだぞぉ!」

桃「おぉ!」

杏「こりゃまた凄いねぇ~」

柚子(凄いボリューム…でも西住さん喜んでるから良いよね)

みほ「おいし~い!」

カメさんチーム(((ホッコリ)))

みほ「肉類は…あ~…ありましたねぇ…」

みほ(サンダースやアンツィオにも晩御飯いただいてたしなぁ…、1ヶ月はコッテリコッテリだったなぁ)

医師「ジャンクフードとかは?」

みほ「ジャンクフード…ジャンクフード…」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:49:16.88 ID:HMtF8lKo0

ポワンポワンぽわ~ん

愛里寿「凄い…キラキラボコ…」

みほ「ボコチップスカードシリーズが発売されてね、昨日出たんだよ!」

愛里寿「私のは…みほさんみたいにキラキラしてない…」

みほ「あ…」

みほ「…」

みほ「このカード愛里寿ちゃんにあげる」

愛里寿「え、でもレアボコカードだよ」

みほ「大丈夫!、毎日食べてるからまたすぐ当たるよ!!」

愛里寿「…ありがとう…みほさ…、ううん…、みほおねえちゃん///」

ダキッ

みほ「えへへ///」

キャッキャッ

みほ「あ~…ジャンクフードもありましたね…」

医師「紅茶とかは…」

みほ「紅茶…紅茶…」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:50:08.58 ID:HMtF8lKo0


ポワンポワンぽわ~ん

ダージリン「みほさん、今日は聖グ口リアーナのお茶会にようこそ」

みほ「はい!」

カチューシャ「私もいるわよ!」

聖グロ生徒「可愛~い!」

カチューシャ「うるさいわよ!」

ニーナ「緊張するなぁ~」

ノンナ「プラウダの名を汚さぬよう、しっかりとした姿勢でいて下さい…」

アリーナ「はぃい!」

ペコ「どうぞこちらはダージリン(紅茶)です」

アッサム「スコーンですわ」

ローズヒップ「フィッシュ&チップスもありますわ!」

ダージリン「うなぎのにごこりもあってよ」トプンタプン

みほ「うわぁ~美味し~い!」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:50:42.02 ID:HMtF8lKo0


カチューシャ「紅茶を飲みながら、よくあんなうなぎを食べられるわね…みほーシャなかなかやるじゃない…」

ダージリン「みほさんにできることは貴女にもできるわよねカチューシャ」

カチューシャ「当然よ!」

ダージリン「ねぇカチューシャ、みほさんはうなぎのにごこりをバケツごと飲めるのよ…ね…みほさん?」

みほ「え…あ…、はい出来ます!」

カチューシャ「え?」

ノンナ「カチューシャ、こちらにバケツパンパンのうなぎゼリーがあります」

カチューシャ「えっ?えっ?えっ?、嘘よね…ノンナ!?」

ダージリン「カチューシャ、こんな格言を知ってる?、信用を築くことはとても簡単では無い、しかし信用を失うのはとても簡単だ」

カチューシャ「……」

ニーナ「カチューシャ様」

カチューシャ「!!!、ニーナ、貴女は私の味方よね!、こんなのみんなが間違ってるわよね!?」

ニーナ「私カチューシャ様のこと信じてます!」

カチューシャ「」

アリーナ「私もです!」

カチューシャ「」

ノンナ「早く」

カチューシャ「わかったよやってやろうじゃ無いの!!!!」

一同「「あはははは!!!」」

回想終わり




36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:04:32.30 ID:HMtF8lKo0

みほ「あははははは!」

みほ「は…ははは…」

みほ「」ダラダラダラ

みほ「心当たりしかございません」

医師「…これからはしっかりした食生活をとる事、大人になって結石になるともっと大変なんだから」

みほ「ごめんなさいぃ…」

医師「まぁ今は元気そうだし大丈夫よね、今から車椅子で部屋まで送ってあげるから」

みほ「え、家までですか?」

医師「病室よ、え、家に帰れると思ってるの?」

みほ「え?」

医師「え?」

みほ「え」

みほ「入院ですか?」

医師「え?当たり前じゃ無い」

みほ「え、入院するくらいヤバイんですか?」

医師「1番出そうな石はすぐに…もしかしたら今日の内に出るかもしれないわ、その石がでたら次はお姉ちゃん石ね、ちなみにお姉ちゃん石は絶対に自然排出されないサイズだから手術で砕いて出すわよ」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:06:16.93 ID:HMtF8lKo0


みほ「え、しゅ…え?」

みほ「え?」

みほ「しゅっしゅっしゅ?」

医師「落ち着いて」

みほ「はい」

医師「今日から食後に薬を飲んで腎臓内にある結石を少しずつ溶かしはじめますね、なにもしなかったら成長しちゃうから、それと西住さんまだ未成年だから親御さんには連絡を入れておいてくださいね」

おばちゃん医師「病室まで案内しますから車椅子に乗ってちょうだいね~」

カラカラカラ

みほ「」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:10:34.89 ID:HMtF8lKo0

病室

おばちゃん医師「ここよ~」

みほ「隣のベット空いてる」

みほ「これじゃ個室だよ…」

みほ「…」

みほ「とりあえずお母さんに連絡しなきゃ」

お母さんへ

入院しました、明後日までに良くならないと手術をするそうです。

今までの自分の素行が原因でこんな事になってしまいました、ごめんなさい。

みほ「…こんな感じで良いかな?」

ピッ

ヴーヴー

みほ「返信きた」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:13:35.03 ID:HMtF8lKo0

差出人 母



まっほ
なにかあつたのか情報をおしえてください
どこの美容院ですか?
名前と場所とでんは晩御飯を教えてくま歳


みほ「……」

みほ「なにこれ?」



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:15:31.66 ID:sMSx17MGO

しぽりん…



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:15:48.99 ID:HMtF8lKo0




数分後

コンコン

おばちゃん医師「失礼するわねぇ」

みほ「あ…どうぞ」

おばちゃん医師「西住さんにこれ渡しとくわねぇ」

q

みほ(なにこの…棒の先に網目が細かいザルが付いてるスティック)

おばちゃん医師「おしっこと一緒に出てくる石が流さないように…おしっこするときはこう!、こんな感じで!」

がに股スタイル

おばちゃん医師「…こんな感じでザルにおしっこしてね」

みほ「は…はぁ」

おばちゃん医師「それとこれ!」

いろはす2本

おばちゃん医師「もしかしたらね水運動療法をすれば石が出るかもしれないの」

みほ「水運動療法?」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:24:20.41 ID:HMtF8lKo0



おばちゃん医師「痛み止めを飲んだ後にね、お水をたくさん飲んでそのあと上下に跳ねる運動をするの」

おばちゃん医師「そうすると石がゆっくりと下まで下がってきてぽろんと膀胱に落ちてくるのよ」

みほ「へぇ~」

おばちゃん医師「水を飲むときは無理して飲んじゃダメよ吐いちゃうから、それと吐き気があるときに飲むのもだめ、吐いちゃうから」

おばちゃん医師「あ、いけそうだな。じゃダメよ、絶対行ける!ってときに飲みなさい」

みほ「は~い…」

おばちゃん医師「それじゃあ私はこれで失礼するね、何かあったらそこのナースコールを押してちょうだいね」

みほ「了解です…」



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:28:16.03 ID:HMtF8lKo0

コンコン

優花里「あのー…大丈夫ですか西住殿」

痛み『大丈夫ですか西住殿!』

みほ「優花里さん!」

みほ「うん…なんとか…おちつい…」

ドクン…

みほ「…ん?」

痛み止め『もうだめだ、撤退しろ~!』

痛み止め2『了解ですぅ!』

ドクンドクンドクン!!

みほ「うん?」

痛み『ひさしぶり!』

みほ「あっ…あ…」

優花里「西住殿?」

痛み『またあったね』

みほ「ん?うんうんうん??」

みほ「うん」

みほ「」

ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:29:46.50 ID:HMtF8lKo0



みほ「あ…あああ…」ズキズキズキズキ

優花里「どうされました西住殿?」

みほ「」ズキズキズキズキ

みほ「あんぎゃぁあああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

優花里「」

みほ(痛い痛い痛い!今までで1番痛い!!…なんで?痛み止め飲んだのに!…痛み止めが…効いていない…、効いてないんじゃなくて痛み止めが効かないくらい痛いんだこれ!!)

ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:31:31.49 ID:HMtF8lKo0


みほ「おごっ?!おっおっおっ…?」ガダガダ

みほ「おっほっほ…おっほっほ♪」

優花里「西住殿!西住殿!」

みほ「ゆ…かり、さん…な…す」ガダガダ

優花里「ナスですか、持ってきますか!?」

みほ「ちっが…なっす…ナース…こー…る」ガダガダ

ポチ



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:36:10.12 ID:HMtF8lKo0




30秒くらい後

ダダダダダダダダ!

バァン!

医師「大丈夫西住さん!?」

おばちゃん医師「どうしたの!?」

みほ「はっはっはっはっはっ」

おばちゃん医師「んまぁ大変!」

みほ「せんせ…いたみどめ…効いていない…」パクパク

優花里(コイみたいです…)

医師「あー…ナースさん痛み止め持ってきて座薬タイプのやつ!」

みほ()

優花里「え。」

ナース「持ってきました!」

医師「ありがと、西住さんズボン脱げる?」

みほ「む…むりです」



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:37:03.81 ID:HMtF8lKo0


おばちゃん医師「私が脱がすわよ!」

ナース「座薬タイプ持ってきました!」

おばちゃん医師「ありがと、あとは任せなさい!」

医師「すみませんお願いします!」

優花里「私が脱がしますぅ!」

医師「君は部屋から出てって!」

優花里「はぃぃ…」

ズル…

みほ(あ…脱がされた…)

ニュル…

みほ(あ…入った)

みほ(……)

みほ(あ…)

みほ(そうだった…)



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:38:12.24 ID:HMtF8lKo0






みほ(…バイバイ…私のあ○るヴァージン…)







52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 13:42:15.27 ID:HMtF8lKo0



LIN〇「通知だよぉ」

沙織「ゆかりんから連絡きたよ!」

麻子「なんて書いてあるんだ?」

沙織「西住殿の………アナ○処女が散った…だって」

麻子「いやおかしいだろう」

華「あの~…、この書き込みは…大洗チームのグループじゃなくて連合チームのグループですから…他の学校の方にも見られますよね…」

沙織「あ…」

麻子「御愁傷様だな…」




73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:58:21.47 ID:KhquQ3FO0



数分後

痛み『お疲れ様でしたぁ~』

みほ「あ…あ…あ…」ピクピク

コンコン

優花里「あの…大丈夫ですか西住殿…」

みほ「うん…大丈夫…大丈夫…ははは」

優花里(今のお姿は…大丈夫そうには見えません…)

優花里「お水…飲めますか…?」

みほ「ありがとう…叫んでたから喉渇いちゃった…」

ゴックンチョ


???「通ります!」

喉「貴様、何者だ!」

???「ゲップです」

喉「よし、通れ」



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:59:29.63 ID:KhquQ3FO0

みほ「うっぎゅ…」

優花里「あ…」

みほ「エッバァァァァァア!!」

優花里「ゴミ箱ですぅ!!」

ベシャベシャベシャ!!

みほ「…」

優花里「…」

みほ「はぁ…はぁ…」

みほ「ごめん優花里さん…トイレ行ってくるね…」

優花里「西住殿…」

ブーブー

優花里「とりあえず沙織さんに連絡しておきますか…」

優花里「ん…何ですかこの大量のつう…ち…」

優花里「あ…ああ…あ…」

優花里「ここはひとまず撤退ですぅ、カメさんチームから頂いたお土産を置いておいて…」

優花里「………」

優花里「今から遺書の内容考えておきますか…」



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:01:25.59 ID:KhquQ3FO0

トイレ内

みほ「はー…はー…はー…」

みほ「うっ…おぇぇ…」

おばちゃん医師『絶対に行ける!ってときに飲みなさい』

みほ(ちゃんと忠告通りにしておけばよかった…)

みほ「はぁ…」

みほ「うっ…うっ…」

みほ「なんで私病院にいんだろ」ポロポロ

ジャバジャバジャバ

みほ「なんで…がに股スタイルでおしっこしてんだろ…」ポロポロ

ジョロジョロジョロ

みほ「なんでおしっこがトマトジュースみたいな色をしてるんだろ」ポロポロ

ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ

みほ「なんで心と体が痛いんだろ」ポロポロ



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:03:20.84 ID:KhquQ3FO0

みほ「なんで…なんでこんな目に…ん?」

カランカラン

みほ「あっ…」ポロポロ



オギャー…

オギャー…

オギャー…

小型結石「ホギャー!ホギャー!ホギャー!」


みほ「あはは…」


みほ「なんで…」


みほ「なんで、小石から赤ちゃんの声が聞こえてくるんだろ…」ポロポロ



84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:25:27.50 ID:KhquQ3FO0


おばちゃん医師「まぁ、石が出たのね!」

みほ「えへへ、死ぬかと思いました…」

おばちゃん医師「大丈夫よ、私達はあなたを死なせたりはしないわよ」

みほ(……)ジーン

おば医師「今から結石の性質を検査をするから一時この子を預かるわ、それと手術の前に血液を調べるから、採血室まで運ぶわね」

ナース「預かりますね~」

みほ「は。はい…」

小石結石『バイバイおかーさん…』

みほ「あ…」ポロポロ

おばちゃん医師「あら…また痛くなってきちゃった?」

みほ「だ…大丈夫です…目に埃が入っちゃって」

おばちゃん医師「そう…痛くなったらすぐに言ってちょうだいね!」

みほ「もう…ずっと痛いですよ」

おばちゃん医師「そうだったわね!」



あはははは!



みほ(優花里さん待たせちゃって悪いなぁ…、後で待たせてごめんなさいって謝らなきゃ…)



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:34:01.47 ID:KhquQ3FO0


採血室

おばちゃん医師「着いたわよ~」

おばちゃん医師「この台に腕を乗っけてちょうだいね」

みほ「はい…」

みほ(あれ…注射が怖くない)

おばちゃん医師「アルコールで消毒して…はい…20秒ほど待ってねー」

ブツリ

みほ(ん……)

みほ(注射…全然痛くないや…)




86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:36:07.42 ID:KhquQ3FO0

回想

みほ(5歳)「インフルエンザの予防接種なんてやだぁー!」

まほ(6歳)「みほ…」

しほ「病院内で叫んじゃダメよ、もう…お姉ちゃんが先に注射したら私もやるって言ったじゃない」

みほ「痛いからやだあぁぁぁ!」

しほ「あなたまだ注射受けたことないじゃない…もう…困ったわねぇ…」

まほ「みほ…」

みほ「やだやだやだ!」

まほ「みほ!」

みほ「うっうっ…」

まほ「大丈夫だ、あまり痛くなかったぞ…、それとこのカードもあげるから」

みほ「え、いいの!?」

しほ「あら、あなたそのカード気に入ってたじゃない」

まほ「カードを上げるよりもみほが病気になる方が悲しい…」

しほ「まぁ…」

みほ「うっ…うっ…」

おばちゃん医師「みほちゃーん、大丈夫?」

みほ「うん…頑張る」

回想終了



88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:38:46.29 ID:KhquQ3FO0


みほ(その時カード握りながら注射やったらか…カードがしわくちゃになっちゃったんだよね…)

みほ(懐かしいなぁ…)

コンコン


おばちゃん医師「はぁいどうぞ」

医師「失礼します」

医師「西住さん、1番小さい石を調べたところ…」

医師「結石の性質が硬すぎて体外衝撃波結石破壊は不可能と判断しました」

おばちゃん医師「あらまぁ…」

みほ「…」

医師「理由は…発達途中の女性に対して…、内臓に負担をかける体外衝撃波結石破壊は避けるべきだとのこと…」

みほ「…」

おばちゃん医師「じゃあ…TULになるんですか…?」

医師「そうなりますね…」



89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:40:03.16 ID:KhquQ3FO0


みほ「TUL…?」

みほ「え…お腹切って取るとかそんなやつですか?」

おばちゃん医師「お腹を切ったりなんてなんてしないわ、TULはね、経尿道的尿管砕石術と言って、細~い管と細~い内視鏡(細径軟性尿管鏡)を尿道からいれて尿管を塞いじゃってる結石の場所まで入れるの」

みほ「はぁ…」

おばちゃん医師「それでカメラを見ながらホルミウムヤグレーザーでを石を粉砕するのよ、そのあとバスケットカテーテルで砕けた石を回収するの!」

みほ「はぃ…」

おばちゃん医師「大丈夫心配しなくてもいいわ、内臓に負担をかけず安全性が凄く高い手術だから」

医師「明日の朝…11時30分から手術を行うので今から食事は摂らないでください、飲み物は…基本これと言った規制はありませんから」



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:40:44.56 ID:KhquQ3FO0

おばちゃん医師「西住ちゃんも大変よね、お姉ちゃんも同じように結石で入院中なんでしょ?」

みほ「はい…」

みほ「………えっ!?」

みほ「えっ…、へぇ!?」

おばちゃん医師「あら聞いてなかったの?」

みほ「はい、初耳です…」



91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:42:54.48 ID:KhquQ3FO0

おばちゃん医師「黒森峰にいる私のお姉ちゃんは私と同じように病院に勤めてるのよ」

医師(プライバシーどうなってるのよ)

おばちゃん医師「それで昨日の夕方ね、西住まほちゃんが戦車で病院に駆け込んできたんだって、私のお姉ちゃん写真送ってくれたわよ」

ピピピ

おばちゃん医師「ほらこれ」

みほ(……)

みほ(確かに…)

みほ(確かにお姉ちゃんがいる…)

みほ(汗だくで髪が乱れているエリカさんに肩で担がれたお姉ちゃんが…写真に写ってる…)

おばちゃん医師「あやらだ、こう言うのあまりベラベラ喋ったりしちゃいけないのよね、忘れてちょうだいね!」

みほ「あはは…」



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:10:27.15 ID:KhquQ3FO0

病室

みほ「ごめんね優花里さん…待たせ…」

シーン…

みほ「あ…帰っちゃったのね…」

時計「21:46分だよ」

みほ「もう…こんな時間かぁ…」

みほ「優花里さんには本当に悪いことしたなぁ…」

みほ「…」

ズキズキ

みほ「…石が出ても…痛みは変わらないや…」



107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:11:09.55 ID:KhquQ3FO0

ガサ…

みほ「…?」

みほ「なにこれ…手紙と小箱?」

カラカラ

みほ(中に何か入ってる…)

ペラペラ

みほ「手紙は…河嶋先輩からだ…ふんふん」

みほ「…」



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:12:24.60 ID:KhquQ3FO0


みほ「西住へ、先ほどは悪いことをしたな」

みほ「お前が体調不良だってことを知らずにお前に負担をかけてしまった私は大馬鹿だ」

みほ(今更自覚されても…)

みほ「会長と柚子と一緒にお前の好物を調べて小箱に入れておいた、良かったら食べてくれ…へぇ」

みほ「」チラッ

小箱

みほ「」ブンブン

小箱「カラカラ」

みほ「……」

みほ「」にへぇ

みほ(河嶋先輩もいいところあるじゃんけ…)

小箱「カパ」

おやつカルパス×1

みほ「……」

みほ「………は?」

ブンブン

小箱「もう何もないです」

みほ「………」

みほ「……はぁ~…」

みほ「あいつほんまにやってやろうかな…」




110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:16:49.91 ID:KhquQ3FO0

まほ「痛い…痛い…いた~い…」

エリカ「それだけ喋れたら大丈夫ですよ」

まほ「痛いんだ…死にそうなくらい痛いんだ…」

エリカ「死にはしませんよ」

まほ「エリカ…、エリカ…私の最後のお願いだ…」

エリカ(最後って…)

まほ「カレーパンを買ってきてくれないか…、お金は渡すから…」

エリカ「無理ですよ…明日手術じゃないですか」

まほ「だって…」

エリカ「だってもこってもありませんよ、お医者様から聞きましたよ、普段の暴飲暴食が原因でお腹に石が出来たことを」

まほ「だって…美味しかったんだもん」

エリカ「ダメですよ、言い付けは守らないと」



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:18:09.62 ID:KhquQ3FO0

まほ「一生のお願いだ…カレーパンを食べれば元気になれるんだ…私はまた羽ばたけるんだ…」

エリカ「……、先ほどきた家元の対応で一生のお願い使ったじゃないですか、自分で言ったこと覚えてます?」

まほ「わからないもん。覚えてないもん」

エリカ(もんて…)

エリカ「ここにボイスレコーダーがありますからよく聞いてください」

エリカ「ちょっ、コラァ!、耳塞がないでくださいよ!」



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:18:49.70 ID:KhquQ3FO0

ぴっ

ボイスレコーダー「エリカ…エリカたのむ…一生のお願いだ…」

ボイスレコーダー「お母様に普段の悪食がばれたら本当にころころされちゃう、今日が私の命日になってしまう…」

ボイスレコーダー「隊長、冗談喋れたら大丈夫ですよ」

ボイスレコーダー「本当の本当にお願いだ…、エリカ…医者に変装してお母様に娘は盲腸だったと説明してくれ」

ボイスレコーダー「いやですよ、絶対にバレますって!」

ブツリ



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:25:17.25 ID:KhquQ3FO0


まほ「……」

エリカ「隊長があまりにも不憫だったから私も一肌脱ぎましたよ、えぇ」

エリカ「あのですね…今日が今日なので言っておきますけどね、昨日今日だけじゃないんですよ、隊長が使った一生のお願いは…」

ガサガサ

まほ「なんだ…そのノートは…」

ノート「西住まほ一生のお願い語録」

まほ「なんだ…そのタイトルは…」

エリカ「隊長が今までに言った一生のお願いを書きまとめたものですよ!」

まほ「記憶にないぞ…いたたた…」

エリカ「痛がってもダメですよ」

まほ「う…っ…うっ…」

エリカ「嘘泣きしたってダメなんですよ…」



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:26:47.67 ID:KhquQ3FO0


まほ「なんで私がこんな目に…なんで…」

エリカ「練習終わりに毎回毎回反省会という名の飲み会続けたらこうなりますよ、いつも言ってましたよね、ノンアルコールだから大丈夫大丈夫って」

エリカ「これが結果ですよ!」

まほ「ひぃぃ…!」

エリカ「ひぃぃじゃないですよ、いつもいつもあなたは…」

エリカ「戦車道のときは真面目なのに…なんでこうなるんですか…」ボリボリ

まほ「エリカ…頭を掻くのは良くないぞ…」

エリカ「誰のせいだと…」

まほ「ひぃぃ!」

エリカ「忘れてませんからね、大学選抜戦の第56回の反省会で赤星と直下の頭にビールぶっかけて…逆上した2人に全裸にされてリンチされたの、私が2人をなだめなかったら黒森峰を全裸で徘徊するはめになってたんですからね」

まほ「そのことについては…謝ったじゃないか!」

エリカ「その次の日赤星と直下に灰皿ビールかましてリンチされた件、まだ謝ってませんよね、私にも、赤星と直下にも!」

まほ「ひぃぃぃいひぃぃい!」

エリカ「こっ…こいつ…」



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:47:53.50 ID:KhquQ3FO0


エリカ「まぁグダグダしましたけどカレーパンは諦めてください」

まほ「けち、ケチ見エリカ」

エリカ「………」

まほ「ひぃぃ!、睨まないでひぃぃ!」

エリカ「…はぁぁ…じゃあ私は帰りますから、明日の手術に備えて早く寝てくださいね…」

まほ「え…?」

エリカ「…?」

まほ「エリカ……帰るのか?」

エリカ「はい、帰るに決まってるじゃないですか」

まほ「私は夜の病室に独りきりなんて嫌だぞ…」

エリカ「……」

シュッシュッ!

まほ「ひぃぃ!シャドーボクシングするのやめてぇぇぇ!」

まほ「わがっだ…わだしも妥協しよう」

エリカ(泣き始めたよ)

まほ「私が寝るまで…手を繋いでくれないか…」



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:50:31.09 ID:KhquQ3FO0

エリカ(………)

まほ「さぁエリカ…手を出すんだ…」

エリカ(………)

エリカ「早く寝てくださいね…」


数時間後

エリカ「隊長…寝ましたか…?」

まほ「すぅ…すぅ…」

エリカ「よし…寝たか…」

エリカ(途中永眠させてやろうかと思ったけど、この寝顔をみたらそうは言えないわよね…)

まほ「すぅ…すぅ…」

エリカ(私もいつか母になるのかぁ…大変そうだなぁ…)

まほ「すぅ…すぅ…」



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:54:33.06 ID:KhquQ3FO0




時計「0:46分よ」

エリカ「もう家には帰れないわね…この時間で漫画喫茶空いてるかしら…」

携帯「ブーブー」

エリカ「だれよ、こんな夜遅くに…」

携帯「着信中:西住まほ」

エリカ「………」



121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:55:42.76 ID:KhquQ3FO0


ピッ

携帯「エリカぁ!、助けてくれ!」

携帯「おばけが!おばけが!」

携帯「ぁあああああああああああ!」

エリカ「チッ…」

ブツリ

携帯「ブーブーブー!」

携帯「着信中:西住まほ」

携帯「ブーブーブーブーブー!」

携帯「ブーブーブーブーブーブー!」

エリカ「長いなぁ…」

ピッ



123:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:56:18.12 ID:KhquQ3FO0


携帯「切るなぁぁぁあ!」

携帯「ばかぁぁぁぁぁぁあ!」

携帯「なんで早く出ないんだぁああああ!」

エリカ「隊長…」

エリカ「…今から引き返しますから待っていてくださいね…」

携帯「う゛ん゛!!!」

ピッ

エリカ「はぁ…」

エリカ「永眠させてやるかぁ…」




134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:19:25.02 ID:XqwMCK6l0



エリカ「そのせいで私は寝不足よ…」

みほ「ごめんなさい…姉が粗相をしまして…」

エリカ「別にみほに謝ってほしいわけじゃないのよ、助けてほしいの」

みほ「え…?」

みほ「何かあったんですか?」

エリカ「一昨日隊長が緊急入院してね、今から手術を受けさせなきゃいけないの、最初はしっかりしてたんだけど手術の説明を聞いた途端ベットの足にしがみついて離れなくなったのよ」

みほ「………」

みほ「………はぇ…?」



135:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:20:33.14 ID:XqwMCK6l0


電話越し

医師「離れてくださいよ!

まほ「いやだぁぁぁぁあ!やぁぁぁぁあ!」

医師「離れてください!、貴女の後に他の患者様が待ってるんですよ!」

まほ「絶対に嫌だぞ!、手術なんて受けないからな!」

まほ「私に少しでも触れてみろ!、セクハラでうっだえてやる!」

医者「ちょっ…お母様もなにか言ってくださいよ!」

エリカ「まほちゃん…お医者様困ってるわよ~…」

まほ「お゛ま゛え゛なんがお゛があざんじゃないもん!!」

エリカ(こいつ…)



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:23:29.15 ID:XqwMCK6l0



みほ「はぁ…」

エリカ「私もたくさん溜め息吐いたわよ…さっきからこんな感じなのよ、良い案教えて頂戴よ、一応あなたのお姉ちゃんでしょ」

まほ「一応ってなんだ聞こえたぞエリカ…電話相手はみほなのか!!?」

エリカ「だったらどうするんですか…」

まほ「みほぉ助けてくれ、助けてくれ!」

エリカ「うるっさいわね!今話し中よ!」

まほ「ひぃぃぃいこわぃいいい!」

みほ「……」

みほ「あー…」

みほ「ありましたね、一つ効果があるやつ」



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:26:31.95 ID:XqwMCK6l0


エリカ「教えて頂戴!」

みほ「みんなで無視してください、お姉ちゃんが何をしても何を叫んでも何をねだっても絶対に反応しないでください」

エリカ「……」

エリカ(そんな…犬じゃないんだから…)

みほ「お医者様に説明するので変わってください」

まほ「やだぁぁぁ!やだぁぁぁ!」

エリカ「すいません…こちら…変わって頂けないでしょうか…」

医師「は…はぁ…」

まほ「お゛お゛お゛お゛お゛!」

医師「もしもし…お電話変わりました、まほさんの担当医の〇〇です、はい…はい…はい…はぃ?」

医師「そんな…犬じゃないんだから…」

医師「はい…一応やってみます…、失礼します…」







138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:27:24.43 ID:XqwMCK6l0



まほ「やだあぁあああ!やだぁぁぁあああ!」

エリカ「………」

医師「………」

1分後

まほ「………やぁあ!やぁぁあ!」

エリカ「………」

医師「…………」

3分後

まほ「…ぁっ……ぁ」

エリカ「………」

医師「…………」

5分後

まほ「……ぁの…」

まほ「…………」

まほ「………手術…受けます」

携帯「作戦成功、ありがとう、ありがとう」

みほ「ははは…」




139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:29:15.22 ID:XqwMCK6l0



11:00

コンコン

医師「失礼します」

おばちゃん医師「しつれいするわぁ」

おばちゃん医師「昨日は寝れたかしら?」

みほ「いえ…お腹が痛くて少ししか寝れませんでした…」

おばちゃん医師「その痛みとも今日でお別れよ!」

みほ「…ははは」

医師「今からTUL(経尿道的尿管砕石術)の説明します、まぁ、昨日の補足みたいなものです」

医師「血液検査をしたところ麻酔に拒絶反応は出ませんでした」

医師「手術前に脊椎麻酔をした後に尿道から膀胱…尿管までカテーテルを通します、そのあと極細ワイヤーを結石真下まで送ります。」

医師「そのワイヤーに沿って体内と結石を観察する内視鏡(細径軟性尿管鏡)を挿入します」



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:34:05.22 ID:XqwMCK6l0


みほ「…」

医師「結石の確認ができたら尿管をカテーテルバルーンで少しずつ拡張して尿管を広げます、この行程のあと、レーザーと衝撃で結石を細かくして少しずつ取り出します」

医師「最後に尿管に傷がないことを確認して一時的にカテーテルを留置し手術が終わります」

みほ「はぁ…わかりやすいですね…」

おばちゃん医師「いれて見つけて砕いてじょば~よ」

みほ「はぁ~」

おばちゃん医師「手術はだいたい1~3時間で終わるわね」

医師「手術後に血尿や痛みがなくなったらその翌日に歩行、食事が開始できますよ」

みほ「わぁ~」

おばちゃん医師「ちゃんとバランスよく食べるのよ、一汁三菜長寿の元よ!」

みほ「はい…これからは…気をつけます…」

おばちゃん医師「よし!」

おばちゃん医師「それとこの同意書にサインをお願いしたいわ」

みほ「…」

みほ(…あれ…)

みほ(もう保護者印にサインがしてある)

みほ「これって…」

医師「先ほどお母様がお見えになりまして、その時にいただきました」

おばちゃん医師「きれいなお母様だったわねぇ~、あなたの寝顔を見た後直ぐに帰っちゃったけど」

みほ(………)

医師「では、25分後に迎えに行きますので…それまで休んでいてください」

おばちゃん医師「ばいちゃ!」

みほ「…ははは…」



151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:34:34.68 ID:XqwMCK6l0

数分後


優花里「しつれいしますぅ…」

みほ「あ、優花里さん!」

優花里「西住殿…、体の調子は…その…大丈夫ですかぁ…?」

みほ「うん、3個のうち1個でたから少し楽になったよ!」

優花里「そ、そうなんですか!、それは良かったですぅ!」

みほ「……」

優花里「西住殿?」

みほ「私ね…この後すぐ…手術をするの…」

優花里「!」

みほ「それでね…」

みほ「その…」

みほ「優花里さんに…その…」

みほ「言いたかったことがあるの!!」




152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:37:52.42 ID:XqwMCK6l0

優花里(やっぱりばれてましたぁ!!)

みほ「今までは…ずーっと、怖かった、昨日なんて…不安と痛みに襲われて…怖くて死にそうだった…、死んじゃうかと思った…」

優花里(…………あれ?)

みほ「でも…、でも…優花里さんが側にいてくれたから…負けずに…前に進むことができた…」

優花里「………」

みほ「あの…優花里さんが良ければ…手…握っていてくれないかな…」

優花里「はい…」

みほ「私…優花里さんと友達になれて良かった…」

優花里「…私もです…」

優花里「私も同じ気持ちです…西住殿…」

みほ「優花里さん…」

みほ「今はみほって呼んで…」

優花里「……!」

優花里「…み…」

優花里「みほ…」

みほ「もう一回…」

優花里「みほ!」

みほ「最後の一回!」

優花里「みほ!!」

みほ「最後の最後!」

優花里「みほ!!!」

みほ「やあ~ん///」

おばちゃん医師「……」

おばちゃん医師「あの…」

おばちゃん医師「盛り上がってるとこ悪いけど」

おばちゃん医師「もう時間よ…」

みほ「はい…///」

優花里「失礼しますぅ…///」




154:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:39:06.46 ID:XqwMCK6l0



廊下

ブーブーブー

優花里「昨日から通知がやばいであります…」

優花里「特に…プラウダのカチューシャさんからの通知がやばいであります…」

優花里「…」

優花里「どうせばれるんだし…かけてみますか」



ガチャ!

優花里「はやぁ!」

カチューシャ「なにがはやぁよ!遅すぎるわぁ!」

優花里「どうかしましたかぁ…?」

カチューシャ「どうかしましたかぁ…?ですって…あんた…とんでもないこと仕出かしてくれたわねぇ!!」



155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:39:51.62 ID:XqwMCK6l0

カチューシャ「あんた自分が何したのか覚えてないの!?」

優花里「はぃ…?」

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

カチューシャ「ねぇ!聞こえる、このドアノブをひねる音!」

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

優花里「凄いですねぇ…」

カチューシャ「この音はねぇ!、ノンナがねぇ!」

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

カチューシャ「私のア○ルバージン奪おうと必死にドアノブをひねってる音なのよ!」

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

優花里「なんでまた…そんな目に…」



156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:41:15.95 ID:XqwMCK6l0


カチューシャ「エキシビションの時に言ったのよ!みほーシャにできることは私にも出来るって」

カチューシャ「あんたが西住殿のア○ルバージンが散ったなんて書き込んだからノンナが閃いちゃったのよっ!!!」

カチューシャ「その結果がこれよ!」

優花里「自分の言ったことじゃないですか、自業自得ですぅ…」

カチューシャ「理不尽すぎるわぁ!」

カチューシャ「あのねぇ!このままじゃ地吹雪のカチューシャが痔のカチューシャになっちゃうの、大変なの!」

優花里「ははははは!」

カチューシャ「笑ってんじゃないわよ!」



159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:43:04.04 ID:XqwMCK6l0

カチューシャ「昨日の夜からよ!昨日の夜からずーっとトイレで粘ってるのよ私は!」

カチューシャ「時間差でね、ノンナがコインを使って鍵開けてくるから私必死にカギを摘んでるの!ずーっとよ!ずーっと!、もう右手プルプルなの!」

カチューシャ「想像してみなさい!、トイレの前でノンナが必死にドアをこじ開けようとしている姿を!!」

カチューシャ「恐怖以外の何物でもないわよ!!」

カチューシャ「ニーナとアリーナがいなかったらトイレに入る前にやられてたわよ!」

カチューシャ「カチューシャね!昨日から何も食べてないの!あんたわかる?、カチューシャのこの気持ち!!?」

優花里「ピロシキ~~!!!」

カチューシャ「うっがぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!」



162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:46:13.24 ID:XqwMCK6l0



ドンドンドンドンドンドンドンドン

ガチャンガチャン!

カチューシャ「」

優花里(あ…携帯落としたな)

ノンナ「カチューシャ…開けてください」

カチューシャ「ひぃぃいい!!!」

ノンナ「私はカチューシャのア○ルヴァージンを諦めます…さぁランチにしましょう…」

ノンナ「さぁ…早く…」

ガチャガチャ「はやく」ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ「はやく」ガチャガチャガチャ「はやく」ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ「はやく」ガチャガチャガチャガチャ

カチューシャ「ぴぃぃぃぃぃ!ひいぃぃぃい!」



163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:48:35.34 ID:XqwMCK6l0



カチューシャ「嘘よ!絶対に嘘よ!」

カチューシャ「今まで何十時間も私を強○しようとした人間がいきなり一緒にランチを食べようって言って…その言葉を信じれる人間がこの世にいると思う!?」

カチューシャ「私はいないと断言するわ!」

ノンナ「ちっ…!!」

バァン!!!

ノンナ「失礼します…カチューシャ…」

カチューシャ「あ…あ…」

カチューシャ「いやぁぁぁぁ、犯されるぅぅぅ、ランチにされちゃうぅ!!!」



166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:57:27.38 ID:XqwMCK6l0

ノンナ「さぁ、カチューシャ…」

ノンナ「今から神聖な儀式を行います…」

ノンナ「お腹の中の不純物質を体外に出すのでお尻をこっちに向けてください」

クラーラ「………」

カチューシャ「!!!」

カチューシャ「クラーラ!、命令よ、今すぐにカチューシャを助けなさい!」

クラーラ「…」

カチューシャ「クラーラ…?」

クラーラ「Разделить на равные…Катюша」

ノンナ「да」

カチューシャ「あーだめだ…ニュアンス的に平等に分けるって言ってるもん!」

カチューシャ「………、あ…」

クラーラ「カチューシャを…平等に分ける…」

ノンナ「はい…」

カチューシャ「…………」

しょぱぁ~

クラーラ「あぁもったいない…」

クラーラ「薬が…」

ノンナ「ええ…」

ノンナ「もったいないですよ…」

ノンナ「薬が…」

カチューシャ「え…なんで…」

カチューシャ「なんで…ストロー…取り出して…」

カチューシャ「え…あ…あ…ぁ…」

カチューシャ「あんぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!」

携帯「ぶっ…ぷーぷーぷー」

優花里「…」

優花里「あぁ…」

優花里「空が…綺麗であります」





173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 14:18:09.92 ID:XqwMCK6l0

手術前準備

みほ「………」

みほ「あの…これ…見られますよね…」

みほ「あそこ…」

みほ「その…」

みほ「おま…ん」

みほ「おま…ん…まん…見られますよね…」

おばちゃん医師「あぁ!お股のお饅頭?」

みほ「そう!」

みほ「お股のお饅頭!」

みほ「見られますよね!」

おばちゃん医師「えぇ…ガッツリみるわよ」

みほ「いや!いゃぁぁぁあ!」



174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 14:19:01.16 ID:XqwMCK6l0

おばちゃん医師「あー…やっぱりお股全開は恥ずかしいわよね…」

医師「下半身麻酔(脊椎麻酔)は意識ありますし…身体が動かないのでその…女性患者の多くは恥ずかしがりますよね…」

おばちゃん医師「いいじゃない、赤ちゃん産む時にもお饅頭見られるんだから」

みほ「………」

みほ(確かにそうだけど…)

おばちゃん医師「あなたのお母様もお饅頭を見られたのよあなたとお姉ちゃん産むときに」

みほ「………」

みほ「…………!!」

みほ「あぁ!、想像しちゃった!想像しちゃった!」

医師「手術前は皆さん変にテンション上がりますよね」

おばちゃん医師「毎回のことよね」



175:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 14:20:38.13 ID:XqwMCK6l0

みほ「いゃ~恥ずかしい…恥ずかしい…」

おばちゃん医師「あなた中々元気あるわね…大体の人はみんな泣いてるわよ」

医師「あの~…」

みほ「は…はい!」

医師「あ…西住さん、手術前にこれを履いてくれませんか」

ストッキング「やぁ」

みほ「なんですか…このストッキング」

おばちゃん医師「麻酔をすると血行が悪くなるのよ、そのせいで血管内に血栓が出来ちゃうの、その予防よ」

みほ「エコノミー症候群みたいなやつですか?」

おばちゃん医師「そうよ」

みほ(今絶対に適当に返事したよおばちゃん)



177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 15:14:02.25 ID:XqwMCK6l0


おばちゃん医師「それとお腹に違和感ない?」

みほ「………」

みほ(こう言う時ってあるって言った方が良いのかな…)

みほ「…」

みほ「少しありますね…」

医師「あ~…」

おばちゃん医師「なら今から浣腸するからトイレに行くわよ!」

みほ「………」

みほ(しにたくなってきた)



178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 15:15:52.42 ID:XqwMCK6l0

浣腸後

おばちゃん医師「あと剃るわよ」

みほ「……なにを剃るんですか」

おばちゃん医師「お饅頭の毛よ…」

みほ「……」

みほ「ぱい〇んになるんですか…?」

みほ「私…ぱい〇んになるんですか?」

おばちゃん医師「そうよ、感染症予防よ」

みほ「あなたが…私の毛を剃るんですか…?」

おばちゃん医師「私がやるんじゃないわよ、カミソリ渡すからシャワールームで剃ってきてね!」

カミソリ「よろしく」

みほ(………)

みほ(これで手首切ってやろうかな…)



180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 16:00:45.93 ID:XqwMCK6l0



病室

ベット

医師「麻酔入れますね…少し…だいぶかなりちくっとしますね~」

みほ(言い直したよ…)

ブッスゥゥゥゥ!!

みほ「いっだぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!」

優花里「みほ殿!」

みほ「痛いよ優花里さん…」

優花里「耐えてください…耐えて…」

みほ「…うっ…うっ…」



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 16:01:37.77 ID:XqwMCK6l0


医師「麻酔薬注入します」

ぼわぁぁぁぁあ~~ん

みほ「ん…」

みほ(なにこの感じ…お尻の周りが生暖かい…)

医師「数分待ちますね」

数分後

みほ(あ!)

みほ(凄い、足が動かない!)

みほ(指さえも動かない!)

医師「動きますか?」

みほ「無理です…」

医師「足を抓ってるんですけどわかりましたか?」

みほ「え!気がつきませんでした!」

医師「わかりました…、ストレッチャーに移します、ナースさん足お願いしますね」

ナース「は~い」

優花里「手伝いますか?」

おばちゃん医師「大丈夫よ」

おばちゃん医師「そぅらよっこいしょい!!」

ナース「失礼しまーす!」

医師「秋山さん、ありがとうございます、このあとは私達に任せてください」

優花里「は…はい!」



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 16:07:24.86 ID:XqwMCK6l0



手術室

医師「乗せますね~」

おばちゃん医師「どっこいしょ!」

ESWL「こんにちわ」

みほ「…」

みほ「なんか…すごい機械ですね…」

おばちゃん医師「この機械は結石をバッチリ写すのよ」

医師「西住さんからもモニターを見て何処に結石があるかがわかるので、宜しければ観察してみてください」

おばちゃん医師「貴重な体験よ!」

みほ「ははは…」



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 16:10:21.93 ID:XqwMCK6l0



数分後

おばちゃん医師「西住さんモニターになにが映ってるかわかる?」

みほ「……」

お饅頭『こんにちは、私』

みほ「その…」

みほ「私の…」

みほ「私のお饅頭が見えます」

みほ「その…私のお饅頭の穴からワイヤーが出てます…」

おばちゃん医師「今から内視鏡を入れるわよぉ~」

みほ「かぽぉ…」

お饅頭『あなたを受け入れるわ』

内視鏡『失礼します』



184:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 16:11:45.29 ID:XqwMCK6l0


みほ(ひぃっ…入ってくるぅ!入ってくるぅ!)

ずっぼり

みほ(入ったぁぁぁぁぁぁぁ!、ひぃ…なにも感じない!入っているのになにも感じない!)

みほ「」

みほ(…)

みほ(あ…)

みほ(私の体内…すっごいピンク…)



204:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:14:25.07 ID:Z22ZpTxS0

みほ「ん!?」

みほ「なんですかこれ!?」

医師「あ~、ありましたね、結石です」

おばちゃん医師「結構でかいですね…引っかかってます…」

医師「西住さんは尿管が少し狭いから、結構砕かなきゃ、レーザー準備して」

おばちゃん医師「はい」

ぱ ぱ ぱ ぱ ぱ ぱ

みほ「なんですかこの音?」

おばちゃん医師「これがパルスレーザーの音よ、細くなってるでしょう」

みほ「あぁ~…」

医師「鉗子」

おばちゃん医師「はい」

みほ「わぁ…何か入ってきた…」

おばちゃん医師「これで細かくなった石を救い出すのよ」

みほ「わぁ~…」



205:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:15:19.18 ID:Z22ZpTxS0


10分後

医師「いまからステントチューブを入れますね」

みほ「なんですかそれ」

おばちゃん医師「これはね尿管を保護するためのチューブよ」

みほ「へぇ~…」

医師「導尿用バルーン」

おばちゃん医師「はい」

みほ「なんですかそれ?」

おばちゃん医師「これはねハルンバック、簡単に言うと…おしっこを溜める袋におしっこを送るバルーンよ」

みほ「へぇ~」

医師「設置完了です」

医師「ふぅ…」

医師「手術終了です」

おばちゃん医師「お疲れ様、今から病室に運ぶわね」

みほ「はぁい…」

みほ「あ…」

みほ(なんだか眠くなってきた…)



206:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:19:04.57 ID:Z22ZpTxS0




みほ「爆睡しちゃった…よ…」

みほ「あれ…あ…確か手術が終わったあと寝ちゃったんだ…」

時計「23:17よ」

ナースコール「ぽちっ」

ダダダッ!!

おばちゃん医師「あら西住ちゃん起きたのね!」

みほ「はい…さっきまでぼーっとしちゃってて」

むくり…

おばちゃん医師「あー!あー!起きちゃダメよ!1日は寝てなさい!」

医師「明日歩けるようになりますのでそれまで横になっていてください」

医師「今起きると脊髄圧の影響で頭痛と吐き気に襲われます…明後日仮退院なので、それまで我慢してください」

みほ「はぁい…」

みほ「あ…」

みほ「その…ありがとうございました」

おばちゃん医師「いいのよ、退院してまでが入院だからもう一踏ん張りよ!!」

みほ「はい!」





207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:20:59.99 ID:Z22ZpTxS0


大洗女子学生 校門

みほ「一週間ぶりかぁ、懐かしく感じるなぁ…」

ひそひそ

大洗生徒「あれよね」

大洗生徒「あのしっきりしてそうな顔でねぇ…」

みほ「?」

ソド子「…おはよう西住さん」

みほ「おはようございます!」

パゾミ「あ…おはよう…」

ゴモヨ「…肛門やぶりが校門にきたよ…」

大洗生徒「んぐっふ…!!」

大洗生徒「んっくっ!」

パゾミ「ちょっとゴモヨ…!」

みほ「?」

ソド子「会長が生徒会室で待ってるから早く行った方が良いわよ」

みほ「あぁ~忘れてました!!」
A



211:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:50:15.08 ID:Z22ZpTxS0

下駄箱

みほ「な…」

みほ「なにこれ…」

みほ殿へ

退院おめでとうございます、
実はみほ殿に謝らなくてはいけないことがあります、それは入院1日目に座薬を入れましたよね、その事をL○INに呟きました、そしたら大変なことになりました、
いちどは死のうと思いましたが死ねませんでした、
私は貴女の前から消えます、さようなら。

秋山優花里より

みほ「………」

みほ「………はぁ?」

みほ「はぁ?はぁ?はぁ?」

ギリギリギリ

手紙「やめてちぎらないで!!」



212:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:52:31.81 ID:Z22ZpTxS0

大洗 お昼 生徒会室

みほ「ふんっ!ふんっ!ふんっ!」

バキャ!ベキィ!ベキィ!

桃「ひぃぃ!!痛いよ柚子ちゃ~ん!」

みほ「ざっ…けんなよ…!」

みほ「秋山もお前も!」

桃「ぴい!?」

みほ「おやつカルパスとかふざけんなよ!!」

みほ「せめて夕張メロンだろ!!!」

杏「大洗に夕張メロンはないよ」

みほ「なら…なら…!」

みほ「ならせめて…カラスミとかあるだろ!乾燥あん肝とか…もっとそう…しっかりしたやつがあるだろ!」

バシンペシン!

桃「ひぃぃぃぃぃぃぃ!おやつカルパス投げないで!!!」

グリグリグリ

桃「ぴぃぃぃぃぃ!鼻の中におやつカルパス入れないでぇ!」

桃「せめて袋は取ってぇぇぇぇ!!」



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:54:27.72 ID:Z22ZpTxS0


杏「西住ちゃ~ん、そろそろやめてあげたらぁ」

みほ「あぁん!?」

杏「…」ピキッ

杏「…は?」

杏「え…は?」

杏「今回の件は河嶋と秋山ちゃんの所為で西住ちゃんがイライラしているの、私知ってるよ」

杏「でも私にそんな態度取るのは間違ってるよねぇ」

みほ「あ…」

杏「西住ちゃん」

杏「私が持ってるボタンを押すとね、西住ちゃんの足元のパネルが外れるの」

杏「海までひゅーん」

みほ「」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

杏「ねぇ」

杏「サメの餌になりたいの?」

杏「ん?」

杏「聞いてんだよ」

みほ「」カタカタカタカタ

一同(((こわぁ…)))



214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:55:37.33 ID:Z22ZpTxS0


みほ「ご…ごめんなさい…」

杏「ん、まぁいいよ、それに私も秋山ちゃんが取った行動気にくわないし」

エルヴィン「そもそもグデーリアンはどこに行ったんだ…?」

おりょう「いきなり姿を見せなくなったぜよ…」

左衛門座「私…サンダースに短期転校したと聞いたぞ」

カエサル「転校じゃなくて亡命だろ…」

一同(((そうだよなぁ…!!)))

杏「まぁ、力は貸してあげるよ…」

杏「ね、武部ちゃん」

沙織「はい…」

華(沙織さんは…一体何を…?)

麻子(昼休みに生徒会室に行ってたからなんかしら事情は知ってるんだろう)



215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:00:33.52 ID:Z22ZpTxS0

ぷるるるる

沙織「もしもし、ケイさんですか?」

ケイ「あら沙織じゃない!、あなたから電話をかけてくるなんて珍しいじゃない!」

ケイ「どしたの~?」

沙織「ゆかりんを探しているんですけど、知っていますか?」

ケイ「ゆかりんってオッドボールでしょ?」

沙織「はい、そうです…」

ケイ「オッドボールならいまアリサと話しているわよ、かわる?」

沙織「いえ!大丈夫です!」

沙織「いましたよ」ボソリ

みほ「よし」

一同(((………)))

一同(((秋山さん、運ないなぁ~…)))



216:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:03:07.00 ID:Z22ZpTxS0

ケイ「ん~?」

ケイ「なによ?なんか訳ありね」

沙織「あー…」

沙織「その……来週の月曜日ゆかりんの誕生日なんですよ」

ケイ「あらそうなの、それはHappyね!」

沙織「それで…会長にゆかりんが何処にいるか聞いたらサンダースに短期転校した…って会長が言ったからみんなびっくりしちゃって、みんなでサプライズプレゼントを送りたいんですけど…ケイさんに手伝って欲しいなって…」

ケイ「そういうことなら全然OKよNOproblem!」

ケイ「黒船に乗ったつもりで来週の月曜日、楽しみにしてちょうだいね!」

ケイ「オッドボールをびっくりさせてあげるわ!」

沙織「はい…ご迷惑おかけします…はい、はい…あ、ありがとうございます!、失礼します」



217:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:04:28.54 ID:Z22ZpTxS0


ガチャ

沙織「これでいいんでしょ…」

みほ「ナイスです」

沙織「だったらもう河嶋先輩離しなさいよ、鼻にカルパス何本詰め込んだの…」

みほ「…6本」

桃「は…痛い…はっひっ…!」

ぱっ

桃「う…うぇ~ん」

桃「怖かったよ柚子ちゃ~ん」

桃「痛いよ柚子ちゃ~ん!」

柚子「今回も桃ちゃんが悪いと思うけどな…」

桃「ぞんなぁ~…」

丸山「………」

あゆみ「あぁ!?」

梓「こら沙希!鼻水まみれのカルパス食べようとしない!」

優希「あぁ口に入れちゃった…」

かりな「ぺっしなさいぺ!」

あや「バカが移っちゃうよ~」





218:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:07:16.19 ID:Z22ZpTxS0

杏「で、西住ちゃんはこれからはどうするの?」

杏「西住ちゃんだけでサンダースに行ったとしても秋山ちゃんなら感づいて逃げられちゃうと思うよ~」

みほ「………」

みほ「いまからプラウダに行ってきます」

みほ「カチューシャさんと作戦会議をします、そうすれば、あのモジャ毛を雑巾にすることができます…」

みほ「そうしなきゃいけないんだ…、それが地球のためなんだ…」

一同「………」

梓(狂っちゃった…西住隊長狂っちゃった!!)

杏「最後に一言言っておくけど」

みほ「はい…」

杏「憎しみは何も生まないからね」

みほ「……」

小型結石『バイバイ…おかーさん』

みほ「そんなの…」

みほ「そんなのとうの昔にわかってますよ」

杏「ん…」

みほ「それじゃあ…失礼します」




219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:09:57.24 ID:Z22ZpTxS0

プレゼントボックスの中です!!

カチューシャ「体が小さくてよかったわ…」

みほ「ははは…」

ガサガサ

みほ「あの…」

みほ「カチューシャさん…なんか…ズボンからガサガサ音が出てるんですけど…」

カチューシャ「そ…そそそ…そんな事ないわよ!」

カチューシャ「気のせいよ…気のせい…」

みほ「まさかオムツなんてつけて…」

カチューシャ「」ビクゥ!

みほ「あ…」



220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:11:15.53 ID:Z22ZpTxS0

回想

ダージリン「みほさんにできる事は貴女にもできるわよねカチューシャ」

カチューシャ「当然よ!」

プラウダ高校学園艦最下部

ノンナ「西住さんにできることは貴女にもできますよねカチューシャ…」

ブブブブブブブブブ!!!

カチューシャ「ぴぃぃぃぃぃ!ぴぃぃぃぃぃ!」

ノンナ「大丈夫…ニーナとアリーナで試しましたので…大丈夫です」



221:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:11:48.22 ID:Z22ZpTxS0


扉「バァン!」

ガシィ!

ニーナ「逃げてくだせぇカチューシャ様!」

アリーナ「私達が足止めしますから!!」

ノンナ「こいつら…足を…」

クラーラ「まだ喋れましたか…」

ずぶん!

ニーナ「うぐっ…」

グリグリグリ

ニーナ「あ…あひっ…」

パタリ…

アリーナ「ニーナぁぁぁぁ!!」

ずぶん!

アリーナ「うぐぅ!」

カチューシャ「あ…あ…あ…」

アリーナ「カチューシャ様…にげて…」

パタリ…



223:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:13:55.94 ID:Z22ZpTxS0


カチューシャ「ぴぃぃぃぃぃ!ぴぃぃぃぃぃ!」

たたた!!

ノンナ「逃がしません…」

ガシィ!!

カチューシャ「ひっ…ひいぃぃぃぃぃ!やだぁぁぁぁ!」

クラーラ「ノンナ、よくやりました、そのまま足を押さえててください!」

カチューシャ「ちょっとクラーラあんた日本語ペラペラじゃない!!!」

クラーラ「I don't speak Japanese…」

カチューシャ「こ、こいつ流暢な英語を!!」



224:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:14:52.88 ID:Z22ZpTxS0

ズルゥ

カチューシャ「ひいぃぃぃぃぃぃ!パンツ返してぇ!!!」

ノンナ「いまですクラーラ!!」

クラーラ「ア○ル行きます!!!」

カチューシャ「いやぁぁぁぁあ!!!」

ズボン!

カチューシャ「あんぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!」

回想終了



225:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:16:45.58 ID:Z22ZpTxS0


カチューシャ「」カタカタカタカタ

みほ「辛い思いをしたんですね…」

みほ「大丈夫です…ここには貴女を傷つける人間はいません…」

カチューシャ「ほんとよね…みほーシャはカチューシャのことをいじめないわよね…」

みほ「はい…、今から悪の根源を狩りに行きます」

カチューシャ「……」

カチューシャ「なんだか…怖いぞ…」

カチューシャ「みほーシャ…手をつないでくれないか…」

みほ「……ん」

みほ「はい…どうぞ」

カチューシャ「う…うん、暖かいな」

みほ(…)

みほ(私も子供を持ったら…こんな気持ちになるのかなぁ…)



239:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 11:06:11.26 ID:Z22ZpTxS0

サンダース高校 月曜日

優花里「何ですか?戦車倉庫で見せたいものがあるって…」

ケイ「それはついてからのお楽しみよ!」

優花里(なんか…嫌な予感がします…)

ケイ「その…オッドボールって、もうすぐ短期転校終わっちゃうじゃない?」

ナオミ「思い出作りみたいなものよ」

優花里「そ…そうでしたかぁ」

アリサ「喜びなさいよ、これだから田舎学校の人間は…」

優花里「ははは…」

優花里「嬉しいであります…」



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 11:13:56.19 ID:Z22ZpTxS0



優花里(忘れてましたぁ…そろそろ次の転校先決めなきゃなきゃ行けない時期あります…、どうしましょう…次は継続高校にしますか、継続高校の隊長はL○NEやってませんでしたし)

優花里(転校までにアメリカンライフを楽しめるだけ楽しみます!!)

優花里「ぐへへ…ぐへへ…!」

アリサ「不気味ね…」

ナオミ「ふふふ…」



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 11:14:53.92 ID:Z22ZpTxS0

サンダース戦車倉庫 夕方

ナオミ「着いたよ」

ケイ「これよ!」

木箱「じゃじゃ~ん」

優花里「おぉ!これはたくさんものが入りそうな木箱がありますぅ!」

アリサ「開けてみたら?、私も中身が気になるし」

優花里「うへへ…そうですね!」



242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 11:18:49.44 ID:Z22ZpTxS0


ぺりぺり

ケイ「大洗では誕生日パーティーやらないのかしら?」

ナオミ「日本で誕生日パーティーを開いたりみんなではしゃいだりするのは少数派らしいです」

アリサ「サンダースは特にはしゃぎますから…」

優花里「うへ…うへへ」

ぺりぺり

優花里「この板が最後ですぅ!!」

アリサ「もったいぶんないで早く開けなさいよ!」

優花里「はぃぃ!!」

ベルベリ

優花里「行きますよ!」

ガバァ!



243:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 11:25:07.65 ID:Z22ZpTxS0


カチューシャ&みほ「サプラーイズ!!!」

優花里「」

ケイ「ワァオ!」

カチューシャ&みほ「ピロシキ~!!!」

優花里「」

優花里「あ…ぁ…ぁ」

優花里「あんぎゃぁああああああ!」

カチューシャ「ピロシキ~!!」

優花里「ぴっ…ぴろっ?…ひっ…ひっ…ひぃぃぃぃぃぃぃ!!」

優花里「こはっ…!はっ…!はっ…!」

みほ「元気そうですね優花里さん!」

優花里「はっ…はっ…こはっ…はっ…なんで…」



244:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 11:27:10.78 ID:Z22ZpTxS0



優花里「なんで…なんで私の居場所が分かったんですか!?」

みほ「…」

みほ「最初はグ口リアーナ、次はアンツィオと各校を回りましたが…」

みほ「めんどくさくなったんで河嶋先輩をタコ殴りにしたら会長が教えてくれました」

みほ「優花里さん、河嶋先輩の次はあなたの番です」

優花里「ひ…ひぃぃぃぃ!」

カチューシャ「秋山ぁぁあ!」

カチューシャ「あんたのせいで!あんたのせいで!」

ベシンベシン!!

優花里「痛い!鞭は痛いです!」

カチューシャ「あんたのせいでねえ!、私を助けてくれたニーナとアリーナは2度とう○こが出来ねぇ体になっちゃったのよ!!」

優花里「ひぃ!ごめんなさい!」



245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 11:29:39.95 ID:Z22ZpTxS0


カチューシャ「許すわけないじゃない!!」

優花里「ごめんなさい!ごめんな…ってちょっと待ってくださいよ、ニーナさんとアリーナさんがう○こ出来ねぇ体になったのはノンナさんの所為じゃないですか!!」

アリサ「汚いなぁ…」

ナオミ「ははは!」

カチューシャ「なんてことを、おやびん!こいつうちの生徒に責任転換しましたぜ!!!」

みほ「こいつは許せねぇなぁ…」

優花里「いやいやいや!カチューシャさんノンナさんの名前聞いた瞬間からめっちゃ足震えてるじゃないですか!!」

優花里「あの電話のあとなにがあったんですか!?」

カチューシャ「その事は話すなぁ!!」

ペチンペチン!!

優花里「ひぃ痛い痛い!、鞭で叩かないで!」



247:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 11:30:59.16 ID:Z22ZpTxS0


みほ「秋山さぁ…」

優花里「みっ、みほ殿!助けてください!」

みほ「あんたさぁ…3人の人間の肛門を壊したんだってねぇ…」

カチューシャ「うっ…うぐっ…わだしど…ニーナと…アリーナ…」

カチューシャ「みほーシャ…みんなの仇をどっで…」

ケイ(おやびんは何だったの?)

アリサ(知りませんよ…)

みほ「そうだなぁ」スチャ…

サングラス装着

みほ「いくらだせるの…?」

優花里「あ…」

優花里(あ…これ…)ガタガタガタ

カチューシャ「ピ…」

カチューシャ「ピロシキ3ヶ月分」

みほ「うん…いいよ」

みほ「これはもう…ペナルティしかないねぇ…」

優花里「あ…あ…あ…」ガタガタガタガタガタ

優花里(悟りました…今の西住殿には…なにを言っても無駄であります…私のア○ル工場は本日をもって閉鎖であります…)



277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:03:03.69 ID:g75dAY8w0

優花里(ん…?)

優花里(確かに2vs1なら私は不利ですが、今目の前にいるのは病み上がりのサイコパスとまめちび女だけです)

優花里(私は腐っても装填手…日々の鍛錬は怠りませんでした!)

ガシッ!

カチューシャ「ピャア!」

みほ「あっこらお前何するんだ!!」

優花里「…今まで…」

優花里「今まで反抗せずに何もしませんでした!」

優花里「ところが…気がついてしまったんですよ…」

ペシンペシン

カチューシャ「ぴぃぃ!ぴぃぃ!ビンタしない゛でぇ゛」

優花里「はっはっはっ!君たち弱いんですよ!」

ナオミ「本性出したよあいつ」

アリサ「軍オタなんてみんなあんな感じですよ」

ケイ「それは偏見じゃない?」



278:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:04:46.98 ID:g75dAY8w0

みほ「優花里!やめるのです」

バチィ

みほ「ひっひぃぃ!」

優花里「病み上がりサイコパスとまめチビが私に勝てるとお思っちゃったんですか?」

優花里「ん?ん?」

ペチンッペチンッグリグリ

カチューシャ「ぴぃぃぴぃぃ!、指を鼻に入れないで!!せめて手袋とって!!」

優花里「あっはっはっはっは!!」

みほ「くっ…」

カチューシャ「カっ…カチューシャ様をなめるんじゃないわよ!!!」

ブンブンブン

優花里「ん、まめちびちゃん、手が届いていませんよ?」

グリグリ

カチューシャ「ひぃぃ!、鼻から…鼻からピロシキが出ちゃう!」



280:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:08:37.09 ID:g75dAY8w0

みほ「…さい」

優花里「すみません今カチューシャさん弄るので忙しいので黙っててくれませんか?」

カチューシャ「カチューシャを舐めるんじゃないわよ!」

グルングルングルングルングルングルン

カチューシャ「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」

グルングルン

みほ「ゆっ、優花里!、カチューシャさんをタオルみたいに振り回すのはやめなさい」

カチューシャ「う゛っう゛っ…お゛ぇ゛…」

優花里「やめて欲しければそれなりの態度を見せてくださいよ!」

みほ「!!!?」

優花里「日本語わからないんですかね?」

優花里「やめて欲しければねぇ!土下座するなり服を脱ぐなりしてくださいよ!」

グルングルングルングルン

カチューシャ「だずげで!」

扉「コンコン」

鍵「かかってますよ」



282:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:14:27.70 ID:g75dAY8w0

みほ&カチューシャ「あぁ…」

みほ「アリサさん開けてください!このままじゃカチューシャさんがスルメイカになってしまいます!!!」

アリサ「開けるわよ」

優花里「やめてください嫌な予感がします!」

バキャ

アリサ「ひっ…ひぃ!」

ねこにゃー「あ…あの…失礼します」

優花里「……」

ナオミ「んっふ…」

ケイ「ワァオすごい筋肉ね!」

アリサ「」

優花里「…」

パタリ

優花里(終わった…)



283:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:17:46.47 ID:g75dAY8w0

みほ「猫田先生そいつをやっちゃってください!」

カチューシャ「ウ○コできないくらいお尻をしばいてちょうだい!!」

ねこにゃー「うん、いいよ!」

優花里「」ハッ

優花里「ちょっちょっと待ってくださいよ!、そんな醤油とって、うんみたいなノリはやめてくださいよ!」

ねこにゃー「え?、なんでやっちゃいけないの?」

優花里「え?」

ねこにゃー「え?」

優花里「え?」

ねこにゃー「だって優花里さんはNPCなんでしょ?」

優花里(…へ?)

ねこにゃー「人間はやっちゃったら死んじゃうけど優花里さんはNPCだからやっちゃっても大丈夫って、西住さんが僕に教えてくれたんだ!」



284:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:18:30.08 ID:g75dAY8w0

優花里「……」

優花里「ひ…」

優花里「ひぃぃぃぃ!!」

優花里「ゲーム脳であります!」

優花里「バーチャルとリアルの世界の区別がわからない人間がいますぅ!!」

ねこにゃー「大丈夫だよ…死んだとしても西住さんが持ってる世○樹の葉で蘇れるよ」

優花里「…」

優花里「は…ははは…」

優花里(こ…ここ…ころされる…私はころされる…、パワー系のアレにころされますぅ!!!)



286:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:23:51.49 ID:g75dAY8w0


優花里「お願いします…!、お命だけは…お命だけは助けてください!!!」

みほ「命は奪わないよ、お尻には死んでもらうけど」

優花里「」チラ…

ねこにゃー「ふんっ!ふんっ!」

ケイ「ナオミ、あの子倒せる?」

ナオミ「無理」

優花里「」カタカタカタカタ

優花里「うっ…うぐっ…」

優花里「ふっ…ふぐぅぅぅ…」カタカタカタカタ

バチン!!

優花里「痛い!」

みほ「苦しんだふりをしたってダメなんです、優花里さんは今までした罰を受けなきゃダメなんです」

みほ「ね、カチューシャさん?」

カチューシャ「うん!」ニッコリ

優花里「はっはっ…はっ…」

みほ「確か優花里さんは死にたくても死に切れなかったんでしょ?」

みほ「今楽にしてあげます!」ニッコリ

優花里「あ…あ…こひっ…」

カチューシャ「さぁ秋山!お尻を出しなさい!」

みほ「猫田先生!こやつに思いっきりタイキックしてやってください!」

ねこにゃー「うん、一度だけ人を思いっきり蹴ってみたかったんだ…!」

優花里「」ガタガタガタガタ

ケイ「アリサ、これって因果応報って言うんでしょう?」

アリサ「自業自得とも言いますね」



289:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:29:03.48 ID:g75dAY8w0






優花里「お願いしま゛ずお尻をだすけでください!!」

みほ「なんでそんなに助かりたいんですか?」

優花里「こわいんです!!」

みほ「なんでそんなにウ○コしたいんですか?オムツで良いじゃないですか?」

優花里「ウ○コがしたいんです!オムツは嫌なんです!」

みほ「そんなにウ○コしたいんですか?」

優花里「ばい!、ウンゴがじたいん゛です゛!」

カチューシャ「ガチ泣きしてるじゃない」

アリサ「さすがに可哀想になってきたわ…」

みほ「もう一度だけ聞きます、ウ○コがしたいんですか?」

優花里「ばい゛!!」

みほ「じゃあここでウ○コしてください」

優花里「…」

優花里「ひゅっ……」



290:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 22:38:55.35 ID:g75dAY8w0



みほ「そんなにお尻のことを愛しているならここでウ○コ出来ますよね?」

優花里「…は…は…やぁぁ!」

バチン!

みほ「泣けば良いと思ってんじゃないわよ!!」

カチューシャ「これだからゆとりは」

アリサ(あんたがそれを言うのか…)

優花里「む…むりです…皆様の前でウ○コをするなんて私には出来ません…」

みほ「え?」

優花里「え?」

みほ「優花里さんウ○コする時何処でするの?」

優花里「トイレで…します…」

みほ「トイレでウ○コ出来るのになんでここじゃウ○コ出来ないの?」

優花里「……」

優花里「………あ゛ぁ…」

優花里(終わりです…私の人生は今日で終わりを迎えました…)





297:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 23:35:58.78 ID:g75dAY8w0

優花里「」カタカタカタカタ

優花里(ん?)

みほ「…」ブルブルブルブル

優花里「ん?ん?ん?」

カチューシャ「どうしたの...?みほーシャ?」



298:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 23:37:15.40 ID:g75dAY8w0


過去

おばちゃん医師「仮退院おめでとう!」

医師「おめでとうございます」

みほ「ありがとうございます!」

おばちゃん医師「けどまだ終わりじゃ無いわよ~」

みほ「…」

みほ「ふぇ?」

医師「まだ肝臓に石がありますからね、ウロカルン(結石が大きくなるのを防ぐ&結石を溶かす薬)とロワチン(結石の生成を防止、成長を止める薬)を飲んだからって石がなくなるわけではありませんし…」

おばちゃん医師「薬を飲んでも石が成長する人もいるのよ!」

みほ「…」

みほ(なんでこのおばちゃん…不安になるようなこと言うんだろう…)



299:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 23:40:13.13 ID:g75dAY8w0


医師「それと尿管ステントを挿入したままなので…激しい運動は絶対に…絶対にしないでください」

おばちゃん医師「来月の15日に抜くからそれまでは絶対安静よ!」

おばちゃん医師「それとね、あなた血液検査したわよね」

みほ「はい…手術前にしました」

医師「その時の結果なんですけど…その…尿酸の数値が異常に高いんですね…」

みほ「………」

みほ「はい…?」

医師「そんなに深くは考えないでください、しかし、結石ができた原因は食生活なので…食生活に気をつけて下さい、そうすれば尿酸値も下がるので」

おばちゃん医師「まぁ来月ステント取り出すから、その時に審査しちゃいましょ、それまで健康生活よ!」

みほ「……」

みほ「………はぃ…」

回想終了



300:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 23:41:39.56 ID:g75dAY8w0



みほ「」ガタガタガタガタガタ

優花里「みほ…さん?」

みほ「ん…?」ズキズキズキズキ

ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ

みほ「ん……?!」

ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ

みほ「ん?」

優花里「どうしたんですか西住…さん?」

アリサ「なにあんた震えてるのよ?」

みほ「あ…」ズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキズキ


「あんぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!」




優花里「次回、西住殿が痛風になる話」







301:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 23:43:33.21 ID:/A9FUS/u0

ここからが本当の地獄だ…



310:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/04(月) 00:09:30.64 ID:uxSSjubr0



書きだめが終わったら
優花里「西住殿が痛風になった話」と言うタイトルで投稿します。

尿管結石になったのは事実です、人生初の浣腸がおばちゃん医師になるとは毛ほども思ってませんでした。
まさか自分の体内を見るとは思ってもいませんでした。
皆様も食生活と好き嫌いには気をつけてください。

優花里「西住殿が痛風になる話」完



元スレ
【ガルパン】優花里「西住殿のお腹に石ができた話」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467130979/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (78)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 03:48
          • 結石とか雑魚やで
            常時金玉を万力で締め付けられてる程度の痛みでしかない^^
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 04:10
          • ガルパンでやる意味定期
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 04:19
          • ヒエッ…
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 04:20
          • 尿管結石の勉強になりました(小並)
          • 5. MCC
          • 2016年07月05日 04:27
          • 5 来たか
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 04:47
          • あーもう滅茶苦茶だよ~
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 04:52
          • お姉ちゃんが酒乱過ぎだし小梅がdqnすぎ
            あとノンナもクラーラもカチューシャ限定で壊れそうで壊れないギリギリを攻めると思う
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 04:59
          • 面白くない方のキャラ崩壊
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 05:11
          • 火鳥かと思った
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 05:46
          • ガルパンでやる意味とかもうそう言うチャチな次元ではなかった
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 06:04
          • とりあえず会長のア○ルも破壊しろ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 06:07
          • なんだコレ…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 06:33
          • 作者的にガルパンで書く意味はあるのか?って問いに対してガルパンだから書こうと思ったとしか答えようがないだろ
            そんぐらいわかれよ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 06:52
          • みほを通じて野郎の体験談を読まされてると思ったが…

            手術の件を読んでたら、腹の下に鈍い違和感が。これから仕事なのにどうしてくれるんだ!

            西住流が厳しいのは、不摂生すると身体を壊す体質の家系だからなのかな?でも、結石に関しては振動の激しい戦車なら、シェイクされて固まらなさそうだけど(小並感)
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 07:19
          • 艦これ天津風の次の犠牲者が出たか…
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 07:36
          • 部下の不手際は会長の責任だろとか思った
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 07:49
          • 折角テーマは面白いのに文章と中途半端なギャグで台無し。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 08:10
          • 5 善悪の屑ネタで草

            結石ってこんなに人の尊厳が失われるんスね
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 08:15
          • 私の体内 すっごいピンク
            名言だなこれ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 09:04
          • 汚いSSだなあ

            ※18
            というか寝てもいられないし起き上がることもできない痛みで善悪とか倫理とかどうでもよくなる
            全身脂汗びっしょり、でも着替えようにも体伸ばしたり曲げるだけで激痛
            タイミング見計らわないと水は飲めない(すぐ吐き気がしてくるから)当然メシなんてもってのほか(消化するまでに確実に吐く)
            痛い思いは散々味わってきたがあれは忘れられん
            俺の場合は幸い20時間くらいで自力排出できたが
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 09:44
          • ウチは完治に6ヶ月かかりました…
            それ以来、生野菜とは良いお友達です。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 09:48
          • 突然の善悪の屑ネタには草
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:07
          • ほぐさないでバイブ入れたら裂けるんじゃ?
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:13
          • 結石って腎臓で出来るんか。知らんかった。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:20
          • キャラ壊さずに結石ネタだけにしとけばよかったな
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:24
          • きっと先輩からカルパスも実話なんだろうなぁ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:25
          • 友人が痛みでのた打ち回っているのを発見して救急車を呼んだ事がある
            失って初めて分かる健康の有り難味
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:37
          • クソつまらんかった
            最後まで悪いキャラ崩壊
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:39
          • ※16
            止めるどころか発砲の提案してるから完全に加害者
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:44
          • なった奴だけが西住どのの怒りがわかる
            はい、私もです
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 10:55
          • キャラ崩壊と性格改変って違うからな
            つまんね
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 11:10
          • やっぱり手術経験者だったか

            お姉ちゃんパート要らなくね?
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 11:19
          • 結石ネタはリアリティを感じて面白かった
            露伴ちゃんの言う事は正しいなぁ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 11:20
          • 5 痛みを知るものしかこのssはわからない
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 11:23
          • ガルパンもついにSSの狂気に飲まれたか…
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 11:46
          • 恐ろしいんですね。わかりました(ガタガタ
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 12:13
          • たくさん飲んでたくさん出すのが一番の予防方
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 12:49
          • 序盤と終盤の小学生レベルのギャグは糞と言わざるをえない
            だが中盤のみほ入院のあたりは絵にしてもらえると色々と捗りそう
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 13:28
          • なんつーかこの会長は心底ムカつく。
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 13:35
          • メール道のしぽりんの人かと思ったら全然違うしすげーつまらない
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 14:24
          • あんたの書くお姉ちゃんが嫌いじゃないねん
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 15:13
          • おっさんがなるものというイメージしかないけど、女性でも結石出来るんだ
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 17:11
          • 物を「」で喋らせる表現は無駄に長くなるだけでスベっている
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 17:37
          • ※38
            火鳥でできるもん!
            「さとり様の尿管にこいしができる話」
            を読みなさい。
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 17:44
          • みほさんはこのぐらいが好きだぜ 薄味すぎるからな
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 17:46
          • 人間の書くSSの中で最も続きが気になり続編が無いことを祈るそれだった
            続編でも黒森峰の犬は絶対痛風になってる
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 17:51
          • 自己投影糞SSの8億倍面白い。しかし今度はツウフウかよ・・・
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 18:07
          • ひどい目にあった
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 18:07
          • 斯くも小さな石ころで人はここまで醜くなれるのか(現実逃避)
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 18:44
          • 尿管結石って形からして殺しにかかってきてるよな
            丸い形じゃいかんのか・・・
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 18:56
          • 会長が人間の屑すぎて草生える
            大洗女子学園の救世主に対して態度がデカすぎる
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 19:11
          • ガルパンじゃなきゃ読まなかった、つまりはガルパンでやる意味はあった(横暴)
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 19:12
          • 一番むかつくのは会長やね
            実体験の部分は面白いのにノリノリで書いたであろうギャグパートが滑りまくってるのが悲しい
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 19:29
          • そんな非難の嵐、雨あられな会長も
            スレの最初の方では「ちょ!!暴力は良くないよ!!」と言って桃ちゃんを助けようとした事実

            つまり、スレ後半の会長は桃ちゃん助けるために
            わざと嫌われ役を買ってでたんだよ!!


            え?でも冒頭で撃ったじゃんって?

            知らんな(現実逃避
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 19:44
          • 食生活乱れまくっているんだからビビらすなよ。
            ビビらすなよ…

            最近まじで腎臓の辺りが痛いんだよ…
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 20:36
          • ※55
            それ尿管に詰まってないだけで砂みたいなのが出来てんじゃね?
            気をつけんとごま粒レベルでも死ぬことになるぞ
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 21:54
          • みほのお饅頭が見れると知ったらお姉ちゃんが結石もなんのその、駆けつけそうだ
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 22:13
          • 会長が一番の畜生だな
            原作でも割と畜生だったけど

            この作者まさかとはおもうが結石の次は痛風まで患ったのか?
            絶対長生きできんぞ
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 23:51
          • ガルパンでやる意味ってツッコミは正しいやろ
            キャラの口調とかの崩しが雑
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月06日 00:38
          • 彼が一番表現しやすい媒体がガルパンだったんだろう
            それが一番の理由さ(ポロロン
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月06日 02:32
          • 話がガルパンである理由なんているか?
            書き手の勝手でしょうに。
            こういうリアリティーのある話は好きだわ。
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月06日 08:41
          • ※61 女子高生が尿結石と痛風併発したり菊門破壊する話にリアリティー…?

          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月06日 12:12
          • ウーロン茶も緑茶も紅茶と同じ茶葉なのに結石は紅茶しか言われないね

            発酵って重要なんだな

            中世から近代のヨーロッパには結石患者多かったのかな?
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月06日 12:27
          • 出産の痛みより上とか聞いてゾッとした
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月09日 01:39
          • あの、ワイの一族、祖父も父も結石なってるんだけど、ワイ直系なんだけど、あの、たすけて
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月10日 06:50
          • さとり様の尿管にこいしができる話思い出した
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月10日 12:10
          • 米65
            頻繁に出すようにして、栄養バランスよく食事を摂って、どうぞ。(精一杯の慰め)
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月20日 18:04
          • う○こ否定おじさんは草
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月15日 07:40
          • 秋山殿襲撃編までは面白かった
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月19日 01:16
          • 何だこの力作!?
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月26日 02:41
          • 俺もなった事あるけど、信じられない痛さだったぜ、一生再発したくないぜ
            緑茶とかほうれん草とか怖くて口に出来なくなったし
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月20日 06:08
          • どこまで実体験なんだろうってぐらい力入ってるなこれ
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月15日 23:25
          • これは面白い
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月25日 05:24
          • 二度と書かなくていいレベル
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年02月18日 09:10
          • 5 多分書いたのギックリ腰の人だよね
            普通に面白かった
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月30日 23:46
          • すごい勉強になった
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月01日 02:51
          • 内臓ボロボロなの会長の方じゃね?
            やるんならそっちの方がしっくりくる気がする。
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月04日 07:29
          • パッパが石持ちだから将来俺にも来るの確定してる、死にたい

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ