TOP

貞子「メリールート」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 22:56:07 ID:12bcUGUg

貞子「あ、あれ?!で、出られない!?」

上記の分岐でメリールートです(´・ω・`)
続けて書くより個人分けしたほうがいいかと思い新スレにしました(´・ω・`)



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:02:00 ID:12bcUGUg

~祭り会場~

メリー「~~♪」

男(なんだかんだいって喜んでるみたいだな)

犬娘「ぬぬ・・・・お主、犬娘にも何か買うのじゃ」グイグイ

男「お前には昨日りんご飴買ってやっただろ」

犬娘「飴とネックレスじゃ値段が全然違うのじゃ!」

男「そうだな。ネックレスのほうが100円安い」

犬娘「うぬ・・・!」



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:06:14 ID:12bcUGUg

男「さーて・・・そろそろもどるかー・・・」

メリー「祭りもなんだかあっという間だったなー・・・・」

座敷「楽しい時間はあっという間に過ぎますねー」

男「さっさと戻って帰りの準備をしないとな」

犬娘「さっさと戻ってばっちゃのご飯を食べるのじゃ」



4:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:10:36 ID:12bcUGUg

~駅~

男「それじゃあねばーちゃん」

婆「はいはい、二人もよかったら来年も遊びにきてねー」

座敷「はい、また来ます」

メリー「さよーならー」

犬娘「ふっふっふ。来年もボッコボコにしてやるのじゃ」

男「来年もボッコボコに「やられて」やるの間違いだろ?」

犬娘「うっさいのじゃ!さっさと帰れ!」



5:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:18:56 ID:12bcUGUg

~電車~

座敷「結局おじいさんは来れませんでしたね」

男「ま、じーちゃんはああいう人だからな。もとからくるとも思ってなかったし」

メリー「わー!滝きれー!」

男「お前来るときもそれいってなかったか?」

メリー「何回見ても綺麗なものは綺麗なんだよー」

座敷「あはは」



6:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:25:45 ID:12bcUGUg

~30分後~

メリー「すーすー・・・・・」

座敷「眠っちゃいましたね」

男「お前ら昨日そんな遅くまで起きてたの?」

座敷「いえ、そんなに遅くまでは・・・・・あ」

男「ん?」

座敷「あ、いえいえ!何でもありませんよ!」



7:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:32:37 ID:12bcUGUg

~10分後~

メリー「・・・・・すーすー・・」

座敷「・・・くー・・・・くー」

男「二人とも寝ちまった・・・」

男(残り・・・10駅くらいか)

メリー「ん・・・・んん・・・・」コテン

男「・・・・・・・・・」

男(肩に・・・・・)



8:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:37:11 ID:12bcUGUg

男「・・・・・・・」

メリー「・・・・・すー・・・・」

男(3重人格・・・ねぇ。よくよく考えると不思議なもんだ)

男「・・・・・・・・・・・」

男「・・・・ふああぁぁ・・・・」

ガタンガタンガタンガタン



9:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:43:14 ID:12bcUGUg

?「・・とこ・ん・・」

男「・・・・・・・・」

?「おい・・・・こ!」

男「・・・・・ん?」

座敷・メリー「男(さん)!」

男「うぉっ!?・・・ど、どした?!」



10:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:45:58 ID:12bcUGUg

メリー「なに寝てんだよ!ほら!この駅で降りるんだろ!」ダッ!

男「って、やべぇ!」ダッ!

座敷「はっほっほ」ダッ!

プシュー

男「あ、あぶねー・・・・・」

メリー「結構ギリギリだったな・・・・」

座敷「そ、そうですね・・・・・」



11:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:48:17 ID:12bcUGUg

男「荷物忘れてないよな?」

座敷「わたしは大丈夫です」

メリー「あたしも」

男「そんじゃあ帰るか」

座敷「早く戻ってお母さんのご飯が食べたいです!」

メリー「貞ちゃんは食欲の塊だなー」



12:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:49:42 ID:12bcUGUg

~男の家~

男「ただいまー」

座敷「ただいま戻りましたー」

メリー「ただいまー」

男「・・・・あれ?かーさーん・・・・」

座敷「あれ?いないみたいですね?」



13:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:53:34 ID:12bcUGUg

メリー「書置きがあっけど」

男「・・・高校の同窓会だってよ。今日は11時くらいまで帰ってこないな多分」

座敷「えぇぇぇ・・・・・・」ガーン

男「まぁ、お前のその反応はなんとなく読めてたけど」

メリー「んじゃあ晩御飯どうすんの?」

男「んー・・・出前でも取るか?」



14:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:56:26 ID:12bcUGUg

男「んー・・・お前らなにが食いたい?」

座敷「えーと・・・・」

メリー「んー・・・・・」

男「和洋中」

座敷「うーん・・・・洋ですかねー」

メリー「んー・・・・中かな」

男「んじゃーあそこでいいか」



15:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:59:49 ID:12bcUGUg

~近所の居酒屋~

男「こんばんはー」ガラガラ

店主「あらあら、男ちゃん。いらっしゃい」

座敷「こんばんはー・・・・」

メリー「・・・・こんばんは」

店主「あらあら?今日も女の子連れなの?」



16:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 00:03:20 ID:8PoWPtJc

座敷・メリー「今日も?」

男「店主さん、母さんは女の子じゃないでしょ」

店主「あはは、ごめんごめん。それでこっちの二人は?」

座敷「わたし、男さんの友達の妹で貞子っていいます」

男(ちゃんと設定は覚えてたみたいだな)

メリー「・・・ホームステイしてるメリーといいます」

店主「あらあら~。男ちゃんももてるのねぇ~」



17:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 00:08:34 ID:8PoWPtJc

店主「ところで今日は飲みにきたの?」

男「いえ、今日は母さんがちょっと出かけてまして、飯を食いに」

店主「あらあらそうなの。それじゃあお姉さん久々に腕を振るっちゃおうかしら」

座敷「そういえばこのお店って飲み屋さんなんですよね?」

店主「そうよ~。そこらへんのやっすいお酒からアルコール度数90%以上のお酒までなんでも出せるわよ~」

座敷「わたしたちご飯を食べにきたんですけど・・・・」

男「あー、大丈夫大丈夫。なんか食いたいもの言えば大抵のもんは店主さんが作ってくれっから」



18:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 00:13:14 ID:8PoWPtJc

店主「なんでも言って御覧なさいな」

メリー「・・・・天津飯」

座敷「えっと、えっと・・・・ビーフシチューで」

店主「はーい。男ちゃんはどうする~?」

男「んー・・・俺は少し飲もうかな」

店主「は~い。じゃあ少し待っててね~」



19:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 00:15:16 ID:8PoWPtJc

座敷「ところで男さん」

男「ん?」

座敷「未成年の飲酒は法律で禁止されてますからね?」

男「あー、大丈夫大丈夫。俺が飲むのは子供ビールだから」

座敷「そうですか。それなら・・・・」

メリー「・・・・・」ツンツン

男「ん?」



20:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 00:19:20 ID:8PoWPtJc

メリー「・・・わたしも少し飲みたい」コソコソ

男「少しだけだぞ」コソコソ

座敷「?」

男「さーて、俺は何を頼もうかな・・・・」

座敷「ココのお勧めはなんなんですか?」

男「んー・・・揚げ物の盛り合わせかな」



21:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 02:50:00 ID:8PoWPtJc

店主「はーいおまたせ~」

座敷「・・・・・・・」

メリー「・・・・・・・・」

男「あ、店主さん揚げ物盛り合わせ追加で」

店主「は~い」

座敷「あの・・・・男さん」



22:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 02:53:01 ID:8PoWPtJc

男「どうした?」

座敷「なんかもう居酒屋で出す商品のレベルを軽く凌駕してるんですけどこのビーフシチュー・・・」

男「だから言っただろ。あの人なんでも作れるって」

メリー「・・・・おいしい」

座敷「美味しい・・・おいしいです!」

男「そりゃあ何よりだ」



23:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 02:55:43 ID:8PoWPtJc

店主「はーい。盛り合わせお待ちどうさま~」

男「あーい。あ、それと母さんのボトルください」

店主「あらあら?勝手にいいの~?」

男「許可はもらってるんで」

店主「それなら」

男「ありがと店主さん」



24:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:01:12 ID:8PoWPtJc

男「ほれ、メリー」コソコソ

メリー「・・・ありがと」コソコソ

座敷「店主さん!ハヤシライス追加でお願いします!」

店主「は~い。まいどど~も~」

男「・・・・・・・」グビ

メリー「・・・・・・・」グビビ



25:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:06:22 ID:8PoWPtJc

~20分後~

座敷「店主さん!エビフライ定職追加でお願いします!」

店主「はいは~い」

男「・・よく食うなぁ・・・にしても」

メリー「・・・・・・・・ヒック」

男「メリー大丈夫か?」

メリー「あ、男だぁ・・・・おはよぅ」

男「もう酔っ払ってやがんな」



26:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:08:42 ID:8PoWPtJc

男「店主さん、すいません。一回コイツ家に置いてきます」

店主「あ、は~い。夜道だから気をつけてね?」

男「はい。その間貞子のことお願いします」

店主「はいはい」

男「それじゃ」

メリー「なにすんだおー・・・おろせおー」



27:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:14:58 ID:8PoWPtJc

~居酒屋前・道路~

メリー「まったくおー、母ちゃんにはビンタされっし、ヤギにはにげられっし・・・やってらんねーわけなのおー」ペシペシ

男「おい、頭を叩くな」

メリー「うるへー・・・あたしに叩かれて光栄だろお、あはは」ペシペシ

男(悪酔いってうっぜーな・・・・)

プチッ カラン

メリー「あ」



28:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:17:37 ID:8PoWPtJc

メリー「男、とまれ」

男「なんだよ」

メリー「落とした」

男「何を」

メリー「んっ・・・・んー・・・・」

男「ちょっ!バランス崩れるって!一回おろすから」



29:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:21:06 ID:8PoWPtJc

男「ん?それって祭りで買ったネックレスじゃん」

メリー「んー」

男「やっぱ安かったからかな。紐が切れてる」

メリー「男」

男「ん?」

メリー「直せ」



30:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:23:35 ID:8PoWPtJc

男「まぁ、紐が切れただけだからすぐに直せると思うけど」

メリー「じゃーはやく」

男「道具がねーから。まずは家に戻らんと」

メリー「・・・・・ん」

男「ほれ、早く乗れ」

メリー「ん」

男「よいしょっと」



31:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:31:10 ID:8PoWPtJc

メリー「・・・もっと早く走れおー」ペシン、ペシン

男「無茶言うな。転んで怪我するだけだ」

メリー「なんだぁ、わたしの言うことがぁ・・・」

男「きかねぇよ」

メリー「このやろお」ペシペシ

男「だから叩くなって!」



32:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:34:27 ID:8PoWPtJc

メリー「おとこぉ・・・」ペシン

男「んー」

メリー「わたしメリーさーん。いま、あなたにおんぶしてるのぉ・・・」

男「おんぶお化けかお前は」

メリー「あははは」ペシンペシン



33:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:37:42 ID:8PoWPtJc

メリー「あー・・・・なんだか」

男「んー」

メリー「お前の背中あったかいなぁ」

男「そうかー?」

メリー「・・うん」

男「起きてんのきついなら寝てていいぞ」

メリー「・・・・んー」



34:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:43:08 ID:8PoWPtJc

~男の家~

男「さてと・・・家に着いたわけだが」

メリー「すー・・・すー・・」

男「とりあえず布団に寝かせるか」

メリー「・・・すー・・・・」

男「よい・・・・しょっと」



35:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:47:00 ID:8PoWPtJc

男「あ、そうだ。貞子迎えにいかないと」

メリー「くー・・・くー・・」

男「こいつ一人にしておくのもあれだし、さっさと行って来ないと」

ガチャッ

バタン



36:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 03:50:00 ID:8PoWPtJc

~居酒屋~

店主「あら~おかえり~」

座敷「あ、男さん」

男「どうも。貞子そろそろ戻るぞ。さすがにメリーを一人にしとけないし」

座敷「そうですね。わかりました」

店主「えーと、それじゃあ今回の御代ね~」

男「・・・え?1万2千?」



39:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 21:55:08 ID:/aGNXd2o

店主「またね~」

男「お前食いすぎだ。当分食いに行くときは連れて行かん」

座敷「そ、そんなぁ・・・・・」

男「このままいくと家は破産してしまう。少しは自重しろ」

座敷「す、すみません・・・・・」

男「さて、メリーを一人にしてきたからさっさと帰らないとな」

座敷「そ、そうですね!」



40:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 22:02:52 ID:/aGNXd2o

~男の家~

男「ただいまー」

座敷「ただいま戻りました」

男「ちょっちトイレ」

座敷「わたしは二階で猫さんと遊んでますね」タタタタ

男「あいよ」



41:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 22:04:46 ID:/aGNXd2o

ガチャッ

男「・・・・・・・・・・」

メリー「・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・すまん」

メリー「・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・ん?」



42:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 22:12:27 ID:/aGNXd2o

メリー「・・・・・・くかー・・・・・」

男「寝てんのかよ。おい、起きろ」ペシペシ

メリー「ん・・・・んが・・・?・・・あ?男?・・・・・ん?」

男「中で寝られると次に使うやつが迷惑だろ。さっさと用を足して出ろ」

メリー「・・・・あ、ごめん」

男「わかればいいんだ。それじゃな」

メリー「あ、うん」



43:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 22:20:55 ID:/aGNXd2o

ガチャッ

男「・・・・・・・・・・」

男(なんであんな余計なことしちまったんだ俺?)

ジャーーーーー・・・バタンッ!

メリー「おとこおおおおおおおおおおお!!なに覗いてやがるうううううう!!」

男「おめぇが鍵もかけずに中で寝てたのがわりぃんだろうが!!」

メリー「うっせぇ!覗いたほうに責任があるんだバカーーー!!」



44:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 22:27:42 ID:/aGNXd2o

メリー「くそっ!・・・・こうなったら、精神的に苦しめてやる」

男「・・・・・?」

メリー「おにいちゃんのエッチ!」

男「げ」

メリー「おにいちゃんなんか嫌い!」

男(三号と変わりやがった)



46:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 23:20:19 ID:/aGNXd2o

メリー「おにいちゃんの変態!」

男「・・・・・・・・・」

メリー「おにいちゃんのバカ!」

男「メリー、ひとつだけ言わせてくれ」

メリー「・・・・・・なぁに?」

男「俺、人のことを馬鹿だの変態だの言う子って嫌いだなぁ」

メリー「え」



47:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 23:23:16 ID:/aGNXd2o

男「今回のことは俺も悪かったけど、鍵をしておかなかったメリーも悪いよな?」

メリー「・・・・・・うぅ」モジモジ

男「だから、俺も謝るからメリーも誤って終わり。これでいいか?」

メリー「・・・メリーが誤ったらおにいちゃんはメリーを嫌いにならない?」

男「うん。俺素直な子は好きだよ」

メリー「ほんと?それじゃあごめんなs・・・・・」

男「ん?」



48:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 23:26:59 ID:/aGNXd2o

メリー「くそ!精神攻撃が効かないなんて・・!」

男「あんまり三号をそういう風に使うなよ」

メリー「うるさい!だいたい三号には誤ろうとしたのに何でわたしには誤らないんだよ!」

男「だってお前自分は悪くないってオーラだしてんじゃん。だいたい誤る気ねーべ?」

メリー「そりゃそーよ!わたしは悪くないもん!」

男「・・・・そこだよそこ」



49:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 23:32:51 ID:/aGNXd2o

メリー「くそ・・・・・・」

男「ん?」

メリー「・・・んー・・・一号も譲らないね」

男「お、二号か」

メリー「・・・ん」

男「もしかしてお前も怒ってる?」



50:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 23:39:50 ID:/aGNXd2o

メリー「・・・べつに。わたしは見られても恥ずかしくないし。・・・見る?」

男「見ません」

メリー「・・・まぁよく考えてみなさいな」

男「ん?」

メリー「・・・痴漢されたという女、痴漢したという疑いをかけられた男」

男「・・・・・・・」

メリー「・・・とりあえず男は謝るべきだと思うよ」



51:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 23:44:49 ID:/aGNXd2o

男「なんだか全部の責任が俺にあるような言い方じゃないか?」

メリー「・・・世の中は女尊男卑になりつつあるんだよ」

男「納得いかねーなー」

メリー「・・・まぁまぁ、わたしのアソコ見れたんだから頭ひとつ下げるなんて楽なもんでしょ?」

男「・・・・お前ってなんかすごいな」

メリー「・・・そう?まぁいいや。とりあえず一号ちゃんに変わるから、がんばって」



52:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 23:51:01 ID:/aGNXd2o

男「ごめん」

メリー「・・・・・・は?」

男「だから覗いちまったこと誤ってんの」

メリー「・・・・・・・・・」

男「ほら、これでいいか?」

メリー「そ、それで許されると思ってんの?」

男「えー・・・まだなんかしないといけないのかよ」



53:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/11(月) 23:57:37 ID:/aGNXd2o

メリー「あやまるっつったら土下座でしょド・ゲ・ザ」

男「お前の○○コ見ただけで土下座までしなくちゃいけないのかよ」

メリー「○○コとか言うな!バカ!」カァァ

男「じゃあもうお返しに俺のチ○○見せるからそれでおあいこしようぜ」

メリー「な、なんでお前のチ○○なんてみなくちゃいけないんだよ!」

男「わーったよ。とりあえず土下座すればいいんだろ。ほれ」ドゲザァ



54:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 00:03:33 ID:3HWhF0Gg

メリー「ふっ・・!」ゲシッ

男「・・・・・・・・」

メリー「ふっふっふ・・・いい様ね!」グリグリ

男「・・・・・・・・」



55:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 00:06:03 ID:3HWhF0Gg

~階段~

座敷「猫さん、ご飯はなにがいいですか?」

猫「冷や飯にかつおぶしでもまぶしてくれ」

座敷「鰹節残ってましたかね?」

猫「・・・・ん?」

座敷「どうしました?猫さん?」



56:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 00:10:26 ID:3HWhF0Gg

メリー「あははは!」グリグリ

男「お前、いい加減に・・・・」

座敷「・・・・・・・・」ポカーン

猫「・・・・・・・・・」

メリー「反省した?ねぇ?反省・・・・・」

座敷「・・・・・・・・」ポカーン

猫「なにやってんの兄さん・・・・」



58:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 02:14:30 ID:3HWhF0Gg

~10分後~

座敷「なるほど・・・そういうことだったんですか」

メリー「・・・・・・はい」セイザ

男「・・・・・なんで俺まで」セイザ

猫「まぁ、兄さんも加害者であり被害者だしな」

男「・・・はー・・・・」

座敷「と、とりあえず、握手で仲直りしましょう!」



59:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 02:17:31 ID:3HWhF0Gg

メリー「・・・・ん」ニギッ

男「ふん」ニギッ

座敷「これで一件落着ですね」パンッ

男「・・・・・ふ」グッ

メリー「いだだだだだ!?やめろぉ!?握り締めるなーー!?」

猫「兄さん・・・・」



60:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 02:22:46 ID:3HWhF0Gg

~深夜1時~

猫「・・・・兄さん?」

男「・・・あぁ、猫か」

猫「こんな時間になにやってるんだ?」

男「あー。昨日の縁日でメリーに買ってやったネックレスが壊れちまってよ。直してんだ」

猫「へー」

男「一応約束したことだしな。まぁさっき寝る直前まで忘れてたけど」

猫「なんだかんだいって兄さんは優しいのね」



61:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 02:31:49 ID:3HWhF0Gg

男「そうか?」

猫「さっきあんだけメリー嬢と喧嘩してたのに」

男「それはそれ、これはこれだ。約束したことだしな」

猫「きっとメリー嬢も喜んでくれるだろうさ」

男「そうだといいけどなぁ」

猫「ま、メリー嬢も素直じゃないからなぁ。人格によりけりなんだろうが」



62:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 02:39:52 ID:3HWhF0Gg

猫「まぁいいや。兄さん、夜も遅いんだから作業はほどほどにな」

男「あぁ、ありがとうな猫」

猫「なになに、それじゃあ俺も寝るとするよ。おやすみ」

男「あぁ、おやすみ」

男(んんー・・・・もうちょいで終わるかな)



63:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:08:36 ID:Vwz0gpo6

ガチャッ

男「ん?母さん帰ってきたかな」

メリー「・・・・・・・・」

男「おかえ・・・ってメリーか」

メリー「・・・どうかしたの?」

男「それはこっちのセリフだ。夜中にどうした」

メリー「・・・トイレよトイレ」

男「・・・・・・・・」



64:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:10:44 ID:Vwz0gpo6

メリー「・・・それよりもこんな時間にあなたは何をしてるの?」

男「ん?あぁこれ直してた」

メリー「・・・直してくれてたの?」

男「だって約束してたじゃん、ほい」

メリー「・・・・・・・」

男「どうした?」

メリー「・・・それはわたしに渡すより一号に渡したほうがいいと思うわよ」

男「え?」



65:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:16:41 ID:Vwz0gpo6

メリー「・・・わたしたちの中で一番それを気に入ってたみたいだし」

男「そんなに気に入ってんの?」

メリー「・・・うん」

男「そうか。じゃあ一号のときに返すよ」

メリー「・・・ちなみに」

男「ん?」

メリー「・・・一号は優しくされるとまんざらでもないわよ」

男「・・・は?」



66:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:21:50 ID:Vwz0gpo6

メリー「・・・まぁ仲良くなりたいんなら優しくしてあげなさい」

男「・・・・ちなみにお前と三号は?」

メリー「・・・三号とはもう十分に仲いいじゃない。おにいちゃんって呼ばれてるくらいだし」

男「まぁ・・・・そうなのか?・・・・お前は?」

メリー「・・・この間のDVDくれたら高感度はMAXを振り切るかもね」

男「残念だがあれは秘蔵物だ。やらん」

メリー「・・・でしょうね。わたしが同じ立場でもあげないわ」



67:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:28:35 ID:Vwz0gpo6

メリー「・・・まぁ、わたしは結構あなたのこと好きよ」

男「へー。それはうれしいこって」

メリー「・・・何よりコレクションの趣味が似てるし」

男「一番の理由がそれかよ」



68:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:31:18 ID:Vwz0gpo6

メリー「・・・おっと、長いこと話してしまったわ。わたしトイレに行くんだった」

男「あぁ、呼び止めて悪かったな」

メリー「・・・・・・・あ」

男「ん?」

メリー「・・・見る?」

男「からかってんのか?」

メリー「・・・あら?おあいこであなたのチ○○を見せてくれるんじゃなかった?」



69:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:33:16 ID:Vwz0gpo6

男「・・・・え」

メリー「・・・うふふ。冗談よ」

男「・・・・・・・・・」

男(なんだあの含み笑いは)



70:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:39:10 ID:Vwz0gpo6

~翌朝~

携帯「~~♪~~♪」ブルブルブルブル

男「・・・んぁ・・・なんか・・・重い・・・」ピッ

男「・・・・もし・・・もーし」

メリー「わたしメリーさん!今あなたの背中に乗ってるの!」

男「・・・・降りてもらえますか?」

メリー「んしょ・・・これでいい?」

男「うん。それじゃおやすみ」ピッ



71:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:41:28 ID:Vwz0gpo6

メリー「あぁ!だめだよお兄ちゃん!せっかく起こしに着たのに!」

男「・・・三号も寝るか?ほらこっちゃこい」

メリー「え?本当?寝るー!」

男「んじゃ、おやすみー」

メリー「おやすみー!」

男「・・・くかー」

メリー「・・・すーすー」



72:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:46:41 ID:Vwz0gpo6

~15分後~

ガチャッ

座敷「メリーちゃーん?どうしたんですかー?」

男「かー・・・・」

メリー「すぴー・・・・」

座敷「・・・もう。ほらほら、男さん、メリーちゃん、起きてくださいよー」ユサユサ

男「ん・・・・貞子・・・?お前も寝るか?」

座敷「寝ません。朝ごはんの時間ですよ!早く着替えていきましょう!」



73:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:49:22 ID:Vwz0gpo6

男「餌が食いもんだと、貞子の容赦の無いこと・・・」

座敷「なんといってもだめです!早く着替えてください!」

メリー「んー?」コスリコスリ

座敷「メリーちゃんも目が覚めましたか?」

メリー「・・・あ!そうだ!お兄ちゃんを起こしに来たんだった!」

男「一緒に寝てちゃ世話ねぇな」



74:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:55:34 ID:Vwz0gpo6

~登校~

男「ふぁぁぁ・・・んじゃー、行ってきます」

母「は~い行ってらっしゃい」

メリー「いってらっしゃーい!」

座敷「ひふぉふふぇへー」

男「あーい」

ガチャッバタン



75:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 19:59:03 ID:Vwz0gpo6

~茶の間~

座敷「もぐもぐもぐもぐ・・・・ずずー」

母「いつ見ても気持ちのいい食べっぷりね~」

メリー「・・・・・・・・」

母「あら?どうしたのメリーちゃん?」

メリー「わたしもお兄ちゃんの学校に行きたいなぁ・・・」



76:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:03:06 ID:Vwz0gpo6

母「男の学校に?」

メリー「前に行ったらお兄ちゃんに怒られちゃった・・・」

母「ばれなきゃいいんじゃない~?」

メリー「そうなの?」

母「ちょっと、待っててね」

座敷「ちゅるちゅる・・・・」



77:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:06:10 ID:Vwz0gpo6

~学校・昼~

男「・・・・ねみー・・・」

友「男ー。今日飯はどうする?」

男「んー・・・・パンでいいかな」

友「それじゃあ・・・じゃーん」

男「けーん」

男・友「ポン!」



78:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:10:30 ID:Vwz0gpo6

~購買~

男「まさか、負けちまうなんてなー・・・あ、あとメロンパンと焼きそばパンもください」

おばちゃん「はーい」

男(午後の授業は保健室で寝てっかなぁ・・・・)

おばちゃん「はい600円ねー」

男「はい」

おばちゃん「ありがとうねー」



79:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:13:21 ID:Vwz0gpo6

~一年・廊下~

ザワザワザワザワ・・・

男「・・・ん?」

ザワザワザワ・・・

男「なんかあったのか?」

後輩「いえ、それがですね・・なんか金髪の女の子が・・・」

男「へー・・・ウチの学校に外人の生徒なんていたん・・・・」

メリー「・・・・・・」キョロキョロ

男「・・・だ・・・・な」



80:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:19:29 ID:Vwz0gpo6

男「なぁ、コイツを二年の友ってやつに渡してくれ」

後輩「あ、はい。いいですけど・・・」

男「ありがとう!それじゃ!」

ダダダダダ!



81:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:24:37 ID:Vwz0gpo6

~保健室~

男「・・で、何しにきた?」

メリー「お兄ちゃんの学校に来たかったの」

男「こないだダメだっていっただろ?」

保健医「あん?その子ウチの生徒じゃねーの?」

男「うん。ウチにホームステイしてるんだよ」

保健医「生徒でもねーのにウチの制服着て学校来るのはまずくねーか?」



82:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:27:37 ID:Vwz0gpo6

男「だから、来るなって言ったんだよ」

メリー「だってお兄ちゃんに会いたかったんだもん」

保健医「お前好かれてるなー」

男「まぁ、この子には・・・ね」

保健医「あん?」

男「それより、眠いから午後からここにいてもいいっすか?」

保健医「そういうのはもうちょっとオブラートに包んで言え」



83:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:31:46 ID:Vwz0gpo6

保健医「まぁ、寝るのはいいけど保健室をラブホ代わりに使うのはかんべんな」

男「俺たちそんな関係じゃないよ」

メリー「らぶほ?」

保健医「まぁいい。つってもわたしも午後から少し席をはずすから、何かあったらこの番号に電話してくれ」

男「うい」

保健医「あ、メロンパンもらうぞ」

男「貴重な昼飯を・・・・」



84:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:33:28 ID:Vwz0gpo6

保健医「仮病を見逃すんだ、パンのひとつくらい安いもんだろ?」

男「わかったよ」

保健医「それじゃなー」

ガラガラガラピシャッ

男「さーて・・・俺は少し寝ようかな」

メリー「わたしも寝るー!」



85:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:48:00 ID:Vwz0gpo6

男「あ、そうだ。その前に一号に変わってくれ」

メリー「一号ちゃん?いいよー、ちょっとまってねー」

男「あぁ」

メリー「・・・・・・・・・・・」

メリー「ん?」

男「お、一号?」

メリー「なんのようだ。というかなんだこの格好は?」



86:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:51:14 ID:Vwz0gpo6

男「ウチの学校の制服」

メリー「また三号がなんかやったのか・・・」

男「そ。んでお前に用があるからちょっと代わってもらった」

メリー「・・・・・用ってなんだよ」

男「これ」

メリー「・・・・・・・」



87:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 20:57:10 ID:Vwz0gpo6

男「昨日直しとけって言ってただろ。直ったから」

メリー「・・・あ、ありがと」

男「あぁ、別にいいよ。そんじゃおやすみ」

メリー「・・・・・・」

男(・・・そういや二号が優しくしておけって言ってたな)

男「そこにさっき買っといたパンあっから、腹へったら食っていいぞ」

メリー「あ・・・うん」



88:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 22:25:10 ID:Vwz0gpo6

男(当分の間優しくしてみっか)

男「俺ちょっと寝てるからなんかあったら起こしてくれ」

メリー「ちょ、ちょっとまてよ。お前が寝たらわたしは何してればいいんだよ」

男「んー・・・お前も寝るか?」

メリー「眠くねーし」

男「あれ?でもさっき三号は寝るって言ってたけど」

メリー「三号はお前と一緒に居たかっただけだろ」



89:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 22:41:11 ID:Vwz0gpo6

男「ちなみにお前なんかしたいこととかあんの?」

メリー「・・・・したいこと・・・・ねぇ」

男「うん」

メリー「・・・・・・・・あ」

男「なんかあった?」

メリー「逃げたヤギを探しに行きたい」



90:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 22:46:40 ID:Vwz0gpo6

男「・・・・まじで?」

メリー「だって見つけないと家に帰れないし」

男(ダメだ・・・ねみぃ・・・)ウツラウツラ

男「もうずっとウチに居ればいいじゃん」

メリー「・・・・・・・・え?」

男「・・・・・・・・ん?」



91:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 22:54:58 ID:Vwz0gpo6

メリー「・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・」

ガラガラガラピシャッ

男「・・・・・・・あれ?」

男「・・・・・・・・・・・」

男「・・・・ダメだ・・・寝よう」



92:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 22:56:40 ID:Vwz0gpo6

~通学路~

メリー「貞ちゃんありがとうね。迎えに来てくれて」

座敷「いえいえいいんですよこのくらい」

メリー「・・・・・・・・・・・・・」

座敷「? あのー、どうかなさったなんですか?」

メリー「え?」



93:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 23:02:48 ID:Vwz0gpo6

座敷「さっきからソワソワしてるみたいですけど・・・どこか具合でも?」

メリー「い、いやね?さっき男と話しててさ・・・」

座敷「はい」

メリー「それでね・・・・・・・」



94:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/12(火) 23:06:10 ID:Vwz0gpo6

~5分後~

メリー「・・・というわけ」

座敷「わぁぁ」

メリー「こ、これってそういうことなのかな?」

座敷「きっとそうですよぉ!」

メリー「そ、そうかなぁ?」ニヤニヤ



96:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 20:40:21 ID:G2ffrqtU

~翌日~

男「メリー、コンビニいくけどなんかほしいもんあるか?」

メリー「べ、べつに・・・・・」

男「そーか」



97:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 20:41:37 ID:G2ffrqtU

~さらに翌日~

男「メリー、おかわりいるか?」

メリー「だ、だいじょうぶ」

座敷「男さん、おかわりください!」

男「お前食い過ぎだろ。ほれ」



98:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 20:45:28 ID:G2ffrqtU

~さらにさらに翌日~

男「メリー、お前もお茶飲む?」

メリー「あ・・・うん」

男「あいよ」コトッ

メリー「あ、ありがと・・・・」



99:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 20:52:18 ID:G2ffrqtU

~さらにさらにさらに・・・・~

メリー「・・・・って感じで、最近急に優しくなったんだけど・・・」

座敷「それはやっぱり・・・男さんはメリーちゃんのことが気になってるんですよぉ!」

メリー「で、でもなぁ・・・顔合わせると口げんかばっかりだし・・・」

座敷「好きな子には意地悪したくなっちゃうって昔雑誌で読んだ事がありますよ!」

メリー「そ、そうかなぁ?」ニヘラニヘラ



100:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 20:56:58 ID:G2ffrqtU

座敷「それに、ずっとウチに居ればなんて・・・もう男さんはメリーちゃんのことが好きなんですよぉ!絶対!」

メリー「うっ・・・・」ボッ

座敷「で、で?これからどうなんですか?!」

メリー「ど、どうって?」

座敷「メリーちゃんは男さんのことどう思ってるんですか?!」

メリー「え・・・・ええぇと・・・・」



101:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 20:58:58 ID:G2ffrqtU

~男の部屋~

男「イッ・・・キシ・・・・イッ・・・キシ!」

猫「なんだい兄さん?一足早い夏風邪かい?」

男「いや、別に寒気も何もないが」

猫「ふーん。まぁ体調には気をつけることだね」

男「あぁ」



102:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:10:23 ID:G2ffrqtU

~メリーのテント~

メリー「ま、まぁ・・・嫌いじゃねー・・・かな」

座敷「それならもう決まりじゃないですか!」

メリー「な、なにが?」

座敷「これはもう男さんに気持ちをお伝えするしかないですよ!」

メリー「いっ?!」



103:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:15:32 ID:G2ffrqtU

~2時間後・男の部屋~

コンコン ガチャッ

座敷「失礼しますねー」

男「ん?どうした?」

座敷「明日は土曜日ですねー」

男「あぁ。そうだな」



104:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:20:15 ID:G2ffrqtU

座敷「しかも降水確率は0%だそうですよ」

男「真夏日だしなー」

座敷「こんな日は絶好のお出かけ日和ですよねー?」

男「・・・・で?何が言いたいんだ?」

座敷「明日、どこかへお出かけしましょう!」

男「・・・・・・・・」



105:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:26:02 ID:G2ffrqtU

~1時間前・茶の間~

座敷「・・・・というわけなんです」

母「あらあら~そんな面白いことになってたの~」

座敷「はいー」

母「それじゃあ色々とプランを練り上げましょうか~」

座敷「はい!よろしくお願いします!」



106:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:30:40 ID:G2ffrqtU

~時間戻って男の部屋~

男「・・まぁ行くとしてどこだよ」

座敷「そうですねー・・・あっ!遊園地なんてどうです?」

男「・・・ふーん、遊園地ねぇ・・・・」

座敷「・・・・・・・・・」

男「・・うん。まぁたまにはいいかもな」

座敷「そ、それじゃあ、ここに予定と地図をおいておきますから目を通しておいて下さいね!」



107:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:32:12 ID:G2ffrqtU

ガチャッ バタン

男「・・・なんだアイツ?」

猫「まぁ、たまには子供に戻りたくなるときもあるんだよ兄さん」

男「子供・・・・ねぇ」

猫「まぁいいじゃないの。たまには兄さんも子供に戻ってきなよ」



108:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:37:37 ID:G2ffrqtU

~翌日・遊園地~

男「あっつー・・・・」

メリー「・・・・・・・・・」

男「とりあえずなにか飲み物かって来るわ。何がいい?」

メリー「な、なななななんでも!」

男「んじゃちょっとここで待っててくれ」タタタタタ



109:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:41:07 ID:G2ffrqtU

~さかのぼる事・朝~

座敷「男さん、すみません!実はお母さんから新しい衣装を作るお手伝いをしてほしいと」

男「まじかよ・・・まぁ母さんも言い出したら聞かない正確だしなぁ・・・」

座敷「すみません」

男「んじゃどうする?またこんどにするか?」

座敷「いえいえいえいえいえいえ!?どうぞお二人で楽しんできてください!」

男「つっても・・・・」



110:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:43:21 ID:G2ffrqtU

座敷「私には何かお土産を買ってきていただければ大丈夫ですから!さささ!」

男「お、おい・・・」

座敷「今日はしっかりとメリーちゃんをエスコートしてあげてくださいね!」

男「お、おい、押すなって!わかったから!」



111:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:45:40 ID:G2ffrqtU

~時間戻って遊園地~

男(なんだか今日の貞子はおかしかったな・・・・)

男「・・・んー、ま、いっか」タッタッタ

メリー「・・・・・はぁ」

男「おーい、お待たせ」

メリー「ぶわっ!?」ビクッ



112:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:52:14 ID:G2ffrqtU

男「さて、まずはどれから乗る?」

メリー「・・・・・・・・・」

男「おーい」

メリー(なにも言ってこねぇじゃん・・・)

男「メリー?」

メリー「・・・・え?」



113:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 21:55:48 ID:G2ffrqtU

男「どうした?もしかして具合でも悪いか?」

メリー「べ、べつに・・・そうじゃねーけど」

男「具合わるいとかそういうのだったらすぐに言えよ」

メリー「う・・・うん」



114:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:01:19 ID:G2ffrqtU

男「とりあえず・・・・最初は簡単なところから周るか」

メリー「簡単って・・・たとえばなんだよ」

男「んー・・・なんかリクエストとかあるか?」

メリー「んー・・・・あ」

男「なんかあったか?」

メリー「あれ乗りてぇ!」



115:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:03:02 ID:G2ffrqtU

男「うわああああああああああああああああ!!」

メリー「ぎゃああああああああああああああああああああああ!!」

男「おおおおおおおおおおおおまわるうううううううううううう!」

メリー「おろしてえええええええええええええええええええええ!!」



116:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:04:57 ID:G2ffrqtU

男「と、とりあえず・・・絶叫系は・・・やめておこう」

メリー「・・・さ、賛成・・・・」

男「・・・・次はどこがいい?」

メリー「もうちょっと、ゆっくりしたのがいい・・・」

男「えと・・・じゃあここらへんか?」



117:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:07:06 ID:G2ffrqtU

~お化け屋敷~

メリー「な、なんだここ?」

男「ん?お化け屋敷だけど」

メリー「な、なんでこんなに暗いんだ?」

男「暗くしとかないと臨場感が出ないだろ」

メリー「にしたって・・・これ・・・・」



118:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:10:02 ID:G2ffrqtU

お化け「うがあああああああああああああああああ!」

メリー「みぎゃああああああああああ!?」ヒシッ

男「・・・大丈夫かよ」

メリー「あ・・・あわわわ・・・・」

男「一応、貞子もこいつらの仲間みたいなモンなんだけどなー」

メリー「だ、だって貞ちゃんは怖くねーもん・・・」



119:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:12:52 ID:G2ffrqtU

ピチャッ 

メリー「ひっ!?な、なんかせ、背中に・?!?」

ボトンッ

男「ん?」

メリー「う、腕?!」

男「あ、なんかいる」

?「・・・・・・」



120:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:15:22 ID:G2ffrqtU

?「・・・・・・・えせぇ・・・・」

メリー「な、ななななんかいいいいいってる・・・・」

ゾンビ「・・・・からだ返せええええぇぇぇっぇえぇええ!!」

メリー「きゃああああああああああああああああああ!?」ギュッ!

男(・・・・・・・なんか新鮮)

男「ほれ、大丈夫だから行くぞ」

メリー「あ・・・・あわあぅ・・・」



121:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:18:15 ID:G2ffrqtU

男「お、出口だ」

メリー「は、早く!早く出るぞ!男!」

男「・・・そんなに怖かったか?」

メリー「怖えぇよ!!」

男「そ、そうか・・・・」



122:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:20:05 ID:G2ffrqtU

男「つってもなんか意外だったなー」

メリー「な、なにが」

男「いや、メリーがお化けとかダメだったってこと」

メリー「うっ・・・・!?」

男「まぁ新鮮で楽しかったよ」

メリー「う、うるせぇ!バカー!」



123:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:24:13 ID:G2ffrqtU

~観覧車~

男「観覧車ってゆったりしてていいなー」

メリー「そ、そう・・だな」

男「・・・・・・あれ?」

メリー「ど、どうした?!」

男「いや、お前そのネックレスしてきたんだ」

メリー「あ、ああ。うん。まぁ・・・お気に入りだし」



124:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:27:22 ID:G2ffrqtU

男「まぁ買った俺からしてみれば大切にしてくれてるのはうれしいな」

メリー「そ、そーだろ?」

男「・・・・・・・・・」

メリー「・・・・・・・・・」

メリー(・・・な、なんて切り出せばいいんだよぉ・・・)

メリー「ちょ、ちょっとに、二号に変わるな!」

男「え?」



125:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:28:52 ID:G2ffrqtU

メリー「・・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・」

メリー「・・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・メリー?」

メリー「・・・・・・あれ?」

男「どうした?」

メリー「あ、あのやろう!変わるのを拒否しやがった!」



126:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:30:46 ID:G2ffrqtU

男「なんか急用でもあったのか?」

メリー「い、いや・・・その・・・ねぇけど」

男「だったらいいだろ。もう少しゆったりしてようぜ」

メリー「・・・うん」

男「・・・・・・・・・・・」

メリー「・・・・・・・・・・・・」



127:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:32:14 ID:G2ffrqtU

メリー「・・・・な、なぁ」

男「ん?どうした?」

メリー「・・・・・・・そ、その・・・」

男「?」

メリー「い、いや!な、なんでもない!」

男「ん、そうか」



128:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:34:57 ID:G2ffrqtU

メリー「・・・・・・・・・・・」

メリー2(・・・さっさと言ったら?)

メリー1(な!テメ!さっきはこっちの入れ替わりを拒否したくせに!)

メリー2(・・・一号が自分で言わないとね)

メリー1(ぐ・・・・・・・)



129:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:37:10 ID:G2ffrqtU

メリー1(わ、わかったよ!いってやんよ!!)

メリー2(・・・がんば)

メリー「あ、あのな・・・男」

男「ん?」

メリー「その・・・話したいことがあるんだ」

男「おう」



130:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:39:04 ID:G2ffrqtU

メリー「あの・・・ここ最近さ・・・お前・・その」

男「・・・・・・・・」

メリー「なんか優しかったじゃん?」

男「そ、そうか?」

メリー「う、うん。そ、それでさ」

男「うん」



131:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:41:09 ID:G2ffrqtU

メリー「わ、私もちょっとはお前のこと見直したって言うか・・・その・・・」

男「・・・・・・・・・」

メリー「ちょっと・・・・ほんっとちょっとだけど・・・その」

メリー「す・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」



132:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:44:00 ID:G2ffrqtU

メリー「す・・・・好きになった」

男「・・・・・・・・・」

メリー「ほ、ほんとにちょっとだけだからな!」

男「・・・・・まじで?」

メリー「・・・・・き、聞き返すなし!」

男「・・・・・・・・・・」



133:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:48:29 ID:G2ffrqtU

メリー「で、でさ・・・お、お前は・・・その・・・どうなの?」

男「・・・・・・・・・・」

メリー「お前は・・・あたしのこと・・・・どう思ってんの?」

男「えっと、その前にひとつ聞いていい?」

メリー「な、なんだよ・・・・」

男「さっきのは告白と取っていいのか?」



134:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:51:32 ID:G2ffrqtU

メリー「す、好きに解釈しろよ・・・・」プイッ

男「ん・・・俺は・・・・」

メリー「・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」



135:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:55:16 ID:G2ffrqtU

~帰り道~

メリー「・・・・・・・・なぁ」

男「ん?」

メリー「前に・・お前の学校でさ」

男「うん」

メリー「ずっとウチにいればいいじゃんって言ってたじゃん」



136:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 22:58:11 ID:G2ffrqtU

男「あー・・・そういえば言ったな」

メリー「あれってさ・・・その・・・・」

男「なんだ?」

メリー「・・・・ずっとあの家にいっしょにいてもいいってことか?」

男「・・・・・・まぁ」

メリー「なんだよ!はっきり言えよ!」



137:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 23:01:50 ID:G2ffrqtU

男「実はそん時かなり眠くてさ、自分でもどんな意味で言ってたか覚えてねーんだわ」

メリー「・・・・テメェ」

男「まぁ・・どっちにしろお前はウチにいることになるだろ」

メリー「? なんでだよ」

男「だってお前メリーさんなんだろ?」



138:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 23:05:20 ID:G2ffrqtU

男「だったらずっと俺に憑いてないといけないんだろ?」

メリー「・・・・・・・・・・・・」

男「・・・あれ?」

メリー「・・・おりゃっ!」ガバッ!

男「うおっ!?きゅ、急になんだよ」

メリー「あっはは」



139:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/13(水) 23:06:07 ID:G2ffrqtU



メリー「わたしメリーさん。いまあなたの後ろに居るの♪」



143:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:12:39 ID:SJoeS7qM

~~犬娘ルート~~

本スレ>>496からの続きになります(´・ω・`)



144:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:15:49 ID:SJoeS7qM

~祭り会場~

メリー「~~♪」

男(なんだかんだいって喜んでるみたいだな)

犬娘「ぬぬ・・・・お主、犬娘にも何か買うのじゃ」グイグイ

男「お前には昨日りんご飴買ってやっただろ」

犬娘「食べ物ではなく、光物のことじゃ!」

男「なんだ、イカ焼きが食いたいのか?」

犬娘「その光物じゃないのじゃ!」



145:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:20:02 ID:SJoeS7qM

男「しゃーねーな・・・で、どれがいいんだよ」

犬娘「・・・・うーん・・・・」

男「・・・・・・・」

犬娘「決めたのじゃ!これにするのじゃ」

男「ん?指輪?」

犬娘「そうじゃ」

お姉さん「はーい。350円でーす」



146:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:25:26 ID:SJoeS7qM

犬娘「にゅふふ」キラキラ

男「あとで、貞子にも何か買ってやらないとな」

犬娘「おい」グイグイ

男「なんだ」

犬娘「どうじゃ?」

男「なにが?」



147:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:33:08 ID:SJoeS7qM

犬娘「似合ってるかの?」

男「・・・指輪に似合うも似合わないもねぇよ」

犬娘「ぬ・・・・」

男「それにお前服装が和服に近いから指輪とかより扇子とかの方があってるんじゃないか」

犬娘「扇子!いいのういいのう!」

男「買わないぞ」

犬娘「・・・ケチじゃのう」



148:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:35:19 ID:SJoeS7qM

男「おーい、貞子ー」

座敷「あ、男さん」

男「なんかほしいもんあるか?」

座敷「ここのお好み焼きが食べたいです」

男「んじゃ、買ってやるよ」

座敷「え?いいんですか?」

男「あぁ。こいつらにも買ってやったし」



149:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:37:44 ID:SJoeS7qM

~爺の家~

婆「今日の何時だっけ?」

男「今日の2時だね」

婆「あらあら、それじゃあ少し急がないとね」

男「そーだね」

犬娘「ん?なんじゃ?ばっちゃ、こいつらどっかへいくのか?」



150:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:39:35 ID:SJoeS7qM

婆「男ちゃんたちは今日家に帰るのよ」

犬娘「なんじゃ、もう帰ってしまうのか」

男「あぁ」

犬娘(・・・よく考えれば、まだ仕返しのひとつもしてないのじゃ)

座敷「むしゃむしゃむしゃむしゃ」

メリー「・・・・・・・」ズズー



151:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:41:55 ID:SJoeS7qM

~駅~

男「それじゃーね、ばーちゃん」

婆「来年もまた着てねー」

座敷「お世話になりましたー」

メリー「・・・さようなら」

男「・・・・あれ?そういえば犬娘は?」

婆「あら?どこに行ったのかしら?さっきまでいたんだけど・・・」



152:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:46:38 ID:SJoeS7qM

~電車内~

男「んー・・・さてと、後は帰るだけかー」

座敷「楽しかったですねー」

メリー「・・・うん。素敵なものも買えたし・・・」

男「・・・・・・・・ん?」

メリー「・・・どうしたの?」



153:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 10:51:38 ID:SJoeS7qM

メリー「・・・天狗のお面はあげないよ?」

男「いや、いらねぇよ」

メリー「・・・じゃあなに?」

男「いや・・・なんかあそこの車両ドアに見覚えのあるやつが居たような」

メリー「・・・え?」

男「・・・・・ちょっと行ってみてくる」



154:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:46:07 ID:SJoeS7qM

~車両ドア付近~

犬娘「ふぅー・・・危なかったのじゃ・・・って、わわわ!こっちにきたのじゃ!?」

犬娘「あわわわ!?ふ、風呂敷!風呂敷!」

ガラッ

男「・・・あれ?・・・・んー・・・気のせいだったか」

風呂敷饅頭「・・・・・・・・・・・・・・・・」

風呂敷饅頭(ふぅー・・危なく見つかるとこだったのじゃ)

男「・・・・・・・・・・・・・・」



155:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:52:52 ID:SJoeS7qM

男「・・・・・・・・・・・・・」

風呂敷饅頭(くくく・・・それにしても、犬娘の変装に気がつかないなんてコイツはやっぱり相当な鈍感やろうじゃ!)

男(・・・尻尾が見えるなぁ)

尻尾「パタパタパタパタ」

男(うごいてんなー)

男「・・・・・・・・・」ギュッ

風呂敷饅頭「はうっ!?」



156:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 19:55:58 ID:SJoeS7qM

男「・・・・・」サワサワサワサワ

風呂敷饅頭「あっ・・・だめぇっ!?」

男「・・・・・・・・」ギュッ

風呂敷饅頭「ひゃぅっ!?」

男「・・・お前犬娘だろ」

風呂敷饅頭「・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」



157:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 20:00:13 ID:SJoeS7qM

風呂敷饅頭「ヒ、ヒトチガイデス・・・」

男「・・・・・・」ギュウッ!

風呂敷饅頭「あうっ!?」

男「てかもうバレバレだから・・さっさと白状しろ」ギュッ

犬娘「や、やめっ!・・し・・っぽはぁあ!?」

男「・・・・・・・・」ニヤニヤ



158:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 20:38:39 ID:MRVrY2OY

犬娘「・・・お主はなにがしたいのじゃ・・・もぅ」

男「それはこっちのセリフだよ」

犬娘「猫娘はただ、やられっぱなしは気に入らないから復讐しに来ただけなのじゃ」

男「・・・どうやら、まだ懲りてないみたいだな?また尻尾をニギニギしてやろうか?」グッパグッパ

犬娘「にゅふふ・・・それはどうじゃろうなぁ?」

男「ん?」



160:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 20:43:05 ID:MRVrY2OY

犬娘「先ほどのあれが、すべて演技じゃとしたら・・・・」

男「・・・・なんだと」

犬娘「にゅふふ・・・うかつに近づいたらこっちからお返しのラリアットが炸裂じゃ!」

男「・・・・・・・・・・」

犬娘「ほれほ~れ!どうした~?こんのか~?ん~?ひゃぅっ!?」

男「それって遠まわしに弱いから触らないでくれって言ってるよなもんじゃん」モミモミ



164:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 20:47:59 ID:MRVrY2OY

~5分後~

犬娘「ひゃっ・・・ひゃ・・め」ピクッ・・・ピクッ

男「なんかやりすぎちゃったな」

犬娘「お・・・おぬひは・・・なんで・・こんにゃに・・・いじわりゅすりゅんひゃ・・」

男「ん?なんだって?」

犬娘「お、おぬしはなんでこんなにいじわるするんじゃ!」



165:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 20:51:40 ID:MRVrY2OY

男「ん?んー・・・なんでって言われると・・・んー・・・」

犬娘「あっ!わかったぞ!お主、犬娘のことが好きなんじゃろ!だからこんなにいじわるしとるんじゃひゃっ!?」

男「それはないなー」ニギニギ

犬娘「じゃ、じゃから尻尾はやめるのじゃーー!?」

男「・・・・却下」ニギニギ

犬娘「うっ・・・ううううぅ・・・・」



166:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:01:43 ID:MRVrY2OY

~15分後~

男「さて、そろそろ戻るか」

犬娘「あ・・・・あぅ・・・・」ピクピク

男「じゃあなー」

犬娘「お・・・・おぼえておるのじゃ・・・・・ぞ・・・・」

ガラガラ

男(ちょっとやりすぎたかな?)

男「ただいまー・・・・っと?」



167:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:03:25 ID:MRVrY2OY

座敷「すぴー・・・・すぴー・・・」

メリー「ぐがー・・・・・ぐがー・・・・・」

男「二人とも寝てんのか・・・・ふぁぁああああ・・・・」

男(・・・・俺もねみぃ・・・・)

男「・・・当分先だし、少し寝ておくか」

男「ふぁああぁぁあ・・・・・」



168:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:10:15 ID:MRVrY2OY

男「・・・・・・・・」

犬娘「・・・うぅ・・・も、もうやめるのじゃぁ・・・・」

男「やめるって何を?」

犬娘「あぅっ!?・・・そ、そこをまさぐるのをや、やめるのじゃ・・・うぅ」

男「お前命令できる立場か?」

犬娘「ひぅぅ!?」

男「お前のいじめられてる顔っていいなぁ」



169:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:13:32 ID:MRVrY2OY

犬娘「・・・うぅう・・・もう・・いやなのじゃぁ・・・」

男「ん?そうかー・・・・じゃあやめるか」

犬娘「ふぇ?」

男「いやなんだったら、別にいいよ。お望み通りやめてやるよ」

犬娘「そ、そんな・・・・」

男「嫌なんだろ?よかったなお望み通りやめてもらえて」

犬娘「う・・・うぅぅ・・・・」



170:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:17:52 ID:MRVrY2OY

犬娘「・・・そ、その・・・・・」

男「ん?どうした?」

犬娘「お、お主が・・・どうしてもというなら・・・」

男「・・・・・・・・・・・」

犬娘「さ・・・さわらせてあげても・・・い、いいのじゃ」

男「そんな上から目線で言われてもな」

犬娘「・・・・・ぐぅぅ・・・・」



171:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:20:20 ID:MRVrY2OY

男「はっ!?」

座敷・メリー「すー・・すー・・・」

男「・・・なんだ・・・夢か」

犬娘「・・・くー・・・・くー・・・・」

男「・・・・・・・・・・」

犬娘「・・・すーすー・・・・」

男「何でお前が俺のひざの上に居る」



172:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:24:25 ID:MRVrY2OY

犬娘「・・・んにゅう・・・・・」

男「・・・・・・」ツンツン

犬娘「・・・・んん・・・・ん・・・」

男(ほっぺやわらけ)ツンツン

犬娘「・・・・・ん・・・ぅん・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」

男(さっきの夢はなんだったんだ?)



173:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:27:50 ID:MRVrY2OY

男「んー・・・・・」フニフニ

犬娘「・・・ひゃぅ・・・・・すーすー・・・」

男(欲求不満なんかな俺・・・・)

男「・・・・・・・・・・・・」

男「てか動けん。こいつを起こ・・・・」

犬娘「ふにゅぅ・・・・・すー・・・」



174:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/14(木) 22:29:52 ID:MRVrY2OY

男「・・・・・・・・・・・・・」

男(寝てるとおとなしくて可愛いもんだな)

男「・・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・」ナデナデ

犬娘「・・・・・うー・・・・ばっちゃー・・・・・」

男(ばーちゃんと勘違いしてんのか)



175:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:25:54 ID:WnwWdBVc

男「・・・・・・・・・」

男(なんかいたずらしたいなー)

犬娘「・・すーすー・・・すーすー・・・」

男「・・・・・コチョコチョコチョ」

犬娘「・・・・にゃぅ・・・ん・・・」モジモジ

男「んー・・・・・・こういうのじゃないんだよなぁ」



176:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:30:01 ID:WnwWdBVc

~1時間後~

犬娘「・・・んぁ・・・・ぁ?」

男「やっと起きたか。てかさっさとどけ」

犬娘「んー・・・・ん?」ゴシゴシ

男「・・・・・・・・・・」

犬娘「んー・・・・?なんでお主がここにおるんじゃ?」ウツラウツラ



177:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:33:10 ID:WnwWdBVc

男「そりゃこっちのセリフだ」ベシッ

犬娘「あたっ?!」

男「目が覚めたか?」

犬娘「痛いのじゃ・・・・・」

男「さっさとどけよ」

犬娘「・・・・どいてほしい?」



178:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:37:14 ID:WnwWdBVc

男「・・・・・・・」ベシッ

犬娘「あうっ?!だ、だからなんでデコピンするんじゃ!やめるのじゃ!」

男「言うことをちゃんときいたらやらないよ」

犬娘「なんで犬娘がお前の言うことを聞かないといけないのじゃ!」

男「・・・・・・」ベシッ

犬娘「きゃっ!?ま、また!?」



179:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:41:27 ID:WnwWdBVc

男「・・・・」ベシベシベシベシ

犬娘「痛い!?痛いのじゃ!?や、やめ・・・」

男「俺の言うこと・・・」

犬娘「うぅ・・・・わ、わかったのじゃ・・・聞くのじゃ・・・」

男「最初からそうしろよ」

犬娘「お前は暴君じゃ・・・こんなのただの恐怖政治じゃ・・・・」



180:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:49:12 ID:WnwWdBVc

男「ちゃんと言うこと聞けたな」ナデナデ

犬娘「・・・・ん」

男(頭なでてやると素直になるんだな)

男「・・・・・・・・・・・・・」

男「・・・・お手」

犬娘「やらんのじゃ」



181:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 11:53:28 ID:WnwWdBVc

男「・・・・・・・」ナデナデ

犬娘「・・・んー」

男「お手」ナデナデ

犬娘「だ、だからやらんのじゃ!」

男(んー・・・さすがにやってくれないか)



182:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 19:56:17 ID:hkd.2gDQ

男「そういえば、お前これからどうすんの?」ナデナデ

犬娘「ぬ?」

男「いや、じーちゃんの家に戻るんだろ?」

犬娘「帰り方がわからんのじゃ。じゃからとりあえずはお主についていくのじゃ」

男「え゛?ウチにくんの?」

犬娘「ふふふ・・・盛大に持て成すがいいのじゃ!」

男「いや、普通に帰れ」ベシッ



183:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 20:10:10 ID:hkd.2gDQ

犬娘「い、痛いのじゃー・・・」

男「ウチに来るとしても頼み方ってもんがあるだろ?」ナデナデ

犬娘「うぅ・・・お、お邪魔させてもらうのじゃ・・・」

男(頭なでるだけでここまで素直になるのか)

男「チンチン」

犬娘「だからやらんのじゃ!それになんでさっきよりも難度が高くなってるのじゃ!」



184:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 20:18:36 ID:hkd.2gDQ

男「ハウス!」

犬娘「遠まわしに帰れといってるのか!?」

男「よくわかったな。英語がわかるとは思わなかった」

犬娘「お前はすごく意地悪じゃ!性悪じゃ!ろくでなしじゃ!」

男「そのろくでなしの家に厄介になろうとしてるお前はそれ以下ってことだぞ」

犬娘「う・・・・うぬぬ・・・・・」



185:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 23:33:15 ID:hkd.2gDQ

~男の家~

男「ただいまー」

メリー「ただいまー!」

座敷「ただいま戻りましたー」

犬娘「はっはっは!お邪魔してやるのじゃー!」

バタン、ガチャッ

犬娘「あ、あれ?お、お主、まだ犬娘が入ってないぞー?おーい・・・」



186:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 23:38:16 ID:hkd.2gDQ

~茶の間~

犬娘「うぅ・・・家に入れてもらうまでに何回土下座したとおもっとるんじゃ・・・」

座敷「あはは・・」

男「その図々しさを少しは直せ」

メリー「・・・そういえばその子の部屋はどうするの?」

男「あ、そういえば・・・・」



187:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 23:46:26 ID:hkd.2gDQ

メリー「・・・いっとくけどわたしのテントは無しね」

男「俺の部屋ももう二人で使ってるしなー」

犬娘「な、なんじゃ?!もしかして犬娘の居場所はないのか?!」

男「あぁ。すまない。だから出てってくれ」

犬娘「そ、そんな・・・・」

座敷「男さんも意地悪ですねー・・・」



188:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/16(土) 23:59:20 ID:hkd.2gDQ

~男の部屋~

犬娘「おー!ここが犬娘の部屋かー!」

男「俺の部屋だ。俺主人、お前居候」

座敷「とりあえず、少しお部屋のお片づけをしましょうか」

犬娘「うむ!がんばるのじゃー!」

男「めんどくせーなー・・・・」



189:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 00:02:09 ID:Eh5Iz6QU

座敷「よいしょっと・・・」ドサッ

男「うしょっと・・・・」ドサッ

犬娘「のじゃ!」ガラガラガラ

座敷「よいしょっ・・・」ドサッ

男「しょっと・・・・」ドサッ

犬娘「のじゃ!」ガラガラガラ



190:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 00:08:35 ID:Eh5Iz6QU

男「お前わざとやっとるんか?」グリグリ

犬娘「い、犬娘はいつだって真面目じゃ!」

男「もういい、お前ちょっと外に出てろ」

犬娘「手伝うのじゃ!」

男「外に出てろ」ナデナデ

犬娘「うぅ・・・」



192:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 16:40:06 ID:BQ6vv6PM

~15分後~

男「・・・まぁこんなもんか」

座敷「なんだか広く感じますね」

男「どれ、犬娘を呼んでくるか」

座敷「はーい」



193:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 16:47:06 ID:BQ6vv6PM

~茶の間~

テレビ「・・・それではまた明日。ごきげんよう」

メリー「・・・・・・・」ペラッ

犬娘「・・・・むー」

男「あ、いたいた。おい、片付け終わったぞ」

犬娘「む?おぉ!いま行くのじゃ!」



194:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 16:55:58 ID:BQ6vv6PM

犬娘「・・・・3分じゃ無理じゃと思うがのう」

男「あ?」

犬娘「ううん。なんでもないのじゃ」

男「・・・・・・・・・・・・・・」



195:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:02:49 ID:BQ6vv6PM

~男の部屋~

犬娘「おぉ!結構広くなったのじゃ!」

座敷「これが犬娘ちゃんのお布団です」

犬娘「おぅおぅ。ご苦労じゃった」

男「だからなんで上から目線なんだよ」ベシッ

犬娘「いあっ!?」



196:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:08:28 ID:BQ6vv6PM

男「ほれ、ちゃんとお礼をいえ」

犬娘「あ・・・ありがと・・・なのじゃ」

座敷「いえいえ。いいんですよ」

男「まぁでも、ちゃんと言えたな」ナデナデ

犬娘「・・・あふ・・・・」



197:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:14:14 ID:BQ6vv6PM

~夕食~

男「・・・・というわけでじーちゃん家からついて来た、もとい憑いて来た犬娘だ」

犬娘「なにかすごーく失礼な感じがするが・・・よろしくなのじゃ」

母「あらあら~よろしくね~」

男「それじゃ、いただきます」

座敷「いただきますー」

メリー「いっただっきまーす!」



198:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:21:23 ID:BQ6vv6PM

犬娘「いただくのじゃ」

母「ん~・・・・」

犬娘「?」

母「・・・・・・・」サワサワ

犬娘「?なんじゃ?」

母「この耳本物なのね~」



199:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:24:33 ID:BQ6vv6PM

~風呂~

男「・・・・・・」ゴシゴシ

ガラガラッ!

犬娘「ふっはっは!おぬ・・・・・」

ガラガラピシャッ!

ガラガラ

犬娘「ま、まだ何もいっとらんのじゃ!」



200:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:32:02 ID:BQ6vv6PM

男「なんか用か?」ザバー

犬娘「犬娘も入るのじゃ!」

男「いや、俺もうあがるけど」

犬娘「まぁまぁ、そういうでな・・・・え?」

男「いや、もう髪も体も洗ったし」

犬娘「な、なんじゃと!?」



201:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:39:59 ID:BQ6vv6PM

男「・・・・あー、そうか。そういえばシャンプーハットウチにないからな」

犬娘「ぬ・・・・」

男「一人じゃシャンプーできないもんなー」

犬娘「ふ、ふん!きょ、今日は特別にお前に犬娘の髪を洗わせてやるの・・・」

男「別にいいや」ガラガラガラ

犬娘「ま、まつのじゃああ!?」



202:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:47:19 ID:BQ6vv6PM

~5分後~

男「はじめっから素直にいえばいいのに」ワシャワシャ

犬娘「ま、まだかの~?」

男「まだだよ」ワシャワシャ

犬娘「・・・ま、まだかのー?」

男「そんなに目を開けたいなら開けてみろ。染みるぞ」

犬娘「うぅ・・・・・」



203:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:53:52 ID:BQ6vv6PM

犬娘「はふ~~・・・・♪」

男「なんで俺も一緒に湯船に入ってるんだよ」

犬娘「風呂は一人ではいるより、大勢で入ったほうが楽しいのじゃ!」

男「ふーん」ナデナデ

犬娘「な、なんじゃ?」

男「んー?なんとなく」



204:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 17:58:48 ID:BQ6vv6PM

男「・・・・・・」ナデナデ

犬娘「・・・・・・うー」コテン

男(あ、力が抜けてきた)ナデナデ

犬娘「・・・・はふ」

男(・・・シャンプーの匂い・・・)クンクン



205:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 18:03:24 ID:BQ6vv6PM

男「・・・・・・・」ギュッ

犬娘「・・・・んー?」

男(抱き心地いいなぁ)ギュッ

犬娘「・・・な、なんじゃ?」

男「・・・・・・・・・」



206:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 18:11:42 ID:BQ6vv6PM

犬娘「・・・?なんじゃ?尻になにか・・・ん?」サワサワ

男(げっ!?やばっ!)

犬娘「・・・・なんじゃ?」

男(こうなったら尻尾を!)ギュッ!

犬娘「ひゃっ!?」ビクッ

男「・・・・・・・・・・」ニギニギニギニギ

犬娘「あぅぅ・・・・」ビクビク



207:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 18:16:04 ID:BQ6vv6PM

~10分後・男の部屋~

犬娘「はぅぅー・・・・・」グルグル

座敷「のぼせちゃったみたいですねー」パタパタ

男「あ、あぁ」

座敷「?どうかなさいました?」

男「いや、なんにも」

男(まさか、犬娘であんなことになるとは・・・・溜まってんのかな俺・・・)



208:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 20:00:08 ID:BQ6vv6PM

恒例のお遊び(´・ω・`)

夜に目が覚めたら同じベッドの中に犬娘が

1いた
2いない
3気がついたら自分が犬娘の布団に居た
4一線を越えない範囲で要望を

>>213までで多かったやつでお願いします(´・ω・`)



209:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 20:15:40 ID:zRgnkHrk

いない



210:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 20:30:06 ID:QCX28Jso

犬娘の布団に…



211:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 21:16:50 ID:mSPCVBhM

4



212:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 21:17:49 ID:mSPCVBhM

1



213:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 21:22:18 ID:/uThd3bA




214:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 21:58:34 ID:BQ6vv6PM

~深夜~

ゴッ!

男「・・・って!・・・・ん?」

犬娘「んー・・・・・んんー・・・」

男(寝ぼけて頭突きしてきやがった)

男「・・・てか、なんで俺のベッドに・・・・」

犬娘「んんー・・・・・」



215:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 22:04:16 ID:BQ6vv6PM

犬娘「んーー・・・・」モゾモゾ

男「・・・・・・げ」

犬娘「くかー・・・・くかー・・・」

男(足を絡めてきやがった)

男「・・・・・・・・・・・」

男(・・・いいにおいだな)



216:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 22:11:19 ID:BQ6vv6PM

男「・・・・・・」ダキッ

男(なんで抱きついてんだろ?)

犬娘「ん・・・・・ん~・・・・?」

男(うわー・・・あったけー)

犬娘「・・・・・・・・・」ペロペロ

男「うわっ!?」ゾクゾクッ

男(な、舐めてきやがった・・・)



217:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 22:16:52 ID:BQ6vv6PM

犬娘「んぅ・・・こんどこそ・・・・」

男「ん・・・・?」

犬娘「まけんのじゃー・・・・・んー」

男「・・・・・・・・・・」

犬娘「すー・・・・すー」

男「・・・・・・・・」ナデナデ



218:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 22:23:10 ID:BQ6vv6PM

~翌朝~

ピピピピッピピ・・・・

座敷「ん・・・ふぁ~~・・・・」カチッ

ザザー

座敷「今日は雨ですかー・・・」ウツラウツラ

座敷「さてと、男さんたちを起こしましょうか」



219:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 22:25:36 ID:BQ6vv6PM

座敷「犬娘ちゃーん」ユサユサ

座敷「・・・あれ?いない?」

座敷「・・・・?」

座敷「・・・・・・・・!?」

座敷「えっ、えっ、えー?!」

男・犬娘「くー・・・・くー」



220:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/17(日) 22:30:13 ID:BQ6vv6PM

座敷(こ、これは・・・・・!?)

座敷(お、お二人の仲はもうここまで進んでいたんですか?!)

座敷「あわわわわ・・・・?!」

座敷(と、とりあえず・・・おこ・・・・)

座敷(お、起こさないであげたほうが、い、いいんでしょうか?)

座敷(お、お二人のためにも・・・)



223:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 21:03:03 ID:8EMw5sGI

男「・・・・んー・・・・・」

犬娘「・・・すー・・・すー・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・・」

犬娘「・・・・すー・・・すー・・・・」

男(あー・・・・寝てるこいつは可愛いなぁ・・・・寝てるこいつは)ギュッ

犬娘「・・・あぅ・・・・・・・むにゃむにゃ・・・・」



224:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 21:04:45 ID:8EMw5sGI

男「ふぁあぁああ・・・・・起きるか・・・・」ボリボリ

犬娘「くー・・・くー・・・」ゴロン

男「・・・・・・・・・」

ガチャッ、バタン



225:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 21:07:49 ID:8EMw5sGI

男「・・・・・・・ん?」ボリボリ

座敷「はわわわわわ・・・・・」

男「・・・・なにしてんだ、こんなとこで?」

座敷「う、うわっ!?お、男さん?!あ、あの!?お、おはようございます?!」

男「あー、おはよ」

座敷「わ、わたし先に下に行ってますね!」タタタタタタ

男「あ、うん」



226:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 21:09:11 ID:8EMw5sGI

男(・・・何か様子がおかしい・・・)

男「・・・・まぁいいか」

男「・・・・・・それにしても朝から暑いなー・・・・」



227:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 21:10:57 ID:8EMw5sGI

~男の部屋~

犬娘「くかー・・・・」ゴロン・・・ドサッ

犬娘「う・・・・うぅー?」ゴロゴロゴロゴロ

犬娘「い・・・・くのじゃー・・・・・」ゴロゴロゴロ

ゴンッ!

犬娘「あぐっ!?ぎゃあああああああ!?」ガラガラガラ!



228:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 21:16:34 ID:8EMw5sGI

ガチャッ

男「・・・・お前なにしてんの?」

犬娘「な、なんじゃ!?地震か!?」

男「っておい、せっかく片付けたもんを散らかすな」

犬娘「お、お主!地震じゃ!?地震が来たのじゃ!?早く机の下に隠れるのじゃ!?」

男「落着け」ペシッ



229:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 22:35:04 ID:8EMw5sGI

犬娘「なんじゃー・・・夢であったか・・・・」

男(あんだけ安らかに寝ててみてる夢は災害かよ)

男「ほれ、顔洗って、朝飯だぞ」

犬娘「朝飯か!さっさと行くのじゃ!」

男「その前に顔を洗え。ほれ、洗面所行くぞ」

犬娘「要らぬ世話じゃ。さっさと朝飯に行くのじゃー!」



230:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 22:41:09 ID:8EMw5sGI

~洗面所~

犬娘「・・・お主はすぐに暴力を振るうのじゃ・・・・」サスリサスリ

男「いいから、ほれ、いくぞー」ギュー

犬娘「ん?なんじゃ・・・?!ん?!んんー!?」

男「お前を待ってると時間がいくらあっても足りないからな」ゴシゴシゴシゴシ

犬娘「んー!んー!!」

男「・・・・・・・・・・」



231:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 22:44:24 ID:8EMw5sGI

犬娘「ゴシゴシしすぎじゃ!いたいのじゃ!」

男「じゃあ次からは自分でやれ」

犬娘「・・・・・うぅ・・・」

男「ほら、次は寝癖だ」

犬娘「もういいのじゃー!このくらい誰も気にしないのじゃー!」

男「いいからいうこと聞いとけ」ナデナデ

犬娘「・・・・・・あぅ」



237:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/24(日) 22:33:57 ID:.npgBzHs

~朝食~

男「いただきまーす」

メリー「いただきあーす」

犬娘「いただくのじゃ!」

座敷「・・・い、いただきます」

男(?なんか貞子の様子が変だな)ズズー



238:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/24(日) 22:42:12 ID:.npgBzHs

男「そろそろ時間か・・・んじゃいってくるよ」

母「は~い、いってらっしゃ~い」

メリー「男ー、帰りにチョコミントのアイス買って来いよー」

男「自分で買いに行って来い」

座敷「・・い、いってらっしゃいです、男さん」

男「?。あぁ、それじゃーな」

犬娘「?」



239:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/24(日) 22:46:21 ID:.npgBzHs

ガチャッ、バタン・・・

犬娘「男はどこに出かけたんじゃ?」

母「学校よ~」

犬娘「あれくらいの年でもまだ学校に行っとるのかー」

母「そりゃね~」

犬娘「ふむ・・・・楽しそうじゃのー・・・・・ふむ・・・・・楽しそうじゃの~」



242:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:27:01 ID:ujaMmed6

~放課後~

男「たっだいまーっと」

メリー「・・・おかえり」

座敷「お、おかえりなさいです」

男「ん。・・・ん?犬娘は?」

メリー「・・・え?会ってないの?」

男「?」

メリー「今日の朝に男の後をつけていったはずだけど」



243:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:30:47 ID:ujaMmed6

座敷「お会いになっていないんですか?」

男「いや、会ってないけど」

メリー「・・・今日の朝から戻ってないけど」

男「・・・ちょっと探しにいってくる」

座敷「あ・・・お、男さん私も・・・」

男「わかった。メリーはアイツが戻ってきたら俺に電話入れてくれ」

メリー「・・・はいはい」



246:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 21:23:50 ID:RCw1lZ7Y

~探索中~

男「あいつどこいったんだ・・・・」タタタタ

男「俺の後を着けて来たって行ってたけど・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

男「通学路の辺りを探すか!」

タタタタタタ



247:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 21:25:47 ID:RCw1lZ7Y

座敷「・・・・あっ」

ヤギ「・・・・・・・」モシャモシャ

座敷「・・・・・・・・・・」

ヤギ「・・・・・・・・・・」モシャモシャ

座敷「あ!そ、そうだ!今は犬娘ちゃんを探さないと!」タタタタタ

ヤギ「・・・・・・・・・」モシャモシャ



248:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 21:27:10 ID:RCw1lZ7Y

男「・・・・・・・・」タタタ

男「・・・・・・・・・」タタタタ

男「・・・・・・・・・・」タタタタタ



249:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 21:30:26 ID:RCw1lZ7Y

~30分後~

男「い・・・・いねぇ・・・・・はぁ・・はぁ」

男「ここらに・・・いないとなると・・・・」

男「・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・学校に行ってみるか!」



250:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/28(木) 21:34:42 ID:RCw1lZ7Y

男「・・・・・・・・」タタタタタ

男「・・・・・・・・・・」タタ・・・・

男「・・・・・・ん?」

犬娘「・・・・・・・・・・・」



253:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 18:01:21 ID:G0LhcOJQ

~空き地~

犬娘「あ・・・・あぁ・・・・・」

男「やっとみつけた・・・・・」

犬娘「うわあぁああぁぁああああ!」ヒシッ!

男「うおっ!?」

犬娘「や、やっと帰れるのじゃぁぁあああ!」ボロボロ

男「ったく・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・・・」



254:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 18:05:41 ID:G0LhcOJQ

男「ちょっといいか?」

犬娘「・・・・ぅ?」グシグシ

男「お前なんかすっごくくさい・・・・」

犬娘「ずずずっ・・・・しょれは・・・・」



255:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 18:08:38 ID:G0LhcOJQ

~登校時間帯~

犬娘「・・・む、ここを曲がったのじゃ」

犬娘(にゅふふ・・・尾行されているとも知らないで・・・・)

犬娘「・・・・あれ?いなくなったのじゃ」

犬娘「・・・・・・・・・・・」

犬娘「・・・たぶんこっちじゃ!」



256:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 18:18:19 ID:G0LhcOJQ

~空き地~

男「・・・・そのあとに町をさまよった挙句ドブに落っこちた・・・と」

犬娘「・・・・うん」

男「人のこと尾行なんかしようとするからだ」

犬娘「・・・・ごめんなさい」

男「・・・・・・・・・・・・」

男(・・・・なんか変に素直だな)



257:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 18:21:11 ID:G0LhcOJQ

~男の家~

男「ただいまー」

犬娘「ただいまなのじゃ・・・・」

メリー「・・・あ、おかえりー・・・なんかくさい」

男「風呂沸いてるか?」

メリー「・・・うん」

男「先にコイツ風呂に入れてくるわ。わりぃんだけど貞子に連絡いれててくれ」



258:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 18:27:41 ID:G0LhcOJQ

~風呂~

男「・・・・・・・・」ワシャワシャ

犬娘「・・・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」ワシャワシャ

犬娘「・・・・・・あの」

男「ん?」



259:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/01(日) 18:32:30 ID:G0LhcOJQ

犬娘「・・・・心配をかけてすまなかったのじゃ」

男「さっき謝っただろ。もういいよ」ワシャワシャ

犬娘「・・・でも」

男「ほれ、流すぞ、目ぇつぶれ」

犬娘「・・・・・・・・・」ジャー



263:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 20:02:34 ID:6G2rz1sA

犬娘「・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」

バッシン!

犬娘「いっ?!」

男「いつまでも落ちこんでるなって」

犬娘「な、なにするんじゃ!!」

男「背中に張り手しただけだ」

犬娘「な、なんで張り手なんてする必要があるんじゃ!」



264:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 20:15:20 ID:6G2rz1sA

男「いや、あんまりにも落ち込んでたから。でもほれ、おかげで直ったじゃん」

犬娘「背中がヒリヒリするのじゃ・・・・」

男「そーかそーか。じゃあもっかい背中洗うか。たわしで」

犬娘「そ、そんなことしたら出血するのじゃ!」

男「冗談だよ。でも吹っ切れただろ?」

犬娘「・・・お主は優しいのか意地悪なのかわからんのじゃ」



268:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 21:45:23 ID:6G2rz1sA

男「ふぃ~・・・・・」チャポン

犬娘「・・・・・・・・・・・・」

男「なんだ?まだ気にしてるのか?もう一発張り手いっとくか?」

犬娘「なんでお主はすぐ暴力に走るのじゃ!・・・・ただ」

男「ただ?」

犬娘「お主は犬娘のことが嫌いそうなのに何で探しにきたのじゃ?」



269:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 21:57:20 ID:6G2rz1sA

男「そりゃいきなり居なくなったら心配するだろ」

犬娘「嫌いなのに心配なのか?」

男「別に嫌いじゃねーよ?」

犬娘「嘘じゃ!いっつも暴力振るったり意地悪してくるのじゃ!」

男「そこまで嫌いだったらお前の髪洗ってあげたりしないだろ」

犬娘「むむ・・・・・・」



270:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 22:01:07 ID:6G2rz1sA

男「なんだかほっとけないんだよ」ナデナデ

犬娘「・・・・・・・・うぅ」ブクブク

男「きたねぇからやめろ」

犬娘「・・・と、とりあえず・・・じゃ」

男「ん?」

犬娘「探しに来てくれて・・・・その・・・ありがとうなのじゃ」



271:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 22:08:45 ID:6G2rz1sA

男「だからもういいっていっただろ」

犬娘「お、お主が良くても犬娘が納得してないのじゃ!」

男「・・・・じゃあどうしたらいいんだよ」

犬娘「恩を借りたままにするのは嫌なのじゃ!」

男「そうなると今まででいくつの恩を返さなきゃいけない事やら・・・」

犬娘「そうじゃのう。いままでいくつの恩をお主に売ったことやら」

男「調子のんな」ベシッ

犬娘「あいたっ?!」



272:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 22:19:21 ID:6G2rz1sA

犬娘「と、とにかくじゃ!今回のお礼に・・・その」

男「・・・・・・・・」

犬娘「ひ、ひとつだけお主の言うことを聞いてやるのじゃ・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・」

犬娘「・・・・・・・・・・・・」

ピチョン



273:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 22:23:35 ID:6G2rz1sA

~茶の間~

座敷「はふ~」カラン

メリー「貞ちゃんおつかれ」

座敷「ありがとうございました。おかげで一息つけましたー」

メリー「それはよかった」

座敷「・・・・・・・・・あ」

メリー「?」



274:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 22:26:06 ID:6G2rz1sA

座敷「そ、そうです!さっきヤギさんが居たんです!」

メリー「え゛?」

座敷「河川敷でなにか本?のようなものを食べていました!」

メリー「ちょ、ちょっといってくる!」



275:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/02(月) 22:26:53 ID:6G2rz1sA

お遊びいるかな?(´・ω・`)



276:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 00:01:25 ID:X9OTLmYE

>>275
ぜひとも



277:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 00:19:00 ID:oLkJMz/s

>>276ありがとう(´・ω・`)

いうことをひとつ聞いてくれるらしい(´・ω・`)

1、お手
2、ち○ちん
3、気が済むまでなでなで
4、気が済むまで尻尾にぎにぎ
5、エ口過ぎず、行き過ぎない程度になにか要望を

>>280さんお願いします(´・ω・`)



280:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 00:59:39 ID:BaF4KAU2

3でお願いします



283:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 18:31:39 ID:oLkJMz/s

~脱衣所~

男「ひとつだけ・・・・ねぇ」

犬娘「うむ」ゴシゴシ

男「いう事を二つ聞くっていうのは?」

犬娘「却下じゃ!」パンッ!パンッ!

男「だからタオルで股を叩くのをやめろ」



284:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 18:43:59 ID:oLkJMz/s

~男の部屋~

男「うーん・・・・・」

犬娘「さっきからもう3時間もたつのじゃ」

男「・・・・・・・・・・・・」ジーー

犬娘「そうじゃ!変わりに犬娘が決めて・・・」

男「却下だ」

犬娘「むー・・・・」



285:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 18:50:33 ID:oLkJMz/s

犬娘「じっちゃとばっちゃにも犬娘の肩揉みは最高じゃといわれたのに・・・」

男「しかも肩揉みかよ」

犬娘「な、なんじゃ?!それ以上の事を要求するつもりだったのか?!」

男「肩揉み以上のことぐらいいくらでもあるだろ」

犬娘「むー・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・よし、きまった」

犬娘「おぉ!やっと決まったのじゃ!」

男「とりあえず貞子が寝たら俺のとこに来い。話はそれからだな」



286:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 18:57:44 ID:oLkJMz/s

~深夜~

犬娘「なんで貞子が寝てからなんじゃ?」

男「まーいいから、とりあえずこっちこい」

犬娘「んー?」

男「ほれ、ひざのうえに座れ」

犬娘「うむ?」ストン



287:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:01:40 ID:oLkJMz/s

犬娘「それで?何をするんじゃ?」

男「とりあえず気が済むまでお前を撫で続ける」

犬娘「・・・・・ん?」

男「だから、気が済むまでお前を撫で続ける」

犬娘「なんじゃ!そんな簡単な事でいいのか!」

男「まぁ、簡単かどうかはやってみないとな」



288:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:03:45 ID:oLkJMz/s

~なでなで開始~

男「・・・・・・・・・・」ナデナデ

犬娘「・・・・はふぅ」

男「・・・・・・・・・・」ナデナデ

犬娘「・・・・・・・・あぅ」

男「・・・・・・・・・・」ナデナデ



289:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:14:10 ID:oLkJMz/s

~なでなで15分~

男「・・・・・・・・・・」ナデナデ

犬娘「・・・・・・・・」コテン

男(もたれかかってきたな)

犬娘「・・・・・・・・」

男(すこしあごのあたりをくすぐってやるか)コショコショ



290:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:18:12 ID:oLkJMz/s

犬娘「んんー・・・・・」

男(なんか落ち着くなー)コショコショ

犬娘「はぅ・・・・・わぅ・・・・」

男(やべぇ・・・)ダキッ

犬娘「わぇ・・・?」

男(やっぱりおとなしいといいなぁ・・・)ギュッ



291:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 19:24:18 ID:oLkJMz/s

犬娘「・・・あ」

男「ん?」

犬娘「も、もう終わりか?な、撫でるの・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」ナデナデナデナデ

犬娘「・・・はうぅ・・・・」



292:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/03(火) 21:54:21 ID:oLkJMz/s

男(あー・・・・抱き心地がいい・・・・やわけー・・・・つってももうこんな時間か)

男「そろそろ寝るかー」ナデナデ

犬娘「・・・・んー・・・・・」コテン

男「どれどれ、じゃあコレで仮は無しな」

犬娘「・・・・・・え」

男「ん?」



295:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/04(水) 19:32:13 ID:HGGl0gsw

~10分後~

男「で、なんで一緒に寝る事になるんだか」

犬娘「んーん・・・・・・・」

男「・・・・・・まぁいいか」ナデナデ

犬娘「・・んふふ・・・・おとこぉ・・・・・もっとぉ・・・」

男「あぁ・・・って寝言か」ナデナデ

犬娘「んふ~・・・・・むにゃむにゃ」

     一旦おわり(´・ω・`)



303:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 22:32:02 ID:gGfzaOMU

~翌朝~

男「んんー・・・・・」ユサユサ

犬娘「・・・きる・・・じゃー・・・」ユサユサ

男「んー・・・」ゴロン

犬娘「くー・・・・この・・・!」

男「ぐがー・・・・・」

犬娘「起きるのじゃーーーーー!」ドゴォッ!



304:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 22:44:36 ID:gGfzaOMU

男「げふぅっ!?」

犬娘「起きたかの?」

男「て・・・てめぇ・・・・・」

犬娘「おはようなのじゃ男」

男「な、なにしやがる・・・・」

犬娘「男が起きないのが悪いのじゃ」



305:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 22:48:53 ID:gGfzaOMU

男「・・・・・で、朝っぱらからなんのようだ」

犬娘「男を起こしにきたのじゃ!」

男「・・・・・・なんで?」

犬娘「なんでって・・・・・」

男「ちなみにまだ朝6時」

犬娘「うむ!」



306:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 22:50:35 ID:gGfzaOMU

男「うむ!・・じゃねーだろ」グリグリグリグリ

犬娘「イタタタタイタイタイ!?」

男「何より起こし方に問題がありすぎなんだよ!」グリグリグリグリ

犬娘「みぎゃああああああ!?」

男「ったく・・・・」



307:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 22:54:43 ID:gGfzaOMU

男「もう少しゆっくりしてたかったのによ・・・」

犬娘「・・・こ、こんなはずじゃなかったはずじゃのに・・・」イジイジ

男「んあ?なんか言ったか?」

犬娘「なんでもないのじゃー!ふんっ!」

男「なんでお前の機嫌が悪くなるんだよ」



308:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 23:03:02 ID:gGfzaOMU

~朝食~

犬娘「男、おかわりはいらんかの?」ニコニコ

男「ん?いや、朝だしそんなに入んないよ」

犬娘「そ、そんな遠慮する事ないのじゃ」

男「いや、べつにいいって」

犬娘「む・・・・・むー・・・・・」

母「・・・・?」



309:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 23:05:31 ID:gGfzaOMU

男「ほんじゃー、いってきまーす」

座敷「いってらっしゃいませです」

メリー「うーい・・・」

母「いってらっしゃ~い」

犬娘「男!そこまで見送りに行くのじゃ!」

男「は?」



310:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/11(水) 23:11:00 ID:gGfzaOMU

犬娘「じゃからそこまでみお・・」

男「また迷子になられると困るからここで十分だ」

犬娘「・・・・む、むぅ・・・・」

男「それじゃーなー」

バタンッ

犬娘「・・・・むー!」



314:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 20:56:07 ID:ChSW.bcM

~男の部屋~

犬娘「・・・・・・・・・・・むー」プーラプラ

犬娘「・・・・・むー」パタン

犬娘(・・・なんでうまく行かないのじゃ)

犬娘「・・・・むー!」ゴロゴロゴロゴロ

ガチャッ

メリー「・・・あら?」



315:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 20:58:03 ID:ChSW.bcM

メリー「・・・どうしたの?」

犬娘「なんでもないのじゃー!」

メリー「・・・あらそう?」ゴソゴソ

犬娘「? なにをしておるのじゃ?」

メリー「・・・んー・・・保健体育の勉強かな」

犬娘「ほけんたいいく?」



316:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 21:06:03 ID:ChSW.bcM

座敷「もう!ダメですよメリーちゃん!朝からそんなの見ちゃ!」

メリー「・・・貞ちゃんも見る?」

座敷「み、見ません!」

犬娘「? 何じゃ貞子?顔が真っ赤じゃぞ?」

座敷「ふぇ?!」

メリー「・・・うふふ・・・内心では・・・・」

座敷「ち、違いますよ?!違いますからね!?」



317:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 21:11:53 ID:ChSW.bcM

犬娘「おぉ!ビデオじゃ!知っとるぞ、これでプロレスの試合が見れるんじゃろ?」

メリー「・・・まぁ・・・うん、一味違うプロレスが見れるね」

犬娘「メリーもプロレスが好きなのか?」

メリー「・・・そうね、夜のプロレスは大好きよ」

犬娘「ぬ?プロレスに朝も夜もあるのか?」

メリー「・・・それはね・・・」

座敷「も、もう!その会話はここで終わりです!終了です!お開きです!!」



318:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 21:38:17 ID:ChSW.bcM

犬娘「メリーはどの技が好きなのじゃ?犬娘はラリアットとジャンピングニードロップが大好きなのじゃ!」

メリー「・・・そうね・・・私は松葉崩しとか乱れ牡丹とかが好きね」

座敷「・・・・?」

犬娘「うーん?聞いた事がない技名なのじゃ。もしかして日本特有の技なのか?」

メリー「・・・そうよ。日本の48ある秘技の2つよ」

犬娘「おぉー!とっても強そうなのじゃ!」

座敷「・・・・んー?」



319:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 22:34:15 ID:ChSW.bcM

ちょっとお遊び(´・ω・`)

この後犬娘は夜のプロレスのビデオを
1、見ちゃう
2、見なかった
3、行き過ぎない範囲で何か要望を

>>324までで多かったやつでお願いします(´・ω・`)



320:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 22:57:02 ID:pHBF7Ayk

1



321:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 23:18:57 ID:Ovkyr8A.

1



322:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 23:26:35 ID:T1BRH81g

1だろ



323:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 23:33:52 ID:nF63nEuc

1でオナシャス!



324:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/13(金) 23:57:39 ID:XyqFuw5o

1



326:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 14:47:25 ID:Vrmn624Q

カシャッ

座敷「あーっ?!な、なに入れてるんですか?!」

メリー「・・・好奇心はとめられないの」

座敷「うぅー・・・・」

犬娘「楽しみなのじゃ!」

座敷「い、犬娘ちゃんまで・・・・・」

メリー「・・・見たくなかったら貞ちゃんは見なくてもいいよ?」



327:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 14:52:45 ID:Vrmn624Q

~上映開始~

犬娘「・・・・・?なんで女子が出てくるんじゃ?」

メリー「・・・夜のプロレスは最低でも男女が一人ずつ必要なの」

犬娘「そうなのか!」

座敷「あぁー・・・・」チラッ・・・チラッ

メリー(・・・貞ちゃんも指の隙間からばっちり見てるなぁ)



328:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 14:57:13 ID:Vrmn624Q

~5分後~

犬娘「・・・・・?なんで自己紹介しとるんじゃ?」

メリー「・・・試合の前には名乗りをあげるでしょ?」

犬娘「なるほど!礼儀正しいんじゃなぁ」

座敷「・・・・・・・・」チラッ・・・チラッ



329:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 14:59:54 ID:Vrmn624Q

~10分後~

犬娘「なんで服も脱ぐのじゃ?」

メリー「・・・服のままっていうのもあるけど、普通は脱ぐのよ」

犬娘「ふ・・・む?」

座敷「・・・・・・・・・・・」



330:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 15:02:45 ID:Vrmn624Q

~15分後~

犬娘「な、なんじゃ?!いきなりチュウし始めたのじゃ?!」

メリー「・・・コレが夜のプロレスの始まりよ」

犬娘「む、むぅ・・・・・」

座敷「・・・・・・・」ポー



331:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 15:06:03 ID:Vrmn624Q

~20分後~

犬娘「こ、この女子?!な、なにを舐めとるんじゃ?!」

メリー「・・・そりゃあナニでしょ」

犬娘「じゃ、じゃから!なにを舐めとるんじゃと聞いてるんじゃ!」

メリー「・・・だからナニ」

座敷(・・・あ、あんなに)チラッ・・・



332:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 15:08:35 ID:Vrmn624Q

メリー「・・・ちなみに、男はコレをやられて気持ちよくなったら負けよ」

犬娘「そ、そうなのか?」

メリー「・・・女の口技の勝利よ」

犬娘「む、むぅ・・・・・・」

座敷(あ、あんなに音をたてて・・・)チラチラッ



333:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 15:12:14 ID:Vrmn624Q

~25分後~

犬娘「なんじゃ?急に男が腰を動かし始めたのじゃ?」

メリー「・・・それはね・・・・」ゴニョゴニョ

犬娘「・・・・・?」

座敷「ふぁぁ・・・・・・」チラチラ

犬娘「ココには小便の穴しかないのじゃ」

メリー「・・・いやいや」



334:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 15:15:57 ID:Vrmn624Q

~35分後~

犬娘「な、なんか白いのが出てるのじゃ?!」

メリー「・・・あれを出させたら女の勝ちよ」

犬娘「そ、そうなのか?」

メリー「・・・ほら、負けたときに白旗をあげるでしょ?あれは男側からの白旗なのよ」

犬娘「な、なるほど・・・」

座敷「・・・・・・・・・・・」ボー



335:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/14(土) 15:19:38 ID:Vrmn624Q

犬娘「な、なんだか、変な気分なのじゃ・・・」

座敷「・・・・・・・・・・・」ボー

メリー「・・・うふふ、二人には少し早かったかしら?」

犬娘「・・・・・・・・そうじゃ!」

メリー「?」

犬娘(・・・にゅふふ・・・・)



338:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 20:21:38 ID:KZF28j3k

~夕方~

男「ただいまー・・・っと」

座敷「お帰りなさいです男さん」

犬娘「お帰りなのじゃ!」

男「んー・・・・あれ?メリーは?」

座敷「あ、メリーさんは・・・・」

犬娘「男!そんなことより風呂に行くのじゃ!」



339:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 20:24:56 ID:KZF28j3k

男「風呂って・・・まだ6時じゃん」

犬娘「風呂に時間なんて関係ないのじゃ!いくのじゃー!」グイグイ

男「ちょ、ちょっとまてって、せめて制服くらい着替えさせろ!」

犬娘「今日はいつにも増して暑かったから汗いっぱいかいたじゃろ?さぁいくのじゃー!」

男「だから少し待てって!」



340:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 20:34:08 ID:KZF28j3k

~風呂~

犬娘「どうじゃ男?かゆい所はないかの?」ゴシゴシ

男「あぁ、大丈夫だ」

犬娘「そーかそーか♪」ゴシゴシ

男「・・・・・・・」

犬娘「~~♪」

男「・・・・・・・・・」



341:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 22:23:47 ID:KZF28j3k

ザバー

男「ふー・・・・ありがとな」

犬娘「・・・・・・・・」ジー

男「ん?」

犬娘「・・・・・・・・」ジー

男「な、なんだ?」

犬娘「犬娘の洗い方上手かったじゃろ?」

男「まぁ・・・・」



342:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 22:26:59 ID:KZF28j3k

犬娘「・・・・・・・・」ジー

男「・・・・・・・・」

犬娘「・・・・・・・・」ジー

男「・・・・・・・?」

犬娘「・・・・・・むー」ボコッ

男「いたっ!?なにすんだよ!」

犬娘「なんで褒めんのじゃー!」ボコッ



344:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 22:31:34 ID:KZF28j3k

男「は、はぁ?」

犬娘「むー!」

男「あー・・・・だからお前今日は妙に世話やきたがってたのか」

犬娘「ふんっ」

男(あー・・・怒っちゃった)

犬娘「・・・早く髪を洗うのじゃ!」

男(そのくせにやっぱり一人じゃ洗えないのかよ)



346:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 22:40:07 ID:KZF28j3k

チャポン

男「ふぃ~・・・・」

犬娘「・・・・・・」ブクブクブクブク

男「機嫌直せよー」

犬娘「・・・・・・」ブクブクブク!

男「・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・」ナデナデ

犬娘「・・・・・・」ブク・・・・



348:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 23:28:03 ID:uY.dYUvA

男「機嫌直せよー」ナデナデ

犬娘「んんー・・・・・・」

男「・・・こうしてほしかったのな」ナデナデ

犬娘「・・・・・・んぅ」

男「・・・・・・・・・・・」ナデナデ

犬娘「んー・・・・・」



349:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 23:33:54 ID:uY.dYUvA

男「・・落ち着いたか?」

犬娘「ぅん・・・・・」

男(昨日の夜のが癖になっちまったのか?)

犬娘「男・・・」

男「ん?」

犬娘「これから特別な事を教えてやるから・・・・その」

男「?」



350:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 23:37:05 ID:uY.dYUvA

犬娘「ま、また一緒に寝てほしいのじゃ」

男「・・・・・・まぁ、いいけど」

犬娘「ほ、ほんとか!?」

男「うん」

犬娘「そ、それじゃあ特別に教えてやるのじゃ!」

~夜のプロレスについて講義中~



351:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/15(日) 23:40:07 ID:uY.dYUvA

犬娘「・・・・・と、いうわけなのじゃ!」

男「・・・・・・・・・・・・・・」

犬娘「どうじゃ?犬娘は物知りじゃろ?じゃろ?」

男「・・・・・・・・・・・」

犬娘「?。どうしたのじゃ?」

男「とりあえず、それは絶対に人前で言うな。というか忘れろ。二度と思い出すな」

犬娘「えっ?え?」



353:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/16(月) 22:54:04 ID:lqQaXgoA

~晩御飯~

犬娘「男、ニンジンあげるのじゃ!」

男「いらねぇから自分で食え」

犬娘「変わりに肉をもらってあげるのじゃ!」ヒョイッ

男「あっ、てめっ!」

貞子「お母さん、ソースとマヨネーズいただけますか?」

母「はいは~い」ガチャッ

メリー「カレーおいしー!」



354:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/16(月) 22:59:17 ID:lqQaXgoA

犬娘「犬娘は育ち盛りじゃから野菜よりも肉が必要なんじゃー!」

男「ぬかせ!」

座敷「もっふもっふ・・・・・もぐもぐ」

母「ほらほら二人とも、お肉あげるから喧嘩しないの」

メリー「おかわりーー!」



355:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/16(月) 23:02:09 ID:lqQaXgoA

~男の部屋~

ブゥゥゥゥゥン・・・

男「・・・飯食った後に食うアイスってなんかうまいよなー」

犬娘「・・・そーじゃのー」ガリガリガリ

男「・・・・ていうか」

犬娘「・・・・・・・」ガリガリガリ

男「何で俺のひざの上に座ってんの?」



356:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/16(月) 23:10:14 ID:lqQaXgoA

男「お前が上に座ってると扇風機の風当たんないんだけど」

犬娘「・・・・・・・あむっ」

男「あっ」

犬娘「イチゴもうまいのじゃ~♪」シャリシャリ

男「にゃろー」

犬娘「にゅふふ」



357:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/16(月) 23:15:01 ID:lqQaXgoA

犬娘「しょうがないのー、お返しに小豆練乳の練乳の部分を少しあげるのじゃ、ほれ」

男「そんじゃ・・・・」ガコッ

犬娘「あぁー!?練乳がぁー!?」

男「おいしくいただきます」

犬娘「全部持っていくなんて卑怯じゃ!男の卑怯者ー!」

男「聞く耳もたん」シャリシャリ



370:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 14:19:10 ID:.Q9k8kXw

テレビ「・・・・ご覧いただこう」

男「この手の心霊もんって本物なのかねー」

犬娘「わからんのじゃ」

テレビ「・・・・キャアアアアアアア!」

犬娘「・・・・」ビクッ

男「・・・・・・・・・・・・・」



371:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 20:22:57 ID:.Q9k8kXw

犬娘「・・・・・・・・」フルフル

男「・・・・・・・・・・・・・」

テレビ「ウワアアアアアアアアアアアアアアア!」

犬娘「ひっ!?」ビクッ

男「・・・・・・・・・・・・・・」



372:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 20:25:10 ID:.Q9k8kXw

男(・・・・・・・・・そうだ)

犬娘「・・・・・・・・うぅ」

男(そりゃっ)ポイッ

ガシャッ!

犬娘「ういっ?!」ビクッ

犬娘「な、なんじゃ?!なんじゃ?!」

男「ん?どーかしたか?」



373:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 20:32:24 ID:.Q9k8kXw

犬娘「い、いま何かガタって・・・・」

男「・・・いや、聞こえなかったけど」

犬娘「そ、そんなはずは・・・・」

男「なんだ?テレビ見てびびってるのか?」

犬娘「そ、そんなことは・・・」

男「ふーん?」ニヤニヤ



374:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 20:38:19 ID:.Q9k8kXw

犬娘「な、なんだか冷えてきたから止めるのじゃ」

男「止めるくらいなら、俺の上から降りてくれ。俺はまだあっちぃよ」

犬娘「・・・わ、わかったのじゃ。と、止めないのじゃ」

男「そか?」

犬娘「・・・・うぅ」ギュッ

男(手を握ってきやがった。そんなに怖いのか)



376:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 22:00:35 ID:.Q9k8kXw

テレビ「・・・・そこに・・・一人の女性の顔が・・・・」

テレビ「キャアアアアアアアアアアアアアアアア!」

犬娘「ひっ?!・・・・・・・・・・・あぅ」ブルッ

男「・・・・・・・・・・・・・」

犬娘「・・・・・・あ、あの・・・・男?」

男「ん?」

犬娘「ちょ、ちょっと便所に行きたいんじゃが・・・・」



377:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 22:02:44 ID:.Q9k8kXw

男「あぁ、いって来いよ」

犬娘「・・・そ、その」モジモジ

男「ん?」

犬娘「・・・・そのぉ」モジモジ

男(ここら辺にしといてやるか)

男「分かったよ、着いて行ってやればいいんだろ?」

犬娘「・・・・うん」



378:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 22:06:25 ID:.Q9k8kXw

男「?、どうした?お前が立たないと俺も立てないんだが」

犬娘「・・・・・・・」モジモジ

男「どうした?顔真っ赤だけど」

犬娘「・・・・す、すまんのじゃ」モジモジ

男「あぁ、べつにいいよ、トイレに着いて行くくらい」

犬娘「そ、そうじゃないくて・・・・・」



379:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 22:20:52 ID:.Q9k8kXw

犬娘「・・・・・・・す、すまんのじゃ」

男「・・・・・・・?」

犬娘「・・・・ちょ、ちょっと出ちゃったのじゃ」

男「・・・・・・・・え?」

犬娘「・・・・す、すまんのじゃ」モジモジ

男「・・・・・・・・・・・・・」



380:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/17(火) 22:27:09 ID:.Q9k8kXw

~トイレ~

男「・・・・・・・・」

犬娘「お、男ー・・・?」

男「・・・・いるよ」

犬娘「・・・・・・・・・」

ジャー

ガチャッ

犬娘「・・・・・・・」ヒシッ

男「・・・とりあえずもっかい風呂入らないとな・・・・」



381:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/18(水) 22:21:50 ID:igjK6wqQ

~風呂あがり~

犬娘「男、着替えが無いのじゃ」

男「あー・・・そういえばお前さっきのパジャマしか部屋着無かったもんな・・・」

犬娘「うむ」

男「しょうがない。少し待ってろ」

ガチャッ



382:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/18(水) 22:30:25 ID:igjK6wqQ

犬娘「ダボダボじゃ」

男「しょうがないだろ。俺のなんだから」

犬娘「・・・・むぅ・・・この半ズボンもずり下がってくるのじゃ・・・」

男「しょうがないだろ。俺のなんだから」

犬娘「・・・・・・・・・・・・」



383:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/18(水) 22:34:11 ID:igjK6wqQ

男「つっても、お前の部屋着とかどうにかしないとなー」

犬娘「む?」ズル

男「さすがにさっきのパジャマだけじゃ今回みたいな事になると困るだろ」

犬娘「も、もう思い出させるな・・・・」ズルズル

男「んー・・・・・明日は休みだし・・・」

犬娘「?」

男「散歩がてら買い物にでも行くか?」



384:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/18(水) 22:47:22 ID:igjK6wqQ

~深夜・男の部屋~

犬娘「・・・にゅふふ、楽しみじゃー♪」

男「・・・もういい加減寝ろ」

犬娘「なぁなぁ男ー、明日はお出かけなんじゃろー?」

男「・・・そうだよお出かけだよ・・・だから早く寝ろ」

犬娘「楽しみで眠れそうにないのじゃー♪なぁなぁ男ー」

男「・・・・・・・・・・・」



385:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/18(水) 22:50:50 ID:igjK6wqQ

犬娘「なぁなぁー?」

男「・・・・・もう寝ろ」ナデナデ

犬娘「ふにゅぅ・・・・」

男「・・・・・・・・」ナデナデナデ

犬娘「あふっ・・・」

男「・・・・はーいおやすみー・・・」ギュウッ

犬娘「んー・・・・・・・」



390:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/21(土) 17:01:08 ID:btMQVp8w

犬娘「んーー・・・・」パタパタパタパタ

男「・・・・・・・・・・・・・」

男(尻尾が・・・・・・・)

犬娘「んふー・・・・・・」パタパタパタパタ

男(なでて落ち着いたと思ったら、今度は尻尾が・・・・)

男(・・・・眠るまでなで続けるしかないか)



391:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/21(土) 17:03:57 ID:btMQVp8w

~翌朝~

犬娘「男~男~、おーとーこー・・・・」ユサユサ

男「んぁ?・・・・・いま・・・・何時だ・・・・」

犬娘「朝7時じゃ」

男「・・・ん・・・そうか・・・・」

犬娘「?。なんだか眠そうじゃな?」



392:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/21(土) 17:08:26 ID:btMQVp8w

男「あぁ・・・なんか変な夢を見てな・・・」

犬娘「どんな夢じゃ?」

男「なんかずっとマッサージチェアーで揺さぶられてる夢だったな」

犬娘「ふーん、変な夢じゃのー」

男「・・・・・だよなー」



394:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/21(土) 23:25:23 ID:cpwAmfqg

~時間戻って午前5時~

チュンチュン

犬娘「・・・・・・朝じゃ!」

バッ!

犬娘「朝じゃ!」ズルッ

犬娘「そういえばぶかぶかなんじゃった。まずは着替えんと・・・」



395:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/21(土) 23:31:29 ID:cpwAmfqg

~5分後~

犬娘「着替え完了じゃ!」

犬娘「・・・・・・まだ5時じゃ」

犬娘(早く起こすと男に怒られるし・・・・・むー)

犬娘(・・・でも暇はもっと嫌じゃ)

犬娘「男ー」ユサユサユッサ

男「がー・・・・・」



396:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/21(土) 23:36:10 ID:cpwAmfqg

~6時~

犬娘「男ー」ユッサユッサ

男「んんんんんん・・・・・・」

犬娘「起きるのじゃー・・・」ユササ

男「んー・・・・・」ガバッ

犬娘「・・・饅頭になったのじゃ」



397:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/21(土) 23:42:12 ID:cpwAmfqg

~朝食~

男「今日はちょっとコイツと出かけてくるよ」

母「あらあら?どちらまで~?」

男「コイツの日用品やらなんやらを少し買ってくるよ」

座敷「そういえば犬娘ちゃんの物あんまり無いですもんね」

メリー「まー、何も持たずに付いて来たしなー」

男「お前らも買い物行くか?」



398:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/21(土) 23:46:37 ID:cpwAmfqg

メリー「こんな暑い日に人の多いとこなんていきたくねー。海とかプールなら行くけど」

座敷「わ、私も今回は遠慮させてもらいますね。お二人の邪魔をしちゃ悪いですし・・・」

男「は?」

犬娘「楽しみじゃ!」



400:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/22(日) 21:33:08 ID:rr4uQWf2

さて・・・・(´・ω・`)

恒例のお遊びいります?(´・ω・`)



402:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/22(日) 22:36:29 ID:rr4uQWf2

>>401

ありがとう(´・ω・`)



403:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/22(日) 22:39:42 ID:rr4uQWf2

楽しいお買い物(´・ω・`)

どこから周ろうかな?(´・ω・`)

1、本屋
2、服屋
3、スーパー
4、パン屋
5、行き過ぎない程度にどこか

>>406さんおねしゃす(´・ω・`)



406:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/22(日) 23:46:51 ID:rgcPXXqQ

家電量販店



411:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:10:59 ID:lPTuD4SQ

~街中~

犬娘「それでそれで、まずはどこにいくのじゃ?」

男「んー・・・・あ、まずは電気屋にいくか」

犬娘「?、犬娘の服を買いに行くんじゃないのか?」

男「大丈夫だ、電池一個買うだけだから。それに服選ぶのでかなり時間を使うだろうしな」

犬娘「ふむ・・・・・・まぁいいのじゃ」

男「それじゃボチボチいくか」



412:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:15:51 ID:lPTuD4SQ

~家電量販店~

犬娘「ココが電気屋か。大きいのー」

男「都会のほうだともっと大きいのもあるんだろうけどなー」

犬娘「ふーん」タシッ

自動ドア「ガーーー」

犬娘「ふぉっ!?」



413:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:19:20 ID:lPTuD4SQ

男「なにしてんだ?さっさと行くぞ」

犬娘「か、勝手に開いたのじゃ?!」

男「そりゃ自動ドアだからな」

犬娘「・・・・閉まったのじゃ」

男「そりゃ離れればな」

犬娘「・・・・・・」タシッ

自動ドア「ガーーー」



414:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:21:19 ID:lPTuD4SQ

犬娘「・・・・・・・」タシッ

自動ドア「ガーーー」

犬娘「・・・・・・・」タシッ

自動ドア「ガーーー」

犬娘「・・・・・~~♪」タシッ

自動ドア「ガーーー」

量販店員「あの、お客様・・・・」



415:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:22:47 ID:lPTuD4SQ

男「あんま変な事すんな」

犬娘「痛いのじゃ・・・・」サスサス

男「デコピンされたくなかったら大人しくしてろ」

犬娘「男!この椅子はなんじゃ?!」

男「・・・・・・・・・・・・」



416:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:25:09 ID:lPTuD4SQ

犬娘「背もたれもついてるのじゃ!」

男「・・・・・・・・・」ピッ

犬娘「おっおぉ!?う、動いたのじゃ!」

男「・・・・・・・・・」

犬娘「にゅふぅ・・・・気持ちいいのじゃ・・・・・」

男(えっと・・・自動・・15分コースっと)ピッ



417:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:26:49 ID:lPTuD4SQ

男「すこしここで大人しくしてろ、俺は電池買ってくるから」

犬娘「ふ、ぉ、ぉ、ぉ、お、ぉ、お」タンタンタンタンタン

男(・・・・さっさと買ってこよ)

犬娘「にゅぁぁぁぁぁ・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」



418:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:30:21 ID:lPTuD4SQ

量販店員「230円になりまーす。ポイントカードはお持ちですか?」

男「はい」

量販店員「ありがとうございましたー」

男「・・・さてと、犬娘んとこにいくか」



419:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:36:21 ID:lPTuD4SQ

~マッサージの終わり~

男「・・・・・・」

犬娘「お、おとこー、た、助けてー」

男「・・・なんでそんなにめり込んでるんだよ」

犬娘「わ、わからんのじゃー!?」

男「・・・・・・・」



420:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:41:37 ID:lPTuD4SQ

~5分前~

犬娘「気持ちいいのじゃじゃじゃじゃじゃ・・・・」

犬娘(でももうちょっとだけゴリゴリしてほしいのじゃ)

犬娘「もう少し強くするのじゃ」クリクリッ

メーター「中→最強」

犬娘「こんなもんかの?・・・・ぬ?な、なんじゃー?!」

チェアー「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」グリグリグリグリ

犬娘「にゅあああああああああああ?!」



422:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:44:03 ID:lPTuD4SQ

男「・・・で、タイマーが切れたから挟まれたまま出られないと」

犬娘「う、うむ!そうなのじゃ!助けてくれ!」

男「・・・ったく」クリクリッ

チェアー「ゴゴゴゴゴ」

犬娘「いだだだだだだ!?いたい!痛いのじゃ!?」

男「えっと、肩幅広いにして・・・」ピッ



423:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:49:51 ID:lPTuD4SQ

自動ドア「ガーーー」

犬娘「・・逆に肩が凝ったような気がするのじゃ・・・・」

男「お前さっきより背縮んでないか?」

犬娘「は?」

男「実はな、マッサージチェアを間違った使い方で使うと、身長がどんどん縮んでしまうという都市伝説があってな」

犬娘「え?!」

男「お前もしかしたら明日の朝には一寸法師くらいまで縮んでるかもな」



424:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:51:43 ID:lPTuD4SQ

犬娘「そ、そんなわけあるか!で、でたらめじゃそんなの!」

男「まぁ、そうだけど」

犬娘「・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・」

犬娘「・・・・・・」ボコッ!

男「いてっ!」



425:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 20:56:20 ID:lPTuD4SQ

~服屋~

男「さーて、着いたわけですが・・・・」

犬娘「おぉー!いろんな服があるのじゃ!」

男「俺さ、女の子の服を選ぶ基準とかわかんねぇんだけど」

犬娘「?、何で男が犬娘の服を選ぶんじゃ?」

男「いや、お前に任せるとなんか変な服選んできそうじゃん?」



426:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 21:01:13 ID:lPTuD4SQ

犬娘「む・・・バカにするな!自分の服くらい自分で選べるのじゃ!」

男「・・・・じゃあ、とりあえずお前のセンスを見てみよう」

犬娘「せんす?」

男「まぁ、お前が選んできた服を試着してみてからいろいろ決めよう」

犬娘「よーし!やってやるのじゃー!」



427:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23(月) 21:13:49 ID:lPTuD4SQ

~15分後~

男「おーい、まだかー」

犬娘「も、もうちょっとじゃー・・・・・よいしょっと・・・」

男「ふぁぁぁ・・・・・」

犬娘「よし、出来たのじゃ!」

男「お、どれどれ・・・・」

犬娘「にゅふふ・・・とくとみるがいいのじゃー!」シャー!



433:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/24(火) 20:18:40 ID:Y6HHyyaU

犬娘「どうじゃ!」

男「・・・・えっ!?」

犬娘「にゅふふ・・・・完璧じゃろ?じゃろ?」

男「いや、お前すごいわ」

犬娘「そうじゃろ!」

男「ここまで似合ってないってのは逆に驚きだわ」

犬娘「えっ!?」



434:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/24(火) 20:24:16 ID:Y6HHyyaU

男「だいたいお前、なんでそんな婆くさいブラウスにスカートなんて選んでるんだよ」

犬娘「だ、だって、ばっちゃが出かけるときはいっつもこんなかんじだったのじゃ!」

男「・・・・それでか。てかこの糞あっついのにんな長袖のもんなんか着てらんないだろ」

犬娘「うぐっ・・・・」

男「やっぱりお前の服のセンスは俺以下だな」

犬娘「ぐぐぐ・・・・・」

男「というわけで、とりあえず俺も良さげなのさがしてくるから少し待ってろ」



438:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/24(火) 20:35:27 ID:Y6HHyyaU

男さん服を選ぶよ(´・ω・`)

どれを持っていこうかな?(´・ω・`)

1、ワンピース
2、ティーシャツ&ホットパンツ
3、モンペ
4、ジャージ
5、何か適当にどうぞ

>>433さんお願いします(´・ω・`)



441:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/24(火) 20:44:45 ID:Y6HHyyaU

すいません安価ミスでした(´・ω・`)

>>445さんお願いします(´・ω・`)



445:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/24(火) 21:38:31 ID:OxaB5kpU

1だな



447:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/24(火) 21:53:01 ID:Y6HHyyaU

犬娘「・・・・婆くさい・・か・・・はは・・・」

男「おーい、探してきたぞー」

犬娘「む、そうか」

男「どうした?なんか元気が無いみたいだけど」

犬娘「べつに・・・なんでもないのじゃ」

男「ふーん?」



448:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/24(火) 21:57:31 ID:Y6HHyyaU

~2分後~

シャー

男「おー、いいじゃんいいじゃん。似合ってるじゃん」

犬娘「そ、そうか?」

男「さっきの婆ブラウスより断然こっちだろ」

犬娘「うっ・・・・!」グサッ



449:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/24(火) 22:02:03 ID:Y6HHyyaU

男「じゃあコレでいいか?」

犬娘「うん・・・・男のいう婆ブラウスより、こっちのほうが犬娘に似合ってるんじゃろ?」

男「なんでそんなに落ち込んでんだよ」

犬娘「いろいろと・・・複雑な気分じゃ」

男「・・・まぁいいや、それより家着とかもいろいろ見にいくぞ」

犬娘「・・・うむ」トボトボ



453:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/27(金) 22:38:48 ID:ocz3Wzm6

男「さて・・・寝間着どれがいい?」

犬娘「・・・どうせ犬娘が選んでも婆ブラウスの二の舞じゃ」

男「いや、寝間着にブラウスは着ないだろ」

犬娘「・・・・ははは」トボトボ

男(・・・・・・・・・・・)



454:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/27(金) 22:44:12 ID:ocz3Wzm6

犬娘「・・・・・・・」トボト・・・

犬娘「ぬ?・・・・・おぉ」

男「ん?」

犬娘「これは・・・・・!」

男「なんかいいのあったか?」

犬娘「これじゃ!」



455:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/27(金) 22:46:50 ID:ocz3Wzm6

男「虎の全身寝間着?」

犬娘「ふぉぉぉぉ!」

男「コレにするか?」

犬娘「これ!コレにするのじゃ!」

男(・・・なんでこんなはしゃいでるんだか)



456:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/27(金) 22:50:51 ID:ocz3Wzm6

服屋店員「ありがとうございましたー!」

男「さて・・・・まだ全然時間あるし・・・どっかよって行くか?」

犬娘「よって行くのはいいんじゃが、犬娘は全然店なぞ知らんのじゃ」

男「それはもとより知っている」

犬娘「む・・・小ばかにするな!」ボカッ

男「んー・・・どこにいくかなー・・・・」



457:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/27(金) 22:54:00 ID:ocz3Wzm6

どこに行こうかな?(´・ω・`)

1、肉屋
2、もう一回家電量販店
3、八百屋
4、コンビニ
5、どこかご自由に

>>462さんお願いしまう(´・ω・`)



462:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/28(土) 04:44:49 ID:dtlwHhcc

装飾が派手なお城みたいな建物でご休憩



467:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/31(火) 20:54:46 ID:0uIZFqp.

男「んあー・・・・どこがいいかねー・・・・」

犬娘「・・・・なーなー男」クイクイッ

男「あ?」

犬娘「あのでっかい城はなんじゃ?」

男「なにって・・・・・」

城(ご休憩3900円 一泊7200円)

男「・・・・・あれは市役所だ」



468:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/31(火) 20:57:08 ID:0uIZFqp.

犬娘「ふーん。そうなのか。じっちゃ達のところのとずいぶん違うんじゃのー」

男「あぁ。ウチの市は金があるからな」

犬娘「なー男」

男「あんだ?」

犬娘「最近の市役所は休憩するだけで金を取るのか?」

男「・・・・・・・・・」



469:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/31(火) 21:04:39 ID:0uIZFqp.

男「じつはな、この市役所は金払うと飯とかお菓子とかが食べ放題になるんだよ」

犬娘「・・・・・・・・・ふむ」

男「ほれ、わかっただろ。さっさといく・・・・ぞ?」

犬娘「・・・・・・・」タタタタタタタタッ

男「・・・・・・・・・・・・」



475:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/04(土) 20:24:29 ID:O1yakPKI

~305~

犬娘「この布団はひゃっこくてきもちいいのじゃー・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・」

犬娘「ひゃー・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・・・」

犬娘「ところで男、お菓子はどこにあるんじゃ?」キョロキョロ

男「・・・・・・・・・・・・・」



476:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/04(土) 20:28:22 ID:O1yakPKI

犬娘「んぬ?」ガッシ

男「どこにあるんじゃ?じゃねーだろ!」グリグリグリグリ

犬娘「いたたたたたたい!?いたいいたいぃ!!」

男「おまけになに一番高い部屋なんぞ選ぶんじゃこのボケが!!」

犬娘「な、なんのことじゃ!?犬娘はただボタンを押しただけなのじゃ!」

男「・・・・・・・はぁ」

犬娘「それでそれで、お菓子はどこなのじゃ?」ワサワサ



480:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 16:30:18 ID:owVpXNlo

男「・・・・・・・ほれ」ポイッ

犬娘「?。飴玉・・・・一個だけ?」

男「飴も立派なお菓子だ」

犬娘「食べ放題なのに飴だけなのか男?」

男「食い放題なんて嘘に決まってるだろ」

犬娘「えっ・・・・・」



481:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 16:36:51 ID:owVpXNlo

男「こんな城みたいな建物が市役所なわけないだろ」

犬娘「・・・・だ、だましたのか?」

男「・・・・なんでそんなに落ち込んでるんだ?」

犬娘「それじゃあここはなんなのじゃ!市役所じゃないならここはなんなのじゃ!」

男「落ち込んでたと思ったら急にキレたなおい」



482:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 16:38:50 ID:owVpXNlo

男「ここは・・・まぁ・・・なんだ」ボリボリ

犬娘「・・・・・・・・・・・」

男「・・・・あれだよ、夜のプロレス会場だ」

犬娘「・・・・・・・なんと」

男「だから言いたくなかったんだよ」



483:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 16:42:25 ID:owVpXNlo

犬娘「お、男は、夜のプロレスがしたくて犬娘をここにつれてきたのか?!」

男「テメェが勝手に入っていったんだろうが!」ベシッ!

犬娘「あたっ!?だ、だってそれは男がお菓子食べ放題なんて言うから・・・」

男「そのくらい嘘だって気付け!」ベシッ!

犬娘「あうっ!?り、理不尽じゃ!」



484:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 16:45:51 ID:owVpXNlo

~大荒れ~

男「とりあえず、こんなとこさっさと・・・」

ピカッ!ゴロゴロゴロゴロ・・・・

男「・・・・・・・」

ザザーーーー!

男「・・・・・・・」

男「・・・狙い済ましたように」



485:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 16:51:06 ID:owVpXNlo

犬娘「大雨じゃのー」ヒシッ

男「なんでそんなくっついてくんの」

犬娘「・・・・べ、べつに」

男「・・・・・・・・・・・・・」

ゴロゴロゴロゴロ

犬娘「わっ?!」

男「・・・・・・・・・・・」



486:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 16:56:05 ID:owVpXNlo

男「つっても・・・・」

ザザザザーーーー!

男「止むどころか勢いを増してるぞこれ」

犬娘「じゃのー。でも雨の日に家の中にいるのは好きじゃ」

ゴロゴロゴロゴロゴロ!

犬娘「わわっ!?」

男「・・・・ほんとに好きなのか?」



487:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 17:01:23 ID:owVpXNlo

男「・・・・・ここでじっとしててもしょうがないよな」

犬娘「ど、どこに行くんじゃ?!」

男「いや、汗かいたし風呂入ってこようかと」

犬娘「こ、この部屋には風呂があるのか?」

男「まぁ・・・・ラブホだし」

犬娘「い、犬娘も行くのじゃ!」

ゴロゴロ・・・ピシャー!

犬娘「ひゃっ!?」



489:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 22:28:02 ID:owVpXNlo

~風呂~

男「へー・・・・バラが浮いてる」

犬娘「花の匂いがするのじゃ」クンクン

男「かなり金をとられたんだから、その分は利用しないと損だよな」

犬娘「男ー、か・・・・・・・・・・・・」

男「ん?」

犬娘「い、いや、なんでもないのじゃ」



490:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 22:32:23 ID:owVpXNlo

男「おい、風呂はいる前に体洗うぞ。こっち来い」

犬娘「うっ・・・・・」

男「ほれ」

犬娘「うぅ・・・・・・」

男「なんでそんなに嫌そうなんだよ。いつもは自分から・・・・・・あぁ」

犬娘「・・・・・・・・」

男「シャンプーハットが無いからか」



491:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 22:38:05 ID:owVpXNlo

犬娘「はふぅ~・・・・」

男「ふー・・・・・」

犬娘「暑いときに熱い風呂に入るのもいいもんじゃなー・・・」

男「そーだなー」

犬娘「そーいえば、なんでお湯に花が入ってるんじゃ?」

男「・・・・・・気分だろ」

犬娘「ふーん・・・・じっちゃがやってた菖蒲湯みたいなものかの」

男(似たようなもんなんだろうけど、バラと菖蒲でここまで印象が変わるとは)



492:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 22:41:26 ID:owVpXNlo

~風呂上り~

男「いい湯だったな」

犬娘「うむ!」

男「っと、そういえば着替えがねーな・・・・」

犬娘「・・・・・・!」

男「しょうがない、バスローブ使うか」

犬娘「・・・・・」タタタタタタ

男「おい、濡れたままでどこ行くんだ」



493:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 22:43:33 ID:owVpXNlo

~寝室~

犬娘「がおー!」

男「・・・・・・・・・・」

犬娘「がおー!」

男「・・・・・・・」

犬娘「が・・・・」

男「うっせ」ベシッ!

犬娘「ぅっ!?」



494:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 22:52:28 ID:owVpXNlo

男「パジャマが見せたいのは分かったから少し落ち着け」

犬娘「た、たいがーますくはこの程度じゃやられ・・・・」

男「マスクじゃねーだろ」

犬娘「き、気分の問題じゃ!」

男「へいへい。いいから少し落ち着け」

犬娘「うがーー!!」

男「うおっ!?」



495:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 22:56:22 ID:owVpXNlo

~隣の部屋~

太郎「は、花子さん」

花子「太郎さん・・・・・」

隣からの音「ガタンガタガタガタ・・・バタンッ!」

太郎「と、隣すごいですね・・・」

花子「そ、そうですね・・・・」

隣からの音「オトナシク・・・ミギャアアアア」



497:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07(火) 23:01:34 ID:owVpXNlo

太郎・花子(こ、こんなに過激な!?)

隣からの音「ダ、ダメッ!・・・イタイィィィィ!」

太郎「・・・・・・・・・・・・」

花子「・・・・・・・・・・・・」

隣からの音「ウアァァアァ・・・・・」

太郎・花子「・・・・・・・・」ドキドキ



504:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 20:27:26 ID:0qvkIGS2

~寝室~

男「・・・・・・・・・」

犬娘「・・・うあっ・・・!」パンパンッ!

男「・・・・おとなしくしてるか?」

犬娘「す、するからっ!は、はやく解くのじゃぁっ!」

男「・・・たく、やられる事がわかっててなんで突っかかってくるかね」

犬娘「いたた・・・・・」



505:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 20:32:02 ID:0qvkIGS2

ザザー!

男「・・・台風でも近づいてるのか・・・さっきより強くなってる・・・」

犬娘「止みそうにないのじゃ」

男「・・・・はぁ。とりあえず家に電話入れとくか」ピピピッ

電話「はいもしもしー」

男「あ、貞子か?」



506:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/12(日) 20:39:29 ID:0qvkIGS2

電話「あ、男さんですか?大丈夫ですか?急に雨が強まってきたんですが」

男「あぁ、いま犬娘と雨宿りがてらデパートにいるんだ」

犬娘「男、なにをいっておるのじゃ?ここはデパートなんかじゃないのz・・・むぐっ」

電話「え?」

男「あー、なんでもない。それよりもしかしたら今日は帰れないかもしれないから母さんに言っといてくれ」



511:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 14:25:30 ID:AcWPBpeM

ピッ

男「お前・・・・少しは空気を読め」

犬娘「ん?」

男「男女がこんなとこにいるなんていったら思いっきり誤解されるだろうが」

犬娘「・・・・?誤解ってなにがじゃ?」

男「だから、夜のプロレスをしてるんじゃないかってことだよ」

犬娘「・・・・・・・・・?」



512:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 14:33:40 ID:AcWPBpeM

犬娘「男と犬娘が夜のプロレスをするとなにかまずいのか?」

男「・・・ああいうのは好きなやつ同士でやるもんなの」

犬娘「んー・・・よくわからんのじゃ」

男「なにより一番嫌なのは俺に口リコンの疑惑がかかるってことだ」

犬娘「ろり?」

男「知らなくていいことだ、忘れろ」



513:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 14:51:15 ID:AcWPBpeM

男「さて・・・・・」

ザザザザザーーーー

男「・・・雨が弱まるまで少し休んどくか」

犬娘「うむ」

男「こーやって雨を眺めてんのもたまにはいいなー」

ザザザザザザアアアアアアア!

男「情緒もなにもあったもんじゃないけど」



514:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 15:06:08 ID:AcWPBpeM

犬娘「なーなー男ー」

男「んー」

犬娘「男は犬娘のことが嫌いなのか?」

男「なんだ急に」

犬娘「夜のプロレス、したくないんじゃろ?」

男「また答えづらいことを・・・・」



515:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/16(木) 15:09:17 ID:AcWPBpeM

男「べつに嫌いじゃないよ」

犬娘「む」

男「お前はどうなんだよ」

犬娘「む?んー・・・・・男は意地悪するからあんまり好きじゃないのじゃ」

男「このやろう」ムギュー

犬娘「ひだだだだだあ!?ふ、ふへふはー!」



519:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/19(日) 20:36:27 ID:Y.tVHihE

犬娘「ふ、ふひひゃ!ふひひゃはは!」

男「なに言ってるかわかんないぞ」

犬娘「ふへっへふははひゃほ!」

男「いや、なにいってるかわからん」

犬娘「んーーーーー!!」



520:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/19(日) 20:54:45 ID:Y.tVHihE

犬娘「じゃから好きじゃと言ってるんじゃ!」バッ!

男「ふーん・・・じゃあどこが?」

犬娘「え?・・・・・え、えーっと・・・・」

男「・・・・・・・・・」

犬娘「あっ!なでてくれるときは好きじゃ!」

男「ほかは?」

犬娘「え、えっと・・・・あっ、髪を洗ってくれるときは好きじゃ!」



528:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:04:26 ID:qtkSDblQ

男「・・・~の時はってのが気にかかるな」

犬娘「犬娘に好かれたいなら日頃から優しくしてればいいのじゃ」

男「お前の言う優しくってどんなだよ」

犬娘「んー・・・・犬娘に意地悪しなければいいのじゃ」

男「ふーん・・・・じゃあ、分かったよ」

犬娘「む?」

男「お前から何されてもやり返さないよ」



529:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:09:52 ID:qtkSDblQ

男「お前がちょっかいかけてきても、デコピンもプロレス技もしない。ついでに相手にもしない。約束する」

犬娘「にゅふふふ・・・いい心がけじゃ~。そんなに犬娘から好かれたいのか~?」

男(腹立つな・・・まぁ最後の相手にもしないって部分は聞き流してるみたいだが)イラッ

犬娘「ふひひひ・・・・・・・」

男(まぁ、どうなるか楽しみだ)



530:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:15:22 ID:qtkSDblQ

~5分後~

犬娘「がおー!!」ポカポカポカポカ

男「・・・・・・・・・」

犬娘「がおー!」ポカポカポカ

男「・・・・・・・」

犬娘「がおー」ポカポカ

男「・・・・・」



531:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:16:54 ID:qtkSDblQ

犬娘「がお・・・」ポカ

男「・・・・・・」

犬娘「・・・・・・・・」

男「犬娘」

犬娘「な、なんじゃっ!?」

男「重いから降りてくんね?」

犬娘「あ・・・・・・うん」



532:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:24:28 ID:qtkSDblQ

~10分後~

犬娘「食らうのじゃー!必殺の4の字固めじゃー!」

男「・・・・・・・・・」

犬娘「ふふふふ・・・痛くて声も出せな・・・・」

男「犬娘、痛いからやめてくんね?」

犬娘「ふ、ふんっ!前に犬娘が言ってもやめなかったお返しじゃ!」

男「まぁ、やめないなら別にそれでもいいけど」

犬娘「・・・・・・あぅ」



533:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:28:20 ID:qtkSDblQ

~15分後~

男「・・・よいしょっと」

犬娘「ど、どこにいくのじゃ?!」

男「もっかい風呂入ってくる」

犬娘「い、犬娘も・・・」

男「じゃあ先に入って来ていいぞ」

犬娘「・・・・・・・あぅ」



534:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:34:36 ID:qtkSDblQ

~20分後~

ザバー

男「ふぅー・・・・・」

ガチャッ

犬娘「ふ、ふははは!い、犬娘も入るのじゃ!」

男「・・・・そ」

犬娘「ふ、はは・・・・・」



535:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:38:16 ID:qtkSDblQ

犬娘「男・・・髪を・・・」

男「さっき洗ったからいいだろ」

犬娘「・・・・そ、それもそうじゃな」

チャポ

犬娘「はぁ・・・・・・」

男「・・・・・・・・」



536:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/20(月) 20:49:04 ID:qtkSDblQ

男「二人だと狭いだろ?」

犬娘「べ、べつにそんな事は・・・・」

男「いいよ、俺先にあがるから」

犬娘「・・・・・・・・」

ザバッ

男「それじゃ、おさき・・・・・」

ガシッ



541:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 17:53:13 ID:6Ev0YFEc

犬娘「な、なんで犬娘を避けるんじゃ?」

男「べつに避けてないだろ?」

犬娘「だ、だって、さっきのだっていつもだったらやり返してくるのに!」

男「いや、だから、意地悪するなってお前言っただろ」

犬娘「あ・・・ぅ、そ、それは・・・・・」

男「・・・・・・・・・」



544:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/23(木) 19:44:18 ID:6Ev0YFEc

犬娘「だ、だって・・・・・・う、ぅぅ・・・・・」

男(・・・・やばい、泣きそうだ)

犬娘「うわああああああああ!」ボロボロボロ

男(・・・泣いてしまった)

犬娘「あああああああああああ!」ボロボロボロ

男「・・・・・・・・」



550:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/27(月) 22:30:03 ID:oOskD0SM

男(・・・・まいった)

犬娘「ひっ・・・ひっ・・・うぅぅぅぅぅ」

男(ガチ泣きじゃねーか・・・・・こんなときは・・・・・・)

犬娘「ひぅぅぅぅ・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」ナデナデ

犬娘「・・・・・うぅぅぅ」



551:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/27(月) 22:32:15 ID:oOskD0SM

~10分後~

犬娘「ぐしゅっ・・・・・ずずっ」

男「・・・・落ち着いたか?」ナデナデ

犬娘「・・・・・・」コクン

男「ほれ、鼻、ちーん」

犬娘「・・・・」チーン



555:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/31(金) 21:25:35 ID:N2xduLyk

犬娘「はっ・・・・はくちっ!」

男「すこし冷えちゃったな・・・もっかいちゃんと温まるか。ほれちーん」

犬娘「・・・・・・」チーン

男「ほれ、入るぞ」

犬娘「・・・・・」コクン



557:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/31(金) 21:31:55 ID:N2xduLyk

チャポン

男「はぁー・・・・・」

犬娘「・・・・・」ギュッ

男「日に何回も風呂に入ってるとふやけてきそうだな」

犬娘「・・・・・・・」ギュッ

男「・・・・・・」



558:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/31(金) 21:37:27 ID:N2xduLyk

~風呂上り~

男「・・・・・・・・なぁ犬娘」

犬娘「・・・・なんじゃ?」ギュッ

男「手離してくれないと体ふけないんだが」

犬娘「・・・・うむ」ギュッ

男「だからって腰に抱きつかれてもな」



559:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/31(金) 21:41:48 ID:N2xduLyk

犬娘「・・・だってこうしておかないと、また男に避けられるのじゃ」

男「・・・・・そんなに気にしてたのか」

犬娘「・・・・・・」ギュッ

男「犬娘・・・・」

犬娘「・・・・・なんじゃ?」

男「抱きつくのはいいけど、せめて後ろから抱き着いてくれ。前からはさすがに危ない」



560:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/31(金) 21:45:10 ID:N2xduLyk

男「ほれ、体拭くから」

犬娘「・・・・・・うん」スッ

男「・・・・・・・」フキフキ

犬娘「・・・・・・・」

男「・・ほれ、服着ろ」

犬娘「・・・・男」

男「ん?」

犬娘「背中拭いてやるのじゃ」



565:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 22:53:13 ID:f1mh.LS2

男「結局、晩飯が土産に買ったケーキとドーナツになるなんてなぁ」モグモグ

ザザザザザアアアアアーーー!

男「もうこれ洪水になるレベルじゃねーか」

犬娘「そうじゃの」ギュッ

男「なぁ」

犬娘「ん?」

男「そろそろ離してくんね?」

犬娘「だって、離したらまた男が意地悪するのじゃ」



566:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 23:00:40 ID:f1mh.LS2

男「意地悪って言うかさっきみたいに接するのがお前の望みなんだろ?」

犬娘「・・・・男は意地悪じゃ」ジトッ

男「冗談だよ。さすがに泣かれまでしたらなぁ・・・」

犬娘「うーーーーー!!」ガスガス!

男「バカヤロウ!物食ってるときに殴りかかってくんな!」

犬娘「うがーーー!!」



567:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 23:10:03 ID:f1mh.LS2

~就寝~

男「ふぁあああ・・・・・なんか今日は疲れたなー・・・寝るか」

ボフンッ

男「おいしょっと・・・・あー・・・でかいベッドっていいなぁ・・・」

犬娘「よいしょ・・・・」

男「・・・・べつにこんなにでかいベッドなんだからそんなに近づかなくても・・・」

犬娘「・・・・・」ムスッ

男「・・・はいはい」



568:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 23:15:02 ID:f1mh.LS2

犬娘「男」

男「ん?」

犬娘「・・・・・・」

男「・・・・・あぁ」

ナデナデ

犬娘「んん・・・・・」

男(素直じゃないなぁ)



569:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 23:17:59 ID:f1mh.LS2

犬娘「すー・・・・すー・・・」

男「・・・・・・・・」

男(寝たか・・・そろそろ俺も寝る・・・ん?手が・・・)

犬娘「すー・・・おとこ・・・」ギュッ

男「・・・・・・・・」



570:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 23:22:07 ID:f1mh.LS2

~翌朝~

男「忘れもんないか?」

犬娘「あ、服を忘れたのじゃ」タタタタ

男「てかパジャマで帰るつもりなのか?」

犬娘「あ、着替えるのも忘れてたのじゃ!」

男「さっさと着替えろ」



571:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 23:37:28 ID:f1mh.LS2

~外~

犬娘「快晴じゃー!」

男「もう二度とこんな状況で一夜を明かすなんてことしたくないわ」

犬娘「むー・・・・男はボタンを押した事を根に持っておるのか?」

男「ははは、持たないわけが無いだろ」

犬娘「つ、次からは気をつけるのじゃ・・・・」

男「さて、帰るかー」



572:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 23:41:59 ID:f1mh.LS2

犬娘「・・・・・・・・」

男「ほれ」

犬娘「え?」

男「手」

犬娘「しょ、しょうがないのじゃ、そんなにつなぎたいなら・・・」

男「いや、別につながなくてもいいんだけど」

犬娘「しょ、しょうがないからつないでやるのじゃ!」ガッシ!



573:以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/01(土) 23:46:26 ID:f1mh.LS2

~その頃、物陰~

友「・・・・・・・・俺は夢でも見ているのか?」

友「男が女の子と一緒にラブホから・・・・・」

友「・・・しかも、法律に触れそうな感じの子と・・・・」

友「・・・・・・・・・・・・・・・」

友「・・・・えぇー」

     終わり(´・ω・`)



元スレ
貞子「メリールート」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1339336567/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (7)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月02日 20:08
          • 猫ルートがないじゃん
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月02日 21:28
          • メリーちゃんをSEX中毒にしたら面白そう
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月02日 21:35
          • オカルトさんはどこいったん
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月02日 22:07
          • 誰か三行で
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月02日 22:25
          • 5 猫ルート無しとかw
            それにしてもあれだ、男はちょっと相手を叩きすぎだ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月04日 18:17
          • 久々に読み応えあるもんを読んだ。
            私は貞子派だなぁ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月05日 19:06
          • 古風な喋り方の犬娘って珍しいな。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「あの洞窟に宝箱あるんか?」
        • ルールー「キマリ! 『竜剣』を ためしてみたら?」
        • フリーザ「宇宙最強の僕には勝てないよ」悟空「ちくしょう……」俺「待て!!!」
        • 女「えーすごい立派…」女2「ちょっと待ってヤバイよ」女3「私これ好きかも…」俺「えへへ」
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ