TOP

敵女幹部「貴様もこの島に流れ着いていたとはな…」

1:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:32:17 ID:5JV

ツイッターで見かけた画像が気になったので

主人公「お前こそ生きていたとはな。どうする?俺と決着をつけるか?」

敵女幹部「当たり前だ!ここで息の根を止め、後顧の憂いを絶ってくれる!」

主人公「そううまくいくかな……あれ?(武器がない!?まさか海に落ちた時に!?)」

敵女幹部「ふふふ、どうやら丸腰のようだな。貴様の悪運もここまでだ!死ね!」チャカ

主人公「………っ!!」

敵女幹部「ふははは!!貴様でも死ぬのは恐ろしいか!無様な顔をしているぞ!」

主人公「ち、違う、後ろ……っ!」

敵女幹部「へ?」

恐竜「ギャオオオオオオオオオオオ!!!」

敵女幹部「ひいいいいいいい!?」

主人公「っく!飛べ!この崖から!」

敵女幹部「なっ!?む、無理無理無理無理、あたし高いところ無理だから……」

主人公「いいから飛ぶんだよ!」バッ

敵女幹部「うわあああああああ」

主人公「うおおおおおおおお」



2:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:32:47 ID:5JV

敵女幹部「ゲホっ、ゲホ!し、死ぬかと……エホ!」

主人公「日に2度も海に飛び込む羽目になるとは……」

敵女幹部「はぁ、はぁ……あれ!?ない!あたしの銃!?」

主人公「ははは、これでお互い丸腰だな。どうする?素手で襲いかかるか?こっちは負ける気がしないが」

敵女幹部「くう、ここは撤退だ……覚えてろよ!?」タッタッタ……

主人公「あ……行っちまった。あいつ、一人で生き残れるのか?まあいい、飲み水と食料、それから火の準備をしないと」


主人公「えーっと、お、この枯れ草は焚付けに使えそ……ん?」

敵女幹部「キャーッ!!」

主人公「お、お前、こんなところにいたのか!?それよりなぜ裸に……」

敵女幹部「服を乾かしてるんだ!見るな!変態!」

主人公「いや、見てないから安心しろ、それよりその薪の山、お前も火を起こそうとしていたのか?なら協力しよう、その方が効率が…」

敵女幹部「やっぱり見たんじゃないか!死ねドスケベ!」



3:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:33:03 ID:5JV

パチ……パチパチ

主人公「ほら、焼けたぞ?」

敵女幹部「うむ」

主人公「……協力しなければ今日中に飯にありつくことはできなかっただろうな、お互いに」

敵女幹部「ふん、悔しいがそれは認めねばならんようだな」

主人公「どうだ?この島を出るまで協力関係を続けるってのは」

敵女幹部「仕方ない。ここは一時休戦といこう。だがいいか?この島を出るまで、だからな?覚えておけよ」

主人公「わかってるさ。俺だって組織の幹部と協力なんてゾッとしない」

敵女幹部「同感だ。それにしてもうまいなこの魚。よく捕まえたな」

主人公「ガキの頃からこういうのは得意でね」

敵女幹部「ほう」

主人公「それよりさ」

敵女幹部「うん?」

主人公「前、はだけてるぞ」

敵女幹部「……っ!!こ、この変態が!」



4:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:33:25 ID:5JV

主人公「そう、ここをこうすればもやい結びになる……何も知らないんだな」

敵女幹部「あいにく我々文明人はお前らのように野蛮なフィールドワークなどついぞしたことがないんでな」

主人公「そうか、それならここでは俺に従ってもらうぞ。でないと生き残れる気がしない」

敵女幹部「む、致し方あるまい、貴様らに従うのは虫唾が走るが、状況が状況だ」

主人公「よし、じゃあ働いてもらうぞ。水源が確保できたから目下の優先事項はシェルター、かまどの用意か」

敵女幹部「かまどだと!?この島に永住でもする気か!?」

主人公「無論そんな気はないさ。だがいつ助けが来るかわからない以上、準備はしないと」

敵女幹部「……わかった」

主人公「木を切るのに石斧もいるし、土器作りも必要だな。あれもこれも……ブツブツ。」

敵女幹部(本当にここに住むつもりじゃないだろうな)



5:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:33:44 ID:5JV

敵女幹部「うええ、やってられるかこんなこと」

主人公「あっ、こら!何休んでるんだ」

敵女幹部「なぜ泥んこ遊びの真似事なぞしなければならんのだ!見ろ!貴重な衣服が泥だらけだ!もう……」

主人公「お前とことんサバイバルに向かないタイプだな……」

敵女幹部「ふん!だいたいなぜ地面をほらねばならんのだ」

主人公「土器作りのためにはどうしてもここを掘って粘土を手に入れる必要があるんだよ」

敵女幹部「ならお前がひとりでやればいい。役割分担だ。あたしは薪を集めてくる!」

主人公「ったく、早々に指示に従わなくなりやがって……」

恐竜「ギャオオオオオオオオオオオ」

敵女幹部「ひいいいいいいいいい」ダダダダダダ、ひしっ

主人公「わあ!?ひっつくな!」

敵女幹部「いた!いた!怖いのいたぁ!」ガクガクブルブル

主人公「わかった、わかったからはーなーれーろー!」グイ

敵女幹部「ひっ……(ドサッ)……き、貴様!なぜ私に抱きついたのだこのセクハラ男が!」

主人公「あーもう」



6:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:34:01 ID:5JV

敵女幹部「ほう、うまいものだな」

主人公「(やっと素直なことが言えるようになったか)そうかい。これで焼けば土器の出来上がりだ」

主人公「これで水を汲んできて粘土と混ぜてシェルターの壁の材料にする」

敵女幹部「シェ、シェルターって木組みじゃないのか?土壁とは本格的過ぎはしないか?」

主人公「言ったろ?いつまでここにいるかわからないって」

敵女幹部「だ、だが組織かお前の一団の助けが来れば……」

主人公「無理だな。潮流の速さと島嶼の分布から言ってみんなは確実に俺の居場所を見失った」

主人公「そう簡単には助けは来ないさ」

敵女幹部「そ、そんな……」

主人公「下手をすれば越冬すら覚悟しなきゃならんかもしれん」

敵女幹部「は、はは、は……冬?それまで、お前と、二人?」

主人公「そういうこともありうるという話だ」

敵女幹部「ふん!そんなはずがあるものか!きっと私の組織が先にここを見つけ出してすぐさま貴様を撃ち殺すだろう!ははは!」

主人公「ほい、これ持ってて」

敵女幹部「あ、うん」



7:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:34:23 ID:5JV

ビリ!

敵女幹部「あ……」

敵女幹部「あ、あたしの一張羅が……ついに完全にボロ切れに……」


敵女幹部「ゴワゴワするんだが」

主人公「仕方ないだろう?上等な素材なんて手に入らないんだから。新しい服が手に入るだけありがたいと思え」

敵女幹部「はぁー、文明圏に帰りたい。なあ、ここのところきついんだが、直してくれるか?」

主人公「ああ、いいぞ」

敵女幹部「この胸のあたりなんだが……」

主人公「お、おお」

敵女幹部「あと腰も……」

主人公「…………」

敵女幹部「どうしたんだ?」

グイ!

敵女幹部「キャ!?」

主人公「……」

敵女幹部「な!?ば、バカ!やめ……」



8:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:34:41 ID:5JV

敵女幹部「う………うう、ひぐ、ひっく、うえええ………」

主人公「っ!?す、すまん、俺はなんてことを……その、我慢できなくて…」

敵女幹部「いや、あっち行ってよ」

主人公「ああ…………」


敵女幹部「もう嫌だ!泥だらけで、臭くて、そのうえ同居人は狼!もういい、一人で暮らしてやる!」

ガサガサ!

敵女幹部「何の……音だ?」

恐竜「ギャオオオオオオオオオオオ」

敵女幹部「い、い、いやあああああああああ」

ビシ!ブス!

恐竜「グギャオオオオオオオオオ」

主人公「そいつから離れろ!」

恐竜「グギャ!グギャアアアア」ダダダダ……

主人公「ふう、行ったか」

敵女幹部「…………」

主人公「さ、さっきはすまん、その……」

だきっ

主人公「!」

敵女幹部「うわあああああ!怖かった、怖かったよおおおお!」



9:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:34:58 ID:5JV

敵女幹部(もう何週間経ったんだ……こうしてこいつと焚き火を囲むのは何十回目だ?)

敵女幹部「…………」

主人公「…………」

敵女幹部「………なあ」

主人公「うん?」

敵女幹部「お前らはなぜ組織に反抗するんだ?我々の手で世界が統一された方が好ましいとは思わないのか?」

主人公「独善と傲慢だな。人間割り切れるものじゃないさ。この自然のように、自由で伸びやかな生き方を愛する者もいる」

主人公「わからないか?こういう暮らしの良さが」

敵女幹部「わからないな……何より不自由じゃないか。文明から切り離された生活なぞ一刻も早く離れたいよ」

主人公「そうか。俺はこのままでも構わないんだけどな」

敵女幹部「気が狂ってる」

主人公「でもいいもんだろ?焚き火を眺めるのも」

敵女幹部「まあ、たまになら、いいかな」



10:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:35:23 ID:5JV

敵女幹部「まさか本当に冬になるまで助けが来なかったとは……」

敵女幹部(雪、か)

主人公「ほら、いつまで雪なんか眺めてるんだ。早く入れよ。体温だって貴重な資源だぞ」

敵女幹部「ああ」

敵女幹部(こいつに素直に従うようになってどれくらい経つだろう)

主人公「よし、食事の準備ができたぞ」

敵女幹部「……ありがとう」

敵女幹部(こんなこと言っちゃったりする。変われば変わるものだ)

敵女幹部(食料はたんまり用意した。このままでも冬は越せるだろう。まあ、不安はないというわけだ)

主人公「やられた……」

敵女幹部「え?」

主人公「ネズミだ……」



11:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:35:43 ID:5JV

敵女幹部「な、なあ、本当にやるのか!?」

主人公「やるしかない、もう完全に食料が尽きたんだ、このままじゃ餓死か凍え死にだ」

敵女幹部「しかし、恐竜を狩るなんて……危険すぎる!」

主人公「やるしかないんだ!お前は下がってろ、危ないぞ」

敵女幹部「…………っ」

敵女幹部(この感情はなんだ?私はあいつのことを本気で心配している……?)


敵女幹部(出て行ったきり二日帰ってこないなんて、まさか……)

敵女幹部「おーい!おーい!」

主人公「う……あ……」

敵女幹部「ここにいたのk……ひ、ひどい怪我じゃないか!?」

主人公「は、はは、し、仕留めたぜ……い、一頭……相打ちになっちまったがな……これで、冬は、なんとか……」

敵女幹部「もう喋るな!今シェルターまで運ぶからな!う、うう!うん!」

主人公「おれは……いい。お、お前だけでも……」

敵女幹部「し、死なないで、一人になっちゃうじゃないか!」



12:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:35:58 ID:5JV

主人公「はぁー、はぁーっ」

敵女幹部「体が冷え切ってる……血を失いすぎたんだ、まずい……」

敵女幹部「……ック、この手しかないか」ヌギ……

主人公「あ……ぐ……なに、裸になって……んだ……?」

敵女幹部「黙っていろ…!」ピト

主人公「う……あ……」

敵女幹部「暖かいかどうかわからないがこうする以外思いつかない、すまん。生きてくれ……!」




………

……………

主人公「………こ、これは?」

敵女幹部「起きたのか?大丈夫か?」

主人公「あ、ああ。なんとか動けそうだ」

敵女幹部「よかった……本当に、本当に!」

主人公「俺たち、ずっと裸で抱き合ってたのか?」

敵女幹部「あ、ああ……でも、あんたなら……もう!どうしてこうなっちゃったかなぁ……」

主人公「お前……」



15:名無しさん@おーぷん 2016/06/20(月)23:36:14 ID:5JV

客船(ボー!)

主人公「おーい!おーい!」

敵女幹部「ここだー!」


主人公「……で、生まれたのがお前というわけだ」

娘「えーーーっ、どこからが作り話なの!?ていうかお父さんは最初世界を救うはずじゃなかったのー?」

主人公「すまん、こいつと出会って放棄した」

敵女幹部「私もだ。組織への忠誠とかどうでもよくなってしまった」

娘「えーーーーーっ」

主人公「まあ、今が幸せだからいいんじゃないか?なあ」

敵女幹部「うん/////」

娘「はぁーっ、ほんとお父さんとお母さんって仲いいよねえ」





元スレ
敵女幹部「貴様もこの島に流れ着いていたとはな…」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1466433137/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:20
      • もっと性描写マシマシのが見たいなら咲のssがおすすめ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:21
      • お仕事がはやいわ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:24
      • 敵女幹部って名前だけで下半身が反応するのは俺だけだろうか…?
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:29
      • 素晴らしい
        で世界どうなった?
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:30
      • 関西やねんけど、ゾッとしないがわからん…。
        地方の方はわかんのやろか
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:38
      • ※5
        ぞっとしないとは、「それほど感心したり面白いと思ったりするほどでもない」という意味だそうだけど、自分もよく分かりません。

        身体が全く反応しないぐらい興味がないという感じでしょうか。
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:47
      • 元ネタ気になる
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:50
      • 有能な人物とはいわれる前に相手の求めるものを出すことが出来る
        だからとっととsakiのタイトル教えろ下さい無能
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 01:59
      • 主人公が放棄したって事は敵ボスによって世界征服されてそう
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 02:06
      • ※8
        余所のまとめにあるssを紹介するのもあれだけど…
        京太郎「和に中○しできたらすごく気持ちいいと思う」
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 02:11
      • ※6
        お答えありがとうございます

        日常で使ったこと無いんで、やっぱりわからない&しっくりこない感じです
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 02:12
      • いいねえ
        主人公と敵の一時的な共闘は好物だ

        ※5,6
        ゾッとすることを「ゾッとしない」とも言うんだよ 不思議だね
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 02:42
      • ツイッターの元ネタってなんだろ?
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 02:57
      • ※5,6,12
        「ぞっとする」と「ぞっとしない」は同じではないよ。
        「ぞっと」=寒気、恐怖、感動
        「ぞっとする」=恐怖を感じる
        「ぞっとしない」=感心しない
        なので、「協力するのは感心できる行為だと思わない」という意味。
        ただ、どちらもマイナスな表現なので「する」の恐怖を感じるという意味で「しない」と誤用する人も多い。その場合、「協力するのは恐怖を感じるくらい嫌だ」となる。が、どちらの意図かは判断できないし、判断する必要性も薄い。
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 03:10
      • ※9
        その敵ボスも実は昔主人公サイドの女ボスとできていてこの事がきっかけで…
        とかだったりして
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 03:24
      • ギアス思い出した
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 04:10
      • タ級と日向かな
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 07:12
      • Twitterに確かに回ってきてた



        はえーよ、ホセ
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 07:16
      • その画像見たけど、いくらなんでも長居し過ぎだろw
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 07:33
      • どうでもいいけど寒い中裸で抱き合うのはよくない。大人しく火焚きなさい。
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 10:23
      • 5 この恐竜の正体って絶対キューピットだろ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 10:51
      • キュービットを殺して食うのか
        とんだ野蛮人だな
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 11:14
      • そら恐竜さんはピッコロさんとご飯のキューピッドだったし有能よ
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 14:28
      • 青い珊瑚礁かな?と思ったけどTwitterが元ネタなのか
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 16:39
      • ※7
        っ【機動戦士ガンダム 第08MS小隊(シロー&アイナ)】
        っ【機動戦士ガンダムSEED(アスラン&カガリ)】
        っ【機動戦士ガンダムSEED-Destiny(シン&ステラ)】
        っ【ガイキング -Legend Of DAIKU-MARYU-(リー&ヴェスターヌ)】

        ※23
        腐女子はすっこんでろ!
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月21日 21:47
      • 悪の女幹部とかのエロアニメもあるからな。そりゃ反応もしちゃうわ
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月22日 17:08
      • 師匠とタ級のやつかな

        つーか、これの後日談みたいなエロ漫画あったな
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月25日 12:45
      • 5
        創作特有のチョロい女幹部本当好き
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年06月27日 06:23
      • 同じネタなかったか?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    新着コメント
    画像・動画
    • めう「ひなひなと動物園」
    • |w´‐ _‐ノv空に軌跡を描くようです
    • |w´‐ _‐ノv空に軌跡を描くようです
    • サターニャ「地獄少女?」
    • 灰桜色のアイドル【ミリマス】
    • 灰桜色のアイドル【ミリマス】
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • ガヴリール「ヴィーネが刺されて死んでた」右京「警視庁の杉下です」亀山「亀山です」
    • 【ニューダンV3】最原「東条さんが本気出してくる一週間」
    • ガヴリール「シャワーしてるときに視線を感じて怖い」
    • ヴィーネ「サターニャってメガネ似合うわよね」
    • ヴィーネ「サターニャってメガネ似合うわよね」
    • ヴィーネ「サターニャってメガネ似合うわよね」
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ