TOP

【はいふり】ミケ「っべぇー……宗谷激おこじゃん」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 13:45:02.77 ID:HpWmAOEgO

【はいふり】ミケ「っべぇー……入学式遅れそうなんですけど」

これ上の続き的なアレなんだけどー
今回は訳無しで行くんで意味の分からない陰キャは前作か、俺がガチめにインスピ受けまくった↓の動画見てくんね?マジバイブス上がるんで
https://m.youtube.com/watch?v=s6gr7Ljl0x8





2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 13:46:09.02 ID:HpWmAOEgO

ザーーーーーー

『学生艦が反乱。猿島を攻撃。猿島は沈没。艦長、以下乗組員は全員無事』

メイ「何で反乱したことになってんの!?」

メイ「先に攻撃してきたの猿島でしょ!?」

リン「えぇー!?わ、私に言われても……」

ましろ「知床さんに言ったって仕方ないだろう……」

メイ「あー……ごめん」

ミケ「…………」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 13:47:08.18 ID:HpWmAOEgO

ましろ「それより納沙さん。そのタブレット、通信切ってあるの?」

ココ「大丈夫です。さっきオフにしました」

ましろ「通信機器が使えないのは不便だけどな」

メイ「まぁ今発見されたら面倒だしね。仕方ないよ」

ミケ「…………」

ましろ「艦長?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 13:47:51.76 ID:HpWmAOEgO

ミケ「…………」

ましろ「どうしたんですか?さっきから黙って」

ミケ「え?」

スマホ「ツムーーーー!」

ましろ「」

ミケ「あーもーちょい待って今良いとこだから」

ましろ「…………さっさと……」

ミケ「お、良い感じ。ワンチャンハイスコアあんじゃね?」

ましろ「通信切れぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

ミケ「ひぃっ!!」

ミケ「っべぇー……宗谷激おこじゃん」

ましろ「全く……」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:28:14.72 ID:B6I8RlYq0

リン「い、位置情報もビーコンも切ってあるけど…わ、私達お尋ね者ってことだよね?」

リン「高校生になったばかりなのに、犯罪者になったんだよね?」

リン「こんなの嘘だよね?」

リン「嘘だと言ってぇーー!!」

ミケ「…………チッ」

タマ「う……う……」

ココ「どうかしましたか?立石さん」

タマ「嘘」

リン「わ、ありがとう!言ってくれて」

ましろ「はぁ………」

ミケ「…………」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:29:01.28 ID:B6I8RlYq0

ー機関室ー

ミケ「うぇ~~いwwww」

クロ「うわ……」

ミケ「ちょカリカリし過ぎじゃね?笑」

マロン「何笑ってんでぃ!こちとら総点検が必要になっちまったんでぃ!」

クロ「全く……無理させるわね」

ミケ「クロちゃんマロンちゃん、さーせん笑」

クロ「馴れ馴れしく呼ばないで」

クロ「黒木さんって呼んでくれる?」

ミケ「りょ」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:29:47.69 ID:B6I8RlYq0

ミケ「んじゃケツカッチンなんでもう行きますわー」

ミケ「じゃあね。クロちゃん」

クロ「」

ミケ「ソクサリ~」

バタン!

レオ「全然分かってないじゃん」

サクラ「あれで艦長?」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:30:37.20 ID:B6I8RlYq0

ー艦橋ー

ミケ「うぇ~~いwwww」

ココ「被害状況どうでした~?」

ミケ「は?知らね」

ましろ「何しに行ったんだ…………」

ココ「………あ」

五十六「……ニャ」

ココ「かわいい~!」

パシャッ パシャッ

ミケ「ちょ、それ後でインスタ貼っといてくんね?」

ココ「は~い」

ましろ「そんな物撮ってないで、被害状況の記録だ!」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:31:21.26 ID:B6I8RlYq0

ましろ「艦長もちゃんと確認して来て下さい!」

ミケ「………は?」

ミケ「何あいつ。KYじゃね?マジFK」

ココ「か、艦長……落ち着いて下さい……」

ミケ「ネコピッピがそんな物扱いされてんすけど。お前許せる系?」

ココ「え、ええと……」

リン「(はぁ………あの艦長苦手だなぁ)」

リン「(中学にもあんな感じの人居たけど、あまり良い思い出ないし……)」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:45:28.72 ID:B6I8RlYq0

ミケ「つかそれより学校から連絡は?」

ましろ「…………ない」

ミケ「はーマジ萎え」

メイ「私達見捨てられたんじゃないの?」

ましろ「…………」

ミケ「普通に考えて事実確認中っしょ」

ミケ「モンキーアイランドの通報だけで反乱って判断するとか早計過ぎじゃね?」

ましろ「そ、それは確かに……」

ましろ「(モンキーアイランド……?)」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:46:25.94 ID:B6I8RlYq0

リン「こ、このまま鳥島沖10マイルまで退避で良いんだよね?」

ミケ「あー良いんじゃね」

ミケ「あーしらがHNRNしたんじゃないって説明すんべ」

リン「合流地点に着いた途端捕まっちゃわないかな……」

ミケ「…………」

ミケ「………あのさぁ」

リン「な…何?」







ミケ「お前いつまでチキってるわけ?」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:51:15.57 ID:B6I8RlYq0

ましろ「艦長……?」

リン「え……チキる……?」

ミケ「あ”ービビって逃げるってこと!」

ミケ「ちゃけばお前がビビってんのは勝手だけどさぁ」

ミケ「泣きたいのもチョボパンなのもみんな一緒だっつのにさぁ!」

ミケ「それをいつまでも口に出して言われっと周りが萎えんだわ!」

リン「!!」

メイ「ちょっ、艦長落ち着いて!」

ココ「どうしちゃったんですかぁ!」

ミケ「チッ…………」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:52:02.13 ID:B6I8RlYq0

タマ「……大丈……夫?」

リン「う……うん…………」

ミケ「…………」

リン「…………ごめんなさい」

リン「私……いつも逃げてばかりで……」

ミケ「……ごめん」

ミケ「……あーしも言い過ぎたわ」

ミケ「…………知床。横須賀までどれくらい掛かりそう?」

リン「えっと……巡航で38時間かな……」

ミケ「そっか……ありがとう」

ましろ「…………?」

ましろ「(艦長……口調が……?)」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:52:57.88 ID:B6I8RlYq0







『右60度、距離3万、接近中の艦艇は……』

『アドミラルシュペーです!』

「!!」

ミケ「アドミ……は?何?」

ココ「アドミラルシュペー。ドイツからの留学生艦です」

ミケ「ほーん」

ミケ「とりま、総員配置に!」

ましろ「総員配置!」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:54:24.54 ID:B6I8RlYq0

『シュペー、主砲旋回しています!』

ミケ「は?あいつら撃つ気じゃね?」

ココ「問答無用ですね…」

ミケ「マジねぇわ……マッチ!白旗!」

シュッ

『シュペー主砲発砲!』

ましろ「!?」





ミケ「シュペー主砲発砲って早口言葉みたいじゃね?ちょっと言ってみ」

タマ「……シュペーしゅぽっ」

タマ「…………///」

ミケ「ちょ早くね~笑マジウケる」

ましろ「言っている場合か!」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:55:54.74 ID:B6I8RlYq0

ましろ「エンジンも止めないと駄目だ!」

ココ「確かに、白旗だけでは降伏になりませんね」

ミケ「マ?マ?はー映画に騙されたわーマジFK」

ましろ「(私は反応しないぞ……)」

リン「でも逃げるんだよね……?」

ミケ「あーね」

ミケ「とりま180度反転すんべ。面舵いっぱーい!」

リン「面舵いっぱーい!」

ぐるっ



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:58:09.38 ID:gLxNtxKVO

ドガーン!!

『着だーん!!』




ミケ「っべぇー……」

『シュペーも速度を上げました!』

ミケ「マ?やばたんピーナッツなんだけど……」

ましろ「追ってきた……!」

リン「早く逃げようよ~~~」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:58:55.12 ID:gLxNtxKVO

ましろ「砲力と装甲は向こうが遥かに上……」

ココ「晴風が勝っているのは速度と敏捷さだけです……」

ミケ「…………」

リン「このまま機関前回にしてたら確実に壊れちゃうよー……」

メイ「魚雷撃って足止める?」

ましろ「もうない!」

メイ「ちゃーっ!そうだったー!」

ミケ「…………」





ミケ「こっちの砲力は?」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 22:59:55.74 ID:gLxNtxKVO

タマ「7マルで5」

ミケ「7000で50ミリ……シュペーの原則装甲は?」

ココ「80ミリです」

タマ「3マル……」

ミケ「ワンチャン3マルまで寄れば抜けんだな?」

タマ「ウィ」

メイ「ちゃんと会話が成立してる……」

ココ「艦長ってもしかすると本気出すと凄いのかも……」

ましろ「そ、そんなわけないだろ!」

ましろ「(何も知らないで、いつもふざけてばかりの癖に……!)」

ミケ「…………」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:17:13.78 ID:gLxNtxKVO

ミケ「マロン!出し続けられる速度は!?」

『第四船速まででーい!』

ましろ「第四船速……」

ココ「向こうの最大船速とほぼ同じです」

ミケ「やばば……どうすっべ……」

タマ「………ぐるぐる」

ミケ「!」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:17:55.14 ID:gLxNtxKVO

タマ「…………ぐるぐる」

ミケ「……!」

ミケ「知床!取り舵いっぱーい!」

リン「と、取り舵いっぱーい!」

ぐるっ

ましろ「何をする気ですか!」

ミケ「KMRの中に逃げ込めばワンチャンあんじゃね!?」

ましろ「!!」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:18:38.64 ID:gLxNtxKVO







ミケ「実弾でスクリューシャフトを撃ち抜けばワンチャン……」

ましろ「これ以上やったら本当に反乱になる!」

ミケ「たかし……」

ミケ「ゆーてこのままだと……怪我人が出んべ…!」

ましろ「!!」

ましろ「……わかりました」

ガチャッ

ミケ「実弾、揚弾始め!」

ウィィィィン ガシャッ



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:19:34.91 ID:gLxNtxKVO

ミケ「ちゃけばなんだけどさ、スクリュー撃つにはどんだけ距離詰めればいい系?」

ましろ「水中だと急激に弾の速度が低下するから無理だ!」

ミケ「宗谷……やっぱお前陰キャだわ」

ましろ「なっ……」

ましろ「じゃあどうするんですか!」

ミケ「水中弾つーのがあるんしょ?」

ましろ「それは巡洋艦以上でウチには積んでない!」

ミケ「ワンチャン通常形状でも行けんべ」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:20:27.39 ID:gLxNtxKVO

ココ「理論上は……3マル以下まで近寄って下さい!」

ミケ「知床、8の字航行のまま、距離を3マルまで詰めてくんね?」

リン「近づくの!?怖いよ!」

ましろ「何を言ってる!」

リン「ひっ!?」

リン「こ……怖いよぉ……」






ミケ「知床」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:21:37.18 ID:gLxNtxKVO

リン「な、何……?」

ミケ「……さりげさっきも言ったけど、ビビってんのは別に良い」

ミケ「ソクサリすんのだって、トキトバによっては正しいこともあるっしょ」

リン「…………」

ミケ「でも、がちばなここで逃げたら全部終わりじゃね?」

リン「…………!」

ミケ「今までは逃げた後にいくらでも後悔出来たけど、今回は違う」

ミケ「今逃げたら、何もかもが終わる!それどころか、みんなの命も!」

リン「!!」

ミケ「お願いリンちゃん!シュペーに近寄って!!」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:22:34.62 ID:gLxNtxKVO

リン「…………」

ましろ「…………艦長。誰か代わりを……」

ミケ「待って…」

リン「…………わ」

リン「私……やります……」

リン「怖いけど……頑張ります!」

ミケ「リンちゃん……!」

ココ「あの……艦長、口調が……」

ミケ「あっ…………」

メイ「艦長?」

ミケ「うぇ、うぇ~~い……いや~バイブス上がるわー」

ましろ「…………?」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:23:40.38 ID:gLxNtxKVO

『アドミラルシュペーから小型船が向かって来ます!』

「!!」



ミーナ「………」

ザーーーー

ドガーン!!

ミーナ「………ッ!」

ッバァーーーン!!

『小型船の乗員が海に落ちました!』



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:24:26.62 ID:gLxNtxKVO

ましろ「味方を攻撃している!?」

リン「なんで!?」

ミケ「…………ちゃんシロ」

ましろ「宗谷さんもしくは副長と……」

ミケ「ちょいここ頼むわ」

ましろ「は!?」

ミケ「悪いけどドイツ引き付けといてくんね?」

ミケ「あと甲板に保健医!」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:25:35.17 ID:gLxNtxKVO

ましろ「な、なにを……!」

ましろ「まさか……!なんで敵なのに助ける!!」

ミケ「は?イミフなんだけど」

ミケ「前に言ったっしょ」








ミケ「海の仲間は……ズッ友だって」

ましろ「それは初耳だ!!」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 23:31:51.20 ID:gLxNtxKVO

ウィィィィン

ミーナ「」

ミケ「大丈夫!?」

ミーナ「」

ミケ「しっかりして!」

ミケ「(まずは脈を……!)」

ミーナ「」

ミケ「…………」

ミケ「……大丈夫。あなた、生きてるよ」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:03:31.45 ID:SRu5HrSt0







リン「はぁ……」

リン「岬明乃さん……かぁ」

リン「(逃げ逃げの私を叱って、引っ張ってくれる人……)」

リン「そんな人……今までいなかったなぁ…………」

リン「もしかしたら……思ってたよりずっと良い人なのかも……」

リン「あ……お風呂入らなきゃ」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:47:30.47 ID:SRu5HrSt0

ー浴場ー

ジャーーーーー

リン「あれ?誰か先に入ってるのかな」

リン「(誰だろう……)」

「はぁ…………」

リン「!」ビクッ

「今日は失敗しちゃったなぁ……」

リン「(ひ……独り言……?)」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:48:07.64 ID:SRu5HrSt0

「またみんなに偉そうなこと言っちゃったし……」

リン「(だ、誰だろう……)」

「勝手な行動ばっかりで…シロちゃんが怒るのも無理ないよね」

リン「(シロちゃん……?あれ?副長のこと……だよね?)」

リン「(ということは……)」

「リンちゃんにも酷いこと言っちゃった……きっと嫌な思いさせちゃったよね」

リン「艦長!?」

ミケ「わあっ!?」

ミケ「リ……リンちゃん!?」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:48:48.73 ID:SRu5HrSt0

ミケ「ど、どうして……」

リン「え……ええと……」

ミケ「…………もしかして……」

ミケ「……聞いてた?」

リン「…………」

ミケ「…………」







ミケ・リン「「ごめんなさい!!」」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:49:43.17 ID:SRu5HrSt0

ミケ「どうしてリンちゃんが謝るの!?」

リン「だ、だって……盗み聞きしてたから……」

リン「艦長こそ、どうして…………」

ミケ「わ、私は……」

リン「(あれ?そういえば……口調が……)」

ミケ「…………私、みんなを騙してたの!」

リン「えぇ!?」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:50:25.48 ID:SRu5HrSt0

ミケ「ほら、私っていつも変な喋り方してたでしょ?」

リン「う、うん……」

ミケ「あれ全部、演技だったの……」

リン「えぇー……」

ミケ「本当はアドミラルシュペーなんて当然知ってたし」

ミケ「船内の損傷箇所だってちゃんと把握してたし」

ミケ「通信の受信音なんかもちゃんと知ってたの!」

リン「じゃ……じゃあどうして……」

ミケ「…………」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:50:54.02 ID:SRu5HrSt0

ミケ「実はね、私……」

ミケ「KDなの……」

リン「ケー……ディー……?」

ミケ「KD……高校デビュー……」

リン「えっと……つまり……」

ミケ「私は……中学まではまるで目立たない……」

ミケ「陰キャラ……だった……」

リン「え……ええっ!?」

リン「艦……岬さんが!?」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:51:33.08 ID:SRu5HrSt0

ミケ「私は小さい頃に両親を亡くしてね」

ミケ「親戚もいなかったから施設に預けられたの」

リン「そう……だったんだ……」

ミケ「でもね。全然辛くなかったよ」

ミケ「お父さんとお母さんはいなくなったけど、大切な友達のモカちゃんに出会えた」

ミケ「モカちゃんは色々なことを教えてくれた」

ミケ「海のこと。ブルマーのこと」

ミケ「そして……海の仲間は家族なんだってこと」

リン「…………」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:52:32.55 ID:SRu5HrSt0

ミケ「モカちゃんとはいっつも一緒だったんだけどね。12歳……小学校の卒業を機に、離れ離れになっちゃったんだ」

ミケ「それでお互い別々の中学校に進学したんだけど……そこで初めて気がついたの」

リン「…………何を?」

ミケ「……私が一人じゃ何にも出来ないんだってこと」

リン「…………!」

リン「そんな……」

ミケ「モカちゃんは昔から何でも出来たから……私は頼りっきりにしちゃってたんだね」



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:53:09.15 ID:SRu5HrSt0

ミケ「中学に上がって頼る人のいない駄目な私は……みんなから爪弾きにされちゃった……」

ミケ「その時にはもう海洋学校に入って、ブルーマーメイドになるんだって決めてたから、船やブルマーの知識だけは人並み以上にあったんだけどね」

ミケ「それも戦艦オタクだ、陰キャラだって」

リン「…………酷い」

リン「……武蔵の艦長さんには相談しなかったの?」

ミケ「モカちゃんには心配掛けたくなかったから……」



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:53:51.09 ID:SRu5HrSt0

ミケ「でもね。海洋学校に合格して、私はまずモカちゃんに連絡したの」

ミケ「お互い同じ学校を受けるってことは知ってたから」

ミケ「また一緒の学校に行けるねって笑い合うはずだったんだけどね……」

ミケ「安心したからかな…電話してる時に私、泣いちゃった」

リン「…………」

ミケ「そしたらモカちゃんが『何があったの!?』って、凄い剣幕で聞いてきて……」

リン「……全部、話したの?」

ミケ「うん」



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:54:29.60 ID:SRu5HrSt0

ミケ「話し終えた後、モカちゃんはすっごく怒ったの」

ミケ「『私の大切な彼女に何てことを!』って……」

ミケ「でね、過去のことはもうどうしようもないから、そしたらこれからを変えようってことになったの」

リン「もしかして…それで……」

ミケ「うん。周りにナメられないように言葉使いを乱暴にしたり……」

ミケ「何も分からないように装ったり……」

ミケ「完全に沈んでるのにヤーシブ行きてーとか言ったり……」



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:55:09.54 ID:SRu5HrSt0

ミケ「モカちゃんにも協力して貰って、たくさん練習してきたんだけど……」

ミケ「やっぱり、私には向いてないね」

リン「…………」

ミケ「みんなに乱暴な物言いをする度に私の心が痛んでいくの」

ミケ「…………本当にごめんね。リンちゃん」

リン「…………ううん」

ミケ「失望した?艦長がこんな人で」

リン「…………ううん……」

リン「………その逆だよ……」



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:56:07.50 ID:SRu5HrSt0

ミケ「…………えっ?」

リン「私は……安心したよ」

リン「岬さんが……私と同じで…安心した」

リン「弱さを持った普通の人で…安心した……!」

ミケ「…………!」

リン「私、岬さんはもっと強い人なんだって思ってた」

リン「何の影響も受けないで、自分の意思を持った人なんだって」



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:56:46.28 ID:SRu5HrSt0

リン「でも本当は違った!」

リン「本当の岬さんは私と同じで弱い人!」

リン「なのに!それでも岬さんは私を叱って、私を力強く引っ張ってくれた!」

ミケ「リン……ちゃん……」

リン「だったら……私も同じぐらい強くなれるでしょ……?」

リン「私、その方が嬉しいよ……」

ミケ「…………」



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 00:58:22.81 ID:SRu5HrSt0

リン「ねぇ、岬さん…」

リン「私、支えるよ……?岬さんのこと、頑張って支えるから……」

リン「みんなだって、きっとそう……」

リン「だから……無理しないで……!」

ミケ「…………!」

リン「…………や、やっぱり頼りないかな?」

ミケ「リンちゃん……」

ミケ「……ううん。そんなことない」

ミケ「…………ありがとう」






終わり



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 01:00:18.04 ID:SRu5HrSt0

く疲こ完です!
ちゃけばギャル語はもう飽きました!
次はガチめの百合書く予定なんでどうかもうしばらくお付き合い下さい!



元スレ
【はいふり】ミケ「っべぇー……宗谷激おこじゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466311502/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (16)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 02:23
          • 1  
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 02:32
          • 続けなくていいから(良心)
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 02:34
          • 普通にいい話じゃねぇか
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 02:35
          • とりあえず次回作はよ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 02:41
          • まぁミケの境遇考えればこうなってもおかしくなかった
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 05:05
          • いつもみたいに艦長が狂ったように見せかけて一番まともだった
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 07:07
          • アニメ化しよう
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 07:39
          • これがロックな生き方……
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 07:51
          • ちゃんミケとちゃんシロの百合KBU
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 09:13
          • ギャル語飽きたのかよw

            本編より有能そうだったからもう少し続けて欲しかった
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 12:36
          • 濃厚な百合あくしろよ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 13:04
          • 話作るペースがやべぇよ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 13:20
          • やめろよw
            そういえばミケちゃんは海洋学校に中学の同級生はいなかったのか?とか
            やめてやれよw
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 13:32
          • 本家より有能じゃね?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月20日 18:18
          • ※14
            ギャップがある分そう思えるだけで有能さは本家と変わらない
            まあこうして見るとミケって凄いんだな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月23日 13:17
          • ※15
            でも本家じゃ無能扱いされてるだよねぇ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 後輩女「へぇ…先輩、彼女さんとうまくいってないんですね」
        • 俺「デスノート…?>>4(燃や)してみるか」
        • 【異世界かるてっと2】シャルティア「納得いかないでありんす」
        • 【まちカドまぞく】良子「どうして私の名前は良子なの?」
        • 姫「俺さん、俺さーーーーん!カニクエいこ!!」 俺「ごめん…俺…」 姫「あ…31レベル…」
        • 俺「可愛いけどめっちゃ悪役っぽい顔してるよね」美少女「死にたいの?」
        • 俺「どこまで?」女の子「着いてきて」
        • 犬「ハッハッハッ」女の子「ちょっ…やだ…///」(犬が股間嗅ぎまくる)
        • 彡(゚)(゚)「よっしゃ転職したろ!」
        • 【シートン学園】スペランカーミユビ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
        • 妹「お兄ちゃん~」 俺(でた!コイツが俺をお兄ちゃんって呼ぶときは何か頼みごとがある時だ)
        • 妹「お兄ちゃん~」 俺(でた!コイツが俺をお兄ちゃんって呼ぶときは何か頼みごとがある時だ)
        • 俺「暴力はやめてください!!」幼女「>>4」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ