TOP

幼馴染「あれあれ?こ、これってもしかしてラブレター!?」

1: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 04:54:29.65 ID:/nlydTA80

幼馴染「こ、これ・・・ラブレター」

幼馴染「どれどれ」

幼馴染「・・・うわ、これ1年の人からだ」

幼馴染「ど、どうしよ・・・こんな事初めてだし」

幼馴染「う、う~ん」オロオロ

男「あれ?お前俺の靴箱の前でなにやってんの?」

幼馴染「え!」

幼馴染「べ、別に?なんでもないわよ」

幼馴染「ボーっとしてて、その位置がたまたま貴方の靴箱前だったってだけなんだから」

幼馴染「悪い!?私はボーっとすのにも男の許可必要な訳!?」

男「いや俺の靴が取れないじゃん」



2: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 04:55:04.55 ID:/nlydTA80

男「でさ~俺最近おにぎり派からパン派に移ったんだよね」

幼馴染「・・・」

男「どした?聞いてる?」

幼馴染「ん?き、聞いてるよ!?」

幼馴染「おにぎりの話でしょ?」

男「まぁ、そうだけど」

幼馴染「おにぎりはアレよね。梅干よね。やっぱり日本人だもの」

男「・・・?」

男「なんかあった?落ち着きないけど」



3: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 04:56:24.62 ID:/nlydTA80

幼馴染「は、はぁ?」

男「いや、いつもと様子が違うからさ」

男「ソワソワしてるってか」

幼馴染「ど、どーして私が男のためにソワソワしなきゃなんないのよ!」

幼馴染「私は正常!なんもおかしいところない!」

幼馴染「その足で眼科行けば?」

男「?」

男(やっぱいつもと様子がおかしいよな)



4: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 04:56:59.72 ID:/nlydTA80

男(にしてもどうして落ち着きないんだろ)

幼馴染「な、なに黙り込んでるのよ」

幼馴染「なんかしゃべりなさいよ」

男「お前さ、俺に隠し事してる?」

幼馴染「え、ええ!?」

幼馴染「し、してない!私が貴方に隠し事なんかしてどうなるっていうの」

幼馴染「貴方に隠し事なんてしたって私に得になることなんてなにもないんだから!」

男「・・・お前、もしかして」

幼馴染「う」ゴクリ

男「具合悪いのか?」

幼馴染「え?」



5: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 04:58:28.70 ID:/nlydTA80

男「さっきさ、靴箱でボーっとしてたし」

男「なんか珍しい光景だなって。」

幼馴染「あ、ああうん・・・そうね」

男「お前ってさ、自分がつらい時、周りに隠そうとするだろ」

幼馴染「隠す?」

男「でも、俺はいつもお前に世話になってるから」

男「そういうときは頼っていいからな」

幼馴染「・・・う、うん」

幼馴染「あ、ありがとう」

男「で、どうなんだ」

幼馴染「それは、大丈夫だよ。心配しないで」

幼馴染「・・・」

男「なにモジモジしてんだ?トイレか?」

幼馴染「ち、違うわよ!」ポカ

男「痛い」



6: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 04:59:39.25 ID:/nlydTA80

幼馴染の家


幼馴染「はぁ・・・結局言えなかったなぁ」

幼馴染「私なにやってるんだろ」

幼馴染「・・・どうしても言い出せなかった」

幼馴染「これ送った子が困っちゃうだろうな」

幼馴染「でも・・・」

幼馴染「い、いや・・・だよ」

幼馴染「男が他の子に告白されちゃうなんて」

幼馴染「・・・・にしたってこのままはマズイでしょ~私の馬鹿馬鹿!」

幼馴染「あ~~もう!どうすれば良いのよ~~!」



7: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:01:17.58 ID:/nlydTA80

男「おはよー」

幼馴染「お、おはよ」

男「あれ?お前やつれてね?」

幼馴染「う・・・」

幼馴染「や、やっぱわかる?お化粧したんだけど」

男「うん、クマできてる」 ジー

幼馴染「あ、あんまみんな!」

幼馴染「き、昨日ちょっと寝られらなかったのよ」

男「はは、夜更かしは体に良くないぞ、だらしないな」

幼馴染「お前のせいだろ!」ポカ

男「な、殴るなよ」

幼馴染「う~」



8: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:02:09.19 ID:/nlydTA80

男「お前靴箱の前でまたなにやってんの?」

幼馴染「べ、べっつに?」

男「?変な奴」

男「俺の靴箱のにおいが気に入ったのか」

幼馴染「んなわけがあるか」ポカ

男「い、痛い」

男「すぐ手が出る女だな」

幼馴染「そ、そんな強くやってないじゃないのよ」

後輩「先輩」

男「おー」

幼馴染「!」



9: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:03:30.03 ID:/nlydTA80

後輩「おはようございます」

男「はよー」

幼馴染「・・・」

後輩「あ、幼馴染先輩もおはようございます」

幼馴染「オ、オ、オハヨー」

男「ロボットみたいな挨拶すんなよ」

幼馴染「だれがロボットじゃ!」ポカポカ

男「また殴られた!しかも2発」

後輩「ふふ・・相変わらず面白いですね、先輩たち」



10: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:04:29.19 ID:/nlydTA80

男「俺は普通なんだ。こいつが面白いだけ」

幼馴染「今、もしかして私の事ばかにした?」

男「はは、褒めたんじゃん」

男「言動が面白いってさ」

幼馴染「それが馬鹿にしてるのよ~」

男「うわ、また殴られる」

後輩「あの・・・先輩?」

男「ん?」

後輩「・・・」ジー

男「?」



11: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:05:53.70 ID:/nlydTA80

男「あ、やべ予鈴なった」

男「そろそろ行こうぜ」

幼馴染「う、うん」

男「お前もな」

後輩「・・・」

後輩「はい」シュン

後輩「あの!先輩」

男「なにか?」

後輩「待ってます・・・」

後輩「では」スタスタ

男「??」

幼馴染「や、やばい・・・」



12: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:07:27.17 ID:/nlydTA80

男「待ってるってなんの話?俺待たれるような事したっけ」

幼馴染「わ、私に聞いても、わ、わかるわけないじゃん」

男「そうだよな」

男「ん~?」

幼馴染「う、罪悪感」

男「またモジモジしてる。トイレか」

幼馴染「そ、そういう事、普通女の子に向かって言う?」

幼馴染「次いったら手だすからね」

男(さっき散々殴ってたのに)

男「と口に出さない俺は偉い」

幼馴染「・・・」

男「あれ?」



13: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:08:02.49 ID:/nlydTA80

幼馴染「・・・」

幼馴染(やっぱり男に言わなきゃダメよ)

幼馴染(いくらなんでも隠しておくのは無理があるし)

幼馴染(なにより後輩ちゃんに失礼すぎる気がする)

男「お前さ、本当どうした?」

幼馴染「ど、どうって?」

男「マジで具合悪くないよな?」

男「それとも悩み事か?」

男「変に隠すなよ?本当、隠し事するからな」

男「お前の力になれる事ならやるよ」

男「お前には数え切れないほど世話になってるし、なにより」

男「俺とお前の仲だろ?」



14: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:09:10.53 ID:/nlydTA80

屋上

後輩「・・・」

ガチャ

後輩「あ、せんぱ」

幼馴染「こんにちは」

後輩「・・・はい」

幼馴染「・・・」

後輩「どうしたんです?屋上に来るなんて」

後輩「今日は少し肌寒いですよ」

幼馴染「それ、貴方もじゃない」

後輩「私は平気です。むしろ暑いくらいなです。今」

幼馴染「・・・」

幼馴染「男なら、来ないわよ」



15: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:09:55.90 ID:/nlydTA80

後輩「そうですか」

幼馴染「お、驚かないの」

後輩「はい。驚きません」

後輩「合点がいきました、朝の事」

後輩「先輩、まるっきりいつも通りでしたし」

幼馴染「私ね」

後輩「少し卑怯じゃないですか?」

幼馴染「う」

後輩「気持ちはわかりますけど、それはルール違反だと思います」

幼馴染「わ、私だって、最初見つけたときは、渡そうと思って」

後輩「結果が全てでは?先輩に渡さなかった。それだけ」

後輩「それとも私が幼馴染先輩の意図を汲んで許してあげなきゃいけないですか?身勝手ですね」



16: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:10:23.16 ID:/nlydTA80

幼馴染「・・・」

後輩「黙ってたってなにも話は前に進まないんですけど」

幼馴染「お、怒る気持ちはわかるから」

幼馴染「だから黙って後輩ちゃんの話は聞いておこうと思って」

後輩「ああそうですか。」

後輩「でも私、わざわざムカツク相手を罵倒するタイプじゃなくて」

後輩「無視するタイプなんで、そういう事は言いません」

後輩「でも、後輩ちゃんって、やめてください」

後輩「幼馴染先輩に言われてもキモイだけなんで」

幼馴染「ごめん、やっぱ怒るわよね」



17: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:10:56.35 ID:/nlydTA80

後輩「そんな言葉いらないですね」

後輩「謝っても許しませんし話が前に進んでません」

幼馴染「う」

幼馴染「でも、謝っておきたくて・・・私、酷いことしたってのはわかるから」

後輩「・・・」

後輩「じゃあ私、先輩がここに来ないならもう行くので」

後輩「次は邪魔しないでください」

後輩「じゃ」バタン


幼馴染「・・・怒らせちゃった」

幼馴染「そりゃあ、そっか・・・私だって怒るもん」



18: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:11:24.94 ID:/nlydTA80

幼馴染「はぁ・・・」トボトボ

男「おい」

幼馴染「あ、男」

幼馴染「なんで?ここに」

男「待ってた」

幼馴染「は?」

男「お前様子おかしいからさ」

幼馴染「そ、それで待ってたの?わ、私の事」

男「うん」

男「昨日からずっと変だから、心配だ」

幼馴染「・・・」

幼馴染「私なんて・・・心配する価値・・・ないかも、よ?」

男「そんな事ない」



19: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:12:01.54 ID:/nlydTA80

幼馴染「む」

幼馴染「価値ないんだって」

幼馴染「わ、私一人で帰る」

男「おい・・」

幼馴染「待たない!帰るって言ってる」

男「俺、待ってたのに、お前の事」

幼馴染「なんで待ってるのよ・・・私の事なんて」

男「そりゃあ」

幼馴染「心配だから?あいにく具合は悪くないわよ」

男「それもあるけど、それだけじゃない」

幼馴染「じゃあなによ」

男「お前の事が好きだから、待ってた」



20: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:12:30.13 ID:/nlydTA80

幼馴染「すき?」

幼馴染「す、すすす・・・好き?好きってあの好き?」

男「な、何回も言うな!恥ずかしい」ポカ

幼馴染「いた・・・殴られた」

男「いつもの仕返しだ」

男「よく聞け」

男「俺、お前の事好きなんだ」

男「だから、お前が困ってるなら心配だし助けたいし放っておけない」

幼馴染「・・・・」

男「き、聞いてる?」

幼馴染「き、聞いてる!聞いてるわよ!」

幼馴染「ただビックリしただけ」



21: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:13:04.78 ID:/nlydTA80

幼馴染「う、うー」

男「嫌か?俺がお前の事好きじゃ」

幼馴染「い、嫌な訳」

幼馴染「・・・」

男「また喋んなくなった」

男「いっつもそうだよな。でも今日はおじぞうさんは禁止」

幼馴染「嫌な訳ないじゃない・・・私だって」

男「声小さすぎて聞こえない」

幼馴染「!」

幼馴染「私だって好き!好きだよ!あんたの事」

幼馴染「じゃ、じゃなきゃあんなに世話焼くわけないじゃん・・・」プイ

男「そっかそっか」



22: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:13:45.14 ID:/nlydTA80

男「なんだお前も俺に惚れてたんだ」

幼馴染「あ、あんただって私の事好きなんでしょ?」

男「まぁ、そうだけど」

幼馴染「まぁ・・・ってなによ」

幼馴染「告白したのそっちじゃないの!?」

男「うんうん」

幼馴染「む、むかつくー!何であんたは落ち着いてるのよー」ポカポカ

男「い、痛いって」

幼馴染「あ」

幼馴染(うれしすぎて忘れてた・・・私)

男「殴ったな。復習してやる」

幼馴染「え?」

男「ん」チュ



23: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:14:24.58 ID:/nlydTA80

幼馴染「い、今、何した」

男「キスした」

幼馴染「なんで」

男「お前が俺の事好きだったのがうれしくてした」

幼馴染「あ・・・あ・・・」

男「固まってるなら、もう一回してやる!」

幼馴染「ち、痴漢よ!」

男「ふふ、動くな」

幼馴染「ちょ、ちょっと・・・」

幼馴染(ダメ・・・抵抗・・・できない)

男「んー」チュ



24: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:15:02.90 ID:/nlydTA80

幼馴染「もー」ポカポカポカ

男「すぐ手出るな・・・いたいいたい」

幼馴染「あ、あんたねぇー!」

男「嫌じゃないでしょ?きっと」

幼馴染「だから、嫌じゃないけど、ロマンとか、そういうの考えなさいよね」

幼馴染「そ、それに、ここまだ学校よ?」

幼馴染「誰かに見られたら恥ずかしいじゃない」

男「てことは家ならたくさんして良いんだ。エ口」

幼馴染「え、エ口いのはお前だろうがー」バキ



25: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:17:27.76 ID:/nlydTA80

男「お前最後のは痛かったぞ」

幼馴染「自業自得!男が悪いじゃん」

男「あご外れるかと思った・・・いてて」

幼馴染「ふん」

幼馴染「・・・」

幼馴染「そ、そんなに痛かった?なら私、一応絆創膏とかあるから・・・」

男「へへ、実はそんなに痛くないぜ」

幼馴染「な・・・・や、やっぱむかつく!」

幼馴染「心配して損した!」

男「ふふ」



26: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 05:17:57.29 ID:/nlydTA80

男「お前最後のは痛かったぞ」

幼馴染「自業自得!男が悪いじゃん」

男「あご外れるかと思った・・・いてて」

幼馴染「ふん」

幼馴染「・・・」

幼馴染「そ、そんなに痛かった?なら私、一応絆創膏とかあるから・・・」

男「へへ、実はそんなに痛くないぜ」

幼馴染「な・・・・や、やっぱむかつく!」

幼馴染「心配して損した!」

男「ふふ」



30: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 11:54:19.80 ID:mS8DK6cZ0

男「なぁ」

男「じゃあそういう事で良いのか」

幼馴染「そういう・・・事」

男「付き合うって事で」

男「俺、お前、好き」

男「お前、俺、好き」

男「不都合はないだろ?」

幼馴染「ま、まぁ・・・そーかも」

幼馴染(いやいやいや、流されちゃ駄目よ私)

幼馴染(まず後輩ちゃんの事があるじゃないのよ~)

男「また考え込んでる。馬鹿のくせに」

幼馴染「馬鹿!?」



31: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 11:57:19.73 ID:mS8DK6cZ0

幼馴染「あんたの方が成績悪いじゃないのよ!」

男「間に受けるところがすでにね」

幼馴染「それは、売り言葉に買い言葉というか」

男「でも、そういうところも可愛いと思うんだぜ!」

幼馴染「う」

幼馴染「くやしい・・・キュンとさせられるなんて」

男「カラオケで女子がアイドルソング歌ってる時も同じ気持ちになるよ俺」

幼馴染「意味がわかんない事言わない!」

幼馴染「でも」

幼馴染「か、考えさせて!」

男「は?」



32: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 12:00:40.52 ID:mS8DK6cZ0

男「え、あれ」

男「もしかして俺、振られた?」

幼馴染「あ」

幼馴染「そーじゃない!そーじゃないのよ!」

幼馴染「ただ・・・な、なんていうのか」

男「なんだよ」

幼馴染「・・・っく」

幼馴染「の、のっぴきならない理由があんのよ」

男「俺とお前の仲じゃん。隠し事するなよ」

幼馴染「私たち、言うほどお互いの秘密って明かしあったりしてたっけ?」

男「まさか三角関係?お前誰かと付き合ってんの?」

幼馴染「・・・・バカ」



33: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 12:05:19.35 ID:mS8DK6cZ0

キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン

男「授業おわりっと・・・部活部活」

男「でもちょっと早いかな。体育館向かうの」

男「あれ、後輩じゃん。ちっす」

後輩「あ、せ、先輩」

後輩「こんにちは」

男「ここ掃除?」

後輩「いえ、部活ここなんで」

男「あれ?今日は女子と合同なのかな」

後輩「そうみたいです。第1体育館は違う部でいっぱいで」

後輩「今日は男女合同みたいです」

男「ふーん」

男(じゃあ幼馴染とも一緒か)



34: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 12:07:39.14 ID:mS8DK6cZ0

後輩「今日は先輩に胸を貸してもらいますね」

男「はは、うち女子の方がずっと強いから、こっちが足引っ張るかも」

後輩「そんな事ないです。先輩、実際うまいです」

男「それに女子と違って男子は胸がペッタンコだから貸せないぜ」

男「なんつって」

後輩「・・・」

男「あ、ごめん」

後輩「い、いえ・・私こそ、冗談に上手く返答できなくてごめんなさい」

後輩「反省します」

男「はは」



35: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 12:10:18.90 ID:mS8DK6cZ0

後輩「先輩?」

男「♪~~」

男「ん?なに?ごめん音楽聴いてた」

後輩「あ、良いんです。先輩が何聞いてるのかなって思っただけなんで」

男「俺の音楽の趣味聞いてどうすんの」

後輩「先輩が好きなら、私も好きになれるかなって」

男「ふーん」

男(相変わらず年上に礼儀正しいな)

男「普段音楽って何聞いてるの?逆に」

後輩「わ、私ですか?」

後輩「なに・・・聞いてそうですか?」

男「ロック」



36: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 12:13:10.93 ID:mS8DK6cZ0

後輩「え」

後輩「そ、そう見えますか」

男「うん」

後輩「・・・」

後輩「それなんか失礼じゃないですか?」ム

男「いや、だってお前格好良いじゃん」

男「だからそういうの聞くのかなって」

後輩「失礼ですよ、先輩」

後輩「私だって、恋愛ソングとか、バラードとか聴くんです」

男「へー以外」

男(後輩の口から恋愛ソングという単語ができた事に)

後輩「なんかショックです」

男「へ」



37: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 12:14:52.30 ID:mS8DK6cZ0

後輩「私、先輩にそういう風に見られてたんだって」

後輩「私も女の子なんですよ」

男「わ、わかったよ」

男「俺が悪かった、ほら、ガムあげるよ」

男「かむと唾液がたくさん出るやつ。ピーチ味な」

幼馴染「男ー?入り口に突っ立ってないで、さっさと入ってれば良いじゃない・・・って」

後輩「・・・」

幼馴染「あ、お、おはよー」



38: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 12:20:38.77 ID:mS8DK6cZ0

後輩「おはようございます」

後輩「先輩、ガムありがとうございました」

男「おう」

後輩「では」スタスタ

幼馴染「・・・」

男「?」

幼馴染(完全に敵視されてるわ)

男「また黙り込んでる」

男「あ、わかった。お前もガム欲しかったんだ」

男「ごめんなピーチ味はもうないんだ。グレープならあるけどそれで良いか」

幼馴染「・・・はぁ」



42: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 17:34:53.99 ID:mS8DK6cZ0

男「まぁ悩む気持ちもわかるんだぜ」

幼馴染「え」ドキ

男「大会近いからな。たのむぜ、エース」

幼馴染「あ、ああ・・・そっちね」

幼馴染「ま、そっちの方も頑張ってるわよ」

男「全国いけそう?」

幼馴染「いけるにはいけるんじゃないかしら?」

男「強気だなぁ」

幼馴染「だって事実だもん。県内でシングルで私に勝てる選手は先輩をいれてもいないわよ」

幼馴染「なんなら勝負してあげよっか?」

男「うわ」

男(この前ボコボコにされたの思い出した)

幼馴染「あんたも悪くないと思うんだけどね~練習量が足りないのよね~」

幼馴染「お腹もちょっとぽよってない?」ツンツン

男「む、失礼な」



43: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 17:37:44.02 ID:mS8DK6cZ0

男「触られたら触り返してやる」

男「とは言ったら引かれるので言わない俺は利口だね」

幼馴染「自分で言ったら世話ないわね・・・」

部活友「男ーそろそろ始まるよー」

男「あ、うん」

男「楽しい時間あっとう言う間に過ぎるのが悲しいぜ」

幼馴染「た、楽しい・・・ね」

男「ね」

幼馴染「・・・うん」



後輩「・・・・」



44: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 17:41:04.90 ID:mS8DK6cZ0

幼馴染「今日ノックきつかった~」

部活友2「ね~」

後輩「先輩」

幼馴染「え、こ、後輩ちゃん」

部活友2「珍しいね、いつも無口なのに」

部活友2「なんか用~?残念だけど私は彼女も彼氏もいるわ」

後輩「・・・そうじゃなくて」

後輩「幼馴染先輩」

幼馴染「う、うん」

後輩「部活も終わりそうなんで、勝負しましょう」

幼馴染「勝負?」




45: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 17:44:14.13 ID:mS8DK6cZ0

幼馴染「ダブルスで?」

部活友2「幼馴染ってダブルスできないんじゃなかったっけ?」

幼馴染「人を協調性ないみたいに言わない!」

後輩「いえ、シングルで」

部活友2「え?後輩ちゃんってシングルするの?」

後輩「はい。確かに私はダブルスでこの学校に推薦入学しましたけど」

後輩「高校からは両方でられるので」

幼馴染「・・・・」

後輩「先輩」

幼馴染「わかった・・・」

部活友2(なんだろこの雰囲気)



46: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 17:47:01.66 ID:mS8DK6cZ0

部活友2「じゃあ、ラブオールプレー」

幼馴染「・・・行くわよ」パン

後輩「・・・んっ!」

幼馴染(いきなりスマッシュ・・・速い・・・それに)

部活友2「ワンラーブ」」

部活友2「いきなり決められてるじゃーん」

幼馴染「うん。結構良い球だったから」

後輩「・・・」

幼馴染(あんな奥からいきなり叩いて来た。やっぱりダブルス専門なだけ速いわね)



47: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 17:51:28.74 ID:mS8DK6cZ0

後輩「んっ!」バシ

幼馴染「っく」

幼馴染(またスマッシュ・・・速いしそれに)

幼馴染(コースが良すぎる、面を合わせて前に落とすしかない)

後輩「ふふ」タッタ

幼馴染(前につめてきてる・・・これだけ良いスマッシュ打ったらそりゃそうだ)

後輩「ん!」バシ

部活友2「・・・あれ」

部活友2(なんか幼馴染が押されてる?後輩ちゃんってこんな強いんだ)



49: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 17:54:24.00 ID:mS8DK6cZ0

後輩「・・・またきた」

部活友2「あーもう高いロブはだめだってぇ~」

幼馴染(そんなんわかってるわよ・・・でも)

後輩「ん!」バシ

幼馴染(タイミングは覚えたわ!)

バシ

後輩「!」

部活友2「ロブで返した・・・」

部活友2「そっかぁ・・・スマッシュをロブで返せるならもう後輩ちゃんはスマッシュの後前につめられない」

幼馴染「浅いわね・・・っと!」バシ

後輩「・・・っち」



50: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 17:57:53.13 ID:mS8DK6cZ0

後輩「スマッシュのタイミングを覚えられてもまだ・・・」タッタ

幼馴染(さすがダブルスで県大会3位なだけあるわ・・・前につめるのが速い)

幼馴染(ただ、決めようとしすぎ。シングルはそうじゃないのよ)

後輩「っく・・・はぁはぁ・・・」タッタ

部活友2「ラリーが長い」

後輩「っく」パシ

幼馴染「来た、チャンス!」バシ

後輩「・・・はぁはぁ」

幼馴染(だいぶつかれてるわね。それはそうよ全部が全部決めようとしたら、そうなるわ)

部活友2「んーこれは、幼馴染が勝ったかなぁ」

後輩「・・・まだまだ。負けてない」ギロリ

幼馴染「う」



51: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:02:19.28 ID:mS8DK6cZ0

幼馴染「ん!」スパ

部活友2「おーきれいなカット」

後輩「!」

幼馴染(っく、速さを意識しすぎてカットの弾足が長い・・・)

後輩「・・・・」ス

幼馴染(ネット前・・・ラケットを下から出して止めた)

幼馴染(ここは・・・」

幼馴染「前!」タタ

後輩「ん!」パシィ

幼馴染(しまったロブ?)

部活友2「おー良いフェイント。幼馴染、逆に進んじゃった分一歩遅れたどころじゃすまなさそう」

幼馴染「でも、これは取れる」バシ!

後輩「・・・決める」

部活友2「あちゃ~~クリアが浅い。こりゃスマッシュ来るわ」



52: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:06:11.99 ID:mS8DK6cZ0

幼馴染(後輩ちゃんの利き肩が沈んでる)

幼馴染(ほぼ間違いなくスマッシュが来る)

幼馴染(彼女はカットスマッシュは打たない・・・ならコースも単調なはず)

幼馴染(大丈夫、タイミングは覚えてるんだ)

後輩「っふ」パン

部活友2「ここでクリア!?頭を抜かれた!」

幼馴染「ち、ちくしょー」ズザザ

後輩「無理です、取れません」

部活「ポイント!18オール!」


部活友「あそこ凄い熱中してるなぁ」

男「え?」

男「うわ・・・幼馴染と後輩?あいつシングルするんだ」



53: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:08:32.87 ID:mS8DK6cZ0

後輩「はぁ・・・はぁ・・・」

幼馴染「はぁ・・・はぁ・・・」

後輩「先輩」

幼馴染「・・・」

後輩「私、負けませんから」

後輩「泣いて逃げ出したりなんかしません」

幼馴染「!」

後輩「倒します」

幼馴染「・・・私だって・・・」

幼馴染「私だって・・・負けられない」

男「二人とも頑張れー」

幼馴染「・・・」

幼馴染(どっちの味方なのよ~!応援するなら私を応援しなさいよ~)



54: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:14:34.98 ID:mS8DK6cZ0

後輩「は!」バシィ

幼馴染(確かに貴方は強いわ・・・とてもシングル馴れしていないようには見えない)

幼馴染(前につめるの速いし、スマッシュもある)

幼馴染(だけど私の持ち味は)

後輩「また・・・っく」

部活友2「幼馴染の必勝パターンね。長いラリーが大好きな」

後輩「・・・叩いても叩いても決まらない」

幼馴染「だから決めようとしすぎなのよ・・・そんな奥から叩いて決まる訳ないじゃない」ス

後輩「!」

後輩(ラケットを引いた・・・前・・・ネット前に来る)

後輩「・・・」タタ

幼馴染「ふ、若いわ」パシィ

後輩「しまった!ロブ?でもまだ・・・」

後輩「あ・・・」

幼馴染「足動かないでしょ。そりゃそうよ。あれだけずっと攻めてたら」

部活友2「ゲームセット」



55: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:17:32.93 ID:mS8DK6cZ0

部活友3「す、すっご~~い!!」

部活友4「後輩ちゃん後輩ちゃん!そんなにシングル強かったの?」

部活友5「幼馴染ちゃんって、今年の県大会優勝候補だよ!?」

後輩「・・・負けたら意味がない」

後輩「・・・」チラ

男「ん」

後輩「っく」スタスタ

部活友3「これで団地亜のメンバー決まったね!」

部活友4「え?でもせっかくならダブルスで使いたくない?」

部活友5「両方やってもらえば良いじゃん!」

幼馴染「・・・ふー」



56: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:22:46.69 ID:mS8DK6cZ0

男「お疲れ」

幼馴染「あ、ちょっと近寄らないでよ」

男「へ」

幼馴染「い、良いから・・・今汗とか、かいてるから」

男「気にしないのに。シャイだな」

幼馴染「私が気にするから!てかそれシャイって言うのかな」

男「にしても後輩!強かったなぁ!」

幼馴染「え、ええ・・・そうね」

幼馴染(強かった)

幼馴染(いや確かに強かったけど、今考えたら色々荒かった気もする)

幼馴染(私が集中できてないのもあるのかも・・・あ~本当悪循環だわ)

男「心配すんなよ。団体の第一シングルはお前の物だ。俺が保障するよ」

幼馴染「・・・ふふ」



57: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:28:17.81 ID:mS8DK6cZ0

男「以外にプライドとかあるんだな」

幼馴染「はいはい」

幼馴染「・・・ねぇ、男?」

幼馴染「私と後輩ちゃんが試合したけど、どっち、応援した?」

男「幼馴染に決まってる」

幼馴染「そ」

男「負けたら慰めるの面倒だし」

幼馴染「ふんだ。面倒で悪かったわね」

男「そうだよ。悲しい顔はみたくない」

男「後輩には悪いことしたかも。でもこれから何回同じ状況になっても幼馴染を応援する」

幼馴染「・・・はいはい、うれしーです」

幼馴染「私あせ、ふいてくるね」ゴシゴシ

男「?」

幼馴染(チクショウ・・・うれしくて泣いちゃうなんて・・・格好悪すぎ)



58: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:41:37.93 ID:mS8DK6cZ0

男「さき校門で待ってるから」

部活友2「あれ?あんたら付き合ってるの!?」

幼馴染「つ、付き合ってないっての!」

男「俺はもう彼氏ズラしてるぜ!」

部活友3「うわ~でもいつかくっつくと思ってたなぁ」

幼馴染「わ、わかったから、もう!男!さき行ってて」

男「照れなくていいのにな」

幼馴染「照れてないわよ!」

ヒューヒュー

幼馴染「あー・・・もう」カァァ



59: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/12(木) 18:44:50.63 ID:mS8DK6cZ0

男「・・・」スタスタ

男「にしても」

男(凄かったなあの試合)

男(男子の俺でも幼馴染のラリーについていけないのに)

男(後輩はしっかり着いていってたもんな)

後輩「せ、先輩?」

男「あれ?」

後輩「・・・ど、どうしたんですか?ここ一年の教室のフロアですよ?」

男「あ」

男(ボーっとしてた)



63: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 19:43:03.20 ID:A3Q/H5Q+0

男「俺もうつったかな。最近アイツもボーっとしてるし」

後輩「先輩?」

男「・・・惜しかったな」

後輩「なに言ってるんですか」

男「?」

後輩「見てましたよ。先輩、幼馴染先輩の事応援してたくせに」

男「あ、あはは」

男「でも凄かったよ。応援しちゃうくらい強くてビックリ」

後輩「負けちゃいましたけどね」

男「でも惜しかったじゃん」

後輩「負けたら・・・駄目です。」

後輩「結局勝ち上がる人というのは惜しい場面で何度も勝ってきてる人たちなんで」

後輩「そして気がついたら大きな差ができてる。勝負っていうのはそういう物です」

男「・・・」



64: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 19:45:30.03 ID:A3Q/H5Q+0

後輩「って、先輩に大きな口たたいちゃいましたね」

男「・・・大きな口もなんも。俺なんかよりずっと強いんだから」

後輩「そ、そんなことないです!!」

男「うわ・・・びっくりした」

男「か、顔が近くてテレるんだけど」

後輩「あ」

後輩「す、すいません」

後輩「せ、先輩は弱くなんかありません」

後輩「私、先輩に憧れこの高校入ったんですから」

男「ええ!?憧れ・・・て?」



65: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 19:48:19.42 ID:A3Q/H5Q+0

後輩「先輩のダブルスに憧れてこの高校入ったんです。私」

男「あ、あはは。初めて聞いた」

後輩「はい。初めて言いました」

男「でも、どうして黙ってたの?」

後輩「それは・・・」

男「それは?」

後輩「は、恥ずかしい・・・じゃないですか」

男(目の前で真っ赤になられると俺まで恥ずかしくなってくるな)

後輩「だから、先輩は弱くなんかありません!」

男「俺は・・・弱いよ」

男「今はダブルスはもうやってないし」

後輩「そうですよ!どうしてダブルスやめちゃったんですか!?」



66: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 19:51:20.29 ID:A3Q/H5Q+0

後輩「後もう一歩で全国に出れるのに」

男「そう・・・後一歩」

男「俺はその後一歩で勝てないんだ」

男「だからやめた」

後輩「だからやめたって・・・そんなの理由になってません!」

男「シングルってさ、自分の事だろ。勝っても負けても自分の事」

男「応援してくれる人とか、そういうのは除いてね」

男「だけど、ダブルスは自分と、あともう一人の事なんだ」

男「・・・」

後輩「ど、どういう意味ですか?教えてください!」

男「・・・なんで?」

後輩「え」



67: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 19:58:40.59 ID:A3Q/H5Q+0

男「なんでお前に教えなきゃならないの?」イラ

男「俺の事なんだから俺の自由だろ」

後輩「う・・・」

後輩「ご、ごめんなさい!私・・・」シュン

男「あ」

男(しまった)

男(女子に怒るなんてみっともねー)

男「なーんちゃって。先輩ジョークでした」

後輩「は?」

男「じゃ、俺帰るから!ばいばーい」タッタ

後輩「・・・」



68: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 20:13:21.54 ID:A3Q/H5Q+0

幼馴染「おっそーい」

男「あれ、いたんだ」

幼馴染「その冗談、本当に傷つくからやめて」

男「ごめん。待たせた」

幼馴染「良いけど。許してあげるわ」

幼馴染「今日応援してくれたし、どうせわざとじゃないんでしょ」

男「お詫びになにかおごってやろうか」

幼馴染「え、良いの?」

男「うん。あのカラオケのつぶれた所に喫茶店できたじゃん。そこ行きたくて」

幼馴染「あーここらへん喫茶店ないもんね」

男「だから行かない?」

幼馴染「んふふ」

男「キモ。急に笑うな」

幼馴染「き、キモいはしつれーだろーが!」ポカ




69: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 20:15:20.17 ID:A3Q/H5Q+0

幼馴染「今日は行かない。そこ」

男「へ」

幼馴染「汗とか・・・かいてるし」

幼馴染「せ、せっかくデートなのに」ゴニョゴニョ

男「?」

男「じゃあ、土曜にでも行く?」

幼馴染「うん。そうしよ」

後輩「先輩」

男「後輩・・・」

幼馴染「あ」



70: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 20:20:00.58 ID:A3Q/H5Q+0

男「どしたー」

後輩「今日、すいませんでした!」ガバ

後輩「私、馴れなれしかったですね!」

幼馴染「え、え?」

男「・・・」

男「怒ってないよ」

後輩「本当ですか?」

男「うん」

後輩「そう・・でしたか」

男「逆に俺が謝りたいくらいだ。そこまで悩ませてたなら」

男「謝りにくるなんて律儀だな」

後輩「今日のうちに謝っておきたかったんです」

後輩「先輩には・・・嫌われたくないから」



71: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 20:24:50.22 ID:A3Q/H5Q+0

幼馴染「むー・・・」

男「また考え事してる」

男「当てようか?どんな事考えてるか」

幼馴染「ふふ・・・じゃあ、何だと思う?」

男「今日の試合の事」

幼馴染「あはは」

幼馴染「ま、近いかな」

幼馴染「仲良いんだなって。後輩ちゃんと」

男「良いというか話やすいじゃん」

幼馴染「え、そう?悪い子だとは思わないけど、無口で有名なのに」

男「そうなの?」

幼馴染「うん。同じクラスの子でも、まだ一回も話したことない部員とかいるみたい」

男「同じクラスなら、まだしも部員なのに・・・か」

男(みかけによらずシャイなのかな)



72: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 20:32:44.65 ID:A3Q/H5Q+0

幼馴染「モテるみたいだけどね」

男「そりゃー1年とは思えない顔立ちだよな。美人というか」

幼馴染「うん。もう高校に入ってから言寄られた人いるみたい」

男「うへ、マジ」

男「告白なんてされてみたいね。どんな気持ちなのかな」

幼馴染「・・・」

男「おい、聞いてるぞ」

男「貴様の意見を所望しているのじゃ」

幼馴染「ま、待ってって言ってるじゃん」

男「待つっていつまで?」

幼馴染「だーもう!」

幼馴染「そんなん私にわかるわけないでしょー!」

男「じゃあどうしろっていうんだ」



73: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 20:43:50.64 ID:A3Q/H5Q+0

男「授業終わった終わった」

部活友「掃除あんの?ないなら体育館いっちゃわね」

男「だな」

男「なんだよお前積極的だな」

部活友「後輩ちゃん、凄い前の試合真剣だっただろ」

男「うん?」

部活友「つまり俺が強くなれば教えてください!と俺にアドバイスがくるかもしれない」

部活友「そこから愛がドンドンはぐくまれていくわけ」

男「お前って後輩狙いなの?」

部活友「かわいい子なら誰でもウェルカム。ブスは嫌いだけどね」

男(お前もそんな良い顔してないだろ)

部活友「なんだなんだ。俺と後輩ちゃんがくっつきそうでビビってんのか?」



74: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 20:58:24.08 ID:A3Q/H5Q+0

部活友「欲張りだぞ、お前には幼馴染ちゃんがいるのに」

部活友「人気あるんだぞ~幼馴染ちゃん」

男「まじ?」

部活友「うん、今幼馴染ちゃんの隣に座ってる野球部のアイツ、幼馴染ちゃん好きらしい」

男「・・・ほう」

部活友「幼馴染ちゃんと後輩ちゃん両方得ようとするのは欲張りだね。独占は禁止されている」

男「はは、そうだな」

男(そもそも後輩と会話してる所すらみたことないのに、いやに強気だな)

DQN「っち、うるせーな」

男「・・・」

部活友「あ、はい。すいません」

DQN「・・・テメーにも言ってんだけど?」

男「わ、悪かったな」

DQN[っけ」バキ

部活友「うわ・・・あぶねぇ、机けるなよ」



76: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 21:05:09.74 ID:A3Q/H5Q+0

部活友「やだねーああやって周りに迷惑かけて自己主張するタイプ」

部活友「前から怖かったけどあんな事する奴じゃなかったのに」

男「普段はあんな事、しないと思うよ」

部活友「な、なぁ。まだ仲直りしてないのかよ」

男「仲直りもなにも、アイツが怒ってるだけだから」

部活友「前まであんなに仲良かったのに今は悪いからクラス中がギスギスしてる感じあるんだよなぁ」

部活友「俺なんてさっきビックリしてオシッコちょっと漏らしちゃったし」

女友(キモ)ヒソヒソ

女友2(あっちいこ?)ヒソヒソ

部活友「ほら、今だってお前らのせいで嫌われた」

男「いやな事全部他人のせいにできる奴ってすげぇ長生きしそう」

部活友「仲直りしろよ、お前の元ダブルスパートナーだろ」

男「・・・」



77: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 21:12:49.42 ID:A3Q/H5Q+0

部活

男「・・・」カンカンカンカンカン

部活友「うわわ」

男「あ、ごめん、ちょっとキツかった」

部活友「ドライブはえーよぉ」

男「ごめんごめん」

男「ま、こんなショットシングルじゃ殆ど使わないから意味ないわ」

部活友「スマッシュ遅いもんね」

男「うるせ」

後輩「・・・」キラキラ

部活友「気のせいか後輩ちゃんがこっちをキラキラした目で見てるような気がするんですけど」

部活友「まさか、もう俺にほれちゃったの??」

男「・・・」



78: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 21:16:57.37 ID:A3Q/H5Q+0

部活友「も~ヘトヘト」

男「今日の部活はきつかったなぁ~ノックばっかりで」

部活友「こんなときタオルをくれるやさしい彼女なんていたら」

後輩「先輩!」

部活友「え、なになに」

後輩「貴方ではないです」

部活友「がーん」

後輩「先輩!これタオルです!」

後輩「良かったら・・・使ってくれませんか」チラ

男「う、うん。ありがと」

部活友「チクショー不平等だ!独占禁止だ!」

部活友「こうなったらうちのジャージ着たまま駅で片っ端からナンパしまくってやる」

男「それはやめれ」



79: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 21:20:04.49 ID:A3Q/H5Q+0

後輩「先輩、まだ時間大丈夫ですか?」

男「え?」

後輩「良かったら私と・・・その」

部活友「!」

部活友「うわわわあああん」タッタ

男(アイツなんか勘違いしてるな)

後輩「練習付き合ってくれませんか?」

男「今日か・・・えっと」

後輩「時間は取らせません!」

男「ん」

男「おっけ。良いよ」

後輩「やった!」



80: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 21:38:23.35 ID:A3Q/H5Q+0

男「ほ・・・ほっと」カンカンカン

後輩「・・・」パンパンパン

男(やっぱりうまい、部活友がついていけなくなった速さで打ってるのに)

後輩「先輩・・・本気でお願いします」パンパンパン

男「ん」カンカンカンカン

後輩「わわ」

後輩(スイングのフェイントを入れてきてるからスイングで来る弾が判断できない)

男「はい」バシ

後輩「・・・・やっぱり凄い」

男「いやいや女子選手でついてこられるなんて凄いよ」

男「本当に幼馴染と同じくらい強いんじゃないか」

後輩「先輩はやっぱりダブルスをやるべきなんですよ!」

後輩「あ・・・私。ごめんなさい、昨日も」

男「あはは。いや気にしないで」

男「そうだよな、前言った俺に憧れて~って、もし本当なら気になって当然か」



81: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 21:46:22.36 ID:A3Q/H5Q+0

男「昨日言ったよなダブルスは自分ともう一人の事につながるって」

後輩「はい」

男「俺のパートナーだった奴しってる?」

後輩「DQN先輩。ですよね?左利きの」

男「うん。アイツさ実は俺よりずっと強いんだよ」

後輩「もともとシングルで有名だったんですよね?聞いたことあります、小学校のクラブが同じなので」

男「そうそう、小学校の時は全国で3位にもなった事あるんだ」

男「俺らは中学で知り合って、意気投合してさ」

男「よく一緒に遊んでたんだぜ。幼馴染も一緒に3人で」

後輩「幼馴染先輩・・・」

男「うん」

男「そして二人で誓い合ったんだ。お互い初めてできた親友だ。二人でダブルスで一番になろうって」

後輩「一番に?」

男「ははでも笑っちゃうよな」



82: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 21:50:38.64 ID:A3Q/H5Q+0

男「俺らは中学の3年間、1回も全国大会にすら出たことないんだ」

後輩「・・・」

男「そう、俺のせい」

男「全国上位常連だった男が俺のせいで全国にすら出れなくなっちまった」

後輩「それで・・・仲を悪くしたんですか?」

後輩「噂で聞いてます。男先輩とDQN先輩が喧嘩してるって」

後輩「だとすれば勝手ですよ!自分で、ダブルスを組むって決めたのに」

後輩「私が何か言いましょうか?DQN先輩に。まだこの部に籍はあるんでしょう?」

男「いや違う。DQNが怒ったのはそこじゃない。原因はそこだけど」

幼馴染「ごめ~ん男、遅れちゃって!かえろ~・・・って」

後輩「・・・」

男「おー」



83: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 21:54:47.97 ID:A3Q/H5Q+0

幼馴染「後輩ちゃんと・・・男・・・」

幼馴染「な、何・・・やってたの?」

男「れんs」

後輩「それが何か、幼馴染先輩に関係あるんでしょうか」

幼馴染「え」

後輩「ふふ、あーそうでした」

後輩「幼馴染先輩はこういうの得意ですよね」

後輩「他人の恋路をぶち壊すの」

幼馴染「ぐ・・・・」

幼馴染「言い返せない自分が悲しい」ゴニョゴニョ

男「?」

男(なんか空気悪くない?)



84: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/13(金) 22:38:39.45 ID:A3Q/H5Q+0

男「じゃ、後輩、俺もう帰るから」

後輩「・・・」

男「後輩?」

後輩「ええ、はい。ではまた明日」

男「うん。練習ならいつでも付き合うから声かけて」

後輩「はい。じゃあ声、かけますね?」

男「おう」

後輩「うれしいです」

男「はは、強くなる事に貪欲な奴だ」

後輩「そうですよ、私貪欲なんです」チラ

幼馴染「か、かえるんでしょ」

男「うん。じゃなー」

後輩「・・・・はい」



86: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/14(土) 17:40:52.67 ID:G/lXoKws0

幼馴染「おなか空いてない?」

男「追加練習したかんね。少し」

幼馴染「おにぎり、食べる?自分用に作ってきたんだけど」

幼馴染「多く握っちゃって」

男「ちょーだい。具は?」

幼馴染「日本人らしく梅よ」

幼馴染「おにぎりは梅以外握らない主義なの」

男「うん、おいしい」モグモグ

幼馴染「はい、緑茶」

男「ははやさしーじゃん」

幼馴染「やさしくしないと飛んでいっちゃいそうだからあんた」

幼馴染「今のうちに餌付けしてるのよ」

男「俺はもうお前の虜なのに」

幼馴染「そういう事、冗談で軽々しく言わない!」

ギャハハハ

幼馴染「あれ、誰かまだ学校に残ってるのかしら?」

男「あ」



87: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/14(土) 17:43:26.23 ID:G/lXoKws0

DQN「ない、ない、ないわぁ~」

DQN2「いや、マジマジ!本当の話!」

DQN3「ぎゃっははははは」


幼馴染「あ、あれ・・・」

男「・・・」

幼馴染「学校にいるのに部活にでないなんて」

幼馴染「っく」スタスタ

男「あ、おい!」

幼馴染「DQN!あんたこんな所でなにやってんのよ!?」

DQN「・・・・っち」

DQN2「は?・・・・あれもしかしてA組の幼馴染ちゃん?」



88: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/14(土) 17:47:35.52 ID:G/lXoKws0

DQN3「え、DQN知り合いなの?」

DQN2「こいつ部活同じっしょ」

DQN「なんだよ?わざわざ話しかけてきやがって」

幼馴染「だから、あんたまだ部活やめてないんでしょ?なのになんで出ないの?」

DQN「出るも出ないも俺の勝手だろーが」

幼馴染「あんたみたいな、やめてないのにでない奴がいると部に集団の緊張感がなくなるのよ」

幼馴染「出ないならやめなさいよ」

DQN「ああ?」

男「お、おい」

DQN「あれ?お前もいたんだ」

DQN「腑抜けヤロー」

男「・・・」

幼馴染「腑抜けてんのはどっちよ!」



89: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/14(土) 17:52:17.47 ID:G/lXoKws0

幼馴染「男より部に出てないアンタの方がよっぽど腑抜けるじゃないのよ」

幼馴染「おまけに、こんな評判の悪い奴らとつるんで・・・いじけてんじゃないわよムカツク!」

DQN2「あれ?今俺らの事言われた?」

DQN3「お前ムカツクわ~」

DQN3「お前の昔の女?コイツ」

DQN「んなんじゃねーよ」

DQN「おい!男」

男「・・・あ?」

DQN「お前は何もいう事ねーのかよ?幼馴染にしゃべらせっぱなしで」

幼馴染「アンタ」

DQN「俺は男に話しかけてるんだぜ。テメーは黙ってろ」



90: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/14(土) 18:08:34.39 ID:G/lXoKws0

男「俺は・・・」

男「言う事はないよ・・・お前の好きなようにすれば、良いと思う」

DQN「・・・湿気てやがるな」

DQN「テメーそれが格好良いとか思ってねーよな?」

男「思ってねーよ。俺はお前の意思を尊重するよ」

DQN「・・・気にいらねー」

幼馴染「男?何言ってるの?」

幼馴染「放って置いて良い訳ないじゃない!?」

DQN「お前って相変わらず、お母さんにおんぶに抱っこなんだな」

DQN「そのままずっとお母さんに世話してもらえや」



91: ◆PiqUzW26Xw 2016/05/14(土) 19:16:43.27 ID:G/lXoKws0

男「はー」

男「俺がわりーのかよ・・・」

姉「どうかしたの?」

男「ん」

男(やば、家に人いたんだ。愚痴を聞かれるなんて格好悪)

男「理系と文系どっちに進もうかなって」

姉「私と同じ理系にしなさいよ」

姉「勉強も教えてあげられるし。同じ大学にもいけるじゃない」

男「んーじゃーそうする!」

姉「ふふ、かわいいわ」ナデナデ

男(これは俺の問題なんだ・・・俺が解決しなくちゃ)



96: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:25:58.76 ID:Jry3GTPf0

姉「男さ夏服、もうだいぶ無くなってきたよね」

男「言われてみるとそうだね」

男「前の夏にだいぶ捨てちゃったし」

姉「じゃあ土曜日買いに行っちゃうか?お姉ちゃんと」

男「土曜日は無理なんだよね」

姉「は?」

男「・・・え?」

姉「?」

姉「土曜、行こうね」

男「・・・だ、だからさ」

姉「行こうね」

男「・・・」



97: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:26:48.85 ID:Jry3GTPf0

男「ね、姉さん」

姉「んー?」ナデナデ

男「土曜は、本当にさ」

姉「・・・そ」

姉「じゃあ、良いよ」

姉「わかったよ」

姉「だけど、何をするのかだけ教えてくれるかな?」

姉「お姉ちゃん、男の事縛ったりはしないけど、心配ではあるの」

男「あ、うん」

男「幼馴染と喫茶店に出かけるんだよね」



98: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:27:17.50 ID:Jry3GTPf0

姉「・・・」

男「姉さん?」

姉「・・・」

男「?」

男「俺、明日の準備してくるね」

姉「そう

姉「男はお姉ちゃんより、その子をとるってわけね」

男「は?」

姉「・・・」

姉「・・・うう」グス

男「ね、姉さん!?」



99: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:28:22.56 ID:Jry3GTPf0

男「じゃ、じゃ、行こうか」

幼馴染「あ、あんた出かける前なのにもうや疲れてない?」

男「はは・・・そう?」

男(疲れた顔を周りに見せるのは俺らしくないよな)

男「いや、別に」

男「お前とデートだから昨日寝れなくて」

幼馴染「で!」ポ

男「あはは。照れてやんのかわいい」

幼馴染「て、照れ・・・照れてないわよ!」

幼馴染「めちゃくちゃなねつ造禁止!」

男「うん、じゃ行こっか」



100: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:28:55.11 ID:Jry3GTPf0

幼馴染「こ、これってデートだったのね」ボソボソ

幼馴染「そ、そりゃあそうよ、私たちもう・・あんな事したんだから」ボソボソ

幼馴染「で、でもまだ、付き合ってはいないわけだし」ボソボソ

男「おい」

幼馴染「な、何よ」

男「・・・」

男(思考が口に出るってお笑い芸人にそんな人いたよなぁ)

男「いや、温かくなってきたよなって」

幼馴染「温かい~?もうあっついくらいじゃない」パタパタ

男「どーりでそんな薄着なわけだ」

幼馴染「!」



101: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:30:24.53 ID:Jry3GTPf0

幼馴染「どこ見てんのよエッチ!」

男「俺はあったかい方が好きだけどな」

男「でもそうなんだよなぁ、部活は体育館締め切るから熱いよな」

男「勝ち残ると大会では試合数多くなるし」

幼馴染「スルーすんな」ポカ

男「いた」

幼馴染「大体、あんた、そんな勝ち残らないじゃないの」

男「・・・」

幼馴染「あ」

幼馴染「ああああの!私、そういうつもりじゃなくて!」

男「ついたついた」

男「はいろ」

幼馴染「う・・・」



102: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:30:57.93 ID:Jry3GTPf0

男「なんか全体的に高くない?」

幼馴染「そう?こんなもんじゃない?」

男「昼飯食おっと」

幼馴染「うん。私も、食べてないから。そうする」

男「食後にチョコパフェ。これ鉄板ね」

幼馴染「あんた好きよねーそれ」

男「還暦過ぎてもチョコパフェ食うって決めてるからね俺」

幼馴染「はいはい」

幼馴染「私は抹茶にしよーかな」

男「おお、大人」

幼馴染「あんたが子供過ぎるのよ」



103: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:31:32.40 ID:Jry3GTPf0

男「チョコパフェでけー」

幼馴染「本当だ、私もそれにすれば良かったかなぁ」

男「抹茶、微妙ですか?」

幼馴染「んー・・なんか渋すぎるのよ」

幼馴染「もうちょっと甘いの期待してたんだけど」

男「俺に言ってたくせにお前も子供じゃん」

幼馴染「私は、甘い抹茶アイスが好きなの。文句ある?」

男「文句はない。文句はね」

幼馴染「食べられないほどじゃないから、食べちゃうわ」パク

男「ちょっと頂戴」

幼馴染「ええ、良いわよ」パクパク

男「あーん。しないの」

幼馴染「ぶ!」



104: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:32:46.15 ID:Jry3GTPf0

男「うわ汚ねぇ。抹茶がとんだ」

幼馴染「飛ばしてないわよ!!」

幼馴染「あ、あんたが頭ぶっ飛んでること、言うからでしょ!?」

男「なんだよ。俺ら恋人同士なのに」

幼馴染「違うわよ!まだ!」

男「ふふ」

男「俺はもうその気なんだぜ?」

幼馴染「・・・不敵な笑みを浮かべながら言われても」

男「ま、そのうち落としてやるぜ」

幼馴染「あんた・・・」

幼馴染「そういうセリフ自分で言ってて恥ずかしくないの?」



105: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:34:03.50 ID:Jry3GTPf0

男「おいしいよ。抹茶も」パクパク

男「黒蜜がいい感じだね」

幼馴染「嘘よ、強がって」

男「強がってないね」

幼馴染「強がってる」

男「強がってないって!事実!感想をそのまま言っただけです」

幼馴染「ふんだ!どーだか?」

男「食べさせてもくれなければ、疑いもするのかよぉ~」

男「ムチばっかりな彼女だぜ」

幼馴染「はぁ・・・なんか疲れてきた」

ブブ

男「ん?・・・あは、後輩からだ」

幼馴染「・・・」



106: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:36:48.56 ID:Jry3GTPf0

男「はは、あいつラインだとスタンプとか沢山使ってきて面白いな」

男「なんか筆文字で文章送ってきそうな奴なのに」

幼馴染「・・・知らない」

幼馴染「私、後輩ちゃんの連絡先ないもん」

男「マジで?」

幼馴染「後輩ちゃんと、そんなに話するの、男くらいよ」

幼馴染「あの子すっごい無口だし」

男「ええ~そうか~」

男「俺は初対面から結構気さくな奴だと思ってたけど」

幼馴染「あっそ」プイ

幼馴染「今、私と、で、デートなんだから、後輩ちゃんの話、や、やめてよ」

男「え、これってデートなの?」

幼馴染「あのねーーー!」



107: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:38:47.54 ID:Jry3GTPf0

幼馴染「それにしてもさ・・・」

幼馴染「最近、特によく話してるよね、後輩ちゃんと」

幼馴染「なんか二人で練習してるし」

男「うん」

男「ダブルスを教えてあげてるんだ」

幼馴染「ダブルス・・・」

幼馴染「・・・本当にそれだけ?」

男「あとはなんにも聞かれてないけど」

男「あ、でもさ俺らのダブルスに憧れてうちに入ってきたとは言ってた!」

男「まーもうシングルスプレイヤーだけど、教えられる事は教えてあげようかなっと」

幼馴染「・・・・そう、なんだ」

幼馴染「・・・・」



108: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:43:19.80 ID:Jry3GTPf0

幼馴染「あんたってさ」

男「んー?」

幼馴染「・・・ダブルス、またやんないの?」

男「やらない」

幼馴染「シングルじゃ勝てないのに?」

男「そういう問題じゃない」

男「でも別に弱いってわけじゃないだろ?」

男「A高校の奴ら以外にはシングルでも負けねーって」

幼馴染「そのA高校の生徒倒せなきゃ全国には出れないじゃん」

幼馴染「それに前、普通にA高校以外の子にも負けてたし」

男「だから強くなってる途中なんです」

幼馴染「・・・」



109: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:44:55.77 ID:Jry3GTPf0

幼馴染「ダブルスなら勝てると思うのに。たぶん県で一番だよ」

男「ははダブルスって言ってもさ」

男「ペアもいないし」

幼馴染「それは・・・」

幼馴染「あんたが組むっていえば戻ってくるかもよ?」

男「戻らねーよ」

幼馴染「わからないじゃない?」

幼馴染「いい加減DQNも戻ってきてほしいし」

幼馴染「あいつと男でまたさ」

男「戻らねえって!!!」バン

幼馴染「」ビク



110: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:45:59.04 ID:Jry3GTPf0

男「・・・あ」

男(なにやってんだ俺、物にあたって)

幼馴染「ご、ごめん、なさい」シュン

男「なんちゃって。あはは」

男「もう良いんだよ」

男「俺はダブルスはしない!シングルスに目覚めたんだよね」

男「俺は性格上一人でやる方が楽しいんだよ」

男「勝利の快感も独り占めできるしね」

幼馴染「・・・うん」シュン

男「・・・」

男(幼馴染を落ち込ませてなにやってんだよ)

男(こう、なりたくないから、そういう選択をしたんじゃねーのかよ)



111: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:47:41.53 ID:Jry3GTPf0

男「じゃあな。また誘うよ」

男「今度は俺が抹茶頼んじゃおうかな」

幼馴染「・・・うん」

男「・・・」

幼馴染「・・・」

幼馴染「じゃあ、またね」

男「おう、明日」

幼馴染「あ、明日」

幼馴染「じゃ」タッタ

男「・・・」

男(結局幼馴染とは気まずいままだった)

男(俺の馬鹿野郎)

男(もっと上手く嘘つけただろ)



112: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:48:48.18 ID:Jry3GTPf0

部活友「お前幼馴染ちゃんと喧嘩した?」

男「は?してねーよ」

部活友「そう?なんか余所余所しくね?」

男(なにも言い合ったりしてないはずなんだけど)

男「・・・やっぱお前にはわかるか」

部活友「わかるもなにも、クラス中の奴らが気が付いてるぜ」

部活友「お前らいっつもベッタリなのに、今日話すところ一回も見てないし」

部活友「隣の野球部の奴なんて喜んでたくらいさ」

男「・・・」

男「俺らってそんな風に見られてたんだ」




113: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:50:02.46 ID:Jry3GTPf0

監督「今日は終わり!」

部員「「「ありがとうございました!!!」」」



後輩「先輩!」

男「ん~今日も練習?良いよ」

後輩「やった!」

男「はは、そんな喜んで。かわいいなぁ」

後輩「かわいい・・・私、かわいいですか?」

男「うん。子どもみたい」

後輩「ふふ、やったやった」ゴニョゴニョ

男「ちょっと待っててね」

男「幼馴染―」

幼馴染「な、何」ビク



114: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:51:00.57 ID:Jry3GTPf0

男「俺さ、ちょっと遅くなるから、だから待ってて」

幼馴染「あ」

幼馴染「ごめん」

幼馴染「今日はお父さんが来る日なのよ」

男「そっか、じゃあ早く帰らなきゃだな」

幼馴染「うん、本当にごめんね」

男「俺に謝る事じゃないって」

幼馴染「う、うん」

幼馴染「あ、明日は一緒に帰ろうね」

男「おう」

後輩「・・・」



115: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:51:53.02 ID:Jry3GTPf0

後輩「先輩」

男「よっし、じゃあ今日も基礎打ちするか」

後輩「はい」

後輩「そうだ!」

後輩「あと先輩、これ」

後輩「いつものお礼です。食べてください」

男「レモンの蜂蜜漬けってやつか」

後輩「はい。最近熱いですから。熱中症対策です!」

後輩「練習付き合ってもらって、先輩の体調が崩れてもいやなので」

男「ありがとう」



116: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:53:58.10 ID:Jry3GTPf0

男「おいしい」モグモグ

後輩「よかった。全部食べてください」

男「一緒に食わないの?」

後輩「はい」

後輩「先輩のためだけに作ってきたんです」

後輩「なので先輩が全部食べてください」

男「俺が全部って・・・良いの?」

後輩「はい」

後輩「どうぞパクパクと」

男「・・・」

男(でも俺だけ食べるってのはなぁ)



117: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:54:54.17 ID:Jry3GTPf0

男「二人で食べようよ」

男「俺、一人じゃ食べづらい」

後輩「あ、そ、そうですよね」

男「うん」

男「はい、あーん」

後輩「!」

後輩「あーん」パク

後輩「おいしいです!」

男「お前が作ったんじゃん。自画自賛してる」

後輩「そーですけど!先輩が食べさせてくれたからって事です!」

男(自然な流れで二人ともが嬉しい状況を作り出せたぞ)

男(よかったよかった)

後輩「ふふ」ニコニコ



118: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:55:39.75 ID:Jry3GTPf0

後輩「先輩?」

男「ん?」パク

後輩「あ、二個目からは食べさせてくれないんだ」ゴニョゴニョ

男「は?」

後輩「なんでもないです」

後輩「じゃあ私も隣で食べますね」

男「うん」

後輩「・・・」パク

男「・・・」パク

男「そういえばさ」

後輩「はい」

男「話、途中だったよな」

男「昨日の」



119: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:56:50.72 ID:Jry3GTPf0

後輩「ええ」

男「はは、聞かれると思って身構えてたけど」

男「あんま興味なかったかな」

後輩「そんなわけないですよ!!」

後輩「だって先輩の事じゃないですか!」グイ

男「うわわ。顔近い顔近い」

後輩「私、先輩の事、色々知りたいんです!」

後輩「でも、黙っていました!」

後輩「先輩がしゃべらないなら」

後輩「喋りたくない事なんだろうと思い」

男「・・・そっか」

男(気を使わせたのか俺は・・・)



120: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/16(月) 16:57:49.68 ID:Jry3GTPf0

幼馴染「・・・なによ、男楽しそうに後輩ちゃんとレモン食べてるじゃない」

幼馴染「どうせ私はおにぎりですよーだ」

幼馴染「あ、いけない・・・時間」

幼馴染「さすがに遅れちゃうわ」タッタ

DQN「あ」

幼馴染「あ」

DQN2「おー前もあったっけ?ねー?」

DQN3「部活おつかれーっす!」ギャハハハ

幼馴染「なんだ腑抜け。またいたんだ」

DQN「ふぬけてねーよ」

幼馴染「府抜けてるわよ」

DQN「テメーいい加減にしろよ?」



133: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:04:56.43 ID:JAeUqVBW0

男「どこまで話たっけ」

男「そうだ・・・全国に一度も出れなかった所までだよな」

男「ま、特別なにかがあったってわけじゃないんだ」

男「ただ・・・あれは最後だから・・・去年の秋かな」

男「また予選の県大会で負けてさ」

後輩「まだその時先輩たちは1年ですよ?負けてもしかたありません!」

男「ああ、だけど勝てると思ったときに勝てていないのも事実なんだよ」

男「あいつは、前も言った通り全国レベル。それは高校でも変わらない」

後輩「DQN先輩がペアを解消したいと言ったんですか?」

男「いや俺」

男「おれが言ったんだ。ペアを解消したいって」



134: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:06:42.50 ID:JAeUqVBW0



男「ちくしょう!!!」ドン

男(また負けちまった)

DQN「相手はさ、サービス回り意外と隙あっただろ?」

DQN「だからサービスキープさえできればいけたって」

DQN「つっても相手は天下の高校の選手だ」

DQN[実際俺らの相手優勝して全国決まっちまった」

DQN「でも裏を返せばよ、俺らもあともう一歩って所まで来てるのは事実だぜ」

男「・・・ああ」

男(お前は完全に全国レベルだよ。俺と違って)

DQN「おい、まじめに聞いてんのかよ!?」

男「・・・・聞いてるって」



135: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:11:24.66 ID:JAeUqVBW0

DQN「サービス周りだけじゃねぇ、他にも隙あったって!」

DQN「あの後衛のスマッシュ、エグかったけど俺のがぜってー速い!」

男「確かに速かったなぁ、あいつの」

DQN「だけど、2セット目の11明けのラリー覚えてるか?」

DQN「なまじ速いの持ってるからスマッシュ決まんなくなったらミスしたろ?あれがあのペアの弱点なんだって!」

DQN「攻撃の軸がスマッシュなんだ、落とすにしても上げるにしても、あのスマッシュチラつかせて脅してんだ」

DQN「つまり逆に完璧に返しつづけてラリーを長引かせれば、ビビッて相手ももっとミスしたぜ」

男「・・・」

男「・・・ていうかさ、お前なんでシングルでないの?」

DQN「は?」



136: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:13:14.39 ID:JAeUqVBW0

DQN「なに寂しー事いってんだ」

男「いや、そうじゃなくて。高校からはシングルとダブルス両方でれんだろ」

男「なんでシングルスも出ておかないんだって。みんな普通両方でるじゃん」

DQN「何回も言わせんな」

DQN「俺はダブルスに賭けてんだよ!お前とのダブルスに専念してーんだ」

DQN「だから、二人で絶対全国でよーぜ」

男「・・・」

男(こいつがこんな事言ってくれてるのに、俺が悩んでどうするんだよ)

男「おう!二人で!」

DQN「二人で、な!」



137: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:15:14.80 ID:JAeUqVBW0

監督「今日はここまで!」

部員「「「ありがとうございました!!!」」」

監督「DQN、お前は残れ、話がある」

DQN「・・・・うっす」


DQN「ってことでワリーちょっと遅くなる」

男「わかってるよ。待てるだけ待つ」

DQN「はは、遅くなったら帰ってて良い」

男「あたりめーだっての」

DQN「そこは、待ってるって言っておけよ」


幼馴染「あいつら・・・またイチャついてる」



138: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:16:20.36 ID:JAeUqVBW0

男「おせーなぁ」

男「DQNとのダブルス・・・」

男(弱点として狙われてるのは確実に俺だ)

男(負けるパターンはいつも一緒)

男(俺のスマッシュは遅い、だから俺を後衛においてスマッシュを打たせる展開に持っていかれる)

男(格下だったらそれでも何とかなるし、そういう形にすら持っていかせないのに)

バン!!!

男「うわ、びっくりした」

男「なんだこの音・・・机叩く音?」

男「おいおい、DQNとコーチ殴りあってないよな?」

男「ちょっとのぞいてみよ」



139: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:20:29.73 ID:JAeUqVBW0

DQN「いい加減にしろって!俺の意思はかわらねーよ!」

監督「落ち着け、とりあえず落ち着け」

監督「変な事は言ってないだろ。みんなしてる事だ」

監督「ただシングルも出てみろって言ってるだけじゃないか」

DQN「監督、俺、何回も言ってるよな」

DQN「俺はダブルスしねーって」

監督「だったら次3年になるアイツと組め」

監督「あいつは男と同じくらい球回しうまいし強打は男よりも速い」

DQN「いやだね」

DQN「あの先輩が男より球回しがうまい?笑わせるぜ」

DQN「それに俺は、男としか組まない!もー決めてるんで」



140: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:23:39.83 ID:JAeUqVBW0

監督「まさかお前な3年になっても続けるつもりか?そんなこと」

DQN「言われるまでもない」

DQN「あいつとダブルス組んで、全国優勝すんだよ」

DQN「それが俺の夢なんだ」

監督「あ、あのなぁ、それは良い、目指せ」

監督「ただシングルもやってみろって言ってるだけなんだよ」

監督「シングルがダブルスに生かされる事も往々にしてある事だ。」

監督「今のトップ選手達だって高校生の時はシングルでもインターハイに出ていたんだぞ?」

DQN「毎回毎回アンタもあきねーな」

監督「お前、大学には行きたくないのか?」

DQN「あ?」



141: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:27:31.04 ID:JAeUqVBW0

監督「もし全国に出ればお前を取ってくれる大学がある」

DQN「大学・・・」

監督「ああ、お前は祖父母と暮らされて、大学には行かないと言っていたな」

監督「特待生なら学費も免除になるんだ」

監督「それもお前の学力じゃ入れないような所だぞ」

監督「お前と男のダブルスは悪くない、悪くないが将来の事を見据えた時」

監督「同じ県のあの高校の選手を倒せるようになれる保証はないだろ?」

監督「俺は教師の立場として、お前の将来の事も心配してるんだよ」

DQN「へへ、ならちょうど良いや」

DQN「男とのダブルスで全国で結果残して大学に行けば良いだけじゃねーか」

監督「・・・わかった。もう良い。行きなさい」



142: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:29:11.38 ID:JAeUqVBW0

DQN「あー終わった!」

男「よ」

DQN「お、待っててくれたのか~」

DQN「ひひ、持つべき物は親友だねぇ」

男「・・・」

DQN「今日はイラついたぜ。ラーメンでも食って帰ろうや」

DQN「できればバッティングセンターにでも行きたいが、部活終わりだ」

DQN「体がもたねぇ」

DQN「待っててくれた礼にトッピングくらいなら、奢ってやるぜ」

男「あ、ああ」



143: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:30:55.36 ID:JAeUqVBW0

DQN「うまいねーここのラーメン」ズルズル

男「だな。ここのを食ったら他のはもう駄目だ」

DQN「へへ、言えてる」

DQN「やっぱラーメンは味噌だぜ、それ以外はぜってーくわねー」ズルズル

男「・・・おう、だな」

DQN「?」

DQN「おいおい。シャキっとしろよ~どうした?」

男「お前さ、なんの話してたんだよ」

DQN「ん?あ~まぁな」

DQN「色々だ色々」

DQN「俺が夏休み髪染めてたのバレたっぽくてな」

男「・・・!」

男(こいつ・・・俺に嘘なんてつくような奴じゃないのに)



144: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:33:20.49 ID:JAeUqVBW0

DQN「はいはい、言ってりゃ良かったのによ~」

DQN「つい口応えしたら長引いてな」

男(思えばあったはず・・・コイツが呼び出されたのは今日が初めてじゃない)

男(まさかその時の話、全部この話?)

DQN「俺だって学校がある期間はそんな事しねーっての」

男(俺は・・・俺が弱いばっかりにDQNに嘘をつかせてたって言うのかよ)

DQN「替え玉いこーかなぁ」

男「なぁ、DQN」

DQN「お前も、替え玉いく?」

男「いや替え玉はしない」

DQN「そか」

男「俺達、ダブルス組むのやめよう」



145: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:35:23.12 ID:JAeUqVBW0

男「っていう話さ」

後輩「壮絶な喧嘩があった。とかではないんですか?」

男「ん・・・そうだな、殴りあいとかはしかったな」

男「殴られはしたけど。一発」

後輩「・・・」

男「それでダブルスは解散」

後輩「・・・でもDQN先輩、部活来てないですよね」

男「はは、うん。あいつ来なくなっちゃった」

後輩「そうですか」

男「たぶん俺の事怒ってるだろーな」

後輩「でしょうね」

後輩「聞いた限りの意見でしかありませんが」

後輩「DQN先輩は期待しすぎて、裏切られたと思ったんだと思いますよ」



146: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:38:22.49 ID:JAeUqVBW0

男「う、裏切り?」

後輩「ええ」

後輩「先輩」

後輩「私、先輩の事尊敬していますが」

後輩「イエスマンにはなりません」

後輩「嫌われても、先輩の事なら正直に言いますから」

男「うん」

男「それより裏切りって?」

後輩「先輩、今の話を聞いているとDQN先輩の将来のために身を引いたって、言いましたよね」

男「うん」

後輩「確かにその意見も嘘ではないんだと思います。」

後輩「だけどDQN先輩はきっとこう思ったんだと思います」

後輩「俺から逃げたのかって」



147: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:42:01.10 ID:JAeUqVBW0

男「逃げる?何だそれ!?」

男「むしろ引いたんだよ!あいつのために!」

後輩「先輩」

後輩「先輩に思っていたでしょう、と言っても水掛け論になるかもしれないので」

後輩「DQN先輩はきっとこう思った、って言う言い方をしますけど」

後輩「ダブルスを組み続ける事より、DQN先輩の障害になる自分が嫌で、ダブルス解消をとった。というか」

後輩「つまり戦うより自己保身を取ったように感じて、男先輩に失望したんだと思います」

男「んな事ない!俺は!あ、あいつのために」

男「・・・・」



148: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:45:24.28 ID:JAeUqVBW0

男「・・・」

後輩「・・・」

男「・・・っく」

男「何が、悪いんだよ」

男「自己保身して」

男「誰が、親友の将来を潰した人間になりたがるっていうんだ」

男「そんな汚名、誰だって・・・」

後輩「ええ、そうですね」

後輩「私は、正直この事を聞いて共感できるのは、断然男先輩の方ですよ」

後輩「赤の他人に対してそこまでする義理はありません」

後輩「DQN先輩は期待しすぎていたんですよ」

後輩「きっと男先輩なら、ダブルスを続けてくれるって」

後輩「それはきっと、自分の立場なら、そういう選択をしたと思っているから」

後輩「だから男先輩が自分と同じ気持ちじゃなかったのがショックだったんだと思います」



149: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:46:12.97 ID:JAeUqVBW0

幼馴染「いつまでもグチグチやってんじゃないわよ」

幼馴染「部活っていうのは、ある程度集団の規律があるの!」

幼馴染「それを乱すような奴はむかつくわ」

DQN「・・・っち」

DQN「わかった。やめてやるよ」

DQN2「え、逆にまだ部活やってたん?」

DQN3「俺も軟式テニス部だよ?いってねーけど」ギャハハハハ

幼馴染「・・・ふーん」

幼馴染「まぁ私は口なんて出さないわ」

幼馴染「やめるならやめるで大いに結構」



150: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:47:09.28 ID:JAeUqVBW0

DQN「勝手に言ってろ」

DQN「ただな」

幼馴染「なによ」

DQN「これは俺と、あいつの事なんだ」

DQN「部の規律を乱すって言うのが解決したな俺に口出ししてくんな」

幼馴染「ふん」

幼馴染「くだらない」

DQN「何?」

DQN「今くだらないって言ったか?」

幼馴染「えーくだらない。下らないわ」

幼馴染「ようはアンタ、男の気を引こうとしてるだけにしか見えないのよ」

幼馴染「私、そういう女々しい奴は大嫌い」



151: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/17(火) 22:48:38.41 ID:JAeUqVBW0

DQN「女々しい?ちげーよ。そんなんじゃねー」

DQN「俺には俺のあいつとの関係があるんだ」

DQN「それをテメーごときが馬鹿にしてんじゃねーよ」

DQN「殺すぞ」

幼馴染「は!」

幼馴染「でかい声と汚い言葉で凄めば私がビビると思ってんのか?」

幼馴染「この不良気取り!」

DQN「てめぇ!」

DQN2「ちょっとやばいやばい手を出すのはやべーって」

DQN3「良いじゃん、別にこいつむかつくし」ギャハハハハ



168: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/24(火) 01:12:30.59 ID:rlxcRNVr0

男「靴下かわいいね」

後輩「あ・・・あんまり見ないでください」

男「なに恥ずかしがってんのさ」

後輩「だって、恥ずかしくないですか?靴下なんて見られて」

後輩「なんか勝手に携帯のぞかれたみたいで」

男「そこまで言う?」

男「そういえばさ幼馴染から聞いたんだけど」

後輩「!」キ

男「お、おい何怖い顔してんだ」

後輩「・・・あ、はは」

男「お前ってさ、あんまコミュニケーションとってないの?部員とかと」

後輩「はい?」

男「いや、先輩である俺としては不安じゃん?」

後輩「あ、ああ・・・」

後輩「別にそういう訳じゃないですよコミュニケーションはとりますし、仲が悪い訳じゃないです」

後輩「周りと喋らないとかそういうのではないです」

男「そっか・・・後輩の連絡先知らないってアイツがいうからさ」



169: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/24(火) 01:16:46.70 ID:rlxcRNVr0

後輩「確かにそうですね。私、そういうのはあんまり簡単には教えないたちなので」

男「なんで?不便じゃない?」

後輩「そうですか?なんか嫌じゃないですか?」

後輩「学校で事を必要以上日常に持ってきたくないと思いませんか?」

男「連絡がたくさんきてウザったいって事?」

後輩「端的にいうと、そうですね」

男「ふーん」

後輩「私、自分の時間はしっかり持ちたいって思うんですよ」

後輩「正直、電源とか切りますね、家にいるとき」

男「そうなの?」

後輩「ええ。ネットにつながってるってだけで精神が疲れますね」

男「でも俺から連絡したら、その日に返してくれない?」

後輩「・・・・それは、チェックしてるからです」

後輩「先輩から、連絡が着てたら、あれなので」

男「律儀な奴だな」



170: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/24(火) 01:21:03.89 ID:rlxcRNVr0

男「よっし、俺そろそろ行くわ」

後輩「はい」

後輩「先輩、今日のレモンどうでしたか?」

男「おいしかった」

後輩「そうですか」

後輩「じゃあ明日も作ってきても良いですか?」

男「・・・」

男(やけに優しいな。いやでも技術に貪欲なんだろう)

男(自惚れたら後が悲惨だぜ)

男「良いよ!」

後輩「ふふ、はい。じゃあ明日も作ってきますから」

後輩「楽しみにしていてください」

男「おー」



171: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/24(火) 01:24:05.18 ID:rlxcRNVr0

男「ふー」スタスタ

男「今日は良い日だったのになんか心が重いなぁ」

男「やっぱ仲良い奴とよそよそしいと寂しいよな」

男「ん?声?怒鳴り声か・・・?」

男「って・・・・」


幼馴染「・・・・」

DQN「・・・・」

DQN2「放っとけって、いちいち構うなって」

DQN3「え~?良いじゃんおもろくね?」ギャハハ


男「・・・・」

男(どんな状況だよ)



172: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/24(火) 01:30:50.55 ID:rlxcRNVr0

男「・・・」

DQN「あ」

幼馴染「お、男」

男「お、お前ら・・・幼馴染、用あるんじゃなかったっけ?」

幼馴染「・・・そうよ、コイツのせいで遅刻」

DQN「あ?」ッチ

男「やめろよ、お前、なに幼馴染にキレてんだ?」

DQN「・・・突っかかってきたのはそっち」

幼馴染「男?コイツ、部活やめるんだって」

男「は?お前、マジかよ?」

DQN「・・・ああ」

男「な、なんで」

DQN2「おーい内輪モメなら俺どっかいくぞー」

DQN3「俺もぶっちゃけ飽きたわ」



173: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/24(火) 01:36:47.01 ID:rlxcRNVr0

DQN「何で?何でだと思う?」

男「い、いや・・・それは」

DQN「・・・」

DQN「ていうかテメーさ」

DQN「今日はじめて俺にその事突っ込んできたな」

DQN「普段無関心きめこんでるくせに」

男「お、お前が幼馴染とモメてるから」

DQN「それが気に入らねーって言ってんだ」

DQN「お前にとって俺ってそんな物なのかよ」

男「ちがうって、俺はお前の事友達だと思うから」

DQN「友達?都合良い言葉使うな?」

DQN「じゃあその友達は、なんで今まで俺の事放置してたんだ?」

DQN「テメーにとっての俺はその程度だったって事かよ」

DQN「女が絡んでようやくってか?」

幼馴染「あんた、黙って聞いてたら、つまり何が言いたくて男を責めてるのよ!?」



174: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/24(火) 01:39:48.39 ID:rlxcRNVr0

DQN「また、ママの後ろに隠れるのか?」

男「お、俺は」

男「悪かったよ・・・でも放っておいたとかじゃない」

男「俺のせいで不幸になってほしくないから」

男「だから俺はなるべくお前に干渉しないようにって」

DQN「それが舐めてるって言ってんだ!」グイ

男「う」

幼馴染「手を出すな!もし男を殴ってみろ、その腐った手、私が切り落としてやる」

DQN「一々邪魔しやがるな・・・」

男「お、お前は怒ってるのかもしてないけど」

男「だけどそれが俺の、お前への友情の示し方だったんだって」

DQN「で?」

DQN「俺はそう感じてないのに、俺にそう感じてるように努力しろって言いたいのか?」



175: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/24(火) 01:42:48.05 ID:rlxcRNVr0

男「どうしてわかんないんだよ!?」

男「お、俺だってつらいんだって」

男「お前の将来を潰したくないって思いがわかんねーのか?」

DQN「・・・っち」

DQN「やっぱズレてやがる」

男「は?」

DQN「俺は」

DQN「俺はな」

DQN「お前と組めないなら、もうやる意味なんかねーんだよ・・・」

男「え?」

後輩「先輩!!!」

男「あ」

後輩「助けに来ました!!!」



180: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:07:59.61 ID:GkqGQzgn0

後輩「先輩を離せ!!」

DQN「・・・おい、お前ほかの女にもちょっかいかけてたの?」

男「・・・こ、後輩」

幼馴染「後輩ちゃん・・・」ポカーン

後輩「先輩を離さないなら、私がお前の相手だ」

DQN「・・・は」

DQN「なんでこんな奴助けようとすんだ?」

DQN「こいつは簡単に友達を捨てちまうような奴だぜ?」

DQN「人の事、勘違いさせて、簡単に捨てるような相手の事なんてどーでも良い奴なんだ」

男「お、お前のこと、どうでも良いなんて思った事なんてないって・・・」

DQN「ふん」



181: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:12:24.45 ID:GkqGQzgn0

DQN「俺の事なんにもわかってないんだなお前」

男「そんなの水掛け論だろ」

男「お前がダブルスしかやらないなら、俺がダブルスをできなくする」

男「そしてシングルに専念する。それがお前のためなんだって」

男「何年かしたら酒でも飲みながらさ、実はあの有名な選手は俺の元ダブルスパートナーだったんだって同僚に俺は自慢して」

DQN「なんもわかってねーよ・・・お前、本当に何にもわかってねー」バ

後輩「先輩を殴るな!」

DQN「あ?」

後輩「私が先輩を守るのは、先輩は私の憧れだから」

後輩「だから・・・私は先輩を守るんだ」

後輩「私の憧れを守るのは自分の意思を守る事だから」

DQN「憧れ・・・」



182: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:16:06.55 ID:GkqGQzgn0

き~んこ~んか~んこ~ん


監督「はい!じゃあ新入生、上級生に挨拶!」

新入生「「「よろしくお願いします!!!」」」

監督「よし、じゃあABCと3つのレベルに別れて練習!」

部員「「「はい!!!」」」

監督「1年の中ではDQNと男はAチームに混ざって練習!!」

DQN「はい!!!」

男「あ・・・はい!」

男(いきなりAチーム・・・よし3年のレギュラーチームとだ)

男(小学生の最後に県大会まで行けてよかった)



183: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:20:18.64 ID:GkqGQzgn0

男「DQN・・・君、よろしく!」

DQN「ん?おお、よろしく」

DQN「呼び捨てで良いって、タメだろ?俺ら」

男「ああ」

男(DQN・・・学年別の全国上位常連者で元ジュニアナショナル)

男(俺の事なんてしらねーだろうな)

DQN「男・・・だよな?たしか」

男「え、知ってる?」

DQN「おう。県大会の時、一応応援してたんだぜ?同じ市出身だしな」

男「はは・・・2回戦で負けてめんぼくない」

DQN「んな事ねーよ。ナイスゲームだったじゃねーか。頭良いプレーするなって思った」

先輩「おい」

DQN「おっす!!」

男「おす!!」



184: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:25:23.46 ID:GkqGQzgn0

3年先輩「DQN、お前、全国3位だったらしいじゃん」

3年先輩「お前みたいな奴がうちに入ってきてくれて、俺、うれしいよ」

3年先輩「うちの学校が強くなるからな」

DQN「ありがとうございます!」

3年先輩「あ、でさ、こっちとしては、小学生の実力見ておきたいわけ」

3年先輩「だからゲームすんぞ?」

DQN「・・・俺、小学生じゃありません」

3年先輩「あ?うるせーよ。さっきまでランドセルだろテメー?」

DQN「・・・」


2年部員1「おいおい絡んでるよ、あの先輩」

2年部員2「あの人当落線上だからな個人戦メンバーの定員。力見せ付けておきてーんだろ」



185: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:31:57.34 ID:GkqGQzgn0

審判「ポイント!21-10!ゲームセット」

3年先輩「ぐ・・・が・・・・」

男「す、すげーーDQN!ここの中学の3年に勝っちまった!!!」

男「すげー!すげーよ!DQN!!」

DQN「ん?」

DQN「ああ。まぁこんなもんだ」

3年先輩「・・・・・」

3年先輩「ちょっと待てやぁ!!!!!!!」

男「・・・」ビク

2年部員1「やべー切れてる」ヒソヒソ

2年部員2「そりゃそーだぜ?恥かかせるために試合したのに自分がダブルススコア食らってんだ」ヒソヒソ

2年部員1「でも雰囲気やばくね?今ほかに3年の先輩方いないし」





186: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:33:50.43 ID:GkqGQzgn0

DQN「・・・はい」

男「お、おい・・・いざとなったら加勢した方が良いか?」ヒソヒソ

DQN「・・・安心しろや」

DQN「なんですか」

3年先輩「お前・・・く、くそ・・・」

監督「おい!?お前らなにやってる?」

3年先輩「あ・・・その」

DQN「・・・・いえ、アドバイスもらってました」

3年先輩「え」

DQN「俺、まだまだ小学生のプレーが抜けきってないんで、先輩からアドバイスもらってたんです」

DQN「早く技術面でも追いつきたいので」

DQN「そうですよね」

3年先輩「・・・・あ、ああ」

監督「そうか。なら良いんだ。俺こそ悪かったな」

3年先輩「いえ・・・」



187: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:38:15.62 ID:GkqGQzgn0

帰り道

男「あ~むっかつくよな~あの先輩」

DQN「ん?ああ・・・あの事か」

男「むかつかないの?自分から勝負ふっかけってきてさぁ」

男「負けたら負けたで・・・殴られかねなかったぜ?」

DQN「別に~・・・もう終わった事じゃん」

男「殴られてよかったの?マゾ?」

DQN「あっはは。違うって」

DQN「俺もあの先輩の身になったらさ、むかつく気持ちわかるし」

DQN「だからまぁ切れられても別にって感じ」

DQN「殴られたらさすがに俺も切れるけどさ、でもムカつくと思うぜ俺みたいなの」

男「そっかなぁ」



188: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:42:22.41 ID:GkqGQzgn0

DQN「一緒になって怒る方が馬鹿らしいじゃん?」

男「怒る時には怒るべきだって」

男「俺だって加勢したのに」

DQN「嘘つけ、お前震えてただろーが」

男「はぁ?馬鹿いうなボコボコにしてやったわ」

DQN「嘘だね。ありゃ絶対いざとなったら身震いしてるタイプだ」

男「俺という人間を誤解すんな!友達がピンチな時は助けるのが俺だぜ!」

DQN「と、友達?」

男「俺たち、友達だろ?」

DQN「・・・」

男「え?思ってたの俺だけ?」

DQN「いや、友達だな・・・俺に加勢しようとしてくれたみたいだし」

男「おう!」

DQN「・・・」

男「お前顔赤くないか?」

DQN「夕日だからだ!」



189: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:46:27.92 ID:GkqGQzgn0

監督「はい、集合ー」パンパン

部員「「「はい!!」」」

監督「今日の部活は終わり・・・という前に」

監督「え~週末は前から言っていた通りランキング戦やるからね~」

監督「この結果で団体のメンバーと個人戦で出れる枠決まるからね~」

監督「AチームとBチームの2年から参加できる物だから」

監督「みんな頑張るように」

部員「「「はい!!!」」」

男(ランキング戦・・・ついにこの時が来た)

男(1年で出られるのは俺とDQNだけ・・・か)

男「・・・」



190: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:49:00.23 ID:GkqGQzgn0

帰り道

DQN「どーした男?なーんか口数少なくね?」

男「んあ?」

男「べっつに」

DQN「なんだよ~俺にも言えねー悩みなのか~」

男「はは、そうだなぁ」

男「別に言えない悩みとかじゃないけど」

DQN「もしかして3年のアイツに、お前がなんかされたのか?」

DQN「だったら俺がブチ殺してやるぜ」

男「そんなんじゃねーって」

DQN「さみしー事いうなよなーうりうり~~」グシャグシャ

男「うわ・・・うわ・・・やめろ!髪の毛セットしてんだから!」



192: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:51:23.15 ID:GkqGQzgn0

DQん「セット俺が教えてやろーか?親が美容師なんだ」

男「美容師なの?まぁお前イケメンだもんな」

DQN「お前にゃ負けるぜ」

男「なんだ嫌味かー」

DQN「いやいやマジでマジで」

男「・・・でも以外だなぁ」

DQN「は?」

男「いや、そんな強いから親も有名な選手なのかなっておもった」

DQN「ああ、父親の方はな」

DQN「元日本リーガーって言ってたな」

男「やっぱり?なんか打ち方とかすげぇもんな」

男「この中学は強い人ばっかりだけど、その中でもやっぱお前は違うわ」



193: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:53:16.78 ID:GkqGQzgn0

DQN「違わねーさ。男だって強えーと思うよ俺は」

男「俺?俺なんて全然だよ」

男「はぁ~思い出してきた~」

DQN「何考えてんのか、教えてみろって」

男「・・・ランキング戦」

DQN「ん・・・ああ、あるな」

男「勝てないだろうなって、俺じゃあ」

男「ダブルスが本職なのに、組んでくれる先輩いねーし・・・」

DQN「俺らまだ1年じゃん?それはしゃあねーって」

男「・・・でもおまえは勝つだろ?」

DQN「かな?楽勝!」

男「はは、うっぜ」



194: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:56:18.74 ID:GkqGQzgn0

男「俺はさ強くなりたいんだ・・・・・お前みたいにさ」

DQN「おお、急にどうした!?」

男「実はさ、3年に勝った時に・・・格好いいと思ったDQN見て」

DQN「たまたまだって勝ったの。実際あの時じゃ勝てない3年も何人かいたし」

男「そうじゃなくてさ!強いだけじゃなくて・・・こう、うまく言えないけど」

男「自分を持ってるっていうかさ」

男「俺、思うんだ、何か一つだけでも、誰にも負けないと思う物を持てって言葉」

男「それってさ、それがそいつの社会的な価値のための言葉だって、ずっと思ってたんだけど」

男「DQNを見てたら、それだけじゃないのかなって」

男「そういう物を持てたら、おれもDQNみたいになれるのかなって思った」

男「だから、俺、お前に負けたくない」

DQN「・・・」



195: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 00:58:30.85 ID:GkqGQzgn0

男「DQNがランキング戦で勝ち残ったら」

男「最後の相手は俺であってほしい」

男「個人戦でDQNが決勝までいくなら」「

男「俺も決勝までいきたいんだ」

男「全国なら、俺も全国・・・」

男「世界なら、俺も・・・」

DQN「男・・・」

男「って言うんだけどさ!」

男「・・・それが、難しい・・・だから悩む」

男「ま、俺なんかほっとけ」

男「そしてドンドン前に進んでくれ」

男「お前は俺の憧れなんだから」

DQN「・・・」



197: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 01:00:18.18 ID:GkqGQzgn0

監督「ランキング戦を始める!!」

部員「「「はい!!」」」

監督「試合でない部員は審判やっといて。」

監督「以外にできない奴いるからな~試合でそれだったら結構怒られるんだよ。俺が」

監督「え~っとじゃあダブルスとシングルスにわかれてな~」

男(よし・・・)

監督「おい、男!お前ダブルスだろ?」

男「は?」

監督「DQNとダブルスするんだろ?そっちのコートじゃないぞ?」

男「え、ええ?」

DQN「へへ」



198: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 01:02:41.95 ID:GkqGQzgn0

男「なんで?ええ?」

DQN「俺が監督に言っちゃった」

男「は、はぁ?」

DQN「いやぁ~俺ダブルスめっちゃ興味あったんだよね~」

男「いや、いやいやいや」

男「何で?」

DQN「勘違いすんなよ?テメーのためだけじゃねー」

DQN「ダブルスもやってみて、自分のプレーの幅広げようと思っただけだ」

男「はぁ???」

男「なんか・・・」

DQN「なんか?なんだ?」

男「もう疲れた」

DQN「おいおい・・・はは」

男「はは、まぁよろしく」

DQN「おーよろしく!!」



199: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/25(水) 01:05:20.69 ID:GkqGQzgn0

男「DQN??」

DQN「・・・は」

DQN「っち」

DQN「帰る・・・」

後輩「先輩!大丈夫ですか!?」タタ

幼馴染「うわ、襟首のところ、ちょっと青あざになってんじゃない」

DQN「・・・・男」

男「な、なんだ」

DQN「俺は・・・俺にとっての部活ってのはさ」

DQN「・・・なんでもねーよ」

DQN「じゃあな」スタスタ

男「お、おい・・・」



202: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 00:42:03.19 ID:J3XKhLh4O

後輩「先輩、保健室に行きましょう」

男「ああ、アザにはなってるけど、大丈夫だよ」

後輩「駄目です!先輩、肋骨とかって案外簡単に日々とか入るんですから」

男「本当に大丈夫だって」

後輩「先輩、でも」

幼馴染「大丈夫よ、こんくらい」

幼馴染「男は痛かったら結構顔に出るタイプだけど、そんな事ないし」

後輩「・・・・本当に大丈夫ですか?」

男「ああ」

男「いつも幼馴染に殴られて鍛えられてるからな」

幼馴染「人を暴力女みたいに言わないでよ!」ポカ

男「あ、痛・・・ほらな?」



203: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 00:45:08.97 ID:J3XKhLh4O

後輩「けが人を殴るなんて、何考えてるんですか!」ギロリ

幼馴染「え、わ、私そんな強くやってないわよ」

男「後輩、とにかく大丈夫だから」

後輩「でも・・・」シュン

男「・・・はぁ」

男(ここはあえて保健室に付き合った方が良いかな)

男「わかった行こうか一応のために」

後輩「はい!」

幼馴染「ちょ、ちょっと男?あんた本当にどこか痛いの?」



204: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:03:41.86 ID:J3XKhLh4O

男「いや痛くないけどさ、この後暇だし、もういっそ行った方が良いかなって」ヒソヒソ

幼馴染「う・・・そう。じゃ、じゃあ私も・・・」

後輩「幼馴染先輩」

後輩「用事、あるんですよね」

幼馴染「え?・・・あ」

男「はは、大丈夫なのか?」

幼馴染「大丈夫・・・じゃないかも」

幼馴染「男、私、帰るね悪いけど」

男「うん。じゃね」

幼馴染「うん」

幼馴染「あのさ、男。さっき助けてくれて、サンキュね!じゃ!」

男「おう」

男(はは、照れるなら言うなよな)



205: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:11:51.31 ID:J3XKhLh4O

後輩「処置完了です。先輩」

男「どーもっす」

後輩「軽症で良かったです」

男「後輩がモップもって助けに来てくれたからな」

後輩「わ、私は、いざとなったら戦おうって」

男「モップを装備したお前、イカしてたぜ」

後輩「もう、馬鹿にして」

後輩「良いんです。結果守りたい物は守れたんですから」プイ

男「守れたって・・・はは」

男(結局アイツなにが言いたかったんだろう)

男(アイツがやめるくらいなら俺とずっとダブルスやってた方がまだ良かったのかな)

後輩「先輩?」



206: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:19:28.82 ID:J3XKhLh4O

男「ん?ああ、ありがとうな」

後輩「いえ、当然の事をしただけです」

後輩「先輩が困っていたら私が一番に助けたいので」

男「向上する事に貪欲な奴だなぁ」

男「ジュース奢ってやるよ、お礼に」

後輩「・・・私は見返りを求めてした訳っじゃないんですが」

男「良いんだ、俺からの気持ち」

後輩「せ、先輩からの・・・き、気持ち、ですか」

後輩「わかり、ました・・・」カァ

男「?」



207: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:26:30.43 ID:J3XKhLh4O

男「小銭あったかなぁ・・・」

男「あ、やべ、小銭落とした」チャリーン

後輩「拾います」バ

男「悪い悪い・・・・って」

後輩「ん?・・・あ、あ・・・」

男(やべぇ・・・中学の時にお金貯まるおまじないで入れておいたコンドームが・・・)

後輩「せ、先輩・・・こ、こここれ」カァ

男「あ、あはは、あははは!これ、これね、おまじないだから!」

男「あははは、ほら返して」グイ

後輩「あ」

男「あはは」

後輩「・・・」

男(ぐ、最悪の空気だぜ)



208: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:30:27.75 ID:J3XKhLh4O

後輩「・・・」

男「・・・」

男「飲み物だったよな、俺が買ってくるよ、何が」

後輩「先輩」

男「ん、ん?何だい」

後輩「もしかて、先輩、アドバイスの見返りってレモンとかより」

後輩「そ、そっちの、そういう方なのが良いんでしょうか?」

後輩「私、私・・・そういうの経験、ないんですけど。でも先輩なら!」

男「違うから!そういうんじゃないから!」

男「俺という人間を誤解しないでくれ!」



209: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:38:20.84 ID:J3XKhLh4O

男「はー今日はくたびれたー」

姉「そんな顔してるわね」

男「やっぱわかる?」

姉「ええ、私は貴方の顔みただけで何でもわかるわ」

男「そっか、やっぱ姉さんって凄いや」

姉「ふふ、当たり前じゃない」

姉「今日は寝られるように、寝るまで本読んであげるからね」

男「え」

姉「お風呂沸いてあるわ。入ってきなさい」

男「うん」



210: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:47:51.94 ID:J3XKhLh4O

姉「さ、ここに頭のっけって」ポンポン

男「え、膝枕?・・・って、ああ耳掃除ね」

姉「うん。おいで」

男「はいはい」

姉「男の耳は乾燥気味だからお風呂の後にやっておかないとね~」

姉「♪~」

姉「あは。でっかいの取れたわ」

男「本当?みせてみせて」

姉「ほら」

男「うわ」



211: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:52:23.76 ID:J3XKhLh4O

男「本当に本読むんだ」

姉「ええ」

男「子供じゃないんだぜ。もう」

姉「私にとっては、まだまだ可愛い子供なのよ」

姉「ずっと私と一緒にいてほしいわ」

男「はは、ずっとは無理だよ」

姉「無理じゃないわ」

男「・・・そういえば姉さんって彼氏作らないよね」

姉「ええ、必要ないもの」

男「大学で言い寄られたりしないの?」

姉「ああ、そういうのはあるけど、でもそういう事する人は誰にでもしてるのよ」

姉「それに私には男がいるから。そんな暇ないわ」

男「・・・それとこれとは違うと思うけど」



212: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 01:55:27.04 ID:J3XKhLh4O

姉「違う事ないわ」

男「ま、良いや。俺は姉さん好きだし」

姉「ふふ、可愛い子。私も愛してる」

男「何の本読むの?」

姉「ええ」

姉「青虫の奴が好きだったわよね?」

男「ん~今日は妖怪3人組に遊んでってせがまれる奴がいいな」

男「あれも好きなんだ」

姉「そう」

姉「じゃあそれにしましょう」



214: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 02:15:02.22 ID:h8Lk0zfvO

男「おはよー姉さん」

姉「おはよう」

男「あ、今日車で学校行くんだ?」

姉「うん。今日中間テストが1時間目からあるのよ」

姉「だから速めに教室行って勉強してようと思っているの」

男「そう」

姉「方向同じだし乗っていく?」

男「良いの?」

姉「貴方は私の弟だもの。当然じゃない」

男「よっしゃラッキー」

男「じゃー幼馴染来たら行こう」

姉「あの子?あの子なんて乗せないわよ?」

男「え」



215: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 02:18:43.24 ID:h8Lk0zfvO

幼馴染「男ーおはよ!」

男「うん、おはよう」

男「今日姉さんが車乗せてってくれるって」

幼馴染「えー本当?」

姉「おはよう」

幼馴染「おはようございます」

男「じゃ、乗って」

幼馴染「へーお姉さんって4WD乗ってるんだぁ」

男「姉さんは大きい車が好きだから」

姉「男がどうしてもって言うから、しょうがなくなんだからね。本当は・・・」ブツブツ



216: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/26(木) 02:31:09.79 ID:h8Lk0zfvO

幼馴染「教室、ちょっと早く着すぎちゃったわねぇ」

男「まだ誰もいない、ちょっと新鮮」

幼馴染「そう?部活終わりとかこんな感じじゃない」

男「ここなら何してもバレないよな・・・」

男「ふっふっふ」

幼馴染「ちょ、男!?わ、私になにする気!?」

男「なに優しくするさ・・・」ニヤリ

幼馴染「駄目よ、わ、私初めては旅館でするって決めてるんだから・・・」グス

男「いやキスしようと思っただけなんだけど」

ドン

幼馴染「!」ビク

DQN「っち、うっせーな」スタスタ

男「あ、アイツ教室入ってきてたんだ・・・はは」



223: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 07:39:34.83 ID:ZPOl8bwj0

男「・・・」

幼馴染「・・・」

幼馴染「私さ、ちょっと嬉しかったんだのよ昨日」

幼馴染「あんた等が久々に話してんの見てさ」

男「・・・話したってあれじゃあ」

男「アイツの事怒らせちゃったし、部活やめるっていうし」

男「どうして・・・」

男「あー、落ちてきた」

幼馴染「情けないわねー」

男「お前に俺の気持ちはわかんねーよ」

男「俺は孤独だ、誰も俺を理解してくれないんだ」

幼馴染「大袈裟ねー。そういう冗談言ってるうちはアンタは大丈夫よ」

男「ちえ」

男「・・・やめちゃうのかな本当に」



224: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 07:46:21.06 ID:ZPOl8bwj0

幼馴染「さぁ?」

男「さぁってさぁ~お前が言ったんだろ」

幼馴染「うん、言ったわ。本心だもの」

男(冷たい・・・訳じゃないか。きっと正しいのは幼馴染なんだ)

男(こういう時って案外女の方がハッキリ物考えられる物だもんな)

男「あいつがやめる・・・やめる、ねぇ」

男「あ、待てよ?DQNの親って日本リーガーだよな?」

男「じゃあ親が許さないんじゃないか??」

幼馴染「え?」

男「いやだってよ、普通そうだろ?子供が不良になってやめようとしてるんだぜ?」

男「親としては止めるんじゃないかな。やめるの」

幼馴染「・・・あんたマジで言ってるの?」

男「え、え?」

幼馴染「DQNの親は交通事故起こしてだいぶ前に辞めてるわよ」

男「はぁ!?」



225: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 07:50:24.56 ID:ZPOl8bwj0

幼馴染「大きなニュースにもなってるんだけど、本当に知らないの?」

幼馴染「中学の時、結構学校で話題になってたのに」

男「し、知らない」

男「だって、あいつ俺に話してない、し」

幼馴染「そう」

幼馴染「でも、そういう事」

幼馴染「それからDQNの親は離婚してるはずだから、もう日本リーガーの親はいないはずよ」

幼馴染「苗字はそのままみたいだけど、離婚は確実にしてるはず」

男「・・・」

男(俺、アイツと仲が良かったころ何でも知ってると思ってたのに)

男(どうして俺に隠してたんだよ)



226: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 08:37:48.78 ID:ZPOl8bwj0

女友「幼馴染~おはよー」

幼馴染「うん、おはよ」

幼馴染「結構人集まってきたね」

男「気づいたら結構いい時間だし」

男「そろそろ席戻るか」

幼馴染「あ、ちょっと待って」

男「?」

幼馴染「あんたさ、今週の土曜日、暇?」

幼馴染「バイトしてる友達から映画の半額券貰ったんだけど」

幼馴染「よかったらいかない?ふ、二人で」

男「ん・・・」

女友「ヒューヒュー」

幼馴染「そこ、うっさい!」



227: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 08:40:21.81 ID:ZPOl8bwj0

男(土曜か・・なんか予定入ってなかったっけ??)

男(でも思い出せない)

男(なんもなかったのか?)

男「えっと、土曜だっけ」

幼馴染「うん」

男「たぶん大丈夫だと思うんだけど」

男「もしかしたら用事あるかもしんないから」

男「今日の夜連絡するわ」

幼馴染「わかった。じゃ連絡して」

男「おう」

女友「なーんか二人して顔あかくなーい??」

女友2「ねー」

幼馴染「もーうっさいわねー」



228: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 08:44:27.32 ID:ZPOl8bwj0

後輩「先輩、練習付き合ってもらって言うのもなんですが」

後輩「今日でて大丈夫だったんですか?」

男「はは」

男(マジで心配してくれてたんだ。あんな青あざで)

男「今日もレモンの奴作ってきてくれたんだ」

後輩「はい。先輩がおいしいって言ってくれたんで」

男「よく作るの?こういうの」

後輩「いえ」

後輩「先輩のために作りました」

後輩「先輩に、だけです」

男「そ、そっか」

後輩「はい」



229: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 08:49:45.93 ID:ZPOl8bwj0

男「よく飲んでるよね、それ」

後輩「ん?これですか?」

男「うん。オレンジジュース?」

後輩「はい。私、ジュースって100%ジュースしか飲まないんですよ」

男「え?炭酸とかも?」

後輩「はい。体に悪そうなので」

男「へ~ストイック」

後輩「別にストイックですか?私、そういうキャラですかね?」

男「キャラっていうか・・・あ」

DQN「・・・」スタスタ

男「・・・」

男「おい、DQN」



230: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 08:57:23.64 ID:ZPOl8bwj0

DQN「あ?今さら俺に用か?」

男「い、今更・・・って」

男「どうしたんだよ体育館来て」

DQN「あ~そうだな。俺が体育館に来たらいけねーよな」

男「そ、そういう意味じゃねーって」

DQN「・・・・これ」ス

男「え?」

DQN「退部届。監督に提出しに行くだけ」

男「お、お前」

男「本当にやめるのかよ」

DQN「それとお前に何か関係あんのか?」

男「な、ないわけないだろ」

男「お前の元パートナーなんだから」

DQN「・・・」



231: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 09:06:47.86 ID:ZPOl8bwj0

DQN「元ね」

DQN「じゃあその元パートナーになんか用か?」

DQN「それとも変わりこれ、監督に出しておいてくれるか?」

男「・・・っく」

男「ダメだ」

DQN「は?」

男「や、やめるな」

DQN「・・・なんだと?」

男「俺はDQNに辞めてほしくて、ペアを解消したんじゃない」

男「シングルに専念してほしくて」

DQN「俺は俺のやりたい事をやる」

DQN「お前の思うと通りに行動するつもりはねぇ」

男「っく」



232: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 09:08:56.48 ID:ZPOl8bwj0

男「だけど」

DQN「あー・・・白けた」

DQN「今日出しに行くのはやめた」

男「は?」

DQN「退部届」

DQN「ウザイのが邪魔するしなぁ」

DQN「お前が学校にいない土曜にでも提出する事にするぜ」

男「・・・・意地でもやめるつもりか」

DQN「俺がいると迷惑をかけるらしーんでね」

男「俺はやめさせない」

DQN「・・・・」

DQN「そーかよ」

DQN「じゃあな」スタスタ

男「・・・」



233: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 09:11:24.66 ID:ZPOl8bwj0

後輩「先輩?大丈夫でしたか?」

後輩「もし手を出すようなら、また助けにいこうとは思いましたが」

男「はは、アイツは人を簡単に殴ったりする奴じゃないよ」

男「・・・」

男(本当にやめるつもりなのかよアイツ)

後輩「先輩?」

男「あ」

男(悩むのは家帰ってもでもできる)

男「練習再開するか」

後輩「はい!お願いします!!」

男「じゃーまた基礎打ちだ!3周はするぞ!」

後輩「望むところです!」




234: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 09:17:37.22 ID:ZPOl8bwj0

男「ふー今日も疲れたぁ・・・・」

男「練習後にまた練習は堪えるけど、可愛い年下のためだ・・・」

姉「だらしない格好して、そんなに疲れたの?」

男「うん」

姉「ふふ。がんばってるみたね。お姉ちゃんがんばってる男は好きよ」

男「ありがとう。俺も姉さんの事好きだよ」

姉「ふふふ」

♪~

男「ん?」

男「後輩から・・・」

後輩『先輩、今週の土曜日なんですがよければ市の体育館で練習しませんか?』

男「土曜日・・・」

姉「ん?土曜日、そんなに楽しみなの?」

男「え?」



235: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/27(金) 09:21:38.42 ID:ZPOl8bwj0

姉「久々にお出かけだもんね」

男「あれ」

男(なんか約束してたっけ・・・あ)

男(そうだ、今週の土曜日は姉さんと釣りに行こうって話してたんだ)

姉「私、ぼーっとするのが好きなのよ」

姉「そして、隣には男がいてほしい・・・そう思うの」

男「そ、そっか」

姉「ええ。釣り具もちゃんと用意してあるから、楽しみにしておいてね」

男「はは」

男(ど、どうしよう・・・土曜日)

男(そういえばDQNは土曜日に学校に退部届だしに行くとか言ってたな)

男(幼馴染と映画か、後輩と練習か、姉さんと釣りか、DQNの退部届を止めに行くか)

男(結構重要な選択な気がする・・・)



253: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 16:55:48.57 ID:oTff9Sdd0

男「俺は土曜日に・・・」

男「・・・」

男「DQNの退部届けを止めに行こう」

男「姉さん達には悪いけど・・・DQNにやめて貰ったら意味がないんだ」

男「俺がダブルスをやめた意味が」

男(俺が・・・か)

男(はは、俺って自分の事しか考えてないのかな)

男(・・・そういう行動には気をつけようと思ったけど)

男(でもそういう時がない方が間違ってるよな)

姉「男?今良いかしら?明日もって良くおやつ何が良いか、相談したくって」

姉「男の好きな駄菓子買っておいたんだけど、少し多く買いすぎたのよ」

男「あ、あのね・・・姉さん、悪いんだけど」



254: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:11:05.50 ID:oTff9Sdd0

男「・・・よう、暑いな」

DQN「・・・・」

DQN「ふん」

男「ジュース買ったんだけど、もうぬるくなっちゃってるかも」

男「好きだっただろ、がぶ飲み」

DQN「どうして俺がお前に飲み物なんて貰わなきゃなんねーんだ?」

男「やっぱ手ぶらじゃな」

男「DQN・・・頼む」

男「部活、やめないでくれ」

DQN「・・・は?どうして?」

DQN「俺が部活をやめる事がお前になんの関係があんだよ」

男「理由って・・・俺はお前にやめてほしくない」

DQN「理由になってねーんだよ、それじゃあ」

DQN[くだらねぇ。俺は監督の所行くぜ」

男「待てって」ガシ



255: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:14:30.97 ID:oTff9Sdd0

男「話は終わってないぞ」

DQN「・・・」

男「行っただろ、俺」

男「お前に部活やめてほしくないんだ」

DQN「・・・手」

男「は?」

DQN「つかんでる手、離せ」

男「いやだね」

男「じゃないとお前、行っちゃうだろ」

DQN「・・・い、行かねー」

DQN「行かねーから、離せ」

男「行かないんだな?わかった」

DQN「ったく、相変わらず変な所で強引だな、お前」

男「なぁ俺がDQNに聞くのも間違ってるのかもしれたいけど、教えてくれよ」

男「DQNの考え」



256: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:20:39.12 ID:oTff9Sdd0

男「俺、逃げてばっかりで、ちゃんと聞いてなかった」

男「理由なしに止めるのは確かにおかしいと思う」

男「だからDQNの考えを聞かせてほしい、じゃないと俺きっとまたすれ違うと思うから」

DQN「・・・お前はどう思ったの」

男「・・・・」

男「俺実は監督とDQNが話してるの聞いててさ」

DQN「聞いて、たのか」

男「その話聞いたとき、大学の話とか将来の話を聞いて、DQNの為に身を引こうと思ったんだ」

男「でも、きっとそれだけじゃなかった」

DQN「・・・」

男「俺は、怖かったんだと思う。自分が友達の将来をつぶす大きな原因のひとつになる事が」

男「そして、キモいって思うかもしれないけど・・・劣等感も感じてたんだ」

DQN「・・・」



257: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:25:43.19 ID:oTff9Sdd0

男「お前の方が成績残して、俺より強いのに」

男「どうして俺がこんな目にあわなきゃいけないんだって」

男「そして腹もたった」

男「舐めてるのかって」

男「俺は本当に強くなりたいのに、成績残したいのに」

男「強くなって憧れたDQNみたいになりたかったのに」

男「なのにDQNは成績を残してるシングルより、あえてダブルスを選んで・・・遊んでるのか?って」

男「だから俺は、思いやってもいたし、逃げてもいたし・・・怒ってもいたんだ」

男「そ、それが、俺の思い」

男「DQNに話の話を聞きたいから」

男「俺も全部言ったぞ」

男「こ、今度はお前の番だ!」ビシ

DQN「・・・・そーか」

DQN「じゃ、俺も言わせてもらうぜ!」

男(コイツこういうノリは結構ノリノリで付き合ってくれるんだよな)



258: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:29:43.32 ID:oTff9Sdd0

DQN「俺はさ、確かに、そうだな」

DQN「男から見たら舐めてるってのは事実かもしれないし、そうでもないかもしんねーんだ」

男「は?」

DQN「男言っただろ?なんでシングルやんねーんだって」

DQN「意味ねーんだ。それじゃあ」

男「ど、どうして!?」

DQN「嫌いだから・・・この競技が」

DQN「別に俺は望んでやってた訳じゃねー、ほぼ親の強制」

DQN「物心ついた時にはもうやってたくらいだからな」

男「き、嫌いなのにずっとやってたの?」

DQN「ん?いーや。中学までは好きだったぜ」

DQN「他人に勝てるってのも面白かったし」

DQN「たださ・・・お前たぶん知ってると思うけど、俺の親が交通事故起こしてさ」

男「う、うん」



259: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:35:08.68 ID:oTff9Sdd0

DQN「ぶっちゃけ親が全部悪かったのよ。だからこそ警察の世話にもなったし」

DQN「そっからかな。嫌いになったの」

DQN「元々親のことなんて好きじゃなかったんだ、そして事件起こして」

DQN「あきれたね。気持ち悪いを通り越して怖いとすら思った。そういう親なんだ」

DQN「いや、俺の言ってる事、少し違うかもしれないな」

男「?」

DQN「この競技が嫌いなんじゃない・・・嫌いな親がやってたこの競技が嫌いなんだ」

DQN「でもさ、意識してくと、ドンドン嫌いになっていって」

DQN「俺って、あのたまたま俺の親だった嫌いな人間に覚えさせられた事やったんのかよって」

DQN「だから意味がない」

DQN「シングルなら、俺は、やめてた」

DQN「お前と一緒だから・・・俺はやってるんだ」

DQN「友達のお前と一緒に戦えないなら、もうやる意味なんてねーって事」



260: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:38:35.14 ID:oTff9Sdd0

男「そっか・・・わかった」

DQN「おう」

DQN「で?どうすんだ?」

男「?」

DQN「俺はやめちまうぞ?」

男「それはだめだ!」

DQN「ひひ、そーかよ」

DQN「じゃあ、俺とダブルス組め」

男「え」

DQN「じゃないとやめてやる」

男「・・・一応聞くけどほかの奴と、とかは」

DQN「いーや!」

DQN「友達のお前じゃなきゃ意味ねーんだ」

DQN「お前意外とは、嫌なんだよ」

男「・・・・」



261: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:42:01.88 ID:oTff9Sdd0

男「・・・・わかった」

男「あーわかった!わかったよ!」

男「お前がシングルも他の奴とダブルス組めないならしょうがない!」

男「俺がDQNを自分の勝つための道具として、使ってやるから覚悟しろ!!」

DQN「俺は道具じゃねー」ワシャワシャ

男「あ、こら」

DQN「俺らは友達、仲間だ!」

DQN「よろしくな、これから!これからも!」

男「・・・・おう」

DQN「後さ」

男「ん?」

DQN「今日、待っててくれてありがとう」

男「おう!」



262: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:46:18.81 ID:oTff9Sdd0

1年後

男「これに勝てば決勝、インハイだ」

DQN「振るえてんの?」

男「武者震いだね」

DQN「おー心強いねぇ」

男「・・・あったり前だろ」

男(くっそ・・・やべぇ、振るえがとまらねぇ)

男(負けられない・・・最後なんだ)

男(選抜予選じゃ8で負けちまった・・・このままじゃDQNは)

DQN「男!」

男「!」ビク

DQN「勘違いすんなよ。もしここで負けても俺はお前をうらまねーよ」

DQN「・・・・その時は社会人サークル入って、小学校の体育館で夜に打とうぜ。もちろんダブルスで」

DQN「相手の事は考えるな。集大成みせよう。俺らの」

男「・・・おう」



263: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:53:19.40 ID:oTff9Sdd0

ライバル1「アイツらがあがってきたかやっぱ」

ライバル2「わかってると思うけど、やっかいだぞ、特にあの左利きのデカイ方」

ライバル1「んな事はわかってる。1年の時俺らの3年の先輩倒して3位まで行ったペアだ」

ライバル1「あれ見たときはマジでビビったぜ」

ライバル2「とにかくデカイ方には打たせるな。

ライバル2「そうすりゃ勝てる選抜予選の時みたいに」


DQN「おーおー睨んでる睨んでる」

男「おっかねー」

DQN「よゆー。選抜予選で負けて対策はしてんだぜ?」

DQN「俺らのいつもどおりをだしゃ良いんだよ」

後輩「先輩~~~~~私、試合終わったんで、応援してます!!がんばってくださ~~~い!!!」

幼馴染「男~~~~!!DQN~~~~!!勝ちなさいよ~~~!!」

姉「がんばって・・・男・・・」

男「は、恥ずかしい・・・」

DQN「はは、頼もしいねぇ」



264: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 17:57:17.67 ID:oTff9Sdd0

審判「ファーストゲーム、ラブオール、プレイ」

ライバル1(こっちのサービスからかよ、ダリーな)

ライバル1「・・・」パシ

男「ふ!」チョン

ライバル1「ぐ」

ライバル1(やばい良いネット前が来た・・・意地はって勝負してもいいが)

ライバル1「あげるぞー」パン

ライバル1「あいtのスマッシュが来る!用意!」

ライバル2「・・・」

DQN「あーーい」

ズゴーーーーーーーーーーン

審判「サービスオーバー、1-0」

ライバル1「あ・・・」

ライバル1(おいおいおい、洒落になんねースピードだ・・・OBの大学生や実業団選手よりはえーぞ)

DQN・男「よっしゃーーー」



265: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 18:00:36.66 ID:oTff9Sdd0

男「ふ」チョン

ライバル1「くっそ」

ライバル1(こいつネット前のショットの精度あがってやがる・・・前はこんな球なかっただろ)

ライバル1(ロブには・・・・逃げたくねぇ、スマッシュが来る)

ライバル1「このやろう」チョン

ライバル2「馬鹿!無理すんな!」

男「浮いてるぜ」バン

審判「ポイント21-17」

男「よっしよっしよっし!!!」

DQN「ないすーーー男ーーー」

ライバル2「お、おい」

ライバル1「落ち着け!1ゲーム落としただけだ・・・」

ライバル1「このペアの弱点はわかってんだろ、徹底するぞ」

ライバル2「わかった」



266: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 18:06:13.24 ID:oTff9Sdd0

ライバル1(このタイミングでロブをあげる)

男「!」

男「おっら」バシ

ライバル1(はは、やっぱコイツのスマッシュおせー)

ライバル1(だけどカウンター狙うにはコースないな。)

ライバル1(チャンス来るまでロブあげ続けてスマッシュ打ってもらいましょーか)

ライバル!「っふ」パン

男「・・・・」

男「おっら」スパ

ライバル1(切って来た?まぁそりゃそーだ。お前のスマッシュは通用しねー)

ライバル1(もう一回ロブ、何度でも打ち続けて貰・・・)

DQN「あーーーーい」

ズゴーーーーーーーーン

審判「ポイント、15-14」

ライバル1「な」

ライバル2「馬鹿やろう!なにやってんだ、あの球をそう上げたら前後が入れ替わる時間ができちまうだろ!」

ライバル2「突っ込んで、クロスドライブで攻めろよ!」

ライバル「あ?テメーだれに・・・」



267: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 18:10:03.76 ID:oTff9Sdd0

審判「20ー18。マッチポイント」

ライバル1「はぁはぁ・・・」

ライバル2「はぁはぁ」

DQN「後1ポイントだな」

男「ああ」

DQN「な?言っただろ?いつもどおりにやってりゃ勝てるって」

男「まだ勝ってねぇよ」

男「よっし、俺のサーブだな」

DQN「微妙に手?震えてない?」

男「ん」

男(くそ・・・勝ちを意識したら・・・)

DQN「安心しろ、テメーの後ろについてるのは俺だ」

DQN「少し浮いても、俺が絶対返してやるから」

DQN「俺は絶対落とさない」

男「・・・・ああ」

男(震えがとまった)



268: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 18:16:20.60 ID:oTff9Sdd0

男(ここまで色々あったな)

男(後輩に告白されて断って、幼馴染に振られて)

男(・・・・って俺の青春、悲惨すぎだろ)

男(ただ)

DQN「絶対かえすぜーーー」

男(友達がいる)

男「・・・」パシ

ライバル1「!」

ライバル1(サーブが短い・・・・か?いやわからない)

ライバル1(下手にミスするのが怖い、ポイントがほしい、見逃して・・・)

ライバル1「あ、やば」

審判「イン!!!!!!!」

審判「ゲームセット、ウォンバイ、男、DQN!!20-18!!!!!!」

男「・・・・・・」

男「勝った」

DQN「勝ち」ブイ

男「やった」

男「や、や、ややややや」

男「やったーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」ガシ

DQN「お、おい、だ、抱きつくなって」

男「勝った!勝った勝った勝った勝った!!!」

男「俺たち2人の、勝ちだ!!!!!!!!!!!」

DQN「・・・・ああ」

DQN」俺たち、二人の」ギュ



end



269: ◆9C9/KNks/8Cd 2016/05/28(土) 18:16:47.25 ID:oTff9Sdd0

終わりです
読んでくれた方ありがとうございました



元スレ
幼馴染「あれあれ?こ、これってもしかしてラブレター!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462996469/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 19:34
          • 全部読んでないけど幼馴染クズじゃね?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 19:34
          • 1 死ぬほどつまらんかった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 19:35
          • 時間の無駄
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 19:42
          • 流し読みしたが、この先どう決着つけるんだろうって要素は一切スルーされたでFA?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 19:47
          • 2 幼馴染み最後までクズのまんまじゃねえか
            後輩は健気でええ子
            てかこれギャルゲーにありそう
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 19:50
          • 結構作り込まれてるなって思ったら
            最後の勢いで草
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 19:59
          • 最初、複数の幼馴染が会話してるのかと思ってたw
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 20:05
          • 4 なんだかんだサクサク読めるしキチンと話が出来てて楽しかった
            ただ幼馴染が消化不良な気がする?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 20:52
          • なんかテニス描写が酷くて途中でやめちゃった
            テニス知らないならシーン飛ばせばいいのに
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 21:17
          • ほら、おまえ等の大好きなホモendだ喜べといわんばかりのなげっぷり
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 21:24
          • マジで何の部活やってるのか本気でわからなくなって無理
            スマッシュとか出てるから最初テニスかと思ったけど体育館だし
            おそらくバドミントンなんだろうが、何故マイナーなバドミントンにする必要があるのかも分からんし、バドミントンはそんな一般競技じゃないから説明を入れるべきだろ
            主要人物の心理描写もおかしいし駄作一直線
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 22:02
          • 3 SSなんだから「以外」と「意外」を間違えるネタ使わなくていいから。最初からバドだとおもったけどなあ。打ち切りマンガのような展開すっ飛ばしと伏線未回収に笑った
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月28日 22:15
          • 単純につまらん。
            ただそれだけ。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 01:36
          • 人のもの勝手に取ってそれをすぐ返そうとしないうえに相手に強くあたる幼なじみだった時点で読むのやめたよ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 02:23
          • ※1
            ほんこれ
            他のコメント見るに読まないのが正解っぽいな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 02:24
          • 書きたいテーマを絞ろうよ
            ラブレターの下りも後輩との絡みも無駄すぎる
            一応本筋に絡めてはいるけど不必要な部分が多すぎる

            幼馴染と後輩との三角関係をやるならDQNとの友情エピはいらないし
            DQNとの友情エピを書きたいなら後輩も幼馴染もブラコンの姉もいらない
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 03:05
          • 幼なじみがクズの段階で期待できなかったけど話もゴチャゴチャしてて笑った
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 03:28
          • 最後打ち切り漫画みたいになっててワロタ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 05:11
          • 5 俺は面白かった
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 06:48
          • いやテニスなら分かるがバドミントンって…好きな人には悪いけど正直微妙過ぎるわ。
            そして幼馴染みSSなスレタイで三角関係かと思えばヤンデレ姉が出てきてついに男(DQN)まで出てきたら最後友情endかよ。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 08:31
          • 1 幼馴染み 他人が他人に宛てた手紙を盗んだ挙げ句、謝罪も説明もないまま、主人公から好かれていることをいいことに自分の気持ちは明確にせず、主人公への他からの好意は邪魔し続けるクズ
            主人公 自分のことだけを考え、相手の立場や気持ちを(類推する材料が過剰すぎるほどあるのに)考えも気づきもしない典型的ラノベ系クズ
            読まなきゃよかったわこんなの
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 13:10
          • 勢いはよかったよ
            サクサク読めるし
            ただ、消化不良やからそこを詳しく書いてほしかったな
            次回に期待
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月29日 15:49
          • 最後投げたな
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月30日 00:30
          • 試合描写カットして会話と恋愛が前面にきてたら良かったのになあ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月31日 00:26
          • え、なにこれ…読んでて鬱陶しくなったから最後まで飛ばしたらツンデレDQNとのホモエンドになってた!?え、どういうこと…
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月31日 06:40
          • 3 バドミントン好きなの伝わってくるからプレイヤーとしてはかなり楽しく読めた。ラブレターの件決着つけて欲しかったな。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月06日 03:34
          • 1ページ目でまた屑幼馴染モノかと思って感想見たら
            案の定それが最後まで改善せず続いて
            そのうえ13ページも読ませた上でホモENDなのか

            読まなくて良かった
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年06月11日 23:59
          • 1 伏線を撒き散らすだけ撒き散らして、ほぼ全て回収しなかった
            とにかく内容がクソで時間の無駄だった
            誤字脱字も多い
            本当にクソだった、読めばわかるよ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月16日 22:24
          • 5 テニスじゃなくてバドミントンなのでは
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年07月24日 15:28
          • まず…テニスなの?バドミントンなの?自分はテニスと思ったけど。
            練習シーンは良いけど、試合シーン多すぎ長すぎ。ダレる。
            回想シーンもダラダラな気がする。回想と試合シーンはほぼ飛ばしました。

            後輩からのラブレターの件が解決してない、姉、幼馴染み、後輩、この3要素だけでもまとめるの大変だと思うのに、
            途中からDQNとの話にシフトして、そのまま最後まで。
            あれ?女の子側との展開と決着どうなった?途中で落とし処に困ったから、ぶん投げたのかと思った。

            作品は長かったけど、良い作品ならこういうとこでも受けは良いはず。
            ちょっと色々雑にまとめて、無理矢理終わりに持っていっちゃったかな?って感じだね。
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月03日 22:43
          • 1 これは無し
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月27日 16:26
          • あれ・・・?
            幼馴染のやつ結局男の事振ったの?

            意味分からんぞもう

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマスSS】P「また新商品ですか?」音無小鳥「はい」
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】薄切り揚げ芋と優等生の堕とし方
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        • 【ミリマス】伊吹翼「太陽の彼女」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ