TOP

新田美波「ミーナミン! キャハっ☆」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:22:26.11 ID:6mSDtRAt0

・シンデレラガールSS
・世界線はモバマスとデレステが混ざっています
・三人称地の文メイン
よろしくお願いします。




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:23:09.49 ID:6mSDtRAt0

正直、不安はあった。
美波は心配半分感心半分で、愛梨の仕事ぶりを熱心に見つめている。
カラフルな装飾が施されたメイドカフェ風の撮影現場。
パンケーキの焼ける甘い匂い。
愛梨の楽しげなハミング。
文字通りの甘い空間。
料理姿を撮られているときの愛梨は、普段の姿からは想像もつかないほどに手際が良い。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:24:40.04 ID:6mSDtRAt0

美波にしても、母親からの花嫁修業により料理も一通りできるようになっている。
だからこそ、ちょっと悔しい、とか、今度教えてもらおうかな、とか持ち前の負けず嫌いと好奇心を抱えながら観察している。
たしかに愛梨のテキパキとした動作は目を見張るものがあった。
体に染み付いている、という表現がぴったりである。
調理の一連の流れはしなやかに踊るようで、愛梨も楽しいのか、歌を口ずさんでいた。

「わたしだけの特権、特権、特権ですっ♪」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:27:11.35 ID:6mSDtRAt0

先日の愛梨のメイド喫茶体験レポも、美波のメイド衣装グラビアも、どちらもその月の雑誌の売れ行きに大きく影響を与えるほどに評判が良かった。
その結果を受け、アイドル雑誌の編集部から今回はその二人での撮影の依頼が来た。
美波は前回、服のファスナーが噛んでしまった挙句プロデューサーに恥ずかしい姿を見られたり、終いにはなぜかドSメイドの恰好をさせられたりしたせいで、メイド関連の仕事に対し若干身構えていた。
しかし、今回は正統派メイド服だけの撮影と聞いて、胸を撫で下ろしていた。
それでも、露出の多い衣装はもう慣れたしまったらしいが、コスプレの類いはまた緊張の度合いが違うらしい。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:32:52.83 ID:6mSDtRAt0

美波が現在着ているのは、シンプルなヴィクトリアンメイド型で、濃紺のロングスカートのワンピースに白いエプロン、頭にメイドキャップ、スカートの下は黒のパンストにハーフブーツと肌の露出が少なく、西洋貴族に仕える家政婦を彷彿させる。
対して愛梨の衣装は、前回のメイド体験で着たような、まさしく『コスプレ』と言えるフレンチメイド型。
短いスカート、ガーターベルト付きニーソックス、エプロン、袖口、カチューシャなどに過剰なまでにヒラヒラとした白のフリルをあしらい、少し胸元を開けてあざといまでの可愛らしさを全面に押し出している。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:33:24.16 ID:6mSDtRAt0

※   ※   ※   ※   ※

二人合わせての撮影も、各個人での撮影も滞りなく終了し、着替えを残すだけとなった。
ちなみに美波の撮影は歴史ある洋館をイメージしたセットで行われ、紅茶を煎れる美波の姿はまるで当時の家政婦がそこにいるかのような錯覚を起こし、カメラマンから絶賛された。
二人は休憩用のパイプ椅子に腰掛けて一息つき、美波は今回はアクシデントなく終われたことに安堵していた。
周囲は片付け作業に入り始め、スタッフ達が右へ左へと忙しなく動いている。

「愛梨ちゃんがさっき歌ってたの、『絶対特権主張しますっ』だっけ?」

「あ、そうなんです。私、気に入っちゃて、つい口ずさんじゃうんです」

「うん、テンポが良くて楽しい歌だよね。それに歌詞と、5人の可愛い雰囲気がすごく合ってると思うよ」

「収録も楽しかったですよ~。みんなで打ち上げもしましたし」

「打ち上げ……うん、そっちのメンバーは平和な打ち上げになりそうでいいね」

美波は遠い目をして、いつしかの打ち上げの惨劇を思い返していた。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:34:14.78 ID:6mSDtRAt0

美波と愛梨は事務所もプロデューサーも同じであるが、仕事で共演するのは初である。
普段の天然ぶりや脱ぎ癖を見ていると、事前に対策をとっておいた方が良いかもしれないと思っていた。
プロデューサーに相談をしたときは

「ああ見えて、愛梨はしっかり自分で考えてるから大丈夫だ」

藍子と買い物に行ったときに聞いてみれば

「愛梨さんと美波さんならきっと大丈夫ですよ」

と、やや肩透かしな返事をされてしまった。
とはいえ、自分達が信頼されているということだろうし、美波よりも愛梨を知っている二人の意見であればおそらく正しいのだろうと思うことにした。
実際、仕事に関して愛梨は特に問題がなく、美波の不安は杞憂に終わった。
撮影現場はまだ指示が飛び交っているが、徐々に機材は減りつつある。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:35:04.24 ID:6mSDtRAt0

プロデューサーは少し時間が取れたようで、二人に声をかける。

「美波、愛梨、お疲れ様!」

「お疲れ様です」

「あっ、プロデューサーさん! お疲れさまですっ!」

「二人とも、バッチリ撮れてたぞ! 最高だ!」

「良かった……。今回は変なこともなく終われました」

「わー、嬉しいですっ! じゃあ、プロデューサーさん、ご褒美、貰えますか?」

プロデューサーは「はいはい」と、慣れた手付きで愛梨の頭をぽんぽんと撫でる。

「ああっ、でもっ! 今日の私はメイドさんでした!」

ぶんぶんと擬音が付きそうな勢いで愛梨は体ごと首を左右に振る。

「だから今日は、頑張ってくれたプロデューサーさんに、私がご奉仕します!」

「ほほう」

「あれ? でも、ご奉仕って何をすればいいんでしょう?」

「大丈夫、愛梨のその気持ちだけで俺は頑張れるよ。ありがとう」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:36:36.29 ID:6mSDtRAt0

くしゃっ、と愛梨の前髪を優しく撫でる。
えへへっ、と童顔の愛梨がさらに幼く見える笑顔を見せる。
美波から見れば、愛梨はまるで恋する乙女の表情だ。
普段から愛梨とプロデューサーは物理的に距離が近い。
きっとパーソナルスペースが自分とは異なるのだろうと、ざわつく心を強引に納得させていた。
プロデューサーは何かを感じ取ったのか、急に美波の方に顔を向けると、美波と目が合った。

「ああ、愛梨だけ撫でるのも不公平かな」

「美波ちゃんもプロデューサーさんに撫でてもらったらどうですかー? あったかい気持ちになりますよ?」

「い、いえ。私はいいです」

どきり。
不意打ちに対して心臓が高鳴る。

(もう……人の気も知らないで!)

美波がその気持ちを隠しているのだから気付かれないのは当たり前ではあるのだが。
そもそも撫でてもらうなんて、そんな年齢でもない。
とはいえ愛梨だって一つしか違わないが。
あるいは、つい最近まで両親と暮らしていて、今は一人上京していることから、もしかしたら寂しいのかもしれない。
そんな言い訳じみたことを美波は勝手に思っていた。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:38:19.60 ID:6mSDtRAt0

なおもプロデューサーは愛梨の肩をぽんぽんと叩き、スキンシップを取っていた。

「愛梨は今日も可愛いぞ」

「ほんとですか? ありがとうございますっ! プロデューサーさんは、メイド服は好きですか?」

「好きだ。大好きだ」

プロデューサーの潔すぎる発言に美波は眉をひそめる。

「やっぱりプロデューサーさんの趣味だったんですね、これ」

「それは否定しない。だが前回はちゃんと好評だったし、ファンから求められていることは間違いない」

「はぁ……。まあ、これも仕事ですから」

「今回だって完璧だったぞ美波! ヴィクトリアンなメイド服を着こなせる女の子はそうそういない!」

「そうですね~。しっかり者の美波ちゃんにぴったりで、大人っぽいですよね」

「は、恥ずかしいです……。でも、ありがとうございます」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:40:51.09 ID:6mSDtRAt0

『アイドル』として、どう見られているか、何を求められているか。
しっかりもので優等生。
それなのに、ふとした瞬間色っぽい。
商品としての需要と供給。
異性から『そういう』目で見られるのは仕方ないものだと、弟を見ていればわかる。
むしろそれはアイドルとしては武器だろう。
それでも、何か、もやもやが残る。
プロデューサーは少し現場に戻るそうで、美波と愛梨は残された。
美波は愛梨を改めてまじまじと見る。

「美波ちゃん、どうかしましたか?」

「ああ、ごめんね。じろじろ見ちゃって。えーっとね、メイド服もそうだし、愛梨ちゃんって可愛いなって思って」

「そうですか? えへへっ、ありがとうございますっ!」

女性から見ても、愛梨は可愛らしい。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:43:39.34 ID:6mSDtRAt0

「でも、私自身が可愛いって、自分じゃよくわからなくて」

愛梨は人から見られることに無頓着で、それがかえって魅力にもなっている。

「だから、プロデューサーさんに、可愛いって言われると、本当にそうだと思えてきちゃうんですよねっ」

こういうことも嫌味なしに言えるのが愛梨の凄さ。
そして、愛梨は可愛いと、口にしたことで美波にはわかったことがあった。

(そっか、私は、プロデューサーさんに『可愛い』って言われたいんだ)

可愛いって褒めて貰えたり、可愛いがられるのが、羨ましかったんだ。

「美波ちゃんも、ためしにこの形のメイド服を着てみたらどうですか? たしか予備があったような……」

「うーん、私には、似合わないんじゃないかな」

適材適所。
わかっている。
それと同時に、今更ながら、悔しい。
自身に強いイメージを持たれているというのはアイドルとして長所であるが、なんだか自分の可能性を閉じられているようで、釈然としない。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:46:24.69 ID:6mSDtRAt0

「美波ちゃんなら、大丈夫ですよ。ほら、美波ちゃんってファンタジーな服で撮ったプロモーションビデオとか、なりきってる感じがすごいじゃないですか」

「あ……そうだね」

たとえば幻想的な舞台、異世界の住人になれそうな衣装。
そんな仕事のときは、美波は女神のように、戦乙女のように、その『役』になりきることで雰囲気を演出していることが多かった。

「衣装が美波ちゃんを作るんじゃなくて、美波ちゃんがなりきっちゃえばいいんですよ」

「なるほど。いつもの撮影の応用と思えばいいんだね」

そう考えると、抵抗感は少し減った。

「愛梨ちゃん、メイドになりきるってどうすればいいかな」

「菜々ちゃんの真似、とか?」

「あれは……17才って設定でやるから許されるものだと思うよ……」

「設定?」

「ううん、なんでもない」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 09:48:09.15 ID:6mSDtRAt0

「ひとまずメイド服を着て、プロデューサーさんに見せに行きましょうっ!」

「えっ」

「メイドといえばご主人様が必要ですね。ご主人様役の人がいれば、美波ちゃんもその気になるかもしれませんっ」

「そうかな…?」

渋る美波に、愛梨はにこにこと微笑んでいる。

「へー、意外ですね」

「?」

一点の曇りもない笑顔で愛梨は言葉を投げ掛けてきた。

「美波ちゃんでも、できないことってあるんですね」

美波を動かすには十分な一言であった。
美波の表情から熱が消え、それは内なる熱へ変わる。
愛梨の言動が天然によるものか計算によるものかは美波に知る由もない。
天然であれば無意識に人の心を揺さぶる才能であるし、計算であればそれに嫌みを感じさせないコミュニケーション能力の才能であるが美波にとって今はどちらでも良かった。



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:51:55.12 ID:6mSDtRAt0

※   ※   ※   ※   ※

どうしていつもこんなことに。
美波は心の中で頭を抱える。
もしかしたら自分は流されやすい人間なのか。
生徒会のときだってそう。
頼み事は断れない質だし、他人が困っているのは放っておけない。
アイドル活動だってそう。
プロデューサーが持ってくるセクハラじみた仕事も、なんだかんだ人生経験だと楽しんでいる。
では今現在の状況は?
フリフリのメイド服を着るなんて一生ないと思っていた。
太股と胸元が妙にスースーする。
愛梨に乗せられたとは言え、勢いで着てしまったのだからもうどうしようもない。



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:57:23.16 ID:6mSDtRAt0

あまり出歩くわけにもいかないので、控え室でプロデューサーが帰ってくるのを待つ。
愛梨は家で焼いてきたというアップルパイを鞄から取り出していた。
「個人的~感情で~近づくの~♪」とまたしても呑気に歌を口ずさんでいる。
しかし今の美波はそれどころではない。
とはいえ、ここまで来て辞めるというのも癪なので、腹をくくることにした。
椅子からすっと立ち上がり、息を吐いて臍の辺りに力を入れる。
例え流されて始めたことであっても、そこに決意と行動が伴えば、それは意思である。
そして、まるで示し合わせたようなタイミングでノックの音がして、古びたドアノブが捻られる金属音と共に扉が開く。
それは新しい世界の扉か、地獄の門か、あるいは。



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 13:59:52.19 ID:6mSDtRAt0

「おお!? 美波!?」

「ええっと……」

プロデューサーは目を見開いている。
さあここだ。
考える時間は与えない。
一歩進め。
新しい自分に近づくために。
目の前の人の、心動かすために。

「キュピーン☆ ミナミンパワーでメルヘンチェーンジ! 目をそらすのは、許しませんっ」

手の汗が尋常じゃない。
舌の粘膜が渇く。
唇が震えるけれど、笑顔で押さえ込む。


プロデューサーは。
能天気で、いつも無茶ぶりをしてくるプロデューサーは、自分を否定されるのは怖くないのだろうか。
彼はいつもこんな気持ちで、新しい可能性を探しているんだろうか。
心を擦り減らしてまで、アイドル達が輝くことを願っているのだろうか。
だからこそ彼の存在は、こんなにも眩しくて、こんなにも自分を奮い立たせてくれるのだろう。

「お疲れ様です、ご主人様♪ ミナミンはぁ、ミナミン星から来たメイドさんなんですよぉ♪」 
 
さあ演じろ。

その世界に入り込めるのは、役になりきれるのは、美波のアイドルとしての長所。
表情で、体の角度で、腕のキレで、横ピースの位置で、宇宙一可愛いメイドを演じろ!

「せーの、ミーナミン! キャハっ☆」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:02:52.85 ID:6mSDtRAt0

ああそうだ。
このドキドキ感だ。
しっかりもので優等生。
そんなイメージを自らの手で壊すのが、こんなにも甘美なことだとは思わなかった。
まるでかさぶたを引っぺがすように、痛くて、痛くて、痛いのに。
不思議な開放感。
刹那的快感。
不思議と笑みが溢れてきて、伝播するようにプロデューサーも目を輝かせる。

「可愛いっ!」

とてもまっすぐで、キラキラした目だ。
アイドルを信じて、自身を信じて、夢を信じている、いつもの目だ。
どんな仕事をさせられても、美波が結局許してしまうのは、この目のせいだ。
どうしようもなく惹かれてしまうのは、この目のせいだ。



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:07:39.95 ID:6mSDtRAt0

プロデューサーは、これは美波の新しい可能性だ今まで気付けなかったのが悔しいし美波にも申し訳なかったディレクターとちょっと話してくるから待ってろ、と早口に捲し立ててから部屋を飛び出していった。
プロデューサーに気圧され、棒立ちしていた美波と愛梨は顔を見合わせると二人同時に、くしゃっと笑った。

「愛梨ちゃん、背中を押してくれてありがとう」

「上手くいって良かったですっ! 美波ちゃんすごい! プロデューサーさんも、びっくりしてましたね」

「ふふっ。いつもびっくりさせられてるから、お返しだね」

「とーっても可愛いかったですもんねっ!」

「ありがとう、愛梨ちゃん」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:39:44.89 ID:6mSDtRAt0

未知を既知に変える瞬間。
知らない景色が見えた瞬間。
このドキドキ感が、たまらなく楽しい。
体にはまだ熱が残る。
これからももっと、ドキドキしたい。
願わくばその隣には、プロデューサーがいて―――

「美波ちゃん、本当に可愛いかったんですよ。まるで、恋する女の子みたいでしたっ」

「えっ」

急に核心を突きながらも、含みを持たせるような言い方。
愛梨の雰囲気は無邪気そのものであったが、美波は表情が固まる。

「あ、でも~」

愛梨は一旦言葉を切って、両腕でバツを作る。
ライブでもお馴染みの可愛いらしい振り付け。
そして、時折見せる、その小悪魔っぽい表情は多くのファンを魅了してきたのだろう。
美波は言葉が出なかった。
美波は愛梨の次の言葉を聞いてはいけないような気がした。
それでも、愛梨の柔らかな唇がしなやかに続きを紡いでいく。



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:43:47.74 ID:6mSDtRAt0

「プロデューサーさんに、個人的感情で近づくのは禁じます! なーんちゃって、ふふっ」

ぞわり。

美波の火照っていた体が一瞬で冷え、汗が引っ込む。
このタイミングで、その歌詞を引用する意味とは。
やんわりとした牽制なのか。
さらには歌詞に沿うのであれば『優しい言葉をかけてくるから』『嬉しくなって勘違いをしただけなのバカね』とでも言うのか。
それを意識的にやっているのか、無意識でやっているのかすら分からない。
何か得体の知れないものに触れてしまった。
美波は乾いた口から、なんとか声を出す。

「……あはは。そうだね、愛梨ちゃん。プロデューサーさんは、みんなのプロデューサーだもんね」

「そうですよ。私達にとっては、プロデューサーさんは一人しかいないんですから」

果たして美波の考えすぎ、だろうか。



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 14:48:01.88 ID:6mSDtRAt0

「お仕事のあとは、おやつが美味しいですよっ! せっかくですからアップルパイをプロデューサーさんと一緒に食べましょうっ!」

なんという屈託のない笑顔。
『会いたいから焼いたのアップルパイ』のフレーズが頭をよぎる。
愛梨はしっかり自分で考えている、というプロデューサーの言葉を美波は思い出していた。
アップルパイの甘く香ばしい匂いが嗅覚を刺激しているのに、口の中は苦い唾液の味がしていた。
だけど、ここで立ち尽くすわけには行かない。
足の指にぐっと力を入れると、視界がクリアになる。
新しい世界を見ようとするということは、見たくないものまで見えてしまうということ。
例えば誰かの意外な一面。
例えば自分の弱い一面。
あるいは、現状というガラスの檻を抜け出すために、傷を伴うかもしれない。
それでも、進み続けるその先に、ドキドキが待っていると信じている。

「『果てなく秘める恋ならば歌えぬ歌と同じ』。なんてね」

「え? 美波ちゃん、何か言いました?」

「ううん。それより愛梨ちゃん、今度お菓子作り教えてくれない? 挑戦、してみたくなっちゃって」




おわり



元スレ
新田美波「ミーナミン! キャハっ☆」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463790145/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:19
          • 新田美波サンジュウキュウサイ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:25
          • 4 歌詞の引用すこ
            みなみんいいなー
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:32
          • このミナミンならキュートに移籍できる
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:38
          • 新田美波がミナミンなら木場真奈美はマナミンですか?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:45
          • 美波と愛梨にご奉仕(意味深)してもらうとか最高だろ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:50
          • ミナミハカワイイデス
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:51
          • アーツミン!パイ☆タッチ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:56
          • ミーズキン! キャハッ☆
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:58
          • 突剣、突剣、突剣
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 15:59
          • 美波さんなら許せるけど瑞樹さんは無理しないでください
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 16:03
          • 犯さねば
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 16:04
          • とときん怖杉内
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 16:33
          • タイトルからは想像出来ないシリアスで草

            ついでに某SSのマナミン星人を思い出した
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 16:39
          • あなべべさん全く出てこない訴訟
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 16:39
          • ?「マナミン星人の木場真奈美だよろしく」
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 16:40
          • ※10
            わからないわ キャハッ!☆
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 16:48
          • 一閃一閃一閃一閃狂華一閃
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 16:52
          • ンミナミィ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 17:08
          • どっちに挿してどっちに刺されるのが幸せか迷うなあ(白目)
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 17:20
          • なぜか背筋が冷える読後感
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 17:23
          • ※17
            つよそう
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 17:24
          • ※19
            お前はどっちに挿されるかを選択する自由があるのか
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 17:33
          • チヒロン星人だとなんか響きからして悪っぽい
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 17:45
          • 5 美波の本気をみるのです!された気分だ…
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 18:09
          • ※13、15
            そういえば、あのSSってミナミン星人とマナミン星人が出てたっけw
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 18:14
          • 題名から想像出来た内容と違いすぎた
            面白かったけども!
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 18:35
          • これが初代シンデレラか…
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 19:02
          • なんやかんや考えてしまう美波には愛梨みたいな天然タイプは天敵かもしれんなあ。
            昔のアニメであった天才を越えるのは天然だってのを思い出した。
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 19:04
          • どっちに挿したいかだって?
            おっぱいの大きい方に決まってるだろ!
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 19:31
          • バカ野郎!胸でしか女の価値の解らんヤツめ!俺は真にエロい方に挿す!
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 19:36
          • ハーレムエンドでええやん
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 20:01
          • とりあえず大富豪やるか?
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 20:02
          • 1人の女を真っ黒になる(意味深)まで愛するのが漢ってもんだ。
            そんな風に美波を愛したい。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 20:07
          • 美波みたいな女の子がいたらえっちしたくなるやろ?とときんみたいな女の子がおってもえっちしたくなるやろ?
            そういうことや
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 20:11
          • この話は美波視点だけど、同じ出来事を愛梨視点から見たら話全体の印象がどう変わるのか気になるなぁ。
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 20:17
          • 新田ちゃんは目がエロい
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 20:42
          • とときんSSじゃないか
            ナイスゥ(建前)ナイスゥ(本音)
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 20:59
          • ※36
            似たような目つきをしている肇、幸子、まゆのことをお前さんはどう思う?
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 21:35
          • 美波のエロさはしぐさだと思う。
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 21:35
          • 目つきもそうだけどいつも頬に赤みがさしてるのもエロいと思う
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 21:57
          • つまり二人ともエロいって事だな
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 22:32
          • ちくせう。
            コメディだと思ったのに
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 22:36
          • 美波のエロさは………漠然としてるけど雰囲気、かなぁ
            そしてそこにヴィーナ洲崎ボイスがプラスすることでさらに増大
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 22:52
          • ボディに頼らないエロさで美波と奏を越えるデレマスアイドルはいない。
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 22:59
          • まったくそれに引き替え城ヶ崎のお姉ちゃんときたら(そこがいいんじゃないの!373!!)
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 23:10
          • とときんはおっぱいがえっちすぎる
            みなみんはおっぱいがえっちすぎる
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 23:12
          • 結論
            アイドルはみんなえっちすぎる
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 23:17
          • 美波は文武両道の優等生ってところもエロさを引き立ててる
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 23:37
          • 地の文とかなんとなく鬱フレちゃんを思い出した。
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月21日 23:41
          • ※46
            どっちもおっぱいじゃねえか
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 01:03
          • 新田ちゃんはまぶたのカーブ、頬の赤み、基本下がり眉、唇のカーブ全てが合わさってあの絶妙なエロスを感じさせるレベルに到達してるんだと思う
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 02:19
          • ※50
            お嫌いですか?
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 06:02
          • 分別あるJDアイドルはプロデューサーを取りあってギスギスした雰囲気を
            プロダクションに持ち込まない大人だから

            二人で取り合うからダメなんだよ
            私いい考えがあるんだけどプロデューサーと渋谷凛っていうアイドルが
            恋人になれば二人で争う必要がなくなると思う
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 08:06
          • 蒼い子はどんどんしまっちゃいましょうねぇ
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 08:58
          • 美波は自分の魅力に対する無自覚さ、自己評価の低さが根底にあって
            自分の仕草、雰囲気、言動が男性に対してどういう効果を及ぼすのか、よく分かってないとこがあると思う
            そういう子が無意識に行う仕草や醸し出す雰囲気が男の心の琴線に触れたり、劣情をくすぐって
            結果的に『なんか工口い』ってなるんじゃないかなーって
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 09:37
          • ※53
            ごめん、死んで?いや、マジで不愉快な存在だから
            無視で例えるとお前は蒼いゴキブリだから
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 11:40
          • ※53
            そもそも君の担当Pでは無いから、蒼い子関係ないじゃん
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 12:27
          • ※52
            大好きです…
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 12:30
          • これが初代のチカラか...
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 15:17
          • ※28
            美希さいつよじゃね?
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 15:20
          • ※32
            俺のターン!ドロー!!

            とときんかわいいのに怖い…しゅごいのこんなの虜になっちゃうのぉぉおお(押し倒す音葉)
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月22日 19:05
          • わたしたちの新田さん
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月25日 06:37
          • ヒェッ…
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月13日 20:16
          • 5 新作『愛梨「ハートドリンク?」』
            から来たけど…この人の書くとときん大好きです。
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月25日 22:03
          • ハートドリンクから見ると、とときんが策士にしか見えなくなる

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 男「金髪ヒロインのみのギャルゲーを作りたい」
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ