TOP

ウォッカ「兄貴、組織を辞めるって本当ですかい?」ジン「ああ・・・」

関連記事:ウォッカ「兄貴~!」ジン「どうしたウォッカ?」
関連記事:ジン「おい、よく聞けよウォッカ」ウォッカ「へ、へい、兄貴!」
関連記事:ジン「疑わしきは罰せよ、それが俺のやり方だ」ウォッカ「あ、兄貴…」
関連記事:ウォッカ「兄貴準備出来やした」ジン「良し始めるぞ」
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 19:50:06.09 ID:u40XO5Pf0

ウォッカ「兄貴・・・何でまた・・・」

ジン「ここいらが引き時ってだけさ、後はお前らでなんとかしてくれ」

キャンティ「ジンあんたどういうつもりだい?こんな途中で投げ出すのかい?」

コルン「ジン ミソコナッタ」

バーボン「ジンあなたがこんな人だとは思いませんだしたよ」

キール「あなた最低ね・・・」

ジン「ふん、なんとでも言え!あの方の許可もとってある、あばよお前ら」ガチャン

ウォッカ「あ、兄貴・・・」

キャンティ「ちっ!あんなやつ放っといて行くよコルン!」

コルン「アア・・・」

ウォッカ「どうしてなんですかい兄貴ぃぃぃぃ」ガシャアアアアン

ベルモット「ウォッカ・・・」

ウォッカ「あ、姐さん・・・」

ベルモット「ジンから口止めされてたけどあなたには伝えておかないとね・・・・ジンはね・・病気なのよ・・・」

ウォッカ「本当なんですかいそれは・・・・一体兄貴は何の病気に・・・」ハッ!

ベルモット「ジンはね・・・・過敏性腸症候群なのよ・・・」シクシク

ウォッカ「そんな・・・兄貴が・・・・・」ガクッ

ベルモット「ジンはね・・・いつもストレスを抱えていたの、その過度の緊張から過敏性腸症候群に・・・しかもガス型なのよ・・・」ウウウッ

ウォッカ「姐さん何なんですかい?そのガス型の過敏性腸症候群ってのは・・・」

ベルモット「原因不明の病気なのよ・・・ジンは・・ジンはね・・・ストレスを感じると緊張のあまり・・・おならが出ちゃうのよ」

ウォッカ「そんな・・・なんとかならないんですかい姐さん・・・」

ベルモット「治す方法は今のところないのよ・・・ジンはいつもおならと戦っていたの、CIAやFBIと闘いながらもずっと・・・自分に心配させないようにあんな憎まれ口まで叩いて組織を去ったのよ」ウウウッ

ウォッカ「そういえば兄貴、突然ロッカーを開け始めたかと思ったら急にやめたり最近おかしかったですね・・・」

ベルモット「それも病気のせいなのよ・・・おならが我慢できなくて仕事もおぼつかないの・・・・」

ベルモット「だから・・・もうあの人を自由にさせてあげて・・・おならと戦わないでも良い普通の生活をさせてあげて・・・」

ウォッカ「そうだったんですかい姐さん・・・・・俺、もっと強くなりやす!兄貴に負けないような、兄貴が安心して組織を任せられるよう男に!!!!」

ベルモット「ええ、皆で頑張りましょうウォッカ・・・」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 19:50:45.43 ID:u40XO5Pf0

ウォッカ「兄貴、組織を辞めるって本当ですかい?」ジン「ああ・・・」

ウォッカ「兄貴・・・何でまた・・・」

ジン「ここいらが引き時ってだけさ、後はお前らでなんとかしてくれ」

キャンティ「ジンあんたどういうつもりだい?こんな途中で投げ出すのかい?」

コルン「ジン ミソコナッタ」

バーボン「ジンあなたがこんな人だとは思いませんだしたよ」

キール「あなた最低ね・・・」

ジン「ふん、なんとでも言え!あの方の許可もとってある、あばよお前ら」ガチャン

ウォッカ「あ、兄貴・・・」

キャンティ「ちっ!あんなやつ放っといて行くよコルン!」

コルン「アア・・・」

ウォッカ「どうしてなんですかい兄貴ぃぃぃぃ」ガシャアアアアン

ベルモット「ウォッカ・・・」

ウォッカ「あ、姐さん・・・」

ベルモット「ジンから口止めされてたけどあなたには伝えておかないとね・・・・ジンはね・・病気なのよ・・・」

ウォッカ「本当なんですかいそれは・・・・一体兄貴は何の病気に・・・」ハッ!

ベルモット「ジンはね・・・・若年性アルツハイマーなのよ・・・」シクシク

ウォッカ「そんな・・・兄貴が・・・・・」ガクッ

ベルモット「ジンはね・・・いつもストレスを抱えていたの、その過度の緊張や喫煙、不規則な生活で若年性アルツハイマーに・・・」ウウウッ

ウォッカ「姐さん何なんですかい?その若年性アルツハイマーってのは・・・」

ベルモット「脳に異常タンパクが蓄積する病気なのよ・・・ジンは・・ジンはね・・・脳細胞がどんどん死滅してしまっているのよ」

ウォッカ「そんな・・・なんとかならないんですかい姐さん・・・」

ベルモット「治す方法は今のところないのよ・・・ジンはいつも脳障害と戦っていたの、CIAやFBIと闘いながらもずっと・・・自分に心配させないようにあんな憎まれ口まで叩いて組織を去ったのよ」ウウウッ

ウォッカ「そういえば兄貴、殺した相手が覚えれないとか最近おかしかったですね・・・」

ベルモット「それも病気のせいなのよ・・・もう記憶も無くなり始めていて仕事もおぼつかないの・・・・」

ベルモット「だから・・・もうあの人を自由にさせてあげて・・・少しでも普通の生活をさせてあげて・・・」

ウォッカ「そうだったんですかい姐さん・・・・・俺、もっと強くなりやす!兄貴に負けないような、兄貴が安心して組織を任せられるよう男に!!!!」

ベルモット「ええ、皆で頑張りましょうウォッカ・・・」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 19:51:47.02 ID:u40XO5Pf0

ウォッカ「兄貴、組織を辞めるって本当ですかい?」ジン「ああ・・・」

ウォッカ「兄貴・・・何でまた・・・」

ジン「ここいらが引き時ってだけさ、後はお前らでなんとかしてくれ」

キャンティ「ジンあんたどういうつもりだい?こんな途中で投げ出すのかい?」

コルン「ジン ミソコナッタ」

バーボン「ジンあなたがこんな人だとは思いませんだしたよ」

キール「あなた最低ね・・・」

ジン「ふん、なんとでも言え!あの方の許可もとってある、あばよお前ら」ガチャン

ウォッカ「あ、兄貴・・・」

キャンティ「ちっ!あんなやつ放っといて行くよコルン!」

コルン「アア・・・」

ウォッカ「どうしてなんですかい兄貴ぃぃぃぃ」ガシャアアアアン

ベルモット「ウォッカ・・・」

ウォッカ「あ、姐さん・・・」

ベルモット「ジンから口止めされてたけどあなたには伝えておかないとね・・・・ジンはね・・病気なのよ・・・」

ウォッカ「本当なんですかいそれは・・・・一体兄貴は何の病気に・・・」ハッ!

ベルモット「ジンはね・・・・むずむず脚症候群なのよ・・・」シクシク

ウォッカ「そんな・・・兄貴が・・・・・」ガクッ

ベルモット「ジンはね・・・いつもストレスを抱えていたの、その過度の緊張からドーパミンの合成障害になってむずむず脚症候群に・・・」ウウウッ

ウォッカ「姐さん何なんですかい?そのむずむず脚症候群ってのは・・・」

ベルモット「原因不明の病気なのよ・・・ジンは・・ジンはね・・・じっとしているだけで・・・足を蟻やミミズが這っているように感じているのよ」

ウォッカ「そんな・・・なんとかならないんですかい姐さん・・・」

ベルモット「治す方法は今のところないのよ・・・ジンはいつも足のむずむずと戦っていたの、CIAやFBIと闘いながらもずっと・・・自分に心配させないようにあんな憎まれ口まで叩いて組織を去ったのよ」ウウウッ

ウォッカ「そういえば兄貴、いつもロングコート着ていて最近おかしかったですね・・・」

ベルモット「それも病気のせいなのよ、掻きむしった腕や足を見せないように・・・足が掻きたくて掻きたくて仕事もおぼつかないの・・・・」

ベルモット「だから・・・もうあの人を自由にさせてあげて・・・痒みと戦わないでも良い普通の生活をさせてあげて・・・」

ウォッカ「そうだったんですかい姐さん・・・・・俺、もっと強くなりやす!兄貴に負けないような、兄貴が安心して組織を任せられるよう男に!!!!」

ベルモット「ええ、皆で頑張りましょうウォッカ・・・」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 19:52:19.09 ID:u40XO5Pf0

ウォッカ「兄貴、組織を辞めるって本当ですかい?」ジン「ああ・・・」

ウォッカ「兄貴・・・何でまた・・・」

ジン「ここいらが引き時ってだけさ、後はお前らでなんとかしてくれ」

キャンティ「ジンあんたどういうつもりだい?こんな途中で投げ出すのかい?」

コルン「ジン ミソコナッタ」

バーボン「ジンあなたがこんな人だとは思いませんだしたよ」

キール「あなた最低ね・・・」

ジン「ふん、なんとでも言え!あの方の許可もとってある、あばよお前ら」ガチャン

ウォッカ「あ、兄貴・・・」

キャンティ「ちっ!あんなやつ放っといて行くよコルン!」

コルン「アア・・・」

ウォッカ「どうしてなんですかい兄貴ぃぃぃぃ」ガシャアアアアン

ベルモット「ウォッカ・・・」

ウォッカ「あ、姐さん・・・」

ベルモット「ジンから口止めされてたけどあなたには伝えておかないとね・・・・ジンはね・・病気なのよ・・・」

ウォッカ「本当なんですかいそれは・・・・一体兄貴は何の病気に・・・」ハッ!

ベルモット「ジンはね・・・・ブランケット症候群なのよ・・・」シクシク

ウォッカ「そんな・・・兄貴が・・・・・」ガクッ

ベルモット「ジンはね・・・いつもストレスを抱えていたの、その過度の緊張からブランケット症候群に・・・ブランケットが手放せないのよ・・・」ウウウッ

ウォッカ「姐さん何なんですかい?そのブランケット症候群ってのは・・・」

ベルモット「原因不明の依存症のひとつよ・・・ジンは・・ジンはね・・・ブランケットを取り上げるとパニックを起こすのよ」

ウォッカ「そんな・・・なんとかならないんですかい姐さん・・・」

ベルモット「治す方法は今のところないのよ・・・ジンはいつもブランケットをもって戦っていたの、CIAやFBIと闘いながらもずっと・・・自分に心配させないようにあんな憎まれ口まで叩いて組織を去ったのよ」ウウウッ

ウォッカ「そういえば兄貴、いつもコートの下にモコモコの服着てましたね・・・」

ベルモット「それも病気のせいなのよ・・・実はあれはブランケットなのよ・・・・」

ベルモット「だから・・・もうあの人を自由にさせてあげて・・・ブランケットを抱えたまま戦わないでも良い普通の生活をさせてあげて・・・」

ウォッカ「そうだったんですかい姐さん・・・・・俺、もっと強くなりやす!兄貴に負けないような、兄貴が安心して組織を任せられるよう男に!!!!」

ベルモット「ええ、皆で頑張りましょうウォッカ・・・」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 19:53:28.49 ID:u40XO5Pf0

ウォッカ「兄貴、組織を辞めるって本当ですかい?」ジン「ああ・・・」

ウォッカ「兄貴・・・何でまた・・・」

ジン「ここいらが引き時ってだけさ、後はお前らでなんとかしてくれ」

キャンティ「ジンあんたどういうつもりだい?こんな途中で投げ出すのかい?」

コルン「ジン ミソコナッタ」

バーボン「ジンあなたがこんな人だとは思いませんだしたよ」

キール「あなた最低ね・・・」

ジン「ふん、なんとでも言え!あの方の許可もとってある、あばよお前ら」ガチャン

ウォッカ「あ、兄貴・・・」

キャンティ「ちっ!あんなやつ放っといて行くよコルン!」

コルン「アア・・・」

ウォッカ「どうしてなんですかい兄貴ぃぃぃぃ」ガシャアアアアン

ベルモット「ウォッカ・・・」

ウォッカ「あ、姐さん・・・」

ベルモット「ジンから口止めされてたけどあなたには伝えておかないとね・・・・ジンはね・・病気なのよ・・・」

ウォッカ「本当なんですかいそれは・・・・一体兄貴は何の病気に・・・」ハッ!

ベルモット「ジンはね・・・・美容院卒中症候群なのよ・・・」シクシク

ウォッカ「そんな・・・兄貴が・・・・・」ガクッ

ベルモット「ジンはね・・・昔、美容院に髪を切りに行ったの、そしたら突然頭が痛くなって・・・脳梗塞になりかけたのよ・・・」ウウウッ

ウォッカ「姐さん何なんですかい?その美容院卒中症候群ってのは・・・」

ベルモット「原因不明の病気なのよ・・・ジンは・・ジンはね・・・シャンプー台に頭を載せてると血が止まって脳梗塞になっちゃうのよ」

ウォッカ「そんな・・・なんとかならないんですかい姐さん・・・」

ベルモット「治す方法は今のところないのよ・・・ジンはいつもうざったい髪と一緒に戦っていたの、CIAやFBIと闘いながらもずっと・・・自分に心配させないようにあんな憎まれ口まで叩いて組織を去ったのよ」ウウウッ

ウォッカ「そういえば兄貴、あんなに長い髪で鬱陶しくないのかと思っていやしたが・・病気だったんですね・・・」

ベルモット「それも病気のせいなのよ・・・長い髪が邪魔で仕事もおぼつかないの・・・・」

ベルモット「だから・・・もうあの人を自由にさせてあげて・・・うざったい髪と一緒に戦わないでも良い普通の生活をさせてあげて・・・」

ウォッカ「そうだったんですかい姐さん・・・・・俺、もっと強くなりやす!兄貴に負けないような、兄貴が安心して組織を任せられるよう男に!!!!」

ベルモット「ええ、皆で頑張りましょうウォッカ・・・」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 19:54:22.09 ID:u40XO5Pf0

ウォッカ「兄貴、組織を辞めるって本当ですかい?」ジン「ああ・・・」

ウォッカ「兄貴・・・何でまた・・・」

ジン「ここいらが引き時ってだけさ、後はお前らでなんとかしてくれ」

キャンティ「ジンあんたどういうつもりだい?こんな途中で投げ出すのかい?」

コルン「ジン ミソコナッタ」

バーボン「ジンあなたがこんな人だとは思いませんだしたよ」

キール「あなた最低ね・・・」

ジン「ふん、なんとでも言え!あの方の許可もとってある、あばよお前ら」ガチャン

ウォッカ「あ、兄貴・・・」

キャンティ「ちっ!あんなやつ放っといて行くよコルン!」

コルン「アア・・・」

ウォッカ「どうしてなんですかい兄貴ぃぃぃぃ」ガシャアアアアン

ベルモット「ウォッカ・・・」

ウォッカ「あ、姐さん・・・」

ベルモット「ジンから口止めされてたけどあなたには伝えておかないとね・・・・ジンはね・・病気なのよ・・・」

ウォッカ「本当なんですかいそれは・・・・一体兄貴は何の病気に・・・」ハッ!

ベルモット「ジンはね・・・・コンコルド症候群なのよ・・・」シクシク

ウォッカ「そんな・・・兄貴が・・・・・」ガクッ

ベルモット「ジンはね・・・いつもストレスを抱えていたの、その過度の緊張からコンコルド症候群に・・・」ウウウッ

ウォッカ「姐さん何なんですかい?そのコンコルド症候群ってのは・・・」

ベルモット「精神病の一種なのよ・・・ジンは・・ジンはね・・・失敗している作戦なのに今までの投資を惜しんでさらに投資を続け損失を拡大してしまうのよ」

ウォッカ「そんな・・・なんとかならないんですかい姐さん・・・」

ベルモット「治す方法は今のところないのよ・・・ジンはいつも無駄金を使って戦っていたの、CIAやFBIと闘いながらもずっと・・・自分に心配させないようにあんな憎まれ口まで叩いて組織を去ったのよ」ウウウッ

ウォッカ「そういえば兄貴、最近戦闘ヘリとか秘密兵器とか異常に作戦に金かけてて最近おかしかったですね・・・」

ベルモット「それも病気のせいなのよ・・・今までの負債を考えると仕事もおぼつかないの・・・でも、どんどん投資を続けてしまうの・・・」

ベルモット「だから・・・もうあの人を自由にさせてあげて・・・もう戦わないでも良い普通の生活をさせてあげて・・・」

ウォッカ「そうだったんですかい姐さん・・・・・俺、もっと強くなりやす!兄貴に負けないような、兄貴が安心して組織を任せられるよう男に!!!!」

ベルモット「ええ、皆で頑張りましょうウォッカ・・・」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 19:56:37.63 ID:u40XO5Pf0

ウォッカ「兄貴、>>1のネタがないからこれで辞めるって本当ですかい?」ジン「ああ・・・」

ウォッカ「兄貴・・・何でまた・・・」

ジン「ここいらが引き時ってだけさ、後はお前らでなんとかしてくれ」

キャンティ「>>1あんたどういうつもりだい?こんな途中で投げ出すのかい?」

コルン「>>1 ミソコナッタ」

バーボン「>>1あなたがこんな人だとは思いませんだしたよ」

キール「あなた最低ね・・・」

ジン「ふん、なんとでも言え!あの方の許可もとってある、あばよお前ら」ガチャン

>>1「おわり」



元スレ
ウォッカ「兄貴、組織を辞めるって本当ですかい?」ジン「ああ・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463395805/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (12)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 20:47
          • バーボン...
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 20:48
          • 黒の組織天丼シリーズでは一番面白くなかったわ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 20:51
          • 1 つまらねー
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 20:56
          • わらった
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 21:01
          • コピペssにしては共通部分が長すぎ15点
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 21:33
          • 天丼ネタに病気は向いてないんじゃないかと…
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 22:04
          • ジンニキは有能だった
            悪いのはすべて病気だったのか
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 22:18
          • 1
            くそつまんねー

            かいたやつしね
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 22:37
          • 黒の組織ssはレベルが高いからな
            並みではダメなんじゃよ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 23:45
          • 最初しか読んでないが同じく過敏性腸症候群ガス型の自分にはきついっす
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月16日 23:46
          • むずむず足症候群だが血まみれになるひとは少ないぞ
            冷やすか温めるかでほとんどの人は症状押さえられる
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月18日 00:00
          • 4 コンコルド症候群ネタはなるほどってなった

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ