TOP

幸子「少女マンガですか?」乃々「はい…」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:15:51.46 ID:7KE3pqPr0

幸子「面白いですか、それ?」

乃々「ま、まぁまぁ…?」

幸子「あれ? タイトル的に恋愛モノですよね? 確か、乃々さんはあまり好きじゃなかったのではないですか?」

乃々「荒木さんが貸してくれて…。借りたからには、読もうかと…。感想とか訊かれたら怖いですし…」

幸子「へぇ。あ、ボクにも少し読ませて下さい!」

乃々「べ、別に良いですけど…。それより…」

幸子「なんですか?」




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:16:09.72 ID:7KE3pqPr0

乃々「…なんで、もりくぼの机の下に入って来たんですか?」

幸子「え? プロデューサーさんの机ですよ、これ?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:16:39.37 ID:7KE3pqPr0

乃々「あ、あの、そうじゃなくて…。幸子さんは机の下に入らないキャラですよね…?」

幸子「ボクとしては、この事務所に『机の下系アイドル』なんてカテゴリが存在していることが驚きなんですけどね」

幸子「まあ、その2つでアイドルを分けるなら、机の下に入らない方ですね」

乃々「じゃ、じゃあ、なんでもりくぼの机の下に…。こんなに狭いのに…」

幸子「暇だったので! それだけですね!」

乃々「あぅ…」




4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:17:28.66 ID:7KE3pqPr0

乃々「そ、そもそも、幸子さんはなんで事務所に…? お仕事は入ってなかったですよね…?」

幸子「ボクは真面目な上に努力家ですから! 自主レッスンでもしようかと思ったのですよ! 」

幸子「…まあ。レッスンルームが満員で、空いていなかったんですけどね…」

乃々「そ、そうだったんですか…」

幸子「事務所に来れば誰かいるかと思ったんですけど…」

乃々「輝子さんも小梅さんも、今はレッスン中です…。まゆさんはもう帰りましたし、美穂さんは夜までお仕事です…」

幸子「そうみたいですね。残念です」




5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:18:47.62 ID:7KE3pqPr0

乃々「で、ですから、事務所にいても楽しくなんて――」

幸子「仕方ないから帰ろうかと思ったら机の下に乃々さんがいるのに気づいたので、せっかくですから少しお話しでもしようかと思ったんです!」

乃々「そうですか…」

幸子「もしかしてお邪魔でしたか?」

乃々「いえ…。そんな事は…」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:19:19.12 ID:7KE3pqPr0

乃々「で、でも、机の下なんて少し埃っぽいですし…」

幸子「あれ? マンガの一巻目はどこですかね?」

乃々「もりくぼと一緒にいても楽しくなんてないでしょうし…」

幸子「あ。このピアス。まゆさんが失くしたと言っていたものじゃあないですかね? 届けてあげないと!」

乃々「か、肩とか腕とかぶつかりますし…。狭いですし…」

幸子「うーん、一番最初の巻が見付かりませんね…。でも、マンガって途中から読まない方が良いんですよね?」

乃々「あぅ…。いつもキノコさんや小梅さんと一緒にいるせいで忘れがちですけど、幸子さんもあまり話を聞いてくれないタイプの人でした…」




7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:19:47.43 ID:7KE3pqPr0

幸子「どうしたんですか、乃々さん? そんなうなだれて?」

乃々「あの…! つ、机の下は狭いので、その…」

幸子「あ、そうですよね。確かに二人で入るには狭いですよね!」

乃々「そ、そうです! で、ですから、あの…」

幸子「では、ソファーで読みましょうか!」

乃々「そ、そっちの方が良いと思いますけど…!」

幸子「じゃあ机の下から出ましょう、乃々さん!」

乃々「…えぇ?」




8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:20:13.61 ID:7KE3pqPr0

――――――

幸子「うーん…」

乃々「……」ペラッ

幸子「う、うーん…?」ペラッ

乃々「……」ペラッ

幸子「えーっと…?」




9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:20:50.23 ID:7KE3pqPr0

乃々「さ、幸子さん…?」

幸子「なんですか、乃々さん?」

乃々「さっきから、なんで唸っているんですか…?」

幸子「いえ。なんだか絵がいっぱいで、どう読めばいいのかイマイチわからないので…」

乃々「絵が多いのは、マンガですから…」

幸子「乃々さんは普通に読めるんですか?」

乃々「ま、まあ…」

幸子「そうですか。凄いですね!」

乃々「いえ、普通ですけど…」




10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:21:41.59 ID:7KE3pqPr0

幸子「あ、乃々さん見て下さい! 今出て来たこの男の人が恋愛相手ですかね?」

乃々「そ、そうですね…。あ、あの、幸子さん…? べ、別に隣に座らなくても――」

幸子「乃々さん! 主人公の女の子、もう惚れましたよ! いきなりですね!」

乃々「は、はい…。いきなりです…」

幸子「なんででしょう? この女の人、転んだ所を助けられただけですよ?」

乃々「もりくぼに訊かれても…」




11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:22:25.13 ID:7KE3pqPr0

乃々「そ、その…? 私も、続き読みたいので…」

幸子「あ。ごめんなさい! じゃあ、ボクも続きを ――乃々さん! これが噂に聞く『壁ドン』ですか!?」

乃々「うぅ…。もうもりくぼは放っておいて欲しいんですけど…」

幸子「話には聞いていましたけど、本物を見るのは初めてです! あ、主人公の女の子、顔を真っ赤にしましたよ!」

乃々「ちょろいですね…」




12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:23:25.91 ID:7KE3pqPr0

幸子「普通の女の子はこういうのに憧れるものなんですかね? ボクにはちょっとわからないですが…」

乃々「まあ、現実にはあり得ませんよね、こんなの…。非現実的です…」

幸子「しかし、ボクも気を付けないといけないかもしれませんね」

乃々「な、何にですか…?」

幸子「ボクのカワイさにやられてしまったファンの方がこういうことを無理矢理やってくるかもしれませんから!」

乃々「あ、はい…」




13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:23:54.33 ID:7KE3pqPr0

幸子「乃々さん的にはどうですか、こういうの? 憧れたりします?」

乃々「いえ…。知らない人からこんな事やられたら、もりくぼだったら絶対逃げますけど…」

幸子「…ちょっと試してみますか! 乃々さん、立って下さい!」

乃々「え…? えぇ!?」

幸子「ほら、早く立って下さい!」

乃々「む、むーりぃー…!」




14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:24:21.22 ID:7KE3pqPr0

――――――

乃々「うぅ…。もりくぼが幸子さんに勝てるはずがなかったんですけど…」

幸子「やられると案外良いものかもしれませんよ!」

乃々「もう好きにして下さい…」

幸子「じゃあ行きますよ! あ、もう少し壁際に寄って下さい!」

乃々「はい…」

幸子「では」




15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:24:52.18 ID:7KE3pqPr0

ドンッ

乃々「……」

幸子「……」

乃々「うぅ…。か、顔が近いんですけど…!」

幸子「…これのどこが良いんですかね?」

乃々「もりくぼに訊かないで欲しいんですけど…!?」

幸子「うーん。何がダメなんでしょう?」




16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:25:21.56 ID:7KE3pqPr0

乃々「…あ、あの? セリフ…」

幸子「セリフ、ですか?」

乃々「だ、だいたい、した後に何か言うものだと思うんですけど…?」

幸子「それです! それじゃあ、さっき読んだページのセリフを借りましょう!」

乃々「よ、余計な事を言ってしまったかもしれません…」

幸子「行きますよ!」




17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:26:03.40 ID:7KE3pqPr0

ドンッ

幸子『ボク、ずっと前から気になっていたんですよね。君のこと』

乃々「あ、はい…」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「どうですか? ドキッとしたりしますか?」

乃々「…あの、身長的にちょっと無理が…」←149cm

幸子「うーん。確かに、男役の方が背が低いのはダメですね…」←142cm




18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:26:30.66 ID:7KE3pqPr0

乃々「じゃ、じゃあこれくらいにして、静かにソファーでマンガを…」

幸子「あ。じゃあ乃々さんがボクにやってみて下さいよ!」

乃々「…えぇ!?」

幸子「身長的にはOKですし! ボクもどんな感じなのか体験してみたいです!」

乃々「そ、そんなの絶対にむーりぃー…!!」




20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:27:19.92 ID:7KE3pqPr0

――――――

乃々「うぅ…。幸子さん強引…」

幸子「さあ! どんと来い、です!」

乃々「あ、あの…。本当にやらないと…?」

幸子「ボクもやったんですから!」

乃々「あぅ…」




21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:27:49.49 ID:7KE3pqPr0

幸子「それで、乃々さんはなんて言うんですか?」

乃々「セリフも有りなんですか…?」

幸子「マンガの中から何か選んで下さい!」

乃々「うぅ…。じゃ、じゃあ適当に選びますけど…」




22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:28:18.84 ID:7KE3pqPr0

幸子「では、早速 ――あ、ちょっと待って下さい!」

乃々「ど、どうしたんですか?」

幸子「せっかくですから、もう少し身長盛りましょう!」

乃々「そ、そうですか…」

乃々(なんか雑誌を重ね始めたんですけど…。30cmくらい…)

乃々(…一体、誰に壁ドンされる想定なんでしょうね…?)




23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:28:53.66 ID:7KE3pqPr0

幸子「では、気を取り直して、やってみましょう! バランスが悪いので気を付けて下さいね!」

乃々「は、はい…」

幸子「セリフは決まりましたか?」

乃々「あ、あの…。本当にやらないと…?」

幸子「さあ! こういうのは勢いですよ!!」

乃々「うぅ…。な、なんでこんな事に…?」

幸子「さあ!」

乃々「うう…っ! も、もうヤケクソなんですけど…!」




24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:29:22.24 ID:7KE3pqPr0

ドンッ

乃々『も、ももも、もりくぼの女になって欲しいんですけど!!』

ガチャ

美玲「えっ?」

輝子「えっ?」

小梅「えっ?」

乃々「」

幸子「」




25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:29:54.88 ID:7KE3pqPr0

乃々「これは、その…!」

幸子「ち、違います! 誤解なんです!!」

美玲「そ、そうか…」

輝子「そ、そうなんだな…」

小梅「そういう事、なんだね…」

乃々「そういう事じゃあないんですけど!?」




26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:30:47.31 ID:7KE3pqPr0

ガチャッ

美玲「大丈夫だ、ノノ…。何があってもウチらインディヴィジュアルズは不滅、だからな…」

乃々「み、美玲さん!? 待って欲しいんですけど…!」

小梅「さ、幸子ちゃん…? わ、私たち、ずっとずっと友達、だよ…?」

幸子「そう言って貰えるのは嬉しいですけど、なんでこのタイミングなんですか!? あと、一体どこに行くんですか小梅さん!?」

輝子「ヒャッハーッ!! 水臭いじゃねぇかトモダチどもォ!! そういう関係だったらもっと早く言ってくれれば――」

幸子「とりあえず静かにして、今すぐ二人を呼び戻してきて下さい!!」

輝子「あっ、はい…。ゴメンナサイ…」

乃々「うぅ…! もうむーりぃー…!!」




27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:31:35.51 ID:7KE3pqPr0

その後、幸子の必死の説明で、なんとか誤解は解けた。

幸子曰く、身長のせいか、少しだけドキッとしたらしい。



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/14(土) 18:32:20.36 ID:7KE3pqPr0

おわり。
練習がてら一本書いてみた。
誰かさちくぼ(幸子×森久保)を流行らせて下さい! 幸子がなんでもしまむら!



元スレ
幸子「少女マンガですか?」乃々「はい…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463217350/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (25)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:22
          • 1番ほっしゃああああああああああああああ!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:25
          • 乃々の読む少女漫画は恋愛系ではないことをさっきSSの※欄で知った俺にはタイムリーなSS

            幸子×乃々...えぇやん気に入ったわ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:30
          • 小林幸子?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:38
          • ※2
            アイプロで言ってたけどだいぶ昔だからな、渋百科とかにはちゃんと書かれてるけど
            しかし最初は乃々だけだったP机も輝子まゆと増えたおかげで訪問者増えたなぁ…増築しよう(提案)
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:44
          • 森久保はPの隣の机なんだよなあ…輝子とまゆがPの机
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:44
          • 絶対に当たらない狩り久保の乱射が、
            幸子には全て当たるはず。
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:46
          • ※5
            つ ネガティブ乙女台詞&御伽公演OP
            エアプも大概にせえや
          • 8. ※7
          • 2016年05月14日 20:46
          • 書き忘れたけど御伽公演はイベントメモリーからすぐ見れるで
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:55
          • うづりんとかいう少女漫画
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 20:58
          • 漫画を読むのが我慢できない…ふふっ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 21:00
          • ※7
            もうちょっと正確に言うと
            ネガ乃々→あやしい輝子→まゆ→御伽公演赤ずきん
            とそれぞれそれっぽいセリフあるからどっちもありえる(メイン担当で変わるよ)だね。最近は分けるの面倒なのか全員一緒にいる設定な人が多い気がするけど
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 21:20
          • つまり机の下はシュレティンガーの猫よろしく皆入ってどうぞ。(×約200)
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 21:27
          • ちひろさんの机の下は貰っていきますね?
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 21:28
          • もう、事務机なんて使わずに、書類整理棚に食卓押し付けて座ってる脳内映像になってるはw
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 21:37
          • ※12
            それだけは絶対ダメだ
            一部アイドルがKOKANの前にいるとか誤射じゃ済まない
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 21:38
          • 何故だろう※13が消えてしまう気がしてならないんだが…
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 21:57
          • ※10
            こんなところにいらしたのですか高垣さん、うちわにサインを書く作業に戻ってください
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 21:59
          • 公式だと、向かって左が森久保、右が輝子だっけな
            でもってまゆは輝子とシェアハウス続行中で劇場では実際に入ってたシーンもあるな

            あやしい少女の机が二人ならべねーよとか突っ込んだらいけない
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 22:03
          • 1 最近この5人のSS 多くて飽きてきた
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月14日 22:48
          • 幸子とぼののが雑じゃない感じ良かったよ
            LINEシリーズの作者は間違いなくインディヴィと142の株下げてるからもう書かないでくれ…
            というか美玲以外キャラも把握してないのに登場させるな
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月15日 00:45
          • ※19
            幸子が出ると142としか合わせず追加してもインディヴィしかやらないからな
            他4人はわりと色々合わされてるけどなぜか幸子はイベントユニットとかも無視して頑なに142に執着してる。ごく稀にアニメのユニットで出ることもあるけど幸子メインじゃないからなイメージ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月15日 00:46
          • ※20
            その人の作品のコメ欄で書いてね

            今まで輝子の方がPの足台詞とかまゆが入ってたりしてたせいでPの机感強かったわ
            また劇場とかで机下の訪問者増えるといいな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月15日 00:58
          • 久々に森久保の普段読んでる少女マンガがほのぼの動物系っていう設定を使ってるSSを見た気がする
            恋愛系の少女マンガは非現実的だからあまり好きじゃないってセリフもあるからね

            やっぱり森久保って特徴的な口調とキャラ付けで使いやすいっていうのは分かるけどその分設定がお座なりになってる場合も多々あるからね
            声も付く予定だしこの期に森久保をもっと知ってほしい
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月15日 15:55
          • ※23
            でも俺はそれでもぼののの漫画本の中にこっそりエロ本を混ぜたいんだ。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月15日 16:38
          • 全然アイドルの性格を掴んでない

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • ワイ(98)「うっ…死ぬ…」バタン 上位世界の友達「人間世界体験ゲームおつかれ~w」
        • 母「月曜日から部屋にこもって何してるの!?」俺「>>4(VIPにスレ立て)だよクソババア!」
        • 美容師「今日どうします?」ぼく「前と同じ感じで」美容師「わかりました」
        • 同窓会女の子「ワイ君今なにやってるの?」宇宙飛行士ワイ「無職w」
        • 小学生の頃の俺、作文の時間「将来の夢。ぼくは普通の会社員になりたいです」
        • ルフィ「vtuberはおんもしれえなぁー!」
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • ミサト「あ、あなたがシンジ君……?」シンジ「はい」ムキッ
        • ミサト「あ、あなたがシンジ君……?」シンジ「はい」ムキッ
        • 夜道を歩くワイ「……」前を行くjk「……」夜道を歩くワイ「……」前を行くjk「……」チラッ
        • ランプの魔人「願いを3つ叶えよう」彡(^)(^)「はえー、まず部屋のゴミを片付けてや」
        • メスガキ「ざぁこ♡ 甲斐性なし♡」俺「もう別れよう」メスガキ「えっ…」
        • 上司「はぁ~……お前もういいよ、あっちでスキャットマンでも歌ってろ」
        • 彡(゚)(゚)「あの洞窟に宝箱あるんか?」
        • ルールー「キマリ! 『竜剣』を ためしてみたら?」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ