TOP

サシャ「壁に穴のある街で」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:03:14.26 ID:ANSgqnpY0

・進撃のssです。

・昔書いた アニ「壁に穴のある街で」 の続きの設定です。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:04:07.56 ID:ANSgqnpY0

私はうまく喋ることができません

故郷の訛りが強いこともありますが

元々がそうなんです

でもそれではいけません。もっと頑張らないと

世界は大変なんです

まあ、私が頑張ったところでなんてとは思いますが

それで少しでもみんなが良くなればいいです

サシャ「ちょっと教えてもらませんか?」

アニ「はっ?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:06:27.29 ID:ANSgqnpY0

彼女はアニと言います

とてもとても優しいです

強くて優しいです

そういえば私達は何度も何度も間違えを確かめました

これが正解だと勘違いするほどです

サシャ「このワイヤー」

アニ「立体機動のワイヤーのこと?」

サシャ「ええ、なんで錆びないんですか?」

サシャ「鉄でできてますよね?」

アニ「違うよ」

最近は解らないことが増えてきて

アニ「知らないの?」

サシャ「はい」

どんどん聞いてます。なので

どんどん頭が良くなったらいいです

実はもうすごくいいかもしれないですが



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:12:54.14 ID:ANSgqnpY0

アニ「前に習ったでしょ」

サシャ「はぁ?」

アニ「はぁ・・・」

サシャ「教えてくださいよー」

アニ「まったくなんで憶えてないの」

ミカサ「サシャを責めては駄目」

アニ「ミカサ」

ミカサはとても優秀です。優しくて強いです。

そうです。強さを持っています



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:14:17.07 ID:ANSgqnpY0

ミカサ「解らないことは分からない。仕方ない」

サシャ「そうです」

アニ「そうです、じゃない」

ミカサ「なにが分からないの?」

私は説明をします。分からないことを

知らないことを、そればっかりです

ミカサ「まったくなんで憶えてないの」

アニ「それ私も言った」

サシャ「仲良しですね」

アニ「あっ」

ミカサ「うーん」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:15:17.58 ID:ANSgqnpY0

なぜか声に詰まっています

私は説明できませんが分かります

でもいろんな事がありましたから

仕方ないのかも知れません

どの位置に私と私達はいるのでしょう

始まりですか

真ん中くらいですか

それとも終りでしょうか

できれば

そのどれでもなくいられることはできるでしょうか



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:16:03.16 ID:ANSgqnpY0

そう思えばそうなりますか?

ずっと知らないことは

もしかしたら知っていることと同じ気持ちになるかもです

どれも無理なことは知っていますが

アニ「錆びないといっても多少の手入れが必要なんだけどね」

アニ「このワイヤーには特殊な油が染み込んでいるんだ」

サシャ「えっそうなんですか」

アニ「そうなんだよ」

サシャ「そんなベトベトしませんし」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:16:59.86 ID:ANSgqnpY0

アニ「それは」

ミカサ「私が言う」

アニ「えっ?」

ミカサ「結構複雑な構造をしているから」

アニ「結構って?」

ミカサ「ちゃんと知ってる」

ミカサ「芯線という中心に束ねれた糸の束があり」

ミカサ「それを中心にしていくつもの糸が縒られている」

アニ「そして油があるのは芯線だね」

ミカサ「本来は潤滑と防錆の役割をする」

サシャ「へー初耳です」

アニ「だから」

ミカサ「初耳じゃない」

サシャ「すみません」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:18:40.16 ID:ANSgqnpY0

思い出せなかったことです

いつ私達は会いましたでしょうか

それは、私は思い出すことができます。

私には

私達には懐かしい場所でした

とても楽しい時間を思い出します

今も実はそうですよ

とても口に出しては言えませんが

だって



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:19:54.61 ID:ANSgqnpY0

今この世界はどうでしょうか

壊れていますか?

壁に穴がたくさん開いていますから

そうはもうです

進行中です。侵攻中です

どんどん攻め込まれていってます

この街にも穴が開いていて

それは巨人にとっては

充分な大きさではありませんが

人類を追い詰めるには問題ありません



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:20:31.32 ID:ANSgqnpY0

アニに聞きました

内地ではまだ頑張っているところもあるみたいです

ミカサにも聞きました

私達は頑張っていますが追い詰められているって

けど問題ないです。大丈夫って言ってくれます

前にも言ってくれた気がします

私とアニは兵団を脱走してここにいます

ミカサもここにいてくれます。それで充分じゃないですか

終る街の話です



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/29(火) 00:08:40.45 ID:sYPfDamZ0

アニがここに来た理由

ミカサがここに来た理由

私がここにいるのは

どうでしょうか。うまく答えられる自信が今はありません

私達がここにいる理由は答えられそうです

言いませんがきっと同じでしょう

サシャ「アニは星に願いをしてますか?」

以前聞いたことがあります

アニ「するわけないよ」

そう答えられたことがあります

ミカサにも聞いて

同じ答えをしていました



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/29(火) 21:44:00.99 ID:usBLF1Tt0

アニ「まずいね」

サシャ「ご飯ですか?あれっ今日アニが作ったのでは?」

アニ「ご飯のことしか言わないの?」

ミカサ「アニがご飯失敗した?」

アニ「乗ってくるな」

アニ「違うんだ。立体機動に使うガスがもう少なくなってきてる」

いままでは節約して使っていたことに加え

周囲にガスが落ちていてそれを使っていました

・・・落ちているというのはだから亡くなった兵団の方からもらいました

たくさんあったのです

そうすることでしか私達は生きていけませんから

それにも限界がきたようです。分かっていたことです



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/29(火) 21:45:28.00 ID:usBLF1Tt0

ミカサ「なら」

アニ「うん。立体機動が使えなくなる」

その結果が意味することは当然分かっているのでそれは誰も言いませんでした

冷静になって考えればもっと慌てなければいけないのでしょうけど

それよりも

サシャ「アニ!火が大変です!」

アニ「えっ?」

アニ「失敗した」

サシャ「ご飯が!ご飯が!」

ミカサ「これは大変なこと」

アニ「まだ食べれるよ」

サシャ「どうしましょうか?」

ミカサ「どのくらい残りがある?」

サシャ「何回かは持ちます」

アニ「いや早く食べないと」

サシャ「えっ?」

ミカサ「えっ?」

アニ「ご飯・・・じゃないね」

この食いしん坊って言ったら蹴られました



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/29(火) 23:18:01.00 ID:usBLF1Tt0

アニ「ミカサなにか知ってない?」

ミカサ「兵団に戻る?」

微笑むミカサが

アニ「まさか」

苦笑いのアニを見ます

サシャ「それはちょっと・・・」

アニと私はもう戻るところなんてありません

ここしかないんです

そんな人ばかりなんです

ミカサ「サシャ、お尻を掻いてないで」

サシャ「アニが蹴ったところを撫でているのですよ」

アニ「そんなに強く蹴ってない」

ミカサが溜息をつきました

ミカサ「補給所」

アニ「やっぱり」

サシャ「補給所があるんですか?」

ミカサ「ある」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/29(火) 23:20:05.77 ID:usBLF1Tt0

アニ「確かあったよ。まあまあ近くにね」

サシャ「じゃっそこに行きましょう。すぐに」

アニ「行くしかないものね」

ミカサ「行くしかない」

サシャ「お弁当を持ちましょう」

アニ「持つよ。でも私がいままでそこに行かなかった理由も考えて」

サシャ「巨人がたくさんですか」

アニ「たっくさんだね」

サシャ「たっくさんですか」

山盛りの巨人をイメージします

ミカサ「楽しそうに言わない」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 00:36:07.43 ID:cPjdeoR40

移動するのは夜で

夜は巨人の動きが鈍くなりますから

残酷な思いがいつも空中にありました

誰かがいなくなったら

私はここにいることを喜ぶことができました

そしてよく考えたら

どちらがいなくなったんでしょう

寝ながら考えたら夜になって

その破片がお腹のなかにあるみたいになってました

ボーっとしていると

アニ「起き立てのなんかの動物みたい」

ミカサ「ほんと」

サシャ「動物ですかー・・・なんかの」

アニ「寝るな」

今のほうが全然眠くて

目が覚めるときがいつも眠いんです

移動するのは夜で

アニ「眠そうにしない」

私も鈍くなります



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 00:46:05.20 ID:4uTcNwEN0

私は弓を手にしていて

アニ「弓って要る?」

ミカサ「巨人には効果がない」

サシャ「だってもうブレードが少ないですから」

効かないでしょうけど、昔、もっと昔を思い出しますので

お守りです

サシャ「なぜ補給所にはたくさん巨人がいるのですかね」

アニ「・・・なんでだろうね」

アニ「いや違うね」

ミカサ「・・・かつてそこに多くの人がいたということ」

いまも、それを求めて巨人達がさまよっている

人が守りたかった、すがったところに

とミカサは言い。私は何も言えませんでした

アニも何も言いません

静かに移動します。いつもの夜のように

違うのは

ガチャガチャと矢が音を立てていることです



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 00:48:30.62 ID:4uTcNwEN0

補給所です。この兵団の施設は

まだ、灯りが点けれるようです、点します

そしたら、散らかっています。ここは散らかっています

よく思い出す光景です。よく見た光景だからです

それはすごく憶えているんですが

簡単に破片が散らかります。どうしてですか

集めるのは難しいですし、治すことはできません

サシャ「どれを持っていきますか?」

立体機動用のガス容器のことです

ミカサ「今日はここにどれくらい残っているか確認するだけ」

ミカサ「でも邪魔にならないくらいならいい」

サシャ「そうですね?」

アニ「疑問で肯定するな」

アニ「一片に持って帰れないし、ここにあいつらがどれだけいるか把握しなきゃいけない」

アニ「それだけの理由だよ」

そのとき

アニのブレードが光って

ミカサが視界から消えます

私はなぜか笑います

巨人が現れました



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/04(月) 01:05:37.77 ID:4uTcNwEN0

勇気を私に下さい

なんて言うと力が湧いてきます

私が

出せなかったものでもありますが

怖くなんてないです。恐れないで下さい

なんて言葉を言うときに

嘘をいっています。だって怖いですから

それが悪いでしょうか?

怖いって思ってない人にそんなこと言われるより

怖いって思っている人が言ってしまったときの

勇気の強さを信じます

ですが怖いって思ってない人なんていないので

それのほうがより信じています



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:29:52.18 ID:FbBr4qiZ0

サシャ「どのくらい倒しました?」

アニ「たくさんだよ」

ミカサ「たっくさん、たっくさん」

アニ「あんたそれ言いたかったの?」

ミカサ「言いたかった」

アニ「うん」

サシャ「私はあまり・・・」

アニ「別に・・・怪我は無かった?」

サシャ「ありません」

ミカサ「少し休憩する。ねえサシャ」

サシャ「あっご飯ですね」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:32:01.72 ID:FbBr4qiZ0

アニとミカサが私に気を使ってくれたのが分かってしまいます

サシャ「お弁当を食べて元気を出しましょう!」

アニ「・・・まあそうだね」

サシャ「遠慮しないでくださいよ。どうぞミカサ、アニ」

ミカサ「ありがとう」

サシャ「さあ食べてください」

ミカサ「あっ」

アニ「やっぱり」

サシャ「どうしたんです?」

アニ「立体機動を使うときにお弁当なんて」

ミカサ「持っているべきではない」

サシャ「おおぅ・・・」

胃の中にある状態でしょうか。これは



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:18:41.21 ID:NRrnGOpA0

アニ「あとにしようか」

サシャ「たっ食べれますよお」

ミカサ「アニ・・・食べて」

アニ「理由を聞こうか、その冷たい目の理由も」

ミカサ「冷たい目とは失礼」

サシャ「はは・・・では私は2人が休憩なさっている間、別の場所を調べてみますね」

アニ「サシャちょっと!?」

サシャ「疲れていませんし」

サシャ「私、全然大丈夫ですよ」

私は2人に言いました

大きく手と足をふって歩きます



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:22:09.66 ID:NRrnGOpA0

サシャ「ぜーんぜん大丈夫です」

私は1人になってから言いました

私は2人の足手まといなので

私が大丈夫でも、とくになにも変わらないのですが

きっとここはもう安全なはずです

だから1人でも大丈夫です

でも気をつけないと

私達これからどうなるんでしょうと

一人になると考えてしまいます

夢を見る前に見たものです



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:26:34.45 ID:NRrnGOpA0

願った通りに夢を見られたらいいのにと思います

2人もそうならいいのにと思います

見たかった夢はどこに行ったのでしょう

届かなかったものはどこに行き着くのでしょう

届かなかった手は

届かなかった声と

怖いものに向かって

手も足も出なくなるような

気になってしまうのです

そんな夢を今日見ました



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 17:52:52.31 ID:bZcKUVLm0

サシャ「ありました」

大きなガス容器と携帯用の容器もいくつかあって

手に触れる金属の冷たさを確かめました

これがあれば少しは楽ができますね

最近、みんなが疲れてきているのが分かります

それを見せないようにしているから尚更です

バレバレです

無理に笑っていて

私達が心からの笑顔になれなくても

もう少し、もう少しでいいんです

強くいたいんです

一緒にいたいんです

駄目になってしまったら変わることもできないなんて

そうではないと思いたいためにです



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 17:56:52.61 ID:bZcKUVLm0

アニ「サシャいるの?」

サシャ「アニ!やりましたよ!」

アニ「バカ!」

サシャ「えっ?」

ミカサ「1人で勝手に行くなって言ってる」

アニ「そう」

ミカサ「心配したんだからともアニは言ってる」

アニ「ちょっと静かにしてくれる?」

サシャ「私達ずっと戦えます」

サシャ「どんどん戦っていきましょうよ」

サシャ「私もたくさん戦います」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 22:41:37.45 ID:VAB1DVmw0

アニ「私は・・・サシャにあんまり戦ってほしくない」

サシャ「でっでもミカサはどうなんです!?」

アニ「ミカサは別にいいの」

ミカサ(ひどいと思う)

サシャ「それは私が駄目だから弱いから足手まといで駄目で」

私の足が震えていて

アニ「違うよ」

なんでです?アニの声が震えています

私、ごめんなさいって言うんです

こんなことを言ってしまうことに、ごめんなさいって

ミカサ「何も言わないでいい」

サシャ「ミカサ」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 22:54:35.70 ID:VAB1DVmw0

みんながみんな心の中で

ごめんなさいって言っているときに

何を言えばいいでしょう

勇敢であれば

もう少し丈夫ならよかったです

もう少し勇敢ならよかったです

私もこの街も

こんな風にならなかったと思ってしまいます

こんなときに

静けさが保たれています

誰も話しません



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 23:23:39.96 ID:VAB1DVmw0

どうしたら心が強くなりますか

怖さ、つらさに慣れたら強いってことですか

アニとミカサが言ったことがわかるようになったら答えがでますか

考えることは

どのくらいの気持ちでそれを言いましたか

どのくらいの気持ちの強さで言う事があったのでしょう

私は、はるか昔を思い出します



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 23:26:08.25 ID:VAB1DVmw0

置いてきぼりになりました

したほうもされたほうも

何時なったかわからなくて

自然に

1人になっていました

悲しかったです。悲しいと思えなかったので

そのことほど1人になってしまったことを

感じずにはいられなくて

誰か嘘を言って下さい

信じますから

正しいことは信じられません



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 23:27:26.09 ID:VAB1DVmw0

誰かが願って行動すればこの世界は変わったかもしれません

私がするべきことは何だったのでしょうか

誰も何もしなかったからでしょうか

誰か何かしてもこうだったのでしょうか

誰か何かしたからこうなのでしょうか

私なんかに分かるわけがありません

その3つの中からひとつ選べるとしたら

最初ですね。直感でそうです

その後に嫌な気持ちになるのです

私が選んだことはそうでした



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 00:17:21.90 ID:Wd6HpMMt0

誰かに助けを求めて、でも助けてはくれなくて

ずっと助からなくて

どうしたらいいのでしょう

そのままずっとだったら、強くなっちゃいます

かなしい強さを授かります

どんな言葉だって話します。聞いてください

バカにしてもいいです

いっそ全てを知ってしまったらいいと思います

その間際をためらいます



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 00:22:47.54 ID:Wd6HpMMt0

ミカサ「ここにあることは分かった」

ミカサ「邪魔にならない分だけ持ち帰ってまた、こよう」

アニ「そうしたほうがいいね」

アニ「サシャもいいよね」

サシャ「あっいいですよ」

私は言いたくて手が動いて

指で形を作りなんとか説明したいと思っていますが

掴めなくて

アニ「なにそれ」

全然伝えることができません



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 00:26:57.88 ID:Wd6HpMMt0

サシャ「でも、違うんです」

アニ「違うって?」

サシャ「違うんです」

アニ「だから何!?」

サシャ「違い・・・ます」

サシャ「アニ、私がこの街に来たのは」

アニ「それは前に聞いたよ。今話すこと?」

サシャ「目的は言ってません」

サシャ「最初の目的は」

サシャ「アニ、あなたを捕まえるためでした」

サシャ「でもご存知の通り、全然駄目でしたね」

サシャ「全然気付かなかったですよね?」

サシャ「その素振りさえ分からなかったはずです」

サシャ「だって初めからそんなことしてませんもん」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 00:31:04.15 ID:Wd6HpMMt0

言い終わって直ぐに

巨人です

補給所の壁が壊されました

今度は誰もすぐには反応できませんでした

建物の壁を壊してくるなんて思わなかったからでしょうか?

それとも私の話のせいでしょうか

だったらこれは報いですかね

蹴破られた壁の破片が当たって

サシャ「いったいです」

そんな呑気な声を出している場合ではなくて

ちょっと足がやられたみたいで

とても痛いです

どうでもいいです

埃やらなにやらが舞い上がってよく見えませんが

アニとミカサはどこでしょう

どこですか



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 00:33:10.01 ID:Wd6HpMMt0

巨人がうっすら見えます

私はあなたなんて探していません

どこかに行って下さい

前が見えないんです

声に出して文句を言いたくなるのに

声を出したら気付かれてしまいますから出せないです

さっきまであんなに声を出したくなかったのに

土埃が収まってしまえば互いに見ることができます

巨人にとっても同じですから

それまでに全てを決めないと

2人なら私より全然平気かもしれませんし

でしたらどのくらい平気?

・・・考えても無駄です

私は頭が悪いです

ですから

思ったことをやります

会ったときから決めていたことです



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 00:35:51.19 ID:Wd6HpMMt0

トリガーを探ります

点けた灯りが落ちています

埃が星みたいに落ちています

その中で2人が見えました

まだ、立ち上がったばかりに見えます

怪我をしているのですか?

ああ・・・巨人も2人に反応しています

いつもこうなのです

勇気を出すのが全然遅くて情けなくなります

誰にも聞こえない声で


サシャ「私に勇気を下さい」



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 00:54:57.89 ID:Wd6HpMMt0

これからすることが最後になるかもです

震える中で放つ最後の一撃です

誰もかも震えていました

これが終ったら

手を掴んでもいいですか?

震えないために

または

一緒に震えるために

だってみんないつも震えていたじゃないですか

そんなの見たら何もできないですよ

それだけの理由です。充分です



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 00:25:18.42 ID:9dMhlAPh0

私は言いたいです。勇気の出る言葉を

また会えたら

今度は

手負いの獣のように

最後の声を出すみたいに

サシャ「心配しないで!恐れないで!下さい!」

巨人が私を見ました

サシャ「くそったれです!私は負けません!」



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 00:41:45.09 ID:9dMhlAPh0

サシャ「アニ!ミカサ!」

私は立体機動のアンカーを巨人に向かって打ちました

すごく邪魔です。だから巨人がこれを噛み切ろうとしているのはわかりますが

サシャ「このワイヤーが切れると思っているのですか?」

やってみろってはなしです

でもこれで私は飛べません

2人を少し助けることができたかもしれませんが

2人が駆けつけるより早く、私は

ミカサ「サシャ!」

サシャ「立体機動は使えますか!?」

ミカサ「使える!」

サシャ「それならここからでましょう!」

このまま私を見ないでただ、飛んでください

私、もう動かせません

ご飯を食べたいなと思いました。ねえ?

アニ「サシャ!」



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 19:14:22.07 ID:9dMhlAPh0

サシャ「絶対に!大丈夫です!」

咄嗟に言ってしまって、これでは心配させるわけにはいきません

私は考えもせずに故郷の弓矢に火をつけて放ち

巨人の後ろにあるガス容器を打ち抜きます

サシャ「その光の方向を!」

サシャ「見て!」

サシャ「逃げてください!」

アンカーの音がして・・・逃げれたのですか?

やった。最後に2人の顔が見れました

サシャ「私達」

死んでしまいますか?

サシャ「きっと大丈夫ですよ」

爆発が起こって

私の体が引っ張られて

私の勇気とは関係なく

どこかへ行ってしまいます

それは立体機動のようでした



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 21:07:10.88 ID:9dMhlAPh0

私が今日したことはなんでしょうか

意味はあったのでしょうかね

同じことだったのでしょう

言っても良かったんです

言わなくても良かったんでしょう

そういうのってわかってたんです

でも怖いのとかつらいのってずっとなくなりませんから

そういうときって

いつも言ってくれたんです

どんな言葉でしたっけ

思い出せないです

アニ「がんばってよ」

アニ「がんばって」

アニ「がんばらないと」

やっぱり私は馬鹿ですね

思い出せないくらい

いろんなことを言ってくれていたのです



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 21:12:00.09 ID:9dMhlAPh0

サシャ「私を救ってくれてありがとうございます」

アニ「バカ」

サシャ「私達ボロボロですね」

アニ「知ってる」

サシャ「ええ」

アニ「動ける?」

サシャ「はいっ」

ミカサ「私が背負う」

アニ「うん。お願い」

サシャ「悪いです」

ミカサ「問題ない。アニより軽い」

アニ「ミカサよりずっと軽い」



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 21:13:32.55 ID:9dMhlAPh0

アニ「あっサシャ」

サシャ「はい?」

アニ「火の矢から逃げろってちゃんと言ってよ」

サシャ「えっ?」

アニ「えっ?って」

ミカサ「アニの動き、遅かった」

アニ「だってさ・・・」

アニ「いや、またなんとかしないといけないね」

サシャ「すみません」

アニ「全然いいよ。ガスなんてどこかにあるよ」

ミカサ「今日私達がしたことは吹っ飛んだことだけ」

アニ「確かに」

サシャ「ははは」

アニ「笑うなって、いやいいけど」



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 21:15:00.40 ID:9dMhlAPh0

笑ったせいか、お腹が痛いです

サシャ「いたた」

アニ「大丈夫?」

サシャ「ええ、でも手をつないで下さい」

アニ「いいけどさあ」

サシャ「ミカサも」

ミカサ「うん」

歩きにくくてすみません

私達全然、丈夫でも勇敢でもないですから

勇気をもらうんです

または

勇気を与えましょう

とれなくて

外れることもないでしょうから

好きにもらって与えて

私達の中に何があるのでしょう

綺麗なものや楽しいものでなくても

目の前にはあなたもいます

なんですか全部あるじゃないですか



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 21:17:17.03 ID:9dMhlAPh0

アニ「他には何かある?」

サシャ「家に帰りましょう」

サシャ「私ゆっくりしたいです」

サシャ「私達友達になりましょう」

サシャ「今度こそなれますよね」

サシャ「私達が一緒にいればそれだけで」

サシャ「この世界に反抗したように思えるんです」

ミカサ「なにを」

アニ「・・・そう」

アニ「サシャ、私は今日星を見たよ。流れ星を」

ミカサ「私も、私も見た」

サシャ「えっ?いつですか」

アニ「教えない」

サシャ「ずるいですよ。私も見たかったです」

アニ「それはあんたの手から放たれたんだよ」

サシャ「えっ?」

アニ「2度と言わない」

サシャ「ミカサ、後で教えてください」

ミカサ「うん。でも大したこと言ってない」

アニ「おい」



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 21:18:44.76 ID:9dMhlAPh0

張り詰めたワイヤーが切れる瞬間

ブレードが歪み破断してしまう瞬間

それは

私と

みんなが

見ていない瞬間に起こります

見てることが

2度と私達の目の前に

星が見えなくても

還ってこないものがあったとしても

いやそんなものはたくさんありますね

もう無くなったものの方がずっと多く

これからも増え続けていくことでしょう

それでも

ワイヤーの芯線のなかにある油のように

錆びることも消え去ることもなく残るはずです

遠くの昔に思ったことを

誰にも届かなかったことが

自分にさえも届かなかったことも

数え切れないほどに束ねられた絡まる糸が

柔らかく私の元にありますから

そうでしたら

こんな街だって全然いいです

そこには見えない星だってありますよ

ねえ、そうですよね



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 21:19:22.60 ID:9dMhlAPh0

これで終りです。ありがとうございました。



元スレ
サシャ「壁に穴のある街で」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459170193/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月27日 23:03
          • ミカサより~♪
            普通~に~♪
            アルミンがっ好っき~~っ!!

            リヴァイより~♪
            普通~に~♪
            アルミンがっ好っき~~!!

          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月27日 23:22
          • きっしょ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月27日 23:23
          • 壁尻的な話と思った俺のトキメキを返して欲しい
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月27日 23:28
          • なんだ壁尻じゃないのか…
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月28日 00:01
          • エロいのかとおもった
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月28日 07:52
          • 壁尻かと思ってたの俺だけじゃなくて安心した
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月28日 09:46
          • なんだラッキーホールじゃないのか……
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月28日 10:44
          • 何が言いたいのかあまり伝わらないけど辛くてもどかしくて、好き
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月28日 11:33
          • ラッキーホール(ベルトルト)
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月28日 14:00
          • なんだガイジか
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年04月28日 23:05
          • この人の文章は元々遠回しだけど、今回はより一層分かりづらい
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月10日 18:13
          • 壁尻じゃねーのかよ 天原天国いってきます

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 川д川 ある鎮守府が呪われたようです
        • 【モバマス】聖來「アイコンタクト」
        • 【モバマス】聖來「アイコンタクト」
        • 【モバマス】聖來「アイコンタクト」
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ